...

デカルト

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

デカルト
デカルト
ら
で
あ
る
。
と
い
う
の
も
、
わ
れ
わ
れ
が
と
き
お
り
誤
る
と
い
う
こ
と
は
、
す
で
に
気
づ
い
て
知
っ
て
い
る
が
、
事
が
ら
に
お
い
て
さ
え
、
つ
ね
に
誤
る
よ
う
な
も
の
と
し
て
、
創
造
す
る
こ
と
を
欲
し
た
の
か
も
し
れ
な
い
か
ら
で
あ
る
。
す
な
わ
ち
、
も
し
か
す
る
と
神
は
わ
れ
わ
れ
を
、
わ
れ
わ
れ
に
は
こ
の
う
え
な
く
明
白
に
見
え
る
に
、
全
能
で
あ
り
、
わ
れ
わ
れ
の
創
造
者
で
あ
る
と
こ
ろ
の
神
が
存
在
す
る
、
と
聞
か
さ
れ
た
こ
と
が
あ
る
か
れ
た
こ
と
を
、
き
わ
め
て
確
実
で
自
明
で
あ
る
と
認
め
る
よ
う
な
人
が
あ
る
の
も
見
た
か
ら
で
あ
る
。
ま
た
特
『
世
界
の
名
著
デ
カ
ル
ト
』
野
田
又
夫
編
(
中
央
公
論
社
)
「
哲
学
の
原
理
」
て
、
誤
り
を
お
か
す
人
が
あ
る
の
を
と
き
と
し
て
見
た
こ
と
が
あ
る
し
、
ま
た
、
わ
れ
わ
れ
に
は
虚
偽
と
思
わ
原
理
に
つ
い
て
も
、
疑
う
こ
と
に
し
よ
う
。
な
ぜ
か
と
い
う
に
、
わ
れ
わ
れ
は
、
こ
の
よ
う
な
事
が
ら
に
お
い
疑
う
こ
と
に
し
よ
う
。
す
な
わ
ち
、
数
学
の
証
明
に
つ
い
て
も
、
こ
れ
ま
で
自
明
で
あ
る
と
み
な
さ
れ
て
い
た
一
―
五
お
疑
っ
て
い
る
か
ら
で
あ
る
。
は
、
わ
れ
わ
れ
は
、
思
惟
に
つ
い
て
は
す
で
に
認
識
し
た
の
で
あ
る
が
、
そ
の
他
の
も
の
に
つ
い
て
は
、
い
ま
な
思
惟
は
、
い
か
な
る
物
体
的
な
も
の
よ
り
先
に
、
か
つ
ま
た
よ
り
確
実
に
、
知
ら
れ
る
の
で
あ
る
。
と
い
う
の
れ
の
本
性
に
属
さ
ず
、
た
だ
思
惟
の
み
が
わ
れ
わ
れ
の
本
性
に
属
す
る
、
と
い
う
こ
と
で
あ
る
。
し
た
が
っ
て
、
な
お
、
ま
た
わ
れ
わ
れ
は
以
前
に
最
も
確
実
で
あ
る
と
思
わ
れ
て
い
た
、
他
の
事
が
ら
に
つ
い
て
も
認
め
る
。
す
な
わ
ち
、
延
長
や
形
や
場
所
的
運
動
な
ど
と
い
っ
た
、
物
体
に
帰
せ
ら
れ
る
べ
き
も
の
は
わ
れ
わ
別
す
る
標
識
は
見
あ
た
ら
な
い
か
ら
で
あ
る
。
こ
に
も
存
在
し
な
い
も
の
で
あ
る
ゆ
え
、
こ
の
よ
う
に
疑
っ
て
か
か
る
な
ら
ば
、
睡
眠
と
覚
醒
と
を
確
実
に
識
の
よ
う
に
夢
の
中
で
、
無
数
の
も
の
を
感
覚
し
た
り
想
像
し
た
り
す
る
と
思
っ
て
い
る
が
、
実
は
そ
れ
ら
は
ど
こ
の
わ
れ
わ
れ
が
い
っ
た
い
な
ん
で
あ
る
か
、
を
検
討
し
て
み
る
と
き
、
わ
れ
わ
れ
は
次
の
こ
と
を
明
ら
か
に
る
。
な
ぜ
か
と
い
う
に
、
わ
れ
わ
れ
と
は
異
な
っ
て
い
る
も
の
を
、
す
べ
て
偽
で
あ
る
と
想
定
す
る
と
こ
ろ
の
、
一
―
八
そ
し
て
、
こ
れ
こ
そ
精
神
の
本
性
、
お
よ
び
精
神
と
物
体
と
の
区
別
を
知
る
た
め
の
最
良
の
途
で
あ
れ
を
欺
い
た
も
の
は
、
け
っ
し
て
信
用
し
す
ぎ
な
い
の
が
賢
明
だ
か
ら
で
あ
る
。
