...

「ヤグルマギク」の防除(PDF:235KB)

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

「ヤグルマギク」の防除(PDF:235KB)
新技術情報2013(埼玉県農林総合研究センター)
ムギ難防除雑草「ヤグルマギク」の防除
無湛水
(埋設深度)
100
2か月
1か月
散布量
(kg/10a)
80
0kg
30kg
60kg
2週間
出芽率(%)
間断湛水
(湛水期間)
常時湛水
(湛水期間)
ヤグルマギクは観賞用として栽培されていますが、周辺ムギほ場に逸出して防除が
困難な雑草となっています。そこで防除方法を検討したところ、夏期の湛水処理や不
耕起管理が有効でした。湛水が行えない場所では石灰窒素の散布により生存種子量を
減少させることができます。薬剤処理では、播種後土壌処理剤の除草効果は小さく、
ジフルフェニカンを含む剤でやや抑草効果が見られました。生育期茎葉処理剤ではベ
ンタゾン液剤の効果が高く、これらの体系処理が効果的でした。雑草が大型化すると
効果が得られないので、雑草が3~4葉期までに処理します。
2か月
1か月
2週間
60
40
20
10cm
0cm
0
0
20
40
60
死滅率(%)
80
100
9/10
夏期の湛水処理等による種子の死滅状況
①播種後土壌処理
(平24年)
残草数
100
52
75
83
108
トレファノサイド+リニュロン
109
0
20
40
60
80
100
120
127
104
0
(平24年、処理時期:雑草3.5葉期)
(27個体、209g)
無処理
20
40
60
80
100
120
(平25年、処理時期:雑草8葉期)
(28個体、94g)
100
ベンタゾン液 残草数
生体重
100
78
0
0
MCPAナトリウム塩 残草数
生体重
33
112
34
62
3
残草数
生体重
82
82
42
9
0
20
40
60
80
0
100
(平24年、雑草3葉期)
残草数
20
残草数
(27個体/㎡)
無処理
ベンタゾン液
(平24年)
100
プロスルホカルブ乳
②生育期茎葉処理
12/9
(生重 209g/㎡)
91
ジフルフェニカン・トリフルラリン乳
③体系処理
残草量
(27個体/㎡)
無処理
11/9
秋期の石灰窒素処理による種子の発芽状況
エスプロカルブ・ジフルフェニカン乳
アイオキシニル乳
10/10
40
60
80
100
(平25年、雑草7葉期)
(28個体/㎡)
100
単用
体系
100
78
0
2
7
アイオキシニル乳 単用
体系
82
42
38
26
0
土壌処理(エスプロカルブ・ジフルフェニカン使用)
20
40
60
対無処理区比(%)
80
100
0
20
40
60
対無処理区比(%)
80
100
各種除草剤の効果
(水田農業研究所
米・麦担当
TEL 048-521-9465)
\米 13-02
Fly UP