...

危機を乗り切るリーダー像を 探る - J

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

危機を乗り切るリーダー像を 探る - J
特集:中小企業の生き残り戦略―「もしも」を考える
第 4 章〈座談会〉
危機を乗り切るリーダー像を
探る
田中 浩×原 千津×大野 晋(発言順)
<司会>高橋美紀
高橋:本日はお集まりいただき,ありがとうござ
います。今回の座談会は,特集のまとめとして,
「危機を乗り切るリーダー」というテーマでお
話しいただきます。まずは自己紹介をお願いい
が印象に残っていますか。
現場感覚の大事さ
―稲盛和夫さんと吉田昌郎さん
たします。
田中:田中浩と申します。1993年に診断士資格を
田中:私は,JAL 再生の立役者で,経営改革の実
取得し,1997年 2 月に経営コンサルタントと
践者である稲盛和夫さんを挙げさせていただき
して独立しました。現在は,全国各地でさまざ
ます。京セラや KDDI を立ち上げた稲盛さんな
まな研修を行っています。
らではの,いままで誰もなし得なかった改革を
原 :原千津と申します。私は2001年に診断士資
格を取得し, 2 年前に独立しました。企業内で
は経営戦略や経営企画業務を行っていましたの
行いました。今年を代表するリーダーとして,
ふさわしい方ではないでしょうか。
大野:同じく私も,現場感覚を大切にし,徹底的
で,現在はその経験を活かし,財務戦略や資金
に意識改革を行った稲盛さんを第一に挙げたい
繰り等を支援しています。
と思います。稲盛さんご自身が,自分の才能は
大野:1991年に診断士登録をした大野晋です。電
世のため,人のために使うという高い哲学・志
機メーカー勤務の企業内診断士で,20年間営業
を持って再建にあたったと聞きます。あらゆる
を経験し,現在は知的財産のライセンスに携わ
面で,学ぶべきことが多くありました。
原 :そうですね。今年は何と言っても,JAL の
っています。
高橋:司会を務める高橋美紀と申します。よろし
再上場が大きな話題でしたね。稲盛さんの手腕
くお願いします。さて,さっそく本テーマに入
は大変素晴らしく,どなたも異論がないのでは
っていきましょう。
ないでしょうか。もちろん,大きな改革ですか
中小企業を取り巻く環境は,依然厳しい状況
ら,反対勢力もあったことでしょう。リーダー
が続いています。リーマンショックに続き,東
に敵がいるのは当然ですが,こうした対応にも
日本大震災のダメージから立ち直れていない企
年長者としての経験と,数々のご経歴が活かさ
業も少なくありません。さらに金融円滑化法終
れているのを感じました。
了,増税,労働法制の見直し等が大きな影響を
田中:JAL が再生できたのは,リーダーが経営哲
及ぼすでしょう。こうした荒波の中,舵取りを
学を持ち,意思決定のスピードを速め,基本的
するリーダーには,何が求められているのかを
なことを愚直に行ったからだと思います。哲学
考えてみたいと思います。今年もさまざまなリ
や信念は,人を引っ張っていくために絶対に必
ーダーが注目を集めましたが,皆さんはどなた
要なものです。長年の慣習からか,いままでの
16
企業診断ニュース 2012.12
第 4 章 〈座談会〉危機を乗り切るリーダー像を探る
リーダーにはこれが難しいことだったのかもし
れませんね。
大野:会議で用意された弁当の値段を幹部に聞く
など,小さなことですが,破たんしてもなお甘
いコスト意識に警鐘を鳴らし,仕事を終えた幹
部たちとは夜遅くまでひざを交えて議論してい
たと聞きます。生きた経営を説き,意識改革を
行ったことは,これまでにない取組みだったの
でしょう。
田中:経営幹部やマネジャー等,組織にとっては
ミドルリーダーの役割も重要です。トップの意
向を踏まえ,自ら動こうという気持ちがないと,
内部から崩壊することもあるでしょう。もとも
とJALには優秀な社員が多くいるわけですから,
ミドルリーダーの変化も再生できたポイントだ
田中 浩(たなか ひろし)
研修コンサルタント,中小企業診断士,株式会社ヒロ・マ
ネジメント代表取締役。営業力強化・支援,問題解決手法
等の研修,コンサルティングを全国で行う。今年度の研修
実績は約200日。単著に『技術者のためのプレゼンテーショ
ン力向上講座』,
『提案営業を極める』
(いずれも同友館)等。
http://www.hiro-management.jp/
田中:私たちは,いつの時代もさまざまな危機に
と感じています。
高橋:ありがとうございます。ほかに心に残った
リーダーがいましたらお願いします。
田中:福島第一原子力発電所元所長の吉田昌郎さ
直面してきました。その中でも,3.
