...

JXHDが赤字拡大-市況悪化を業界再編効果で

by user

on
Category: Documents
20

views

Report

Comments

Transcript

JXHDが赤字拡大-市況悪化を業界再編効果で
NEWS RELEASE
2016年2月3日
JXHDが赤字拡大―市況悪化を業界再編効果で補えるか注視
JX ホールディングス(JXHD、証券コード:5020、発行体格付=A)は 3 日、2015 年度通期の赤字予想
を 3300 億円に下方修正した。第 2 四半期決算時に 449 億円の最終赤字を計上したが、資源価格がさらに
下落したことにより上流分野における減損損失等 2350 億円、事業再構築に伴う資産売却・撤退関連損失
800 億円などを計上し、特別損失が 3200 億円に膨らむ見通しだ。原油価格の下落でエネルギー事業を主
体とする在庫影響のマイナスが 2650 億円に拡大するのも響く。
最も多くの減損損失を計上する石油・天然ガス開発事業は、英国北海の資産が主な対象となる。高油
価時に取得した権益であり、損益分岐点の油価が高い。損失計上を余儀なくされたのはマイナス要因だ
が、そのリスクは格付にある程度織り込んでいる。一方、総額 42 億米ドルの初期投資をしたチリのカセ
ロネス銅鉱山は近年の資源開発事業の柱で、2014 年 5 月から銅精鉱の生産を開始した。まだ設備トラブ
ルが解消できず低稼働が続いている。開発会社への出資比率や権益比率から算定した JXHD の責任分担は
半分強に抑制されてはいるものの銅価格の低迷もあり、減損損失を再三計上しているのは懸念材料だ。
原油・天然ガスや銅などの資源価格は、R&I が従来想定していた以上に低迷しており、上流事業の収
支悪化、及び赤字計上による自己資本の毀損という形で、信用力の圧迫要因になっている。半面、主力
の石油精製・販売事業では業界再編が具体的に動き出し、信用力を下支えしている。JXHD は東燃ゼネラ
ル石油との経営統合を見据え、市場シェア拡大や経営効率化の深掘りなど、事業面ではポジティブな要
素が多い。業界全体で企業数の集約が進めば、主力事業は競争環境の改善が期待できる。
もっとも、JXHD の経営統合は 2017 年 4 月の予定で、その効果の実現には時間がかかる。規制当局に
よる許認可など、克服すべきハードルも残り、頓挫や遅延のリスクもなくはない。資源市況の極端な低
迷が中長期で定着したり、市況がさらに低下したりする場合、資源開発事業の採算が悪化し、もう一段
の自己資本の毀損が懸念される。カセロネス銅鉱山の低稼働が続くこともマイナス要因だ。こうしたリ
スクが顕在化すれば、格付に下押し圧力がかかる公算が大きい。資源市況の動向やカセロネス銅鉱山の
操業状況を踏まえつつ、業界再編効果でどこまで補えるか注視していく。
主任格付アナリスト:守屋
■お問合せ先
■報道関係のお問合せ先
株式
会社
: インベスターズ・サービス本部
: 経営企画室(広報担当)
TEL. 03-3276-3511
TEL. 03-3276-3438
格付投資情報センター 〒103-0027東京都中央区日本橋1-4-1
敦
E-mail. [email protected]
日本橋一丁目三井ビルディング
http://www.r-i.co.jp
信用格付は、発行体が負う金融債務についての総合的な債務履行能力や個々の債務等が約定通りに履行される確実性(信用力)に対するR&Iの意見であり、事実の表明ではありません。また、R&Iは、信
用リスク以外のリスクにつき意見を表明するものではなく、投資判断や財務に関する助言や、投資の是非等の推奨をするものではありません。R&Iは、信用格付に際し関連情報の正確性等につき独自の
検証を行っておらず、これに関し何ら表明も保証もいたしません。R&Iは、信用格付(変更・取り下げ等を含む)に関連して発生する損害等につき、何ら責任を負いません。信用格付は、原則として発
行体から対価を受領して実施したものです。なお、詳細につきhttp://www.r-i.co.jp/jpn/policy/policy.html をご覧下さい。
©Rating and Investment Information, Inc.
Fly UP