...

東校だより

by user

on
Category: Documents
13

views

Report

Comments

Transcript

東校だより
東 校 だより
10 月号
平 成 26 年 9 月 30 日 発 行
〒220-0033
横浜市立東小学校
校長
小林
淳一
横浜市西区東ヶ丘 59
電話 045-231-4846
e-mail: [email protected]
「家族と子どもの心のふれあいの場 」
学校長
小林
淳一
学校 の正面 玄関 を通る と、 キン モクセ イの香 りが飛 び込 んでき まし た。 秋が
近づい てきて いま す。
給食 室 改修 工事 のため 、9 月と 10月 は、本 校はお 弁当 を実施 して いま す。
お弁当 昼食が 始ま ってか ら、 早1 ヶ月が 経ちま す。今 まで 、お弁 当が 食べ られ
なかっ た子ど もは 、一 人もい ませ ん。保護 者の皆 様の ご 努力 に感謝 いた しま す。
以前 より 昼 食時 になる と、 いつ も 各 教 室を回 っ
ていま す。そ して 食事中 なら では の子ど もたち の
幸せそ うな笑 顔や 会話を 見た り聞 いたり してい ま
す。9 月にな って からは 、お 弁当 の中身 も 拝見 さ
せても らっ て いま す。色 とり どり 、海苔 でハー ト
マーク を入れ たり 、顔の 形を かた どった り、 分 量
や好み 、 栄養 にも 配慮し て、 子ど もたち がおい し
く楽し く 食べ られ るよう 工夫 して 作って くださ っ
ている ことが 分か ります 。
いつも より 、 朝早 く起き て作 って くださ ってい
るご家 庭もあ ると 思いま す。 また 、国際 色豊か な学校 です ので、 お弁 当と いう
文化と なじみ が薄 いお国 のご 家庭 もある ように 聞いて いま す。 毎 日、 どん なも
のにし ようか 、悩 んでい るの では ないで しょう か。 ま た作 るのが 遅れ ても 、お
昼まで にはち ゃん と学校 に届 けて くれて います 。 その 大変 さ は、 言葉 にし なく
ても、 きっと 子ど も たち にも 伝わ るので はない かと思 いま す。
母 が 、父 が 、祖母 が、祖父 が、姉 が… 、子ども
の喜ぶ 顔、期待す る顔 を見る とが んば ら なくて は
と 思 う 気持ち … 。お弁 当を通 して 、子 ど ものこ と
を考え る。その時 間は 、家族 と子 ども の 心のふ れ
あいの 場とも いえ るので はな いで しょう か。ま た 、
先日6 年生が 家庭 科 の「 工夫 しよ う楽し い食事 」
を 、お 弁当 作り で 実習 してい まし た。こ れを毎 朝
作 っ て く れて い る 家族の 思い や気 持ち も 感じる
ことが でき た ので は ない でし ょう か。
最 近 、お弁 当に まつわ る話 で、 いい話 を聞
6年家庭科でのお弁 当作り
きまし たので 紹介 します 。
「エビフライ」
A さ ん は 中 学 1 年 生 の 元 気 な 女 の 子 。お 母 さ ん は 既 に 病 気 で 亡 く な っ て い て 、お 父
さ ん と の 二 人 暮 ら し で す 。お 父 さ ん は 、仕 事 の 時 間 が 不 規 則 で 、A さ ん は 近 く に 住 む
お 祖 母 ち ゃ ん の 家 に 泊 ま る こ と も 度 々 あ り ま し た 。家 で は 洗 濯 を A さ ん が 、掃 除 や 朝
食、たまの夕食を不器用なお父さんが、と家事を分担していました。
A さ ん は 順 調 に 中 学 校 生 活 を ス タ ー ト し ま し た が 、昼 食 の 時 間 が 嫌 い で し た 。小 学
校 は 給 食 で し た が 、中 学 校 で は お 弁 当 か 、校 内 で 販 売 す る パ ン を 買 っ て 食 べ る よ う に
な り ま す 。お 弁 当 は 遅 く 帰 っ て き て も 、お 父 さ ん が 作 っ て く れ る の で す が 、そ れ は お
世 辞 に も 華 や か と は 言 え ず 、質 素 で 見 映 え の し な い も の で し た 。A さ ん は そ ん な お 弁