11は記憶に
新しく,想定をはるかに超えた状況でしたが,
終戦後,時流に乗って栄えた事業もあれば,高
んですね。今年,東京電力のテレビ会議の模様
度経済成長時に倒産する企業もあったわけで,
が放送され,あらためて現場対応力の重要性が
事態に直面したときのリーダーの判断が常に企
明らかになりました。想定外の事態に直面した
業の存続を左右してきたのです。
際にどう対応するか,リーダーの資質や能力が
物事を大きく左右します。賛否両論ありますが,
原 :マネジメントできないときに起きたことを
どうするかですね。企業はあらゆるケースを想
私は,ご自身の意思で責任を持って決断を下し
定して備えますが,それでもどうしようもない
た吉田元所長は素晴らしいと思いました。
ことは起こります。今回の震災は,
「リスクマ
大野:吉田元所長は,社歴の半分以上を福島で過
ネジメント」というひと言では対処できない危
ごされたそうです。このような緊急事態には,
機だったのではないかと思います。私は今回,
現場をよく理解している人がいるかいないかが,
リスクと危機では,備えることができるかどう
大きな分かれ目となります。現場の所長として,
かという点で,意味合いが違うのではないかと
いう印象を持ちました。
最善を尽くされたと感じています。
田中:自分も吉田元所長のように意思決定ができ
るのかと,テレビ会議を見ながら思いましたね。
大野:海水注入停止の指示を本社から受けたにも
かかわらず,指示にしたがったふりをして注入
し続けるなど,とにかく現場をよく知らないと
できないことですよね。
高橋:究極的な状況では,現場の判断力がいかに
重要かということですね。今年はオリンピック
もありましたが,スポーツにも主力選手のケガ
等,
「想定外」はつきものです。
原 :そうですね。オリンピックは瞬時の判断力
が必要とされ,しかもそれを世界中が注目して
原 :今回の震災によって環境が変化する中で,
いるわけですから,究極の現場対応なのではな
企業のリスクマネジメントの捉え方も大きく変
いでしょうか。日本の選手団は結果的に,たく
わりましたね。想定外の事態が多く発生する状
さんのメダルをとりましたね。日頃からあらゆ
況では,やはり判断力や現場力の差が企業の生
る場面に対応できるよう,練習を重ねていると
き残りにかかってくると思いました。
思いますが,瞬時に頭や体が動くのには本当に
企業診断ニュース 2012.12
17
特集
原 :眞鍋監督同様に注目されたのが,サッカー
女子・なでしこジャパンの佐々木則夫監督です
ね。この 2 人に共通するのは,いかに選手をう
まく起用するかということだと思います。過去
の成功例にとらわれず,いま一番調子がいい選
手を選ぶ。これが,本当の意味でデータを活か
すことだと思います。
田中:実績を残した選手や有名選手を選ぶのでは
なく,その日の体調やコンディションをよく観
察しているということですね。また,選ばれな
原 千津(はら ちづ)
2001年中小企業診断士登録。会計業務,経営戦略,経営企
画等を経て2010年に独立。現在は財務会計分野を中心に,
資金調達・財務戦略立案全般の支援,経営計画策定支援等
を行う。2012年 4 月には,技術士とともに一般 社団法 人
ソーシャルテクニカを設立し,環境問題や省エネに取り
組んでいる。
かった選手との関係を良好に保つことも求めら
れます。監督を嫌う選手や,ふさぎ込む選手も
いるでしょう。しかし,チームの勝利のために
スパッと決断する。そのメリハリが,また選手
の信頼を得ることにつながると感じました。
驚かされます。スポーツ界だけでなく,経済界
東京オリンピックで優勝した女子バレーボー
等においても想定し,対応するという流れは同
ルの大松博文元監督のように,昔はある程度の
厳しさが当たり前で,選手と笑顔で話し合う雰
じかもしれません。
判断力と人心掌握術
―眞鍋政義さんと佐々木則夫さん
囲気は一切なかった。しかし,いまの監督はユ
ーモアたっぷりに選手と接し,それがうまくい
っているのです。円陣を組んだときに冗談を言
って笑わせ,選手をリラックスさせたりもする。
大野:とっさの判断力ということでは,女子バレ
ーボールの眞鍋政義監督のデータを活用した采
このような変化はビジネスにも共通し,
企業のト
ップは見習うべきポイントなのかもしれません。
