...

競技種目男源ボーツ障害と外傷の画像診断

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

競技種目男源ボーツ障害と外傷の画像診断
女性 アス リー ト :無 月経 と拒食症 の リスク
松 田貴雄
*'**秦
祥彦
*'***森
照明
*'4*
女性 には男性 にはない周期性 のあるホルモン環境があり,女 性 アスリー ト
における病態理解 に重要である 女性 アス リー トの競技 からの長期離脱を
来す3大 主徴は,“ 無月経"“ 骨粗霧症 (疲 労骨折)"“ 摂食障害"で ,い ずれ
も女性ホルモン,特 にエス トロゲ ンの低下 が関与する
ン (エ ス トロゲ ン)† 2分 泌 を抑制す ると考 え られて い
は じめ に
女性 アスリー トは小 さな男性 アスリー トではない
る Frischと McArthurl)の 研 究 よ り,月 経発 来 に
リンMiに はな い 周期性 の あ るホ ルモ ン環境 が あ り,こ
体 脂肪 が 17%以 上必 要 と提 唱 され た ことか ら,体 脂
れ に果 づ く病態理解が重要 であ る 女性 アス リー ト
肪 の減少が無 月経 の原因 とされて きた (図 1)a
が 競技 か ら長期 離 脱 を余 儀 な くされ る 3人 主徴 は
,
"と
一 般 に婦 人Tl・ で は,診 断 のための女性 ホ ルモ ン投
され,無
与を しば しば行 うが ,黄 体 ホ ルモ ン (プ ロ ゲ ステ ロ
月経 となった場 合 ,骨 密 度 の低 下 や摂 食 障害 を引 き
起 す こ とが あ り,従 来 よ り,“ 運動性 無 月経 "+1に は
ン)製 斉1の 投 与によ り,出 血 があれば第 1度 無 月経 と
診 断 され る.エ ス トロ グ ン と,プ ロゲス テ ロ ンの 同
注意が喚起 されて きた
これ まで “
運動性 無 月経 "は ,ハ ー ドトレー ニ ング
時投 与 に よ り消 退 出血 が 見 られ た場 合 は,第 2度 無
月経 の診 断 とな る この 第 2度 無 月経 は エ ス トログ
な どによる身体的 ・精神 的 ス トレスや体 脂肪 率 のllt
ンもllt下 して いるこ とを/1Nし 、アスリー トが 第 2度 無
下 な どが原 因でり│き tLさ れ るこ とが 多 く スポー ツ
ナ
1経 の状 態 を
に よる障 害 ・外 傷 を起 しやす い とされ て きた
い とされて きた
“
無 月経 ,骨 粗 豚 症 (疲 労 骨折 ),拒 食症
.
:[し
た場 合.ス ポ ー ツ障害 を起 しやす
ル分泌 が増加 し,視 床下部 か らの性 腺刺 激 ホ ルモ ン
なかで も,疲 労骨 折 を生 じるこ と
エ
が多 く,こ れ は ス トロゲ ンと骨密 度 の レベ ル は相
関す ることが知 られてお り (図 2)a,低 エ ス トログ ン
放 出ホ ルモ ンの低 下,さ らに下垂体 前 葉 か らの性 腺
J犬 態が リスクファクター と考え られて いる
女性
アス リー トは,ト レー ニ ング過剰 になる と、コーチ ゾ
刺 激 ホ ルモ ンの低 下 に よ り,卵 巣 か らの卵 胞 ホ ルモ
+1
無 月経 で受診 した女性 アス リー トが拒 食症 の状態
運動性無月経 餃ダ鱚
スポー ツ現場 では,“ 運動性無 月経 "と 表現 して いるが ,問 題 は “
月経 の ある・ なし"で はな く,“ 低 エ ス トロゲ
"が
運動性低
ン
問題 である アス リー トに とって も適切 な用語 で はない と考 える 骨粗髯症 な どにつ なが る “
エ ス トログ ン (1人 態 )¨ の用語 を使用 して い くことを今後提案 して い きた い
†2 卵胞 ホル モ ン (エ ス トロゲ ン)
エ ス トロ ン (El).エ ス トラジオール (E2),エ ス トリオール (E3)の 総称 .エ ス トラジオールが約 90%を 占め
′
活 性も高 い
.