当 を 友 達 に 見 ら れ る の が 恥 ず か し く て 、弁 当 箱 の ふ た で 隠 し て 少 し だ け 食 べ 、残 り は
捨てていました。
そんなある朝のこと。Aさんが起きると、お父さんが嬉しそうに、「今日は大好き
な エ ビ フ ラ イ 入 れ て お い た よ 」と 言 っ て き ま し た 。A さ ん は 生 返 事 で そ の ま ま 学 校 へ
行 き 、誰 も い な い と こ ろ で こ っ そ り 中 身 を 確 認 し ま し た 。確 か に エ ビ フ ラ イ が 5 本 も
入 っ て い ま し た が 、殻 の 剥 き 具 合 が ひ ど く て 衣 の 彩 り も 悪 く 、と て も 食 べ る 気 に は な
れ な く て 中 身 を 全 部 捨 て て し ま い ま し た 。憂 鬱 な 気 分 と 空 腹 で 家 に 帰 る と 、今 日 は 夕
方 か ら 仕 事 に 行 く お 父 さ ん が 、お 弁 当 の こ と を 聞 い て き ま し た 。A さ ん は 適 当 に 受 け
流 し て い ま し た が 、お 父 さ ん は 今 日 に 限 っ て 何 度 も し つ こ く 尋 ね て き ま す 。A さ ん は
そ の 時 と て も い ら い ら し て い て 、お 弁 当 に 対 す る 鬱 憤 も 溜 ま っ て い た の で 、「 う る さ
いな!あんな汚いお弁当捨てたよ。もう作 らなくていいから!」
と 、怒 鳴 っ て し ま い ま し た 。お 父 さ ん は は っ と し て 、そ し て 、と て も 悲 し そ う な 表 情
になって、黙って仕事に出かけて行きました。
次の日、お弁当の用意はなく、代わりにお金が置い
て あ り ま し た 。朝 食 後 、食 器 を 片 付 け に 流 し に 行 く と 、
昨日のエビフライの殻と血の付いた沢山のティッシュ
が目に入りました。Aさんは、大切なものを失ったよ
うな気持ちになりました。
夕方、Aさんは家に帰るのが気まずくて、お祖母ち
ゃんの家で夕食を食べました。食後お祖母ちゃんが昨
日のエビフライはどうだったか尋ねました。Aさんが
何 故 中 身 を 知 っ て い る の か を 聞 く と 、お 祖 母 ち ゃ ん は 、
「昨日の朝4時頃だったかね。お父さんが私に電話
を か け て き て 、エ ビ フ ラ イ の 作 り 方 を 聞 い て き た の さ 。
料 理 は 得 意 じ ゃ な い ん だ か ら 別 な も の に し た ら と 言 っ た ん だ け ど ね ・・・。 昨 日 は あ
な た の お 母 さ ん の 誕 生 日 だ っ た で し ょ 。そ れ で お 父 さ ん は 、 あ な た が 大 好 き で 、お 母
さ ん の 得 意 だ っ た エ ビ フ ラ イ を 作 っ た の さ 。『 殻 が う ま く 剥 け な く て 不 細 工 に な っ た
け ど 、喜 ん で く れ る か な あ … 』 っ て 心 配 し て い た よ 」と 言 い ま し た 。A さ ん の 目 に は
涙が一杯あふれてきました。
次 の 朝 、お 父 さ ん は 遅 い 出 勤 で ま だ 寝 て い ま す 。A さ ん は 早 起 き し て 二 つ の お 弁 当
を 作 り ま し た 。 も ち ろ ん お か ず は エ ビ フ ラ イ 。上 手 に は 作 れ ま せ ん が 、殻 剥 き で 手 に
血 が 滲 ん で も 、何 と か 一 人 で 本 を 見 て 作 り ま し た 。テ ー ブ ル に お 父 さ ん の 分 を 置 い た
A さ ん は「 ひ ど い こ と を 言 っ て ご め ん な さ い 。こ れ か ら も 、お 父 さ ん の お 弁 当 食 べ た
い」と書いた手紙を添えました。昨夜買った切り傷用の小さな塗り薬と一緒に。
10 月18 日( 土 )は 「運 動会 」で す 。子ど もたち も張 り切っ て練 習を 重ね
ていま す。 ま た、 地域の 皆様 には 、いろ いろと お世話 にな ると思 いま す。 ご支
援 と ご 協力の 程、 どうぞ よろ しく お願い いたし ます。
臨時的任用事務職員
Part5
か わはら
河原
だ いすけ
大介
Fly UP