...

Agilent M9502A

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

Agilent M9502A
Agilent M9502A/
M9505A
Data Sheet
2スロット/5スロット
AXIeシャーシ
計測の新しい「選択肢」
アジレントのモジュール計測器
はじめに
製品概要
M9502A/M9505A AXIeシャーシは、AXIe 1.0仕様に適
合し、AXIe測定器モジュール用のスロットを2個または5
個装備しています。またPCインタフェースを含むシステ
ム・モジュールを内蔵しています。内蔵システム・モジュー
ルは、ギガビットLANインタフェー スとGen 2 x8 PCIe
インタフェースを備え、シャーシと外部コントローラと
の接続に使用します。ラック・スペースを最小限に抑え
るために、測定器モジュール・スロットは水平に配置さ
れています。さらに、シャーシをラック内に収納したま
ま電源とファン・トレイを取り除くことができ、シャー
シの保守が容易に行えます。
特長
• AXIe 1.0準拠
• 内蔵システム・モジュールにより、Gen 2 PCIe x8お
よびギガビットLANインタフェースを経由してホスト・
コンピュータと接続可能
• Agilent独自の同期機能により、マルチシャーシ・シス
テムが可能
業界とアプリケーション
• 62個の差動ローカル・バス・ラインにより、隣接モジュー
ル・スロット間で大容量データ転送が可能
• 航空宇宙/防衛
• ハイ・パワー、1スロットあたり200 Wの冷却能力
• 前面から取り外し可能なファン・トレイ
• 計算
• 通信
• エレクトロニクス・テスト
利点
• 半導体テスト
• AXIeシャーシはPXIベースのシステムを補完する高性
• 高エネルギー物理
能なプラットフォームです
• コンパクトな2スロット・シャーシは可搬型アプリケー
ションに最適。さらにラック・マウントも可能
• 5スロット・シャーシにより、追加スロットが必要な場
合のコストパフォーマンスの高いソリューションを実現
• 内蔵AXIeシステム・モジュールおよび水平に配置され
た測定器モジュール・スロットは、ラック・スペース
を節約。M9502A/M9505Aは、それぞれわずか2U/4U
のラック・スペースに収容可能
• 革新的な冷却設計により、冷却のためのラック・スペー
スが不要
2
容易なセットアップ、テスト、メインテナンス
ハードウェア・プラットフォーム
バックプレーン構成
AXIe 規格準拠
M9502A/M9505Aシャーシのバックプレーン・ライン:
Agilent M9502A/M9505A AXIeシャーシは、AXIe 1.0
• タ イ ミ ン グ お よ び ト リ ガ 信 号:100 MHzク ロ ッ ク、
100 MHz PCIeクロック(FCLK)、ESM(SYNC)から
仕様に完全に準拠しています。さらに、アドバンスド
TCA(ATCA)PICMG 3.0 R2.0規格に適合し、標準ATCA
モジュールが使用できます。
のポイント間スター・トリガ、双方向ポイント間スター・
トリガ(STRIG)、12信号のパラレル・トリガ・バス
(TRIG)
• ESMと各スロットとのPCIe Gen 2 x4データ・ファブ
リック接続、およびスロット同士のセカンダリPCIe
データ・ファブリック接続
• ESMと各スロットとのギガビット・イーサネットLAN
接続
62
• ペアのローカル・バスにより、隣接するモジュール
間データの転送(AXIeは18ペアのみ使用)
42
Vdc電源
•
IPMB
(Intelligent Platform Management Bus)によ
•
るシャーシ制御(モジュール電源部を含む)
シャーシには、内蔵システム・モジュール収納用のハー
フハイト・サイズのスロットが1 ヶ所設けられています。
このスロットには、AXIe測定器モジュールや内蔵コント
ローラは取り付けできません。内蔵コントローラは測定
器モジュール・スロットに取り付ける必要があります。
図1. 5スロットAXIeバックプレーン
3
容易なセットアップ、テスト、メインテナンス
ローカル・
バス
SYNC、CLK100、FCLK
第2PCIeファブリック
PCIeファブリック
スロット
バックプレーン
図2. M9505Aのバックプレーンのブロック・ダイアグラム
内蔵システム・モジュール(ESM)
必須機能以外のシステム・モジュールの機能:
M9502A/M9505Aシャーシは、測定器スロットを占有し