第
二
に
、
わ
れ
わ
れ
は
毎
日
う
。
と
い
う
の
は
、
第
一
に
、
わ
れ
わ
れ
は
感
覚
が
と
き
ど
き
誤
る
こ
と
を
知
っ
て
い
る
が
、
一
度
で
も
わ
れ
わ
感
覚
的
事
物
あ
る
い
は
想
像
的
事
物
の
う
ち
に
真
に
存
在
す
る
も
の
が
あ
る
か
ど
う
か
を
、
疑
う
こ
と
に
し
よ
一
―
四
る
認
識
の
う
ち
、
順
序
正
し
く
哲
学
す
る
者
が
出
会
う
と
こ
ろ
の
、
最
初
の
最
も
確
実
な
認
識
で
あ
る
。
矛
盾
し
て
い
る
か
ら
で
あ
る
。
し
た
が
っ
て
、
「
私
は
考
え
る
、
ゆ
え
に
私
は
あ
る
」
と
い
う
認
識
は
、
あ
ら
ゆ
の
で
あ
る
。
な
ぜ
な
ら
、
考
え
る
も
の
が
、
考
え
て
い
る
ま
さ
し
く
そ
の
と
き
に
存
在
し
な
い
、
と
解
す
る
の
は
と
こ
ろ
で
い
ま
わ
れ
わ
れ
は
、
も
っ
ぱ
ら
真
理
の
探
求
に
没
頭
し
て
い
る
の
で
あ
る
か
ら
、
最
初
に
、
だ
か
ら
と
い
っ
て
、
こ
の
よ
う
な
こ
と
を
考
え
て
い
る
わ
れ
わ
れ
が
無
で
あ
る
と
想
定
す
る
こ
と
は
で
き
な
い
で
あ
ろ
う
。
う
明
ら
か
に
見
い
だ
す
た
め
に
は
、
わ
れ
わ
れ
が
疑
う
で
あ
ろ
う
も
の
を
偽
と
す
る
ま
で
に
い
た
る
の
が
有
益
一
―
二
わ
れ
自
身
が
手
も
足
も
、
さ
ら
に
は
身
体
を
も
も
た
ぬ
と
想
定
す
る
こ
と
さ
え
容
易
で
あ
る
。
し
か
し
な
が
ら
、
で
あ
る
と
さ
え
考
え
る
な
ら
ば
、
神
も
天
空
も
物
体
も
な
い
と
想
定
す
る
こ
と
は
容
易
で
あ
り
、
ま
た
、
わ
れ
一
―
七
わ
れ
る
。
そ
れ
ど
こ
ろ
か
、
何
が
最
も
確
実
で
最
も
容
易
に
認
識
さ
れ
る
も
の
で
あ
る
か
を
、
さ
ら
に
い
っ
そ
と
こ
ろ
で
、
な
ん
ら
か
の
し
か
た
で
疑
う
こ
と
の
で
き
る
も
の
を
、
す
べ
て
こ
の
よ
う
に
斥
け
、
偽
こ
と
は
、
い
よ
い
よ
信
ず
る
に
た
る
こ
と
と
な
る
で
あ
ろ
う
。
も
不
確
実
だ
と
思
わ
れ
る
す
べ
て
の
も
の
を
、
一
生
に
一
度
は
、
疑
お
う
と
努
め
る
よ
り
ほ
か
な
い
よ
う
に
思
に
よ
っ
て
真
理
の
認
識
か
ら
遠
ざ
け
ら
れ
て
い
る
。
そ
こ
で
、
そ
う
い
う
先
入
見
か
ら
脱
す
る
に
は
、
少
し
で
用
す
る
以
前
か
ら
、
感
覚
的
な
事
物
に
つ
い
て
い
ろ
い
ろ
の
判
断
を
く
だ
し
て
き
た
ゆ
え
に
、
多
く
の
先
入
見
一
―
一
源
の
創
始
者
の
能
力
を
小
さ
く
み
な
せ
ば
み
な
す
ほ
ど
、
わ
れ
わ
れ
が
つ
ね
に
誤
る
ほ
ど
に
不
完
全
だ
と
い
う
よ
っ
て
、
も
し
く
は
他
の
な
に
も
の
か
に
よ
っ
て
つ
く
ら
れ
た
の
だ
、
と
考
え
て
み
る
な
ら
、
わ
れ
わ
れ
の
起
わ
れ
る
か
ら
で
あ
る
。
な
お
ま
た
、
か
り
に
わ
れ
わ
れ
が
、
全
能
の
神
に
よ
っ
て
で
は
な
く
、
わ
れ
わ
れ
自
身
に
こ
れ
に
劣
ら
ず
、
そ
の
よ
う
な
こ
と
[
わ
れ
わ
れ
が
つ
ね
に
誤
る
と
い
う
こ
と
]
も
起
こ
り
う
る
は
ず
だ
と
思
わ
れ
わ
れ
は
生
ま
れ
た
と
き
は
幼
児
で
あ
っ
た
ゆ
え
に
、
そ
し
て
、
わ
れ
わ
れ
の
理
性
を
完
全
に
使
Fly UP