配が強く印象に残っています。眞鍋監督は選手
原 :どちらも最高の結果を出すことを目標とし
時代,セッターとしてデータを意識し,いかに
ていますが,結果を見れば,なでしこジャパン
攻撃の成功率を高めるかを常に考えていたそう
にユーモアのある佐々木監督がベストだったこ
です。それが高じ,現場に iPad を持ち込んで
とは疑いようがありません。時代背景も関係す
瞬時に分析データを呼び出し,試合の真っただ
ると思いますが,いまはスポ根一辺倒ではうま
中でその情報を采配に活かすという方法をとっ
くいかないのでしょうね。
ていました。現場対応力は,こうしたツールを
田中:どこの組織も,いまは褒めることを重視し
用いることでより速く,便利に,効果的に進化
ていますね。私はもう少しメリハリがあっても
するのだと,試合を見ながら思いました。
いいと感じていますが(笑)
。
田中:スポーツ界では,かつて野村克也元監督が
高橋:メンバーとの接し方,育成,起用法等は多
データを駆使して実績を残しましたね。ID 野
様になっているようですね。ほかに気づかれて
球と呼ばれていましたが,根性論になりがちな
いる変化等はありますでしょうか。たとえば,
スポーツにおいて,裏づけや根拠をどう持ち込
診断士の視点から見ていかがでしょう。
むか,とても興味深かったです。あれから数年
経って,指揮官が iPad を持つようになった。
田中:最近は,グローバル人材育成の話をよく聞
きます。海外では,取締役がするような決定を,
これはすなわち,スポーツの世界で勝つには,
一社員が下さなくてはいけない状況がよくある
運動神経や練習の積み重ねだけでなく,頭を使
のだそうです。たしかに,海外駐在経験がある
わなければ通用しなくなったということです。
社員と話をすると,基本的なリーダーシップや
18
企業診断ニュース 2012.12
第 4 章 〈座談会〉危機を乗り切るリーダー像を探る
マネジメントの必要性を認識している人が多い
ように思います。国によって違いはあると思い
ますが,これからのリーダーを考えるうえで,
グローバル人材育成は 1 つのキーワードになる
のではないでしょうか。
原 :そうですね。また国内でも,たとえば地方
の支店への転勤に伴う昇格等で,急にリーダー
シップを求められることもあると思います。い
きなり現場に放り込まれ,商習慣が違う中で,
経験のないことを判断しなくてはいけない。こ
こでポイントになるのは,適任者を選ぶリーダ
ー側の判断です。海外でも国内でも,重圧に押
しつぶされてしまう人はいますからね。
大野 晋(おおの すすむ)
東京都中小企業診断士協会中央支部所属。1991年中小企業
診断士登録。大学時代はマーケティング専攻。大手電機メ
ーカーで20年間電子部品の営業に従事し,現在は知的財産
のライセンス業務に携わる。
大野:アフリカに派遣されたたった 1 人の日本人
営業スタッフが,現地でバイタリティを持って
いました。たしかに,真剣さは組織をピリッと
活躍している様子がテレビで放映されていまし
させ,深刻さは停滞ムードを出します。なるほ
た。この企業のリーダーは見事,適任者を配属
どと思いましたね。
できたのでしょう。人事面においても,リーダ
ーの責任は大きいですよね。
原 :深刻にならないということは,余裕を持つ
ことにもつながります。社長が切羽詰まった状
高橋:ユーモアを持ってメンバーと接するなど,
態だと,
周りを見渡すことができません。
厳しい
リーダーについていろいろな話が出ましたが,
中でも気持ちに余裕を持ち,周りの状況や人を
一方で先にお話ししたように,中小企業は厳し
よく見て,先を見通すことが大切だと思います。
い環境下に置かれています。そんな中,前向き
高橋:その余裕は,
どこから生まれるのでしょうか。
に組織運営していくにはどうしたらよいのでし
大野:
「楽観的に構想し,悲観的に計画し,楽観
的に実行する」と稲盛さんは言っています。こ
ょうか。
の言葉にヒントがあるのではないでしょうか。
リーダーは元気であれ
田中:余裕にプラスして,リーダーには夢やビジ
ョンが不可欠です。何をしたいのか,何のため
田中:私はとにかく,トップに元気がないとダメ
に仕事をし,会社を率いているのか。その思い
だと思います。多少,わがままやエゴイストで
