...

Untitled

by user

on
Category: Documents
8

views

Report

Comments

Description

Transcript

Untitled
、
奨利河ダムは、国道二三O号線実利河市街地手前に概ね完成し、
て︿れます .
けなどによる増水に対し、英
①洪 水 胸 節 大 雨 や 急 激 な缶ど
美利河ダムは、後志利別川総
利河ダムでは毎秒 一千立方μ
美利河ダムの概要
昭和四十四年度に予備調査、昭和五十年度からは実施計画調査
合開 発 計 画 の 一 刻 と し て 建 設 さ
の白木流訟を毎秒三百五十立
その威容を誇っています 。
が行われ 、昭和五十 四年度にダム の建設工事が着手さ れ、本年度
れている雄政省直轄の多目的ダ
及びロソクフィル(岩石や土で
沿岸内燥地に
流流域的洪水を防止する 。
② かんがい用水
深水かんがい、畑地かんがい
を行うための農業用水を雌保
HM
(
十 五階ビルとほぼ同じ高さ )
を図る.
と連動するスポーツ ・レタリェ
り合いなが ら7 7プラザピ リカ
一帯同い水位 )まで 段階的に貯
からサlチャージ水位(貯水の
建鮫されたダムが、最低水位
試験湛水がはじまります
二月二十八日からダムの
大出力四 千 J月の発 電 が行わ
れます 。
は、ダムの落差を利用して最
④発 電 新
設される発電所で
水の正常な機能的維持と明迫
岸の既得用水町補給など、流
沿
L、農業の近 代化に役 立てる .
五十五灯 、 ロックフィル 部七百
二十五 灯計 一千四百八十μもあ
JVM(
野球場二
る日本一長いダムです 。 集水 面
積は百十五平方
千四百六十個分内広き)総財木
容n
M (貯水 nM) 一千八百立方μ
(京京ドムの十五杯分)肉親
棋を備えたダムです。
ダム本 体 とは別に 、 本格的な
余 暇 時 代 を 迎 え た 今 日、北海 道
l yョンの基地としての周辺務
水 ) が 行 わ れ ま す。
目印勺以内で水位を増して
一
(
いく)堤 体的拳動観測 (
試 験湛
か、ダムの管理基準に基づき
の機能が 働 くか 、問 題占はない
水位を下げた状態で、正常にそ
水された状態と 、逆に段階的に
ダムはなぜつくられたか
備が計画的に推進されます。
開発局では、今金町と述携をと
③ 流水の正常な機能の維持
堤頂長は、コンクリート部七百
昨
日
土 )の 桜合ダムで境問四十
方幻に測節して送り 出 し、下
でダム周辺の整備を残し、完成の運びとなります。二月二十八日に
ります 。 住民総泣内力で消流円
型式は、重力式コンクリ ート
ムです 。
I
はダム締め切りゲl トが降ろされ 、待望の試験獄村が始まります。
め、雨量観測等によ って流水量
の変化に迅辿に対応します。
境務 仰 が引川閥的に進め られてい
ます 。
本 一を大切にし 、 四 つ め の 日 本
j
今月号では、実利河ダムの概要と試験湛木等のあ勺ましをご紹
路のぼ而にはタテ
ダムが 一望できるダム位理所
後志利別 川 は消流円本 一であ
j
介します 。
μ の海牛肉親子が遊泳している
白御影石の台に配したり、放水
り二階建一 部地下造り、床延面
設けられ(鉄筋コンク リー ト巡
姿を、槌石を利用して両側に配
美利河ダムにはダム告理所が
りゲ ト が 除 さ れ 、 サ チ ャ
するなど‘円以観英を至るところ
一一月二十 八 日にダムの締め切
ジ水位が五月 中 頃 と 予 定 さ れ て
川流域を洪水的被告から守るた
積I、4 5 8平方 H
川)後志利 別
mu ×ヨコ 鈎
います 。 それから段階的に水位
験湛水で拠出や 問題上回がなけれ
二階に設けられた最新鋭の集中
に配慮しながら、ダム周辺の現
が下げられ 、 七月上旬切で試験
ば、引 き続き美利河ダム 的利水
制御シ ステムで 、 安全 か つ雌笑
湛水が終わる計画です。この試
計画に 基づく信理段階 に移行さ
美利河ダム周辺
には日本一が三つグ
ることから 、貯水池内に賞、 ピ
一づくりをめざしましょう。
ダ ム周辺には日本一が三つあ
ンク、紫等の水草(花)などを
①山川流日本 一 後志利 別川 は昭
公固化されます
ダム周辺が
に洪水調節が行われます 。
れます 。
この 試 験湛水が 順調 に推移 し
ますと、五月内ゴールデンウィ
と人造湖がおりなす雄大な景観
植栽して、酸紫を補給する主ど
和六十二年から平成元年まで
︺
2
︹
i
ーク頃には 、美 利河 町白然景観
長期的にきれいな水を確保した
全国 一級河 川、湖沼町水質訓
;
'
1
が楽しめることになります.
ダムの安全管理
はど二で
り、円以観を向めるための工夫が
査で 三年 連 統 治 流 日 本 一。
②F ム 堤 頂 長 の 長 さ 日 本 一 美
、
一
③片 側抑 し日本 一長いトンネル
凶
いたるところに考慮されていま
す。
利河ダムぬ頂長の長さ
英利 河 ダ ム 取 水 口 か ら 花 石
また 、ダ ム周辺を水遊びなど
もできる公園化計画を進めてい
ることから、ダムロ yクワイル
めのう柄下流までの北屯ピリ
OHM
は日 本一。
部背而 (
下 流 部 ) には、芝桜を
八
植栽したり、 y yジ類の 一部も
!
i
カ発屯所放水トンネル 三 、三
j
。
I
春 に は、 美 利 河 の 自 然 景 観 と 人 造 湖 が お り 立 す 雄 大 な 景 観 が 楽 Lめ ま す 。
す で に 植 裁 を 終 え て い ま す@
(3)
l
d
現
; i立む
I
し 器全 を自そ]
~ð'
1
-+
;ぃ ー て
;中
英利河ダム完成予想図
五四μ は、片側押 し → ンネル
で日本 一。
I
L
の 蛾 金設
!よ 別
:ヲ 川
計流
;回 域
:さ に
:れ 住
j
I
い
暮を町目
'¥ト
一
、
:
r
. 霊所
、
9
1
.