*NIatsuda T"Shin l.ゝ
***Shin Y
画像 診 断
Iori
同整形外 ll
701 28 No 8 2008
ヽ
T I可 立病院機構西別府病院総合 スポーツ外来
4*ヽ Iori T lnl院 長
**ヽ fatsuda T
可女1生 内不
│
821
を呈す るこ とは少 なか らず認 め られて いる 拒食症
神経 因性食欲不
は,摂 食 障害 の 1つ の病 型である “
i(%)
振症 "と され る食 事 が摂 れ な い状 況 に,過 食 ・ 食 べ
吐 きを伴 う “
神 経性 大食・II¨ .い わ 1)る 過 食症 に加 え
て,“ 特定 の不能"の 3つ の タイブに分け られる
スポー ツ選手 は体重 が軽 いほ うが 競技 方向上 につ
なが る と考 え られ,摂 食 障害 を発■ しやす い と考 え
¬
競lJ4特 性
られて いる (ス ポー ツによる摂食障害
に よる痩せ のため,適 正 体 重 の判 定 が 等 し く 発 症
して いて も,痩 せ の正 当化 をす るため に スポー ツに
よ りいっそ う取 り組 む こ ともあ り,一 般 の摂 食障害
と比較 して難治性 にな りやす い とされて いる
女性 アス リー トの無 月経 は,低 エ ス トロゲ ン状 態
を原 因 として │に に月経 の停 止 のみ な らず .疲 労骨
折 や‖i tt ll「 をり き起す シー クエ ンスの病態 である と
(108) (155) (123) (75) (104)
´15C12-175‐ -200ヽ ン225
く100 100-125′ ヽ
考 え られて い る
体脂肪率 (%)
図 1 体脂肪率と月経異常
体脂肪 は 10%以 下 になるとほぼ 100%無 月経 となる 月経
の発来 には,17%以 上必要 とされ,安 定 した月経 の発来 に
は22%以 上必要 とされる
(文 献 2)よ
り転載
1.疲 労骨折
]以 上 となる と第 2度
無月経 とな り長即1化 し 6か ナ
無 月経 となる割 合が 高 い こ とん詢 Iら れて い る 鯉 川
常 が 'lじ る と,そ の 2年
らによると,何 らか の 月子
)
`異
全身骨塩濃 度 (g/cm2)
130
105
図2
○
100
20
40
80
60
100
120
140
160
エス トラ ジオ ール (pg/m′ )
180
エス トログ ンと全身骨塩濃度
エス トラジオール 値 の増加
│二
全 身骨
:塩 濃度 と比例 して増加 する
1(文 献 2)よ り転載
)
†3 スポー ツによる摂食障害
(anOreXia athletica)>>
スポー ツ選手の摂食障害 は,Sundgot‐ Borgenら が 1993年 にエ リー ト女子 アス リー トの 調査 よ
athleticaと 提 唱 している
11
121
liし やす い とこえ られ
スポー ツ選手 は体 重 が軽 いほ うが競技 力 向上 につ なが る と考 え られ,摂 食 障害 を発 り
いて
1・ 11と をす る
も
痩 せの 直
して
た また,も ともと痩せ のため適正体重の判 定は難 し く,診 断が困難 で,発 症
i)や す tヽ とされて
ためにスポ ー ツによ りいっそ う取 り組 む こともあ り,一 般 の摂 食障害 と比較 して難治性 にな
いる
822
画像診 断
ヽO12S N0 8 2008
の荷重骨 を二 重 エ ネルギ ーX線 吸収法 (dual energy
後 に :t´ 芝か らの長期離脱 を余儀 な くされ て い るケー
ス■
こ とを報告 して い る 3' この 際 の長期離 脱
`
'■
_11ま
lray absorptiometrb「
;DEXA)に
よ って 測 定 す
ることがス タンダー ドとなって いる
疲労骨折 であった
跳躍系 の スポー ツにお いて は,骨 密 度 の減少 が ス
コ ゲ ン低下が骨密 度 の低下 につ なが ること
・粗 髪 症 が多 く認 め られ るこ と
胃
■ t後 の婦 人 の′
