...

取付説明書 無線アダプター APS-12B(2014年モデル nocriaXシリー 用)

by user

on
Category: Documents
16

views

Report

Comments

Transcript

取付説明書 無線アダプター APS-12B(2014年モデル nocriaXシリー 用)
ルームエアコン
HA 端子取付説明書/無線アダプター取付説明書
本書では、HA 端子の取り付け方法と無線アダプターの取り付け方法を説明しています。
適応モデル
AS-X28D-W、AS-X45D2W、AS-X56D2W、AS-X63D2W、AS-X71D2W、AS-X80D2W
HA 端子
● 室内ユニットは、外出先のプッシュホンからエアコンの ON/OFF をするための HA 端子を内蔵しています。
HA
● HA 端子に「JEMA 標準 HA 端子 -A〔 JEM-A
マーク〕対応品」のテレコントローラーまたは集中コントローラーなどを接
続することで、エアコンのコントロールが可能になります。
無線アダプター
● 室内ユニットは、無線アダプターを接続する NET 端子を内蔵しています。
● HEMS コントローラーやスマートフォンなどを使って、エアコンを操作することができます。
※無線アダプターの接続端子は NET 端子に接続してください。
安全上のご注意
● 取り付け前に本書をよくお読みになり、正しく作業を行ってください。
● ここに記載した注意事項は、いずれも安全に関する注意事項ですので、必ず守ってください。
● 取り付け後、試運転を行って異常がないことを確認してください。
警告
注意
取り扱いを誤った場合、死亡または重傷を負うおそれがあるもの。
取り扱いを誤った場合、軽傷を負うおそれまたは物的損害を生じるおそれがあるもの。
図記号の意味は次のとおりです。
この絵表示は、してはいけない「禁止」内容です。
この絵表示は、必ず実行していただく「強制」内容です。
警告
● 本作業は、お買い上げの販売店または専門業者に依頼する
ご自分で作業され不備があると、けが、感電、火災などの原因になります。
● 本作業は、この取付説明書に従って確実に行う
端子の取り付け作業に不備があると、けが、感電、火災などの原因になります。
● 本作業を行うときは必ず運転を停止し、電源プラグを抜く
けが、感電、火災などの原因になります。
● 据付工事は、製品本体付属のルームエアコン据付説明書に従って確実に行う
据付工事に不備があると、水漏れやけが、感電、火災などの原因になります。
● 取りはずしたアース線は確実に取り付ける
アースが不確実な場合は、感電の原因になります。
注意
● 室内ユニットのアルミフィンに触らない
手を切る原因になることがあります。
1
端子の取り付け作業手順
※端子の取り付けは、接続ケーブルを取りはずしてから行ってください。
(接続ケーブルが接続されていると、配線を機外に引き出しにくくなります。)
1
吸込グリルを取りはずす
①吸込グリルを水平になるまで開きます。
②片手で吸込グリルをささえ、前面パネルC上部のグリルはずれ防止用ツマミを手前に引きロックを解除
します。
③吸込グリルを上に持ち上げてはずします。
3
3
吸込グリル
取付軸
取付軸
1
1
2
2
グリルはずれ
防止用ツマミ
2
前面パネルC
配線カバーを取りはずす
配線カバー
配線押さえ
ネジ
3
ネジ
前面パネルCを取りはずす
①取付ネジ
(5ヵ所)
をはずします。
②前面パネルCをはずします。
取付ネジ(5ヵ所)
前面パネルC
固定部(5ヵ所)
注意
●前面パネルCを取りはずす際は、注意して行う
・前面パネルCが落下するとけがをするおそれがあります。
2
グリルはずれ
防止用ツマミ
4
電装品蓋を取りはずす
警告
●作業開始前に電源プラグを抜く
・電源プラグを抜かないと、感電、火災の原因になります。
注意
●作業開始前に、人体に帯電した静電気を放電する
・放電を行わないと、基板部品が破損するおそれがあります。
電装品蓋
①
①表示ユニットを上に持ち上てげはずします。
②ツメ1、ツメ2をはずします。
③電装品蓋を上に持ち上げてはずします。
③
表示ユニット
③
●
電装品蓋
②
●
①
●
②
●
②
②
ツメ1
ツメ2
3
5
端子を取り付ける
HA端子の場合
①HA端子を制御基板のCN15コネクタに接続します。
②端子の根元に力が掛からないように、配線にたるみを持たせます。
③接続した配線を切欠きおよびワイヤークランパーに通します。
■
■
①
HA端子
■
※別途手配
③
ワイヤークランパー
CN15コネクタ
制御基板
③
②
切欠き
HAアダプター(HAアダ
プターに接続する機器)
の配線
※別途手配
注意
●コネクタの挿入は、確実に行う
・コネクタが完全に挿入されていないと、動作不具合の原因になるおそれがあります。
4
無線アダプター(NET端子)の場合
①無線アダプターのNET端子を制御基板のCN34コネクタに接続します。
②端子の根元に力が掛からないように、配線にたるみを持たせます。
③接続した配線を切欠きおよびワイヤークランパーに通します。
■
①
NET端子
※別途手配
■
■
③
ワイヤークランパー
CN34コネクタ
制御基板
③
切欠き
②
無線アダプターの
接続ケーブル
※別途手配
注意
●コネクタの挿入は、確実に行う
・コネクタが完全に挿入されていないと、動作不具合の原因になるおそれがあります。
5
6
端子を取り付ける (つづき)
CN15またはCN34に接続した配線を、機外に引き出します。
■
※ここに、CN15またはCN34
に接続した配線を通して
ください。
7
電装品蓋を取り付ける
①電装品蓋を上から閉じます。
②表示ユニットを上から取り付けます(ツメ2ヵ所)
。
①
●
②
●
ツメ
ツメ
注意
●電装品蓋で配線を切断したり、はさみ込まない
・配線が傷つきショートするおそれがあります。
6
8
前面パネルCを取り付ける
取付ネジ(5ヵ所)
①前面パネルCの固定部ツメ
(5ヵ所)
を取り付けます。
②取付ネジ(5ヵ所)
を取り付けます。
前面パネルC
固定部(5ヵ所)
注意
●前面パネルCを取り付ける際は、注意して行う
・前面パネルCが落下すると、けがをするおそれがあります。
9
配線カバーを取り付ける
アース線
接続ケーブル
※別途手配
※100V機種のみ
配線カバー
配線押さえ
ネジ
ネジ
(
接続ケーブル
VVFケーブル
直径2.0mm
)
警告
●端子盤への接続ケーブルの差し込みは確実に行っている
ことを確認する
・差し込みが不完全だと火災の原因になります。
10
吸込グリルを取り付ける
①吸込グリルを水平にして、吸込グリルの取付
軸を前面パネルC上部の軸受けへ入れ、前面
パネルC上部のグリルはずれ防止用ツマミを
止まるところまで押してロックします。
吸込グリル
取付軸
グリルはずれ防止用ツマミ
②吸込グリルを閉じます。
20140325-01
7
※CN15またはCN34に接続した
配線は、配線押さえに通さない
でください。
11
配線押さえ
本体の動作確認をする
Fly UP