...

ELAによるライセンス管理のメリット

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

ELAによるライセンス管理のメリット
ELAによるライセンス管理のメリット
2010年10月5日 アドビシステムズ株式会社 デスクトップ製品営業本部 阿部成行
2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved.
1
全印工連様とADOBEとの協業について
全日本印刷工業組合連合会
ADOBE
• 世界初の組合組織向け取引
全組合員様を一つの仮想的な企業と想定
• 世界最大手顧客に並ぶ好条
件をご提供
• 最新版から下位バージョン
まで利用可能な使用許諾
組合員
組合員
組合員
組合員
組合員
• コンプライアンス体制の確立
• 電子出版等の最新技術イン
フフラの整備と活用情報を
ご提供
2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved.
2
本プログラムが組合員様にもたらすメリット


コストメリット

CS5 Design Premium、Design Standard製品の導入コスト削減、および固定額に
より全バージョンを維持できるためトータルな運用コスト削減が可能です

今まで購入価格がハードルになり、導入に至らなかったDesign Premiumがとて
も有利な価格で購入でき、これにより電子カタログ、電子書籍、Webコンテン
ツ対応などの最新のインフラを揃えることができます
コンプライアンスへの対応

ライセンス管理の負担を低減できる本プログラムに参加された組合員様は、
社員や社外のお客様、お取引業者様に対してコンプライアンス重視の姿勢を
アピールできます

本プログラムにご参加頂くことにより、同一DTP端末への下位バージョンを含
む複数アプリケーションのインストールを許諾致します
© 2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. Adobe Confidential.
3
アドビ製品の通常のご購入方法
■ Enterprise License Agreement(ELA)
大企業を対象とした購入方法
■ ライセンスでの購入(CLP)
主に中堅以上の企業を対象
■ ライセンスでの購入(TLP)
主に個人ユーザの方を対象
■ パッケージでの購入
© 2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. Adobe Confidential.
主に中小・中堅規模まで企業
4
Enterprise License Agreement(ELA)概要
ELAとは
エンタープライズカスタマー対象に設計されたライセンスプログラムです
現在のCLP契約の上位のプログラムに位置します
アドビ製品を組織全体に導入する場合に、ソフトウェアの管理コストを削減
するとともに、コンプライアンスに準拠しやすい形態と、柔軟なライセンス
運用を可能とします
© 2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. Adobe Confidential.
5
ライセンス管理の難しさ

購入ライセンス数とインストール数を合わせる(インストール数が大事!)

インストール許可数は、使用許諾(EULA)によって算出

アップグレードした元バージョンはアンインストールする?

ダウングレード申請をした場合、元バージョンはアンインストールする?

バージョンによって使用許諾の内容が更新

ライセンス管理の実際

1ライセンス毎にバージョンアップ履歴、及びダウングレード申請の有無を確認
し、 使用許諾の内容によってインストール可能なバージョンと数を割り出す

シリアル番号によりPC毎のインストール製品とバージョンを紐付け、インス
トール可能なバージョンとインストール数が合っているか、適宜確認する
© 2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. Adobe Confidential.
6
ライセンス管理で重要なことは


購入ライセンス数の証明

パッケージ版の場合は、ユーザー登録が必須

TLP、CLP等のライセンス版は、 License Web Siteに自動的に記録
監査について

すべてのAdobe製品にはインストール数を調査する権利が含まれています
http://www.adobe.com/jp/products/eulas/
© 2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. Adobe Confidential.
1
ライセンス管理におけるリスクとは?

法的リスク

違法コピーが発見された場合、刑事責任と民事責任が問われます

損害賠償請求や社会的信用の失墜など大きなダメージとなります

従業員が無断で違法コピーを行っていたとしても、
管理体制の不備があったものとみなされ、
代表者個人にも責任が問われる判例が出ています
© 2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. Adobe Confidential.
8
Enterprise License Agreement (ELA):メリット
コンプライアンス管理
◇ 購入履歴、インストール状況について、 全社単位で毎日情報収集するのは多くの労力とコストが必要です。
ELAでは年1回の集計時にまとめて調査、対応が可能です。
購入履歴
インストール
シリアル
オーバーインストール対策
パッケージ
個人管理リスク
個別管理リスク
シリアル台帳管理
ー
TLP
部門管理リスク
部門管理リスク
シリアル台帳管理
CLP
全社管理
全社管理
CLP契約違反リスク
その月のうちに購入ならOK
ELA
全社管理
全社管理
1年ごとに集計、増加分の購入
© 2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. Adobe Confidential.
13
著作権法違反リスク
社内管理必須
今回の特別ライセンスプログラムのメリット

通常のELA条件に加え、同一PC内における下位バージョン利用を許諾

既にお持ちの下位バージョンはすべて同時インストールが可能になります

PC毎のシリアルとインストール許可数による管理が不要

つまり「ライセンス管理 = PC台数管理」まで簡略化可能
Creative Suite
4
Creative
Suite
Illustrator CS
Premium
Illustrator CS3
Special
Photoshop CS2
License
Acrobat 7
Illustrator
Creative 10
Suite
Illustrator
Standard8
Photoshop 7
Special
Acrobat 6
..
License
.
© 2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. Adobe Confidential.
..
.
10
今回の特別ライセンスプログラムのメリット

MacOS 9環境のお客様にもメリット大

Creative Suite 5をインストールする必要はありません

パッケージ版の古いバージョンも著作権侵害リスクやライセンス管理を軽減

ソフトウェア環境を同一にして業務効率を向上
Illustrator 10
Illustrator 8
Photoshop 7
Illustrator 10
Illustrator 9
Illustrator 8
Photoshop 7
Photoshop 6
Illustrator 9
Photoshop 6
Illustrator 10
Illustrator 9
Illustrator 8
Photoshop 7
Photoshop 6
すべてのPC環境を同一化
© 2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. Adobe Confidential.
11
今回の特別ライセンスプログラムのメリット

ダウングレード申請するため
常に最新バージョンを維持
ソフトウェア資産としての運用メリット
Creative Suite 5
故障...
Illustrator 10
Illustrator 8
Photoshop 7
Acrobat 6
..
.
新規購入
ダウングレード申請で
下位バージョンを利用
常に1バージョンしか
インストールできない
交換
ハードもソフトも
新規購入
バージョンアップ料金よりも
お得なM&Sで維持
故障...
Creative Suite
Standard
Special
License
Creative Suite
Standard
Special
License
交換
特別ライセンスは
移行可能
Mac版、Windows版の切り替えも可能
© 2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. Adobe Confidential.
2
特別ライセンスプログラムの意義



運用コストの削減

固定費(M&S)によるソフトウェア環境の維持

ソフトウェア資産の運用を柔軟化
コンプライアンス体制の確立・維持

コンプライアンス体制維持のためのコストを激減

予期せぬ使用許諾違反リスクの軽減
業務効率とサービスを向上させるソフトウェア環境整備

任意バージョンの利用による出力業務の効率化

最新環境による新規ビジネス領域の拡張による顧客サービス向上
→第二部:Creative Suite 5 新機能 & 電子出版ソリューション
© 2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. Adobe Confidential.
13
© 2010 Adobe Systems Incorporated. All Rights Reserved. Adobe Confidential.
Fly UP