ポー ツに よる骨 密 度増 JJllと 相殺 され,見 かけ L,低
上 に明 らかである。若年者 にお いて も ステロ
下がな い と判定 され ることも少 な くない 図 4は ,高
川1使 用者 に骨粗 髯症 が 認 め られ るこ とや,小
く令 で あ る
_「 1に お け る 頻 度 の 高 い ││‖ it tt iヒ イ
校 の新体 操 選 手 の腰 椎 DEXAに よる測 定結 果 を示
す 若千 の低 下 は見 られ る ものの,骨 密 度 の低 下 が
二
「
、
11そ
i rne硫 候群 では、骨折
│「
に ii腕 ′
1の 骨折頻度 が
あ る とは言 い が た い
だいこ とが知 られ てお i)│ナ 1l tが 低 い ことが原 因
′`
とされて いる 杵 f:イ iお する ‖密 度 の獲得 の重要
性 は しば しは :│;ら ギ_て tる が │う}な メタアナ リシ
はほぼ全 員そ の 後 の 1年 以 内 に各所 の疲 労骨折 を発
症 した (図
5,6).低 エ ス トログ ン状態 による骨密 度
の低 Fは ,皮 質骨 で顕著 で あ り,こ れ らの選 手は荷
重 のかか らない 中手骨や非利 き手 の榜骨 による骨密
′
・
度 は全 員 YAM80%以 下であ った さらに 日吸収 マー
スは な く 介 人か Ij:11有 効 で あ った報告 はほ とん
どない
マ ス │一 、1ち
しか しなが ら,こ れ らの選手
て も皆無 で あ るが,こ れ は逼迫
カ ー の I型 コ ラ ー ゲ ン 架 橋 N端 子 テ ロ ペ プ チ ド
した :_〔 千 ¨ 応 は必要 であ る 特 に摂 食 障害 を
′
)'´ ´
」
「 「)骨 密度 の減少 は迅速 で,1年 間で 10%
(NTx)(尿 中)は いず れ も高値 であ った (表 )高 骨
代 謝 回 転 カ ッ トオ フ値 が 54nmol BCE/mmol.Cr
t`
(」
:,`
す ることも稀 で はな い
(bOne collagen equivalent)で あ り,年 齢 を考慮 し
仮 に治療 が奏効 し
て も高付1で あ ることは一 日瞭然 であ る
j l、 ■と月経 が 回復 して も骨密 度 の 回復 は li=め ら
血中エ ス ト
い か,大 幅 に遅 れ,競 技 復 ム古を ,tせ な い こ とも
ラジオ ー ルの lLhも 50pg/m′ 以 Fと 低 値 で,低 エ ス ト
多い.復 帰 して も、骨密 度 の低 ドは競技継続 に当た
ロ ゲ ンが骨密 F4の 低 ドを生 じ,疲 労骨折 を生 じた と
り高頻度 に疲労骨折 を起す ことが 問題 となる
考 える
_な
こ う した結果 か ら,女 性 アス リー トにお け る骨 密
骨 は大 き く海綿骨 と皮 質骨 に分 け られ るが,エ ス
トロゲ ンの不足 は主に皮質骨 のりF薄 化 を来す (図 3)
度 の 沢1定 は,非 荷 重骨 を用 いて皮質骨 を中心 に評価
吃質骨 の 多イL性 が進行 して,皮 質骨 幅が薄 くな る と
しなけれ ば,将 来疲労骨 折 の予測 につ なが らな い と
されて い る 骨密 度 の測 定 は,腰 椎 な ど海綿骨主体
考 え られる
0
0
0
% 2 0 8
Tス コア
4
5
選手 番 号
性 ホル モ ンが不足 す るこ とに よ り,皮 質 骨 が非
図 4 腰椎 DEXA法 による骨密度
腰椎 (L2L4)の Tス コアは軽度の低下 は認 めるものの, その度合
いはわずかである これは跳躍 などにより,荷 重ス トレスによる
骨塩増加 の効果 があるため,見 かけ上正常のように見える 海綿
骨主体 の骨は荷重 ス トレスによる骨塩増加に反応するため,低 下
薄化 してい く
していないような値 をとる
図 3 女性ホルモ ン不足状態 と皮質骨罪薄化
Aは 正 常 の骨量増加 :皮 質 骨 は主 に男性 は外イ
員
1
に向 け,女 性 は内側 に向 けて増 殖 す る
画像 診断 VO128 No 8 2008
