...

Veritas Cluster Server 管理者ガイド Linux 5.1

by user

on
Category: Documents
10

views

Report

Comments

Transcript

Veritas Cluster Server 管理者ガイド Linux 5.1
Veritas™ Cluster Server
管理者ガ イ ド
Linux
5.1
ii
Veritas Cluster Server 管理者ガ イ ド
こ のマニ ュ アルで説明す る ソ フ ト ウ ェ アは、 使用許諾契約に基づいて提供 さ れ、
その内容に同意す る 場合にのみ使用す る こ と がで き ます。
Product version:5.1
Document version:5.1.0
法定通知 と 登録商標
Copyright © 2009 Symantec Corporation.All rights reserved.
Symantec、 Symantec ロ ゴ、 Veritas、 Veritas Storage Foundation は、
Symantec Corporation ま たは同社の米国お よ びその他の国におけ る 関連会社の
商標ま たは登録商標です。 その他の会社名、 製品名は各社の登録商標ま たは商標
です。
本書に記載す る 製品は、 使用、 コ ピー、 頒布、 逆 コ ンパ イ ルお よ び リ バース ・ エ
ン ジニ ア リ ン グ を制限す る ラ イ セン ス に基づいて頒布 さ れてい ます。 Symantec
Corporation か ら の書面に よ る 許可な く 本書を複製す る こ と はで き ません。
Symantec Corporation が提供す る 技術文書は Symantec Corporation の著作物
であ り 、 Symantec Corporation が保有す る も のです。 保証の免責 : 技術文書は
現状有姿で提供 さ れ、 Symantec Corporation はその正確性や使用について何 ら
保証いた し ません。 技術文書ま たは こ れに記載 さ れ る 情報はお客様の責任にて ご
使用 く だ さ い。 本書には、 技術的な誤 り やその他不正確な点を含んでい る 可能性
があ り ます。 Symantec は事前の通知な く 本書を変更す る 権利を留保 し ます。
ラ イ セ ン ス対象 ソ フ ト ウ ェ アお よ び資料は、 FAR 12.212 の規定に よ っ て商業用
コ ン ピ ュ ー タ ソ フ ト ウ ェ ア と みな さ れ、 場合に応 じ て、 FAR 52.227-19
「Commercial Computer Licensed Software - Restricted Rights」、 DFARS
227.7202 「Rights in Commercial Computer Licensed Software or Commercial
Computer Licensed Software Documentation」、 その後継規制の規定に よ り 制限
さ れた権利の対象 と な り ます。 米国政府に よ る ラ イ セン ス対象 ソ フ ト ウ ェ アお よ
び資料の使用、 修正、 複製の リ リ ース、 実演、 表示ま たは開示は、 本使用許諾契
約の条項に従っ てのみ行われ る も の と し ます。
Symantec Corporation
350 Ellis Street
Mountain View, CA 94043
http://www.symantec.com
弊社製品に関 し て、 当資料で明示的に禁止、 あ る いは否定 さ れていない利用形態
お よ びシ ス テ ム構成な ど について、 こ れを包括的かつ暗黙的に保証す る も のでは
あ り ません。 ま た、 弊社製品が稼動す る シ ス テ ムの整合性や処理性能に関 し て
も 、 こ れを暗黙的に保証す る も のではあ り ません。 こ れ ら の保証がない状況で、
弊社製品の導入、 稼動、 展開 し た結果 と し て直接的、 あ る いは間接的に発生 し た
損害等について こ れが補償 さ れ る こ と はあ り ません。 製品の導入、 稼動、 展開に
あ た っ ては、 お客様の利用目的に合致す る こ と を事前に十分に検証お よ び確認い
ただ く 前提で、 計画お よ び準備をお願い し ます。
iii
テ ク ニ カルサポー ト
ご購入先にお問い合わせ く だ さ い。
iv
目次
第I部
ク ラ ス タ 化の概念 と 用語
第1章
Veritas Cluster Server について
VCS ク ラ ス タ と は .................................................................................................. 4
アプ リ ケーシ ョ ンの ク ラ ス タ 化の可否 ............................................................... 6
VCS の物理 コ ン ポーネ ン ト .................................................................................. 9
VCS の論理 コ ン ポーネ ン ト ................................................................................10
各要素の組み合わせ .............................................................................................23
第2章
ク ラ ス タ ト ポロ ジーについて
基本的な フ ェ ールオーバー構成 .........................................................................26
高度な フ ェ ールオーバー構成 .............................................................................30
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジー と ス ト レージ構成 .............................................................33
第3章
VCS 設定の概念
VCS 設定について ................................................................................................40
VCS 設定言語について ........................................................................................40
main.cf フ ァ イ ルについて ..................................................................................41
types.cf フ ァ イ ル ..................................................................................................43
VCS の属性について ............................................................................................45
VCS キー ワー ド と 予約語について .....................................................................49
VCS 環境変数 ........................................................................................................50
第 II 部
管理 - VCS の利用法
第4章
VCS ユーザー権限モデルについて
VCS ユーザー権限 と ユーザー ロ ールについて .................................................58
管理者がユーザーに ロ ールを割 り 当て る 方法 .................................................61
セキ ュ アモー ド で動作 し てい る ク ラ ス タ での OS ユーザーグループの
ユーザー権限 .................................................................................................62
複数の ロ ールを持つユーザーの VCS 権限について ........................................63
vi 目次
第5章
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) によ る ク ラ ス タ の
管理
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) について .............................................. 66
は じ めに ................................................................................................................ 67
Java コ ン ソ ールの コ ンポーネ ン ト の確認 ........................................................ 70
Cluster Monitor について ................................................................................... 72
Cluster Explorer について .................................................................................. 78
Java コ ン ソ ールの追加機能の使い方 ................................................................ 90
Cluster Monitor の管理 ....................................................................................... 98
ユーザープ ロ フ ァ イ ルの管理 ........................................................................... 103
サービ ス グループの管理 ................................................................................... 108
リ ソ ース の管理 ..................................................................................................129
シ ス テ ムの管理 ..................................................................................................149
ク ラ ス タ の管理 ..................................................................................................151
コ マ ン ド の実行 ..................................................................................................153
属性の編集 .......................................................................................................... 153
ク ラ ス タ 設定の ク エ リ ー ................................................................................... 155
Notifier ウ ィ ザー ド を使っ た VCS イ ベン ト 通知の設定 ............................... 156
ロ グの管理 .......................................................................................................... 159
VCS Simulator の管理 ....................................................................................... 163
第6章
コ マ ン ド ラ イ ンに よ る ク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド ラ イ ンでの VCS の管理について ...................................................... 166
VCS ラ イ セン ス の イ ン ス ト ール ...................................................................... 171
LLT の管理 .......................................................................................................... 173
VCS の起動 .......................................................................................................... 177
VCS の停止 .......................................................................................................... 179
VCS への ロ グ イ ン .............................................................................................. 182
VCS 設定フ ァ イ ルの管理 .................................................................................. 184
コ マ ン ド ラ イ ンに よ る VCS ユーザーの管理 .................................................. 194
VCS の ク エ リ ー ..................................................................................................197
サービ ス グループの管理 ................................................................................... 204
エージ ェ ン ト の管理 ........................................................................................... 211
リ ソ ース の管理 ..................................................................................................211
シ ス テ ムの管理 ..................................................................................................218
ク ラ ス タ の管理 ..................................................................................................220
セキ ュ リ テ ィ サービ ス の有効化 と 無効化 ....................................................... 225
リ ソ ース タ イ プの管理 ....................................................................................... 228
ス ク リ プ ト での -wait オプシ ョ ンの使用 ........................................................ 230
HA フ ァ イ ア ド リ ルの実行 ................................................................................ 231
コ マ ン ド ラ イ ンに よ る シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ の管理 ................................... 232
目次
第7章
VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
リ ソ ース と アプ リ ケーシ ョ ンの設定について ...............................................234
VCS 付属エージ ェ ン ト について .......................................................................235
RemoteGroup エージ ェ ン ト の設定 .................................................................238
NFS サービ ス グループの設定 ...........................................................................242
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト エージ ェ ン ト の設定 .......................................251
HA フ ァ イ ア ド リ ルを使 う リ ソ ース フ ェ ールオーバーのテ ス ト .................251
第8章
VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
VCS Simulator について ...................................................................................254
Simulator ポー ト ................................................................................................254
Java コ ン ソ ールでの VCS Simulator の管理 ..................................................255
コ マ ン ド ラ イ ンでの VCS Simulator の管理 ...................................................263
第 III 部
VCS 通信 と 操作
第9章
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護に
ついて
ク ラ ス タ 通信について .......................................................................................272
ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プの追加 .......................................................................276
メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ンについて ...............................................279
デー タ 保護について ...........................................................................................299
I/O フ ェ ン シ ン グ を使 う VCS 操作の例 ...........................................................301
I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない、 ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プ と
デー タ 保護について ...................................................................................309
I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない VCS 動作の例 ...................................................310
ク ラ ス タ 通信におけ る ベス ト プ ラ ク テ ィ ス の概略 .......................................317
第 10 章
I/O フ ェ ン シ ングの管理
I/O フ ェ ン シ ン グの管理について ....................................................................320
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ について ............................................................321
vxfenadm ユーテ ィ リ テ ィ について ................................................................329
vxfenclearpre ユーテ ィ リ テ ィ について .........................................................334
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について ...............................................................336
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理 ...............................................346
vii
viii 目次
第 11 章
VCS の動作の制御
リ ソ ース障害時の VCS の動作について ..........................................................360
サービ ス グループ レベルでの VCS 動作の制御 .............................................. 363
リ ソ ース レベルでの VCS 動作の制御 ............................................................. 373
エージ ェ ン ト フ ァ イ ルパ ス と バ イ ナ リ の変更 ............................................... 384
ス ト レージ接続消失時の VCS 動作 ................................................................. 385
サービ ス グループ ワ ー ク ロ ー ド 管理 ............................................................... 388
ワ ー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例 ................................................................... 391
第 12 章
サービ スグループの依存関係のロール
サービ ス グループの依存関係について ...........................................................408
サービ ス グループの依存関係の設定 ............................................................... 412
グループの依存関係の FAQ ..............................................................................421
サービ ス グループの リ ン ク 設定 ....................................................................... 422
サービ ス グループの依存関係を持つ VCS の動作 .......................................... 423
第 IV 部
管理 - 高度な操作
第 13 章
VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベン ト 通知について ..............................................................................428
VCS イ ベン ト 通知の コ ン ポーネ ン ト .............................................................. 431
VCS イ ベン ト と ト ラ ッ プ .................................................................................. 433
全体的な イ ベン ト の監視 ................................................................................... 441
補完 イ ベン ト の検出 ........................................................................................... 442
通知の設定 .......................................................................................................... 442
第 14 章
VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
VCS イ ベン ト ト リ ガについて .......................................................................... 444
イ ベン ト ト リ ガの使用 ....................................................................................... 444
イ ベン ト ト リ ガの一覧 ....................................................................................... 445
目次
第V部
デ ィ ザス タ リ カバ リ 用の ク ラ ス タ 設定
第 15 章
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ローバルク ラ ス タ の作成
VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ の動作 .......................................................................462
VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ : 構成単位 ................................................................463
グ ロ ーバル ク ラ ス タ の前提条件 .......................................................................471
グ ロ ーバル ク ラ ス タ の設定について ...............................................................474
グ ロ ーバル ク ラ ス タ の設定 ...............................................................................476
ク ラ ス タ の障害発生時 .......................................................................................490
フ ァ イ ア ド リ ルの設定 .......................................................................................492
グ ロ ーバル環境での RemoteGroup エージ ェ ン ト を使用 し た
多層型アプ リ ケーシ ョ ンのサポー ト .......................................................500
多層型環境に関す る シナ リ オ ...........................................................................502
第 16 章
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) によ る
グ ローバル ク ラ ス タ の管理
グ ロ ーバル ク ラ ス タ について ...........................................................................508
リ モー ト ク ラ ス タ の追加 ...................................................................................509
リ モー ト ク ラ ス タ の削除 ...................................................................................513
グ ロ ーバルサービ ス グループの管理 ...............................................................516
グ ロ ーバルハー ト ビー ト の管理 .......................................................................521
第 17 章
コ マ ン ド ラ イ ンに よ るグ ローバルク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド ラ イ ンに よ る グ ロ ーバル ク ラ ス タ の管理について .......................526
グ ロ ーバル ク エ リ ー ...........................................................................................526
グ ロ ーバルサービ ス グループの管理 ...............................................................531
リ ソ ース の管理 ...................................................................................................533
グ ロ ーバル ク ラ ス タ での ク ラ ス タ の管理 .......................................................533
ハー ト ビー ト の管理 ...........................................................................................536
第 18 章
Replicated Data Cluster の設定
Replicated Data Cluster について ....................................................................538
VCS Replicated Data Cluster の動作 ...............................................................539
Replicated Data Cluster 構成の設定 ................................................................540
サービ ス グループの移行 ...................................................................................543
フ ァ イ ア ド リ ルの設定 .......................................................................................545
ix
x 目次
第 19 章
キ ャ ンパス ク ラ ス タ の設定
キ ャ ンパ ス ク ラ ス タ の設定について ............................................................... 548
VCS キ ャ ンパ ス ク ラ ス タ の要件 ...................................................................... 548
VCS キ ャ ンパ ス ク ラ ス タ の一般的な設定 ...................................................... 549
VCS キ ャ ンパ ス ク ラ ス タ の動作 ...................................................................... 551
キ ャ ンパ ス ク ラ ス タ の設定 ...............................................................................557
キ ャ ンパ ス ク ラ ス タ での フ ァ イ ア ド リ ルについて .......................................560
DiskGroupSnap エージ ェ ン ト について .........................................................560
キ ャ ンパ ス ク ラ ス タ での フ ァ イ ア ド リ ルの実行 ........................................... 561
第 VI 部
ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ングおよび処理速度
第 20 章
処理速度に関する注意事項
ク ラ ス タ コ ン ポーネ ン ト の処理速度に対す る 影響 .......................................566
ク ラ ス タ 操作の処理速度に対す る 影響 ...........................................................570
ス ケ ジ ュ ール ク ラ ス と 優先度の設定 ............................................................... 579
CPU の使用状況の監視 ...................................................................................... 581
VCS エージ ェ ン ト の統計機能 .......................................................................... 582
チ ュ ーニ ン グパ ラ メ ー タ VXFEN について .................................................... 585
第 21 章
VCS の ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ングお よび リ カバ リ
ロ グの記録 .......................................................................................................... 588
VCS エン ジ ンの ト ラ ブルシ ューテ ィ ン グ ...................................................... 591
LLT の ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ....................................................................... 593
GAB の ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ...................................................................... 596
VCS の起動に関す る ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ............................................... 597
サービ ス グループに関す る ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ................................... 598
リ ソ ース に関す る ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ................................................... 601
I/O フ ェ ン シ ン グの ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ................................................ 603
通知に関す る ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ...........................................................618
VCS 設定のバ ッ ク ア ッ プ と リ ス ト アに関す る ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ... 619
グ ロ ーバル ク ラ ス タ の ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ と リ カバ リ ....................... 620
ラ イ セ ン ス に関す る ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ............................................... 624
目次
第 VII 部
付録
付録 A
VCS のユーザー権限 - 管理 コ マ ン ド マ ト リ ッ ク ス
管理 コ マ ン ド マ ト リ ッ ク ス について ...............................................................630
管理 コ マ ン ド マ ト リ ッ ク ス ...............................................................................630
付録 B
VCS コ マ ン ド : ク イ ッ ク リ フ ァ レ ン ス
VCS コ マン ド の ク イ ッ ク リ フ ァ レ ン ス について ...........................................638
VCS コ マン ド ラ イ ン リ フ ァ レ ン ス ...................................................................638
付録 C
ク ラ ス タ と シ ス テムの状態
リ モー ト ク ラ ス タ の状態 ...................................................................................642
シ ス テ ムの状態 ...................................................................................................644
付録 D
VCS の属性
各属性 と その定義について ...............................................................................648
リ ソ ース属性 .......................................................................................................648
リ ソ ース タ イ プ属性 ...........................................................................................654
サービ ス グループ属性 .......................................................................................667
シ ス テ ムの属性 ...................................................................................................684
ク ラ ス タ 属性 .......................................................................................................692
Heartbeat 属性 (グ ローバル ク ラ ス タ用) ......................................................701
付録 E
VCS のア ク セ シ ビ リ テ ィ
VCS でのア ク セシ ビ リ テ ィ について ...............................................................704
ナビ ゲーシ ョ ン と キーボー ド のシ ョ ー ト カ ッ ト ...........................................704
ユーザー補助設定のサポー ト ...........................................................................705
補助技術のサポー ト ...........................................................................................705
用語集
707
索引
711
xi
xii 目次
I
ク ラ ス タ 化の概念 と 用語
■
3 ページの第 1 章 「Veritas Cluster Server について」
■
25 ページの第 2 章 「 ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて」
■
39 ページの第 3 章 「VCS 設定の概念」
2
1
Veritas Cluster Server に
ついて
■
VCS ク ラ ス タ と は
■
アプ リ ケーシ ョ ンの ク ラ ス タ 化の可否
■
VCS の物理 コ ン ポーネ ン ト
■
VCS の論理 コ ン ポーネ ン ト
■
各要素の組み合わせ
4 Veritas Cluster Server につい て
VCS ク ラ ス タ と は
VCS ク ラ ス タ と は
シマ ン テ ッ ク 社の Veritas Cluster Server (VCS) は、 管理フ レーム ワ ー ク に よ っ
て、 複数の独立 し た シ ス テ ム を接続 し 、 シ ス テ ム全体の可用性を向上 さ せます。
各シ ス テ ム ま たは ノ ー ド は、 それぞれ個別にオペレーテ ィ ン グ シ ス テ ム を実行 し
て、 ソ フ ト ウ ェ ア レベルで連携 し て ク ラ ス タ を形成 し ます。 VCS では、 市販の
ハー ド ウ ェ ア を イ ン テ リ ジ ェ ン ト ソ フ ト ウ ェ アに リ ン ク す る こ と で、 アプ リ ケー
シ ョ ンの フ ェ ールオーバーお よ び制御を実現 し ます。 ノ ー ド ま たは監視下にあ る
アプ リ ケーシ ョ ンで障害が発生す る と 、 別の ノ ー ド があ ら か じ め定義 さ れた ア ク
シ ョ ン を実行 し 、 ク ラ ス タ 内のサービ ス を テ イ ク オーバー し て稼動 さ せ る こ と が
で き ます。
VCS の障害検出の方法
VCS は、 アプ リ ケーシ ョ ン全体の状態を監視す る 特定の コ マン ド 、 テ ス ト ま た
は ス ク リ プ ト を実行す る こ と に よ り 、 アプ リ ケーシ ョ ンの障害を検出 し ます。 ま
た、 フ ァ イ ルシ ス テ ムやネ ッ ト ワ ー ク イ ン タ ーフ ェ ース な ど、 アプ リ ケーシ ョ ン
を サポー ト す る 基本 リ ソ ース の状態 も 判断 し ます。
VCS では冗長ネ ッ ト ワー ク ハー ト ビー ト を使っ て、 シ ス テ ムのエ ラ ーが起 き た
状態なのか、 シ ス テ ム間通信の不通状態なのかを判別 し ます。 ま た、 VCS では、
メ ンバーシ ッ プ調整 と デー タ 保護を使っ て ノ ー ド と フ ェ ン シ ン グの障害を検出 し
ます。
18 ページの 「 ク ラ ス タ 制御、 通信お よ び メ ンバーシ ッ プについて」 を参照 し て
く だ さ い。
Veritas Cluster Server について
VCS ク ラ ス タ と は
VCS に よ る ア プ リ ケーシ ョ ンの可用性実現の し く み
VCS は、 アプ リ ケーシ ョ ン ま たは ノ ー ド の障害を検出 し た と き に、 アプ リ ケー
シ ョ ンサービ ス を ク ラ ス タ 内の別の ノ ー ド で稼働 さ せます。 VCS では IP ア ド レ
ス と シ ス テ ム名が仮想化 さ れてい ます。 そのため、 ク ラ イ ア ン ト シ ス テ ムは、 絶
え間な く アプ リ ケーシ ョ ンにア ク セ ス し 、 ど のサーバーを使っ てい る かは認識 し
ません。
IP ア ド レ ス
ア プ リ ケーシ ョ ン
ス ト レージ
ス ト レ ージ
た と えば、 db-server1 と db-server2 で構成 さ れた 2 ノ ー ド の ク ラ ス タ で、 仮想
ア ド レ ス を db-server と 名付けた と し ます。 ク ラ イ ア ン ト は、 db-server にア ク
セ ス し 、 物理的に ど ち ら のサーバーに db-server の IP ア ド レ ス が動作 し てい る
かは認識 し ません。
切 り 替え と フ ェ ールオーバーについて
切 り 替え と フ ェ ールオーバーは、 ク ラ ス タ 内の異な る ノ ー ド でアプ リ ケーシ ョ ン
サービ ス を開始 さ せ る 処理です。
切 り 替え
切 り 替えは、 あ る サーバー上でアプ リ ケーシ ョ ン と そのアプ リ ケー
シ ョ ン に関連 し た リ ソ ー ス を正 し い手順で停止 し 、 他のサーバー上
でそれ ら の起動を正 し く 行 う プ ロ セ ス の こ と を言い ます。
フ ェ ールオーバー
フ ェ ールオーバーは切 り 替え と 似てい ますが、 異な る 点は、 フ ェ ー
ルオーバーでは も と の ノ ー ド でアプ リ ケーシ ョ ン を正 し い順序で停
止で き ない場合があ り 、 サービ ス が別の ノ ー ド で起動 さ れ る 点です。
5
6 Veritas Cluster Server につい て
ア プ リ ケーシ ョ ンの ク ラ ス タ 化の可否
ア プ リ ケーシ ョ ンのク ラ ス タ 化の可否
アプ リ ケーシ ョ ンが次の条件を満た し てい る 場合、 ほぼすべてのアプ リ ケーシ ョ
ン を ク ラ ス タ で制御す る こ と が可能です。
■
起動、 停止、 監視用のプ ロ シージ ャ が定義 さ れてい る 。
■
障害に対 し て耐性を有 し てい る 。
■
共有デ ィ ス ク に必要なデー タ を格納で き る 。
■
ラ イ セ ン ス と ホ ス ト 名の依存関係が ク ラ ス タ 環境下で も 矛盾 し ない。
起動、 停止、 監視用プ ロ シージ ャ の定義
ク ラ ス タ 化す る アプ リ ケーシ ョ ンには、 起動、 停止お よ び監視用のプ ロ シージ ャ
が定義 さ れてい る 必要があ り ます。
起動プ ロ シージ ャ
アプ リ ケーシ ョ ン には、 アプ リ ケーシ ョ ン自身を起動す る コ マ ン ド
と 、 必要にな る 可能性があ る すべての リ ソ ース が備わ っ てい る 必要が
あ り ま す。 VCS では、 特定の順序で必要な リ ソ ー ス を起動 し 、 定義済
みの起動プ ロ シージ ャ を使っ て アプ リ ケーシ ョ ン を起動 し ま す。
た と えば、 Oracle デー タ ベース を起動す る ためには、 sqlplus な ど、
呼び出す Oracle のユーテ ィ リ テ ィ を VCS が把握 し てい る 必要があ り
ます。 ま た、 VCS は Oracle ユーザー、 イ ン ス タ ン ス ID、 Oracle ホー
ムデ ィ レ ク ト リ 、 お よ び pfile についての情報を持っ てい る 必要があ
り ま す。
停止プ ロ シージ ャ
アプ リ ケーシ ョ ン の個々の イ ン ス タ ン ス は、 他の イ ン ス タ ン ス に影響
を及ぼす こ と な く 停止で き る 必要があ り ます。
た と えば、 Web サーバー上ですべての HTTP プ ロ セ ス を強制終了す
る と 、 他の Web サーバー も 停止 さ せて し ま う ので、 こ の方法は適切
ではあ り ま せん。
VCS がアプ リ ケーシ ョ ン を正常終了で き なか っ た場合、 強制終了
(kill) の よ う に、 さ ら に強制的に終了 さ せ る 方法が必要 と な り ます。
強制停止の後には、 各種のプ ロ セ ス お よ びアプ リ ケーシ ョ ン固有の残
留項目を除去す る ため、 ク リ ーン ア ッ ププ ロ シージ ャ が必要な場合 も
あ り ま す。 こ れ ら の項目には、 共有 メ モ リ セ グ メ ン ト やセマ フ ォ が含
ま れ ま す。
Veritas Cluster Server について
ア プ リ ケーシ ョ ンの ク ラ ス タ 化の可否
監視プ ロ シージ ャ
アプ リ ケーシ ョ ン には、 指定 さ れた アプ リ ケーシ ョ ン イ ン ス タ ン ス が
正常か ど う か を判断す る 監視プ ロ シージ ャ が必要です。 ま た、 複数の
イ ン ス タ ン ス が起動 し ていた と し て も 、 各 イ ン ス タ ン ス を識別 し て個
別に監視で き る 必要があ り ま す。
た と えば、 Web サーバーの監視プ ロ シージ ャ は指定 さ れたサーバー
に接続 し 、 Web ページ を提供 し てい る こ と を確認 し ます。 デー タ
ベース 環境では、 監視アプ リ ケーシ ョ ン をデー タ ベー ス サーバーに接
続 し 、 SQL コ マ ン ド を実行 し てデー タ ベー ス に対す る 読み書 き ア ク セ
ス を確認で き ま す。
監視で実行 さ れ る テ ス ト がユーザーの実際の操作に近い も のにな る に
従い、 そのテ ス ト に よ っ て アプ リ ケーシ ョ ン の問題が検出 さ れ る 可能
性が高 く な り ま す。 監視の レ ベルはアプ リ ケーシ ョ ン の動作を反映 し
つつ、 監視に よ る オーバーヘ ッ ド を最小限に と ど めた も のにな る よ う
に、 バ ラ ン ス を と る 必要があ り ま す。
既知の状態で ア プ リ ケーシ ョ ン を再開する機能
アプ リ ケーシ ョ ンがオ フ ラ イ ンにな る と 、 アプ リ ケーシ ョ ンはすべての タ ス ク を
終了 し 、 共有デ ィ ス ク へ必要なデー タ を保存 し 、 終了 し ます。 アプ リ ケーシ ョ ン
に よ っ ては、 ク ラ イ ア ン ト の状態を サーバー側で記録 し ない も の も あ り ます。
フ ェ ールオーバーが正 し く 実行 さ れ る には、 状態を共有ス ト レージに書 き 込む必
要があ り ます。
Oracle、 Sybase、 ま たは SQL Server な ど の商用デー タ ベース は、 ク ラ ッ シ ュ に
対応で き る 優れた アプ リ ケーシ ョ ンの一例です。 ク ラ イ ア ン ト の SQL リ ク エ ス
ト 時には、 ク ラ イ ア ン ト はサーバーか ら の承認を受け取 る ま で リ ク エ ス ト を保持
し なければな り ません。 サーバーが リ ク エ ス ト を受け取 る と 、 専用の ロ グ フ ァ イ
ルであ る REDO ロ グ フ ァ イ ルに保存 さ れます。 デー タ ベースは、 ク ラ イ ア ン ト
に応答を返す前に、 デー タ が保存 さ れてい る こ と を確認 し ます。 サーバーが ク
ラ ッ シ ュ し た場合で も 、 デー タ ベースは、 表デー タ を マ ウ ン ト し て REDO ロ グ
を適用す る こ と に よ り 、 ク ラ ッ シ ュ 直前の コ ミ ッ ト 状態に修復 し ます。 こ れは、
ク ラ ッ シ ュ 時のデー タ ベース の状態に戻す こ と にな り ます。 ク ラ イ ア ン ト は、
サーバーに承認 さ れていない未処理の ク ラ イ ア ン ト リ ク エ ス ト を再提出 し 、 その
他すべての リ ク エ ス ト は REDO ロ グに記録 さ れます。
サーバーが ク ラ ッ シ ュ し た後、 アプ リ ケーシ ョ ン を正常に修復で き ない場合は、
アプ リ ケーシ ョ ン を ク ラ ス タ 環境で実行で き ません。 テ イ ク オーバー先のサー
バーで、 デー タ の破損やその他の問題のため、 アプ リ ケーシ ョ ン を起動で き ま
せん。
7
8 Veritas Cluster Server につい て
ア プ リ ケーシ ョ ンの ク ラ ス タ 化の可否
外部デー タ ス ト レージ
ク ラ ス タ 化す る アプ リ ケーシ ョ ンは、 必要なデー タ と 設定情報をすべて共有デ ィ
ス ク に格納す る 必要があ り ます。 例外 と な る のは、 本当の共有な し ク ラ ス タ の場
合です。
35 ページの 「共有な し ク ラ ス タ 」 を参照 し て く だ さ い。
こ の必要条件を満たすには、 特定の設定オプシ ョ ン、 ま たは ソ フ ト リ ン ク が必要
な場合があ り ます。 た と えば、 あ る 製品が /usr/local デ ィ レ ク ト リ のみに イ ン ス
ト ール さ れてい る と し ます。 こ の制約には、 共有ス ト レージデバ イ ス か ら マ ウ ン
ト さ れた フ ァ イ ルシ ス テ ムに /usr/local を リ ン ク す る か、 /usr/local に共有デバ
イ ス か ら フ ァ イ ルシ ス テ ム を マ ウ ン ト す る と い う 、 いずれかのオプシ ョ ンが必要
と な り ます。
ま た、 アプ リ ケーシ ョ ンは、 デー タ を メ モ リ に保存す る のではな く 、 デ ィ ス ク に
格納す る 必要があ り ます。 サービ ス グループを テ イ ク オーバーす る シ ス テ ムは、
アプ リ ケーシ ョ ン を動作 さ せ る のに必要なすべての情報にア ク セ ス可能であ る 必
要があ り ます。 こ の必要条件には、 他のシ ス テ ムか ら ア ク セ ス不可能な、 そのシ
ス テ ムの ロ ーカル情報の使用は含まれません。 パフ ォーマン ス のために NVRAM
ア ク セ ラ レー タ ボー ド や他のデ ィ ス ク キ ャ ッ シ ュ 機構な どは使用可能ですが、
ロ ーカルホ ス ト 上でな く 、 外部ア レ イ 上で使用す る 必要があ り ます。
ラ イ セ ン ス と ホス ト 名の問題
アプ リ ケーシ ョ ンは、 稼動可能なホ ス ト と し て指定 さ れたすべてのサーバーで、
実行で き る 必要があ り ます。 こ の必要条件では、 ラ イ セン ス の必要条件 と ホ ス ト
名の依存関係を厳密に順守 し なければな り ません。 ホ ス ト 名を変更 し た場合、 シ
ス テ ム障害な ど に よ っ てアプ リ ケーシ ョ ンが他のシ ス テ ムで実行 さ れた と き に、
アプ リ ケーシ ョ ン実行シ ス テ ム と 障害を起 こ し た シ ス テ ムで同一の名前のシ ス テ
ムが複数台存在す る こ と にな り 、 管理上大 き な問題 と な り ます。 カ ス タ ム ス ク リ
プ ト を使っ て フ ェ ールオーバー発生時にホ ス ト 名を変更す る こ と は、 推奨 し てお
り ません。 シマ ン テ ッ ク 社では、 アプ リ ケーシ ョ ン と ラ イ セン ス がすべてのホ ス
ト で適切に動作す る よ う に設定す る こ と を推奨 し ます。
Veritas Cluster Server について
VCS の物理 コ ン ポーネ ン ト
VCS の物理 コ ンポーネ ン ト
VCS ク ラ ス タ は、 専用の通信 イ ン フ ラ で相互接続 さ れたシ ス テ ムで構成 さ れま
す。 VCS では、 ク ラ ス タ の一部であ る シ ス テ ム を ノ ー ド と し ます。
各 ク ラ ス タ には、 一意の ク ラ ス タ ID があ り ます。 冗長 ク ラ ス タ 通信 リ ン ク は、
ク ラ ス タ 内のシ ス テ ム を接続 し ます。
ノード
VCS ノ ー ド は、 サービ ス グループ (管理 さ れ る アプ リ ケーシ ョ ン) を ホ ス ト し
ます。 各シ ス テ ムはネ ッ ト ワ ー ク ハー ド ウ ェ アに接続 さ れてい ます。 ま た、 通
常、 ス ト レージハー ド ウ ェ アに も 接続 さ れてい ます。 シ ス テ ムには、 アプ リ ケー
シ ョ ンの耐性管理、 エージ ェ ン ト の起動 と 停止を提供す る コ ン ポーネ ン ト が含ま
れてい ます。
ノ ー ド は、 個別のシ ス テ ム と す る こ と も 、 エン タ ープ ラ イ ズ ク ラ ス のシ ス テ ムの
ド メ イ ン ま たはパーテ ィ シ ョ ンで構成す る こ と も で き ます。 各 ク ラ ス タ ノ ー ド で
ブー ト デバ イ ス を有 し 、 ノ ー ド ご と にオペレーテ ィ ン グ シ ス テ ム を実行 さ せま
す。 同 じ オペレーテ ィ ン グ シ ス テ ム を実行す る ノ ー ド で、 ク ラ ス タ を形成す る 必
要があ り ます。
ク ラ ス タ は、 1 か ら 32 ま での ノ ー ド を持つ こ と がで き ます。 アプ リ ケーシ ョ ン
は、 ク ラ ス タ 内の特定の ノ ー ド で実行 さ れ る よ う に設定で き ます。
共有ス ト レージ
ス ト レージは、 ほ と ん ど のアプ リ ケーシ ョ ンサービ ス、 つま り ほ と ん ど のサービ
ス グループに と っ て重要な リ ソ ース です。 関連す る デー タ フ ァ イ ルにア ク セ スす
る シ ス テ ムでは、 管理下のアプ リ ケーシ ョ ンのみを起動で き ます。 し たがっ て、
ス ト レージがすべてのシ ス テ ムで共有 さ れてい る 場合、 サービ ス グループだけが
ク ラ ス タ 内のすべてのシ ス テ ムで動作で き ます。 多 く の構成で、 SAN (ス ト
レージエ リ アネ ッ ト ワ ー ク ) が こ の要件を提供 し ます。
デー タ 保護には、 I/O フ ェ ン シ ン グのテ ク ノ ロ ジ を使え ます。 I/O フ ェ ン シ ン グ
は、 ク ラ ス タ で認証 さ れ検証済みの メ ンバー以外のシ ス テ ムか ら の、 共有ス ト
レージへのア ク セ ス を ブ ロ ッ ク し ます。
25 ページの 「 ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて」 を参照 し て く だ さ い。
ネ ッ ト ワー ク
ク ラ ス タ 内のネ ッ ト ワ ー ク は次の目的で使われます。
■
ク ラ ス タ ノ ー ド と ユーザーのシ ス テ ム間の通信
■
ク ラ ス タ ノ ー ド 間の通信
9
10 Veritas Cluster Server につい て
VCS の論理 コ ンポーネ ン ト
VCS の論理コ ンポーネ ン ト
VCS は、 アプ リ ケーシ ョ ン を ク ラ ス タ 化す る ための イ ン フ ラ を提供す る い く つ
も の コ ン ポーネ ン ト で構成 し ます。
リ ソ ース と リ ソ ースの依存関係
リ ソ ース と は、 アプ リ ケーシ ョ ン を構成す る ハー ド ウ ェ アエン テ ィ テ ィ ま たは ソ
フ ト ウ ェ アエン テ ィ テ ィ の こ と を示 し ます。 リ ソ ース には、 デ ィ ス ク グループや
フ ァ イ ルシ ス テ ム、 ネ ッ ト ワ ー ク イ ン タ ーフ ェ ース カー ド (NIC)、 IP ア ド レ ス、
アプ リ ケーシ ョ ン な ど があ り ます。
リ ソ ース の依存関係は、 アプ リ ケーシ ョ ン ま たはオペレーテ ィ ン グ シ ス テ ムの必
要条件のために、 お互いに依存 し 合 う リ ソ ース を示 し ます。 リ ソ ース の依存関係
は、 階層 (ま たはツ リ ー と 呼ばれ る ) の図で示 さ れ、 上位 (親) の リ ソ ースは下
位 (子) の リ ソ ース に依存 し ます。
図 1-1 は、 デー タ ベース アプ リ ケーシ ョ ンの階層を示 し てい ます。
図 1-1
リ ソ ース依存関係図の例
ア プ リ ケーシ ョ ンにはデー タ ベース と IP ア ド レ スが必要
ア プ リ ケーシ ョ ン
デー タ ベース
IP ア ド レ ス
フ ァ イル
ネ ッ ト ワー ク
デ ィ ス ク グループ
リ ソ ース の依存関係に従っ て、 リ ソ ース を オン ラ イ ン ま たはオ フ ラ イ ンにす る 順
序が決ま り ます。 た と えば、 ボ リ ュ ーム を起動す る 前にデ ィ ス ク グループの イ ン
ポー ト が必要であ り 、 フ ァ イ ルシ ス テ ム を マ ウ ン ト す る 前にボ リ ュ ーム を起動す
る 必要があ り ます。 こ れ と は反対に、 ボ リ ュ ーム を停止す る 前に フ ァ イ ルシ ス テ
ムのマ ウ ン ト 解除が必要であ り 、 デ ィ ス ク グループのデポー ト の前にボ リ ュ ーム
の停止が必要です。
Veritas Cluster Server について
VCS の論理 コ ン ポーネ ン ト
子がそれぞれオン ラ イ ンにな る と 、 親はオン ラ イ ンにな り ます。 こ れが ツ リ ーの
上位に ま で続 き 、 最終的にアプ リ ケーシ ョ ンが起動 さ れます。 逆に、 管理 さ れ る
アプ リ ケーシ ョ ン を オ フ ラ イ ンにす る には、 階層の最上位か ら リ ソ ース の停止を
始め ます。 こ の例では、 まずアプ リ ケーシ ョ ンが停止 さ れ、 次にデー タ ベース ア
プ リ ケーシ ョ ンが停止 さ れてい ます。 次に、 IP ア ド レ ス と フ ァ イ ルシ ス テ ム を
同時に停止で き ます。 こ れ ら の リ ソ ースは、 互いに依存関係を持たず、 ツ リ ーの
下位ま で続け ます。
親 リ ソ ース を オン ラ イ ンにす る 場合は先に子 リ ソ ース を オン ラ イ ンにす る 必要が
あ り 、 子 リ ソ ース を オ フ ラ イ ンにす る 場合は先に親 リ ソ ース を オ フ ラ イ ンにす る
必要があ り ます。 親子の相互依存関係を持た ない リ ソ ースは、 同時にオン ラ イ ン
ま たはオ フ ラ イ ンにで き ます。
リ ソ ースのカ テ ゴ リ
リ ソ ース の タ イ プご と に、 異な る レベルの制御が必要です。 VCS では、 次の 3
種類の リ ソ ース があ り ます。
■
On-Off。 VCS は必要に応 じ て リ ソ ース の起動ま たは停止を実行 し ます。 た
と えば、 VCS は必要に応 じ てデ ィ ス ク グループを イ ン ポー ト し 、 不要にな
る と デポー ト し ます。
■
On-Only。 VCS は リ ソ ース の起動は行い ますが、 停止は行い ません。
た と えば、 VCS は、 サービ ス グループで フ ァ イ ルシ ス テ ム をエ ク ス ポー ト
す る ために、 その ノ ー ド 上に NFS デーモンが必要です。 VCS は必要に応 じ
てデーモン を起動 し ますが、 関連付け ら れてい る サービ ス グループがオ フ ラ
イ ンにな っ てい る 場合で も デーモン を停止 し ません。
■
Persistent。 こ の リ ソ ース はオン ラ イ ン化する こ と も 、 オ フ ラ イ ン化す る こ
と も で き ません。 た と えば、 ネ ッ ト ワ ー ク イ ン タ ーフ ェ ース は、 起動ま たは
停止 さ せ る こ と はで き ませんが、 IP ア ド レ ス を設定す る には必要です。
Persistent リ ソ ース では Operation 属性に None が設定 さ れてい ます。 その
リ ソ ース の状態を把握 し 、 その リ ソ ース に依存 し てい る 別の リ ソ ース の操作
を確実に行 う ために、 Persistent リ ソ ース について も VCS は監視を実行 し
ます。 Persistent リ ソ ース に障害が発生 し た場合、 サービ ス グループの
フ ェ ールオーバーを引 き 起 こ し ます。
11
12 Veritas Cluster Server につい て
VCS の論理 コ ンポーネ ン ト
リ ソ ース タ イ プ
VCS では、 管理す る 各 リ ソ ース の リ ソ ース タ イ プ を定義 し ます。 た と えば、 NIC
リ ソ ース タ イ プを ネ ッ ト ワ ー ク イ ン タ ーフ ェ ース カー ド の管理に設定で き ます。
同様に、 IP リ ソ ース タ イ プを使っ てすべての IP ア ド レ ス を設定で き ます。
VCS は事前定義済みの リ ソ ース タ イ プのセ ッ ト を組み込んでい ます。 VCS は、
リ ソ ース タ イ プご と に対応す る エージ ェ ン ト を持ち、 こ のエージ ェ ン ト が リ ソ ー
ス を制御す る ための ロ ジ ッ ク を提供 し ます。
15 ページの 「VCS のエージ ェ ン ト について」 を参照 し て く だ さ い。
サービ スグループ
サービ ス グループ と は、 管理 さ れ る アプ リ ケーシ ョ ンの実行に必要なすべての
ハー ド ウ ェ ア リ ソ ース と ソ フ ト ウ ェ ア リ ソ ース が含まれ る 仮想 コ ン テナです。
サービ ス グループに よ り 、 VCS は管理 さ れ る アプ リ ケーシ ョ ンのすべてのハー
ド ウ ェ ア リ ソ ース と ソ フ ト ウ ェ ア リ ソ ース を単一の単位 と し て制御で き る よ う に
な り ます。 フ ェ ールオーバーが起 き た場合は、 リ ソ ース が個別に フ ェ ールオー
バーす る こ と はあ り ません。 サービ ス グループ全体が フ ェ ールオーバー し ます。
シ ス テ ムに 2 つ以上のサービ ス グループがあ る 場合、 1 つのグループが フ ェ ール
オーバー し て他のグループに影響 し ない こ と があ り ます。
図 1-2
通常のデー タ ベースサービ スグループ
ア プ リ ケーシ ョ ン
フ ァ イルシ ス テム
デ ィ ス ク グループ
IP ア ド レ ス
ネ ッ ト ワー ク
サービ ス グループご と に異な る サービ ス を ネ ッ ト ワ ー ク 接続 さ れた ク ラ イ ア ン ト
にサービ ス を提供す る 場合、 1 つの ノ ー ド 上で多数のサービ ス グループを動作 さ
せ る こ と も 可能です。 サーバーが ク ラ ッ シ ュ し た場合は、 その ノ ー ド のすべての
サービ ス グループを別の ノ ー ド に フ ェ ールオーバーす る 必要があ り ます。
Veritas Cluster Server について
VCS の論理 コ ン ポーネ ン ト
サービ ス グループは互いに依存関係を持つ こ と がで き ます。 た と えば、 財務アプ
リ ケーシ ョ ンはデー タ ベース アプ リ ケーシ ョ ンに依存す る こ と がで き ます。 管理
さ れ る アプ リ ケーシ ョ ンは、 サービ ス の提供に必要なすべての コ ン ポーネ ン ト で
構成 さ れてい る ため、 サービ ス グループの依存関係に よ り 管理 さ れ る アプ リ ケー
シ ョ ンはますます複雑にな り ます。 サービ ス グループの依存関係を使 う 場合、 管
理 さ れ る アプ リ ケーシ ョ ンは依存関係ツ リ ー全体にな り ます。
408 ページの 「サービ ス グループの依存関係について」 を参照 し て く だ さ い。
サービ スグループの種類
VCS のサービ ス グループは、 フ ェールオーバー、 パ ラ レル、 お よ びハ イ ブ リ ッ
ド の 3 つの主要カ テ ゴ リ に分類 さ れます。
フ ェ ールオーバーサービ スグループ
フ ェ ールオーバーサービ ス グループは、 ク ラ ス タ 内の 1 つのシ ス テ ム上で し か実
行で き ません。 複数のシ ス テ ムが同時にアプ リ ケーシ ョ ンのデー タ へア ク セ スす
る こ と を サポー ト し ないほ と ん ど のアプ リ ケーシ ョ ンで、 フ ェ ールオーバーグ
ループが使われます。
パラ レルサービ スグループ
パ ラ レ ルサービ ス グループは、 ク ラ ス タ 内の複数のシ ス テ ム上で同時に実行で
き ます。 こ のパ ラ レ ルサービ ス グループは、 フ ェ ールオーバーグループ よ り も
複雑です。 複数のアプ リ ケーシ ョ ン イ ン ス タ ン ス を管理 し てデー タ を破損す る
こ と な く 同時実行す る アプ リ ケーシ ョ ンでは、 パ ラ レ ルサービ ス グループが適
し てい ます。
ハイ ブ リ ッ ド サービ スグループ
ハ イ ブ リ ッ ド サービ ス グループは、 Replicated Data Cluster を対象 と し た グルー
プで、 フ ェ ールオーバーサービ ス グループ と パ ラ レ ルサービ ス グループを組み合
わせた も のです。 フ ェ ールオーバーグループ と し て動作す る シ ス テ ム ゾーン と 、
パ ラ レ ルグループ と し て動作す る シ ス テ ム ゾーンで構成 さ れます。
365 ページの 「シ ス テ ム ゾーンについて」 を参照 し て く だ さ い。
ハ イ ブ リ ッ ド サービ ス グループは、 シ ス テ ム ゾーン を越え て フ ェ ールオーバーで
き ません。 VCS では、 両方のシ ス テ ムが同一シ ス テ ム ゾーン内にあ る 場合にハ
イ ブ リ ッ ド サービ ス グループの切 り 替え操作が実行で き ます。 ゾーン内に フ ェ イ
ルオーバー可能なシ ス テ ムが存在 し ない場合、 VCS は最 も 小 さ な ノ ー ド ID の
ノ ー ド で nofailover ト リ ガーを実行 し ます。 ハ イ ブ リ ッ ド サービ ス グループは、
パ ラ レ ルグループ と 同 じ グループ間の依存関係のルールに従い ます。
408 ページの 「サービ ス グループの依存関係について」 を参照 し て く だ さ い。
448 ページの 「nofailover イ ベン ト ト リ ガ」 を参照 し て く だ さ い。
13
14 Veritas Cluster Server につい て
VCS の論理 コ ンポーネ ン ト
ClusterService グループについて
ClusterService グループは特殊な目的のサービ ス グループで、 VCS コ ンポーネ ン
ト に よ っ て必要 と さ れ る リ ソ ース が含まれてい ます。 こ のグループには次の リ
ソ ース が含まれます。
■
ク ラ ス タ 管理 コ ン ソ ール
■
通知
■
グ ロ ーバル ク ラ ス タ で使われ る Wide Area Connector (WAC) プ ロ セ ス
ClusterService グループは、 フ リ ーズな ど の制約があ っ て も 任意の ノ ー ド に
フ ェ ールオーバーで き ます。 ClusterService グループは最初にオン ラ イ ン化 さ れ
る サービ ス グループであ り 、 自動無効化で き ません。 ClusterService グループ
は、 最初に実行状態に遷移す る ノ ー ド 上でオン ラ イ ン化 さ れます。 VCS エン ジ
ンに よ っ て、 こ のサービ ス グループを手動でオ フ ラ イ ン化す る こ と はで き ない よ
う にな っ てい ます。
ク ラ ス タ UUID について
製品 イ ン ス ト ー ラ を使っ て VCS を イ ン ス ト ールす る と き 、 イ ン ス ト ー ラ は全世
界で一意な識別子 (UUID) を ク ラ ス タ に対 し て生成 し ます。 こ の値は ク ラ ス タ
のすべての ノ ー ド 間で共通です。 値は CID 属性で定義 さ れます。
692 ページの 「 ク ラ ス タ 属性」 を参照 し て く だ さ い。
製品 イ ン ス ト ー ラ を使わずに VCS を イ ン ス ト ールす る 場合、 uuidconfig.pl ユー
テ ィ リ テ ィ を実行 し て ク ラ ス タ の UUID を設定す る 必要があ り ます。
220 ページの 「 ク ラ ス タ の UUID 値の設定 と 設定解除」 を参照 し て く だ さ い。
Veritas Cluster Server について
VCS の論理 コ ン ポーネ ン ト
VCS のエージ ェ ン ト について
エージ ェ ン ト と は、 マルチ ス レ ッ ド プ ロ セ ス の こ と で、 リ ソ ース管理 ロ ジ ッ ク を
提供 し ます。 VCS には、 リ ソ ース タ イ プご と に 1 つのエージ ェ ン ト が存在 し ま
す。 こ のエージ ェ ン ト がその タ イ プのすべての リ ソ ース を監視 し ます。 た と え
ば、 1 つの IP エージ ェ ン ト が、 VCS 上のすべての IP リ ソ ース を管理 し ます。
エージ ェ ン ト は、 起動時に VCS か ら 必要な設定情報を取得 し ます。 その後、 周
期的に リ ソ ース を監視 し 、 VCS の リ ソ ース の状態を更新 し ます。
リ ソ ース を オン ラ イ ン ま たはオ フ ラ イ ンにす る ための処理は、 それぞれの リ ソ ー
ス タ イ プご と に大 き く 異な り ます。 た と えば、 デ ィ ス ク グループを オン ラ イ ンに
す る には、 そのデ ィ ス ク グループを イ ン ポー ト す る 必要があ り ます。 デー タ ベー
ス を オン ラ イ ンにす る には、 デー タ ベース管理処理を起動 し て適切な起動 コ マン
ド を発行す る 必要があ り ます。
VCS は、 リ ソ ース がオン ラ イ ンで も オ フ ラ イ ンの状態で も リ ソ ース の監視を行
い、 サービ ス グループがオン ラ イ ンでないシ ス テ ム上で、 そのサービ ス グループ
の リ ソ ース がオン ラ イ ン と な ら ない よ う に し ます (Persistent リ ソ ース を除 き ま
す)。 こ のため、 シ ス テ ム上で VCS が起動 し た場合、 そのシ ス テ ムでオン ラ イ ン
と な る 可能性があ る すべての リ ソ ース用のエージ ェ ン ト も 起動 し ます。 ま た、 シ
ス テ ムでオン ラ イ ンにな る 可能性のない リ ソ ース タ イ プのエージ ェ ン ト は起動 さ
れません。 た と えば、 Oracle リ ソ ース を含んだサービ ス グループがオン ラ イ ン
にな る 可能性のないシ ス テ ムでは、 Oracle エージ ェ ン ト は起動 さ れません。
VCS の制御外でアプ リ ケーシ ョ ンが意図的に終了 さ れた と き に、 特定のエー
ジ ェ ン ト はその こ と を特定で き ます。
こ の機能を サポー ト す る エージ ェ ン ト について、 管理者が VCS の制御外でアプ
リ ケーシ ョ ン を意図的に終了 し た場合、 VCS はその終了を障害 と し て扱い ませ
ん。 VCS は、 サービ ス グループ内の他の リ ソ ース の状態に従っ て、 サービ ス グ
ループの状態を Offline ま たは Partial に設定 し ます。
こ の機能に よ り 、 管理者はフ ェ ールオーバーを発生 さ せずにアプ リ ケーシ ョ ン を
停止で き ます。 こ の機能は、 V51 エージ ェ ン ト で利用で き ます。
371 ページの 「意図的なオ フ ラ イ ン機能を サポー ト す る リ ソ ース に対す る VCS
の動作」 も 参照 し て く だ さ い。
15
16 Veritas Cluster Server につい て
VCS の論理 コ ンポーネ ン ト
エージ ェ ン ト の機能
エージ ェ ン ト は、 リ ソ ース の特定の機能を実行 し ます。 エージ ェ ン ト が実行す る
機能を エン ト リ ポ イ ン ト と いい ます。 次のエージ ェ ン ト の機能について詳 し く
は、 『Veritas Cluster Server エージ ェ ン ト 開発者ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
■
online - 特定の リ ソ ース を OFFLINE 状態か ら ONLINE 状態に し ます。
■
offline - リ ソ ース を ONLINE 状態か ら OFFLINE 状態に し ます。
■
monitor - リ ソ ース の状態を テ ス ト し て、 リ ソ ース の状態が ONLINE か、
OFFLINE であ る か を判断 し ます。 機能は次の時点で動作 し ます。
■
ノ ー ド での VCS の初期起動時 ( ノ ー ド 上のすべての リ ソ ース の状態を
プ ロ ーブお よ び特定す る ため)
■
各オン ラ イ ン操作 と オ フ ラ イ ン操作の実行後
■
定期的 ( リ ソ ース が正常な状態にあ る こ と を確認す る ため) 通常の状態
では、 リ ソ ース がオン ラ イ ンにな っ た と き 、 monitor エン ト リ ポ イ ン ト
は 60 秒ご と に実行 さ れます。 リ ソ ース がオ フ ラ イ ンにな る こ と が想定
さ れ る 場合、 エン ト リ ポ イ ン ト は 300 秒ご と に実行 さ れます。
■
clean - 対象 リ ソ ース を オン ラ イ ン ま たはオ フ ラ イ ンにする のに失敗 し た場
合、 ま たは リ ソ ース の状態が ONLINE 中に障害が発生 し た場合に実行 さ れま
す。 clean エン ト リ ポ イ ン ト は、 アプ リ ケーシ ョ ンの実行後に ク リ ーン ア ッ
プを行い ます。 その機能は、 ホ ス ト シ ス テ ム を有効な状態に戻 し ます。 た と
えば、 clean エン ト リ ポ イ ン ト を実行 し た場合、 メ モ リ 上にあ る デー タ ベー
ス の共有 メ モ リ セグ メ ン ト ま たは IPC リ ソ ース の削除を行い ます。
■
action - 短時間で実行が完了する 処置を実行 し ます。 こ のエン ト リ ポ イ ン ト
には、 従来の online や offline エン ト リ ポ イ ン ト と は別の処置を定義 し ま
す。 一部のエージ ェ ン ト には事前定義済みの action ス ク リ プ ト があ り 、 こ
の ス ク リ プ ト を action の機能を呼び出 し て実行で き ます。
■
info - online リ ソ ース の特定の情報を検索 し ます。
検索 し た リ ソ ース の情報は、 ResourceInfo 属性に格納 さ れます。 リ ソ ース
の タ イ プの InfoInterval 属性に 0 以外の値が設定 さ れてい る 場合、 こ の機
能が定期的に実行 さ れます。 InfoInterval 属性は、 info 機能を実行す る 時
間間隔を定義 し ます。 た と えば、 Mount エージ ェ ン ト は、 こ の機能を使っ
て、 フ ァ イ ルシ ス テ ムで利用可能な空 き 容量を定期的に表示 さ せ る こ と が
可能です。
Veritas Cluster Server について
VCS の論理 コ ン ポーネ ン ト
エージ ェ ン ト の分類
付属エージ ェ ン ト
VCS のパ ッ ケージに同梱 さ れてい る のが、 付属エージ ェ ン ト です。 こ れには、
Disk、 Mount、 IP お よ びその他の様々な リ ソ ース タ イ プが含まれてい ます。
『Veritas Cluster Server 付属エージ ェ ン ト リ フ ァ レ ン ス ガ イ ド 』 を参照 し て く だ
さ い。
エ ン タ ープ ラ イ ズエージ ェ ン ト
エン タ ープ ラ イ ズエージ ェ ン ト は、 サー ド パーテ ィ 製のアプ リ ケーシ ョ ン を制御
す る エージ ェ ン ト で、 個別に ラ イ セン ス が必要です。 こ れには、 Oracle 用、
Sybase 用、 DB2 用のエージ ェ ン ト があ り ます。 詳 し く は、 本製品の ご購入先へ
お問い合わせ く だ さ い。
カ ス タ ムエージ ェ ン ト
カ ス タ ムエージ ェ ン ト と は、 顧客ま たはシマン テ ッ ク 社の コ ンサルテ ィ ン グサー
ビ ス が開発す る エージ ェ ン ト です。 付属エージ ェ ン ト やエン タ ープ ラ イ ズエー
ジ ェ ン ト がサポー ト し ていないアプ リ ケーシ ョ ンの制御を行 う 必要があ る 場合
に、 カ ス タ ムエージ ェ ン ト が必要にな り ます。
『Veritas Cluster Server エージ ェ ン ト 開発者ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
VCS エージ ェ ン ト フ レームワー ク について
VCS エージ ェ ン ト フ レーム ワー ク は、 各エージ ェ ン ト に コ ンパ イ ル さ れた、 一
連の共通事前定義済み関数です。 こ れ ら の関数には、 VCS エン ジ ン (HAD) に
接続す る 関数や、 共有の設定パ ラ メ ー タ を把握す る 関数が含まれます。 エージ ェ
ン ト フ レーム ワ ー ク を利用す る こ と で、 開発者は ク ラ ス タ 用の機能を開発す る 必
要がな く な り 、 特定の リ ソ ース タ イ プの制御に集中で き る よ う にな り ます。
エージ ェ ン ト の開発について詳 し く は、 『Veritas Cluster Server エージ ェ ン ト 開
発者ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
17
18 Veritas Cluster Server につい て
VCS の論理 コ ンポーネ ン ト
ク ラ ス タ 制御、 通信および メ ンバーシ ッ プについて
ク ラ ス タ 通信に よ り 、 VCS は各シ ス テ ムのサービ ス グループ と リ ソ ース の状態
を常に把握で き ます。 こ れに よ り 、 ク ラ ス タ の ど のシ ス テ ムがア ク テ ィ ブ メ ン
バーであ る か、 ど のシ ス テ ムが ク ラ ス タ に追加 さ れ、 ま た、 ク ラ ス タ か ら 切 り 離
さ れたのか、 ま た ど のシ ス テ ムで障害が発生 し たのか、 と いっ た情報 も 認識で き
ます。
高可用性デーモ ン (HAD) について
VCS 高可用性デーモン (HAD) は各シ ス テ ムで実行 さ れます。 VCS エン ジ ン と
も 呼ばれ る HAD には、 次の ロールがあ り ます。
■
設定フ ァ イ ルを基に し た、 実行す る ク ラ ス タ 設定の構築
■
新 し い ノ ー ド が追加 さ れた場合の情報の配信
■
オペレー タ の入力への応答
■
エ ラ ー時の修正ア ク シ ョ ン
ク ラ ス タ エン ジ ンは、 エージ ェ ン ト で各 リ ソ ース の監視お よ び管理を し ます。 各
シ ス テ ムで ロ ーカル リ ソ ース についての情報を エージ ェ ン ト を使っ て収集 し た後
に、 その情報が全 ク ラ ス タ メ ンバーに配信 さ れます。
ま た、 各シ ス テ ム上のデーモンは、 別の ク ラ ス タ メ ンバーか ら その メ ンバー上の
リ ソ ース に関す る 情報を受信 し 、 その情報を基に ク ラ ス タ の情報を更新 し ます。
HAD は、 状態の Replicated State Machine (RSM) と し て動作 し ます。 そのた
め、 各 ノ ー ド で動作 し てい る エン ジ ンは、 ク ラ ス タ に属 し てい る すべての ノ ー ド
上の リ ソ ース について、 十分に同期の と れた情報を保持 し てい ます。 HAD の各
イ ン ス タ ン スは、 必要に応 じ て、 障害への対処 と 同 じ 経路で送信 さ れます。
RSM は、 特別な通信パ ッ ケージ を使っ て保守 さ れます。 通信パ ッ ケージは、
LLT (Low Latency Transport) と GAB (Group Membership Services/Atomic
Broadcast) と い う プ ロ ト コ ルで構成 さ れます。
273 ページの 「シ ス テ ム間の ク ラ ス タ 通信について」 を参照 し て く だ さ い。
hashadow プ ロ セ スは HAD を監視 し 、 必要に応 じ て こ れを再起動 し ます。
Veritas Cluster Server について
VCS の論理 コ ン ポーネ ン ト
HostMonitor デーモ ンについて
VCS は、 VCS エン ジ ンが起動 さ れ る と 、 HostMonitor デーモン も 起動 し ます。
VCS エン ジ ンは、 タ イ プ HostMonitor お よ び VCShmg サービ ス グループの VCS
リ ソ ース VCShm を作成 し ます。 VCS エン ジ ンが、 こ れ ら のオブジ ェ ク ト を
main.cf フ ァ イ ルに追加す る こ と はあ り ません。 VCS の こ れ ら の コ ンポーネ ン ト
は、 変更 し た り 削除 し た り し ないで く だ さ い。 VCS は HostMonitor デーモン を
使っ て、 CPU お よ び Swap の リ ソ ース使用状況を監視 し ます。 VCS は、 リ ソ ー
ス に対 し て定義 さ れてい る し き い値を リ ソ ース が超え る と 、 エン ジ ン ロ グに報告
を行い ます。
HostMonLogLvl 属性を使っ て HostMonitor デーモンの動作を制御で き ます。
692 ページの 「 ク ラ ス タ 属性」 を参照 し て く だ さ い。
GAB (Group Membership Services/Atomic Broadcast) に
ついて
GAB (Group Membership Services/Automic Broadcast) プ ロ ト コ ルは、 ク ラ ス
タ メ ンバーシ ッ プ と ク ラ ス タ 通信を実現 し ます。
■
ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プ
GAB は、 LLT を使っ た各 ノ ー ド のハー ト ビー ト よ り 、 ク ラ ス タ メ ンバー
シ ッ プを判断 し ます。 シ ス テ ムが ピ アか ら のハー ト ビー ト を受信 し な く な る
と 、 その ピ アに DOWN のマー ク を付け、 ク ラ ス タ か ら 除外 し ます。 VCS で
は、 メ ンバーシ ッ プは ク ラ ス タ に参加 し てい る シ ス テ ムのセ ッ ト です。 VCS
には、 次の タ イ プの メ ンバーシ ッ プがあ り ます。
■
通常 メ ンバーシ ッ プには、 1 つ以上のネ ッ ト ワ ー ク チ ャ ネルで互いに通
信す る シ ス テ ムが含ま れます。
■
JEOPARDY メ ンバーシ ッ プには、 プ ラ イ ベー ト 通信 リ ン ク を 1 つだけ
持つシ ス テ ムが含ま れます。
■
Daemon Down Node Alive (DDNA) と は、 ノ ー ド 上の VCS 高可用性
デーモン (HAD) が失敗 し て も ノ ー ド が実行 さ れてい る 状態をいい ま
す。 DDNA 状態では、 VCS には ノ ー ド 上のサービ ス グループの状態に
関す る 情報があ り ません。 し たがっ て、 VCS は自動無効化 さ れた状態
の影響を受け る ノ ー ド 上でオン ラ イ ンにな っ てい る すべてのサービ ス グ
ループを配置 し ます。 ノ ー ド 上でオン ラ イ ン化 さ れたサービ ス グループ
はフ ェ ールオーバーで き ません。 自動無効化 さ れたサービ ス グループの
フ ェ ールオーバーには、 手動での介入が必要です。 管理者が、 影響を受
けた ノ ー ド 上で実行 し てい る リ ソ ース を開放 し 、 リ ソ ース の障害を ク リ
ア し て、 別の ノ ー ド 上でサービ ス グループを オン ラ イ ン化す る 必要があ
り ます。
19
20 Veritas Cluster Server につい て
VCS の論理 コ ンポーネ ン ト
■
ク ラ ス タ 通信
GAB の 2 つ目の機能は、 ク ラ ス タ 内の通信に高い信頼性を提供 し ます。
GAB は、 すべての ノ ー ド に 2 地点間やブ ロ ー ド キ ャ ス ト の メ ッ セージ を確
実に配信 し ます。 VCS エン ジ ンは、 有効にな っ てい る こ と を GAB に伝え る
ために、 (GAB が提供 し てい る ) プ ラ イ ベー ト IOCTL を使用 し ます。
LLT (Low Latency Transport) について
VCS は、 ク ラ ス タ ノ ー ド 間のプ ラ イ ベー ト ネ ッ ト ワー ク 通信を使っ て ク ラ ス タ
を保守 し ます。 LLT は、 IP ス タ ッ ク の代わ り に優れた処理速度 と 低い遅延を
持っ た も の と し て機能 し 、 すべての ク ラ ス タ 通信に使われます。 シマン テ ッ ク で
は、 すべての ク ラ ス タ ノ ー ド 間で 2 つの独立 し たネ ッ ト ワ ー ク を使 う こ と をお勧
め し ます。 こ れ ら のネ ッ ト ワ ー ク では、 通信パ ス で必須の冗長性を提供 し 、 VCS
がネ ッ ト ワ ー ク の障害 と シ ス テ ムの障害を判別で き る よ う に し ます。 LLT には次
の 2 つの機能があ り ます。
■
ト ラ フ ィ ッ ク 分散
LLT は、 ノ ー ド 間の通信を、 利用可能なすべてのプ ラ イ ベー ト ネ ッ ト ワ ー ク
リ ン ク 全体に分散 し ます (負荷分散)。 すべての ク ラ ス タ 通信はすべてのプ
ラ イ ベー ト ネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク (最大 8 個) に均等に分散 さ れ、 処理速度の
確保 と 障害に対す る 耐性を実現 し てい ます。 あ る リ ン ク に障害が発生 し た場
合、 ト ラ フ ィ ッ ク は残 り の リ ン ク に切 り 替え ら れます。
■
ハー ト ビー ト
LLT は、 ネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク 上でハー ト ビー ト 信号の送受信を行い ます。
GAB の グループ メ ンバーシ ッ プサービ ス機能は、 こ のハー ト ビー ト 機能を
使っ て ク ラ ス タ の メ ンバーシ ッ プを判別 し ます。
I/O フ ェ ン シ ン グモ ジ ュ ールについて
I/O フ ェ ン シ ン グモジ ュ ールは、 ク ォー ラ ム タ イ プの機能を実装 し てお り 、 プ ラ
イ ベー ト ネ ッ ト ワ ー ク が切断 さ れ ク ラ ス タ が分断 さ れた場合、 複数の小 ク ラ ス タ
の内 1 つの ク ラ ス タ だけが残る よ う に し ます。 ま た、 I/O フ ェ ン シ ン グは、
フ ェ ールオーバー時に SCSI-3 の Persistent Reservation が可能です。 I/O フ ェ ン
シ ン グに よ り 、 プ ラ イ ベー ト ネ ッ ト ワ ー ク 切断な ど が原因の ク ラ ス タ メ ンバー
シ ッ プ更新の誤解に よ る ノ ー ド に よ る 共有デ ィ ス ク グループ上のデー タ の破損を
避け る こ と が可能です。
301 ページの 「I/O フ ェ ン シ ン グのアルゴ リ ズ ムについて」 を参照 し て く だ
さ い。
Veritas Cluster Server について
VCS の論理 コ ン ポーネ ン ト
セキ ュ リ テ ィ サービ スについて
VCS は Symantec Product Authentication Service を使っ て、 ク ラ ス タ ノ ー ド と 、
Java コ ン ソ ールや Web コ ン ソ ールを含む ク ラ イ ア ン ト の間のセキ ュ ア な通信を
提供 し ます。 VCS は認証にデジ タ ル証明書を使い、 パブ リ ッ ク ネ ッ ト ワー ク を
介 し た通信の暗号化には SSL を使い ます。
セキ ュ アモー ド では、 次の こ と が実行 さ れます。
■
VCS はプ ラ ッ ト フ ォームに基づ く 認証を使い ます。
■
VCS はユーザーのパス ワ ー ド を保存 し ません。
■
すべての VCS ユーザーはシ ス テ ムお よ び ド メ イ ン ユーザーであ り 、 完全修
飾ユーザー名を使っ て設定 さ れます。 た と えば、 administrator@vcsdomain
の よ う な形式です。 VCS はシ ン グルサ イ ンオンの方式を採っ てい る ため、
認証 し たユーザーは ク ラ ス タ に接続す る たびにサ イ ンオンす る 必要はあ り ま
せん。
VCS では、 エン タ ープ ラ イ ズ内のシ ス テ ム をルー ト ブ ロ ーカー と し て設定す る
必要があ り ます。 ま た、 ク ラ ス タ 内のすべての ノ ー ド の ク ラ ス タ を認証ブ ロ ー
カー と し て設定す る 必要があ り ます。
■
ルー ト ブ ロ ーカーは、 メ イ ンの登録局お よ び認証局 と し て機能 し ます。 ルー
ト ブ ロ ーカーは自己署名の証明書を持ち、 他のブ ロ ーカーを認証す る こ と が
で き ます。 ルー ト ブ ロ ーカーは、 ク ラ ス タ のシ ス テ ムであ る こ と があ り ま
す。 シマン テ ッ ク では、 Symantec Product Authentication Services を使用
し てい る 全ての製品のルー ト ブ ロ ーカー と し て動作す る 単一のルー ト ブ ロ ー
カーを、 ド メ イ ン (通常はデー タ セン タ ー) 毎に設定す る こ と を推奨 し てい
ます。 ルー ト ブ ロ ーカーは、 認証ブ ロ ーカーを最初に作成す る と き のみ使い
ます。
■
認証ブ ロ ーカーは中間的な登録お よ び認証局 と し て機能 し ます。 認証ブ ロ ー
カーは、 ク ラ ス タ への ロ グ イ ン な ど のユーザーやアプ リ ケーシ ョ ン ノ ー ド で
実行す る デーモン な ど のサービ ス を認証 し ますが、 他のブ ロ ーカーは認証で
き ません。 認証ブ ロ ーカーはルー ト ブ ロ ーカーに よ っ て署名 さ れた証明書を
持ち ます。 VCS 内の各 ノ ー ド は認証ブ ロ ーカー と し て機能 し ます。
認証ブ ロ ーカーのセキ ュ リ テ ィ 信用証明は、 ルー ト ブ ロ ーカーか ら 取得す る
必要があ り ます。
セキ ュ ア な通信を行 う ために、 VCS コ ン ポーネ ン ト は、 ロ ーカルシ ス テ ム上で
設定 さ れた認証ブ ロ ーカーか ら 信用証明を取得 し ます。 取得 し た信頼証明書は認
証で使われ、 SSL ハン ド シ ェ ー ク を行な う ために ク ラ イ ア ン ト に提示 さ れます。
VCS と その コ ン ポーネ ン ト は、 ア カ ウ ン ト 名 と ド メ イ ン を次の形式で指定 し
ます。
■
HAD ア カ ウ ン ト
name = _HA_VCS_(systemname)
domain = HA_SERVICES@(fully_qualified_system_name)
21
22 Veritas Cluster Server につい て
VCS の論理 コ ンポーネ ン ト
■
CmdServer
name = _CMDSERVER_VCS_(systemname)
domain = HA_SERVICES@(fully_qualified_system_name)
ク ラ ス タ の設定時にセキ ュ リ テ ィ サービ ス を設定す る 手順については、 『Veritas
Cluster Server イ ン ス ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
ま た、 セキ ュ リ テ ィ サービ ス を手動で有効ま たは無効にで き ます。
225 ページの 「セキ ュ リ テ ィ サービ ス の有効化 と 無効化」 を参照 し て く だ さ い。
VCS 管理用の コ ンポーネ ン ト
VCS には、 ク ラ ス タ を管理す る 次の コ ン ポーネ ン ト が提供 さ れてい ます。
Veritas Cluster Server Management Console
ク ラ ス タ を監視お よ び管理す る ための、 Web ベース のグ ラ フ ィ カルユーザー イ
ン タ ーフ ェ ース です。
■
単一の ク ラ ス タ を管理す る には、 VCS Management Console を ク ラ ス タ ノ ー
ド に イ ン ス ト ール し ます。
■
複数の ク ラ ス タ を管理す る には、 VCS Management Console を ク ラ ス タ 外部
の管理サーバーに イ ン ス ト ール し ます。
詳 し く は、 『Veritas Cluster Server Management Console 実装ガ イ ド 』 を参
照 し て く だ さ い。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール)
ク ロ ス プ ラ ッ ト フ ォームの Java ベース のグ ラ フ ィ カルユーザー イ ン タ ーフ ェ ー
ス では、 ク ラ ス タ の管理機能をすべて使え ます。 こ の コ ン ソ ールは ク ラ ス タ の内
部ま たは外部のあ ら ゆ る シ ス テ ムで、 Java をサポー ト す る あ ら ゆ る オペレー
テ ィ ン グ シ ス テ ムで動作 し ます。
65 ページの 「Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理」 を
参照 し て く だ さ い。
VCS コ マ ン ド ラ イ ン イ ン タ ー フ ェ ース (CLI)
VCS コ マン ド ラ イ ン イ ン タ ーフ ェース には、 ク ラ ス タ を管理す る ための、 総合
的な コ マ ン ド ラ イ ンセ ッ ト があ り ます。
165 ページの 「 コ マ ン ド ラ イ ンに よ る ク ラ ス タ の管理」 を参照 し て く だ さ い。
Veritas Cluster Server について
各要素の組み合わせ
各要素の組み合わせ
た と えば、 一般的な例 と し て、 2 ノ ー ド 構成の ク ラ ス タ で NFS サービ ス を実現
す る 場合を考え てみま し ょ う 。 両方の ノ ー ド は共有ス ト レージに接続 さ れてい ま
す。 こ れに よ り 、 共有デ ィ レ ク ト リ へのア ク セ ス が可能にな り ます。 単一サービ
ス グループ NFS_Group は必要に応 じ てシ ス テ ム A と シ ス テ ム B と の間で フ ェ ー
ルオーバーを行い ます。
VCS エン ジ ン HAD は、 設定フ ァ イ ルを読み込み、 サービ ス グループ内の リ ソ ー
ス を制御す る ために必要なエージ ェ ン ト を判断 し て、 エージ ェ ン ト を起動 し ま
す。 HAD は、 リ ソ ース の依存関係を使っ て、 リ ソ ース を オン ラ イ ン化す る 順番
を決定 し ます。 VCS は適切な順番で、 対応す る エージ ェ ン ト にオン ラ イ ン コ マ
ン ド を発行 し ます。
NFS_Group サービ ス グループの依存関係グ ラ フ を次の図に示 し ます。
図 1-3
サン プル NFS グループの依存関係図
NFSRestart
IP
NIC
Share
Mount
NFS
DiskGroup
VCS エン ジ ンは NFS_Group を実行す る よ う に設定 さ れたすべてのシ ス テ ムで、
デ ィ ス ク グループ、 Mount、 Share、 NFS、 NIC お よび IP の各エージ ェ ン ト を起
動 し ます。 リ ソ ース の依存関係は、 次の よ う に設定 さ れてい ます。
■
/home フ ァ イ ルシ ス テ ム (Mount リ ソ ース と し て設定) は、 マ ウ ン ト す る
前にデ ィ ス ク グループ (DiskGroup リ ソ ース と し て設定) を オン ラ イ ンに
す る 必要があ り ます。
■
NFS でホーム フ ァ イ ルシ ス テ ム (Share) を エ ク ス ポー ト す る 際には、 こ の
フ ァ イ ルシ ス テ ムがマ ウ ン ト さ れ、 NFS デーモン (NFS) が動作 し てい る 必
要があ り ます。
23
24 Veritas Cluster Server につい て
各要素の組み合わせ
■
高可用性 IP ア ド レ ス、 nfs_IP がオン ラ イ ンにな る には、 フ ァ イ ルシ ス テ ム
(Share) が共有 さ れ、 ネ ッ ト ワー ク イ ン タ ーフ ェース (NIC) がオン ラ イ ン
であ る 必要があ り ます。
■
NFSRestart リ ソ ース は、 IP ア ド レ ス が有効であ る こ と が必要です。
■
NFS デーモン と デ ィ ス ク グループには子の依存関係が存在 し ないので、 並
行 し て起動で き ます。
■
NIC リ ソ ース は永続的な リ ソ ース であ る ため、 常にオン ラ イ ン と な り ます。
前の例では、 VCS 起動時にサービ ス グループ を ど ち ら かの ノ ー ド で自動的にオ
ン ラ イ ン と な る よ う に設定す る こ と が可能です。 最初にオン ラ イ ンであ っ た ノ ー
ド に障害が発生 し た場合、 オペレー タ が コ マン ド を使っ てサービ ス グループを移
動 さ せ る か、 VCS が自動的に次の ノ ー ド へサービ ス グループ を フ ェールオー
バー し ます。 フ ェ ールオーバーま たは再配置が行われ る と 、 VCS は、 図の一番
上か ら リ ソ ース を オ フ ラ イ ンに し 、 次に一番下の ノ ー ド か ら 次々に リ ソ ース を オ
ン ラ イ ンに し てい き ます。
2
ク ラ ス タ ト ポロ ジーに
ついて
■
基本的な フ ェ ールオーバー構成
■
高度な フ ェ ールオーバー構成
■
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジー と ス ト レージ構成
26
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて
基本的な フ ェ ールオーバー構成
基本的な フ ェ ールオーバー構成
こ の項では、 非対称型、 対称型お よ び N 対 1 型 を含むベーシ ッ ク な フ ェール
オーバー構成について説明 し ます。
非対称 (ア ク テ ィ ブ / パ ッ シ ブ) 構成
非対称の構成では、 アプ リ ケーシ ョ ンはプ ラ イ マ リ ま たはマ ス タ ーサーバーで動
作 し ます。 こ の構成の場合、 障害発生時にアプ リ ケーシ ョ ンのテ イ ク オーバーを
実行す る ための専用の冗長サーバーが存在 し ます。 冗長サーバーは、 こ のアプ リ
ケーシ ョ ンのテ イ ク オーバー専用で、 他の機能は一切実行 し ない よ う に設定 さ れ
てい ます。 次の図では、 デー タ ベース アプ リ ケーシ ョ ンはマ ス タ ーか ら 冗長サー
バーへ移行、 つま り フ ェ ールオーバー し てい ます。
フ ェ ールオーバー前
アプ リ
ケーシ ョ ン
図 2-1
フ ェ ールオーバー後
✗
アプ リ
ケーシ ョ ン
非対称フ ェ ールオーバー
こ れは、 最 も シ ンプルで、 かつ確かな構成です。 冗長サーバーは、 フ ェ ールオー
バー さ れ る アプ リ ケーシ ョ ン を受け入れ可能な状態で待機 し てい ます。 複数のア
プ リ ケーシ ョ ンが動作 し ていた と し て も 、 フ ェ ールオーバー先のサーバーで リ
ソ ース不足な ど の互換性の問題を発生 さ せません。
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて
基本的な フ ェ ールオーバー構成
対称 (ア ク テ ィ ブ / ア ク テ ィ ブ) 構成
対称構成では、 各サーバーで個別にアプ リ ケーシ ョ ンやサービ ス を実行 し 、 それ
ぞれが他のサーバーの冗長サーバーの ロ ール も 担っ てい ます。 こ の例では、 各
サーバーで、 アプ リ ケーシ ョ ンサービ ス グループを実行 し ます。 障害が発生 し た
場合、 残 り のサーバーで両方のサーバーで動作 さ せていた アプ リ ケーシ ョ ン を実
行す る こ と にな り ます。
フ ェ ールオーバー前
アプ リ
ケーシ ョ ン 1
図 2-2
フ ェ ールオーバー後
アプ リ
ケーシ ョ ン 2
✗
アプ リ
ケーシ ョ ン 1
アプ リ
ケーシ ョ ン 2
対称フ ェ ールオーバー
対称型の構成の方が、 ハー ド ウ ェ アの利用法 と し て、 よ り 効率的に見え ます。 非
対称構成の場合、 冗長サーバーが必要 と す る CPU 性能は、 プ ラ イ マ リ サーバー
と 同程度の も のです。 そ し て、 フ ェ ールオーバー後のアプ リ ケーシ ョ ンの処理速
度 も 変化 し ません。 対称構成の場合、 冗長サーバーは既存のアプ リ ケーシ ョ ン と
他のサーバーか ら テ イ ク オーバーす る 別のアプ リ ケーシ ョ ン を実行す る ための十
分な CPU 性能が必要にな り ます。
対称型の構成の場合、 複数のアプ リ ケーシ ョ ンが共存で き ない状態の と き に、
フ ェ ールオーバーが発生 し て 1 つのシ ス テ ムに複数のアプ リ ケーシ ョ ン を起動 さ
せた場合、 さ ら に問題が発生す る 可能性があ り ます。 同 じ シ ス テ ム上で、 同 じ ア
プ リ ケーシ ョ ン を複数同時に起動 し て も 、 正常に動作す る も の も あ り ますが、 障
害が発生す る も の も あ り ます。 さ ら に難 し いのは、 I/O お よ び メ モ リ の必要条件
の異な る 2 つのアプ リ ケーシ ョ ン を、 同 じ シ ス テ ムで動作 さ せる 場合です。
27
28
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて
基本的な フ ェ ールオーバー構成
N 対 1 構成
N 対 1 の フ ェ ールオーバー設定は、 ハー ド ウ ェ ア冗長性に必要な コ ス ト を削減 し
なが ら 、 専用冗長サーバーを実現す る ための方法です。 非対称型の構成では、 処
理速度のペナルテ ィ は発生 し ません。 同一シ ス テ ム上で複数のアプ リ ケーシ ョ ン
を実行 し た と し て も 、 同時実行に よ る 問題は発生 し ません。 ただ し 欠点は、 サー
バーレベルで 100 % の冗長 コ ス ト がかか る こ と です。
冗長サーバー
アプ リ
ケーシ ョ ン
図 2-3
アプ リ
ケーシ ョ ン
アプ リ
ケーシ ョ ン
アプ リ
ケーシ ョ ン
N 対 1 構成
N 対 1 の構成は、 同時に複数のサーバーに障害が発生す る こ と はほ と ん ど ないた
め、 冗長サーバーが 1 台であ っ て も 複数のア ク テ ィ ブサーバーを保護で き る と い
う 概念に基づいてい ます。 あ る サーバーに障害が発生 し た場合、 そのアプ リ ケー
シ ョ ンは冗長サーバーに移行 し ます。 た と えば、 4 対 1 の構成では 1 台のサー
バーが 4 台のサーバーをバ ッ ク ア ッ プ し ます。 こ の構成では、 サーバーレベルの
冗長 コ ス ト は 100 % か ら 25 % に減少 し ます。 こ の設定では、 冗長サーバーはア
プ リ ケーシ ョ ンのバ ッ ク ア ッ プ専用 と な り ます。 ま た、 冗長サーバーは、 障害発
生時に他のシ ス テ ムの スペア と し て動作す る ために、 他のサーバーに接続 さ れて
い る すべての外部ス ト レージに接続 さ れてい る 必要があ り ます。
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて
基本的な フ ェ ールオーバー構成
こ の構成で問題 と な る のは、 フ ェ ールバ ッ ク です。 障害を起 こ し たサーバーが修
復 し た ら 、 こ のサーバー上でホ ス ト さ れていたすべてのサービ ス を こ のサーバー
に フ ェ ールバ ッ ク す る 必要があ り ます。 フ ェ ールバ ッ ク 処理に よ り スペアサー
バーを解放 し 、 ク ラ ス タ に冗長性を リ ス ト ア し ます。
アプ リ
ケーシ ョ ン
図 2-4
アプ リ
ケーシ ョ ン
✗
冗長サーバー
アプ リ
ケーシ ョ ン
フ ェ ールバ ッ ク が必要な N 対 1 フ ェ ールオーバー
N 対 1 の構成を構築 し よ う と し た場合、 ス ト レージのアーキ テ ク チ ャ に よ る 制約
が問題 と な り ま し た。 一般的に、 2 台以上のホ ス ト を 1 台のデ ィ ス ク ア レ イ に接
続す る には、 複雑な結線計画が必要で、 相性の問題 も 発生 し ます。 そのため、 複
数の コ ン ト ロ ー ラ を備えた高価なア レ イ が必要で し た。
29
30
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて
高度な フ ェ ールオーバー構成
高度な フ ェ ールオーバー構成
こ の項では、 VCS の高度な フ ェールオーバー構成について説明 し ます。
N+1 構成
SAN (ス ト レージエ リ アネ ッ ト ワー ク ) を利用す る こ と で、 大規模 ク ラ ス タ を
構築で き る よ う にな っ ただけでな く 、 複数のサーバーを同一の ス ト レージに接続
で き る よ う にな り ま し た。
サー ビ ス
グループ
サー ビ ス
グループ
サー ビ ス
グループ
サー ビ ス
グループ
スペア
図 2-5
N+1 構成
こ の構成では、 冗長専用の冗長サーバーを必要 と し ません。 N 対 1 構成ではな
く 、 N+1 構成を使え ます。 こ の N+1 構成では、 ク ラ ス タ にサーバーを追加す る
こ と に よ っ て、 その分だけ処理能力が向上す る こ と にな り ます。
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて
高度な フ ェ ールオーバー構成
サーバーに障害が発生 し た場合、 アプ リ ケーシ ョ ンサービ ス グループは スペア
サーバーへフ ェ ールオーバー し ます。 障害を起 こ し たサーバーが復旧 し た場合、
そのサーバーが スペアサーバーにな り ます。 こ の構成では、 続いて第 2 の障害に
備え て、 復旧 し たサーバーにアプ リ ケーシ ョ ンサービ ス グループを フ ェ ールバ ッ
ク す る 必要があ り ません。 すべてのサーバーが他のサーバーの スペアサーバー と
し て機能で き ます。
サー ビ ス
グループ
サー ビ ス
グループ
図 2-6
✗
サー ビ ス
グループ
サー ビ ス
グループ
N+1 フ ェ ールオーバー
31
32
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて
高度な フ ェ ールオーバー構成
N 対 N 構成
N 対 N (Any 対 Any) の構成 と は、 複数のサーバー上で複数のサービ ス グループ
が動作 し てお り 、 それぞれのサービ ス グループが他のサーバーに フ ェ ールオー
バーで き る ク ラ ス タ 構成です。 た と えば、 4 台の ノ ー ド で構成 さ れ る ク ラ ス タ が
あ り 、 各 ノ ー ド でデー タ ベース の イ ン ス タ ン ス が 3 つ動作 し ていた と し ます。
図 2-7
N 対 N 構成
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG
✗
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG = サー ビ スグループ
いずれかの ノ ー ド に障害が発生 し た場合、 各 イ ン ス タ ン スは異な る ノ ー ド 上で開
始 さ れ、 過負荷にな る ノ ー ド がない よ う に し ます。 こ の設定は、 N+1 を論理的
に進化 さ せた も のです。 スペアのサーバーを備え る 代わ り に、 ク ラ ス タ 全体で ス
ペアの容量を提供す る 設定です。
N 対 N 構成を構築す る 場合、 すべてのアプ リ ケーシ ョ ンが ど の ノ ー ド 上で も 動
作す る こ と を慎重にテ ス ト し て く だ さ い。 ま た、 アプ リ ケーシ ョ ンが、 ど の ノ ー
ド 上で障害が発生 し た と し て も 、 完全に コ ン ト ロ ールで き る 必要があ り ます。
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジー と ス ト レ ージ構成
ク ラ ス タ ト ポロ ジー と ス ト レージ構成
こ の項では、 一般的に使われ る ク ラ ス タ ト ポ ロ ジー と 、 その ト ポ ロ ジーを実現す
る ために使われてい る ス ト レージの構成について説明 し ます。
ベーシ ッ ク な共有ス ト レージ ク ラ ス タ
こ の構成では、 ク ラ ス タ の各 ノ ー ド は通常 SAN を利用 し て ス ト レージデバ イ ス
へ接続 さ れてい ます。 アプ リ ケーシ ョ ンに必要な ス ト レージにア ク セ ス し てい る
ノ ー ド でのみ、 そのアプ リ ケーシ ョ ン を起動 し ます。 た と えば、 複数の ノ ー ド で
形成 さ れたマルチ ノ ー ド ク ラ ス タ の場合、 デー タ ベース イ ン ス タ ン ス を実行す る
ノ ー ド は、 デー タ ベース の表領域、 REDO ロ グ、 制御フ ァ イ ルが格納 さ れてい る
ス ト レージにア ク セ ス で き る 必要があ り ます。 ま た、 共有デ ィ ス ク 構成は、 運用
も メ ン テナン ス も 容易です。 ノ ー ド ま たはアプ リ ケーシ ョ ンで障害が発生 し た場
合、 別の ノ ー ド でアプ リ ケーシ ョ ン を開始す る のに必要なデー タ はすべて共有
デ ィ ス ク に保存 さ れてい ます。
サー ビ ス
グループ
サー ビ ス
グループ
サー ビ ス
グルー プ
図 2-8
サー ビ ス
グループ
基本的な ク ラ ス タ の共有デ ィ ス ク アーキテ ク チ ャ
33
34
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジー と ス ト レ ージ構成
キ ャ ンパス ク ラ ス タ 、 ま たは メ ト ロポ リ タ ン ク ラ ス タ 、
共有ス ト レージ ク ラ ス タ
キ ャ ンパ ス環境では、 VCS と Veritas Volume Manager は、 複数のデー タ セン
タ ーや建物を ま た ぐ ク ラ ス タ の作成に使われます。 単一ス ト レージア レ イ の代わ
り に、 デー タ は Veritas Volume Manager を使っ て ア レ イ 間で ミ ラ ー化 さ れま
す。 こ の構成では、 両方のサ イ ト でデー タ の コ ピーが同期 さ れます。 こ の手順
は、 デー タ セ ン タ ー内の 2 つのア レ イ 間での ミ ラ ー化を行 う と き と 同 じ ですが、
こ の場合は広範囲に ま たがっ てい ます。
図 2-9
キ ャ ンパス共有ス ト レージ ク ラ ス タ
サイ ト A
SG
サイ ト B
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG
SG
Veritas Volume Manager
信頼性のあ る
デ ィ ス ク の RAID 1 ミ ラ ー
SG = サービ スグループ
キ ャ ンパ ス ク ラ ス タ には、 ハー ト ビー ト のための 2 つの独立 し たネ ッ ト ワ ー ク リ
ン ク 、 それぞれが高可用性デ ィ ス ク を提供す る 2 つの ス ト レージ ア レ イ 、 同 じ
IP サブネ ッ ト 上の建物間のパブ リ ッ ク ネ ッ ト ワ ー ク 接続が必要です。 キ ャ ンパ
ス ク ラ ス タ の設定が複数の異な る サブネ ッ ト 上に存在 し 、 サ イ ト ご と に設定が異
な る 場合、 VCS DNS エージ ェ ン ト を使っ てネ ッ ト ワ ー ク の変更を処理す る か、
ま たは DNS の変更を手動で発行 し ます。
551 ページの 「VCS キ ャ ンパ ス ク ラ ス タ の動作」 を参照 し て く だ さ い。
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジー と ス ト レ ージ構成
共有な し ク ラ ス タ
共有な し ク ラ ス タ の場合、 ノ ー ド 間で共有す る デ ィ ス ク シ ス テ ムは存在 し ませ
ん。 そ し て、 アプ リ ケーシ ョ ンに必要なデー タ は各 ノ ー ド の ロ ーカルデ ィ ス ク 上
に存在 し ます。 た と えば、 Web ベース のデー タ ベース シ ス テ ムで、 バ ッ ク エン
ド のデー タ ベース サーバーへ ク エ リ ーを発行す る Web サーバーを ク ラ ス タ で構
成 し た と し ます。 Web サーバーを実行す る のに必要なデー タ は ロ ーカルデ ィ ス
ク 上に存在す る ために、 Web サーバーを ク ラ ス タ 化 し た と し て も 、 デー タ を共
有す る 必要があ り ません。
図 2-10
共有な し ク ラ ス タ
35
36
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジー と ス ト レ ージ構成
RDC (Replicated Data Cluster)
RDC (Replicated Data Cluster) では、 共有デ ィ ス ク は存在 し ません。 代わ り
に、 レ プ リ ケーシ ョ ン製品が、 ノ ー ド 間のデー タ を同期 さ せます。 レ プ リ ケー
シ ョ ンは、 アプ リ ケーシ ョ ン、 ホ ス ト ま たは ス ト レージの レベルで実行す る こ と
がで き ます。 アプ リ ケーシ ョ ン レベルの レ プ リ ケーシ ョ ン製品には、 Oracle
DataGuard な ど があ り 、 シ ス テ ム間のデー タ の一貫性を SQL ま たはデー タ ベー
ス レベルで維持 し ます。 ま た、 ホ ス ト ベース の レ プ リ ケーシ ョ ン製品には、
Veritas Volume Replicator な ど があ り 、 論理ボ リ ュ ーム レベルでデー タ の一貫
性を維持 し ます。 ス ト レージ ま たはア レ イ ベース の レ プ リ ケーシ ョ ンは、 デ ィ ス
ク ま たは RAID の LUN レベルでデー タ の一貫性を維持 し ます。
次の図に、 共有デ ィ ス ク と RDC を混成 し たハ イ ブ リ ッ ド 型の ク ラ ス タ を示 し ま
す。 こ の例では、 共有デ ィ ス ク の ノ ー ド と RDC の ノ ー ド で、 サービ ス グループ
の優先度を変更 し てい ます。
図 2-11
共有ス ト レージ RDC (Replicated Data Cluster)
サービ スグループ
レ プ リ ケーシ ョ ン
RDC は ロ ーカルに フ ェールオーバーで き ない よ う に構成す る こ と も 可能ですが、
前述の よ う な共有デ ィ ス ク と の混成を推奨 し ます。
539 ページの 「VCS Replicated Data Cluster の動作」 を参照 し て く だ さ い。
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジー と ス ト レ ージ構成
グ ローバル ク ラ ス タ
グ ロ ーバル ク ラ ス タ は、 別の場所にあ る ク ラ ス タ を リ ン ク し 、 広域フ ェ ールオー
バー と デ ィ ザ ス タ リ カバ リ を可能に し ます。
ロ ーカル ク ラ ス タ は、 それぞれのサ イ ト ま たは建物で、 フ ェ ールオーバーを実行
し ます。 キ ャ ンパ ス ク ラ ス タ ま たは RDC を構築す る こ と で、 局所的な災害に対
処す る こ と が可能です。 洪水、 台風お よ び地震な ど の大規模な災害の場合、 街や
地域全体で停電が発生す る こ と があ り ます。 こ の よ う な場合、 物理的に遠 く 離れ
た場所にあ る サ イ ト にアプ リ ケーシ ョ ン を フ ェ ールオーバーす る こ と に よ っ て、
デー タ の可用性を実現 し ます。
図 2-12
グローバルク ラ ス タ
クライ
アン ト
クラスタ A
クライ
アン ト
クライ
アン ト
クライ
アン ト
リ ダ イ レ ク ト さ れた
ク ラ イアン ト
パブ リ ッ ク
ネ ッ ト ワー ク
クラスタ B
ア プ リ ケーシ ョ ン
フ ェ ール
オーバー
Oracle
グループ
Oracle
グルー プ
レ プ リ ケーシ ョ ン
デー タ
個別の
ス ト レ ージ
個別の
ス ト レ ージ
グ ロ ーバル ク ラ ス タ では、 あ る シ ス テ ム上のアプ リ ケーシ ョ ンに障害が発生 し た
場合、 そのアプ リ ケーシ ョ ンは同 じ ク ラ ス タ 内の別のシ ス テ ムに フ ェ ールオー
バー し ます。 ク ラ ス タ 全体に障害が発生 し た場合、 アプ リ ケーシ ョ ンは別の ク ラ
ス タ に フ ェ ールオーバー さ れます。 ま た、 グ ロ ーバルレベルの ク ラ ス タ 化では、
ロ ーカル ク ラ ス タ の共有デ ィ ス ク 上のデー タ を リ モー ト サ イ ト の ク ラ ス タ に レ プ
リ ケーシ ョ ン し てお く 必要があ り ます。
462 ページの 「VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ の動作」 を参照 し て く だ さ い。
37
38
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジーについて
ク ラ ス タ ト ポ ロ ジー と ス ト レ ージ構成
3
VCS 設定の概念
■
VCS 設定について
■
VCS 設定言語について
■
main.cf フ ァ イ ルについて
■
types.cf フ ァ イ ル
■
VCS の属性について
■
VCS キー ワー ド と 予約語について
■
VCS 環境変数
40 VCS 設定の概念
VCS 設定について
VCS 設定について
VCS の設定 と は、 VCS エン ジ ンに、 ク ラ ス タ 、 サービ ス グループ、 リ ソ ース、
リ ソ ース依存関係の定義を伝え る こ と です。 デフ ォ ル ト 設定では、 VCS は 2 つ
の設定フ ァ イ ルを使い ます。
■
main.cf - サービ ス グループ と リ ソ ース を含む ク ラ ス タ を定義する 。
■
types.cf - リ ソ ース タ イ プを定義す る 。
デフ ォ ル ト では、 こ れ ら 両方の フ ァ イ ルは次のデ ィ レ ク ト リ に格納 さ れてい
ます。
/etc/VRTSvcs/conf/config
エージ ェ ン ト が追加 さ れてい る 場合、 .cf と い う 拡張子を付けた フ ァ イ ル
(Oracletypes.cf な ど) が追加 さ れてい る こ と があ り ます。
VCS ク ラ ス タ で、 オン ラ イ ンにな る 最初のシ ス テ ムが フ ァ イ ルを読み込み、 設
定の内部 ( メ モ リ 内) 表現を作成 し ます。 シ ス テ ムは、 最初のシ ス テ ムが ク ラ ス
タ 内で動作 し てい る シ ス テ ムか ら 情報を派生す る と 、 オン ラ イ ンにな り ます。
コ マ ン ド ラ イ ンか ら フ ァ イ ルを変更 し てい る 間、 ク ラ ス タ を停止す る 必要があ り
ます。 設定フ ァ イ ルを編集す る こ と で行われた変更は、 ク ラ ス タ が再起動 さ れた
と き に有効にな り ます。 変更が行われた ノ ー ド は、 オン ラ イ ンに復旧 さ れ る 最初
の ノ ー ド であ る 必要があ り ます。
VCS 設定言語について
VCS 設定パ ラ メ ー タ と し て、 サービ ス グループお よ びその関連構成要素 ( リ
ソ ース タ イ プ、 リ ソ ースお よ び属性な ど) の設定を指定 し ます。 こ の情報は、 設
定フ ァ イ ル内に書 き込まれます。 こ の設定フ ァ イ ルの拡張子は .cf です。
設定フ ァ イ ルを作成す る には、 次のい く つかの方法があ り ます。
■
Web ベース の ク ラ ス タ 管理 コ ン ソ ールを使 う 。
■
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) を使 う 。
■
コ マ ン ド ラ イ ン イ ン タ ーフ ェ ース を使 う 。
■
VCS が起動 し ていない場合、 テ キ ス ト エデ ィ タ を使っ て フ ァ イ ルを作成お
よ び変更す る 。
VCS 設定の概念
main.cf フ ァ イルについて
main.cf フ ァ イルについて
main.cf フ ァ イ ルの書式は、 include 文 と 、 ク ラ ス タ お よ びシ ス テ ム、 サービ ス
グループ、 リ ソ ース の定義か ら 成 り ます。 ま た、 main.cf フ ァ イ ルで、 サービ ス
グループお よ び リ ソ ース の依存関係 も 設定 し ます。
■
Include 文 - 追加の設定フ ァ イ ルを main.cf に取 り 込みます。 通常、 追加の設
定フ ァ イ ルには、 types.cf フ ァ イ ルな ど の タ イ プ定義が含まれます。 一般
に、 カ ス タ ムエージ ェ ン ト は独自の フ ァ イ ルに タ イ プ定義を追加 し ます。
include "types.cf"
43 ページの 「main.cf に複数の .cf フ ァ イ ルを取 り 込む と き の注意事項」 を
参照 し て く だ さ い。
■
ク ラ ス タ 定義 - ク ラ ス タ 名や ク ラ ス タ ユーザー名を含む、 ク ラ ス タ の属性を
定義 し ます。
cluster demo (
UserNames = { admin = cDRpdxPmHzpS }
)"
692 ページの 「 ク ラ ス タ 属性」 を参照 し て く だ さ い。
■
シ ス テ ム定義 - ク ラ ス タ の一部に指定 さ れたシ ス テ ム を一覧表示 し ます。 シ
ス テ ム名は、 uname -a コ マ ン ド で返 さ れ る名前 と 一致す る必要があ り ます。
各サービ ス グループは、 こ の部分で定義 さ れてい る シ ス テ ムのサブセ ッ ト 上
で実行す る よ う に設定で き ます。
system Server1
system Server2
■
サービ ス グループ定義 - main.cf 内のサービ ス グループ定義は、 特定のサー
ビ ス グループの属性を定義 し ます。
group NFS_group1 (
SystemList = { Server1, Server2 }
AutoStartList = { Server1 }
)
667 ページの 「サービ ス グループ属性」 を参照 し て く だ さ い。
42 ページの 「SystemList 属性について」 を参照 し て く だ さ い。
■
リ ソ ース定義 - 特定のサービ ス グループで使われ る 各 リ ソ ース を定義 し ま
す。 リ ソ ースは任意の順序で追加す る こ と が可能で、 作成 し た設定フ ァ イ ル
を使っ た初めての VCS 起動時に hacf ユーテ ィ リ テ ィ がアルフ ァ ベ ッ ト 順に
リ ソ ース を配置 し ます。
DiskGroup DG_shared1 (
DiskGroup = shared1
)
■
リ ソ ース の依存関係定義 - リ ソ ース間の関係を定義 し ます。 依存関係は、 2
つの リ ソ ース名の間に requires と い う キーワ ー ド を入れて定義 し ます。
IP_resource requires NIC_resource
10 ページの 「 リ ソ ース と リ ソ ース の依存関係」 を参照 し て く だ さ い。
41
42 VCS 設定の概念
main.cf フ ァ イ ルについて
■
サービ ス グループの依存関係定義 - サービ ス グループの依存関係を設定する
には、 main.cf フ ァ イ ルのサービ ス グループの定義の中で requires と い う
キーワ ー ド で指定 し ます。 サービ ス グループの依存関係定義は、 main.cf
フ ァ イ ルの リ ソ ース定義 と リ ソ ース依存関係定義の間に記述 し ます。
group_x requires group_y
408 ページの 「サービ ス グループの依存関係について」 を参照 し て く だ
さ い。
SystemList 属性について
SystemList 属性は、 サービ ス グループを オン ラ イ ン化で き る すべてのシ ス テ ム
を指定 し ます。 デフ ォ ル ト では、 こ の属性に列挙 さ れた順番が、 フ ェ ールオー
バー時に使われ る シ ス テ ムの優先順位 と な り ます。 た と えば、 次の定義では
SystemA が フ ェ ールオーバーの最初の選択肢 と な り 、 続いて SystemB、
SystemC と い う 順にな り ます。
SystemList = { SystemA, SystemB, SystemC}
ま た、 シ ス テ ムの優先度は、 各シ ス テ ム名に数値を割 り 当て る こ と に よ り 、
SystemList に明示的に定義す る こ と も で き ます。 次に例を示 し ます。
SystemList = {SystemA=0, SystemB=1, SystemC=2}
優先度の数値を割 り 当てない場合、 シ ス テ ムには、 直前のシ ス テ ムの優先度に 1
を加え る と い う 方法で優先度が割 り 当て ら れます。 た と えば、 SystemList が次
の よ う に定義 さ れてい る 場合、 VCS は値 SystemA = 0、 SystemB = 2、 SystemC
= 3 を割 り 当て ます。
SystemList = {SystemA, SystemB=2, SystemC},
一部の状況では、 重複す る 優先度の数値が割 り 当て ら れ る こ と があ る ため注意が
必要です。
SystemList = { SystemA, SystemB=0, SystemC }
割 り 当て ら れ る 数値は、 SystemA = 0、 SystemB = 0、 SystemC = 1 です。
こ の状況を防ぐ には、 SystemList 内の各シ ス テ ムに数値を割 り 当てずにお く か、
それぞれ異な る 番号を割 り 当て ます。
初期設定
VCS を イ ン ス ト ールす る と 、 ク ラ ス タ 名、 ク ラ ス タ を形成 し てい る シ ス テ ム、
Cluster Manager のユーザー (ユーザー名 : admin、 パ ス ワー ド : password) が
設定 さ れた main.cf が作成 さ れます。
次に示すのは、 ク ラ ス タ 名が demo、 シ ス テ ムが SystemA お よ び SystemB であ
る main.cf の例です。
include "types.cf"
cluster demo (
UserNames = { admin = cDRpdxPmHzpS }
)
system SystemA
system SystemB
VCS 設定の概念
types.cf フ ァ イ ル
main.cf に複数の .cf フ ァ イルを取 り 込む と きの注意事項
main.cf フ ァ イ ルに複数の設定フ ァ イ ルを取 り 込む こ と がで き ます。 次に例を示
し ます。
include "applicationtypes.cf"
include "listofsystems.cf"
include "applicationgroup.cf"
他の .cf フ ァ イ ルを main.cf に取 り 込む場合、 次の事項に留意 し て く だ さ い。
■
リ ソ ース タ イ プ定義は、 その リ ソ ース タ イ プを使 う ど のグループの定義 よ り
も 前に配置す る 必要があ り ます。
次の例では、 アプ リ ケーシ ョ ンのサービ ス グループ定義を含む
applicationgroup.cf フ ァ イ ルを取 り 込みます。 こ のサービ ス グループには、
applicationtypes.cf フ ァ イ ルで リ ソ ース タ イ プが定義 さ れ る リ ソ ース が含ま
れてい ます。 こ の と き main.cf フ ァ イ ルでは、 applicationtypes.cf フ ァ イ ル
の取 り 込み定義を先に記述す る 必要があ り ます。 次に例を示 し ます。
include "applicationtypes.cf"
include "applicationgroup.cf"
■
main.cf フ ァ イ ルの外部でハー ト ビー ト を定義 し てハー ト ビー ト 定義フ ァ イ
ルを取 り 込む場合、 main.cf フ ァ イ ルを保存す る と ハー ト ビー ト 定義が
main.cf フ ァ イ ルに直接追加 さ れます。
types.cf フ ァ イル
types.cf フ ァ イ ルは、 VCS エン ジ ンの標準 リ ソ ース タ イ プについて、 特定の リ
ソ ース を制御す る ために必要な詳細デー タ を記述 し てい ます。
次の例は、 Linux の DiskGroup リ ソ ース タ イ プ定義を示 し ます。
type DiskGroup (
static keylist SupportedActions = { "license.vfd",
"license.vfd", "disk.vfd", "udid.vfd", "verifyplex.vfd",
checkudid, campusplex, volinuse, numdisks, joindg,
splitdg, getvxvminfo }
static int NumThreads = 1
static int OnlineRetryLimit = 1
static str ArgList[] = { DiskGroup, StartVolumes,
StopVolumes, MonitorOnly, MonitorReservation,
PanicSystemOnDGLoss, tempUseFence, DiskGroupType,
UmountVolumes }
str DiskGroup
boolean StartVolumes = 1
boolean StopVolumes = 1
boolean MonitorReservation = 0
boolean PanicSystemOnDGLoss = 0
temp str tempUseFence = INVALID
str DiskGroupType = private
int UmountVolumes = 0
)
43
44 VCS 設定の概念
types.cf フ ァ イル
タ イ プ定義は、 2 つの重要な機能を果た し てい ます。
■
各属性に対 し て設定で き る タ イ プの値を定義 し ます。
DiskGroup の例では、 NumThreads 属性 と OnlineRetryLimit 属性は両方 と
も int (整数) で定義 さ れます。 DiskGroup、 StartVolumes お よ び
StopVolumes 属性は、 str (文字列) で定義 さ れます。
45 ページの 「属性のデー タ 形式」 を参照 し て く だ さ い。
■
ArgList 属性を通 じ て VCS エン ジ ンに渡 さ れ る パ ラ メ ー タ を定義 し ます。
static str ArgList[] = { xxx, yyy, zzz } 行は、 リ ソ ース の監視、 リ ソ ース の開
始、 リ ソ ース の停止をす る ためにパ ラ メ ー タ がエージ ェ ン ト に渡 さ れ る 順序
を定義 し ます。
も う 1 つの例 と し て、 IP リ ソ ース の main.cf お よ び types.cf を示 し ます。
Linux の main.cf
IP nfs_ip1 (
Device = eth0
Address = "192.168.1.201"
)
Linux の types.cf
type IP (
static keylist SupportedActions = { "device.vfd", "route.vfd" }
static str ArgList[] = { Device, Address, NetMask, Options}
str Device
str Address
str NetMask
str Options
)
高可用性ア ド レ スは、 Device 属性に よ っ て定義 さ れた イ ン タ ーフ ェ ース で設定
さ れます。
IP ア ド レ スは、 ピ リ オ ド を含んだ文字列であ る ため、 二重引用符で囲みます。
45 ページの 「属性のデー タ 形式」 を参照 し て く だ さ い。
VCS エン ジ ンは、 online、 offline、 clean お よ び monitor について同 じ 引数を IP
エージ ェ ン ト に渡 し ます。 エン ジ ンか ら 引 き 渡 さ れた引数を使 う か ど う かは、
エージ ェ ン ト 自体が判断 し ます。 VCS ク ラ ス タ では、 すべての リ ソ ース名が重
複 し ていない必要があ り ます。
VCS 設定の概念
VCS の属性について
VCS の属性について
VCS コ ン ポーネ ン ト は、 属性を使っ て設定 し ます。 グ ロ ーバル ク ラ ス タ を使 う
場合、 属性のデー タ には、 ク ラ ス タ 、 シ ス テ ム、 サービ ス グループ、 リ ソ ース、
リ ソ ース タ イ プ、 エージ ェ ン ト お よ びハー ト ビー ト な ど があ り ます。 た と えば、
サービ ス グループの SystemList 属性値は、 そのグループ をオン ラ イ ン化す る シ
ス テ ム、 お よ びグループを オン ラ イ ン化す る と き の優先順位を定義 し ます。 属性
は定義 と 値で構成 さ れます。 ま た、 属性には、 値が指定 さ れていない場合に割 り
当て ら れ る デフ ォ ル ト 値 も あ り ます。
属性のデー タ 形式
VCS では、 次の属性のデー タ 形式をサポー ト し ます。
文字列
文字列は、 二重引用符で囲 まれた文字の列です。 文字列中に二重引用
