...

OTA その52 (ひまわり)

by user

on
Category: Documents
9

views

Report

Comments

Transcript

OTA その52 (ひまわり)
このコーナーは、区民大学“生涯学習リーダー養成講座”修了生が企画し取材した
「区民による区民のための」手作り記事です!
シリーズ
雪谷文化センター発⇒
かな
ジャズ体操 ひまわり ~人間の体に叶ったもの~
ジャズ体操は生理学的に考えられた、子どもか
年ごとで交代することになっています。役員の最
らシニアまで誰でも楽しめる体操です。お気に入
大の仕事は会場を確保することです。毎回 25 名
りの音楽に合わせてリズムをとり、スローテンポ
程度が集まりますが、初めからの会員は4名。平
の曲なら呼吸を大切にし、アップテンポの曲なら
均年齢は 60 歳代半ばで最高齢は 84 歳です。出
各自の気力と体力に合わせて運動レベルを選択
席率は毎回 90%以上だそうです。
して楽しむことができます。自分の身体の可能性
と、仲間とのコミュニケーションで、ジャズ体操
は更に魅力ある体操として発展していくと思い
ました。
★ジャズ体操「ひまわり」の生い立ち
今から 21 年前(1994 年)、雪谷文化センタ
ーのリニュ―アルにあたり、大田区から安井悦子
先生に「ジャズ体操全 10 回講座」の開催につい
て依頼がありました。
先生・会員のみなさん
その講座は募集人員を上回る大盛況でした。開
会員は思い思いのトレーニング姿、バスタオル
催中より受講者の間から、今後も続けていきたい
や薄いマットレスを持参して床に敷き、裸足にな
と自然発生的に声が上がりました。教えてもらう
ります。BGM のようなリラクゼーションの音楽
には安井先生以外には考えられないと決めて、名
に合わせてゆったりと始まります。
称も先生のイメージから“ひまわり”で創設。こ
(1) ストレッチ
のような指導者というと、いかにも腹筋が縦割り
① 正座で骨盤、関節を整えながら腹式呼吸。
になっている筋トレ女史を連想するかもしれま
② 開脚、膝を入れて筋力も使い、自らの各部位
せんが、実際は小柄な少女のようで皆さんと屈託
のない会話と振る舞いはひまわりそのものです。
を感じます。
③ 肩、背筋、足の指、腰のマッサージなどが主
先生は名古屋で福祉活動として 30 年前に健康
な順番ですが、全部で 12 項目あります。に
づくり講座に取り組んでいた方で、快く引き受け
こやかに終えることを心がけこれで 30 分経
てくれました。
過。水分補給で一息つきます。
④ 腰痛体操。声を出してカウントしながらの少
★積み重ねのレッスン
ひまわりの花は一年草なので、4 名の役員も1
しハードなストレッチで、腹筋の意識が大切。
汗をかいている会員もいました。
「家でこりかたまってしまった体の部分に気
特のリズム感でたかまります。先生が「○○さん。
付いたら、自ら少しでも手入れを続ける気持ちを
表情も良いし、体も柔らかいわ」と声をかけると、
持って下さい」と先生から声もかかります。
思わずこちらも微笑んでしまうような可愛い仕
(2) リズムを体感する
草。エンディングは全員が演技しながらも自由な
スローな曲にあわせて、吸ってはいてをくり返
す腹式呼吸をします。4 人組のフォーメーション
(隊形)を作り、呼吸を合わせて演技をします。
腕をゆっくりあげながら、歩幅はしっかり取りま
す。細かい動きを表現するよう、つま先の方に力
を入れながらでも息を整えます。体のバランスを
音に合わせてリズムに乗ってポーズで締めます。
無料体験や見学はいつでも受け付けていると
のことです。最近 80 歳代の方も入会され、皆さ
んと一緒のリズムで演技をされているそうです。
ポーズをとりながら退場します。先生の「ハイ、
笑顔、笑顔」の声で再び続けます。2回目は皆が
余裕ある笑みに溢れ、私たちは見ていているだけ
でジャズ体操の楽しさを感じました。
★続ける熱い思いは
ジャズ体操は「やる気、努力、感性です」と先
生はいいます。にわかにはできませんが、日頃か
ら意識を集中し、体が素直に反応できることです。
そのような「知的な体」を脳トレを通して目指し
てゆきます。レッスンの終わりに全員が手をつな
ぎ、しばしたたずみます。ゆっくりと今日の反省
と次回の目標や感謝の気持ちを聞き一体感を共
有します。
帰りのバス停で待っている間、一人の会員が
「先生、ジゴロの中のクロスステップはこうすれ
発表会へ向けて熱のこもった練習
ばいいんですか」と足を交錯しました。先生は一
言「自分の距離でやれば良いのです」と言いまし
★発表会に向けて
この秋の目標は二つの発表会です。
①10 月4日(日)
雪谷文化センターふれあいまつり 2015
②11 月7日(土) 体操フェスティバルかわさき
今年の作品名は“ジゴロ”。会員は日頃の生活
から解き放たれて躍動感に満ちたジャズ体操の
世界に浸ります。曲の始まりの「ハロー」の掛け
た。短いけれど何か全てが凝縮されているような
瞬間でした。
ジャズ体操 ひまわり
連絡先: 安増(アソ)節子
03-3726-1802
活動日: 毎週水曜日
午前 10 時~12 時
会 費: 2,500 円/月 入会金:1,000 円
活動場所:雪谷文化センター体育館
声から五つのグループを作り一気に曲のテンポ
に乗ります。激しくも複雑に絡みあいながら、独
編集 「つなごう OTA」編集委員会
《取材を終えて》
♪皆さまの笑顔と素足で運動する爽快さを体験させて頂き、驚いています。
(岩男 英子)
♪私は健康体操を大田区企画をきっかけとして始めて15年になります。ひまわりの会の皆様とは異
なり、大人と子供の動きですが、継続は力なりで楽しんでいます。
(萩本 外喜)
♪ジャズ体操という分野を越える様々な示唆を受けました。会員の皆さんと手を繋ぎ輪に入れて貰う
だけで、言いようのない一体感を味わいました。
(中村
彰)
Fly UP