...

入学試験 - 東邦音楽大学

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

入学試験 - 東邦音楽大学
平成25(2013)年度
入学試験
■一般推薦入学試験
■一般入学試験
■卒業生推薦入学試験
■社会人入学試験
■専修学校高等課程推薦入学試験
■帰国子女入学試験
学校法人 三室戸学園
東邦音楽大学 音楽学部 音楽学科
CONTENTS
1
2~3
三室戸学園 建学の精神および教育理念/アドミッションポリシー/
人材の養成に関する目的等
入学試験一覧/募集専攻・募集総定員/出願資格について
4
出願・併願について/入学検定料
5
試験会場/宿泊案内
6
試験に関する注意事項/入学者選抜方法について/試験結果発表について
7
入学手続きについて
8
学費等納入金
9~10
学生支援
入学試験科目
11~19
ピアノ専攻・声楽専攻・管弦打楽器専攻・
音楽創造専攻(作曲コース/メディアデザインコース)・音楽療法専攻
20
出願書類一覧/出願書類提出封筒記入上の留意点
21
出願書類記入上の留意点
22
入学願書記入例
23
出願書類(入学願書)
25
受験票記入例/受験票
27~34
35
出願書類(推薦書・健康診断書)
Q&A
個人情報の取り扱いについて
入学願書、受験票等の出願書類にて収集の個人情報は、入学試験・入学に関する手続き、書類の発送、その他の連絡
とこれらに付随する事項を行うために使用します。原則として第三者へは開示しません。
入学試験判定結果の通知について
一般推薦・専修学校高等課程推薦入学試験は、学校長の推薦を必要とする入学試験のため、志願者の出身高等学校 ・
専修学校長(卒業生推薦は、卒業生推薦者)宛に、試験結果を通知しています。各校(卒業生推薦者)には、個人情
報保護法への対応として判定結果通知の取り扱いについて守秘をお願いし、利用の目的を「進路指導上の資料」に限
定した上で提供します。
※AO入学者選抜、外国人留学生入学試験は別冊になりますので、ご希望の方はご請求ください。
指定校推薦遊学試験については、指定校となっている各学校長宛に指定校推薦入学試験要項を送付します。
三室戸学園 建学の精神および教育理念
音楽芸術研鑽の一貫教育を通じ、情操豊かな人格の形成を目途とする。
アドミッションポリシー
ピ ア ノ 専 攻
ピアノ音楽の基礎的な演奏技術および専門知識を意欲的に学習し、表現力の向上をめざす者。
音楽的教養を高め、将来演奏家、音楽指導者として音楽に深く携わり社会に貢献する意欲のある者。
声
自分の声の可能性を最大限に究めたいと思う者。
また本学で学ぶことにより幅広い教養を身につけプロの声楽家、または指導者としての基盤を築きたいと思う者。
楽
専
攻
管弦打楽器専攻
演奏技術と表現力の修得に対し、強い意欲を持つ者。
また独奏曲のみならず、オーケストラ、吹奏楽、室内楽などのアンサンブル活動にも意欲を持って取り組むこ
とができる者。
創造的な音楽活動を展開し、広い視野から社会に貢献する意欲のある者。
音楽創造専攻
作
曲
コ
ー
ス
メディアデザインコース
音楽療法専攻
和声学、対位法、形式などの作曲理論を基礎から身につけ、魅力ある曲を作る意
欲のある者。
音楽基礎教養、音楽・音響の周辺領域や先端テクノロジーにも高い関心を持ち、
音楽表現を総合的に計画することに熱意を持って取り組む姿勢のある者。
他者の痛みをそのままにしておけない感性を持ち、人と関わることに喜びを感じられる者で、音楽療法の理論
と実践、関連分野に強い興味を持ち、それらを真摯に学ぶことで社会に貢献しようという意欲のある者。
人材の養成に関する目的等
ピ ア ノ 専 攻
ピアノ専攻は、ソロ、アンサンブル、伴奏等専門分野において実践的に幅広く活躍できるための専門教育を行い、
それぞれの学生の進路目標を尊重し、演奏家、指導者として社会に認められる人材を育成する。
声
声楽専攻は、声楽家としての基礎的能力と豊かな感性を養い、実践的に幅広く活躍できるための専門教育を行い、
それぞれの学生の進路目標を尊重し、演奏家、指導者として社会に認められる人材を育成する。
楽
専
攻
管弦打楽器専攻
管弦打楽器専攻は、ソロ、アンサンブル、オーケストラ、ウインドオーケストラ等の分野において、実践的に
幅広く活躍できるための専門教育を行い、それぞれの学生の進路目標を尊重し、演奏家、指導者として社会に
認められる人材を育成する。
ス
作曲コースは、学修者それぞれの個性を大切にし資質や能力に応じた専門教育を
行い、ソロ曲、室内楽曲、歌曲、アレンジ、オーケストレーションと1年次から
4年次まで段階的なシステムに乗り、作曲技法を修得し、豊かな想像力を持った
作曲家を育成する。
メディアデザインコース
メディアデザインコースは、音楽を創り広めるというテーマに基づき音楽に関連
する周辺メディアと関わり、具体的な作業の手法を、演習を行いながら学び、広
い視野を持って総合的に音楽を計画制作する力=プログラム力を身につけ、社会
に認められる人材を育成する。
作
曲
コ
ー
音楽創造専攻
音楽療法専攻
音楽療法専攻は、医療・福祉・教育施設における現場実習と、音楽療法に必要な技能の習得のための少人数で
のレッスンを通して、音楽を使いこなせる対人援助職として、社会で役立つ優れた人材を育成する。
1
入学試験一覧/募集専攻・募集総定員/出願資格について
募集総定員 100名
▼ピアノ
▼声楽
▼管弦打楽器―●フルート●オーボエ●クラリネット●ファゴット●サクソフォン●ホルン●トランペット●トロンボーン
●テューバ●ユーフォニアム●ヴァイオリン●ヴィオラ●チェロ●コントラバス●打楽器
▼音楽創造――●作曲コース●メディアデザインコース
▼音楽療法
推薦入学試験(単願のみ)
入試種別
一般推薦入学試験
出願資格
卒業生推薦入学試験
専修学校高等課程推薦入学試験
以下の4項目を満たす者
以下の6項目を満たす者
以下の6項目を満たす者
■高 等学校もしくは中等教育学校を平成 ■高 等学校もしくは中等教育学校を平成 ■専 修学校高等課程を平成25年3月卒業
25年3月卒業見込みの者、および平成 25年3月卒業見込みの者、および平成 見込みの者、および平成24年3月卒業
24年3月卒業した者。
24年3月卒業した者。
した者。
■調査書の学習成績の評定平均値3.2以上 ■本学での修学を強く希望し、第一志望と ■本学での修学を強く希望し、第一志望と
の者。
して入学を志す者。
して入学を志す者。
■出身高等学校長もしくは中等教育学校長 ■入学後、本学で学習するに十分な意欲と ■入学後、本学で学習するに十分な意欲と
が推薦する者。
能力を有する者。
能力を有する者。
■合格の上は必ず本学に入学する者に限る。■音楽に対する熱意があり、音楽実技に優 ■音楽に対する熱意があり、音楽実技に優
れている者。
れている者。
■本学卒業生(指定音楽施設長)が推薦する ■専修学校長が推薦する者。
者。
■合格の上は必ず本学に入学する者に限る。
■合格の上は必ず本学に入学する者に限る。
※出身高等学校長、中等教育学校長の推薦
書は必要ありません。
[前期]
平成24年
11月5日(月)~11月12日(月)
出願期間
平成24年
[後期]
平成24年
11月19日(月)~11月26日(月)
[前期]
平成24年
11月19日(月)~11月26日(月)
11月18日(日)
試験日
[後期]
試験結果
発表日
[発送日]
平成24年
[前期]
平成24年
[後期]
[前期]
12月4日(火)
11月26日(月)~11月29日(木)
入学手続期間
平成24年
[後期]
平成24年
12月1日(土)
平成24年
12月4日(火)
11月22日(木)
平成24年
平成24年
平成24年
12月1日(土)
12月5日(水)~12月12日(水)
2
12月5日(水)~12月12日(水)
一般入学試験
特別入学試験
社会人入学試験
入試種別
一般入学試験
帰国子女入学試験
出願資格
以下の⑴⑵を満たす者
以下のいずれか1つを満たす者
以下の3項目を満たす者
■高 等学校もしくは中等教育学校を卒業した ⑴社 会人入学者…平成25年4月1日現在、満 ■日本国籍を有する者で海外に生活拠点の
28歳以上の者。または、
者、および平成25年3月卒業見込みの者。
在る者、在った者。
■通 常の課程による12年の学校教育を修了し 特 別社会人入学者…平成25年4月1日現在、■海外において高等学校の課程を修了した
た者。(通常の課程以外の課程によりこれに 満50歳以上の者。
者、学校教育における12年間の課程を
⑵以下のいずれか1つを満たす者。
相当する学校教育を修了した者を含む)
修了した者、またはこれに準ずる者で文
■外 国において学校教育における12年の課程 ■高等学校もしくは中等教育学校を卒業した 部科学大臣の指定した者。
を修了した者、またはこれに準ずる者で文部 者、および平成25年3月卒業見込みの者。 ■平成25年4月1日現在、満18歳以上の者。
■通 常の課程による12年の学校教育を修了
科学大臣の指定した者。
■文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程 した者。(通常の課程以外の課程によりこ
を有する者として認定した在外教育施設の当 れに相当する学校教育を修了した者を含
む)
該課程を修了した者。
■外 国において学校教育における12年の課
■文部科学大臣の指定した者。
■高 等学校卒業程度認定試験規則(平成17年 程を修了した者、またはこれに準ずる者で
1月31日文部科学省令第1号)により文部科 文部科学大臣の指定した者。
学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合 ■文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課
程を有する者として認定した在外教育施設
格し「認定試験合格者」となった者。
旧規定、大学入学資格検定規程(昭和26年文 の当該課程を修了した者。
部省令第13号)により文部科学大臣の行う大 ■文部科学大臣の指定した者。
学入学資格検定に合格した「資格検定合格者」■高等学校卒業程度認定試験規則(平成17年
1月31日文部科学省令第1号)により文部
は「認定試験合格者」に読み替える。