符を含む場合、 二重引用符の前に円記号 (¥) を挿入 し 、 [¥"] と 表現
し ます。 ま た、 文字列中に円記号 (¥) を含む場合は、 [¥¥] と 表現 し
ます。 文字列がアルフ ァ ベ ッ ト で始 ま り 、 文字列内に含 まれ る も のが
半角英数字、 ダ ッ シ ュ (-) お よ び下線 (_) のみの場合、 二重引用符
は必要あ り ま せん。 た と えば、 ネ ッ ト ワ ー ク イ ン タ ーフ ェ ー ス を定義
す る 文字列 (hme0 や eth0) は、 文字列内が文字お よ び数字のみのた
め、 二重引用符は必要あ り ま せん。 ただ し 、 IP ア ド レ ス を定義す る 文
字列は ピ リ オ ド を含むため、 二重引用符が必要です ("192.168.100.1"
な ど)。
整数
整数符号付 き 正数定数、 0 - 9 のア ラ ビ ア数字で表 し た数列です。 数列
の前にダ ッ シ ュ (-) を使え、 10 進数で解釈 さ れ ます。 こ こ で使え る
整数は、 符号付 き 32 ビ ッ ト の整数 21471183247 を超え る こ と はで き
ま せん。
ブール
ブールは、 0 (偽) ま たは 1 (真) を表す整数です。
45
46 VCS 設定の概念
VCS の属性について
属性値の種類
VCS の属性には次の値の種類があ り ます。
スカ ラー
ス カ ラ ーには値が 1 つ し か あ り ま せん。 こ れは、 デフ ォ ル ト の値の種
類です。
ベク ト ル
ベ ク ト ルは、 順序付け ら れた値の リ ス ト です。 各値には、 0 か ら 始 ま
る 正の整数を使っ て イ ンデ ッ ク ス が付け ら れ ます。 コ ン マ (,) ま たは
セ ミ コ ロ ン (;) を使っ て値を区切 り ます。 属性名の後で値を角カ ッ コ
([]) のセ ッ ト で囲む こ と で、 こ の値の種類がベ ク ト ルであ る こ と を示
し ます。
た と えば、 エージ ェ ン ト の ArgList は次の よ う に定義 さ れ ま す。
static str ArgList[] = {RVG, DiskGroup, Primary, SRL,
Links}
キー リ ス ト
キー リ ス ト は、 順序付け ら れていない文字列の リ ス ト です。 各文字列
は、 リ ス ト 内で重複 し てい ま せん。 コ ン マ (,) ま たはセ ミ コ ロ ン (;)
を使っ て値を区切 り ま す。
た と えば、 VCS 起動時 (通常はシ ス テ ム起動時) に、 サービ ス グ
ループがオ ン ラ イ ン と な る シ ス テ ム を指定す る には、 次の よ う に設
定 し ま す。
AutoStartList = {SystemA; SystemB; SystemC}
関連
関連は、 順序付け ら れていない文字列 と 値の組み合わせです。 コ ン マ
(,) ま たはセ ミ コ ロ ン (;) を使っ て値を区切 り ま す。
属性名の後が波カ ッ コ ({}) で囲 まれたデー タ は、 属性が関連で あ る
こ と を示 し ます。
た と えば、 サービ ス グループ をオ ン ラ イ ン化で き る よ う に設定 さ れて
い る シ ス テ ム と 、 そのシ ス テ ム の優先度を指定す る には、 次の よ う に
設定 し ま す。
SystemList = { SystemA=1, SystemB=2, SystemC=3 }
VCS 設定の概念
VCS の属性について
属性 と ク ラ ス タ オ ブ ジ ェ ク ト
VCS には、 属性が適用 さ れ る ク ラ ス タ オブジ ェ ク ト に応 じ て、 次の種類の属性
があ り ます。
ク ラ ス タ 属性
ク ラ ス タ を定義す る 属性。
た と えば、 ClusterName お よ び ClusterAddress があ り ま す。
サービ ス グループ ク ラ ス タ 内のサービ ス グループ を定義す る 属性。
属性
た と えば、 Administrator お よ び ClusterList があ り ま す。
シ ス テ ム属性
ク ラ ス タ 内のシ ス テ ム を定義す る 属性。
た と えば、 Capacity お よ び Limit があ り ま す。
リ ソース タ イ プ
属性
VCS の リ ソ ース タ イ プ を定義す る 属性。 こ の属性は、 さ ら に次の よ う
に分類 さ れ ま す。
■
■
■
リ ソ ー ス属性
タ イ プ独立型 - すべてのエージ ェ ン ト ( リ ソ ース タ イ プ) が認識
す る 属性です。 例 : RestartLimit 属性 と MonitorInterval 属性。
こ れ ら は任意の リ ソ ー ス タ イ プに設定で き ます。
通常、 こ れ ら の属性は、 特定の タ イ プのすべての リ ソ ー ス に設定
さ れ ま す。 た と えば、 IP リ ソ ー ス タ イ プの MonitorInterval を設
定す る と 、 すべての IP リ ソ ー ス に影響 し ま す。
タ イ プ依存型 - 特定の リ ソ ー ス タ イ プに適用 し ま す。 こ れ ら の属
性は、 エージ ェ ン ト の タ イ プ定義フ ァ イ ル (types.cf) に表示 さ
れ ます。
例 : Address 属性は、 IP リ ソ ー ス タ イ プにのみ属 し ま す。
types.cf フ ァ イ ルで定義 さ れた属性は、 特定の リ ソ ース タ イ プの
すべての リ ソ ー ス に適用 さ れ ます。 main.cf フ ァ イ ルに こ れ ら の
属性を定義す る と 、 特定の リ ソ ー ス に関す る types.cf フ ァ イ ルの
値が上書 き さ れ ます。
た と えば、 types.cf フ ァ イ ルで DiskGroup に StartVolumes = 1 を
設定す る と 、 すべての DiskGroup リ ソ ー ス の StartVolumes のデ
フ ォ ル ト 値が True に設定 さ れ ます。 main.cf フ ァ イ ルで こ の値を
設定す る と 、 リ ソ ー ス ご と に こ の値を上書 き し ます。
静的 - こ れ ら の属性は特定の リ ソ ー ス タ イ プすべてに適用 さ れ ま
す。 こ れ ら の属性は、 static と い う 語が先頭に付加 さ れ、 リ ソ ー
ス の引数 リ ス ト には含 ま れ ま せん。 一部の静的属性は、 無効化や
リ ソ ー ス 固有の値の割 り 当てが可能です。
229 ページの 「 リ ソ ー ス タ イ プの静的属性の無効化」 を参照 し て
く だ さ い。
特定の リ ソ ー ス を定義す る 属性。
一部の リ ソ ー ス 属性は、 タ イ プ独立型です。 た と えば、 Critical 属性
はすべての リ ソ ース に設定す る こ と がで き ます。
一部の リ ソ ー ス 属性は タ イ プ依存型です。 た と えば、 Address 属性は、
IP リ ソ ース に関連す る IP ア ド レ ス を定義 し ま す。 こ れ ら の属性は、
main.cf フ ァ イ ルで定義 さ れ ます。
47
48 VCS 設定の概念
VCS の属性について
複数のシ ス テムに適用 さ れる属性範囲 : グ ローバル属性 と
ロー カル属性
すべてのシ ス テ ムに適用 さ れ る 値を持つ属性の適用範囲は、 グ ロ ーバルです。 値
がシ ス テ ム単位で適用 さ れ る 属性の適用範囲は ロ ーカル です。 ア ッ ト マー ク
(@) で、 ローカル値が適用 さ れ る シ ス テ ム を指定 し ます。
次に以下の リ ソ ース タ イ プでの ロ ーカル属性の設定例を示 し ます。 こ の場合、
IP ア ド レ スお よ びルーテ ィ ン グオプシ ョ ンはマシ ン ご と に異な る 設定が行われ
ます。
Linux の MultiNICA 定義
MultiNICA mnic (
Device@vcslx3 = { eth0 = "166.98.16.103", eth1 = "166.98.16.103"
}
Device@vcslx4 = { eth0 = "166.98.16.104", eth2 = "166.98.16.104"
}
NetMask = "255.255.255.0"
RouteOptions@vcslx3 = "-net 192.100.201.0 192.100.13.7"
RouteOptions@vcslx4 = "-net 192.100.201.1 192.100.13.8"
)
属性の有効期間 : 一時属性
types.cf フ ァ イ ルでは一時属性を定義で き ます。 一時属性値は、 VCS が動作 し て
い る 間は メ モ リ に保持 さ れます。 一時属性の値は、 ク ラ ス タ の再起動時には利用
で き ません。 こ れ ら の属性値は main.cf フ ァ イ ルには保存 さ れません。
一時属性は永続属性に変更で き ず、 永続属性を一時属性に変更す る こ と も で き ま
せん。 設定を保存す る と 、 VCS に よ っ て一時属性 と そのデフ ォ ル ト 値が types.cf
フ ァ イ ルに保存 さ れます。
こ れ ら の属性の範囲は、 1 つの ノ ー ド に対 し て ロ ーカルにで き ます。 ま た、 ク ラ
ス タ のすべての ノ ー ド に対 し てグ ロ ーバルにす る こ と も で き ます。 ロ ーカル属性
は、 ノ ー ド が ク ラ ス タ の一部でな く て も 定義で き ます。
こ れ ら の属性は、 VCS の実行中にのみ定義お よ び変更で き ます。
213 ページの 「 リ ソ ース属性の追加、 削除、 変更」 を参照 し て く だ さ い。
VCS 設定の概念
VCS キーワー ド と 予約語について
VCS オ ブ ジ ェ ク ト に対するサイ ズ制限
次の VCS オブジ ェ ク ト は、 最大 1024 文字に制限 さ れてい ます。
■
サービ ス グループ名
■
リ ソ ース名
■
リ ソ ース タ イ プ名
■
ユーザー名
■
属性名
VCS のパ ス ワー ド は、 最大 255 文字に制限 さ れてい ます。 最大 255 文字のパス
ワ ー ド を入力で き ます。
VCS キーワー ド と 予約語について
次に、 VCS の設定パ ラ メ ー タ と し て使われてい る 予約語一覧を示 し ます。 こ れ
ら は、 大文字小文字が区別 さ れます。
action
false
keylist
remotecluster
static
after
firm
local
requires
stop
ArgListValues
global
offline
resource
str
before
group
online
set
system
boolean
Group
MonitorOnly
Signaled
System
cluster
hard
Name
soft
temp
Cluster
heartbeat
NameRule
start
type
condition
HostMonitor
Path
Start
Type
ConfidenceLevel int
Probed
state
VCShm
event
remote
State
VCShmg
IState
49
50 VCS 設定の概念
VCS 環境変数
VCS 環境変数
表 3-1 では VCS 環境変数を一覧 し ます。
52 ページの 「VCS 環境変数の定義」 を参照 し て く だ さ い。
53 ページの 「VCS モジ ュ ールを起動お よ び停止する ための環境変数」 と
346 ページの 「 コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーに関連す る 環境変数」 も
参照 し て く だ さ い。
表 3-1
VCS 環境変数
環境変数
定義 と デ フ ォル ト 値
PERL5LIB
Perl 実行フ ァ イ ルのルー ト デ ィ レ ク ト リ 。 (Windows のみに該当 )
デフ ォ ル ト : イ ン ス ト ール先 ド ラ イ ブ :¥Program Files¥VERITAS¥
cluster server¥lib¥perl5。
VCS_CONF
VCS 設定フ ァ イ ルのルー ト デ ィ レ ク ト リ 。
デフ ォ ル ト : /etc/VRTSvcs
メ モ : こ の変数を追加 ま たは変更す る 場合、 シ ス テ ム を再ブー ト
し て変更内容を適用す る 必要があ り ます。
VCS_DOMAIN
ユーザーが属 し てい る セ キ ュ リ テ ィ ド メ イ ン名。
Symantec Product Authentication Service は、 こ の環境変数を使
用 し て リ モー ト ホ ス ト 上の VCS ユーザーを認証 し ます。
デフ ォ ル ト : 環境変数 VCS_HOST ま たは .vcshost フ ァ イ ルの中で
定義 さ れた、 リ モー ト ホ ス ト の完全修飾ホ ス ト 名。
VCS_DOMAINTYPE
unixpwd、 NT、 NIS、 NIS+、 ldap、 vx の よ う なセ キ ュ リ テ ィ ド メ
イ ン タ イ プ。
Symantec Product Authentication Service は、 こ の環境変数を使
用 し て リ モー ト ホ ス ト 上の VCS ユーザーを認証 し ます。
デフ ォ ル ト : unixpwd
VCS_DIAG
VCS が HAD コ ア と FFDC デー タ を ダ ンプす る デ ィ レ ク ト リ 。
VCS_ENABLE_LDF
ロ グデー タ フ ァ イ ル (LDF) を生成す る か ど う か を指定 し ます。 0
以外の整数に設定す る と LDF が生成 さ れ ま す。 LDF を生成 し ない
場合は、 0 を設定 し ま す。
VCS_HOME
VCS 実行フ ァ イ ルのルー ト デ ィ レ ク ト リ 。
デフ ォ ル ト : /opt/VRTSvcs
VCS_HOST
ha コ マ ン ド を実行す る VCS ノ ー ド 。
VCS 設定の概念
VCS 環境変数
表 3-1
VCS 環境変数
環境変数
定義 と デ フ ォル ト 値
VCS_GAB_PORT
VCS が接続に使 う GAB ポー ト 。
デフ ォ ル ト : h
VCS_GAB_TIMEOUT
HAD が GAB にハー ト ビー ト を送信す る タ イ ム ア ウ ト ( ミ リ 秒)。
デフ ォ ル ト : 30000
メ モ : 指定 し た タ イ ム ア ウ ト を過ぎ る と 、 GAB が HAD を強制終
了 さ せ、 シ ス テ ム上のア ク テ ィ ブなサービ ス グループがすべて無
効 と な り ます。
VCS_GAB_RMTIMEOUT
HAD が GAB に登録す る タ イ ム ア ウ ト (秒)。
デフ ォ ル ト : 200
576 ページの 「登録の監視」 を参照 し て く だ さ い。
VCS_GAB_RMACTION
VCS_GAB_RMTIMEOUT
を超過 し た と き の GAB の動作を制御 し ます。
次の値を設定で き ます。
■
PANIC - GAB はシ ス テ ムパニ ッ ク を引 き 起 こ す
■
SYSLOG - GAB は適切な メ ッ セージ を ロ グに記録す る
デフ ォ ル ト : SYSLOG
576 ページの 「登録の監視」 を参照 し て く だ さ い。
VCS_HAD_RESTART_
TIMEOUT
HAD を再起動す る ま で hashadow プ ロ セ ス が待機す る 時間
(ス リ ープ時間) を こ の変数で指定 し ます。
デフ ォ ル ト : 0
VCS_LOG
ロ グ フ ァ イ ルお よ び一時フ ァ イ ルのルー ト デ ィ レ ク ト リ 。
デフ ォ ル ト : /var/VRTSvcs
メ モ : こ の変数を追加 ま たは変更す る 場合、 シ ス テ ム を再ブー ト
し て変更内容を適用す る 必要があ り ます。
VCS_SERVICE
VCS のサービ ス 名。
デフ ォ ル ト : vcs
メ モ : VCS エ ン ジ ン (HAD) を起動す る 前に、 特定のサービ ス を
設定 し てお く 必要があ り ま す。 サービ ス が指定 さ れていない場
合、 VCS エ ン ジ ン はポー ト 14141 で起動 し ます。
51
52 VCS 設定の概念
VCS 環境変数
表 3-1
VCS 環境変数
環境変数
定義 と デ フ ォル ト 値
VCS_TEMP_DIR
hacf が必要 と す る 、 ま たは生成す る 一時情報が格納 さ れ る デ ィ レ
ク ト リ。
デフ ォ ル ト : /var/VRTSvcs
次の場合、 こ のデ ィ レ ク ト リ は、 /tmp に作成 さ れ ます。
■
変数が設定 さ れていない。
■
変数は設定 さ れてい る が、 こ の変数が設定 さ れ る デ ィ レ ク ト
リ が存在 し ない。
■
ユーテ ィ リ テ ィ hacf がデフ ォ ル ト の場所を見つけ る こ と が
で き ない。
VCS 環境変数の定義
VCS の環境変数は、 /opt/VRTSvcs/bin/ にあ る vcsenv フ ァ イ ルで定義 し ます。
こ れ ら の変数は、 hastart コ マン ド が実行 さ れ る と VCS に対 し て有効にな り
ます。
変数を設定す る には、 VCS が起動す る シ ェ ルに適 し た構文を使い ます。 た と え
ば、 bash シ ェ ルを使 う 場合は、 次の よ う に変数を定義 し ます。
export VCS_GAB_TIMEOUT = 18000
export umask = 011
デフ ォ ル ト では、 VCS で生成 さ れた フ ァ イ ルはシ ス テ ムの umask 設定を継承 し
ます。 VCS で生成 さ れた フ ァ イ ルに対す る シ ス テ ムの umask 設定を上書き する
には、 vcsenv フ ァ イ ルに umask 値を定義 し ます。
VCS 設定の概念
VCS 環境変数
VCS モ ジ ュ ールを起動および停止する ための環境変数
LLT、 GAB、 VxFEN、 VCS エン ジ ンの起動 と 停止の環境変数は、 シ ス テ ムの再起
動中に こ れ ら のモジ ュ ールを起動す る 、 ま たはシ ス テ ムの停止処理中に こ れ ら の
モジ ュ ールを停止す る と き の VCS のデフ ォ ル ト の動作を定義 し ます。
メ モ : LLT、 GAB、 VxFEN、 VCS エン ジ ンの起動 と 停止は互いに依存関係にあ り
ます。 VCS の ク リ ーン な起動ま たは停止のためには、 こ れ ら の全モジ ュ ールを
対象に起動モー ド と 停止モー ド を有効ま たは無効にす る 必要があ り ます。
単一 ノ ー ド の VCS ク ラ ス タ では、 LLT、 GAB、 VxFEN の起動 と 停止の環境変数
を無効にで き ます。
表 3-2 は、 起動 と 停止の環境変数の一覧です。
表 3-2
VCS の起動 と 停止の環境変数
環境変数
定義 と デ フ ォル ト 値
LLT_START
LLT の起動モー ド 。 デフ ォ ル ト では、 LLT の起動はシ ス テ ム の再
ブー ト 後に有効にな り ます。
こ の環境変数は次の フ ァ イ ルで定義 さ れ ます。
/etc/sysconfig/llt
デフ ォ ル ト : 1
LLT_STOP
LLT の停止モー ド 。 デフ ォ ル ト では、 LLT の停止はシ ス テ ム の停
止後に有効にな り ま す。
こ の環境変数は次の フ ァ イ ルで定義 さ れ ます。
/etc/sysconfig/llt
デフ ォ ル ト : 1
GAB_START
GAB の起動モー ド 。 デフ ォ ル ト では、 GAB の起動はシ ス テ ム の再
ブー ト 後に有効にな り ます。
こ の環境変数は次の フ ァ イ ルで定義 さ れ ます。
/etc/sysconfig/gab
デフ ォ ル ト : 1
GAB_STOP
GAB の停止モー ド 。 デフ ォ ル ト では、 GAB の停止はシ ス テ ム の停
止後に有効にな り ま す。
こ の環境変数は次の フ ァ イ ルで定義 さ れ ます。
/etc/sysconfig/gab
デフ ォ ル ト : 1
53
54 VCS 設定の概念
VCS 環境変数
表 3-2
VCS の起動 と 停止の環境変数
環境変数
定義 と デ フ ォル ト 値
VXFEN_START
VxFEN の起動モー ド 。 デフ ォ ル ト では、 VxFEN の起動はシ ス テ
ムの再ブー ト 後に有効にな り ます。
こ の環境変数は次の フ ァ イ ルで定義 さ れ ま す。
/etc/sysconfig/vxfen
デフ ォ ル ト : 1
VXFEN_STOP
VxFEN の停止モー ド 。 デフ ォ ル ト では、 VxFEN の停止はシ ス テ
ムの停止後に有効にな り ます。
こ の環境変数は次の フ ァ イ ルで定義 さ れ ま す。
/etc/sysconfig/vxfen
デフ ォ ル ト : 1
VCS_START
VCS エ ン ジ ン の起動モー ド 。 デフ ォ ル ト では、 VCS エ ン ジ ン の起
動はシ ス テ ム の再ブー ト 後に有効にな り ま す。
こ の環境変数は次の フ ァ イ ルで定義 さ れ ま す。
/etc/sysconfig/vcs
デフ ォ ル ト : 1
VCS_STOP
VCS エ ン ジ ン の停止モー ド 。 デフ ォ ル ト では、 VCS エ ン ジ ン の停
止はシ ス テ ム の停止後に有効にな り ます。
こ の環境変数は次の フ ァ イ ルで定義 さ れ ま す。
/etc/sysconfig/vcs
デフ ォ ル ト : 1
II
管理 - VCS の利用法
■
57 ページの第 4 章 「VCS ユーザー権限モデルについて」
■
65 ページの第 5 章 「Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ
の管理」
■
165 ページの第 6 章 「 コ マ ン ド ラ イ ンに よ る ク ラ ス タ の管理」
■
233 ページの第 7 章 「VCS でのアプ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ース の設定」
■
253 ページの第 8 章 「VCS Simulator を使っ た VCS の動作の予測」
56
4
VCS ユーザー権限モデル
について
■
VCS ユーザー権限 と ユーザー ロ ールについて
■
管理者がユーザーに ロ ールを割 り 当て る 方法
■
セキ ュ アモー ド で動作 し てい る ク ラ ス タ での OS ユーザーグループのユー
ザー権限
■
複数の ロ ールを持つユーザーの VCS 権限について
58 VCS ユーザー権限モデルについて
VCS ユーザー権限 と ユーザーロ ールについて
VCS ユーザー権限 と ユーザーロールについて
ロ グ イ ンに使 う 権限に応 じ て、 ク ラ ス タ の操作が制限 さ れ る 場合があ り ます。
VCS には、 Administrator、 Operator、 Guest の 3 種類の権限レベルがあ り ます。
VCS は、 事前に定義 さ れたユーザー ロ ールを提供 し ます。 こ の ロ ールには、 そ
れぞれ特定の権限レベルがあ り ます。 た と えば、 最 も 権限が少ない ロ ールは
Guest であ り 、 最 も 権限が多い ロ ールは Cluster Administrator です。
629 ページの 「VCS のユーザー権限 - 管理 コ マン ド マ ト リ ッ ク ス」 を参照 し て
く だ さ い。
VCS 権限レ ベルについて
VCS 権限レベルの種類は次の と お り です。
■
Administrator - ク ラ ス タ、 サービ ス グループ、 シ ス テ ム、 リ ソ ース、 ユー
ザーに関す る オプシ ョ ン設定を含むすべての操作を実行で き ます。
■
Operator - ク ラ ス タ ま たはサービ ス グループでの特定の操作を実行で き
ます。
■
Guest - 特定のオブジ ェ ク ト を表示で き ます。
VCS のユーザーロールについて
表 4-1 では、 事前定義 さ れた VCS ユーザー ロ ール と 、 関連付け ら れてい る ユー
ザー権限を ま と めてい ます。
表 4-1
VCS のユーザーロール
ユーザーロール
権限
Cluster
Administrator
Cluster Administrator は、 ク ラ ス タ の設定の読み書 き 両用モー ド
への変更、 グループの作成 と 削除、 グループ依存関係の設定、 シ
ス テ ム の追加 と 削除、 ユーザーの追加、 変更、 削除な ど、 すべて
の権限が割 り 当て ら れ ま す。 すべてのグループ操作お よ び リ ソ ー
ス 操作が許可 さ れ ます。 Cluster Administrator 権限を持つユー
ザーは、 他のユーザーの権限やパ ス ワ ー ド を変更す る こ と も で き
ま す。
ク ラ ス タ を停止す る には、 Cluster Administrator が ロ ーカルシ ス
テ ムに対す る 管理者権限を持っ てい る こ と が必要です。
メ モ : Cluster Administrator は、 設定を読み書 き 両用モー ド に変更
し た後に、 自分自身や他のユーザーのパ ス ワ ー ド を変更で き ます。
Cluster Administrator は、 リ ソ ー ス タ イ プ を作成、 削除で き ま す。
VCS ユーザー権限モデルについて
VCS ユーザー権限 と ユーザーロールについて
表 4-1
VCS のユーザーロール
ユーザーロール
権限
Cluster Operator
Cluster Operator は、 すべての ク ラ ス タ 、 グループ、 リ ソ ー ス レベ
ルを操作す る こ と がで き ます。 こ の操作には、 ユーザー自身のパ
ス ワ ー ド の変更や、 サービ ス グループのオ ン ラ イ ン化 と オ フ ラ イ
ン化な ど が含ま れ ます。
メ モ : Cluster Operator は、 設定が読み書 き 両用モー ド で あ る 場合
にのみ、 自分のパ ス ワ ー ド を変更で き ます。 設定を読み書 き 両用
モー ド に変更で き る のは、 Cluster Administrator です。
こ の ロ ールを持つユーザーには、 特定のサービ ス グループに対す
る Group Administrator 権限を割 り 当て る こ と がで き ます。
Group
Administrator
Group Administrator は、 特定のグループについて、 グループ と リ
ソ ー ス のオ ン ラ イ ン化やオ フ ラ イ ン化、 リ ソ ース の作成、 削除な
ど、 サービ ス グループに関す る すべての操作を実行で き ます。 ま
た、 リ ソ ー ス依存関係を作成 し た り 、 サービ ス グループの フ リ ー
ズやア ン フ リ ーズがで き ます。 Group Administrator は、 サービ ス
グループ を作成 ま たは削除す る こ と はで き ま せん。
Group Operator
Group Operator は、 サービ ス グループ と リ ソ ース のオ ン ラ イ ン
化 と オ フ ラ イ ン化がで き ます。 ま た こ のユーザーは、 サービ ス
グループ を一時的に フ リ ーズ ま たはア ン フ リ ーズす る こ と がで
き ま す。
Cluster Guest
Cluster Guest は、 ク ラ ス タ を参照す る 権限 し か持っ てい ません。
つ ま り 、 設定を表示で き ますが、 変更を実行す る こ と はで き ませ
ん。 ク ラ ス タ の設定が読み書 き 両用モー ド で あ る 場合に限 り 、
ユーザー自身のパ ス ワ ー ド を変更で き ます。 ユーザーを追加ま た
は更新す る こ と はで き ません。 ま た、 こ の権限を持つユーザーに
は、 特定のサービ ス グループの Group Administrator 権限 ま たは
Group Operator 権限を割 り 当て る こ と も で き ます。
メ モ : デフ ォ ル ト では、 新 し く 作成 さ れたユーザーには、 Cluster
Guest 権限が割 り 当て ら れ ます。
Group Guest
Group Guest は、 サービ ス グループ を参照す る 権限 し か持っ てい ま
せん。 つ ま り 、 設定を表示で き ますが、 変更を実行す る こ と はで
き ま せん。 Group Guest の ロ ールは、 セ キ ュ アモー ド で動作 し てい
る ク ラ ス タ でのみ使用可能です。
59
60 VCS ユーザー権限モデルについて
VCS ユーザー権限 と ユーザーロ ールについて
VCS ロールの階層について
次の図は、 各種の ロ ール と こ れ ら が相互に重複す る 様子を示 し ます。
Cluster Administrator
次の権限を含みます
Group Administrator
次の権限を含みます
Cluster Operator
次の権限を含みます
Group Operator
次の権限を含みます
Cluster Guest
次の権限を含みます
Group Guest
た と えば、 Cluster Administrator には Group Administrator の権限が含まれ、
Group Administrator には Group Operator の権限が含まれます。
CLI コ マ ン ド のユーザー権限
管理者ま たは root の権限を使用 し て ロ グ イ ン し たユーザーには、 Cluster
Administrator 権限を越え る 権限 ( ク ラ ス タ の起動や停止な ど) が与え ら れ
ます。
root 権限を持た ない場合、 VCS は haxxx コ マン ド の実行時に VCS のユーザー名
と パ ス ワ ー ド を求め ます。
halogin コ マン ド を使用 し て信用証明を保存す る と 、 VCS コ マ ン ド を実行する
たびに信用証明を入力す る 必要があ り ません。
182 ページの 「VCS への ロ グ イ ン」 を参照 し て く だ さ い。
グ ローバル ク ラ ス タ でのユーザー権限
ク ラ ス タ 間のオン ラ イ ン操作ま たはオ フ ラ イ ン操作は、 その操作を開始す る ユー
ザーが次の権限の う ちいずれかを保持 し てい る 場合にのみ VCS で許可 さ れます。
■
リ モー ト ク ラ ス タ のグループに対す る Group Administrator ま たは Group
Operator 権限
■
リ モー ト ク ラ ス タ の Cluster Administrator ま たは Cluster Operator 権限
ク ラ ス タ 間の切 り 替え操作は、 その操作を開始す る ユーザーが次の権限を保持 し
てい る 場合のみ VCS で許可 さ れます。
■
両 ク ラ ス タ のグループに対す る Group Administrator ま たは Group
Operator 権限
■
両 ク ラ ス タ の Cluster Administrator ま たは Cluster Operator 権限
VCS ユーザー権限モデルについて
管理者がユーザーに ロールを割 り 当て る方法
セキ ュ ア モー ド で動作 し てい る ク ラ ス タ に対応する
ユーザーの権限
セキ ュ アモー ド では、 VCS に よ っ て、 すべてのネ イ テ ィ ブユーザーに Guest 権
限が割 り 当て ら れます。
セキ ュ アモー ド で動作 し てい る ク ラ ス タ にユーザー権限を割 り 当て る と き は、
ユーザー名は、 username@domain の よ う な完全修飾形式で指定する 必要があ り
ます。
VCS がセキ ュ アモー ド で動作 し てい る と き 、 VCS を使っ たユーザーのパ ス ワ ー
ド の割 り 当て ま たは変更はで き ません。
管理者がユーザーにロールを割 り 当て る方法
ユーザーに ロ ールを割 り 当て る には、 管理者は次の タ ス ク を実行 し ます。
■
ク ラ ス タ がセキ ュ アモー ド で動作 し ていない場合は、 ク ラ ス タ にユーザーを
追加す る 。
■
こ のユーザーに ロ ールを割 り 当て る 。
■
こ の ロ ールに適 し たオブジ ェ ク ト セ ッ ト を ユーザーに割 り 当て る 。 セキ ュ ア
モー ド で動作 し てい る ク ラ ス タ では、 オペレーテ ィ ン グ シ ス テ ムのユーザー
グループに も ロ ールを追加で き ます。
62 ページの 「セキ ュ アモー ド で動作 し てい る ク ラ ス タ での OS ユーザーグ
ループのユーザー権限」 を参照 し て く だ さ い。
た と えば、 管理者は特定のサービ ス グループに対す る Group Administrator の
ロ ールを ユーザーに割 り 当て る こ と がで き ます。 こ の時点で、 ユーザーは特定の
サービ ス グループに関す る 操作を実行す る 権限を得 る こ と にな り ます。
コ マ ン ド ラ イ ン ま たは GUI を使っ て、 ユーザー と その権限を管理す る こ と がで
き ます。
194 ページの 「 コ マ ン ド ラ イ ンに よ る VCS ユーザーの管理」 を参照 し て く だ
さ い。
103 ページの 「ユーザープ ロ フ ァ イ ルの管理」 を参照 し て く だ さ い。
61
62 VCS ユーザー権限モデルについて
セキ ュ ア モー ド で動作 し てい る ク ラ ス タ での OS ユーザーグループのユーザー権限
セキ ュ ア モー ド で動作 し ている ク ラ ス タ での
OS ユーザーグループのユーザー権限
セキ ュ アモー ド で動作 し てい る ク ラ ス タ では、 ネ イ テ ィ ブユーザーに対 し て、 個
別に ま たはオペレーテ ィ ン グ シ ス テ ム (OS) ユーザーグループ レベルで権限を
割 り 当て る こ と がで き ます。
た と えば、 OS Administrator グループに所属す る すべてのユーザーが、 ク ラ ス
タ ま たは特定のサービ ス グループに対す る 管理者用権限を持つ よ う に決定す る こ
と がで き ます。 ユーザーグループに対 し て VCS ロ ールを割 り 当て る こ と で、 こ
のユーザーグループのすべての メ ンバーに同 じ VCS ロ ールを割 り 当て る こ と に
な り ます。 こ れは、 こ れ ら の権限か ら 特定のユーザー個人を除外す る 場合を除 き
ます。
あ る OS ユーザーグループにユーザーを追加す る と 、 こ のユーザーは、 ユーザー
グループに割 り 当て ら れてい る VCS 権限を継承 し ます。
OS ユーザーグループに VCS 権限を割 り 当て る こ と は、 次の属性の 1 つ以上を
ユーザーグループに追加す る こ と にな り ます。
■
AdministratorGroups - ク ラ ス タ ま たはサービ ス グループに対 し て追加
■
OperatorGroups - ク ラ ス タ ま たはサービ ス グループに対 し て追加
た と えば、 ユーザー Tom は、 OSUserGroup1 と い う OS ユーザーグループに所
属 し てい ます。 ユーザー Tom に VCS 権限を割 り 当て る には、 次の方法で行い
ます。
権限の割 り 当て
方法
個人レ ベルで 属性を設定
OS ユーザーグループに対 し て
属性を設定
Cluster
Administrator
cluster (Administrators =
{tom@domain})
cluster (AdministratorGroups =
{OSUserGroup1@domain})
Cluster Operator
cluster (Operators =
{tom@domain})
cluster (OperatorGroups =
{OSUserGroup1@domain})
Cluster Guest
Cluster (Guests =
{tom@domain})
Group
Administrator
group group_name
(Administrators =
{tom@domain})
group group_name
(AdministratorGroups =
{OSUserGroup1@domain})
Group Operator
group group_name (Operators
= {tom@domain})
group group_name
(OperatorGroups =
{OSUserGroup1@domain})
Group Guest
Cluster (Guests =
{tom@domain})
VCS ユーザー権限モデルについて
複数のロ ールを持つユーザーの VCS 権限について
複数のロールを持つユーザーの VCS 権限について
表 4-2 は、 VCS が複数の ロ ールを持つユーザーに権限を割 り 当て る 方法を ま と め
た も のです。 こ こ では、 OSUserGroup1 と OSUserGroup2 と い う 2 つの OS ユー
ザーグループに所属す る ユーザー Tom の例を取 り 上げます。
表 4-2
複数のロールを持つユーザーの VCS 権限
状況 と ルール
VCS 設定で割 り 当て
ら れている ロール
VCS が Tom に
供与する権限
状況 : 個人レベルで複数の ロ ールを持つ。
Tom: Cluster
Administrator
Cluster
Administrator
ルール : VCS は最高位の権限 (ま たは全
権限を総合 し た も の) を ユーザーに供与
する。
状況 : 個人レベル と OS ユーザーグループ
レベルで ロ ールを持つ (セ キ ュ ア ク ラ ス タ
の場合のみ)。
Tom: Group Operator
Tom: Group Operator
Group Operator
OSUserGroup1: Cluster
Administrator
ルール : VCS は個人レベルで供与す る ロ ー
ルに優先度を与え る 。
状況 : 複数の異な る OS ユーザーグループ
がそれぞれ異な る ロ ールを持つ (セ キ ュ ア
ク ラ ス タ の場合のみ)。
ルール : VCS は最高位の権限 (ま たはすべ
てのユーザーグループの全権限を総合 し た
も の) をユーザーに供与す る 。
状況 : 個人レベル と OS ユーザーグループ
レベルで ロ ールを持つ (セ キ ュ ア ク ラ ス タ
の場合のみ)。
ルール : VCS は個人レベルで供与す る ロ ー
ルに優先度を与え る 。
こ の動作を使っ て特定のユーザーがその
OS ユーザーグループに割 り 当て ら れてい
る VCS 権限を継承 し ない よ う にす る こ と が
で き ます。
OSUserGroup1: Cluster
Administrators
Cluster
Administrator
OSUserGroup2: Cluster
Operators
OSUserGroup1: Cluster
Administrators
OSUserGroup2: Cluster
Operators
Tom: Group Operator
Group Operator
63
64 VCS ユーザー権限モデルについて
複数のロ ールを持つユーザーの VCS 権限について
5
Cluster Manager
(Java コ ン ソ ール) に
よ る ク ラ ス タ の管理
■
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) について
■
は じ めに
■
Java コ ン ソ ールの コ ンポーネ ン ト の確認
■
Cluster Monitor について
■
Cluster Explorer について
■
Java コ ン ソ ールの追加機能の使い方
■
Cluster Monitor の管理
■
ユーザープ ロ フ ァ イ ルの管理
■
サービ ス グループの管理
■
リ ソ ース の管理
■
シ ス テ ムの管理
■
ク ラ ス タ の管理
■
コ マ ン ド の実行
■
属性の編集
■
ク ラ ス タ 設定の ク エ リ ー
■
Notifier ウ ィ ザー ド を使っ た VCS イ ベン ト 通知の設定
■
ロ グの管理
■
VCS Simulator の管理
66 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) について
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) について
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) には、 ク ラ ス タ を管理す る ためのすべての
機能が備わっ てい ます。 Java コ ン ソ ールの様々な表示画面を使っ て、 ク ラ ス タ
と 、 サービ ス グループ、 シ ス テ ム、 リ ソ ースお よ び リ ソ ース タ イ プな ど の VCS
オブジ ェ ク ト を監視 し ます。 Java コ ン ソ ールがサポー ト す る 操作の多 く は、 コ
マ ン ド ラ イ ン イ ン タ ーフ ェ ース と ク ラ ス タ 管理 コ ン ソ ールで も サポー ト さ れてい
ます。
コ ン ソ ールは、 その コ ン ソ ールが接続す る ク ラ ス タ が機能を サポー ト す る か ど う
かに よ っ て、 機能を有効ま たは無効に し ます。 た と えば、 最新バージ ョ ンの
VCS に接続す る と 、 ク ラ ス タ シ ェ ル (Cluster Shell) ア イ コ ンはグ レー表示にな
り ます。 ただ し 、 以前のバージ ョ ンの VCS ク ラ ス タ に接続す る と 、 ア イ コ ンは
有効にな り ます。
コ ン ソ ールは http://go.symantec.com/vcsmc か ら ダ ウ ン ロー ド で き ます。
ク ラ ス タ 管理のための Veritas Cluster Server (VCS) Management Console も 提
供 さ れてい ます。 イ ン ス ト ール、 ア ッ プグ レー ド 、 設定について詳 し く は、
『Veritas Cluster Server Management Console 実装ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
VCS Management Console の最新バージ ョ ン を ダ ウ ン ロ ー ド す る には、
http://go.symantec.com/vcsmc にア ク セ ス し ます。
ア ク セシビ リ テ ィ
VCS の Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) には、 障害のあ る 方 も 、 障害のない
方 と 同 じ よ う に情報 と デー タ を利用で き る よ う 、 次の よ う な機能が用意 さ れてい
ます。
■
特定の操作に対す る シ ョ ー ト カ ッ ト キー
703 ページの 「VCS のア ク セシ ビ リ テ ィ 」 を参照 し て く だ さ い。
■
ハ イ コ ン ト ラ ス ト 表示設定
■
サー ド パーテ ィ のア ク セシ ビ リ テ ィ ツールのサポー ト ( こ れ ら の ツールは英
語版のみでサポー ト さ れます)
■
頻繁に表示 さ れ る ウ ィ ン ド ウ のテキ ス ト 表示
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
は じ めに
は じ めに
■
最新バージ ョ ンの Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) が イ ン ス ト ール さ れ
てい る こ と を確認 し て く だ さ い。 以前のバージ ョ ンが イ ン ス ト ール さ れてい
る場合は、 最新のバージ ョ ンにア ッ プグ レー ド し ます。 Cluster Manager
(Java コ ン ソ ール) は VCS の以前のバージ ョ ン と 互換性があ り ます。
■
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) を サポー ト す る シ ス テ ムは次の と お り
です。
■
RHEL 4 Update 3、 RHEL 5
■
SLES 9 SP3、 SLES 10
■
Windows XP、 Windows 2003
メ モ : 使っ てい る オペレーシ ョ ン シ ス テ ムが JRE 1.5 をサポー ト する こ と を
確認 し て く だ さ い。
■
ク ラ ス タ の設定にユーザーア カ ウ ン ト が存在す る こ と を確認 し ます。 ユー
ザーア カ ウ ン ト は、 Cluster Manager へすぐ にア ク セ ス で き る よ う にす る た
め、 VCS の イ ン ス ト ール時に定義 さ れます。 ユーザーア カ ウ ン ト が存在 し
ない場合は、 こ れを作成す る 必要があ り ます。
103 ページの 「ユーザーの追加」 を参照 し て く だ さ い。
■
UNIX シ ス テ ムでは、 Cluster Manager 用に表示を設定す る 必要があ り ます。
68 ページの 「UNIX シ ス テ ムでの表示の設定」 を参照 し て く だ さ い。
■
Cluster Manager を起動 し ます。
69 ページの 「Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) の起動」 を参照 し て く
だ さ い。
■
ク ラ ス タ パネルを追加 し ます。
98 ページの 「新規 ク ラ ス タ パネルの設定」 を参照 し て く だ さ い。
■
ク ラ ス タ へ ロ グ イ ン し ます。
100 ページの 「 ク ラ ス タ への ロ グ イ ンお よ び ロ グ ア ウ ト 」 を参照 し て く
だ さ い。
■
ユーザーに ク ラ ス タ 操作を実行で き る 権限があ る こ と を確認 し て く だ さ い。
57 ページの 「VCS ユーザー権限モデルについて」 を参照 し て く だ さ い。
67
68 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
は じ めに
UNIX シ ス テムでの表示の設定
UNIX シ ス テ ムで、 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) を使 う 場合には、
X-Window シ ス テ ムが必要です。 Windows ワ ー ク ス テーシ ョ ンでは、 表示を設
定す る 必要はあ り ません。
表示を設定するには
1
次の コ マ ン ド を実行 し 、 デス ク ト ッ プの X サーバーへ、 すべてのホ ス ト か
ら のア ク セ ス を許可 し ます。
xhost +
2
Cluster Manager を起動する シ ス テ ム上で環境変数 DISPLAY を設定 し ます。
た と えば、 Korn シ ェ ルを使 う 場合は、 次の コ マ ン ド を実行 し て、 X サー
バーが実際に描画す る サーバー と し て、 myws を設定 し ます。
export DISPLAY=myws:0
Java コ ン ソ ールでのセキ ュ ア シ ェ ルの使用
X11 転送ま たはポー ト 転送を使っ て、 Java コ ン ソ ールを セキ ュ アシ ェ ル (SSH)
と と も に使 う こ と がで き ます。 ク ラ イ ア ン ト お よ びホ ス ト シ ス テ ムで、 SSH が
正 し く 設定 さ れてい る こ と を確認 し て く だ さ い。
X11 転送を使 う には
1
SSH 設定フ ァ イ ルで、 ForwardX11 を yes に設定 し ます。
ForwardX11 yes
2
リ モー ト シ ス テ ムに ロ グ イ ン し 、 転送接続のテ ス ト に使え る X ク ロ ッ ク プ
ロ グ ラ ム を起動 し ます。
xclock &.
ク ラ イ ア ン ト 上で DISPLAY 変数を設定 し ないで く だ さ い。 セキ ュ アシ ェ ル
を通 じ て転送 さ れ る X 接続は、 特殊な ロ ーカル表示設定を使い ます。
ポー ト 転送を使 う には
こ のモー ド では、 コ ン ソ ールは ク ラ イ ア ン ト シ ス テ ムの指定 さ れたポー ト に接続
し ます。 こ のポー ト は、 VCS サーバー ノ ー ド のポー ト 14141 に転送 さ れます。
1
SSH 設定フ ァ イ ルで、 GatewayPorts を yes に設定 し ます。
GatewayPorts yes
2
ク ラ イ ア ン ト シ ス テ ムか ら VCS サーバーのポー ト 14141 にポー ト
(client_port) を転送 し ます。
$ssh -L client_port:server_host:14141 server_host
openSSH を使 う 場合、 GatewayPorts を設定フ ァ イ ルに設定で き ない こ と が
あ り ます。 その場合は、 コ マン ド の -g オプシ ョ ン を使い ます。
$ssh -g -L client_port:server_host:14141 server_host
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
は じ めに
3
ク ラ イ ア ン ト シ ス テ ム上で別の ウ ィ ン ド ウ を開 き 、 Java コ ン ソ ールを起動
し ます。
$/opt/VRTSvcs/bin/hagui
4
Cluster Monitor で ク ラ ス タ パネルを追加 し ます。 プ ロ ンプ ト が表示 さ れた
ら 、 ホ ス ト と し て ク ラ イ ア ン ト シ ス テ ムの名前を入力 し 、 ポー ト と し て
client_port を入力 し ます。 localhost は入力 し ないで く だ さ い。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) の起動
Java コ ン ソ ールは、 Windows ま たは UNIX シ ス テ ムで実行で き ます。
Windows システムで Java コ ン ソ ールを起動するには
ス タ ー ト メ ニ ュ ーで [すべてのプ ロ グ ラ ム]、 [Symantec]、 [Veritas Cluster
Manager - Java Console] の順に ク リ ッ ク し ます。
UNIX システムで Java コ ン ソ ールを起動するには
ユーザーア カ ウ ン ト を定義 し 、 表示の設定を し た ら 、 次の コ マン ド を入力 し て
Cluster Manager を起動 し ます。
/opt/VRTSvcs/bin/hagui
hagui コ マン ド は、 次に示すサーバーの発信ポー ト が開いてい る 場合にのみフ ァ
イ ア ウ ォールを通過で き ます。
■
VCS エン ジ ン : 14141
■
コ マ ン ド サーバー : 14150
■
セキ ュ ア ク ラ ス タ : 2821
69
70 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Java コ ン ソ ールの コ ンポーネ ン ト の確認
Java コ ン ソ ールの コ ンポーネ ン ト の確認
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) では、 Cluster Monitor お よ び Cluster
Explorer と い う 2 つの ウ ィ ン ド ウ で、 ほ と んど の作業を行い ます。 Cluster
Manager は、 VCS が動作 し て (Cluster Service グループがオン ラ イ ンにな っ て)
い る と き に ク ラ ス タ の管理お よ び設定を行 う 場合に使い ます。
ま た Java コ ン ソ ールでは、 VCS Simulator を使え ます。 こ のツールは、 VCS が
オ フ ラ イ ンの間に操作を シ ミ ュ レー ト し 、 新 し い設定フ ァ イ ル (main.cf お よ び
types.cf) を生成す る ために使い ます。 VCS Simulator を使 う と 、 テ ス ト ク ラ ス
タ を使っ た り 既存の設定を変更す る こ と な く 、 現実的なシナ リ オに基づいた設定
内容を設計で き ます。
163 ページの 「VCS Simulator の管理」 を参照 し て く だ さ い。
Java コ ン ソ ール上のア イ コ ン
Java コ ン ソ ールは、 次のア イ コ ン を使っ て ク ラ ス タ オブジ ェ ク ト と その状態に
関す る 情報を表示 し ます。
641 ページの 「 ク ラ ス タ と シ ス テ ムの状態」 を参照 し て く だ さ い。
表 5-1
アイ コ ン
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) 上のア イ コ ン
説明
ク ラスタ
システム
サービ ス グループ
リ ソ ース タ イ プ
リ ソ ース
OFFLINE
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Java コ ン ソ ールの コ ン ポーネ ン ト の確認
表 5-1
アイ コ ン
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) 上のア イ コ ン
説明
Faulted (UP BUT NOT IN CLUSTER MEMBERSHIP 状態)
Faulted (EXITED 状態)
PARTIAL
リ ン ク ハー ト ビー ト (UP お よ び DOWN 状態)
UP AND IN JEOPARDY
FROZEN
AUTODISABLED
UNKNOWN
ADMIN_WAIT
グ ロ ーバルサービ ス グループ (VCS Global Cluster オプシ ョ ン が必要)
RUNNING 状態の リ モー ト ク ラ ス タ (VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ オプシ ョ ンが
必要)
EXITING、 EXITED、 INIT、 INQUIRY、 LOST_CONN、 LOST_HB、 TRANSITIONING
ま たは UNKNOWN 状態の リ モー ト ク ラ ス タ
71
72 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Monitor について
Cluster Monitor について
Cluster Manager を起動 し た と き に、 最初に表示 さ れ る ウ ィ ン ド ウ が Cluster
Monitor ウ ィ ン ド ウ です。 こ の ウ ィ ン ド ウ には、 実際の ク ラ ス タ ま たはシ ミ ュ
レー ト し た ク ラ ス タ に関す る 一般情報を表示す る パネルが 1 つ、 ま たは複数含ま
れてい ます。 Cluster Monitor を使っ て、 ク ラ ス タ への ロ グ イ ンお よ び ロ グ ア ウ
ト 、 各種 VCS オブジ ェ ク ト の概略情報の表示、 表示のカ ス タ マ イ ズ、 VCS
Simulator の使用お よ び Cluster Manager の終了を行い ます。
Cluster Monitor のツールバー
Cluster Monitor のツールバーには、 次のア イ コ ンがあ り ます。
左か ら 順番に説明 し ます。
[新規 ク ラ ス タ (New Cluster)] :Cluster Monitor に新 し い ク ラ ス タ パネルを
追加 し ます。
[ ク ラ ス タ の削除 (Delete Cluster)] :Cluster Monitor か ら ク ラ ス タ パネルを
削除 し ます。
[展開 (Expand)] :Cluster Monitor 表示を展開 し ます。
[省略 (Collapse)] :Cluster Monitor 表示を省略 し ま す。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Monitor について
[ス ト ッ プ (Stop)] : ク ラ ス タ パネルの ス ク ロ ールを一時停止 し ます。
[ス タ ー ト (Start)] : ク ラ ス タ パネルの ス ク ロ ールを開始 し ま す。
[ ロ グ イ ン (Login)] : ク ラ ス タ パネルに表示 さ れてい る ク ラ ス タ に ロ グ イ ン
し ます。
[Explorer を表示 (Show Explorer)] : 別の Cluster Explorer ウ ィ ン ド ウ を
表示 し ます。
[ ク ラ ス タ パネルを上に移動 (Move Cluster Panel UP)] : 選択 し た ク ラ ス タ パネル
を上に移動 し ます。
[ ク ラ ス タ パネルを下に移動 (Move Cluster Panel Down)] : 選択 し た ク ラ ス タ
パネルを下に移動 し ます。
[ヘルプ (Help)] : オ ン ラ イ ンヘルプ を表示 し ま す。
Cluster Monitor のパネル
ク ラ ス タ を管理す る には、 Cluster Monitor で ク ラ ス タ のパネルを追加する か、
既存のパネルを変更 し ます。 各パネルには、 ク ラ ス タ の接続 と コ ン ポーネ ン ト の
状態の概要が表示 さ れます。
73
74 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Monitor について
Cluster Monitor に よ る ク ラ ス タ 接続の監視
Cluster Monitor のパネルの右のペ イ ンには、 ク ラ ス タ への接続状態が表示 さ れ
ます。 ア ク テ ィ ブではないパネルは、 ユーザーが ク ラ ス タ に ロ グ イ ン し て接続す
る ま でグ レーで表示 さ れます。 ク ラ ス タ への接続を変更す る には、 パネル上で右
ク リ ッ ク し て メ ニ ュ ーを表示 し ます。
■
ア ク テ ィ ブなパネルで メ ニ ュ ーを使 う と 、 ク ラ ス タ か ら ロ グ ア ウ ト で き
ます。
■
非ア ク テ ィ ブなパネルの メ ニ ュ ーでは、 ク ラ ス タ への ロ グ イ ン、 ク ラ ス タ の
設定お よ び Cluster Monitor に登録 さ れてい る ク ラ ス タ の削除を行 う こ と が
で き ます。
ク ラ ス タ の一覧表示は、 Cluster Monitor の表示で [展開 (Expand)] 表示を設
定 し てい る と き に使え ます。 Cluster Monitor を [省略 (Collapse)] 表示で使っ
てい る 場合には、 ス ク ロ ール し てい る ク ラ ス タ の一覧の う ちか ら 1 つの ク ラ ス タ
を ア ク テ ィ ブにす る と 、 その ク ラ ス タ を使っ てい る 間、 ク ラ ス タ 一覧の ス ク ロ ー
ルは ス ト ッ プ し ます。
コ ン ソ ールの接続先シ ス テ ムが停止 し た場合、 ク ラ ス タ への接続が切断 さ れた こ
と を通知す る メ ッ セージが表示 さ れます。 Cluster Monitor は、 [接続の設定
(Connectivity Configuration)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス で設定 さ れた フ ェ ールオー
バー再試行回数に従っ て、 ク ラ ス タ 内の別のシ ス テ ムに接続 し よ う と し ます。
Cluster Monitor が別のシ ス テ ムに正常に接続 さ れ る ま で、 パネルは点滅 し 続け
ます。 フ ェ ールオーバーに失敗 し た場合は、 障害の発生を通知す る メ ッ セージが
表示 さ れ、 パネルはグ レー表示にな り ます。
Cluster Monitor に よ る VCS オ ブ ジ ェ ク ト の監視
Cluster Monitor は、 登録 し た各 ク ラ ス タ の状態の概要を表示 し ます。 ま た、
Cluster Explorer で ク ラ ス タ のオブジ ェ ク ト の詳細な情報を表示で き ます。
Cluster Monitor のパネルの右のペ イ ンには、 サービ ス グループ、 シ ス テ ムお よ
びハー ト ビー ト の状態 (オン ラ イ ン、 オ フ ラ イ ン、 Up ま たは Down) が表示 さ
れます。 Cluster Monitor のパネルの左のペ イ ンには、 サービ ス グループ、 シ ス
テ ムお よ びハー ト ビー ト を表す 3 つのア イ コ ンが表示 さ れます。 次に示す よ う
に、 ア イ コ ンの色で、 ク ラ ス タ の状態を示 し てい ます。
■
点滅す る 赤い斜線は、 Cluster Manager が ク ラ ス タ の指定 さ れていたシ ス テ
ムへの接続に失敗 し 、 ク ラ ス タ 内の別のシ ス テ ムへの接続を試みてい る こ と
を示 し ます。
■
点滅す る 黄色い斜線は、 Cluster Manager が ク ラ ス タ に接続する 際に障害が
発生 し た こ と を示 し ます。
ア イ コ ンにカー ソ ルを合わせ る と 、 そのア イ コ ンの ヒ ン ト が表示 さ れ、 特定の
VCS オブジ ェ ク ト に関す る 付加的な情報が表示 さ れます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Monitor について
Cluster Explorer、 ロ グお よ びコ マ ン ド セ ン タ ー内の VCS オブジ ェ ク ト に関する
詳細な情報を確認す る には、 パネル上で右 ク リ ッ ク し て メ ニ ュ ーを表示 し ます。
ク ラ ス タ の一覧表示は、 Cluster Monitor の表示で [展開 (Expand)] 表示を設
定 し てい る と き に使え ます。 Cluster Monitor を [省略 (Collapse)] 表示で使っ
てい る 場合には、 ス ク ロ ール し てい る ク ラ ス タ の一覧の う ちか ら 1 つの ク ラ ス タ
を ア ク テ ィ ブにす る と 、 その ク ラ ス タ を使っ てい る 間、 ク ラ ス タ 一覧の ス ク ロ ー
ルは ス ト ッ プ し ます。
Cluster Monitor のパネルの展開 と 省略
Cluster Monitor は、 展開表示 (デフ ォル ト ) と 省略表示の 2 つの表示方法をサ
ポー ト し てい ます。 展開表示では、 すべての ク ラ ス タ パネルが表示 さ れます。 省
略表示では、 複数の ク ラ ス タ パネルが上方向に ス ク ロ ール し 、 一度に 1 つの ク ラ
ス タ パネルが表示 さ れます。
ク ラ ス タ パネルの一覧表示な ど、 ク ラ ス タ パネルの展開表示で実行で き る 操作
は、 省略表示で も 、 ク ラ ス タ パネルの ス ク ロ ールを中断 し た後で実行で き ます。
Cluster Monitor を省略表示にするには
表示 (View) メ ニ ュ ーで、 [省略 (Collapse)] を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Monitor のツールバーの [省略 (Collapse)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Monitor を展開表示にするには
表示 (View) メ ニ ュ ーで、 [展開 (Expand)] を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Monitor のツールバーの [展開 (Expand)] を ク リ ッ ク し ます。
ク ラ ス タ パネルのス ク ロールを中断するには
ク ラ ス タ パネルを ク リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Monitor のツールバーの [ス ト ッ プ (Stop)] を ク リ ッ ク し ます。
75
76 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Monitor について
Cluster Manager 表示のカ ス タ マ イ ズ
ユーザーの環境設定に し たがっ てオブジ ェ ク ト を表示す る には、 Cluster
Manager を カ ス タ マ イ ズ し ます。
Cluster Manager 表示を カ ス タ マ イ ズするには
1
Cluster Monitor の フ ァ イ ル (File) メ ニ ュ ーで、 [環境設定 (Preferences)]
を ク リ ッ ク し ます。 Windows シ ス テ ム を使っ てい る 場合は手順 2 に進みま
す。 それ以外の場合は、 手順 3 に進んで く だ さ い。
2
[ル ッ ク ア ン ド フ ィ ール (Look & Feel)] タ ブ (Windows シ ス テ ムの場合)
で、 次の手順に従い ます。
3
■
[シ ス テ ム標準 (Windows ま たは Motif) のル ッ ク ア ン ド フ ィ ール
(Native Windows or Motif look & feel)] ま たは [Java (Metal) ル ッ ク
ア ン ド フ ィ ール (Java (Metal) look & feel)] を ク リ ッ ク し ます。
■
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
[外観 (Appearance)] タ ブで、 次の手順に従い ます。
■
[カ ラ ー (color)] を ク リ ッ ク し ます ([Java (Metal) ル ッ ク ア ン ド
フ ィ ール (look & feel)] に適用)。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Monitor について
4
■
ア イ コ ンのサ イ ズ を ク リ ッ ク し ます。
■
[ ヒ ン ト を表示 (Show Tooltips)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し て、
ツール ヒ ン ト を有効に し ます。
■
[Cluster Manager カ ラ ーの削除 (Remove Cluster Manager colors)]
チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し て、 標準のカ ラ ー設定を変更 し ます。
■
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
[サ ウ ン ド (Sound)] タ ブで、 次の手順に従い ます。
メ モ : こ の タ ブを使 う には、 サ ウ ン ド カー ド が正 し く 設定 さ れてい る こ と が
必要です。
5
■
[サ ウ ン ド の有効化 (Enable Sound)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し て、
サ ウ ン ド を特定の イ ベン ト に関連付け ます。
■
[ イ ベン ト (Events)] 設定ツ リ ーで イ ベン ト を選択 し て ク リ ッ ク し
ます。
■
[サ ウ ン ド (Sound)] メ ニ ュ ーでサ ウ ン ド を ク リ ッ ク し ます。
■
選択 し たサ ウ ン ド を テ ス ト す る には、 [再生 (Play)] を ク リ ッ ク し
ます。
■
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
■
こ れ ら の手順を繰 り 返 し て、 他の イ ベン ト に も サ ウ ン ド を関連付け
ます。
すべての選択が完了 し た ら 、 [OK] を ク リ ッ ク し ます。
77
78 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Explorer について
Cluster Explorer について
Cluster Explorer は、 ク ラ ス タ 管理を行 う メ イ ン ウ ィ ン ド ウ です。 こ の ウ ィ ン ド
ウ か ら 、 VCS オブジ ェ ク ト の状態の表示や、 各種操作の実行がで き ます。
こ の ウ ィ ン ド ウ は、 3 つのペ イ ンで構成 さ れます。 一番上のペ イ ンには、 頻繁に
使 う 操作をすばや く 実行す る ための ツールバーが表示 さ れます。 左のペ イ ンに
は、 [サービ ス グループ (Service Groups)]、 [シ ス テ ム (Systems)] お よ び
[ リ ソ ース タ イ プ (Resource Types)] の 3 つの タ ブがあ る 設定ツ リ ーが表示 さ
れます。 右のペ イ ンは表示パネルで、 設定ツ リ ーで選択 し たオブジ ェ ク ト に対応
し た様々な ビ ュ ーが表示 さ れます。
Cluster Explorer の利用法
1
ク ラ ス タ に ロ グ イ ン し ます。
2
Cluster Monitor で、 ア ク テ ィ ブなパネル上の任意の場所を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Monitor で選択 し たパネルを右 ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーの [Cluster
Explorer (Explorer View)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Explorer について
Cluster Explorer ツールバー
Cluster Explorer の ツールバーには、 18 個のア イ コ ンがあ り ます。 可能な操作
を、 次に説明 し ます。 注 : ク ラ ス タ の タ イ プ (ロ ーカルま たはグ ロ ーバル) と 、
ク ラ ス タ に ロ グ イ ン し たユーザーの権限に よ っ ては、 一部のア イ コ ンが無効に
な っ てい る こ と があ り ます。
左か ら 順番に説明 し ます。
[設定を開 く (Open Configuration)] :VCS の設定を読み取 り 専用モー ド か ら 読み
書 き 両用モー ド に変更 し ます。 こ れで設定を変更で き る よ う にな り ます。
[設定を保存す る (Save Configuration)] : 設定をデ ィ ス ク に書 き 込み ます。
[設定を保存 し て閉 じ る (Save and Close Configuration)] : 設定をデ ィ ス ク に読み
取 り 専用フ ァ イ ル と し て書 き 込み ます。
[サービ ス グループの追加 (Add Service Group)] : [サービ ス グループの追加
(Add Service Group)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス を表示 し ま す。
[ リ ソ ー ス の追加 (Add Resource)] : [ リ ソ ース の追加 (Add Recource)] ダ イ ア
ロ グ ボ ッ ク ス を表示 し ま す。
[シ ス テ ムの追加 (Add System)] : [シ ス テ ム の追加 (Add System)] ダ イ ア ロ グ
ボ ッ ク ス を表示 し ま す。
[サービ ス グループのシ ス テ ム管理 (Manage systems for a Service Group)] :
[シ ス テ ム マネージ ャ (System Manager)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス を表示 し ます。
[サービ ス グループのオ ン ラ イ ン (Online Service Group)] : [サービ ス グループの
オ ン ラ イ ン (Online Service Group)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス を表示 し ます。
[サービ ス グループのオ フ ラ イ ン (Offline Service Group)] : [サービ ス グループ
のオ フ ラ イ ン (Offline Service Group)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス を表示 し ま す。
[ コ マ ン ド セ ン タ ー (Command Center)] : コ マ ン ド ラ イ ン か ら 実行で き る も の と
同 じ VCS 操作の多 く を実行で き ます。
[シ ェ ル コ マ ン ド ウ ィ ン ド ウ の表示 (Show Shell Command Window)] : 非対話型
のシ ェ ル コ マ ン ド を ク ラ ス タ シ ス テ ム で実行 し た り 、 その結果を シ ス テ ム ご と に
表示で き ま す。
79
80 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Explorer について
[ ロ グの表示 (Show the Logs)] :VCS エ ン ジ ン、 VCS エージ ェ ン ト か ら 受け取っ
た ア ラ ー ト と メ ッ セージ、 お よ び コ ン ソ ールか ら 発行 さ れた コ マ ン ド を表示 し
ます。
[設定 ウ ィ ザー ド の起動 (Launch Configuration Wizard)] : ウ ィ ザー ド を使い、
VCS サービ ス グループ を作成で き ま す。
[Notifier リ ソ ー ス設定 ウ ィ ザー ド の起動 (Launch Notifier Resource
Configuration Wizard)] : ウ ィ ザー ド を使い、 VCS イ ベン ト 通知を設定で き ま す。
[ リ モー ト グループ リ ソ ース 設定 ウ ィ ザー ド (Remote Group Resource
Configuration Wizard)] : リ モー ト ク ラ ス タ のサービ ス グループ を監視す る ための
リ ソ ー ス を設定で き ます。
[ リ モー ト ク ラ ス タ の追加 と 削除 (Add/Delete Remote Clusters)] : グ ロ ーバル ク
ラ ス タ を追加お よ び削除で き ます。
[グ ロ ーバルグループの設定 (Configure Global Groups)] : ロ ーカルサービ ス グ
ループ を グ ロ ーバルグループに変更 し た り 、 グ ロ ーバルグループ を ロ ーカルサー
ビ ス グループに変更で き ます。
[ ク エ リ ー (Query)] : フ ィ ル タ 基準に従っ て ク ラ ス タ 設定を検索で き ま す。
[仮想フ ァ イ ア ド リ ル (Virtual Fire Drill)] : リ ソ ー ス が ク ラ ス タ 内の別の ノ ー ド
に フ ェ ールオーバーで き る か ど う か をチ ェ ッ ク し ま す。 仮想フ ァ イ ア ド リ ルの実
行を サポー ト す る エージ ェ ン ト を必要 と し ま す。
[Cluster Explorer ヘルプの表示 (Show Cluster Explorer Help)] : オ ン ラ イ ンヘル
プ を表示 し ま す。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Explorer について
Cluster Explorer の設定ツ リ ー
Cluster Explorer の設定ツ リ ーは、 次の VCS オブジ ェ ク ト を各 タ ブご と に表示 し
ます。
■
[サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブには、 ク ラ ス タ のサービ ス グ
ループの リ ス ト が表示 さ れます。 各サービ ス グループを展開す る と 、 そのグ
ループの リ ソ ース タ イ プお よ び リ ソ ース が表示 さ れます。
■
[シ ス テ ム (Systems)] タ ブには、 ク ラ ス タ 内のシ ス テ ムの リ ス ト が表示 さ
れます。
■
[ タ イ プ (Types)] タ ブには、 ク ラ ス タ 内の リ ソ ース タ イ プの リ ス ト が表示
さ れます。
Cluster Explorer の表示パネル
Cluster Explorer の右のペ イ ンには、 設定ツ リ ーで選択 し たオブジ ェ ク ト の詳細
情報を表示す る ための表示パネルがあ り ます。 こ のペ イ ンの情報は、 一覧形式ま
たはグ ラ フ ィ ッ ク 形式にな っ てい ます。 表示方法は、 タ ブを使っ て切 り 替え ま
す。 コ ン ソ ールでは、 各ビ ュ ーを切 り 離 し て (テ ィ アオ フ) 独立 し た ウ ィ ン ド ウ
に表示す る こ と がで き ます。
■
設定ツ リ ーで任意のオブジ ェ ク ト を ク リ ッ ク す る と 、 [状態ビ ュ ー (Status
View)] お よ び [プ ロ パテ ィ ビ ュ ー (Properties View)] が利用で き ます。
■
設定ツ リ ーで ク ラ ス タ を ク リ ッ ク す る と 、 [サービ ス グループビ ュ ー
(Service Group View)]、 [シ ス テ ム接続性ビ ュ ー (System Connectivity
View)] お よ び [ リ モー ト ク ラ ス タ の状態ビ ュ ー (Remote Cluster Status
View)] (グ ロ ーバル ク ラ ス タ の場合のみ) が利用で き ます。
■
設定ツ リ ーでサービ ス グループを ク リ ッ ク す る と 、 [ リ ソ ース ビ ュ ー
(Resource View)] が利用で き ます。
テ ィ アオ フ ビ ュ ーを作成するには
表示 (View) メ ニ ュ ーの [テ ィ アオフ (Tear Off)] を ク リ ッ ク し 、 一覧の中か
ら 目的の表示を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーでオブジ ェ ク ト を右 ク リ ッ ク し て [表示 (View)] を ク リ ッ ク し 、 一
覧の中か ら 目的の表示を ク リ ッ ク し ます。
81
82 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Explorer について
状態ビ ュ ー
[状態ビ ュ ー (Status View)] には、 設定ツ リ ーで選択 し たオブジ ェ ク ト の状態
の概要が表示 さ れます。 こ の表示を使っ て、 ク ラ ス タ 、 シ ス テ ム、 サービ ス グ
ループ、 リ ソ ース タ イ プお よ び リ ソ ース全体の状態を監視 し ます。
た と えば、 設定ツ リ ーでサービ ス グループを選択す る と 、 [状態ビ ュ ー (Status
View)] にはサービ ス グループの状態 と ク ラ ス タ メ ンバーシ ス テ ム上の リ ソ ース
の状態が表示 さ れます。 ま た、 最近の ク リ テ ィ カル ロ グやエ ラ ー ロ グが 5 つ表示
さ れます。 状態表にあ る ア イ コ ンにマ ウ ス のポ イ ン タ を合わせ る と 、 関連す る
VCS オブジ ェ ク ト について ヒ ン ト が開 き ます。
グ ロ ーバル ク ラ ス タ の場合、 こ のビ ュ ーには リ モー ト ク ラ ス タ の状態が表示 さ れ
ます。 グ ロ ーバルグループの場合は、 こ のビ ュ ーに、 ロ ーカル ク ラ ス タ と リ モー
ト ク ラ ス タ 上にあ る グループの状態が表示 さ れます。
[状態ビ ュ ー (Status View)] の利用法
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 オブジ ェ ク ト を ク リ ッ ク し ます。
2
表示パネルで、 [状態 (Status)] タ ブを ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Explorer について
プ ロパテ ィ ビ ュ ー
[プ ロ パテ ィ ビ ュ ー (Properties View)] には、 VCS オブジ ェ ク ト の属性が表示
さ れます。 ク ラ ス タ と その コ ン ポーネ ン ト についての適用範囲、 変数を定義 し
ます。
属性の情報を表示す る には、 表内の属性名ま たは [ヘルプ (Help)] カ ラ ム内の
ア イ コ ン を ク リ ッ ク し ます。
647 ページの 「VCS の属性」 を参照 し て く だ さ い。
デフ ォ ル ト では、 設定ツ リ ーで選択 し たオブジ ェ ク ト の [キー属性 (Key
Attributes)] が表示 さ れます。 リ ソ ース の [プ ロ パテ ィ ビ ュ ー (Properties
View)] には、 リ ソ ース のキー属性 (Key Attributes) お よ び リ ソ ース タ イ プに
固有の属性が表示 さ れます。 値を無効に さ れた属性 も 表示 さ れます。
138 ページの 「 リ ソ ース タ イ プの静的属性の無効化」 を参照 し て く だ さ い。
選択 し た VCS オブジ ェ ク ト に関連付け ら れてい る すべての属性を表示す る には、
[すべての属性を表示 (Show all attributes)] を ク リ ッ ク し ます。
[プ ロパテ ィ ビ ュ ー (Properties View)] の利用法
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 VCS オブジ ェ ク ト を ク リ ッ ク し ます。
2
表示パネルで、 [プ ロ パテ ィ (Properties)] タ ブを ク リ ッ ク し ます。
83
84 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Explorer について
サービ スグループ ビ ュ ー
[サービ ス グループ ビ ュ ー (Service Group View)] には、 ク ラ ス タ のサービ ス
グループ と その依存関係が表示 さ れます。 こ の表示のグ ラ フ と ヒ ン ト を使っ て、
依存関係を監視、 作成お よ び解除 し て く だ さ い。 ヒ ン ト を表示す る には、 ク ラ
ス タ シ ス テ ム内のグループの タ イ プや状態、 お よ びサービ ス グループ間の依存
関係の タ イ プに関す る 情報に対応 し た グループア イ コ ンにマ ウ ス のポ イ ン タ を
合わせます。
2 つのサービ ス グループの間にあ る 線が、 依存関係、 つま り 親子関係を表 し ま
す。 VCS では、 親サービ ス グループは子サービ ス グループ と 依存関係にあ り ま
す。 サービ ス グループは、 親 と 子の ど ち ら に も な り 得ます。
408 ページの 「サービ ス グループの依存関係について」 を参照 し て く だ さ い。
サービ ス グループ間の リ ン ク の色は、 依存関係の種類を示 し ます。
■
青色の リ ン ク は、 soft 依存関係を示 し ます。
■
赤色の リ ン ク は、 firm 依存関係を示 し ます。
■
緑色の リ ン ク は、 hard 依存関係を示 し ます。 こ の依存関係は一般に、 デ ィ
ザ ス タ リ カバ リ 設定において VVR で使い ます。
[サービ スグループ ビ ュ ー (Service Group View)] の利用法
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し ます。
2
表示パネルで、 [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブ を ク リ ッ ク し
ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Explorer について
リ ソ ース ビ ュ ー
[ リ ソ ース ビ ュ ー (Resource View)] には、 サービ ス グループの リ ソ ース が表示
さ れます。 こ の表示のグ ラ フ と ヒ ン ト を使っ て、 リ ソ ース間の依存関係、 お よ び
ク ラ ス タ 内のすべて ま たは個々のシ ス テ ム上のサービ ス グループの状態を監視 し
ます。
グ ラ フ では、 2 つの リ ソ ース間にあ る 線が、 依存関係、 つま り 親子関係を表 し ま
す。 リ ソ ース の依存関係に従っ て、 リ ソ ース を オン ラ イ ン化お よ びオ フ ラ イ ン化
す る 順序が決ま り ます。 フ ェ ールオーバー処理において、 グ ラ フ の一番上にあ る
リ ソ ースは、 それ ら に結び付け ら れた リ ソ ース を オ フ ラ イ ンにす る 前にオ フ ラ イ
ンにな る 必要があ り ます。 つま り 、 グ ラ フ の上位に位置す る リ ソ ース か ら オ フ ラ
イ ン と な り ます。 同様に、 グ ラ フ の一番下に表示 さ れ る リ ソ ースは、 それ ら に結
び付け ら れた リ ソ ース を オン ラ イ ンにす る 前にオン ラ イ ンにな る 必要があ り ま
す。 つま り 、 グ ラ フ の下位の リ ソ ース か ら オン ラ イ ン と な り ます。
■
他の リ ソ ース に依存す る リ ソ ースは、 親 リ ソ ース です。 グ ラ フ では、 親 リ
ソ ース のア イ コ ンが、 その下にあ る 子 リ ソ ース のア イ コ ンに結び付け ら れま
す。 ルー ト リ ソ ース (親を持た ない リ ソ ース) は一番上に表示 さ れます。
■
他の リ ソ ース が依存す る リ ソ ースは、 子 リ ソ ース です。 グ ラ フ では、 子 リ
ソ ース のア イ コ ンが、 その上にあ る 親 リ ソ ース のア イ コ ンに結び付け ら れ
ます。
■
リ ソ ースは、 親 と 子の ど ち ら に も な り 得ます。
リ ソ ース の タ イ プ、 状態、 お よ びキー属性に関す る ヒ ン ト を表示す る には、 リ
ソ ース ア イ コ ンにマ ウ ス のポ イ ン タ を合わせます。 リ ソ ース の状態には、 指定 さ
れた シ ス テ ム ( ロ ーカル) の状態が反映 さ れます。
85
86 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Explorer について
[ リ ソ ース ビ ュ ー (Resource View)] の一番下のペ イ ンで、 シ ス テ ム ア イ コ ンお
よ びサービ ス グループア イ コ ンの上にマ ウ ス のポ イ ン タ を合わせ る と 、 ク ラ ス タ
内のすべてのシ ス テ ム ま たは個々のシ ス テ ム上のサービ ス グループの状態に関す
る ヒ ン ト が表示 さ れます。 特定のシ ス テ ムのサービ ス グループの リ ソ ース グ ラ フ
を表示す る には、 シ ス テ ム ア イ コ ン を ク リ ッ ク し ます。 ク ラ ス タ 内のすべてのシ
ス テ ムの リ ソ ース グ ラ フ を表示す る には、 サービ ス グループア イ コ ン を ク リ ッ ク
し ます。
[ リ ソ ース ビ ュ ー (Resource View)] の利用法
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 [サービ ス グループ (Service Groups)]
タ ブを ク リ ッ ク し ます。
2
設定ツ リ ーで、 サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
表示パネルで、 [ リ ソ ース (Resources)] タ ブを ク リ ッ ク し ます。
サービ スグループ ビ ュ ーお よび リ ソ ース ビ ュ ー内のア イ コ ンの
移動お よび リ ン ク
[ リ ン ク (Link)] ボ タ ンお よ び [自動調整 (Auto Arrange)] ボ タ ンは、 [サー
ビ ス グループビ ュ ー (Service Group View)] ま たは [ リ ソ ース ビ ュ ー
(Resource View)] の右上隅にあ り ます。
[ リ ン ク (Link)] を ク リ ッ ク す る と 、 [サービ ス グループビ ュ ー (Service Group
View)] お よ び [ リ ソ ース ビ ュ ー (Resource View)] の リ ン ク モー ド を設定ま た
は無効にで き ます。
メ モ : [ リ ン ク (Link)] ボ タ ン を使わないで依存関係 リ ン ク を設定す る 方法 も
あ り ます。
リ ン ク モー ド では、 親ア イ コ ン を ク リ ッ ク し 、 子にな る ア イ コ ン ま で黄色の線を
ド ラ ッ グ し 、 子ア イ コ ン を ク リ ッ ク す る こ と で、 依存関係 リ ン ク を作成で き ま
す。 Esc キーを使 う と 、 親 と 子のア イ コ ン を結び付けた黄色の依存関係線を削除
で き ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Explorer について
リ ン ク モー ド が有効でない場合にア イ コ ン を移動す る には、 ア イ コ ン を ク リ ッ ク
し 、 水平面に沿っ て ド ラ ッ グ し ます。 [自動調整 (Auto Arrange)] を ク リ ッ ク
す る と 、 グ ラ フ の外観が リ セ ッ ト さ れます。 リ ソ ース、 サービ ス グループ ま たは
依存関係 リ ン ク を追加ま たは削除 し た後、 表示内のア イ コ ンの配列は リ セ ッ ト さ
れます。 [ リ ソ ース ビ ュ ー (Resource View)] お よ び [サービ ス グループ ビ ュ ー
(Service Group View)] での変更は、 ユーザーが ロ グ ア ウ ト し 、 Java コ ン ソ ール
に ロ グ イ ン し た後 も 維持 さ れます。
サービ スグループ ビ ュ ーお よび リ ソ ース ビ ュ ーのズームパネル
リ ソ ース ビ ュ ー と サービ ス グループビ ュ ーには、 グ ラ フ を拡大ま たは縮小す る た
めの ツールがあ り ます。 右上隅にあ る 虫眼鏡のア イ コ ン を ク リ ッ ク す る と 、 ズー
ムパネルが開 き ます。
■
表示を左ま たは右に移動す る には、 手の形のア イ コ ンの間にあ る ド ロ ッ プダ
ウ ン メ ニ ュ ーで距離 (ピ ク セル単位) を選択 し ます。 [←] ま たは [→] が
表示 さ れてい る 手の形のア イ コ ン を ク リ ッ ク し て、 表示を目的の方向に移動
さ せます。
■
表示を拡大ま たは縮小す る には、 虫眼鏡の形のア イ コ ンの間にあ る ド ロ ッ プ
ダ ウ ン メ ニ ュ ーで倍率を ク リ ッ ク し ます。 [-] ま たは [+] が表示 さ れてい
る 虫眼鏡のア イ コ ン を ク リ ッ ク し て、 表示のサ イ ズ を変更 し ます。
■
グ ラ フ の一部を表示す る には、 [+] が表示 さ れてい る 虫眼鏡のア イ コ ンの
右にあ る ボ ッ ク ス にマ ウ ス のポ イ ン タ を合わせます。 こ のボ ッ ク ス内で、 グ
ラ フ の適切な部分を赤いア ウ ト ラ イ ンで囲みます。 ア ウ ト ラ イ ンで囲んだ新
し い領域を ク リ ッ ク し て、 その部分を表示 し ます。
■
も と の表示に戻すには、 1 が表示 さ れてい る 虫眼鏡のア イ コ ン を ク リ ッ ク し
ます。
87
88 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Explorer について
シ ス テム接続性ビ ュ ー
[シ ス テ ム接続性ビ ュ ー (System Connectivity View)] には、 ク ラ ス タ 内のシ ス
テ ム接続の状態が表示 さ れます。 こ の表示を使っ て、 シ ス テ ム リ ン ク と デ ィ ス ク
グループハー ト ビー ト を監視 し ます。
VCS は、 シ ス テ ム と そのサービ ス を、 プ ラ イ ベー ト ネ ッ ト ワー ク を介 し て監視
し ます。 シ ス テ ムは、 追加のプ ラ イ ベー ト ネ ッ ト ワ ー ク 上でハー ト ビー ト を介 し
て通信 し 、 ク ラ ス タ の ど のシ ス テ ムがア ク テ ィ ブ メ ンバーであ る か、 ど のシ ス テ
ムが ク ラ ス タ に追加 さ れ、 ま た、 ク ラ ス タ か ら 切 り 離 さ れたのか、 ま た ど のシ ス
テ ムで障害が発生 し たのか、 と いっ た情報を、 ク ラ ス タ 内の ど のシ ス テ ム も 認識
す る こ と がで き ます。
VCS は、 すべてのシ ス テ ム を 2 つ以上の通信チ ャ ネルで接続す る こ と に よ っ て、
ネ ッ ト ワ ー ク 障害に対 し て耐性を高めてい ます。 シ ス テ ムが単一ハー ト ビー ト で
接続 さ れてい る 場合、 シ ス テ ムに障害が発生 し てハー ト ビー ト がで き な く な っ た
のか、 ハー ト ビー ト 用のネ ッ ト ワ ー ク 機器に障害が発生 し てハー ト ビー ト がで き
な く な っ たのか、 な ど のハー ト ビー ト 途絶の原因が VCS には判断で き な く な り
ます。 こ の よ う な状況を JEOPARDY と いい ます。
リ ン ク お よ びデ ィ ス ク グループハー ト ビー ト に関す る ヒ ン ト を表示す る には、 シ
ス テ ム ア イ コ ンにマ ウ ス のポ イ ン タ を合わせます。 ク ラ ス タ 内のシ ス テ ムが、 他
のシ ス テ ム と ハー ト ビー ト 通信がで き ない場合には、 そのシ ス テ ムのア イ コ ンの
外観が変わ り 、 リ ン ク が停止 し てい る こ と を示 し ます。 こ の場合、 こ のシ ス テ ム
に関す る ヒ ン ト に JEOPARDY 警告が表示 さ れ る こ と があ り ます。
[シ ス テム接続性ビ ュ ー (System Connectivity View)] の利用法
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し ます。
2
表示パネルで、 [シ ス テ ム接続性 (System Connectivity)] タ ブ を ク リ ッ ク
し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Explorer について
リ モー ト ク ラ ス タ 状態ビ ュ ー
メ モ : こ のビ ュ ーには、 VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ オプシ ョ ンが必要です。
[ リ モー ト ク ラ ス タ の状態ビ ュ ー (Remote Cluster Status View)] には、 グ ロ ー
バル ク ラ ス タ 環境におけ る ク ラ ス タ お よ びグ ロ ーバルグループの概要が表示 さ れ
ます。 こ の表示を使っ て、 ク ラ ス タ の名前、 ア ド レ スお よ び状態 と 、 ハー ト ビー
ト の タ イ プ (Icmp ま たは IcmpS) お よ び状態を調べます。
こ の表示では、 障害が発生 し た場合に、 災害、 断線ま たは停電に よ る リ モー ト ク
ラ ス タ 障害であ る こ と を示す こ と がで き ます。 VCS オブジ ェ ク ト に関す る 情報
を表示す る には、 表のセルにマ ウ ス のポ イ ン タ を合わせます。
[ リ モー ト ク ラ ス タ の状態ビ ュ ー (Remote Cluster Status View)] の利用法
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し ます。
2
表示パネルで、 [ リ モー ト ク ラ ス タ の状態 (Remote Cluster Status)] タ ブ を
ク リ ッ ク し ます。
89
90 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Java コ ン ソ ールの追加機能の使い方
Java コ ン ソ ールの追加機能の使い方
Cluster Manager を使っ て、 [テ ンプ レー ト ビ ュ ー (Template View)]、 [シ ス テ
ムマネージ ャ (System Manager)]、 [ユーザーマネージ ャ (User Manager)]、
[コ マン ド セン タ ー (Command Center)]、 [設定 ウ ィ ザー ド (Configuration
Wizard)]、 [Notifier リ ソ ース設定 ウ ィ ザー ド (Notifier Resource Configuration
Wizard)]、 [ リ モー ト グループ リ ソ ース設定ウ ィ ザー ド (Remote Group
Resource Configuration Wizard)]、 ク エ リ ーモジ ュ ールお よ び ロ グ を利用で き
ます。
さ ら に、 Cluster Manager を使っ て、 仮想フ ァ イ ア ド リ ル ( ま たは HA フ ァ イ ア
ド リ ル) を実行 し 、 サービ ス グループが特定の ノ ー ド でオン ラ イ ン化で き な く な
る よ う な設定の不一致がないか ど う かを確認で き ます。
テンプレー ト ビ ュー
[テ ンプ レー ト ビ ュ ー (Template View)] には、 VCS で使用可能なサービ ス グ
ループテ ンプ レー ト が表示 さ れます。 テ ンプ レー ト には、 リ ソ ース、 リ ソ ース の
属性、 サービ ス グループ内の依存関係があ ら か じ め定義 さ れてい ます。 こ の表示
を使っ て、 ク ラ ス タ 設定にサービ ス グループを追加 し 、 既存のサービ ス グループ
にテ ンプ レー ト で定義 さ れてい る リ ソ ース の設定を複製 し ます。
こ の ウ ィ ン ド ウ の左のペ イ ンには、 Cluster Manager が接続 し てい る シ ス テ ムで
使用可能なテ ンプ レー ト が表示 さ れます。 右のペ イ ンには、 選択 し た テ ンプ レー
ト の リ ソ ース依存関係図が表示 さ れます。
テ ンプ レー ト フ ァ イ ルは VCS 設定パ ラ メ ー タ に準拠 し て設定 さ れてお り 、 その
拡張子は .tf です。 こ れ ら の フ ァ イ ルは、 VCS 設定デ ィ レ ク ト リ に存在 し ます。
[テ ン プ レー ト ビ ュ ー (Template View)] の利用法
Cluster Explorer の ツール (Tools) メ ニ ュ ーで、 [テ ンプ レー ト (Templates)]
を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Java コ ン ソ ールの追加機能の使い方
シ ス テムマネージ ャ
[シ ス テ ムマネージ ャ (System Manager)] を使っ て、 サービ ス グループのシ ス
テ ム リ ス ト にあ る シ ス テ ム を追加お よ び削除で き ます。
(0 か ら 始ま る ) 優先順位が割 り 当て ら れます。 こ れは、 フ ェールオーバー実行
時に、 サービ ス グループを起動す る シ ス テ ムの順序を示 し ます。 必要に応 じ て、
[優先順位 (Priority)] カ ラ ムのエン ト リ を ダブル ク リ ッ ク し て、 新 し い値を入
力 し ます。 サービ ス グループの AutoStartList 属性にシ ス テ ム を追加す る には、
[起動 (Startup)] にチ ェ ッ ク マー ク を付け ます。 こ れに よ り 、 HAD が起動す
る たびに、 サービ ス グループを シ ス テ ムで自動的にオン ラ イ ンにす る こ と がで
き ます。
[シ ス テムマネージ ャ (System Manager)] の利用法
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 サービ ス グループ を ク リ ッ ク し 、 ツール
(Tools) メ ニ ュ ーの [シ ス テ ム マネージ ャ (System Manager)] を選択 し ます。
ま たは
Cluster Explorer 設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、
サービ ス グループを ク リ ッ ク し 、 ツールバーの [サービ ス グループに関す る シ ス
テ ム管理 (Manage systems for a Service Group)] を選択 し ます。
91
92 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Java コ ン ソ ールの追加機能の使い方
ユーザーマネージ ャ
[ユーザーマネージ ャ (User Manager)] を使っ て、 ユーザープ ロ フ ァ イ ルの追
加 と 削除や、 ユーザー権限の変更を実行で き ます。 VCS がセキ ュ アモー ド で動
作 し ていない場合、 ユーザーマネージ ャ を使っ てユーザーのパ ス ワ ー ド を変更で
き ます。 ユーザーマネージ ャ を利用す る 場合には、 Cluster Administrator 権限
で ロ グ イ ン し てい る 必要があ り ます。
[ユーザーマネージ ャ (User Manager)] の利用法
Cluster Explorer の フ ァ イ ル (Files) メ ニ ュ ーで、 [ユーザーマネージ ャ (User
Manager)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Java コ ン ソ ールの追加機能の使い方
コ マン ド セン タ ー
[ コ マ ン ド セ ン タ ー (Command Center)] では、 VCS コ マ ン ド を組み合わせて実
行で き ます。 ま た、 コ マン ド ラ イ ンか ら 実行す る ほ と ん ど の コ マン ド も こ の ウ ィ
ン ド ウ か ら 実行で き ます。 ウ ィ ン ド ウ の左のペ イ ンには、 すべての VCS 操作の
[ コ マ ン ド (Commands)] ツ リ ーが表示 さ れます。 右のペ イ ンには、 選択 し た
コ マ ン ド を説明す る 表示パネルが表示 さ れます。 下のペ イ ンには、 実行中の コ マ
ン ド が表示 さ れます。
コ マ ン ド ツ リ ーは、 [設定 (Configuration)] フ ォ ルダ と [操作 (Operations)]
フ ォ ルダで構成 さ れてい ます。 [設定 (Configuration)] フ ォ ルダ ま たは [操作
(Operations)] フ ォルダの左にあ る ア イ コ ン を ク リ ッ ク す る と 、 その フ ォルダの
サブ フ ォ ルダお よ び コ マン ド の情報が右のペ イ ンに表示 さ れます。 選択 し た コ マ
ン ド に関す る 情報を表示す る には、 コ マン ド ツ リ ー内で該当す る 項目にマ ウ ス の
ポ イ ン タ を合わせます。
[ コ マ ン ド セ ン タ ー (Command Center)] の利用法
Cluster Explorer の ツール (Tools) メ ニ ュ ーで、 [コ マ ン ド セ ン タ ー
(Command Center)] を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [ コ マ ン ド セ ン タ ーの表示 (Show Command
Center)] を ク リ ッ ク し ます。
93
94 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Java コ ン ソ ールの追加機能の使い方
設定ウ ィ ザー ド
[設定 ウ ィ ザー ド (Configuration Wizard)] を使っ て、 サービ ス グループ を作成
し 、 ク ラ ス タ 内のシ ス テ ムに割 り 当て ます。
126 ページの 「設定ウ ィ ザー ド を使っ たサービ ス グループの作成」 を参照 し て
く だ さ い。
[設定ウ ィ ザー ド (Configuration Wizard)] の利用法
Cluster Explorer の ツール (Tools) メ ニ ュ ーで、 [設定ウ ィ ザー ド
(Configuration Wizard)] を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [設定ウ ィ ザー ド の起動 (Launch
Configuration Wizard)] を ク リ ッ ク し ます。
Notifier リ ソ ース設定ウ ィ ザー ド
VCS は、 リ ソ ース の障害やシ ス テ ムの障害な ど の重大な イ ベン ト を、 管理者に
通知す る ための手段を提供 し ます。 VCS には、 notifier デーモン と hanotify
ユーテ ィ リ テ ィ で構成 さ れた notifier コ ン ポーネ ン ト がバン ド ル さ れてい ます。
[Notifier リ ソ ース設定ウ ィ ザー ド (Notifier Resource Configuration Wizard)]
を使 う と 、 notifier コ ン ポーネ ン ト を NotifierMngr と い う タ イ プの リ ソ ース と
し て設定 し 、 ClusterService グループに追加す る こ と がで き ます。
156 ページの 「Notifier ウ ィ ザー ド を使っ た VCS イ ベン ト 通知の設定」 を参照
し て く だ さ い。
[Notifier リ ソ ース設定ウ ィ ザー ド (Notifier Resource Configuration
Wizard)] の利用法
Cluster Explorer の ツール (Tools) メ ニ ュ ーで、 [Notifier ウ ィ ザー ド (Notifier
Wizard)] を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [Notifier リ ソ ース設定 ウ ィ ザー ド の起動
(Launch Notifier Resource Configuration Wizard)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Java コ ン ソ ールの追加機能の使い方
リ モー ト グループ リ ソ ース設定ウ ィ ザー ド
RemoteGroup リ ソ ース に よ り 、 リ モー ト サービ ス グループ を管理ま たは監視で
き ます。
132 ページの 「Java コ ン ソ ールか ら の RemoteGroup リ ソ ース の追加」 を参照
し て く だ さ い。
[ リ モー ト グループ リ ソ ース設定ウ ィ ザー ド (Remote Group Resource
Configuration Wizard)] の利用法
Cluster Explorer の ツール (Tools) メ ニ ュ ーで、 [ リ モー ト グループ リ ソ ース
ウ ィ ザー ド ... (Remote Group Resource Wizard...)] を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [ リ モー ト グループ リ ソ ース ウ ィ ザー ド を設
定 し ます (Configure Remote Group Resource Wizard)] を ク リ ッ ク し ます。
ク ラスタ クエリー
[ ク ラ ス タ ク エ リ ー (Cluster Query)] を使 う と 、 Cluster Explorer か ら SQL に
似た形式の ク エ リ ーを実行で き ます。 ク エ リ ー可能な VCS オブジ ェ ク ト には、
サービ ス グループ、 シ ス テ ム、 リ ソ ースお よ び リ ソ ース タ イ プがあ り ます。 ク エ
リ ーに よ っ ては、 シ ス テ ムのオン ラ イ ン グループの数や特定の リ ソ ース属性の検
索な ど を行え る よ う にカ ス タ マ イ ズで き る も の も あ り ます。
155 ページの 「 ク ラ ス タ 設定の ク エ リ ー」 を参照 し て く だ さ い。
[ ク ラ ス タ ク エ リ ー (Cluster Query)] ダ イ ア ログボ ッ ク スの利用法
Cluster Explorer の ツール (Tools) メ ニ ュ ーで、 [ ク エ リ ー (Query)] を ク リ ッ
ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [ ク エ リ ー (Query)] を ク リ ッ ク し ます。
95
96 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Java コ ン ソ ールの追加機能の使い方
ログ
[ ロ グ (Logs)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス には、 VCS エン ジ ン、 VCS エージ ェ ン ト に
よ っ て生成 さ れた ロ グ メ ッ セージお よ び Cluster Manager か ら ク ラ ス タ に発行 さ
れた コ マ ン ド が表示 さ れます。 こ のダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス を使っ て、 グ ロ ーバル ク
ラ ス タ に障害が発生 し た場合やサービ ス グループの フ ェ ールオーバーが失敗 し た
場合に出力 さ れ る ア ラ ー ト を監視 し 、 ア ク シ ョ ン を実行 し ます。
メ モ : エン ジ ン ロ グ メ ッ セージの タ イ ム ス タ ンプを正確な も のにす る ために、
Java コ ン ソ ールを実行 し てい る シ ス テ ムの タ イ ム ゾーン を、 VCS エン ジ ン を実
行 し てい る シ ス テ ム と 同 じ タ イ ム ゾーンに設定 し て く だ さ い。
■
[VCS ロ グ (VCS Logs)] タ ブを ク リ ッ ク す る と 、 イ ベン ト の ロ グ タ イ プ、
時刻、 お よ び詳細が表示 さ れます。 各 メ ッ セージでは、 メ ッ セージの種類を
示すア イ コ ンが表の一列目に表示 さ れます。 こ の ウ ィ ン ド ウ では、 フ ィ ル タ
を設定す る こ と に よ っ て メ ッ セージの表示を カ ス タ マ イ ズで き ます。
■
[エージ ェ ン ト ロ グ (Agent Logs)] タ ブ を ク リ ッ ク す る と 、 シ ス テ ム、 リ
ソ ース タ イ プ、 お よ び リ ソ ース の フ ィ ル タ 条件に基づいて、 ロ グが表示 さ れ
ます。 こ の タ ブを使っ て、 エージ ェ ン ト イ ベン ト の ロ グ タ イ プ、 時刻お よ び
詳細を表示 し ます。
■
[コ マン ド ロ グ (Command Logs)] タ ブ を ク リ ッ ク す る と 、 コ マン ド の状態
(成功ま たは失敗)、 時刻、 コ マン ド ID お よ び詳細が表示 さ れます。 [ コ マン
ド ロ グ (Command Log)] には、 現在のセ ッ シ ョ ンで発行 さ れた コ マ ン ド の
みが表示 さ れます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Java コ ン ソ ールの追加機能の使い方
■
[ア ラ ー ト (Alerts)] タ ブを ク リ ッ ク す る と 、 管理者のア ク シ ョ ンが必要な
状態が表示 さ れます。 ア ラ ー ト は、 ロ ーカルグループが ロ ーカル ク ラ ス タ 中
のシ ス テ ムに フ ェ ールオーバーで き ない場合、 グ ロ ーバルグループが フ ェ ー
ルオーバーで き ない場合、 ま たは ク ラ ス タ 障害が発生 し た場合に出力 さ れま
す。 ま た、 現在のア ラ ー ト は、 コ ン ソ ールか ら ク ラ ス タ に ロ グ イ ンす る と き
に、 ポ ッ プア ッ プ ウ ィ ン ド ウ に も 表示 さ れます。
[ロ グ (Logs)] ダ イ ア ログボ ッ ク スの利用法
Cluster Explorer の表示 (View) メ ニ ュ ーで [ ロ グ (Logs)] を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [ ロ グの表示 (Show the Logs)] を ク リ ッ ク
し ます。
サーバー と ユーザーの信用証明
VCS がセキ ュ アモー ド で動作 し てい る 場合、 Cluster Explorer か ら ク ラ ス タ に接
続す る ために使われ る 、 サーバーお よ びユーザーの信用証明を表示で き ます。
ユーザー信用証明を表示するには
Cluster Explorer の表示 (View) メ ニ ュ ーで [ユーザー信用証明 (User
Credentials)] を ク リ ッ ク し ます。
サーバー信用証明を表示するには
Cluster Explorer の表示 (View) メ ニ ュ ーで [サーバー信用証明 (Server
Credentials)] を ク リ ッ ク し ます。
97
98 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Monitor の管理
Cluster Monitor の管理
Java コ ン ソ ールを使 う と 、 Cluster Monitor で ク ラ ス タ パネルを追加ま たは再設
定す る こ と に よ っ て、 ク ラ ス タ ま たはシ ミ ュ レー ト し た ク ラ ス タ を管理で き ま
す。 追加ま たは再設定を有効にす る には、 最後の手順が完了 し た後で、 ク ラ ス タ
に ロ グ イ ン し ます。
新規 ク ラ ス タ パネルの設定
Java GUI を使っ て、 接続先の各 ク ラ ス タ の ク ラ ス タ パネルを追加す る 必要があ
り ます。
新規ク ラ ス タ パネルを設定するには
1
Cluster Monitor で、 フ ァ イ ル (File) メ ニ ュ ーの [新規 ク ラ ス タ (New
Cluster)] を ク リ ッ ク し ます。 シ ミ ュ レー ト さ れた ク ラ ス タ の場合、 フ ァ イ
ル (Files) メ ニ ュ ーの [新規シ ミ ュ レー タ (New Simulator)] を ク リ ッ ク
し ます。
ま たは
Cluster Monitor のツールバーの [新規 ク ラ ス タ (New Cluster)] を ク リ ッ
ク し ます。
2
ク ラ ス タ に接続す る 詳細を入力 し ます。
■
ク ラ ス タ 内のシ ス テ ムのホ ス ト 名ま たは IP ア ド レ ス を入力 し ます。
■
必要に応 じ て、 デフ ォ ル ト のポー ト 番号 14141 を変更 し て く だ さ い。
VCS Simulator で使っ てい る デフ ォル ト のポー ト 番号は、 14153 です。
Simulator の各 イ ン ス タ ン ス に接続す る には、 それぞれ異な る ポー ト を
使 う 必要があ り ます。 各 イ ン ス タ ン ス が同 じ シ ス テ ムで動作 し てい る 場
合で も 同様です。
■
フ ェ ールオーバー再試行回数を入力 し ます。 VCS で設定 さ れ る デフ ォ
ル ト の再試行回数は 12 です。
■
シ ミ ュ レー ト さ れた ク ラ ス タ の場合、 設定す る プ ラ ッ ト フ ォーム を ク
リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Monitor の管理
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。 Cluster Monitor に、 ア ク テ ィ ブではないパ
ネルが表示 さ れます。
ク ラ ス タ パネル設定の変更
ク ラ ス タ パネルが別の ク ラ ス タ を指す よ う に修正 し 、 ポー ト 番号ま たはフ ェ ール
オーバー再試行回数を変更 し ます。
1
Cluster Monitor がデフ ォ ル ト の展開 さ れた状態であ る 場合は、 手順 2 に進
んで く だ さ い。 Cluster Monitor が省略 さ れた状態の場合は、 次の操作を実
行 し て く だ さ い。
表示 (View) メ ニ ュ ーで、 [展開 (Expand)] を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
ア ク テ ィ ブなパネルが表示パネル と し て表示 さ れてい る と き に、 表示
(View) メ ニ ュ ーの [ス ト ッ プ (Stop)] を ク リ ッ ク し ます。
2
ク ラ ス タ パネルを右 ク リ ッ ク し ます。 パネルがア ク テ ィ ブではない場合は、
手順 4 に進んで く だ さ い。
3
メ ニ ュ ーの [ ロ グ ア ウ ト (Logout)] を ク リ ッ ク し ます。 ク ラ ス タ パネルが
ア ク テ ィ ブではな く な り ます。
4
ア ク テ ィ ブではないパネルを右 ク リ ッ ク し 、 [設定 ... (Configure...)] を選
択 し ます。
5
ク ラ ス タ と の接続の詳細を変更 し ます。
■
ク ラ ス タ 内の任意のシ ス テ ムのホ ス ト 名ま たは IP ア ド レ ス を入力 し
ます。
■
ポー ト 番号 と フ ェ ールオーバー再試行回数を入力 し ます。 VCS で設定
さ れ る デフ ォ ル ト のポー ト 番号は 14141 で、 再試行回数は 12 です。
VCS Simulator で使っ てい る デフ ォル ト のポー ト 番号は、 14153 です。
■
シ ミ ュ レー ト さ れたパネルの場合、 設定のプ ラ ッ ト フ ォーム を ク リ ッ ク
し ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
99
100 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Monitor の管理
ク ラ ス タ へのロ グ イ ン およびロ グアウ ト
Cluster Monitor で ク ラ ス タ パネルを追加ま たは設定 し た後で、 ク ラ ス タ に ロ グ
イ ン し て Cluster Explorer を表示 し ます。 ク ラ ス タ の管理が終了 し た ら 、
Cluster Monitor を使っ て、 ク ラ ス タ か ら ロ グ ア ウ ト し ます。
ク ラ ス タ へのログ イ ン
1
Cluster Monitor がデフ ォ ル ト の展開 さ れた状態であ る 場合は、 手順 2 に進
んで く だ さ い。 Cluster Monitor が省略 さ れた状態の場合は、 次の操作を実
行 し て く だ さ い。
表示 (View) メ ニ ュ ーで、 [展開 (Expand)] を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
ア ク テ ィ ブなパネルが表示パネル と し て表示 さ れてい る と き に、 表示
(View) メ ニ ュ ーの [ ス ト ッ プ (Stop)] を ク リ ッ ク し ます。
2
ロ グ イ ンす る 対象 ク ラ ス タ のパネルを ク リ ッ ク し ます。
ま たは
適切なパネルが強調表示 さ れてい る 場合は、 フ ァ イ ル (File) メ ニ ュ ーの
[ ロ グ イ ン (Login)] を ク リ ッ ク し ます。
3
ユーザーの情報を入力 し ます。
ク ラ ス タ がセキ ュ アモー ド で動作 し ていない場合は、 次の手順に従い ます。
■
VCS ユーザー名 と パ ス ワー ド を入力 し ます。
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
ク ラ ス タ がセキ ュ アモー ド で動作 し てい る 場合は、 次の手順に従い ます。
■
■
ネ イ テ ィ ブユーザーの信用証明を入力 し ます。
nis ア カ ウ ン ト ま たは nis+ ア カ ウ ン ト 、 ま たは ロ ーカルシ ス テ ムで設定
し た ア カ ウ ン ト を使 う こ と がで き ます。 ド メ イ ン名を入力 し ない場合、
VCS は対象 ド メ イ ン を ロ ーカルシ ス テ ム と 判断 し ます。
ユーザーがそのシ ス テ ムの root 権限を持っ ていない場合、 VCS は
Guest 権限をユーザーに割 り 当て ます。 こ れ ら の権限を上書 き す る に
は、 VCS 管理者の リ ス ト に ド メ イ ンユーザーを追加 し ます。
103 ページの 「ユーザープ ロ フ ァ イ ルの管理」 を参照 し て く だ さ い。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Monitor の管理
■
Java コ ン ソ ールは、 エン ジ ンに よ っ て提供 さ れ る 認証ブ ロ ーカー と ド
メ イ ン タ イ プを使っ て、 ク ラ ス タ に接続 し ます。 認証ブ ロ ーカーま た
は ド メ イ ン タ イ プを変更す る には、 [拡張 (Advanced)] を ク リ ッ ク し
ます。
21 ページの 「セキ ュ リ テ ィ サービ ス について」 を参照 し て く だ さ い。
必要に応 じ て、 新 し いブ ロ ーカー と ド メ イ ン タ イ プを選択 し ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
■
[サーバー信用証明 (Server Credentials)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス に、 コ
ン ソ ールが接続 し てい る ク ラ ス タ サービ ス の信用証明が表示 さ れます。
ク ラ ス タ に接続す る たびに こ のダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス が表示 さ れない よ う
にす る には、 [起動時に非表示 (Do not show during startup)] チ ェ ッ
ク ボ ッ ク ス を オンに し ます。
[OK] を ク リ ッ ク し て ク ラ ス タ に接続 し ます。
サービ ス グループお よ び リ ソ ース な ど の各種オブジ ェ ク ト がサーバーか ら コ
ン ソ ールへ転送 さ れ る 様子がアニ メ ーシ ョ ンで表示 さ れます。
初回 ロ グ イ ン時に Cluster Explorer が自動的に起動 さ れ、 ク ラ ス タ パネルの
ア イ コ ンの色が変化 し てパネルがア ク テ ィ ブであ る こ と を示 し ます。
■
101
102 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Cluster Monitor の管理
ク ラ ス タ か らのログアウ ト
1
Cluster Monitor がデフ ォ ル ト の展開 さ れた状態であ る 場合は、 手順 2 に進
んで く だ さ い。 Cluster Monitor が省略 さ れた状態の場合は、 次の操作を実
行 し て く だ さ い。
表示 (View) メ ニ ュ ーで、 [展開 (Expand)] を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
ア ク テ ィ ブなパネルが表示パネル と し て表示 さ れてい る と き に、 表示
(View) メ ニ ュ ーの [ ス ト ッ プ (Stop)] を ク リ ッ ク し ます。
2
ア ク テ ィ ブではないパネルを右 ク リ ッ ク し 、 [ロ グ ア ウ ト (Logout)] を ク
リ ッ ク し ます。
ま たは
適切なパネルが強調表示 さ れてい る 場合は、 フ ァ イ ル (File) メ ニ ュ ーの
[ ロ グ ア ウ ト (Logout)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Explorer が閉 じ 、 Cluster Monitor のパネルがア ク テ ィ ブではな く な
り ます。 ク ラ ス タ で コ マン ド を実行 し た場合は、 設定を保存す る よ う 求め る
プ ロ ンプ ト が表示 さ れます。
Cluster Explorer から ログアウ ト するには
フ ァ イ ル (File) メ ニ ュ ーで、 [ ロ グ ア ウ ト (Log Out)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
ユーザープ ロ フ ァ イルの管理
ユーザープ ロ フ ァ イルの管理
Java コ ン ソ ールでは、 Cluster Administrator 権限を持つユーザーは、 ユーザー
プ ロ フ ァ イ ルを追加、 変更お よ び削除で き ます。 [ユーザーマネージ ャ (User
Manager)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス の各ユーザー名の横にあ る ア イ コ ンは、 その
ユーザーが持つ権限を示 し ます。 Administrator 権限お よ び Operator 権限は、
ク ラ ス タ レベル と グループ レベルに分かれてい ます。
58 ページの 「VCS ユーザー権限 と ユーザー ロ ールについて」 を参照 し て く だ
さ い。
ユーザーの追加
1
Cluster Explorer の フ ァ イ ル (Files) メ ニ ュ ーで、 [ユーザーマネージ ャ
(User Manager)] を ク リ ッ ク し ます。
2
[ユーザーマネージ ャ (User Manager)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス で、 [新規ユー
ザー (New User)] を ク リ ッ ク し ます。
3
[ユーザーの追加 (Add User)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 次の手順に従い
ます。
■
ユーザーの名前を入力 し ます。
■
ク ラ ス タ がセキ ュ アモー ド で動作 し ていない場合、 ユーザーのパ ス ワ ー
ド を入力 し 、 確認のため も う 一度入力 し ます。
■
適切なチ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し て、 ユーザーに権限を与え ます。
Group Administrator 権限ま たは Group Operator 権限を与え る 場合は、
次の手順に進んで く だ さ い。 それ以外の場合は、 最後の手順に進んで く
だ さ い。
■
[グループの選択 ... (Select Groups...)] を ク リ ッ ク し ます。
103
104 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
ユーザープ ロ フ ァ イルの管理
4
■
ユーザーに権限を与え る グループを ク リ ッ ク し 、 右矢印ボ タ ン を ク リ ッ
ク し て、 そのグループを [選択 さ れた グループ (Selected Groups)]
ボ ッ ク ス に移動 し ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し て、 [グループの選択 (Select Groups)] ダ イ ア ロ
グ ボ ッ ク ス を終了 し ます。 も う 一度、 [OK] を ク リ ッ ク し て、 [ユー
ザーの追加 (Add User)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス を終了 し ます。
[閉 じ る (Close)] を ク リ ッ ク し ます。
ユーザーの削除
1
Cluster Explorer の フ ァ イ ル (Files) メ ニ ュ ーで、 [ユーザーマネージ ャ
(User Manager)] を ク リ ッ ク し ます。
2
[ユーザーマネージ ャ (User Manager)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス で、 ユーザー
名を ク リ ッ ク し ます。
3
[ユーザー削除 (Remove User)] を ク リ ッ ク し ます。
4
[はい (Yes)] を ク リ ッ ク し ます。
5
[閉 じ る (Close)] を ク リ ッ ク し ます。
ユーザーパスワー ド の変更
Administrator、 Operator ま たは Guest の各権限を持つユーザーは、 自分のパ ス
ワ ー ド を変更で き ます。 ユーザーマネージ ャ を利用す る 場合には、 Cluster
Administrator 権限で ロ グ イ ン し てい る 必要があ り ます。 パ ス ワ ー ド を変更する
前に、 設定が読み書 き 両用モー ド にな っ てい る こ と を確認 し ます。 Cluster
Administrator は、 設定を読み書き 両用モー ド に変更で き ます。
メ モ : こ のモジ ュ ールは、 ク ラ ス タ がセキ ュ アモー ド で動作 し てい る 場合は利用
で き ません。
Administrator 権限でパスワー ド を変更するには
1
Cluster Explorer の フ ァ イ ル (Files) メ ニ ュ ーで、 [ユーザーマネージ ャ
(User Manager)] を ク リ ッ ク し ます。
2
ユーザー名を ク リ ッ ク し ます。
3
[パ ス ワー ド 変更 (Change Password)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
ユーザープ ロ フ ァ イルの管理
4
5
[パ ス ワー ド 変更 (Change Password)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 次の手順に
従い ます。
■
新 し いパ ス ワ ー ド を入力 し ます。
■
[パ ス ワー ド の確認 (Confirm Password)] フ ィ ール ド にパ ス ワ ー ド を
再入力 し ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
[閉 じ る (Close)] を ク リ ッ ク し ます。
Operator または Guest 権限でパスワー ド を変更するには
1
Cluster Explorer の フ ァ イ ル (Files) メ ニ ュ ーで、 [パ ス ワ ー ド 変更
(Change Password)] を ク リ ッ ク し ます。
2
[パ ス ワー ド 変更 (Change Password)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 次の手順に
従い ます。
3
■
新 し いパ ス ワ ー ド を入力 し ます。
■
[パ ス ワー ド の確認 (Confirm Password)] フ ィ ール ド にパ ス ワ ー ド を
再入力 し ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
[閉 じ る (Close)] を ク リ ッ ク し ます。
105
106 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
ユーザープ ロ フ ァ イルの管理
ユーザー権限の変更
1
Cluster Explorer の フ ァ イ ル (Files) メ ニ ュ ーで、 [ユーザーマネージ ャ
(User Manager)] を ク リ ッ ク し ます。
2
ユーザー名を ク リ ッ ク し ます。
3
[権限変更 (Change Privileges)] を ク リ ッ ク し 、 ユーザー権限の詳細を入力
し ます。
■
適切なチ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し て、 ユーザーに権限を与え ます。
Group Administrator 権限ま たは Group Operator 権限を与え る 場合は、
次の手順に進んで く だ さ い。 それ以外の場合は、 最後の手順に進んで く
だ さ い。
■
[グループの選択 (Select Groups)] を ク リ ッ ク し ます。
■
ユーザーに権限を与え る グループを ク リ ッ ク し 、 右矢印ボ タ ン を ク リ ッ
ク し て、 そのグループを [選択 さ れた グループ (Selected Groups)]
ボ ッ ク ス に移動 し ます。
■
[権限変更 (Change Privileges)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス の [OK] を ク
リ ッ ク し た後、 [ユーザーマネージ ャ (User Manager)] ダ イ ア ロ グ
ボ ッ ク ス の [閉 じ る (Close)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
ユーザープ ロ フ ァ イルの管理
セキ ュ ア モー ド で動作する ク ラ ス タ での OS ユーザーグループの
権限割 り 当て
セキ ュ アモー ド で動作す る ク ラ ス タ では、 ネ イ テ ィ ブユーザーに対 し て、 オペ
レーテ ィ ン グ シ ス テ ム (OS) ユーザーグループ レベルで権限を割 り 当て る こ と
がで き ます。 OS ユーザーグループに VCS 権限を割 り 当て る こ と は、 次の属性の
1 つ以上を ユーザーグループに追加す る こ と にな り ます。
■
AdministratorGroups - ク ラ ス タ ま たはサービ ス グループに対 し て追加
■
OperatorGroups - ク ラ ス タ ま たはサービ ス グループに対 し て追加
62 ページの 「セキ ュ アモー ド で動作 し てい る ク ラ ス タ での OS ユーザーグルー
プのユーザー権限」 を参照 し て く だ さ い。
OS のユーザーグループに権限を割 り 当て るには
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 ク ラ ス タ に対 し て権限を割 り 当て る ク ラ
ス タ 、 ま たは特定のサービ ス グループに対 し て権限を割 り 当て る サービ ス グ
ループを選択 し ます。
2
表示パネルで、 [プ ロ パテ ィ (Properties)] タ ブを ク リ ッ ク し ます。
3
キー属性の リ ス ト か ら 、 [AdministratorGroups] ま たは [OperatorGroups]
の編集ア イ コ ン を ク リ ッ ク し ます。
4
[属性の編集 (Edit Attribute)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 次の手順に従い ま
す。
■
[+] ボ タ ン を使っ て、 要素を追加 し ます。
■
新 し く 追加 さ れた要素を ク リ ッ ク し 、 group@domain の形式でユー
ザーグループ名を入力 し ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
107
108 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループの管理
Java コ ン ソ ールでは、 ク ラ ス タ のサービ ス グループを管理で き ます。 コ ン ソ ー
ルを使っ て、 サービ ス グループの追加 と 削除、 オン ラ イ ン化 と オ フ ラ イ ン化、 フ
リ ーズ と ア ン フ リ ーズ、 リ ン ク の設定 と 解除、 有効化 と 無効化、 自動有効化、 切
り 替えお よ びフ ラ ッ シ ュ を実行で き ます。 ま た、 サービ ス グループのシ ス テ ム リ
ス ト を変更す る こ と も で き ます。
サービ スグループの追加
Java コ ン ソ ールでは、 複数の方法で ク ラ ス タ内のシ ス テ ムにサービ ス グループ
を追加で き ます。 こ の作業を実行す る には、 Cluster Explorer、 コ マ ン ド セ ン
タ ーま たはテ ンプ レー ト ビ ュ ーを使い ます。
Cluster Explorer でサービ スグループ を追加するには
1
編集 (Edit) メ ニ ュ ーで [追加 (Add)]、 [サービ ス グループ (Service
Group)] の順に ク リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで [サービ ス グループの追加 (Add Service
Group)] を ク リ ッ ク し ます。
2
サービ ス グループの詳細を入力 し ます。
■
サービ ス グループの名前を入力 し ます。
■
[使用可能なシ ス テ ム (Available Systems)] ボ ッ ク ス で、 追加す る
サービ ス グループに登録す る シ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
■
右矢印ボ タ ン を ク リ ッ ク し て、 選択 し た シ ス テ ム を [サービ ス グループ
のシ ス テ ム (Systems for Service Group)] ボ ッ ク ス に移動 し ます。
(0 か ら 始ま る ) 優先順位が自動的に割 り 当て ら れます。 こ れは、
フ ェ ールオーバー実行時に、 サービ ス グループを起動す る シ ス テ ムの順
序を示 し ます。 必要に応 じ て、 [優先順位 (Priority)] カ ラ ムのエン ト
リ を ダブル ク リ ッ ク し て、 新 し い値を入力 し ます。
サービ ス グループの AutoStartList 属性にシ ス テ ム を追加す る には、
[起動 (Startup)] にチ ェ ッ ク マー ク を付け ます。 こ れに よ り 、 HAD が
起動す る たびに、 サービ ス グループを シ ス テ ムで自動的にオン ラ イ ンに
す る こ と がで き ます。
■
適切なサービ ス グループ タ イ プを ク リ ッ ク し ます。 フ ェ ールオーバー
サービ ス グループは、 1 回に 1 つのシ ス テ ムでのみ実行 さ れます。 パ ラ
レ ルサービ ス グループは、 複数のシ ス テ ムで同時に実行 さ れます。
■
テ ンプ レー ト を利用 し た新規サービ ス グループを追加す る には、 [テ ン
プ レー ト ... (Templates...)] を ク リ ッ ク し ます。 それ以外の場合は、 手
順 2g に進んで く だ さ い。 (テ ンプ レー ト を利用 し た新規サービ ス グ
ループを追加す る 別の方法 と し ては、 まず Cluster Explorer の ツール
(Tools) メ ニ ュ ーの [テ ンプ レー ト (Templates)] を ク リ ッ ク し ます。
続いて [テ ンプ レー ト ビ ュ ー (Template View)] パネルを右 ク リ ッ ク
し 、 メ ニ ュ ーの [サービ ス グループ と し て追加 (Add as Service
Group)] を ク リ ッ ク し ます。)
■
適切なテ ンプ レー ト 名を ク リ ッ ク し 、 [OK] を ク リ ッ ク し ます。
■
サービ ス グループに関連付け ら れてい る コ マン ド を表示 し たい場合は、
左下隅にあ る [ コ マン ド 表示 (Show Command)] を ク リ ッ ク し ます。
[ コ マ ン ド を隠す (Hide Command)] を ク リ ッ ク す る と 、 コ マン ド の表
示が閉 じ ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループ を追加するには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [ ク ラ ス タ オブジ ェ ク ト (Cluster Objects)]、 [サービ ス
グループの追加 (Add Service Group)] の順に展開 し ます。
ま たは
コ マ ン ド セン タ ーの ツールバーで、 [サービ ス グループの追加 (Add Service
Group)] を ク リ ッ ク し ます。
109
110 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
2
サービ ス グループの名前を入力 し ます。
3
[使用可能なシ ス テ ム (Available Systems)] ボ ッ ク ス で、 追加す る サービ
ス グループに登録す る シ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
4
右矢印ボ タ ン を ク リ ッ ク し て、 選択 し た シ ス テ ム を [サービ ス グループのシ
ス テ ム (Systems for Service Group)] ボ ッ ク ス に移動 し ます。 (0 か ら 始ま
る ) 優先順位が自動的に割 り 当て ら れます。 こ れは、 フ ェ ールオーバー実行
時に、 サービ ス グループを起動す る シ ス テ ムの順序を示 し ます。 必要に応 じ
て、 [優先順位 (Priority)] カ ラ ムのエン ト リ を ダブル ク リ ッ ク し て、 新 し
い値を入力 し ます。
サービ ス グループの AutoStartList 属性にシ ス テ ム を追加す る には、 [起動
(Startup)] にチ ェ ッ ク マー ク を付け ます。 こ れに よ り 、 HAD が起動す る た
びに、 サービ ス グループを シ ス テ ムで自動的にオン ラ イ ンにす る こ と がで き
ます。
5
適切なサービ ス グループ タ イ プを ク リ ッ ク し ます。 フ ェ ールオーバーサービ
ス グループは、 1 回に 1 つのシ ス テ ムでのみ実行 さ れます。 パ ラ レルサービ
ス グループは、 複数のシ ス テ ムで同時に実行 さ れます。
6
テ ンプ レー ト を利用 し た新規サービ ス グループを追加す る には、 [テ ンプ
レー ト ... (Templates...)] を ク リ ッ ク し ます。 それ以外の場合は、 手順 9 に
進んで く だ さ い。
7
適切なテ ンプ レー ト 名を ク リ ッ ク し ます。
8
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
9
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
テ ン プ レー ト ビ ュ ーでサービ スグループ を追加するには
1
Cluster Explorer の ツール (Tools) メ ニ ュ ーで、 [テ ンプ レー ト ...