"
合水平
めを成
て l
剖 三
J・"' j~
先 企
f
i年 司 置 、
7 し二
いて月
、
.
.
.
.
..
.
‘事
た、ニ
自 観に
苛治 光し
会 をた
期
待
弘
e111
査、
1
I
I
;く と 人
さ 山 冬
まいピ昨がと
ま だりは つ が l
しまキすとテ広るはら
;り き た 私 れ 町 内 容 す 人 リ 年 多 戸 F す き
‘て通プ今まで lる合エ場も皆札
;で れ ち た ま 家 ス は
。述 カ 十 〈 数 ム
・;た 純 ピ い 年 ン 金 す 、 コ サ せ ス 、 の さ る
i
'.i:いがちすとキ脱
が が 二 し、も が
;い 持 り ま 利 い 町 。 押 │ イ て コ 多 で ん 施
i
献な訪白
・迎 l 、
たオ月制半 ~t
とて TJ す用たが
んスク t
.
)
l
o I面ダが詩
lし 街 札 治
動、夏
(
二 〈分画
:思 き 湖 。 で L ク
なとリ頂ト i~j ム利宅
lた づ る 会
しダは
さプ十!甚以さ
いる、ごきまア
で、ンと・広広Jl
Jす
くこと
たムホ
んン五じ下れ
まよ日利るしプ
栄子グ町ゲ場場し
:と り と し
通湖遊
市J
j " 日 て に た
;す う 本 J
l
J施 た ラ
し供ロ道 !
、や ダ
J忠 、 か て
年 を び、
れ こ にいな当
: 。 手J
Iー さ 設 の ザ
的か l 、トサ水すム
、イらも
観 1;1-1
}
[
j
の
れ
づ
で
ピ
る
ら
ド
道
ポ
y
と
い周
販のクまり時
;ま 〆
、
光心秋
わ 地 アし‘か
L i
!
i
Jる ( 7 リ
械ぉ・々 1カ遊親辺
す l親多
がにの
っ 区プた老ら
て 流とりムカ
に年歩をノレ │ よしの
・ジ t
1
J (
却l温 紅
てにラが 年 み
: いをきに悶を
い寄〈一場場親ま整
待長梨
い若ザ、者る
た守にな辺オ
た り ス 周等、木札備
を 水はは
1
;
咳な じ 次
し“どめの
1
ん
ち 地 今 主t
i
【
I
レ行 ダムコンクリ ー ト都高欄 堤頂
--f
﹁
伽 長 の 両 側 には 、 ダ ム 工 事 か ら 出
タ翻 土した海牛と今金 町花 町 チ ユ │
ニ水
モ洪 り yプ を 鋳 物 で 型 ど ったものを
;
て22J22 Z て ~
ーー
人 し 枇 卜
業 ほ
グ
〉
、
こ
式 1
1
1
所 ダ をに ・
長ム 楽ダ :
主主 し ム 。
酉 殻 ん周
口 司
王 で辺
,
ι-
がムすは日利
1
英
i;r.;.:...,.~.
I
1
) ~じら}可
、昔¥
1な ダ
手よ事会りム
記号
史 ;¥
.
e
<
災
梨 2j
tq 。EtF
!
?
2Z2?詳 " ト .~
ぷ 司 会 辿 通中 i
Z童 話
産 主 曹 雪 句 ご
f
' "'-水月ト回 I~Y
...長 合 年 '
L
' る利
を泌、
rty
あなさ末と湖 、
J
‘個
lい さ 札 に L
竺
霊1且
;た ん る は て が 、 一
_
いととダ今昭
、 ¥ 、回 ,
?
I,
i
主心、 1
mム 年 和
守主一品目
官
、 をいので 五
唱団0<7
I
守 る ヵ 、 相1
•
かと四
ら す E立 美
。
事
〆
三一=
¥
'4 ;
.
よ
ダ
ム
j々 F ま に 八 美
一
I
バ室孟主λ
つ英に六年
:に 干J
I待 年 度 ダ
:L 川I望 日 か ム
•
'
耐川(三年連続)だと環境庁内
った川は、 十 勝 管 内 大 樹 町 の 廃
日本で一番きれいな水流をも
が所管 、 そ れ 以 外 的 公 共 用 水 域
国の一級河川については建設省
たところ﹁河川町水質測定は全
今金河川事業所に問い合わせし
さ っそ く 、 こ の こ と に つ い て
後志利別 川 内歴舟 川(大樹町)
どっちがほんとうの清流日本 一
水 質 測 定 結 果 が 昨 年 十 二月十 八
については環境庁が水質測定を
刑制境基単他満足度の向いきれ
決 的 、 公 表 さ れ ま す ﹂ と云うこ
とでした .
醤踊霞巴
クリスマス
ブレゼシトを
つの消流円本 一が公表されるこ
AY
金 ライオ
ンズクラブでは、
所など五施設を訪れ、クリスマ
十 二月 二十 一日 、 今 金 常 設 保 育
同クラブでは、毎年プレゼン
スプレゼ ント を 手 渡 し ま し た 。
トをしているもので、この日は
ちょうど同所においてクリスマ
スパーティが賑やかに催されて
を詰 めた大きな袋を手波してい
凶 児 一人
υとりに、お菓子など
した同会貝が現われ.九十人の
会場は喜びに溢れていました .