科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験
に合格し「認定試験合格者」となった者。
旧規定、大学入学資格検定規程(昭和26年
文部省令第13号)により文部科学大臣の行
う大学入学資格検定に合格した「資格検定
合格者」は「認定試験合格者」に読み替える。
[特別]
平成24年
[一般特別前期]
[後期]
平成25年
平成25年
2月1日(金)
平成25年
3月9日(土)
[前期]
平成25年
2月5日(火)
[一般特別後期]
1月15日(火)~1月25日(金)
平成25年
[特別]
平成24年
平成25年
2月1日(金)
[一般特別後期]
平成25年
3月9日(土)
[特別]
平成24年
平成25年
3月12日(火)
2月7日(木)~2月14日(木)
平成25年
[一般特別後期]
平成25年
[特別]
平成24年
[一般特別前期]
[後期] 平成25年 3月12日(火)~3月18日(月)
11月22日(木)
平成25年
3
3月12日(火)
11月26日(月)~11月29日(木)
平成25年
[一般特別後期]
2月5日(火)
2月7日(木)~2月14日(木)
3月12日(火)~3月18日(月)
入学手続期間
[前期]
平成25年
11月18日(日)
[一般特別前期]
[一般特別前期]
[後期]
2月22日(金)~3月5日(火)
試験結果発表日
[発送日]
[後期]
平成25年
試験日
[前期]
2月22日(金)~3月5日(火)
11月5日(月)~11月12日(月)
出願期間
[前期] 平成25年 1月15日(火)~1月25日(金)
出願・併願について/入学検定料
入学検定料をお振り込みのうえ、
[郵送]
[窓口]のどちらかの方法にて出願してください。
出願書類は、20ページ参照。
◆出願書類提出先:
[文京キャンパス]
東邦音楽大学 事務本部 入試担当
〒112-0012 東京都文京区大塚4-46-9
TEL. 03-3946-9667
郵送の場合 同封の封筒または角形2号サイズ封筒
(タテ332㎜×ヨコ240㎜)
《書留・速達》にて郵送。
当該出願期間の最終日までに必着のこと。
封筒の記入は、20ページ参照。
窓口の場合 当該出願期間中に、窓口へ持参。
受付時間
[午前]9:00~12:00 [午後]13:00~16:00(日曜・祝祭日を除く)
◆併願
一般入学試験・社会人入学試験・帰国子女入学試験において、東邦音楽大学のピアノ、声楽、管弦打楽器、
音楽創造[作曲コース]のいずれかを第一志望とする場合、東邦音楽短期大学の同一実技
(音楽創造[作
曲コース]はコンポージングアーティスト専攻)
を第二志望として併願することができます。
◆入学検定料
※
大学のみ受験
45,000円
(振込手数料本人負担)
大学・短期大学併願
70,000円
(振込手数料本人負担)
銀行窓口・ATMにて、お振り込みください。
振込人名義は、志願者本人としてください。一度納入された入学検定料は返還しません。
入学願書に振込控貼付が必要となります。
(コピー可)
本学指定の振込用紙はありません。
※卒業生推薦入学試験志願者は、入学検定料を免除します。
そのため、入学検定料振り込みおよび振込控貼付の必要はありません。
注:インターネット・携帯電話を利用してのお振り込みはできません。
検定料振込先
振 込 先
種
目
口座番号
受 取 人
三井住友銀行 大塚支店
普通
700690
(学)
三室戸学園
ガク)
ミムロドガクエン
4
試験会場
[文京キャンパス]東京都文京区大塚4-46-9 TEL.03-3946-9667
!川越キャンパスでは実施しません。お間違いのないように注意してください。
路線図
地 図
荻窪
主要駅からのアクセス
東京駅→大塚駅
JR山手線:約25分
東京駅→新大塚駅
東京メトロ丸ノ内線:約15分
東京駅→護国寺駅
JR山手線・東京メトロ有楽町線:約25分
上野駅→大塚駅
JR山手線:約15分
上野駅→新大塚駅
JR山手線・東京メトロ丸ノ内線:約25分
上野駅→護国寺駅
JR山手線・東京メトロ有楽町線:約25分
最寄駅からのアクセス
羽田空港駅→大塚駅
京浜急行・JR山手線:約60分
東京モノレール・JR山手線:約60分
羽田空港駅→新大塚駅
京浜急行・JR山手線・東京メトロ丸ノ内線:
約60分
東 京モノレール・JR山手線・東京メトロ
丸ノ内線:約60分
羽田空港駅→護国寺駅
京浜急行・JR山手線・東京メトロ有楽町線:
約60分
東 京モノレール・JR山手線・東京メトロ
有楽町線:約55分
●JR山手線
「大塚」駅下車、徒歩10分
または都バス「大塚4丁目」下車、徒歩1分
●東京メトロ丸ノ内線
「新大塚」駅下車、徒歩3分
●東京メトロ有楽町線
「護国寺」駅下車、徒歩8分
※所要時間はおよその時間です。 徒歩等、 個
人差もありますので、 時間に余裕をもって
ご来校ください。
宿泊案内
宿泊を希望する方に、下記より宿泊施設をご紹介しています。
本学では斡旋を行っておりませんので、希望者は各自でお申し込みください。
下記よりお申し込みの方は、
「東邦音楽大学受験生」であることをお伝えください。
株式会社 日本旅行 東京教育旅行支店 担当:戸伏・七尾
(観光庁長官登録旅行業第2号)
〒105-0012 東京都港区芝大門1-4-8 浜松町清和ビル9階
営業時間:月~金 9:30~17:30 土日祝日休業
TEL. 03-6848-9950
注:宿泊先での事故等の責任は、本学園では負いかねますのでご了承ください。
5
試験に関する注意事項
◆試験当日の集合時間
午前 9:00
入試種別により当日のスケジュールが異なりますので、詳細は受験票送付の際に実施要項を同封します。
なお、実施要項が試験日2日前になっても届かない場合は、事務本部 入試担当TEL.03-3946-9667までお問い合わせください。
◆試験当日の注意事項
1. 本
学への道順、交通機関、所要時間等については、事前に確認し時間に余裕をもって来校してください。交通機関の乱れや
天候等により集合時間に遅れる場合は、TEL.03-3946-9667まで連絡してください。
2. 自動車、自転車、バイクでの来校はできません。公共交通機関を利用してください。
3. 受験票は常に携帯し、学科試験場では机上に、実技および面接では監督者または係に提示してください。
4. 受験票を紛失あるいは忘れた際は、
1F事務本部 入試担当にて再交付を受けてください。
5. 筆記用具
(答案は、鉛筆またはシャープペンシル黒HB以上の濃いものを使用)
を持参してください。貸借は厳禁です。
6. 携帯電話等の通信機器は、試験会場に入る前に必ず電源を切ってください。
7. 会場内には、定規・下敷きなど筆答記述に疑いを持たれやすい物を持ち込まないでください。
8. 試験問題の内容に関する質問には一切応じません。
9. 身体の具合が悪くなった際は、監督者または係に申し出てください。
10. 昼食が必要な場合は、持参またはキャンパス内の食堂を利用してください。
11. 練習室は貸し出ししません。
(実技試験直前の発声および楽器の音出しは可。ピアノの練習は不可。
)
12. 保護者の方は、学内控え室にてお待ち頂けます。
入学者選抜方法について
推薦入学試験
■一般推薦入学試験
小論文、楽典、ソルフェージュ、専攻実技、副科ピアノ、面接および出身学校長等から提出された調査書・推薦書等を総合して判断
します。
■卒業生推薦入学試験 ■専修学校高等課程推薦入学試験
小論文、専攻実技、面接および出身学校長等から提出された調査書・推薦書等を総合して判断します。
一般入学試験
小論文、楽典、ソルフェージュ、専攻実技、副科ピアノ、面接および出身学校長等から提出された調査書等を総合して判断します。
特別入学試験
■社会人入学試験 ■帰国子女入学試験
小論文、楽典、専攻実技、面接および出身学校長等から提出された調査書等を総合して判断します。
[注]上記の各試験科目は、専攻・コース毎にそれぞれ異なります。詳細は10~16ページ「入学試験科目」の該当欄をご参照ください。
試験結果発表について
試験結果発表日に、本学より「入学試験判定結果通知書」を発送します。
・通知書が志願者のお手元に届くのは試験結果発表日の翌日以降となります。
・試験結果の学内掲示やインターネット上での発表は行いません。
また、電話・電子メール等による試験結果の問い合わせには応じられません。
・合格者には、合格通知書および入学手続き書類を同封します。
■一般推薦入学試験 ■卒業生推薦入学試験 ■専修学校高等課程推薦入学試験
※
出身学校長
(卒業生推薦は、卒業生推薦者)
ならびに志願者本人宛に通知書を郵送します。[簡易書留・速達]
■一般入学試験 ■社会人入学試験 ■帰国子女入学試験
志願者本人宛に通知書を郵送します。
[簡易書留・速達]
※試験結果の通知について
一般推薦・専修学校高等課程推薦入学試験は、学校長の推薦を必要とする入学試験のため、志願者の出身高等学校・専修学校長(卒業生推薦は、卒業生推薦者)宛に試験結果を通知しています。
各校(卒業生推薦者)には、個人情報保護法への対応として試験結果通知の取り扱いについて守秘をお願いし、利用の目的を「進路指導上の資料」に限定したうえで提供します。
6
入学手続きについて
合格者は所定の入学手続き期間内
(2・3ページ参照)
に、学費の納入および指定の書類を提出してください。
①誓約書
本学所定の用紙
②学 費
振込依頼書をご参照のうえ、お振り込みください。
[注]
③住民票もしくはそれに代わるもの
合格者本人のもの
(最近3ヵ月以内に交付を受けたもの1通)
■入学手続きの詳細については、合格通知書に同封する入学手続書類によりご案内します。
入学金・授業料等のお振り込みにあたって
本人確認手続きに関する法令により、金融機関において10万円を超える現金のお振り込みを行う場合には、
本人確認書類の提示が必要となります。(ATMでは、10万円を超える現金によるお振り込みはできません)
10万円を超える現金振り込みの際には、本学発行の振込依頼書とともに振込手続きを行う方の本人確認書類
(運転免許証、健康保険証、パスポート等)をご用意のうえ、金融機関の窓口をご利用ください。
なお、本人確認書類の提示がない場合には、金融機関では10万円を超える現金によるお振り込みはできません。