(Templates...)] を ク リ ッ ク し ます。
2
[テ ンプ レー ト ビ ュ ー (Template View)] のパネルを右 ク リ ッ ク し 、 ポ ッ プ
ア ッ プ メ ニ ュ ーで [サービ ス グループ と し て追加 (Add as Service Group)]
を ク リ ッ ク し ます。 こ の操作は、 サービ ス グループテ ンプ レー ト を特定のシ
ス テ ムに関連付けずに、 サービ ス グループを ク ラ ス タ 設定フ ァ イ ルに追加 し
ます。
3
シ ス テ ム マネージ ャ を使っ て、 ク ラ ス タ 内のシ ス テ ムにサービ ス グループを
追加 し ます。
91 ページの 「シ ス テ ム マネージ ャ 」 を参照 し て く だ さ い。
111
112 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループの削除
Cluster Explorer ま たは コ マン ド セン タ ーでサービ ス グループ を削除で き ます。
メ モ : 依存関係を持つサービ ス グループは削除で き ません。 依存関係を持つサー
ビ ス グループを削除す る には、 最初にその依存関係 ( リ ン ク ) を解除す る 必要が
あ り ます。
Cluster Explorer でサービ スグループ を削除するには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 サービ ス グ
ループを右 ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーで ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し 、 [サービ ス グループ (Service
Groups)] タ ブを ク リ ッ ク し て、 表示パネルのサービ ス グループア イ コ ン を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
メ ニ ュ ーの [削除 (Delete)] を ク リ ッ ク し ます。
3
[はい (Yes)] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループ を削除するには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [ ク ラ ス タ オブジ ェ ク ト (Cluster Objects)]、 [サービ ス
グループの削除 (Delete Service Group)] の順に展開 し ます。
2
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループのオ ン ラ イ ン化
Cluster Explorer の設定ツ リ ーでサービ スグループ を オ ン ラ イ ン化するには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 サービ ス グ
ループを右 ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーで ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し 、 [サービ ス グループ (Service
Groups)] タ ブを ク リ ッ ク し て、 表示パネルのサービ ス グループア イ コ ン を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
[オン ラ イ ン (Online)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーで適切なシ ス テ ム を ク
リ ッ ク し ます。 シ ス テ ム を指定す る 必要がない場合は、 [任意のシ ス テ ム
(Any System)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Explorer ツールバーでサービ スグループ を オ ン ラ イ ン化するには
1
Cluster Explorer ツールバーで、 [サービ ス グループのオン ラ イ ン (Online
Service Group)] を ク リ ッ ク し ます。
2
サービ ス グループの詳細を ク リ ッ ク し ます。
■
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
■
グ ロ ーバルグループの場合は、 グループを オン ラ イ ンにす る ク ラ ス タ を
選択 し ます。
■
グループを オン ラ イ ンにす る シ ス テ ム を ク リ ッ ク す る か、 [任意のシ ス
テ ム (Any System)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し ます。
■
[プ レ オン ラ イ ン な し (No Preonline)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を ク リ ッ ク
し 、 preonline ト リ ガ を呼び出 さ ずにサービ ス グループを オン ラ イ ンに
し ます。
■
サービ ス グループに関連付け ら れてい る コ マン ド を表示す る 場合は、 左
下隅にあ る [ コ マン ド 表示 (Show Command)] を ク リ ッ ク し ます。
[ コ マ ン ド を隠す (Hide Command)] を ク リ ッ ク す る と 、 コ マン ド の表
示が閉 じ ます。
113
114 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループ を オ ン ラ イ ン化するには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [制御 (Controls)]、 [サービ ス グループのオン ラ イ ン
(Online Service Group)] の順に展開 し ます。
ま たは
コ マ ン ド セ ン タ ーの ツールバーで、 [サービ ス グループのオン ラ イ ン (Bring
service group online)] を ク リ ッ ク し ます。
2
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
グ ロ ーバルグループの場合は、 グループを オン ラ イ ンにす る ク ラ ス タ を選択
し ます。
4
グループを オン ラ イ ンにす る シ ス テ ム を ク リ ッ ク す る か、 [任意のシ ス テ ム
(Any System)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し ます。
5
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
サービ スグループのオ フ ラ イ ン化
Cluster Explorer の設定ツ リ ーでサービ スグループ を オ フ ラ イ ン化するには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 サービ ス グ
ループを右 ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーで ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し 、 [サービ ス グループ (Service Group)]
タ ブを ク リ ッ ク し て、 表示パネルのサービ ス グループア イ コ ン を右 ク リ ッ ク
し ます。
2
[オフ ラ イ ン (Offline)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーで適切なシ ス テ ム を ク
リ ッ ク し ます。 すべてのシ ス テ ムでグループを オ フ ラ イ ンにす る には、 [す
べてのシ ス テ ム (All Systems)] を選択 し ます。
Cluster Explorer のツールバーでサービ スグループ を オ フ ラ イ ン化するには
1
Cluster Explorer の ツールバーで、 [サービ ス グループのオ フ ラ イ ン
(Offline Service Group)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
2
サービ ス グループの詳細を入力 し ます。
■
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
■
グ ロ ーバルグループの場合は、 グループを オ フ ラ イ ンにす る ク ラ ス タ を
選択 し ます。
■
グループを オ フ ラ イ ンにす る シ ス テ ム を ク リ ッ ク す る か、 [すべてのシ
ス テ ム (All Systems)] を ク リ ッ ク し ます。
■
サービ ス グループに関連付け ら れてい る コ マン ド を表示 し たい場合は、
左下隅にあ る [ コ マン ド 表示 (Show Command)] を ク リ ッ ク し ます。
[ コ マ ン ド を隠す (Hide Command)] を ク リ ッ ク す る と 、 コ マン ド の表
示が閉 じ ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループ を オ フ ラ イ ン化するには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [制御 (Controls)]、 [サービ ス グループのオフ ラ イ ン
(Offline Service Group)] の順に展開 し ます。
ま たは
コ マ ン ド セン タ ーの ツールバーで、 [サービ ス グループを オフ ラ イ ン (Take
service group offline)] を ク リ ッ ク し ます。
2
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
グ ロ ーバルグループの場合は、 グループを オ フ ラ イ ンにす る ク ラ ス タ を選択
し ます。
4
グループを オ フ ラ イ ンにす る シ ス テ ム を ク リ ッ ク す る か、 [すべてのシ ス テ
ム (All Systems)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス をオンに し ます。
5
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
115
116 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループの切 り 替え
サービ ス グループの切 り 替えプ ロ セ ス では、 サービ ス グループを現在のシ ス テ ム
でオ フ ラ イ ン化 し 、 別のシ ス テ ムでオン ラ イ ン化す る 処理を行い ます。
Cluster Explorer でサービ スグループ を切 り 替え るには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 サービ ス グ
ループを右 ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーで ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し 、 [サービ ス グループ (Service
Groups)] タ ブを ク リ ッ ク し て、 表示パネルのサービ ス グループア イ コ ン を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
[切 り 替え (Switch To)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーで適切なシ ス テ ム を ク
リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループ を切 り 替え るには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [制御 (Controls)]、 [サービ ス グループの切 り 替え
(Switch Service Group)] の順に展開 し ます。
2
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
グ ロ ーバルグループの場合は、 サービ ス グループを オン ラ イ ンに切 り 替え る
ク ラ ス タ を選択 し ます。
4
グループを オン ラ イ ンにす る シ ス テ ム を ク リ ッ ク す る か、 [任意のシ ス テ ム
(Any System)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し ます。
5
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループの フ リ ーズ
サービ ス グループを フ リ ーズす る と 、 そのサービ ス グループが別のシ ス テ ムに
フ ェ ールオーバー さ れな く な り ます。 こ の フ リ ーズプ ロ セ ス に よ っ て、 サービ ス
グループに対す る オン ラ イ ン化お よ びオ フ ラ イ ン化操作はすべて停止 し ます。
サービ ス グループが遷移状態にあ る 間は、 サービ ス グループを フ リ ーズす る こ と
はで き ません。
Cluster Explorer でサービ スグループ を フ リ ーズするには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 サービ ス グ
ループを右 ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーで ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し 、 [サービ ス グループ (Service
Groups)] タ ブを ク リ ッ ク し て、 表示パネルのサービ ス グループア イ コ ン を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
[フ リ ーズ (Freeze)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーの [一時的 (Temporary)]
ま たは [永続的 (Persistent)] を ク リ ッ ク し ます。 [永続的 (Persistent)]
オプシ ョ ン を指定す る と 、 ユーザーが こ の変更を設定に保存 し た場合は、
VCS を再ブー ト 後 も 、 サービ ス グループの フ リ ーズが維持 さ れます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループ を フ リ ーズするには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [可用性 (Availability)]、 [サービ ス グループのフ リ ーズ
(Freeze Service Group)] の順に展開 し ます。
2
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
必要に応 じ て [永続的 (persistent)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し ます。
[永続的 (Persistent)] オプシ ョ ン を指定する と 、 ユーザーが こ の変更を設
定に保存 し た場合は、 VCS を再ブー ト 後 も 、 サービ ス グループの フ リ ーズ
が維持 さ れます。
4
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
117
118 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループのア ン フ リ ーズ
サービ ス グループを ア ン フ リ ーズす る と 、 そのサービ ス グループに対 し てオン ラ
イ ン化ま たはオ フ ラ イ ン化の操作を実行で き る よ う にな り ます。
Cluster Explorer でサービ スグループ を ア ン フ リ ーズするには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 サービ ス グ
ループを右 ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーで ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し 、 [サービ ス グループ (Service
Groups)] タ ブを ク リ ッ ク し て、 表示パネルのサービ ス グループア イ コ ン を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
[ア ン フ リ ーズ (Unfreeze)] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループ を ア ン フ リ ーズするには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [可用性 (Availability)]、 [サービ ス グループのア ン フ リ ー
ズ (Unfreeze Service Group)] の順に展開 し ます。
2
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
サービ スグループの有効化
サービ ス グループは、 オン ラ イ ンにす る 前に有効にす る 必要があ り ます。 シ ス テ
ムの保守作業を行 う ために手動で無効に し たサービ ス グループは、 保守が完了 し
た後でオン ラ イ ン化す る 必要が生 じ る 場合があ り ます。
Cluster Explorer でサービ スグループ を有効にするには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 サービ ス グ
ループを右 ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーで ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し 、 [サービ ス グループ (Service
Groups)] タ ブを ク リ ッ ク し て、 表示パネルのサービ ス グループア イ コ ン を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
[有効化 (Enable)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーで適切なシ ス テ ム を ク リ ッ ク
し ます。 すべてのシ ス テ ムでグループを有効にす る には、 [すべてのシ ス テ
ム (All Systems)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループ を有効にするには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [可用性 (Availability)]、 [サービ ス グループの有効化
(Enable Service Group)] の順に展開 し ます。
2
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
すべてのシ ス テ ムではな く 、 特定のシ ス テ ム上にあ る グループを有効にす る
には、 [シ ス テ ム ご と (Per System)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し ます。
4
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
サービ スグループの無効化
サービ ス グループを無効にす る と 、 そのサービ ス グループはオン ラ イ ン化で き な
く な り ます。 こ のプ ロ セ ス に よ っ て、 保守作業を実行 し てい る シ ス テ ムで、 VCS
に よ る サービ ス グループの監視が一時的に停止 し ます。
Cluster Explorer でサービ スグループ を無効にするには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 サービ ス グ
ループを右 ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーで ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し 、 [サービ ス グループ (Service
Groups)] タ ブを ク リ ッ ク し て、 表示パネルのサービ ス グループア イ コ ン を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
[無効化 (Disable)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーで適切なシ ス テ ム を ク リ ッ ク
し ます。 すべてのシ ス テ ムでグループを無効にす る には、 [すべてのシ ス テ
ム (All Systems)] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループ を無効にするには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [可用性 (Availability)]、 [サービ ス グループの無効化
(Disable Service Group)] の順に展開 し ます。
2
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
すべてのシ ス テ ムではな く 、 特定のシ ス テ ム上にあ る グループを無効にす る
には、 [シ ス テ ム ご と (Per System)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し ます。
4
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
119
120 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループの自動有効化
VCS がすべての リ ソ ース をプ ロ ーブ し 、 それ ら の リ ソ ース がオン ラ イ ン化で き
る 状態であ る こ と を確認す る ま での間、 サービ ス グループは、 自動無効化状態に
な り ます。 VCS エン ジ ンが ク ラ ス タ 内のいずれかのシ ス テ ムで動作 し てお ら ず、
無効な状態にあ る サービ ス グループを ク ラ ス タ 内の別のシ ス テ ムで有効にす る 必
要があ る 場合には、 サービ ス グループの自動有効化を行い ます。
Cluster Explorer でサービ スグループ を自動的に有効にするには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 サービ ス グ
ループを右 ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーで ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し 、 [サービ ス グループ (Service
Groups)] タ ブを ク リ ッ ク し て、 表示パネルのサービ ス グループア イ コ ン を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
[自動有効化 (Autoenable)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーで適切なシ ス テ ム を
ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループ を自動的に有効にするには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [可用性 (Availability)]、 [サービ ス グループの自動有効化
(Autoenable Service Group)] の順に展開 し ます。
2
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
グループを自動的に有効にす る 対象のシ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
4
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループの フ ラ ッ シ ュ
サービ ス グループがオン ラ イ ン化ま たはオ フ ラ イ ン化 さ れ る と 、 そのグループ内
の リ ソ ース も オン ラ イ ン化ま たはオ フ ラ イ ン化 さ れます。 オン ラ イ ン化ま たはオ
フ ラ イ ン化操作が特定の リ ソ ース で停止 し た場合は、 サービ ス グループの フ ラ ッ
シ ュ を実行 し て、 オン ラ イ ン化ま たはオ フ ラ イ ン化を待機 し てい る リ ソ ース に対
す る 操作を強制的に停止 さ せます。 サービ ス グループの フ ラ ッ シ ュ に よ っ て、 通
常、 ク ラ ス タ は PARTIAL 状態の ま ま にな り ます。 こ のプ ロ セ ス が完了 し た後
で、 必要に応 じ て特定の リ ソ ース での問題を解決 し 、 サービ ス グループの起動ま
たは停止を続行 し ます。
Cluster Explorer でサービ スグループ を フ ラ ッ シ ュ するには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 サービ ス グ
ループを右 ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーで ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し 、 [サービ ス グループ (Service
Groups)] タ ブを ク リ ッ ク し て、 表示パネルのサービ ス グループア イ コ ン を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
[フ ラ ッ シ ュ (Flush)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーで適切なシ ス テ ム を ク リ ッ
ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループ を フ ラ ッ シ ュ するには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [可用性 (Availability)]、 [サービ ス グループのフ ラ ッ シ ュ
(Flush Service Group)] の順に展開 し ます。
2
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
サービ ス グループを フ ラ ッ シ ュ す る 対象のシ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
4
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
121
122 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループの リ ン ク 設定
Cluster Explorer でサービ スグループの リ ン ク を設定するには
1
設定ツ リ ーで ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し ます。
2
表示パネルで、 [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブ を ク リ ッ ク し ま
す。 サービ ス グループ依存関係グ ラ フ が開 き ます。 親グループか ら 子グルー
プへの リ ン ク を設定す る には
■
[ リ ン ク (Link)] を ク リ ッ ク し ます。
■
親グループを ク リ ッ ク し ます。
■
マ ウ ス を子グループ ま で移動 さ せます。 黄色の線を子グループ ま で伸ば
し ます。 必要に応 じ て、 キーボー ド の Esc キーを押す と 、 子グループ ま
で引 く 途中の、 親グループか ら ポ イ ン タ ま での線を削除で き ます。
■
子グループを ク リ ッ ク し ます。
■
[サービ ス グループの リ ン ク の設定 (Link Service Groups)] ダ イ ア ロ
グ ボ ッ ク ス で、 グループの [関係 (relationship)] と [依存関係の種類
(dependency type)] を ク リ ッ ク し ます。
408 ページの 「サービ ス グループの依存関係について」 を参照 し て く
だ さ い。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
ま た、 手順 1 お よ び 2 を実行 し 、 親グループを右 ク リ ッ ク し て、 メ ニ ュ ーで [ リ
ン ク (Link)] を ク リ ッ ク し て も 、 サービ ス グループの リ ン ク を設定で き ます。
ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 [子グループ (child group)]、 [関係 (relationship)]、
[依存関係の種類 (dependency type)] を選択 し 、 [OK] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループの リ ン ク を設定するには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [依存関係 (Dependencies)]、 [サービ ス グループの リ
ン ク 設定 (Link Service Groups)] の順に展開 し ます。
2
[サービ ス グループ (Service Groups)] ボ ッ ク ス で親 リ ソ ース グループ を ク
リ ッ ク し ます。 親グループを選択す る と 、 子グループ と し て指定で き る グ
ループが [子サービ ス グループ (Child Service Groups)] ボ ッ ク ス に表示 さ
れます。
3
子サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
4
[関係 (relationship)] と [依存関係の種類 (dependency type)] を ク リ ッ
ク し ます。
408 ページの 「サービ ス グループの依存関係について」 を参照 し て く だ
さ い。
5
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
123
124 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループの リ ン ク の解除
Cluster Explorer でサービ スグループの依存関係を削除するには
1
設定ツ リ ーで ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し ます。
2
表示パネルで、 [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブ を ク リ ッ ク し
ます。
3
[サービ ス グループ ビ ュ ー (Service Group View)] で、 サービ ス グループ間
の リ ン ク を右 ク リ ッ ク し ます。
4
メ ニ ュ ーの [ リ ン ク 解除 (Unlink)] を ク リ ッ ク し ます。
5
[はい (Yes)] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループの依存関係を削除するには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [依存関係 (Dependencies)]、 [サービ ス グループの リ
ン ク の解除 (Unlink Service Groups)] の順に展開 し ます。
2
[サービ ス グループ (Service Groups)] ボ ッ ク ス で親 リ ソ ース グループ を ク
リ ッ ク し ます。 親グループを選択す る と 、 対応す る 子グループが [子サービ
ス グループ (Child Service Groups)] ボ ッ ク ス に表示 さ れます。
3
子サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
4
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループのシ ス テム管理
Cluster Explorer のシ ス テ ム マネージ ャ を使っ て、 サービ ス グループのシ ス テ ム
リ ス ト でシ ス テ ム を追加お よ び削除で き ます。
サービ スグループのシ ステム リ ス ト にシ ステムを追加するには
1
[シ ス テ ムマネージ ャ (System Manager)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス の [使用
可能なシ ス テ ム (Available Systems)] ボ ッ ク ス で、 シ ス テ ム を ク リ ッ ク
し ます。
2
右矢印ボ タ ン を ク リ ッ ク し て、 使用可能なシ ス テ ム を [サービ ス グループの
シ ス テ ム (Systems for Service Group)] 表に移動 さ せます。
3
サービ ス グループの AutoStartList 属性にシ ス テ ム を追加す る には、 [起動
(Startup)] にチ ェ ッ ク マー ク を付け ます。 こ れに よ り 、 HAD が起動す る た
びに、 サービ ス グループを シ ス テ ムで自動的にオン ラ イ ンにす る こ と がで き
ます。
4
(0 か ら 始ま る ) 優先順位が割 り 当て ら れます。 こ れは、 フ ェールオーバー
実行時に、 サービ ス グループを起動す る シ ス テ ムの順序を示 し ます。 必要に
応 じ て、 [優先順位 (Priority)] カ ラ ムのエン ト リ を ダブル ク リ ッ ク し て、
新 し い値を入力 し ます。
5
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
サービ スグループのシ ステム リ ス ト から シ ステムを削除するには
1
[シ ス テ ムマネージ ャ (System Manager)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス の [サービ
ス グループのシ ス テ ム (Systems for Service Group)] 表で、 シ ス テ ム を ク
リ ッ ク し ます。
2
左矢印ボ タ ン を ク リ ッ ク し て、 該当す る シ ス テ ム を [使用可能なシ ス テ ム
(Available Systems)] ボ ッ ク ス に移動 さ せます。
3
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
125
126 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
設定ウ ィ ザー ド を使 っ たサービ スグループの作成
こ の項では、 [設定 ウ ィ ザー ド (Configuration Wizard)] を使っ てサービ ス グ
ループを作成す る 方法について説明 し ます。
メ モ : VCS には、 アプ リ ケーシ ョ ン と NFS 共有のサービ ス グループを作成する
ための ウ ィ ザー ド も あ り ます。 こ の ウ ィ ザー ド について詳 し く は、 「VCS でのア
プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ース の設定」 を参照 し て く だ さ い。
設定ウ ィ ザー ド を使っ てサービ スグループ を作成するには
1
[設定 ウ ィ ザー ド (Configuration Wizard)] を開 き ます。 Cluster Explorer
の ツール (Tools) メ ニ ュ ーで、 [設定 ウ ィ ザー ド (Configuration Wizard)]
を ク リ ッ ク し ます。
2
[ よ う こ そ (Welcome)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス を読み、 [次へ (Next)] を ク
リ ッ ク し ます。
3
サービ ス グループの名前 と 対象シ ス テ ム を指定 し ます。
■
グループの名前を入力 し ます。
■
[使用可能なシ ス テ ム (Available Systems)] ボ ッ ク ス で対象シ ス テ ム
を ク リ ッ ク し ます。
■
右矢印ボ タ ン を ク リ ッ ク し て、 選択 し た シ ス テ ム を [サービ ス グループ
のシ ス テ ム (Systems for Service Group)] 表に移動 さ せます。 表か ら
シ ス テ ム を削除す る には、 該当のシ ス テ ム を ク リ ッ ク し 、 左矢印ボ タ ン
を ク リ ッ ク し ます。
■
サービ ス グループの AutoStartList 属性にシ ス テ ム を追加す る には、
[起動 (Startup)] にチ ェ ッ ク マー ク を付け ます。 こ れに よ り 、 HAD が
起動す る たびに、 サービ ス グループを シ ス テ ムで自動的にオン ラ イ ンに
す る こ と がで き ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
■
(0 か ら 始ま る ) 優先順位が自動的に割 り 当て ら れます。 こ れは、
フ ェ ールオーバー実行時に、 サービ ス グループを起動す る シ ス テ ムの順
序を示 し ます。 必要に応 じ て、 [優先順位 (Priority)] カ ラ ムのエン ト
リ を ダブル ク リ ッ ク し て、 新 し い値を入力 し ます。
■
サービ ス グループ タ イ プを ク リ ッ ク し ます。
■
[次へ (Next)] を ク リ ッ ク し ます。
4
[次へ (Next)] を再び ク リ ッ ク し 、 テ ンプ レー ト を使っ てサービ ス グルー
プを設定 し 、 手順 7 に進みます。 [完了 (Finish)] を ク リ ッ ク し て、 選択 し
た ク ラ ス タ シ ス テ ムに空のサービ ス グループを追加 し 、 後で設定す る こ と も
で き ます。
5
新 し いサービ ス グループの基にす る テ ンプ レー ト を ク リ ッ ク し ます。 [テ ン
プ レー ト (Templates)] ボ ッ ク ス に、 Cluster Manager が接続 し てい る シ ス
テ ムで使用可能なテ ンプ レー ト の リ ス ト が表示 さ れます。 テ ンプ レー ト の リ
ソ ース依存関係図、 リ ソ ース の数お よ び リ ソ ース タ イ プ も 表示 さ れます。
[次へ (Next)] を ク リ ッ ク し ます。
6
サービ ス グループの名前ま たはサービ ス グループ内の リ ソ ース がすでに使わ
れてい る メ ッ セージが ウ ィ ン ド ウ に表示 さ れた場合は、 手順 9 に進んで く だ
さ い。 それ以外の場合は、 手順 10 に進んで く だ さ い。
7
[次へ (Next)] を ク リ ッ ク す る と 、 テーブルに表示 さ れてい る すべての新
規の名前が自動的に適用 さ れ、 名前の競合が解決 さ れます。
ま たは
[適用 (Apply)] ボ タ ンの横にあ る フ ィ ール ド にテ キ ス ト を入力 し 、 [修正
(Correction)] ド ロ ッ プダ ウ ン メ ニ ュ ーか ら 入力す る テキ ス ト の各名称の ど
の部分に追加す る かを ク リ ッ ク し 、 [適用 (Apply)]、 [次へ (Next)] の順
に ク リ ッ ク す る こ と で、 競合 し てい る リ ソ ース の名前を変更で き ます。
8
[次へ (Next)] を ク リ ッ ク し てサービ ス グループ を作成 し ます。 進行状況
イ ン ジケー タ に、 状態が表示 さ れます。
9
サービ ス グループが正常に作成 さ れた ら 、 [次へ (Next)] を ク リ ッ ク し 、
ウ ィ ザー ド を使っ て属性を編集 し ます。 [完了 (Finish)] を ク リ ッ ク し て、
後で Cluster Explorer を使っ て属性を編集す る こ と も で き ます。
10 サービ ス グループの リ ソ ース に関連付け ら れてい る 属性を確認 し ます。 必要
に応 じ て手順 11 に進み、 属性のデフ ォ ル ト 値を変更 し ます。 ま たは、 手順
12 に進んでデフ ォル ト 値を受け入れ、 設定を完了 し ます。
127
128 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
11 必要に応 じ て属性の値を変更 し ます。
■
リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。
■
変更す る 属性を ク リ ッ ク し ます。
■
テーブル行の端にあ る [編集 (Edit)] ア イ コ ン を ク リ ッ ク し ます。
■
[属性の編集 (Edit Attribute)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス で、 属性値を入力
し ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
■
各 リ ソ ースお よ び属性について、 こ の手順を繰 り 返 し ます。
12 [完了 (Finish)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
リ ソ ースの管理
Java コ ン ソ ールでは、 ク ラ ス タ のサービ ス グループを管理で き ます。 コ ン ソ ー
ルを使っ て、 リ ソ ース の追加 と 削除、 オン ラ イ ン化 と オ フ ラ イ ン化、 プ ロ ーブ、
有効化 と 無効化、 ク リ ア、 お よ び リ ン ク の設定 と 解除を実行で き ます。 リ ソ ース
タ イ プを設定に イ ン ポー ト す る こ と も で き ます。
リ ソ ースの追加
Java コ ン ソ ールを使っ た場合、 複数の方法でサービ ス グループに リ ソ ース を追
加で き ます。 こ の作業を実行す る には、 Cluster Explorer ま たは コ マン ド セン
タ ーを使い ます。
Cluster Explorer で リ ソ ース を追加するには
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ
ブで、 リ ソ ース の追加先のサービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
2
編集 (Edit) メ ニ ュ ーで [追加 (Add)]、 [ リ ソ ース (Resource)] の順に ク
リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [ リ ソ ース の追加 (Add Resource)] を ク
リ ッ ク し ます。
3
リ ソ ース の詳細を入力 し ます。
■
リ ソ ース の名前を入力 し ます。
■
リ ソ ース タ イ プを ク リ ッ ク し ます。
■
ユーザーの設定に合わせて リ ソ ース の属性を編集 し ます。 ま た、 Java
コ ン ソ ールを使っ て、 リ ソ ース を追加 し た後で属性を編集で き ます。
129
130 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
■
必要に応 じ て、 [ ク リ テ ィ カル (Critical)] お よび [有効 (Enabled)]
チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し ます。 デフ ォ ル ト では、 [ ク リ テ ィ カル
(Critical)] オプシ ョ ンが選択 さ れます。
Critical 属性が定義 さ れてい る リ ソ ースは、 リ ソ ース、 ま たはその リ
ソ ース が依存 し てい る リ ソ ース に障害が発生 し た と き に、 サービ ス グ
ループに も 障害が発生す る こ と を示 し ます。 Enabled 属性が定義 さ れた
リ ソ ースは、 エージ ェ ン ト がその リ ソ ース を監視す る こ と を示 し ます。
リ ソ ース を有効にす る 前に、 必須属性の値を指定す る 必要があ り ます。
VCS の動作中に リ ソ ース が動的に作成 さ れた場合、 リ ソ ース を有効に
し なければ、 VCS はその リ ソ ース の監視を開始 し ません。 VCS は、 子
リ ソ ース に Enabled 属性が定義 さ れていた と し て も 、 無効な リ ソ ース
と その リ ソ ース が依存 し てい る 子 リ ソ ース を オン ラ イ ンに し ません。
■
リ ソ ース に関連付け ら れてい る コ マン ド を表示す る 場合は、 左下隅にあ
る [ コ マ ン ド 表示 (Show Command)] を ク リ ッ ク し ます。 [コ マン ド
を隠す (Hide Command)] を ク リ ッ ク す る と 、 コ マ ン ド の表示が閉 じ
ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーで リ ソ ース を追加するには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [ ク ラ ス タ オブジ ェ ク ト (Cluster Objects)]、 [ リ ソ ース
の追加 (Add Resource)] の順に展開 し ます。
ま たは
コ マ ン ド セ ン タ ーの ツールバーで、 [ リ ソ ース の追加 (Add Resource)] を
ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
2
リ ソ ース を含め る サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
リ ソ ース の名前を入力 し ます。
4
リ ソ ース タ イ プを ク リ ッ ク し ます。
5
ユーザーの設定に合わせて リ ソ ース の属性を編集 し ます。 ま た、 Java コ ン
ソ ールを使っ て、 リ ソ ース を追加 し た後で属性を編集で き ます。
6
必要に応 じ て、 [ ク リ テ ィ カル (Critical)] お よ び [有効 (Enabled)]
チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し ます。 デフ ォ ル ト では、 [ ク リ テ ィ カル
(Critical)] オプシ ョ ンが選択 さ れます。
Critical 属性が定義 さ れてい る リ ソ ースは、 リ ソ ース、 ま たはその リ ソ ース
が依存 し てい る リ ソ ース に障害が発生 し た と き に、 サービ ス グループに も 障
害が発生す る こ と を示 し ます。 Enabled 属性が定義 さ れた リ ソ ースは、 エー
ジ ェ ン ト がその リ ソ ース を監視す る こ と を示 し ます。 リ ソ ース を有効にす る
前に、 必須属性の値を指定す る 必要があ り ます。 VCS の動作中に リ ソ ース
が動的に作成 さ れた場合、 リ ソ ース を有効に し なければ、 VCS はその リ
ソ ース の監視を開始 し ません。 VCS は、 子 リ ソ ース に Enabled 属性が定義
さ れていた と し て も 、 無効な リ ソ ース と その リ ソ ース が依存 し てい る 子 リ
ソ ース を オン ラ イ ンに し ません。
7
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
テ ン プ レー ト ビ ュ ーで リ ソ ース を追加するには
1
Cluster Explorer の ツール (Tools) メ ニ ュ ーで、 [テ ンプ レー ト ...
(Templates...)] を ク リ ッ ク し ます。
2
テ ンプ レー ト ビ ュ ーの左のペ イ ンで、 設定に追加す る リ ソ ース を含むテ ンプ
レー ト を ク リ ッ ク し ます。
3
リ ソ ース グ ラ フ で、 設定に追加す る リ ソ ース を右 ク リ ッ ク し ます。
131
132 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
4
[ コ ピー (Copy)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーの [それ自体 (Self)] を ク リ ッ
ク し て リ ソ ース を コ ピー し ます。 [ コ ピー (Copy)] を ク リ ッ ク し 、 メ
ニ ュ ーの [それ自体 と 子 ノ ー ド (Self and Child Nodes)] を ク リ ッ ク し て、
リ ソ ース を依存 リ ソ ース と と も に コ ピー し ます。
5
Cluster Explorer の設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ
ブで、 リ ソ ース の追加先のサービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
6
Cluster Explorer の表示パネルで、 [ リ ソ ース (Resources)] タ ブ を ク リ ッ
ク し ます。
7
リ ソ ース ビ ュ ーのパネルを右 ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーの [貼 り 付け (Paste)]
を ク リ ッ ク し ます。 リ ソ ース がサービ ス グループに追加 さ れた ら 、 属性を編
集 し て リ ソ ース を設定 し ます。
Java コ ン ソ ールか ら の RemoteGroup リ ソ ースの追加
通常、 RemoteGroup リ ソ ースは、 ロ ーカルサービ ス グループに設定 さ れた リ
ソ ース が リ モー ト フ ェ ールオーバーサービ ス グループの状態に依存す る よ う な場
合に役立ち ます。 た と えば、 ロ ーカル ク ラ ス タ で動作す る Web サーバーアプ リ
ケーシ ョ ンは、 リ モー ト ク ラ ス タ で動作す る デー タ ベース アプ リ ケーシ ョ ンに依
存す る こ と があ り ます。
RemoteGroup エージ ェ ン ト はフ ェールオーバーサービ ス グループの状態を表す
こ と に注意 し て く だ さ い。 パ ラ レ ルサービ ス グループではエージ ェ ン ト がサポー
ト さ れません。
RemoteGroup リ ソ ースは、 ロ ーカル ク ラ ス タ の リ モー ト サービ ス グループの状
態を監視 し ます。 一度、 RemoteGroup リ ソ ース を ロ ーカルサービ ス グループに
追加 し た ら 、 リ ソ ース を そのサービ ス グループの既存の リ ソ ース に リ ン ク で き
ます。
RemoteGroup リ ソ ース を設定す る には、 管理者用権限が必要です。
238 ページの 「RemoteGroup エージ ェ ン ト の設定」 を参照 し て く だ さ い。
RemoteGroup リ ソ ース を追加するには
1
ツール (Tools) メ ニ ュ ーで、 [ リ モー ト グループ リ ソ ース の追加 ... (Add
Remote Group Resource...)] を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [ リ モー ト グループ リ ソ ース ウ ィ ザー ド
を設定 し ます (Configure Remote Group Resource Wizard)] を ク リ ッ ク し
ます。
2
[ よ う こ そ (Welcome)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス を読み、 [次へ (Next)] を ク
リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
3
[ リ モー ト グループ リ ソ ース名 (Remote Group Resource Name)] ダ イ ア ロ
グ ボ ッ ク ス で、 リ ソ ース の名前 と リ ソ ース を追加す る サービ ス グループの名
前を指定 し ます。 [次へ (Next)] を ク リ ッ ク し ます。
4
[ リ モー ト ク ラ ス タ 情報 (Remote cluster information)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク
ス で、 次の手順に従い ます。
■
名前ま たは リ モー ト ク ラ ス タ 内の ノ ー ド の IP ア ド レ ス を指定 し ます。
■
リ ソ ース が通信す る リ モー ト ノ ー ド のポー ト を指定 し ます。
■
リ モー ト ク ラ ス タ のユーザー名を指定 し ます。
■
ユーザーのパ ス ワ ー ド を指定 し ます。
■
セキ ュ アモー ド で動作す る ク ラ ス タ に接続す る ために拡張オプシ ョ ン を
指定す る 場合、 チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス にチ ェ ッ ク マー ク を付け ます。 それ以
外の場合は、 最後の手順に進んで く だ さ い。
■
5
■
ノ ー ド が含まれ る ド メ イ ン を指定 し ます。
■
ド メ イ ン タ イ プを選択 し ます。
■
認証ブ ロ ーカー と ポー ト を指定 し ます。
[次へ (Next)] を ク リ ッ ク し ます。
[ リ モー ト グループ リ ソ ース の詳細 (Remote Group Resource Details)] ダ
イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 次の手順に従い ます。
■
監視す る グループを選択 し ます。
■
監視のモー ド を選択 し ます。
■
リ モー ト サービ ス グループを監視す る には、 [MonitorOnly] オプ
シ ョ ン を選択 し ます。 リ モー ト グループのオン ラ イ ン化ま たはオ フ
ラ イ ン化の操作が実行で き な く な り ます。
133
134 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
■
■
6
■
リ モー ト サービ ス グループを監視 し 、 ロ ーカル ク ラ ス タ か ら リ モー
ト グループのオン ラ イ ン化を行 う には、 [OnlineOnly] オプシ ョ ン
を選択 し ます。
■
リ モー ト サービ ス グループを監視 し 、 ロ ーカル ク ラ ス タ か ら リ モー
ト グループのオン ラ イ ン化 と オ フ ラ イ ン化を行 う には、 [OnOff]
オプシ ョ ン を選択 し ます。
RemoteGroup リ ソ ース が、 リ モー ト ク ラ ス タ 内の特定のシ ス テ ムの リ
モー ト グループの状態を監視す る 必要があ る か ど う かを指定 し ます。
■
RemoteGroup リ ソ ース が、 リ モー ト サービ ス グループがオン ラ イ
ンにな っ てい る シ ス テ ムに関係な く 、 そのサービ ス グループの状態
を監視で き る よ う にす る には、 [任意のシ ス テ ム (Any System)]
オプシ ョ ン を選択 し ます。
■
RemoteGroup リ ソ ース が、 リ モー ト ク ラ ス タ 内の特定シ ス テ ムの
リ モー ト グループの状態を監視で き る よ う にす る には、 [特定のシ
ス テ ム (Specific System)] オプシ ョ ン を選択 し ます。 両方のサー
ビ ス グループは、 同数のシ ス テ ムで設定す る 必要があ り ます。
こ のオプシ ョ ンは、 ロ ーカルシ ス テ ム と リ モー ト シ ス テ ムの間で、
一対一マ ッ プを提供 し ます。 [ ロ ーカルシ ス テ ム (Local Systems)]
リ ス ト に、 RemoteGroup リ ソ ース が設定 さ れてい る シ ス テ ムが表
示 さ れます。 [ リ モー ト シ ス テ ム (Remote Systems)] リ ス ト の下
の フ ィ ール ド を ク リ ッ ク し 、 ド ロ ッ プダ ウ ン リ ス ト か ら シ ス テ ム を
選択 し ます。 リ モー ト グループが リ モー ト ク ラ ス タ 内の別のシ ス テ
ムに フ ェ ールオーバーす る 場合、 RemoteGroup リ ソ ース も ロ ーカ
ル ク ラ ス タ の対応す る シ ス テ ムに フ ェ ールオーバー し ます。
[次へ (Next)] を ク リ ッ ク し ます。
ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス のテキ ス ト を確認 し 、 [完了 (Finish)] を ク リ ッ ク し
て、 RemoteGroup リ ソ ース を ロ ーカル ク ラ ス タ 内の指定 し たサービ ス グ
ループに追加 し ます。 こ こ で、 RemoteGroup リ ソ ース と サービ ス グループ
の既存の リ ソ ース と の依存関係を作成す る 必要があ り ます。
142 ページの 「 リ ソ ース の リ ン ク の設定」 を参照 し て く だ さ い。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
リ ソ ースの削除
Cluster Explorer で リ ソ ース を削除するには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 リ ソ ース を
右 ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーでサービ ス グループを ク リ ッ ク し 、 [ リ ソ ース (Resources)] タ
ブを ク リ ッ ク し て、 表示パネルの リ ソ ース ア イ コ ン を右 ク リ ッ ク し ます。
2
メ ニ ュ ーの [削除 (Delete)] を ク リ ッ ク し ます。
3
[はい (Yes)] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーで リ ソ ース を削除するには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [ ク ラ ス タ オブジ ェ ク ト (Cluster Objects)]、 [ リ ソ ース
の削除 (Delete Resource)] の順に展開 し ます。
2
リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。
3
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
リ ソ ースのオ ン ラ イ ン化
Cluster Explorer で リ ソ ース を オ ン ラ イ ン化するには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 リ ソ ース を
右 ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーでサービ ス グループを ク リ ッ ク し 、 [ リ ソ ース (Resources)] タ
ブを ク リ ッ ク し て、 表示パネルの リ ソ ース ア イ コ ン を右 ク リ ッ ク し ます。
2
[オン ラ イ ン (Online)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーで適切なシ ス テ ム を ク
リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーで リ ソ ース を オ ン ラ イ ン化するには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [制御 (Controls)]、 [ リ ソ ース のオン ラ イ ン (Online
Resource)] の順に展開 し ます。
2
リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。
3
リ ソ ース を オン ラ イ ン化す る 対象のシ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
4
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
135
136 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
リ ソ ースのオ フ ラ イ ン化
Cluster Explorer で リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化するには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 リ ソ ース を
右 ク リ ッ ク し ます。
ま たは
設定ツ リ ーでサービ ス グループを ク リ ッ ク し 、 [ リ ソ ース (Resources)] タ
ブを ク リ ッ ク し て、 表示パネルの リ ソ ース ア イ コ ン を右 ク リ ッ ク し ます。
2
[オフ ラ イ ン (Offline)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーで適切なシ ス テ ム を ク
リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーで リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化するには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [制御 (Controls)]、 [ リ ソ ース のオフ ラ イ ン (Offline
Resource)] の順に展開 し ます。
2
リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。
3
リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化す る 対象のシ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
4
必要に応 じ て、 [親を無視 (ignoreparent)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し
て、 親 リ ソ ース の状態にかかわ ら ず、 選択 し た子 リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化 し
ます こ のオプシ ョ ンは、 コ マン ド セン タ ーでのみ使用可能です。
5
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
リ ソ ースのオ フ ラ イ ン化 と コ マ ン ド の伝播
[オフ ラ イ ンの伝播 (OffProp)] 機能を使っ て、 親 リ ソ ース のオ フ ラ イ ン を子 リ
ソ ース に伝播で き ます。 こ の コ マン ド は、 対象の親 リ ソ ース と それに依存す る す
べての子 リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化す る 必要があ る 状況において発行 さ れます。
[オフ ラ イ ンの伝播 (OffProp)] の [親を無視 (ignoreparent)] 機能を使 う と 、
選択 し た リ ソ ース の親 リ ソ ース の状態にかかわ ら ず、 選択 し た リ ソ ース を オ フ ラ
イ ン化で き ます。 こ の コ マン ド は、 選択 し た リ ソ ース のオ フ ラ イ ン状態を子 リ
ソ ース に伝播 し ます。 [親を無視 (ignoreparent)] オプシ ョ ンは、 コ マ ン ド セ ン
タ ーでのみ使用可能です。
Cluster Explorer で リ ソ ース と その子 リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化するには
1
設定ツ リ ーの [ リ ソ ース (Resources)] タ ブで、 リ ソ ース を右 ク リ ッ ク し
ます。
2
[オフ ラ イ ンの伝播 (Offline Prop)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーで適切なシ ス
テ ム を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
コ マ ン ド セ ン タ ーで リ ソ ース と その子 リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化するには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [制御 (Controls)]、 [ リ ソ ース のオフ ラ イ ン を伝播
(OffProp Resource)] の順に展開 し ます。
2
リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。
3
リ ソ ース と その子 リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化す る 対象のシ ス テ ム を ク リ ッ ク し
ます。
4
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーで、 親 リ ソ ースの状態を無視 し て子 リ ソ ース を
オ フ ラ イ ン化するには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [制御 (Controls)]、 [ リ ソ ース のオフ ラ イ ン を伝播
(OffProp Resource)] の順に展開 し ます。
2
リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。
3
リ ソ ース と その子 リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化す る 対象のシ ス テ ム を ク リ ッ ク し
ます。
4
[親を無視 (ignoreparent)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し ます。
5
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
リ ソ ースのプ ローブ
リ ソ ース を プ ロ ーブ し て、 その リ ソ ース が設定済みで、 オン ラ イ ン化で き る 状態
か ど う かを確認 し ます。
Cluster Explorer で リ ソ ース を プ ローブするには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 リ ソ ース を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
[プ ロ ーブ (Probe)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーで適切なシ ス テ ム を ク リ ッ ク
し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーで リ ソ ース を プ ローブするには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [制御 (Controls)]、 [ リ ソ ース のプ ローブ (Probe
Resource)] の順に展開 し ます。
2
リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。
3
リ ソ ース を プ ロ ーブす る 対象のシ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
4
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
137
138 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
リ ソ ース タ イ プの静的属性の無効化
リ ソ ース タ イ プの静的属性の一部は、 無効に し て、 その リ ソ ース固有の値を割 り
当て る こ と がで き ます。 静的属性を無効に し 、 設定を保存す る と 、 main.cf フ ァ
イ ルでは、 リ ソ ース定義に静的属性 と その無効に さ れた値の行が イ ン ク ルー ド さ
れます。
リ ソ ース タ イ プの静的属性を無効にするには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブ ま たは表示パネ
ルの [ リ ソ ース (Resources)] タ ブにあ る リ ソ ース を右 ク リ ッ ク し ます。
2
[属性の無効化 (Override Attributes)] を ク リ ッ ク し ます。
3
無効にす る 属性を選択 し ます。
4
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
選択 し た属性が、 無効に さ れた属性の リ ス ト に リ ソ ース の [プ ロ パテ ィ
ビ ュ ー (Properties View)] の [無効に さ れた属性 (Overridden
Attributes)] と い う 表に表示 さ れます。
5
無効に さ れた属性のデフ ォ ル ト 値を変更す る には、 属性の [編集 (Edit)]
カ ラ ムにあ る ア イ コ ン を ク リ ッ ク し ます。
タ イ プの静的属性をデ フ ォル ト 設定に リ ス ト アするには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブ ま たは表示パネ
ルの [ リ ソ ース (Resources)] タ ブにあ る リ ソ ース を右 ク リ ッ ク し ます。
2
[属性の無効化の取 り 消 し (Remove Attribute Overrides)] を ク リ ッ ク し ま
す。
3
デフ ォ ル ト 設定に リ ス ト アす る 無効に さ れた属性を選択 し ます。
4
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
サービ スグループ内の リ ソ ースの有効化
サービ ス グループ内の リ ソ ース を有効に し て、 無効にな っ てい る リ ソ ース を オン
ラ イ ン化で き る よ う に し ます。 リ ソ ースは、 VCS に よ る リ ソ ース の監視を一時
的に停止す る ために、 手動で無効に さ れてい る 場合があ り ます。 リ ソ ース を有効
にす る 前に、 必須属性の値を指定す る 必要があ り ます。
サービ スグループ内の個々の リ ソ ース を有効にするには
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 [サービ ス グループ (Service Groups)]
タ ブを ク リ ッ ク し ます。
2
設定ツ リ ーで無効に さ れてい る リ ソ ース を右 ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーの [有効
(Enabled)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Explorer でサービ スグループ内のすべての リ ソ ース を有効にするには
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 [サービ ス グループ (Service Groups)]
タ ブを ク リ ッ ク し ます。
2
サービ ス グループを右 ク リ ッ ク し ます。
3
[ リ ソ ース の有効化 (Enable Resources)] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループ内のすべての リ ソ ース を有効にするには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [可用性 (Availability)]、 [サービ ス グループの リ ソ ース の
有効化 (Enable Resources for Service Group)] の順に展開 し ます。
2
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
139
140 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
サービ スグループ内の リ ソ ースの無効化
サービ ス グループ内の リ ソ ース を無効にす る と 、 その リ ソ ースはオン ラ イ ン化で
き な く な り ます。 こ の無効化プ ロ セ スは、 サービ ス グループがオン ラ イ ンの と き
に、 VCS に リ ソ ース を (削除す る のではな く ) 一時的に無視 さ せ る 場合に役立
ち ます。
サービ スグループ内の個々の リ ソ ース を無効にするには
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 [サービ ス グループ (Service Groups)]
タ ブを ク リ ッ ク し ます。
2
設定ツ リ ーで リ ソ ース を右 ク リ ッ ク し ます。 有効に さ れてい る リ ソ ースは、
メ ニ ュ ーに表示 さ れ る [有効 (Enabled)] オプシ ョ ンの横にチ ェ ッ ク マー
ク が表示 さ れます。
3
メ ニ ュ ーの [有効 (Enabled)] を ク リ ッ ク す る と 、 こ のオプシ ョ ン を ク リ
アで き ます。
Cluster Explorer でサービ スグループ内のすべての リ ソ ース を無効にするには
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 [サービ ス グループ (Service Groups)]
タ ブを ク リ ッ ク し ます。
2
サービ ス グループを右 ク リ ッ ク し 、 [ リ ソ ース の無効化 (Disable
Resources)] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでサービ スグループ内のすべての リ ソ ース を無効にするには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [可用性 (Availability)]、 [サービ ス グループの リ ソ ース の
無効化 (Disable Resources for Service Group)] の順に展開 し ます。
2
サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
リ ソ ースの ク リ ア
リ ソ ース を ク リ アす る と 、 障害を解消 し 、 リ ソ ース を オン ラ イ ン化可能な状態
にで き ます。 電源障害や誤っ た設定な ど、 リ ソ ース の障害は様々な状況で発生
し ます。
Cluster Explorer で リ ソ ース を ク リ アするには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 リ ソ ース を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
[障害の ク リ ア (Clear Fault)] を ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーでシ ス テ ム を ク リ ッ
ク し ます。 特定のシ ス テ ムだけでな く 、 障害が発生 し たすべてのシ ス テ ムで
その障害を ク リ アす る には、 [自動 (Auto)] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーで リ ソ ース を ク リ アするには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [可用性 (Availability)]、 [ リ ソ ース の ク リ ア (Clear
Resource)] の順に展開 し ます。
2
リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。 [シ ス テ ム (Systems)] ボ ッ ク ス に表示 さ れ る
すべてのシ ス テ ムの障害を ク リ アす る には、 手順 5 に進みます。 特定のシ ス
テ ムで障害を ク リ アす る には、 手順 3 に進みます。
3
[シ ス テ ム ご と (Per System)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し ます。
4
リ ソ ース を ク リ アす る シ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
5
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
141
142 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
リ ソ ースの リ ン ク の設定
Cluster Explorer ま たは コ マン ド セン タ ーを使っ て、 サービ ス グループ内の リ
ソ ース の リ ン ク を設定 し ます。
Cluster Explorer で リ ソ ースの リ ン ク を設定するには
1
設定ツ リ ーで、 [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブ を ク リ ッ ク し
ます。
2
リ ソ ース が属す る サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
表示パネルで、 [ リ ソ ース (Resources)] タ ブを ク リ ッ ク し ます。 こ れに よ
り 、 リ ソ ース依存関係図が開 き ます。 親 リ ソ ース か ら 子 リ ソ ースへの リ ン ク
を設定す る には
■
[ リ ン ク ... (Link...)] を ク リ ッ ク し ます。
■
親 リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。
■
マ ウ ス を子 リ ソ ース ま で移動 さ せます。 黄色い線を子 リ ソ ース ま で伸ば
し ます。 必要に応 じ て、 Esc キーを押す と 、 子 リ ソ ース ま で引 く 途中の
親 リ ソ ース か ら ポ イ ン タ ま での線を削除で き ます。
■
子 リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。
■
[確認 (Confirmation)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 [はい (Yes)] を ク
リ ッ ク し ます。
ま たは
親 リ ソ ース を右 ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーで [ リ ン ク (Link)] を ク リ ッ ク
し ます。 [ リ ソ ース の リ ン ク の設定 (Link Resources)] ダ イ ア ロ グ
ボ ッ ク ス で、 子にな る リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。 [OK] を ク リ ッ ク
し ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
コ マ ン ド セ ン タ ーで リ ソ ースの リ ン ク を設定するには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [依存関係 (Dependencies)]、 [ リ ソ ース の リ ン ク の設
定 (Link Resources)] の順に展開 し ます。
2
リ ン ク す る リ ソ ース が属す る サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
[サービ ス グループの リ ソ ース (Service Group Resources)] ボ ッ ク ス で親
リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。 親 リ ソ ース を選択す る と 、 子 リ ソ ース と し て指
定で き る リ ソ ース が [子 リ ソ ース (Child Resources)] ボ ッ ク ス に表示 さ れ
ます。
4
子 リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。
5
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
143
144 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
リ ソ ースの リ ン ク の解除
Cluster Explorer ま たは コ マン ド セン タ ーを使っ て、 サービ ス グループ内の リ
ソ ース の リ ン ク を解除 し ます。
Cluster Explorer で リ ソ ースの リ ン ク を解除するには
1
設定ツ リ ーで、 [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブ を ク リ ッ ク し
ます。
2
リ ソ ース が属す る サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
3
表示パネルで、 [ リ ソ ース (Resources)] タ ブを ク リ ッ ク し ます。
4
[ リ ソ ース ビ ュ ー (Resources View)] で、 リ ソ ース間の リ ン ク を右 ク リ ッ ク
し ます。
5
メ ニ ュ ーの [ リ ン ク の解除 ... (Unlink...)] を ク リ ッ ク し ます。
6
[確認 (Question)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 [はい (Yes)] を ク リ ッ ク し て
リ ン ク を削除 し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーで リ ソ ースの リ ン ク を解除するには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [依存関係 (Dependencies)]、 [ リ ソ ース の リ ン ク の解
除 (Unlink Resources)] の順に展開 し ます。
2
リ ン ク す る リ ソ ース が属す る サービ ス グループを ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
3
[サービ ス グループの リ ソ ース (Service Group Resources)] ボ ッ ク ス で親
リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。 親 リ ソ ース を選択す る と 、 対応す る 子 リ ソ ース
が [子 リ ソ ース (Child Resources)] ボ ッ ク ス に表示 さ れます。
4
子 リ ソ ース を ク リ ッ ク し ます。
5
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
145
146 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
リ ソ ースア ク シ ョ ンの起動
Cluster Explorer では、 あ ら か じ め定義 さ れたア ク シ ョ ン ス ク リ プ ト を開始す る
こ と がで き ます。 あ ら か じ め定義 さ れた リ ソ ース ア ク シ ョ ンの例には、 デ ィ ス ク
グループの分割や統合な ど があ り ます。
リ ソ ースア ク シ ョ ン を起動するには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 リ ソ ース を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
[ア ク シ ョ ン ... (Actions...)] を ク リ ッ ク し ます。
3
ア ク シ ョ ンの詳細を指定 し ます。
■
実行す る あ ら か じ め定義 さ れた ア ク シ ョ ン を ク リ ッ ク し ます。
■
ア ク シ ョ ン を実行す る 対象のシ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
■
引数を追加す る には、 [追加 (Add)] ア イ コ ン (+) を ク リ ッ ク し 、 引
数を入力 し ます。 引数を削除す る には、 [削除 (Delete)] ア イ コ ン (-)
を ク リ ッ ク し ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
ResourceInfo 属性の更新
ResourceInfo 属性を更新す る と 、 こ の属性の最新の値が表示 さ れます。
ResourceInfo 属性を更新するには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 リ ソ ース を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
[ResourceInfo の リ フ レ ッ シ ュ (Refresh ResourceInfo)] を ク リ ッ ク し 、 属
性値を更新す る シ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
ResourceInfo 属性の ク リ ア
ResourceInfo 属性を ク リ アす る と 、 こ の属性のすべてのパ ラ メ ー タ が リ セ ッ ト
さ れます。
ResourceInfo 属性のパラ メ ー タ を ク リ アするには
1
設定ツ リ ーの [サービ ス グループ (Service Groups)] タ ブで、 リ ソ ース を
右 ク リ ッ ク し ます。
2
[ResourceInfo の ク リ ア (Clear ResourceInfo)] を ク リ ッ ク し 、 属性値を リ
セ ッ ト す る シ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
リ ソ ース タ イ プのイ ンポー ト
Java コ ン ソ ールを使っ て、 リ ソ ース タ イ プの定義フ ァ イ ルを設定フ ァ イ ル
(main.cf) に イ ン ポー ト で き ます。 た と えば、 エン タ ープ ラ イ ズエージ ェ ン ト の
types.cf を設定に イ ン ポー ト す る と き に、 こ の手順を使い ます。 すでに設定に存
在す る リ ソ ース タ イ プは イ ン ポー ト で き ません。
Cluster Explorer で リ ソ ース タ イ プ を イ ンポー ト するには
1
フ ァ イ ル (File) メ ニ ュ ーで、 [ タ イ プの イ ン ポー ト (Import Types)] を ク
リ ッ ク し ます。
2
[タ イ プの イ ンポー ト (Import Types)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス で、 次の手順に
従い ます。
■
リ ソ ース タ イ プの イ ン ポー ト も と の フ ァ イ ルを ク リ ッ ク し ます。 ダ イ ア
ロ グ ボ ッ ク ス に、 Cluster Manager が接続 し てい る シ ス テ ム上の フ ァ イ
ルが表示 さ れます。
■
[ イ ンポー ト (Import)] を ク リ ッ ク し ます。
147
148 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
Java コ ン ソ ールか ら の HA フ ァ イ ア ド リ ルの実行
ロ ーカル ク ラ ス タ の特定の リ ソ ース に対 し て HA フ ァ イ ア ド リ ルを実行す る に
は、 Cluster Manager を使い ます。 HA フ ァ イ ア ド リ ルは、 こ の機能を サポー ト
す る エージ ェ ン ト に対 し て実行で き ます。
HA フ ァ イ ア ド リ ルを実行するには
1
Cluster Explorer の ツールバーで、 [仮想フ ァ イ ア ド リ ル (Virtual Fire
Drill)] を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツール (Tools) メ ニ ュ ーで、 [仮想フ ァ イ ア ド リ ル ...
(Virtual Fire Drill...)] を ク リ ッ ク し ます。
2
仮想フ ァ イ ア ド リ ル実行のための詳細を指定 し ます。
3
■
実行す る チ ェ ッ ク の種類を選択 し ます。
■
イ ン フ ラ チ ェ ッ ク を実行す る サービ ス グループを選択 し ます。 選択 し た
サービ ス グループがオン ラ イ ンか ど う かを確認 し ます。
■
チ ェ ッ ク を実行す る シ ス テ ム を選択 し ます。
■
[チ ェ ッ ク の実行 (Perform checks)] を ク リ ッ ク し ます。
■
チ ェ ッ ク 結果を表示 し ます。 仮想フ ァ イ ア ド リ ルでのエ ラ ーが報告 さ れ
る 場合、 リ ソ ース を右 ク リ ッ ク し 、 [修復 ... (Fix it...)] を選択 し ます。
[閉 じ る (Close)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
シ ス テムの管理
シ ス テムの管理
Java コ ン ソ ールでは、 ク ラ ス タ内のシ ス テ ム を管理で き ます。 コ ン ソ ールを
使っ て、 シ ス テ ム を追加、 削除、 フ リ ーズお よ びア ン フ リ ーズで き ます
シ ス テムの追加
Cluster Explorer ま たは コ マン ド セン タ ーを使っ て、 シ ス テ ム を ク ラ ス タ に追加
で き ます。 シ ス テ ム を ク ラ ス タ に追加す る には、 そのシ ス テ ムのエン ト リ が LLT
設定フ ァ イ ルに存在 し てい る 必要があ り ます。
Cluster Explorer で シス テムを追加するには
1
編集 (Edit) メ ニ ュ ーで [追加 (Add)]、 [シ ス テ ム (System)] の順に ク
リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [シ ス テ ムの追加 (Add System)] を ク
リ ッ ク し ます。
2
シ ス テ ムの名前を入力 し ます。
3
シ ス テ ムに関連付け ら れてい る コ マン ド を表示す る 場合は、 左下隅にあ る
[ コ マ ン ド 表示 (Show Command)] を ク リ ッ ク し ます。 [ コ マン ド を隠す
(Hide Command)] を ク リ ッ ク す る と 、 コ マ ン ド の表示が閉 じ ます。
4
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでシステムを追加するには
1
コ マ ン ド セン タ ーの ツールバーで、 [シ ス テ ムの追加 (Add System)] を ク
リ ッ ク し ます。
ま たは
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [ ク ラ ス タ オブジ ェ ク ト (Cluster Objects)]、 [シ ス テ ム
の追加 (Add System)] の順に展開 し ます。
2
シ ス テ ムの名前を入力 し ます。
3
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
149
150 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
シ ス テムの管理
シ ス テムの削除
コ マ ン ド セ ン タ ーでシステムを削除するには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [ ク ラ ス タ オブジ ェ ク ト (Cluster Objects)]、 [シ ス テ ム
の削除 (Delete System)] の順に展開 し ます。
2
シ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
3
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
シ ス テムの フ リ ーズ
シ ス テ ム を フ リ ーズす る と 、 そのシ ス テ ムでサービ ス グループを オン ラ イ ン化で
き な く な り ます。
Cluster Explorer で シス テムを フ リ ーズするには
1
設定ツ リ ーの [シ ス テ ム (Systems)] タ ブ を ク リ ッ ク し ます。
2
設定ツ リ ーでシ ス テ ム を右 ク リ ッ ク し 、 メ ニ ュ ーで [フ リ ーズ (Freeze)]
を ク リ ッ ク し 、 [一時的 (Temporary)] ま たは [永続的 (Persistent)] を ク
リ ッ ク し ます。 [永続的 (Persistent)] オプシ ョ ン を指定する と 、 ユーザー
が こ の変更を設定に保存 し た場合は、 VCS を再ブー ト 後 も 、 サービ ス グ
ループの フ リ ーズが維持 さ れます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでシステムを フ リ ーズするには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [可用性 (Availability)]、 [シ ス テ ムのフ リ ーズ (Freeze
System)] の順に展開 し ます。
2
シ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
3
必要に応 じ て [永続的 (persistent)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス と [退避
(evacuate)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し ます。 [退避 (evacuate)] オプ
シ ョ ン を指定す る と 、 シ ス テ ムの フ リ ーズ操作を実行す る 前に、 すべての
サービ ス グループを別のシ ス テ ムに移動 し ます。 [永続的 (Persistent)] オ
プシ ョ ン を指定す る と 、 ユーザーが こ の変更を設定に保存 し た場合は、 VCS
を再ブー ト 後 も 、 サービ ス グループの フ リ ーズが維持 さ れます。
4
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
ク ラ ス タ の管理
シ ス テムのア ン フ リ ーズ
シ ス テ ム を ア ン フ リ ーズす る と 、 そのシ ス テ ムでサービ ス グループを オン ラ イ ン
化で き る よ う にな り ます。
Cluster Explorer で シス テムを ア ン フ リ ーズするには
1
設定ツ リ ーの [シ ス テ ム (Systems)] タ ブ を ク リ ッ ク し ます。
2
設定ツ リ ーで、 ア ン フ リ ーズす る シ ス テ ム を右 ク リ ッ ク し 、 [ア ン フ リ ーズ
(Unfreeze)] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーでシステムを ア ン フ リ ーズするには
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [操作
(Operations)]、 [可用性 (Availability)]、 [シ ス テ ムのア ン フ リ ーズ
(Unfreeze System)] の順に展開 し ます。
2
シ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
3
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
ク ラ ス タ の管理
Java コ ン ソ ールでは、 コ ン ソ ールで表示す る ク ラ ス タ を指定 し 、 VCS 設定を変
更で き ます。 設定には、 ク ラ ス タ 全体のパ ラ メ ー タ の詳細が記述 さ れてい ます。
Cluster Explorer ま たは コ マン ド セン タ ーを使 う と 、 設定を開 く 、 保存す る 、 お
よ び保存 し て閉 じ る こ と がで き ます。 VCS Simulator を使 う と 、 VCS がオ フ ラ イ
ンの と き に、 ロ ーカルシ ス テ ムで設定を管理で き ます。
ク ラ ス タ 設定を開 く
Cluster Explorer ま たは コ マン ド セン タ ーを使っ て、 VCS 設定を開 く か、 変更で
き ます。
Cluster Explorer で設定を開 く には
フ ァ イ ル (File) メ ニ ュ ーで、 [設定を開 く (Open Configuration)] を ク リ ッ ク
し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [設定を開 く (Open Configuration)] を ク
リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーで設定を開 く には
1
コ マ ン ド セン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [設定フ ァ イ ル (Configuration File)]、 [設定を開 く
(Open Configuration)] の順に展開 し ます。
151
152 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
ク ラ ス タ の管理
2
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
ク ラ ス タ 設定の保存
VCS 設定を更新 し た後、 Cluster Explorer ま たは コ マ ン ド セ ン タ ーを使っ て、
VCS 設定を読み書 き 両用モー ド に保ちなが ら 、 最新の設定内容をデ ィ ス ク に保
存で き ます。
Cluster Explorer で設定を保存するには
フ ァ イ ル (File) メ ニ ュ ーで、 [設定を保存す る (Save Configuration)] を ク
リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [設定を保存す る (Save Configuration)] を
ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーで設定を保存するには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [設定フ ァ イ ル (Configuration File)]、 [設定を保存す る
(Save Configuration)] の順に展開 し ます。
2
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
ク ラ ス タ 設定を保存 し て閉 じ る
VCS 設定を更新 し た後、 Cluster Explorer ま たは コ マ ン ド セ ン タ ーを使っ て、 最
新の設定をデ ィ ス ク に保存 し て閉 じ 、 VCS 設定を読み取 り 専用モー ド に変更で
き ます。
Cluster Explorer で設定を保存 し て閉 じ るには
フ ァ イ ル (File) メ ニ ュ ーで、 [設定を閉 じ る (Close Configuration)] を ク リ ッ
ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [設定を保存 し て閉 じ る (Save and Close
Configuration)] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーで設定を保存 し て閉 じ るには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [設定フ ァ イ ル (Configuration File)]、 [設定を閉 じ る
(Close Configuration)] の順に展開 し ます。
2
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド の実行
コ マ ン ド の実行
コ マ ン ド セ ン タ ーを使っ て、 ク ラ ス タ に対 し て コ マン ド を実行す る こ と がで き ま
す。 コ マ ン ド セン タ ーでは、 [設定 (Configuration)] や [操作 (Operation)]
と し て分類 さ れた各種 コ マン ド を実行で き ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーで コ マ ン ド を実行するには
1
コ マ ン ド セン タ ーの コ マン ド ツ リ ーで、 コ マン ド を ク リ ッ ク し ます。 必要に
応 じ て、 ツ リ ーを展開 し て コ マン ド を表示 し ます。
2
対応す る コ マン ド イ ン タ ーフ ェ ース で、 VCS オブジ ェ ク ト を ク リ ッ ク し 、
必要に応 じ て適切なオプシ ョ ン を ク リ ッ ク し ます。
3
[適用 (Apply)] を ク リ ッ ク し ます。
属性の編集
Java コ ン ソ ールを使っ て、 VCS オブジ ェ ク ト の属性を編集で き ます。 デフ ォ ル
ト では、 Java コ ン ソ ールには、 主要属性 と タ イ プ固有の属性が表示 さ れます。
オブジ ェ ク ト に関連付け ら れてい る すべての属性を表示す る には、 [すべての属
性を表示 (Show all attributes)] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Explorer で属性を編集するには
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 属性を編集す る 対象のオブジ ェ ク ト を ク
リ ッ ク し ます。
2
表示パネルで、 [プ ロ パテ ィ (Properties)] タ ブを ク リ ッ ク し ます。 属性が
[プ ロ パテ ィ ビ ュ ー (Properties View)] に表示 さ れない場合は、 [すべての
属性を表示 (Show all attributes)] を ク リ ッ ク し ます。 こ れに よ り 、 [属性
ビ ュ ー (Attributes View)] が開 き ます。
3
[プ ロ パテ ィ ビ ュ ー (Properties View)] ま たは [属性ビ ュ ー (Attributes
View)] で、 [キー属性 (Key Attributes)] 表ま たは [ タ イ プに固有の属性
(Type Specific Attributes)] 表の [編集 (Edit)] カ ラ ムにあ る ア イ コ ン を
ク リ ッ ク し ます。 [属性ビ ュ ー (Attributes View)] で、 属性の [編集
(Edit)] カ ラ ムにあ る ア イ コ ン を ク リ ッ ク し ます。
4
[属性の編集 (Edit Attribute)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 属性値を変更 し
ます。
ス カ ラ ー値を編集す る には :
値を入力ま たは ク リ ッ ク し ます。
非ス カ ラ ー値を編集す る には :
[+] ボ タ ン を使っ て、 要素を追加 し ます。 [-] ボ タ ン を使っ て、 要素を削除
し ます。
153
154 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
属性の編集
属性の範囲を変更す る には :
[グ ロ ーバル (Global)] ま たは [シ ス テ ム ご と (Per System)] オプシ ョ ン
を ク リ ッ ク し ます。
属性の範囲を ロ ーカル と し た場合、 対象 と な る シ ス テ ム を変更す る には :
メ ニ ュ ーでシ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
5
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
コ マ ン ド セ ン タ ーで属性を編集するには
1
コ マ ン ド セ ン タ ーの設定ツ リ ーで、 [コ マ ン ド (Commands)]、 [設定
(Configuration)]、 [属性 (Attributes)]、 [vcs_object 属性の修正 (Modify
vcs_object Attributes)] の順に展開 し ます。
2
メ ニ ュ ーで VCS オブジ ェ ク ト を ク リ ッ ク し ます。
3
属性表で、 属性の [編集 (Edit)] カ ラ ムにあ る ア イ コ ン を ク リ ッ ク し ます。
4
[属性の編集 (Edit Attribute)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 属性値を変更 し
ます。
ス カ ラ ー値を編集す る には :
値を入力ま たは ク リ ッ ク し ます。
非ス カ ラ ー値を編集す る には :
[+] ボ タ ン を使っ て、 要素を追加 し ます。 [-] ボ タ ン を使っ て、 要素を削除
し ます。
属性の範囲を変更す る には :
[グ ロ ーバル (Global)] ま たは [シ ス テ ム ご と (Per System)] オプシ ョ ン
を ク リ ッ ク し ます。
属性の範囲を ロ ーカル と し た場合、 対象 と な る シ ス テ ム を変更す る には :
メ ニ ュ ーでシ ス テ ム を ク リ ッ ク し ます。
5
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
ク ラ ス タ 設定の ク エ リ ー
ク ラ ス タ 設定のク エ リ ー
1
Cluster Explorer の ツール (Tools) メ ニ ュ ーで、 [ ク エ リ ー (Query)] を ク
リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [ ク エ リ ー (Query)] を ク リ ッ ク し ます。
2
ク エ リ ーの詳細を入力 し ます。
■
検索す る VCS オブジ ェ ク ト を ク リ ッ ク し ます。
■
選択 し たオブジ ェ ク ト に応 じ て、 検索す る エン テ ィ テ ィ を ク リ ッ ク し
ます。
■
検索項目 と 値の間で適切な フ レーズ ま たは記号を ク リ ッ ク し ます。
■
指定 し た ク エ リ ーの適切な値を ク リ ッ ク し ます。 ク エ リ ーに よ っ ては、
ユーザーが特定の フ ィ ル タ 情報を入力で き る 場合 も あ り ます。
[シ ス テ ム (System)]、 [オン ラ イ ン グループの数 (Online Group
Count)]、 [<] の順に ク リ ッ ク し 、 必要な値を空の フ ィ ール ド に入力 し
ます。
ま たは
[ リ ソ ース (Resource)]、 [属性名を入力 (provide attribute name)] の
順に ク リ ッ ク し 、 属性の名前を入力 し て [=] ま たは [を含む
(contains)] を ク リ ッ ク し 、 属性の適切な値を空の フ ィ ール ド に入力 し
ます。 た と えば、 [ リ ソ ース (Resource)] を ク リ ッ ク し 、 [ 属性名を入
力 (provide attribute name) ] を選択 し pathname と 入力 し て、 [含む
(contains)] を ク リ ッ ク し 、 空の フ ィ ール ド に c:¥temp と 入力 し ます。
■
追加の ク エ リ ーを使 う には、 適切なオプシ ョ ン を選択す る のに必要な回
数だけ [+] を ク リ ッ ク し ます。 [-] を ク リ ッ ク す る と 、 ク エ リ ーの数
が減 り ます。
■
選択 し た各フ ィ ル タ ご と に [AND] ま たは [OR] を ク リ ッ ク し ます。
155
156 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Notifier ウ ィ ザー ド を使 っ た VCS イ ベ ン ト 通知の設定
■
[検索 (Search)] を ク リ ッ ク し ます。 ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス の下部に結
果が一覧形式で表示 さ れます。 新 し い項目を検索す る には、 [ リ セ ッ ト
(Reset)] を ク リ ッ ク し て、 ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス を も と の空の状態に戻
し ます。
Notifier ウ ィ ザー ド を使 っ た VCS イ ベ ン ト 通知の
設定
こ こ に示 さ れた情報は、 ClusterService グループ と Notifier リ ソ ース の両方を作
成す る 必要があ る も の と し てい ます。 ClusterService グループが存在 し 、
Notifier リ ソ ースは別のグループの下に設定 さ れてい る 場合、 そのグループの既
存の Notifier リ ソ ース と シ ス テ ム リ ス ト の属性を変更で き ます。 ClusterService
グループが設定 さ れ、 Notifier リ ソ ースは未設定の場合、 Notifier リ ソ ース を作
成 し て ClusterService グループに追加 し ます。
Notifier ウ ィ ザー ド を使っ て イ ベン ト 通知を設定するには
1
Cluster Explorer の ツール (Tools) メ ニ ュ ーで、 [Notifier ウ ィ ザー ド (N)...