Bは 女
823
単純 X線 写真
単純 X線 写真
図5
10歳 代後半
左第 3中 足骨疲労骨折
競技 :新 体操 体重 40kg
演技 で繰 り返 し同 じ動作 を行 うため,同 じ部位
にス トレスが かかる 既 に偽 関節化 してい る
図6
10歳 代後半
体操
体重 46kg
新体操 の 誉 三7更 内容 が決 まる と繰 り返 し同
ラ
を行 う■
言定部位 に集 中 してス トレ
じ動作「
「
スがかか る 三 .Iモ ≡ 手合 踏 み切 り足 ,着
「
地 する足 な とそ否旱 ,二 I更 て きない ため,疲 労
(→ )
骨折 を生 じやす t
表
症例 年齢 月経 の状態
│(歳 )
体脂肪率
(%)
(μ
I
LH
FSH
エス トラ シ イ ー
続発
原発
続発
原発
規則的
原発
原発
原発
224
168
241
197
226
153
164
157
200
190
160
(mlD/m′ ) (mlD/mの
尿中 NTx
■ ■
>i
75
く 05
07
06
08
140
<05
(05
230
08
88
F言 丁
nmol BCE/nmOFC′ )
pg ^^
>250)
17
16
16
15
16
15
15
15
一
月経状態 と各種ホルモン値
ソマ トメジン IGF
g/m′
競技 :新
右月
す
1骨 疲 労骨折
745
33
91
8313
11135
7
19
21(1焉
56
62
く
4
く
ゼ
l
│ヽ
1713
1258
l
293
61
包木」
激ホルモン
LH:黄 体末U激 ホルモン, FSH:卵 月
“
│キ
原発性無 ナ
メ,ま ま■技 を継続 して い るケース が
運 動 性 無 月経 は,骨 密 度 の獲 得 以 外 に も影 響 を及
続
ぼ す い った ん 開始 した 月経 が ILま った状 態 が “
ll二 投 せ の認 め られ る競技 ,摂 食制
急増 して いる キ
発 性 無 月経 "で ,こ れ まで は運 動 性 無 月経 の 大 半 は
限を行 う競1支 で顕 格である
`¨
続 発 性 で あ っ た。 しか し,昨 今 ,ス ポ ー ツの 開 始 年
Zankcrと Swainelの 研 究 で は,原 発性 無 月経 の
齢 が 低 年 齢 化 し,初 経 開始 以 前 よ り,過 剰 な トレー
原 因 として、エ ネルギ ー摂取 不足 の 関与 を示唆 して
いる エ ス トロゲ ンは bOdy mass index(BMI),体
ニ ング を開始 す る こ とで 月経 そ の もの が 始 ま らな い
824
画像 診断 Vo128 No 8 2008
A∼ C 豊 純 X線 写真
A
B
初診詩
図7
10歳 代前半
右第 3中 足骨疲 労骨折
C
初診後 11日 目
初診後 25日 目
競技 :卓 球
A∼ Ci初 診前 日より同部位 の疼痛 を自覚 競技 を継続 しなが ら,負 荷 のかかる運動 は制限,練 習後 はアイシンク,超 音波
を行 っていた 初診 時 (A)1こ は単純 X線 写真 では変化 がはっきりしないが,経 時的に仮 骨形成 の所 見 (→ )が はっきりして
くる
脂 ∫
率 とは低 い相 関であ ったの に対 し エ ネルギー
バ ラ ンスと高 い相 関 を示 した エ ネルギー摂取 が低
:り
ヽす る と.エ ス トロゲ ンの低 ドとともに インスリン様
I二
1,1 l TGF)一 I(ソ マ トメジン)の 低 ドが見 られる
らも無 月経 で あ って も,競 技 生活 終 了後 ,月 経 が再
開 し,そ の 後 の生 殖 に問題 が なか った として選手 に
もそ の ように伝 えて いることが 多 い この傾 向 は改
めるべ きである
._■ しモ ンの低 下が な い に もかか わ らず.IGF I
●1●
2.靱 帯 損 傷
れる場合 は摂食不足 を意 叫ξ
する
ljノ ガっ
スバ ー ト中 であ る場 合 は 体重減
スポ ー ツ障害 ・外 傷 に対 す る脆 ]J性 につ いて は
こ ti,ざ か 成 1こ