また保護者の方等が、振込名義人(志願者・入学者等)に代わって振込手続きを行う場合には、
振込名義人との関係を示す書類(住民票・健康保険証等)をご用意ください。
※金融機関ではお振り込みの目的(入学金・授業料等であること)をお尋ねする場合があります。
詳細は、お振り込みを依頼する金融機関にお問い合わせください。
※現金ではなく預貯金口座を通じお振り込みを行う場合は、ATM・窓口のいずれにおいてもこれまで同様の手順・方法で振り込むこと
ができます。
(口座開設の際に本人確認の手続きがお済みでない場合には、窓口にて本人確認書類の提示が必要となることがあります)
[金融庁Webサイト http://www.fsa.go.jp/policy/honninkakunin]
[注]
一般入学試験【前期・後期】合格者が入学手続き完了後、他大学に合格などの事由で本学への入学を辞退する場合、指定の入学
辞退受付日に申し出てください。入学金を除く学費を返還します。
!既納の学費は、上記事由以外は一切返還しません。
〈入学辞退受付日 ※〉
前期日程入学手続完了者:平成25年3月 4 日
(月)
9:00~15:00
〈受
後期日程入学手続完了者:平成25年3月19日
(火)
9:00~15:00
付
場
所〉
文京キャンパス 事務本部 入試担当
東京都文京区大塚4-46-9 TEL.03-3946-9667
(来校での手続きのみ受付ます)
〈持 参 頂 く も の〉
・他大学合格者は、他大学の「合格通知」
・本学への入学金等振込受領証
・印鑑
・返金の際のお振り込み先金融機関、および口座番号
※上記辞退受付日以降に、本学への入学を辞退する場合はご相談ください。
ただし、平成25年4月1日
(月)
以降の入学辞退に関する学費返還は受付できません。
7
学費等納入金
下記の金額は、平成24年度入学生の学費等納入金です。平成25年度入学生の学費等納入金は改定する場合もありますので、あらかじ
めご了承ください。
(平成24年度入学生参考)
入学初年度(年額) 2年次生(年額)
3年次生(年額)
4年次生(年額)
―
―
―
入学金
300,000円
授業料
1,270,000円
1,480,000円
1,480,000円
1,480,000円
600,000円
560,000円
560,000円
560,000円
2,170,000円
2,040,000円
2,040,000円
2,040,000円
―
―
※60,000円
※60,000円
2,170,000円
2,040,000円
2,100,000円
2,100,000円
入学初年度(年額) 2年次生(年額)
3年次生(年額)
4年次生(年額)
施設拡充費
(ピアノ・声楽・管弦打楽器・音楽創造専攻)合計
外部施設実習費
(音楽療法専攻)合計
卒業関連諸費積立金
110,000円
110,000円
115,000円
115,000円
学生教育研究災害傷害保険
3,300円
―
―
―
学生教育研究賠償責任保険
―
―
※680円
―
以下の費用は履修を希望する方のみに納入して頂く費用です。
入学初年度(年額) 2年次生(年額)
教職課程受講費
文化教養科目
[ コンピュータ
ミュージック演習 ]
インターンシップ・
教職資格活動賠償責任保険
150,000円
3年次生(年額)
備 考
入学手続時に納入して頂きます。
4月・9月の2回に分納可。
(1年次の場合は入学手続時と9月の2回)
1年次は入学手続時、2年次以降は4月納入。
ウィーン研修(必修科目)の費用は、左記の学費に含まれてい
ます。
※音楽療法専攻生のみに納入して頂きます。
ウィーン研修(必修科目)の費用は、左記の学費に含まれてい
ます。
備 考
卒業記念修学演奏旅行等のために積み立てて頂きます。
4月・9月の2回に分納可。
(1年次の場合も分納は、4月と9月の2回)
全学生に加入して頂きます。
入学手続時に4ヵ年分を納入して頂きます。
※音楽療法専攻生のみに納入して頂きます。
「学生教育研究賠償責任保険」は、施設実習(3・4年)の際に
加入して頂く保険です。3年次に2ヵ年分を納入して頂きます。
なお、教育実習の際も適用となります。
4年次生(年額)
150,000円
150,000円
150,000円
―
40,000円
40,000円
40,000円
―
210円
210円
210円
備 考
2年次からの履修も可能。その際は、2年次に300,000円、3・4年
次に各々150,000円を納入して頂きます。
※3年次からの履修はできません。
この科目を履修の場合は、2年間継続して履修してください。
受講料は、各年40,000円を受講年度に納入して頂きます。
※音楽創造専攻メディアデザインコース生は履修できません。
注1
音楽療法専攻生は注2
注1)
こ
の保険は、対象学年に「インターンシップ活動」希望の学生、また教職課程を履修する学生が2年次「介護等体験」
、4年次「教育実習」を実施する際に加入して頂く保険です。
各々の年次に納入して頂きます。
注2)
音
楽療法専攻生は、3年次に加入して頂く「学生教育研究賠償責任保険」にて教育実習も適用されますので、4年次での納入の必要はありません。ただし、教職課程の履修の有無に関わら
ず実施しなければならない2年次「介護等体験」
、また「インターンシップ活動」を2年次に希望する場合は、210円を納入して頂きます。
●ウィーンアカデミー
(ウィーン研修)
本学では、3年次に必修科目として「ウィーンアカデミー」があります。
これは3年次生が全員オーストリア・ウィーンに赴き、西洋音楽の基幹をなすオーストリアの文化や歴史に触れ、学ぶとともに、ウィ
ーン国立音楽大学やウィーン・フィルハーモニーの演奏家の先生から直接レッスン等を受けるというものです。
なお、この研修に要する費用【渡航費用、授業・レッスン受講費、オペラなど演奏会2回分のチケット、ザルツブルグ研修、音楽史跡
研究・文化史体験等の費用、および宿泊費、食事等】は、学費
(授業料)
に含まれておりますので、原則として、別途に納入する必要は
ありません。ただし、燃油サーチャージおよび個人的な費用は負担して頂きます。
●社会人入学試験を希望される方で長期履修生制度を希望される方は、事前に事務局までお問い合わせください。
●特別社会人として入学された方には特別に学費減額制度があります。詳細は事務局庶務担当にお問い合わせください。
寄附金について
本学園では、
「学校法人三室戸学園21世紀学園整備資金」事業として総合的に学園施設の整備計画を行っています。
保護者のみなさまには1口3万円
(なるべく2口以上)
のご寄附
(任意)
をお願いしています。
なお、入学前のご寄附の募集は行っていません。詳細は、入学後送付の趣意書および“21世紀学園整備資金『寄附金』についてのお願
い”をご一読ください。
8
学生支援
奨学金・就学支援制度
平成25年度
本学では、向学心旺盛な学生のためにさまざまな支援制度を設けています。なお、給付された支援金は返還の必要はありません。
◆東邦音楽大学新1年次入学生対象
特待生制度(S)
【入学初年度対象】
支援金額…入学金相当額および300,000円給付 対象者数…若干名
下記対象者で入学者選抜試験における専攻実技等の成績に基づき総合的に審査し、特に優れていると認められたものを特待生
(S)
とします。
(1)
新1年生で特待生
(S)
を希望する者
(2)
平成25年2月1日に行う一般前期入学試験までの受験者
(AO入学者選抜、留学生入学試験、社会人入学試験を除く。
)
※支援金は、入学後に支給します。他の特待生制度との併願はできません。
※特待生制度を希望の志願者は入学願書の所定欄にご記入ください
(P.22参照)
。
その他ご不明な点等ございましたら、事務本部 入試担当までお問い合わせください。
特待生制度(A)
【入学初年度対象】
支援金額…300,000円給付 対象者数…若干名
下記対象者で入学者選抜試験における専攻実技等の成績に基づき総合的に審査し、優れていると認められたものを特待生
(A)
とします。
(1)
新1年生で特待生
(A)
を希望する者
(2)
高等学校等の学業成績評価評定値3.0
(5段階評価)
以上の者
(3)
家庭内年間総収入500万円以下の家庭
(4)
平成25年2月1日に行う一般前期入学試験までの受験者
(AO入学者選抜、留学生入学試験、社会人入学試験を除く。
)
※支援金は、入学後に支給します。他の特待生制度との併願はできません。
※特待生制度を希望の志願者は入学願書の所定欄にご記入ください
(P.22参照)
。
その他ご不明な点等ございましたら、事務本部 入試担当までお問い合わせください。
卒業生推薦入学試験における入学検定料の免除
東邦音楽大学・同大学院、東邦音楽短期大学の卒業生の推薦により、卒業生推薦入学試験を受験する者は
「入学検定料」を免除します。
なお、入学検定料の免除は、三室戸学園内のいずれかの学校を初めて受験する場合についてのみ対象。
◆東邦音楽大学2~4年次生対象
東邦音楽大学奨学金
給付額…400,000円 対象者…各学年若干名
給付期間:1年間
※特別社会人入学者
(50歳以上)
・留学生・長期履修生制度による入学者は、他の減免制度等があるため申し込みできません。
学校法人三室戸学園 創立70周年記念奨学金
給付額…月額20,000円
(年額240,000円)
対象者…各学年若干名
給付期間:1年間
※特別社会人入学者
(50歳以上)
・留学生・長期履修生制度による入学者は、他の減免制度等があるため申し込みできません。
◆その他学外奨学金制度
福島育英会奨学金(東京都在住・1年次生対象)
月額25,000円給付 給付期間:4年間
日本学生支援機構奨学金
貸与期間:最長4年間
第一種
(無利子貸与)
自宅通学:月額30,000円、54,000円から選択して貸与
自宅外通学:月額30,000円、64,000円から選択して貸与
第二種
(有利子貸与)
月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円から選択して貸与
その他
ヤマハ音楽支援制度 / ツツミ奨学財団奨学金 / 地方自治体の奨学金
9
アパート等の入居に要する経費に対する補助
【新1年次入学生対象】
補助金…年額120,000円給付