(Notifier Wizard...)] を ク リ ッ ク し ます。
ま たは
Cluster Explorer の ツールバーで、 [Notifier リ ソ ース設定 ウ ィ ザー ド の起動
(Launch Notifier Resource Configuration Wizard)] を ク リ ッ ク し ます。
2
[次へ (Next)] を ク リ ッ ク し ます。
3
ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 次の手順に従い ます。
■
リ ソ ース の名前を入力 し ます。 た と えば、 ntfr と し ます。
■
[使用可能なシ ス テ ム (Available Systems)] ボ ッ ク ス で対象シ ス テ ム
を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Notifier ウ ィ ザー ド を使 っ た VCS イ ベ ン ト 通知の設定
■
右矢印ボ タ ン を ク リ ッ ク し て、 選択 し た シ ス テ ム を [サービ ス グループ
のシ ス テ ム (Systems for Service Group)] 表に移動 さ せます。 表か ら
シ ス テ ム を削除す る には、 該当のシ ス テ ム を ク リ ッ ク し 、 左矢印ボ タ ン
を ク リ ッ ク し ます。
■
サービ ス グループの AutoStartList 属性にシ ス テ ム を追加す る には、
[起動 (Startup)] にチ ェ ッ ク マー ク を付け ます。 こ れに よ り 、 HAD が
起動す る たびに、 サービ ス グループを シ ス テ ムで自動的にオン ラ イ ンに
す る こ と がで き ます。
■
(0 か ら 始ま る ) 優先順位が割 り 当て ら れます。 こ れは、 フ ェールオー
バー実行時に、 サービ ス グループを起動す る シ ス テ ムの順序を示 し ま
す。 必要に応 じ て、 [優先順位 (Priority)] カ ラ ムのエン ト リ を ダブル
ク リ ッ ク し て、 新 し い値を入力 し ます。
■
[次へ (Next)] を ク リ ッ ク し ます。
4
設定す る 必要があ る 通知のモー ド を選択 し ます。 SNMP ま たは SMTP、 あ る
いはその両方のチ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し ます (該当す る 場合)。
5
[SNMP 設定 (SNMP Configuration)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス で、 次の手順に
従い ます (該当す る 場合)。
■
[+] を ク リ ッ ク し て、 SNMP コ ン ソ ール と 重要度の フ ィ ール ド を必要
な分作成 し ます。 フ ィ ール ド を削除す る には [-] を ク リ ッ ク し ます。
■
コ ン ソ ールを入力 し 、 メ ニ ュ ーで重要度を ク リ ッ ク し ます。 た と えば、
snmpserv と 入力 し て [Information] を ク リ ッ ク し ます。
■
SNMP ト ラ ッ プポー ト を入力 し ます。 た と えば、 162 はデフ ォ ル ト 値で
す。
■
[次へ (Next)] を ク リ ッ ク し ます。
157
158 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
Notifier ウ ィ ザー ド を使 っ た VCS イ ベ ン ト 通知の設定
6
7
[SMTP 設定 (SMTP Configuration)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス で、 次の手順に
従い ます (該当す る 場合)。
■
SMTP 電子 メ ールサーバーの名前を入力 し ます。
■
[+] を ク リ ッ ク し て、 受信者 と 重要度の フ ィ ール ド を必要な分作成 し
ます。 フ ィ ール ド を削除す る には、 [-] を ク リ ッ ク し ます。
■
受信者を入力 し 、 ド ロ ッ プダ ウ ン メ ニ ュ ーで重要度を ク リ ッ ク し ます。
た と えば、 [email protected] と 入力 し て [Information] を ク リ ッ
ク し ます。
■
[次へ (Next)] を ク リ ッ ク し ます。
[NIC リ ソ ース設定 (NIC Resource Configuration)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス で、
次の手順に従い ます。
■
[NIC リ ソ ース を設定 し ます (Configure NIC Resource)] (シマン テ ッ
ク 社推奨) を ク リ ッ ク し て、 次の手順に進みます。 NIC リ ソ ース を設定
し ない場合は、 [次へ (Next)] を ク リ ッ ク し ます。
■
必要に応 じ て、 リ ソ ース の名前を入力 し ます。
■
表の [検出 (Discover)] カ ラ ムでア イ コ ン ([...]) を ク リ ッ ク し て、
各シ ス テ ムの MACAddress を調べます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
ロ グの管理
■
[検出 (Discover)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス で、 [OK] を ク リ ッ ク し ます。
■
[次へ (Next)] を ク リ ッ ク し ます。
8
必要に応 じ て [ リ ソ ース を オン ラ イ ンに し ます (Bring the Notifier
Resource Online)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し ます。
9
[次へ (Next)] を ク リ ッ ク し ます。
10 [完了 (Finish)] を ク リ ッ ク し ます。
ログの管理
Java コ ン ソ ールを使っ て、 エン ジ ンに よ っ て生成 さ れた メ ッ セージの ロ グ表示
を カ ス タ マ イ ズで き ます。 [ロ グ (Logs)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 メ ッ セージ
を検索お よ び表示す る ための フ ィ ル タ を設定 し 、 ア ラ ー ト メ ッ セージ を監視お よ
び解決で き ます。
ロ グ を参照 し て各 ロ グ メ ッ セージの詳細を表示す る には、 イ ベン ト の説明を ダブ
ル ク リ ッ ク し ます。 [VCS ロ グ詳細 (VCS Log details)] ポ ッ プア ッ プ ウ ィ ン ド
ウ の矢印を使 う と 、 メ ッ セージ リ ス ト を前後に ス ク ロ ールで き ます。
159
160 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
ロ グの管理
ロ グ表示のカ ス タ マ イ ズ
[ ロ グ (Logs)] ダ イ ア ロ グボ ッ ク ス か ら 、 [フ ィ ル タ の編集 (Edit Filters)] 機
能を使っ て ロ グ メ ッ セージの表示を カ ス タ マ イ ズ し ます。
VCS ログの表示を カ ス タ マ イ ズする には
1
[VCS ロ グ (VCS Logs)] タ ブで、 [フ ィ ル タ の編集 (Edit Filters)] を ク
リ ッ ク し ます。
2
フ ィ ル タ の条件を入力 し ます。
■
メ ッ セージ表示に出力 さ せ る ロ グの タ イ プを ク リ ッ ク し ます。
■
[ ロ グ (Logs of)] メ ニ ュ ーで、 表示す る ロ グ メ ッ セージのカ テ ゴ リ を
ク リ ッ ク し ます。
■
[名前 (Named)] メ ニ ュ ーで、 選択 し たオブジ ェ ク ト ま たは コ ンポー
ネ ン ト の名前を ク リ ッ ク し ます。 選択 し た カ テ ゴ リ のすべての メ ッ セー
ジ を表示す る には、 [すべて (All)] を ク リ ッ ク し ます。
■
[最終 ロ グ (Logs from last)] フ ィ ール ド に数値を入力 し 、 時間単位を
ク リ ッ ク し ます。
■
ロ グ メ ッ セージ内を検索す る には、 検索文字列を入力 し ます。 必要に応
じ て [すべての文字列 (Whole String)] チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を オンに し
ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
ロ グの管理
エージ ェ ン ト ログの表示を カ ス タ マ イズするには
1
[エージ ェ ン ト ロ グ (Agent Logs)] タ ブで、 フ ィ ル タ の条件を入力 し ます。
■
シ ス テ ムの名前を ク リ ッ ク し ます。
■
表示す る ロ グ数を入力 し ます。
■
リ ソ ース タ イ プを ク リ ッ ク し ます。
■
リ ソ ース の名前を ク リ ッ ク し ます。 すべての リ ソ ース の メ ッ セージ を表
示す る には、 [すべて (All)] を ク リ ッ ク し ます。
■
[ ロ グ を取得 (Get Logs)] を ク リ ッ ク し ます。
ロ グ表示の リ セ ッ ト
[フ ィ ル タ の リ セ ッ ト (Reset Filters)] 機能を使っ て、 ロ グ表示をデフ ォ ル ト 設
定に戻 し ます。 た と えば、 [フ ィ ル タ の編集 (Edit Filter)] 機能を使っ て、 メ ッ
セージ レベルが ク リ テ ィ カル と エ ラ ーの メ ッ セージのみ表示す る よ う に ロ グ表示
を カ ス タ マ イ ズ し た場合は、 [フ ィ ル タ の リ セ ッ ト (Reset Filter)] 機能を使 う
と 、 すべての ロ グ メ ッ セージ を表示す る よ う に設定 さ れます。
ログ表示をデ フ ォル ト 設定に リ セ ッ ト するには
[VCS ロ グ (VCS Logs)] タ ブで、 [フ ィ ル タ の リ セ ッ ト (Reset Filters)] を ク
リ ッ ク し ます。
161
162 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
ロ グの管理
ア ラ ー ト の監視
Java コ ン ソ ールでは、 管理的な ア ク シ ョ ンが必要な警告に関 し て自動警告を送
信 し ます。 こ の警告は、 [ロ グ (Logs)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス の [ア ラ ー ト
(Alerts)] タ ブに表示 さ れてい ます。 こ の タ ブを使っ て、 ア ラ ー ト に対する ア ク
シ ョ ン を実行 し た り 、 ア ラ ー ト を削除 し ます。
ア ラ ー ト にア ク シ ョ ン を実行するには
1
[ア ラ ー ト (Alert)] タ ブ ま たはダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 ア ク シ ョ ン を実行
す る ア ラ ー ト を ク リ ッ ク し ます。
2
[ア ク シ ョ ンの実行 (Take Action)] を ク リ ッ ク し ます。
3
ア ラ ー ト を解決す る ために必要な情報を入力 し ます。
ロ ーカルグループが ロ ーカル ク ラ ス タ 内のシ ス テ ムに フ ェ ールオーバーを
実行で き ない と い う ア ラ ー ト の場合、 ユーザーはア ク シ ョ ン を実行で き ま
せん。
グ ロ ーバルグループが フ ェ ールオーバーを実行で き ない と い う ア ラ ー ト の場
合は、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ 環境内の別のシ ス テ ムでグループを オン ラ イ ン化
す る ア ク シ ョ ンが必要 と な り ます。
グ ロ ーバル ク ラ ス タ で障害が発生 し た と い う ア ラ ー ト の場合は、 ク ラ ス タ の
障害、 切断、 ま たは停止を宣言 し 、 別の ク ラ ス タ に フ ェ ールオーバーを実行
す る サービ ス グループを決定す る ア ク シ ョ ンが必要です。
4
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS Simulator の管理
ア ラ ー ト を削除するには
1
[ア ラ ー ト (Alert)] タ ブ ま たはダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 削除す る ア ラ ー ト
を ク リ ッ ク し ます。
2
[ア ラ ー ト の削除 (Delete Alert)] を ク リ ッ ク し ます。
3
こ の処理の詳細を入力 し ます。
■
ア ラ ー ト を削除す る 理由を入力 し ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
VCS Simulator の管理
VCS Simulator を使 う と 、 状態の遷移を表示 し 、 設定パ ラ メ ー タ を テ ス ト し 、 ク
ラ ス タ ま たはシ ス テ ム障害時にサービ ス グループが ど の よ う に動作す る のかを予
測す る こ と がで き ます。 こ の ツールを使っ て、 OFFLINE 状態で設定を作成お よ
び保存 し ます。
Java コ ン ソ ールで VCS Simulator を使 う と 、 シ ミ ュ レー ト し た ク ラ ス タ パネル
を設定す る 、 UNKNOWN 状態のシ ス テ ム を ONLINE 状態にする 、 運用中のシ ス
テ ムの停電状態を シ ミ ュ レー ト す る 、 リ ソ ース障害を シ ミ ュ レー ト す る 、 お よ び
VCS がオ フ ラ イ ンの状態で設定を保存す る な ど の操作を行 う こ と がで き ます。
グ ロ ーバル ク ラ ス タ については、 ク ラ ス タ 障害の生成お よ び ク リ アのプ ロ セ ス を
シ ミ ュ レー ト で き ます。
ク ラ ス タ ご と に異な る ポー ト 番号を使 う こ と に よ り 、 1 つのシ ス テ ムで複数のシ
ミ ュ レー ト ク ラ ス タ を実行で き ます。 Java コ ン ソ ールでは、 オン ラ イ ン設定の
場合 と 同 じ 表示 と 機能が利用で き ます。
253 ページの 「VCS Simulator を使っ た VCS の動作の予測」 を参照 し て く だ
さ い。
163
164 Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS Simulator の管理
6
コ マ ン ド ラ イ ンによ る
ク ラ ス タ の管理
■
コ マ ン ド ラ イ ンでの VCS の管理について
■
LLT の管理
■
VCS の起動
■
VCS の停止
■
VCS への ロ グ イ ン
■
VCS 設定フ ァ イ ルの管理
■
コ マ ン ド ラ イ ンに よ る VCS ユーザーの管理
■
VCS の ク エ リ ー
■
サービ ス グループの管理
■
エージ ェ ン ト の管理
■
リ ソ ース タ イ プの管理
■
リ ソ ース の管理
■
シ ス テ ムの管理
■
ク ラ ス タ の管理
■
セキ ュ リ テ ィ サービ ス の有効化 と 無効化
■
コ マ ン ド ラ イ ンに よ る シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ の管理
166
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド ラ イ ン での VCS の管理につい て
コ マ ン ド ラ イ ン での VCS の管理について
こ の章では、 よ く 使われ る VCS コ マ ン ド について説明 し ます。 個々の コ マ ン ド
やそのオプシ ョ ンについては、 各 コ マン ド の使用法の説明か、 各 コ マン ド のマ
ニ ュ アルページ を参照 し て く だ さ い。
コ マ ン ド のほ と ん どは、 VCS が起動 し てい る 、 ク ラ ス タ 内の任意のシ ス テ ムで
実行で き ます。 通常、 VCS を起動す る コ マン ド は、 シ ス テ ムの起動時に自動的
に実行 さ れます。
320 ページの 「I/O フ ェ ン シ ン グの管理について」 も 参照 し て く だ さ い。
638 ページの 「VCS コ マン ド ラ イ ン リ フ ァ レ ン ス」 も 参照 し て く だ さ い。
VCS コ マ ン ド 構文で使われる記号について
表 6-2 は、 VCS コ マン ド の解説で使 う 記号についての説明です。 こ れ ら の記号
は、 実際に コ マ ン ド を実行す る と き には使わないで く だ さ い。
表 6-2
VCS コ マ ン ド の解説で使 う 記号
記号
書式
例
[]
省略可能な コ マ ン ド オプシ ョ ン ま た
は引数を囲みます。
hasys -freeze [-persistent] [-evacuate]
system
|
| で区切 ら れた コ マ ン ド オプシ ョ ン
ま たは引数の う ち 1 つだけ を同時に
使え る こ と を表 し ま す。
hagetcf [-s | -silent]
...
引数に複数の値を指定で き る こ と を
表 し ま す。
hagrp -modify group attribute value ...
[-sys system]
{}
こ れ ら の波カ ッ コ で囲まれた コ マ ン
ド オプシ ョ ン ま たは引数はセ ッ ト で
保つ必要があ る こ と を表 し ます。
haattr -display {cluster | group | system |
heartbeat | restype}
ま たは
haclus -modify attribute {key value}
<>
コ マ ン ド ヘルプ ま たは書式の出力
で、 こ れ ら の変数を実際の値に置 き
換え る 必要があ る こ と を示すために
使い ます。
haclus -help
VCS INFO V-16-1-10601 Usage:
haclus -add <cluster> <ip>
haclus -delete <cluster>
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド ラ イ ン での VCS の管理について
VCS のロー カルシ ス テム識別方法
VCS は、 $VCS_CONF/conf/sysname フ ァ イ ルを確認 し ます。 こ の フ ァ イ ルが存
在 し ない場合、 ロ ーカルシ ス テ ム名は、 そのシ ス テ ムの ノ ー ド 名 と な り ます。 シ
ス テ ムの ノ ー ド 名を表示す る には、 次の コ マン ド を実行 し ます。
uname -n
こ の フ ァ イ ルのエン ト リ は、 /etc/llthosts お よ び /etc/llttab フ ァ イ ルのエ
ン ト リ に一致 し てい る 必要があ り ます。
ダ ッ シ ュ (-) で始ま る値の指定について
コ マ ン ド ラ イ ン構文で値を指定す る 場合、 ダ ッ シ ュ (-) か ら 始ま る 値の先頭に
パーセ ン ト 記号 (%) を付け る 必要があ り ます。 値がパーセン ト 記号か ら 始ま る
場合、 こ の先頭に も う 1 つパーセ ン ト 記号を付け る 必要があ り ます (最初のパー
セ ン ト 記号は HAD に よ っ て処理 さ れ、 設定フ ァ イ ルには表示 さ れません)。
-modify オ プ シ ョ ン について
設定の変更のほ と ん どは、 haclus、 hagrp、 hares、 hasys お よ び hatype コ マ ン
ド の -modify オプシ ョ ン を使っ て行い ます。 特に、 こ れ ら の コ マン ド の
-modify オプシ ョ ンは、 VCS 設定フ ァ イ ルに定義 さ れてい る 属性値を変更 し ま
す。 デフ ォ ル ト では、 すべての属性はグ ロ ーバルです。 つま り 、 属性値はすべて
のシ ス テ ム上で同 じ です。
メ モ : 設定を変更す る には、 VCS が読み書 き両用モー ド であ る必要があ り ます。
手順については、 186 ページの 「読み書 き 両用モー ド への設定の変更」 を参照
し て く だ さ い。
167
168
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド ラ イ ン での VCS の管理につい て
VCS パスワー ド の暗号化
VCS 設定フ ァ イ ルの main.cf を編集 し て VCS ユーザーを追加す る と き に、
vcsencrypt ユーテ ィ リ テ ィ を使っ てパ ス ワー ド を暗号化 し ます。
メ モ : Java コ ン ソ ール と Web コ ン ソ ールか ら パ ス ワ ー ド を入力す る 場合は、
vcsencrypt ユーテ ィ リ テ ィ を使わないで く だ さ い。
パスワー ド を暗号化するには
1
コ マ ン ド ラ イ ンか ら ユーテ ィ リ テ ィ を実行 し ます。
vcsencrypt -vcs
2
ユーテ ィ リ テ ィ を実行す る と 、 パ ス ワー ド を 2 回入力す る よ う に要求 さ れま
す。 パ ス ワ ー ド を入力 し 、 Return キーを押 し ます。
Enter New Password:
Enter Again:
3
ユーテ ィ リ テ ィ がパ ス ワ ー ド を暗号化 し 、 暗号化パ ス ワ ー ド を表示 し ます。
表示 さ れたパ ス ワ ー ド を使っ て、 設定フ ァ イ ル main.cf を編集 し ます。
エージ ェ ン ト パスワー ド の暗号化
ユーザーのパ ス ワ ー ド を必要 と す る エージ ェ ン ト を設定す る 場合、 VCS 設定
フ ァ イ ルの main.cf を編集する と き に、 vcsencrypt ユーテ ィ リ テ ィ を使っ てパ
ス ワ ー ド を暗号化 し ます。
169 ページの 「セキ ュ リ テ ィ キーを使っ たエージ ェ ン ト パ ス ワ ー ド の暗号化」
も 参照 し て く だ さ い。
メ モ : Java コ ン ソ ール と Web コ ン ソ ールか ら パ ス ワ ー ド を入力す る 場合は、
vcsencrypt ユーテ ィ リ テ ィ を使わないで く だ さ い。
エージ ェ ン ト パスワー ド を暗号化するには
1
コ マ ン ド ラ イ ンか ら ユーテ ィ リ テ ィ を実行 し ます。
vcsencrypt -agent
2
ユーテ ィ リ テ ィ を実行す る と 、 パ ス ワー ド を 2 回入力す る よ う に要求 さ れま
す。 パ ス ワ ー ド を入力 し 、 Return キーを押 し ます。
Enter New Password:
Enter Again:
3
ユーテ ィ リ テ ィ がパ ス ワ ー ド を暗号化 し 、 暗号化パ ス ワ ー ド を表示 し ます。
表示 さ れたパ ス ワ ー ド を使っ て、 設定フ ァ イ ル main.cf を編集 し ます。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド ラ イ ン での VCS の管理について
セキ ュ リ テ ィ キーを使 っ たエージ ェ ン ト パスワー ド の暗号化
vcsencrypt ユーテ ィ リ テ ィ を使っ てセキ ュ リ テ ィ キーを生成 し 、 エージ ェ ン ト
用の安全性の高いパ ス ワ ー ド を作成 し ます。
168 ページの 「エージ ェ ン ト パ ス ワ ー ド の暗号化」 も 参照 し て く だ さ い。
セキ ュ リ テ ィ キーを生成する ための権限の必要条件
デフ ォ ル ト では、 スーパーユーザーのみがセキ ュ リ テ ィ キーを生成で き ます。
パ ス ワ ー ド 暗号化権限を グループ管理者に与え る こ と がで き ます。
170 ページの 「グループ管理者へのパ ス ワ ー ド 暗号化権限の付与」 を参照 し て
く だ さ い。
安全なエージ ェ ン ト パスワー ド の作成
次の手順に従っ てエージ ェ ン ト 用の安全なパ ス ワ ー ド を作成 し ます。
セキ ュ リ テ ィ キーを使っ てエージ ェ ン ト パスワー ド を暗号化するには
1
パ ス ワ ー ド の暗号化に必要な権限があ る こ と を確認 し て く だ さ い。
169 ページの 「セキ ュ リ テ ィ キーを生成す る ための権限の必要条件」 を参
照 し て く だ さ い。
2
VCS を実行 し てい る ノ ー ド か ら セキ ュ リ テ ィ キーを生成 し ます。 こ の手順
は 1 回のみ実行する 必要があ り ます。
■
VCS 設定を書 き 込み可能に し ます。
haconf -makerw
■
vcsencrypt ユーテ ィ リ テ ィ を実行 し ます。
vcsencrypt -gensecinfo
■
プ ロ ンプ ト が表示 さ れた ら 、 パ ス ワ ー ド を入力 し 、 Return キーを押 し
ます。
8 文字以上のパスフレーズを入力してください。
(Please enter a passphrase of minimum 8 characters.)
Passphrase:
Generating SecInfo...please wait...
SecInfo generated successfully.
SecInfo updated successfully.
■
VCS 設定フ ァ イ ルを保存 し ます。
haconf -dump
169
170
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド ラ イ ン での VCS の管理につい て
3
生成 し たセキ ュ リ テ ィ キーを使っ てエージ ェ ン ト パ ス ワ ー ド を暗号化 し
ます。
■
VCS を実行 し てい る ノ ー ド で次の コ マン ド を実行 し ます。
vcsencrypt -agent -secinfo
■
プ ロ ンプ ト が表示 さ れた ら 、 パ ス ワ ー ド を入力 し 、 Return キーを押 し
ます。 ユーテ ィ リ テ ィ を実行す る と 、 パ ス ワー ド を 2 回入力す る よ う に
要求 さ れます。
Enter New Password:
Enter Again:
ユーテ ィ リ テ ィ がパ ス ワ ー ド を暗号化 し 、 暗号化パ ス ワ ー ド を表示 し
ます。
4
VCS が新 し い暗号化機構を使っ てい る こ と を確認 し ます。
■
SecInfo ク ラ ス タ 属性が main.cf フ ァ イ ルに追加 さ れ、 属性の値 と し て
セキ ュ リ テ ィ キーが設定 さ れてい る こ と を確認 し ます。
■
暗号化 し たパ ス ワ ー ド が次の よ う な形式にな っ てい る こ と を確認 し
ます。
SApswd=7c:a7:4d:75:78:86:07:5a:de:9d:7a:9a:8c:6e:53:c6
グループ管理者へのパスワー ド 暗号化権限の付与
次の手順に従っ て、 パ ス ワ ー ド 暗号化権限を グループ管理者に与え ます。
パスワー ド 暗号化権限を グループ管理者に与え るには
◆
ク ラ ス タ 属性 SecInfoLevel の値を R+A に設定 し ます。
haclus -modify SecInfoLevel R+A
パスワー ド 暗号化権限を スーパーユーザーに限定するには
◆
ク ラ ス タ 属性 SecInfoLevel の値を R に設定 し ます。
haclus -modify SecInfoLevel R
セキ ュ リ テ ィ キーの変更
次の手順に従っ て、 セキ ュ リ テ ィ キーを変更 し ます。
セキ ュ リ テ ィ キーを変更す る 場合は、 作成 し たすべてのパ ス ワ ー ド を新 し いセ
キ ュ リ テ ィ キーを使っ て必ず再暗号化 し て く だ さ い。 そ う し ない場合、 エージ ェ
ン ト は、 暗号化 さ れたパ ス ワ ー ド を正 し く 解読で き な く な り 、 し たがっ て リ ソ ー
ス の監視を適切に管理で き な く な り ます。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS ラ イ セ ン スの イ ン ス ト ール
セキ ュ リ テ ィ キーを変更するには
1
VCS 設定を保存 し て、 書き 込み可能に し ます。
haconf -makerw
2
次の コ マン ド を実行 し ます。
vcsencrypt -gensecinfo -force
3
VCS 設定を保存 し て、 読み取 り 専用に し ます。
haconf -dump -makero
VCS ラ イ セ ン スのイ ン ス ト ール
Veritas 製品の イ ン ス ト ー ラ では、 次の ラ イ セン ス方法の う ち 1 つを選択す る よ
う に求め ら れます。
■
イ ン ス ト ールす る 製品 と 機能の ラ イ セン ス キーを イ ン ス ト ール し ます。 ラ イ
セ ン ス キー証明書はシマン テ ッ ク 製品の購入時に受け取 り ます。 証明書に
は、 製品キー と 購入 し た製品 ラ イ セン ス数が明確に記 さ れてい ます。
■
ラ イ セ ン ス キーな し で イ ン ス ト ールを続行 し ます。 イ ン ス ト ー ラ は、 イ ン ス
ト ールす る 製品モー ド と オプシ ョ ン を選択す る よ う 求め ます。 選択す る と 、
イ ン ス ト ー ラ は必要な製品レベルを設定 し ます。
こ のオプシ ョ ン を選択 し てか ら 60 日以内に、 権利を付与 さ れた ラ イ セン ス
レベルに対応す る 有効な ラ イ セン ス キーを イ ン ス ト ールす る 必要があ り ま
す。 ま たは、 管理サーバーを使っ てサーバーま たは ク ラ ス タ を管理す る こ と
に よ っ て、 キーレ ス ラ イ セン ス に よ る 認証を継続す る 必要があ り ます。
vxlicinst を使 っ た ラ イ セ ン スキーのイ ン ス ト ール と 更新
■
vxlicinst コ マン ド を使っ て、 購入 し た製品の有効な製品 ラ イ セン ス キーを
イ ン ス ト ールま たは更新 し ます。
vxlicinst (1M) のマニ ュ アルページ を参照 し て く だ さ い。
こ のユーテ ィ リ テ ィ を使 う には、 ルー ト 権限が必要です。 こ のユーテ ィ リ
テ ィ は、 ク ラ ス タ 内の各シ ス テ ムで実行す る 必要があ り ます。 こ のユーテ ィ
リ テ ィ では、 リ モー ト ノ ー ド の ラ イ セン ス を イ ン ス ト ールま たは更新す る こ
と はで き ません。
新 し い ラ イ セ ン ス を イ ン ス ト ールするには
◆
ク ラ ス タ 内の ノ ー ド ご と に、 次の コ マン ド を実行 し ます。
cd /opt/VRTS/bin
./vxlicinst -k XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXX
171
172
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS ラ イ セ ン スのイ ン ス ト ール
動作中のク ラ ス タ 内のラ イ セ ン ス情報を更新するには
1
vxlicinst ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て、 新 し い ラ イ セン ス を ク ラ ス タ 内の各
ノ ー ド に イ ン ス ト ール し ます。
2
ク ラ ス タ 内のすべての ノ ー ド で、 シ ス テ ム レベルの ラ イ セン ス情報を更新 し
ます。
hasys -updatelic -all
updatelic コ マン ド を実行す る 前に必ず、 vxlicinst コ マ ン ド を使っ て ラ イ セ
ン ス キーを追加す る 必要があ り ます。
updatelic コ マン ド を実行す る 前に必ず、 vxlicinst コ マ ン ド を使っ て ラ イ セ
ン ス キーを追加す る か、 vxkeyless コ マ ン ド を使っ て製品 ラ イ セ ン ス レベル
を設定す る 必要があ り ます。
updatelic コ マン ド を実行す る 前に必ず、 vxlicinst コ マ ン ド を使っ て ラ イ セ
ン ス キーを追加す る 必要があ り ます。
次の手順に進む前に、 すべての ノ ー ド で ラ イ セン ス情報を更新す る 必要があ
り ます。
3
ク ラ ス タ レベルの ラ イ セン ス情報を更新 し ます。
haclus -updatelic
キーレ ス ラ イ セ ン ス認証のための製品レ ベルの設定または変更
vxkeyless コ マ ン ド を実行 し て、 購入 し た製品の製品レベルを設定 し ます。 こ の
認証方法を使 う 場合、 管理サーバーを使っ てサーバーま たは ク ラ ス タ を管理す る
必要 も あ り ます。
vxkeyless (1M) のマニ ュ アルページ を参照 し て く だ さ い。
製品レ ベルを設定または変更するには
1
製品レベルの現在の設定を表示 し ます。
# vxkeyless [-v] display
2
設定可能な製品レベルを表示 し ます。
# vxkeyless displayall
3
目的の製品レベルを設定 し ます。
# vxkeyless [-q] set prod_levels
prod_levels はキーワ ー ド を カ ン マで区切っ た リ ス ト です。 vxkeyless
displayall コ マン ド に よ っ て返 さ れた キー ワー ド を使い ます。
キーレ ス ラ イ セ ン ス を削除 し てキーを入力す る 場合は、 キーレ ス ラ イ セン ス
を消去す る 必要があ り ます。 シ ス テ ムか ら すべてのキーを消去す る には、
NONE キーワ ー ド を使用 し ます。
キーを消去す る と 、 新 し いキーを イ ン ス ト ールす る か、 新 し い製品レベルを
設定す る ま での間、 Veritas 製品が無効にな る こ と に注意 し て く だ さ い。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
LLT の管理
製品ラ イ セ ン ス レ ベルを消去するには
1
製品 ラ イ セン ス レベルの現在の設定を表示 し ます。
# vxkeyless [-v] display
2
イ ン ス ト ール さ れてい る キーレ ス ラ イ セン ス があ る 場合は、 すべてのキーレ
ス ラ イ セン ス を削除 し ます。
# vxkeyless [-q] set NONE
LLT の管理
ク ラ ス タ の詳細 と LLT リ ン ク の LLT バージ ョ ンの表示
lltdump コ マ ン ド を使 う と 、 特定の LLT リ ン ク の LLT バージ ョ ン を表示で き ま
す。 ク ラ ス タ ID と ノ ー ド ID の詳細 も 表示で き ます。
詳 し く は、 lltdump (1M) のマニ ュ アルページ を参照 し て く だ さ い。
ク ラ ス タ の詳細 と LLT リ ン クの LLT バージ ョ ン を表示するには
◆
次の コ マン ド を実行 し て詳細を表示 し ます。
# /opt/VRTSllt/lltdump -D -f link
た と えば、 eth2 が galaxy に接続 し てい る 場合に こ の コ マン ド を実行す る
と 、 ネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク eth2 上に存在す る すべての ク ラ ス タ ID と ノ ー ド
ID が一覧表示 さ れます。
# # /opt/VRTSllt/lltdump -D -f link
lltdump : Configuration:
device
: eth2
sap
: 0xcafe
promisc sap
: 0
promisc mac
: 0
cidsnoop
: 1
=== Listening for LLT packets ===
cid
3456
3456
83
27
3456
nid
1
3
0
1
2
vmaj
5
5
4
3
5
vmin
0
0
0
7
0
173
174
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
LLT の管理
LLT リ ン ク の追加 と 削除
LLT が動作 し てい る と き 、 lltconfig コ マ ン ド を使っ て LLT リ ン ク を追加ま たは
削除で き ます。
詳 し く は、 lltconfig (1M) のマニ ュ アルページ を参照 し て く だ さ い。
LLT リ ン ク を追加するには
◆
LLT リ ン ク タ イ プに応 じ て、 次の コ マン ド を実行 し て LLT リ ン ク を追加 し
ます。
■
ether リ ン ク タ イ プ :
# lltconfig -t devtag -d device [-b ether ] [-s SAP] [-m mtu]
■
UDP リ ン ク タ イ プ :
# lltconfig -t devtag -d device -b udp [-s port] [-m mtu]
-I IPaddr -B bcast
■
UDP6 リ ン ク タ イ プ :
# lltconfig -t devtag -d device -b udp6 [-s port] [-m mtu]
-I IPaddr -B mcast
各値の意味は次の と お り です。
devtag
リ ン ク を識別す る タ グ。
device
イ ン タ ーフ ェ ース のデバ イ ス名。
イ ン タ ーフ ェ イ ス 名 と し てデバ イ ス名を指定で き ま す。 た と えば、
eth0 の よ う に指定 し ます。 可能で あれば、 eth-<MAC ア ド レ ス >
の形式でデバ イ ス 名を指定 し ま す。 た と えば、
eth-xx:xx:xx:xx:xx:xx の よ う な名前です。
bcast
udp リ ン ク タ イ プの場合のブ ロ ー ド キ ャ ス ト ア ド レ ス 。
mcast
udp6 リ ン ク タ イ プの場合のマルチキ ャ ス ト ア ド レ ス 。
IPaddr
udp お よ び udp6 リ ン ク タ イ プの場合の IP ア ド レ ス 。
SAP
ether リ ン ク タ イ プの場合にネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク 上でバ イ ン ド す
る SAP。
port
udp お よ び udp6 リ ン ク タ イ プの場合のポー ト 。
mtu
ネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク 上でパケ ッ ト を送信す る 際の最大伝送単位。
次に例を示 し ます。
# lltconfig -t eth4
eth4 -s 0xcafe -m 1500
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
LLT の管理
LLT リ ン ク を削除するには
◆
LLT 配下に設定 さ れたネ ッ ト ワー ク リ ン ク を削除す る には、 次の コ マ ン ド を
実行 し ます。
# lltconfig
devtag
LLT 配下の集約イ ン タ ー フ ェ ースの設定
VCS を イ ン ス ト ール し 、 設定 し た後で集約 イ ン タ ーフ ェース を使 う ために LLT
を設定す る 場合、 次のいずれかの方法を使え ます。
■
/etc/llttab フ ァ イ ルを編集する
こ の方法では LLT を停止する 必要があ り ます。 集約 イ ン タ ーフ ェ ース の設
定は再起動後 も 変化 し ません。
■
lltconfig コ マ ン ド を実行す る
こ の方法では、 LLT を停止せずに集約 イ ン タ ーフ ェ ース を設定で き ます。 た
だ し 、 再起動す る と 変更内容は失われます。
/etc/llttab フ ァ イルを編集 し て LLT 配下の集約イ ン タ ー フ ェ ース を設定する
には
1
LLT が動作中の場合、 次の コ マン ド を実行 し て LLT を停止 し ます。
2
/etc/llttab フ ァ イ ルに次のエン ト リ を追加 し て集約 イ ン タ ーフ ェ ース を設定
し ます。
link tag device_name systemid_range link_type sap mtu_size
各値の意味は次の と お り です。
tag
リ ン ク を識別す る タ グ。
device_name
集約 イ ン タ ーフ ェ ー ス のデバ イ ス 名。
systemid_range
コ マ ン ド が有効で あ る シ ス テ ム の範囲。
すべてのシ ス テ ム で リ ン ク コ マ ン ド を有効にす る 場合は、 ハ イ フ
ン (-) を指定 し ま す。
link_type
リ ン ク タ イ プは ether であ る 必要があ り ま す。
sap
ネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク 上でバ イ ン ド す る SAP。
デフ ォ ル ト は 0xcafe です。
mtu_size
3
ネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク 上でパケ ッ ト を送信す る 際の最大伝送単位。
LLT を再起動 し て変更内容を有効に し ます。
175
176
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
LLT の管理
lltconfig コ マ ン ド を使 っ て LLT 配下の集約イ ン タ ー フ ェ ース を設定するには
◆
LLT の動作中に、 次の コ マン ド を使っ て集約 イ ン タ ーフ ェース を設定 し
ます。
lltconfig -t devtag -d device [-b linktype ] [-s SAP] [-m mtu]
各値の意味は次の と お り です。
devtag
リ ン ク を識別す る タ グ。
device
集約 イ ン タ ーフ ェ ー ス のデバ イ ス 名。
link_type
リ ン ク タ イ プは ether であ る 必要があ り ま す。
sap
ネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク 上でバ イ ン ド す る SAP。
デフ ォ ル ト は 0xcafe です。
mtu_size
ネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク 上でパケ ッ ト を送信す る 際の最大伝送単位。
詳 し く は、 lltconfig (1M) のマニ ュ アルページ を参照 し て く だ さ い。
こ の変更を行っ た後に再起動す る 必要はあ り ません。 ただ し 、 変更内容を再
起動後 も 有効にす る には /etc/llttab フ ァ イ ルを更新す る 必要があ り ます。
175 ページの 「/etc/llttab フ ァ イ ルを編集 し て LLT 配下の集約 イ ン タ ー
フ ェ ース を設定す る には」 を参照 し て く だ さ い。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS の起動
VCS の起動
次のいずれかの方法を使っ て VCS を起動で き ます。
■
installvcs -start コ マン ド を使 う
■
各 ノ ー ド で VCS を手動で起動す る
VCS を起動する には
1
installvcs プ ロ グ ラ ム を使っ て VCS を起動する には、 ク ラ ス タ 内の任意の
ノ ー ド で次の手順を実行 し ます。
■
root ユーザー と し て ロ グ イ ン し ます。
■
次の コ マン ド を実行 し ます。
# /opt/VRTS/install/installvcs -start
2
VCS を手動で起動する には、 ク ラ ス タ 内の各 ノ ー ド で次の コ マ ン ド を実行
し ます。
■
root ユーザー と し て ロ グ イ ン し ます。
■
LLT と GAB を起動 し ます。 I/O フ ェ ン シ ン グが設定済みであれば I/O
フ ェ ン シ ン グ を起動 し ます。
シ ン グル ノ ー ド ク ラ ス タ で VCS を起動す る 場合は、 こ の手順を ス キ ッ
プ し ます。
■
LLT
# # /etc/init.d/llt start
GAB
# # /etc/init.d/gab start
I/O フ ェ ン シ ン グ
# /etc/init.d/vxfen start
VCS エン ジ ン を起動 し ます。
# hastart
シ ン グル ノ ー ド ク ラ ス タ で VCS を起動す る には、 次の コ マン ド を実行
し ます。
# hastart -onenode
178 ページの 「VCS エン ジ ン (HAD) と 関連プ ロ セ ス の起動」 を参照
し て く だ さ い。
3
VCS ク ラ ス タ が起動 し 、 動作 し てい る こ と を確認 し ます。
# gabconfig -a
ポー ト a と ポー ト h の メ ンバーシ ッ プが、 ク ラ ス タ 内のすべての ノ ー ド に対
す る 出力に存在す る こ と を確認 し ます。 I/O フ ェ ン シ ン グが設定 さ れてい る
場合、 ポー ト b の メ ンバーシ ッ プ も 存在す る 必要があ り ます。
177
178
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS の起動
VCS エ ン ジ ン (HAD) と 関連プ ロ セ スの起動
VCS を起動す る コ マン ド は、 次の フ ァ イ ルか ら 呼び出 さ れます。
/etc/rc3.d/S99vcs ま たは /sbin/rc3.d/S99vcs
VCS は起動時に、 そのシ ス テ ムが持っ てい る 設定フ ァ イ ルをチ ェ ッ ク し 、 GAB
の ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プにシ ス テ ム を登録 し ます。 そのシ ス テ ムが持っ てい る
設定が有効で、 ク ラ ス タ を構成 し てい る 他のシ ス テ ムで VCS が起動 さ れていな
い場合には、 その設定フ ァ イ ルを基に ク ラ ス タ の設定を行い、 VCS が RUNNING
状態に移行 し ます。
すべての ノ ー ド の設定フ ァ イ ルの内容が無効であ る 場合は、 VCS エン ジ ンは、
オペレー タ が介入す る か、 有効な ク ラ ス タ 設定を持っ てい る シ ス テ ムで VCS が
起動す る のを待ち ます。
641 ページの 「 ク ラ ス タ と シ ス テ ムの状態」 を参照 し て く だ さ い。
VCS エ ン ジ ン を起動する には
◆
次の コ マ ン ド を実行 し ます。
hastart
すべてのシ ステムが ADMIN_WAIT 状態の と き に VCS エ ン ジ ン を起動する には
◆
ク ラ ス タ 内の任意のシ ス テ ムで次の コ マン ド を実行 し 、 system 変数に指定
さ れた シ ス テ ムの設定フ ァ イ ルを、 VCS で使用す る よ う に し ます。
hasys -force system
シ ングル ノ ー ド ク ラ ス タ で VCS を起動するには
◆
次の コ マ ン ド を実行 し 、 GAB お よ び LLT パ ッ ケージ を必要 と し ない VCS の
イ ン ス タ ン ス を起動 し ます。 こ の コ マン ド は、 複数のシ ス テ ムで構築 さ れた
ク ラ ス タ では使わないで く だ さ い。
hastart -onenode
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS の停止
VCS の停止
次のいずれかの方法を使っ て VCS を停止で き ます。
■
installvcs -stop コ マン ド を使 う
■
各 ノ ー ド で VCS を手動で停止す る
VCS を停止する には
1
installvcs プ ロ グ ラ ム を使っ て VCS を停止する には、 ク ラ ス タ 内の任意の
ノ ー ド で次の手順を実行 し ます。
■
root ユーザー と し て ロ グ イ ン し ます。
■
次の コ マン ド を実行 し ます。
# /opt/VRTS/install/installvcs -stop
2
VCS を手動で停止する には、 ク ラ ス タ 内の各 ノ ー ド で次の コ マ ン ド を実行
し ます。
■
root ユーザー と し て ロ グ イ ン し ます。
■
VCS サービ ス グループ をオ フ ラ イ ンに し 、 グループがオ フ ラ イ ン状態
であ る こ と を確認 し ます。
# hagrp -offline service_group -sys system
# hagrp -state service_group
■
VCS エン ジ ン を停止 し ます。
# hastop -local
180 ページの 「VCS エン ジ ン と 関連プ ロ セ ス の停止」 を参照 し て く だ
さ い。
■
VCS エン ジ ン ポー ト h が閉 じ てい る こ と を確認 し ます。
# gabconfig -a
■
I/O フ ェ ン シ ン グが設定 さ れてい る 場合、 I/O フ ェ ン シ ン グ を停止 し ま
す。 GAB を停止 し 、 続けて LLT を停止 し ます。
I/O フ ェ ン シ ン グ
# /etc/init.d/vxfen stop
GAB
# /etc/init.d/gab
LLT
# /etc/init.d/llt
179
180
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS の停止
VCS エ ン ジ ン と 関連プ ロ セ スの停止
hastop コ マン ド は HAD と 関連プ ロ セ ス を停止 し ます。 ク ラ ス タ に
EngineShutdown 属性を設定 し て、 hastop コ マン ド の動作を カ ス タ マ イ ズで き
ます。
181 ページの 「EngineShutdown 属性を使っ た hastop の動作の制御」 を参照 し
て く だ さ い。
hastop コ マン ド には、 次のオプシ ョ ンがあ り ます。
hastop
hastop
hastop
hastop
-all [-force]
[-help]
-local [-force | -evacuate | -noautodisable]
-sys system ...[-force | -evacuate | -noautodisable]
オプ シ ョ ン
説明
-all
ク ラ ス タ 内のすべてのシ ス テ ム で HAD を停止 し 、 すべてのサービ
ス グループ をオ フ ラ イ ンに し ま す。
-help
コ マ ン ド の使用状況を表示 し ます。
-local
コ マ ン ド を入力 し た シ ス テ ム で HAD を停止 し ま す。
-force
シ ス テ ム上のサービ ス グループ をオ フ ラ イ ン にせずに HAD を停止
し ます。 EngineShutdown 属性値は、 -force オプ シ ョ ン の動作に影
響を与え ません。
-evacuate
-local ま たは -sys と と も に使 う と 、 シ ス テ ム が停止す る 前に、
そのシ ス テ ム上のオ ン ラ イ ン のサービ ス グループが ク ラ ス タ 内の別
のシ ス テ ムに移行 し ます。
-noautodisable
hastop コ マ ン ド を発行 し た ノ ー ド で実行可能なサービ ス グループ
が自動無効化状態にな ら ない よ う に し ます。 こ のオプシ ョ ン は、
-evacuate と 共に使え ま すが、 -force と 共に使え ません。
-sys
指定 さ れた シ ス テ ム で HAD を停止 し ま す。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS の停止
-force オプ シ ョ ン を使わない VCS の停止
-force オプシ ョ ン を使わずに VCS を停止 さ せた場合、 VCS は LEAVING 状態に遷
移 し 、 シ ス テ ム上のすべてのグループがオ フ ラ イ ンにな る ま で待機 し ます。
hasys -display system コ マ ン ド の実行結果を使っ て、 SysState お よび
OnGrpCnt 属性の値が 0 以外であ る か ど う か検証 し ます。 VCS は、 停止す る 前
に、 サービ ス グループがオ フ ラ イ ンにな る ま で待機 し 続け ます。
601 ページの 「 リ ソ ース に関す る ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ」 を参照 し て く だ
さ い。
-force 以外のオプ シ ョ ン に よ る VCS の停止
サービ ス グループがオン ラ イ ンのシ ス テ ム上で -force 以外のオプシ ョ ン を使っ
て VCS を停止 し た場合、 そのシ ス テ ム上で実行 さ れてい る グループはオ フ ラ イ
ンにな り 、 その状態の ま ま にな り ます。 こ の こ と は、 VCS が IntentOnline 属性
を 0 に設定 し た こ と を示 し てい ます。 -force オプシ ョ ン を使 う と 、 VCS エン ジ
ン (HAD) が停止 し て再起動す る 間、 サービ ス グループは実行 し 続け る こ と が
で き ます。 IntentOnline 属性の値は VCS エン ジ ンの再起動後 も 変わ ら ない ま ま
です。
EngineShutdown 属性を使 っ た hastop の動作の制御
EngineShutdown 属性を使っ て、 ユーザーが hastop コ マ ン ド を実行 し た場合の
VCS の動作を定義 し ます。
メ モ : hastop を -force オプシ ョ ン ま たは -local -evacuate -noautodisable オプ
シ ョ ン を指定 し て発行 し た場合、 VCS は EngineShutdown 属性を考慮 し ません。
hastop コ マン ド の必要な機能に基づいて、 EngineShutdown 属性に次の値のい
ずれかを設定 し ます。
EngineShutdown の値
説明
Enable
すべての hastop コ マ ン ド を処理 し ま す。 こ れがデフ ォ ル ト の
動作です。
Disable
すべての hastop コ マ ン ド を拒否 し ま す。
DisableClusStop
hastop -all コ マ ン ド を処理せず、 他のすべての hastop コ マ ン
ド を処理 し ます。
PromptClusStop
hastop -all コ マ ン ド の実行前に、 ユーザーに確認を求め、
他のすべての hastop コ マ ン ド を処理 し ます。
PromptLocal
hastop -local コ マ ン ド の実行前に、 ユーザーに確認を求め、
他のすべての hastop コ マ ン ド を処理 し ます。
181
182
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS へのロ グ イ ン
EngineShutdown の値
説明
PromptAlways
任意の hastop コ マ ン ド の実行前に、 ユーザーに確認を求め
ま す。
VCS の停止についてその他の注意事項
■
reboot コ マン ド を使 う 場合、 動作は ShutdownTimeOut パ ラ メ ー タ に よ っ
て制御 さ れます。 HAD が終了 し た後、 ShutdownTimeout 属性に指定 さ れて
い る 時間内に GAB が終了す る と 、 残 り のシ ス テ ムは こ の こ と を再ブー ト と
し て認識 し 、 切 り 離 さ れてい る シ ス テ ムか ら サービ ス グループを フ ェ ール
オーバー し ます。 い く つかのアプ リ ケーシ ョ ン を実行 し てい る シ ス テ ムの場
合、 ShutdownTimeout 属性の値を大 き く す る こ と を考慮 し て く だ さ い。
■
シ ス テ ム上で VCS を停止す る と 、 SystemList 属性にそのシ ス テ ム を含む各
サービ ス グループが自動無効化 さ れます ( こ れは電源の入っ ていないシ ス テ
ムには当てはま り ません)。
■
-evacuate オプシ ョ ン を使 う と 、 VCS が停止す る 前に退避が行われます。
VCS へのログ イ ン
VCS は、 root 以外のユーザーが、 haxxx コ マ ン ド を実行 し よ う と す る と 、 ユー
ザー名 と パ ス ワ ー ド を求め ます。 halogin コ マン ド を使用 し て信用証明を保存す
る と 、 VCS コ マン ド を実行す る たびに信用証明を入力す る 必要があ り ません。
VCS コ マン ド を実行す る には、 特定の権限が必要な こ と があ り ます。
halogin コ マン ド を実行す る と 、 VCS は暗号化 さ れた ロ グ イ ン情報を ユーザー
のホームデ ィ レ ク ト リ に格納 し ます。 ま た、 セキ ュ アモー ド で実行 さ れてい る ク
ラ ス タ では、 こ の コ マ ン ド は信頼関係を構築 し 、 認証ブ ロ ーカーか ら 証明書を取
得 し ます。
別のホ ス ト の コ マ ン ド を実行す る と 、 VCS はそれぞれの ノ ー ド の信用証明を保
存 し ます。 こ の コ マ ン ド を実行 し た後、 VCS はセ ッ シ ョ ン を終了す る ま で こ の
情報を保存 し ます。
セキ ュ アモー ド で動作す る ク ラ ス タ では、 VCS に対す る 信用証明を生成 し 、
8 年間にわた っ て情報を保存す る こ と に よ り 、 root 以外のユーザーが VCS コ マ
ン ド を実行す る と き にパ ス ワ ー ド を要求 し ない よ う に VCS を設定す る こ と も で
き ます。
184 ページの 「セキ ュ アモー ド の ク ラ ス タ で root 以外のユーザー と し て HA コ
マ ン ド を実行す る」 を参照 し て く だ さ い。
VCS コ マン ド を ロ ーカルホ ス ト か ら 実行 し てい る 場合、 ルー ト ユーザーは
halogin コ マン ド を実行す る 必要はあ り ません。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS へのロ グ イ ン
セキ ュ ア モー ド で ク ラ ス タ へログ イ ンするには
1
次の環境変数を設定 し ます。
■
VCS_DOMAIN - ユーザーが属 し てい る セキ ュ リ テ ィ ド メ イ ン名。
■
VCS_DOMAINTYPE - VxSS ド メ イ ンの タ イ プ : unixpwd、 nt、 nis、
nisplus、 vx な ど。
2
VCS コ マ ン ド を実行する ノ ー ド を定義 し ます。 VCS_HOST 環境変数を ノ ー
ド 名に設定 し ます。 リ モー ト ク ラ ス タ で コ マン ド を実行す る には、
ClusterService グループで構成 さ れた仮想 IP ア ド レ ス に こ の変数を設定 し
ます。
3
VCS に ロ グ イ ン し ます。
halogin vcsusername password
セキ ュ ア モー ド 以外で ク ラ ス タ にログ イ ンするには
1
VCS コ マ ン ド を実行する ノ ー ド を定義 し ます。 VCS_HOST 環境変数を、 コ
マ ン ド を実行す る ノ ー ド 名に設定 し ます。 こ の変数は、 ClusterService グ
ループに設定 さ れた仮想 IP ア ド レ ス に設定で き ます。
2
VCS に ロ グ イ ン し ます。
halogin vcsusername password
ホス ト のセ ッ シ ョ ン を終了するには
◆
次の コ マン ド を実行 し ます。
halogin -endsession hostname
すべてのセ ッ シ ョ ン を終了するには
◆
次の コ マン ド を実行 し ます。
halogin -endallsessions
VCS コ マン ド を実行す る たびに信用証明の入力を求め ら れ る よ う にな り
ます。
183
184
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS 設定 フ ァ イ ルの管理
セキ ュ ア モー ド の ク ラ ス タ で root 以外のユーザー と し て
HA コ マ ン ド を実行する
セキ ュ アモー ド で動作す る ク ラ ス タ で root 以外のユーザーが HA コ マン ド を実
行す る と き にパ ス ワ ー ド を要求 し ない よ う に VCS を設定す る には、 次の手順を
実行 し ます。
セキ ュ ア モー ド のク ラ ス タ で root 以外のユーザー と し て HA コ マ ン ド を
実行するには
1
VCS_DOMAIN 環境変数 と VCS_DOMAINTYPE 環境変数を次の よ う に設定 し
ます。
■
VCS_DOMAIN=nodomain
■
VCS_DOMAINTYPE=localhost
VCS_DOMAIN の値は任意のダ ミ ー値に設定で き ます。
2
HA コ マ ン ド を実行 し ます。 こ の手順では、 VCS に対す る 信用証明を生成
し 、 認証情報を ユーザーのホームデ ィ レ ク ト リ に保存 し ます。 た と えば、 次
の コ マ ン ド を実行 し ます。
# hasys -state
VCS 設定フ ァ イルの管理
こ のセ ク シ ョ ンでは、 VCS 設定フ ァ イ ルの確認、 バ ッ ク ア ッ プ作成、 復元方法
を説明 し ます。
41 ページの 「main.cf フ ァ イ ルについて」 を参照 し て く だ さ い。
43 ページの 「types.cf フ ァ イ ル」 を参照 し て く だ さ い。
hacf ユーテ ィ リ テ ィ について
hacf ユーテ ィ リ テ ィ は、 パ ラ メ ー タ 設定を VCS エン ジ ンが解釈で き る 構文に変
換 し ます。 具体的には、 hacf ユーテ ィ リ テ ィ は、 設定フ ァ イ ル main.cf の内容を
VCS サーバーの コ マン ド に変換 し ます。
hacf ユーテ ィ リ テ ィ は、 設定を VCS に ロ ー ド す る 前に検証 し ます。 次の場合、
設定は ロ ー ド さ れません。
■
main.cf フ ァ イ ルま たは include さ れ る フ ァ イ ルが存在 し ない。
■
.cf フ ァ イ ルに構文エ ラ ーがあ る 。
■
設定フ ァ イ ルが無効であ る 。
186 ページの 「読み書 き 両用モー ド への設定の変更」 を参照 し て く だ さ い。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS 設定 フ ァ イルの管理
.cf フ ァ イルの複数のバージ ョ ン について
hacf ユーテ ィ リ テ ィ が .cf フ ァ イ ルを作成 し た場合、 既存の .cf フ ァ イ ルは上書
き さ れません。 すでに存在す る .cf フ ァ イ ルは、 コ ピーが作成 さ れ、 その コ
ピーには作成日時を示す接尾辞が付け ら れ、 main.cf.03Dec2001.175904 と い
う よ う な フ ァ イ ル名で同 じ デ ィ レ ク ト リ に保存 さ れます。 ま た、 .cf フ ァ イ ルの
直前のバージ ョ ンは、 接尾語 .previous と と も に保存 さ れます
(main.cf.previous な ど)。
設定の検証
hacf ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て、 main.cf お よ び タ イ プ定義フ ァ イ ル types.cf を検
証 (構文確認) し ます。 hacf ユーテ ィ リ テ ィ が設定のエ ラ ーを見つけた場合、
VCS は起動で き ません。
設定を検証するには
◆
次の コ マン ド を実行 し ます。
hacf -verify config_directory
config_directory 変数は、 main.cf フ ァ イ ル、 お よ び main.cf に含まれ る .cf フ ァ
イ ルを格納す る デ ィ レ ク ト リ を指定 し ます。
エ ラ ー メ ッ セージが表示 さ れず、 戻 り 値がゼ ロ の場合、 構文は適切です。
VCS 設定 フ ァ イルの自動バ ッ ク ア ッ プのスケジ ュ ール設定
BackupInterval 属性を設定 し て、 VCS 設定のバ ッ ク ア ッ プを定期的に実行す る
よ う に VCS に指示 し ます 。 VCS は main.cf フ ァ イ ル と types.cf フ ァ イ ルに対 し
て、 それぞれ main.cf.autobackup と types.cf.autobackup と い う バ ッ ク ア ッ プを
作成 し ます。
VCS 設定 フ ァ イルの定期バ ッ ク ア ッ プ を起動する には
◆
ク ラ ス タ レベルの BackupInterval 属性を 0 以外の値に設定 し ます。
た と えば、 設定フ ァ イ ルのバ ッ ク ア ッ プを 5 分ご と に実行する には、
BackupInterval を 5 に設定 し ます。
185
186
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS 設定 フ ァ イ ルの管理
設定の保存
設定を保存す る と 、 VCS は main.cf.autobackup フ ァ イ ルの名前を main.cf に変
更 し ます。 ま た、 VCS は実行中の設定を main.cf.autobackup フ ァ イ ルに保存 し
ます。
BackupInterval 属性を設定 し ていない場合は、 VCS は実行中の設定を保存 し
ます。
185 ページの 「VCS 設定フ ァ イ ルの自動バ ッ ク ア ッ プの ス ケ ジ ュ ール設定」 を
参照 し て く だ さ い。
設定を保存するには
◆
次の コ マ ン ド を実行 し ます。
haconf -dump -makero
-makero オプシ ョ ンは、 設定を読み取 り 専用モー ド に設定 し ます。
読み書き両用モー ド への設定の変更
モー ド を読み書き両用に設定するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
haconf -makerw
設定 フ ァ イルの フ ォ ーマ ッ ト
VCS 設定フ ァ イ ル (main.cf ま たは types.cf フ ァ イ ルな ど) を手動で編集す る
と 、 フ ォーマ ッ ト の問題が発生 し 、 フ ァ イ ルが正 し く 解析 さ れな く な る 可能性が
あ り ます。
設定フ ァ イルを正 し い フ ォ ーマ ッ ト で出力するには
◆
設定フ ァ イ ルを正 し い フ ォーマ ッ ト で表示す る には、 次の コ マン ド を実行 し
ます。
# hacf -cftocmd config
# hacf -cmdtocf config
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS 設定 フ ァ イルの管理
VCS 設定 フ ァ イルのスナ ッ プ シ ョ ッ ト の取得
hasnap コ マ ン ド を使っ て、 ク ラ ス タ 内の各 ノ ー ド の VCS 設定フ ァ イ ルの ス ナ ッ
プシ ョ ッ ト を取得 し ます。 ま た、 こ の設定を スナ ッ プシ ョ ッ ト か ら リ ス ト アで き
ます。
hasnap コ マ ン ド には JRE 1.5 が必要です。 hasnap コ マン ド を正常に実行す る た
めに、 次の必要条件の う ち少な く と も 1 つが満た さ れてい る こ と を確認 し て く だ
さ い。
■
JAVA_HOME が指定 さ れてお り 、 バージ ョ ン 1.5 以上の Java が イ ン ス ト ール
さ れてい る 場所を指 し てい る
■
/usr/bin/java のバージ ョ ンが 1.5 以上であ る
■
$PATH の場所に java が存在 し 、 そのバージ ョ ンが 1.5 以上であ る
こ の コ マ ン ド には、 次の表に示すオプシ ョ ンがあ り ます。 それぞれのオプシ ョ ン
については、 以降の項で詳細に説明 し ます。
hasnap -backup
フ ァ イ ルを ス ナ ッ プシ ョ ッ ト 形式でバ ッ ク ア ッ プ し ます。
hasnap -restore
以前に作成 さ れた ス ナ ッ プシ ョ ッ ト を リ ス ト ア し ま す。
hasnap -display
以前に作成 さ れた ス ナ ッ プシ ョ ッ ト の詳細を表示 し ます。
hasnap -sdiff
特定の ス ナ ッ プシ ョ ッ ト を作成 し た後、 ロ ーカルシ ス テ ム で変更
さ れた フ ァ イ ルを表示 し ます。
hasnap -fdiff
現在 ク ラ ス タ 内にあ る フ ァ イ ル と 、 ス ナ ッ プシ ョ ッ ト に保存 さ れ
てい る その フ ァ イ ルの コ ピー と の相違点を表示 し ま す。
hasnap -export
ロ ーカルのあ ら か じ め定義 さ れたデ ィ レ ク ト リ か ら 、 指定 さ れた
フ ァ イ ルに ス ナ ッ プシ ョ ッ ト を エ ク ス ポー ト し ま す。
hasnap -include
-backup コ マ ン ド に よ っ て自動的に ス ナ ッ プシ ョ ッ ト に含め ら れ
る フ ァ イ ルに加え て、 新規の ス ナ ッ プシ ョ ッ ト に含め る フ ァ イ ル
ま たはデ ィ レ ク ト リ の リ ス ト を設定 し ます。
hasnap -exclude
-backup コ マ ン ド を使っ て設定をバ ッ ク ア ッ プす る と き に新規の
ス ナ ッ プシ ョ ッ ト か ら 除外す る フ ァ イ ル ま たはデ ィ レ ク ト リ の リ
ス ト を設定 し ます。
hasnap -delete
各 ノ ー ド 上のあ ら か じ め定義 さ れた ロ ーカルデ ィ レ ク ト リ か ら ス
ナ ッ プシ ョ ッ ト を削除 し ます。
187
188
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS 設定 フ ァ イ ルの管理
メ モ : -include、 -exclude お よ び -delete オプシ ョ ン を除 き 、 ど のオプシ ョ ン
も -f オプシ ョ ン と 組み合わせ る こ と がで き ます。 こ のオプシ ョ ンは、 各 ノ ー ド
上のあ ら か じ め定義 さ れた ロ ーカルデ ィ レ ク ト リ か ら ではな く 、 指定 さ れた単一
の フ ァ イ ルにすべての フ ァ イ ルをバ ッ ク ア ッ プ し 、 そ こ か ら リ ス ト アす る よ う に
指定 し ます。 こ のオプシ ョ ンは、 Veritas NetBackup な ど のバ ッ ク ア ッ プ ソ フ ト
ウ ェ ア を使っ て定期的にバ ッ ク ア ッ プ さ れ る 代替保存場所に設定デー タ を保存す
る 必要があ る 場合に役立ち ます。
設定フ ァ イルのバ ッ ク ア ッ プ
hasnap -backup コ マン ド は、 スナ ッ プシ ョ ッ ト 形式で フ ァ イ ルをバ ッ ク ア ッ プ
し ます。 スナ ッ プシ ョ ッ ト は、 特定時点で (通常は既存の設定に変更を加え る 前
に) バ ッ ク ア ッ プ さ れた VCS 設定フ ァ イ ルの集ま り です。 スナ ッ プシ ョ ッ ト に
は、 スナ ッ プシ ョ ッ ト 名、 概要、 作成日時、 フ ァ イ ルのア ク セ ス権な ど の情報 も
含まれます。
こ の コ マ ン ド は、 ユーザー定義 リ ス ト だけでな く 、 あ ら か じ め定義 さ れた VCS
設定フ ァ イ ルの リ ス ト も バ ッ ク ア ッ プ し ます。 こ の定義済み リ ス ト には、 すべて
の *.cf フ ァ イ ル、 カ ス タ ムエージ ェ ン ト 、 LLT 設定フ ァ イ ル、 GAB 設定フ ァ イ
ル、 ト リ ガ、 カ ス タ ムハー ト ビー ト お よ びア ク シ ョ ン ス ク リ プ ト が含まれます。
ユーザー定義 リ ス ト を作成す る 場合は、 -include コ マン ド と -exclude コ マン
ド の説明を参照 し て く だ さ い。
VCS 設定 フ ァ イルをバ ッ ク ア ッ プする には
◆
次の コ マ ン ド を実行 し ます。
hasnap -backup [-f filename] [-n] [-m description]
コ マ ン ド を非対話モー ド で実行す る には、 -n オプシ ョ ン を使い ます。
スナ ッ プシ ョ ッ ト の説明を指定す る には、 -m オプシ ョ ン を使い ます。
例
次の コ マ ン ド は、 非対話モー ド で設定のバ ッ ク ア ッ プを作成 し 、 バ ッ ク ア ッ プの
説明 と し て 「Test Backup」 を追加 し ます。
hasnap -backup -n -m "Test Backup"
次の コ マ ン ド は、 設定フ ァ イ ルのバ ッ ク ア ッ プを作成 し 、 それを
/tmp/backup-2-2-2003 と し て、 コ マ ン ド が実行 さ れた ノ ー ド に保存 し ます。
hasnap -backup -f /tmp/backup-2-2-2003
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS 設定 フ ァ イルの管理
VCS 設定フ ァ イルの復元
hasnap -restore コ マン ド は、 以前に作成 さ れた スナ ッ プシ ョ ッ ト か ら 設定
フ ァ イ ルを リ ス ト ア し ます。
VCS 設定 フ ァ イルを復元する には
◆
次の コ マン ド を実行 し ます。
hasnap -restore [-f filename] [-n] [-s snapid]
-n
コ マ ン ド を非対話モー ド で実行 し ます。
-s
リ ス ト アす る ス ナ ッ プシ ョ ッ ト ID を指定す る オプシ ョ ン です。
スナ ッ プシ ョ ッ ト ID を指定せずに こ の コ マ ン ド を実行す る と 、 復元可能な
スナ ッ プシ ョ ッ ト の一覧が示 さ れます。
例
次の コ マ ン ド は、 スナ ッ プシ ョ ッ ト vcs-20030101-22232 を非対話モー ド で リ ス
ト ア し ます。
hasnap -restore -n -s vcs-20030101-22232
次の コ マ ン ド は、 /tmp/backup-2-2-2003 フ ァ イ ルに保存 さ れた スナ ッ プシ ョ ッ
ト を リ ス ト ア し ます。
hasnap -restore -f /tmp/backup-2-2-2003
設定フ ァ イルのスナ ッ プ シ ョ ッ ト の表示
以前に作成 さ れた スナ ッ プシ ョ ッ ト の詳細を表示す る には、 hasnap -display
コ マ ン ド を使い ます。
設定フ ァ イルのスナ ッ プ シ ョ ッ ト を表示するには
hasnap -display [-f filename] [-list|-s snapid] [-m] [-l] [-t]
-list
リ ポジ ト リ 内の ス ナ ッ プシ ョ ッ ト の リ ス ト を表示 し ます。
-s
ス ナ ッ プシ ョ ッ ト ID を指定 し ま す。
-m
ス ナ ッ プシ ョ ッ ト の説明を表示 し ま す。
-l
ス ナ ッ プシ ョ ッ ト 内の フ ァ イ ルの一覧を示 し ま す。
-t
ス ナ ッ プシ ョ ッ ト の タ イ ム ス タ ン プ を表示 し ま す。
189
190
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS 設定 フ ァ イ ルの管理
オプシ ョ ン を指定 し ない場合、 こ の コ マン ド は最新の スナ ッ プシ ョ ッ ト に関す る
情報をすべて表示 し ます。
例
次の コ マ ン ド は、 すべての スナ ッ プシ ョ ッ ト を表示 し ます。
hasnap -display -list
次の コ マ ン ド は、 指定 さ れた スナ ッ プシ ョ ッ ト の説明 と 作成日時を表示 し ます。
hasnap -display -s vcs-20030101-2232 -m -t
次の コ マ ン ド は、 スナ ッ プシ ョ ッ ト フ ァ イ ル /tmp/backup-2-2-2003 に含まれ
る すべての フ ァ イ ルの リ ス ト 、 各フ ァ イ ルの説明お よ び タ イ ム ス タ ンプを表示
し ます。
hasnap -display -f /tmp/backup-2-2-2003
スナ ッ プ シ ョ ッ ト 以降に変更 さ れた フ ァ イルの表示
特定の スナ ッ プシ ョ ッ ト が作成 さ れた後に ロ ーカル コ ン ピ ュ ー タ で変更 さ れた
フ ァ イ ルを表示す る には、 hasnap -sdiff コ マン ド を使い ます。
スナ ッ プ シ ョ ッ ト 以降に変更 さ れた フ ァ イルを表示するには
◆
次の コ マ ン ド を実行 し ます。
hasnap -sdiff [-f filename] [-s snapid] [-sys hostname]
-s
比較対象 と な る ス ナ ッ プシ ョ ッ ト の ス ナ ッ プシ ョ ッ ト ID を識別
し ます。
-sys
ス ナ ッ プシ ョ ッ ト が比較 さ れ る ホ ス ト を示 し ま す。
オプシ ョ ン を指定 し ない場合、 こ の コ マン ド は、 最新の スナ ッ プシ ョ ッ ト を使っ
て、 ク ラ ス タ 内の各 ノ ー ド 上の フ ァ イ ル と 比較 し ます。
例
次の コ マ ン ド は、 現在の設定 と スナ ッ プシ ョ ッ ト vcs-20030101-22232 の相違点
を表示 し ます。
hasnap -sdiff -s vcs-20030101-22232
次の コ マ ン ド は、 host1 シ ス テ ム上の設定 と 、 /tmp/backup-2-2-2003 フ ァ イ ル
に保存 さ れた スナ ッ プシ ョ ッ ト と の相違点を表示 し ます。
hasnap -sdiff -f /tmp/backup-2-2-2003 -sys host1
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS 設定 フ ァ イルの管理
フ ァ イル と そのスナ ッ プ シ ョ ッ ト コ ピー と の比較
ク ラ ス タ 上にあ る フ ァ イ ル と 、 以前に作成 し た スナ ッ プシ ョ ッ ト に保存 さ れたそ
の フ ァ イ ルの コ ピー と の相違点を表示す る には、 hasnap -fdiff コ マン ド を使
います。
フ ァ イル と そのスナ ッ プ シ ョ ッ ト コ ピーを比較するには
◆
次の コ マン ド を実行 し ます。
hasnap -fdiff [-f filename] [-s snapid] [-sys hostname] file
-s
ス ナ ッ プシ ョ ッ ト ID を指定 し ま す。
-sys
ス ナ ッ プシ ョ ッ ト が比較 さ れ る ホ ス ト を指定 し ま す。
-file
比較す る フ ァ イ ルです。
オプシ ョ ン を指定 し ない場合、 こ の コ マン ド は、 最新の スナ ッ プシ ョ ッ ト を使っ
て、 ク ラ ス タ 内の各 ノ ー ド 上の フ ァ イ ル と 比較 し ます。
例
次の コ マ ン ド は、 host1 上の /etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf フ ァ イ ル と 、 最
新の スナ ッ プシ ョ ッ ト に保存 さ れたバージ ョ ン と の相違点を表示 し ます。
hasnap -fdiff -sys host1 /etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf
次の コ マ ン ド は、 ク ラ ス タ 内の各 ノ ー ド の /etc/llttab フ ァ イ ル と 、
/var/backup-2-2-2003 フ ァ イ ル内の スナ ッ プシ ョ ッ ト に保存 さ れたバージ ョ ン
と の相違点を表示 し ます。
hasnap -fdiff -f /tmp/backup-2-2-2003 /etc/llttab
スナ ッ プ シ ョ ッ ト のエ ク スポー ト
ク ラ ス タ 内の各 ノ ー ド のあ ら か じ め定義 さ れた ロ ーカルデ ィ レ ク ト リ か ら 、 指定
さ れた フ ァ イ ルに スナ ッ プシ ョ ッ ト を エ ク ス ポー ト す る には、 hasnap -export
コ マ ン ド を使い ます。 こ のオプシ ョ ンは、 以前に作成 さ れた スナ ッ プシ ョ ッ ト
を、 Veritas NetBackup な ど のバ ッ ク ア ッ プ ソ フ ト ウ ェ ア を使っ て定期的にバ ッ
ク ア ッ プ さ れ る 代替保存場所に保存す る 必要があ る 場合に役立ち ます。
191
192
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS 設定 フ ァ イ ルの管理
スナ ッ プ シ ョ ッ ト を エ ク スポー ト するには
◆
次の コ マ ン ド を実行 し ます。
hasnap -export -f filename [-s snapid]
-s
ス ナ ッ プシ ョ ッ ト ID を指定 し ま す。
-f
フ ァ イ ルを指定 し ま す。
スナ ッ プシ ョ ッ ト ID を指定 し ない場合は、 最新の ス ナ ッ プシ ョ ッ ト が指定 さ れ
た フ ァ イ ルにエ ク ス ポー ト さ れます。
例
次の コ マ ン ド は、 ク ラ ス タ 内の各 ノ ー ド か ら 、 スナ ッ プシ ョ ッ ト
vcs-20030101-22232 のデー タ を現在の ノ ー ド 上の /tmp/backup-2-2-2003 フ ァ
イ ルにエ ク ス ポー ト し ます。
hasnap -export -f /tmp/backup-2-2-2003 -s vcs-20030101-22232
スナ ッ プ シ ョ ッ ト のフ ァ イルの追加 と 削除
新規の スナ ッ プシ ョ ッ ト に含め る フ ァ イ ルま たはデ ィ レ ク ト リ の リ ス ト を設定す
る には、 hasnap -include コ マン ド を使い ます。 こ の リ ス ト は、 -backup コ マン
ド で含め ら れ る フ ァ イ ルに加え ら れます。
188 ページの 「設定フ ァ イ ルのバ ッ ク ア ッ プ」 を参照 し て く だ さ い。
スナ ッ プ シ ョ ッ ト のフ ァ イルを追加または削除するには
◆
次のコマンドを実行します。
hasnap -include -add|-del|-list [-sys hostname]
files|directories
-add
指定 さ れた フ ァ イ ル ま たはデ ィ レ ク ト リ を イ ン ク ルー ド
フ ァ イ ル リ ス ト に追加 し ま す。
-del
指定 さ れた フ ァ イ ル ま たはデ ィ レ ク ト リ を イ ン ク ルー ド
フ ァ イ ル リ ス ト か ら 削除 し ま す。
files/ ディレクトリ
追加ま たは削除す る フ ァ イ ルま たはデ ィ レ ク ト リ
例
次の コ マ ン ド は、 ク ラ ス タ の各 ノ ー ド 上の新規スナ ッ プシ ョ ッ ト に含め ら れ る
フ ァ イ ルま たはデ ィ レ ク ト リ の リ ス ト を表示 し ます。
hasnap -include -list
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS 設定 フ ァ イルの管理
スナ ッ プ シ ョ ッ ト からのフ ァ イルの除外
新規の スナ ッ プシ ョ ッ ト に含めない フ ァ イ ルま たはデ ィ レ ク ト リ の リ ス ト を設定
す る には、 hasnap -exclude コ マン ド を使い ます。
スナ ッ プ シ ョ ッ ト から フ ァ イルを除外するには
◆
次の コ マン ド を実行 し ます。
hasnap -exclude -add|-del|-list [-sys hostname]
files|directories
-add
指定 さ れた フ ァ イ ル ま たはデ ィ レ ク ト リ を除外フ ァ イ ル
リ ス ト に追加 し ま す。
-del
指定 さ れた フ ァ イ ル ま たはデ ィ レ ク ト リ を除外フ ァ イ ル
リ ス ト か ら 削除 し ま す。
files/directories
追加ま たは削除す る フ ァ イ ルま たはデ ィ レ ク ト リ
例
次の コ マ ン ド は、 ク ラ ス タ 内の各 ノ ー ド の除外フ ァ イ ル リ ス ト を表示 し ます。
hasnap -exclude -list
次の コ マ ン ド は、 /etc/VRTSvcs/conf/config/temp.cf フ ァ イ ルを host1 の除外
フ ァ イ ル リ ス ト に追加 し ます。 その結果 と し て、 次に hasnap -backup コ マ ン ド
が実行 さ れ る と き に、 こ の フ ァ イ ルが スナ ッ プシ ョ ッ ト か ら 除外 さ れ る こ と にな
り ます。
hasnap -exclude -add -sys host1 /etc/VRTSvcs/conf/config/temp.cf
次の コ マ ン ド は、 host1 の除外 リ ス ト か ら /etc/VRTSvcs/conf/config/temp.cf
フ ァ イ ルを削除 し ます。
hasnap -exclude -del -sys host1
/etc/VRTSvcs/conf/config/temp.cf
スナ ッ プ シ ョ ッ ト の削除
各 ノ ー ド 上のあ ら か じ め定義 さ れた ロ ーカルデ ィ レ ク ト リ か ら 、 スナ ッ プシ ョ ッ
ト を削除す る には、 hasnap -delete コ マン ド を使い ます。
スナ ッ プ シ ョ ッ ト を削除するには
◆
次の コ マン ド を実行 し ます。
hasnap -delete [-s snapid]
-s
削除す る ス ナ ッ プシ ョ ッ ト ID を指定 し ます。
193
194
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る VCS ユーザーの管理
スナ ッ プシ ョ ッ ト ID を指定せずに こ の コ マ ン ド を実行する と 、 削除可能な
スナ ッ プシ ョ ッ ト の一覧が示 さ れます。
例
次の コ マ ン ド は、 スナ ッ プシ ョ ッ ト vcs-20030101-22232 を ク ラ ス タ か ら 削除 し
ます。
hasnap -delete -s vcs-20030101-22232
コ マ ン ド ラ イ ンによ る VCS ユーザーの管理
ク ラ ス タ 内の任意のシ ス テ ムでユーザーを追加、 変更、 削除で き ます (各操作の
実行権限があ る 場合)。
VCS がセキ ュ アモー ド で動作 し てい る 場合、 ユーザー名は、 username@domain
の よ う な完全修飾形式で指定 し ます。 VCS がセキ ュ アモー ド で動作 し てい る と
き 、 ユーザーのパ ス ワ ー ド の割 り 当て ま たは変更はで き ません。
ユーザーの追加、 変更お よ び削除 コ マン ド は、 root ユーザーま たは管理者のみ
が実行で き 、 VCS 設定が読み書 き 両用モー ド にな っ てい る 必要があ り ます。
186 ページの 「読み書 き 両用モー ド への設定の変更」 を参照 し て く だ さ い。
メ モ : VCS を グ ラ フ ィ カルユーザー イ ン タ ーフ ェ ース Cluster Manager か ら 監視
お よ び管理す る には、 ク ラ ス タ 設定にユーザーを追加 し てお く 必要があ り ます。
ユーザーの追加
Cluster Guest カ テ ゴ リ のユーザーは、 ユーザーを追加で き ません。
ユーザーを追加するには
1
設定を読み書 き 両用モー ド に切 り 替え ます。
haconf -makerw
2
ユーザーを追加 し ます。
hauser -add user [-priv <Administrator|Operator> [-group
service_groups]]
3
プ ロ ンプ ト が表示 さ れた ら パ ス ワ ー ド を入力 し ます。
4
設定を読み取 り 専用モー ド に戻 し ます。
haconf -dump -makero
Cluster Administrator 権限をユーザーに追加するには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
hauser -add user -priv Administrator
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る VCS ユーザーの管理
Cluster Operator 権限をユーザーに追加するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hauser -add user -priv Operator
Group Administrator ア ク セス をユーザーに追加するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hauser -add user -priv Administrator -group service_groups
Group Operator ア ク セス をユーザーに追加するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hauser -add user -priv Operator -group service_groups
ユーザー権限の割 り 当て と 削除
Administrator または Operator に権限を割 り 当て るには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hauser -addpriv user Adminstrator|Operator
[-group service_groups]
Administrator または Operator から 権限を削除するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hauser -delpriv user Adminstrator|Operator
[-group service_groups]
OS のユーザーグループに権限を割 り 当て るには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hauser -addpriv usergroup AdminstratorGroup|OperatorGroup
[-group service_groups]
OS のユーザーグループか ら権限を削除するには
◆
次の コ マン ド を入力 し ます。
hauser -delpriv usergroup AdminstratorGroup|OperatorGroup
[-group service_groups]
195
196
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る VCS ユーザーの管理
ユーザーの変更
Cluster Guest 権限のユーザーは、 パ ス ワ ー ド を変更で き ません。 セキ ュ アモー
ド で実行 さ れてい る ク ラ ス タ 内の VCS ユーザーを変更す る こ と はで き ません。
ユーザーを変更するには
1
設定を読み書 き 両用モー ド に設定 し ます。
haconf -makerw
2
パ ス ワ ー ド を変更す る ユーザーを指定 し ます。
hauser -update user
3
プ ロ ンプ ト が表示 さ れた ら 新 し いパ ス ワ ー ド を入力 し ます。
4
設定を読み取 り 専用モー ド に戻 し ます。
haconf -dump -makero
ユーザーの削除
ユーザーを VCS 設定か ら 削除で き ます。
ユーザーを削除するには
1
設定を読み書 き 両用モー ド に設定 し ます。
haconf -makerw
2
Administrator お よ び Operator ア ク セ ス のあ る ユーザーは、 権限を削除 し
て く だ さ い。
hauser -delpriv user Adminstrator|Operator [-group
service_groups]
3
登録済みのユーザーの う ち、 削除す る ユーザーを指定 し ます。
hauser -delete user
4
設定を読み取 り 専用モー ド に戻 し ます。
haconf -dump -makero
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS の ク エ リ ー
ユーザーの表示
ユーザー と その権限の リ ス ト を表示 し ます。
ユーザーの リ ス ト を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hauser -list
すべてのユーザーの権限を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hauser -display
特定のユーザーの権限を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hauser -display user
VCS の ク エ リ ー
VCS では、 リ ソ ース、 サービ ス グループ、 シ ス テ ム、 リ ソ ース タ イ プ、 エー
ジ ェ ン ト お よ び ク ラ ス タ な ど、 様々な ク ラ ス タ オブジ ェ ク ト に ク エ リ ーを発行で
き ます。 ク エ リ ー コ マン ド は、 ク ラ ス タ 内の任意のシ ス テ ムか ら 実行で き ます。
VCS 設定ま たはシ ス テ ムの状態に関す る 情報を表示す る コ マン ド は、 すべての
ユーザーが実行で き ます。 root 権限は必要あ り ません。
サービ スグループの ク エ リ ー
シ ステム上のサービ スグループの状態を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hagrp -state [service_group] [-sys system]
サービ スグループの リ ソ ース を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hagrp -resources service_group
サービ スグループの依存関係の リ ス ト を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hagrp -dep [service_group]
197
198
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS の ク エ リ ー
シ ステム上のサービ スグループ を表示するには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -display [service_group] [-sys system]
service_group を指定 し ない と 、 すべてのサービ ス グループに関す る 情報が
表示 さ れます。
シ ステムの属性を表示するには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -display [service_group] [-attribute attribute]
[-sys system]
シ ス テ ム名は、 大文字小文字が区別 さ れ る こ と に注意 し て く だ さ い。
リ ソ ースの ク エ リ ー
リ ソ ースの依存関係を表示するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hares -dep [resource]
リ ソ ースに関する情報を表示するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hares -display [resource]
resource を指定 し ない と 、 すべての リ ソ ース に関す る 情報が表示 さ れます。
属性の値がすべてのシ ステム上で同 じ である こ と を確認するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hares -global resource
{{key value}...
attribute
サービ スグループの リ ソ ース を表示するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hares -display -group service_group
リ ソ ース タ イ プの リ ソ ース を表示するには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
hares -display -type resource_type
シ ステムの属性を表示するには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
hares -display -sys system
value ...| key ... |
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS の ク エ リ ー
リ ソ ース タ イ プの ク エ リ ー
すべての リ ソ ース タ イ プ を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hatype -list
特定の リ ソ ース タ イ プの リ ソ ース を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hatype -resources resource_type
リ ソ ース タ イ プに関する情報を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hatype -display resource_type
resource_type を指定 し ない と 、 すべての タ イ プに関する 情報が表示 さ れ
ます。
エージ ェ ン ト の ク エ リ ー
エージ ェ ン ト のラ ン タ イ ム状態を表示するには
◆
次の コ マン ド を入力 し ます。
haagent -display [agent]
agent を指定 し ない と 、 すべてのエージ ェ ン ト に関する 情報が表示 さ れ
ます。
ラ ン タ イ ム状態
定義
Faults
障害 と な っ てい る エージ ェ ン ト の数お よ び障害が発生 し た時間
を示 し ま す。
Messages
エージ ェ ン ト の状態に関す る 様々な メ ッ セージ を表示 し ます。
Running
エージ ェ ン ト が動作 し てい る こ と を示 し ます。
Started
フ ァ イ ルが VCS エ ン ジ ン (HAD) に よ っ て実行 さ れてい る こ
と を示 し ます。
199
200
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS の ク エ リ ー
シ ス テムの ク エ リ ー
ク ラ ス タ 内のシ ステムの リ ス ト を表示するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hasys -list
各シ ステムに関する情報を表示するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hasys -display [system]
ク ラ ス タのク エ リ ー
特定のク ラ ス タ の属性値を表示するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
haclus -value attribute
ク ラ ス タ に関する情報を表示するには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
haclus -display
状態の ク エ リ ー
ク ラ ス タ 内のすべてのサービ スグループの状態 ( リ ソ ース を含む) を表示
するには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
hastatus
特定のサービ スグループの状態 ( リ ソ ース を含む) を表示するには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
hastatus [-sound] [-time] -group service_group [-group
service_group]...
サービ ス グループを指定 し なかっ た場合は、 すべてのサービ ス グループの状
態が表示 さ れます。 -sound オプシ ョ ン を使っ て、 リ ソ ース に障害が発生す
る たびにベルを鳴 ら す こ と がで き ます。
-time オプシ ョ ン を指定す る と 、 状態が受信 さ れた と き のシ ス テ ム時刻が出
力 さ れます。
特定シ ステムのサービ スグループ と リ ソ ースの状態を表示するには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
hastatus [-sound] [-time] -sys system_name [-sys system_name]...
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS の ク エ リ ー
特定 リ ソ ースの状態を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hastatus [-sound] [-time] -resource resource_name [-resource
resource_name]...
ク ラ ス タ の障害 (障害が発生 し たサービ スグループ、 リ ソ ース、 シ ステム、
リ ン ク およびエージ ェ ン ト を含む) の状態を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hastatus -summary
メ モ : -summary オプシ ョ ン を使っ て実行 し ない場合、 hastatus コ マ ン ド は、
CTRL+C を使っ て処理を中断する ま で、 オン ラ イ ン状態遷移の情報を出力 し 続け
ます。
ロ グデー タ フ ァ イル (LDF) の ク エ リ ー
ロ グデー タ フ ァ イ ル (Log Data Files - LDF) には、 対応す る 英語の メ ッ セージに
関連す る デー タ が含まれます。 通常、 英語の ロ グ フ ァ イ ルご と に、 対応す る
LDF が存在 し ます。
hamsg の使用法の リ ス ト を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hamsg -help
現在のシ ステムで使用可能な LDF の リ ス ト を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hamsg -list
総合的な LDF デー タ を表示するには
◆
次の コ マン ド を入力 し ます。
hamsg -info [-path path_name] LDF
-path オプシ ョ ンは、 hamsg が特定の LDF を検索す る パ ス を指定 し ます。 こ
のパ ス を指定 し ない と 、 hamsg は、 次のデフ ォ ル ト デ ィ レ ク ト リ にあ る フ ァ
イ ルを検索 し ます。
/var/VRTSvcs/ldf
201
202
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS の ク エ リ ー
特定の LDF デー タ を表示するには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
hamsg [-any] [-sev C|E|W|N|I] [-otype VCS|RES|GRP|SYS|AGT]
[-oname object_name] [-msgid message_ID] [-path
path_name] [-lang language] LDF
-any
hamsg に、 指定 し た ク エ リ ーオプシ ョ ン のいずれかに一致す る メ ッ
セージ を表示 さ せます。
-sev
hamsg に、 指定 し た メ ッ セージの重要度 (Critical、 Error、 Warning、
Notice、 Information) と 一致す る メ ッ セージ を表示 さ せ ます。
-otype
hamsg に、 指定 し たオブジ ェ ク ト タ イ プの メ ッ セージ を表示 さ せ
ます。
■
VCS = 一般的な VCS メ ッ セージ
■
RES = リ ソ ー ス
■
GRP = サービ ス グループ
■
SYS = シ ス テ ム
■
AGT = エージ ェ ン ト
-oname
hamsg に、 特定のオブジ ェ ク ト 名に関す る メ ッ セージのみ表示 さ せ
ます。
-msgid
hamsg に、 特定の メ ッ セージ ID と 一致す る メ ッ セージ を表示 さ せ
ます。
-path
hamsg が特定の LDF を検索す る パ ス を指定 し ます。 こ のパ ス を指定 し
ない と 、 hamsg は、 デフ ォ ル ト のデ ィ レ ク ト リ /var/VRTSvcs/ldf にあ
る フ ァ イ ルを検索 し ま す。
-lang
メ ッ セージ を表示す る 言語を指定 し ます。 た と えば、 値 en は英語を、
ja は日本語を指定 し ま す。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
VCS の ク エ リ ー
条件文を使 っ た VCS オ ブ ジ ェ ク ト の ク エ リ ー
一部の ク エ リ ー コ マン ド は、 条件文のオプシ ョ ン を含んでい ます。 条件文には、
次の 3 つの形式があ り ます。
Attribute=Value (属性は値 と 等 し いです。)
Attribute!=Value (属性は値 と 等 し く あ り ません。)
Attribute=~Value (値は属性の接頭辞です。 た と えば、 resource =
~FAULTED 状態の ク エ リ ーであ る 場合、 状態が FAULTED で始ま る すべての
リ ソ ース が相当 し ます。)
複数の条件文を使っ て、 AND ロ ジ ッ ク を定義す る こ と がで き ます。
条件文に使え る 属性 と 値の組は、 hagrp -display コ マ ン ド の実行結果で表示 さ
れ る も ののみです。
197 ページの 「サービ ス グループの ク エ リ ー」 を参照 し て く だ さ い。
条件文に一致するサービ スグループの リ ス ト を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hagrp -list [conditional_statement]
条件文を指定 し ない場合、 ク ラ ス タ 内のすべてのサービ ス グループが表示 さ
れます。
条件文に一致する リ ソ ースの リ ス ト を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hares -list [conditional_statement]
条件文を指定 し ない場合、 ク ラ ス タ 内のすべての リ ソ ース が表示 さ れます。
条件文に一致する エージ ェ ン ト の リ ス ト を表示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
haagent -list [conditional_statement]
条件文を指定 し ない場合、 ク ラ ス タ 内のすべてのエージ ェ ン ト が表示 さ れ
ます。
203
204
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループの管理
こ のセ ク シ ョ ンでは、 サービ ス グループを追加、 削除、 修正す る 方法を説明 し ま
す。 ま た コ マ ン ド ラ イ ンか ら サービ ス グループを操作す る 方法 も 説明 し ます。
サービ スグループの追加 と 削除
ク ラ ス タ にサービ スグループ を追加するには
hagrp -add service_group
service_group 変数は、 ク ラ ス タ に定義 さ れてい る すべてのサービ ス グルー
プにおいて一意であ る 必要があ り ます。
こ の コ マ ン ド に よ り サービ ス グループが初期化 さ れ、 様々な リ ソ ース を追加
で き る よ う にな り ます。 サービ ス グループ を正 し く 追加す る には、
SystemList 属性を設定 し て、 サービ ス グループを オン ラ イ ン ま たはオフ ラ
イ ンにす る シ ス テ ム を定義す る 必要があ り ます (SystemList 属性は、 シ ス
テ ム名 と その優先順位を示す整数 と がペアにな っ てい る 関連型です)。
サービ スグループ を削除するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -delete service_group
サービ ス グループは、 そのグループ中のすべての リ ソ ース が削除 さ れない と
削除で き ません。
サービ スグループ属性の変更
サービ スグループの属性を変更するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -modify service_group attribute value [-sys system]
value 変数は、 次の書式にな り ます。
system_name1 priority system_name2 priority2
変更す る 属性の適用範囲が ロ ーカルの場合には、 コ マン ド の実行元であ る シ
ス テ ムの属性を変更す る 場合を除 き 、 属性変更の対象 と す る シ ス テ ム を指定
す る 必要があ り ます。
た と えば、 サービ ス グループ groupx の SystemList 属性に System A お よ び
System B を設定す る には、 次の よ う に実行 し ます。
hagrp -modify groupx SystemList -add SystemA 1 SystemB 2
同様に、 サービ ス グループの AutoStartList 属性に設定す る には、 次の よ う
に実行 し ます。
hagrp -modify groupx AutoStartList SystemA SystemB
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
ま た、 サービ ス グループをパ ラ レ ルサービ ス グループに設定す る こ と も で き
ます。 Parallel 属性を 1 に設定する には、 次の コ マ ン ド を実行 し ます ( こ の
属性のデフ ォ ル ト は 0 です。 サービ ス グループを フ ェ ールオーバーグループ
に設定す る 場合は、 こ の属性値に 0 を定義 し ます)。
hagrp -modify groupx Parallel 1
リ ソ ース がすでにサービ ス グループに追加 さ れてい る 場合、 こ の属性は変更
で き ません。
SystemList、 AutoStartList お よ び Parallel 属性を変更す る 場合は、 hagrp
-modify コ マン ド を使い ます。 シ ス テ ムが作成 し た (サービ ス グループの状
態な ど の) 属性を変更す る こ と はで き ません。
SystemList 属性の変更について
hagrp -modify コ マン ド を使っ てサービ ス グループの既存のシ ス テ ム リ ス ト を
変更す る 場合、 -modify、 -add、 -update、 -delete、 -delete -keys のいずれか
のオプシ ョ ン を使え ます。
た と えば、 サービ ス グループ groupx の SystemList 属性に SystemA お よび
SystemB があ ら か じ め定義 さ れていた と し ます。 次に、 ク ラ ス タ 起動後、
SystemList 属性に新 し いシ ス テ ム を追加 し ます。
hagrp -modify groupx SystemList -add SystemC 3
変更対象のシ ス テ ムで、 サービ ス グループを オ フ ラ イ ン化す る 必要があ り ます。
サービ ス グループのシ ス テ ム リ ス ト にシ ス テ ム を追加す る 場合は、 シ ス テ ムが事
前に ク ラ ス タ に追加 さ れてい る 必要があ り ます。 コ マン ド ラ イ ン を使 う と き は、
hasys -add コ マン ド を使え ます。
サービ ス グループのシ ス テ ム リ ス ト か ら シ ス テ ム を削除す る 場合、 削除対象の
シ ス テ ム上でサービ ス グループがオン ラ イ ンにな っ てい る と 削除を実行で き ま
せん。
-add や -update な ど の他のオプシ ョ ン を指定せずに hagrp -modify を使っ て
サービ ス グループの既存のシ ス テ ム リ ス ト を変更 し よ う と す る と 、 コ マン ド は失
敗 し ます。
205
206
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループのオ ン ラ イ ン化
サービ スグループ を オ ン ラ イ ン化するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -online service_group -sys system
ある シ ステム上でサービ スグループ を開始 し 、 別のシ ステム上ですでにオ ン
ラ イ ン化 さ れている リ ソ ースのみを オ ン ラ イ ン化するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -online service_group -sys system -checkpartial
other_system
サービ ス グループに別のシ ス テ ムでオン ラ イ ンにな っ てい る リ ソ ース がない
場合には、 こ のサービ ス グループは -sys オプシ ョ ンで指定 さ れた シ ス テ ム
でオン ラ イ ンにな り 、 checkpartial オプシ ョ ンは無視 さ れます。
checkpartial オプシ ョ ンは、 フ ェールオーバー時に Preonline ト リ ガが使
う ので、 注意 し て く だ さ い。 PreOnline =1 に設定 さ れたサービ ス グループ
が障害を起 こ し 、 別のシ ス テ ム (シ ス テ ム 2) に フ ェ ールオーバーす る 場
合、 フ ェ ールオーバー前にシ ス テ ム 1 でオン ラ イ ン と な っ ていた リ ソ ース の
みが、 シ ス テ ム 2 でオン ラ イ ン と な り ます。
サービ スグループのオ フ ラ イ ン化
サービ スグループ を オ フ ラ イ ン化するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -offline service_group -sys system
すべての リ ソ ースのプ ローブが完了 し ている シ ステムで、 サービ スグループ
を オ フ ラ イ ン化するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -offline [-ifprobed] service_group -sys system
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループの切 り 替え
サービ ス グループの切 り 替えプ ロ セ ス では、 サービ ス グループを現在のシ ス テ ム
でオ フ ラ イ ン化 し 、 別のシ ス テ ムでオン ラ イ ン化す る 処理を行い ます。
サービ スグループ を別のシ ステムに切 り 替え るには
◆
次の コ マン ド を入力 し ます。
hagrp -switch service_group -to system
サービ ス グループは、 完全に ま たは部分的にオン ラ イ ンであ る 場合にのみ切
り 替え る こ と がで き ます。 -switch オプシ ョ ンは、 複数のシ ス テ ム ゾーンに
ま たが る ハ イ ブ リ ッ ド サービ ス グループの切 り 替えではサポー ト さ れてい ま
せん。
次の コ マン ド を使っ て、 パ ラ レ ルグ ロ ーバルグループを ク ラ ス タ 間で切 り 替
え ます。
hagrp -switch service_group -any -clus remote_cluster
VCS は、 リ モー ト ク ラ ス タ 内のオン ラ イ ン化可能なすべての ノ ー ド でパ ラ
レ ルサービ ス グループを オ ン ラ イ ンに し ます。
サービ スグループの フ リ ーズ と ア ン フ リ ーズ
サービ ス グループを フ リ ーズす る と 、 そのサービ ス グループが別のシ ス テ ムに
フ ェ ールオーバー さ れな く な り ます。 こ の フ リ ーズプ ロ セ ス に よ っ て、 サービ ス
グループに対す る オン ラ イ ン化お よ びオ フ ラ イ ン化操作はすべて停止 し ます。
サービ ス グループを ア ン フ リ ーズす る と 、 そのサービ ス グループに対 し てオン ラ
イ ン化ま たはオ フ ラ イ ン化の操作を実行で き る よ う にな り ます。
サービ スグループ を フ リ ーズ (オ ン ラ イ ン、 オ フ ラ イ ンおよび フ ェ ール
オーバーを無効化する操作) するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hagrp -freeze service_group [-persistent]
-persistent オプシ ョ ン を指定す る と 、 ク ラ ス タ を再ブー ト し た後 も 、 フ
リ ーズ状態を維持で き ます。
サービ スグループ を ア ン フ リ ーズ (オ ン ラ イ ン、 オ フ ラ イ ンおよび
フ ェ ールオーバーを再有効化する操作) するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hagrp -unfreeze service_group [-persistent]
207
208
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループの有効化 と 無効化
サービ ス グループは、 オン ラ イ ンにす る 前に有効にす る 必要があ り ます。 シ ス テ
ムの保守作業を行 う ために手動で無効に し たサービ ス グループは、 保守が完了 し
た後でオン ラ イ ン化す る 必要が生 じ る 場合があ り ます。
サービ ス グループを無効にす る と 、 そのサービ ス グループはオン ラ イ ン化で き な
く な り ます。 こ のプ ロ セ ス に よ っ て、 保守作業を実行 し てい る シ ス テ ムで、 VCS
に よ る サービ ス グループの監視が一時的に停止 し ます。
サービ スグループ を有効にするには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -enable service_group [-sys system]
サービ ス グループは、 有効に さ れてい る 場合にのみオン ラ イ ン化で き ます。
サービ スグループ を無効にするには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -enable service_group [-sys system]
サービ ス グループは、 無効に さ れてい る 場合、 オン ラ イ ン化ま たは切 り 替え
がで き ません。
サービ スグループ内のすべての リ ソ ース を有効にするには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -enableresources service_group
サービ スグループ内のすべての リ ソ ース を無効にするには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -disableresources service_group
リ ソ ース が無効に さ れてい る 場合、 エージ ェ ン ト はグループの リ ソ ース を監
視 し ません。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
サービ スグループ内の障害の発生 し た リ ソ ースの ク リ ア
リ ソ ース を ク リ アす る と 、 障害を解消 し 、 リ ソ ース を オン ラ イ ン化可能な状態に
で き ます。
サービ スグループの非永続的な リ ソ ースの障害状態を ク リ アするには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hagrp -clear service_group [-sys system]
リ ソ ース を ク リ アす る と 、 リ ソ ース が ク リ アす る のを待機 し てい る 間ブ ロ ッ
ク さ れていたオン ラ イ ンプ ロ セ ス が開始 さ れます。
■
system を指定す る と 、 こ のシ ス テ ムでのみ障害のあ る 非永続的な リ
ソ ース がすべて ク リ ア さ れます。
■
system を指定 し ない場合、 非永続的な リ ソ ース に障害が発生 し た グ
ループの SystemList 内のすべてのシ ス テ ム上でサービ ス グループが ク
リ ア さ れます。
サービ スグループ で ADMIN_WAIT 状態の リ ソ ース を ク リ アする には
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hagrp -clearadminwait [-fault] service_group -sys system
384 ページの 「エージ ェ ン ト フ ァ イ ルパ ス と バ イ ナ リ の変更」 を参照 し て
く だ さ い。
サービ スグループの フ ラ ッ シ ュ
サービ ス グループがオン ラ イ ン化ま たはオ フ ラ イ ン化 さ れ る と 、 そのグループ内
の リ ソ ース も オン ラ イ ン化ま たはオ フ ラ イ ン化 さ れます。 オン ラ イ ン化ま たはオ
フ ラ イ ン化操作が特定の リ ソ ース で停止 し た場合は、 サービ ス グループの フ ラ ッ
シ ュ を実行 し て、 オン ラ イ ン化ま たはオ フ ラ イ ン化を待機 し てい る リ ソ ース に対
す る 操作を強制的に停止 さ せます。 サービ ス グループの フ ラ ッ シ ュ に よ っ て、 通
常、 ク ラ ス タ は PARTIAL 状態の ま ま にな り ます。 こ のプ ロ セ ス が完了 し た後
で、 必要に応 じ て特定の リ ソ ース での問題を解決 し 、 サービ ス グループの起動ま
たは停止を続行 し ます。
シ ステム上のサービ スグループ を フ ラ ッ シ ュ するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
hagrp -flush group -sys system [-clus cluster | -localclus]
シ ステム上のすべてのサービ スグループ を フ ラ ッ シ ュ するには
1
次の ス ク リ プ ト を /opt/VRTSvcs/bin/ に haflush と し て保存 し ます。
#!/bin/ksh
PATH=/opt/VRTSvcs/bin:$PATH; export PATH
if [ $# -ne 1 ]; then
209
210
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
サービ スグループの管理
echo "usage: $0 <system name>"
exit 1
fi
hagrp -list |
while read grp sys junk
do
locsys="${sys##*:}"
case "$locsys" in
"$1")
hagrp -flush "$grp" -sys "$locsys"
;;
esac
done
2
ス ク リ プ ト を実行 し ます。
haflush systemname
サービ スグループの リ ン ク の設定 と 解除
サービ ス グループの リ ン ク を設定 し て、 サービ ス グループ間の依存関係を作成 し
ます。
408 ページの 「サービ ス グループの依存関係について」 を参照 し て く だ さ い。
サービ スグループ を リ ン ク するには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -link parent_group child_group gd_category
gd_location gd_type
parent_group
親グループの名前
child_group
子グループの名前
gd_category
グループの依存関係のカ テ ゴ リ (online/offline)
gd_location
依存関係の範囲 (local/global/remote)
gd_type
グループの依存関係の タ イ プ (soft/firm/hard)。 デフ ォ ル ト は firm です。
サービ スグループの リ ン ク を解除するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -unlink parent_group child_group
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
エージ ェ ン ト の管理
エージ ェ ン ト の管理
正常な状況では、 VCS エージ ェ ン ト は自動的に起動お よ び停止 し ます。
エージ ェ ン ト を起動するには
◆
次の コ マン ド を実行 し ます。
haagent -start agent -sys system
エージ ェ ン ト を停止するには
◆
次の コ マン ド を実行 し ます。
haagent -stop agent [-force] -sys system
-force オプシ ョ ン を使えば、 エージ ェ ン ト の リ ソ ース がオン ラ イ ン状態で も 、 そ
のエージ ェ ン ト は停止 し ます。 リ ソ ース を オ フ ラ イ ンに し ないでエージ ェ ン ト を
更新す る 場合は、 -force オプシ ョ ン を使い ます。
リ ソ ースの管理
リ ソ ースの追加について
リ ソ ース を追加す る と 、 リ ソ ース の タ イ プの静的属性以外のすべての属性 と その
デフ ォ ル ト 値が、 新 し い リ ソ ース に設定 さ れます。
次の 3 つの属性 も 作成 さ れ、 リ ソ ース に追加 さ れます。
■
Critical (デフ ォ ル ト = 1) : オン ラ イ ン中に リ ソ ース ま たはその子 リ ソ ース
に障害が発生す る と 、 サービ ス グループ全体が faulted と し て設定 さ れ、
フ ェ ールオーバーが行われます。
■
AutoStart (デフ ォ ル ト = 1) : リ ソ ース を AutoStart に設定す る と 、 サービ
ス グループの コ マン ド に応 じ てオン ラ イ ンにな り ます。 サービ ス グループが
オン ラ イ ンであ る と 見な さ れ る ためには、 AutoStart=1 と 指定 さ れたすべて
の リ ソ ース がオン ラ イ ンであ る 必要があ り ます ( こ の属性は、 サービ ス グ
ループの AutoStart 属性 と は無関係です)。
■
Enabled: リ ソ ース を Enabled に設定す る と 、 その リ ソ ース タ イ プ用のエー
ジ ェ ン ト に よ っ て リ ソ ース が管理 さ れます。 デフ ォ ル ト は、 main.cf 設定
フ ァ イ ルに定義 さ れてい る リ ソ ース の場合は 1 で、 コ マン ド ラ イ ンで追加 さ
れた リ ソ ース の場合は 0 です。
メ モ : コ マ ン ド ラ イ ンで リ ソ ース を追加す る 場合、 複数の手順を踏む必要があ
り 、 手順が完了す る ま でエージ ェ ン ト が リ ソ ース を管理 し ない よ う にす る 必要が
あ り ます。 設定フ ァ イ ルに定義 さ れてい る リ ソ ース の場合、 エージ ェ ン ト が起動
さ れ る 前に手順は完了 し ます。
211
212
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
リ ソ ースの追加
サービ ス グループに リ ソ ース を追加す る か、 ま たはサービ ス グループか ら リ ソ ー
ス を削除 し ます。
リ ソ ース を追加するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
hares -add resource resource_type service_group
リ ソ ース名は ク ラ ス タ 全体で重複がない よ う にす る 必要があ り ます。 追加す る リ
ソ ース タ イ プは、 コ マ ン ド を実行す る 前に、 タ イ プ定義フ ァ イ ルに定義 さ れてい
る 必要があ り ます。 こ の リ ソ ース を追加す る サービ ス グループは、
service_group で指定 し ます。
リ ソ ースの削除
リ ソ ース を サービ ス グループか ら 削除 し ます。
リ ソ ース を削除するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
# hares -delete resource
VCS はオン ラ イ ン リ ソ ース を削除 し ません。 ただ し 、
DeleteOnlineResource 属性の値を変更する こ と に よ っ てオン ラ イ ン リ ソ ー
ス の削除を有効にで き ます。
692 ページの 「 ク ラ ス タ 属性」 を参照 し て く だ さ い。
リ ソ ース を強制的に削除す る には、 -force オプシ ョ ン を使い ます。 こ のオプ
シ ョ ンは、 DeleteOnlineResource 属性の値に関係な く リ ソ ース を オ フ ラ イ
ン状態に し ます。
# hares -delete -force resource
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
リ ソ ース属性の追加、 削除、 変更
リ ソ ース名は ク ラ ス タ 全体において一意であ る 必要があ り 、 シ ス テ ムに よ っ て定
義 さ れてい る リ ソ ース属性 ( リ ソ ース の状態な ど) は変更で き ません。
新 し い リ ソ ース を変更するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# hares -modify resource attribute value
# hares -modify <resource> <attr> <value>
[-sys <system>] [-wait [-time <waittime>]]
value 変数は、 作成す る 属性の タ イ プに依存 し ます。
新規 リ ソ ースの Enabled 属性を 1 に設定するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# hares -modify resourceA Enabled 1
Enabled 属性を 1 に設定す る と 、 リ ソ ース を管理す る エージ ェ ン ト がシ ス テ ム
で起動 し ます。 つま り 、 VCS エン ジ ンに よ る リ ソ ース障害の監視が開始 し ます。
エージ ェ ン ト の監視は、 Enabled 属性が 0 に設定 さ れてい る 場合は無効です。
リ ソ ース属性を追加するには
# haattr -add resource_type attribute [value]
[dimension][default ...]
value 変数は、 -string (デフ ォル ト )、 -integer ま たは -boolean です。
dimension 変数は、 -scalar (デフ ォ ル ト )、 -keylist、 -assoc ま たは -vector
です。
default 変数は、 属性のデフ ォ ル ト 値であ り 、 value お よ び dimension と 矛
盾 し ない よ う にす る 必要があ り ます。 こ れには、 省略記号 (...) が示す よ
う に、 複数の項目が含ま れ る 場合があ り ます。
リ ソ ースの属性を削除するには
# haattr -delete resource_type attribute
静的 リ ソ ースの属性を追加するには
# haattr -add -static resource_type static_attribute [value]
[dimension] [default ...]
静的 リ ソ ースの属性を削除するには
# haattr -delete -static resource_type static_attribute
一時的な リ ソ ース属性を追加するには
# haattr -add -temp resource_type attribute [value]
[dimension] [default ...]
213
214
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
一時的な リ ソ ースの属性を削除するには
# haattr -delete -temp resource_type attribute
リ ソ ースの属性のデ フ ォル ト 値を変更するには
# haattr -default resource_type attribute new_value ...
new_value 変数は、 属性の新 し いデフ ォ ル ト 値を示 し ます。
属性のロー カル化定義
属性を ロ ーカル化す る と 、 グループの SystemList 内の各シ ス テ ムについて、 そ
の属性がシ ス テ ム ご と の値を持つ よ う にな り ます。 こ れ ら の属性は、 リ ソ ース単
位で ロ ーカル化 さ れます。 た と えば、 resource の attribute_name 属性のみを
ロ ーカル化す る には、 次の よ う に入力 し ます。
# hares -local resource
attribute_name
グ ロ ーバル属性は、 hares -local コ マン ド では変更で き ません。 次の表は、 属
性を ロ ーカル化す る ために使われ る コ マン ド を属性の種類別に示 し てい ます。
表 6-3
VCS 属性のロー カル化
値の種類
タスク と コマン ド
スカ ラー
値の変更。
-modify [object] attribute_name value [-sys system]
ベク ト ル
■
値の リ ス ト の変更。
-modify [object] attribute_name value [-sys system]
■
既存の リ ス ト に値の リ ス ト を追加。
-modify [object] attribute_name
system]
-add value [-sys
■
ユーザーが入力す る 値を使っ て リ ス ト を更新。
-modify [object] attribute_name -update entry_value
... [-sys system]
■
ユーザーが指定 し た値を リ ス ト か ら 削除 し ま す ( リ ス ト に同 じ 値が
複数回出現す る 場合、 すべての出現箇所か ら その値が削除 さ れ ま
す)。
-modify [object] attribute_name -delete -key ...
