...

富山プロボノフォーラム 2011

by user

on
Category: Documents
7

views

Report

Comments

Transcript

富山プロボノフォーラム 2011
富山プロボノフォーラム 2011
主催:富山プロボノカフェ http://www.facebook.com/toyama.probono
2011 年6月 26 日(日) 富山国際会議場 多目的会議室 203・204 にて
14:00 から 20:00 まで(13:30 開場・17:30 中締め以降交流会)
総合司会:長谷川 泰彦
● 基調講演「富山におけるプロボノ活動の可能性」
(14:00 頃から)
◇ 成川 友仁(なりかわ ともひと)
中小企業診断士・社会福祉士
有限会社ジエノロジ研究所 代表
富山プロボノカフェ 代表世話人
※執筆およびメディア紹介実績は以下のとおり。
企業診断ニュース 2010 年1月号掲載:中小企業診断士の公益活動
~子どもの権利条約フォーラム 2009 の実行委員として~
富山テレビ 2010 年5月 26 日放送:
「プロボノ」で貢献 新しいボランティアの形
富山新聞 2010 年 12 月 12 日:専門知識で地域貢献
県内のデザイナー、経営者、診断士ら プロボノ交流組織が発足
● デザイン・トーク
(14:40 頃から)
◇ 由宇(ゆう)
デザイナー&イラストレーター
※主な作品例は、富山プロボノフォーラム 2011・ポスター、と
やま 311 ネット・ロゴマーク、朔日和菓子「朔(さく)」
、とや
ま cocolo 会、いちごおじさん、ハグカードなど。
● 事例報告
(14:50 頃から)
◇ 林原 洋二郎(はやしばら ようじろう)
星槎国際高等学校 富山学習センター 副センター長
※新潟大学卒業。アメリカンフットボール、ボディビルディング、空手道などのスポ
ーツに通じ、ブログでは「筋肉先生」の愛称で親しまれる。妻は編集者の林原りか氏。
富山プロボノカフェ例会への参加がきっかけとなって、プロボノ活動「植彩セラピ
ー(自分彩発見プロジェクト)
」の受け入れに至る。
◇ 平井 聡(ひらい さとる)
エースパック 代表
山王市ありがとうプロジェクト・プロジェクトリーダー
※富山プロボノカフェ例会への参加がきっかけとなって、食品容器の卸売業を経営す
る自身の強み(情報集約・提供機能)を生かす地域活性化プロジェクトを立ち上げた。
● 休憩
(15:20 頃から 10 分程度)
● ハーフタイム & 植彩セラピー実演
(15:30 頃から 30 分程度)
◇ 石黒 亨(いしくろ とおる)
植彩屋うえる 代表
植彩セラピスト
※富山プロボノカフェ例会への参加がきっかけとなって、
プロボノ活動「植彩セラピー(自分彩発見プロジェクト)」
「お花で遊ぼう」で注目を集める。
◇ 展示(プロボノに関わる各種の団体)
● パネルディスカッション
(16:00 頃から)
《コーディネーター》
◇ 中北 久美子(なかきた くみこ)
フリーライター
※富山プロボノカフェ例会への参加がきっかけとなって、フォーラムのかなめパネル
ディスカッションのコーディネートに関わる。
《パネリスト》
◇ 久保 大憲(くぼ ひろのり)
株式会社立志コーポレーション 代表取締役
NPO 法人日本ボランティア活動推進機構 理事
とやま起業未来塾 学士会 会長
とやま 311 ネット 代表
※名古屋工業大学卒業後、金沢市の建設コンサルタント会社を経て、経営コンサルタ
ントとして独立。富山プロボノフォーラム 2010 のパネリスト。
◇ 向 早苗(むかい さなえ)
はちどり Bank@とやま設立準備会 代表
※各種の地域活動に関わるうちに、地域の NPO や小規模事業
者に“顔の見える融資”をおこなう NPO バンクの設立に思い
至った(銀行業務経験あり)
。法務・財務や金融の専門知識を
有するプロボノ人材の活用が目下の課題となっている。
◇ 山科 森(やましな しげる)
ヤマシナ印刷株式会社 専務取締役
※企画立案者が主体性をもって関わるマイ・プロジェクトの
旗振り役として、各種の地域活性化プロジェクトに参画する。
● 交流会
(会場の模様替えと準備に少々お時間をいただきます)
司会進行:成川 正幸
(17:30 頃から)
Fly UP