...

リン値が下がらない! リンコントロールの基本 (チェックポイント)

by user

on
Category: Documents
8

views

Report

Comments

Transcript

リン値が下がらない! リンコントロールの基本 (チェックポイント)
発行日
H19.6.5
発行者
小角幸人
4号
リン値が下がらない!
(チェックポイント)
リンが多く含まれる食品・食材ばかりに気をとられてい
・無尿の透析患者の場合、リン除去は血液透析1回当た
ませんか?充分な量のリン吸着剤を服用しているにもか
り通常1,000mgの透析液への排泄と約400mg/日の
かわらず血清リン濃度が高い場合には、生の肉や魚な
便中への排泄により行われることを認識していますか?
どを手間をかけて調理するのではなく、安易にハムやソ
・一般にたんぱく質10gを摂取するとリンの摂取量は13
ーセージなどの加工食品を使用している可能性がありま
0mgになることを認識していますか?
す。タンパク質の摂取量が多くなるとリンの摂取量も多く
・1日のリン摂取量(800mg以下)を認識していますか?
なることを忘れないで下さい。通常、タンパク質の摂取量
因みに、健常人が食べる一般的な食事には、1日あたり
とリンの摂取量は共に変化し、タンパク質 1gにリンは 1〜
1000∼1200mgのリンが含まれています。
1.5%含まれています。特に肉や赤身魚などの動物性タ
・リン吸着剤は、量が少なくないですか?食直前もしくは
ンパク質 1gには約 2%のリンが含まれています。また、食
食事中に服用していますか?
品添加物として多くの食品にリン酸化合物が含まれてい
・透析中に食事をする場合でも、リン吸着剤を忘れずに
ます。食品化合物にも気をつけてください。
服用していますか?(特にリンが高い場合)
まず、食事のタンパク質制限を実行しましょう。成人の
・ リンを多く含む食品(乳製品、かまぼこ等の加工食品、
1日の適正タンパク質摂取量(所要量 g)は適正体重
小麦粉を使ったパンやお菓子等)を多く摂取していませ
(kg) X 1.2 とします。(体重 50kg では 60g となる)さらに
んか?同じたんぱく質を摂取するのでも、加工食品を食
加工食品やスナック菓子は避けましょう。リンを多く含む
べてしまうと、リンが多くなってしまいます。
食品にはチーズ・レバー・わかさぎなどがあります。
・外食は多くないですか?
リンコントロールの基本
・ 副甲状腺ホルモン(PTH)のデータと併せ、活性型ビ
リンコントロールの基本は、過剰な蛋白質摂取を慎む
タミンD製剤の種類と量は問題ありませんか?(経口薬と
ことが第一の方法であり、次に食品選択、薬物療法との
静注薬ともCaだけでなくリンも高くしてしまうので、基本
兼ね合いを考慮することです。リンをコントロールするた
的に血清リン数値5.5mg/dl以下に維持されているとき
めのステップを次に紹介しておきましょう。
にのみ活性型ビタミンD製剤は使用可能です。
●ステップ1<基本>
・リンを抜くために充分な透析量を確保することも大変大
・蛋白質摂取量を適正に(1.0∼1.2g/kg/day)
事なことです。リン除去の観点からも、自分の身体がつ
食べ過ぎに注意=蛋白質1gのリン含有量は12∼16
いてこられる限り、透析効率を追及し透析量を上げよう。
mg、さらに大雑把に蛋白質10gのリン含有量は130mg
・高リン血症が今後、どのような合併症を引き起こすかの
程度
認識をしていますか?(骨病変、皮膚掻痒症、血管石灰
・リン吸着剤の服用を忘れずに(食事中、ないし「塩酸
セベラマー」は食直前に服用)
●ステップ2<基本の次に注意すること>
化、副甲状腺機能亢進症等)
・ 副甲状腺機能亢進症に伴い副甲状腺ホルモン(PT
H)が高いままですと、骨からカルシウムだけでなく、リン
・乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズ等)を摂り過ぎない
も溶け出して、血清リン数値も高くなってきます。内科的
・レバー、卵類(鶏卵・いくら等)を摂り過ぎない
治療(活性型ビタミン製剤による治療等)に抵抗する「高
《血清リン値の目安》
PTH血症(intact-PTH>500pg/ml)が持続し、「高C
①5.0mg/dl以上・・・・・・・注意(高P血症)
a血症(補正 Ca>10.0mg/dl)」、または「高P血症
②2.5∼5.0mg/dl未満・・・良好
(P>6.0mg/dl)」が存在する場合は、副甲状腺インタ
③2.5mg/dl以下・・・・・・・注意(低P血症)
ーベンション(副甲状腺摘出術または経皮的エタノール
注入療法)が考慮されます。
Fly UP