たり、早速あける子などもいて、
にサンタさんと記念写真を撮 っ
園児たちは、ツリーをパ ソク
いるところへ、サンタさんに扮
ました 。
老 人 ク ラ ブ 連 合 会 と 教 育 委 只 が 参 加 し ま し た。
会主川山内第五四位代交流ふれあ午前十時から行われたゲ l
l ル会では‘小中学生から
い新年ゲlト ポ ル 会 が 一月 十 ポ
目 、 総 合 体 育 館 と 老 人 柄 祉 セ ン お 年 寄 り ま で 二十 一 1百 二十五
日
一
タ ー を 会 場 に 開 催 さ れ 、 保 育 園 名 が 参 加。 年が改まって初めて
昼 に は お 汁 粉 等 の 食 事 サl
げていました 。
られた四コ l ト で 熱 戦 を 繰 り 広
児からお年寄りまで、大勢町人のゲムとなり、体育館に設け
時
か な か 雌 し い よ う で す。
h ピスがあり、食事を食べながら
、
す小百合保育園、今金保育所幼
州川町BODは、上流
後 志 利 別 川 は 、 自 信 をも って
全 国 に 誇 れ る 治 流 日 本 一です。
とになり、統 一さ れ る ニ と は な
部内測定結果として
そして、この英しい川はみんな
芸発表を楽しむなど、交流とふ
父母や地域内
け
川
一
叫
いました 。
参加者は、ゲl ト ポ │ ル と 訓
さんの拍手を浴びていました 。
附 抑台い っぱ い に 披 露 さ れ 、 た く
ゲ 児のかわいらしいお遊戯などが
五 Jす と公表され
れあいの楽しい 一日を過ごして
t
ています 。 (数 値 が 低
の財産です 。 つきの世代へ つづ
O
けるためにもみんなで大切に守
りましょう。
明白で腕を陪き合 ってきた各チー
仲間的大声援の
中で 、 練習の成
果が競われ、木
札のぶつかる激
成績は次の通
た しい試合展 開 を
札 していました 。
開
告 7.
就
い ① 大 和 町CM②
B
川 受 AHt
③大和町
濫 凹 代 -八 鈴 川 品
内
の
窪田プミ勢の人で賑わ 5.
ヶ
れき
日付で新聞各紙に発表され 、 そ
わが町を流れる後志利別川が
生物化
いな水域のっちBOD (
し て 、 各 々 の 所 包 で の ラ ン 7を
の後も本年一月六 日付道新卓上
日本 一の消流だと自認している
ゲートポール
る
ク ア プ ラザピリカ 1
2月 2
5日にオ ープン
結果的には国内所管
(純張り )の違いから二
レ! 卜した後、町長、消防団長等の視聞を受け、
今年一年内火災予防への普いを新たにしていまし
北海道知市叫消防協会長表彰などの伝達がありま
引続き町民セ ンターで長年内功労をたたえて、
人から拍手を浴びていました 。
羽な木山川ヤ yコl振 り 等 が 披 露 さ れ 、 沿 道 内 見 物
また 、 パ レ ー ド の 途 中 、 十 ヵ 所 で 回 只 に よ る 昂
た
。
自
量
芸
見事な木鎗ヤ ッコー擦りを見せる 保存舎の
みZ
よさん
四季にもそのことがとり上げら
消流保鰻町会内会只をはじめ、
と、後志利別川は上流から河口
学 的 般 紫 要 求 位 ) で比べてみる
と
を楽しむ
演
れていました 。
多くの町民の方は戸惑いと疑念
今金ライオ ンズクラブ
第 5回世代交流
ふれあ い事業
いほど消流 )
一方 、 平 成 元 年 の 膝
います 。
測定結来が公表されて
0 ・=一さ じ て 平 成 元 年
では0 ・二ドザと云う
十二年、同六十三年
リylル当り、昭和六
その平均値がBOD 一
まで 三 ヵ所で測定され、
を持たれたことと思います。
パレードと
イカ ダ下り で川に親 Lむ種小父母と先生の会
ムが 一
二人 一組 み と な り 、 ト ナ
メ ント戦で行われました 。
した 。
卜式
y
喜 ニびのテー プカ
(
e
•
k
木鎗ヤ吻コ1
握りを銀露
仰の尊い
剖
••
札
木
︺
4
︹
o
w
e
l
c
ome t
¥h
今金消防団内出初め式が一月
六目、団員七十八名と消防車五
出初め式は、雪降る町内をパ
台が参加して行われました 。
会
大
占
日
付
た
る
4宜
一月 二十日午前八
大会は、 正 月 休 み の 問 の 猛 練
が参加して賑やかに悩されまし
た。
に町内 四 十 八 チl ム百四十凶名
時三十分から総合体育館武道場
の句大会が、
子
供
い
地域子供会主催の百人一首下
合
p¥R¥KA
雄大な景観 を楽 Lみなが 勺のベアリ フ ト
白
熱
発
衰
o
me t
w
e
lc
o
今金消防団出初め式
当りの決算額
予算と決 算 は、町政を進めてい︿うえで欠くニとのできない
重要なものです 。
平成元年度決算は 、 クアプラザ ピ リ力建設を目玉に、初年度
として約十 億 円が投資され、他に種川小屋肉体育館、南団地公住
建替第=年次、旧今金駅跡地周辺等が整備されるなど、昨年度
に比して約六 億 円 増 の投 資 的経 費 が計上される 積極的な予 算 と
なりました 。 決算 特別委 員会で慎 重 審 議 され、第四固定例町 線
会において 認定されました 。
限 ら れ た 財 源 的 中 で 、 経 常 経 費 の節減につとめ、明るい町づ
くりをめざして、町道の 整備 や産 業基盤の充実 、 福祉の向上や
町民生活に密 着 した 事業 を、当初の計画どおり完成しました 。
今月号では 、 一年聞の決 算 の内容をダラフや 衰 を用いてお知
らせします 。
慶一
一般会計町民一人
歳 入 780
,
482円
(内町税
61,177円)
特別会計決算 の状 況
~三、
言
十
名
歳
出
歳
入
差
号│
747,467
15,184
簡易水道事業特別会 計
99,615
97,045
2,570
老人保健特 別 会計
755,560
755,555
5
923,157
t
t 資
,
1 050,949
資本的収入及び支出
支
~y.