本学に入学する者で、下記に掲げる要件の全てに該当する場合は、入学初年度についてアパート等の賃貸料の一部について補助します。
(1)
一都六県
(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)
以外の居住地からの入学者
(2)
本学に入学するために、アパート、マンション等を借用して入居する者
(3)
補助を申請する者
※補助金は、入学後に支給します。
※特別社会人入学者
(50歳以上)
・留学生・長期履修生制度による入学者は、他の減免制度等があるため申し込みできません。
学校法人三室戸学園生対象 三室戸学園学費等減免制度(兄弟姉妹同時在籍減免制度)
三室戸学園では学生および保護者の経済的負担軽減を図るため、下記の学費等減免制度を設けています。
《入学金免除/施設拡充費免除》
(1)
本学園の大学院・大学(アドバンスコース、エクセレントコースを除く)
・短期大学・高等学校・第二高等学校・中学校に在
籍する学生・生徒の兄弟姉妹いずれかの者が入学した場合、三室戸学園内の学校のいずれかに最初に入学した時の入学金を
免除します。
(2)
兄弟姉妹が在籍している場合、下級の者に対する2年目以降の施設拡充費については100,000円を免除します。
※本学園に新たに2名以上同時に入学する場合の取り扱いについては、事務局にご相談下さい。
(詳細については、事務局庶務担当までお問い合せ下さい。
)
提携教育ローン制度
本学園では、学費負担者による入学金・授業料等納入時の経済的負担の軽減を図るため、教育資金ローン制度として
(株)
セディナ、
(株)
オリエントコーポレーションの2社と提携をしています。
◎貸出対象者は、学校法人三室戸学園内の中学校から大学院までの入学予定者もしくは在学者となります。
◎借入金額の上限は、
(株)
セディナ4,000,000円まで、
(株)
オリエントコーポレーションは5,000,000円まで借り入れできます。
◎「提携教育ローン」は、合格発表後にお申し込みが可能です。
※詳細は、下記までお問い合わせください。
(株)
セディナ
TEL.03-6730-0201
(お問い合わせ窓口:東京営業部)
(株)
オリエントコーポレーション TEL.0120-517-325
(お問い合わせ窓口:学費サポートデスク)
10
入学試験科目
下表の入学試験の種類と試験科目の交わった●が、受験科目となります。
入学試験の種類により試験科目数が異なりますので、注意してください。
会
人
般
帰 国 子 女
社
配 点
一
注 記
専 修 学 校
高等課程推薦
内 容
卒業生推薦
試験科目
一 般 推 薦
▼ピアノ専攻
600字~800字/50分
100
●
●
●
●
●
●
⑵ 楽典
楽典一般および音楽の基礎常識/50分
100
●
-
-
●
●
●
-
-
-
-
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
⑶
専攻実技
⑷
ソルフェージュ
⑴ 小論文
①聴音
注1:①聴音②コールユーブンゲンの
2科目より1科目を選択。
注2:①聴音②コールユーブンゲン
③新曲視唱の3科目より1科目
を選択。
8~16小節程度の旋律書き取り
②コールユーブンゲン Ⅰ巻全曲(大阪開成館発行)より当日指定
③新曲視唱
8~16小節程度の旋律視唱(伴奏つき)
①J.S.Bach
平均律クラヴィーア曲集 第Ⅰ巻・第Ⅱ巻
より任意のフーガ1曲、またはシンフォ
ニアより任意の1曲
②ソナタ
W.A.Mozart、L.v.Beethoven
ソナタの第1楽章、または終楽章より任意
の1曲
⑸ 面接
100
くり返しなし、暗譜のこと。
①②の順で演奏する。
除外曲あり、下記表1参照。
演奏の途中でカットする場合もある。
●
注1
●
注2
100
100
個人面接
5段階評価
表1 専攻実技 除外曲表
作曲者
曲 名
① J.S.Bach
②
平均律クラヴィーア曲集 第Ⅰ巻 e-moll B.W.V.855
W.A.Mozart
ソナタ K.331/ K.284終楽章
L.v.Beethoven
ソナタ Op.13第1楽章/ Op.26/ Op.27-2第1楽章/ Op.101/ Op.106/ Op.109/ Op.110/ Op.111
会
人
般
帰 国 子 女
社
配 点
一
注 記
専 修 学 校
高等課程推薦
内 容
卒業生推薦
試験科目
一 般 推 薦
▼声楽専攻
600字~800字/50分
100
●
●
●
●
●
●
⑵ 楽典
楽典一般および音楽の基礎常識/50分
100
●
-
-
●
●
●
-
-
-
-
●
●
●
●
●
●
100
●
-
-
●
-
-
5段階評価
●
●
●
●
●
●
⑶
ソルフェージュ
⑴ 小論文
①聴音
8~16小節程度の旋律書き取り
②コールユーブンゲン Ⅰ巻全曲(大阪開成館発行)より当日指定
③新曲視唱
8~16小節程度の旋律視唱(伴奏つき)
①課題曲
専攻実技
⑷
下記表2より任意の1曲
②自由曲
課題曲を除く4分以内の任意の1曲
(カット可)
注1:①聴音②コールユーブンゲンの
2科目より1科目を選択。
注2:①聴音②コールユーブンゲン
③新曲視唱の3科目より1科目
を選択。
①②の順で演奏し、暗譜のこと。
伴奏者は、本学にて用意する。
演奏の途中でカットする場合もある。
①日本歌曲の場合、
「出船」は2番、
「花のまち」は3番まで演奏する。
課題曲の伴奏楽譜は、原則として
提出不要。なお、以下にあてはまる場合
は出願時に2部提出。
・指定の調以外で演奏の場合
・日本歌曲を選曲の場合
②くり返しなし。自由曲の伴奏楽譜は、
必ず出願時に2部提出。
伴奏楽譜の提出については、出願書類記
入上の留意点(21ページ)を参照
[
⑸ 副科ピアノ
⑹ 面接
個人面接
表2 専攻実技-① 課題曲表
作曲者
曲 名
調 名
Caro mio ben
Es-dur/ F-dur
G.Caccini
Amor, ch́attendi?
G-dur/ A-dur
A.Scarlatti
Già il sole dal Gange
As-dur/ B-dur
F.Gasparini
Lasciar d́amarti
g-moll/ f-moll
A.Scarlatti
Sento nel core
f-moll/ g-moll
小松 耕輔
母
杉山 長谷夫
出船(2番まで)
團 伊玖磨
花のまち(3番まで)
●
注1
●
注2
100
100
]
古典期のソナタ、ソナチネより第1楽章、 くり返しなし、暗譜のこと。
または終楽章、あるいはJ.S.Bachのイン 演奏の途中でカットする場合もある。
ヴェンション、シンフォニアより任意の
1曲
G.Giordani
100
11
会
人
般
帰 国 子 女
社
配 点
一
注 記
卒業生推薦
内 容
専 修 学 校
高等課程推薦
試験科目
一 般 推 薦
▼管弦打楽器専攻
600字~800字/50分
100
●
●
●
●
●
●
⑵ 楽典
楽典一般および音楽の基礎常識/50分
100
●
-
-
●
●
●
-
-
-
-
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
⑶
ソルフェージュ
⑴ 小論文
①聴音
注1:①聴音②コールユーブンゲンの
2科目より1科目を選択。
注2:①聴音②コールユーブンゲン
③新曲視唱の3科目より1科目
を選択。
8~16小節程度の旋律書き取り
②コールユーブンゲン Ⅰ巻全曲(大阪開成館発行)より当日指定
③新曲視唱
8~16小節程度の旋律視唱(伴奏つき)
⑷ 専攻実技
楽器別に表記
下記楽器別専攻実技科目を参照
⑸ 面接
個人面接
100
[管楽器]
①②③の順で演奏する。
演奏の途中でカットする場合もある。
①50
②50
③100
[弦楽器]
[打楽器]
①②の順で演奏する。
演奏の途中でカットする場合もある。
①100
②100
5段階評価
●
注1
●
注2
楽器別専攻実技科目
●フルート
①音階
譜例に従い、♯・♭それぞれ4つまでの
長調・短調(和声的短音階)をスラー、またはタンギングで奏する
②練習曲
作曲者
曲名
E.Koehler
35EXERCISES Op.33 Book1より No.3
E.Koehler
35EXERCISES Op.33 Book2より No.6
E.Koehler
35EXERCISES Op.33 Book2より No.12
C.J.Andersen
24STUDIES Op.21より No.4
C.J.Andersen
24STUDIES Op.21より No.24
作曲者
曲名
J.S.Bach
Partita a-mollより 第3楽章 Sarabande
J.Donjon
Etudes de Solonより No. 1 Elegie
J.Ibert
Piece
C.Stamitz
Konzert G-Dur Op.29より 第1楽章(カデンツァなし)
W.A.Mozart
Konzert D-Dur K.314より 第1楽章(カデンツァなし)
③課題曲
調は当日指定、暗譜のこと。
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
譜 例 譜 例 ●オーボエ
①音階
譜例に従い、♯・♭それぞれ4つまでの
長調・短調(和声的短音階)をスラー、およびタンギングで奏する
G・F・B・A・E・As-durおよび
e・d・g・fis-mollは1オクターブでよい。
調は当日指定、暗譜のこと。
②練習曲
作曲者
曲名
M.Moyse
フルートのための24の旋律的小練習曲と変奏(初級)より 1番~5番
1番~5番の中から当日指定、
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
③課題曲
作曲者
曲名
W.Ferling
48Etudes Op.31
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
譜 例 ●クラリネット
①音階
Rolf EichlerのScales for Clarinetより
♯・♭それぞれ4つまでを1番の形にて奏する
調は当日指定、暗譜のこと。
②練習曲
作曲者
曲名
C.Rose
32のエチュードより 第1番 C.Rose
32のエチュードより 第2番 左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