[-sys system]
■
リ ス ト か ら すべての値を削除 し ます。
-modify [object] attribute_name -delete -keys [-sys
system]
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
表 6-3
VCS 属性のロー カル化
値の種類
タスク と コマン ド
keylist
■
キーの リ ス ト の変更 (キーの重複は許可 さ れてい ま せん)。
-modify [object] attribute_name value ... [-sys
system]
■
キーを リ ス ト に追加 (キーの重複は許可 さ れてい ま せん)。
-modify [object] attribute_name -add value ...[-sys
system]
■
ユーザーが入力す る キーを リ ス ト か ら 削除。
-modify [object] attribute_name -delete key ...
[-sys system]
■
すべてのキーを リ ス ト か ら 削除。
-modify [object] attribute_name -delete -keys [-sys
system]
■
キー と 値のペアの リ ス ト を変更 (キーの重複は許可 さ れてい ま
せん)。
-modify [object] attribute_name value ...[-sys
system]
■
ユーザーが入力す る キー と 値のペアの リ ス ト を既存の リ ス ト に追加
(キーの重複は許可 さ れてい ま せん)。
-modify [object] attribute_name -add value ...[-sys
system]
■
各キーの値を ユーザーが入力す る 値に変更。
-modify [object] attribute_name -update key value
...
[-sys system]
■
ユーザーが入力す る キーに該当す る キー と 値のペア を削除。
-modify [object] attribute_name -delete key ...
[-sys system]
■
すべてのキー と 値のペア を関連型か ら 削除。
-modify [object] attribute_name -delete
[-sys system]
関連
-keys
メ モ : 複数の値を指定 し た時に、 その中に無効な値が 1 つ存在 し ていた
場合、 無効な値に関す る エ ラ ーが戻 さ れ ますが、 その他の値の処理は続
行 さ れ ます。 SystemList 属性に sysb は含 ま れてい る が、 sysa は含 ま れ
ていない場合、 次の例では、 sysb は削除 さ れ ま すが、 sysa についてはエ
ラ ー メ ッ セージが ロ グに送信 さ れ ます。
hagrp -modify group1 SystemList -delete sysa sysb
[-sys system]
215
216
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
リ ソ ースの リ ン ク の設定 と 解除
複数の リ ソ ース の リ ン ク を設定 し て、 それ ら の リ ソ ース間の依存関係を指定 し ま
す。 リ ソ ース には、 必要な数だけ親 と 子を設定で き ます。 リ ソ ース の リ ン ク を設
定す る 場合、 Operations 属性が None ま たは OnOnly に設定 さ れてい る リ ソ ース
は親 リ ソ ース に設定で き ません。 具体的には、 None はエージ ェ ン ト が リ ソ ース
を オン ラ イ ンに も オ フ ラ イ ンに も で き ない リ ソ ース、 OnOnly はエージ ェ ン ト が
リ ソ ース を オン ラ イ ンにだけで き る リ ソ ース であ る ためです。
依存関係でループを形成す る こ と は、 VCS エン ジ ンに よ っ て自動的に禁止 さ れ
ます。 異な る サービ ス グループの リ ソ ース間に リ ソ ース リ ン ク を設定す る こ と は
で き ません。
リ ソ ースの リ ン ク を設定するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
# hares -link parent_resource child_resource
parent_resource がオン ラ イ ンにな る ためには、 child_resource がオン ラ イ
ンであ る 必要があ り ます。 逆に、 child_resource がオン ラ イ ンにな る には、
parent_resource がオン ラ イ ンであ る 必要があ り ます。
た と えば、 IP リ ソ ース がオン ラ イ ンにな る には先に NIC リ ソ ース が利用可
能 と な っ てい る 必要があ る ため、 IP タ イ プの リ ソ ース IP 1 と NIC タ イ プの
NIC1 には次の よ う に依存関係を指定 し ます。
# hares -link IP1 NIC1
リ ソ ースの リ ン ク を解除するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
# hares -unlink parent_resource child_resource
リ ソ ースのオ ン ラ イ ン化
リ ソ ース を オ ン ラ イ ン化するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
# hares -online resource -sys system
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ースの管理
リ ソ ースのオ フ ラ イ ン化
リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# hares -offline [-ignoreparent| -parentprop] resource
-sys system
-ignoreparent オプシ ョ ン を使 う と 、 サービ ス グループ内の親 リ ソ ース が
オン ラ イ ンの場合で も 、 リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化で き ます。 こ のオプシ ョ ン
は、 リ ソ ース を オ フ ラ イ ンにす る と グループ依存性に違反す る 場合には機能
し ません。
リ ソ ース と その親 リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# hares -offline -parentprop resource -sys system
コ マ ン ド は特定の リ ソ ース を オ フ ラ イ ンにす る 前にすべての親 リ ソ ース を順
番に停止 し ます。
リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化 し 、 子 リ ソ ースにオ フ ラ イ ン を伝播するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# hares -offprop [-ignoreparent] resource -sys system
前述の コ マン ド と 同 じ よ う に、 -ignoreparent オプシ ョ ン を使 う と 、 サー
ビ ス グループ内の親 リ ソ ース がオン ラ イ ンの場合で も 、 リ ソ ース を オ フ ラ イ
ン化で き ます。 こ のオプシ ョ ンは、 リ ソ ース を オ フ ラ イ ンにす る と グループ
依存性に違反す る 場合には機能 し ません。
リ ソ ースのプ ローブ
エージ ェ ン ト にシ ステム上の リ ソ ースの監視を指示するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# hares -probe resource -sys system
すぐ にプ ロ ンプ ト が返 さ れますが、 監視プ ロ セ スはプ ロ ンプ ト が返 さ れ る ま
でに完了 し ていない場合があ り ます。
217
218
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
シ ス テムの管理
リ ソ ースの ク リ ア
リ ソ ース を ク リ アするには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
リ ソ ース の状態を RESOURCE_FAULTED か ら RESOURCE_OFFLINE に変更 し ます。
# hares -clear resource [-sys system]
リ ソ ース を ク リ アす る と 、 リ ソ ース が ク リ アす る のを待機 し てい る 間ブ ロ ッ
ク さ れていたオン ラ イ ンプ ロ セ ス が開始 さ れます。 system を指定 し ない場
合、 サービ ス グループの SystemList 属性内の各シ ス テ ムで障害が ク リ ア さ
れます。
209 ページの 「サービ ス グループの非永続的な リ ソ ース の障害状態を ク リ
アす る には」 を参照 し て く だ さ い。
こ の コ マ ン ド を使 う と 、 リ ソ ース の親 リ ソ ース が自動的に ク リ ア さ れます。
Operations 静的属性が None と 定義 さ れてい る 永続的な リ ソ ースは、 こ の
コ マ ン ド では ク リ ア さ れず、 raw デ ィ ス ク を交換す る な ど、 物理的に対処
す る 必要があ り ます。 こ の作業に よ り 、 エージ ェ ン ト は自動的に状態を更
新 し ます。
シ ス テムの管理
シ ステムの属性を変更するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
# hasys -modify modify_options
一部の属性は VCS 内部で使 う も ので、 変更す る こ と がで き ません。 シ ス テ
ムの属性について詳 し く は、 167 ページの 「-modify オプシ ョ ンについて」
を参照 し て く だ さ い。
/etc/llttab フ ァ イルに定義 さ れている シス テムの ノ ー ド ID の値を
表示するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
# hasys -nodeid node_ID
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
シ ス テムの管理
シ ス テムを フ リ ーズ (シ ス テム上でのグループのオ ン ラ イ ン化または
切 り 替え を禁止) するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# hasys -freeze [-persistent] [-evacuate] system
-persistent
ク ラ ス タ を再ブー ト し た後 も 、 フ リ ーズ状態を維持で き ま す。 フ リ ー
ズ状態を維持す る には、 ク ラ ス タ の設定が読み書 き 両用モー ド で、
デ ィ ス ク に保存 (ダ ン プ) さ れ る 必要があ り ま す。
-evacuate
フ リ ーズが有効にな る 前に、 そのシ ス テ ム上のア ク テ ィ ブ なサービ ス
グループ を ク ラ ス タ 内の別のシ ス テ ム に フ ェ ールオーバーで き ま す。
フ リ ーズ さ れたシ ステムを ア ン フ リ ーズ (サービ スグループのオ ン ラ イ ン化
および切 り 替え を再有効化) するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# hasys -unfreeze [-persistent] system
ク ラ ス タ 内の任意のシ ステムで コ マ ン ド を実行するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# hacli -cmd command [-sys | -server system(s)]
指定 し た シ ス テ ムで実行 さ れ る よ う に コ マン ド を発行 し ます。 シ ス テ ムで
VCS が実行 さ れてい る 必要があ り ます。
hacli コ マ ン ド を使 う には、 HacliUserLevel を少な く と も COMMANDROOT
に設定す る 必要があ り ます。 デフ ォ ル ト では、 HacliUserLevel は NONE に
設定 さ れてい ます。
シ ス テ ム A の root ユーザーが別のシ ス テ ム B の root 権限を使 う こ と が望ま
し く ない場合は、 シ ス テ ム B で HacliUserLevel の設定を NONE (デフ ォ ル
ト ) の ま ま に し てお く 必要があ り ます。
-sys オプシ ョ ンの引数 と し て、 シ ン グルスペース で区切 ら れた複数のシ ス
テ ム を指定す る こ と が可能です。 シ ス テ ム を指定 し ない場合、 コ マン ド は、
VCS が RUNNING 状態にな っ てい る ク ラ ス タ 内のすべてのシ ス テ ムで実行
さ れます。 コ マン ド 内に区切 り 文字やオプシ ョ ンが含まれてい る 場合、 コ マ
ン ド の引数は、 二重引用符で囲んで入力す る 必要があ り ます。
219
220
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
ク ラ ス タ の管理
ク ラ ス タ の管理
ク ラ ス タ の UUID 値の設定 と 設定解除
イ ン ス ト ー ラ を使っ て VCS を イ ン ス ト ールす る と き 、 イ ン ス ト ー ラ は ク ラ ス タ
の UUID (全世界で一意な ID) の値を生成 し ます。 こ の値は ク ラ ス タ のすべて
の ノ ー ド 間で共通です。
uuidconfig ユーテ ィ リ テ ィ を使 う と 、 ク ラ ス タ ノ ー ド 上で ク ラ ス タ の UUID (全
世界で一意な ID) を表示、 コ ピー、 設定、 設定解除で き ます。
シ ス テ ム間で ssh ま たは rsh 通信が設定 さ れてい る こ と を確認 し ます。 こ のユー
テ ィ リ テ ィ はデフ ォ ル ト で ssh を使い ます。
VCS ノ ー ド 上で ク ラ ス タ の UUID 値を表示するには
◆
次の コ マ ン ド を実行 し て ク ラ ス タ の UUID 値を表示 し ます。
■
特定の ノ ー ド が対象の場合 :
# /opt/VRTSvcs/bin/uuidconfig.pl [-rsh] -clus -display sys1
[sys2 sys3...]
■
/etc/llthosts フ ァ イ ルで指定 さ れた全 ノ ー ド が対象の場合 :
# /opt/VRTSvcs/bin/uuidconfig.pl -display -clus -use_llthost
VCS ノ ー ド 上で ク ラ ス タ の UUID を設定するには
◆
次の コ マ ン ド を実行 し て ク ラ ス タ の UUID 値を設定 し ます。
■
特定の ノ ー ド が対象の場合 :
# /opt/VRTSvcs/bin/uuidconfig.pl [-rsh] -clus -configure
sys1 [sys2 sys3...]
■
/etc/llthosts フ ァ イ ルで指定 さ れた全 ノ ー ド が対象の場合 :
# /opt/VRTSvcs/bin/uuidconfig.pl -clus -configure
-use_llthost
ユーテ ィ リ テ ィ は、 ク ラ ス タ の UUID がいずれかの VCS ノ ー ド 上に存在
す る か ど う かに基づいて、 ク ラ ス タ ノ ー ド 上で ク ラ ス タ の UUID を設定 し
ます。
■
ク ラ ス タ の UUID が存在 し ないか、 ク ラ ス タ の UUID が ク ラ ス タ ノ ー ド
間で異な る 場合、 ユーテ ィ リ テ ィ は次の処理を行い ます。
■
/opt/VRTSvcs/bin/osuuid を使っ て新 し い ク ラ ス タ UUID を生成 し
ます。
■
/etc/vx/.uuids/clusuuid フ ァ イ ルを作成 し ます。 ユーテ ィ リ テ ィ は
こ の場所に ク ラ ス タ の UUID を保存 し ます。
■
ク ラ ス タ 内のすべての ノ ー ド 上で ク ラ ス タ の UUID を設定 し ます。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
ク ラ ス タ の管理
■
ク ラ ス タ の UUID が存在 し 、 その UUID がすべての ノ ー ド 上で同一であ
る 場合、 ユーテ ィ リ テ ィ はその UUID を保持 し ます。
既存の ク ラ ス タ UUID を破棄 し て新 し い ク ラ ス タ UUID を作成す る に
は、 -force オプシ ョ ン を使い ます。
■
ク ラ ス タ 内の一部の ノ ー ド に ク ラ ス タ UUID が存在 し 、 その UUID が同
一であ る 場合、 ユーテ ィ リ テ ィ は残 り の ノ ー ド に既存の UUID を設定 し
ます。
VCS ノ ー ド 上で ク ラ ス タ の UUID を設定解除するには
◆
次の コ マン ド を実行 し て ク ラ ス タ の UUID 値を設定解除 し ます。
■
特定の ノ ー ド が対象の場合 :
# /opt/VRTSvcs/bin/uuidconfig.pl [-rsh] -clus
-unconfigure sys1 [sys2 sys3...]
■
/etc/llthosts フ ァ イ ルで指定 さ れた全 ノ ー ド が対象の場合 :
# /opt/VRTSvcs/bin/uuidconfig.pl [-rsh] -clus
-unconfigure -use_llthost
ユーテ ィ リ テ ィ は /etc/vx/.uuids/clusuuid フ ァ イ ルを ノ ー ド か ら 削除 し
ます。
ク ラ ス タ UUID を ノ ー ド 間で コ ピーするには
◆
次の コ マン ド を実行 し て ク ラ ス タ の UUID 値を コ ピー し ます。
# /opt/VRTSvcs/bin/uuidconfig.pl [-rsh] -clus -copy
-from_sys sys -to_sys sys1 sys2 [sys3...]
ユーテ ィ リ テ ィ は、 -from_sys オプシ ョ ンで指定 さ れたシ ス テ ムか ら 、
-to_sys オプシ ョ ンで指定 さ れたすべてのシ ス テ ムに ク ラ ス タ の UUID を コ
ピー し ます。
バージ ョ ン情報の確認
シ ス テ ムで動作 し てい る VCS のバージ ョ ンについての情報を確認 し ます。
システムの VCS のバージ ョ ンに関する情報を確認するには
◆
次のいずれかの コ マン ド を実行 し ます。
# had -version
こ の コ マン ド はエン ジ ンバージ ョ ン、 結合バージ ョ ン、 ビル ド 日時、
PSTAMP についての情報を取 り 込みます。
# had -v
こ の コ マン ド はエン ジ ンバージ ョ ンに関す る 情報を取 り 込みます。
221
222
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
ク ラ ス タ の管理
シ ス テムの追加 と 削除
こ の項では、 ノ ー ド を ク ラ ス タ に追加お よ び ク ラ ス タ か ら 削除す る 際に必要な作
業の概要について説明 し ます。 詳細指示については、 『Veritas Cluster Server イ
ン ス ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
ク ラ ス タ にシ ステムを追加するには
1
VCS のハー ド ウ ェ アお よ び ソ フ ト ウ ェ アの必要条件を満た し てい る こ と を
確認 し て く だ さ い。
詳細は、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ
さ い。
2
新 し いシ ス テ ムか ら プ ラ イ ベー ト 通信 リ ン ク を設定 し ます。
3
新 し いシ ス テ ムに VCS と 必要なパ ッ チを イ ン ス ト ール し ます。
4
VCS ラ イ セ ン ス キーを追加 し ます。
171 ページの 「VCS ラ イ セン ス の イ ン ス ト ール」 を参照 し て く だ さ い。
5
LLT と GAB を設定 し 、 ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プの新 し いシ ス テ ム を含め
ます。
6
hasys -add コ マン ド を使い、 新 し いシ ス テ ム を追加 し ます。
ク ラ ス タ から ノ ー ド を削除するには
1
現在の設定フ ァ イ ル main.cf のバ ッ ク ア ッ プ コ ピーを作成 し ます。
2
ノ ー ド か ら すべての VCS サービ ス グループ を切 り 替え る か、 削除 し ます。
他のサービ ス グループが依存 し てい る サービ ス グループを削除対象の ノ ー ド
で実行 し てい る 場合は、 その ノ ー ド を削除で き ません。
3
ノ ー ド 上で VCS を停止 し ます。
# hastop -sys systemname
4
すべてのサービ ス グループの SystemList か ら シ ス テ ム を削除 し ます。
# hagrp -modify groupname SystemList -delete systemname
5
ク ラ ス タ か ら ノ ー ド を削除 し ます。
# hasys -delete systemname
6
残 り の各 ノ ー ド にあ る /etc/llthosts フ ァ イ ルか ら ノ ー ド のエン ト リ を削除 し
ます。
7
残 り の各 ノ ー ド にあ る /etc/gabtab フ ァ イ ルか ら ノ ー ド カ ウ ン ト エン ト リ を
削除 し ます。
8
ク ラ ス タ を残 し て、 ノ ー ド の GAB と LLT を設定解除 し ます。
9
VCS お よ び他のパ ッ ケージ を ノ ー ド か ら 削除 し ます。
10 GAB と LLT の設定フ ァ イ ルを ノ ー ド か ら 削除 し ます。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
ク ラ ス タ の管理
VCS で使 う ポー ト の変更
VCS と その コ ン ポーネ ン ト が使 う デフ ォ ル ト ポー ト の一部を変更で き ます。
VCS 環境内で実行で き る 変更 と 、 変更に関連す る ポー ト の情報を以下に一覧で
示 し ます。
■
VCS のデフ ォル ト ポー ト の変更。
VCS サービ ス名のエン ト リ を /etc/services フ ァ イ ルに追加 し ます。 次に例
を示 し ます。
vcs
3333/tcp
# Veritas Cluster Server
こ の例で、 3333 は VCS を実行す る ポー ト 番号です。
エン ジ ンが起動す る と 、 こ の例で設定 し たポー ト (3333) でサービ スへの
応答を準備 し ます。 ポー ト を変更す る には、 ク ラ ス タ のすべての ノ ー ド で
/etc/services フ ァ イ ルに変更を加え る 必要があ り ます。
223 ページの 「デフ ォ ル ト ポー ト を変更す る には」 を参照 し て く だ さ い。
■
エージ ェ ン ト ま たは HA コ マン ド に変更を加え る 必要はあ り ません。 エー
ジ ェ ン ト と HA コ マン ド は、 TCP/IP 接続ではな く 、 ローカルにあ る UDS ソ
ケ ッ ト を使っ てエン ジ ンに接続 し ます。
■
VCS_HOST 環境変数が提供す る 機能を使っ て、 リ モー ト で動作す る VCS
エン ジ ン (HAD) と 通信す る ために実行す る HA コ マ ン ド については、 変
更を加え る 必要はあ り ません。 HA コ マ ン ド は /etc/services フ ァ イ ルを照
会 し て適切なポー ト に接続す る ので、 こ れ ら の設定を変更す る 必要はあ り
ません。
■
GUI (Java コ ン ソ ール と Management Console) については、 GUI への ロ グ
イ ン中に GUI に接続 さ せ る ポー ト 番号を指定で き ます。 /etc/services フ ァ
イ ルで設定 さ れたポー ト 番号 (た と えば、 前の例の 3333) を指定す る 必要
があ り ます。
デ フ ォル ト ポー ト を変更するには
1
2
VCS を停止 し ます。
サービ ス名 vcs のエン ト リ を /etc/services に追加 し ます。
vcs
3333/tcp
# Veritas Cluster Server
3
ポー ト を変更す る には、 ク ラ ス タ のすべての ノ ー ド で /etc/services フ ァ イ
ルに変更を加え る 必要があ り ます。
4
VCS を再起動 し ます。
5
ポー ト を確認 し ます。
# netstat -an|grep 3333
*.3333
*.*
0
0 49152
*.3333
*.*
0
0 49152
6
0 LISTEN
0 LISTEN
Java コ ン ソ ールを使っ て、 ポー ト 3333 経由で VCS に接続 し ます。
223
224
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
ク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド ラ イ ンか ら の ク ラ ス タ 属性の設定
ク ラ ス タ の属性を変更するには
# haclus [-help [-modify]]
EngineClass を更新するには
# haclus -modify EngineClass value
た と えば、 EngineClass 属性を RealTime に設定す る には、 次の よ う に実行 し
ます。
# haclus -modify EngineClass "RT"
EnginePriority を更新するには
# haclus -modify EnginePriority value
た と えば、 EnginePriority を 20 に設定す る には、 次の よ う に実行 し ます。
# haclus -modify EnginePriority "20"
ProcessClass を更新するには
# haclus -modify ProcessClass value
た と えば、 ProcessClass を TimeSharing に設定する には、 次の よ う に実行 し
ます。
# haclus -modify ProcessClass "TS"
ProcessPriority を更新する には
# haclus -modify ProcessPriority value
た と えば、 ProcessPriority を 40 に設定す る には、 次の よ う に実行 し ます。
# haclus -modify ProcessPriority "40"
メ モ : EngineClass お よ び EnginePriority 属性の場合、 変更は即座に有効にな り
ます。 ProcessClass お よ び ProcessPriority 属性については、 変更内容は、
haclus コ マン ド の実行後に実行 さ れ る プ ロ セ ス か ら 有効にな り ます。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
セキ ュ リ テ ィ サービ スの有効化 と 無効化
設定 フ ァ イルでの ク ラ ス タ の属性の初期化
ク ラ ス タ の設定時には、 ク ラ ス タ の属性の値を割 り 当て る こ と がで き ます (次の
例の各属性については、 692 ページの 「 ク ラ ス タ 属性」 を参照 し て く だ さ い)。
次の設定例を確認 し ます。
cluster vcs-india (
EngineClass = "RT"
EnginePriority = "20"
ProcessClass = "TS"
ProcessPriority = "40"
セキ ュ リ テ ィ サービ スの有効化 と 無効化
こ の項では、 セキ ュ リ テ ィ サービ ス を有効、 無効にす る 方法について説明 し ま
す。 VCS 設定フ ァ イ ル main.cf を編集 し て VxSS を有効ま たは無効に し ないで く
だ さ い。
VCS で Symantec Product Authentication Service (AT) を有効にす る には、
ルー ト ブ ロ ーカー と し て機能す る シ ス テ ムが企業内に必要です。 次のいずれかを
実行で き ます。
■
企業内の既存のルー ト ブ ロ ーカーシ ス テ ム を使 う 。
■
ルー ト ブ ロ ーカーシ ス テ ム を設定す る 。
ルー ト ブ ロ ーカーの設定について詳 し く は 『Veritas Cluster Server イ ン ス
ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
■
ク ラ ス タ 内の ノ ー ド の 1 つを、 ルー ト ブ ロ ーカー と し て機能す る よ う に設定
し ます。
installvcs プ ロ グ ラ ム を使っ て VCS ク ラ ス タ 上で AT を有効にする と 、 ノ ー
ド の 1 つをルー ト ブ ロ ーカー と し て設定す る ためのオプシ ョ ンが イ ン ス ト ー
ラ に表示 さ れます。
Veritas Cluster Server ク ラ ス タ で Symantec Product Authentication Services
を有効にするには
1
ク ラ ス タ 内のすべての ノ ー ド が稼働 し てい る こ と を確認 し ます。
# hasys -state
出力で SysState の値が RUNNING と 表示 さ れてい る 必要があ り ます。
2
外部のルー ト ブ ロ ーカーシ ス テ ム を使 う 場合は、 ルー ト ブ ロ ーカーが設定済
みであ る こ と を確認 し ます。
詳 し く は、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ
さ い。
225
226
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
セキ ュ リ テ ィ サービ スの有効化 と 無効化
3
-security オプシ ョ ン を指定 し て installvcs プ ロ グ ラ ム を起動 し ます。
# /opt/VRTS/install/installvcs -security
イ ン ス ト ー ラ は、 ロ グが作成 さ れ る デ ィ レ ク ト リ を表示 し ます。
4
1 を入力 し て ク ラ ス タ で Authentication Service を有効に し ます。
1) VCS クラスタ上の Symantec Security Services を有効化します
(Enable Symantec Security Services on a VCS Cluster)
2) VCS クラスタ上の Symantec Security Services を無効にします
(Disable Symantec Security Services on a VCS Cluster)
実行するセキュリティオプションを選択してください
(Select the Security option you would like to perform) [1-2,q] 1
5
Veritas Cluster Server が、 installvcs プ ロ グ ラ ム を起動 し たシ ス テ ムで設定
さ れていない場合、 Authentication Service を有効にす る ク ラ ス タ の ノ ー ド
名を入力 し ます。
Veritas クラスタ内で Veritas Security Services: north を有効にするシステ
ム名を入力してください
(Enter the name of one system in the VCS Cluster that you would
like to enable Veritas Security Services) : north
イ ン ス ト ー ラ は、 ク ラ ス タ の ノ ー ド と の通信の検証を進め ます。
6
出力に よ り 、 イ ン ス ト ー ラ が Veritas Cluster Server 設定フ ァ イ ルが存在す
る か検証 し てい る こ と を確認 し ます。
イ ン ス ト ー ラ は、 ク ラ ス タ のすべてのシ ス テ ムで Veritas Cluster Server が
動作 し てい る か ど う か も 確認 し ます。
7
Enter キーを押 し て、 Authentication Service を有効にす る こ と を確認 し
ます。
このクラスタ上で Symantec Security Services を有効化しますか ?
(Would you like to enable Symantec Security Services on this
cluster?) [y,n,q] (y) y
8
設定 タ ス ク を続行 し ます。
設定モー ド について詳 し く は、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ール / 設定
ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
使 う 予定のルー ト ブ ロ ーカーシ ス テ ムに応 じ て、 次のいずれかを行い ます。
外部のルー ト
ブ ロ ーカーシ
ステム
イ ン ス ト ー ラ のプ ロ ン プ ト でルー ト ブ ロ ーカー名を入力 し ます。 次
に例を示 し ま す。
外部 RB (ルートブローカー) のインストールと設定がすでに完了してい
る場合は、 RB 名を入力するか、 または Enter キーを押してスキップ
します :
(If you already have an external RB (Root Broker)
installed and configured, enter the RB name, or
press Enter to skip:) [b] venus
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
セキ ュ リ テ ィ サービ スの有効化 と 無効化
ノードの 1 つ
をルー ト ブ
ロ ーカーにす
る 場合
イ ン ス ト ー ラ のプ ロ ン プ ト で Enter キーを押 し ま す。
外部 RB (ルートブローカー) のインストールと設定がすでに完了してい
る場合は、 RB 名を入力するか、 または Enter キーを押してスキップ
します :
(If you already have an external RB (Root Broker)
installed and configured, enter the RB name, or
press Enter to skip:) [b]
AT が ど の ノ ー ド 上で も ま だ設定 さ れていない場合、 イ ン ス ト ー ラ は
ルー ト ブ ロ ーカー と し て使 う ノ ー ド の選択を要求 し ま す。
galaxy を RAB として、 他のノードを AB として設定しますか ?
(Do you want to configure galaxy as RAB, and other
nodes as AB?) [y,n,q,b] (y)
選択 し た ノ ー ド に基づいて、 イ ン ス ト ー ラ は RAB (ルー ト +認証ブ
ロ ーカー) モー ド で動作す る よ う に ノ ー ド を設定 し ます。 イ ン ス
ト ー ラ は他の ノ ー ド を認証ブ ロ ーカー と し て設定 し ま す。
9
出力に よ り 、 イ ン ス ト ー ラ が Veritas Cluster Server 設定フ ァ イ ルを
Authentication Service を有効にす る よ う に修正 し 、 Veritas Cluster Server
を セキ ュ アモー ド で開始 し てい る こ と を確認 し ます。
イ ン ス ト ー ラ は、 Security サービ ス グループ を作成 し 、 ク ラ ス タ の各 ノ ー ド
に Authentication Server 信用証明 と Veritas Cluster Server ユーザー用 Web
信用証明を作成 し て、 ルー ト ブ ロ ーカー と 信頼関係を設定 し ます。
Symantec Product Authentication Services を Veritas Cluster Server ク ラ ス タ
で無効にするには
1
ルー ト ブ ロ ーカーが設定 さ れてい る こ と を確認 し ます。
詳 し く は、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ
さ い。
2
-security オプシ ョ ン を指定 し て installvcs プ ロ グ ラ ム を起動 し ます。
# /opt/VRTS/install/installvcs -security
イ ン ス ト ー ラ は、 ロ グが作成 さ れ る デ ィ レ ク ト リ を表示 し ます。
3
2 を入力 し て ク ラ ス タ で Authentication Service を無効に し ます。
1) VCS クラスタ上の Symantec Security Services を有効化します
(Enable Symantec Security Services on a VCS Cluster)
2) VCS クラスタ上の Symantec Security Services を無効にします
(Disable Symantec Security Services on a VCS Cluster)
実行するセキュリティオプションを選択してください
(Select the Security option you would like to perform) [1-2,q] 2
227
228
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ース タ イ プの管理
4
Veritas Cluster Server が installvcs プ ロ グ ラ ム を起動 し た シ ス テ ムで設定 さ
れていない場合、 Authentication Service を無効にす る ク ラ ス タ の ノ ー ド 名
を入力 し ます。
VCS クラスタ内で Symantec Security Services を無効にするシステム名を入力し
てください :
(Enter the name of one system in the VCS Cluster that you would
like to disable Symantec Security Services:) north
5
出力に よ り 、 イ ン ス ト ー ラ が基本検証を続行 し てい る こ と を確認 し ます。
6
確認画面で Enter キーを押 し て、 Authentication Service を無効にす る こ と
を確認 し ます。
このクラスタ上で Symantec Security Services を無効にしますか ?
(Would you like to disable Symantec Security Services on this
cluster?) [y,n,q] (y) y
7
出力に よ り 、 イ ン ス ト ー ラ が Veritas Cluster Server 設定フ ァ イ ルを
Authentication Service を無効にす る よ う に修正 し 、 Veritas Cluster Server
を開始 し てい る こ と を確認 し ます。
リ ソ ース タ イ プの管理
リ ソ ース タ イ プの追加、 削除、 変更
リ ソ ース タ イ プを作成 し た ら 、 haattr コ マン ド を使っ て、 その属性を追加 し ま
す。 デフ ォ ル ト では、 リ ソ ース タ イ プ情報は、 types.cf 設定フ ァ イ ルに格納 さ れ
てい ます。
リ ソ ース タ イ プ を追加するには
# hatype -add resource_type
リ ソ ース タ イ プ を削除するには
# hatype -delete resource_type
リ ソ ース タ イ プを削除す る 前に、 その タ イ プに属す る すべての リ ソ ース を削除す
る必要があ り ます。
VCS を停止せずに main.cf の リ ソ ース タ イ プ を追加または変更する には
# hatype -modify resource_type SourceFile "./resource_type.cf"
resource_type に関する 情報は、 config/resource_type.cf フ ァ イ ルに格納 さ れ、
main.cf フ ァ イ ルに resource_type.cf の include 行が追加 さ れます。 こ の コ マン ド
を実行す る 前に、 SourceFile へのパ ス がすべての ノ ー ド 上に存在す る こ と を確認
し ます。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
リ ソ ース タ イ プの管理
静的 リ ソ ース タ イ プ属性の値を設定するには
# hatype -modify ...
リ ソ ース タ イ プの静的属性の無効化
リ ソ ース タ イ プの静的属性の一部は、 無効に し て、 その リ ソ ース固有の値を割 り
当て る こ と がで き ます。 静的属性を無効に し 、 設定を保存す る と 、 main.cf フ ァ
イ ルでは、 リ ソ ース定義に静的属性 と その無効に さ れた値の行が イ ン ク ルー ド さ
れます。
タ イ プの静的属性を無効にするには
# hares -override resource static_attribute
タ イ プの静的属性をデ フ ォル ト 設定に リ ス ト アするには
# hares -undo_override resource static_attribute
リ ソ ース タ イ プのスケジ ュ ールお よび優先度属性の初期化
次の設定は、 設定フ ァ イ ルで リ ソ ース タ イ プの ス ケ ジ ュ ールお よ び優先度属性を
初期化す る 方法を示 し ます。 こ こ では、 FileOnOff リ ソ ース を例に し ます
type FileOnOff (
static str AgentClass = RT
static str AgentPriority = 10
static str ScriptClass = RT
static str ScriptPriority = 40
static str ArgList[] = { PathName }
str PathName
)
スケジ ュ ール属性 と 優先度属性の設定
AgentClass を更新するには
# hatype -modify resource_type AgentClass value
た と えば、 FileOnOff リ ソ ース の AgentClass 属性を RealTime に設定す る には、
次の よ う に実行 し ます。
# hatype -modify FileOnOff AgentClass "RT"
AgentPriority を更新するには
# hatype -modify resource_type AgentPriority value
た と えば、 FileOnOff リ ソ ース の AgentPriority 属性を 10 に設定す る には、 次の
よ う に実行 し ます。
# hatype -modify FileOnOff
AgentPriority "10"
229
230
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
ス ク リ プ ト での -wait オ プ シ ョ ンの使用
ScriptClass を更新するには
# hatype -modify resource_type ScriptClass value
た と えば、 FileOnOff リ ソ ース の ScriptClass を RealTime に設定する には、 次の
よ う に実行 し ます。
# hatype -modify FileOnOff ScriptClass "RT"
ScriptPriority を更新するには
# hatype -modify resource_type ScriptPriority value
た と えば、 FileOnOff リ ソ ース の ScriptClass を RealTime に設定する には、 次の
よ う に実行 し ます。
# hatype -modify FileOnOff ScriptPriority "40"
メ モ : AgentClass お よ び AgentPriority 属性の場合、 変更は即座に有効にな り ま
す。 ScriptClass お よ び ScriptPriority 属性については、 変更内容は、 hatype コ
マ ン ド の実行後に実行 さ れ る ス ク リ プ ト か ら 有効にな り ます。
ス ク リ プ ト での -wait オプ シ ョ ンの使用
-wait オプシ ョ ンは、 属性値を変更す る ために、 VCS コ マン ド を使っ た ス ク リ プ
ト で使われます。 こ のオプシ ョ ンは、 特定の値が変更 さ れ る か、 (指定 し てい る
場合) タ イ ム ア ウ ト が期限切れにな る ま で、 VCS コ マン ド をブ ロ ッ ク し ます。
タ イ ム ア ウ ト は秒単位で設定 し ます。
こ のオプシ ョ ンは、 ス カ ラ ー属性への変更 と 一緒にのみ使え ます。
-wait オプシ ョ ンは、 次の コ マ ン ド で対応 し てい ます。
■
haclus
haclus -wait attribute value [-clus cluster] [-time timeout]
-clus オプシ ョ ンは、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ 環境で使っ て く だ さ い。
■
hagrp
hagrp -wait group attribute value [-clus cluster] [-sys system]
[-time timeout]
-sys は、 属性の範囲が ロ ーカルの場合に使っ て く だ さ い。
-clus オプシ ョ ンは、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ 環境で使っ て く だ さ い。
■
hares
hares -wait resource attribute value [-clus cluster] [-sys
system] [-time timeout]
-sys は、 属性の範囲が ロ ーカルの場合に使っ て く だ さ い。
-clus オプシ ョ ンは、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ 環境で使っ て く だ さ い。
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
HA フ ァ イ ア ド リ ルの実行
■
hasys
hasys -wait system attribute value [-clus cluster] [-time
timeout]
-clus オプシ ョ ンは、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ 環境で使っ て く だ さ い。
詳細は、 こ れ ら の コ マン ド に関連す る マニ ュ アルページ を参照 し て く だ さ い。
HA フ ァ イ ア ド リ ルの実行
HA フ ァ イ ア ド リ ルを実行する 場合は、 サービ ス グループはオン ラ イ ンであ る 必
要があ り ます。
251 ページの 「HA フ ァ イ ア ド リ ルを使 う リ ソ ース フ ェ ールオーバーのテ ス ト 」
を参照 し て く だ さ い。
特定の リ ソ ースに対 し て HA フ ァ イ ア ド リ ルを実行するには
◆
次の コ マン ド を入力 し ます。
# hares -action <resname> <vfdaction>.vfd -sys <sysname>
フ ェ ールオーバーがシ ス テ ム上での リ ソ ース のオン ラ イ ン化を要求す る 場合、 コ
マ ン ド は、 イ ン フ ラ チ ェ ッ ク を実行 し て、 <sysname> と い う シ ス テ ムに
<resname> と い う リ ソ ース を ホ ス ト す る ために必要な イ ン フ ラ があ る かど う か
を検証 し ます。 <sysname> 変数に、 リ ソ ース がオ フ ラ イ ン状態のシ ス テ ムの名
前を指定 し ます。 <vfdaction> 変数は、 エージ ェ ン ト に定義 さ れ る Action を指定
し ます。 リ ソ ース タ イ プの HA フ ァ イ ア ド リ ルチ ェ ッ ク は、 SupportedActions
属性で定義で き 、 ま た .vfd 接尾辞で識別で き ます。
サービ スグループに対 し て HA フ ァ イ ア ド リ ルを実行するには
◆
次の コ マン ド を入力 し ます。
# havfd <grpname> -sys <sysname>
フ ェ ールオーバーがシ ス テ ム上でのサービ ス グループのオン ラ イ ン化を要求す る
場合、 コ マ ン ド は、 イ ン フ ラ チ ェ ッ ク を実行 し て、 <sysname> と い う シ ス テ ム
に <grpname> と い う サービ ス グループ内の リ ソ ース を ホ ス ト す る ために必要な
イ ン フ ラ があ る か ど う かを検証 し ます。 <sysname> 変数に、 リ ソ ース がオ フ ラ
イ ン状態のシ ス テ ムの名前を指定 し ます。
検出 さ れたエ ラ ーを修復するには
◆
次の コ マン ド を入力 し ます。
# hares -action <resname> <vfdaction>.vfd fix -sys <sysname>
<vfdaction> 変数は、 <sysname> 変数に よ っ て指定 さ れたシ ス テ ムについて、 エ
ラ ーを報告 し た検査を表 し ます。 リ ソ ース タ イ プの HA フ ァ イ ア ド リ ルチ ェ ッ ク
は、 SupportedActions 属性で定義で き 、 ま た .vfd 接尾辞で識別で き ます。
231
232
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る ク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る シ ミ ュ レ ー ト ク ラ ス タ の管理
コ マ ン ド ラ イ ンによ る シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ の管理
VCS Simulator は、 ク ラ ス タ 設定の作成 と シ ミ ュ レーシ ョ ン を支援す る ツールで
す。 VCS Simulator を使 う と 、 ク ラ ス タ ま たはシ ス テ ム障害時のサービ ス グルー
プの動作を予測 し 、 状態の遷移を表示 し 、 各種の設定パ ラ メ ー タ を指定お よ び微
調整す る こ と がで き ます。 こ の ツールは、 複雑なマルチ ノ ー ド 設定を評価す る と
き に特に役立ち ます。 こ の ツールの便利な点は、 テ ス ト ク ラ ス タ ま たは既存の設
定への変更を必要 と せずに、 特定の設定を設計で き る こ と です。
フ ェ ールオーバーのルールを制御す る Load や Capacity な ど の属性の値を、 シ
ミ ュ レー ト さ れた環境で微調整す る こ と も で き ます。 VCS Simulator に よ っ て
様々な設定を シ ミ ュ レー ト し 、 正 し い選択を行 う ために必要な情報を得 る こ と が
で き ます。 グ ロ ーバル ク ラ ス タ を シ ミ ュ レー ト す る こ と も で き ます。
253 ページの 「VCS Simulator を使っ た VCS の動作の予測」 を参照 し て く だ
さ い。
7
VCS でのア プ リ ケーシ ョ
ン と リ ソ ースの設定
■
リ ソ ース と アプ リ ケーシ ョ ンの設定について
■
VCS 付属エージ ェ ン ト について
■
RemoteGroup エージ ェ ン ト の設定
■
NFS サービ ス グループの設定
■
HA フ ァ イ ア ド リ ルを使 う リ ソ ース フ ェ ールオーバーのテ ス ト
234 VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
リ ソ ース と ア プ リ ケーシ ョ ンの設定につい て
リ ソ ース と ア プ リ ケーシ ョ ンの設定について
VCS で リ ソ ース と アプ リ ケーシ ョ ン を設定す る には、 次の作業を実行 し ます。
■
アプ リ ケーシ ョ ンに必要なすべての リ ソ ース か ら 構成 さ れ る サービ ス グルー
プを作成 し ます。
VCS には、 一般的に使われ る リ ソ ース を設定す る ための設定 ウ ィ ザー ド が
用意 さ れてい ます。
ま た、 Web ベース の ク ラ ス タ 管理 コ ン ソ ールであ る Cluster Manager
(Java コ ン ソ ール) や コ マン ド ラ イ ン を使っ て リ ソ ース を設定す る こ と も
で き ます。
■
必要な リ ソ ース を サービ ス グループに追加 し て、 その リ ソ ース を設定 し
ます。
た と えば、 VCS にデー タ ベース を設定す る には、 デー タ ベース の リ ソ ース、
基にな る 共有ス ト レージの リ ソ ース、 お よ びネ ッ ト ワ ー ク リ ソ ース を設定す
る必要があ り ます。
適切なエージ ェ ン ト を使っ て リ ソ ース を設定 し ます。
235 ページの 「VCS 付属エージ ェ ン ト について」 を参照 し て く だ さ い。
リ ソ ース を設定す る には、 その各種属性値を定義す る 必要があ り ます。 VCS
が提供す る エージ ェ ン ト について詳 し く は、 『Veritas Cluster Server 付属
エージ ェ ン ト リ フ ァ レ ン ス ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
リ ソ ースはサービ ス グループ内で論理的にグループ化す る 必要があ り ます。
リ ソ ース に障害が発生 し た場合、 サービ ス グループ全体を別の ノ ー ド に
フ ェ ールオーバー し ます。
■
リ ソ ース間の依存関係を割 り 当て ます。 た と えば、 IP リ ソ ースは NIC リ
ソ ース に依存 し ます。
■
サービ ス グループを オン ラ イ ンに し て リ ソ ース を利用可能に し ます。
VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
VCS 付属エージ ェ ン ト について
VCS 付属エージ ェ ン ト について
付属エージ ェ ン ト は、 その付属エージ ェ ン ト に よ っ て利用可能に さ れ る リ ソ ース
タ イ プに従っ て分類 さ れます。
ス ト レージ エージ ェ ン ト
ス ト レージエージ ェ ン ト は、 共有デ ィ ス ク 、 デ ィ ス ク グループ、 ボ リ ュ ーム、 マ
ウ ン ト の可用性を高め ます。
エージ ェ ン ト
説明
■
DiskGroup
Veritas Volume Manager (VxVM) デ ィ ス ク グループのオ ン
ラ イ ン化、 オ フ ラ イ ン化、 監視を行い ます。
■
DiskGroupSnap
フ ァ イ ア ド リ ルテ ス ト で使 う デ ィ ス ク グループのオ ン ラ イ ン
化、 オ フ ラ イ ン化、 監視を行い ま す。
■
DiskReservation
共有デ ィ ス ク への安全で排他的ア ク セ ス を保証す る ために
デ ィ ス ク を予約 し ま す。
(Linux のみ)
■
Volume エージ ェ ン ト
Veritas Volume Manager (VxVM) ボ リ ュ ーム のオ ン ラ イ ン
化、 オ フ ラ イ ン化、 監視を行い ま す。
■
LVMLogicalVolume
Logical Volume Manager (LVM) 論理ボ リ ュ ーム のオ ン ラ イ
ン化、 オ フ ラ イ ン化、 監視を行い ます。
(HP-UX と Linux)
■
LVMVolumeGroup
(HP-UX と Linux)
■
Mount
Logical Volume Manager (LVM) ボ リ ュ ーム グループのア ク
テ ィ ブ化、 非ア ク テ ィ ブ化、 監視を行い ま す。
フ ァ イ ルシ ス テ ム ま たは NFS ク ラ イ ア ン ト のマ ウ ン ト ポ イ
ン ト のオ ン ラ イ ン化、 オ フ ラ イ ン化、 監視を行い ます。
235
236 VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
VCS 付属エージ ェ ン ト について
Network エージ ェ ン ト
Network エージ ェ ン ト は、 IP ア ド レ ス と コ ン ピ ュ ー タ 名の可用性を高め ます。
エージ ェ ン ト
説明
■
NIC
NIC (ネ ッ ト ワ ー ク イ ン タ ーフ ェ ース カー ド ) を監視 し ま す。
■
IP
IP ア ド レ ス を監視 し ま す。
■
MultiNICA
複数のネ ッ ト ワ ー ク イ ン タ ーフ ェ ー ス を監視 し ます。
■
IPMultiNIC
MultiNICA リ ソ ー ス の イ ン タ ーフ ェ ー ス にエ イ リ ア ス と し て
設定 さ れた仮想 IP ア ド レ ス を管理 し ます。
■
DNS
アプ リ ケーシ ョ ン を サブネ ッ ト 全体に フ ェ ールオーバーす る
(広域フ ェ ールオーバーを実行す る ) と き に、 ド メ イ ン ネー
ムサーバーの正規名 (CNAME) マ ッ ピ ン グ を更新お よ び監
視 し ま す。
フ ァ イル共有エージ ェ ン ト
フ ァ イ ルサービ ス エージ ェ ン ト は共有デ ィ レ ク ト リ と サブデ ィ レ ク ト リ の可用性
を高め ます。
エージ ェ ン ト
説明
■
NFS
共有デ ィ レ ク ト リ を監視 し ます。 NFSRestart エージ ェ ン ト
と 組み合わせて使い ま す。
■
NFSRestart
ク ラ イ ア ン ト と サーバーの突然の再ブー ト ま たは ク ラ ッ シ ュ
後に NFS レ コ ー ド ロ ッ ク を修復 し ます。 こ れに よ り フ ァ イ
ルの破損が回避 さ れ、 NFS レ コ ー ド ロ ッ ク の高可用性が実現
し ます。 NFS エージ ェ ン ト と 共に使い ます。 サービ ス グルー
プの依存関係内の最上位 リ ソ ース と し て設定 し ます。
■
Share
デ ィ レ ク ト リ の共有、 共有解除、 監視を行い ます。
■
Samba
Samba 共有の高可用性を実現す る ために連携 し て動作す る
3 つのエージ ェ ン ト の ス イ ー ト です。 SambaServer、
SambaShare、 お よ び NetBIOS の各エージ ェ ン ト が含 ま れ
ま す。
■
NetBIOS
nmbd デーモ ン の起動、 停止、 監視を行い ます。
VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
VCS 付属エージ ェ ン ト について
サービ ス エージ ェ ン ト と ア プ リ ケーシ ョ ン エージ ェ ン ト
サービ ス エージ ェ ン ト と アプ リ ケーシ ョ ンエージ ェ ン ト は、 Web サ イ ト 、 アプ
リ ケーシ ョ ン、 プ ロ セ ス の可用性を高め ます。
エージ ェ ン ト
説明
■
Apache
Apache Web サーバーの可用性を高め ます。
■
Application
アプ リ ケーシ ョ ン のオ ン ラ イ ン化 と オ フ ラ イ ン化、 お よ びそ
の状態の監視を行い ます。
■
Process
ユーザーが指定 し たプ ロ セ ス の起動、 停止、 監視を行い
ま す。
■
ProcessOnOnly
ユーザーが指定 し たプ ロ セ ス の起動 と 監視を行い ます。
■
Zone
Solaris 10 ゾーンのオ ン ラ イ ン化、 オ フ ラ イ ン化、 監視を行
い ます。
■
LDom
Solaris 論理 ド メ イ ン (LDom) のオ ン ラ イ ン化、 オ フ ラ イ ン
化、 監視を行い ます。
VCS イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ と サポー ト エージ ェ ン ト
VCS イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ エージ ェ ン ト と サポー ト エージ ェ ン ト は、 VCS 関連
操作の高可用性を実現 し ます。
エージ ェ ン ト
説明
■
NotifierMngr
VCS notifier プ ロ セ ス を監視 し ま す。
■
Proxy エージ ェ ン ト
ロ ーカルま たは リ モー ト シ ス テ ム の リ ソ ー ス の状態を
監視 し ま す。
■
Phantom エージ ェ ン ト
リ ソ ー ス タ イ プ None のみのサービ ス グループの状態
を決定 し ま す。
■
RemoteGroup エージ ェ ン ト
リ モー ト フ ェ ールオーバーサービ ス グループの状態を
監視 し ま す。
■
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト I/O フ ェ ン シ ン グ の コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト を監
エージ ェ ン ト
視 し ます。
237
238 VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
RemoteGroup エージ ェ ン ト の設定
テ ス ト エージ ェ ン ト
次のエージ ェ ン ト を使っ て VCS の機能を テ ス ト し ます。
エージ ェ ン ト
説明
■
ElifNone エージ ェ ン ト
フ ァ イ ルを監視 し ます。 フ ァ イ ルがな く な っ てないか
ど う か を監視 し ま す。
■
FileNone エージ ェ ン ト
フ ァ イ ルを監視 し ます。
■
FileOnOff エージ ェ ン ト
フ ァ イ ルの作成、 監視、 削除を行い ます。
■
FileOnOnly エージ ェ ン ト
フ ァ イ ルの作成 と 監視を行い ます。
RemoteGroup エージ ェ ン ト の設定
RemoteGroup エージ ェ ン ト は リ モー ト ク ラ ス タ の フ ェールオーバーサービ ス グ
ループを監視お よ び管理 し ます。 RemoteGroup エージ ェ ン ト を使っ て、 異な る
VCS ク ラ ス タ に設定 さ れたアプ リ ケーシ ョ ン間の依存関係を確立 し ます。
た と えば、 ローカル ク ラ ス タ に Apache リ ソ ース を設定 し 、 リ モー ト ク ラ ス タ に
Oracle リ ソ ース を設定 し ます。 こ の例では、 Apache リ ソ ース は Oracle リ ソ ー
ス に依存 し ます。 RemoteGroup エージ ェ ン ト を使えば、 こ の 2 つの リ ソ ース間
の こ の依存関係を確立で き ます。
こ のエージ ェ ン ト と その属性について詳 し く は、 『Veritas Cluster Server 付属
エージ ェ ン ト リ フ ァ レ ン ス ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
132 ページの 「Java コ ン ソ ールか ら の RemoteGroup リ ソ ース の追加」 を参照
し て く だ さ い。
112 ページの 「Adding a RemoteGroup resource from Cluster Management
Console」 を参照 し て く だ さ い。
VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
RemoteGroup エージ ェ ン ト の設定
ControlMode 属性について
ControlMode 属性では、 ユーザーのニーズに よ っ て OnOff、 MonitorOnly、
OnlineOnly の値を使 う こ と がで き ます。
OnOff
RemoteGroup リ ソ ース を使っ て リ モー ト サービ ス グループ を完全に管理す る 場
合は、 こ の属性の OnOff 値を選択 し ます。
一対一マ ッ ピ ン グの場合、 リ モー ト サービ ス グループの AutoFailOver 属性値を
0 に設定 し ます。 こ れに よ り 、 リ モー ト サービ ス グループの不必要なオン ラ イ ン
化ま たはオ フ ラ イ ン化を防止で き ます。
MonitorOnly
リ モー ト サービ ス グループの状態を監視す る 場合は、 こ の属性の MonitorOnly
値を選択 し ます。 MonitorOnly 属性を選択 し た場合、 RemoteGroup エージ ェ ン
ト は リ モー ト サービ ス グループを制御で き ず、 リ モー ト サービ ス グループを オン
ラ イ ン化ま たはオ フ ラ イ ン化で き な く な り ます。
RemoteGroup リ ソ ース をオン ラ イ ンにす る には、 リ モー ト サービ ス グループが
ます。
ONLINE 状態にな っ てい る 必要があ り
シマ ン テ ッ ク は、 リ モー ト サービ ス グループの AutoFailOver 属性を 1 に設定す
る こ と をお勧め し ます。
OnlineOnly
リ モー ト サービ ス グループのオン ラ イ ン化ま たはオ フ ラ イ ン化に長い時間がか
か る 場合は、 こ の属性の OnlineOnly 値を選択 し ます。 ControlMode 属性に
OnlineOnly を使 う 場合、 ロ ーカルサービ ス グループの VCSSysName が ANY に
設定 さ れ、 その ロ ーカルサービ ス グループの切 り 替え ま たはフ ェ ールオーバー
を行っ て も 、 リ モー ト サービ ス グループはオ フ ラ イ ンお よ びオン ラ イ ンにな り
ません。
RemoteGroup リ ソ ース をオ フ ラ イ ンに し て も リ モー ト サービ ス グループはオフ
ラ イ ンにな り ません。
ロ ーカル ノ ー ド と リ モー ト ノ ー ド 間で一対一マ ッ ピ ン グ を選択す る 場合、 リ モー
ト サービ ス グループの AutoFailOver 属性値は 0 にす る 必要があ り ます。
メ モ : ControlMode の値を OnlineOnly ま たは MonitorOnly に設定す る 場合、
RemoteGroup リ ソ ース の VCSSysName 属性の値は ANY が推奨 さ れます。 ロ ー
カル ノ ー ド と リ モー ト ノ ー ド 間で一対一マ ッ ピ ン グ を選択す る 場合、 ロ ーカル
サービ ス グループの切 り 替え ま たはフ ェ ールオーバーを行 う こ と はで き ません。
こ の 2 つの設定では、 リ モー ト サービ ス グループは RemoteGroup エージ ェ ン ト
に よ っ てオ フ ラ イ ン化 さ れない こ と に注意す る 必要があ り ます。
239
240 VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
RemoteGroup エージ ェ ン ト の設定
例 : RemoteGroup リ ソ ースの設定
こ の例の詳細は次の と お り です。
■
VCS ク ラ ス タ (cluster1) は Web サービ ス に対 し て高可用性を提供 し ます。
Web サーバー (Apache な ど) を監視す る エージ ェ ン ト を持つ VCS サービ
ス グループ (ApacheGroup) を設定 し 、 Web サービ ス を監視 し ます。
■
VCS ク ラ ス タ (cluster2) は Web サービ ス が必要 と す る デー タベース に対
し て高可用性を提供 し ます。
デー タ ベース エージ ェ ン ト (Oracle な ど) を持つ VCS サービ ス グループ
(OracleGroup) を設定 し 、 デー タベース を監視 し ます。
デー タ ベース リ ソ ース を オン ラ イ ンに し てか ら 、 Web サーバーを オン ラ イ ンに
す る 必要があ り ます。 こ の依存関係は RemoteGroup エージ ェ ン ト を使っ て作成
し ます。
例の RemoteGroup エージ ェ ン ト を設定するには
1
RemoteGroup リ ソ ース を ApacheGroup サービ ス グループ (cluster1 内) に
追加 し ます。
2
Web サーバー リ ソ ース が RemoteGroup リ ソ ース に依存する よ う に、 リ ソ ー
ス の リ ン ク を設定 し ます。
3
デー タ ベース リ ソ ース を格納す る サービ ス グループを監視ま たは管理す る よ
う に RemoteGroup リ ソ ース を設定 し ます。
■
IpAddress - cluster2 内の ノ ー ド の IP ア ド レ ス ま たは DNS 名に設定 し
ます。 仮想 IP ア ド レ ス に設定す る こ と も で き ます。
■
GroupName - OracleGroup に設定 し ます。
■
ControlMode - OnOff に設定 し ます。
■
Username - OracleGroup の管理者権限を持つユーザー名に設定 し ます。
■
Password - Username に定義 さ れたユーザーの暗号化 さ れたパス ワ ー
ド 。 vcsencrypt -agent コ マン ド を使っ てパ ス ワ ー ド を暗号化 し ます。
■
VCSSysName - ロ ーカルの ノ ー ド ご と の値に設定 し ます。
■
VCSSysName@local1 - こ の値を remote1 に設定 し ます。
■
VCSSysName@local2 - こ の値を remote2 に設定 し ます。
メ モ : リ モー ト ク ラ ス タ を セキ ュ アモー ド で動作す る 場合、 DomainType 属
性ま たは BrokerIp 属性の値を設定す る 必要があ り ます。
4
OracleGroup の AutoFailOver 属性の値を 0 に設定 し ます。
VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
RemoteGroup エージ ェ ン ト の設定
RemoteGroup エージ ェ ン ト を使 う サービ スグループの動作
こ の ソ リ ュ ーシ ョ ン を さ ら に理解す る ために、 可能性のあ る 次のア ク シ ョ ンにつ
いて考え ます。
Apache サービ スグループのオ ン ラ イ ン化
■
Apache リ ソ ースは RemoteGroup リ ソ ース に依存 し ます。
■
RemoteGroup エージ ェ ン ト は リ モー ト ク ラ ス タ と 通信 し て、 指定 さ れた
ユーザーを認証 し ます。
■
RemoteGroup エージ ェ ン ト は、 cluster2 のデー タ ベース サービ ス グループ
を オン ラ イ ンに し ます。
■
RemoteGroup リ ソ ース がオン ラ イ ンにな っ た後、 Apache リ ソ ース がオン ラ
イ ンにな り ます。
こ れで、 2 つの異な る VCS ク ラ ス タ 間にアプ リ ケーシ ョ ン レベルの依存関係が
確立 さ れま し た。 RemoteGroup がオン ラ イ ンにな ら ない限 り 、 Apache リ ソ ー
スはオン ラ イ ンにな り ません。 デー タ ベース サービ ス グループがオン ラ イ ンにな
ら ない限 り 、 RemoteGroup リ ソ ースはオン ラ イ ンにな り ません。
デー タ ベースサービ スグループの予期 し ないオ フ ラ イ ン
■
RemoteGroup リ ソ ースは、 デー タ ベース グループがオ フ ラ イ ン (OFFLINE)
にな っ たか、 デー タ ベース グループに障害が発生 (FAULTED) し た こ と を検
出 し ます。
■
RemoteGroup リ ソ ースは FAULTED 状態にな り ます。
■
ノ ー ド で Apache サービ ス グループのすべての リ ソ ース がオフ ラ イ ンにな り
ます。
■
Apache グループは別の ノ ー ド に フ ェ ールオーバー し ます。
■
フ ェ ールオーバー中に、 Oracle サービ ス グループは cluster2 内の別の ノ ー
ド でオン ラ イ ンにな り ます。
Apache サービ スグループのオ フ ラ イ ン化
■
RemoteGroup リ ソ ース に依存す る すべての リ ソ ース がオ フ ラ イ ンにな り
ます。
■
RemoteGroup エージ ェ ン ト は Oracle サービ ス グループのオ フ ラ イ ン化を試
みます。
■
Oracle サービ ス グループがオフ ラ イ ンにな る と 、 RemoteGroup がオフ ラ イ
ンにな り ます。
241
242 VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
NFS サービ スグループの設定
こ の よ う に、 Web サーバーがオ フ ラ イ ンにな っ てか ら デー タ ベース がオ フ ラ イ
ンにな り ます。
NFS サービ スグループの設定
NFS サービ ス グループを設定す る と き は、 以下の指示を参考に し て く だ さ い。
NFS 設定、 NFSRestart 設定、 Share 設定の例は、 ク ラ ス タ内の各 ノ ー ド の
/etc/VRTSvcs/conf/sample_nfs/ デ ィ レ ク ト リ に収め ら れてい ます。
NFS リ ソ ースのサービ スグループの作成
独立 し たパ ラ レ ルサービ ス グループ nfs_grp を設定 し ます。 サービ ス グループの
AutoStart 属性 と Parallel 属性の値を 1 に設定 し ます。 AutoStartList の値には、
サービ ス グループ内のすべての ク ラ ス タ ノ ー ド を リ ス ト と し て含め る 必要があ り
ます。
こ のサービ ス グループの内部で NFS リ ソ ース (nfs) を設定 し ます。 NIC リ ソ ー
ス を こ のサービ ス グループに配置 し て NIC を監視す る こ と も で き ます。 サービ
ス グループの正 し い状態を表示す る ために、 Phantom リ ソ ース を こ のサービ ス
グループに作成 し なければな ら ない場合があ り ます。
図 7-1
NFS リ ソ ースのサービ スグループ
QIVBJUS
1)6
VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
NFS サービ スグループの設定
NFS エ ク スポー ト のサービ スグループの作成
共有エ ク ス ポー ト のために設定す る 仮想 IP に基づいて、 新 し いサービ ス グルー
プを作成 し ます。 4 つの仮想 IP ア ド レ ス を使っ て共有を エ ク ス ポー ト する 場合、
4 つのサービ ス グループを設定す る 必要があ り ます。
こ れ ら のサービ ス グループには、 エ ク ス ポー ト 用の Share リ ソ ース と IP リ ソ ー
ス が含まれます。 Share リ ソ ース の PathName 属性の値が共有ス ト レージ上に存
在 し 、 その値を ク ラ ス タ 内の全 ノ ー ド か ら 参照で き る 必要があ り ます。 各サービ
ス グループの ス ト レージ を、 他のすべてのサービ ス グループか ら 分離 し ます。 複
数のサービ ス グループが同 じ ス ト レージ を共有す る 場合、 ス ト レージ リ ソ ース を
個別のサービ ス グループ内に保持す る 必要があ り ます。 サービ ス グループが ス ト
レージサービ ス グループに依存す る こ と を確認 し ます。
■
シ ス テ ム上で設定 さ れた NFS リ ソ ース (nfs) を指す Proxy リ ソ ース
(nfspxy) を作成 し ます。
NFS エ ク ス ポー ト のサービ ス グループ と NFS リ ソ ース のサービ ス グループ
の間に、 グループ レベルの依存関係を設定す る こ と も で き ます。 online
local firm の依存関係を使 う 必要があ り ます。 こ の依存関係を作成す る と
き 、 NFS リ ソ ース を指す Proxy リ ソ ース を設定す る 必要はあ り ません。
■
NFS エ ク ス ポー ト 用のバ ッ キ ン グ ス ト ア を VxVM で設定す る 場合、 エ ク ス
ポー ト す る マ ウ ン ト ポ イ ン ト に対す る DiskGroup リ ソ ース と Mount リ ソ ー
ス を作成 し ます。 詳 し く は、 ス ト レージエージ ェ ン ト についての章を参照 し
て く だ さ い。
■
NFS エ ク ス ポー ト 用のバ ッ キ ン グ ス ト ア を LVM を使っ て設定す る 場合、 エ
ク ス ポー ト す る マ ウ ン ト ポ イ ン ト に対す る LVMVolumeGroup リ ソ ース と
Mount リ ソ ース を作成 し ます。 詳 し く は 『Veritas Cluster Server 付属エー
ジ ェ ン ト リ フ ァ レ ン ス ガ イ ド 』 の 「ス ト レージエージ ェ ン ト 」 を参照 し て く
だ さ い。
■
Share リ ソ ース を作成 し ます。 エ ク ス ポー ト す る マ ウ ン ト ポ イ ン ト の
PathName と 、 NFS リ ソ ース (nfs) への NFSRes を設定 し ます。 複数の共
有があ る 場合は、 PathName 属性の値が異な る 複数の Share リ ソ ース を作成
し ます。
サービ ス グループで設定す る すべての Share リ ソ ース に、 以下に対す る 依
存関係を設定 し て く だ さ い。
■
■
サービ ス グループの内部にあ る 、 対応す る Mount リ ソ ース
■
サービ ス グループで設定 さ れた Proxy (nfspxy) リ ソ ース
IP リ ソ ース を作成 し ます。 こ の IP リ ソ ース の Address 属性の値は、 ク ラ イ
ア ン ト シ ス テ ム上の NFS エ ク ス ポー ト を マ ウ ン ト す る ために使われます。
こ の IP リ ソ ース に、 サービ ス グループで設定 さ れた Share リ ソ ース に対す
る 依存関係を設定 し ます。
243
244 VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
NFS サービ スグループの設定
■
NFSRestart リ ソ ース を作成 し ます。 NFSRes 属性を、 シ ス テ ム上で設定 さ
れた NFS リ ソ ース (nfs) に設定 し ます。 NFSRestart リ ソ ース に、 IP リ
ソ ース ま たは DNS リ ソ ース (NFS ロ ッ ク リ カバ リ を使 う 場合) に対す る 依
存関係を設定 し ます。
■
NFS ロ ッ ク リ カバ リ を使 う 場合、 DNS リ ソ ース を作成 し ます。 DNS リ ソ ー
スは IP リ ソ ース に依存 し ます。
DNS リ ソ ース の設定方法については、 設定例を参照 し て く だ さ い。
246 ページの 「NFS の設定例」 を参照 し て く だ さ い。
図 7-2
単一の共有を持つ NFS サービ スグループの依存関係グ ラ フ
1)65HVWDUW
,3
6KDUH
0RXQW
1)63UR[\
'LVN*URXS
図 7-3
複数の共有を持つ NFS サービ スグループの依存関係グ ラ フ
1)65HVWDUW
,3
6KDUH
6KDUH
6KDUH
6KDUH
0RXQW
0RXQW
0RXQW
0RXQW
'LVN*URXS
1)63UR[\
VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
NFS サービ スグループの設定
図 7-4
複数の NFS サービ スグループの依存関係グ ラ フ
1)65HVWDUW
1)65HVWDUW
,3
,3
6KDUH
6KDUH
0RXQW
1)6
3UR[\
0RXQW
'LVN*URXS
'LVN*URXS
ኒዙኰኖ
ኍወዙኴ
ኒዙኰኖ
ኍወዙኴ
1)6
3UR[\
NFSRestart リ ソ ースの ト リ ガの使用
NFSRestart リ ソ ース が存在す る VCS 設定では、 以下の手順を実行す る 必要があ
り ます。 こ れ ら の手順を実行 し ない と 、 NFS/NFSRestart リ ソ ース が正 し く 機能
し ない可能性があ り ます。
nfs_preonline ト リ ガ と nfs_postoffline ト リ ガの使用
こ の変更は、 NFSRestart リ ソ ース が VCS 設定に存在 し ない と き に NFSRestart
関連の ト リ ガが呼び出 さ れ る こ と を防ぐ 目的で実装 さ れてい ます。
nfs_preonline フ ァ イル と nfs_postoffline フ ァ イルを コ ピーするには
◆
nfs_preonline フ ァ イ ル と nfs_postoffline フ ァ イ ルを
/opt/VRTSvcs/bin/triggers デ ィ レ ク ト リ に コ ピー し ます。
# cp /opt/VRTSvcs/bin/sample_triggers/nfs_preonline \
/opt/VRTSvcs/bin/triggers
# cp /opt/VRTSvcs/bin/sample_triggers/nfs_postoffline \
/opt/VRTSvcs/bin/triggers
NFS エ ク スポー ト のサービ スグループに対する PreOnline の
有効化
Share リ ソ ース と NFSRestart リ ソ ース を含むサービ ス グループに対 し て、 サー
ビ ス の PreOnline ト リ ガ を有効にする 必要があ り ます。
こ れ ら の ト リ ガの有効化について詳 し く は、 設定例を参照 し て く だ さ い。
245
246 VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
NFS サービ スグループの設定
NFS の設定例
以下の設定例では、 NFS、 NFSRestart、 Share の各 リ ソ ース の さ ま ざ ま な設定
方法について説明 し ます。 こ れ ら の設定で、 platform_specific_nic0 は各種
プ ラ ッ ト フ ォームでの Device 属性名の値 (eth0、 lan0、 en0、 le0 な ど) を表
し ます。
メ モ : NFS、 NFSRestart、 Share の各設定の例は、 ク ラ ス タ の各 ノ ー ド の
/etc/VRTSvcs/conf/sample_nfs/ に収め ら れてい ます。
NFS ロ ッ クのフ ェ ールオーバーを使わないサービ スグループ
に対する設定例
include "types.cf"
cluster vcsclus (
UserNames = { admin = IJKcJEjGKfKKiSKeJH, a = gJJd }
Administrators = { admin, a }
)
system sysA (
)
system sysB (
)
group nfs_grp (
SystemList = { sysA = 0, sysB = 1 }
Parallel = 1
AutoStart = 1
AutoStartList = { sysA, sysB }
)
NFS test_nfs (
Nproc = 16
)
group nfstest (
SystemList = { sysA = 0, sysB = 1 }
PreOnline @sysA = 1
PreOnline @sysB = 1
)
DiskGroup test_dg (
DiskGroup = nfsdg
)
IP test_ip (
VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
NFS サービ スグループの設定
Device = platform_specific_nic0
Address = "10.212.88.37"
NetMask = "255.255.254.0"
)
Mount test_mnt (
MountPoint = "/home/export"
BlockDevice = "/dev/vx/dsk/nfsdg/vol0"
FSType = vxfs
MountOpt = rw
FsckOpt = "-n"
)
NFSRestart test_nfsres (
NFSRes = test_nfs
)
Share test_share (
PathName = "/home/export"
Options = "rw,nohide,fsid=0"
NFSRes = test_nfs
)
Volume test_vol (
DiskGroup = nfsdg
Volume = vol0
)
requires group nfs_grp online local firm
test_ip requires test_share
test_mnt requires test_vol
test_nfsres requires test_ip
test_share requires test_mnt
test_vol requires test_dg
// resource dependency tree
//
//
group nfstest
//
{
//
NFSRestart test_nfsres
//
{
//
IP test_ip
//
{
//
Share test_share
//
{
//
Mount test_mnt
//
{
//
Volume test_vol
//
{
//
DiskGroup test_dg
//
}
//
}
247
248 VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
NFS サービ スグループの設定
//
//
//
//
}
}
}
}
NFS ロ ッ クの フ ェ ールオーバーを使 う サービ スグループに
対する設定例
include "types.cf"
cluster vcsclus (
UserNames = { admin = IJKcJEjGKfKKiSKeJH, a = gJJd }
Administrators = { admin, a }
)
system sysA (
)
system sysB (
)
group nfs_grp (
SystemList = { sysA = 0, sysB = 1 }
Parallel = 1
AutoStart = 1
AutoStartList = { sysA, sysB }
)
NFS test_nfs (
Nproc = 16
)
group nfstest (
SystemList = { sysA = 0, sysB = 1 }
PreOnline @sysA = 1
PreOnline @sysB = 1
)
DNS dns1 (
Domain = "oradb.sym"
TSIGKeyFile = "/Koradb.sym.+157+13021.private"
StealthMasters = { "10.209.172.202" }
ResRecord @sysA = { sysA = "10.212.88.37" }
ResRecord @sysB = { sysB = "10.212.88.37" }
CreatePTR = 1
OffDelRR = 1
)
DiskGroup test_dg (
VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
NFS サービ スグループの設定
DiskGroup = nfsdg
)
IP test_ip (
Device = platform_specific_nic0
Address = "10.212.88.37"
NetMask = "255.255.254.0"
)
Mount test_mnt (
MountPoint = "/home/export"
BlockDevice = "/dev/vx/dsk/nfsdg/vol0"
FSType = vxfs
MountOpt = rw
FsckOpt = "-n"
)
Mount lock_mnt (
MountPoint = "/home/lock"
BlockDevice = "/dev/vx/dsk/nfsdg/vol1"
FSType = vxfs
MountOpt = rw
FsckOpt = "-n"
)
NFSRestart test_nfsres (
NFSRes = test_nfs
NFSLockFailover = 1
LocksPathName = "/home/lock"
)
Share test_share (
PathName = "/home/export"
Options = "rw,nohide,fsid=0"
NFSRes = test_nfs
)
Volume test_vol (
DiskGroup = nfsdg
Volume = vol0
)
Volume lock_vol (
DiskGroup = nfsdg
Volume = vol1
)
requires group nfs_grp online local firm
dns1 requires test_ip
test_ip requires test_share
test_mnt requires test_vol
lock_mnt requires lock_vol
249
250 VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
NFS サービ スグループの設定
test_nfsres requires dns1
test_nfsres requires lock_mnt
test_share requires test_mnt
test_vol requires test_dg
lock_vol requires test_dg
// resource dependency tree
//
//
group nfstest
//
{
//
NFSRestart test_nfsres
//
{
//
DNS dns1
//
{
//
IP test_ip
//
{
//
Share test_share
//
{
//
Mount test_mnt
//
{
//
Volume test_vol
//
{
//
DiskGroup test_dg
//
}
//
}
//
}
//
}
//
}
//
Mount lock_mnt
//
{
//
Volume lock_vol
//
{
//
DiskGroup test_dg
//
}
//
}
//
}
//
}
VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト エージ ェ ン ト の設定
コ ーデ ィ ネーシ ョ ンポ イ ン ト エージ ェ ン ト の設定
I/O フ ェ ン シ ン グの コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト を監視す る には、 I/O フ ェ ン シ
ン グが設定済みの VCS ク ラ ス タ で コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト エージ ェ ン ト を
設定 し ます。
サーバーベース の フ ェ ン シ ン グの場合、 イ ン ス ト ー ラ の -fencing オプシ ョ ン を
使っ てエージ ェ ン ト を設定で き ます。 ま た、 手動でエージ ェ ン ト を設定す る こ と
も で き ます。 デ ィ ス ク ベース の フ ェ ン シ ン グの場合、 手動でエージ ェ ン ト を設定
す る 必要があ り ます。
エージ ェ ン ト について詳 し く は、 『Veritas Cluster Server 付属エージ ェ ン ト リ
フ ァ レ ン ス ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
エージ ェ ン ト の設定手順については、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ールガ イ
ド 』 を参照 し て く だ さ い。
HA フ ァ イ ア ド リ ルを使 う リ ソ ース フ ェ ール
オーバーのテ ス ト
デー タ ベース ま たはアプ リ ケーシ ョ ンの高可用性を設定す る には、 複数のシ ス テ
ムでい く つかの イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ と 構成を設定す る 必要があ り ます。 ただ
し 、 ク ラ ス タ 環境は初期セ ッ ト ア ッ プ後に変更 さ れ る こ と があ り ます。 管理者は
イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ を ア ッ プグ レー ド お よ び維持す る ために、 デ ィ ス ク を追加
し た り 、 新 し いデ ィ ス ク グループ と ボ リ ュ ーム を作成 し た り 、 新 し い ク ラ ス タ
ノ ー ド ま たは新 し い NIC を追加 し た り し ます。 変化す る イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ
に合わせて ク ラ ス タ 設定を最新の状態に保つ こ と は非常に重要です。
HA フ ァ イ ア ド リ ルは、 VCS 設定 と 、 ノ ー ド の基本 イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ 間の不
一致を検出 し ます。 不一致があ る と 、 サービ ス グループを特定の ノ ー ド でオン ラ
イ ン化で き な く な る 場合があ り ます。
エージ ェ ン ト が HA フ ァ イ ア ド リ ルをサポー ト す る 方法について詳 し く は、
『Veritas Cluster Server 付属エージ ェ ン ト リ フ ァ レ ン ス ガ イ ド 』 を参照 し て く だ
さ い。
251
252 VCS でのア プ リ ケーシ ョ ン と リ ソ ースの設定
HA フ ァ イ ア ド リ ルを使 う リ ソ ース フ ェ ールオーバーのテ ス ト
HA フ ァ イ ア ド リ ルについて
HA フ ァ イ ア ド リ ル (以前は仮想フ ァ イ ア ド リ ル と 呼ばれていた) 機能では、
エージ ェ ン ト に関連付け ら れた Action 機能が使われます。 サポー ト さ れ る エー
ジ ェ ン ト の Action 機能は、 イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ のチ ェ ッ ク を実行 し て特定の
エ ラ ーを解決す る HA フ ァ イ ア ド リ ル機能をサポー ト す る よ う に更新 さ れてい ま
す。
イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ のチ ェ ッ ク では、 別の ノ ー ド に フ ェ ールオーバーす る ため
に必要な イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ が、 VCS 設定フ ァ イ ル (main.cf) に定義 さ れた
リ ソ ース に含まれてい る か ど う かが確認 さ れます。 た と えば、 Mount リ ソ ース
の イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ チ ェ ッ ク では、 リ ソ ース の MountPoint 属性に定義 さ れ
たマ ウ ン ト デ ィ レ ク ト リ が存在す る か ど う かが確認 さ れます。
イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ チ ェ ッ ク は、 サービ ス グループがオン ラ イ ンの場合にのみ
実行で き ます。 チ ェ ッ ク では、 指定 さ れた ノ ー ド が、 サービ ス グループを ホ ス ト
で き る 有効な フ ェ ールオーバー タ ーゲ ッ ト であ る か ど う かが確認 さ れます。
HA フ ァ イ ア ド リ ルでは、 イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ チ ェ ッ ク 中に検出 さ れた特定の
エ ラ ーを解決す る こ と も で き ます。
HA フ ァ イ ア ド リ ルの実行
HA フ ァ イ ア ド リ ルは、 コ マ ン ド ラ イ ン ま たは Cluster Manager (Java コ ン ソ ー
ル) か ら 実行で き ます。
148 ページの 「Java コ ン ソ ールか ら の HA フ ァ イ ア ド リ ルの実行」 を参照 し て
く だ さ い。
231 ページの 「HA フ ァ イ ア ド リ ルの実行」 を参照 し て く だ さ い。
8
VCS Simulator を使っ た
VCS の動作の予測
■
VCS Simulator について
■
Java コ ン ソ ールでの VCS Simulator の管理
■
コ マ ン ド ラ イ ンでの VCS Simulator の管理
254 VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
VCS Simulator について
VCS Simulator について
VCS Simulator を使 う と 、 ク ラ ス タ の設定を シ ミ ュ レー ト お よ びテ ス ト で き ま
す。 VCS Simulator を使っ て、 サービ ス グループ と リ ソ ース の設定を表示お よ び
変更 し 、 フ ェ ールオーバーの動作を テ ス ト し ます。 VCS Simulator は、 ス タ ン ド
ア ロ ン シ ス テ ム上で実行で き ます。 追加のハー ド ウ ェ アは必要あ り ません。
VCS Simulator は ク ラ ス タ で実行 さ れ る VCS 高可用性デーモン (HAD) と 同 じ
バージ ョ ン を実行す る ため、 フ ェ ールオーバー先の決定が実際の ク ラ ス タ での決
定 と 同 じ にな り ます。
VCS Simulator を使 う と 、 様々なオペレーテ ィ ン グ シ ス テ ムか ら 設定を テ ス ト で
き ます。 た と えば、 Windows シ ス テ ム で VCS Simulator を実行 し て、
Windows、 Linux お よ び Solaris の各 ク ラ ス タ の VCS 設定を テ ス ト で き ます。 グ
ロ ーバル ク ラ ス タ を作成お よ びテ ス ト す る こ と も で き ます。
VCS Simulator は、 Java コ ン ソ ールや コ マン ド ラ イ ンか ら 管理す る こ と がで き
ます。
VCS Simulator を ダ ウ ン ロ ー ド す る には、
http://www.symantec.com/business/cluster-server にア ク セ ス し 、 [Utilities]
を ク リ ッ ク し ます。
Simulator ポー ト
VCS Simulator は、 次のポー ト を使い ます。
■
様々な ク ラ ス タ 設定に接続す る ためには、 ポー ト 15550 か ら 15559 と 、
ポー ト 15580 か ら 15585。
■
広域 コ ネ ク タ (WAC) には、 ポー ト 15560 か ら 15571。
WAC シ ミ ュ レーシ ョ ン を無効にす る には、 WAC ポー ト を -1 に設定 し ます。
VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
Java コ ン ソ ールでの VCS Simulator の管理
Java コ ン ソ ールでの VCS Simulator の管理
Simulator コ ン ソ ールで、 シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ の起動、 停止、 管理が可能
です。
コ ン ソ ールには 2 つの表示方法があ り ます。
■
ク ラ ス タ ビ ュ ー - すべてのシ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ の一覧表示
■
グ ロ ーバルビ ュ ー - グ ロ ーバル ク ラ ス タ の一覧表示
Java コ ン ソ ールで VCS Simulator を使 う と 、 シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ パネルを設
定す る 、 UNKNOWN 状態のシ ス テ ム を ONLINE 状態にする 、 運用中のシ ス テ ム
の停電状態を シ ミ ュ レー ト す る 、 リ ソ ース障害を シ ミ ュ レー ト す る 、 VCS がオ
フ ラ イ ンの状態で設定を保存す る 、 な ど の操作を行 う こ と がで き ます。 グ ロ ーバ
ル ク ラ ス タ については、 ク ラ ス タ 障害の生成お よ び ク リ アのプ ロ セ ス を シ ミ ュ
レー ト で き ます。
ク ラ ス タ ご と に異な る ポー ト 番号を使 う こ と に よ り 、 1 つのシ ス テ ムで複数のシ
ミ ュ レー ト ク ラ ス タ を実行で き ます。
Java コ ン ソ ールでは、 オン ラ イ ン設定の場合 と 同 じ 表示 と 機能が利用で き ます。
65 ページの 「Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理」 を
参照 し て く だ さ い。
255
256 VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
Java コ ン ソ ールでの VCS Simulator の管理
Java コ ン ソ ールでの VCS Simulator の起動
Java コ ン ソ ール (UNIX) で VCS Simulator を起動するには
1
次の コ マ ン ド を実行 し 、 デス ク ト ッ プの X サーバーへ、 すべてのホ ス ト か
ら のア ク セ ス を許可 し ます。
xhost +
2
Cluster Manager を起動する シ ス テ ム上で環境変数 DISPLAY を設定 し ます。
た と えば、 Korn シ ェ ルを使 う 場合は、 次の コ マ ン ド を実行 し て、 X サー
バーが実際に描画す る サーバー と し て、 myws を設定 し ます。
export DISPLAY=myws:0
3
次の コ マ ン ド を実行 し ます。
/opt/VRTSvcs/bin/hasimgui
シ ミ ュ レ ー ト ク ラ ス タ の作成
サンプルの ク ラ ス タ 設定を開始す る か、 あ る いは新 し いシ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ を
作成す る こ と も で き ます。
シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ を作成するには
1
Simulator コ ン ソ ールで [ ク ラ ス タ の追加 (Add Cluster)] を ク リ ッ ク し
ます。
2
[ ク ラ ス タ の追加 (Add Cluster)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 次の手順に従い
ます。
■
新 し い ク ラ ス タ の名前を入力 し ます。
■
ク ラ ス タ のシ ス テ ム用に、 表示 さ れた名前を確定す る か、 あ る いは別の
名前を入力で き ます。
■
シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ 用に重複のない ク ラ ス タ ポー ト 番号を入力 し
ます。
■
ク ラ ス タ ノ ー ド のプ ラ ッ ト フ ォーム を選択 し ます。
VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
Java コ ン ソ ールでの VCS Simulator の管理
■
その ク ラ ス タ がグ ロ ーバル ク ラ ス タ の一部であ る 場合、 [グ ローバル ク
ラ ス タ オプシ ョ ンの有効化 (Enable Global Cluster Option)] チ ェ ッ ク
ボ ッ ク ス を選択 し 、 Wide Area Connector (WAC) プ ロ セ ス用に重複の
ないポー ト 番号を入力 し ます。
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
VCS は、 シ ミ ュ レー ト す る 単一 ノ ー ド ク ラ ス タ を作成 し 、 ク ラ ス タ の設定
フ ァ イ ル用に新 し いデ ィ レ ク ト リ を作成 し ます。 ま た、 VCS は、 ク ラ ス タ
管理者権限で admin と い う ユーザーを作成 し ます。 Java コ ン ソ ールを起動
し 、 シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ の開始や管理がで き ます。
■
ク ラ ス タ の削除
シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ を削除す る と 、 ク ラ ス タ に関連付け ら れたすべての フ ァ イ
ル と デ ィ レ ク ト リ が削除 さ れます。 ク ラ ス タ を削除す る 前に、 その ク ラ ス タ がグ
ロ ーバル ク ラ ス タ と し て設定 さ れていない こ と を確認 し て く だ さ い。 グ ロ ーバル
ク ラ ス タ は、 [グ ロ ーバルビ ュ ー (Global View)] か ら 削除で き ます。
シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ を削除するには
1
Simulator Explorer で ク ラ ス タ を選択 し 、 [ ク ラ ス タ の削除 (Delete
Cluster)] を ク リ ッ ク し ます。
2
確認のダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で [はい (Yes)] を ク リ ッ ク し ます。
シ ミ ュ レ ー ト ク ラ ス タ の起動
管理を開始す る ク ラ ス タ を起動 し ます。
シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ を起動するには
1
Simulator コ ン ソ ールで、 ク ラ ス タ を選択 し ます。
2
[ ク ラ ス タ の起動 (Start Cluster)] を ク リ ッ ク し ます。
3
ク ラ ス タ が起動 し た ら 、 [コ ン ソ ールの起動 (Launch Console)] を ク リ ッ
ク し 、 ク ラ ス タ を管理 し ます。
4
ク ラ ス タ に ロ グ イ ンす る には、 有効な ユーザー名お よびパ ス ワ ー ド を入力
し ます。
VCS Simulator ではパ ス ワー ド が検証 さ れません。 有効な VCS ユーザー名
を入力す る と シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ に ロ グ イ ンで き ます。 デフ ォ ル ト 設定を
使 う 場合は、 ユーザー名に admin と 入力 し 、 パ ス ワ ー ド に空白以外の任意
の値を入力 し ます。
初回 ロ グ イ ン時に Cluster Explorer が起動 さ れ、 ク ラ ス タ パネルのア イ コ ン
の色が変化 し てパネルがア ク テ ィ ブであ る こ と を示 し ます。
257
258 VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
Java コ ン ソ ールでの VCS Simulator の管理
シ ミ ュ レ ー ト ク ラ ス タ 設定の確認
設定が有効か ど う かを確認 し ます。
シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ 設定を確認するには
1
Simulator コ ン ソ ールで、 ク ラ ス タ を選択 し ます。
2
[設定の確認 (Verify Configuration)] を ク リ ッ ク し ます。
既存の ク ラ ス タ 設定のシ ミ ュ レー ト
ク ラ ス タ の設定を テ ス ト す る には、 既存の ク ラ ス タ 設定を シ ミ ュ レー ト し ます。
既存のク ラ ス タ 設定を シ ミ ュ レー ト するには
1
Simulator コ ン ソ ールで [ ク ラ ス タ の追加 (Add Cluster)] を ク リ ッ ク し
ます。
2
[ ク ラ ス タ の追加 (Add Cluster)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で、 次の手順に従い
ます。
■
新 し い ク ラ ス タ の名前を入力 し ます。
■
シ ス テ ム名を指定 し ます。 シ ミ ュ レー ト す る シ ス テ ム と し て、 main.cf
に定義 さ れた シ ス テ ムの う ち 1 つの名前を指定 し てい る こ と を確認 し て
く だ さ い。
■
シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ 用に重複のない ク ラ ス タ ポー ト 番号を入力 し
ます。
■
ク ラ ス タ ノ ー ド のプ ラ ッ ト フ ォーム を選択 し ます。
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
VCS は、 シ ミ ュ レー ト す る 単一 ノ ー ド ク ラ ス タ を作成 し 、 ク ラ ス タ の設定
フ ァ イ ル用に新 し いデ ィ レ ク ト リ を作成 し ます。
■
3
<SIMULATOR_DIR>¥<CLUSTERNAME>¥conf¥config デ ィ レ ク ト リ を開 き
ます。
4
シ ミ ュ レー ト す る ク ラ ス タ の main.cf、 types.cf、 その他すべての必要な種
類の フ ァ イ ルを こ のデ ィ レ ク ト リ に コ ピー し ます。
5
Simulator コ ン ソ ールで [設定の確認 (Verify Configuration)] を ク リ ッ ク
し ます。
6
[ ク ラ ス タ の起動 (Start Cluster)] を ク リ ッ ク し ます。
VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
Java コ ン ソ ールでの VCS Simulator の管理
グ ローバル ク ラ ス タ 設定のシ ミ ュ レー ト
グ ロ ーバル ク ラ ス タ 設定を テ ス ト す る ためにグ ロ ーバル ク ラ ス タ 環境を シ ミ ュ
レー ト し ます。
462 ページの 「VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ の動作」 を参照 し て く だ さ い。
グローバルク ラ ス タ 設定を シ ミ ュ レー ト するには
1
グ ロ ーバル設定用のシ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ を作成 し ます。
256 ページの 「シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ の作成」 を参照 し て く だ さ い。
[グ ロ ーバル ク ラ ス タ オプシ ョ ンの有効化 (Enable Global Cluster Option)]
チ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を選択 し 、 Wide Area Connector (WAC) プ ロ セ ス用に重
複のないポー ト 番号を入力 し ます。
2
Simulator コ ン ソ ールで [グ ロ ーバルに設定 (Make Global)] を ク リ ッ ク し
ます。
3
[グ ロ ーバル設定の作成 (Make Global Configuration)] ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス
で、 次の手順に従い ます。
■
既存のグ ロ ーバル ク ラ ス タ を選択す る か、 新 し いグ ロ ーバル ク ラ ス タ の
名前を入力 し ます。
■
[使用可能な ク ラ ス タ (Available Clusters)] 一覧か ら 、 グ ロ ーバル ク
ラ ス タ に追加す る ク ラ ス タ を選択 し 、 右矢印を ク リ ッ ク し ます。 ク ラ ス
タ が [設定 さ れた ク ラ ス タ (Configured Clusters)] 一覧に移動 し ます。
■
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
259
260 VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
Java コ ン ソ ールでの VCS Simulator の管理
シ ス テムのオ ン ラ イ ン化
シ ス テ ム を オン ラ イ ン化 し て、 実行中のシ ス テ ム を シ ミ ュ レー ト し ます。
シ ス テムを オ ン ラ イ ン化する には
1
Cluster Explorer で、 設定ツ リ ーの [シ ス テ ム (Systems)] タ ブを ク リ ッ ク
し ます。
2
UNKNOWN 状態にあ る シ ス テ ム を右 ク リ ッ ク し 、 [Up] を ク リ ッ ク し ます。
シ ス テムの電源停止
1
Cluster Explorer で、 設定ツ リ ーの [シ ス テ ム (Systems)] タ ブを ク リ ッ ク
し ます。
2
オン ラ イ ンのシ ス テ ム を右 ク リ ッ ク し 、 [電源オフ (Power Off)] を ク リ ッ
ク し ます。
オ フ ラ イ ン設定の保存
1
Cluster Explorer の フ ァ イ ル (File) メ ニ ュ ーで、 [設定を保存す る (Save
Configuration As)] を ク リ ッ ク し ます。
2
パ ス を入力 し ます。
3
[OK] を ク リ ッ ク し ます。
リ ソ ース障害のシ ミ ュ レー ト
リ ソ ース の障害を生成す る には、 VCS Simulator を使い ます。
リ ソ ースの障害を生成するには
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 [サービ ス グループ (Service Groups)]
タ ブを ク リ ッ ク し ます。
2
オン ラ イ ンの リ ソ ース を右 ク リ ッ ク し 、 [ リ ソ ース障害の発生 (Fault
Resource)] を ク リ ッ ク し 、 シ ス テ ム名を ク リ ッ ク し ます。
VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
Java コ ン ソ ールでの VCS Simulator の管理
グ ローバル ク ラ ス タ での ク ラ ス タ 障害のシ ミ ュ レー ト
VCS Simulator を使っ て、 ク ラ ス タ 障害の生成お よ び ク リ アのプ ロ セ ス を シ ミ ュ
レー ト し ます。
162 ページの 「ア ラ ー ト の監視」 を参照 し て く だ さ い。
ク ラ ス タ の障害を生成するには
1
Cluster Explorer の設定ツ リ ーで、 ク ラ ス タ を ク リ ッ ク し ます。
2
ク ラ ス タ を右 ク リ ッ ク し 、 [ ク ラ ス タ 障害の発生 (Fault Cluster)] を ク リ ッ
ク し 、 ク ラ ス タ 名を ク リ ッ ク し ます。
障害を発生 さ せ よ う と す る ク ラ ス タ を対象 と す る Cluster Explorer ウ ィ ン ド
ウ が開いてい る 場合は、 その ク ラ ス タ に関す る シ ミ ュ レー ト を実行 し てい る
高可用性デーモン (HAD) に対 し て Cluster Monitor が接続を試みる 短時間
にわた っ て、 それ ら の ウ ィ ン ド ウ は無効にな り ます。 その後、 ア ラ ー ト メ ッ
セージが表示 さ れ、 Cluster Explorer ウ ィ ン ド ウ は自動的に閉 じ ます。
メ モ : 障害が発生 し ていた ク ラ ス タ が起動 し た後、 その ク ラ ス タ の障害は自動的
に ク リ ア さ れます。 GCO 設定を使用 し てい る 場合、 リ モー ト ク ラ ス タ の状態 も
自動的に更新 さ れます。 し たがっ て、 ク ラ ス タ の障害を手動で ク リ アす る 必要は
あ り ません。
フ ァ イ ア ド リ ル障害のシ ミ ュ レー ト
フ ァ イ ア ド リ ルの障害を例証す る には、 VCS Simulator を使い ます。 次のシ ミ ュ
レー ト さ れた ク ラ ス タ には、 フ ァ イ ア ド リ ルサービ ス グループがあ り ます。
■
SOL_ORA_SRDF_C2 (フ ァ イ ア ド リ ルグループは OracleGrp_fd)
■
WIN_SQL_VVR_C2 (フ ァ イ ア ド リ ルグループは SQLPROD_fd)
■
Win_Exch_2k3_Secondary (フ ァ イ ア ド リ ルグループは sample_fd)
492 ページの 「フ ァ イ ア ド リ ルの設定」 を参照 し て く だ さ い。
障害が発生 し た フ ァ イ ア ド リ ルを シ ミ ュ レー ト するには
1
Cluster Explorer を起動 し 、 フ ァ イ ア ド リ ルを シ ミ ュ レー ト し よ う と す る ク
ラ ス タ を ク リ ッ ク し ます。
2
ツ リ ービ ュ ーか ら フ ァ イ ア ド リ ルサービ ス グループを選択 し 、 右のペ イ ンで
[プ ロ パテ ィ (Properties)] タ ブを ク リ ッ ク し ます。
3
[すべての属性を表示 (Show all attributes)] を ク リ ッ ク し ます。 下方向
へス ク ロ ール し て Tag 属性を選択 し 、 ダブル ク リ ッ ク し て属性値を編集
し ます。
261
262 VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
Java コ ン ソ ールでの VCS Simulator の管理
4
プ ロ ンプ ト が表示 さ れた場合は、 設定を読み書 き 両用モー ド に変更 し ます。
5
[属性の編集 (Edit Attribute)] ウ ィ ン ド ウ で、 Tag 属性の値を、 フ ァ イ ア ド
リ ルサービ ス グループ内に存在す る Critical リ ソ ース の名前に変更 し ます。
サービ ス グループ SQLPROD_fd (WIN_SQL_VVR_C2 ク ラ ス タ 内) と
sample_fd (Win_Exch_2K3_secondary ク ラ ス タ 内) に対応する Tag 属性の
値は、 こ れ ら の変更を行 う 前は空白にな っ てい ます。
SQLPROD_fd フ ァ イ ア ド リ ルサービ ス グループでは、 属性値を、 SQL
Server イ ン ス タ ン ス の名前、 つま り SQLServer2000-VSQL01_fd に変更 し
ます。
Oracle グループの属性値を変更す る 必要はあ り ません。 デフ ォ ル ト で、
OracleGrp_fd の Tag 属性は、 Critical リ ソ ース の名前に設定 さ れてい る か ら
です。
6
フ ァ イ ア ド リ ルサービ ス グループを オン ラ イ ン化 し よ う と し ます。
Cluster Explorer の中でサービ ス グループ を右 ク リ ッ ク し 、 指定 し たシ ス
テ ム上でオン ラ イ ン化 し ます。 フ ァ イ ア ド リ ルサービ ス グループの障害が
発生 し ます。
メ モ : フ ァ イ ア ド リ ルの成功を シ ミ ュ レー ト す る ために、 フ ァ イ ア ド リ ルサービ
ス グループの Tag 属性を空白に し た上で、 フ ァ イ ア ド リ ルサービ ス グループを
オン ラ イ ン化 し ます。
VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
コ マ ン ド ラ イ ン での VCS Simulator の管理
コ マ ン ド ラ イ ン での VCS Simulator の管理
シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ を作成ま たは管理す る 前に、 VCS Simulator を起動 し て く
だ さ い。
メ モ : VCS Simulator は、 コ マン ド ラ イ ンか ら 作成 し た ク ラ ス タ と Java コ ン ソ ー
ルか ら 作成 し た ク ラ ス タ を別々に扱い ます。 し たがっ て、 コ マン ド ラ イ ンか ら 作
成 し た ク ラ ス タ は、 グ ラ フ ィ カル イ ン タ ーフ ェ ース には表示 さ れません。 コ マン
ド ラ イ ンか ら ク ラ ス タ を削除 し た場合 も 、 Java コ ン ソ ールの ク ラ ス タ は表示 さ
れます。
コ マ ン ド ラ イ ンか ら の VCS Simulator の起動
コ マ ン ド ラ イ ン (UNIX) で VCS Simulator を起動する には
1
特定のオペレーテ ィ ン グ シ ス テ ムで実行 し てい る ク ラ ス タ を シ ミ ュ レー ト す
る には、 オペレーテ ィ ン グ シ ス テ ム用に types.cf フ ァ イ ルを types デ ィ レ ク
ト リ か ら /opt/VRTSsim/default_clus/conf/config/ に コ ピー し ます。
た と えば、 シ ミ ュ レー ト す る ク ラ ス タ が AIX プ ラ ッ ト フ ォームで動作する
場合は、 types.cf.aix フ ァ イ ルを コ ピー し ます。
2
必要に応 じ て、 カ ス タ ムの タ イ プ定義を フ ァ イ ルに追加 し 、 その フ ァ イ ルの
名前を types.cf に変更 し ます。
3
シ ミ ュ レー ト す る ク ラ ス タ で実行す る main.cf フ ァ イ ルがあ る 場合は、
/opt/VRTScssim/default_clus/conf/config/ に コ ピー し ます。
4
VCS Simulator を起動 し ます。
VCS_SIMULATOR_HOME/bin/hasim -start system_name
こ こ で、 VCS_SIMULATOR_HOME は、 Simulator の イ ン ス ト ールデ ィ レ ク
ト リ を表 し ます。 通常は /opt/VRTScssim です。
変数 system_name は、 設定フ ァ イ ル main.cf で定義 さ れてい る シ ス テ ム
名を表 し ます。 こ の コ マン ド は、 ポー ト 番号 14153 で Simulator を起動
し ます。
デフ ォ ル ト ク ラ ス タ を起動す る には、 次の コ マン ド を実行 し ます。
VCS_SIMULATOR_HOME/bin/hasim -start sys1
デフ ォ ル ト 設定にはシ ス テ ム sys1 が含まれてい ます。
5
必要に応 じ て、 設定にシ ス テ ム を追加 し ます。
VCS_SIMULATOR_HOME/bin/hasim -sys -add system_name
VCS_SIMULATOR_HOME/bin/hasim -up system_name
263
264 VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
コ マ ン ド ラ イ ン での VCS Simulator の管理
6
ク ラ ス タ 中の各 ノ ー ド の状態を確認 し ます。
VCS_SIMULATOR_HOME/bin/hasim -sys -state
シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ を管理す る には、 コ マン ド ラ イ ン ま たは Java コ ン
ソ ールを使い ます。
265 ページの 「 コ マ ン ド ラ イ ンか ら グ ロ ーバル ク ラ ス タ を シ ミ ュ レー ト す
る には」 を参照 し て く だ さ い。
コ マ ン ド ラ イ ン (Windows) で VCS Simulator を起動するには
VCS Simulator では、 プ ラ ッ ト フ ォームに固有の types.cf フ ァ イ ルが
%VCS_SIMULATOR_HOME%¥types¥ に イ ン ス ト ール さ れます。 変数
%VCS_SIMULATOR_HOME% は、 Simulator の イ ン ス ト ールデ ィ レ ク ト リ を表
し ます。 通常は C:¥Program Files¥Veritas¥VCS Simulator¥ です。
1
特定のオペレーテ ィ ン グ シ ス テ ムで実行 し てい る ク ラ ス タ を シ ミ ュ レー ト す
る には、 オペレーテ ィ ン グ シ ス テ ム用に types.cf フ ァ イ ルを types デ ィ レ ク
ト リ か ら %VCS_SIMULATOR_HOME%¥default_clus¥conf¥config¥ に コ ピー し
ます。
た と えば、 シ ミ ュ レー ト す る ク ラ ス タ が AIX プ ラ ッ ト フ ォームで動作する
場合は、 types.cf.aix フ ァ イ ルを コ ピー し ます。
2
必要に応 じ て、 カ ス タ ムの タ イ プ定義を フ ァ イ ルに追加 し 、 その フ ァ イ ルの
名前を types.cf に変更 し ます。
3
シ ミ ュ レー ト す る ク ラ ス タ で実行す る main.cf フ ァ イ ルがあ る 場合は、
%VCS_SIMULATOR_HOME%¥default_clus¥conf¥config¥ に コ ピー し ます。
4
VCS Simulator を起動 し ます。
%VCS_SIMULATOR_HOME%¥bin> hasim -start system_name
変数 system_name は、 設定フ ァ イ ル main.cf で定義 さ れてい る シ ス テ ム名
を表 し ます。
こ の コ マ ン ド に よ り 、 Simulator がポー ト 14153 で起動 し ます。
5
必要に応 じ て、 設定にシ ス テ ム を追加 し ます。
%VCS_SIMULATOR_HOME%¥bin> hasim -sys -add system_name
%VCS_SIMULATOR_HOME%¥bin> hasim -up system_name
6
ク ラ ス タ 中の各 ノ ー ド の状態を確認 し ます。
%VCS_SIMULATOR_HOME%¥bin> hasim -sys -state
265 ページの 「 コ マ ン ド ラ イ ンか ら グ ロ ーバル ク ラ ス タ を シ ミ ュ レー ト す
る には」 を参照 し て く だ さ い。
VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
コ マ ン ド ラ イ ン での VCS Simulator の管理
コ マ ン ド ラ イ ンから グローバルク ラ ス タ を シ ミ ュ レー ト するには
1
シ ス テ ムの sim_dir デ ィ レ ク ト リ に VCS Simulator を イ ン ス ト ール し ます。
『 Veritas Cluster Server イ ン ス ト ールガ イ ド 』 の VCS Simulator の イ ン ス
ト ールに関す る 項を参照 し て く だ さ い。
2
シ ス テ ムに ク ラ ス タ を設定 し ます。 次の コ マン ド を実行 し て ク ラ ス タ を追加
し ます。
sim_dir/hasim -setupclus clustername -simport
port_no -wacport port_no
グ ロ ーバル ク ラ ス タ を シ ミ ュ レー ト す る 場合には、 ク ラ ス タ 名に
default_clus を使わないで く だ さ い。
VCS Simulator では、 設定例が sim_dir/clustername に コ ピー さ れ、
clustername_sys1 と い う 名前のシ ス テ ムが作成 さ れます。
た と えば、 ポー ト 15555 と 15575 を使 う clus_a と い う 名前の ク ラ ス タ を追
加す る には、 次の コ マン ド を実行 し ます。
sim_dir/hasim -setupclus clus_a -simport 15555 -wacport 15575
同様に、 第 2 ク ラ ス タ を追加 し ます。
sim_dir/hasim -setupclus clus_b -simport 15556 -wacport 15576
グ ロ ーバル ク ラ ス タ 環境を シ ミ ュ レー ト せずに複数の ク ラ ス タ を作成す る に
は、 wacpor に -1 を指定 し ます。
3
シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ を起動 し ます。
sim_dir/hasim -start clustername_sys1 -clus clustername
4
コ マ ン ド ラ イ ンか ら VCS Simulator にア ク セ ス で き る よ う に、 次の環境変数
を設定 し ます。
■
VCS_SIM_PORT=port_number
■
VCS_SIM_WAC_PORT=wacport
こ れ ら の変数はシ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ ご と に設定す る 必要があ り ます。 設定
し なかっ た場合、 Simulator は常にデフ ォ ル ト の ク ラ ス タ default_clus に接
続 し ます。
ク ラ ス タ 間の リ ン ク を設定 し 、 グ ロ ーバルサービ ス グループを設定す る に
は、 Java コ ン ソ ールを使い ます。
65 ページの 「Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る ク ラ ス タ の管理」
を参照 し て く だ さ い。
ま た、 手動で main.cf フ ァ イ ルを編集 し 、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ を設定す る こ
と も で き ます。
265
266 VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
コ マ ン ド ラ イ ン での VCS Simulator の管理
コ マ ン ド ラ イ ン に よ る シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ の管理
VCS Simulator コ マン ド の機能は、 標準の ha コ マ ン ド と よ く 似てい ます。
コ マン ド
説明
hasim -start
system_name
LOCAL_BUILD 状態か ら RUNNING
VCS Simulator を起動 し ます。 変数 system_name は、
に移行す る すべてのシ ス テ
ム を示 し ま す。
hasim -setupclus
clustername -simport
port_no [-wacport
port_no] [-sys
systemname]
シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ を作成 し 、 指定 さ れた ポー ト を ク
ラ ス タ に関連付け ます。
hasim -deleteclus
<clus>
指定 さ れた ク ラ ス タ を削除 し ます。 ク ラ ス タ を削除す る
と 、 ク ラ ス タ に関連付け ら れたすべての フ ァ イ ル と デ ィ
レ ク ト リ が削除 さ れ ま す。
ク ラ ス タ を削除す る 前に、 その ク ラ ス タ がグ ロ ーバル ク
ラ ス タ と し て設定 さ れていない こ と を確認 し て く だ さ い。
hasim -start
clustername_sys1
[-clus clustername]
[-disablel10n]
clustername で指定 さ れ る ク ラ ス タ 上で VCS Simulator を
起動 し ます。
hasim -stop
シ ミ ュ レーシ ョ ン プ ロ セ ス を停止 し ま す。
hasim -poweroff
system_name
シ ス テ ム を正常に停止 し ま す。
hasim -up system_name
シ ス テ ム を起動 し ま す。
hasim -fault
system_name
resource_name
指定 さ れた シ ス テ ム の指定 さ れた リ ソ ー ス で障害を発生
さ せ ま す。
hasim -online
system_name
resource_name
指定 さ れた リ ソ ー ス を オ ン ラ イ ン化 し ます。 こ の コ マ ン
ド は、 永続 リ ソ ー ス の障害を シ ミ ュ レー ト し た後で、 そ
の修正を シ ミ ュ レー ト す る 場合に便利です。
hasim -faultcluster
clustername
ク ラ ス タ の障害を シ ミ ュ レー ト し ま す。
-disablel10n オプ シ ョ ン を指定 し て VCS Simulator を
起動す る と 、 シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ は ロ ーカ ラ イ ズ さ れ
た値を属性値 と し て受け取 り ま せん。 こ のオプシ ョ ンは、
Windows シ ス テ ム上で UNIX の設定を シ ミ ュ レー ト す る
場合に使い ます。 こ れに よ り 、 UNIX ク ラ ス タ にシ ミ ュ
レー ト し た設定を イ ン ポー ト す る と き に発生す る 可能性
のあ る 破損を防止で き ます。
VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
コ マ ン ド ラ イ ン での VCS Simulator の管理
コ マン ド
説明
hasim -clearcluster
clustername
シ ミ ュ レー ト ク ラ ス タ の障害を ク リ ア し ま す。
hasim -getsimconfig
cluster_name
VCS Simulator のポー ト に関す る 情報を取得 し ま す。
hasim -hb [..]