入
8,
1 973
用
出
106,425
89
億 08
,
140千円です。
額
762,651
収益的収入及び支出
又 益
4
念 ヰ
一 般 会 計 ・特 別 会 計 で 使 わ れ た お 金
(千 円 )
国保 特 別 会 計 事 業 勘 定
国 保 特別 会 計 施 設 勘 定
ー う使われた
的に 、
-
限 られた 財源 を効果
歳 出 776
,
4
07円
買
ヲi 喜
ム 127,
792
差
号│ 額
差
ム 24,
452
••
固因園田
7
2
.9
9
81
.2%
4
4
.
9
31 0
.
7%
使用料亙 U 手 数 料
分担金亙 U 負担金
6
0
.
9
3
9 1日同
2
4,6
4
3 0.
4
%
8
.
5
9
20
.
1
%
利子割支付金 9
,
6
3
9 2%
財産阻入
繰 入 金
韓 越 金
∞
地方詰与税 1 3
1
8 1
.6%
5
2
.1
5
80
.
9
%
自動車取得税空付金
一
空通安全対革
一寄
官交付言
。
揖会賢
1
.0
4
2
1
.0
0
C
7
5
.
6
8
9 1
.
2
%
。 平成 π年 度の 主 な事 業 は次 の と お り です。
く補助事業 〉
南団地公営住宅建替事業
ピリカセンタ ハウス建設事業
ピリカスキ 場ゲレンデ外整備事業
ピリカ野営場等林間休養施設整備事業
利別通り線街路事業
種川小学校屋内体育館改築事業
濁川住吉線道路改良事業
金原中央地区農道整備事業
八束高台線道路改良舗装事業
普通林道小原線開設事業
濁 川 橋 架 換 事 業
第3モウセウン地区小規模排水対韓事業
軟白長ネギ育苗施設設置事業
上豊田地区小規模排水対策事業
都市計画総合公園造成事業
豊田地区農道整備 事 業
八 鈴 地 区 小 規 模 排 水 対 策事 業
日進地区差益道主主備事業
春日井線防雪概設置事業
(千円)
〈単独事業〉
167,
562 ピリカスキー場リフト外整備事業
156,782 ピリカスキー場線道路改良事業
156,
327 御 影 ・ 光 台 線 道 路 改 良 事 業
143,
383 ピ1
)カ緑地等利用施設給水設備外整備事業
103,
720 ふ れ あ い 通 り 線 道 路 改 良 事 業
99,
099 光 台 地 区 良 免 農 道 主 主 備 事 業
72,
000 種1
1
1小学校屋内体育館改築町単事業
57,126 都市計画総合公園造成町単事業
55,
360 八 束 地 区 ほ 場 整 備 事 業
48,117 農 業 施 設 調 査 担JI量 設 計 事 業
45,
800 神丘 2期地区畑地帯総合土地改良事業
39,
278 文 化 財 保 護 事 業
38,
018 防 雪 概 取 付 取 外 し 事 業
37,144 種 川 小 学 校 外 構 整 備 事 業
36,
000 国 営 北 桧 山 左 岸 か ん ば い 事 業
34,
976 町 史 編 さ ん 作 成 事 業
25,
386 町 道 改 良 舗 装 事 業
20,
307 南 栄 線 道 路 舗 装 事 業
15,
940 ・ 季 節 労 働 者 就 労 対 策 事 業
〈千円〉
359,
017
130,
000
83,
500
54,
931
49,
000
43,
755
33,
580
28,529
26,
382
23,
857
23,
845
22,
676
20,137
19,
251
16,
718
15,
466
13,
440
12,
800
9,
000
道支出金
6
7
4,0
0
4
1
0.
9%
'
•l
│町有財産の状況
建
物
車
車
問
型農 駐車爵 害
ー
6
3
.938m'
土
地
匙生〉
1
,
44
0,
5
4
2m
'
3
9台
山
l
林
唱~J
6
9.
710千 円
基 金
財政調整基金
国保事業財政調整基金
簡水財政調整基金
土地開発基金
内 簡水事業基金
美幸 I
J
;
可公共用地等基金
国営土地改良支払基金
奨学賞金貸付基金
国銑瀬棚線代替輸送
訳
確 保 基 金
滅 債 基 金
高林士庫基金
農地t動化対軍資金賀付基金
ふるさと創生基金
千円
2
6
5,5
7
4
千円
2
7.
2
7
8
千円
2
0,7
0
3
千円
4
8,6
6
1千 円
4,0
8
4千 円
7
9,1
6
4千 円
1
3
9,7
2
0千 円
3
0
.
9
2
9千 円
3
8
7,8
6
0千 円
4
8
3,8
3
3千 円
5,0
0
0千 円
5
5,6
7
7
千円
1
3
0,0
0
0千 円
︺
6
[
︺
7
︹
中里
学校名
般川
仲
丘
今金
けをやりました 。 わたしたもの
今度は、ドライバーへのよびか
出発式が行なわれ、終わると
元気だ ったのでよか ったです。
をはかりました。みんな平熱で
よ﹂と一言 ったので、体温計で熱
いま←た何で、私は心配しまし
た学校に行くと先生が﹁やる
画円
幽圏園日出園
寸交通安全駅伝﹂の二と
花右小四年佐藤恵さん
F-J
‘、内11叶JW V
聞Fd骨血用炉、 ,
・
1
けI,
是静深い
麻 香 早 奈 順 位 明l
'j))智
ず 百
名
史二洋制的 i
羊織峰緒子也鰐幸美子博学大典紀秘望香 さ
:
th 梢 美 幸 市 望 合 々 也 太 俊 哉 也
自分で作 ったカ lドをビニール
その日の刺は少し雨がふってぷくろに入れて、通行するドラ
伝﹂が行なわれました ・
は、交通安全お願いしますのチ
十月 二十 七 日 に ﹁ 交 通 安 全 駅 ラ y、 ティアンュ、ジュースに
・
祖国FF‘ ー ニ ド
、
圃・・田園曹,
h
u
h
d
a
r
P
t
・
-
江
②可、
今金町内各種イベントには、}
山 ﹁仮称ピカり塾﹂ づくり
に企画、推進の原動力にな っ 町
一
イベン トを盛り上げたいH
'
日
て走り回っています .今年内抱 町
昭和町岡本優
一
J側 負 を 聞 い て み ま し た 寸 今 年 の 五 一
、
山 岡本さんは 北 海 道 商 工 会 背 月 で 商 工 背 年 部 を 卒 業 し ま す。 山
田
山
hE
問 わ ず 官 民 一体となり、町 三
﹄・・・圃 こし、町づくりを考える﹁仮称 ⋮
ピ
リ
カ
塾
み
な
さ
んとつくる 羽
﹂
を
。 また、省 一
﹄個 ・ ・ ・ ことができれば
a
‘
.