ゴたして 11び が鈍 化す る 最終 的に身長は推
少 卜に ―
主 に骨 に関 して の女性 ホ ルモ ンの 関与 が論 じられ る
身長 の 伸 び と相 関す る
ことが 多 く,閉 経 後 の骨粗漂 症 の知 見 を基 に考慮 さ
Iは ,炭 水化物や蛋 白質 の摂取 と │:の 相 関を有
れて きた。 まだ女性 スポー ツ医学 につ いては独 自の
す るので,低 体 重期 間す なわち低 摂食状態 が 長 く続
検 討 は十分 で はな く,他 の知 見 に基 づ いての推 察 で
くと身長 の伸 びが抑制 され る 骨端線 が閉 じる前に
ある こ とが多 く,さ まざ まな分 野 で解 明が不 卜分 な
栄 養状態 が 回復 しない場 合 は,低 身長 となる 疲労
ことが 多 い
定 最終 身 1こ よ り低 下 す る
IGF‐
,
■・ も多発す ることに加 え,骨 端 の トラブ ル も増加
女性 アス リー トに多 い 障害 の ひ とつ に.非 接触 型
l E78
近年 ,審 美 系 スポー ツで は海外 の選
「
1:■ _す るために身長 の 高 い選手 が望 まれ ること
「、
の 前十字靱 帯 (anterior cruciate ligannent i Jヽ CL)
で も │)こ うした意味 で も対 応 は必 要 と
_■ ::′ 1を イい ヽ、適切 な状 況対応 が重 要
損 傷 が 多 い こ とが知 られ て い る (図
9)X脚
な どの
■ ′ (■
女性 特有 のア ライ メン ト(knee in tOe out)の 関与
なる
杉外科 的な
を論 じた報告 5)が 多 いが これ までは,整 り
´`「 L
と考え ′
指 専者 も■ ■ 1、 こつ いて 1ま 関心 の な い こ とが 多
く Hら の キ■ 1に
k)12、
Ξ′
象診」 ヽ
,て
':`づ
N■
、2ぃ
千i早 す るこ とが 多 い
′
自
見地 に立って の 月経 周期 との関連 につ いて報告が 出
されて い る エ ス トロゲ ンが関与 す るか否かの検 討
°つ.ACL
が多 いが 一 定 の 見解 は得 られ て い な い
A
単純 X線 写真
B Tl強 調冠状断像
C
丁2*強 調冠状断像
D S丁 lR冠 状断像
10歳 代前半 右大腿骨頸部骨折 競技 :ホ ッケー 体重 53kg
骨密度 (前 腕遠位)YAM78% 4か 月前 に左大腿骨頸部疲労骨折
A:既 に左は陳旧1生 症変 が仮骨形成 している い )→ :骨 折部
B:骨 折部は低信号 を示す (→
C:骨 折部 は高信号 を示す (→
D:骨 折部 はさらに高吸収 となる (→
図8
身長 160cm
)
)
)
損傷 を起 した選手 は痩せ が多 いわ け で は な く 無 ′
経 でな く,む しろ月経 の ある選手が多 く,低 エ ス トロ
l
ゲ ンとの 関与 はむ しろ少 な い ような自]象 もあ る
1[
常周期 を有す る ものが大 半 であるが なか に2∼ 3か
月 に 1回 の稀発 月経 の状 態 の 選手が 少 な くな い こ
査 にて卵 巣 の観 察 を行 うと
10mm未 満 の小 さな卵
真 珠 の 首輪
胞 を卵 巣 表 面 に多 数 有 す る い わゆ る “
"の
状
所見 を呈す る (図 10)こ の状態 は排ll lが な い
状 態 で,排 卵 が な い こ と│ま
プ ロゲ ステ ロ ンの 産生
が ないことを意味す る
PCOSで は男性 ホ ルモ ン │ア
ン ドロゲ ン)が 通常 よ
う した稀 発 月経 の 選 手 は,黄 体刺激 ホ ルモ ン (LH),
テス トステロンの高値 を示す ことが 多 い
+4(p01ycyStiC
この 状 態 は “
多 嚢 胞性 卵 巣症 候 群
り高値 で,ア ン ドロゲ ンが 1然 に高値 であるため,瞬
発 系 の競技 な どにお いて 1よ 言わば,筋 肉増 強斉Jと
ovary syndrome:PCOS)"と 言 われ る 超音 波検
して用 い られ るアナボ リックステ ロ イ ドを使 用 した
.