C.Rose
32のエチュードより 第9番 C.Rose
32のエチュードより 第10番 C.Rose
32のエチュードより 第19番
作曲者
曲名
C.M.v.Weber
小協奏曲 Op.26
C.M.v.Weber
協奏曲 第1番 ヘ短調 Op.73より 第1楽章
C.Stamitz
協奏曲 第3番 変ロ長調より 第1楽章
③課題曲
12
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
●ファゴット
譜例に従い、♯・♭それぞれ4つまでの
長調・短調(和声的短音階)をスラー、またはタンギングで奏する
作曲者
曲名
J.Weissenborn
Op.8 vol.Ⅱより No.2
J.Weissenborn
Op.8 vol.Ⅱより No.4
J.Weissenborn
Op.8 vol.Ⅱより No.8
J.Weissenborn
Op.8 vol.Ⅱより No.13
J.Weissenborn
Op.8 vol.Ⅱより No.15
作曲者
曲名
G.P.Telemann
ソナタ へ短調より 第1楽章
G.P.Telemann
ソナタ ヘ短調より 第3楽章
W.A.Mozart
協奏曲 変ロ長調 K.191より 第2楽章
調は当日指定、暗譜のこと。
譜例に従い、♯・♭それぞれ4つまでの
長調・短調(和声的短音階)をスラーで奏する
作曲者
曲名
W.Ferling
サクソフォンのための48の練習曲より
1、3、5、7、9、11、17、19
G.Lacour
50の練習曲より 28、30、33、37、38、39、41、44
作曲者
曲名
A.Chailleux
アンダンテとアレグロ
J.Rueff
シャンソンとパスピエ
P.Maurice
プロヴァンスの風景より Ⅰ.若い娘たちのファランドール
調は当日指定、暗譜のこと。
譜例に従い、♯・♭それぞれ4つまでの
長調・短調(和声的短音階)をスラー、またはタンギングで奏する
作曲者
曲名
C.Kopprasch
60のエチュード No.3、No.8、No.13
M.Alphonse
200の新練習曲 第1巻より No.44、No.59
作曲者
曲名
W.A.Mozart
ホルン協奏曲 第1番 ニ長調 K.412より 第1楽章
W.A.Mozart
ホルン協奏曲 第3番 ホ長調 K.447より 第1楽章
F.Strauss
「テーマとバリエーション」Op.13 No.1~ No.6(3曲を選択)
C.Saint-Saëns
演奏会用小品 Op.94より 第1楽章
L.v.Beethoven
ホルンソナタ ヘ長調 Op.17より 第1楽章
調は当日指定、暗譜のこと。
①音階
譜例に従い、♯・♭それぞれ4つまでの
長調・短調(和声的短音階)を奏する
②練習曲
作曲者
C.Kopprasch
S.Hering
M.Bordogni
C・G・B・A・As-durおよびa・g・h・
c・fis-mollは2オクターブを演奏する。
F・D・Es・E-durおよびd・e・f・cismollは1オクターブを演奏する。
調は当日指定、暗譜のこと。
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
③課題曲
作曲者
J.B.Arban
①音階
②練習曲
③課題曲
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
譜 例 ●サクソフォン
①音階
②練習曲
③課題曲
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
譜 例 ●ホルン
①音階
②練習曲
③課題曲
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
譜 例 ●トランペット
J.B.Arban
J.B.Arban
G.F.Händel
A.Corelli
曲名
60のエチュード No.1~ No.20(出版社は問わない)
32のエチュード No.1~ No.15(Carl Fischer版)
メロディアス・エチュード・フォー・トランペット
No.1~ No.12(Carl Fischer版)
曲名
12の幻想曲とアリア第5番“The Beautiful Snow”より
冒頭から第2バリエーションまで(出版社は問わない)
12の幻想曲とアリア第3番“Fantaisie Brillante”より
テーマと第1バリエーション(出版社は問わない)
フレージングの技法より 第148番“スコットランドの釣り鐘草”
(出版社は問わない)
Aria con Variazioni(Belwin Mills版)
ソナタ 第8番 ニ短調(Belwin Mills版)
譜 例 譜 例 13
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
●トロンボーン
①音階
譜例に従い、♯・♭それぞれ4つまでの
長調・短調(和声的短音階)を奏する
調は当日指定、暗譜のこと。
②練習曲
作曲者
曲名
C.Kopprasch
60の練習曲集より No.3~ No.14
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい。
③課題曲
作曲者
曲名
A.Vivaldi
ソナタ 1番 変ロ長調より 第1、2楽章
(出版社は問わない)
E.Sachse
トロンボーン協奏曲 変ロ長調より 第1楽章(出版社は問わない)
※バストロンボーンの場合はヘ長調
A.Guilmant
交響的断章 作品88 (出版社は問わない)
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
譜 例 ●テューバ
①音階
譜例に従い、♯・♭それぞれ4つまでの
長調・短調(和声的短音階)を奏する
G・F・B・A・E・As-durおよびa・e・
g・fis・f-mollは2オクターブを演奏する。
C・D・Es-dur および d・h・c・cis-moll
は1オクターブを演奏する。
調は当日指定、暗譜のこと。
②練習曲
作曲者
曲名
C.Kopprasch
60Selected studies for Tubaより 14番(Robert King)
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい。
V.Blazhevich
70Studies for Tuba volume1より 6番(Robert King)
V.Blazhevich
70Studies for Tuba volume1より 8番(Robert King)
M.Bordogni
43Bel canto studies for Tubaより 2番(Robert King)
J.Shoemaker
Legato Etudes for Tuba based on the vocalies of Giuseppe
Conconeより 2番(Carl Fischer)
作曲者
曲名
J.S.Bach
Air and Bourree(W.J.Bell編曲、Carl Fischer)
D.Haddad
Suite for Tubaより 第1楽章(Shawnee Press)
A.Capuzzi
Andante and Rondoより Andante
(P.Catelinet編曲、Hinrichsen Edition)
J.E.Barat
Introduction and Dance(出版社は問わない)
③課題曲
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
譜 例 譜 例 ●ユーフォニアム
①音階
譜例に従い、♯・♭それぞれ4つまでの
長調・短調(和声的短音階)を奏する
調は当日指定、暗譜のこと。
②練習曲
作曲者
曲名
J.Rochut
Melodious etudes for Tromboneより No.1~20(Carl Fischer)
C.Kopprasch
60Etudes for Tromboneより No.7~27(全音楽譜出版社)
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
O.Blume
36Studies for Tromboneより No.4~11(Carl Fischer)
J.B.Arban
14Characteristic etudesより No.1~10(全音楽譜出版社)
作曲者
曲名
J.E.Barat
Introduction et dance(出版社は問わない)
J.Semler-Collery
Barcarolle et chanson bachique(Alphonse Leduc)
De La Nux
Solo de Concours(出版社は問わない)
A.Capuzzi
Andante and Rondoより「Andante」(Hinrichsen edition)
③課題曲
譜 例 14
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい、
伴奏なし。
●ヴァイオリン
①練習曲
②課題曲
●ヴィオラ
①練習曲
②課題曲
作曲者
曲名
C.Kreutzer
42の練習曲
P.Rode
24のカプリス
N.Paganini
24のカプリス Op.1
作曲者
曲名
W.A.Mozart
協奏曲 第3番 ト長調 K.216 第1楽章(カデンツァなし)
W.A.Mozart
協奏曲 第4番 二長調 K.218 第1楽章(カデンツァなし)
W.A.Mozart
協奏曲 第5番 イ長調 K.219 第1楽章(カデンツァなし)
M.Bruch
協奏曲 第1番 ト短調 Op.26 第1楽章または終楽章
E.Lalo
スペイン交響曲 二短調 Op.21 第1楽章または終楽章
F.Mendelssohn
協奏曲 ホ短調 Op.64 第1楽章または終楽章
C.Saint-Saëns
協奏曲 第3番 ロ短調 Op.61 第1楽章または終楽章
作曲者
曲名
C.Kreutzer
42のエチュード 3番
C.Kreutzer
42のエチュード 6番
B.Campagnoli
41のキャプリス 10番
B.Campagnoli