.
.
.
f
BE1
包
伊 性
保護者
)
(三富雄)
義市)
(
(
久雄 )
(
勝美 )
(
泰明
一
)
久吋 )
(
(
尤
(消 )
(
秋男 )
(
俊 二
(誠)
(安夫)
(
公 郎)
( 淑 )
英敏 )
(
(強)
(重ご
(
防 こ
博光 )
(
(阿見)
(
多喜子)
(
勝博 )
(幹郎)
(
親吾 )
(
英俊 )
( 栄 )
(仁)
(晃)
(定幸)
孝之 )
(
照男 )
(
(一哲)
和夫)
(
(
克彦)
(昌孝)
(孝志)
義則)
(
学校名
私は、まだまだ走らなくてい
いなあと思 って いた のですが 、
みんないっしょうけんめ い走 っ
たので、私的順番が早く感じま
した 。
私的順帯にな って、私はすご
くきんちょうしました 。私は走
って 見て、すぐ若いたような気
がしました 。
私は、今回の駅伝をみんなで
感心が大きくな
刀 別
明性
議
学校名
氏
P 日
小町
山コ
阪口
八重 樫
出尖
太川越
苅屋
佐々木
安藤
注凡
門川 町
近凹
丹下
山本
築地
崎山町
安西
AHIHU
柴凹
川崎
中島
坂上
山形
EE---EEEC G
一
はにに一
一 園田園・・圃圃.. . .
,.圃園町凪 男 で 見 的 一
一 ・ ・ ・ ・ 圃 ・ ・・・・・・園田園・・
)長近に極
。 一
. .司岨... ι れ の 最 外 積 . 一
一 ....
... . .
F 島. . . . ︿ ﹄ ま ん も な 一
円 ・ ・ ・ ・・・・・・・・圃
・
・
・
圃
型
“.
.
. 同幸二 号 ボ 一
.
.
.
.
.
.
.
3
5
E
EF‘
a
atz
VF
f
t
Jf
hE'a -
・・・・・・・圃
E F d kytL 山
aF 1・
・ ・圃・・ =
9
JU ︿ 中 ご 欲 山
・・・・・・圃
一 E聞咽 T ι1 J
FJ
、
帽
一 -EF
さ毎月何一ぱ事何て 一
広- C
一圏直
‘﹃
宍ん食 。
つ 一
一 -山aM岨掴圃'幽'
字文
わとすな一
Ma
,出 生司 元 高 な る ま に 一
一 - 長 官 費 油 国圃
a
﹁勘ERR
齢副圃圃
成 道 ーさ 来 り 干 日
-﹃ fhaE
ν rBEESEE
・
平
﹃
町、勺 釘 が が の 一
lJ
首-( 制 庁大 事 た 男 一
一
親の 雪 き む 日
制対
車除行進一
ん 古
V てこ
川川知
戸 品 目m t um
c .
JM
vl
r
c
r
i lv
、
,
さAd白 川 イ さ
ラるいて
﹂ヲ巳
月さ ド 明 つ
玖厄品事 責 6湘 と
。です願
越 ,
年昭 んす 中で と
プド
元 町 や での 者い
/
L
V、 . 土
日 成ll ち 娘 家 気 し
﹃4
﹁
j 平語 ら い な 入 ほ
' 2 .,( 院 か じさ 目的 て
川 親 お好侮族 つ
[ 大家育
4
司
‘
.一
明
94 E
mm
・----------------圃 ア
....
...
一
J4・・・F-一
凶 調・
川一
..
w
﹄仰‘
祖国
んご
.. K
M
jト
副閣閣側面
圃・圃. .
薗部盛岡瞳醐一
圃・・・・・・国島量院駄噸陀笹
・・・・・圃陪掴想画園町副盟
・・・・ 園 田 副 壁 崩臨
一︺
,、一Mmhma商協
-E
E
-
r
引
・・・・・ コ
一
,
・
s
.
a
,
m
・
・
イ 争 以 加 がt ;。
K'
て仲間に 戸えんをおく りました .
走り始めました 。あとか ら走る
人は.車に乗 って所々で止ま っ
それからいよいよ第一走者が
イパ!の人に手わたしました 。
と1町
走 ってみて 、﹁交通安全の大事
さ﹂について
りました 。
ぼくの絵﹁ 川下り﹂
一 一 一利 別 俳 句 会
敬称略
主ー
都連合会長をはじめ今金小P 今まで同怖か った体験を生かして、 一
TA会 長 、 今 金 子 供 会 迎 合 会 々 役 所 や 補 助 に 頼 ら な い で 、 個 々 }
一長 :::など多数の役職を持つ傍ーにお金を出し合い、老若男女を 一
M
一
叩
固
edh-E守川叶
3a a
m
u
- Ju
tI
E
4a'
ι
B
E
張 1a
J
千良洋 J
B光 義 l
1
i
Sn目白 H司 m~ 賢祥義盟国 昭 主[光
忠弘
圭 保
都
f~
誠
護
子J'j
f二 義 弘 道 夫 雄 一平手 l
j
J治 子 光 三 雄 三 哨 義
之道
三 者
L
1
;
:
.