†4 多嚢胞性卵巣症候群
(po:ycystic ovary syndrome i PCOS)>>レ
多嚢胞性卵巣症候群 の新診断基準 (案 )(日 本産科婦人科学 会 生殖 ・内分泌委 員会
2007)
以下の 1∼ 3の すべ てを満 たす場合 を多嚢胞性卵巣 f■ 候群 とす る
1月 経異常
2多 嚢胞卵巣
3血 中男性 ホ ルモ ン高値 または LH基 礎値高値 かつ FSH基 礎値正常
画像 診断 VO128 No 8 2008
B
ブロ トン密度強調矢状断像 (2350/18)1.5テ スラ装置使用
B 後十字靱帯
前十字靱帯
40歳 代 非接触性前十字靭帯 損傷 競技 :バ レー ボール
A:前 十字靱帯 の連続性 が不明になっている (→
B:後 十字靱帯 が後方 に移動 し,緩 んだ像 を呈 している (→
図9
)
)
超音波像
状況に類似 して いると言 える 女性 アスリー トに とっ
ては,競 技 にお いては こ う した高 ア ン ドロゲ ン状 態
はむ しろ好 ま しい と考 え られ,時 々しか 月経 が な い
ので,月 経 の煩 わ しさが な い こ とも相 まって放置 さ
れて きた また,ア ス リー トは トレー ニ ングに よっ
て体脂肪が減 少す ることか ら,ア ン ドロゲ ンは体 脂
三
tヽ で の エ ス トロ ゲ ンヘ の転 換 も抑 制 され るため
,
そ
気 :旬
│よ
い っそ う強 まる.従 来 よ り,非 接 触 型
ヽti l:傷 ヒ女性 ホ ルモ ンとの 関係 が取 り Lげ られて
きたが ア ン ドロゲ ンとの 関与 につ いての 見解 はな
い
高 ア ン ドロゲ ンの腱 に及 ぼす状 況 は・アナボ リッ
クステ ロ イ ドの 副作用 で腱 障害が増加 す ることを考
慮す る と,リ ス クファク ターの ひ とつ と考 えて も よ
いか もしれない。
WOitysら に よる と,ACL損 傷 は卵 胞期 と排 卵 期
に多 く,黄 体期 に少 ない と報告 して,プ ロゲステ ロン
との関係 を挙 げ て い る 0.母 数 が少 な いため エ ビデ
ンスを形 成 す るには至 って い な いが ,高 ア ン ドロ グ
ンに もかか わ らず ,プ ロゲ ステ ロ ンが分泌 されて い
な い ことは リス クフ ァクターの ひ とつ で はな いか と
考 えて いる
PCOSの 病態 を考慮 す る とあ なが ちあ
りえない状態 ではない
PCOSの 状 態 が高校 生 にあ る場 合 ,月
経 は全 くな
いわ け で はな いので,ま だ若年 な ので不順 で あ る と
画像診断 VO128 No 8 2008
図 10
20歳 代 多嚢胞性卵巣 症候群
10mm未 満 の小 さな卵 胞 が卵巣表 面 に多発 し,2次
元 の超 音波像 では真珠 の首輪の ように見 える (→
)
か,「 運動を止めたら元に戻 るJ,「 ス トレスがなくなっ
たら大文夫」などあまりに根拠に基づかない対応を
されてきたことが多 いと思われる。今後,ACL損 傷
の予防に関与するかについては検討が待たれる
A
B
恥骨疲労骨折の単純 X線 写真 (3月 )
踵骨疲労骨折 の丁1強 調矢状断像 (8月
)
図 11 30歳 代 多発す る疲労骨折
A:前 の 月 (2月 )は 450km/月 の走行 が あ り,恥 骨 に骨折 が見 ら
れる (→
)
B:踵 骨 の後部上方 に線状低信号 が見 られる (→
)
3.拒 食 症
近年 ,一 般 女性 で も摂 食 障害 は増力日してお り,こ
の 10年 間で急 増 して いる とされ る.痩 せ と無 月経 を
の
特徴 とす る拒 食症 は,日 本 で も1980年 代 よ りそ 増
加 が報 告 され,近 年 そ の 増加 は著 しい とされ る 疫
で
の
厚 生省 石 川lllの 調 査 で は,185人 と約 10倍 増加
9)地 域 の学校 を対象 に摂 食異常調 査 票 の記
ぁ った
入により行 った調査 による と,有 病率 は 0.4∼ 10%で
1°
患 者 の 95%以
発 症 年 齢 は平 均 178歳 で あ った
,
上が女性 で,厚 労省 の 難治性 疾患 克服事業 に指 定 さ
Ii
れ て い る 病 因 の解 明や標準化 され た治療 法 は確
バー
され て い ない 発病 の低年 齢化 が進 んで,成 長 ス
トや叢高骨 量 (peak bOne mass)形 成期 に 重な るこ
の な い こ ともπい
ま
、
り与
´