41のキャプリス 11番
作曲者
曲名
J.C.Bach
ヴィオラ協奏曲 ハ短調 第1楽章
H.A.Hoffmeister
ヴィオラ協奏曲 二長調 第1楽章(カデンツァなし)
R.Schumann
ヴィオラとピアノのための4つの小品「おとぎの絵本」
Op.113 第1曲
R.Schumann
ヴィオラとピアノのための4つの小品「おとぎの絵本」
Op.113 第3曲
M.Reger
無伴奏ヴィオラ組曲 第1番 ト短調 Op.131-d 第1楽章
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい。
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜のこと、
伴奏なし。
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい。
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜のこと、
伴奏なし。
※①②をヴァイオリンにて受験してもよい。その場合は、入学願書(様式1B)の受験楽器名欄に「ヴィオラ・ヴァイオリン受験」と記入し、
ヴァイオリンの練習曲・課題曲を演奏。
●チェロ
作曲者
曲名
S.Lee
練習曲 作品31より No.1、No.3、No.5
D.Popper
40の練習曲 作品73より No.1、No.11
作曲者
曲名
G.Goltermann
チェロ協奏曲 第5番 二短調 作品76より 第1楽章
J.S.Bach
無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007より 前奏曲
F.J.Haydn
チェロ協奏曲 第1番 ハ長調 Hob.VIIb-1より 第1楽章
(カデンツァなし)
①練習曲
作曲者
曲名
F.Simandl
30番エチュードより 第1番~10番
②課題曲
作曲者
曲名
A.Capuzzi
コンチェルト ニ長調 第1楽章
D.Dragonetti
コンチェルト 第3番 イ長調 第1楽章、第2楽章(カデンツァなし)
①練習曲
②課題曲
●コントラバス
※コントラバス借用の場合は、入学願書(様式1B)の借用楽器欄に記入。
15
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜のこと。
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜のこと、
伴奏なし。
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい。
左記より任意の1曲。
くり返しなし、暗譜のこと、
伴奏なし。
●打楽器 (A)または(B)を選択し、①②を演奏のこと。
(A)
小太鼓
①
②
音階(マリンバまた
はシロフォン)
マリンバ、またはシロフォンにて譜例に従い、
♯・♭それぞれ3つまでの長音階(♩=100以上)を奏する
調は当日指定、暗譜のこと。
小太鼓の基本奏法
1つ打ち、2つ打ち、5つ打ち[加減速]
ロール(pp<ff>pp)
[45秒程度]
当日指定。
課題曲
(小太鼓)
(a)および(b)を演奏
(a)「All-AMERICAN DRUMMER」(C.Wilcoxon)より
No.1 No.12
(b)「Portraits in Rhythm」(A.J.Cirone)より
No.1 No.13
小太鼓は、持参のこと。
(a)
(b)
より各1曲を当日指定。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい。
マリンバまたはシロフォン(手順は基本的に交互に)
譜 例 (B)
マリンバ
①
②
小太鼓の基本奏法
1つ打ち、2つ打ち[加減速]
当日指定。
音階
(マリンバ)
譜例に従い、すべての長調・短調(和声的短音階)の
音階( =72以上)を奏する
当日指定。暗譜のこと。
課題曲
(マリンバ)
(a)および(b)を演奏
(a)
「MODERN SCHOOL FOR Xyl. Mar. Vib.」
(M.GOLDENBERG)より 39 ETUDES(Ⅲ)
(b)楽曲より任意の1曲
ソナタ・コンチェルト等は任意の楽章とする。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい。
伴奏なし。
※小太鼓借用の場合は、入学願書(様式1B)の借用楽器欄に記入。
譜 例 譜 例 16
会
人
般
帰 国 子 女
社
配 点
一
注 記
専 修 学 校
高等課程推薦
内 容
卒業生推薦
試験科目
一 般 推 薦
▼音楽創造専攻 作曲コース
600字~800字/50分
100
●
●
●
●
●
●
⑵ 楽典
楽典一般および音楽の基礎常識/50分
100
●
-
-
●
●
●
-
-
-
-
ソルフェージュ
⑴ 小論文
8~16小節程度の旋律視唱(伴奏つき)
注1:①聴音②コールユーブンゲンの
2科目より1科目を選択。
注2:①聴音②コールユーブンゲン
③新曲視唱の3科目より1科目
を選択。
⑷ 専攻実技 和声
課題1題/120分
下記、和声例題を参照。
⑸ 副科ピアノ
古典期のソナタより第1楽章、または終 くり返しなし、暗譜のこと。
楽章、あるいはJ.S.Bachのインヴェンシ 演奏の途中でカットする場合もある。
ョン、シンフォニアより任意の1曲
⑹ 面接
個人面接
⑶
①聴音
8~16小節程度の旋律書き取り
②コールユーブンゲン Ⅰ巻全曲(大阪開成館発行)より当日指定
③新曲視唱
●
100
●
●
●
●
●
●
100
●
-
-
●
-
-
5段階評価
●
●
●
●
●
●
注1
和声例題
ソプラノ・アルト・テノール・バスの空いている声部を埋めて四声体を完成させなさい。
解答例は次ページ
17
●
100
注2
解答例
会
人
般
帰 国 子 女
社
配 点
一
注 記
専 修 学 校
高等課程推薦
内 容
卒業生推薦
試験科目
一 般 推 薦
▼音楽創造専攻 メディアデザインコース
600字~800字/50分
100
●
●
●
●
●
●
⑵ 楽典
楽典一般および音楽の基礎常識/50分
100
●
-
-
●
●
●
-
-
-
-
⑶
ソルフェージュ
⑴ 小論文
①聴音
8~16小節程度の旋律書き取り
注1:①聴音②コールユーブンゲンの2科目
より1科目を選択。
②コールユーブンゲン Ⅰ巻全曲(大阪開成館発行)より当日指定 注2:①聴音②コールユーブンゲン③新曲視
③新曲視唱
100
唱の3科目より1科目を選択。
8~16小節程度の旋律視唱(伴奏つき)
●
注1
●
注2
①または②より選択
①作品提出
専攻実技
⑷
⑸ 面接
②実技
自作曲を入学願書出願時に提出
(楽器演奏曲とする)
自作品独奏曲(声楽を除く)
(ジャンルは問わない)
音源としてCD-R、MD、映像を含むDVD-R
のいずれかを入学願書出願時に提出。
楽譜、音源の提出については、出願書
類記入上の留意点(21ページ)を参照
[
]
くり返しなし、暗譜でなくてもよい。
演奏の途中でカットする場合もある。ソナタ、
コンチェルト等は任意の楽章とする。
独奏曲の場合、伴奏なし。ただし、伴奏(自作)
音源として、CD-RまたはMDを提出してもよ
い。
楽譜、音源の提出については、出願書
類記入上の留意点(21ページ)を参照
使用機材・楽器名を入学願書の所定欄に明記
すること。
楽器借用の場合は、入学願書の所定欄に記入。
大型楽器および入学願書記載の借用可楽器以
外の楽器貸し出しは行わない。
[
100
●
●
●
●
●
●
100
●
●
●
●
●
●
5段階評価
●
●
●
●
●
●
]
課題論文
テーマに基づいて、論文を入学願書出願 書式は、A4縦・横書きにてパソコン使用ま
たは手書き(原稿用紙)のこと。
時に提出
論文の提出については、出願書類記
■論文テーマ
「音楽の未来」について自由に論じなさ 入上の留意点(21ページ)を参照
い。1200字以上(音楽の可能性、自分
の形にしたい音・音楽等の観点から)
専攻面接
課題論文に関する個人面接
[
]
個人面接
18
会
人
般
帰 国 子 女
社
配 点
一
注 記
専 修 学 校
高等課程推薦
内 容
卒業生推薦
試験科目
一 般 推 薦
▼音楽療法専攻
600字~800字/50分
100
●
●
●
●
●
●
⑵ 楽典
楽典一般および音楽の基礎常識/50分
100
●
-
-
●
●
●
-
-
-
-
ソルフェージュ
⑴ 小論文
⑶
⑷
専攻実技
⑸
⑹
①聴音
8~16小節程度の旋律書き取り
②コールユーブンゲン Ⅰ巻全曲(大阪開成館発行)より当日指定
③新曲視唱
8~16小節程度の旋律視唱(伴奏つき)
音楽療法に
関する小論文
600字~800字/50分
注1:①聴音②コールユーブンゲ
ンの2科目より1科目を選
択。
注2:①聴音②コールユーブンゲ
ン③新曲視唱の3科目より
1科目を選択。
課題曲
ピアノ弾き歌い
下記表3より任意の1曲
伴奏形態は和音伴奏もしくは任意
の伴奏楽譜いずれも可。
いずれも最後まで演奏し、暗譜で
なくてもよい。
調の指定はなし。
副科実技
下記表4を参照
演奏の途中でカットする場合もある。
⑺ 面接
個人面接
100
●
注1
●
注2
100
●
●
●
●
●
●
100
●
●
●
●
●
●
100
●
●
●
●
●
●
5段階評価
●
●
●
●
●
●
表3 ピアノ弾き歌い 課題曲表
作曲者
曲 名
本 居 長 世 七つの子
山 田 耕 筰 赤とんぼ
いずみ た く 見上げてごらん夜の星を
喜 納 昌 吉 花
川 村 結 花 夜空ノムコウ
見 岳 章 川の流れのように
表4 副科実技
(①~④より1実技を選択)
選択実技
①
ピアノ
内 容
古典期のソナタ、ソナチネより第1楽章、または終楽章、あるいはJ.S.Bachの
インヴェンション、シンフォニアより任意の1曲
くり返しなし、暗譜のこと。
演奏の途中でカットする場合もある。
課題曲:下記表より任意の1曲
暗譜のこと。
日本歌曲を選択の場合は、2番まで演奏する。
伴奏者は本学にて用意する。
課題曲を指定の調以外で演奏の場合、および日本歌曲を選曲の場合
は、必ず伴奏楽譜を2部提出。
伴奏楽譜の提出については、出願書類記入上の留意点
(21ページ)を参照