ない内蔵システム・モジュールを搭載しています。この
モジュールは、AXIe規格に準拠した以下のシャーシ管理
を行います。
• トリガおよびクロック信号による複数のシャーシとの
同期機能(Mini D入力/出力コネクタ)
• SMAコネクタによる外部クロックおよび外部トリガの
• トリガおよびクロック・バスの管理
入力/出力
• 内部/外部基準信号源を含むクロックの管理
• 外部コンピュータとシャーシを接続するGen2 x8 PCIe
ケーブル・コネクタ
• 前面パネルのRJ45 LANに接続したギガビットLANの
スイッチング
• AXIeファブリック1スイッチング(各モジュール・ス
ロットごとにGen2 x4レーン)
• サブシステムおよびモジュールのモニタ
• 冷却ファンの制御と電源投入シーケンスの管理
4
容易なセットアップ、テスト、メインテナンス
革新的な冷却設計
ソフトウェア・プラットフォーム
AXIeシャーシは、モジュール冷却のためのラック・スペー
スを必要としない冷却設計を採用し、2Uまたは4Uのラッ
ドライバ
M9502A/M9505Aシ ャ ー シ に は、IVI-COM、IVI-C、
LabVIEW用 の ソ フ ト ウ ェ ア・ ド ラ イ バ が 付 属 し ま す。
Windows XP®、Windows Vista®、Windows 7® オペレー
ティング・システムをサポートし、
LabVEW、LabWindows/
® C/C++、
CVI、MATLAB、VEE、VisualStudio.NET(
C#、VB.NET)などの多くのソフトウェア・ツールを使用
ク・スペースへの収容が可能になりました。
冷却システムは、自動変速ファンで冷却用空気を取り込
み、シャーシ内を右から左に流します。+ESMは電力供給
とファンを自動的に制御し、各モジュールに十分な電力
と冷却用空気を供給します。
してアプリケーションを作成することができます。
維持コストの削減
内蔵Webサーバ
M9502A/M9505Aシャーシにより、維持コストを低減で
M9502A/M9505AはWebサーバを内蔵し、シャーシの設
定、制御、モニタリングが可能です。このWebサーバには
LANまたはPCIe経由でアクセスできます。
きます。革新的な通気設計により、エア・フィルタの交
換が不要です。さらに、ラックに収容した状態で電源お
よびファン・トレイを取り外せます、これにより、DUT
のケーブルを接続したまま点検が可能です。
Webサーバの機能
• シャーシ情報の表示
• LANの設定
• 計測器モジュールのリスト表示
• トリガのルーティング設定
• 状態(温度、ファン、電源)の表示
ソフトウェア・フロント・パネル
ソフトウェア・フロント・パネル・インタフェースにより、
AXIeシャーシのモニタ/制御を行うことができます。ソ
フトウェア・フロント・パネルにはAXIeシャーシのWeb
ページの基本的な機能があり、IVIドライバを使用して
シャーシと通信できます。ソフトウェア・フロント・パネ
ルには、トリガ・ルーティングとシャーシ・モニタの2つ
の画面があります。
図3. Webページ
図4. ソフトウェア・フロント・パネル・インタフェース
5
技術仕様と特性
製品仕様
準拠規格
AXIe 1.0 Base Architecture規格
AdvancedTCA PICMG 3.0 R2.0規格
バックプレーン
M9502A
M9505A
全スロット数
2
5
計測器モジュール・スロット
2
5
内蔵
内蔵
システム・モジュール
電源特性
AC電源ライン入力
動作電圧範囲
M9502A
M9505A
100 ∼ 240 Vac
100 ∼ 240 Vac
50 ∼ 60 Hz
50 ∼ 60 Hz
入力周波数レンジ
消費電力
過電流保護
力率(代表値)
800 VA
1350 VA
自動回復
自動回復
85-90%
85-93%
DC電源
モデル
DC電源出力
最大出力定格パワー
最大出力定格電流
負荷変動
最大リップル/ノイズ
(帯域幅20 MHz)
M9502A
50 V
520 W
10.4 A
2%
1 % p-p
M9505A
52 V
1200 W
23 A
2%
500 mV p-p
シャーシ冷却および消費電力
スロットの通気方向
右から左
シャーシの冷気吸入口
本体右側
シャーシの冷却排気
本体左側
シャーシの冷却ファン
M9502A
回転数セレクタ(高速/自動)を搭載したファン・トレイに3つのファン
(風量90.0 cfm)を格納
M9505A
回転数セレクタ(高速/自動)を搭載したファン・トレイに6つのファン
(風量90.0 cfm)を格納