標準 hahb コ マ ン ド と 同 じ です。
hasim -disablel10n
ロ ーカル化 し た属性値の入力を無効に し ます。 こ のオプ
シ ョ ン は、 Windows シ ス テ ム で UNIX の設定を シ ミ ュ
レー ト す る 場合に使い ま す。
hasim -clus [...]
標準 haclus コ マ ン ド と 同 じ です。
hasim -sys [...]
標準 hasys コ マ ン ド と 同 じ です。
hasim -grp [...]
標準 hagrp コ マ ン ド と 同 じ です。
hasim -res [...]
標準 hares コ マ ン ド と 同 じ です。
hasim -type [...]
標準 hatype コ マ ン ド と 同 じ です。
hasim -conf [...]
標準 haconf コ マ ン ド と 同 じ です。
hasim -attr [...]
標準 haattr コ マ ン ド と 同 じ です。
267
268 VCS Simulator を使 っ た VCS の動作の予測
コ マ ン ド ラ イ ン での VCS Simulator の管理
III
VCS 通信 と 操作
■
271 ページの第 9 章 「 ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護につ
いて」
■
319 ページの第 10 章 「I/O フ ェ ン シ ン グの管理」
■
359 ページの第 11 章 「VCS の動作の制御」
■
407 ページの第 12 章 「サービ ス グループの依存関係の ロ ール」
270
9
ク ラ ス タ の通信、 メ ン
バーシ ッ プ、 デー タ 保護
について
■
ク ラ ス タ 通信について
■
ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プの追加
■
メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ンについて
■
デー タ 保護について
■
I/O フ ェ ン シ ン グ を使 う VCS 操作の例
■
I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない、 ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プ と デー タ 保護に
ついて
■
I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない VCS 動作の例
■
ク ラ ス タ 通信におけ る ベス ト プ ラ ク テ ィ ス の概略
272
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
ク ラ ス タ 通信について
ク ラ ス タ 通信について
VCS では、 シ ス テ ム上で行われ る ロ ーカル通信 と 、 シ ス テ ム間通信が使われ
ます。
シ ス テム内通信について
シ ス テ ム内では、 VCS エン ジ ン (HAD) が Inter Process Messaging (IPM) と 呼
ばれ る VCS 固有の通信プ ロ ト コ ルを使っ て、 GUI、 コ マン ド ラ イ ン、 エージ ェ
ン ト と 通信 し ます。 次の図は、 単一 VCS シ ス テ ムでの基本的な通信を示 し てい
ます。 エージ ェ ン ト は HAD と の通信のみを行い ます。 エージ ェ ン ト が互いに通
信す る こ と はあ り ません。
コ マン ド ラ イ ン
ユーテ ィ リ テ ィ
エージ ェ ン ト
GUI
エージ ェ ン ト
VCS 高可用性デーモ ン(HAD)
次の図は、 1 つのエージ ェ ン ト か ら HAD への通信を示 し ます。
エージ ェ ン ト 固有の コ ー ド
エージ ェ ン ト フ レ ームワー ク
状態
制御
HAD
エージ ェ ン ト は、 エージ ェ ン ト 自身に コ ンパ イ ル さ れたエージ ェ ン ト フ レーム
ワ ー ク を使い ます。 エージ ェ ン ト は、 各 ク ラ ス タ シ ス テ ム上で、 ク ラ ス タ 内に設
定 さ れてい る リ ソ ース タ イ プご と に実行 さ れます。 エージ ェ ン ト はその タ イ プの
すべての リ ソ ース を処理 し ます。 エン ジ ンは コ マン ド を エージ ェ ン ト に渡 し 、
エージ ェ ン ト は コ マ ン ド の実行状態を返 し ます。 た と えば、 エージ ェ ン ト は、 リ
ソ ース を オン ラ イ ンにす る よ う に コ マン ド 指示を受け ます。 エージ ェ ン ト は操作
の成功 (ま たは失敗) を応答 し ます。 リ ソ ース が 1 度オン ラ イ ンにな る と 、 エー
ジ ェ ン ト はその状態が変化 し た場合に限 り エン ジ ン と 通信 し ます。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
ク ラ ス タ 通信について
シ ス テム間の ク ラ ス タ 通信について
VCS は、 ク ラ ス タ シ ス テ ム間のネ ッ ト ワー ク 通信に ク ラ ス タ 相互接続を使い ま
す。 各シ ス テ ムは独立単位 と し て動作 し 、 ク ラ ス タ レベルで情報を共有 し ます。
各シ ス テ ムでは、 ク ラ ス タ の意思決定 ロ ジ ッ ク であ る VCS 高可用性デーモン
(HAD) に よ っ て ク ラ ス タ 設定のビ ュ ーが維持 さ れます。 こ のデーモンは RSM
(Replicated State Machine) と し て動作 し ます。 つま り 、 ク ラ ス タ 内のすべての
シ ス テ ムは ク ラ ス タ 設定が同期 さ れた状態にあ り ます。 こ れは次の動作に よ り 実
現 し ます。
■
すべてのシ ス テ ムが HAD の同一 コ ピーを実行す る 。
■
各シ ス テ ムの HAD は、 その独自の リ ソ ース状態を維持 し 、 ローカルシ ス テ
ムについてのすべての ク ラ ス タ 情報を ク ラ ス タ 内の他のすべての コ ン ピ ュ ー
タ に送信す る 。
■
各シ ス テ ムの HAD は、 他の ク ラ ス タ シ ス テ ムか ら 情報を受信 し 、 自身の ク
ラ ス タ ビ ュ ーを更新す る 。
■
各シ ス テ ムは同 じ コ ー ド パ ス に従っ て ク ラ ス タ での処理を行 う 。
RSM (Replicated State Machine) は独自の通信パ ッ ケージ上で通信を行い ま
す。 こ のパ ッ ケージは GAB (Group Membership Services/Atomic Broadcast)
と LLT (Low Latency Transport) の 2 つの コ ンポーネ ン ト で構成 さ れます。
図 9-5 は、 RSM (Replicated State Machine) モデルの 2 つのシ ス テ ム間の通信
パ ス全体を示 し てい ます。
図 9-5
RSM (Replicated State Machine) を使 う ク ラ ス タ 通信
エージ ェ ン ト
エージ ェ ン ト
エージ ェ ン ト
エージ ェ ン ト
ユーザー
領域
HAD
HAD
HAD
HAD
ユーザー
領域
カ ーネル
領域
GAB
GAB
カ ーネル
領域
LLT
LLT
273
274
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
ク ラ ス タ 通信について
GAB (Group Membership Services/Atomic Broadcast)
GAB (Group Membership Services/Automic Broadcast) プ ロ ト コ ルは、 ク ラ ス
タ メ ンバーシ ッ プ と 、 信頼性の高い ク ラ ス タ 通信を実現 し ます。 GAB には次の 2
つの機能があ り ます。
■
ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プ
GAB は、 LLT 経由で各シ ス テ ムか ら ハー ト ビー ト の状態に関す る 入力を受
けて、 ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プを維持 し ます。 シ ス テ ムが ク ラ ス タ ピ アか ら
のハー ト ビー ト を受信 し な く な る と 、 LLT はハー ト ビー ト の消失を GAB に
送信 し ます。 GAB はその ピ アに DOWN のマー ク を付け、 ク ラ ス タ か ら その
ピ ア を除外 し ます。 ほ と ん ど の構成で、 ネ ッ ト ワ ー ク 分割を処理す る ために
メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ンが使われます。
■
ク ラ ス タ 通信
GAB の 2 つ目の機能は、 ク ラ ス タ 内の通信に高い信頼性を提供 し ます。
GAB はすべての ク ラ ス タ シ ス テ ムへの メ ッ セージの配信を保証 し ます。
HAD は、 Atomic Broadcast 機能を使っ て、 ク ラ ス タ 内のすべてのシ ス テ ム
がすべての設定変更 メ ッ セージ を確実に受信す る よ う に し た り 、 ク ラ ス タ 内
のすべてのシ ス テ ムが以前の状態に確実に ロ ールバ ッ ク さ れ る よ う に し ま
す。 こ れはデー タ ベース の原始的 コ ミ ッ ト と よ く 似てい ます。 GAB の通信
機能は Atomic Broadcast と し て知 ら れてい ますが、 実際のネ ッ ト ワー ク ブ
ロ ー ド キ ャ ス ト ト ラ フ ィ ッ ク は生成 さ れません。 Atomic Broadcast メ ッ
セージは、 送信側のシ ス テ ムか ら 受信側の各シ ス テ ムへの一連の 2 地点間
ユニ キ ャ ス ト メ ッ セージです。 受信側の各シ ス テ ムか ら こ の メ ッ セージに対
応す る 承認が返 さ れます。
LLT (Low Latency Transport)
LLT プ ロ ト コ ルは、 高パフ ォーマン ス と 低遅延を実現す る 、 IP ス タ ッ ク に代わ
る も の と し てすべての ク ラ ス タ 通信で使われます。 LLT には次の 2 つの機能があ
り ます。
■
ト ラ フ ィ ッ ク 分散
LLT は GAB の通信バ ッ ク ボーン を提供 し ます。 LLT は、 シ ス テ ム間の通信
を、 設定済みのすべてのネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク 全体に分散 し ます (負荷分散)。
こ の分散に よ り 、 すべての ク ラ ス タ 通信はすべてのネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク に均
等に分散 さ れ、 パフ ォーマン ス の確保 と 障害に対す る 耐性が実現 さ れます。
あ る リ ン ク に障害が発生 し た場合、 ト ラ フ ィ ッ ク は残 り の リ ン ク に切 り 替え
ら れます。 最大で 8 個のネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク がサポー ト さ れます。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
ク ラ ス タ 通信について
■
ハー ト ビー ト
LLT は、 設定済みの各ネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク 上でハー ト ビー ト 信号の送受信を
行い ます。 ハー ト ビー ト の ト ラ フ ィ ッ ク は 2 地点間ユニ キ ャ ス ト です。 LLT
は イ ーサネ ッ ト ブ ロ ー ド キ ャ ス ト を使っ て ク ラ ス タ 内の ノ ー ド のア ド レ ス を
認識 し ます。 すべての状態や設定の ト ラ フ ィ ッ ク を含む他のすべての ク ラ ス
タ 通信は 2 地点間ユニ キ ャ ス ト です。 ハー ト ビー ト は、 Group Membership
Services が ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プ を確認す る ために使い ます。
ハー ト ビー ト 信号は次の よ う に定義 さ れます。
■
ク ラ ス タ 内の各シ ス テ ムの LLT は、 設定済みのすべての LLT イ ン タ ー
フ ェ ース で 0.5 秒お き にハー ト ビー ト パケ ッ ト を送出す る 。
■
各シ ス テ ムの LLT は、 設定済みの各 LLT イ ン タ ーフ ェ ース で各ピ アか ら の
ハー ト ビー ト の状態を追跡す る 。
■
各シ ス テ ムの LLT は、 ク ラ ス タ 内の各シ ス テ ムのハー ト ビー ト 状態を、
ロ ーカルの GAB の Group Membership Services 機能に転送す る 。
■
GAB は LLT か ら すべての ク ラ ス タ シ ス テ ムのハー ト ビー ト 状態を受信 し 、
こ の情報に基づいて メ ンバーシ ッ プを決定す る 。
図 9-6
ク ラ ス タ 内のハー ト ビー ト
エージ ェ ン ト
すべての イ ン タ ー
フ ェ ース上で 0.5 秒
お き に 2 地点間ハー
ト ビ ー ト をユニキ ャ
ス ト する
エージ ェ ン ト
エージ ェ ン ト
エージ ェ ン ト
HAD
HAD
GAB
GAB
LLT
LLT
各 LLT モ ジ ュ ールは、 設定済みの
各 イ ン タ ー フ ェ ース で各ピ アか ら
のハー ト ビー ト 状態を追跡する
LLT は各シ ス テムの
ハー ト ビー ト 状態を
GAB に転送する
LLT は、 特定の ク ラ ス タ の相互接続 リ ン ク を高優先度ま たは低優先度 と し て指定
す る よ う に設定で き ます。 高優先度 リ ン ク は、 GAB と の ク ラ ス タ 通信お よ び
ハー ト ビー ト 信号で使われます。 通常の運用では、 低優先度 リ ン ク はハー ト ビー
ト と リ ン ク 状態の保守のみで使われます。 こ の と き 、 ハー ト ビー ト の頻度は、
ネ ッ ト ワ ー ク のオーバーヘ ッ ド を軽減す る ために通常の 50% に縮小 さ れます。
275
276
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プの追加
設定済みのすべての高優先度 リ ン ク で障害が発生 し た場合、 LLT はすべての ク ラ
ス タ 通信 ト ラ フ ィ ッ ク を最初に使用可能な低優先度 リ ン ク に切 り 替え ます。 高優
先度 リ ン ク が利用可能にな る と 、 通信 ト ラ フ ィ ッ ク はその高優先度 リ ン ク に直ち
に復帰 し ます。
必須ではあ り ませんがベス ト プ ラ ク テ ィ ス と し て推奨 さ れ る こ と は、少な く と も
1 つの低優先度 リ ン ク を設定 し 、 2 つの高優先度 リ ン ク を専用の ク ラ ス タ 相互接
続上に設定 し て、 通信パ ス の冗長性を確保す る こ と です。 通常、 低優先度 リ ン ク
はパブ リ ッ ク ネ ッ ト ワ ー ク ま たは管理ネ ッ ト ワ ー ク 上に設定 し ます。
ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プの追加
ク ラ ス タ の現在の メ ンバーは、 ク ラ ス タ にア ク テ ィ ブに参加 し てい る シ ス テ ムで
す。 シ ス テ ムの障害に対 し て適切な修正ア ク シ ョ ン を実行 し た り ク ラ ス タ ト ポ ロ
ジ全体を維持す る ために、 現在の ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プを正確に決定す る こ と
は HAD に と っ て非常に重要です。
ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プの変更は、 HAD が ク ラ ス タ 内で障害対応を実行す る 必
要があ る か ど う かを決定す る ロ ジ ッ ク の開始ポ イ ン ト の 1 つです。
ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プには 2 つの側面があ り ます。 ク ラ ス タ への初期参加 と 、
ク ラ ス タ の稼働後に メ ンバーシ ッ プを決定す る 方法です。
ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プへのシ ス テムの初期参加
ク ラ ス タ の初期ブー ト 時に、 LLT はハー ト ビー ト 信号を送信 し てい る シ ス テ ム を
確認 し 、 その情報を GAB に伝え ます。 GAB は こ の情報を ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ
プのシーデ ィ ン グ処理で使い ます。
新 し い ク ラ ス タ のシーデ ィ ング
シーデ ィ ン グは、 ク ラ ス タ 内のシ ス テ ムの正確な メ ンバーシ ッ プ数を使っ て新 し
い ク ラ ス タ が開始 さ れ る こ と を保証 し ます。 こ れに よ り 、 初めての起動時に 1 つ
の ク ラ ス タ が複数のサブ ク ラ ス タ に分割す る 可能性がな く な り ます。 新 し い ク ラ
ス タ は、 次の よ う に自動シーデ ィ ン グで き ます。
■
ク ラ ス タ の初期ブー ト 時に、 ク ラ ス タ 内のすべてのシ ス テ ムのシーデ ィ ン グ
が解除 さ れます。
■
GAB は /etc/gabtab フ ァ イ ル内を参照 し 、 ク ラ ス タ の メ ンバー と し て宣言 さ
れた シ ス テ ムの数を確認 し ます。
ク ラ ス タ 内で宣言 さ れた シ ス テ ムの数は次の よ う に示 さ れます。
/sbin/gabconfig -c -n#
変数 # は ク ラ ス タ 内のシ ス テ ム数で置 き 換え ら れます。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プの追加
メ モ : # の部分は ク ラ ス タ 内の正確な ノ ー ド 数に置 き 換え る こ と を推奨 し
ます。
■
各シ ス テ ムの GAB は、 /etc/gabtab 内に宣言 さ れてい る 数 と LLT か ら の入力
に基づいて正 し い数のシ ス テ ムが実行 さ れてい る こ と を検出す る と 、 シー
デ ィ ン グ を行い ます。
■
シーデ ィ ン グ さ れた各シ ス テ ムで HAD が開始 さ れます。 HAD はシーデ ィ ン
グ さ れた シ ス テ ム上でのみ実行 さ れます。
HAD が HA 機能を提供で き る のは GAB がシーデ ィ ン グ済みの と き に限 ら れ
ます。
ク ラ ス タ の手動シーデ ィ ン グ
ク ラ ス タ の手動シーデ ィ ン グの実行は、 ク ラ ス タ に参加 し てい る シ ス テ ム数 よ り
も /etc/gabtab 内に宣言 さ れてい る ク ラ ス タ シ ス テ ム数の方が多い場合に適 し て
い ます。 こ の状況は、 シ ス テ ムが保守で停止 し てい る と き に ク ラ ス タ が起動 さ れ
た場合に発生す る 可能性があ り ます。
注意 : 管理者が コ マ ン ド の リ ス ク と 影響を理解 し ていない限 り 、 ク ラ ス タ を手動
でシーデ ィ ン グす る こ と は推奨 さ れません。
ク ラ ス タ の手動シーデ ィ ン グ を実行す る 前に、 ク ラ ス タ に参加す る シ ス テ ムが
ハー ト ビー ト を互いに送受信で き る こ と を確認 し ます。 ク ラ ス タ 内にネ ッ ト ワ ー
ク 分割状態が発生す る 可能性がない こ と を確認 し ます。
手動で ク ラ ス タ を シーデ ィ ン グす る 前に、 次の手順を実行 し ます。
■
ク ラ ス タ に参加す る シ ス テ ムがハー ト ビー ト を互いに送受信で き る こ と を確
認 し ます。
■
ク ラ ス タ 内にネ ッ ト ワ ー ク 分割状態が発生す る 可能性がない こ と を確認 し
ます。
ク ラ ス タ を手動でシーデ ィ ン グす る には、 次の コ マン ド を入力 し ます。
/sbin/gabconfig -c -x
手動シーデ ィ ン グ さ れた ク ラ ス タ 内にシ ス テ ム数の宣言はあ り ません。 こ の コ マ
ン ド を実行す る と 、 コ マン ド を実行 し た シ ス テ ム と 通信 し てい る すべてのシ ス テ
ムがシーデ ィ ン グ さ れます。
そのため、 ク ラ ス タ 内の複数の ノ ー ド で こ の コ マン ド を実行 し ない よ う に し て く
だ さ い。
592 ページの 「シーデ ィ ン グ と I/O フ ェ ン シ ン グ」 を参照 し て く だ さ い。
277
278
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プの追加
継続する ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プ
ク ラ ス タ が起動 さ れ る と 、 ピ ア シ ス テ ムが ク ラ ス タ 相互接続経由でシ ス テ ムか
ら ハー ト ビー ト 信号を受信 し てい る 限 り 、 そのシ ス テ ムは ク ラ ス タ のア ク テ ィ
ブ メ ンバー と し て残 り ます。 ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プの変更は次の よ う に確認
さ れます。
■
シ ス テ ム上の LLT が、 設定済みの任意の LLT イ ン タ ーフ ェ ース でシ ス テ ム
か ら のハー ト ビー ト メ ッ セージ を事前設定 さ れた期間受信 し な く な る と 、
LLT はその特定のシ ス テ ムか ら のハー ト ビー ト の消失を GAB に通知 し ます。
こ の事前設定済みの時間はデフ ォ ル ト では 16 秒ですが、 こ の時間は設定可
能です。 こ の時間は set-timer peerinact コ マ ン ド を使っ て設定 し ます。
詳 し く は llttab マニ ュ アルページ を参照 し て く だ さ い。
■
LLT か ら GAB にハー ト ビー ト の消失が通知 さ れ る と 、 ク ラ ス タ 内に残っ て
い る 各シ ス テ ムは、 ど のシ ス テ ムが依然 と し て ク ラ ス タ にア ク テ ィ ブに参加
し て、 ど のシ ス テ ムが参加 し ていないかを調整 し て同意 し ます。 こ の処理
は、 GAB 安定 タ イ ム ア ウ ト (5 秒) と 呼ばれ る 期間に実行 さ れます。
VCS には、 シ ス テ ムが同意 し ない場合に実行 さ れ る 特定のエ ラ ー処理があ
り ます。
■
GAB はシ ス テ ム を DOWN と し てマー ク 付け し 、 シ ス テ ム を ク ラ ス タ メ ン
バーシ ッ プか ら 除外 し 、 メ ンバーシ ッ プの変更を フ ェ ン シ ン グモジ ュ ールに
配信 し ます。
■
フ ェ ン シ ン グモジ ュ ールは メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ン を実行 し て、
ス プ リ ッ ト ブ レ イ ン状態が存在 し ない よ う に し て、 ま た正常に機能 し 凝集性
のあ る 1 つの ク ラ ス タ だけが実行を続け る よ う に し ます。
フ ェ ン シ ン グモジ ュ ールはデフ ォ ル ト で有効にな っ てい ます。 フ ェ ン シ ン グモ
ジ ュ ールが非ア ク テ ィ ブ化 さ れた場合の動作について詳 し く は、 「I/O フ ェ ン シ
ン グ を使わない、 ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プ と デー タ 保護について」 を参照 し て く
だ さ い。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レーシ ョ ンについて
メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ンは認識 さ れた メ ンバーシ ッ プの変更時に実行
す る 必要があ り ます。 シ ス テ ムが誤っ て停止 さ れ る 可能性があ る ためです。 シ ス
テ ム上の LLT が、 設定済みの任意の LLT イ ン ターフ ェース で別のシ ス テ ムか ら
のハー ト ビー ト メ ッ セージ を受信 し な く な る と 、 GAB はそのシ ス テ ム を DOWN
と し てマー ク 付け し ます。 ただ し 、 ク ラ ス タ の相互接続ネ ッ ト ワ ー ク に障害が発
生 し ていた場合は、 シ ス テ ムに実際に障害が発生 し ていな く て も シ ス テ ムに障害
が発生 し た と 示 さ れ る 可能性があ り ます。 ほ と ん ど の場合、 こ の よ う な状況は不
十分な ク ラ ス タ 相互接続ネ ッ ト ワ ー ク イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ が原因で発生 し ま
す。 通常は、 すべての通信 リ ン ク が単一点障害を経由す る ク ラ ス タ 相互接続ネ ッ
ト ワ ー ク イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ で発生 し ます。
すべての ク ラ ス タ 相互接続 リ ン ク に障害が発生 し た場合、 1 つの ク ラ ス タ が 2 つ
のサブ ク ラ ス タ に分割 さ れ る 可能性があ り ます。 こ の と き 、 一方のサブ ク ラ ス タ
は も う 一方のサブ ク ラ ス タ を認識 し てい ません。 2 つのサブ ク ラ ス タ は、 切 り 離
さ れた シ ス テ ムに対 し て互いに リ カバ リ 処理を実行す る 場合があ り ます。 こ れを
ス プ リ ッ ト ブ レ イ ン と 呼びます。
ス プ リ ッ ト ブ レ イ ン状態では、 2 つのシ ス テ ムが同 じ ス ト レージの イ ン ポー ト を
試みてデー タ 破損が発生す る 可能性があ り ます。 ま た、 1 つの IP ア ド レ ス を 2
つの場所で有効に し た り 、 同時に 2 つの場所でアプ リ ケーシ ョ ン を誤っ て実行 し
た り す る 可能性 も あ り ます。
メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ンは、 こ の ス プ リ ッ ト ブ レ イ ン状態が発生 し な
い こ と を保証 し ます。
279
280
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン につい て
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レーシ ョ ンの コ ンポーネ ン ト
メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ンの コ ン ポーネ ン ト はフ ェ ン シ ン グモジ ュ ール
と コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト です。
フ ェ ン シ ングモ ジ ュ ール
ク ラ ス タ 内の各シ ス テ ムは vxfen と 呼ばれ る カーネル、 つま り フ ェ ン シ ン グモ
ジ ュ ールを実行 し ます。 こ のモジ ュ ールは、 メ ンバーシ ッ プ変更時に メ ンバー
シ ッ プアービ ト レーシ ョ ン処理を実行 し て現在の有効な ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プ
を保証 し ます。 vxfen は次の処理を実行 し ます。
■
通常動作時は コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク に登録す る
■
メ ンバーシ ッ プ変更時は コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制御権獲得競争を行 う
調整ポ イ ン ト
調整ポ イ ン ト が提供す る ロ ッ ク 機構に よ っ て、 他の ノ ー ド か ら のデー タ ド ラ イ ブ
へのア ク セ ス を ブ ロ ッ ク す る ノ ー ド が決定 さ れます。 ノ ー ド は、 ピ ア をデー タ ド
ラ イ ブか ら ブ ロ ッ ク す る 前に、 調整ポ イ ン ト か ら 削除で き る 必要があ り ます。
デー タ デ ィ ス ク を フ ェ ン シ ン グす る 調整ポ イ ン ト の制御を め ぐ っ て競合す る と い
う こ と が、 フ ェ ン シ ン グで ス プ リ ッ ト ブ レ イ ン を防止す る 方法を理解す る ために
重要です。
デ ィ ス ク かサーバーの ど ち ら か、 ま たはその両方を コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト
にす る こ と がで き ます。 通常、 ク ラ ス タ には 3 つの コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト
が必要です。
■
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク
調整ポ イ ン ト と し て機能す る デ ィ ス ク は、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク と 呼ば
れます。 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク は、 3 つの標準デ ィ ス ク ま たは LUN で、
ク ラ ス タ の設定時に I/O フ ェ ン シ ン グで使 う ために予約 さ れてい ます。
VCS の設定では、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク を他の保存目的に使 う こ と はあ
り ません。
DMP デバ イ ス と 基本 と な る RAW 文字型デバ イ ス の ど ち ら を使 う かを I/O
フ ェ ン シ ン グに設定で き ます。 Veritas Volume Manager の DMP (Dynamic
Multipathing) 機能を実行す る と 、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク は、 パ ス の
フ ェ ールオーバーを利用 し た り 、 DMP 機能の動的な追加 と 削除を利用す る
こ と がで き ます。 ど の タ イ プのデ ィ ス ク デバ イ ス を使 う かに基づいて、 I/O
フ ェ ン シ ン グの SCSI-3 デ ィ ス ク ポ リ シーを RAW ま たは DMP と し て定義す
る必要があ り ます。 こ のデ ィ ス ク ポ リ シーはデフ ォ ル ト では DMP です。
DMP 機能について詳 し く は、 『Veritas Volume Manager 管理者ガ イ ド 』 を
参照 し て く だ さ い。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン について
■
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバー
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバー (CP サーバー) は、 リ モー ト のシ ス
テ ム ま たは ク ラ ス タ で動作す る ソ フ ト ウ ェ ア ソ リ ュ ーシ ョ ンです。 CP サー
バーは、 VCS ク ラ ス タ ノ ー ド で次の タ ス ク を実行で き る よ う にす る こ と に
よ っ てアービ ト レーシ ョ ン機能を提供 し ます。
■
(デー タ ド ラ イ ブへのア ク セ ス が CP サーバーに登録 さ れた) ア ク テ ィ
ブな VCS ク ラ ス タ の メ ンバーにな る ための自己登録を行 う
■
こ のア ク テ ィ ブな VCS ク ラ ス タ の メ ンバー と し て登録 さ れてい る 他の
ノ ー ド を調べ る
■
こ のア ク テ ィ ブな VCS ク ラ ス タ か ら 自己登録解除す る
■
こ のア ク テ ィ ブな VCS ク ラ ス タ の メ ンバーであ る 他の ノ ー ド を強制的
に登録解除す る (獲得)
メ モ : CP サーバーでは、 フ ェ ン シ ン グ アービ ト レーシ ョ ンの ロ ジ ッ ク は
VCS ク ラ ス タ 上に残っ た ま ま です。
異な っ たオペレーテ ィ ン グ シ ス テ ムが稼動 し てい る 複数の VCS ク ラ ス タ か
ら 、 同時に CP サーバーにア ク セ ス で き ます。 CP サーバー と VCS ク ラ ス タ
の間では TCP/IP ベース の通信が使われます。
フ ェ ン シ ングモ ジ ュ ールの起動方法
フ ェ ン シ ン グモジ ュ ールは次の よ う に起動 さ れます。
■
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク がデ ィ ス ク グループに配置 さ れます。
こ れに よ り 、 フ ェ ン シ ン グ起動ス ク リ プ ト は、 Veritas Volume Manager
(VxVM) コ マン ド を使っ て、 ど のデ ィ ス ク が コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク であ
る か、 お よ び コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク への ど のパ ス が存在す る かを簡単に確
認で き ます。 こ のデ ィ ス ク グループは イ ン ポー ト さ れません。 ま た他の目的
で使用 さ れ る こ と はあ り ません。
■
各シ ス テ ムの フ ェ ン シ ン グ起動ス ク リ プ ト は、 VxVM コ マン ド 実行 し 、 コ ー
デ ィ ネー タ デ ィ ス ク への利用可能なパ ス を使っ て フ ァ イ ル /etc/vxfentab を
設定 し ます。
た と えば、 各デ ィ ス ク に 2 つのパ ス を指定 し た 3 つの コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス
ク を設定 し た場合、 /etc/vxfentab フ ァ イ ルには各デ ィ ス ク へのパ ス名を表
す 6 個の別々の行が含まれます。 た と えば次の よ う なパ ス を表す行が含まれ
ます。
/dev/sdy
■
フ ェ ン シ ン グ ド ラ イ バは開始時に /etc/vxfentab フ ァ イ ルか ら 物理デ ィ ス ク
名を読み取 り ます。 フ ェ ン シ ン グ ド ラ イ バは こ の物理デ ィ ス ク 名を使っ て、
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク のシ リ アル番号を確認 し 、 メ モ リ 内に ド ラ イ ブ リ ス
ト を構築 し ます。
281
282
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン につい て
■
フ ェ ン シ ン グ ド ラ イ バは、 ク ラ ス タ 内ですでに稼動 し てい る 他のシ ス テ ム
が、 同 じ コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク を参照 し てい る こ と を確認 し ます。
フ ェ ン シ ン グ ド ラ イ バは GAB ポー ト B で メ ンバーシ ッ プ情報を調べます。
稼動 し てい る 他のシ ス テ ムがない場合、 こ れが稼動 し てい る 最初のシ ス テ ム
と な り 、 正 し い コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク 設定 と みな さ れます。 新 し い メ ン
バーが参加す る と 、 フ ェ ン シ ン グ ド ラ イ バは コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の設定
を要求 し ます。 最小の LLT ID を持つシ ス テ ムは、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク
のシ リ アル番号の リ ス ト で応答 し ます。 一致があ る 場合、 新 し い メ ンバーは
ク ラ ス タ に参加 し ます。 一致がない場合、 vxfen はエ ラ ー状態にな り 、 新 し
い メ ンバーは参加で き ません。 こ の処理に よ っ て、 すべてのシ ス テ ムが同 じ
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク と 通信す る よ う にな り ます。
■
フ ェ ン シ ン グ ド ラ イ バは、 すでに ス プ リ ッ ト ブ レ イ ン状態が発生 し てい る 可
能性があ る か ど う かを確認 し ます。
こ の処理では、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク 上にキーを持つすべてのシ ス テ ムが
現在の GAB メ ンバーシ ッ プに も 含まれてい る こ と が確認 さ れます。 こ の確
認が失敗す る と 、 フ ェ ン シ ン グ ド ラ イ バは警告を コ ン ソ ール と シ ス テ ム ロ グ
に表示 し て停止 し ます。
■
すべての確認が成功す る と 、 各シ ス テ ムの フ ェ ン シ ン グ ド ラ イ バはキーを各
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク に登録 し ます。
図 9-7
ク ラ ス タ 内のコ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の ト ポロ ジ
シ ス テム 0
シ ス テム 1
シ ス テム 2
SAN 接続
シ ス テム 3
LLT リ ン ク
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レーシ ョ ンの機能
ク ラ ス タ の起動時に、 すべてのシ ス テ ムは一意のキーを コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク
に登録 し ます。 キーは ク ラ ス タ と ノ ー ド に固有の も ので、 LLT ク ラ ス タ ID と
LLT シ ス テ ム ID に基づいてい ます。
329 ページの 「I/O フ ェ ン シ ン グ登録キーの形式について」 を参照 し て く だ
さ い。
認識 さ れた メ ンバーシ ッ プの変更があ る 場合、 メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ
ンは次の よ う に動作 し ます。
■
GAB はシ ス テ ム を DOWN と し てマー ク 付け し 、 シ ス テ ム を ク ラ ス タ メ ン
バーシ ッ プか ら 除外 し 、 メ ンバーシ ッ プの変更 (切 り 離 さ れた シ ス テ ムの リ
ス ト ) を フ ェ ン シ ン グモジ ュ ールに配信 し ます。
■
ク ラ ス タ 内で最小の LLT シ ス テ ム ID を持つシ ス テ ムが コ ーデ ィ ネー タ デ ィ
ス ク の制御権の獲得競争に参加 し ます。
■
最 も 一般的なケース (切 り 離 さ れた シ ス テ ムが実際に停止 し たか障害を
起 こ し てい る 場合) では、 こ の競争の参加者は 1 シ ス テ ムだけです。
■
2 つ以上のサブ ク ラ ス タ が形成 さ れてい る ス プ リ ッ ト ブ レ イ ンのシナ リ
オでは、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク 制御権の獲得競争は、 サブ ク ラ ス タ の
最小の LLT シ ス テ ム ID を持つシ ス テ ムに よ っ て行われます。 こ のシ ス
テ ムは、 そのサブ ク ラ ス タ 内の他のすべてのシ ス テ ムに代わっ て制御権
の獲得競争に参加 し ます。
■
こ の競争では、 GAB メ ンバーシ ッ プか ら 除外 さ れた可能性のあ る 各シ ス テ
ムの各キーに対 し て獲得 と 中止 コ マン ド が実行 さ れます。
獲得 と 中止 コ マン ド は、 有効なキーを持つ登録済みシ ス テ ムだけに別のシ ス
テ ムのキーを削除す る こ と を許可 し ます。 し たがっ て、 他の削除を試み る シ
ス テ ムが複数あ っ て も 、 各競争の勝者は 1 つだけにな り ます。 獲得 と 中止 コ
マ ン ド を実行す る 最初のシ ス テ ムが勝者 と な り 、 他のシ ス テ ムのキーを削除
し ます。 獲得 と 中止 コ マン ド を実行す る 2 番目のシ ス テ ムはキーの削除を実
行で き ません。 そのシ ス テ ムは有効なキーを持つ登録済みのシ ス テ ムではな
く な っ てい る ためです。
■
獲得 と 中止 コ マン ド か ら 成功が返 さ れた場合、 そのシ ス テ ムは コ ーデ ィ ネー
タ デ ィ ス ク の制御権を獲得 し てい ます。
各シ ス テ ムはすべての コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク に対 し て こ の制御権獲得競争
を繰 り 返 し ます。 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の過半数か ら 他のシ ス テ ムの登録
キーを削除 し た シ ス テ ムが競争の勝者 (制御権の獲得者) にな り ます。
■
制御権を獲得 し た シ ス テ ムでは、 vxfen モジ ュ ールが、 こ のシ ス テ ムに制御
権獲得競争の代表を任せた他のすべてのシ ス テ ムに、 制御権を獲得 し た こ と
お よ びサブ ク ラ ス タ は依然 と し て有効であ る こ と を通知 し ます。
283
284
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン につい て
■
制御権を獲得で き なかっ た シ ス テ ムでは、 vxfen モジ ュ ールがシ ス テ ムパ
ニ ッ ク を引 き 起 こ し ます。 こ のサブ ク ラ ス タ 内の他のシ ス テ ムはパニ ッ ク に
気付 き 、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制御を失っ た こ と を確認 し 、 同様にパ
ニ ッ ク を引 き 起 こ し て再起動 し ます。
■
再起動時に、 シ ス テ ムは ク ラ ス タ へのシーデ ィ ン グ を試みます。
■
再起動 さ れた シ ス テ ムが、 /etc/gabtab 内に定義 さ れた数の ク ラ ス
タ シ ス テ ム と ハー ト ビー ト を交換で き れば、 そのシ ス テ ムは自動的
にシーデ ィ ン グ さ れ、 引 き 続 き ク ラ ス タ に参加 し ます。 コ ーデ ィ
ネー タ デ ィ ス ク 上のそのシ ス テ ムのキーは置 き 換え ら れます。 こ の
状況が発生す る のは、 メ ンバーシ ッ プ変更の本来の原因が再起動中
に解決 し た場合のみです。
■
再起動 さ れた シ ス テ ムが、 /etc/gabtab 内に定義 さ れた数の ク ラ
ス タ シ ス テ ム と ハー ト ビー ト を交換で き なければ、 そのシ ス テ ム
は自動的にシーデ ィ ン グ さ れず、 HAD は開始 さ れません。 こ れ
は ス プ リ ッ ト ブ レ イ ン状態の可能性があ り ます。 管理者の介入が
必要です。
メ モ : こ の時点で手動シーデ ィ ン グ を強制すれば、 ク ラ ス タ はシーデ ィ ン グ
さ れます。 ただ し 、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク 上にキーを持つシ ス テ ム と
GAB の メ ンバーシ ッ プを フ ェ ン シ ン グモジ ュ ールが照合する と き に不一致
が発生 し ます。 vxfen は ス プ リ ッ ト ブ レ イ ン状態の可能性を検出 し 、 警告を
表示 し て、 起動を停止 し ます。 同様に、 HAD も 開始 さ れません。 管理者の
介入が必要です。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン について
サーバーベースの I/O フ ェ ン シ ン グについて
デ ィ ス ク ベース の I/O フ ェ ン シ ン グの実装で、 vxfen ド ラ イ バは SCSI-3 PR ベー
ス のアービ ト レーシ ョ ン操作をすべて ド ラ イ バ内部で処理 し ます。 I/O フ ェ ン シ
ン グはカ ス タ マ イ ズ さ れた フ ェ ン シ ン グ と 呼ばれ る フ レーム ワ ー ク も 提供 し ま
す。 こ の フ レーム ワ ー ク では、 アービ ト レーシ ョ ン操作はカ ス タ ム ス ク リ プ ト と
し て実装 さ れます。 vxfen ド ラ イ バはカ ス タ ム ス ク リ プ ト を呼び出 し ます。
CP サーバーベース の コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト では、 カ ス タ マ イ ズ さ れた
フ ェ ン シ ン グの フ レーム ワ ー ク を使い ます。 カ ス タ マ イ ズ さ れた フ ェ ン シ ン グの
フ レーム ワ ー ク を使っ て、 SCSI-3 PR ベース の フ ェ ン シ ン グ アービ ト レーシ ョ ン
も 有効にで き る こ と に注意 し て く だ さ い。 こ れに よ り 、 ユーザーはカ ス タ マ イ ズ
さ れた フ ェ ン シ ン グ を使っ て、 SCSI-3 LUN と CP サーバーの組み合わせを コ ー
デ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト と し て指定で き ます。 カ ス タ マ イ ズ さ れた フ ェ ン シ ン グ
は、 /etc/vxfenmode フ ァ イ ルで vxfen_mode=customized と
vxfen_mechanism=cps を指定する こ と に よ っ て有効にで き ます。
&3ኒዙክዙ
ነዙኤኀኪዙኜ
ኤኀኖኌ
ነዙኤኀኪዙኜ
ኤኀኖኌ
ኌ዆ኁቿዐእ
ኌ዆ኖኜ
//7
*$%
ካዙኦ
ካዙኦ
ቿኴ዇኎ዙኔዄዐ
ኖእዉዙን
285
286
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン につい て
ユーザーレベルデーモン vxfend は vxfen ド ラ イ バ と 通信 し ます。 続いて、 こ の
ド ラ イ バが GAB と 通信 し て、 ノ ー ド メ ンバーシ ッ プの更新を取得 し ます。 メ ン
バーシ ッ プの更新を受信す る と 、 vxfend は各種の ス ク リ プ ト を呼び出 し て、
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト の獲得 と デー タ デ ィ ス ク の遮蔽を試みます。
vxfend デーモンは各種の フ ェ ン シ ン グエージ ェ ン ト を管理 し ます。 カ ス タ マ イ
ズ さ れた フ ェ ン シ ン グ用の ス ク リ プ ト は
/opt/VRTSvcs/vxfen/bin/customized/cps デ ィ レ ク ト リ にあ り ます。 該当する ス
ク リ プ ト には次の も のがあ り ます。
■
generate_snapshot.sh: コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の SCSI ID と CP サーバーの
UUID ID の ど ち ら か ま たは両方を取得す る
■
join_local_node.sh: コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク ま たは CP サーバーにキーを登
録す る
■
race_for_coordination_point.sh: ク ラ ス タ の再設定後の コ ーデ ィ ネーシ ョ ン
ポ イ ン ト の獲得者を決定す る
■
fence_data.sh: パニ ッ ク が起 き た ノ ー ド や切 り 離 し 中の ノ ー ド の SCSI キー
を削除す る こ と に よ っ てデー タ デ ィ ス ク を保護す る
■
unjoin_local_node.sh: join_local_node.sh で登録 さ れた キーを削除す る
CP サーバーによ っ て提供 さ れる I/O フ ェ ン シ ングの拡張
CP サーバー構成は、 次の新 し い機能を提供す る こ と に よ っ てデ ィ ス ク ベース の
I/O フ ェ ン シ ン グ を拡張 し ます。
■
CP サーバー構成は拡張性があ り 、 3 つの CP サーバーを使っ た構成では複数
の VCS ク ラ ス タ に I/O フ ェ ン シ ン グ を提供で き ます。 単一の CP サーバー構
成で多数の VCS ク ラ ス タ に対応で き る ため、 複数の VCS ク ラ ス タ を配備す
る コ ス ト を大幅に削減で き ます。
■
CP サーバーを適切に配置す る こ と に よ っ て、 I/O フ ェ ン シ ン グの過程で
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の位置的な偏 り を解消で き ます。 た と えば、 こ う し
た位置的な偏 り は、 設備面の制限に よ っ て 3 つの コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の
う ち 2 つを単一サ イ ト に配置 し 、 コ ス ト 不足のため 3 つ目の コ ーデ ィ ネー タ
デ ィ ス ク の配置先を整備で き ない よ う な状況で起 き る こ と があ り ます。 その
よ う な構成では、 2 つの コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク が配置 さ れたサ イ ト がア ク
セ ス不能にな る と 、 過半数の コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト が失われ る こ と に
な る ため、 3 つ目のサ イ ト も 稼動を継続で き ません。 デ ィ ス ク ベース の I/O
フ ェ ン シ ン グでは 3 つ目のサ イ ト に SAN を拡張す る こ と が必要ですが、 こ
れは適切な ソ リ ュ ーシ ョ ンでない場合があ り ます。 代替策は、 3 つ目の コ ー
デ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト と し て リ モー ト サ イ ト に CP サーバーを配置す る こ
と です。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン について
メ モ : CP サーバーは、 SCSI-3 準拠の コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク に依存す る 必要の
ない、 代替のアービ ト レーシ ョ ン機構を提供 し ます。 CVM でのデー タ デ ィ ス ク
フ ェ ン シ ン グには、 依然 と し て SCSI-3 I/O フ ェ ン シ ン グが必要です。
CP サーバーの高可用性化について
複数 ノ ー ド の CP サーバー ク ラ ス タ を構成する 場合、 CP サーバー ノ ー ド に SFHA
を イ ン ス ト ール し 、 設定 し ます。 それ以外の構成では、 単一 ノ ー ド に VCS を イ
ン ス ト ール し 、 設定 し ます。
ど ち ら の構成で も 、 VCS は CP サーバーのプ ロ セ ス を ロ ーカルで起動お よ び停止
す る ための機能を提供 し 、 NIC、 IP ア ド レ ス、 その他の要素間の依存関係を管理
し ます。 ま た VCS には、 CP サーバーのプ ロ セ ス で障害が発生 し た場合にプ ロ セ
ス を再起動す る 役割 も あ り ます。
CP サーバープ ロ セ ス を高可用性にす る には、 次の タ ス ク を実行す る 必要があ り
ます。
■
CP サーバーのシ ス テ ムに SFHA を イ ン ス ト ール し 、 設定 し ます。
■
CP サーバーのプ ロ セ ス を フ ェ ールオーバーサービ ス グループ と し て設定 し
ます。
■
共有 さ れ る CP サーバーデー タ ベース を保護す る ためにデ ィ ス ク ベース の
I/O フ ェ ン シ ン グ を設定 し ます。
CP サーバーのホ ス ト と し て使 う 単一 ノ ー ド ま たは SFHA ク ラ ス タ 上では、 他の
一切のアプ リ ケーシ ョ ン を実行 し ない こ と を推奨 し ます。
単一の CP サーバーで複数の VCS ク ラ ス タ に対応で き ます。 一般的な CP サー
バーの集合では、 最大 128 個の VCS ク ラ ス タ に対応で き ます。
287
288
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン につい て
CP サーバーデー タ ベースについて
CP サーバーには、 VCS ク ラ ス タ ノ ー ド の登録キーを格納す る ためのデー タベー
ス が必要です。 CP サーバーの動作には SQLite デー タ ベース が使われます。 デー
タ ベース のデフ ォ ル ト の場所は /etc/VRTScps/db です。
CP サーバーのホ ス ト が単一 ノ ー ド VCS ク ラ ス タ の場合、 デー タ ベースは ロ ーカ
ルフ ァ イ ルシ ス テ ムに配置で き ます。 CP サーバーのホ ス ト が SFHA ク ラ ス タ の
場合、 共有 さ れ る フ ァ イ ルシ ス テ ム上にデー タ ベース を配置す る 必要があ り ま
す。 ク ラ ス タ に属す る すべての ノ ー ド は、 その フ ァ イ ルシ ス テ ム を共有す る 必要
があ り ます。
CP サーバーのホ ス ト であ る SFHA ク ラ ス タ で、 共有デー タ ベースは SCSI-3 PR
ベース の I/O フ ェ ン シ ン グ を設定する こ と に よ っ て保護 さ れます。 SCSI-3 PR
ベース の I/O フ ェ ン シ ン グは、 ス プ リ ッ ト ブ レ イ ンの状況に対する 保護を提供 し
ます。
警告 : CP サーバーデー タ ベース を直接編集 し ないで く だ さ い。 必ず cpsadm(1M)
を使っ てア ク セ ス し て く だ さ い。 デー タ ベース を手動で操作す る と 、 シ ス テ ムパ
ニ ッ ク な ど の望ま し く ない結果を引 き 起 こ す可能性があ り ます。
CP サーバーの推奨構成
こ の項では、 以下に示す CP サーバーの推奨構成について説明 し ます。
■
複数の VCS ク ラ ス タ が 3 つの CP サーバーを コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト と
し て使 う CP サーバー構成
■
複数の VCS ク ラ ス タ が、 単一の CP サーバー と 、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク
(2) の複数ペア を コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト と し て使 う CP サーバー構成
CP サーバーの推奨構成では 3 つの コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト を使い ますが、
3 以上の奇数個の コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト を I/O フ ェ ン シ ン グに使 う こ と が
で き ます。 複数の VCS ク ラ ス タ が CP サーバーの コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト の
共通セ ッ ト を共有す る 構成では、 CP サーバーだけでな く VCS ク ラ ス タ も UUID
(全世界で一意な識別子) を使っ て VCS ク ラ ス タ を一意に識別 し ます。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン について
次の図は、 複数の VCS ク ラ ス タ (図中では ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ と 表記) に接
続 し た単一の CP サーバーを使い、 各 VCS ク ラ ス タ が 2 つの コ ーデ ィ ネー タ デ ィ
ス ク を使 う 構成を示 し た も のです。
ኌ዆ኁቿዐእኌ዆ኖኜ
ኲቾኁክዙ
ኞዀኪወ
ነዙኤኀኪዙኜኤኀኖኌ
ካዙኦ
7&3,3
&3ኒዙክዙ
7&3,3
ኮኳ዇አኌ
ኪአእዌዙኌ
ካዙኦ
ነዙኤኀኪዙኜኤኀኖኌ
ነዙኤኀኪዙኜኤኀኖኌ
7&3,3
ካዙኦ
ኌ዆ኁቿዐእኌ዆ኖኜ
ካዙኦ
ኲቾኁክዙ
ኞዀኪወ ነዙኤኀኪዙኜኤኀኖኌ
289
290
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン につい て
次の図は、 複数の VCS ク ラ ス タ に接続す る 3 つの CP サーバーを使っ た構成を示
し た も のです。
&3ኒዙክዙ
ኌ዆ኁቿዐእኌ዆ኖኜ
ካዙኦ
7&3,3
7&3,3
&3ኒዙክዙ
ኮኳ዇አኌ
ኪአእዌዙኌ
7&3,3
ካዙኦ
7&3,3
7&3,3
&3ኒዙክዙ
ካዙኦ
ኌ዆ኁቿዐእኌ዆ኖኜ
ካዙኦ
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン について
次に示すのは、 SFHA が イ ン ス ト ールお よ び設定 さ れ る 高可用性 CP サーバー ク
ラ ス タ の概略図です。
6)+$
ኌ዆ኖኜ
ነዙኤኀኪዙኜ
ኤኀኖኌ
ካዙኦ
&3ኒዙክዙ
ካዙኦ
₏ㄵ቎6)+$ኌ
዆ኖኜ␔ቑቇ
ቑካዙኦቑቢሯ
&3ኒዙክዙቋሺ
቉㳮厌ሼቮᇭ
ኖእዉዙን
ኪአእዌዙኌኖኁአኞ
ኌ዆ኁቿዐእኌ዆ኖኜ
ካዙኦ
ካዙኦ
ነዙኤኀኪዙኜ
ኤኀኖኌ
ነዙኤኀኪዙኜ
ኤኀኖኌ
ቿኴ዇኎ዙኔዄዐኖእዉዙን
構成内で CP サーバーを高可用性にする こ と を推奨 し ます。 こ の構成の必要条件
は、 基本的な 2 ノ ー ド SFHA ク ラ ス タ の必要条件 と 同 じ です。
図に示 さ れてい る よ う に、 CP サーバーの障害に備え て、 共有ス ト レージに CP
サーバーデー タ ベース を永続的に格納す る 必要があ り ます。
291
292
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン につい て
CP サーバーのサービ スグループについて
CP サーバーのサービ ス グループは VCS サービ ス グループです。 CP サーバーを
使 う I/O フ ェ ン シ ン グ構成には CP サーバーのサービ ス グループが必要です。
次に示すのは、 CP サーバーのホ ス ト が単一 ノ ー ド VCS ク ラ ス タ であ る 場合の、
サービ ス グループ と その依存関係の概略図です。
Y[FSVHUY
FSVYLS
FSVQLF
次に示すのは、 CP サーバーのホ ス ト が SFHA ク ラ ス タ であ る 場合の、 CPS サー
ビ ス グループ と その依存関係の概略図です。
Y[FSVHUY
FSVYLS
FSVPRXQW
FSVQLF
FSVYRO
FSVGJ
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン について
CP サーバーのユーザー タ イ プ と 権限について
CP サーバーは、 それぞれア ク セ ス レベル権限が異な る 次のユーザー タ イ プ をサ
ポー ト し ます。
■
CP サーバー管理者 (admin)
■
CP サーバーオペレー タ
ユーザーが実行で き る コ マン ド は、 そのユーザーのア ク セ ス レベル権限に よ っ て
異な り ます。 ユーザーが CP サーバー管理者で も CP サーバーオペレー タ で も な
い場合、 そのユーザーは guest 状態にな り 、 実行で き る コ マン ド が制限 さ れま
す。 ユーザー タ イ プ と そのア ク セ ス レベル権限は、 VCS ク ラ ス タ で フ ェ ン シ ン
グ を設定す る と き に個々のユーザーに割 り 当て ます。 イ ン ス ト ール処理の間、
ユーザー名、 パ ス ワ ー ド 、 ア ク セ ス レベル権限 (CP サーバー管理者ま たは CP
サーバーオペレー タ ) の指定を求め ら れます。
CP サーバーを管理 し 、 運用す る ためには、 少な く と も 1 人の CP サーバー管理
者が必要です。
CP サーバー上の root ユーザーはすべての管理権限を付与 さ れ る ため、 こ のユー
ザーを使っ て CP サーバーに固有のすべての操作を実行で き ます。
VCS ク ラ ス タ と CP サーバー間のセキ ュ ア通信について
デー タ セ ン タ ーでは、 VCS ク ラ ス タ と CP サーバー間の TCP/IP 通信のセキ ュ リ
テ ィ を確保す る 必要があ り ます。 通信チ ャ ネルのセキ ュ リ テ ィ には暗号化、 認
証、 権限の確認が関係 し ます。
CP サーバーの ノ ー ド ま たは ク ラ ス タ は、 コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト と し て自
身 と 通信す る VCS ク ラ ス タ ノ ー ド の真正性を確認 し 、 既知の VCS ク ラ ス タ ノ ー
ド か ら の要求のみを受け入れ る よ う にす る 必要があ り ます。 不明な ク ラ イ ア ン ト
か ら の要求は、 未認証 と し て拒否 さ れます。 同様に、 VCS ク ラ ス タ 内の フ ェ ン
シ ン グ フ レーム ワ ー ク は、 CP サーバーを使っ て フ ェ ン シ ン グ操作を実行 し てい
る のが認証済みのユーザーであ る こ と を確認す る 必要があ り ます。
CP サーバー向けの暗号化 と 認証のサービ ス は Symantec Product Authentication
Service に よ っ て提供 さ れます。 Symantec Product Authentication Service を有
効にす る ために、 VCS 製品の イ ン ス ト ールの一環 と し て、 CP サーバーだけでな
く VCS ク ラ ス タ に も VRTSat パ ッ ケージが イ ン ス ト ール さ れます。
293
294
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン につい て
次に示すのは、 VCS ク ラ ス タ と CP サーバー間のセキ ュ ア通信の概略図です。
ユーザーやサービ ス な ど の ク ラ イ ア ン ト を認証 し 、 製品の信用証明を ク ラ イ ア ン
ト に付与す る 認証ブ ロ ーカーが、 CP サーバー と 各 VCS ク ラ ス タ ノ ー ド 上で設定
さ れます。
ኒዙክዙ
崜峋ኳዊዙኈዙ
ወዙእ
ኳዊዙኈዙ
ኌ዆ኁቿዐእ
崜峋ኳዊዙኈዙ
ኌ዆ኁቿዐእ
崜峋ኳዊዙኈዙ
ኌ዆ኁቿዐእኌ዆ኖኜ
代理に よ っ て認証が行われ る エン テ ィ テ ィ を プ リ ン シパル と 呼びます。 VCS ク
ラ ス タ ノ ー ド ( こ の図では ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ と 表記) 上で、 現在の VCS イ
ン ス ト ー ラ は、 ク ラ ス タ 内の各 ノ ー ド 上で認証サーバーの信用証明を作成 し 、
VCS ユーザーの Web 信用証明を作成 し てか ら 、 ルー ト ブ ロ ーカー と の信頼関係
を設定 し ます。 ま た、 認証ブ ロ ーカー用の VCS サービ ス グループ も 作成 し ます。
次に イ ン ス ト ー ラ は、 セキ ュ アモー ド での VCS の起動に進みます。
通常、 セキ ュ リ テ ィ が設定 さ れた既存の VCS ク ラ ス タ では、 ルー ト ブ ロ ーカー
はすでに設定済みであ り 、 各 ク ラ ス タ ノ ー ド 上で認証ブ ロ ーカーが動作 し てい
ます。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン について
CP サーバー と VCS ク ラ ス タ 間のセキ ュ ア通信の し く み
CP サーバー と VCS ク ラ ス タ ノ ー ド の通信には、 次のエン テ ィ テ ィ が関係 し
ます。
■
CP サーバーの vxcpserv
■
VCS ク ラ ス タ ノ ー ド の cpsadm
次に示すのは、 CP サーバー と VCS ク ラ ス タ 上でセキ ュ リ テ ィ を有効に し た場合
の終端間通信フ ロ ーの概略図です。
&3ኒዙክዙ
Y[FSVHUY
崜峋ኳዊዙኈዙ
ወዙእ
ኳዊዙኈዙ
&3ኌ዆ኁቿዐእ
FSVDGP
崜峋ኳዊዙኈዙ
ኌ዆ኁቿዐእኌ዆ኖኜካዙኦ
CP サーバー と VCS ク ラ ス タ ノ ー ド 上でセキ ュ リ テ ィ を設定 し た状態の、 両者間
の通信フ ロ ーは次の よ う にな り ます。
■
初期設定
VCS ク ラ ス タ ノ ー ド に加え て CP サーバー上で設定 さ れた認証ブ ロ ーカー
の ID 情報が、 ルー ト ブ ロ ーカーの認証専用 ド メ イ ン リ ポジ ト リ に設定 さ れ
ます。
メ モ : CP サーバー と VCS ク ラ ス タ ノ ー ド で設定 さ れた認証ブ ロ ーカーが同
じ ルー ト ブ ロ ーカーを使わない場合、 vxcpserv プ ロ セ ス が VCS ク ラ ス タ
ノ ー ド か ら の要求を認証で き る よ う に、 ルー ト ブ ロ ーカーま たは認証ブ ロ ー
カーの間で信頼関係を確立す る 必要があ り ます。
295
296
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン につい て
cpsadm コ マ ン ド は環境変数 CPS_USERNAME か ら ユーザー名を、
CPS_DOMAINTYPE か ら ド メ イ ン タ イ プを取得 し ます。 cpsadm コ マン ド を
手動で実行す る 前に、 ユーザーが こ れ ら の変数を エ ク ス ポー ト す る こ と が想
定 さ れてい ます。 カ ス タ マ イ ズ さ れた フ ェ ン シ ン グの フ レーム ワ ー ク では、
cpsadm コ マ ン ド を実行する 前に こ れ ら の環境変数を内部的にエ ク ス ポー ト
し ます。
CP サーバーのプ ロ セ ス (vxcpserv) が使 う そのプ ロ セ ス自身のユーザー
(_CPS_SERVER_) は、 サーバーの起動中に ロ ーカルの認証ブ ロ ーカーに追
加 さ れます。
■
認証ブ ロ ーカーか ら の信用証明の取得
cpsadm コ マ ン ド は、 ロ ーカル ノ ー ド 上で動作 し てい る 認証ブ ロ ーカーか ら
既存の信用証明を取得 し よ う と し ます。 こ れが失敗 し た場合、 ロ ーカルの認
証ブ ロ ーカーに対 し て自身の認証を試みます。
vxcpserv プ ロ セ ス は、 ロ ーカル ノ ー ド 上で動作 し てい る 認証ブ ローカーか
ら 既存の信用証明を取得 し よ う と し ます。 こ れが失敗 し た場合、 ロ ーカルの
認証ブ ロ ーカーに対 し て自身の認証を試み、 自身のプ リ ン シパルを作成 し ま
す。
■
CP サーバー と VCS ク ラ ス タ ノ ー ド 間の通信
CP サーバーが信用証明を確立 し 、 稼動状態にな る と 、 CP サーバーで ク ラ イ
ア ン ト か ら デー タ を受信す る 準備が整い ます。 ロ ーカルの認証ブ ロ ーカーに
よ っ て認証 さ れ る と 、 cpsadm は CP サーバーに接続 し ます。 CP サーバーに
デー タ が渡 さ れます。
■
検証
特定の VCS ク ラ ス タ ノ ー ド か ら デー タ を受信す る と 、 vxcpserv は ロ ーカル
の認証ブ ロ ーカーに問い合わせてその信用証明を検証 し ます。 検証に失敗 し
た場合、 接続要求デー タ は拒否 さ れます。
CP サーバー と VCS ク ラ ス タ 上のセキ ュ リ テ ィ 設定の詳細 :
セキ ュ ア モー ド の設定
CP サーバー と VCS ク ラ ス タ 間の通信にセキ ュ リ テ ィ を設定す る 場合、 設定内容
は以下の よ う にな り ます。
■
CP サーバー上の設定 :
CP サーバーの起動中に、 ロ ーカル認証ブ ロ ーカーで次の値を使っ てユー
ザーが作成 さ れます。
username: _CPS_SERVER_
domainname: _CPS_SERVER_DOMAIN@FQHN
domaintype: vx
FQHN は ク ラ イ ア ン ト ノ ー ド の完全修飾ホ ス ト 名です。
こ のユーザーは、 CP サーバー上で次の コ マン ド を使っ て確認で き ます。
/opt/VRTScps/bin/cpsat showcred
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン について
メ モ : 注 : CP サーバーの設定フ ァ イ ル (/etc/vxcps.conf) に、 security=0 を指定
す る 行を含めないで く だ さ い。 「security」 パ ラ メ ー タ を指定す る 行が存在 し な
いか、 security=1 を指定す る 行が存在す る 場合、 CP サーバーでセキ ュ リ テ ィ が
有効にな り ます ( こ れがデフ ォ ル ト です)。
■
VCS ク ラ ス タ ノ ー ド 上の設定 :
VCS ク ラ ス タ では、 VCS セキ ュ リ テ ィ 設定の間に、 ロ ーカルの認証ブ ロ ー
カーで次の値を使っ て各 ク ラ ス タ ノ ー ド にユーザーが作成 さ れます。
username: _HA_VCS_hostname
domainname: HA_SERVICES@FQHN
domaintype: vx
FQHN は ク ラ イ ア ン ト ノ ー ド の完全修飾ホ ス ト 名です。
こ のユーザーは、 VCS ク ラ ス タ ノ ー ド 上で次の コ マン ド を使っ て確認で き
ます。
# /opt/VRTScps/bin/cpsat showcred
作成 さ れたユーザーは、 次のエン テ ィ テ ィ 間の通信での認証目的にのみ使われ
ます。
■
CP サーバー と 、 そのサーバー上で設定 さ れ る 認証ブ ロ ーカー
■
VCS ク ラ ス タ ノ ー ド と 、 その ノ ー ド 上で設定 さ れ る 認証ブ ロ ーカー
セキ ュ リ テ ィ が設定 さ れてい る 場合、 CP サーバーの権限確認のために VCS
ク ラ ス タ 上で次のユーザーが作成 さ れ、 カ ス タ マ イ ズ さ れた フ ェ ン シ ン グ フ
レーム ワ ー ク に よ っ て使われます。
_HA_VCS_hostname@HA_SERVICES@FQHN
hostname は修飾な し の ク ラ イ ア ン ト ノ ー ド 名、 FQHN は ク ラ イ ア ン ト ノ ー
ド の完全修飾ホ ス ト 名です。
個々の VCS ク ラ ス タ ノ ー ド について、 VCS ク ラ ス タ ノ ー ド 上で フ ェ ン シ ン
グが開始す る 前に こ のユーザーを CP サーバーデー タ ベース に登録す る 必要
があ り ます。 こ れは次の コ マン ド を実行す る こ と に よ っ て確認で き ます。
# cpsadm -s cp_server -a list_users
コ マ ン ド 出力の例を次に示 し ます。
Username/Domain Type Cluster Name / UUID Role
_HA_VCS_galaxy@[email protected]/vx cluster1/
{f0735332-e3709c1c73b9} Operator
メ モ : 注 : 各 ク ラ イ ア ン ト ノ ー ド 上の設定フ ァ イ ル (/etc/vxfenmode) に、
security=0 を指定す る 行を含めないで く だ さ い。 「security」 パ ラ メ ー タ を指定
す る 行が存在 し ないか、 security=1 を指定す る 行が存在す る 場合、 ク ラ イ ア ン
ト ノ ー ド はセキ ュ リ テ ィ が有効な状態で起動 し ます ( こ れがデフ ォ ル ト です)。
297
298
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プ アービ ト レ ーシ ョ ン につい て
CP サーバー と VCS ク ラ ス タ 上のセキ ュ リ テ ィ 設定の詳細 :
非セキ ュ ア モー ド の設定
非セキ ュ アモー ド では、 パ ス ワ ー ド の入力を要求 さ れ る こ と はな く 、 組み込みの
権限確認のみが CP サーバー上で提供 さ れます。 認証 と 暗号化は提供 さ れませ
ん。 CP サーバー と VCS ク ラ ス タ ノ ー ド 間の通信では、 カ ス タ マ イ ズ さ れた フ ェ
ン シ ン グの フ レーム ワ ー ク に よ っ て、 「vx」 ド メ イ ン タ イ プの
「cpsclient@hostname」 のユーザー信用証明が使われます。
個々の VCS ク ラ ス タ ノ ー ド について、 VCS ク ラ ス タ ノ ー ド 上で フ ェ ン シ ン グが
開始す る 前に こ のユーザーを CP サーバーデー タ ベース に追加す る 必要があ り ま
す。 ユーザーは次の コ マ ン ド を実行す る こ と に よ っ て確認で き ます。
# cpsadm -s cpserver -a list_users
コ マ ン ド 出力の例を次に示 し ます。
Username/Domain Type Cluster Name / UUID Role
cpsclient@galaxy/vx cluster1 / {f0735332-e3709c1c73b9} Operator
メ モ : こ のモー ド では、 security=0 を指定す る 行が CP サーバーの設定フ ァ イ ル
(/etc/vxcps.conf) に含まれてい る 必要があ り ます。 同様に、 各 VCS ク ラ ス タ
ノ ー ド の設定フ ァ イ ル (/etc/vxfenmode) に、 security=0 を指定す る 行が含ま
れてい る 必要があ り ます。
vxfenmode フ ァ イルについて
CP サーバーの設定処理の最後に、 vxfenmode フ ァ イ ルが作成 さ れ、 /etc デ ィ レ
ク ト リ に保存 さ れます。 vxfenmode フ ァ イ ルにはフ ェ ン シ ン グ関連の設定情報
が格納 さ れます。
フ ァ イ ル名の形式は 「vxfenmode- 日付 と タ イ ム ス タ ンプ」 です。
こ の フ ァ イ ルは、 将来の構成で フ ェ ン シ ン グ処理が失敗 し た場合に参照用 と し て
使 う こ と がで き ます。 次の表は、 vxfenmode フ ァ イ ルのパ ラ メ ー タ のサ ンプル
値についての説明です。
混在モー ド (デ ィ ス ク と CP サーバー) 純粋 CP サーバーモー ド
vxfen_mode=customized
vxfen_mode=customized
vxfen_mechanism=cps
vxfen_mechanism=cps
scsi3_disk_policy=dmp
なし
security=1
security=1
cps1=[thunderbolt.symantecexample.com]: cps1=[thunderbolt.symantecexample.com]:
14250
14250
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
デー タ 保護について
混在モー ド (デ ィ ス ク と CP サーバー) 純粋 CP サーバーモー ド
vxfendg=vxfencoorddg
cps2=[.symantecexample.com]:14250
cps3=[.symantecexample.com]:14250
カ ス タ マ イ ズモー ド の I/O フ ェ ン シ ン グ設定で コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク が使われ
てい る と き は常に、 デ ィ ス ク グループを作成 し て /etc/vxfenmode フ ァ イ ルで指
定す る 必要があ り ます。 加え て、 カ ス タ マ イ ズ さ れた フ ェ ン シ ン グの フ レーム
ワ ー ク は /etc/vxfentab フ ァ イ ル も 生成 し ます。 こ の フ ァ イ ルではセキ ュ リ テ ィ
設定 と コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト (すべての CP サーバー と 、 /etc/vxfenmode
フ ァ イ ルで指定 さ れたデ ィ ス ク グループのすべてのデ ィ ス ク ) を指定 し ます。
デー タ 保護について
メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ン自身は、 完全なデー タ 保護には不適切です。
メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ンは、 すべてのシ ス テ ムがアービ ト レーシ ョ ン
に参加す る か ま たはすべてのシ ス テ ムがすでに停止 し てい る こ と を前提 と す る た
めです。
まれに、 保護 も 必要にな る 状況が発生す る 場合があ り ます。 た と えば次の よ う な
場合です。
■
シ ス テ ムハン グが原因でカーネルが処理を一定期間停止 し た。
■
シ ス テ ム リ ソ ース が非常にビ ジーであ っ ためハー ト ビー ト 信号が送信 さ れな
かっ た。
■
ハー ド ウ ェ アが切 り 離 し と 再開機能を サポー ト し てお り 、 その機能が実行 さ
れた。 切 り 離 し コ マン ド を使っ てシ ス テ ム を シ ス テ ム コ ン ト ロ ー ラ レベルに
落 と す と 、 ハー ト ビー ト 信号の タ イ ム ア ウ ト が発生す る 可能性があ り ます。
こ の よ う な場合、 シ ス テ ムは実際に停止 し ません。 ま た シ ス テ ムは、 ク ラ ス タ メ
ンバーシ ッ プが再計算 さ れた後に ク ラ ス タ に戻 る 場合があ り ます。 こ れに よ り
デー タ の破損が生 じ る 恐れがあ り ます。 ク ラ ス タ か ら シ ス テ ムが除外 さ れ る 必要
があ る こ と を確認す る 前に、 シ ス テ ムがデ ィ ス ク に書 き 込みを行 う 可能性があ る
ためです。
メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ン と 共有ス ト レージのデー タ 保護を組み合わせ
る こ と で、 上記のデー タ 破損の可能性をすべて排除で き ます。
デー タ 保護は、 ク ラ ス タ の現在の検証済み メ ンバーではないシ ス テ ムか ら 、 共有
デー タ ス ト レージ を防護 (ア ク セ ス さ せない よ う に) し ます。 ア ク セ スは、
SCSI-3 Persistent Reservation を使用す る こ と でブ ロ ッ ク さ れます。
299
300
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
デー タ 保護について
SCSI-3 Persistent Reservation
SCSI-3 Persistent Reservation (SCSI-3 PR) は、 複数シ ス テ ムか ら のデバ イ ス ア
ク セ ス、 ま たは 1 つのシ ス テ ムの複数パ ス か ら のデバ イ ス ア ク セ ス を サポー ト し
ます。 同時に、 他のシ ス テ ム ま たは他のパ ス か ら のデバ イ スへのア ク セ ス も ブ
ロ ッ ク さ れます。
VCS ロ ジ ッ ク は、 特定のシ ス テ ムでサービ ス グループ をオン ラ イ ンにす る タ イ
ミ ン グ を決定 し ます。 サービ ス グループにデ ィ ス ク グループが含まれ る 場合、 そ
のデ ィ ス ク グループはサービ ス グループがオン ラ イ ンにな る 途中で イ ン ポー ト さ
れます。 SCSI-3 PR を使 う と 、 デ ィ ス ク グループの イ ン ポー ト に よ っ て登録 と 予
約がデー タ デ ィ ス ク に設定 さ れます。 SCSI-3 予約を使っ て ス ト レージ を イ ン
ポー ト し た シ ス テ ムのみが共有ス ト レージへの書 き 込みを行え ます。 こ れに よ
り 、 メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ンに参加 し ていないシ ス テ ムが共有ス ト
レージ を破損す る こ と を回避で き ます。
SCSI-3 PR では、 SCSI バ ス の リ セ ッ ト を行っ て も 永続的な予約が保証 さ れます。
メ モ : SCSI 3 PR を使えば、 VCS 関連の要素だけでな く 、 ス ト レージに不正な書
き 込みを試み る 可能性のあ る IT 環境のすべての要素がブ ロ ッ ク さ れます。
デー タ 保護 と 組み合わせた メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ン を I/O フ ェ ン シ ン
グ と 呼びます。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使 う VCS 操作の例
I/O フ ェ ン シ ング を使 う VCS 操作の例
こ こ では、 I/O フ ェ ン シ ン グモジ ュ ールが使用す る 一般的な ロ ジ ッ ク をい く つか
の特定のサンプルシナ リ オ と 共に説明 し ます。
I/O フ ェ ン シ ン グのアルゴ リ ズムについて
一般的に発生す る ケース と ま れに発生す る ケース の両方で最適な動作を実行す る
よ う に、 フ ェ ン シ ン グ アルゴ リ ズ ムは次の よ う に機能 し ます。
■
フ ェ ン シ ン グモジ ュ ールは、 2 つ以上のサブ ク ラ ス タ 内にあ る シ ス テ ムが、
ク ラ ス タ の現在の有効な メ ンバー と し て残 ら ない よ う に設計 さ れてい ます。
ど の よ う な場合 も 、 1 つのサブ ク ラ ス タ が存続す る か、 ま たは非常に まれな
ケース ですが存続す る シ ス テ ムがな く な り ます。
■
も と の ク ラ ス タ のすべてのサブ ク ラ ス タ 内で最小の LLT ID を持つシ ス テ ム
が、 サブ ク ラ ス タ 内の他のシ ス テ ムに代わっ て コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制
御権の獲得競争に参加 し ます。
■
最初の コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制御権を獲得 し た シ ス テ ムは、 他の コ ー
デ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制御権獲得に対 し て優先が与え ら れます。
制御権を獲得で き なかっ た シ ス テ ムは、 次のデ ィ ス ク の競争に参加す る ま で
少 し の間遅延 し ます。 通常の環境では、 最初の コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制
御権を獲得 し た シ ス テ ムはすべてのデ ィ ス ク の制御権を獲得 し ます。
こ れに よ り 、 複数のシ ス テ ムが コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制御権を獲得 し よ
う と し た場合に制御権を獲得す る 1 つのシ ス テ ムが明確に決定 さ れ、 3 つ以
上のシ ス テ ムがそれぞれ 1 つの コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制御権を獲得す る
よ う な こ と は起 こ り ません。
■
サブ ク ラ ス タ の 1 つに以前の安定 メ ンバーシ ッ プの 51% 以上の メ ンバーが
含まれ る よ う に ク ラ ス タ が分割 さ れた場合、 そのサブ ク ラ ス タ に制御権獲得
の優先が与え ら れます。
こ れ よ り 小 さ なサブ ク ラ ス タ は少 し の間遅延 し た後に制御権の獲得を開始 し
ます。
こ れに よ り 、 で き る だけ多 く のシ ス テ ムが ク ラ ス タ 内で実行 さ れた ま ま残 る
よ う にな り ます。
■
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制御権を持つシ ス テ ムが現在の GAB メ ンバー
シ ッ プに存在 し ない こ と を、 起動時に vxfen モジ ュ ールが検出す る と 、 ス プ
リ ッ ト ブ レ イ ン状態の可能性を示すエ ラ ー メ ッ セージが コ ン ソ ールに表示 さ
れます。
管理者は こ の状態を vxfenclearpre ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て手動で解決す
る必要があ り ます。
301
302
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使 う VCS 操作の例
1 つのシ ス テムで障害が発生 し た、 2 つのシ ス テムを持つ ク ラ ス タ
こ の例では、 シ ス テ ム 1 に障害が発生 し 、 シ ス テ ム 0 が次の よ う に I/O フ ェ ン シ
ン グ操作を実行 し ます。
■
シ ス テ ム 0 の GAB モジ ュ ールは、 LLT か ら 報告 さ れたハー ト ビー ト 信号の
消失に よ っ て、 シ ス テ ム 1 に障害が発生 し た こ と を確認 し ます。
■
GAB は、 ク ラ ス タ 内の各シ ス テ ムの フ ェ ン シ ン グモジ ュ ールに メ ンバー
シ ッ プの変更を伝え ます。
依然 と し て動作 し てい る 唯一のシ ス テ ムはシ ス テ ム 0 です。
■
シ ス テ ム 0 は、 シ ス テ ム 1 が登録 し た キーを各 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク か ら
削除 し て、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制御権を獲得 し ます。
削除は コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク のシ リ アル番号順に 1 つずつ実行 さ れます。
■
シ ス テ ム 0 の フ ェ ン シ ン グモジ ュ ールが コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク を正常に制
御す る 場合、 HAD は メ ンバーシ ッ プの変更に結び付け ら れ る すべての関連
ポ リ シーを実行 し ます。
■
シ ス テ ム 0 に よ っ て現在テ イ ク オーバー さ れて イ ン ポー ト さ れたサービ ス グ
ループ内に共有ス ト レージが設定 さ れていた場合、 シ ス テ ム 1 はその共有ス
ト レージにア ク セ ス で き な く な り ます。
図 9-8
シ ステムに障害が発生 し た I/O フ ェ ン シ ングの例
シ ス テム 0
✗
シ ス テム 1
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使 う VCS 操作の例
ク ラ ス タ 相互接続に障害が発生 し た、 4 つのシ ス テムを持つ
ク ラスタ
こ の例では、 ク ラ ス タ 相互接続に障害が発生 し 、 4 つのシ ス テ ムで構成 さ れ る
1 つの ク ラ ス タ が 2 つのシ ス テ ムで構成 さ れ る ク ラ ス タ に分割 さ れます。 ク ラ ス
タ では、 1 つのサブ ク ラ ス タ のみが残 る よ う に メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ
ンが実行 さ れます。
ハー ト ビー ト の消失に よ っ て、 シ ス テ ム 0 と シ ス テ ム 1 の両方はシ ス テ ム 2 と シ
ス テ ム 3 が停止 し てい る と 考え ます。シ ス テ ム 2 と シ ス テ ム 3 の両方はシ ス テ ム
0 と シ ス テ ム 1 が停止 し てい る と 考え ます。 I/O フ ェ ン シ ン グ操作は次の よ う に
進行 し ます。
図 9-9
ク ラ ス タ 相互接続に障害が発生 し た、 4 つのシ ス テムを持つ
クラスタ
SAN 接続
シ ス テム 1
シ ス テム 2
✗
シス テム 0
シ ス テム 3
LLT リ ン ク
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク
■
4 つの各シ ス テ ムの LLT は、 通信相手 (ピ ア) と の タ イ ム ア ウ ト 値に設定
さ れた期間、 設定済みの ど の LLT イ ン タ ーフ ェ ース において も 、 相互接続
エ ラ ーの相手側のシ ス テ ムか ら ハー ト ビー ト メ ッ セージ を受信 し な く な り
ます。
■
各 コ ン ピ ュ ー タ の LLT は、 メ ンバーシ ッ プの変更を認識 し た こ と を GAB に
伝え ます。 具体的には次の と お り です。
■
シ ス テ ム 0 の LLT は、 シ ス テ ム 2 と シ ス テ ム 3 を認識で き な く な っ た
こ と を GAB に伝え ます。
■
シ ス テ ム 1 の LLT は、 シ ス テ ム 2 と シ ス テ ム 3 を認識で き な く な っ た
こ と を GAB に伝え ます。
■
シ ス テ ム 2 の LLT は、 シ ス テ ム 0 と シ ス テ ム 1 を認識で き な く な っ た
こ と を GAB に伝え ます。
303
304
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使 う VCS 操作の例
■
■
■
■
シ ス テ ム 3 の LLT は、 シ ス テ ム 0 と シ ス テ ム 1 を認識で き な く な っ た
こ と を GAB に伝え ます。
LLT が GAB にハー ト ビー ト の消失を通知 し た後、 残っ てい る シ ス テ ムは
GAB 安定 タ イ ム ア ウ ト (5 秒) を実行 し ます。 こ の例の詳細は次の と お り
です。
■
シ ス テ ム 0 と シ ス テ ム 1 は、 その両方がシ ス テ ム 2 と シ ス テ ム 3 を認識
で き ない こ と に同意 し ます。
■
シ ス テ ム 2 と シ ス テ ム 3 は、 その両方がシ ス テ ム 0 と シ ス テ ム 1 を認識
で き ない こ と に同意 し ます。
GAB はシ ス テ ム を DOWN と し てマー ク 付け し 、 シ ス テ ム を ク ラ ス タ メ ン
バーシ ッ プか ら 除外 し ます。 こ の例の詳細は次の と お り です。
■
シ ス テ ム 0 と シ ス テ ム 1 の GAB は、 シ ス テ ム 2 と シ ス テ ム 3 を
DOWN と し てマー ク 付け し 、 それ ら を ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プか ら 除
外 し ます。
■
シ ス テ ム 2 と シ ス テ ム 3 の GAB は、 シ ス テ ム 0 と シ ス テ ム 1 を
DOWN と し てマー ク 付け し 、 それ ら を ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プか ら 除
外 し ます。
4 つの各シ ス テ ムの GAB は、 メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ン を行 う た
めに メ ンバーシ ッ プの変更を vxfen ド ラ イ バに伝え ます。 各サブ ク ラ ス タ は
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制御権を獲得 し よ う と し ます。 こ の例の詳細は次
の と お り です。
■
シ ス テ ム 0 は LLT ID が低いため、 自身 と シ ス テ ム 1 を代表 し て制御権
の獲得競争に参加 し ます。
■
シ ス テ ム 2 は LLT ID が低いため、 自身 と シ ス テ ム 3 を代表 し て制御権
の獲得競争に参加 し ます。
■
4 つの各シ ス テ ムの GAB は メ ンバーシ ッ プの変更を HAD に も 伝え ます。
HAD はフ ェ ン シ ン グモジ ュ ールか ら の メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ン
の結果を待っ てか ら 、 以降の処理を実行 し ます。
■
シ ス テ ム 0 が コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制御権を獲得 し 、 シ ス テ ム 2 と シ ス
テ ム 3 の登録キーをデ ィ ス ク か ら 削除 し た と 仮定 し ます。 結果は次の と お り
です。
■
シ ス テ ム 0 が コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制御権を獲得 し ます。 シ ス テ ム
0 の フ ェ ン シ ン グモジ ュ ールは、 制御権の獲得に成功 し た こ と を現在の
ク ラ ス タ 内の他のすべての フ ェ ン シ ン グモジ ュ ール ( こ の場合はシ ス テ
ム 0 と シ ス テ ム 1) に伝達 し ます。 次に、 各シ ス テ ムの フ ェ ン シ ン グモ
ジ ュ ールは成功を HAD に伝達 し ます。 シ ス テ ム 0 と シ ス テ ム 1 は有効
な現在の ク ラ ス タ メ ンバー と し て残 り ます。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使 う VCS 操作の例
■
シ ス テ ム 2 は コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の制御権の獲得に失敗 し ます。 シ
ス テ ム 2 の フ ェ シ ン グモジ ュ ールはカーネルパニ ッ ク を呼び出 し 、 シ ス
テ ムは再起動 し ます。
■
シ ス テ ム 3 はシ ス テ ム 2 のカーネルパニ ッ ク か ら 別の メ ンバーシ ッ プの
変更を認識 し ます。 シ ス テ ム 2 は、 こ のサブ ク ラ ス タ で コ ーデ ィ ネー タ
デ ィ ス ク の制御権の獲得競争に参加 し た シ ス テ ムであ っ たため、 シ ス テ
ム 3 も パニ ッ ク を起 こ し ます。
■
HAD は、 メ ンバーシ ッ プの変更に基づいて、 関連付け ら れたすべてのポ リ
シーま たは リ カバ リ 処理を実行 し ます。
■
シ ス テ ム 2 と シ ス テ ム 3 は、 共有ス ト レージにア ク セ ス で き な く な り ます
(シ ス テ ム 0 ま たはシ ス テ ム 1 に よ っ て現在テ イ ク オーバー さ れてい る サー
ビ ス グループに共有ス ト レージが含まれていた場合)。
■
シ ス テ ム 2 と シ ス テ ム 3 が ク ラ ス タ に再参加す る には、 管理者は次の処理を
実行す る 必要があ り ます。
■
シ ス テ ム 2 と シ ス テ ム 3 を シ ャ ッ ト ダ ウ ン し ます。
■
ク ラ ス タ 相互接続 リ ン ク を解決 し ます。
■
シ ス テ ム 2 と シ ス テ ム 3 を再起動 し ます。
さ ま ざ ま な イ ベ ン ト シナ リ オでのデ ィ ス ク ベース
I/O フ ェ ン シ ン グの動作
表 9-1 に、 障害 イ ベン ト の各種シナ リ オで、 デー タ の破損を回避す る ために I/O
フ ェ ン シ ン グが ど の よ う に動作す る かを示 し ます。 ま た、 イ ベン ト ご と にオペ
レー タ の修正ア ク シ ョ ン を示 し ます。
表 9-1
イ ベン ト
I/O フ ェ ン シ ングのシナ リ オ
ノ ー ド A の動作
ノ ー ド A は、 コ ーデ ィ
両方のプ ラ イ
ネー タ デ ィ ス ク の定足数
ベー ト ネ ッ ト
ワ ー ク で障害が を獲得 し よ う と し ます。
発生。
ノ ー ド A は、 コ ーデ ィ
ネー タ デ ィ ス ク の競合
に勝利す る と 、 ノ ー ド B
を共有デ ィ ス ク の登録
か ら 除外 し て処理を続
行 し ます。
ノ ー ド B の動作
オペレー タ の
アクシ ョ ン
ノ ー ド B は、 コ ーデ ィ
ネー タ デ ィ ス ク の定足数
を獲得 し よ う と し ま す。
ノード B がク ラ
ス タか ら切 り 離
さ れた ら 、 ノ ー
ド B を復帰 さ せ
る 前にプ ラ イ
ベー ト ネ ッ ト
ワ ー ク を修復 し
ます。
ノ ー ド B は、 コ ーデ ィ
ネー タ デ ィ ス ク の競合
に敗退す る と 、 ク ラ ス
タ か ら 自分自身を切 り
離 し ます。
305
306
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使 う VCS 操作の例
表 9-1
I/O フ ェ ン シ ングのシナ リ オ
イ ベン ト
ノ ー ド A の動作
ノ ー ド B の動作
オペレー タ の
アクシ ョ ン
上記 イ ベン ト 後
に、 両方のプ ラ
イ ベー ト ネ ッ ト
ワ ー ク が再び正
常に動作す る 。
ノ ー ド A は処理を続行 し
ます。
ノード B はク ラ ッシュ し
てい ます。 単に再起動 し
ただけでは、 ノ ー ド B は
デー タ デ ィ ス ク に書 き 込
めないため、 デー タ ベー
ス を起動で き ま せん。
プ ラ イ ベー ト
ネ ッ ト ワー ク が
復元 さ れた ら
ノ ー ド B を再起
動す る 。
ノ ー ド A は、 I/O フ ェ ン
一方のプ ラ イ
ス のエ ラ ー メ ッ セージ を
ベー ト ネ ッ ト
ワ ー ク でエ ラ ー コ ン ソ ールに表示 し 、 処
理を続行 し ま す。
が発生す る 。
ノ ー ド B は IOFENCE に関
す る メ ッ セージ を コ ン
ソ ールに表示す る が、 動
作を続け る 。
プ ラ イ ベー ト
ネ ッ ト ワー ク を
修復 し ます。
ネ ッ ト ワー ク の
修復後に、 両方
の ノ ー ド は修復
し たネ ッ ト ワ ー
ク を自動的に使
い ま す。
ノ ー ド A がハン ノ ー ド A は、 何 ら かの理
グす る 。
由で異常な ビ ジー状態に
な っ てい る か、 カーネル
デバ ッ ガに制御 さ れてい
ます。
ノード B はノード A との
ハー ト ビー ト を失い、
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク
の定足数を獲得 し よ う と
し ま す。
プ ラ イ ベー ト
ネ ッ ト ワー ク の
機能を確認 し 、
ノ ー ド A を再起
動す る 。
ノ ー ド A がハン グ状態ま
たはカーネルデバ ッ ガの
制御か ら 解放 さ れ る と 、
キ ュ ー イ ン グ さ れていた
デー タ デ ィ ス ク への書 き
込みは、 ノ ー ド A の登録
が解除 さ れてい る ため失
敗 し ま す。 ノ ー ド A は、
自身の登録が解除 さ れた
こ と を示す メ ッ セージ を
GAB か ら 受信す る と 、 ク
ラ ス タ か ら 自分自身を切
り 離 し ます。
ノ ー ド B は コ ーデ ィ ネー
タ デ ィ ス ク の競合に勝利
す る と 、 ノ ー ド A の登録
を共有デ ィ ス ク か ら 解除
し ま す。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使 う VCS 操作の例
表 9-1
イ ベン ト
I/O フ ェ ン シ ングのシナ リ オ
ノ ー ド A の動作
ノ ー ド A は再起動 さ れ、
I/O フ ェ ン シ ン グ ド ラ イ
バ (vxfen) は ノ ー ド B が
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク
に登録 さ れてい る こ と を
検出す る 。 プ ラ イ ベー ト
ネ ッ ト ワ ー ク がダ ウ ン し
てい る ため、 ド ラ イ バは
ノード B がク ラ ス タの メ
ンバー と し て一覧表示 さ
れてい る こ と を認識 し ま
ノ ー ド に電源が
せん。 こ のため、 I/O
戻 り 再起動 さ れ
フ ェ ン シ ン グデバ イ ス ド
る が、 プ ラ イ
ラ イ バは ノ ー ド A が ク ラ
ベー ト ネ ッ ト
ス タ に参加す る こ と を拒
ワ ー ク は依然 と
否 し ます。 ノ ー ド A の コ
し て電源がオ フ
ン ソ ールは次の内容を表
にな っ てい る 。
示 し ます。
Potentially a
preexisting split
brain.Dropping out
of the
cluster.Refer to
the user
documentation for
steps required to
clear preexisting
split brain.
ノ ー ド A、 ノ ー
ド B の電源お よ
びプ ラ イ ベー ト
ネ ッ ト ワー ク が
遮断 さ れ る 。
コ ーデ ィ ネー タ
デ ィ ス クおよび
デー タ デ ィ ス ク
の電源は維持 さ
れる。
ノ ー ド B の動作
オペレー タ の
アクシ ョ ン
ノ ー ド B は再起動 さ れ、
I/O フ ェ ン シ ン グ ド ラ イ
バ (vxfen) は ノ ー ド A
が コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス
ク に登録 さ れてい る こ と
を検出す る 。 プ ラ イ ベー
ト ネ ッ ト ワ ー ク がダ ウ ン
し てい る ため、 ド ラ イ バ
は ノード A がク ラ ス タの
メ ンバー と し て一覧表示
さ れてい る こ と を認識 し
ま せん。 こ のため、 I/O
フ ェ ン シ ン グデバ イ ス ド
ラ イ バは ノ ー ド B が ク ラ
ス タ に参加す る こ と を拒
否 し ます。 ノ ー ド B の コ
ン ソ ールは次の内容を表
示 し ます。
Potentially a
preexisting split
brain.Dropping out
of the
cluster.Refer to
the user
documentation for
steps required to
clear preexisting
split brain.
すでに発生 し て
いる スプ リ ッ ト
ブ レ イ ン状態を
解決す る 。
605 ページの
「他デー タ 破損
の可能性を防止
す る ためのシ ス
テ ムパニ ッ ク 」
を参照 し て く だ
さ い。
307
308
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使 う VCS 操作の例
表 9-1
I/O フ ェ ン シ ングのシナ リ オ
イ ベン ト
ノ ー ド A の動作
ノ ー ド B の動作
オペレー タ の
アクシ ョ ン
ノ ー ド B がダ
ウ ン し てい る
間に ノ ー ド A
がク ラ ッシュ
する。 ノ ー ド
B は再起動 さ
れ る が、 ノ ー
ド A は停止 し
た ま ま であ る 。
ノード A はク ラ ッシュ し
てい ま す。
ノ ー ド B は再起動 さ れ、
ノ ー ド A が コ ーデ ィ
ネー タ デ ィ ス ク に登録 さ
れてい る こ と を検出す
る 。 ド ラ イ バは、 ノ ー ド
A が ク ラ ス タ の メ ンバー
と し て一覧表示 さ れてい
る こ と を認識 し ま せん。
I/O フ ェ ン シ ン グデバ イ
ス ド ラ イ バは コ ン ソ ール
に次の メ ッ セージ を表示
し ま す。
すでに発生 し て
いる スプ リ ッ ト
ブ レ イ ン状態を
解決す る 。
605 ページの
「他デー タ 破損
の可能性を防止
す る ためのシ ス
テ ムパニ ッ ク 」
を参照 し て く だ
さ い。
Potentially a
preexisting split
brain.Dropping out
of the
cluster.Refer to
the user
documentation for
steps required to
clear preexisting
split brain.
3 つの コ ーデ ィ ノ ー ド A は、 ク ラ ス タ
ネー タ デ ィ ス ク か ら 切 り 離 さ れ る ノ ー
の う ちの 2 つを ド がない限 り 動作を続
含むデ ィ ス ク ア 行 し ま す。
レ イ の電源が遮
断 さ れる。
ノ ー ド B は、 ク ラ ス タ
か ら切 り 離される ノー
ド がない限 り 動作を続
行 し ます。
ノ ー ド A は、 コ ーデ ィ
ノード B はク ラ ス タから
ネー タ デ ィ ス ク の定足数 切 り 離 さ れ ま す。
を獲得 し よ う と し ま す。 3
つの コ ーデ ィ ネー タ デ ィ
ス ク の う ち 1 つ し か使え
ないため、 ノ ー ド A は定
ノ ー ド B は ク ラ 足数の確保に失敗 し ます。
ス タか ら切 り 離 ノ ー ド A は ク ラ ス タ から
さ れ、 デ ィ ス ク 自分自身を切 り 離 し ます。
ア レ イ は電源が
切れた ま ま で あ
る。
失敗 し たデ ィ ス
ク ア レ イ の電源
を入れ、 I/O
フ ェ ンシング ド
ラ イ バを再起動
し て、 ノ ー ド A
をすべての コ ー
デ ィ ネー タ デ ィ
ス ク に登録で き
る よ う にし ま
す。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない、 ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プ と デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ング を使わない、 ク ラ ス タ メ ンバー
シ ッ プ と デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グの使用に関係な く 、 ク ラ ス タ を適切にシーデ ィ ン グ し て低優先
度のハー ト ビー ト の ク ラ ス タ 相互接続 リ ン ク を使用す る こ と が推奨 さ れます。 ま
た、 ク ラ ス タ 内のシ ス テ ム間で複数の ク ラ ス タ 相互接続 リ ン ク を設定す る こ と が
推奨 さ れます。 こ れに よ り 、 GAB は次の 2 つの状態を区別で き ます。
■
すべてのハー ト ビー ト リ ン ク が同時に消失す る 。 こ れはシ ス テ ムの障害 と
解釈 さ れます。 こ の場合、 フ ェ ールオーバー設定に よ っ ては、 そのシ ス テ
ムで実行 さ れていたサービ ス を HAD が別のシ ス テ ムで再起動す る 場合が
あ り ます。
■
すべてのハー ト ビー ト リ ン ク が時間を かけて消失す る 。 こ れは相互接続の障
害 と 解釈 さ れます。 こ の場合、 シ ス テ ムが停止 し てい る 可能性は低い と 考え
ら れ る ため、 HAD は別のシ ス テ ムでのサービ ス の再起動を試みません。
こ の区別を意味のあ る も のにす る には、 ク ラ ス タ 相互接続 リ ン ク にネ ッ ト ワ ー
ク ハブや イ ーサネ ッ ト カー ド な ど の単一点障害を設けない よ う にす る こ と が重
要です。
JEOPARDY について
ど の よ う な場合 も 、 設定済みの任意の LLT イ ン タ ーフ ェ ース で別のシ ス テ ムか
ら のハー ト ビー ト メ ッ セージ を シ ス テ ムの LLT が受信 し な く な っ た場合、 GAB
は メ ンバーシ ッ プの変更を報告 し ます。
シ ス テ ムに ク ラ ス タ への相互接続 リ ン ク が 1 つだけ残っ てい る 場合、 GAB はシ
ス テ ムの消失なのか ま たはネ ッ ト ワ ー ク の消失なのかを確実に区別で き な く な り
ます。 シ ス テ ムの メ ンバーシ ッ プの信頼性に リ ス ク があ る と みな さ れます。 こ の
よ う な状況では、 特別の メ ンバーシ ッ プカ テ ゴ リ が適用 さ れます。 こ れを
JEOPARDY メ ンバーシ ッ プ と 呼びます。 こ れに よ り 、 メ ンバーシ ッ プアービ ト
レーシ ョ ンや SCSI-3 対応デバ イ ス を使わない、 最良の ス プ リ ッ ト ブ レ イ ン保護
が実現 し ます。
シ ス テ ムが JEOPARDY メ ンバーシ ッ プ状態にな る と 、 2 つの処理が実行 さ れ
ます。
■
シ ス テ ムが最後の相互接続 リ ン ク を失 う と 、 VCS はシ ス テ ムで実行 さ れて
い る サービ ス グループを自動無効化状態に し ます。 自動無効化状態のサービ
ス グループは リ ソ ース ま たはグループの障害時にはフ ェ ールオーバーで き ま
すが、 シ ス テ ムの障害時には管理者に よ っ て自動無効化状態の フ ラ グが手動
で ク リ ア さ れない限 り フ ェ ールオーバーで き ません。
■
VCS はシ ス テ ム を単一シ ス テ ム ク ラ ス タ と し て操作 し ます。 ク ラ ス タ 内の
他のシ ス テ ムは、 別の ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プに分割 さ れます。
309
310
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない VCS 動作の例
DDNA (Daemon Down Node Alive) について
Daemon Down Node Alive (DDNA) と は、 ノ ー ド 上の VCS 高可用性デーモン
(HAD) が失敗 し て も ノ ー ド が実行 さ れてい る 状態を いい ます。 HAD が失敗す
る と 、 hashadow プ ロ セ スは HAD を再度オン ラ イ ン化 し よ う と 試みます。
hashadow プ ロ セ ス が HAD のオン ラ イ ン化に成功する と 、 シ ス テ ムは DDNA メ
ンバーシ ッ プか ら 除外 さ れて通常 メ ンバーシ ッ プに参加 し ます。
DDNA 状態では、 VCS には ノ ー ド 上のサービ ス グループの状態に関す る 情報が
あ り ません。 し たがっ て、 VCS は自動無効化 さ れた状態の影響を受け る ノ ー ド
上でオン ラ イ ンにな っ てい る すべてのサービ ス グループを配置 し ます。 ノ ー ド 上
でオン ラ イ ン化 さ れたサービ ス グループはフ ェ ールオーバーで き ません。
自動無効化 さ れたサービ ス グループの フ ェ ールオーバーには、 手動での介入が必
要です。 管理者が、 影響を受けた ノ ー ド 上で実行 し てい る リ ソ ース を開放 し 、 リ
ソ ース の障害を ク リ ア し て、 別の ノ ー ド 上でサービ ス グループを オン ラ イ ン化す
る必要があ り ます。
GAB の登録監視機能を使っ て DDNA 状態を検出で き ます。
576 ページの 「登録の監視」 を参照 し て く だ さ い。
I/O フ ェ ン シ ング を使わない VCS 動作の例
次のシナ リ オを使っ て、 I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない ク ラ ス タ での各種 イ ベン ト
お よ び VCS の応答について説明 し ます。
低優先度 リ ン ク を持たない 4 つのシ ス テムで構成 さ れた ク ラ ス タ
プ ラ イ ベー ト の 2 つの ク ラ ス タ 相互接続ハー ト ビー ト リ ン ク を持つ、 4 つのシ ス
テ ムで構成 さ れた ク ラ ス タ について考え ます。 ク ラ ス タ に低優先度 リ ン ク はあ り
ません。
パブ リ ッ ク ネ ッ ト ワー ク
ノード 0
ノード 1
ノード 2
ノード 3
通常 メ ンバーシ ッ プ : 0、 1、 2、 3
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない VCS 動作の例
ク ラ ス タ 相互接続 リ ン ク に障害が発生
こ の例では、 シ ス テ ム 2 への リ ン ク に障害が発生 し 、 シ ス テ ム 2 には 1 つの ク ラ
ス タ 相互接続 リ ン ク だけが残 り ます。
パブ リ ッ ク ネ ッ ト ワー ク
システム 0 システム 1 シス テム 2 シ ス テム 3
✗
通常 メ ンバーシ ッ プ : 0、 1、 2、 3
JEOPARDY メ ンバーシ ッ プ : 2
ク ラ ス タ が再形成 さ れます。 シ ス テ ム 0、 1、 2、 3 は通常 メ ンバーシ ッ プの状態
にあ り 、 シ ス テ ム 2 は JEOPARDY メ ンバーシ ッ プの状態です。 シ ス テ ム 2 の
サービ ス グループは自動無効化状態です。 リ ソ ース の障害に よ り 発生す る サービ
ス グループの通常の フ ェ ールオーバーな ど、 通常の ク ラ ス タ 操作はすべて継続 し
て行われます。
311
312
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない VCS 動作の例
ク ラ ス タ 相互接続 リ ン クの障害後にシ ス テム障害が発生
こ の例では、 シ ス テ ム 2 への リ ン ク に障害が発生 し 、 シ ス テ ム 2 は JEOPARDY
メ ンバーシ ッ プに置かれます。 その後、 電源障害に よ り シ ス テ ム 2 に障害が発生
し ます。
パブ リ ッ ク ネ ッ ト ワー ク
シス テム 0 シ ス テム 1 シ ス テム 2 システム 3
✗✗
通常 メ ンバーシ ッ プ : 0、 1、 3 (シ ス
テム 2 は以前 JEOPARDY メ ンバーシ ッ
プ であ っ た こ と が認識 さ れてい る)
シ ス テ ム 0、 1、 3 はシ ス テ ム 2 に障害が発生 し てい る こ と を認識 し てい ます。
ク ラ ス タ が再形成 さ れます。 シ ス テ ム 0、 1、 3 は通常 メ ンバーシ ッ プの状態で
す。 シ ス テ ム 2 が JEOPARDY メ ンバーシ ッ プに変わ っ た と き に、 シ ス テ ム 2 で
実行 さ れていたサービ ス グループは自動無効化 さ れま し た。 現在、 シ ス テ ムは完
全な障害状態ですが、 シ ス テ ム 2 で実行 さ れていたサービ ス グループの
AutoDisabled フ ラ グ を シ ス テ ム管理者が手動で ク リ ア し ない限 り 、 他のシ ス テ
ムは こ のサービ ス グループの所有権を仮定で き ません。
ただ し 、 フ ラ グ を ク リ ア し た後、 ク ラ ス タ 内の他のシ ス テ ムで こ のサービ ス グ
ループを手動でオン ラ イ ンにで き ます。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない VCS 動作の例
高優先度のすべてのク ラ ス タ 相互接続に障害が発生
こ の例では、 シ ス テ ム 2 へのすべての高優先度 リ ン ク に障害が発生 し ます。 こ の
障害の発生形式は 2 種類あ り ます。
.