作曲者
②
声楽
注 記
曲 名
G.Giordani Caro mio ben
(Es-dur/ F-dur)
[
A.Caldara Sebben,crudele
(c-moll/ d-moll/ e-moll)
成田 為三
浜辺の歌
中田 喜直
夏の思い出
]
③
管弦楽器
任意の楽曲、または練習曲より任意の1曲
ソナタ、コンチェルト等は任意の楽章とする。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい。
伴奏なし。
コントラバス借用の場合は、入学願書の所定欄に記入。
④
打楽器
自由曲
①~④の楽器の中より1つを選択
①小太鼓 ②マリンバ ③ドラムセット ④ティンパニ
ソナタ、コンチェルト等は任意の楽章とする。
くり返しなし、暗譜でなくてもよい。
伴奏なし。
打楽器借用の場合は、入学願書の所定欄に記入。
19
出願書類一覧
入試種別により出願書類が異なりますので、注意してください。
自 作 曲 音 源
自 作 曲 楽 譜
独 奏 曲( 自 作 )
伴 奏 音 源
●様式3
●
-
●
※2
※3
※4
※5
※6
●
卒業生推薦
●
●
●様式4
●
-
●
※2
※3
※4
※5
※6
●
専修学校高等課程推薦
●
●
●様式3
●
-
●
※2
※3
※4
※5
※6
●
一般
●
●
-
●
※1
●
※2
※3
※4
※5
※6
●
社会人
●
●
-
●※7
●
●
※2
※3
※4
※5
※6
●
帰国子女
●
●
●様式5
●
●
●
※2
※3
※4
※5
※6
●
文
6
論
書
書
)
票
)
書
)
5
題
査
・
4
※1 最終学歴が平成23年3月以前の者は提出。
※2 声楽専攻、音楽療法専攻副科実技声楽選択者において指定の調以外で演奏する者、日本歌曲を選曲の者は提出。
※3 声楽専攻の者。
※4 音楽創造専攻メディアデザインコース専攻実技にて、①作品提出を選択した者は、自作曲音源を提出。
あわせて自作曲楽譜を提出してもよい。
※5 音楽創造専攻メディアデザインコース専攻実技にて、②実技を選択した者で伴奏音源が必要な場合は提出。
※6 音楽創造専攻メディアデザインコース志願者のみ提出。
※7 調査書が出身高等学校にて作成できない場合、卒業証明書を提出。
!改姓により証明書
(調査書等)
の氏名が出願書類と異なる場合は、戸籍抄本をあわせて提出してください。
出願書類提出封筒記入上の留意点
※角形2号サイズ封筒
(タテ332㎜×ヨコ240㎜)
同封以外の角形2号サイズ封筒の使用も可。
切手
〒112-0012
[速達表示]
太い芯の赤マジックで記入例
のように赤い太線を表示する。
東京都文京区大塚4-46-9
東邦音楽大学
事務本部 入試担当 行
書 留
朱書にて記入。
入学願書在中
折曲厳禁
20
[差出人]
住所
氏名
志望専攻
志願者住所、氏名、志望専攻
を記入。
受験票返信用封筒
自由曲伴奏楽譜2部
●
2
3
課
課題曲伴奏楽譜2部
●
1
調
一般推薦
入 試 種 別
入学検定料振込控
健 康 診 断 書
( 様 式
)
推
薦
( 様式 ・
受
験
( 様 式
入 学 願
( 様 式
●…全員提出 ※…該当者のみ提出
出願書類記入上の留意点
1.文字は楷書、数字は算用数字とし、黒のペンまたはボールペンにて記入。
(鉛筆不可)
2.修正する際は二重線を引き、上に訂正印を捺印。
(修正液、修正テープ使用不可)
3.いずれの書類も※印は記入不要。
!出願後に、氏名、住所、電話番号等に変更が生じた際は、事務本部 入試担当までご連絡ください。
入学願書
(様式1)
出願後の志望専攻、実技曲目等の変更は認めない。
入学願書記入例22ページ参照。
入学検定料
振込控貼付箇所
志願者本人名義の入学検定料振込控を振込控貼付箇所に全面のりづけ。
貼付の振込控はコピー可。
貼付箇所に納まらない場合は、内側に折り畳むこと。
※卒業生推薦入学試験志願者は、入学検定料免除のため、振込控貼付は不要。
受験票
(様式2)
受験票記入例25ページを参照。
推薦書
(様式3)
出身学校長が作成厳封したもの。
推薦書
(様式4)
推薦者が作成したもの。
推薦書
(様式5)
出身学校長が作成厳封したもの。
調査書
出身学校長が作成厳封したもの、またはそれに代わるものを提出。
健康診断書
(様式6)
最終学歴が平成23年3月以前の志願者は提出。
自由曲伴奏楽譜
課題曲伴奏楽譜
声楽専攻は自由曲のみ2部提出。ただし、課題曲を指定の調以外で演奏する者、日本歌曲を選曲の者も2部
提出。
音楽療法専攻副科実技声楽選択者において指定の調以外で演奏する者、日本歌曲を選曲の者は伴奏楽譜を2
部提出。
伴奏楽譜は氏名を明記のうえ、各ページともA4サイズ
(タテ297㎜×ヨコ210㎜)
にて製本。
テープ
自作曲音源
自作曲楽譜
自作曲音源、自作曲楽譜には氏名および曲名を明記すること。
音源は、CD-R、MD(SP録音)
、映像を含むDVD-Rのいずれかを提出。CD-Rの場合、録音後にファイナライ
ズを行うこと。音源とあわせて楽譜を提出してもよい。提出楽譜はコピー可。提出音源および楽譜は返却し
ない。
独奏曲
(自作)
伴奏音源
CD-RまたはMD(SP録音)を提出。CD-Rの場合、録音後にファイナライズを行うこと。伴奏音源には氏名お
よび曲名を明記すること。
課題論文
書式はA4縦・横書きにてパソコン使用、または手書き
(原稿用紙)
。
表紙にテーマおよび氏名を明記し、左上をホッチキスにて綴じること。
手書きの場合は、黒のペンまたはボールペンにて記入。
テーマは18ページ参照。
受験票返信用封筒
受験票を返信するため、速達郵送料350円分の切手を貼付し、志願者の住所・氏名を明記した長形3号サ
イズ封筒
(タテ235㎜×ヨコ120㎜)
を出願書類提出封筒に同封すること。
21
入学願書記入例
!該当欄全て記入
!様式1Aとあわせて、1Bも漏れることなく記入
!修正液・修正テープは使用不可
様式1A
東邦音楽大学 音楽学部 音楽学科
2013年度
(平成25年度)
入学願書
特待生制度(S)
希望
特待生制度(A)
希望
性 別
志望専攻(コース)を丸で囲む。
管弦打楽器専攻生は、楽器名も
記入。
志望専攻
(
学 歴
音楽療法
都道
府県
川越市
立
東邦
昭和
平成
25 年 月
3
埼玉
都道
府県
私
立
東邦
昭和
平成
年 月
都道
府県
350
―
〒
認定試験
・
本人所有の場合記入。
川越市 今泉84
235
―
2157
―
携帯電話番号
―
㊞
都道
府県
入試種別
前期
後期
前期
後期
11/18
12/1
11/18
12/1
12/1
卒業生推薦
①聴音
一般
②コールユーブンゲン
昭和 年 40
4 月 1 日 生
電話
番号
川越市 今泉84
専修学校
高等課程
推 薦
選択科目
生年
月日
父
0015
埼玉
一般推薦
―
― ―
続柄
東邦
保証人
350
住 所
―
TEL
〒
卒業
職種
東 邦 太 郎
氏 名
卒業見込
科
049
―
235
社会人
―
2157
帰国子女
前期
後期
特別
特別前期
特別後期
特別
特別前期
特別後期
2/1
3/9
11/18
2/1
3/9
11/18
2/1
3/9
③新曲視唱
学校法人三室戸学園 在学生・在校生(2013年4月現在兄弟姉妹同時在籍)学費等減免制度
該 当
院・大・短・高・二高・中 在学在校中 ・ 2013年度受験
東 邦 華 子
氏 名
音楽歴
期 間
楽器・科目
指導者氏名
平成9
年 月 ∼ 年 月
5
川越 東子 先生
平成18
年 月 ∼ 年 月
4
川越 東男 先生
平成19
24
年 月 ∼ 年 月
4
12
大塚 邦男 先生
等
卒業後
宿泊先が本人住所と同じ場合は
「自宅」と記入。
宿泊先が未定の場合は「未定」と
記 入 し、 決 定 次 第、 事 務 本 部
入試担当まで連絡すること。
受験する入学試験日の枠に○を
記入。
一般推薦入学試験および
一般入学試験志願者は
①~③より選択し、科目に○を
記入。
志望専攻にとらわれず、既修お
よび現在学習中の楽器・科目を
具体的に記入。
声楽
年 月 ∼ 年 月
演奏会・
3ヵ月以内撮影のもの。
タテ4㎝×ヨコ3㎝。
正面・上半身・脱帽・背景なし。
写真裏に氏名・専攻を明記し、
全面のりづけ。
平成 年 月 合格 大検
―
自宅
普通
0015
都道
府県
049
電話番号
中学校卒業
高 等 学 校
中等教育学校
専 修 学 校
特待生制度を希望の志願者は丸
で囲む。
詳細はP.9参照。
立
年 月∼ 年 月 社名
埼玉
受験中
宿泊先
作曲
楽器名
( )
埼玉
〒
写真貼付
4㎝×
3㎝
東邦音楽短期大学音楽科
音楽創造
22 年 月
3
昭和
平成
住 所
年 月 日生
5
1
昭和
平成
高等学校卒業程度認定試験
本学からの通知・連絡が確実に
届く場所を記入。
詳細はP.10参照。
該当者は兄弟姉妹の氏名を明記
し、学校種別に○を記入し、在
学在校中・2013年度受験のど
ちらかに○を記入。
6
満 歳
18
年 齢
管弦打楽器
声 楽
)
職 歴
保証人は、父母または父母に代
わるべき者で、入学後身上の第
一保証人となる者。
昭和
平成
生年月日
女
※
※ 記入不要
併 願
志願者
学校の所在する都道府県および
国・都・道・府・県・私立等の区分
を記入。
東 邦 文 子
氏 名
受験
番号
出演・受賞
未定の場合は「未定」と記入。
希望
(様式1A)
忘れずに氏名を記入。
様式1B
東邦音楽大学(東邦音楽短期大学 併願含 )
受験
番号
東 邦 文 子
氏名
※
※印は記入不要
●専攻実技
①J.S.Bach
志望専攻(コース)を丸で囲
み、該当欄に曲名、調名、作
品番号、楽章等を記入。
調名
シンフォニア
No.
B.W.V.
作品番号
楽章
平均律 第 巻(フーガ)
調名
ソナタ
②
作曲者
調名
作曲者
課題曲
無 / 有
伴奏楽譜提出
声 楽
J. S. Bach
作曲者
調名
自由曲
調名
副科ピアノ
作品番号・バッハ番号
作曲者
楽章
作曲者
受験楽器名
管弦打楽器
練習曲
[打楽器は②−(a)]
作曲者
課題曲
[打楽器は②−(b)]
作曲者
無 / 有 ①コントラバス ②小太鼓
借用楽器
調名
ソナタ
作 曲
副科ピアノ
作品番号
インヴェンション
楽章
No.
シンフォニア
作曲者
作曲者
B.W.V.