200 W(最大)
計測器スロットの消費電力
6
技術仕様と特性
クロックおよびトリガ
100 MHzシステム・クロック(CLK100)
±20 ppm
確度
45/55%
デューティ・サイクル
100 ps
最大スロット間スキュー
外部クロック入力(SMA)
入力周波数
10 MHz ±100 ppm
入力レベル
±5 V、AC結合
250 mV
最小振幅
外部クロック出力(SMA)
出力周波数
10 MHz
出力レベル
3.3 V CMOS
50 Ω
出力負荷
AXIe差動スター・トリガ(STRIG)
100 ps
最大スロット間スキュー
外部トリガ出力(SMA)
3.3 V CMOS
出力レベル
50 Ω
出力負荷
外部トリガ入力(SMA)
入力レベル
±5 V、調整可能しきい値
入力インピーダンス
4 kΩ(2.5 Vにプルアップ)
250 mV
最小振幅
環境特性1,2
動作時および保管時の条件
動作時
保管時
温度
0 ℃∼ 50 ℃
−25 ℃∼ 60 ℃
湿度
95 %、+40 ˚Cで形式試験(非結露)
95 %、+40 ˚Cで形式試験(非結露)
高度
最高3,000 m
最高4,600 m
最大
通常動作時
(冷却用空気25 ˚C)
M9502A
74.3
55.2
M9505A
77.6
62.8
衝撃および振動
動作時ランダム振動:5 ∼ 500 Hz、0.21 g rmsで型式試験
ランダム振動:5 ∼ 500 Hz、2.09 g rmsで型式試験
音響レベル(LWA dB、基準値1 pW)
1. Agilent Environmental Test Manualに基づいて、本製品のサンプルを対象とした型式試験が行われ、保管、輸送、使用の 環境ストレスに耐えられることが
検証されています。これらのストレスには、温度、湿度、衝撃、振動、高度、電源条件などがあります。
2. テスト手法はIEC 60068-2に準拠し、レベルはMIL-PRF-28800F Class 3相当です。
7
技術仕様と特性
順守規格
安全規格
欧州低電圧指令2006/95/ECに準拠
IEC/EN 61010-1(第2版)
カナダ:CSA C22.2 No. 61010-1-04
米国UL std no. 61010-1
(第2版)
ドイツ音響ステートメント
Geraeuschemission
LpA<70 dB
Am Arbeitsplatz
Normaler Betrieb
Nach DIN 45635 t.19
音響雑音放射
LpA<70 dB
オペレータ位置
ノーマル位置
ISO 7779に準拠
EMC
欧州EMC指令2004/108/ECに準拠
IEC/EN 61326-1
カナダ:CSA C22.2 No. 61010-1-04
CISPR Pub 11グループ1、クラスA
AS/NZS CISPR 11
ICES/NMB-001
このISMデバイスは、カナダのICES-001に適合します。 cet appareil ISM est conforme a la norme NMB-001 du Canada
一般仕様
メカニカル仕様
1
質量(公称値)
寸法(バンパあり)
寸法(バンパなし)
M9502A
7.7 kg
462 mm(幅)×102 mm(高さ)×414 mm(奥行) 432 mm(幅)×87 mm(高さ)×414 mm(奥行)
M9505A
13.3 kg
462 mm(幅)×193 mm(高さ)×436 mm(奥行) 462 mm(幅)×177 mm(高さ)×436 mm(奥行)
1. モジュール質量を除く
8
技術仕様と特性
ESMフロント・パネル・コネクタ
マルチフレーム
クロック
複数のシャーシをデイジー・チェーン
接続するためのタイミング同期信号用
入力
外部クロック接続
入力 出力
LAN
出力
PCIe
トリガ
ホスト・コンピュータと
シャーシを接続するPCIe
インタフェース
外部トリガ接続
入力
ホスト・コンピュータと
シャーシを接続する
10/100/1000イーサネット・
インタフェース
出力
ステータス・ランプ
シャーシ状態を
表示する
インジケータ・ランプ
システム要件
オペレーティング・ Windows® XP、
システム
Service Pack 3以降(32ビット)
Windows Vista、SP1およびSP2
(32ビットおよび64ビット)、
Business、Ultimate、Enterprise、
Home Basic、Home Premium
Windows 7(32ビットおよび
64ビット)Starter、Home Basic、