パブ リ ッ ク ネ ッ ト ワー ク
シ ス テム 0 シ ス テム 1 シ ス テム 2 シ ス テム 3
✗✗
通常 メ ンバーシ ッ プ : 0、 1、 3 (ク ラ ス タ 1)
■
シ ス テ ム 2 への両方の リ ン ク に同時に障害が発生する
シ ス テ ム 2 は JEOPARDY メ ンバーシ ッ プ状態にな り ませんで し た。 低優先
度 リ ン ク がないため、 ク ラ ス タ は 2 つのサブ ク ラ ス タ に分割 さ れます。 シ ス
テ ム 0、 1、 3 が 1 つのサブ ク ラ ス タ に含まれ、 シ ス テ ム 2 が も う 1 つのサ
ブ ク ラ ス タ に含まれます。 こ れは ス プ リ ッ ト ブ レ イ ンのシナ リ オです。
■
シ ス テ ム 2 への両方の リ ン ク にそれぞれ別の時間に障害が発生する
2 番目の リ ン ク に障害が発生 し た と き に、 シ ス テ ム 2 は JEOPARDY メ ン
バーシ ッ プの状態で し た。 し たがっ て、 シ ス テ ム 2 でオン ラ イ ンにな っ てい
たサービ ス グループは自動無効化 さ れま し た。 管理者の介入な し に、 他のシ
ス テ ムが こ のサービ ス グループを オン ラ イ ンにす る こ と はで き ません。
シ ス テ ム 0、 1、 3 は ミ ニ ク ラ ス タ を形成 し ます。 シ ス テ ム 2 は、 単一シ ス
テ ムの も う 1 つの ミ ニ ク ラ ス タ を形成 し ます。 シ ス テ ム 2 では、 シ ス テ ム
0、 1、 3 に存在 し ていたすべてのサービ ス グループが自動無効化 さ れます。
313
314
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない VCS 動作の例
低優先度 リ ン ク を持つ 4 つのシ ス テムで構成 さ れた ク ラ ス タ
プ ラ イ ベー ト の 2 つの ク ラ ス タ 相互接続ハー ト ビー ト リ ン ク と パブ リ ッ ク の
1 つの低優先度 リ ン ク を持つ、 4 つのシ ス テ ムで構成 さ れた ク ラ ス タ について考
え ます。
パブ リ ッ ク ネ ッ ト ワー ク
シ ス テム 0 シ ス テム 1 シ ス テム 2 システム 3
通常 メ ンバーシ ッ プ : 0、 1、 2、 3
ク ラ ス タ 状態はプ ラ イ ベー ト ネ ッ ト ワー ク 上
ハー ト ビ ー ト だけはパブ リ ッ ク ネ ッ ト ワー ク 上
ク ラ ス タ 相互接続 リ ン ク に障害が発生
こ の例では、 シ ス テ ム 2 への リ ン ク に障害が発生 し 、 シ ス テ ム 2 には 1 つの ク ラ
ス タ 相互接続 リ ン ク と 低優先度 リ ン ク が残 り ます。
パブ リ ッ ク ネ ッ ト ワー ク
シ ス テム 0 システム 1 システム 2 システム 3
✗
通常 メ ンバーシ ッ プ : 0、 1、 3
JEOPARDY な し
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない VCS 動作の例
他のシ ス テ ムは、 残っ てい る プ ラ イ ベー ト リ ン ク 経由ですべての ク ラ ス タ 状態 ト
ラ フ ィ ッ ク を シ ス テ ム 2 に送信 し 、 互いのシ ス テ ム間の ト ラ フ ィ ッ ク については
両方のプ ラ イ ベー ト リ ン ク を使い ます。 低優先度 リ ン ク では引 き 続 き ハー ト ビー
ト 信号のみが伝送 さ れます。 シ ス テ ム障害を確認す る ための 2 つの リ ン ク が残っ
てい る ため、 JEOPARDY 状態は適用 さ れません。
ク ラ ス タ 相互接続 リ ン クの障害後にシ ス テム障害が発生
こ の例では、 シ ス テ ム 2 への リ ン ク に障害が発生 し ます。 低優先度のハー ト ビー
ト リ ン ク があ る ため、 シ ス テ ム 2 は JEOPARDY メ ンバーシ ッ プ状態にな り ませ
ん。 その後、 電源障害に よ り シ ス テ ム 2 に障害が発生 し ます。
.
パブ リ ッ ク ネ ッ ト ワー ク
シ ス テム 0 シ ス テム 1 シ ス テム 2 シ ス テム 3
✗✗
通常 メ ンバーシ ッ プ : 0、 1、 3
シ ス テ ム 0、 1、 3 はシ ス テ ム 2 に障害が発生 し てい る こ と を認識 し てい ます。
ク ラ ス タ が再形成 さ れます。 シ ス テ ム 0、 1、 3 は通常 メ ンバーシ ッ プの状態で
す。 シ ス テ ム障害時に フ ェールオーバーす る よ う に設定 さ れたシ ス テ ム 2 のサー
ビ ス グループは、 別の タ ーゲ ッ ト シ ス テ ムでオン ラ イ ン化が試み ら れます (その
シ ス テ ムが存在す る 場合)。
315
316
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない VCS 動作の例
高優先度のすべてのク ラ ス タ 相互接続に障害が発生
こ の例では、 シ ス テ ム 2 への高優先度 ク ラ ス タ 相互接続 リ ン ク の両方に障害が発
生 し 、 シ ス テ ム 2 には低優先度 リ ン ク だけが残 り ます。
ク ラ ス タ 状態の通信は、 シ ス テ ム 2 への低優先度 リ ン ク を経由す る よ う にな り ま
す。 シ ス テ ム 2 は JEOPARDY メ ンバーシ ッ プ状態にな り ます。 シ ス テ ム 2 の
サービ ス グループは自動無効化 さ れ、 サービ ス グループ属性 AutoFailOver は
0 に設定 さ れます。 し たがっ て、 シ ス テ ム障害時にサービ ス グループはフ ェ ール
オーバー さ れません。
.
パブ リ ッ ク ネ ッ ト ワー ク
システム 0 シス テム 1 シ ス テム 2 シ ス テム 3
✗✗
通常 メ ンバーシ ッ プ : 0、 1、 3
JEOPARDY メ ンバーシ ッ プ : 2
ク ラ ス タ 相互接続 リ ン ク が再確立 さ れ る と 、 すべての ク ラ ス タ 状態通信は ク ラ
ス タ 相互接続に復帰 し 、 低優先度 リ ン ク はハー ト ビー ト 信号のみを送信す る よ
う に戻 り ます。 こ の時点で、 シ ス テ ム 2 は通常の ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プに戻
り ます。
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
ク ラ ス タ 通信におけ る ベス ト プ ラ ク テ ィ スの概略
ク ラ ス タ 通信におけるベス ト プ ラ ク テ ィ スの概略
こ こ では、 適切な ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プ と デー タ 保護を最適にサポー ト す る た
めに推奨 さ れ る ク ラ ス タ 通信のベス ト プ ラ ク テ ィ ス を説明 し ます。
■
ク ラ ス タ の自動シーデ ィ ン グ を行 う 前にシ ス テ ムのサブセ ッ ト だけでな く す
べてのシ ス テ ム を GAB メ ンバーシ ッ プに参加す る よ う に要求 し て、 ク ラ ス
タ の適切なシーデ ィ ン グ を行い ます。
すべてのシ ス テ ムが含ま れていない場合は、 管理者が手動で介入 し 、 ス プ
リ ッ ト ブ レ イ ン状態の可能性を排除 し てか ら ク ラ ス タ の手動シーデ ィ ン グ を
行 う 必要があ り ます。
■
各 ク ラ ス タ シ ス テ ム間に複数の独立 し た通信ネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク を設定 し
ます。
ネ ッ ト ワ ー ク に、 共有のハブや イ ーサネ ッ ト カー ド な ど の単一点障害を設け
ないで く だ さ い。
■
すべての ノ ー ド で LLT 用の リ ン ク が同 じ リ ン ク 速度であ る 必要があ り ます
■
I/O フ ェ ン シ ン グに関係な く 、 ク ラ ス タ 内に低優先度の LLT リ ン ク を設定す
る こ と が推奨 さ れます。 I/O フ ェ ン シ ン グ を使わない ク ラ ス タ では、 こ れは
非常に重要です。
メ モ : ク ラ ス タ で、 Cluster File System (CFS) ま たは Oracle Real
Application Cluster (RAC) と 共に フ ェ ン シ ン グ を使用する 場合は こ の限 り
ではあ り ません。
理由は、 通常、 低優先度 リ ン ク では共有のパブ リ ッ ク ネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク が
使用 さ れ る ためです。 メ イ ンの ク ラ ス タ 相互接続に障害が発生 し 、 残っ た リ
ン ク が低優先度 リ ン ク だけの場合、 大量のデー タ が低優先度 リ ン ク に移動 し
ます。 こ れに よ り 、 パブ リ ッ ク ネ ッ ト ワ ー ク のパフ ォーマン ス が許容で き な
い レベルに ま で低下す る 可能性があ り ます。 低優先度 リ ン ク を設定 し ていな
い場合、 こ のケース では メ ンバーシ ッ プアービ ト レーシ ョ ンが実行 さ れ、 い
く つかのシ ス テ ムが停止す る 場合があ り ますが、 残 り のシ ス テ ムはパブ リ ッ
ク ネ ッ ト ワ ー ク に影響を与え る こ と な く 実行を続け ます。
I/O フ ェ ン シ ン グ を設定 し ないで、 CFS ま たは RAC を使用す る ク ラ ス タ を
作成す る こ と は推奨 さ れません。
317
318
ク ラ ス タ の通信、 メ ンバーシ ッ プ、 デー タ 保護について
ク ラ ス タ 通信におけ る ベス ト プ ラ ク テ ィ スの概略
■
コ ン ソ ールアボー ト シーケ ン ス を無効に し ます
ほ と ん ど の UNIX シ ス テ ムでは、 コ ン ソ ールアボー ト シーケ ン ス が提供 さ れ
ます。 管理者は こ れを使っ てプ ロ セ ッ サを停止お よ び続行で き ます。 プ ロ
セ ッ サを停止 し た後に操作を続行す る と デー タ が破損す る 場合があ り ます。
し たがっ て、 VCS は こ れをサポー ト し ません。
アボー ト シーケ ン ス を使っ てシ ス テ ム を停止す る と 、 シ ス テ ムはハー ト ビー
ト の作成を停止 し ます。 そのシ ス テ ムは ク ラ ス タ 内の他のシ ス テ ムか ら 障害
が発生 し た も の と みな さ れ、 そのサービ スはテ イ ク オーバー さ れます。 その
後、 別の コ ン ソ ールシーケ ン ス を使っ てシ ス テ ムが有効に さ れた場合、 その
シ ス テ ムのアプ リ ケーシ ョ ンが別のシ ス テ ムで再起動 さ れていて も 、 共有ス
ト レージへの書 き 込みは引 き続 き以前 と 同 じ よ う に実行 さ れます。
シマ ン テ ッ ク は、 コ ン ソ ールアボー ト シーケ ン ス を無効にす る か、 go コ マ
ン ド を強制す る エ イ リ ア ス を作成 し て、 I/O フ ェ ン シ ン グが実行 さ れていな
いシ ス テ ムで再起動を行 う こ と をお勧め し ます。
■
可能な限 り 最小の LUN を コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク と し て使用する よ う に選
択 し ます。 ど の よ う な設定で も 、 3 つを超え る コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク は必
要あ り ません。
■
ネ ッ ト ワ ー ク 分割後に ク ラ ス タ 相互接続を再接続す る には、 分割 さ れた ク ラ
ス タ の一方の側を必ずシ ャ ッ ト ダ ウ ン し ます。
通常 こ の状況はテ ス ト 中に発生 し ます。 管理者は、 ク ラ ス タ 相互接続を切
断 し てネ ッ ト ワ ー ク 分割を作成す る 場合があ り ます。 相互接続ケーブルを
再接続す る タ イ ミ ン グに よ っ ては、 予期 し ない動作が発生す る 可能性があ
り ます。
10
I/O フ ェ ン シ ングの管理
■
I/O フ ェ ン シ ン グの管理について
■
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ について
■
vxfenadm ユーテ ィ リ テ ィ について
■
vxfenclearpre ユーテ ィ リ テ ィ について
■
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について
■
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
320 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
I/O フ ェ ン シ ン グの管理について
I/O フ ェ ン シ ングの管理について
I/O フ ェ ン シ ン グ機能には、 VRTSvxfen パ ッ ケージ を通 じ て利用で き る 次の
ユーテ ィ リ テ ィ が用意 さ れてい ます。
vxfentsthdw
I/O フ ェ ン シ ン グ用のハー ド ウ ェ ア を テ ス ト し ます
321 ページの 「vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ について」 を参照 し て く
だ さ い。
vxfenconfig
I/O フ ェ ン シ ン グ の設定 と 設定解除を行い ます
vxfen ド ラ イ バが使用す る コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の リ ス ト をチ ェ ッ
ク し ま す。
vxfenadm
I/O フ ェ ン シ ン グ操作に関す る 情報を表示 し 、 I/O フ ェ ン シ ン グ用の
SCSI-3 デ ィ ス ク の登録 と 予約を管理 し ま す
329 ページの 「vxfenadm ユーテ ィ リ テ ィ について」 を参照 し て く だ
さ い。
vxfenclearpre
SCSI-3 の登録 と 予約をデ ィ ス ク か ら 削除 し ま す
334 ページの 「vxfenclearpre ユーテ ィ リ テ ィ について」 を参照 し て
く だ さ い。
vxfenswap
I/O フ ェ ン シ ン グ を停止 し ないで、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク を置 き 換
え ま す。
336 ページの 「vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について」 を参照 し て く
だ さ い。
vxfendisk
デ ィ ス ク グループ内のデ ィ ス ク のパ ス の一覧を生成 し ま す。 こ の
ユーテ ィ リ テ ィ を使 う には、 Veritas Volume Manager が イ ン ス ト ー
ルお よ び設定 さ れてい る 必要があ り ま す。
cpsadm
サーバーベー ス の フ ェ ン シ ン グ構成で CP サーバーを管理 し 、 保守 し
ます。
346 ページの 「 コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理」 を参
照 し て く だ さ い。
I/O フ ェ ン シ ン グ関連の コ マン ド は /opt/VRTS/bin フ ォルダにあ り ます。 こ の
フ ォ ルダのパ ス が PATH 環境変数に追加 さ れてい る こ と を確認 し て く だ さ い。
コ マ ン ド について詳 し く は、 対応す る マニ ュ アルページ を参照 し て く だ さ い。
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ について
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ について
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ を使えば、 デー タ 用の共有ス ト レージア レ イ が
SCSI-3 Persistent Reservation と I/O フ ェ ン シ ン グ をサポー ト す る こ と を確認で
き ます。 I/O フ ェ ン シ ン グの設定時に、 テ ス ト ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て 1 つの
デ ィ ス ク を テ ス ト し ます。 こ のユーテ ィ リ テ ィ には、 ス ト レージデバ イ ス を他の
設定でテ ス ト す る のに適 し てい る 可能性の高い他のオプシ ョ ンが備え ら れてい ま
す。 ま た、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループ も テ ス ト す る 必要があ り ます。
I/O フ ェ ン シ ン グ を設定す る には、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ールガ イ ド 』
を参照 し て く だ さ い。
こ のユーテ ィ リ テ ィ は、 ク ラ ス タ 内の 1 つのシ ス テ ムか ら 実行で き ます。 こ の
ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て、 指定 し たデ ィ ス ク への SCSI-3 登録の設定 と 確認、
デ ィ ス ク への Persistent Reservation の設定 と 確認、 デ ィ ス ク へのデー タ の書 き
込み と 読み取 り 、 デ ィ ス ク か ら の登録の削除な ど を行っ て、 デー タ 用 と し て使用
す る ス ト レージ を テ ス ト し ます。 vxfentsthdw (1M) マニ ュ アルページ も 参照
し て く だ さ い。
vxfentsthdw の使用に関する一般的なガ イ ド ラ イ ン
■
こ のユーテ ィ リ テ ィ を使 う には、 2 つのシ ス テ ムが共有ス ト レージに接続 さ
れてい る 必要があ り ます。
注意 : -r オプシ ョ ン を使わずにテ ス ト を行 う と 、 デ ィ ス ク のデー タ は上書き
さ れ破棄 さ れます。
■
2 つの ノ ー ド には ssh 通信 (デフ ォ ル ト ) ま たは rsh 通信が必要です。 rsh
を使 う 場合は、 -n オプシ ョ ン を指定 し て vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ を起
動 し ます。
テ ス ト プ ロ セ ス が完了 し た ら 、 通信用の権限を削除 し てパブ リ ッ ク ネ ッ ト
ワ ー ク 接続を復元で き ます。
■
テ ス ト 中に 2 つのシ ス テ ムが同 じ デ ィ ス ク に接続 さ れてい る こ と を確認す る
には、 vxfenadm -i diskpath コ マ ン ド を実行 し てデ ィ ス ク のシ リ アル番
号を確認で き ます。
333 ページの 「 ノ ー ド が同 じ デ ィ ス ク を認識 し てい る こ と の確認」 を参照 し
て く だ さ い。
■
複数のデ ィ ス ク を持つデ ィ ス ク ア レ イ の場合、 デ ィ ス ク グループを作成す る
前に -m オプシ ョ ン を使っ てい く つかのデ ィ ス ク のサンプルを取得 し た り 、
-g オプシ ョ ン を使っ てすべてのデ ィ ス ク を テ ス ト し た り し ます。
321
322 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ について
■
ユーテ ィ リ テ ィ は、 デ ィ ス ク が I/O フ ェ ン シ ン グに使用で き る こ と を、 次の
よ う な メ ッ セージで示 し ます。
このディスク /dev/sdr は、 ノード galaxy で I/O フェンシング用に設定できます
(The disk /dev/sdr is ready to be configured for I/O Fencing on
node galaxy)
デ ィ ス ク が準備で き た こ と が メ ッ セージに示 さ れていない場合、 検証は失敗
し てい ます。
■
テ ス ト を行 う デ ィ ス ク に SCSI-3 登録キーがすでに存在す る 場合、 テ ス ト が
続行 さ れ る 前に警告が出力 さ れます。
vxfentsthdw オプ シ ョ ン
表 10-2 を使っ て、 ユーテ ィ リ テ ィ が提供す る 、 ス ト レージデバ イ ス を テ ス ト す
る ための 3 つの方法について説明 し ます。
表 10-2
vxfentsthdw オプ シ ョ ン
vxfentsthdw の 説明
オプ シ ョ ン
用途
-n
ユーテ ィ リ テ ィ は rsh を使っ て通
信を行い ます。
rsh を使っ た通信が行われ る 場合
に使い ます。
-r
非破壊テ ス ト 。 デ ィ ス ク の SCSI-3 非破壊テ ス ト 時に使い ま す。
Persistent Reservation テ ス ト が
327 ページの 「デ ィ ス ク での -r オ
非破壊の方法で行われ ます。 つ ま プシ ョ ン を使っ た非破壊テ ス ト の
り 、 読み取 り のみがテ ス ト さ れ、 実行」 を参照 し て く だ さ い。
書 き 込みはテ ス ト さ れ ません。
-m、 -f、 -g のオプ シ ョ ン と 併用で
き ます。
-t
TUR テ ス ト を実行す る 場合。
SCSI-3 予約時の SCSI TEST
UNIT (TUR) コ マ ン ド の戻 り 値を
テ ス ト し ま す。 TUR テ ス ト がエ
ラ ーにな る と 、 警告が出力 さ れ ま
す。
-d
DMP デバ イ ス を使い ま す。
-c ま たは -g のオプシ ョ ン と 併用
で き ます。
デフ ォ ル ト では、 ス ク リ プ ト は
デ ィ ス ク グループ内のデ ィ ス ク の
DMP パ ス を選択 し ま す。
ス ク リ プ ト がデ ィ ス ク グループに
RAW パ ス を使 う よ う にす る には、
-w オプ シ ョ ン を使い ます。
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ について
表 10-2
vxfentsthdw オプ シ ョ ン
vxfentsthdw の 説明
オプ シ ョ ン
用途
-w
-w オプシ ョ ン を使 う と 、 ス ク リ
プ ト はデ ィ ス ク グループ内のデ ィ
ス ク のオペレーテ ィ ン グ シ ス テ ム
パ ス を選択 し ま す。
RAW デバ イ ス を使い ます。
-c ま たは -g のオプシ ョ ン と 併用
で き ます。
デフ ォ ル ト では、 ス ク リ プ ト は -d
オプシ ョ ン を使っ てデ ィ ス ク グ
ループ内のデ ィ ス ク の DMP パ ス
を選択 し ます。
-c
-m
ユーテ ィ リ テ ィ は コ ーデ ィ ネー タ
デ ィ ス ク グループ を テ ス ト し ま
す。 シ ス テ ムお よ びデバ イ ス の指
定を求め る プ ロ ンプ ト を表示 し 、
成功 ま たは失敗を報告 し ます。
ユーテ ィ リ テ ィ を手動に よ り 対話
式で実行 し ます。 シ ス テ ムお よ び
デバ イ ス の指定を求め る プ ロ ン プ
ト を表示 し 、 成功 ま たは失敗を報
告 し ます。
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループ
のデ ィ ス ク のテ ス ト 。
325 ページの 「vxfentsthdw -c を
使っ た コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グ
ループのテ ス ト 」 を参照 し て く だ
さ い。
い く つかのデ ィ ス ク のテ ス ト 、 ま
たは比較的大 き いア レ イ のデ ィ ス
ク のサン プ リ ン グ。
324 ページの 「-m オプシ ョ ン を
使っ た共有デ ィ ス ク のテ ス ト 」 を
-r オプシ ョ ンお よ び -t オプ シ ョ ン 参照 し て く だ さ い。
と 併用で き ます。
-m はデフ ォ ル ト オプシ ョ ン です。
-f filename
ユーテ ィ リ テ ィ は、 テ キ ス ト フ ァ
イ ルに指定 さ れてい る シ ス テ ム と
デバ イ ス の組み合わせを テ ス ト し
ま す。
複数のデ ィ ス ク のテ ス ト 。
327 ページの 「-f オプシ ョ ン を
使っ た、 フ ァ イ ル内に指定 さ れた
共有デ ィ ス ク のテ ス ト 」 を参照 し
-r オプシ ョ ンお よ び -t オプ シ ョ ン て く だ さ い。
と 併用で き ます。
-g disk_group
多数のデ ィ ス ク お よ びデ ィ ス ク ア
レ イ のテ ス ト 。 テ ス ト 用のデ ィ ス
ク グループ を一時的に作成 し 、 テ
ス ト 後に破壊 (グループ解除) す
-r オプシ ョ ンお よ び -t オプ シ ョ ン
る こ と がで き ま す。
と 併用で き ます。
328 ページの 「-g オプシ ョ ン を
使っ たデ ィ ス ク グループ内のすべ
てのデ ィ ス ク のテ ス ト 」 を参照 し
て く だ さ い。
ユーテ ィ リ テ ィ は、 特定のデ ィ ス
ク グループ内のデ ィ ス ク デバ イ ス
をすべてテ ス ト し ます。
323
324 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ について
-m オ プ シ ョ ン を使 っ た共有デ ィ ス ク のテ ス ト
共有デ ィ ス ク を テ ス ト す る ための手順を確認 し ます。 デフ ォ ル ト では、 ユーテ ィ
リ テ ィ は -m オプシ ョ ン を使い ます。
こ の手順では、 /dev/sdr デ ィ ス ク を使い ます。
デ ィ ス ク が準備で き た こ と が メ ッ セージに示 さ れていない場合、 検証は失敗 し て
い ます。 検証が失敗 し てい る 場合、 デ ィ ス ク ア レ イ の設定が不適切な可能性があ
り ます。 不良デ ィ ス ク も 不適切な設定の原因 と な る 場合があ り ます。
失敗の原因が不良デ ィ ス ク であ る 場合、 そのデ ィ ス ク を削除 し て置 き 換え ます。
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ に次の よ う な メ ッ セージが表示 さ れ、 I/O フ ェ ン シ
ン グのためにデ ィ ス ク を使え る こ と を示 し ます。
このディスク /dev/sdr は、 ノード galaxy で I/O フェンシング用に設定できます
(The disk /dev/sdr is ready to be configured for I/O Fencing on node
galaxy)
vxfentsthdw ス ク リ プ ト を使っ てデ ィ ス ク を テス ト するには
1
シ ス テ ム間の通信が適切に機能 し てい る こ と を確認 し ます。
2
1 つの ノ ー ド か ら ユーテ ィ リ テ ィ を開始 し ます。
# vxfentsthdw [-n]
3
テ ス ト を実行す る と デ ィ ス ク のデー タ が上書 き さ れ る こ と を示す説明 と 警告
を確認 し た ら 、 処理の続行を確認 し て、 ノ ー ド 名を入力 し ます。
******** 警告 ******** (******** WARNING!!!!!!!! ********)
********
このユーティリティを実行すると、 ディスク上のデータが破棄されます。
(THIS UTILITY WILL DESTROY THE DATA ON THE DISK!!)
...
続行しますか ?: [y/n] (デフォルト : n)
(Do you still want to continue : [y/n] (default: n)) y
クラスタの最初のノードを入力してください :
(Enter the first node of the cluster:) galaxy
クラスタの 2 番目のノードを入力してください :
(Enter the second node of the cluster:) nebula
4
確認す る デ ィ ス ク 名を入力 し ます。 各 ノ ー ド で、 デ ィ ス ク は同 じ 名前で認識
さ れてい る 場合があ り ます。
ノード galaxy で SCSI-3 PGR のチェックが行われるディスク名を次の形式で入力して
ください :
(Enter the disk name to be checked for SCSI-3 PGR on node galaxy
in the format:)
DMP の場合 : (for dmp:) /dev/vx/rdmp/sdx
RAW の場合 : (for raw:) /dev/sdx
このディスクは、 ノード galaxy とノード nebula から見えるディスクと同じものであるこ
とを確認してください
(Make sure it’s the same disk as seen by nodes galaxy and nebula)
/dev/sdr
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ について
ノード nebula で SCSI-3 PGR のチェックが行われるディスク名を次の形式で入力して
ください :
(Enter the disk name to be checked for SCSI-3 PGR on node nebula
in the format:)
DMP の場合 : (for dmp:) /dev/vx/rdmp/sdx
RAW の場合 : (for raw:) /dev/sdx
このディスクは、 ノード galaxy とノード nebula から見えるディスクと同じものであるこ
とを確認してください
(Make sure it’s the same disk as seen by nodes galaxy and nebula)
/dev/sdr
デ ィ ス ク のシ リ アル番号が異な る 場合、 テ ス ト は終了 し ます。
5
出力に よ り 、 ユーテ ィ リ テ ィ が検査を実行 し 、 その活動を報告 し てい る こ と
を確認 し ます。
6
各 ノ ー ド のデ ィ ス ク が I/O フ ェ ン シ ン グ を実行で き る 状態にな る と 、 ユー
テ ィ リ テ ィ は正常終了を報告 し ます。
ディスク /dev/sdr でのすべてのテストは正常に終了しました。
(ALL tests on the disk /dev/sdr have PASSED)
このディスクは、 ノード galaxy で I/O フェンシング用に設定できます。
(The disk is now ready to be configured for I/O Fencing on node
galaxy)
7
検査す る 各デ ィ ス ク に対 し て vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ を実行 し ます。
vxfentsthdw -c を使 っ た コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループのテ ス ト
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て、 デ ィ ス ク が I/O フ ェ ン シ ン グ を サポー
ト す る よ う に設定 さ れてい る こ と を確認 し ます。 こ の手順では、 vxfentsthdw
ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て各 ノ ー ド か ら 一度に 1 つずつ、 3 つのデ ィ ス ク を テ ス
ト し ます。
■
ノ ー ド galaxy のデ ィ ス ク は、 /dev/sdg、 /dev/sdh、 /dev/sdi です。
■
ノ ー ド galaxy において、 デ ィ ス ク は /dev/sdx、 /dev/sdy、 /dev/sdz と な り
ます。
メ モ : vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループを
テ ス ト す る には、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループ vxfencoorddg が 2 つの ノ ー
ド か ら ア ク セ ス可能にな っ てい る 必要があ り ます。
vxfentsthdw -c を使っ て コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループ を テ ス ト するには
1
-c オプシ ョ ン を指定 し て vxfentsthdw コ マ ン ド を使い ます。 次に例を示 し
ます。
# vxfentsthdw -c vxfencoorddg
325
326 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ について
2
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク を テ ス ト す る ために使 う ノ ー ド を入力 し ます。
クラスタの最初のノードを入力してください :
(Enter the first node of the cluster:)
galaxy
クラスタの 2 番目のノードを入力してください :
(Enter the second node of the cluster:)
nebula
3
両 ノ ー ド の コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループの全デ ィ ス ク についてテ ス ト プ
ロ セ ス の出力を確認 し ます。 各デ ィ ス ク について次の よ う な出力が表示 さ れ
る必要があ り ます。
ディスク /dev/sdg でのすべてのテストは正常に終了しました。
(ALL tests on the disk /dev/sdg have PASSED.)
このディスクは、 ノード galaxy でコーディネータディスクとして I/O フェンシング用に設
定できます。
(The disk is now ready to be configured for I/O Fencing on node
galaxy as a COORDINATOR DISK.)
ディスク /dev/sdx でのすべてのテストは正常に終了しました。
(ALL tests on the disk /dev/sdx have PASSED.)
このディスクは、 ノード nebula でコーディネータディスクとして I/O フェンシング用に設
定できます。
(The disk is now ready to be configured for I/O Fencing on node
nebula as a COORDINATOR DISK.)
4
デ ィ ス ク グループ内のすべてのデ ィ ス ク のテ ス ト が完了 し た ら 、
vxfencoorddg デ ィ ス ク グループは使用可能にな り ます。
障害の発生 し たデ ィ ス クの削除 と 置き換え
検証に失敗 し たデ ィ ス ク が コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループ内にあ る 場合、 障害
の発生 し たデ ィ ス ク ま たは LUN を vxfencoorddg デ ィ ス ク グループか ら 削除 し 、
他のデ ィ ス ク に置 き 換え て、 デ ィ ス ク グループを再テ ス ト し ます。
障害の発生 し たデ ィ ス ク を削除 し て置き換え るには
1
vxdiskadm ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て、 障害の発生 し たデ ィ ス ク をデ ィ ス ク
グループか ら 削除 し ます。 『Veritas Volume Manager 管理者ガ イ ド 』 を参照
し て く だ さ い。
2
新 し いデ ィ ス ク を ノ ー ド に追加 し 、 初期化 し て、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グ
ループに追加 し ます。
I/O フ ェ ン シ ン グ用デ ィ ス ク を初期化 し て、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グルー
プを設定す る 手順については、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ールガ イ
ド 』 を参照 し て く だ さ い。
3
デ ィ ス ク グループを再テ ス ト し ます。
325 ページの 「vxfentsthdw -c を使っ た コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループの
テ ス ト 」 を参照 し て く だ さ い。
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ について
デ ィ ス ク での -r オプ シ ョ ン を使 っ た非破壊テ ス ト の実行
デー タ を保持す る 必要があ る 場合は、 デ ィ ス ク デバ イ ス で非破壊テ ス ト を実行で
き ます。
デ ィ ス ク で非破壊テ ス ト を実行するには
◆
保存 し てお き たいデー タ が含まれたデ ィ ス ク デバ イ ス を テ ス ト す る には、
-m、 -f ま たは -g オプシ ョ ン と と も に -r オプシ ョ ン を使 う こ と がで き ます。
た と えば、 -m オプシ ョ ン と -r オプシ ョ ン を使 う には、 ユーテ ィ リ テ ィ を次
の よ う に実行で き ます。
# vxfentsthdw -rm
-r オプシ ョ ン付き で呼び出 さ れた場合、 ユーテ ィ リ テ ィ はデ ィ ス ク の書 き 込
みテ ス ト を実行 し ません。 し たがっ て こ の場合、 デ ィ ス ク は、 通常の使用状
況について完全にはテ ス ト さ れません。
-f オプ シ ョ ン を使 っ た、 フ ァ イル内に指定 さ れた共有デ ィ ス ク の
テス ト
-f オプシ ョ ン を使っ て、 テ キ ス ト フ ァ イ ル内に指定 さ れたデ ィ ス ク を テ ス ト し ま
す。 次の手順例を確認 し て く だ さ い。
フ ァ イルに指定 さ れた共有デ ィ ス ク を テ ス ト するには
1
次の よ う に、 シ ス テ ム galaxy と nebula に よ り 共有 さ れ る 2 つのデ ィ ス ク を
テ ス ト す る ためのテキ ス ト フ ァ イ ル disks_test を作成 し ます。
galaxy /dev/sdz nebula /dev/sdy
galaxy /dev/sdu nebula /dev/sdw
こ こ で、 最初のデ ィ ス ク は最初の行に記述 さ れ、 galaxy では /dev/sdz、
nebula では /dev/sdy と し て参照 さ れます。 2 行目の他のデ ィ ス ク は、
galaxy か ら は /dev/sdu、 nebula か ら は /dev/sdw と し て参照 さ れます。 一
般には、 デ ィ ス ク の リ ス ト は こ の例 よ り も 長 く な り ます。
2
デ ィ ス ク を テ ス ト す る には、 次の コ マン ド を入力 し ます。
# vxfentsthdw -f disks_test
ユーテ ィ リ テ ィ はテ ス ト 結果を 1 度に 1 デ ィ ス ク ずつ報告 し ます。 -m オプ
シ ョ ンの場合 と 同 じ です。
327
328 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfentsthdw ユーテ ィ リ テ ィ について
-g オ プ シ ョ ン を使 っ たデ ィ ス ク グループ内のすべてのデ ィ ス ク の
テス ト
-g オプシ ョ ン を使っ て、 デ ィ ス ク グループ内のすべてのデ ィ ス ク を テ ス ト し ま
す。 た と えば、 デ ィ ス ク ア レ イ のすべてのデ ィ ス ク で構成 さ れ る 一時デ ィ ス ク グ
ループを作成 し てテ ス ト で き ます。
メ モ : テ ス ト す る デ ィ ス ク グループを共有 と し て イ ン ポー ト し ないで く だ さ い。
つま り 、 -s オプシ ョ ン を使わないで く だ さ い。
テ ス ト が終わっ た ら 、 こ のデ ィ ス ク グループを破棄 し 、 必要に応 じ てデ ィ ス ク を
デ ィ ス ク グループに入れて く だ さ い。
デ ィ ス ク グループ内のすべてのデ ィ ス ク を テ ス ト するには
1
2
テ ス ト す る デ ィ ス ク 用のデ ィ ス ク グループを作成 し ます。
次の コ マ ン ド を実行 し て、 デ ィ ス ク グループ test_disks_dg を テ ス ト し ます。
# vxfentsthdw -g test_disks_dg
ユーテ ィ リ テ ィ は、 一度に 1 つのテ ス ト 結果を報告 し ます。
既存のキーに よ るデ ィ ス ク のテ ス ト
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク に既存のキーが検出 さ れ る と 、 次の よ う な メ ッ セージが
表示 さ れます。
ディスク上に Veritas I/O フェンシングキーがあります。 続行する前に、 クラスタのす
べてのノードで I/O フェンシングがシャットダウンされていることを確認してください。
(There are Veritas I/O fencing keys on the disk. Please make sure
that I/O fencing is shut down on all nodes of the cluster before
continuing.)
******** 警告 ******** (******** WARNING!!!!!!!! ********)
********
このスクリプトは、 クラスタ内に有効なノードがない場合にのみ使えます。 すべてのノード
の電源が停止されている、 または共有ストレージにアクセスできない状態であることを確認
してください。
(THIS SCRIPT CAN ONLY BE USED IF THERE ARE NO OTHER ACTIVE NODES
IN THE CLUSTER! VERIFY ALL OTHER NODES ARE POWERED OFF OR
INCAPABLE OF ACCESSING SHARED STORAGE.)
そうでない場合は、 データの破損が起きる恐れがあります。
(If this is not the case, data corruption will result.)
続行しますか ?: [y/n] (デフォルト : n)
(Do you still want to continue : [y/n] (default: n)) y
処理を継続す る 前に、 ユーテ ィ リ テ ィ に よ っ て警告が表示 さ れます。 I/O フ ェ ン
シ ン グが ま だ設定 さ れていない場合は、 処理を継続す る こ と がで き ます。
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenadm ユーテ ィ リ テ ィ について
vxfenadm ユーテ ィ リ テ ィ について
管理者は vxfenadm コ マン ド を使っ て、 フ ェ ン シ ン グ設定を ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ
ン グお よ びテ ス ト で き ます。
管理者が使用す る コ マン ド オプシ ョ ンは次の と お り です。
-s
デ ィ ス ク 上のキーを読み取 り 、 数字、 文字、 ノ ー ド 形式で キーを表示 し ま す
メ モ : -g お よ び -G オプ シ ョ ンは非推奨です。 -s オプシ ョ ン を使っ て く だ さ い。
-i
SCSI 照会情報をデバ イ ス か ら 読み取 り ます
-m
デ ィ ス ク に登録 し ます
-n
デ ィ ス ク への予約
-p
他のシ ス テ ム に よ っ て行われた登録を削除 し ま す
-r
予約を読み取 り ます
-x
登録を削除 し ます
コ マ ン ド オプシ ョ ンについて詳 し く は、 vxfenadm (1M) マニ ュ アルページ を参
照 し て く だ さ い。
I/O フ ェ ン シ ン グ登録キーの形式について
vxfen ド ラ イ バがデー タ デ ィ ス ク と コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク に登録す る キーは 8
バ イ ト で構成 さ れます。 キーの形式は コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク と デー タ デ ィ ス ク
で異な り ます。
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク のキー形式は次の よ う にな り ます。
バイ ト
0
1
2
3
4
5
6
7
値
V
F
cID 0x
cID 0x
cID 0x
cID 0x
nID 0x
nID 0x
各値の意味は次の と お り です。
■
VF はキーの名前空間を定義す る 一意識別子です (2 バ イ ト 使用)
■
cID 0x は 16 進形式の LLT ク ラ ス タ ID です (4 バ イ ト 使用)
■
nID 0x は 16 進形式の LLT ノ ー ド ID です (2 バ イ ト 使用)
vxfen ド ラ イ バは I/O フ ェ ン シ ン グの scsi3 モー ド と カ ス タ マ イ ズモー ド の両方
で こ のキー形式を使い ます。
329
330 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenadm ユーテ ィ リ テ ィ について
VCS 配下で フ ェ ールオーバーデ ィ ス ク グループ と し て構成 さ れ る デー タ デ ィ ス
ク のキー形式は、 次の よ う にな り ます。
バイ ト
0
1
2
3
値
A+nID
V
C
S
4
5
6
7
nID は LLT ノ ー ド ID です。
次に例を示 し ます。
ノ ー ド ID が 1 の場合、 最初のバ イ ト の値は B です (「A」 + 1 = B)。
CVM 配下でパ ラ レルデ ィ ス ク グループ と し て構成 さ れ る デー タ デ ィ ス ク のキー
形式は、 次の よ う にな り ます。
バイ ト
0
1
2
3
4
5
6
7
値
A+nID
P
-G
R
DGcount DGcount DGcount DGcount
DGcount は構成内のデ ィ ス ク グループの個数です。
デ ィ ス ク 上の I/O フ ェ ン シ ン グキーの表示
vxfenadm コ マン ド を使 う と 、 現在デ ィ ス ク に割 り 当て ら れてい る キーを表示で
き ます。
デ ィ ス ク 上の I/O フ ェ ン シ ングキーを表示するには
1
デ ィ ス ク のキーを表示す る には、 次の コ マン ド を実行 し ます。
# vxfenadm -s disk_name
次に例を示 し ます。
■
ノ ー ド ID 1 のシ ス テ ムか ら コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク /dev/sdr のキーを
表示す る には、 次の コ マン ド を入力 し ます。
# vxfenadm -s /dev/sdr
キー [1]: (key[1]:)
[ 数値形式 ]: ([Numeric Format]:) 86,70,68,69,69,68,48,48
[ 文字形式 ]: ([Character Format]:) VFDEED00
*
[ ノード形式 ]: クラスタ ID: 57069 ノード ID: 0
ノード名 : galaxy
([Node Format]: Cluster ID: 57069 Node ID: 0
Node Name: galaxy)
vxfenadm の -s オプシ ョ ンでは、 8 バ イ ト か ら な る キー値が 3 つの形式
で表示 さ れます。 数字形式では、 次の よ う にな り ます。
■
最初の 2 バ イ ト は識別子 VF を表 し 、 値は こ の識別子の ASCII 文字
コ ー ド 値 (86、 70) です。
■
次の 4 バ イ ト は、 ク ラ ス タ ID 57069 の 16 進表現 (0xDEED) の
ASCII 文字 コ ー ド 値 (68、 69、 69、 68) です。
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenadm ユーテ ィ リ テ ィ について
残 り の 2 バ イ ト は、 ノ ー ド ID 0 の 16 進表現 (0x00) の ASCII 文字
コ ー ド 値 (48、 48) です。 ノ ー ド ID 1 の 16 進表現は 01、 ノ ー ド
ID 10 の 16 進表現は 0A です。
「 ノ ー ド 形式」 の前のア ス タ リ ス ク は、 LLT が設定お よ び実行 さ れてい
る ク ラ ス タ の ノ ー ド か ら vxfenadm コ マ ン ド を実行 し てい る こ と を示 し
ます。
■
■
CVM パ ラ レルデ ィ ス ク グループ上のキーを表示する には
# vxfenadm -s /dev/vx/rdmp/disk_7
SCSI 登録キーを読み込んでいます ... (Reading SCSI Registration Keys...)
デバイス名 : (Device Name:) /dev/vx/rdmp/disk_7
キーの総数 : (Total Number Of Keys:) 1
キー [0]: (key[0]:)
[ 数値形式 ]: ([Numeric Format]:) 66,80,71,82,48,48,48,48
[ 文字形式 ]: ([Character Format]:) BPGR0001
[ ノード形式 ]: クラスタ ID: 不明 ノード ID: 1 ノード名 : nebula
([Node Format]: Cluster ID: unknown Node ID: 1 Node Name:
nebula)
■
VCS フ ェールオーバーデ ィ ス ク グループ上のキーを表示す る には
# vxfenadm -s /dev/vx/rdmp/disk_8
SCSI 登録キーを読み込んでいます ... (Reading SCSI Registration Keys...)
デバイス名 : (Device Name:) /dev/vx/rdmp/disk_8
キーの総数 : (Total Number Of Keys:) 1
キー [0]: (key[0]:)
[ 数値形式 ]: ([Numeric Format]:) 65,86,67,83,0,0,0,0
[ 文字形式 ]: ([Character Format]:) AVCS
[ ノード形式 ]: クラスタ ID: 不明 ノード ID: 0 ノード名 : galaxy
([Node Format]: Cluster ID: unknown Node ID: 0 Node Name:
galaxy)
2
デ ィ ス ク フ ァ イ ルで指定 さ れたすべてのデ ィ ス ク に登録 さ れてい る キーを表
示す る には
# vxfenadm -s all -f disk_filename
次に例を示 し ます。
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク 上のすべてのキーを表示す る には
# vxfenadm -s all -f /etc/vxfentab
デバイス名 : (Device Name:) /dev/vx/rdmp/disk_9
キーの総数 : (Total Number Of Keys:) 2
キー [0]: (key[0]:)
[ 数値形式 ]: ([Numeric Format]:) 86,70,66,69,65,68,48,50
[ 文字形式 ]: ([Character Format]:) VFBEAD02
[ ノード形式 ]: クラスタ ID: 48813 ノード ID: 2
ノード名 : 不明
([Node Format]: Cluster ID: 48813 Node ID: 0
Node Name:
unknown)
331
332 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenadm ユーテ ィ リ テ ィ について
キー [1]: (key[1]:)
[ 数値形式 ]: ([Numeric Format]:) 86,70,68,69,69,68,48,48
[ 文字形式 ]: ([Character Format]:) VFDEED00
*
[ ノード形式 ]: クラスタ ID: 57069 ノード ID: 0
ノード名 : galaxy
([Node Format]: Cluster ID: 57069 Node ID: 0
Node Name: galaxy)
lltstat -C コ マン ド を使っ て ク ラ ス タ ID を、 lltstat -N コ マ ン ド を使っ て ノ ー
ド ID を それぞれ確認で き ます。 次に例を示 し ます。
# lltstat -C
57069
■
特定の ク ラ ス タ に属 さ ないキーがデ ィ ス ク に存在す る 場合、 vxfenadm
コ マ ン ド はその ノ ー ド ID の ノ ー ド 名をル ッ ク ア ッ プで き ないため、
ノ ー ド 名を 「不明」 と し て出力 し ます。 次に例を示 し ます。
デバイス名 : (Device Name:) /dev/vx/rdmp/disk_7
キーの総数 : (Total Number Of Keys:) 1
キー [0]: (key[0]:)
[ 数値形式 ]: ([Numeric Format]:) 86,70,45,45,45,45,48,49
[ 文字形式 ]: ([Character Format]:) VF----01
[ ノード形式 ]: クラスタ ID: 不明 ノード ID: 1 ノード名 : nebula
([Node Format]: Cluster ID: unknown Node ID: 1 Node Name:
nebula)
■
デ ィ ス ク でキーの形式が不定の場合、 vxfenadm コ マン ド はすべての
フ ィ ール ド を 「不明」 と し て出力 し ます。 次に例を示 し ます。
[ 数値形式 ]: ([Numeric Format]:) 65,66,67,68,49,50,51,45
[ 文字形式 ]: ([Character Format]:) ABCD123[ ノード形式 ]: クラスタ ID: 不明 ノード ID: 不明 ノード名 : 不明
([Node Format]: Cluster ID: unknown Node ID: unknown Node Name:
unknown)
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenadm ユーテ ィ リ テ ィ について
ノ ー ド が同 じ デ ィ ス ク を認識 し てい る こ と の確認
デ ィ ス ク (LUN) が SCSI-3 Persistent Reservation をサポー ト す る ど う かを確認
す る には、 2 つの ノ ー ド が同 じ デ ィ ス ク に同時ア ク セ ス で き る 必要があ り ます。
共有デ ィ ス ク の名前は各 ノ ー ド で異な る 可能性があ る ため、 シ リ アル番号を
チ ェ ッ ク し てデ ィ ス ク の ID を確認 し ます。- i オプシ ョ ン を指定 し た vxfenadm コ
マ ン ド を実行 し て、 LUN へのすべてのパ ス で LUN の同 じ シ リ アル番号が返 さ れ
る こ と を確認 し ます。
た と えば、 あ る EMC デ ィ ス ク に ノ ー ド A の /dev/sdr パ ス と ノ ー ド B の
/dev/sdt パ ス がア ク セ ス可能であ る と し ます。 ノ ー ド が同 じ デ ィ ス ク を認識
し ている こ と を確認するには
1
2
デー タ 用の共有ス ト レージが、 Veritas Cluster Server が イ ン ス ト ール さ れて
い る 2 つの ノ ー ド と 接続 さ れてい る こ と を確認 し ます。
ノ ー ド A で、 次の コ マ ン ド を実行 し ます。
# vxfenadm -i /dev/sdr
SCSI ID =>Host: 2 Channel: 0 Id: 0 Lun: E
(SCSI ID=>Host: 2 Channel: 0 Id: 0 Lun: E)
ベンダー ID
: (Vendor id
:) EMC
製品 ID
: (Product id
:) SYMMETRIX
改訂
: (Revision
:) 5567
シリアル番号
: (Serial Number
:) 42031000a
/dev/sdt パ ス を使っ て ノ ー ド B で同 じ コ マ ン ド を実行 し た と き に、 同 じ シ
リ アル番号情報が表示 さ れ る 必要があ り ます。
別の製造元の Hitachi Data Systems か ら は次の よ う な異な る 出力が表示 さ
れます。
SCSI ID =>Host: 2 Channel: 0 Id: 0 Lun: E
(SCSI ID=>Host: 2 Channel: 0 Id: 0 Lun: E)
ベンダー ID
: (Vendor id
:) HITACHI
製品 ID
: (Product id
:) OPEN-3
改訂
: (Revision
:) 0117
シリアル番号
: (Serial Number
:) 0401EB6F0002
vxfenadm(1M) マニ ュ アルページ を参照 し て く だ さ い。
333
334 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenclearpre ユーテ ィ リ テ ィ について
vxfenclearpre ユーテ ィ リ テ ィ について
vxfenclearpre ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て、 デ ィ ス ク 上の SCSI-3 の登録 と 予約を削
除で き ます。
現時点で、 こ のユーテ ィ リ テ ィ はサーバーベース の フ ェ ン シ ン グ を サポー ト し て
い ません。 サーバーベース の フ ェ ン シ ン グ構成で ス プ リ ッ ト ブ レ イ ンがすでに存
在す る 場合は、 手動で解決す る 必要があ り ます。
612 ページの 「VCS ク ラ ス タ ノ ー ド 上の フ ェ ン シ ン グ起動中の問題」 を参照 し て
く だ さ い。
すでに存在するキーの削除
ス プ リ ッ ト ブ レ イ ン状態が発生 し た場合、 vxfenclearpre ユーテ ィ リ テ ィ を使っ
て、 SCSI-3 登録 と 予約を コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク か ら だけでな く すべての共有
デ ィ ス ク グループ内のデー タ デ ィ ス ク か ら 削除 し ます。
こ の手順を使っ て、 別の ノ ー ド に よ っ て作成 さ れた登録キー と 予約キーをデ ィ ス
ク か ら 削除す る こ と も で き ます。
スプ リ ッ ト ブ レ イ ン後にキーを ク リ アするには
1
すべての ノ ー ド で VCS と I/O フ ェ ン シ ン グ を停止 し ます。
# hastop -all
ノ ー ド ご と に次の コ マン ド を入力 し ます。
# /etc/init.d/vxfen stop
共有ス ト レージにア ク セ ス可能な VCS 制御の範囲外で実行 さ れ る アプ リ
ケーシ ョ ンがあ る 場合、 共有ス ト レージにア ク セ ス可能な ク ラ ス タ 内の他の
すべての ノ ー ド を シ ャ ッ ト ダ ウ ン し ます。 こ れに よ り デー タ の破損を防止 し
ます。
2
ス ク リ プ ト を開始 し ます。
# vxfenclearpre [ -t all | -t vxfen | -t cluster -c clusterid ]
-t オプシ ョ ンは コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク にのみ適用 さ れます。 -t オプシ ョ ン
を使わない場合、 ス ク リ プ ト は コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク と デー タ デ ィ ス ク か
ら のすべてのキーを消去 し ます。 -t オプシ ョ ン を使 う 場合、 ス ク リ プ ト の動
作は次の よ う にな り ます。
-t all
すべてのキーを コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク か ら 消去 し ます。
-t vxfen
(VF プ レ フ ィ ッ ク ス の付いた) すべての vxfen キーを コ ー
デ ィ ネー タ デ ィ ス ク か ら 消去 し ま す。
-t cluster -c clusterid
指定 し た clusterid と 一致す る vxfen キーのみを コ ーデ ィ ネー
タ デ ィ ス ク か ら 消去 し ます。
clusterid の値は VCS 設定の間に指定 し た ク ラ ス タ ID で あ り 、
値の範囲は 0 か ら 65535 ま での間です。
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenclearpre ユーテ ィ リ テ ィ について
3
ス ク リ プ ト の開始 メ ッ セージ と 警告を確認 し ます。 プ ロ ンプ ト で y を入力
し て続行す る 前に、 ス ク リ プ ト に よ っ てデ ィ ス ク か ら 消去 さ れ る キーの一覧
を見直 し ます。
続行しますか ?: [y/n] (デフォルト : n)
(Do you still want to continue: [y/n] (default : n)) y
ノ ー ド がデ ィ ス ク /LUN か ら 削除 さ れた場合、 ク ラ ス タ 内の 1 つの ノ ー ド の
コ ン ソ ールに次の よ う な情報 メ ッ セージが表示 さ れ る 場合があ り ます。
<date> <system name> scsi: WARNING:
/sbus@3,0/lpfs@0,0/sd@0,1(sd91):
<date> <system name> Error for Command: <undecoded cmd 0x5f>
Error Level: Informational
<date> <system name> scsi: Requested Block: 0 Error Block 0
<date> <system name> scsi: Vendor: <vendor> Serial Number:
0400759B006E
<date> <system name> scsi: Sense Key: Unit Attention
<date> <system name> scsi: ASC: 0x2a (<vendor unique code
0x2a>), ASCQ: 0x4, FRU: 0x0
こ れ ら の情報 メ ッ セージは無視で き ます。
コーディネータディスクをクリーンアップしています ...
(Cleaning up the coordinator disks...)
すべての共有ディスクグループのデータディスクをクリーンアップしています ...
(Cleaning up the data disks for all shared disk groups...)
すべての共有ディスクグループおよびコーディネータディスクに対する SCSI-3
Persistent Registration and Reservation の設定を削除しました。
(Successfully removed SCSI-3 persistent registration and
reservations from the coordinator disks as well as the shared
data disks.)
フェンシングモジュールの起動を再試行できます。 (You can retry starting
fencing module.) 製品全体を再起動するには、 システムを再起動すると効率的
です。
(In order to restart the whole product, you might want to restart
the system.)
#
4
ク ラ ス タ 内のすべての ノ ー ド を再起動 し ます。
335
336 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を使えば、 オン ラ イ ンの ク ラ ス タ で コ ーデ ィ ネー タ
デ ィ ス ク を置 き 換え る こ と がで き ます。 こ のユーテ ィ リ テ ィ は、 新 し いデ ィ ス ク
のシ リ アル番号がすべての ノ ー ド で同一にな っ てい る こ と や、新 し いデ ィ ス ク が
I/O フ ェ ン シ ン グ を サポー ト で き る こ と を確認 し ます。
こ のユーテ ィ リ テ ィ はサーバーベース の フ ェ ン シ ン グ も サポー ト し ます。
vxfenswap(1M) マニ ュ アルページ を参照 し て く だ さ い。
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の必要条件については、 『Veritas Cluster Server イ ン ス
ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
次の場合は、 I/O フ ェ ン シ ン グ を停止せずに コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク を置 き 換え
る こ と がで き ます。
■
デ ィ ス ク に不具合が発生 し たか、 ま たはデ ィ ス ク が操作不能にな っ たため、
新 し いデ ィ ス ク グループに切 り 換え る 。
338 ページの 「 ク ラ ス タ がオン ラ イ ンの と き の I/O フ ェ ン シ ン グ コ ーデ ィ
ネー タ デ ィ ス ク の置 き 換え」 を参照 し て く だ さ い。
340 ページの 「オン ラ イ ンの ク ラ ス タ でのデ ィ ス ク グループの置 き換え」 を
参照 し て く だ さ い。
ク ラ ス タ がオ フ ラ イ ンの と き に コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク を置 き 換え る 場合、
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を使 う こ と はで き ません。 ユーテ ィ リ テ ィ が実
行す る コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の置 き 換え手順を手動で実行す る 必要があ り
ます。
608 ページの 「 ク ラ ス タ がオ フ ラ イ ンにな っ てい る と き に不具合のあ る デ ィ
ス ク の置換」 を参照 し て く だ さ い。
■
RAW デバ イ ス と DMP デバ イ ス間でデ ィ ス ク イ ン タ ーフ ェ ース を切 り 換
え る。
342 ページの 「オン ラ イ ンの ク ラ ス タ でのデ ィ ス ク 相互関係ポ リ シーの変
更」 を参照 し て く だ さ い。
■
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の役割を果たす新 し いデ ィ ス ク が利用可能であ る 。
343 ページの 「回復 し たサ イ ト か ら コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループへの
デ ィ ス ク の追加」 を参照 し て く だ さ い。
■
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク に登録 さ れてい る キーが失われてい る 。
こ の場合、 ス プ リ ッ ト ブ レ イ ンが発生す る と ク ラ ス タ はパニ ッ ク を起 こ す場
合があ り ます。 vxfenswap コ マン ド を使っ て、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク を
同 じ デ ィ ス ク に置 き 換え る こ と がで き ます。 デー タ 置 き 換え中に、 失われた
キーが再度登録 さ れます。 デー タ 破損の危険性はあ り ません。
345 ページの 「 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク での失われたキーの更新」 を参照 し
て く だ さ い。
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について
サーバーベース の フ ェ ン シ ン グ設定では、 vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て
次の タ ス ク を実行で き ます。
■
カ ス タ マ イ ズ さ れた コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト (CP サーバーま たは
SCSI-3 デ ィ ス ク ) の計画的な置 き 換え を実行す る 。
353 ページの 「オン ラ イ ン ク ラ ス タ でサーバーベース の フ ェ ン シ ン グに使 う
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト の置 き 換え」 を参照 し て く だ さ い。
■
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト に登録 さ れた I/O フ ェ ン シ ン グ キーを更新
する。
355 ページの 「サーバーベース の フ ェ ン シ ン グで使 う コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ
イ ン ト 上の登録キーの更新」 を参照 し て く だ さ い。
vxfenswap 操作が失敗 し た場合、 vxfenswap コ マン ド の -a cancel オプシ ョ ン
を使っ て、 vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ に よ っ て加え ら れた変更を手動で ロ ール
バ ッ ク で き ます。
■
■
デ ィ ス ク ベース の フ ェ ン シ ン グの場合、 vxfenswap 操作を取 り 消すには
vxfenswap -g diskgroup -a cancel コ マン ド を使い ます。
デ ィ ス ク の置 き 換え処理中に ノ ー ド が失敗 し た場合や、 デ ィ ス ク の置 き 換え
を中止 し た場合は、 こ の コ マン ド を実行す る 必要があ り ます。
サーバーベース の フ ェ ン シ ン グの場合、 vxfenswap 操作を取 り 消すには
vxfenswap -a cancel コ マン ド を使い ます。
337
338 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について
ク ラ ス タ がオ ン ラ イ ンの と きの I/O フ ェ ン シ ン グ コ ーデ ィ ネー タ
デ ィ ス ク の置き換え
動作 し てい る ク ラ ス タ で 1 つ以上の コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク を追加、 削除、 置換
す る 各手順を確認 し ます。
警告 : ス ク リ プ ト が一連の コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク を置 き 換え る 前にいずれかの
ノ ー ド が ク ラ ス タ メ ンバーシ ッ プか ら 除外 さ れてい る 場合、 ク ラ ス タ がパニ ッ ク
を起 こ す可能性があ り ます。
ア ク テ ィ ブ な コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループ内のデ ィ ス ク を置き換え るには
1
2
シ ス テ ム間の通信が適切に機能 し てい る こ と を確認 し ます。
ク ラ ス タ がオン ラ イ ンにな っ てい る こ と を確認 し ます。
# vxfenadm -d
I/O フェンシングクラスタ情報 : (I/O Fencing Cluster Information:)
================================
フェンシングプロトコルバージョン : (Fencing Protocol Version:) 201
フェンシングモード : SCSI3 (Fencing Mode: SCSI3)
フェンシング SCSI3 ディスクポリシー : dmp
(Fencing SCSI3 Disk Policy: dmp)
クラスタメンバー : (Cluster Members:)
* 0 (galaxy)
1 (nebula)
RFSM 状態情報 : (RFSM State Information:)
node 0 in state 8 (running)
node 1 in state 8 (running)
3
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループを イ ン ポー ト し ます。
フ ァ イ ル /etc/vxfendg には、 コ ーデ ィ ネー タデ ィ ス ク を含むデ ィ ス ク グ
ループの名前 (通常は、 vxfencoorddg) が含まれます。 し たが っ て次の コ
マ ン ド を実行 し ます。
# vxdg -tfC import ‘cat /etc/vxfendg‘
各オプシ ョ ンの説明
-t は、 ノ ー ド が再起動す る ま での間のみ、 デ ィ ス ク グループ を イ ン ポー ト す
る よ う 指定 し ます。
-f は、 強制的に イ ン ポー ト す る こ と を指定 し ます。 こ れは、 1 つ以上のデ ィ
ス ク がア ク セ ス不能の場合に必要です。
-C は、 イ ン ポー ト し たすべての ロ ッ ク を削除す る よ う 指定 し ます。
4
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループの coordinator 属性の値を off に し ます。
# vxdg -g vxfencoorddg set coordinator=off
5
デ ィ ス ク をデ ィ ス ク グループか ら 削除す る には、 VxVM デ ィ ス ク 管理者ユー
テ ィ リ テ ィ の vxdiskadm を使い ます。
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について
6
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループに新 し いデ ィ ス ク を追加す る には、 次の手
順を実行 し ます。
■
ノ ー ド に新 し いデ ィ ス ク を追加 し ます。
■
新 し いデ ィ ス ク を VxVM デ ィ ス ク と し て初期化 し ます。
■
デ ィ ス ク が I/O フ ェ ン シ ン グに準拠 し てい る こ と を確認 し ます。
新 し いデ ィ ス ク を vxfencoorddg デ ィ ス ク グループに追加 し 、 コ ー
デ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループの coordinator 属性の値を 「on」 に設定
し ます。
詳 し く は、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ
さ い。
デ ィ ス ク グループの内容は変わっ てい ますが、 I/O フ ェ ン シ ン グは同 じ 状態
を保っ てい ます。
■
7
必ず、 /etc/vxfenmode フ ァ イ ルを更新 し て正 し いデ ィ ス ク ポ リ シーを指定
し て く だ さ い。
詳 し く は、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ
さ い。
8
1 つの ノ ー ド か ら vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を開始 し ます。 デ ィ ス ク グルー
プを ユーテ ィ リ テ ィ に指定す る 必要があ り ます。
次のいずれかを実行 し ます。
■
ssh 通信を使 う 場合は、 次の よ う に し ます。
# vxfenswap -g diskgroup
■
rsh を使っ て通信を行 う 場合
# vxfenswap -g diskgroup -n
こ のユーテ ィ リ テ ィ の タ ス ク は次の と お り です。
9
■
既存の /etc/vxfentab フ ァ イ ルのバ ッ ク ア ッ プを作成 し ます。
■
ク ラ ス タ の各 ノ ー ド で、変更す る デ ィ ス ク グループ用のテ ス ト フ ァ イ ル
/etc/vxfentab.test を作成 し ます。
■
vxfenwap コ マン ド に指定 し たデ ィ ス ク グループ を読み取 り 、 デ ィ ス ク
グループを各 ノ ー ド の /etc/vxfentab.test フ ァ イ ルに追加 し ます。
■
すべての ノ ー ド で新 し いデ ィ ス ク のシ リ アル番号が同 じ にな っ てい る こ
と を確認 し ます。 チ ェ ッ ク が失敗す る と 、 ス ク リ プ ト は終了 し ます。
■
各 ノ ー ド で新 し いデ ィ ス ク が I/O フ ェ ン シ ン グ をサポー ト で き る こ と を
確認 し ます。
正常なデ ィ ス ク であ る こ と が確認 さ れ る と 、 ス ク リ プ ト は、 成功 し た こ と を
報告 し 、 新 し い コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク セ ッ ト を コ ミ ッ ト す る か ど う かを確
認 し ます。
339
340 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について
10 ユーテ ィ リ テ ィ が表示す る メ ッ セージ を見直 し 、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の
新 し いデ ィ ス ク セ ッ ト を コ ミ ッ ト す る こ と を確認 し ます。 コ ミ ッ ト し ない場
合は、 手順 11 に ス キ ッ プ し ます。
この変更をコミットしますか ? [y/n] ( デフォルト n)
(Do you wish to commit this change? [y/n] (default: n)) y
ユーテ ィ リ テ ィ が コ ミ ッ ト を正常に処理す る と 、 ス ク リ プ ト は
/etc/vxfentab.test フ ァ イ ルを /etc/vxfentab フ ァ イ ルに移動 し ます。
11 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の新 し いセ ッ ト を コ ミ ッ ト し ない場合は、 n を入力
し ます。
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ はデ ィ ス ク 置 き 換え操作を ロ ールバ ッ ク し ます。
オ ン ラ イ ンのク ラ ス タ でのデ ィ ス ク グループの置き換え
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループを置 き
換え る こ と も で き ます。 次の例では、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループ
vxfencoorddg を新 し いデ ィ ス ク グループ vxfendg に置 き 換え ます。
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループ を置き換え るには
1
2
シ ス テ ム間の通信が適切に機能 し てい る こ と を確認 し ます。
ク ラ ス タ がオン ラ イ ンにな っ てい る こ と を確認 し ます。
# vxfenadm -d
I/O フェンシングクラスタ情報 : (I/O Fencing Cluster Information:)
================================
フェンシングプロトコルバージョン : (Fencing Protocol Version:) 201
フェンシングモード : SCSI3 (Fencing Mode: SCSI3)
フェンシング SCSI3 ディスクポリシー : dmp
(Fencing SCSI3 Disk Policy: dmp)
クラスタメンバー : (Cluster Members:)
* 0 (galaxy)
1 (nebula)
RFSM 状態情報 : (RFSM State Information:)
node 0 in state 8 (running)
node 1 in state 8 (running)
3
/etc/vxfendg フ ァ イ ル内にあ る 現在の コ ーデ ィ ネー タデ ィ ス ク グループの名
前 (通常は vxfencoorddg) を見つけ ます。
# cat /etc/vxfendg
vxfencoorddg
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について
4
現在の コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループを置 き 換え る こ と がで き る 代替デ ィ
ス ク グループを見つけ ます。
# vxdisk -o alldgs list
DEVICE
TYPE
sda
auto:cdsdisk
sdb
auto:cdsdisk
sdc
auto:cdsdisk
sdx
auto:cdsdisk
sdy
auto:cdsdisk
sdz
auto:cdsdisk
5
DISK
-
GROUP
(vxfendg)
(vxfendg)
(vxfendg)
(vxfencoorddg)
(vxfencoorddg)
(vxfencoorddg)
STATUS
online
online
online
online
online
online
新 し いデ ィ ス ク グループが I/O フ ェ ン シ ン グに準拠 し てい る こ と を確認 し ま
す。 次の コ マン ド を実行 し ます。
# vxfentsthdw -c vxfendg
vxfentsthdw -c vxfendg
325 ページの 「vxfentsthdw -c を使っ た コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループの
テ ス ト 」 を参照 し て く だ さ い。
6
新 し いデ ィ ス ク グループが ま だデポー ト さ れていない場合、 次の コ マン ド を
実行 し てデ ィ ス ク グループをデポー ト し ます。
# vxdg deport vxfendg
7
必ず、 /etc/vxfenmode フ ァ イ ルを更新 し て正 し いデ ィ ス ク ポ リ シーを指定
し て く だ さ い。
詳 し く は、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ
さ い。
8
任意の ノ ー ド で、 vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を起動 し ます。 た と えば、
vxfendg が コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループ と し て使 う 新 し いデ ィ ス ク グ
ループの場合、 次の コ マン ド を実行 し ます。
# vxfenswap -g vxfendg [-n]
こ のユーテ ィ リ テ ィ の タ ス ク は次の と お り です。
9
■
既存の /etc/vxfentab フ ァ イ ルのバ ッ ク ア ッ プを作成 し ます。
■
ク ラ ス タ の各 ノ ー ド で、変更す る デ ィ ス ク グループ用のテ ス ト フ ァ イ ル
/etc/vxfentab.test を作成 し ます。
■
vxfenwap コ マン ド に指定 し たデ ィ ス ク グループ を読み取 り 、 デ ィ ス ク
グループを各 ノ ー ド の /etc/vxfentab.test フ ァ イ ルに追加 し ます。
■
すべての ノ ー ド で新 し いデ ィ ス ク のシ リ アル番号が同 じ にな っ てい る こ
と を確認 し ます。 チ ェ ッ ク が失敗す る と 、 ス ク リ プ ト は終了 し ます。
■
各 ノ ー ド で新 し いデ ィ ス ク グループが I/O フ ェ ン シ ン グ をサポー ト で き
る こ と を確認 し ます。
正常なデ ィ ス ク であ る こ と が確認 さ れ る と 、 ス ク リ プ ト は成功を報告 し 、
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループを置 き 換え る か ど う かを確認 し ます。
341
342 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について
10 ユーテ ィ リ テ ィ か ら 表示 さ れた メ ッ セージ を確認 し 、 デ ィ ス ク グループを
置 き 換え る こ と を確認 し ます。 置 き 換え ない場合は、 手順 11 に ス キ ッ プ
し ます。
この変更をコミットしますか? [y/n] (デフォルト n)Do you wish to commit this
change? [y/n] (default: n)y
ユーテ ィ リ テ ィ が コ ミ ッ ト を正常に処理す る と 、 ス ク リ プ ト は
/etc/vxfentab.test フ ァ イ ルを /etc/vxfentab フ ァ イ ルに移動 し ます。
ま た、 ユーテ ィ リ テ ィ は こ の新 し いデ ィ ス ク グループで /etc/vxfendg フ ァ
イ ルを更新 し ます。
11 新 し い コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループに対 し て、 coordinator 属性の値を
「on」 に設定 し ます。
# vxdg -g vxfendg set coordinator=on
古いデ ィ ス ク グループに対 し て、 coordinator 属性の値を 「off」 に設定 し
ます。
# vxdg -g vxfencoorddg set coordinator=off
12 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループが変更 さ れた こ と を確認 し ます。
# cat /etc/vxfendg
vxfendg
13 デ ィ ス ク グループを置 き 換え ない場合は、 n と 入力 し ます。
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ はデ ィ ス ク 置 き 換え操作を ロ ールバ ッ ク し ます。
オ ン ラ イ ンの ク ラ ス タ でのデ ィ ス ク 相互関係ポ リ シーの変更
オン ラ イ ンの ク ラ ス タ で、 vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て、 デ ィ ス ク 相互
関係ポ リ シーを DMP か ら RAW に変更で き ます。
デ ィ ス ク 相互関係ポ リ シーを変更するには
1
シ ス テ ム間の通信が適切に機能 し てい る こ と を確認 し ます。
2
ク ラ ス タ がオン ラ イ ンにな っ てい る こ と を確認 し て、 使用す る デ ィ ス ク ポ リ
シーをチ ェ ッ ク し ます。
# vxfenadm -d
I/O フェンシングクラスタ情報 : (I/O Fencing Cluster Information:)
================================
フェンシングプロトコルバージョン : (Fencing Protocol Version:) 201
フェンシングモード : SCSI3 (Fencing Mode: SCSI3)
フェンシング SCSI3 ディスクポリシー : dmp
(Fencing SCSI3 Disk Policy: dmp)
クラスタメンバー : (Cluster Members:)
* 0 (galaxy)
1 (nebula)
RFSM 状態情報 : (RFSM State Information:)
node 0 in state 8 (running)
node 1 in state 8 (running)
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について
3
ク ラ ス タ 内の各 ノ ー ド で、 /etc/vxfenmode フ ァ イ ルを編集 し てデ ィ ス ク ポ
リ シーを変更 し ます。
cat /etc/vxfenmode
vxfen_mode=scsi3
scsi3_disk_policy=raw
4
任意の ノ ー ド か ら vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を開始 し ます。
# vxfenswap -g vxfencoorddg [-n]
5
デ ィ ス ク ポ リ シー内の変更を確認 し ます。
vxfenadm -d
I/O フェンシングクラスタ情報 : (I/O Fencing Cluster Information:)
================================
フェンシングプロトコルバージョン : (Fencing Protocol Version:) 201
フェンシングモード : SCSI3 (Fencing Mode: SCSI3)
フェンシング SCSI3 ディスクポリシー : raw
(Fencing SCSI3 Disk Policy: raw)
回復 し たサイ ト か ら コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループへの
デ ィ ス ク の追加
キ ャ ンパ ス ク ラ ス タ 環境で、 プ ラ イ マ リ サ イ ト が停止 し 、 限定 さ れたデ ィ ス ク
セ ッ ト を持つセカ ン ダ リ サ イ ト がオン ラ イ ンにな っ た場合を考え ます。 プ ラ イ マ
リ サ イ ト が復元 さ れ る と 、 プ ラ イ マ リ サ イ ト のデ ィ ス ク も 利用可能にな り 、 コ ー
デ ィ ネー タ デ ィ ス ク と し ての機能を果たす こ と がで き ます。 vxfenswap ユー
テ ィ リ テ ィ を使っ て、 こ のデ ィ ス ク を コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループに追加で
き ます。
556 ページの 「キ ャ ンパ ス ク ラ ス タ での I/O フ ェ ン シ ン グについて」 を参照 し て
く だ さ い。
回復 し たサイ ト から コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループに新 し いデ ィ ス ク を
追加するには
1
2
シ ス テ ム間の通信が適切に機能 し てい る こ と を確認 し ます。
ク ラ ス タ がオン ラ イ ンにな っ てい る こ と を確認 し ます。
# vxfenadm -d
I/O フェンシングクラスタ情報 : (I/O Fencing Cluster Information:)
================================
フェンシングプロトコルバージョン : (Fencing Protocol Version:) 201
フェンシングモード : SCSI3 (Fencing Mode: SCSI3)
フェンシング SCSI3 ディスクポリシー : dmp
(Fencing SCSI3 Disk Policy: dmp)
クラスタメンバー : (Cluster Members:)
* 0 (galaxy)
1 (nebula)
RFSM 状態情報 : (RFSM State Information:)
node 0 in state 8 (running)
node 1 in state 8 (running)
343
344 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について
3
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループの名前を確認 し ます。
cat /etc/vxfendg
vxfencoorddg
4
次の コ マ ン ド を実行 し ます。
vxdisk -o alldgs list
DEVICE
TYPE
sdx
auto:cdsdisk
sdy
auto
sdz
auto
5
DISK
-
GROUP
(vxfencoorddg)
-
STATUS
online
offline
offline
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク グループで使われ る デ ィ ス ク 数を確認 し ます。
vxfenconfig -l
I/O フェンシング設定情報 : (I/O Fencing Configuration Information:)
======================================
Count
: 1
Disk List
Disk Name
Major
Minor
Serial Number
Policy
/dev/vx/rdmp/sdx
32
48
R450 00013154 0312 dmp
6
プ ラ イ マ リ サ イ ト がオン ラ イ ンにな っ た ら 、 ク ラ ス タ 内の任意の ノ ー ド で
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を開始 し ます。
# vxfenswap -g vxfencoorddg [-n]
7
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク の数を確認 し ます。
vxfenconfig -l
I/O フェンシング設定情報 : (I/O Fencing Configuration Information:)
======================================
Single Disk Flag
: 0
Count
: 3
Disk List
Disk Name
Major
Minor
Serial Number
Policy
/dev/vx/rdmp/sdx
32
48
R450 00013154 0312 dmp
/dev/vx/rdmp/sdy
32
32
R450 00013154 0313 dmp
/dev/vx/rdmp/sdz
32
16
R450 00013154 0314 dmp
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク での失われたキーの更新
登録 さ れてい る キーが コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク か ら 失われた場合に、 ス プ リ ッ ト
ブ レ イ ンが発生す る と 、 ク ラ ス タ はパニ ッ ク を起 こ す場合があ り ます。
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク を同 じ デ ィ ス ク
に置 き 換え る こ と がで き ます。 デ ィ ス ク の置 き 換え中に、 vxfenswap ユーテ ィ
リ テ ィ は失われた キーを登録 し ます。
コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク で失われたキーを更新するには
1
2
シ ス テ ム間の通信が適切に機能 し てい る こ と を確認 し ます。
ク ラ ス タ がオン ラ イ ンにな っ てい る こ と を確認 し ます。
# vxfenadm -d
I/O フェンシングクラスタ情報 : (I/O Fencing Cluster Information:)
================================
フェンシングプロトコルバージョン : (Fencing Protocol Version:) 201
フェンシングモード : SCSI3 (Fencing Mode: SCSI3)
フェンシング SCSI3 ディスクポリシー : dmp
(Fencing SCSI3 Disk Policy: dmp)
クラスタメンバー : (Cluster Members:)
* 0 (galaxy)
1 (nebula)
RFSM 状態情報 : (RFSM State Information:)
node 0 in state 8 (running)
node 1 in state 8 (running)
3
次の コ マン ド を実行 し て、 キーのない コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク を表示 し
ます。
vxfenadm -s all -f /etc/vxfentab
デバイス名 : (Device Name:) /dev/vx/rdmp/sdx
キーの総数 : (Total Number of Keys:) 0
キーが設定されていません ..
...
4
任意の ノ ー ド で、 次の コ マン ド を実行 し て vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を開
始 し ます。
# vxfenswap -g vxfencoorddg [-n]
5
キーが コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク に自動的に配置 さ れてい る こ と を確認 し
ます。
vxfenadm -s all -f /etc/vxfentab
デバイス名 : (Device Name:) /dev/vx/rdmp/sdx
キーの総数 : (Total Number of Keys:) 4
...
345
346 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ンポ イ ン ト サーバーの管理
こ の項では、 コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバー上で管理 と 保守の タ ス ク を実
行す る 方法について説明 し ます。
cpsadm コ マ ン ド と 関連する コ マ ン ド オプシ ョ ンについて詳 し く は、 cpsadm(1M)
マニ ュ アルページ を参照 し て く だ さ い。
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーに関連する環境変数
こ の項では、 cpsadm コ マ ン ド に必要な環境変数について説明 し ます。 cpsadm
コ マ ン ド は CP サーバー と の通信時に こ れ ら の環境変数を検出 し 、 その値を使い
ます。
こ れ ら の環境変数は、 cpsadm コ マ ン ド が CP サーバー上で実行 さ れ る と き には
必要な く 、 cpsadm コ マ ン ド が ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ ノ ー ド 上で実行 さ れ る と き
に必要です。
環境変数
説明
CPS_USERNAME
VxSS (showcred vssat) で設定 さ れた完全修飾ユーザー名。
CPS_DOMAINTYPE
次のいずれかの値。
■
vx
■
unixpwd
■
nis
■
nisplus
■
ldap
cpsadm コ マ ン ド を実行する 前に、 シ ェ ル上で こ れ ら の変数を直接エ ク ス ポー ト
す る 必要があ り ます。
次に例を示 し ます。
export CPS_USERNAME=
export CPS_DOMAINTYPE=
ユーザー名 と ド メ イ ン タ イ プの値は CP サーバー上で追加 さ れた値 と 同 じ です。
こ れ ら の値を表示す る には、 次の コ マン ド を実行 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a list_users
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
CP サーバーデー タ ベースの VCS ク ラ ス タ の追加 と 削除
VCS ク ラ ス タ を CP サーバーに追加するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a add_clus -c cluster_name -u uuid
VCS ク ラ ス タ を CP サーバーから 削除するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a rm_clus -u uuid
cp_server
CP サーバーの仮想ホ ス ト 名ま たは仮想 IP ア ド レ ス。
cluster_name
VCS ク ラ ス タ の名前。
uuid
VCS ク ラ ス タ の UUID (全世界で一意な ID)。
CP サーバーデー タ ベースの VCS ク ラ ス タ ノ ー ド の追加 と 削除
ノ ー ド を追加するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a add_node -u uuid -n nodeid -h host
ノ ー ド を削除するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a reg_node -u uuid -n nodeid
cp_server
CP サーバーの仮想ホ ス ト 名ま たは仮想 IP ア ド レ ス。
node_id
VCS ク ラ ス タ ノ ー ド の ノ ー ド ID。
uuid
VCS ク ラ ス タ の UUID (全世界で一意な ID)。
347
348 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
CP サーバーのユーザーの追加 と 削除
ユーザーを追加するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a add_user -e user_name -f user_role\
-g domain_type -u uuid
ユーザーを削除するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a rm_user -e user_name -g domain_type
cp_server
CP サーバーの仮想ホ ス ト 名ま たは仮想 IP ア ド レ ス。
user_name
CP サーバーの設定に追加す る ユーザー。
uuid
VCS ク ラ ス タ の UUID (全世界で一意な ID)。
user_role
ユーザー ロ ール (cps_admin ま たは cps_operator)。
domain_type
ド メ イ ン タ イ プ (例 : vx、 unixpwd、 nis)。
CP サーバーのユーザーの一覧表示
CP サーバーのユーザーを一覧表示するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a list_users
すべての ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ 内の ノ ー ド の一覧表示
すべてのク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ 内の ノ ー ド を一覧表示するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a list_nodes
VCS ク ラ ス タ に属する ノ ー ド の メ ンバーシ ッ プの一覧表示
ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ に属する ノ ー ド の メ ンバーシ ッ プ を一覧表示するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a list_membership -c cluster_name
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
ノ ー ド の獲得
ノ ー ド を獲得するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a preempt_node -u uuid -n nodeid \
-v victim_node_id
victim_node_id— ノ ー ド のホ ス ト 名。
ノ ー ド の登録 と 登録解除
ノ ー ド を登録するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a reg_node -u uuid -n nodeid
ノ ー ド を登録解除するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a unreg_node -u uuid -n nodeid
ユーザーに よ る ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ へのア ク セスの有効化 と
無効化
ユーザーによ る ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ へのア ク セス を有効化するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a add_clus_to_user -e user_name \
-f user_role -g domain_type -u uuid
ユーザーによ る ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ へのア ク セス を無効化するには
◆
次の よ う に コ マン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a rm_clus_from_user -e user_name \
-f user_role -g domain_type -u uuid
cp_server
CP サーバーの FQHN ま たは仮想 IP ア ド レ ス。
user_name
CP サーバーの設定に追加す る ユーザー。
user_role
ユーザー ロ ール (cps_admin ま たは cps_operator)。
domain_type
ド メ イ ン タ イ プ (例 : vx、 unixpwd、 nis)。
uuid
VCS ク ラ ス タ の UUID (全世界で一意な ID)。
349
350 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
CP サーバーの停止
CP サーバーを停止するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a halt_cps
CP サーバーの接続の確認
CP サーバーの接続を確認するには
◆
次の よ う に コ マ ン ド を入力 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a ping_cps
新 し い ノ ー ド でのサーバーベース フ ェ ン シ ン グの設定
こ の項では、 新 し い ノ ー ド 上でサーバーベース の フ ェ ン シ ン グ を設定す る 手順に
ついて説明 し ます。 以下の手順は、 既存の ク ラ ス タ でサーバーベース の I/O フ ェ
ン シ ン グ を使 う 場合に実行 し ます。
VCS ク ラ ス タ に新 し い ノ ー ド を追加 し 、 新 し い ノ ー ド 上でサーバーベース の
フ ェ ン シ ン グ を設定す る 手順について、 詳 し く は 『Veritas Cluster Server イ ン
ス ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
新 し い ノ ー ド 上でサーバーベースのフ ェ ン シ ングを設定するには
1
各 CP サーバーに root ユーザー と し て ロ グ イ ン し ます。
2
各 CP サーバーの設定を新 し い ノ ー ド の情報で更新 し ます。
# cpsadm -s cp_server -a add_node -u uuid \
-h host -n nodeid
次に例を示 し ます。
# cpsadm -s mycps1.symantecexample.com \
-a add_node -u {f0735332-1dd1-11b2} -h nodeC -n 2
3
新 し い ノ ー ド が CP サーバーの設定に追加 さ れてい る こ と を確認 し ます。
# cpsadm -s mycps1.symantecexample.com -a list_nodes
コ マ ン ド の出力に新 し い ノ ー ド が含ま れてい る 必要があ り ます。
4
セキ ュ リ テ ィ 設定に応 じ て、 対応す る ユーザーを各 CP サーバーに追加 し
ます。
次に例を示 し ます。
# cpsadm -s mycps1.symantecexample.com \
-a add_user -e cpsclient@nodeC \
-f cps_operator -g vx
ユーザー cpsclient@nodeC は正常に追加されました (User cpsclient@nodeC
successfully added)
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
CP サーバーデー タ ベースのスナ ッ プ シ ョ ッ ト の取得
共有デー タ ベース の スナ ッ プシ ョ ッ ト を取得す る には cpsadm コ マン ド を使い
ます。
# cpsadm -s cp_server -a db_snapshot
次に例を示 し ます。
# cpsadm -s [email protected] -a db_snapshot
取得 さ れた CP サーバーデー タ ベース の ス ナ ッ プシ ョ ッ ト は、 /etc/vxcps.conf
フ ァ イ ルで db パ ラ メ ー タ に指定 さ れた場所に保存 さ れます。 デフ ォ ル ト の保存
場所は /etc/VRTScps/db です。
CP サーバー と VCS ク ラ ス タ の通信の非セキ ュ ア設定か ら
セキ ュ ア設定への移行
以下の手順では、 CP サーバー と VCS ク ラ ス タ を非セキ ュ ア設定か ら セキ ュ ア設
定に移行す る 方法について説明 し ます。
CP サーバー と VCS ク ラ ス タ を非セキ ュ ア設定から セキ ュ ア設定に移行
するには
1
(CP サーバーを使っ てい る ) すべての ク ラ ス タ のすべての VCS ク ラ ス タ
ノ ー ド で フ ェ ン シ ン グ を停止 し ます。
# /etc/init.d/vxfen stop
2
各 CP サーバー上で次の コ マ ン ド を使っ てすべての CP サーバーを停止 し
ます。
# hagrp -offline CPSSG -any
3
CP サーバー と VCS ク ラ ス タ ノ ー ド 間の通信にセキ ュ リ テ ィ が設定 さ れてい
る こ と を確認 し ます。
詳 し く は、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ
さ い。
4
各 CP サーバー上の /etc/vxcps.conf を変更 し 、 security=1 に設定 し ます。
5
次の コ マン ド を使っ て CP サーバーを起動 し ます。
# hagrp -online CPSSG -any
6
各 CP サーバー上の各 ク ラ イ ア ン ト ノ ー ド に次のユーザーを追加 し ます。
_HA_VCS_hostname@HA_SERVICES@FQHN
hostname は修飾な し の ク ラ イ ア ン ト ノ ー ド 名、 FQHN は VCS ノ ー ド の完全
修飾ホ ス ト 名です。
351
352 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
7
CP サーバーデー タ ベース にユーザーを追加 し ます。
た と えば、 CP サーバー ([email protected]) 上で次の コ マン
ド を実行 し ます。
# cpsadm -s [email protected] -a add_user \
-e _HA_VCS_galaxy@[email protected] \
-f cps_operator -g vx
ユーザー _HA_VCS_galaxy@HA_SERVICESgalaxy.symantec.com は正常に追加
されました
(User _HA_VCS_galaxy@HA_SERVICESgalaxy.symantec.com successfully
added)
# cpsadm -s [email protected] -a add_user \
-e_HA_VCS_nebula6@[email protected] \
-f cps_operator -g vx
ユーザー _HA_VCS_nebula@[email protected] は正常に追加
されました
(User _HA_VCS_nebula@[email protected]
successfully added)
8
ユーザーが ク ラ ス タ を管理す る 権限を確認 し ます。
た と えば、 CP サーバー ([email protected]) 上で次の コ マン
ド を実行 し ます。
# cpsadm -s [email protected] -a add_clus_to_user \
-c cpcluster -u {f0735332-1dd1-11b2-a3cb-e3709c1c73b9} \
-e _HA_VCS_galaxy@[email protected] \
-f cps_operator -g vx
クラスタは正常にユーザーの
_HA_VCS_galaxy@[email protected] 権限に追加されました。
(Cluster successfully added to user
_HA_VCS_galaxy@[email protected] privileges.)
9
各 VCS ク ラ ス タ ノ ー ド 上の /etc/vxfenmode フ ァ イ ルを変更 し て、
security=1 に設定 し ます。
10 次の コ マ ン ド を使っ て VCS ク ラ ス タ ノ ー ド でフ ェ ン シ ン グ を開始 し ます。
# /etc/init.d/vxfen start
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
オ ン ラ イ ン ク ラ ス タ でサーバーベースの フ ェ ン シ ン グに使 う
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト の置き換え
オン ラ イ ンの ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ で、 アプ リ ケーシ ョ ン を停止 さ せ る こ と な
く 、 カ ス タ マ イ ズ さ れた コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト (CP サーバーま たは
SCSI-3 デ ィ ス ク ) の計画的な置 き 換え を実行す る には、 次の手順を使い ます。
メ モ : 複数の ク ラ ス タ が同 じ CP サーバーを共有する 場合、 各 ク ラ ス タ で こ の置
き 換え手順を実行す る 必要があ り ます。
オン ラ イ ン ク ラ ス タ で、 vxfen_mechanism=cps 設定を使っ て カ ス タ マ イ ズモー
ド で フ ェ ン シ ン グ を実行 し てい る と き は、 vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト を置 き 換え る こ と がで き ます。 オン ラ イ ン ク ラ ス タ
で、 ユーテ ィ リ テ ィ はサーバーベース の フ ェ ン シ ン グ
(vxfen_mode=customized) か ら デ ィ ス ク ベース のフ ェ ン シ ン グ
(vxfen_mode=scsi3) への移行、 ま たはその逆の移行を サポー ト し ません。
ただ し 、 オ フ ラ イ ンの ク ラ ス タ では、 デ ィ ス ク ベース の フ ェ ン シ ン グか ら サー
バーベース の フ ェ ン シ ン グに (ま たはその逆方向に) 移行で き ます。
■
デ ィ ス ク ベース か ら サーバーベース の フ ェ ン シ ン グへ :
「 ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ で新 し い CP サーバーに よ る フ ェ ン シ ン グ を有効に
す る 」 のシナ リ オで説明 し てい る よ う に、 CP サーバー と VCS ク ラ ス タ ノ ー
ド 上で タ ス ク を実行 し ます。
■
サーバーベース か ら デ ィ ス ク ベース の フ ェ ン シ ン グへ :
「 ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ で新 し い CP サーバーに よ る フ ェ ン シ ン グ を有効に
す る 」 のシナ リ オで説明 し てい る よ う に、 VCS ク ラ ス タ ノ ー ド 上で タ ス ク
を実行 し ます。
356 ページの 「CP サーバーの配備 と 移行のシナ リ オ」 を参照 し て く だ さ い。
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト の置 き 換え操作は vxfenswap -a cancel コ マ ン ド
を使っ ていつで も 取 り 消す こ と がで き ます。
336 ページの 「vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ について」 を参照 し て く だ さ い。
オ ン ラ イ ン ク ラ ス タ のコ ーデ ィ ネーシ ョ ンポ イ ン ト を置き換え るには
1
ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ の ノ ー ド と ユーザーが新 し い CP サーバーに追加 さ れ
てい る こ と を確認 し ます。
こ れは次の コ マン ド を実行す る こ と に よ っ て確認で き ます。
# cpsadm -s cpserver -a list_nodes
# cpsadm -s cpserver -a list_users
ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ の ノ ー ド が出力に含まれていない場合、 ク ラ イ ア ン ト
ク ラ ス タ で使 う ために新 し い CP サーバーを準備 し ます。
353
354 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
2
ク ラ ス タ 上で、 コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト の古いセ ッ ト を使っ てカ ス タ マ
イ ズモー ド で フ ェ ン シ ン グが動作 し てい る こ と を確認 し ます。
た と えば、 次の コ マ ン ド を入力 し ます。
# vxfenadm -d
コ マ ン ド の出力は次の よ う にな り ます。
I/O フェンシングクラスタ情報 : (I/O Fencing Cluster Information:)
================================
フェンシングプロトコルバージョン : (Fencing Protocol Version:) <version>
フェンシングモード : カスタマイズ (Fencing Mode: CUSTOMIZED)
クラスタメンバー : (Cluster Members:)
* 0 (galaxy)
1 (nebula)
RFSM 状態情報 : (RFSM State Information:)
node 0 mm state 8 (running)
node 1 in state 8 (running)
3
各 ク ラ イ ア ン ト ク ラ ス タ ノ ー ド 上の /etc/vxfenmode フ ァ イ ルをバ ッ ク ア ッ
プ し ます。
4
テキ ス ト エデ ィ タ を使っ て /etc/vxfenmode を開 き 、 新 し い CP サーバー
( コ ーデ ィ ネーシ ョ ンポ イ ン ト ) に合わせて値を更新 し ます。
VCS ク ラ ス タ のすべての ノ ー ド で /etc/vxfenmode フ ァ イ ルの値を更新する
必要があ り ます。
セキ ュ リ テ ィ と コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト (お よ び、 構成で該当す る 場合
は vxfendg) に関連す る vxfenmode のパ ラ メ ー タ を見直 し 、 必要であれば
更新 し ます。
こ れ ら のパ ラ メ ー タ と 新 し く 設定可能な値について詳 し く は、 vxfenmode
フ ァ イ ル内のテキ ス ト 情報を参照 し て く だ さ い。
5
ク ラ ス タ の 1 つの ノ ー ド か ら vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を実行 し ます。
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ ではすべての ク ラ ス タ ノ ー ド へのセキ ュ ア ssh 接
続が必要です。
デフ ォ ル ト の ssh の代わ り に rsh を使 う には、 -n を使い ます。
# vxfenswap -n
6
すべての ノ ー ド か ら の コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト の確認が失敗す る と 、
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ は コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト の置 き 換え操作
を ロ ールバ ッ ク し ます。 すべての VCS ク ラ ス タ ノ ー ド 上で、 バ ッ ク ア ッ プ
さ れた フ ァ イ ルを使っ て /etc/vxfenmode の復元に進みます。
7
変更を コ ミ ッ ト す る か ど う かの確認を求め ら れます。 y を入力 し て コ ミ ッ ト
し ます。
8
vxfen ド ラ イ バが現在使っ てい る コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト をチ ェ ッ ク し
て、 vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ の実行に成功 し た こ と を確認 し ます。
た と えば、 次の コ マ ン ド を実行 し ます。
# vxfenconfig -l
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
サーバーベースの フ ェ ン シ ン グで使 う コ ーデ ィ ネーシ ョ ン
ポ イ ン ト 上の登録キーの更新
VCS ク ラ ス タ 上で、 アプ リ ケーシ ョ ン を停止 さ せ る こ と な く CP サーバーへの登
録の計画的な更新を実行で き ます。 CP サーバーデー タ ベース か ら の登録消失に
関す る 警告を CP サーバーのエージ ェ ン ト か ら 受け取っ た場合、 CP サーバー上
で登録の更新を実行す る 必要があ り ます。
以下の手順では、 コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト の登録を更新す る 方法について説
明 し ます。
サーバーベースのフ ェ ン シ ングで使 う コ ーデ ィ ネーシ ョ ンポ イ ン ト 上の
登録キーを更新するには
1
VCS ク ラ ス タ の ノ ー ド と ユーザーが新 し い CP サーバーに追加 さ れてい る こ
と を確認 し ます。
こ れは次の コ マン ド を実行す る こ と に よ っ て確認で き ます。
# cpsadm -s cp_server -a list_nodes
# cpsadm -s cp_server -a list_users
2
ク ラ ス タ 上で、 フ ェ ン シ ン グがカ ス タ マ イ ズモー ド で、 ま た
/etc/vxfenmode フ ァ イ ルに定義 さ れた コ ーデ ィ ネーシ ョ ンポ イ ン ト を使っ
て動作 し てい る こ と を確認 し ます。
た と えば、 次の コ マン ド を入力 し ます。
# vxfenadm -d
3
I/O フ ェ ン シ ン グで現在使っ てい る コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト を一覧表示
し ます。
# vxfenconfig -l
4
ク ラ ス タ の 1 つの ノ ー ド か ら vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ を実行 し ます。
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ ではすべての ク ラ ス タ ノ ー ド へのセキ ュ ア ssh 接
続が必要です。
デフ ォ ル ト の ssh の代わ り に rsh を使 う には、 -n オプシ ョ ン を指定 し ます。
次に例を示 し ます。
# vxfenswap -n
コ マ ン ド の出力は次の よ う にな り ます。
VERITAS vxfenswap version <versoion> <platform>
vxfenswap 用に生成されたログファイルは
/var/VRTSvcs/log/vxfen/vxfenswap.log です
(The logfile generated for vxfenswap is
/var/VRTSvcs/log/vxfen/vxfenswap.log.)
お待ちください ... (Please Wait...)
VXFEN vxfenconfig 注意 ドライバはカスタマイズされたフェンシングを使います
(VXFEN vxfenconfig NOTICE Driver will use customized fencing)
- 機構 cps (- mechanism cps)
355
356 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
すべてのノードでコーディネーションポイント変更の検証が正常に完了しました。
(Validation of coordination points change has succeeded on all
nodes.)
変更を今すぐコミットできます。 (You may commit the changes now.)
警告 : この変更が完了する前にノードがメンバーシップから離れると、 クラスタ全体がパ
ニック状態になる可能性があります。
(WARNING: This may cause the whole cluster to panic if a node
leaves membership before the change is complete.)
