...

SAS による統計処理 本演習では,SAS メニューよりエクセルデータを

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

SAS による統計処理 本演習では,SAS メニューよりエクセルデータを
SAS による統計処理
本演習では,SAS メニューよりエクセルデータを直接読み込んでデータセットを作
成する。したがって,以下には SAS データセット生成のための data ステップは省略し,
データ解析のための proc ステップの例のみを記載している。
SAS メニューからの EXCEL データの読み込み
ファイル>データのインポート>ファイル名を指定>SAS データセット名を指定(例え
ば,メンバー:test)>SAS ステートメントの作成(例えば,test.sas)>完了
この操作は,以下の proc(procedure,プロシージャ)で実行できる。
PROC IMPORT OUT= WORK.test
DATAFILE= "E:¥Data¥CLASS¥保健情報科学¥教材¥test.xls"
DBMS=EXCEL2000 REPLACE;
RANGE="Sheet1$";
GETNAMES=YES;
RUN;
1
読み込んだデータの表示
proc print;
run;
基本統計量(平均・標準偏差)の算出
proc means;
run;
2
ヒストグラムの確認
proc gchart;
hbar _col1 -- _col6;
run;
3
相関係数の算出
proc corr;
var _col1 -- _col6;
run;
スピアマンの順位相関係数を求めるときは,
proc corr spearman;
とする。
4
重回帰分析
proc reg ;
model _col1=_col2 -- _col6 /STB;
run;
この場合,model ステートメントのオプションに STB を加えないと,標準化回帰係数を
プリントしない。
独立した 2 群間で,平均値の差の検定(t検定)
proc ttest;
class location;
var _col1 -- _col6;
run;
class ステートメントにはグループ化変数を指定する。この場合,location(地域)を指
定している。
等分散の検定の結果が示されるので,データに対して適切な仮定を判断する必要が
ある。この場合は,_col2(母親の初婚年齢)以外は,分散が等しいという仮定下であ
るので,Pooled の t 値を採用する。
5
参考文献
事例と SAS で学ぶデータ解析. 田崎武信監訳. アーム
PCSAS による基礎統計学入門. 新城明久. 東海大学出版会
SAS によるデータ解析入門. 市川伸一・大橋靖雄. 東京大学出版会
SAS による回帰分析. 芳賀敏郎ほか. 東京大学出版会
SAS による実験データの解析. 高橋行雄ほか. 東京大学出版会
SAS による多変量データの解析. 前川真一. 東京大学出版会
SAS プロシジャリファレンス バージョン8 (SAS/STAT ソフトウェア) SAS
SAS/STAT ユーザーズガイド SAS
参考ホームページ
http://peter.rd.dnc.ac.jp/ice/kougi/sas/waseda06a/
http://www.ipc.hokusei.ac.jp/~z00105/_kamoku/sas/sasman_.html
http://www.ipc.hokusei.ac.jp/~z00105/_kamoku/sas/sas_tec.html
6
Fly UP