J. S. Bach
①作品提出
自作曲
提出音源
CD-R / MD / DVD-R
楽譜提出
無 / 有
使用楽器・機種名[ ]
・ 管弦打楽器[ ]
実技楽器名
②実 技
電子
YAMAHA[ STAGEA ELS-01C ・ EL-900m ]
使用機材
有 ・ 伴奏音源
有 [ CD-R ・ MD ] / 無
借用楽器
無 / 有 ①
調名
独奏曲
課題論文提出確認
作品番号
楽章
作曲者
他[機材名 ] / 無
②小太鼓 ③
④
⑤
※
ピアノ弾き歌い
作曲者
調名
ピアノ
副 科 実 技
音楽療法
作品番号・バッハ番号
楽章
声楽
作曲者
作曲者
伴奏楽譜提出
無 / 有
受験楽器名
管弦打楽器
作曲者
借用楽器
振込控貼付箇所
無 / 有 ①コントラバス ②小太鼓 ③マリンバ ④ドラムセット ⑤ティンパニ
全面のりづけ
振込控(コピー可)の用紙は全面のりづけ
貼付箇所に納まらない場合、内側に折り畳む
※卒業生推薦入学試験志願者は、入学検定料免除のため、振込控貼付の必要はありません。
(様式1B)
22
ヴィオラ専攻を志望し、ヴァイ
オリンにて試験を受ける場合
「ヴィオラ・ヴァイオリン受験」
と記入。
打楽器専攻志望の場合、「小太
鼓」または「マリンバ」と記入。
打楽器は
②課題曲(a)および(b)の曲名
を記入。
東邦音楽大学 音楽学部 音楽学科
2013年度
(平成25年度)
入学願書
特待生制度(S)
希望
特待生制度(A)
希望
性 別
受験
番号
※
※
生年月日
昭和
平成
年 月 日生
年 齢
満 歳
氏 名
(
志願者
学 歴
楽器名
( )
住 所
年 月
都道
府県
立
昭和
平成
年 月
都道
府県
立
昭和
平成
年 月
都道
府県
立
昭和
平成
認定試験
・
〒
音楽療法
中学校卒業
高 等 学 校
中等教育学校
専 修 学 校
卒業見込
科
卒業
平成 年 月 合格 大検
年 月∼ 年 月 社名
職種
―
都道
府県
電話番号
受験中
宿泊先
作曲
昭和
平成
高等学校卒業程度認定試験
職 歴
音楽創造
管弦打楽器
声 楽
)
写真貼付
4㎝×
3㎝
東邦音楽短期大学音楽科
併 願
志望専攻
記入不要
―
〒
携帯電話番号
―
―
―
―
TEL
― ―
続柄
保証人
生年
月日
㊞
氏 名
〒
―
住 所
昭和 年 月 日生
電話
番号
都道
府県
―
―
入試種別
前期
後期
前期
後期
専修学校
高等課程
推 薦
前期
後期
特別
特別前期
特別後期
特別
特別前期
特別後期
11/18
12/1
11/18
12/1
12/1
2/1
3/9
11/18
2/1
3/9
11/18
2/1
3/9
一般推薦
選択科目
卒業生推薦
①聴音
②コールユーブンゲン
一般
社会人
帰国子女
③新曲視唱
学校法人三室戸学園 在学生・在校生(2013年4月現在兄弟姉妹同時在籍)学費等減免制度
該 当
院・大・短・高・二高・中 在学在校中 ・ 2013年度受験
氏 名
音楽歴
期 間
指導者氏名
楽器・科目
年 月 ∼ 年 月
年 月 ∼ 年 月
年 月 ∼ 年 月
年 月 ∼ 年 月
演奏会・
卒業後
等
出演・受賞
希望
(様式1A)
東邦音楽大学(東邦音楽短期大学 併願含
)
受験
番号
※
氏名
※印は記入不要
●専攻実技
調名
シンフォニア
①J.S.Bach
No.
B.W.V.
作品番号
楽章
平均律 第 巻(フーガ)
調名
ソナタ
②
作曲者
作曲者
調名
作曲者
課題曲
無 / 有
伴奏楽譜提出
声 楽
J. S. Bach
調名
自由曲
調名
副科ピアノ
作品番号・バッハ番号
作曲者
楽章
作曲者
受験楽器名
管弦打楽器
練習曲
[打楽器は②−(a)]
作曲者
課題曲
[打楽器は②−(b)]
作曲者
無 / 有 ①コントラバス ②小太鼓
借用楽器
調名
ソナタ
作 曲
副科ピアノ
作品番号
インヴェンション
楽章
No.
シンフォニア
作曲者
作曲者
B.W.V.
J. S. Bach
①作品提出
自作曲
提出音源
CD-R / MD / DVD-R
楽譜提出
無 / 有
使用楽器・機種名[ ]
・ 管弦打楽器[ ]
実技楽器名
②実 技
電子
YAMAHA[ STAGEA ELS-01C ・ EL-900m ]
調名
独奏曲
作品番号
使用機材
有 伴奏音源
有 [ CD-R ・ MD ] / 無
借用楽器
無 / 有 ①
課題論文提出確認
・ 楽章
作曲者
他[機材名 ] / 無
②小太鼓 ③
④
⑤
※
ピアノ弾き歌い
作曲者
調名
ピアノ
副 科 実 技
音楽療法
作品番号・バッハ番号
楽章
声楽
作曲者
作曲者
伴奏楽譜提出
無 / 有
受験楽器名
管弦打楽器
作曲者
借用楽器
振込控貼付箇所
無 / 有 ①コントラバス ②小太鼓 ③マリンバ ④ドラムセット ⑤ティンパニ
全面のりづけ
振込控(コピー可)の用紙は全面のりづけ
貼付箇所に納まらない場合、内側に折り畳む
※卒業生推薦入学試験志願者は、入学検定料免除のため、振込控貼付の必要はありません。
(様式1B)
受験票記入例
!修正液・修正テープは使用不可
様式2
東邦音楽大学
音楽学部 音楽学科
3ヵ月以内撮影のもの。
タテ4㎝×ヨコ3㎝。
正面・上半身・脱帽・背景なし。
写真裏に氏名・専攻を明記し、
全面のりづけ。
2013年度(平成25年度)
写真貼付
4㎝×
3㎝
受 験 票
受験
番号
※
東 邦 文 子
氏名
東邦音楽短期大学を併願
する志願者は、
○を記入。
管弦打楽器専攻生は、楽器名も記入。
音楽創造専攻生は、コース名も記入。
該当する入試種別に○を記入。
併願
専攻
(
)
東邦音楽短期大学 音楽科
音楽創造 一般推薦
一般
卒業生推薦
社会人
専修学校高等課程推薦
帰国子女
※印 記入不要
受験票 試験当日、常
携帯
。
(様式2)
東邦音楽大学
音楽学部 音楽学科
写真貼付
4㎝×
3㎝
2013年度(平成25年度)
受 験 票
受験
番号
※
氏名
東邦音楽短期大学 音楽科
併願
専攻
(
25
)
一般推薦
一般
卒業生推薦
社会人
専修学校高等課程推薦
帰国子女
※印 記入不要
受験票 試験当日、常
携帯
。
(様式2)
受験票
監督者
常
筆記用具
遺失物
携帯 、学科試験
係 提示
貸借
厳禁
、実技
面接
。
、1F 事務本部 入試担当
文京
机上
。
問
合
。
地図
[文京
東邦音楽大学
]
事務本部 入試担当
東京都文京区大塚4-46-9
TEL. 03-3946-9667
(様式2)
26
受験
番号
2013年度
(平成25年度)
※
※印は記入不要
推 薦 書
一
般
推
薦
専修学校高等課程推薦
年 月 日
東 邦 音 楽 大 学
学長 三室戸 東光 殿
学校所在地
学 校 名
㊞
学校長名
下記の者は、学業人物ともに優秀であり、貴学第1年次入学者として最適と認めますので、推薦いたします。
性 別
氏 名
推薦理由
生年月日
卒業年月日
平成 年 月 日生
平成 年 月 卒業見込・卒業
(詳細
記入
)
健康状態
在学中 特記事項
記載責任者
㊞
(様式3)
受験
番号
2013年度
(平成25年度)
※
※印は記入不要
卒業生推薦
推 薦 書
年 月 日
東 邦 音 楽 大 学
学長 三室戸 東光 殿
下記の者は、学業人物ともに優秀であり、貴学第1年次入学者として推薦いたします。
性 別
氏 名
出身高等学校名
生年月日
平成 年 月 日生
高
都道
府県
等
学
校
中 等 教 育 学 校
専修学校高等課程
平成 年 月卒業見込・卒業
推 薦 理 由
推薦者
関係
卒業生推薦入学試験制度
登録番号
氏 名
住 所
電話番号
〒 ―
― ―
(様式4)
受験
番号
2013年度
(平成25年度)
※
※印は記入不要
帰 国子女
推 薦 書
Recommendation
Date :
東 邦 音 楽 大 学
学長 三室戸 東光 殿
To Prof. HARUMITSU MIMURODO
President of TOHO College of Music
年 月 日
year
month
day
学校所在地
School Address
学 校 名
Name of School
㊞
学校長名
Name of Principal or Name of Course s Head
下記の者は、学業人物ともに優秀であり、貴学第1年次入学者として最適と認めますので、推薦いたします。
I hereby recommend the student mentioned below, who made an excellent record
and has a fine personality, as a candidate to attend to TOHO College of Music.
性 別
Give Kana
Sex distinction
生年月日
氏 名
Date of birth
Name
卒業年月日
Date of graduation
推薦理由
Reasons of recommendation
健康状態
Physical condition
在学中 特記事項
西暦
西暦
年 月 日生
年 月
卒 業
Extra curricular activities
記載責任者
Guarantor
卒業見込
signature
㊞
(様式5)
受験
番号
※
※印は記入不要
一
健 康 診 断 書
社
般
会
人
帰 国 子 女
氏 名
生年月日
年
月
日生
身 長
.
㎝
体 重
.
㎏
座 高
.
㎝
視 力
右
.
( )
.
左
.
( )
.
X線所見
概 評
上記の通り証明する。
年 月 日
検査機関名
住 所
医師名
㊞
(様式6)
Q&A
Q1
試験会場は、どちらのキャンパスですか?
A1
試験は、文京キャンパス(東京都文京区)において実施します。
Q2
入学試験以前にキャンパスの下見はできますか?
A2
できます。ただし、試験会場となる教室は下見できません。
Q3
試験日以前や当日に練習はできますか?
A3
練習室の貸し出しは行っていません。
川越キャンパスでは実施しませんので、間違えないように注意してください。
ただし、当日実技試験前の発声および楽器の音出しはできます。
ピアノの練習はできません。
Q4
どのような服装で受験すれば良いですか?
A4
特に決まりはありません。演奏しやすい服装や試験に相応しい服装で受験してください。
Q56
音楽創造専攻 メディアデザインコースは、入学後パソコンが必要ですか?
A5
楽器を学習している学生が楽器を所有しているのと同様にメディアデザインコースの学生は、パソコ
上履きは必要ありません。
ンが必要となります。アップル・コンピュータのノートタイプ(またはデスクトップタイプ)が必要
となりますので、現在持っているパソコンの使用可能有無および新規購入の場合の機種につきまして
は、入学前後にご相談ください。
35
[文京キャンパス]
東邦音楽大学
事務本部 入試担当
〒112-0012 東京都文京区大塚4‐46‐9
TEL.03‐3946‐9667
URL. http://www.toho-music.ac.jp
E-mail. [email protected]
25
Fly UP