と現実のギャップを埋めることが,エネルギー
も,あの社長はタフだなというエネルギーを感
になるのです。日々の仕事に追われながらも,
じさせることが大事です。
進むべき方向性が必要だと考えます。
大野:大企業に置き換えて考えても同じです。実
そして何と言っても,自分に意見してくれる
務は部・課といった単位が中心です。トップで
ブレーンが重要です。数人でもいいので,何で
ある部・課長を中心に,所属員みんなで元気に
も相談できる仲間を作ることも,リーダーの責
目標に向かって進んでいくことが,最終的に楽
しく仕事をすることにつながるのだと思います。
務だと感じています。
高橋:人間的魅力が大切だということですね。
田中:そのとおりですね。トップがいつも何かに
田中:そのとおりです。たとえば,カリスマ性は
悩み,しかめっ面をしていたら,企業は衰退し
あまりないけれど,いつも一生懸命に頑張って
ていくでしょう。
いる社長がいるとします。失敗することもあり
大野:私の上司は,
「リーダーは真剣である必要
はあるが,深刻になってはいけない」と言って
ますが,自分の仕事に必死に取り組んでいます。
そういう人を見ると,人は助けてあげたいとい
企業診断ニュース 2012.12
19
特集
うしたとなってしまいます。経営者は,もっと
自分の会社をよく見てほしい,状況を知ってほ
しいと思っているのです。それには,謙虚な姿
勢で,しっかりと耳を傾けることが必要だと思
います。
高橋:ありがとうございます。経営者との対話を
大切にするということですね。
診断士に求められること
―対話をする力
高橋 美紀(たかはし みき)
2001年中小企業診断士登録。社会保険労務士。横浜市立大
学商学部卒業後,農業関連団体,食品卸売会社,社会保険
労務士事務所を経て独立。現在は主に,人事労務分野のコ
ンサルティングや研修講師,執筆等を行う。プライベート
では 2 人の娘の育児に奮闘中。
大野:コミュニケーションを図り,一緒になって
考えるという点では,競泳の平井伯昌コーチか
ら学ぶ点も多いと思います。平井コーチは,と
にかく選手をよく理解し,技術面はもちろん,
う気持ちになるのです。これは, 1 つの人間的
それぞれの性格もよくつかんだうえで指導の仕
魅力です。そして彼らに共通するのは,裏表が
方・伝え方を工夫し,選手たちと確固たる信頼
なく,直球勝負である点です。ホンネしか言い
関係を築き上げました。私たち診断士も,徹底
ません。
的に相手のことを考え,同じ目線に立って接す
大野:傲慢にならず,謙虚に必死に努力している
ることが重要だと思います。
原 :選手とコーチの関係は,経営者と診断士の
人には,オーラもあるでしょうね。
高橋:逆に,傲慢な経営者には誰もついてこない
ということですね。
関係に似ているのかもしれませんね。テクニカ
ルなことはさて置き,まずは心を通わせること
原 :そうです。傲慢と剛腕は違います。特に中
から始める。そうでなければ,厳しいことなど
小企業の経営者は,直接社員の生活を支えてい
言えません。経営者も,いま困っていることを
ます。自分の判断 1 つで会社がどうにでもなる
相談したいはずですから,その土台を診断士が
中で,決定したことをブレずに行っていくこと
しっかりと作ることが,スムーズな支援につな
が重要だと感じます。その姿勢が,周囲からの
がるのだと思います。
応援にもつながるのではないでしょうか。
高橋:ブレないというのは,稲盛さんの「基本を
高橋:経営者が元気であるための手助けにもなる
ということですね。
愚直にやる」という信念にもつながります。し
原 :ブレないよう,強い社長であり続けること
かし,そうは言ってもこの厳しい状況の中,経
は大変です。社員の前では,弱い面を見せるこ
営者の気持ちが揺らぐこともあると思います。
とはできないのでしょう。そんな悩みを一緒に
診断士としてはどのようなサポートができ,あ
解決し,元気を取り戻すお手伝いができるのだ
るいは気持ちの立て直しにどうかかわることが
としたら,診断士はとても素晴らしい仕事だと
できるのでしょうか。
思います。
田中:診断士の一番の仕事は,経営者の話をよく
結果を出す
聞くことですが,これができない診断士が多い
ように見受けられます。診断士は,税理士等よ
り立場が上だと思っている方もいる。そういう
