...

ビッグデータが導く「知識から行動へ」 実証プロジェクトのご紹介

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

ビッグデータが導く「知識から行動へ」 実証プロジェクトのご紹介
ビッグデータが導く「知識から行動へ」
実証プロジェクトのご紹介
2013年2月15日
先端IT活用推進コンソーシアム
(AITC)
東日本大震災により犠牲になられた方々に心からの哀悼を、
被災された方々に心からのお見舞いを申し上げます。
一日も早い生活再建、復興をお祈りいたします。
AITCセッション テーマ@ITフォーラム
2010年: サスティナブル社会を実現するIT
「気象庁防災情報XMLを使った実証実験
~災害から住民一人ひとりの命を守るために~」
2011年:サイバー・フィジカル・システム
「コンテキストがオープン・ガバメントを具現化する
~防災情報の個人化に関する研究事例~」
2012年:CIOは決断する
「先端ITの技術者育成と活用推進を目指して
~AITCにおけるビジネスAR&クラウド技術の活動ご紹介~」
2013年:ビッグデータの潮流を探る
「ビッグデータが導く「知識から行動へ」
~実証プロジェクトのご紹介」
Copyright © 2012 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
本日のアジェンダ
9:30~ オープニング / AITC概要紹介
田原春美(AITC 副会長/ドリームIT21)
9:40~ 講演-1 「Project LAの概要紹介」
牧野友紀 (AITC コンテキスト・コンピューティング研究部会リーダー
/日本ユニシス)
10:15~ 講演-2 「バックエンドの技術解説」
荒本道隆 (AITC クラウド・テクノロジー研究部会リーダー
/アドソル日進)
10:45~ 講演-3 「Project LAプロトタイプご紹介」
高岡大介 (AITC コンテキスト・コンピューティング研究部会
/産業技術総合研究所)
11:15~ 講演-4 「Project LAにかける夢 」
松山憲和(AITC ユーザーエクスペリエンス技術部会リーダー
/PFUソフトウエア)
11:45~ Q&A
Copyright © 2012 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
先端IT活用推進コンソーシアム
(AITC)
概 要 紹 介
AITC副会長
田原 春美
(ドリームIT21)
先端IT活用推進コンソーシアム
Advanced IT Consortium
to Evaluate, Apply and Drive
Java
コンソーシアム
XML部会
Windows
コンソーシアム
日本経営協会
XMLフェスタ
2000/07 設立宣言
2001/06~2010/03実活動
2010/03~2010/09
Copyright © 2012 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
2010/09/08設立
5
5
AITCの概要 ①
企業における先端ITの活用および
先端ITエキスパート技術者の育成を目的とし、
もって、社会に貢献することを目指す非営利団体
設 立 : 2010年9月8日 (会期: ~2016年8月31日)
会 長 : 鶴保 征城 (IPA顧問、HAL校長)
会 員 : 法人会員&個人事業主、個人会員、学術会員
特別会員 (産業技術総合研究所、気象庁、
消防研究センター、防災科学技術研究所)
顧 問 : 稲見 昌彦 (慶応義塾大学大学院 教授)
萩野 達也 (慶応義塾大学 教授)
橋田 浩一 (産業技術総合研究所 社会知能研究グループ長)
丸山 不二夫(早稲田大学大学院 客員教授)
山本 修一郎(名古屋大学大学院 教授)
三淵 啓自 (デジタルハリウッド大学大学院 教授)
川田 十夢 (AR三兄弟 長男)
Copyright © 2012 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
活動の形態
セミナー・
シンポジウム
勉強会
最新情報を入手する場
内外著名人による講演、交流の場
特定の先端IT 試用の場
スキル取得、ノウハル共有の場
部
会
調査・研究、試用評価、可能性のアセス
知見の共有、報告書の作成
実証検証の場
プロジェクト
発表会
部会間/外部団体との連携で研究
実証実験シナリオ作成→システム設計→実装
報告書/提言書の作成
成果発表の場
年2回(中間発表&成果発表)
会員間の情報、知見の共有促進
Copyright © 2012 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
■部会の位置付け
モノネットデバイス・アプリコト
real
ユーザーエクスペリエンス
技術
人
ビジネスAR
ソーシャル
コンテキスト
virtual
コンテキスト コンピューティング
メタ クラウド ・テクノロジー
データ
Copyright © 2012 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
8
協働プロジェクトについて
■協働プロジェクトの目的
1)一つのテーマのもとに、部会が集結・連携し、プロトタイプを構築することで、
先端ITの有用性を検証、評価する。
2)会員に先端ITに関するスキルやノウハウ習得の場を提供する。
3)構築後のプロトタイプを一般公開し、試用してもらうことで、先端ITの有用性を
世に広く訴求し、利活用推進の一助とする。
■協働プロジェクトのテーマ&名称
テーマ:「知識から行動へ(Leads to Action) 」
「単に頭に入っている情報や知識に価値がある」状態から、 「情報や知識を
活用して行動し、日常生活に活かすことに真の価値がある」との考えに基づき、
収集した情報を知識化し、行動を促す・行動を引き起こす仕組み作り
名称 :プロジェクト名称 Project LA、 システム名称 System LA
■期間 :2011年度(2011年9月)~2013年度(2014年8月)
一般公開:2013年7月(予定)、最終報告:2014年8月(予定)
Copyright © 2012 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
9
各部会の関わる領域
自分への影響が
分かる情報
(個人化した情報)
Project LAシステム
自分が
属す
社会の
動き
魚の目
•ネットデバイス
アプリケーション部会
•ユーザー
エクスペリエンス
技術部会
自分が
属す
社会の
全体像
一般的な情報
(Big Data)
ソーシャル
メディア
+投稿者の背景
+参照者の
アノテーション
•コンテキスト・
•クラウド・テクノロジー
報道機関
コンテキスト付き
鳥の目
コンピューティング
ニュース
研究部会
の情報
研究部会
+メタ・データ
自分に
•ビジネスAR研究部会
関連する
個別の
情報
虫の目
Copyright © 2012 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
公共情報
10
Project LA スケジュール構想
4月
2011年12月 2012年1月
協働Pj.
合宿
部会での検討/
8月
プレスリリース 構造検討
他団体とのContact 概要説明
@Day
詳細説明
@Week
モック
アップ
作成
技術検討
10月
α1
披露
@総会
α1
2013年2月
3月
外部講演
@ITフォーラム
AITC会員向け
説明会
5月
ソーシャル防災訓練
参加/実施予定
7月
一般公開説明会
クローズド・ベータ・テスト オープン・ベータ・テスト
α2候補案
α2
β1
β2
<α2+AR+UX>
2014年8月
一般公開以降<暫定案>
一般公開を踏まえて評価・手直し
Version Up?
システム報告書作成
Copyright © 2012 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
最終報告書
11
Fly UP