1 1
/
1
1
H
1
1 1
1 1
1 1
1 H
1 1
1
1 H
1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1
1
}
田 島 畢十
町
事
あ村
と
j
まつりも会場が移転になること 一
附ドレ恥
悩
ま'
かり、新たな企図で盛り上げた 一
閉 剛司
司
。しと次々と抱負を迷べ 一
ぃ
・・
ていました 。趣味の平野球と ゴ 一
・ ルフで体力を旋門頑m
mりたい M
宿
と最後を結んでいました 。
⋮
J
i
名
f
A
i美 剛 蝉L道 朔 制j夫 巧
罰
i
) 辻藤蓑戸狭芳醸
m友 智 あ 奈 彩
絢珠久恵美理
"11
知枝
慶 紀 幸 < ¥
子子愛秋夫え三 i
1
j
博由
恵
」
忠 由 あ I
j
{香 圭
ゆ
f
l
l 美 ず
名
子希子梨佳恵理~ ,I~~ J~~ み総 子 舞美香呑干~相佳き !B. '
i
u乃
j
j
輔ゅ L ~
り 時 話b
f
や
1
1 1
1 1
1 1
1
H
1 H
1
1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1
1 H
1 1
1 1
1
1 1
1
1
t
m
れ る み な さ ん を 紹 介 Lます。 名 前 の も れ て い る 入 、 転 入 さ れ た 人 は
E
R
a
a
J
iiEtilia--ijijiif?fi--Eif--i
F
mb子二せ事ロ+戸;も
ミぜのて終主フ癒=
位支払宇く り か す
抗
争Lあ る て な ほ
ばりる Z
E
Z今吋'ど
j
日
ひ
l'隠朝ーに
仔の f
t
l
lぐ の 和 解 と
l
夫 者
樹江
夫之
一
幸夫夫夫人 明悟 彦雄芳美
則 j
古司 一 雄 子
彦美幸
夫美夫
u苦Z病 Z
和 t吾ゐか 神
友腕
締官
富 保
町、お
朗1 敏
代町f
~m
央元
久
修
政丈日目時正敏氏雅文秋広
昭功宵他利敏
l
!
I
J
雅 rt~
哲正則
l
阿
催時
出ゆ
1 1
1 1
1
1 1
1 1
1
1 1
1 1
1 1
1 1
1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 M
1 1
1 1
1 1
刀 別
1
1 1
1
1 1
!
;
:
.1
1
1
1 1
1 1
1 1
1
1 1
1
1 1
1 1
1 H
1 H
1
1 1
1
1 1
1 1
1
1
1 H
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 M
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 M
1
1 1
女
束
朋
《
目1
八
金
品
男
1
1 1
1
H
女
H
男
1
1 1
1
女
1
1 1
1
H
男
1
1 1
1 1 1
1
1 1
孝知身剛広
智 孝 光 大 村1ー 香
今春入学する今金保育所ひまわり
組のみなさんです。
教 育 委 員会 ま で 連 絡 下 さ い。
一
1'i聖佳
美紗美山絢
裕裕直悠省T1悠政日目智雅
修直 f
U政 英 克
世 矢 智
i
l干 子 梓 希 香 子 紀 美 県 太 介 也 士 吾 二 佑 之 一 日
t
1I
妻学斗也百士、浩行介
••
;4
7
1
f
ドを い れど
唱 しに/l
f
Jo の て 焼Z
ん … 〈 ら ま せ て ることでしょう … や さ し
;
お 兄 さ ん や お 姉 さ ん 仰 な さ ん の 入 学 を 待 って い ま す。 今 年 入 学 さ
j
1
1
1 1
1 1
1 1
1 H
1
1 1
1
1 1
1 1
1 1
1
1
1 1
1 1 1
1
1 1
1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1
1
1
待 ち に 待 っ た 入 掌 の 日が 近 づ い て き ま し た。 新 入 学 児 童 の み な さ ;
1
奈 知十点
・
0
1
1 1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1 1
1
l 初雪愈5片 Z雪雪酔まど
j 勤 Zの 言E乞 ぞ 哨 aん
庄問 j
串今中村仁山中日伊小干 i
,
l J 松 川 今 新 石 藤 西 宮H古 白 ヒ 有 長 黒 ー 谷 佐 伊 杉 小 高
谷 々
氏
自~i 河司本日 l 野村上木口出 I'f 藤 池 葉 谷 永 合 野 居 塚 j
j村 1
1
1川 岩 虫 1
1
1川 沢 入 崎 木 藤 本 四 回
福 士亮 太 ん
〈
種JiI小 2年
矢 苅 太 中 植 飯 坂 中 │ 崎 白 山 矢 刊J南 鈴 枝 四 津 宮 村 村 木 阪 組 中 上 古 土 相 原 植 牧 柏 熊 藤 伊 嶋
ノ
氏
内正田 町村 回井町本山 崎野 削川木辺宮村 本瀬瀬島 J
I本 野 滞 村 1
1
1i
串 口 m 旺l間 諜 合 藤
•
も うすぐ 1年 生
今年は9
8人
(8)
郵 便 投 票 証 明書
のお持ちの方へ
郵便による不在者投票ができ
れる方は、早的に手続きをされ
なお、このことについて不明
るよ一つお知らせします 。
v
二十歳になったら、もれなく国
付事業所得の計算又は収入
だくもの
じめます 。
り、美利河ダムに水を貯めは
(先上げ)金額 、 必 要 経 費
(仕入れその 他の経費 )のわ
民年金の加入手続きをしましょ
︿町民視制課年金係 v
う。
社会福祉協議会だより
な点 、詳細は町選挙管理委員会
︿今金町選挙管理委貝会
へお問い合せください 。
平成三年四月から学生も
国民年金に加入します
国民年金は、日本国内に住所
のある二十歳から五十九段まで
の方が加入する年金制度です 。
民業、商業など自 J
H業の方は、
‘ある日のあ屯:たや写真 さ Lあげます
二十歳になったら 、加入内手続
きをしなければなりません 。
また、大学生や専修学校生内
方などは 、現在本人の希望によ
り加入することになっておりま