学調査 によって推 定 され る患者数 は,人 口 10万 人当
り,1980年 には 15∼ 18人 であ つたが ,1998年 には
の
ヽ
11さ す る心■ 句;│・ lll科
息 考 の急増 に伴 い 文
リな11夕 Jl:ttを 受 診 して
専 門医 が不足 してお り,適 リ
ア ス ー トの場 合,競
い ない こ とは多 く見 られ る
「践た ● ::ひ いてはオー
技成績 が向 上せず 貧 血や」
・
バ ー トレー ニ ング症 候 IFな ヒ ツケ をされ 一 般 内
「
の のに
科 で管 理 され て い る ケー ス も 多t・ t「 そ も
.:iilヒ
して しまい,自 覚
も摂 食 を控 えて い る こ
づ いて も受診 しな い,練
ヽ
こ とも多 く,周 囲 も本 人
習 が忙 し くて L'て き
ンで ■│''を 仁力め ら1■ ないことも多 い
を,t辻 ´
こ う した なか で,画 像 診 断 にお い て,異 常 に低 下
した ‖`畜 lIダ [発 す る疲 労骨折 を日に した場 合 ,“ lF
念頭 に臨床検 査 の追加 を呈示す るな ど,違 っ
た 方向 か らの 診 断 ア プ ローチが 必 要 とされ て い る
fョ liを
1図 11)
題ヒ
特 に摂 食 障害 を合併 した場 合、骨密 度 の減少 は迅
い
速 で,1年 FHIで 10%以 上減 少す るこ とも稀 で はな
いる と
運動 選 手 に限 って も、摂 食障害 │ま 坤1加 して
思 われ る しか しなが ら 厳格 な定義 珍円i基 準 に
仮 に治療 が奏効 して体 重 と月経が 回復 して も骨密 度
の 回復 は認 め られ な い か ,大 linに 遅 れ,競 技 復帰 を
とか ら,低 身長 や骨 粗髯 捕:が 発元:す る こ とが
│‖
な って いる
基 づ く全 国調査 は見 当 た らず.同 野 らに よる 1996年
の 4体 育系 大学女子 ア ス リー ト1000名 に対す る調査
復帰 して も,骨 密 度 の低 下 は
競技 継続 に当た り高頻 度 に疲労骨 折 を起す ことが問
で は,一 般 女性 の 3%に 対 し,審 美系 12%.持 久系 ス
ポ ー ツ20%が ,質 問紙法 を用 いた調査 であるeating
題 となる
attitude test(EAT)の 短縮版,EAT‐ 26に よる調査 で
おわ りに
無月経・拒食症 において疲労骨折 は高頻度に認め
20点 以上 を示す,摂 食障害類似 者 の害J合 であった
828
ll)
呆せ な い ことも多 い
画像診 断
701 28 No 8 2008
ヽ
´_l
そ
,1_
・1_二
,山 i像 1升 見 は特 徴 的 と言える もの はな
マ スリー トにお いて は競技 特 性 に応 じ
じる ことは多 い
日常遭過 しな い部位 の
_ j■ tた 場 合,競 技 の 内容 を考慮す ることが
1
´りとなる ことはあ ろ う 女性 アス リー トは
状態 の持続 は間違 い な く将来 の競技 パ フォーマ ンス
に影響 す るこ とを指 導者 に理解 して もらうこ とは竜
“
低 エ ス トロゲ ン状 態 の結果 ,疲 労骨折 が
頻 発 す る こ と",ま た一 般 的 で はな い が,“ 低 プ ロ ゲ
要であ る
ス テ ロ ン・ 高 ア ン ドロゲ ン"は 前 十字靱 帯損傷 の リ
'1キ ダ の用語 の持 つ イ メー ジで 月経 出血 の
ス クになる可 能性 が ある こ とな ど,長 期 の競技 離脱
■し を気 にか け ることが多 い 指導者 も女
を来す原 因 となる ことを,選 手本 人 ・指 導者 に理解
ド 自らの経験 な どで競技 Ji活 終了後 に月経
iし た経験 か ら,無 月経 につ い て関心 を示 さな
させ ることは言 葉 のみではなか なか難 しい。 目に見
える形 である画像 診断 か らの無月経 ・拒 食症 の リス
■ 単者は数多 く存在す る
"で はな
く,ホ ル
た「
」な こ とは “月経 の あ る・ な し
¨ エ
モ ン状 況 の 把握 で あ る.少 な くとも 低 ス トロ ゲ
クにつ いての アプ ローチ は,選 手 ・指 導者 の理解 に
も繋が りやす い と考 える 低 エ ス トロゲ ン状 態 の 回
避 は,ア ス リー トのパ フ オーマ ンスの 向上 に繁 が る
ン状 態 "は 避 けなけれ ば い け な い
ことを伝 えて い く必要が ある
_
:
.
