...

心土破砕(しんどはさい)

by user

on
Category: Documents
66

views

Report

Comments

Transcript

心土破砕(しんどはさい)
心土破砕(しんどはさい)
機械による農作業を繰り返していると、硬く締まった土の層ができてしまいます。硬く締まっ
た土層は水の通りが悪く、その層をまたいでの水の行き来ができにくくなります。地表近くに溜
まった水を暗渠により排水することや、その層の下にある水分を作物が補給しにくくなります。
畑の排水性と保水性を改善するために、硬く締まった土層に亀裂を入れ、合わせて水はけの良
い材料(疎水材)を混入しています。これは、有材心破(ゆうざいしんぱ)と呼ばれています。。
☜
硬く締まりにくく、排水性の良い疎水材を土中に入れるための機械です。
☞
疎水材を積み込んでいます。
☜
硬く締まった畑を切り開いています。
☞
再度、硬く締まらないように、疎水材を投入してい
きます。
すべての投入が終われば完成です。
Fly UP