すが、その大 半は未加入となっ
始める時には、サイレンを鳴
貯水池の中には立ち入らない
で下さい 。ダムから水を流し
l
v
︿英利河ダム建設事業所﹀
で問い合わせて下さい 。
地
O七九九ま
らしますので、川辺で仕事を
︿八雲税務招﹀
国その他各種技除に必要な書
類
的印
一一月二十八日から美利河
ダムに貯水はじまる
二月 二十八日午前十一時頃よ
なり、 =一
十六人がけがをしてい
ます 。
国勢調査人口、本町は七、七一 O人
国勢調査の概数(速報他)が
変化で昼夜の寒暖差が大きく
十二月十 一日、道から発表され
なることにより、屋根などに積
これらの主な原因は、気象め
それによると本町の人口は、
もった雪が湿気を帯びて氷とな
ました。
七千七百十人で前回調査(六十
八 ・六ドれの減少率になりまし た。 り落下するのがほとんどです 。
次のことに注意して落氷雪事
故をなくしましょう。
年)より、七百二十 一人の減で
男 女 別 の 内 訳 は 、 男 =一千七 百
①屋根などに積もった 雪は早め
におろしましょう。
十八人、女三千九百九十 二人 で
なお、この数値は道が集計し
②子供の遊び場に注意しましょ
す
。
、
っ
。
幼い子を危険な軒下で絶対に
遊ばせないように注意しましょ
'
o
、
﹁'
③雪おろしは、隣近所がお互い
に助け合って行いましょう。
ましょ、っ。
④屋根などからの転落に注意し
︿北桧 山警察署﹀
た概数であり、後目、総務庁統
••
鑑
かるもの
X線 撮 影
口源泉微収禁
医師詰姫、曲科指導、
身体計測、保健指導
13: 00-14 :00 今 金 保 健 所 股 関 節
計局と一致しない場合がありま
す。
落雪による
事故防止について
例年この時期には、屋根など
からの落氷 雪 によ る事故が多く
なります。
過去 三年 間で九人の方が亡く
一寓札のつかみどり
1
確定申告の相談
日程について
生 植 2 ヶ 月 と 25日 以 上
25日明)
の 幼 児
身体計測、保健指導
この未加入の方が、在学中に
=
ロ
ー
会
町
/
脱健
12: 30-13: 00
1
ています 。
股
受2
付 時31
1
2
1
1
る郵便投票詞明性をお持ちの方
は、公職選挙法により 、有効期
⑫
30-10:00
間が交付の日から四箇年とされ
生 後 4、7
、10、12ヶ 月 児
‘
回生 命保険料、火災保険料の
診
9
次の日程で 、税務者の職員が
手L 児 健
3 ヶ 月 児 21日附
障害者となった場合には、障害
⑪
児 講 座 生後
ています。
育
尿検査、血植検査、心
電 図、 眼 底 検 査
されている人は注意して下さ
、。
受 付時 間
⑬
1
一言
9 ;00- 10:00
支払い証明書
受 付時 間
20日制
診療科目、耳鼻科
試釘方法や申告書の書き方など
1 月 31自 の 検 訟 の 結
( 一 次 ) 品、再検査が必袈な方
1
基礎年金は受けられません。ま
軍師労務者検陸
E
l
:
付時間
ω'
14 :30-15:00
したがって、有効期聞が満7
1
9日
建設事業所 岱二
1
••
なお、詳しくは 、英利河ダム
無 E地 E巡回診療
1
町民センタ
二十日附までの三日間。午前
25日明) 1
一 、 日 時 二 月 十 八 日 仰1同
1
一
二、申告相談の際にお持ちいた
1
保健指導・健康相談
支払額のわかる書類
10: 00- 15:00 老人福祉センター
1
8日間
側国民健康保険 、国民年金の
民
身体計測、保健指導
の相談に応じております。 お気
住
尿検査、血液検査、助
産姉指導、曲科指導
軽においでください 。
般相
1
13: 00-13:30
線撮影
た、二十歳以降に未加入期間が
⑦
受付時間
生 後 6,9 ヶ 月 児 14日附
(予定) する郵便投票証明書を
談
12 :45-13 :15 町 民 セ ン タ ー
X
あると 、保険料の納付期間が四
芋L 児 相
腹部
受付時間
1
2日閃
お持ちの方で、引続き郵便によ
⑥
方
グ
〉
1
ロU
百
長 妊
7 :00-8 :00
十年にはならず 、満 額の老齢基
妊 婦 相
1
細 胞 診 検 査
このようなことを防ぐために
⑤
受付時間
1
礎年金も受けられません 。
間 ガ ン 検 診 満 35歳 以 上 の 男 女
30
十時 i十二時、午後一時1四
9 :00- 9
平成 三年 四月から 二十歳以上の
④
⑨
受付時間
4日間
ー 7 日 叫4
医師による触診
学生も全貝国民年金に加入する
婦人科検診
9 00- 9 30 老人福祉センター
12 00-12 30
時まで
二、場 所 役 場 二 階 中 会 議 室
③
l目接種目曜、祖 Eは体語
ヨをイ寸 u
<
'
r
f
UJ
老後、不服の事般に備えて、
乳 ガ ン 検 診 満 30歳 以 上 の 婦 人 4 日 開
⑧
包囲 ・岩 間 医 院
国保荊院
号
ことになりました 。
②
E
車 全
午前中内診療時間
備
る投票をご希望の方、または新
1日ω
婦
実施会場
時
車
し
ん(
I
!Lか)
予防接種 生 後 18- 36 ヶ 月 児 -20m
相
1
閏
!
実施日
規に交付を希望される方は、町
者
象
選挙管理委貝会へ新規の証明訟
①
対
目
項
の交付申請をしなければなりま
(町 民 福 祉 課 衛生係 ・ 国 保 係 )
せん 。
2月みんな
つきましては 、新規または再
交付で証明舎の交付を必要とさ
横診を受けて明るい健康づくり
3.
1
.9
*光 由 里 学 園 、 豊寿圏、 社 会 福 祉 協融 会 へ の 多
轄 の ご 寄 附 あ り が と う ご ざ い ま した 。 (徴称略)
〈札幌市〉
、
lヤj
キ
.
ニコニコ食堂
田
正
夫
多
カオル
小 野品
横
種 1
1
1老 人 7 ラ ブ
L
L
J f
i
'
く函館市〉
商
会 m
事
!~哩 彦
11 崎
l H
y
j 治 磁
政
佐
11 商
広 組}l1郵便);;j長
長谷川
旦学 l
掴
t
亨 沢
'\!.~
I
,
!
i 光の 1
〈苫小牧市〉
日野ストア 今
国I
金
?