田中:おっしゃるとおりですね。そして元気にな
傲慢さはよくありません。よく話を聞きもせず,
ってもらうだけでなく,結果を出すことが必要
戦略やマーケティングの話をしても,それがど
です。スポーツ選手もそうですが,素晴らしい
20
企業診断ニュース 2012.12
第 4 章 〈座談会〉危機を乗り切るリーダー像を探る
指導をしてもらっても,結果が伴わないと評価
されません。私たちも,企業を支援するからに
田中:そうです。そして,リーダーにはビジョン
や夢を持ち続けてほしいです。
は,売上や利益に結びつけないと意味がないの
原 :
『下町ロケット』みたいですね(笑)
。
です。経営者の相談役も重要な仕事ですが,そ
大野:NHK 朝の連続ドラマ「梅ちゃん先生」の
こから先の+αとの部分で,目に見える実績を
町工場のようでもありますね! 主人公の夫が,
出す必要があります。その会社やチームが良い
新幹線の部品づくりに精を出していましたが,
結果を出せるような仕組みや仕掛けを提案でき
「自分たちの作ったものが,世界最速列車の一
ないと,仕事のオファーは来ないでしょう。
部になるんだ」と,夢に向かってひたむきな姿
高橋:目標設定の仕方を工夫するということでし
が印象的でした。その瞬間をベストにするよう
な哲学を持って取り組めば,運は引き込めるは
ょうか。
田中:そうです。私たちの仕事は,戦略づくりの
お手伝いです。まずは緻密かつ裏づけのある戦
略を作り,それが現場できちんと活かせるもの
ずです。
高橋:それでは,明るい話題が出たところで,こ
の座談会を締めくくりたいと思います。最後に,
皆さんにとっての今後の抱負をお話しいただけ
なのか,徹底的に詰めていきます。
大野: 3 とり(取り急ぎ,とりあえず,取りつく
ますか。
ろって)で目標を作るのでなく,問題を深掘り
大野:厳しい時代ですが,悲観的にならず,時に
し,しっかりと状況を分析することで,初めて
は人と相談し,明るく活気を持ってふるまうこ
具体的かつ適切な目標が立てられるのだと思い
とが重要だと再確認できました。来年もさらに
ます。そうやって掲げた目標に取り組むことは
ハツラツと,周りを元気にできるように努めて
活力にもなりますし,クリアできれば,元気な
いきたいと思いました。どうもありがとうござ
企業にもなるでしょう。
いました。
原 :一方,直接は数字に結びつかない仕事をし
原 :私自身も個人事業主=リーダーとして,来
ている人も多くいますので,そのような人たち
年はさらに人間力を磨く 1 年にしたいと考えて
が目標やモチベーションを維持できる仕組みを
います。技術だけでなく,皆さんと「あたたか
考えることも,リーダーの役割ですよね。
い」お仕事をしていけたらと思います。今日は
高橋:ベクトルをどう合わせるかということですね。
原 :そうですね。わかりやすい結果が出ないと
しても,目標を持たなければ楽しく仕事をする
自らを振り返る良い機会でした。どうもありが
とうございました。
田中:今後も,経営者が良い人材を育成するため
ことはできません。目に見える形で評価ができ
の支援をしてきたいと思っています。そして,
れば,働きやすい環境の整備にもつながってい
経営者の魅力が失われることがないよう,経営
くと思います。
面もサポートし,夢を実現するお手伝いを続け
大野:たとえば,担当者が資料整理において単に
ていきたいです。何事にも,ホンネ・本気で取
ファイルするのではなく,次に使う人が見やす
り組んでいきます。どうもありがとうございま
いように付箋を立てるなど,ひと手間加えた仕
した。
事をしていたとしたら,上司はそれに気づき,
きちんと評価するといったことですね。
田中:人事・評価制度がまだまだ完備されてない
高橋:日本中が,元気で魅力あるリーダーであふ
れたら素晴らしいですね。
皆さん,本日は長時間お付き合いいただき,
企業が多いですよね。どんな制度にも,導入後
どうもありがとうございました。どんな状況で
は何かしらの問題が出てきますので,この点も
あっても,組織はリーダーしだいでいくらでも
診断士の領域で支援できると感じています。
変わり得ることが伝われば嬉しいです。
高橋:まさに,元気が出る組織づくりのお手伝い
(了)
ですね。
企業診断ニュース 2012.12
21
Fly UP