低 エ ス トロ ゲ ン
■文
:「
`)、 lti三 ピュal cvclesl fatness as
it li i fOl‐ height necessary
Sciellce 185: 949-951,
ti
l()r thelr malntenance or り■、
1974
」崎 登:女 1生 スポー ツの「,[i t l L:L 1997
型川 なつ え 宮崎亮 ―郎 「11 ■ 1:`じ l: 14-20.2004
sch RE Mc.ヽ rthur
J`
a dcternlinant of rninilnunぅ
_
: Zanker CL,S、 raine IL:The iti l
een
1;bil p lDct、 ′
scrum
概帯損傷 に対 す る影響 臨床 スポー ツ医学 19991-994.
2002
8 WoityS E卜 l Huston LJ Bo5「 ntOn MD,ct al Thc effect
Of the menstrual cycle on anterior cruciate ligament
iniuriCS in women as detcrmined by hormone levels
9
oestradiol concentration alld t:li 「
`: balance
in young
ヽ│」:Is
NIed 19:104-108
、
、oinen distance rし lnners llT
101
1998
tと 非 接 触 型 膝 前
↑森 章浩 :白 年 字 lll帯 に与 え ・
j;・ =、
ll): 1 1,7-1010. 2002
il‐ 靭帯損 傷 臨 │(ス ポー ル
・1イ (実 :性 周期が膝 前 1宇 颯帯 │.
二 iえ る影 響 Lli床
i=― ツ医学 1■ 99510()(),2002
::1:1燎 面義雄 酒巻キ恵 :女 「 ´ の 膝 前 十 年
11
'レ
Alln J SpOrts Nled 3()1821882()02
暉 /1省 特 定疾 害、 神経性 食欲不振 症 調査 百 班
'F究
医療
1FH「 員理 ,大 和 田里 奈 高野加寿 恵 :内 分泌疾患総合
セ ンター 1999年 1年 lBH 東女 医人誌 71:1471542001
岡野五 郎 :ス ポー ツ選手 にお け る食欲異常 とエ ネ ルギ ー
要求 臨床 スポー ツ医学 1&433-4392001
12 Sundgot Borgen J Bahr R Falch JA, et al Sundgot
SchneiderI Prevalence of eating disovdeus in elite
female athletcs lnt J SpOrt Nutr 31 29 40 1993
=ン
Disorders
particularly estrogen, are ilnportant The three
ma10r Signs in women indicating that long term
,JKao,vlais´ 33'l Yoshihlko Shln*,Teruak lN7 or*
cessation from athletic competition is necessary are
anlenorrhea, osteoporosis, and eating disorders
Female Athletes:Risk of Amenorrhea and Eating
t´
nlike lnen, 、
「omen have horlllonを li cycles
lt
is irnportant to understand the hor:ll(Dnal Status
っ
f v「 omen
athletes
*IDepartment of Sports Outpatient, Nishibeppu
Hospital,National Hospital
Organization
Female se、 tial hormones,
画像 診断 VO128 No 8 2008
829
Fly UP