:; b
世
主
が{
古 国 保 病院 ~n要絹 同 今金町社会福祉也議会
〈小崎市〉
l
昆
十
字
子小
池
H
'
( 徳
百 回1川 体 育 慌 興 会
子
自
敬
策 西
1
1 間
!
.
:
; 白
首
手 つよら o
lJ[子山 今 金 焔 人 会 ;
〈妹背牛町〉
守主うイオンズ 7ラプ 今金町悩人団体遺給協議会
Z
集
i
工 1
剛 今<
ts
l
T日功、準仕向
1
1 f
夏
1)
1
''
1
'
〈森町〉
小 池 菓 子 的 輔 川 偏 人 会
戸
金
錫
ツナヲ '
!
t ~~~
1
'~Il 老人クラブ
〈奥尻町〉
前
今
藤
組自
附: 夫
1
m
主
d
品L
ヲ
果
宇f 初
1 之 ~!'{- i
J
十 手
食
A
ゴ
E平
多
子 :
沢
本
日
!l 傘
商
会今金オ ー ト欄
.
1
.
¥
〈乙部町〉
内 藤 精 肉 広 今 金 日 石 附
f
岳
金 四 郎 小 凶 豆 町 山 今金町 役喝 聡 只 組 合
〈
厚沢部町〉
自の.'1¥昼間広 大 倉 啓 太 郎
佐
藤
伝 子代 小
}
l1 建
設 南 町 子 供 会
じ
オ
t
緯 外 的 鮮 魚 応 下
l
}1 開
吐
二
ぷU 武
〈熊石町〉
相t 応
外 m 鮮魚広 間
ヨ 氷
竹
ス
商
商
出
森
盟
l
i
!
;Ii
皮
部
K
セ 4~ 作 八 重 修 明 笑
連
〈大成町〉
今金町婦人会
山
エ 今 金 郵 便 局
格
歌
子 日赤務{土問
ト"
人
〈瀬棚町〉
村
l
¥
'
;
}
l1 制
坂
悦次郎
1
:
' 一 早
〈北桧山町〉
小川邦市両 J
占
北 絵 山 小 学 校 今金町農協同組合
〈今金町〉
Aコー プいまか幻自
広 λ東老人クラブ
1
1
1
商
¥
道鋭今金支出 j
千
よ
スナ γ
ク瀞 純喫茶 7 ラワー
八 束 老 人 ク ラ ブ テ オ小笠原今 金広
滝 沢 米 殺 応 j
f 村
陶
底
江
"
つ
八
東 ハ イ ヤ ー
日
︺
1
︹
︺
1
1
︹
2月の体目当番医
第 8固雪まつり
3日 今 金 町 国 保 病 院 ( 今 金)ft
②0
2
21
1
0日 平
院(
北桧 山 )ft
④5
01
1
病
1
1日 格
崎病院(瀬棚)
雪⑦ 3
0
21
1
7日 宮
回
,.
みんなの力で成功させま
しょう。
医 院 ( 今 金 )ft
②0
3
2
4
2
4日 北桧山町国保病院 (
北絵山 )ft
④5
3
2
1
ー
'
;
t
=
l臼園1!Uti'酎骨冊目...
。go~。φ 住民の副館 令令。g。
1
2
月末現在
人口
7,
8
7
1人
3,8
0
6人
見
O
前月対比
(+1)
(
+ 4)
(-3)
4,
0
6
5人
2,4
8
9
世帯 一
(一1)
立
世帯数
悶 おたんじようぴおめでとう
さと L
.
l
悟~"
.
.2
月 6日 (
貞ー
さん2男)日
山本
進
謹
自
主
九 12月13日 (守さん 3男)緑 町
1
在
¥ 1
2月2
7日(巌さん長男)トマ ンケン
結舎、 12月29日 (実さん 3女 ) 金 原 旭
伊藤
中里
盤¥1月 7日
秋元
(陸さん長男)緑
町
主情舎金町田光協会
開聞・・・・・・・ど竺盟主主."忠告
圏 おくやみもうしあげます
鈴岡第一
山崎登一郎さ
ん
1
2月3
0日 7
0歳
大和町
柄
、
.,
門 ん
1
2月3
1日 8
0歳
南栄町
諾戸興三松九
1月 4日 88歳
金原中央
富田
頼子さ
ん
1月 8日 5
9歳
八幡 町
杉村
9
>
1さ
ん
1月1
0日 6
4
歳
本
大谷チュウさん
l月1
6日 9
3歳
八束商学
佐々木
町
今金婦人会新年総会
1
2月2
4日 8
5
歳
一月二十目 、 今金婦人会新年
山本清太郎九
主 曽 駒 田1
眠つりき守男酔l
総会を開催し 、 行事計 画と本年
の活 置を普 い合 っていました 。
fL
一月十九日に .
冬 は録的季節・ を
テlマ
に 歩︿ スキ l揖習会開憎
たくさんの人が 参加しました 。
記
後一
編一
集一
V今月は冬のイベントとして 町
民的問にす っか り定融制した第 八
回雪まつ りが、会場を旧明治跡
って北圏内冬を楽しみましょう .
地に移 し開他 されます。 家峡揃
V町民 のみなさん、もうクアプ
ラザピリカをご 利用になり まし
ストランや休憩所が狭小のため、
たか 。 休日は大変な盛況 で、レ
ご不便をおかけしたのでは 。
除々に施設を整え、行き届いた
を撮りにい きましたら 、おじい
サービスに心掛けたいと思いま
す。 Vわが家のアイドルの写真
ってもら いなさいと、裾にフリ
ちゃんがこれを箔せて写真を搬
ル向付いたかわいい服を買 って
くれたそうです。 おじいちゃん
にと って 初孫は、ことのほかか
わいいようですね 。
発行 /北 海 道 会 金 町 役 場 制 ② 0 1 a
id
-番 編集/企画調整課広報広聴係
岸本
2
︺
1
︹
Fly UP