...

第 16回・日韓中テレビ制作者フォーラム 「中国長沙大会」参加のご案内

by user

on
Category: Documents
12

views

Report

Comments

Transcript

第 16回・日韓中テレビ制作者フォーラム 「中国長沙大会」参加のご案内
第 16回・日韓中テレビ制作者フォーラム
「中国長沙大会」参加のご案内
皆様には、平素から放送人の会の活動に御協力御理解を賜り、深く感謝しております。
さて、
既に開催をお伝えしておりました、日韓中テレビ制作者フォーラム「中国・長沙大会」の
詳細が決まりましたので、改めて参加の案内をいたします。
このフォーラムは2001年日本と韓国の間で始められ、2004年には中国も参加し、
以来、三国間の微妙な政治状況の時であっても、各国持ちまわりで毎年開催され、三国の
テレビ制作者が一堂に会して、お互いの作品を視聴し、議論を交わしながら交流を深めて
きました。
16回目を迎えた今年は、10 月、中国湖南省長沙市で開催されます。
今年の大会テーマは、成長成熟する三国に共通して関心の高い「家庭・青年の情感」です。
各国からはテーマ作品1本以上を含む3作品(ドキュメンタリー、ドラマ、エンターテ
インメント)が参加し、作品の鑑賞や討論、セミナーなどを行い、三国の制作者の交流を
深めることになっています。
また今回「テレビ番組の刷新とインターネットとのかかわり」と題するシンポジューム
も予定され、インターネットがテレビをどう変えていくのか、インターネットを利用し、
テレビ番組の進化を進めるにはどうしたらいいか等、三国の基調講演と質疑を行います。
中国の主催は中国電視芸術家協会と地元湖南テレビ、韓国は韓国 PD 連合が主催、両国
の参加者は現役の制作者が中心です。現場制作者の参加が少なかった日本も、今回は多く
の現場制作者たちが参加します。このように、日韓中の放送人や研究者が集い交流するこ
のフォーラムは三国の放送関係者の友情を深め、テレビ制作者の現在の関心事、各国の番
組制作事情や視聴者の動向などについて、最新の情報を知る格好の機会になるはずです。
<今回の大会の特色>
①中国中南部、古代『楚』の国に属した長沙、古代には屈原、関羽、近現代では毛沢東、
劉少奇、胡耀邦を生んだ、見どころ満載の学問・教育都市での開催です。
②主催する「湖南テレビ」は『芒果=マンゴーテレビ』として若者に親しまれる中国有
数の地方テレビ局。その元気のある活動的なテレビ局が見学できます。
③中国有数のテレビ芸術祭(ゴールデンイーグル芸術祭)が同時開催され、いくつかの
行事に参加することで、受賞作の制作者、その作品等に触れることが出来ます。
御社、貴団体としての参加を検討して頂くか、あるいは団体所属の個人に向けて、参加
を勧奨して頂くなど、ご高配の程をよろしくお願い致します。
「第16回日韓中テレビ制作者フォーラム中国長沙大会」の概要
① 日程
2016 年 10 月 13 日(木)~10 月 17 日(月)5 日間
10 月 13 日
午後 長沙空港到着
夕刻から開会式・歓迎会
14 日
15 日
16 日
17 日
試写・討論
試写・討論
閉会式・市内視察
映像祭(金鷹賞コンクール)出席
午前 帰国
*詳しいスケジュールは、別紙―①参照
② 開催場所
中国湖南省長沙市
SAINT-TROPEZ HOTEL(http://www.st-tropezhotel.com/)
③ 大会のテーマ
「家庭・青年の情感」
③ 参加作品 一カ国3作品(各作品 45 分~60 分)計 9 作品
<日本からの作品参加>
*ドラマ作品:フジテレビ「いつかこの恋を思い出しきっと泣いてしまう」
*ドキュメンタリー作品:NHK N スペ「老人漂流時代“老後破産”の現実」
*エンターテイメント作品:東海テレビ「熱戦コマ世界大戦」
④ 参加者
120 名(各国 40 名)
*参加者の中国・日本往復旅費は参加者の自己負担ですが、滞在費(宿泊・食事代)は開催
国フォーラム実行委員会の負担です。
長沙までのチケットは取りにくく、料金差も大きいところから、団体割引チケットの予約受
付をします。
参加希望の方は 8 月 20 日までに、事務局まで申込書にてお申し込みください。
*別紙―②を参照、一括申し込み後の、8 月 20 日以降は各自でお願いします。
参加希望の方は、
①事務局までにまずは、参加希望をお知らせください。
②航空チケットには限りがありますので、お早めにお申し込みください。
③5 日間の日程を確保できない方もお知らせください。相談に乗ります。
日韓中テレビ制作者フォーラム実行委員会
委員長 今野 勉(放送人の会会長)
委員 渡辺紘史 山田尚 村上雅通 曽根英二、田中則広
(事務局)吉田賢策
電話(FAX)03-3221-0019
E-mail
佐藤真美子 須斎恵美子
[email protected]
別紙①
第 16 回日韓中テレビ制作者フォーラム日程(草案)
10 月 13 日(木)
--15:00
各国参加者ホテルチェックイン
16:30--17:30
組織員会会議(各国 3 名ずつ
18:00--19:30
歓迎晩餐会
於:会議室)
10 月 14 日(金)
09:00--09:30
開会式(各国代表、湖南テレビ代表祝辞)及び写真撮影
09:40--10:40
各国基調講演~インターネットとテレビ~(各 1 名)
10:50--12:20
作品視聴・討論
12:30--14:00
昼食・休憩
14:00--15:30
作品視聴・討論
15:40--17:10
作品視聴・討論
17:30--18:30
夕食
19:00--21:00
ゴールデンイーグルテレビ芸術祭開会式
10 月 15 日(土)
08:30--10:00
作品視聴・討論
10:10--11:40
作品視聴・討論
12:00--13:30
昼食・休憩
13:30--15:00
作品視聴・討論
15:10--16:40
作品視聴・討論
16:50--18:20
作品視聴・討論
18:30--19:30
夕食
19:30--21:00
作品視聴・討論
10 月 16 日(日)
09:00--09:30
閉会式
09:40-- 長沙観光
夕食後 ゴールデンイーグルテレビ芸術祭懇親パーティ
10 月 17 日(月)
各国参加者帰国
別紙2
日韓中テレビ制作者フォーラム in 長沙
◎長沙往復航空券について(団体扱いで一括購入予定のチケット)
10 月 13 日(木)北京経由 ※(CA=中国国際航空)
羽田発 CA422 便
07:20 発 10:05 北京着
北京発 CA1373 便
12:45 発 15:15 長沙着
■往路
10 月 17 日(月)北京経由
長沙発 CA1350 便
08:45 発
11:05 北京着
北京発 CA167 便 12:50 発
17:25 羽田着
■料金
¥37,940-(手数料込み)
7 月 13 日現在の料金で今後若干変動する可能性があります。
キャンセルの場合、キャンセル料が発生します。
※同便以外の利用、前泊・遠隔地からの出発、途中参加などは
以下の代理店で相談可能です。結果については必ず事務局に
お知らせ下さい。
■復路
※
JTB 首都圏赤坂見附店 橋本南 様
住所:〒100-0014 東京都千代田区永田町 2-14-2
山王グランドビル内
TEL:0570-200-879
FAX:03-3581-2652
ご参加希望の方は、申込用紙にご記入の上メール又は FAX で 8 月 20 日
迄に事務局にお申込み下さい。料金の請求、振込先などにつきましては
別途参加者にご案内差し上げます。
Fly UP