...

平成26年2月7

by user

on
Category: Documents
18

views

Report

Comments

Transcript

平成26年2月7
入
札
公 告(建設工事)
【再公告】
次のとおり一般競争入札に付します。
平成26年2月7日
日本中央競馬会
契約等担当職
◎調達機関番号
1
236
◎所在地番号
武藤
学
13
工事概要
(1)品目分類番号
41
(2)工事名
東京競馬場乗馬センター整備工事
(3)工事場所
東京都府中市日吉町1-1
(4)工事内容
乗馬厩舎および周辺施設改築
1式
解体撤去工事
1式
土木工事
1式
(5)工期
2
東京競馬場
平成27年4月10日まで
一般競争参加資格
次の(1)~(8)に掲げる条件を全て満たしている単体有資格業者であること。
(1)予算決算及び会計令第70条及び第71条の規定に該当しない者であること。
(2)会社更生法に基づき、更生手続開始の申立てがなされている者及び民事再生法に基づき、
再生手続開始の申立てがなされている者(手続開始の決定後、本会の競争参加資格の再認
定を受けている者を除く。)でないこと。
(3)一般競争参加資格確認申請書提出期限日から開札の時までの期間に、本会の工事請負契
約に係る指名停止措置を受けていないこと。
(4)本工事に係る設計業務等の受託者と資本又は人事面において一定の関連がある者でない
こと。
(5)暴力団等の反社会的勢力(「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針(平成
19年6月19日犯罪対策閣僚会議幹事会申合せ)」において、暴力、威力又は詐欺的手法
を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人をいう。)と関与する者でないこと。
(6)本会における平成25-26年度の建築一式工事
建築一式工事に係る競争参加資格の確認を受け、か
つ、府中
府中地区
府中地区での工事を希望する旨の登録をしていること。
地区
(7)平成6年以降に完成・引渡しを完了した工事について、以下の①~③の基準を満たす建
築一式工事を元請負人として施工した実績を有すること。
①用途
事務所又は畜舎等
②構造
木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造
③規模
延床面積760㎡以上
(8)次の①~③に掲げる基準を満たす主任(監理)技術者を本工事に専任で配置できること。
①建設業法による1級建築施工管理技士又はこれと同等以上の資格を有する者であること。
②監理技術者資格者証及び監理技術者講習修了証を有していること。
③ (7)-①、②に掲げる基準を満たす工事を技術者として施工した経験を有する者であ
ること(ただし、工事の完成・引渡し完了時期は平成16年以降とする)。
(注)その他詳細は入札説明書による。
3
入札手続等
(1) 担当部署
〒183-0024
東京都府中市日吉町1-1
日本中央競馬会
東京競馬場事務所1階
電話 042-363-3141
建築設備課
内線 5611
(2)入札説明書の交付期間、場所等
・平成26年2月7日(金)から平成26年2月19日(水)までの月火土日を除く毎日
午前10時から午後3時まで。※ただし2月12日(水)は交付しない。また、最終日
は12時までとする。
・上記3(1)に同じ。
(3) 一般競争参加資格確認申請書(以下「申請書」という。)及び一般競争参加資格確認資料
(以下「資料」という。)の提出期間、場所及び方法
・平成26年2月7日(金)から平成26年2月19日(水)までの月火土日を除く毎日
午前10時から午後3時まで。※ただし2月12日(水)は受け付けない。また、最終
日は12時までとする。
・上記3(1)に同じ。
・持参すること。
(4)入札、開札の日時及び場所並びに入札書の提出方法
10時00分
・平成26年3月13日(木)
・日本中央競馬会
東京競馬場事務所
1階打合せ室
・入札書を持参すること。
4
その他
(1)契約手続において使用する言語及び通貨
日本語及び日本国通貨に限る。
(2)入札保証金
免除。
(3)契約保証金
免除。但し、履行ボンドの加入を要する。
(4)入札の無効
本公告に示した一般競争参加資格のない者のした入札、申請書又は資料に虚偽の記載を
した者のした入札及び入札に関する条件に違反した入札は無効とする。
(5)契約書作成の要否
要
(6)当該工事に直接関連する他の工事の請負契約を当該工事の請負契約の相手方との随意契
約により締結する予定の有無
無
(7)本工事は低入札価格調査制度の対象工事である。
(8)本工事は建設工事に係わる資材の再資源化等に関する法律(平成12年法律第104号)
に基づき、分別解体等及び特定建設資材廃棄等の実施が義務付けられた工事である。
(9)本工事は工事費内訳書の提出を求める工事である。
(10)関連情報を入手するための照会窓口
上記3(1)に同じ。
(11)競争参加資格の確認を受けていない者の参加
上記2(6)に掲げる競争参加資格の認定(再認定)を受けていない者も上記3により
申請書及び資料を提出することができるが、競争に参加するためには、開札のときにおい
て、当該資格の認定を受け、かつ、一般競争参加資格の確認を受けていなければならない。
(注)その他詳細は入札説明書による。
Fly UP