Home Premium、Professional、
Ultimate、Enterprise
プロセッサ速度
600 MHz以上が必須。
800 MHzを推奨
1 GHz 32ビット(x86)、
1 GHz 64ビット(x64)、
Itanium 64は未サポート
1 GHz 32ビット(x86)、
1 GHz 64ビット(x64)、
Itanium 64は未サポート
利用可能メモリ
256 MB以上(1 GB以上を推奨)
1 GB(最小)
1 GB(最小)
ハード・ディスクの 1.5 GBのハード・ディスク空き容量: 1.5 GBのハード・ディスク空き容量: 1.5 GBのハード・ディスク空き容量:
空き容量1
• 1 GB(Microsoft .NET Framework 3.5 • 1 GB(Microsoft .NET Framework 3.5 • 1 GB(Microsoft .NET Framework 3.5
SP1 2で使用)
SP1 2で使用)
SP1 2で使用)
• 100 MB(Agilent IOライブラリ・ • 100 MB(Agilent IOライブラリ・
• 100 MB(Agilent IOライブラリ・
スイートで使用)
スイートで使用)
スイートで使用)
ビデオ
Super VGA(800×600)256色以上
DirectX 9に対応した128 MBのグラ
フィック・メモリ(Super VGAの
サポート)を推奨。
DirectX 9に対応した128 MBのグラ
フィック・メモリ(Super VGAのサポー
ト)を推奨。
ブラウザ
Microsoft® Internet Explorer 6.0以上
Microsoft Internet Explorer 7以上
Microsoft Internet Explorer 7以上
1. インストールの処理手順上、動作時に必要なディスク空き容量は、インストール時に必要な容量よりも少なくなることがあります。
2. Windows VistaとWindows 7では、NET Frameworkのランタイム・コンポーネントがデフォルトでインストールされています。
このため、ここに記載のディスク空き容量が不要になる場合があります。
9
構成
ハードウェア
アクセサリ
モデル
概要
モデル
概要
M9502A
2スロットAXIeシャーシ、システム・
モジュール内蔵
Y1225A
M9502A用ラック・マウント・キット
Y1226A
M9505A用ラック・マウント・キット
M9505A
5スロットAXIeシャーシ、システム・
モジュール内蔵
Y1223A
AXIeマルチフレーム・ケーブル:0.5 m
AXIeファイラ・モジュール、入門ガイド、
ドライバ、Agilent I/Oライブラリ
Y1224A
AXIeマルチフレーム・ケーブル:3 m
付属:
関連製品
Y1200A:
x4 - x8
PCIeケーブル
Y1202A
x8 PCle
モデル
概要
M9045A
PCIe ExpressCardアダプタ:Gen 1
Y1200A
PCIeケーブル:x4 ∼ x8、2.0 m(M9045Aで
使用)
M9047A
PCIeデスクトップPCアダプタ:Gen 2、x8
Y1202A
PCIeケーブル:x8、2.0 m(M9047Aで使用)
ケーブル
AXIe内蔵PC
C
ソフトウェア
M9045A PCIe
Expressカード
ラップトップPC
M9047A PCle
アダプタ
デスクトップまたは
ラックマウントPC
図5. 構成
モデル
概要
サポートされている
オペレーティング・
システム
Microsoft Windows® XP(32ビット)、
Microsoft Windows® Vista(32/64ビット)、
Microsoft Windows® 7(32/64ビット)
規格に準拠した
ドライバ
IVI-COM、IVI-C、LabVIEW
サポートされている
アプリケーション
開発環境(ADE)
Visual Studio®(VB.NET、C#、C/C++)、
LabVIEW、LabWindows/CVI、VEE
Agilent IO
内容:VISAライブラリ、Agilent Connection
Expert、IOモニタ
ライブラリ
推奨構成
Agilent M9502A/M9505A AXIeシャーシの構成:
• 外部コンピュータと接続する場合は、適切なPCインタ
フェース・カードを選択; Agilent M9047Aを推奨
• 内蔵PCコントローラを使用する場合は、必ずスロット
1に取り付ける(ESMは取り外さない)
• PC側のインタフェース・カードとシステム・モジュー
