...

新日鉄エンジニアリングの省エネ・環境分野への取り組み

by user

on
Category: Documents
8

views

Report

Comments

Transcript

新日鉄エンジニアリングの省エネ・環境分野への取り組み
2012年8月6日
新日鉄エンジニアリング㈱
目次
1. 新日鉄エンジニアリングの概要
2.中国における省エネ・環境関連事業展開例
3.将来に向けた省エネ・環境技術
4.中国マーケットへの期待
1.新日鉄エンジニアリングの概要
1-1.新日鉄グループの構成
1-2.新日鉄エンジニアリングの事業
1-3.海外事業所
新日本製鐵㈱
Corporate
Staff
Top
Management
製鉄
エンジニアリング
新日鉄エンジニアリング
都市開発
R&D
化学
新素材
IT
4
事業分野
企業名
製鉄
新日本製鐵
エンジニアリング
新日鉄エンジニアリング
255
化学
新日鉄化学
194
IT ソリューション
NS ソリューション
160
都市開発
新日鉄都市開発
87
新素材
新日鉄マテリアル
61
2010年度売上
(JPY billion)
3,473
5
製鐵プラント
環境
エネルギー
海洋土木
建築
· 北京中日联节能环保工程技术有限公司
· 重庆新联钢铁设备技术有限公司
· 马鞍山中日资源再生工程技术有限公司
纽约事務所
芝加哥事務所
曼谷事務所
东南亚新日铁
NSE Australia
悉尼事務所
・新日鉄エンジニアリング
・新日本製鉄
2.中国における
省エネ・環境関連事業例
2-1.中国における事業拠点
2-2.コークス乾式消火設備(CDQ)
2-3.COG精製プロセス
大连重工・起重集团有限公司
北京中日联节能环保工程技术有限公司
中钢集团邢台机械轧辊有限公司
马鞍山中日资源再生工程技术有限公司
重庆新联钢铁设备技术有限公司
武汉汉威炉外精炼工程有限公司
新日铁设备工程(上海)有限公司
子公司
战略伙伴
従来水をかけて消火していた赤熱コークスを、不活性ガスで消火する
と共に顕熱を蒸気として回収する設備。排熱回収の他、コークス品質
向上、環境改善の効果もある。
・日本国内普及率:100%
・効果
:2007年の回収蒸気量は約1809万t
コークスの持つ熱を大気に放散
(CO2削減量約▽350万t/年・中規模原子力発電所(100万kw)1基分相当)
粉塵も発生
コークスバケット
ダストキャッチャー
タービン発電機
消火塔
コークス炉
クーリングチャンバー
循環ファン
コークス移送台車
コンベアー
© 2009 Nippon Steel Corporation. All Rights Reserved.
排熱ボイラー
発電機
湿式消火
冷却コークス
10
CDQ実績
Finland
Romania
Korea
Russia
(units)
Poland
Mainland
C h i n a
Germany
Japan
Ta i w a n
India
Note: Figure colored
stands for CDQ
supplied or modified
by NSC
10units
1unit
・Japan 25
・Abroad 68
・Total
93
Region
Brazi
l
Share of NSC’s CDQ
More than 30 %
製鐵所におけるCOG精製フロー
S分の除去
コ
ー
ク
ス
炉
粗COG
N分の除去
脱
ア
ン
モ
ニ
ア
脱
硫
燃料として利用
(加熱炉、発電所)
軽
油
回
収
精製COG
日本での豊富な実
績をもとに、中国を
はじめ海外製鐵所
でも納入実績あり。
中国/安陽鋼鉄向け脱硫設備(NEDOモデル事業)
中国/宝山鋼鉄(上海)向け脱硫設備
12
3.将来に向けた
省エネ・環境技術
3-1.石炭の利用拡大と関連技術
3-2.新日鉄Grにおけるガス化技術開発経緯
3-3.石炭ガス化技術の開発方向性
3-4.ECOPRO®の概要
3-5. ECOPRO®の概要
3-6.CO2分離回収技術
○中長期的には、石油、天然ガスの先細りとともに、一次エネルギーは石油、天然ガスベースから石炭ベースへ
シフトすると予想(産炭地にて兆候)
○石炭により石油、天然ガスチェーンの川下を代替するには、石炭を一度合成ガス(H2/CO)に分解する必要があり、