ル と の 接 続 に 適 し た ケ ー ブ ル を 選 択;M9047Aと
M9502A/M9505Aとを接続するケーブルにはY1202A
を推奨
• 用途に応じたラック・マウントおよびマルチシャーシ・
ケーブルを選択
10
オーダ情報
保証/校正
モデル
概要
アドバンテージ・サービス:校正/保証
M9502A
AXIeシャーシ:2スロット、システム・
Agilentアドバンテージ・サービスは、お客様の機器のライフタ
モジュール内蔵
M9505A
AXIeシャーシ:5スロット、システム・
オプション900‐932
電源コード・オプション
イム全体にわたって、お客様の成功を支援します。
モジュール内蔵
保証1
R-51B-001-5C
返送保証期間を5年間に延長
1. 国によって使用できないオプションがあります。
仕様の定義
仕様は、特に記載のない限り、0 ℃∼+50 ℃の動作温度
範囲内で少なくとも2時間保管し、45分間のウォームアッ
プを行った後の、校正済み測定器の保証性能を表わして
います。特に記載のない限り、本書に掲載されているデー
タは仕様です。
特性は、製品を利用する際に有用な製品性能を表してい
ますが、製品保証の対象ではありません。特性は、ほと
んどの場合、代表値または公称値と呼ばれます。
• 代表値は、20 ∼ 30 ℃の温度範囲で動作させたときに、
測定器の80 %が満たす性能を表しています。代表値は
保証されません。
• 公称値は、20 ∼ 30℃の温度範囲で動作させたときに、
製品を利用する際に役立つ標準的な性能を表していま
す。公称値は保証されません。
注記:特に記載のない限り、すべてのグラフのデータは
複数のユニットを使用して室温で測定されたものです。
11
タングラム(組み合わせパズル)
本書に登場する四角形は、タングラムと呼ばれています。この7
ピースのパズルは、数世紀前に中国で生まれました。その目的は、
7個のピースを使用して簡単な形状から複雑な形状まで、さまざ
まなシルエットを作成することです。タングラムと同様に、新し
い テ ス ト・ シ ス テ ム の 作 成 に は 無 限 の 可 能 性 が あ り ま す。
Agilentの一連のエレメント(アーキテクチャ、ハードウェア、ソ
フトウェア)を使用すれば、簡単なシステムから複雑なシステム
まで、必要なシステムを簡単に構築できます。
www.agilent.co.jp
www.agilent.co.jp/find/modular
www.agilent.co.jp/find/axie-chassis
計測の新しい「選択肢」
アジレントのモジュール計測器
TM
www.pxisa.org
www.axiestandard.org
アジレント・テクノロジー株式会社
本社〒 192-8510 東京都八王子市高倉町 9-1
契約販売店
www.agilent.co.jp/find/channelpartners
アジレント・アドバンテージ・サービス、それはお客様の満足を第一
に考えているアジレントの修理・校正サービスの総称です。
www.agilent.co.jp/find/advantageservices
計測お客様窓口
受付時間 9:00-18:00(土・日・祭日を除く)
TEL ■■ 0120-421-345
(042-656-7832)
FAX ■■ 0120-421-678
(042-656-7840)
Email
[email protected]
電子計測ホームページ
www.agilent.co.jp
電子計測UPDATE
●
記載事項は変更になる場合があります。
ご発注の際はご確認ください。
www.agilent.co.jp/find/emailupdates-Japan
PICMGおよびPICMGロゴ、CompactPCIおよびCompactPCIロゴ、AdvancedTCAおよび
AdvancedTCAロゴは、PCI Industrial Computers Manufacturers Groupの登録商標です。
"PCIe"および"PCI EXPRESS"は、PC-SIGの登録商標/サービス・マークです。
Microsoft、Windows、Visual Studio、Visual C++、Visual C#、Visual Basicは、
Microsoft Corporationの登録商標です。
© Agilent Technologies, Inc. 2011
Published in Japan, September 16, 2011
5990-6584JAJP
0000-00DEP
Fly UP