高効率の石炭ガス化技術がKEYとなる
化学製品
エチレン分解
反応合成
エチレン/プロピレン
ナフサ
C2H4、C3H6
石油
精
製
現状メ
ジャー
ナフサ
GTL
化学工業原料へ
量的にマイナー
軽油
発 電
発 電
(低品位炭)
↓
(バイオマス)
分解
コークス製造
ガス化
COG
輸送燃料
メタン化
都市ガス
(工業用)
現状メジャー
コークス
軽油
合ガス
現状メジャー
天然ガス
石炭
CTL
現状メジャー
ガソリン、灯軽油、重油 等
ナフサ
原料シフト
プラスチック
肥料、ゴム
化学品 等
電力
IGCC
鉄鋼原燃料へ
タール、BTX
合ガス(H2/CO)
量的にマイナー
化学工業原料へ
現状量的にマイ
ナー
CCS
石油・天然ガスチェーン
石炭チェーン
14
14
年度
開発プロジェクト
‘92
~’95
基礎調査・検討
’96
~‘99
’00
~‘02
‘03
‘04
‘05
‘06
‘07
‘08
‘09
’10~‘14
完了
石炭熱分解<CPX>
国プロ
PP試験(100t/d、常圧)
完了
ECOPRO(高圧)
完了
基礎試験 (1kg/d)
プロセス研究 (1t/d,
PDU)
PP研究 (20t/d)
実証研究
(150~300t/d)
PP支援研究
実証支援研究
実証支援・商用機企画
国プロ
建設・実証試験
(企画中)
廃プラスチックガス化
PP研究(5t/d、常圧)
バイオマスガス化
PP研究(3.5t/d、常圧)
完了(商品化)
完了(商品化)
15
開発の方向性
噴流床
スラリー
フィード
ドライ
フィード
流動床
固定床
現状の共通する開発課題
操業安定性
多炭種対応
低コスト
省水
:
:
:
:
連続長時間運転、短期間メンテナンス
灰分量、灰融点、水分
初期投資、ランニング
水使用量削減、リサイクル
石炭のガス化ゾーンと熱分解ゾーンを有するガス化プロセス
[特徴] ① ガス化生成熱を熱分解に活用し、世界最高効率(85%)で生成物を取得
② 低品位炭など熱分解しやすい石炭のガス化に適したプロセス
③ 生成ガスに含有するCH4が更に高効率なSNG製造実現
噴流床ガス化炉
ガス(H2 , CO, CH4)
代替天然ガス
輸送燃料
アンモニア
メタノール、水素
【 熱 分 解 】
低品位炭
Coal+熱
→CO,H2,CH4,+ α
乾燥・粉砕
【 部 分 酸 化 】
発電
Coal+O2,steam
→CO,H2,+熱 + α
O2
燃料, 化学製品
IGCC、ガスエンジン、
燃料電池
チャ―
製鉄
スラグ
炭素材
無機物質
セメント, 他
エネルギー効率=製品熱量/石炭熱量
17
高効率なガス製造と生成ガス中のCH4含有
⇒ SNG製造で性能最大発揮
(対既存ガス化技術10%以上製造効率向上)
高効率ガス製造、
CH4含有
ガス化
シフト反応
メタネーション
SNG
COAL
投入石炭熱量当たりのSNG 製造効率
Case A (効率:85% 、 CH4含有)
110
Case B (効率:80% 、CH4なし)
100
18
高効率なガス製造と生成ガス中のCH4含有
⇒ 対既存ガス化技術約10%のCO2発生抑制
(ガス化段階で約30%、シフト反応段階で約6%)
Brown Coal
ガス化
メタネーション
シフト反応
CO2
SNG
CO2
ガス化
シフト反応
Total
Case A (効率:85% 、
CH4含有)
10
81
91
Case B (効率:80% 、
CH4なし)
14
86
100
19
CCSプロセス
分離・回収
輸送
地中圧入
CCSプロセスの中で最もコスト比率の
高い分離・回収の効率化を実現
製鉄所高炉ガスから直接CO2分離回収
開発概要
回収法
:化学吸収法
対象ガス :BFG等(常圧ガス)
設置場所:新日鐵 君津製鉄所 4高炉
設備規模:30t-CO2/日(CO2回収量)
開発目標:≦2.0GJ/t-CO2(熱消費量)
※NEDOの研究依託事業
20
4.当社の狙い
持続的に成長する中国の資源・エネルギーマーケットに
おいて、
① 製鉄業で培った、省エネ・環境技術の一層の普及
② 石炭ガス化等新たな技術での新規参入
により、中国での省エネルギー促進、環境保全・改善に
貢献したい。
ご清聴有難うございました
Fly UP