5
変更を コ ミ ッ ト す る か ど う かの確認を求め ら れます。 y を入力 し て コ ミ ッ ト
し ます。
コ マ ン ド は コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト 置 き 換えの成功確認を返 し ます。
6
vxfenswap ユーテ ィ リ テ ィ の実行に成功 し た こ と を確認 し ます。 CP エー
ジ ェ ン ト が設定 さ れてい る 場合、 コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト 上で登録の検
出に成功 し た時点でエージ ェ ン ト か ら ONLINE の報告があ り ます。 CP サー
バー上の登録は cpsadm ユーテ ィ リ テ ィ を、 コ ーデ ィ ネー タ デ ィ ス ク 上の登
録は vxfenadm ユーテ ィ リ テ ィ を それぞれ使っ て表示で き ます。
次の コ マ ン ド を使 う と 、 実行中のオン ラ イ ン コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト の
更新操作を いつで も 取 り 消す こ と がで き ます。
# vxfenswap -a cancel
CP サーバーの配備 と 移行のシナ リ オ
表 10-3 は、 サポー ト さ れてい る 配備 と 移行のシナ リ オ と 、 VCS ク ラ ス タ と CP
サーバーの ノ ー ド ま たは ク ラ ス タ 上で実行す る 必須の手順についての説明です。
表 10-3
CP サーバーの配備 と 移行のシナ リ オ
シナ リ オ
CP サーバー
VCS ク ラ ス タ
CP サーバーの設定
新 し い CP
サーバー
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン 指定 さ れた CP サーバーで、 次の タ ス ク を実行 し
ポ イ ン ト と し て CP ます。
サーバーを使 う 新 し 1
新 し い CP サーバーを設定す る 準備を し ます。
い VCS ク ラ ス タ
2
新 し い CP サーバーを設定 し ます。
必要な処理
VCS ク ラ ス タ ノ ー ド でサーバーベー ス の I/O フ ェ ン シ
ン グ を設定 し ま す。
手順については、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ー
ルガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
すでに稼働 し てい る すでに稼働 し
てい る CP
CP サーバーに新 し
サーバー
い VCS ク ラ ス タ を
追加す る
新 し い VCS ク ラ ス
タ
VCS ク ラ ス タ ノ ー ド でサーバーベー ス の I/O フ ェ ン シ
ン グ を設定 し ま す。
手順については、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ー
ルガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
I/O フ ェ ン シ ン グの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
表 10-3
シナ リ オ
CP サーバー
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン 新 し い CP
サーバー
ポ イ ン ト を既存の
CP サーバーか ら 新
し い CP サーバーに
置 き 換え る
CP サーバーの配備 と 移行のシナ リ オ
VCS ク ラ ス タ
必要な処理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン 指定 さ れた CP サーバーで、 次の タ ス ク を実行 し
ま す。
ポ イ ン ト と し て CP
サーバーを使 う 既存 1
新 し い CP サーバーを設定す る 準備を し ます。
の VCS ク ラ ス タ
2
新 し い CP サーバーを設定 し ます。
3
VCS ク ラ ス タ で使 う ために新 し い CP サーバーを
準備 し ます。
手順については、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ー
ルガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
VCS ク ラ ス タ ノ ー ド で vxfenswap コ マ ン ド を実行 し て
CP サーバーを置 き 換え ま す。
353 ページの 「オ ン ラ イ ン ク ラ ス タ でサーバーベー
ス の フ ェ ン シ ン グ に使 う コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト
の置 き 換え」 を参照 し て く だ さ い。
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン 稼働中の CP
サーバー
ポ イ ン ト を既存の
CP サーバーか ら 稼
働中の CP サーバー
に置 き 換え る
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン
ポ イ ン ト と し て CP
サーバーを使 う 既存
の VCS ク ラ ス タ
指定 さ れた CP サーバーで、 新 し い CP サーバーを手
動で設定す る 準備を し ます。
手順については、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ー
ルガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
VCS ク ラ ス タ で vxfenswap コ マ ン ド を実行 し て CP
サーバーを置 き 換え ま す。
353 ページの 「オ ン ラ イ ン ク ラ ス タ でサーバーベー
ス の フ ェ ン シ ン グ に使 う コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト
の置 き 換え」 を参照 し て く だ さ い。
357
358 I/O フ ェ ン シ ン グの管理
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト サーバーの管理
表 10-3
シナ リ オ
CP サーバー
VCS ク ラ ス タ で新 し 新 し い CP
サーバー
い CP サーバーを
使っ た フ ェ ン シ ン グ
を有効にす る
注 : こ の手順では
VCS ク ラ ス タ 上で
アプ リ ケーシ ョ ン
の停止時間が発生
し ま す。
CP サーバーの配備 と 移行のシナ リ オ
VCS ク ラ ス タ
必要な処理
無効モー ド ま たは
scsi3 モー ド で フ ェ
ン シ ン グが設定 さ れ
た既存の VCS ク ラ
スタ
指定 さ れた CP サーバーで、 次の タ ス ク を実行 し
ま す。
1
新 し い CP サーバーを設定す る 準備を し ます。
2
新 し い CP サーバーを設定 し ます。
3
VCS ク ラ ス タ で使 う ために新 し い CP サーバーを
準備 し ます。
手順については、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ー
ルガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
VCS ク ラ ス タ ノ ー ド で、 次の手順を実行 し ます。
1
VCS ク ラ ス タ 上ですべてのアプ リ ケーシ ョ ン、
VCS、 フ ェ ン シ ン グ を停止 し ま す。
2
VCS を停止す る には、 次の コ マ ン ド を使い ます
(すべての VCS ク ラ ス タ ノ ー ド で実行 し ます)。
hastop -local
3
次の コ マ ン ド を使っ て フ ェ ン シ ン グ を停止 し
ま す。
# /etc/init.d/vxfen stop
4
VCS ク ラ ス タ 上で I/O フ ェ ン シ ン グ を再設定 し
ま す。
手順については、 『Veritas Cluster Server イ ン ス
ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン 稼働中の CP
サーバー
ポ イ ン ト への VCS
ク ラ ス タ ノ ー ド の登
録を アプ リ ケーシ ョ
ン を停止 さ せずに更
新す る
コ ーデ ィ ネーシ ョ ン VCS ク ラ ス タ で、 vxfenswap コ マ ン ド を実行 し て CP
ポ イ ン ト と し て CP サーバー上のキーを更新 し ま す。
サーバーを使 う 既存
355 ページの 「サーバーベース の フ ェ ン シ ン グ で使
の VCS ク ラ ス タ
う コ ーデ ィ ネーシ ョ ン ポ イ ン ト 上の登録キーの更新」
を参照 し て く だ さ い。
11
VCS の動作の制御
■
リ ソ ース障害時の VCS の動作について
■
サービ ス グループ レベルでの VCS 動作の制御
■
リ ソ ース レベルでの VCS 動作の制御
■
エージ ェ ン ト フ ァ イ ルパ ス と バ イ ナ リ の変更
■
ス ト レージ接続消失時の VCS 動作
■
サービ ス グループ ワ ー ク ロ ー ド 管理
■
ワ ー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
360 VCS の動作の制御
リ ソ ース障害時の VCS の動作について
リ ソ ース障害時の VCS の動作について
VCS は、 次の よ う な状況が発生す る 場合に リ ソ ース障害 と 判断 し ます。
■
リ ソ ース の状態が突然変化す る 場合。 た と えば、 オン ラ イ ンの リ ソ ース がオ
フ ラ イ ンにな る 場合です。
■
必要な状態の変更が実行 さ れない場合。 た と えば、 コ マン ド の指示どお り に
リ ソ ース のオン ラ イ ン化やオ フ ラ イ ン化が行われない場合です。
多 く の場合、 VCS エージ ェ ン ト は、 リ ソ ース の障害をエン ジ ンに報告す る 前に、
事前に定義 さ れてい る ア ク シ ョ ン を実行 し て問題を修正 し ます。 た と えば、 障害
を宣言す る 前に リ ソ ース のオン ラ イ ン化を数回試行 し ます。
VCS は、 リ ソ ース に障害が発生 し た場合、 障害が発生 し た リ ソ ース に対 し て ク
リ ーン ア ッ プす る ア ク シ ョ ン を自動的に実行 し ます。 clean 機能に よ り 、 こ の リ
ソ ース が別の ノ ー ド でオン ラ イ ン化 さ れ る 前に、 確実に停止す る こ と がで き ま
す。 こ れに よ り 、 同時性違反が回避 さ れます。
リ ソ ース に障害が発生す る と 、 VCS は、 障害の発生 し た リ ソ ース に依存 し てい
る すべての リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化 し ます。 こ れに よ り 、 障害がサービ ス グルー
プ内に伝播 し ます。
ク リ テ ィ カルな リ ソ ース と ク リ テ ィ カルでない リ ソ ースについて
リ ソ ース の Critical 属性に よ り 、 リ ソ ース障害発生時にサービ ス グループが
フ ェ ールオーバー さ れ る か ど う かが決定 さ れます。 リ ソ ース が ク リ テ ィ カルで
ない と 設定 (Critical 属性が 0 に設定) さ れてお り 、 障害が発生 し た リ ソ ース に
依存す る リ ソ ース が ク リ テ ィ カルでない場合、 こ のサービ ス グループはフ ェ ー
ルオーバー さ れません。 VCS は、 障害が発生 し た リ ソ ース をオ フ ラ イ ン化 し 、
グループの状態を ONLINE|PARTIAL に更新 し ます。 ま た、 こ の属性に よ り 、 サー
ビ ス グループのオン ラ イ ン手順で リ ソ ース がオン ラ イ ン化 さ れない場合に、
サービ ス グループが別の ノ ー ド でオン ラ イ ン化を試み る か ど う かについて も 決
定 さ れます。
VCS の動作の制御
リ ソ ース障害時の VCS の動作について
VCS の動作図
こ の項では、 リ ソ ース障害時の VCS のデフ ォ ル ト 機能について説明 し ます。 次
の図は、 こ こ で使 う 記号を示 し てい ます。
リ ソ ース設定 / ア ク シ ョ ン
C
リ ソ ースのカ ラ ー コ ー ド
Critical リ ソ ース
ONLINE
リ ソ ースのオ フ ラ イ ン化
OFFLINE
✗
リ ソ ースのオ ン ラ イ ン化
FAULTED
シナ リ オ : ク リ テ ィ カルな親 リ ソ ース を持つ リ ソ ースの障害
こ の例では、 サービ ス グループに 5 つの リ ソ ース があ り 、 リ ソ ース R1 は ク リ
テ ィ カル (Critical) な リ ソ ース に設定 さ れてい ます。
R1
R2
✗
R4
C
R3
R2
R5
R4
R1
C
✗
R3
R5
R2
R4
R1
C
✗
R3
R5
リ ソ ース R2 に障害が発生す る と 、 その障害は依存関係ツ リ ーを上方向に リ ソ ー
ス R1 へ伝播 さ れます。 ク リ テ ィ カルな リ ソ ース R1 がオ フ ラ イ ンにな る と 、
VCS はサービ ス グループ を faulted 状態に し 、 こ のサービ ス グループを ク ラ ス タ
内の別の リ ソ ース に フ ェ ールオーバーす る 必要があ り ます。 VCS は、 まず、
サービ ス グループ内の別の リ ソ ース を依存関係の順にオ フ ラ イ ン化 し ます。 リ
ソ ース R3、 R4、 R5 を オフ ラ イ ン化 し た後、 こ のサービ ス グループを別の ノ ー
ド に フ ェ ールオーバー し ます。
361
362 VCS の動作の制御
リ ソ ース障害時の VCS の動作について
シナ リ オ : ク リ テ ィ カルでない親 リ ソ ース を持つ リ ソ ースの
障害
こ の例では、 サービ ス グループには ク リ テ ィ カル (Critical) な リ ソ ース は含ま
れてい ません。
R1
R1
R2
R3
R2
R4
R5
R4
✗
R1
R3
R2
R5
R4
✗
R3
R5
リ ソ ース R2 に障害が発生す る と 、 障害は依存関係ツ リ ーを上方向に伝播 さ れま
す。 リ ソ ース R1 と リ ソ ース R2 は と と も に ク リ テ ィ カルではないため、 障害が
発生 し て も 、 ツ リ ーのオ フ ラ イ ン化やサービ ス グループの フ ェ ールオーバーは行
われません。
シナ リ オ : ク リ テ ィ カルな親 リ ソ ース を持つ リ ソ ースの
オ ン ラ イ ン化の失敗
こ の例では、 サービ ス グループを オン ラ イ ン化す る コ マン ド が発行 さ れま し た
が、 リ ソ ース R2 のオン ラ イ ン化が失敗 し てい ます。
R1
C
R1
R2
R3
R2
R4
R5
R4
✗
R1
C
R3
R2
R5
R4
✗
C
R3
R2
R5
R4
R1
C
✗
R3
R5
VCS は、 リ ソ ース R2 に対 し て clean 機能を呼び出 し 、 障害を依存関係ツ リ ーの
上方に伝播 し ます。 リ ソ ース R1 は ク リ テ ィ カルな リ ソ ース に設定 さ れてい る た
め、 サービ ス グループはオ フ ラ イ ン化 さ れ、 ク ラ ス タ 内の別の ノ ー ド に フ ェ ール
オーバー さ れます。
VCS の動作の制御
サービ スグループ レ ベルでの VCS 動作の制御
サービ スグループ レ ベルでの VCS 動作の制御
こ の項では、 サービ ス グループ属性を設定 し て、 リ ソ ース障害発生時の VCS 動
作を制御す る 方法について説明 し ます。
AutoRestart 属性について
サービ ス グループ (GROUP_1) の永続的な リ ソ ース に障害が発生す る と 、 次の
条件が満た さ れた場合に、 こ のサービ ス グループは VCS に よ っ て別のシ ス テ ム
に フ ェ ールオーバー さ れます。
■
AutoFailOver 属性が設定 さ れてい る 。
■
ク ラ ス タ 内に、 GROUP_1 が フ ェ ールオーバー可能なシ ス テ ムが存在す る 。
こ れ ら の条件がいずれ も 満た さ れない場合は、 障害が発生 し た リ ソ ース がオン ラ
イ ンにな っ た後で も 、 GROUP_1 は障害が解消 さ れず、 オ フ ラ イ ンの ま ま にな り
ます。
AutoRestart 属性を設定す る と 、 オペレー タ が介入 し な く て も サービ ス グループ
を オン ラ イ ンに戻す こ と がで き ます。 フ ェ ールオーバー タ ーゲ ッ ト が利用で き な
い場合は、 AutoRestart 属性を設定す る こ と に よ り 、 障害が発生 し た グループの
リ ソ ース が最初に使用可能なシ ス テ ム上でオン ラ イ ンにな っ た後に、 そのシ ス テ
ム上でグループを オン ラ イ ンに戻す こ と がで き ます。
た と えば、 NIC は永続的な リ ソ ース です。 場合に よ っ ては、 シ ス テ ムが起動 し 、
VCS が開始 さ れ る と 、 VCS はシ ス テ ム上のすべての リ ソ ース を プ ロ ーブ し ます。
VCS が NIC リ ソ ース を プ ローブす る と き に、 ネ ッ ト ワー ク が切断 さ れて正常に
動作で き ないために、 リ ソ ース がオン ラ イ ンにな ら ない場合があ り ます。 こ の よ
う な場合、 NIC リ ソ ース は障害が発生 し た と さ れ、 サービ ス グループはオン ラ イ
ンにな り ません。 ただ し 、 ネ ッ ト ワ ー ク が回復 し 、 NIC リ ソ ース がオン ラ イ ンに
な っ た と き AutoRestart が有効であれば、 こ のサービ ス グループはオン ラ イ ンに
な り ます。
363
364 VCS の動作の制御
サービ スグループ レ ベルでの VCS 動作の制御
サービ スグループの障害やシ ス テム障害発生時の
フ ェ ールオーバーの制御
AutoFailOver 属性は、 サービ ス グループやシ ス テ ムで障害が発生 し た場合の
サービ ス グループの フ ェ ールオーバーを制御 し ます。
利用可能な値は、 0、 1、 2 です。 HA/DR ラ イ セン ス をすでに有効に し ていて、
サービ ス グループがハ イ ブ リ ッ ド サービ ス グループではない場合は、 こ の属性の
値を 2 に設定で き ます。
0
シ ス テ ムやサービ ス グループで障害が発生 し て も VCS はサービ ス グルー
プ を フ ェ ールオーバー し ま せん。
サービ ス グループ内で障害が発生 し た場合、 その リ ソ ー ス が ク リ テ ィ カル
であ る か ど う かに応 じ て、 グループがオ フ ラ イ ン化 さ れ ます。 シ ス テ ム に
障害が発生 し た場合、 別のシ ス テ ムへのサービ ス グループの フ ェ ールオー
バーは行われ ません。
1
シ ス テ ム ま たはサービ ス グループで障害が発生 し た場合、 フ ェ ールオー
バー先 と し て適切な ノ ー ド が存在すれば、 VCS はサービ ス グループ を
フ ェ ールオーバー し ま す。
サービ ス グループの SystemZones 属性 と FailOverPolicy 属性に よ り 、
サービ ス グループ を フ ェ ールオーバーす る 動作が影響を受け ます。 グ ロ ー
バル ク ラ ス タ の場合、 フ ェ ールオーバーの決定は、 ClusterFailOverPolicy
に も 基づ き ます。
667 ページの 「サービ ス グループ属性」 を参照 し て く だ さ い。
2
同 じ シ ス テ ム ゾーン内に他の適切な ノ ー ド が存在す る 場合のみ、 VCS は
サービ ス グループ を自動的に フ ェ ールオーバー し ます。
同 じ シ ス テ ム ゾーン内に他の適切な ノ ー ド が存在 し ない場合、 VCS はサー
ビ ス グループ をオ フ ラ イ ン化 し 、 管理者の対処を得 る ためにア ラ ー ト を生
成 し ま す。 hagrp -online コ マ ン ド を使用 し て グループ を手動でオ ン ラ
イ ン化す る こ と がで き ま す。
メ モ : SystemZones 属性が定義 さ れていない場合は、 フ ェ ールオーバーの
動作は AutoFailOver=1 の場合 と 似た も のにな り ま す。
VCS の動作の制御
サービ スグループ レ ベルでの VCS 動作の制御
フ ェ ールオーバーポ リ シーの定義
サービ ス グループ属性の FailOverPolicy に よ り 、 VCS が フ ェールオーバー先の
シ ス テ ム を選定す る 決定方法が決定 さ れます。 FailOverPolicy には、 次の 3 つの
値があ り ます。
Priority
VCS は、 最 も 優先度値の低いシ ス テ ム を フ ェ ールオーバー先に選定 し ま
す。 Priority フ ェ ールオーバーポ リ シーは、 単純な 2 ノ ー ド 型 ク ラ ス タ
や、 サービ ス グループの数が少ない小規模の ク ラ ス タ に適 し てい ま す。
Priority は、 SystemList 属性の中で SystemList = { SystemA, SystemB } な
ど の よ う に順序指定に よ っ て暗黙的に設定 さ れ る 場合 と 、
SystemList = { SystemA=0, SystemB=1 } な ど の よ う に明示的に設定 さ れ る
場合があ り ます。 Priority は、 デフ ォ ル ト の動作です。
RoundRobin
VCS は、 実行中のサービ ス グループの数が最 も 少ないシ ス テ ム を フ ェ ール
オーバー先に選定 し ます。 こ のポ リ シーは、 シ ス テ ム にかか る サービ ス負
荷がほ と ん ど同 じ サービ ス グループ (類似のデー タ ベー スやアプ リ ケー
シ ョ ン な ど) を多数実行す る 大規模 ク ラ ス タ に適 し てい ま す。
Load
Load フ ェ ールオーバーポ リ シーは、 次の要素で構成 さ れ ま す。
シ ス テ ム の処理能力 と サービ ス グループの負荷は、 Capacity 属性 と Load
属性に よ り 定義 さ れ ます。
シ ス テ ム の限界 と サービ ス グループの必要条件は、 Limits 属性 と
Prerequisites 属性に よ り 定義 さ れ ます。
シ ス テムゾーン について
SystemZones 属性に よ り 、 フ ェールオーバー先を決め る 最初の段階でフ ェール
オーバー先 と し て使え る シ ス テ ムのサブセ ッ ト を作成で き ます。 こ の機能に よ
り 、 アプ リ ケーシ ョ ンの フ ェ ールオーバー先を厳密に決定す る こ と がで き ます
が、 ク ラ ス タ 内の任意のシ ス テ ムに フ ェ ールオーバーで き る 柔軟性 も 確保 さ れ
ます。
こ の属性が設定 さ れ る と 、 サービ ス グループは、 別のゾーンのホ ス ト が選択 さ れ
る ま で、 こ のシ ス テ ム ゾーン内に留ま ろ う と し ます。 た と えば、 Web サーバー、
アプ リ ケーシ ョ ンサーバー と デー タ ベース サーバーを使 う 3 層型のアプ リ ケー
シ ョ ン構造の場合、 アプ リ ケーシ ョ ン と デー タ ベース に対 し て 2 つのシ ス テ ム
ゾーン を作成で き ます。 フ ェ ールオーバーの実行時、 アプ リ ケーシ ョ ン ゾーンの
サービ ス グループは、 そのゾーン内の別の ノ ー ド に フ ェ ールオーバー し よ う と し
ます。 使用可能な ノ ー ド がアプ リ ケーシ ョ ン ゾーンにない場合は、 Load と
Limits の設定に基づいて、 デー タベース ゾーンに フ ェ ールオーバー し ます。
365
366 VCS の動作の制御
サービ スグループ レ ベルでの VCS 動作の制御
こ の設定の場合、 デー タ ベースバ ッ ク エン ド に存在す る 余分な Capacity と
Limits は、 デー タベース が フ ェールオーバーす る 際の負荷の増大に備え て、 確
保 さ れてい ます。 アプ リ ケーシ ョ ン ゾーンのサービ ス グループの負荷は、 アプ リ
ケーシ ョ ンサーバーで処理 さ れます。 ただ し 連鎖的に障害が発生 し た場合には、
ク ラ ス タ 内の余分な Capacity は、 すべてのサービ ス グループに使用可能 と な り
ます。
負荷に基づいた AutoStart について
VCS では、 ク ラ ス タ を起動す る 際にサービ ス グループ をオン ラ イ ンにす る シ ス
テ ム を決定す る こ と がで き ます。 AutoStartPolicy 属性を Load に設定す る と 、
VCS エン ジ ン HAD が、 サービ ス グループの起動に最適なシ ス テ ム を判断 し ま
す。 サービ ス グループが動作中のすべてのシ ス テ ムについてプ ロ ーブを終え る
と 、 VCS は、 負荷に基づいて起動で き る よ う にサービ ス グループを AutoStart 用
のキ ュ ーに配置 し ます。 VCS はすべての必要条件を満たすシ ス テ ムのサブセ ッ
ト を作成 し 、 その中で最 も AvailableCapacity の高いシ ス テ ム を選択 し ます。
AutoStartPolicy を Load に設定 し て SystemZones を設定す る と 、 最初にサービ
ス グループを起動す る のに適 し た シ ス テ ム を指定す る こ と がで き ます。
サービ スグループの フ リ ーズ
サービ ス グループを フ リ ーズす る こ と に よ り 、 サービ ス グループやシ ス テ ムの障
害発生時、 VCS がア ク シ ョ ン を行わない よ う にす る こ と がで き ます。 サービ ス
グループの フ リ ーズに よ り 、 リ ソ ース の障害の発生時、 依存 し てい る リ ソ ース が
オ フ ラ イ ン化 さ れな く な り ます。 ま た、 リ ソ ース に障害が発生 し た と き に clean
機能が呼び出 さ れない よ う にす る こ と も で き ます。
VCS 制御外か ら リ ソ ース を操作す る 場合に、 そのサービ ス グループ を フ リ ーズ
し ます。 こ れに よ り 、 リ ソ ース の操作中に VCS がその リ ソ ース に対 し てア ク
シ ョ ン を実行す る こ と を回避で き ます。 た と えば、 デー タ ベース の制御か ら デー
タ ベース の停止や起動を行 う 場合、 デー タ ベース グループを フ リ ーズ し ます。
VCS の動作の制御
サービ スグループ レ ベルでの VCS 動作の制御
リ ソ ース障害発生時の clean 動作の制御
ManageFaults 属性は、 サービ ス グループ内の リ ソ ース で障害が発生 し た と き に
VCS が Clean 機能を呼び出すか ど う か を指定 し ます。 ManageFaults はサービ ス
グループの属性です。 サービ ス グループご と に設定す る こ と がで き ます。
■
ManageFaults 属性を ALL に設定 し た場合、 VCS は、 リ ソ ース に障害が発生
す る と Clean 機能を呼び出 し ます。
■
ManageFaults 属性を NONE に設定す る と 、 リ ソ ース に障害が発生 し て も
VCS はア ク シ ョ ン を実行せず、 管理者に よ る ア ク シ ョ ンが実行 さ れ る ま で
サービ ス グループをハン グ し ます。 VCS は リ ソ ース の状態を ADMIN_WAIT に
変更 し 、 リ ソ ース の障害が解消 さ れ ADMIN_WAIT 状態が ク リ ア さ れ る ま で、
サービ ス グループの フ ェ ールオーバーを行い ません。
ManageFaults 属性が NONE に設定 さ れてい る 場合、 リ ソ ース の障害に よ っ
て リ ソ ース の状態が ADMIN_WAIT にな る と 、 VCS は resadminwait ト リ ガ を
呼び出 し ます。 障害に関す る 通知を送信す る よ う に、 こ の ト リ ガ を カ ス タ マ
イ ズす る こ と も で き ます。
452 ページの 「resadminwait イ ベン ト ト リ ガ」 を参照 し て く だ さ い。
ManageFaults を none に設定 し た場合、 次のいずれかの イ ベン ト が起 き る
と 、 リ ソ ースは admin_wait 状態にな り ます。
イ ベン ト
リ ソ ースの状態
offline 機能が、 想定 さ れた時間内に完了 し ませんで し た。 ONLINE|ADMIN_WAIT
offline 機能が無効で し た。
ONLINE|ADMIN_WAIT
online 機能が、 想定 さ れた時間内に完了 し ませんで し た。 OFFLINE|ADMIN_WAIT
online 機能が無効で し た。
OFFLINE|ADMIN_WAIT
予期せぬ原因で リ ソ ー ス がオ フ ラ イ ン化 さ れ ま し た。
OFFLINE|ADMIN_WAIT
オ ン ラ イ ン リ ソ ース について、 monitor 機能が繰 り 返 し 失 ONLINE|MONITOR_TIM
EDOUT|ADMIN_WAIT
敗 し 、 想定 さ れた時間内に完了 し ま せんで し た。
367
368 VCS の動作の制御
サービ スグループ レ ベルでの VCS 動作の制御
ADMIN_WAIT 状態の リ ソ ースの ク リ ア
VCS は リ ソ ース を ADMIN_WAIT 状態に設定す る と 、 リ ソ ース が こ の状態にな っ た
理由に応 じ て、 resadminwait ト リ ガ を呼び出 し ます。
452 ページの 「resadminwait イ ベン ト ト リ ガ」 を参照 し て く だ さ い。
リ ソ ース を ク リ アするには
1
VCS の外部で必要な作業を行い、 すべての リ ソ ース を必要な状態に し ます。
2
次の コ マ ン ド を実行 し 、 リ ソ ース が必要な状態にあ る こ と を確認 し ます。
hagrp -clearadminwait group -sys system
こ の コ マ ン ド を実行す る と 、 すべての リ ソ ース の ADMIN_WAIT 状態が ク リ ア
さ れます。 VCS は、 必要な状態にな っ ていない リ ソ ース を続けて検出す る
と 、 こ の リ ソ ース を ADMIN_WAIT 状態に リ セ ッ ト し ます。
3
リ ソ ース が ま だ ADMIN_WAIT 状態にあ る 場合は、 手順 1 と 手順 2 を繰 り 返す
か、 次の コ マ ン ド を実行 し て、 VCS で リ ソ ース が ADMIN_WAIT 状態に設定 さ
れない よ う に し ます。
hagrp -clearadminwait -fault group -sys system
こ の コ マ ン ド を実行す る と 、 次の よ う にな り ます。
■
resadminwait ト リ ガが 0 ま たは 1 の理由で呼び出 さ れた場合、 リ ソ ー
ス の状態は ONLINE|UNABLE_TO_OFFLINE と し て設定 さ れます。
ResAdminWait ト リ ガが理由 2、 3 ま たは 4 で呼び出 さ れた場合、 リ
ソ ース の状態は FAULTED と し て設定 さ れます。 こ れ ら の理由に よ り 、
リ ソ ース が FAULTED と し て設定 さ れた場合、 clean 機能は呼び出 さ れま
せん。 こ の コ マ ン ド を実行す る 前に、 ADMIN-WAIT 状態の リ ソ ース が
clean に よ り OFFLINE 状態にあ る こ と を確認 し て く だ さ い。
サービ ス グループに ADMIN_WAIT 状態の リ ソ ース があ る 場合、 リ ソ ース に対
し て online、 offline、 switch、 flush な ど のサービ ス グループ操作を実行す
る こ と はで き ません。 ま た、 リ ソ ース が ADMIN_WAIT 状態にあ る 場合、
hastop コ マン ド を使 う こ と はで き ません。 こ の場合、 hastop コ マン ド は
-force オプシ ョ ンのみ と と も に実行す る 必要があ り ます。
■
VCS の動作の制御
サービ スグループ レ ベルでの VCS 動作の制御
障害の伝播の制御
FaultPropagation 属性は、 リ ソ ース の障害を リ ソ ース の依存関係ツ リ ーに伝播
す る か ど う かを定義 し ます。 ま た、 リ ソ ース障害の発生時にサービ ス グループの
フ ェ ールオーバーを行 う か ど う かについて も 定義 し ます。
■
FaultPropagation 属性を 1 (デフ ォル ト ) に設定す る と 、 リ ソ ース の障害は
依存関係ツ リ ーを上方向に伝播 し ます。 Critical に設定 さ れた リ ソ ース がパ
ス上にあ り 、 AutoFailOver 属性が 1 に設定 さ れてい る 場合は、 サービ ス グ
ループはオ フ ラ イ ン化 さ れ、 フ ェ ールオーバーが行われます。
■
FaultPropagation を 0 に設定す る と 、 リ ソ ース の障害はその リ ソ ース レベル
で留め ら れます。 VCS は依存関係ツ リ ーに対 し てオ フ ラ イ ン化 し ないため、
フ ェ ールオーバー も 行われません。 サービ ス グループ内にオン ラ イ ンの リ
ソ ース が残っ てい る 場合、 そのサービ ス グループの状態は PARTIAL|FAULTED
にな り ます。 すべての リ ソ ース がオ フ ラ イ ンや障害の場合は、 OFFLINE|
FAULTED 状態にな り ます。
こ の属性はサービ ス グループ ま たは リ ソ ース に対 し て設定で き ます。 こ の属性の
デフ ォ ル ト 値は 1 です。
リ ソ ース に障害が発生す る と 、 VCS は resfault ト リ ガ を起動 し 、 SNMP ト ラ ッ
プを送信 し ます。 こ の ト リ ガは、 リ ソ ース に障害が発生 し た シ ス テ ムに対 し て実
行 さ れ、 こ れには障害が発生 し た リ ソ ース の名前が含まれます。
453 ページの 「resfault イ ベン ト ト リ ガ」 を参照 し て く だ さ い。
369
370 VCS の動作の制御
サービ スグループ レ ベルでの VCS 動作の制御
カ ス タ ム VCS の動作図
こ の項では、 ManageFaults 属性 と FaultPropagation 属性の設定に よ っ て VCS
の リ ソ ース障害処理動作が ど の よ う に変更 さ れ る かを図で説明 し ます。 次の図
は、 こ こ で使 う 記号を示 し てい ます。
リ ソ ースのカ ラ ー コ ー ド
✗
ONLINE
W
ONLINE|ADMIN_WAIT
OFFLINE
W
OFFLINE|ADMIN_WAIT
FAULTED
シナ リ オ : ク リ テ ィ カルな親 リ ソ ース を持ち ManageFaults
が NONE である リ ソ ースの障害
こ の例では、 サービ ス グループに 5 つの リ ソ ース があ り ます。 ManageFaults 属
性は、 リ ソ ース R2 に対 し て NONE に設定 さ れてい ます。
R1
R2
R4
C
R3
R5
R1
R5
R2
R4
W
C
R3
R5
リ ソ ース R2 で障害が発生す る と 、 こ の リ ソ ース は ONLINE|ADMIN_WAIT と し て見
な さ れます。 Clean 機能は呼び出 さ れません。 その他の リ ソ ースはオ フ ラ イ ン化
さ れません。
VCS の動作の制御
サービ スグループ レ ベルでの VCS 動作の制御
シナ リ オ : ク リ テ ィ カルな親 リ ソ ース を持ち
FaultPropagation が 0 である リ ソ ースの障害
こ の例では、 FaultPropagation 属性は 0 に設定 さ れてい ます。
R1
C
R2
R3
R4
R5
R1
R2
✗
R4
C
R3
R5
リ ソ ース R2 で障害が発生す る と 、 Clean 機能が呼び出 さ れ、 リ ソ ース R2 は障
害 と し て見な さ れます。 障害はツ リ ーに伝播 さ れず、 グループはオ フ ラ イ ン化 さ
れません。
意図的なオ フ ラ イ ン機能をサポー ト する リ ソ ースに対する
VCS の動作
VCS の制御外でアプ リ ケーシ ョ ンが意図的に終了 さ れた と き に、 特定のエー
ジ ェ ン ト はその こ と を特定で き ます。
こ の機能を サポー ト す る エージ ェ ン ト について、 管理者が VCS の制御外でアプ
リ ケーシ ョ ン を意図的に終了 し た場合、 VCS はその終了を障害 と し て扱い ませ
ん。 VCS は、 サービ ス グループ内の他の リ ソ ース の状態に従っ て、 サービ ス グ
ループの状態を Offline ま たは Partial に設定 し ます。
こ の機能に よ り 、 管理者はフ ェ ールオーバーを発生 さ せずにアプ リ ケーシ ョ ン を
停止で き ます。 こ の機能は、 V51 エージ ェ ン ト で利用で き ます。
IntentionalOffline 属性について
設定済みアプ リ ケーシ ョ ンの意図的なオ フ ラ イ ン化を認識す る よ う に リ ソ ース を
設定す る には、 IntentionalOffline 属性を 1 に設定 し ます。 こ の属性をデフ ォ ル
ト 値であ る 0 に設定する と 、 こ の機能は無効にな り ます。
■
こ の属性を 1 に設定 し た場合、 VCS の制御外でアプ リ ケーシ ョ ン を意図的
に停止 し た と き に、 リ ソ ースは OFFLINE 状態にな り ます。 こ の属性はアプ
リ ケーシ ョ ン障害時の VCS の動作に影響 し ません。 管理対象の対応す る ア
プ リ ケーシ ョ ンで障害が発生 し た場合、 VCS は リ ソ ース を障害状態 と し て
扱い続け ます。
371
372 VCS の動作の制御
サービ スグループ レ ベルでの VCS 動作の制御
■
こ の属性を 0 に設定 し た場合、 VCS の制御外でアプ リ ケーシ ョ ン を意図的
に停止 し た と き に、 リ ソ ースは FAULTED 状態にな り ます。
ExternalStateChanged 属性について
設定済みのアプ リ ケーシ ョ ン を VCS の制御外で意図的に開始ま たは停止す る こ
と に対応 し てサービ ス グループの動作を制御す る には、 ExternalStateChanged
属性を使用 し ます。
こ の属性は、 VCS の制御外で リ ソ ース を意図的にオン ラ イ ン化ま たはオ フ ラ イ
ン化 し た と き に、 VCS がサービ ス グループの状態を ど の よ う に処理す る のか定
義 し ます。
属性は次の値を と る こ と がで き ます。
■
OnlineGroup: 設定済みのアプ リ ケーシ ョ ンが VCS の制御外で開始 さ れた場
合、 VCS は対応する サービ ス グループを オン ラ イ ンに し ます。 フ リ ーズ し
てい る ノ ー ド ま たはサービ ス グループで管理者がアプ リ ケーシ ョ ン を開始 し
よ う と し た場合、 その ノ ー ド ま たはサービ ス グループがア ン フ リ ーズ さ れた
後で、 VCS は対応する サービ ス グループを オン ラ イ ンに し ます。
■
OfflineGroup: 設定済みのアプ リ ケーシ ョ ンが VCS の制御外で停止 さ れた場
合、 VCS は対応する サービ ス グループを オ フ ラ イ ンに し ます。
■
OfflineHold: 設定済みのアプ リ ケーシ ョ ンが VCS の制御外で停止 さ れた場
合、 VCS は対応する VCS リ ソ ース の状態をオ フ ラ イ ンに設定 し ます。
VCS が親 リ ソ ース ま たはサービ ス グループを オ フ ラ イ ンにす る こ と はあ り
ません。
OfflineHole お よ び OfflineGroup は、 互いに排他的です。
VCS の動作の制御
リ ソ ース レ ベルでの VCS 動作の制御
リ ソ ース レ ベルでの VCS 動作の制御
こ の項では、 リ ソ ース レベルでの VCS 動作の制御方法について説明 し ます。 リ
ソ ース の障害は、 エージ ェ ン ト フ レーム ワ ー ク が障害を VCS エン ジ ンに宣言す
る ま では発生 し た こ と にな り ません。
リ ソ ースの動作を制御する リ ソ ース タ イ プ属性について
次の属性は、 個々の リ ソ ース の問題に対 し て、 VCS エン ジ ンに障害を通知す る
ま でに VCS エージ ェ ン ト フ レーム ワ ー ク が実行す る 処理内容に影響 し ます。
RestartLimit 属性について
RestartLimit 属性は、 リ ソ ース の障害を エン ジ ンに通知す る 前に、 こ の リ ソ ース
の再起動を試み る か ど う かを定義 し ます。
RestartLimit 属性に 0 以外の値が設定 さ れてい る 場合、 エージ ェ ン ト は、 リ ソ ー
ス障害の発生を宣言す る 前に、 こ の リ ソ ース の再起動を試みます。 エージ ェ ン ト
フ レーム ワ ー ク では、 障害の発生 し た リ ソ ース を再起動す る 際、 Clean 機能を呼
び出 し てか ら 、 Online 機能を呼び出 し ます。 一方、 ManageFaults 属性が NONE
に設定 さ れてい る 場合、 Clean 機能は呼び出 さ れず、 Online 機能の再試行 も 行わ
れません。
OnlineRetryLimit 属性について
OnlineRetryLimit 属性は、 リ ソ ース の最初のオン ラ イ ン化に失敗 し た場合に
Online 機能を再試行する 回数を指定 し ます。
OnlineRetryLimit に 0 以外の値が設定 さ れてい る 場合、 エージ ェ ン ト フ レーム
ワ ー ク は、 Clean 機能を呼び出 し てか ら 、 Online 機能を実行 し ます。 ただ し 、
ManageFaults 属性が NONE に設定 さ れてい る 場合、 Clean 機能は呼び出 さ れず、
Online 機能の再試行 も 行われません。
373
374 VCS の動作の制御
リ ソ ース レ ベルでの VCS 動作の制御
ConfInterval 属性について
ConfInterval 属性は、 ど の く ら いの時間 リ ソ ース が問題のない状態でオン ラ イ ン
を維持す る と 、 問題検出のためのカ ウ ン タ が ク リ ア さ れ る かを定義 し ます。 つま
り 、 こ の属性は、 VCS が RestartCount、 ToleranceCount、
CurrentMonitorTimeoutCount の値を ク リ アす る タ イ ミ ン グ を制御 し ます。
ToleranceLimit 属性について
ToleranceLimit 属性は、 monitor ルーチンか ら Offline 状態が何回返 さ れた ら リ
ソ ース のオ フ ラ イ ン を宣言す る かを定義 し ます。 通常、 こ の属性は、 リ ソ ース が
ビ ジーであ る ためにオ フ ラ イ ン と 見な さ れ る と き に使われます。 ToleranceLimit
属性を 0 以外の値に設定する と 、 最終的には リ ソ ース が応答す る と い う 予測に基
づいて、 複数回の監視周期の失敗が許容 さ れます。 ただ し 、 ToleranceLimit 属
性を 0 以外の値に設定する と 、 実際の障害発生時、 その宣言ま でに必要な時間 も
長 く な り ます。
FaultOnMonitorTimeouts 属性について
FaultOnMonitorTimeouts 属性は、 VCS が Monitor 機能の タ イ ム ア ウ ト を リ ソ ー
ス の障害 と 解釈す る か ど う かを定義 し ます。
こ の属性が 0 に設定 さ れ る と 、 VCS は monitor エン ト リ ポ イ ン ト の タ イ ム ア ウ
ト を リ ソ ース の障害 と し ては扱い ません。 こ の属性が 1 に設定 さ れ る と 、 VCS
は Monitor 機能の タ イ ム ア ウ ト を リ ソ ース の障害 と 解釈 し 、 エージ ェ ン ト が
Clean 機能を呼び出 し て リ ソ ース を停止 し ます。
デフ ォ ル ト では、 FaultOnMonitorTimeouts 属性は 4 に設定 さ れてい ます。 つま
り 、 Monitor 機能が連続 し て 4 回 タ イ ム ア ウ ト し て初めて、 リ ソ ース障害の発生
と し てマー ク さ れ る こ と にな り ます。
VCS の動作の制御
リ ソ ース レ ベルでの VCS 動作の制御
VCS の リ ソ ース障害発生時の処理手順
こ の項では、 リ ソ ース障害の発生時に VCS が行動方針を決定す る ためのプ ロ セ
ス について説明 し ます。
オ ン ラ イ ンの リ ソ ースに障害が発生 し た場合の VCS 動作
次の場合、 オン ラ イ ン状態の リ ソ ースは、 エージ ェ ン ト か ら オ フ ラ イ ン化の コ マ
ン ド が発行 さ れな く て も 、 オ フ ラ イ ン と し て報告 さ れます。
■
まず、 VCS は所定の時間内に monitor ルーチンが正常に完了する かど う か
を確認 し ます。 正常に完了す る 場合、 VCS は monitor ルーチンか ら 返 さ れ
た終了 コ ー ド を調べます。 monitor ルーチンが所定の時間内に正常に完了 し
ない場合、 VCS は FaultOnMonitorTimeouts (FOMT) 属性を調べます。
■
FOMT=0 の場合、 monitor ルーチンが タ イ ム ア ウ ト し て も リ ソ ース の障害
にはな り ません。 VCS は、 こ の リ ソ ース を オン ラ イ ンであ る と 見な し 、
ポー リ ン グ間隔に従っ て定期的に監視 し ます。
FOMT が 1 以上の場合、 VCS は CurrentMonitorTimeoutCount (CMTC) と
FOMT の値を比較 し ます。 監視 タ イ ム ア ウ ト カ ウ ン ト が タ イ ム ア ッ プ し て
いない場合、 VCS は CMTC を 1 つずつ増や し 、 リ ソ ース を次のサ イ ク ルで
監視 し ます。
■
FOMT=CMTC の場合、 使用可能な監視 タ イ ム ア ウ ト カ ウ ン ト が終了 し た こ
と にな り 、 VCS は修正ア ク シ ョ ン を実行す る こ と にな り ます。
■
ManageFaults 属性が NONE に設定 さ れてい る 場合、 VCS は、 こ の リ ソ ース
を ONLINE|ADMIN_WAIT と し てマー ク し 、 resadminwait ト リ ガ を起動 し ます。
ManageFaults 属性が ALL に設定 さ れてい る 場合、 リ ソ ースは GOING OFFLINE
WAIT 状態にな り ます。 VCS は、 モニ タ ーがハン グ し た (Monitor Hung) と
い う 理由で、 Clean 機能を呼び出 し ます。
■
Clean 機能が正常に終了す る (Clean の終了コ ー ド = 0) 場合、 VCS は
RestartLimit 属性値を調べます。 clean が失敗 (終了 コ ー ド = 1) の場合、
リ ソ ースは UNABLE TO OFFLINE の状態でオン ラ イ ン を継続 し ます。 VCS は
resnotoff ト リ ガ を起動 し 、 こ の リ ソ ース を再度監視 し ます。
■
monitor ルーチンが タ イ ム ア ウ ト し ない場合、 こ のルーチンは、 リ ソ ース の
状態 と し てオン ラ イ ン ま たはオ フ ラ イ ン を返 し ます。
■
ToleranceLimit (TL) 属性の設定が 0 以外の場合、 監視周期中に、 TL で指
定 さ れてい る 回数の OFFLINE (終了 コ ー ド = 100) を返すま で、
ToleranceCount (TC) を 1 ずつ増や し ます。 ToleranceCount が
ToleranceLimit と 等 し く な る と (TC = TL)、 エージ ェ ン ト は リ ソ ース に障害
が発生 し た と 宣言 し ます。
375
376 VCS の動作の制御
リ ソ ース レ ベルでの VCS 動作の制御
■
監視周期中に Monitor ルーチンが ONLINE (終了コ ー ド = 110) を返す と 、
エージ ェ ン ト は以降のア ク シ ョ ン を実行 し ません。 ConfInterval で指定 さ れ
てい る 時間、 リ ソ ース のオン ラ イ ンが継続す る と 、 ToleranceCount 属性は
0 に リ セ ッ ト さ れます。
ToleranceCount が リ セ ッ ト さ れ る ま で (TC = TL にな る ま で) に、
ToleranceLimit で指定 さ れてい る 回数だけ リ ソ ース がオン ラ イ ン と し て検
出 さ れ る と 、 その リ ソ ースは障害が発生 し た と 見な さ れます。
■
リ ソ ース がオン ラ イ ンではない こ と を エージ ェ ン ト が確認 し た後、 VCS は
サービ ス グループの Frozen 属性をチ ェ ッ ク し ます。 サービ ス グループが フ
リ ーズ さ れてい る 場合、 VCS は リ ソ ース障害の発生を宣言 し 、 resfault ト リ
ガ を呼び出 し ます。 以降、 ア ク シ ョ ンは実行 さ れません。
■
サービ ス グループが フ リ ーズ さ れていない場合、 VCS は ManageFaults 属性
をチ ェ ッ ク し ます。 ManageFaults 属性が NONE に設定 さ れてい る 場合、
VCS は、 こ の リ ソ ース状態を ONLINE|ADMIN_WAIT と し てマー ク し 、
resadminwait ト リ ガ を呼び出 し ます。 ManageFaults が ALL の場合、 VCS
は、 CleanReason を Unexpected Offline に設定 し た状態で Clean 機能を呼
び出 し ます。
■
Clean 機能が失敗 (終了コ ー ド = 1) の場合、 リ ソ ースは UNABLE TO OFFLINE
の状態でオン ラ イ ン を継続 し ます。 VCS は resnotoff ト リ ガ を起動 し 、 こ の
リ ソ ース を再度監視 し ます。 リ ソ ースは、 Clean 機能が正常に終了す る か
ユーザーが介入す る ま で、 Monitor 機能の周期 と Clean 機能の周期が交互に
繰 り 返 さ れます。
■
Clean 機能が正常に終了する と 、 VCS は RestartLimit (RL) 属性値を調べま
す。 RL 属性の設定が 0 以外の場合、 VCS は RestartCount (RC) 属性を 1 ず
つ増や し 、 Online 機能を呼び出 し ます。 こ の手順は、 RestartLimit の値が
RestartCount の値 と 等 し く な る ま で繰 り 返 さ れます。 こ の と き 、 VCS は リ
ソ ース の監視を試みます。
monitor ルーチンがオン ラ イ ン状態を返す場合、 VCS は、 リ ソ ース がオン ラ イ ン
であ る と 判断 し 、 定期的な監視を再開 し ます。 monitor ルーチンがオフ ラ イ ン状
態を返す場合、 リ ソ ース に障害が発生 し てい る ため、 VCS はサービ ス グループ
の設定に基づいてア ク シ ョ ン を実行 し ます。
VCS の動作の制御
リ ソ ース レ ベルでの VCS 動作の制御
リ ソ ースがオ ン ラ イ ン化に失敗 し た場合の VCS 動作
次の例では、 エージ ェ ン ト フ レーム ワ ー ク がオ フ ラ イ ンの リ ソ ース に対 し て
Online 機能を呼び出 し ます。 こ れに よ り 、 リ ソ ース の状態が WAITING TO ONLINE
に変更 さ れます。
■
Online 機能が タ イ ム ア ウ ト する と 、 VCS は ManageFaults の値を確認 し
ます。
■
ManageFaults が NONE に設定 さ れてい る 場合、 リ ソ ース の状態は
OFFLINE|ADMIN_WAIT に変化 し ます。
ManageFaults が ALL に設定 さ れてい る 場合、 VCS は、 CleanReason を
Online Hung に設定 し た状態で Clean 機能を呼び出 し ます。
■
Online 機能が タ イ ム ア ウ ト し ない場合、 VCS は Monitor 機能を呼び出 し ま
す。 リ ソ ース がオン ラ イ ンにな る と 、 monitor ルーチンは 110 と い う 終了
コ ー ド を返 し ます。 リ ソ ース がオン ラ イ ン化 し ない場合、 Monitor ルーチン
は 100 と い う 終了コ ー ド を返 し ます。
■
VCS は、 OnlineWaitLimit (OWL) 属性値を調べます。 こ の属性は、 監視周
期中にオ フ ラ イ ン状態が何回返 さ れた ら エージ ェ ン ト フ レーム ワ ー ク が リ
ソ ース障害の発生を宣言す る かを定義す る も のです。 監視周期が実行 さ れ る
たびに、 OnlineWaitCount (OWC) 属性値が 1 ずつ増え ます。 OWL= OWC
にな る と (ま たは OWL= 0 の場合)、 VCS は リ ソ ース に障害が発生 し た と 判
断 し ます。
■
VCS は ManageFaults 属性値を調べます。 ManageFaults が NONE に設定 さ
れてい る 場合、 リ ソ ース の状態は OFFLINE|ADMIN_WAIT に変化 し ます。
ManageFaults が ALL に設定 さ れてい る 場合、 VCS は、 CleanReason を
Online Ineffective に設定 し た状態で Clean 機能を呼び出 し ます。
■
Clean 機能が正常に終了 し ない場合 (終了 コ ー ド = 1 の場合)、 エージ ェ ン
ト は リ ソ ース を監視 し ます。 エージ ェ ン ト は、 リ ソ ース がオ フ ラ イ ンであ る
と 判断す る 場合、 CleanReason を Online Ineffective に設定 し た状態で
Clean 機能を呼び出 し ます。 こ のサ イ ク ルは、 Clean 機能が正常に終了する
ま で継続 し ます。 その後、 VCS が OnlineWaitCount の値を リ セ ッ ト し ます。
■
OnlineRetryLimit (ORL) の設定が 0 以外の場合、 VCS は
OnlineRetryCount (ORC) を 1 ずつ増や し 、 Online 機能を呼び出 し ます。
こ れに よ り 、 サ イ ク ルが最初か ら 繰 り 返 さ れます。 ORL = ORC にな る か
ORL = 0 の場合、 VCS は、 オン ラ イ ン化が失敗 し た と 見な し 、 リ ソ ース障害
の発生を宣言 し ます。
377
378 VCS の動作の制御
リ ソ ース レ ベルでの VCS 動作の制御
A
リ ソ ース
OFFLINE
ONLINEリ ソ ース
WAITING TO ONLINE に
ONLINE
タ イム
アウ ト ?
はい
いいえ
リ ソ ース
ONLINE
110
monitor
終了
コー ド
OWC =
OWC+1
100
OWL>
OWC?
はい
管理
Faults
いいえ
管理
Faults
NONE
NONE
ALL
Clean
“Online Ineffective”
いいえ
Clean
“Online Hung”
Clean
成功 ?
はい
OWC を リ セ ッ ト
いいえ
ORL >
ORC?
はい
リ ソ ース
OFFLINE|ADMIN_WAIT
resadminwait ト リ ガ
ALL
NONE
B
リ ソ ース
OFFLINE|ADMIN_WAIT
resadminwait ト リ ガ
ORC=
ORC+1
VCS の動作の制御
リ ソ ース レ ベルでの VCS 動作の制御
リ ソ ースに障害が発生 し た と 宣言 さ れた後の VCS 動作
リ ソ ース に障害が発生 し た と 宣言 さ れ る と 、 VCS は、 resfault ト リ ガ を起動 し 、
FaultPropagation 属性値を調べます。
■
FaultPropagation が 0 に設定 さ れてい る 場合、 VCS は、 その他の リ ソ ース を
オ フ ラ イ ン化せず、 グループの状態を OFFLINE|FAULTED ま たは
PARTIAL|FAULTED に変更 し ます。 サービ ス グループはフ ェールオーバー し ま
せん。
FaultPropagation が 1 に設定 さ れてい る 場合、 VCS は障害を、 障害 リ ソ ー
ス の依存関係ツ リ ーを上方向に伝播 し 、 ツ リ ーの最上位ま でのすべての リ
ソ ース を オ フ ラ イ ン化 し ます。
■
その後、 VCS は、 依存関係ツ リ ーのパス上に Critical リ ソ ース がないか ど う
かを調べます。 パ ス上に Critical リ ソ ース がない場合、 サービ ス グループは
OFFLINE|FAULTED ま たは PARTIAL|FAULTED の状態を継続 し ます。 パス上に
Critical リ ソ ース があ る 場合、 VCS は、 フ ェ ールオーバーの準備 と し て、
サービ ス グループ内のすべての リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化 し ます。
■
AutoFailOver 属性が 0 に設定 さ れてい る 場合、 サービ ス グループはフ ェ ー
ルオーバー さ れず、 障害が発生 し た状態で残 さ れます。 AutoFailOver が 1
に設定 さ れてい る 場合、 VCS は、 フ ェ ールオーバー先の候補 と な る シ ス テ
ムが、 サービ ス グループの SystemList に含まれ る か ど う か を調べます。 適
切なシ ス テ ムが存在 し ない場合、 VCS は、 こ のグループを障害の状態で残
し 、 nofailover ト リ ガ を呼び出 し ます。 候補 と な る シ ス テ ムが存在す る 場
合、 VCS は、 FailOverPolicy を調べ、 サービ ス グループの フ ェ ールオーバー
先 と し て最 も 適 し た シ ス テ ム を決定 し ます。
■
FailOverPolicy が Load に設定 さ れてい る 場合、 サービ ス グループ ワ ー ク
ロ ー ド 管理に よ っ てグループやシ ス テ ムに制約が設定 さ れてい る ため、
NoFailover 状況にな る こ と があ り ます。
379
380 VCS の動作の制御
リ ソ ース レ ベルでの VCS 動作の制御
A
リ ソ ース障害。
resfault ト リ ガ起動。
0
障害の
伝播
他の リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化 し ない。
グループ を フ ェ ールオーバー し ない。
1
依存関係ツ リ ーの
リ ソ ース を
すべてオ フ ラ イ ン化
ク リ テ ィ カル
いいえ
(Critical)
リ ソ ース ?
他の リ ソ ース を オ フ ラ イ ン化 し ない。
グループ を フ ェ ールオーバー し ない。
はい
ツ リ ー全体を オ フ ラ イ ン化
自動
フ ェ ール
オーバー
シ ス テム
使用可能 ?
0
いいえ
FailOverPolicy に
基づ く フ ェ ールオーバー
サービ スグループは
障害発生状態でオ フ ラ イ ン
サービ スグループは
障害発生状態でオ フ ラ イ ン。
nofailover ト リ ガ起動。
VCS の動作の制御
リ ソ ース レ ベルでの VCS 動作の制御
リ ソ ースの無効化
リ ソ ース の無効化は、 リ ソ ース を VCS エージ ェ ン ト に よ っ て監視で き な く な る
こ と 、 ま た、 リ ソ ース のオン ラ イ ン化やオ フ ラ イ ン化がで き な く な る こ と を意味
し ます。 リ ソ ース が有効にな る と 、 エージ ェ ン ト は リ ソ ース の監視を始め ます。
リ ソ ース の Enabled 属性で、 リ ソ ース が有効か無効かを決定 し ます。 永続的な
リ ソ ースは、 その親がすべてオ フ ラ イ ンであ る 場合に無効にす る こ と がで き ま
す。 非永続的な リ ソ ースは、 その リ ソ ース が OFFLINE 状態であ る と き に無効にす
る こ と がで き ます。
リ ソ ース を無効にする タ イ ミ ング
一般に、 サービ ス グループ内の 1 つ以上の リ ソ ース に問題が発生 し た場合や、
サービ ス グループのオン ラ イ ン を維持す る 必要 も し く は新たにオン ラ イ ンにす る
必要があ る 場合に、 リ ソ ースは無効に さ れます。
メ モ : リ ソ ース の無効化は、 サービ ス グループ全体の無効化が必要な場合に行 う
操作ではあ り ません。 その場合には、 サービ ス グループ属性 Enabled を 0 に設
定 し ます。
リ ソ ース を無効にするには
VCS の動作中に リ ソ ース を無効にす る には、 次の よ う に入力 し ます。
hares -modify resource_name Enabled 0
VCS が起動 し た と き に、 リ ソ ース が無効であ る よ う にす る には、 main.cf フ ァ イ
ルで リ ソ ース の Enabled 属性を 0 に設定 し ます。
リ ソ ースの無効化の制限事項
VCS の動作中に、 リ ソ ース を無効にす る には、 あ る 前提条件を満たす必要があ
り ます。
■
オン ラ イ ン状態の非永続的 リ ソ ースは無効にで き ません。 非永続的な リ ソ ー
ス を無効にす る には、 完全に OFFLINE 状態であ る 必要があ り ます。 (State 属
性は OFFLINE で、 IState 属性は NOT WAITING であ る必要があ り ます。)
■
永続的な リ ソ ース が、 一部のシ ス テ ムで ONLINE 状態にあ る 場合は、 その リ
ソ ース に依存 し てい る すべての (親) リ ソ ース が完全に OFFLINE 状態であ る
必要があ り ます。 (State 属性は OFFLINE で、 IState 属性は NOT WAITING であ
る必要があ り ます。)
し たがっ て、 リ ソ ース を無効にす る 前にその リ ソ ース を オ フ ラ イ ンに し て (非永
続的 リ ソ ース の場合)、 サービ ス グループ内でその リ ソ ース に依存 し てい る その
他の リ ソ ース も オ フ ラ イ ンにす る 必要があ り ます。
381
382 VCS の動作の制御
リ ソ ース レ ベルでの VCS 動作の制御
リ ソ ースの無効化に関する その他の注意事項
■
無効な リ ソ ース を含むグループを オン ラ イ ンに し よ う と し て も 、 オン ラ イ ン
ト ラ ンザ ク シ ョ ンは無効な リ ソ ース に伝播 さ れません。 VCS が無効な リ
ソ ース が依存 し てい る 子 リ ソ ース を オン ラ イ ンにす る のは、 その子 リ ソ ース
に別の有効な リ ソ ース が依存 し てお り 、 その有効な リ ソ ース がオン ラ イ ンに
な る ために、 子 リ ソ ース を オン ラ イ ンにす る 必要があ る 場合のみです。
■
無効な リ ソ ース が依存 し てい る 子 リ ソ ースは、 必要に応 じ てオン ラ イ ンにす
る こ と がで き ます。
■
無効な リ ソ ース を含むグループにオ フ ラ イ ン命令を発行 し た場合、 オ フ ラ イ
ン ト ラ ンザ ク シ ョ ンは無効な リ ソ ース に も 伝播 さ れます。
オ
ン
ラ
イ
ン
化
次の図は、 無効な リ ソ ース を含むサービ ス グループがオン ラ イ ンにな る 様子を示
し てい ます。
Resource_2
Resource_1
✗
Resource_3
Resource_4
Resource_5
Resource_3 は無効
Resource_4 は
オ フ ラ イ ン にな る
Resource_5 は
オ フ ラ イ ン にな る
上の図では、 Resource_3 が無効にな っ てい ます。 サービ ス グループを オン ラ イ
ンに し た場合、 VCS は Resource_3 が無効であ る こ と を認識す る ので、 VCS がオ
ン ラ イ ンに し よ う と す る リ ソ ースは、 Resource_1 と Resource_2 のみ と な り ます
(Resource_2 が最初にオン ラ イ ンにな り ます)。 オン ラ イ ン ロ ジ ッ ク に従っ て、
オン ラ イ ン ト ラ ンザ ク シ ョ ンは無効な リ ソ ース に伝播 さ れません。
VCS の動作の制御
リ ソ ース レ ベルでの VCS 動作の制御
次の図では、 Resource_2 が無効にな っ てい ます。 サービ ス グループを オン ラ イ
ンにす る と 、 リ ソ ース 1、 3、 4 も オン ラ イ ンにな り ます (Resource_4 が最初に
オン ラ イ ンにな り ます)。 Resource_1 が有効であ り 、 Resource_3 に依存 し てい
る ため、 無効な リ ソ ース の子であ る Resource_3 も オン ラ イ ンにな り ます。
Resource_2
オ ン ラ イ ン化
Resource_1
Resource_3
✗
Resource_2 は無効
Resource_4
無効な リ ソ ースによ るグループ状態への影響
AutoStart 属性が 1 に設定 さ れてい る 非永続的な無効化 リ ソ ース を含むサービ ス
グループがオン ラ イ ンにな る と 、 Autostart=1 の有効な リ ソ ース がオン ラ イ ン で
あ っ て も 、 こ のグループの状態は PARTIAL にな り ます。 こ れは、 グループの状態
を判断す る 場合に、 無効な リ ソ ース が考慮 さ れ る ためです。
AutoStart が 1 に設定 さ れてい る 有効な リ ソ ース が ONLINE 状態にあ る 場合に
サービ ス グループを ONLINE 状態にす る には、 非永続的な無効化 リ ソ ース の
AutoStart 属性を 0 に設定 し て く だ さ い。
383
384 VCS の動作の制御
エージ ェ ン ト フ ァ イ ルパス と バ イ ナ リ の変更
エージ ェ ン ト フ ァ イルパス と バイ ナ リ の変更
デフ ォ ル ト では、 VCS は、 パ ス $VCS_HOME/bin/AgentName/AgentNameAgent
か ら エージ ェ ン ト バ イ ナ リ を実行 し ます。 た と えば、
/opt/VRTSvcs/bin/FileOnOff/FileOnOffAgent の よ う に実行 し ます。
AgentFile 属性 と AgentDirectory 属性に値を指定す る と 、 異な る エージ ェ ン ト
バ イ ナ リ やス ク リ プ ト のセ ッ ト を実行す る よ う に VCS に指示す る こ と がで き
ます。
■
AgentFile - エージ ェ ン ト バ イ ナ リ の名前が リ ソ ース タ イ プの名前 と 同 じ で
ない場合に、 こ の属性に値を指定 し ます。
た と えば、 リ ソ ース タ イ プが MyApplication でエージ ェ ン ト バ イ ナ リ の名
前が MyApp の場合は、 AgentFile 属性に MyApp と い う 値を設定 し ます。 ス
ク リ プ ト ベース のエージ ェ ン ト に関 し ては、 AgentFile を
/opt/VRTSvcs/bin/ScriptAgent と し て設定で き ます。
■
AgentDirectory - エージ ェ ン ト がデフ ォ ル ト の場所に イ ン ス ト ール さ れてい
ない場合に こ の属性に値を指定 し ます。
エージ ェ ン ト デ ィ レ ク ト リ を指定す る と 、 VCS はエージ ェ ン ト デ ィ レ ク ト
リ でエージ ェ ン ト フ ァ イ ル (AgentNameAgent) を検索 し ます。 エージ ェ ン
ト フ ァ イ ル名が AgentNameAgent の表記規則に準 じ ていない場合は、
AgentFile 属性を設定 し て く だ さ い。
た と えば、 MyApplication エージ ェ ン ト が
/opt/VRTSvcs/bin/CustomAgents/MyApplication に イ ン ス ト ール さ れてい
る 場合は、 こ のパ ス を属性値 と し て指定 し ます。 こ のエージ ェ ン ト フ ァ イ ル
の名前が MyApplicationAgent でない場合、 AgentFile 属性を設定 し ます。
こ れ ら の属性を設定せず、 エージ ェ ン ト がそのデフ ォル ト の場所で利用可能
でない場合、 VCS は
/opt/VRTSagents/ha/bin/AgentName/AgentNameAgent でエージ ェ ン ト を
検索 し ます。
エージ ェ ン ト のパス を変更する には
◆
エージ ェ ン ト に リ ソ ース を設定す る 前に、 静的属性 と し て AgentFile 属性 と
AgentDirectory 属性を エージ ェ ン ト の リ ソ ース タ イ プに追加 し ます。
haattr -add -static resource_type AgentFile \
"binary_name"
haattr -add -static resource_type AgentDirectory \
"complete_path_to_agent_binary"
VCS の動作の制御
ス ト レ ージ接続消失時の VCS 動作
ス ト レージ接続消失時の VCS 動作
ノ ー ド が共有ス ト レージへの接続を失 う と 、 ボ リ ュ ームへの入出力操作 (I/O)
はエ ラ ーを返 し 、 デ ィ ス ク グループは無効にな り ます。 こ の場合、 VCS はサー
ビ ス グループの別の ノ ー ド への フ ェ ールオーバーに失敗す る はずです。 こ の
フ ェ ールオーバーは、 アプ リ ケーシ ョ ンか ら 共有ス ト レージにア ク セ ス で き る よ
う にす る ためです。 フ ェ ールオーバーでは、 ノ ー ド か ら のデ ィ ス ク グループのデ
ポー ト 、 別の ノ ー ド への イ ン ポー ト が行われます。 ただ し 、 無効にな っ てい る
デ ィ ス ク グループをデポー ト で き る よ う にす る には、 保留中の I/O 操作を完了す
る必要があ り ます。
保留中の I/O 操作は、 ス ト レージ接続な し に完了する こ と はで き ません。 VCS
は、 デ ィ ス ク にあ る デー タ の読み書 き が行われてい る と 認識 し 、 DiskGroup リ
ソ ース がオ フ ラ イ ンであ る と 宣言 し ません。 こ の動作に よ り 、 デ ィ ス ク グループ
が 2 台のホ ス ト に イ ン ポー ト さ れ る こ と が原因で発生する 、 デー タ の破損を防止
し ます。 ただ し 、 こ れは ス ト レージ接続を失っ た ノ ー ド 上でサービ ス グループが
オン ラ イ ンの ま ま であ る こ と 、 管理者の介入がなければサービ ス グループを
フ ェ ールオーバーで き ない こ と も 意味 し ます。 こ れはアプ リ ケーシ ョ ンの可用性
に影響 し ます。
一部の Fibre Channel (FC) ド ラ イ バには、 failover と 呼ばれ る 調整可能なパ ラ
メ ー タ があ り 、 エ ラ ーを返す前に、 ド ラ イ バが I/O コ マ ン ド を再試行する 秒数を
定義 し ます。 failover パ ラ メ ー タ を 0 に設定す る と 、 FC ド ラ イ バは I/O を無限に
再試行 し 、 ス ト レージ接続が失われて も エ ラ ーを返 し ません。 こ の場合 も 同様
に、 DiskGroup の Monitor 機能が タ イ ム ア ウ ト にな り 、 管理者が介入す る ま で
サービ ス グループの フ ェ ールオーバーが妨げ ら れます。
385
386 VCS の動作の制御
ス ト レ ージ接続消失時の VCS 動作
デ ィ ス ク グループ設定 と VCS 動作について
表 11-4 では、 共有ス ト レージへの接続を失っ た と き に、 デ ィ ス ク グループの状
態 と フ ェ ールオーバー属性に よ っ て ど の よ う に VCS の動作が定義 さ れ る かを説
明 し ます。
表 11-4
デ ィ ス ク グループ状態 と VCS 動作
ケース
DiskGroup
の状態
Failover
属性
ス ト レージ接続消失時の VCS 動作
1
有効
N秒
サービ ス グループ を別の ノ ー ド に フ ェ ール
オーバー し ます。
2
無効
N秒
DiskGroup リ ソ ース はオ ン ラ イ ン の ま ま です。
フ ェ ールオーバー し ま せん。
3
有効
0
DiskGroup リ ソ ース は monitor エ ン ト リ ポ イ ン ト
が タ イ ム ア ウ ト し た状態の ま ま です。
フ ェ ールオーバー し ま せん。
4
無効
0
DiskGroup リ ソ ース はオ ン ラ イ ン の ま ま です。
フ ェ ールオーバー し ま せん。
ス ト レージ接続消失時の VCS 属性に よ る動作の制御方法
I/O フ ェ ン シ ン グ を使っ てい る 場合、 ノ ー ド が共有ス ト レージへの接続を失っ た
と き に ノ ー ド がパニ ッ ク を引 き 起 こ す よ う に VCS 属性を設定す る こ と がで き ま
す。 パニ ッ ク は、 サービ ス グループの別の ノ ー ド への フ ェ ールオーバーの原因に
な り ます。
シ ス テ ムの再ブー ト ま たはシ ャ ッ ト ダ ウ ンが起 こ る と 、 オペレーテ ィ ン グ シ ス テ
ムに よ っ て、 バ ッ フ ァ キ ャ ッ シ ュ をデ ィ ス ク にダ ンプで き ず、 シ ス テ ムがハン グ
状態にな る 可能性があ り ます。 パニ ッ ク 動作が起 こ る と 、 I/O の完了を待たず
に、 VCS は フ ェ ールオーバーを ト リ ガ し ます。 そのため、 アプ リ ケーシ ョ ンの
可用性が保証 さ れます。 ただ し 、 ノ ー ド を再起動す る と き 、 フ ァ イ ルシ ス テ ム
チ ェ ッ ク の実行が必要 と な る こ と があ り ます。
次の属性は、 ス ト レージ接続消失時の VCS 動作を定義 し ます。
PanicSystemOnDGLoss
DiskGroup リ ソ ー ス に適用 し 、 ス ト レージ接続消失時にエー
ジ ェ ン ト がシ ス テ ム のパニ ッ ク を引 き 起 こ すか ど う か を定義
し ます。
VCS の動作の制御
ス ト レ ージ接続消失時の VCS 動作
FaultOnMonitorTimeouts
VCS が Clean 機能を呼び出 し た後で monitor エ ン ト リ ポ イ ン
ト が連続 し て タ イ ム ア ウ ト にな る 回数を定義 し 、 リ ソ ー ス を
FAULTED と マー ク す る か、 リ ソ ー ス を再起動 し ます。
こ の属性を 0 に設定す る と 、 VCS は monitor エ ン ト リ ポ イ ン
ト の タ イ ム ア ウ ト を リ ソ ー ス の障害 と し ては扱い ま せん。 デ
フ ォ ル ト では、 こ の属性は 4 に設定 さ れ ま す。 つ ま り 、
Monitor 機能が連続 し て 4 回 タ イ ム ア ウ ト し て初めて、 VCS
は リ ソ ー ス の障害 と し てマー ク し ます。
DiskGroup エージ ェ ン ト の Monitor 機能が タ イ ム ア ウ ト に
な っ た場合 (上記の表の 3 番目の例)、
FaultOnMonitorTimeouts 属性は、 VCS の リ ソ ー ス障害を解
釈 し て Clean 機能を呼び出す タ イ ミ ン グ を定義 し ます。
CleanReason が monitor hung の場合、 シ ス テ ム はパニ ッ ク
を引 き 起 こ し ま す。
デ ィ ス ク グループが無効化 さ れた と きの VCS 動作について
図 11-10 は、 無効にな っ たデ ィ ス ク グループに対す る VCS 動作を示 し てい ます。
図 11-10
デ ィ ス ク グループが無効にな っ た と きの VCS 動作
DG 状態は
無効
monitor エ ン ト リ ポ イ ン ト
I/O
フ ェ ンシ
ン グは
有効か
いいえ エ ン ジ ン ロ グ
に DG エ ラ ー
を記録。
はい
Panic
SystemOn
DGLoss?
フ ェ ール
オーバー し
ません。
Clean エ ン ト
リ ポイ ン ト
いいえ メ ッ セージ を
記録 し 、 オ ン
ラ イ ン に復帰
はい
シ ス テムのパニ ッ ク
(ダ ン プ、 ク ラ ッ シ ュ、
halt の各プ ロ セ ス)
DG のデポー
ト 試行
フ ェ ール
オーバー を
ト リ ガする。
387
388 VCS の動作の制御
サービ スグループ ワー ク ロ ー ド 管理
ア プ リ ケーシ ョ ンの可用性を確保する ための推奨事項
ノ ー ド が共有ス ト レージへの接続消失時にアプ リ ケーシ ョ ンの可用性やデー タ の
完全性を保証す る ために、 次の こ と をお勧め し ます。
■
FC ド ラ イ バの フ ェールオーバー属性を 0 に設定 し ない。
ただ し 、 フ ェ ールオーバー属性を 0 に設定する と 、 DiskGroup リ ソ ース タ
イ プの FaultOnMonitorTimeouts 値を有限値に設定 し ます。
■
I/O フ ェ ン シ ン グ を使っ てい る 場合、 DiskGroup リ ソ ース の
PanicSystemOnDGLoss 属性を 1 に設定 し ます。 こ れに よ り 、 共有ス ト レー
ジへの接続を失っ た と き に、 シ ス テ ムがパニ ッ ク を引 き 起 こ し 、 アプ リ ケー
シ ョ ン を別の ノ ー ド に フ ェ ールオーバー し ます。 フ ェ ールオーバーに よ り ア
プ リ ケーシ ョ ンの可用性が保証 さ れ る 一方で、 I/O フ ェ ン シ ン グに よ り デー
タ の完全性が保証 さ れます。
サービ スグループワー ク ロー ド 管理
ワ ー ク ロ ー ド 管理は、 起動時や、 アプ リ ケーシ ョ ン ま たはサーバーに障害が発生
し た場合に、 アプ リ ケーシ ョ ンのホ ス ト と し て最適なシ ス テ ム を判断す る ための
負荷分散機構です。
サービ ス グループ ワ ー ク ロ ー ド 管理機能は、 シ ス テ ムの処理能力 と 利用で き る リ
ソ ース に基づ き 、 サービ ス グループの起動やフ ェ ールオーバーを行 う シ ス テ ム を
的確に判断す る ツールを備え てい ます。
サービ スグループワー ク ロー ド 管理の有効化
サービ ス グループ属性の FailOverPolicy に よ り 、 VCS が フ ェールオーバー先の
シ ス テ ム を選定す る 決定方法が決定 さ れます。 FailOverPolicy を Load に設定す
る と 、 サービ ス グループ ワ ー ク ロ ー ド 管理が有効にな り ます。
373 ページの 「 リ ソ ース レベルでの VCS 動作の制御」 を参照 し て く だ さ い。
VCS の動作の制御
サービ スグループワー ク ロー ド 管理
シ ス テムの処理能力 と サービ スグループの負荷について
Load 属性 と Capacity 属性を組み合わせ る と 、 管理者は、 サーバーが提供す る リ
ソ ース の固定量 (Capacity) と 、 特定のサービ ス グループに よ っ て使用が予期 さ
れ る リ ソ ース の固定量 (Load) を定義す る こ と がで き ます。
シ ス テ ム属性 Capacity は、 サーバーの処理能力を数値で定義 し ます。 シ ス テ ム
ご と に必要 と す る 処理能力を任意の数値で表現す る こ と が可能です。
サービ ス グループ属性 Load は、 サービ ス グループがオン ラ イ ンにな る のに必要
な処理能力を数値で定義 し ます。 アプ リ ケーシ ョ ン ご と に必要 と す る 処理能力を
任意の数値で表現す る こ と が可能です。
あ る サービ ス グループがオン ラ イ ン化 さ れ る と 、 その負荷がシ ス テ ムの処理能力
か ら 減算 さ れて、 利用可能な処理能力が算出 さ れます。 VCS は こ の情報を
AvailableCapacity 属性で管理 し ます。
フ ェ ールオーバー時、 VCS は、 利用可能な処理能力の最 も 高いシ ス テ ム を判定
し 、 そのシ ス テ ムでサービ ス グループを起動 し ます。 複数のサービ ス グループの
フ ェ ールオーバーが発生 し た場合、 負荷に基づいた適切な選択を容易にす る た
め、 VCS はフ ェールオーバー先の判定を 1 つずつ順番に行い ます。
シ ス テ ムの処理能力は ソ フ ト な (柔軟性のあ る ) 制限であ り 、 状況に よ っ ては、
Capacity 属性値がマ イ ナ ス にな る 可能性 も あ り ます。 連鎖的に障害が発生 し た
場合な ど、 特定の動作時に AvailableCapacity 属性値がマ イ ナ ス にな る こ と があ
り ます。
静的負荷 と 動的負荷
動的負荷は、 サービ ス グループ ワ ー ク ロ ー ド 管理の し く みに不可欠な要素です。
通常、 HAD は、 次の計算式でそのシ ス テ ムの残 り の処理能力を算出 し ます。
AvailableCapacity = Capacity - (オン ラ イ ンサービ ス グループすべての Load
値の合計)
DynamicLoad 属性が設定 さ れてい る 場合は、 算出 し た Load 値は無視 さ れ、 そ
のシ ス テ ムの残 り の処理能力は次の関数で算出 さ れます。
AvailableCapacity = Capacity - DynamicLoad
こ の場合、 サービ ス グループの静的な負荷か ら 推測す る 方法に比べ、 優れた シ ス
テ ム処理能力の制御が可能にな り ます。 ただ し 、 VCS が制御 し ていない負荷に
ついて も 算出 し 、 管理す る 必要があ り ます。 ま た、 main.cf 設定フ ァ イ ルを手動
で変更す る 必要 も あ り ます。
DynamicLoad (hasys -load で指定) は、 パーセ ン テージの値ではな く 、
Capacity か ら 差 し 引 く 整数であ る 点に注意が必要です。 た と えば、 シ ス テ ムの
Capacity 値が 200 で、 VCS が制御 し ていないアプ リ ケーシ ョ ンがシ ス テ ムに 80
% の負荷を かけてい る 場合、 DynamicLoad 値 と し て 80 ではな く 160 を VCS に
通知す る 必要があ り ます。
389
390 VCS の動作の制御
サービ スグループ ワー ク ロ ー ド 管理
オーバーロー ド 警告について
オーバー ロ ー ド 警告は、 Load ポ リ シーの通知 コ ン ポーネ ン ト です。 サーバーが、
所定の負荷レベル (LoadWaringLevel 属性で設定) を所定時間
(LoadTimeThreshold 属性で設定) 維持 し てい る 場合、 VCS に よ っ て
loadwarning ト リ ガが呼び出 さ れます。
444 ページの 「 イ ベン ト ト リ ガの使用」 を参照 し て く だ さ い。
684 ページの 「シ ス テ ムの属性」 を参照 し て く だ さ い。
loadwarning ト リ ガは、 特定のア ク シ ョ ン を目的 と し たユーザー定義の ス ク リ
プ ト ま たはアプ リ ケーシ ョ ンです。 シ ス テ ムの負荷が LoadWarningLevel で設
定 し たパーセ ン テージ を超えた ま ま、 LoadTimeThreshold で定義 さ れた時間
が過ぎた と き 、 こ の ト リ ガが起動 し ます。 こ の ト リ ガは、 シ ス テ ムの負荷が
LoadWarningLevel で設定 し たパーセン テージ を超え た秒数を確認す る
LoadTimeCounter が リ セ ッ ト さ れ る ま では、 再度呼び出 さ れ る こ と はあ り ま
せん。
シ ス テムの制限 と サービ スグループの必要条件について
Limits は、 共有 メ モ リ セグ メ ン ト やセマ フ ォ を含め、 シ ス テ ムで利用可能な リ
ソ ース を指定す る ためのシ ス テ ム属性です。
Prerequisites は、 アプ リ ケーシ ョ ンの必要条件を管理す る サービ ス グループ属
性です。 た と えば、 デー タ ベース を実行す る のに、 共有セグ メ ン ト が 3 つ と
10 個のセマ フ ォ が必要であ る と し ます。 Load ポ リ シーは こ のアプ リ ケーシ ョ
ンの条件を満たすシ ス テ ム を判別 し 、 その中で最 も 負荷の軽いシ ス テ ム を選択
し ます。
サービ ス グループに定義 さ れた必要条件を シ ス テ ムが満た さ ない場合、 こ のサー
ビ ス グループはそのシ ス テ ムでオン ラ イ ン化す る こ と はで き ません。
こ れ ら の属性を設定す る と き は、 まずサービ ス グループの必要条件を定義 し 、 次
にその必要条件に対応 し た シ ス テ ムの制限を定義 し ます。 シ ス テ ム ご と に異な る
制限を定義で き ます。 ま たサービ ス グループの必要条件 と シ ス テ ムの制限の数に
は上限はあ り ません。 サービ ス グループの必要条件 と シ ス テ ムの制限は、 任意の
順番で定義で き ます。
ま た、 こ れ ら の属性を使っ て、 N 対 1 や N 対 N の ク ラ ス タ を設定す る こ と がで
き ます。 た と えば、 シ ス テ ム上で一度にオン ラ イ ン化で き る サービ ス グループ
を 1 つだけにする には、 各グループ と シ ス テ ムの定義に次のエン ト リ を追加 し
ます。
Prerequisites = { GroupWeight = 1 }
Limits = { GroupWeight = 1 }
シ ス テ ムの Limits と サービ ス グループの Prerequisites は、 FailOverPolicy と は
無関係に機能 し ます。 Prerequisites 属性は、 サービ ス グループを起動す る のに
適 し た シ ス テ ム を判別す る も のです。 複数のシ ス テ ムが抽出 さ れた場合は、
HAD が FailOverPolicy 属性の設定に従っ て選択 し ます。
VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
Capacity と Limits の使用
VCS は、 フ ェールオーバー先の ノ ー ド を決定す る と き 、 サービ ス グループの必
要条件を満た し 利用可能な処理能力が最 も 高いシ ス テ ム を選択 し ます。 複数のシ
ス テ ムが必要条件を満た し 、 利用可能な処理能力 も 同 じ であ る 場合には、
SystemList で先に定義 さ れてい る シ ス テ ム を選択 し ます。
シ ス テ ムの使用可能な処理能力が、 LoadWarningLevel 属性で設定 さ れたパーセ
ン ト を下回 り 、 その負荷状態の ま ま LoadTimeThreshold 属性で設定 さ れた時間
を経過す る と 、 そのシ ス テ ムは loadwarning ト リ ガ を呼び出 し ます。
ワー ク ロー ド 管理を示 し た設定例
こ の項では、 こ の章で説明 し た概念を盛 り 込んだ設定例を示 し ます。
シ ス テム と サー ビ スグループの定義
こ の例の main.cf では、 シ ス テ ム定義 と サービ ス グループ定義に、 様々なサービ
ス グループ ワ ー ク ロ ー ド 管理 (SGWM) の属性を使っ てい ます。
647 ページの 「VCS の属性」 を参照 し て く だ さ い。
include "types.cf"
cluster SGWM-demo (
)
system LargeServer1 (
Capacity = 200
Limits = { ShrMemSeg=20, Semaphores=10, Processors=12 }
LoadWarningLevel = 90
LoadTimeThreshold = 600
)
group G1 (
SystemList = { LargeServer1, LargeServer2, MedServer1,
MedServer2 }
SystemZones = { LargeServer1=0, LargeServer2=0,
MedServer1=1, MedServer2=1 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { MedServer1, MedServer2 }
FailOverPolicy = Load
Load = 100
Prerequisites = { ShrMemSeg=10, Semaphores=5, Processors=6 }
)
391
392 VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
設定例 : 基本的な 4 ノ ー ド 型の ク ラ ス タ
include "types.cf"
cluster SGWM-demo
system Server1 (
Capacity = 100
)
system Server2 (
Capacity = 100
)
system Server3 (
Capacity = 100
)
system Server4 (
Capacity = 100
)
group G1 (
SystemList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
FailOverPolicy = Load
Load = 20
)
group G2 (
SystemList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
FailOverPolicy = Load
Load = 40
)
group G3 (
SystemList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
FailOverPolicy = Load
Load = 30
)
group G4 (
SystemList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
FailOverPolicy = Load
Load = 10
)
VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
group G5 (
SystemList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
FailOverPolicy = Load
Load = 50
)
group G6 (
SystemList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
FailOverPolicy = Load
Load = 30
)
group G7 (
SystemList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
FailOverPolicy = Load
Load = 20
)
group G8 (
SystemList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { Server1, Server2, Server3, Server4 }
FailOverPolicy = Load
Load = 40
)
AutoStart の動作
こ の設定では、 サービ ス グループは、 記述 さ れた順序 と 同 じ く G1 - G8 の順にプ
ロ ーブす る と し ます。 グループ G1 は AvailableCapacity 値の最 も 高いシ ス テ ム
を選択 し ます。 すべてのシ ス テ ムの Capacity 値が同一であ る ため、 G1 は
SystemList の先頭にあ る サーバー Server1 でオン ラ イ ン と な り ます。 グループ
G2 - G4 は、 それぞれ Server2 - Server4 と 続 き ます。 最初の 4 つのグループを起
動す る シ ス テ ムが決定す る と 、 ク ラ ス タ の設定は次の よ う にな り ます。
サーバー
AvailableCapacity
オ ン ラ イ ンのグループ
Server1
80
G1
Server2
60
G2
Server3
70
G3
Server4
90
G4
393
394 VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
次のグループ、 グループ G5 がオン ラ イ ンにな る 場合、 AvailableCapacity 値が
最 も 高い Server4 が選ばれます。 次に、 グループ G6 は AvailableCapacity 値が
80 の Server1 でオン ラ イ ン と な り 、 グループ G7 は AvailableCapacity 値が
70 の Server 3 で、 そ し てグループ G8 は AvailableCapacity 値が 60 の Server2
でそれぞれオン ラ イ ンにな り ます。
す る と 、 ク ラ ス タ 設定は次の よ う にな り ます。
サーバー
AvailableCapacity
オ ン ラ イ ンのグループ
Server1
50
G1 と G6
Server2
20
G2 と G8
Server3
50
G3 と G7
Server4
40
G4 と G5
こ の ク ラ ス タ 設定の場合、 Server2 が LoadWarningLevel のデフ ォ ル ト 設定であ
る 80 % に達 し てい る ため、 600 秒後に loadwarning ト リ ガが起動 さ れます。
障害シナ リ オ
最初に、 Server4 に障害が発生 し た と し ます。 Server1 と Server3 の
AvailableCapacity が 50 であ り 、 そ し て Server1 が先に リ ス ト に定義 さ れてい る
ため、 グループ G4 は Server1 を選択 し ます。 次に、 グループ G5 が Server3 で
オン ラ イ ンにな り ます。 フ ェ ールオーバー先の選択を順番に処理す る こ と に よ っ
て、 フ ェ ールオーバーに余分な時間を ほ と ん ど かけずに、 負荷に基づいた制御を
行 う こ と がで き ます。
最初の障害発生後、 ク ラ ス タ の状態は次の よ う にな り ます。
サーバー
AvailableCapacity
オ ン ラ イ ンのグループ
Server1
40
G1、 G6、 G4
Server2
20
G2 と G8
Server3
0
G3、 G7、 G5
こ の設定の場合、 Server3 は loadwarning ト リ ガ を起動 し 、 サーバーに負荷がか
か り すぎ てい る こ と を通知 し ます。 管理者はグループ G7 を Server1 に切 り 替え
る こ と に よ っ て、 グループ G1 と G3 で負荷を分散す る こ と がで き ます。 Server4
は、 修復 さ れ る と AvailableCapacity が 100 の状態で ク ラ ス タ に再参加 し ます。
し たがっ て、 Server4 が最 も 有効な フ ェールオーバー先にな り ます。
VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
連鎖障害のシナ リ オ
Server4 が復帰す る 前に Server3 に障害が発生 し た場合、 グループ G3 は
Server1 を選択 し 、 グループ G5 は Server2、 グループ G7 は Server1 を それぞれ
選択 し ます。 こ の結果、 次の よ う な状態にな り ます。
サーバー
AvailableCapacity
Server1
-10
G1、 G6、 G4、 G3、 G7
Server2
-30
G2、 G8、 G5
オ ン ラ イ ンのグループ
Server1 は loadwarning ト リ ガ を起動 し 、 サーバーの過負荷を通知 し ます。
設定例 : 複雑な 4 ノ ー ド 型の ク ラ ス タ
こ の例の ク ラ ス タ は、 2 台の大規模なエン タ ープ ラ イ ズサーバー (LargeServer1
と LargeServer2) と 、 2 台の中規模サーバー (MedServer1 と MedServer2) で
構成 さ れてい ます。 こ の ク ラ ス タ には、 4 つのサービ ス グループ G1 - G4 があ り 、
様々な Load と Prerequisites が設定 さ れてい ます。 グループ G1 と G2 は、 特定
の共有 メ モ リ と セマ フ ォ要求を行 う デー タ ベース アプ リ ケーシ ョ ンだ と し ます。
グループ G3 と G4 は専用 メ モ リ やセマ フ ォ を必要 と し ない中間層アプ リ ケー
シ ョ ンです。
include "types.cf"
cluster SGWM-demo (
)
system LargeServer1 (
Capacity = 200
Limits = { ShrMemSeg=20, Semaphores=10, Processors=12 }
LoadWarningLevel = 90
LoadTimeThreshold = 600
)
system LargeServer2 (
Capacity = 200
Limits = { ShrMemSeg=20, Semaphores=10, Processors=12 }
LoadWarningLevel=70
LoadTimeThreshold=300
)
system MedServer1 (
Capacity = 100
Limits = { ShrMemSeg=10, Semaphores=5, Processors=6 }
)
system MedServer2 (
Capacity = 100
Limits = { ShrMemSeg=10, Semaphores=5, Processors=6 }
395
396 VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
)
group G1 (
SystemList = { LargeServer1, LargeServer2, MedServer1,
MedServer2 }
SystemZones = { LargeServer1=0, LargeServer2=0, MedServer1=1,
MedServer2=1 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { LargeServer1, LargeServer2 }
FailOverPolicy = Load
Load = 100
Prerequisites = { ShrMemSeg=10, Semaphores=5, Processors=6 }
)
group G2 (
SystemList = { LargeServer1, LargeServer2, MedServer1,
MedServer2 }
SystemZones = { LargeServer1=0, LargeServer2=0, MedServer1=1,
MedServer2=1 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { LargeServer1, LargeServer2 }
FailOverPolicy = Load
Load = 100
Prerequisites = { ShrMemSeg=10, Semaphores=5, Processors=6 }
)
group G3 (
SystemList = { LargeServer1, LargeServer2, MedServer1,
MedServer2 }
SystemZones = { LargeServer1=0, LargeServer2=0, MedServer1=1,
MedServer2=1 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { MedServer1, MedServer2 }
FailOverPolicy = Load
Load = 30
)
group G4 (
SystemList = { LargeServer1, LargeServer2, MedServer1,
MedServer2 }
SystemZones = { LargeServer1=0, LargeServer2=0, MedServer1=1,
MedServer2=1 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { MedServer1, MedServer2 }
FailOverPolicy = Load
Load = 20
)
VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
AutoStart の動作
こ の設定の場合、 AutoStart シーケ ン ス は次の よ う にな り ます。
G1 - LargeServer1
G2 - LargeServer2
G3 - MedServer1
G4 - MedServer2
ク ラ ス タ が起動す る と 、 すべてのグループがプ ロ ーブシーケ ン ス を開始 し ます。
グループ G1 と G2 には、 AutoStartList 属性に LargeServer1 と LargeServer2 が
定義 さ れてい ます。 こ れ ら のグループは、 プ ロ ーブの際に、 AutoStartList 属性
で定義 さ れたサーバーの う ち、 AvailableCapacity 値が最 も 高いサーバーでオン
ラ イ ン と な る よ う に、 AutoStart キ ュ ーを設定 し ます。 G1 が最初にプ ロ ーブす
る 場合、 LargeServer1 と LargeServer2 の AvailableCapacity が と も に 200 で、
Largeserver1 が SystemList で先に定義 さ れてい る こ と か ら 、 G1 は
LargeServer1 を選択 し ます。 グループ G3 と G4 は、 同 じ アルゴ リ ズ ム を使っ て
それぞれのサーバーを決定 し ます。
通常の動作
設定は次の よ う にな り ます。
サーバー
AvailableCapacity
CurrentLimits
オ ン ラ イ ンのグループ
LargeServer1
100
ShrMemSeg=10
G1
Semaphores=5
Processors=6
LargeServer2
100
ShrMemSeg=10
G2
Semaphores=5
Processors=6
MedServer1
70
ShrMemSeg=10
G3
Semaphores=5
Processors=6
MedServer2
80
ShrMemSeg=10
Semaphores=5
Processors=6
G4
397
398 VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
障害シナ リ オ
LargeServer2 に障害が発生 し た場合、 VCS は、 同 じ SystemZone に所属す る グ
ループ G2 の SystemList で利用可能なシ ス テ ム をすべて ス キ ャ ン し 、 グループ
の Prerequisites を満たすシ ス テ ムのサブセ ッ ト を作成 し ます。 こ の例では、 グ
ループ G1 を オン ラ イ ンに し てい る LargeServer1 の Limit (通常のシーケ ン ス の
LargeServer の CurrentLimits を参照) が、 グループ G2 の Prerequisites を満た
し てい ます。 グループ G2 は、 LargeServer1 でオン ラ イ ンにな り ます。 こ の結
果、 次の よ う な状態にな り ます。
サーバー
AvailableCapacity
CurrentLimits
オ ン ラ イ ンのグループ
LargeServer1
0
ShrMemSeg=0
G1、 G2
Semaphores=0
Processors=0
MedServer1
70
ShrMemSeg=10
G3
Semaphores=5
Processors=6
MedServer2
80
ShrMemSeg=10
G4
Semaphores=5
Processors=6
LargeServer1 の LoadWarningLevel が 90 % を超え てい る ため、 VCS は 10 分
(LoadTimeThreshold = 600) 後に LargeServer1 で loadwarning ト リ ガ を起動 し
ます。
連鎖障害のシナ リ オ
こ のシナ リ オでは、 ピ ア上で実行中のサービ ス グループに も 適応で き る 十分な
Limits が各シ ス テ ムに残 さ れてい る ため、 別のシ ス テ ムの障害に も 対応する こ
と がで き ます。 MedServer1 に障害が発生 し た場合、 そ こ で動作中のグループは
MedServer2 に フ ェ ールオーバーで き ます。
LargeServer1 に障害が発生 し た場合、 そ こ で動作中の 2 つのグループは、 順に
フ ェ ールオーバー さ れます。 最初に定義 さ れてい る グループ G1 は、
MedServer2 を選択 し ます。 こ れは、 こ のサーバーの Limits が G1 の
Prerequisites を満た し 、 最 も 高い AvailableCapacity 値を持つためです。
MedServer2 以外でグループの Prerequisites を満たすシ ス テ ムは MedServer1 の
みであ る ため、 グループ G2 は、 MedServer1 を選択 し ます。
VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
設定例 : サーバー統合
こ の例では、 複雑な 8 ノ ー ド 設定の ク ラ ス タ が複数のアプ リ ケーシ ョ ン と 複数の
大規模デー タ ベース を実行 し てい ます。 デー タ ベース サーバーの LargeServer1、
LargeServer2 と LargeServer3 は、 エン タープ ラ イ ズシ ス テ ムです。 複数のアプ
リ ケーシ ョ ン を実行す る 中規模サーバーは、 MedServer1、 MedServer2、
MedServer3、 MedServer4 と MedServer5 です。
こ の設定の場合、 デー タ ベース ゾーン (SystemZone 0) は、 最大 2 つの障害を
処理す る こ と がで き ます。 各サーバーの Limits は、 最大 3 つのデー タ ベース
サービ ス グループに対応で き ます。 アプ リ ケーシ ョ ン ゾーンで も 、 各サーバーに
余分な Capacity を有 し てい ます。
アプ リ ケーシ ョ ン グループには Prerequisites 属性は定義 さ れてい ませんが、 ア
プ リ ケーシ ョ ン グループを実行す る サーバーには、 1 つのデー タ ベース を実行す
る ために必要な Limits が指定 さ れてい ます。 そのため、 デー タ ベース を別のシ
ス テ ム ゾーン (アプ リ ケーシ ョ ン ゾーン) に フ ェ ールオーバー し 、 その中の最 も
負荷の少ないサーバーで実行す る こ と がで き ます。
include "types.cf"
cluster SGWM-demo (
)
system LargeServer1 (
Capacity = 200
Limits = { ShrMemSeg=15, Semaphores=30, Processors=18 }
LoadWarningLevel = 80
LoadTimeThreshold = 900
)
system LargeServer2 (
Capacity = 200
Limits = { ShrMemSeg=15, Semaphores=30, Processors=18 }
LoadWarningLevel=80
LoadTimeThreshold=900
)
system LargeServer3 (
Capacity = 200
Limits = { ShrMemSeg=15, Semaphores=30, Processors=18 }
LoadWarningLevel=80
LoadTimeThreshold=900
)
system MedServer1 (
Capacity = 100
Limits = { ShrMemSeg=5, Semaphores=10, Processors=6 }
)
system MedServer2 (
Capacity = 100
Limits = { ShrMemSeg=5, Semaphores=10, Processors=6 }
399
400 VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
)
system MedServer3 (
Capacity = 100
Limits = { ShrMemSeg=5, Semaphores=10, Processors=6 }
)
system MedServer4 (
Capacity = 100
Limits = { ShrMemSeg=5, Semaphores=10, Processors=6 }
)
system MedServer5 (
Capacity = 100
Limits = { ShrMemSeg=5, Semaphores=10, Processors=6 }
)
group Database1 (
SystemList = { LargeServer1, LargeServer2, LargeServer3,
MedServer1, MedServer2, MedServer3, MedServer4,
MedServer5 }
SystemZones = { LargeServer1=0, LargeServer2=0,
LargeServer3=0,
MedServer1=1, MedServer2=1, MedServer3=1,
MedServer4=1,
MedServer5=1 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { LargeServer1, LargeServer2, LargeServer3 }
FailOverPolicy = Load
Load = 100
Prerequisites = { ShrMemSeg=5, Semaphores=10, Processors=6 }
)
group Database2 (
SystemList = { LargeServer1, LargeServer2, LargeServer3,
MedServer1, MedServer2, MedServer3, MedServer4,
MedServer5 }
SystemZones = { LargeServer1=0, LargeServer2=0,
LargeServer3=0,
MedServer1=1, MedServer2=1, MedServer3=1,
MedServer4=1,
MedServer5=1 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { LargeServer1, LargeServer2, LargeServer3 }
FailOverPolicy = Load
Load = 100
Prerequisites = { ShrMemSeg=5, Semaphores=10, Processors=6 }
)
group Database3 (
SystemList = { LargeServer1, LargeServer2, LargeServer3,
MedServer1, MedServer2, MedServer3, MedServer4,
MedServer5 }
VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
SystemZones = { LargeServer=0, LargeServer2=0,
LargeServer3=0,
MedServer1=1, MedServer2=1, MedServer3=1,
MedServer4=1,
MedServer5=1 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { LargeServer1, LargeServer2, LargeServer3 }
FailOverPolicy = Load
Load = 100
Prerequisites = { ShrMemSeg=5, Semaphores=10, Processors=6 }
)
group Application1 (
SystemList = { LargeServer1, LargeServer2, LargeServer3,
MedServer1, MedServer2, MedServer3, MedServer4,
MedServer5 }
SystemZones = { LargeServer1=0, LargeServer2=0,
LargeServer3=0,
MedServer1=1, MedServer2=1, MedServer3=1,
MedServer4=1,
MedServer5=1 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { MedServer1, MedServer2, MedServer3,
MedServer4,
MedServer5 }
FailOverPolicy = Load
Load = 50
)
group Application2 (
SystemList = { LargeServer1, LargeServer2, LargeServer3,
MedServer1, MedServer2, MedServer3, MedServer4,
MedServer5 }
SystemZones = { LargeServer1=0, LargeServer2=0,
LargeServer3=0,
MedServer1=1, MedServer2=1, MedServer3=1,
MedServer4=1,
MedServer5=1 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { MedServer1, MedServer2, MedServer3,
MedServer4,
MedServer5 }
FailOverPolicy = Load
Load = 50
)
group Application3 (
SystemList = { LargeServer1, LargeServer2, LargeServer3,
MedServer1, MedServer2, MedServer3, MedServer4,
MedServer5 }
SystemZones = { LargeServer1=0, LargeServer2=0,
LargeServer3=0,
401
402 VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
MedServer1=1, MedServer2=1, MedServer3=1,
MedServer4=1,
MedServer5=1 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { MedServer1, MedServer2, MedServer3,
MedServer4,
MedServer5 }
FailOverPolicy = Load
Load = 50
)
group Application4 (
SystemList = { LargeServer1, LargeServer2, LargeServer3,
MedServer1, MedServer2, MedServer3, MedServer4,
MedServer5 }
SystemZones = { LargeServer1=0, LargeServer2=0,
LargeServer3=0,
MedServer1=1, MedServer2=1, MedServer3=1,
MedServer4=1,
MedServer5=1 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { MedServer1, MedServer2, MedServer3,
MedServer4,
MedServer5 }
FailOverPolicy = Load
Load = 50
)
group Application5 (
SystemList = { LargeServer1, LargeServer2, LargeServer3,
MedServer1, MedServer2, MedServer3, MedServer4,
MedServer5 }
SystemZones = { LargeServer1=0, LargeServer2=0,
LargeServer3=0,
MedServer1=1, MedServer2=1, MedServer3=1,
MedServer4=1,
MedServer5=1 }
AutoStartPolicy = Load
AutoStartList = { MedServer1, MedServer2, MedServer3,
MedServer4,
MedServer5 }
FailOverPolicy = Load
Load = 50
)
VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
AutoStart の動作
前の例の main.cf に基づ く と 、 AutoStart シーケ ン ス は次の よ う にな り ます。
Database1
LargeServer1
Database2
LargeServer2
Database3
LargeServer3
Application1
MedServer1
Application2
MedServer2
Application3
MedServer3
Application4
MedServer4
Application5
MedServer5
通常の動作
設定は次の よ う にな り ます。
サーバー
AvailableCapacity
CurrentLimits
オ ン ラ イ ンのグループ
LargeServer1
100
ShrMemSeg=10
Database1
Semaphores=20
Processors=12
LargeServer2
100
ShrMemSeg=10
Database2
Semaphores=20
Processors=12
LargeServer3
100
ShrMemSeg=10
Database3
Semaphores=20
Processors=12
MedServer1
50
ShrMemSeg=5
Application1
Semaphores=10
Processors=6
MedServer2
50
ShrMemSeg=5
Application2
Semaphores=10
Processors=6
MedServer3
50
ShrMemSeg=5
Semaphores=10
Processors=6
Application3
403
404 VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
サーバー
AvailableCapacity
CurrentLimits
オ ン ラ イ ンのグループ
MedServer4
50
ShrMemSeg=5
Application4
Semaphores=10
Processors=6
MedServer5
50
ShrMemSeg=5
Application5
Semaphores=10
Processors=6
障害シナ リ オ
次の例では、 LargeServer3 に障害が発生 し た こ と を想定 し てい ます。 VCS は、
同 じ SystemZone に所属す る Database3 の SystemList で利用可能なシ ス テ ム を
すべて ス キ ャ ン し 、 グループの Prerequisites を満たすシ ス テ ム を識別 し ます。
こ の例では、 LargeServer1 と LargeServer2 の CurrentLimits が、 Database3 の
Prerequisites を満た し てい ます。 Database3 は、 LargeServer1 でオン ラ イ ンに
な り ます。 こ の結果、 次の よ う な状態にな り ます。
サーバー
AvailableCapacity
CurrentLimits
オ ン ラ イ ンのグループ
LargeServer1
0
ShrMemSeg=5
Database1、 Database3
Semaphores=10
Processors=6
LargeServer2
100
ShrMemSeg=10
Database2
Semaphores=20
Processors=12
こ のシナ リ オでは、 別のサービ ス グループに も 適応で き る 十分な Limits が各シ
ス テ ムに残 さ れてい る ため、 LargeServer1 と LargeServer2 のいずれかのシ ス テ
ムで さ ら に障害が発生 し て も 対応す る こ と がで き ます。
VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
連鎖障害のシナ リ オ
単一のサーバー上で 2 つのデー タ ベース グループを実行す る 構成でデー タ ベース
の処理速度に問題があ る 場合、 SystemZones ポ リ シーを利用 し て処理速度の向
上が図れます。 デー タ ベース グループを アプ リ ケーシ ョ ン ゾーンに フ ェ ールオー
バーす る と 、 グループの優先ゾーンが リ セ ッ ト さ れ る と い う 効果があ り ます。 た
と えば、 前述のシナ リ オで、 Database3 は LargeServer1 に フ ェ ールオーバー し
ま し た。 管理者はアプ リ ケーシ ョ ン ゾーンで、 2 つのアプ リ ケーシ ョ ン グループ
を 1 つのシ ス テ ムに移動 さ せる こ と がで き ます。 する と 、 デー タ ベース アプ リ
ケーシ ョ ン を、 サービ ス グループを動作 し ていないサーバー
(MedServer1-MedServer5) に切 り 替え る こ と がで き ます。 すなわち、
Database3 を Zone1 (アプ リ ケーシ ョ ン ゾーン) に移す こ と がで き ます。
Database3 に障害が発生 し た場合、 そのサービ ス グループは、 アプ リ ケーシ ョ ン
ゾーンの中で最 も 負荷の軽いサーバーを フ ェ ールオーバー先 と し て選択 し ます。
405
406 VCS の動作の制御
ワー ク ロ ー ド 管理を示 し た設定例
12
サービ スグループの
依存関係のロール
■
サービ ス グループの依存関係について
■
サービ ス グループの依存関係の設定
■
グループの依存関係の FAQ
■
サービ ス グループの リ ン ク 設定
■
サービ ス グループの依存関係を持つ VCS の動作
408 サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係につい て
サービ スグループの依存関係について
サービ ス グループは互いに依存関係を持つ こ と がで き ます。 依存す る グループが
親であ り 、 それ以外のグループは子にな り ます。 た と えば、 親であ る 財務アプ リ
ケーシ ョ ンでは、 そのアプ リ ケーシ ョ ンがオン ラ イ ンにな る 前に、 子であ る デー
タ ベース アプ リ ケーシ ョ ンがオン ラ イ ンにな る 必要があ る 場合があ り ます。 アプ
リ ケーシ ョ ンのサービ ス グループを管理す る ためのサービ ス グループの依存関係
上の機能が増えれば増え る ほ ど、 こ れに よ っ て よ り 複雑な フ ェ ールオーバー設定
が作成 さ れます。
サービ ス グループは、 親 と 子の ど ち ら に も な り 得ます。 Veritas Cluster Server
では、 5 つの レベルのサービ ス グループの依存関係を サポー ト し ます。
依存関係の リ ン ク
親 と 子の間の依存関係を リ ン ク と 呼びます。 リ ン ク は、 依存関係のカ テ ゴ リ 、
サービ ス グループの位置、 依存関係の堅 さ に よ っ て特徴付け ら れます。
■
依存関係のカ テ ゴ リ には、 online と offline があ り ます。
■
ま た、 依存関係を位置を示す、 local、 global、 remote の 3 種類があ り ます。
■
さ ら に、 依存関係には、 親 と 子のサービ ス グループ間の制約の堅 さ に基づい
た soft、 firm、 hard の種類があ り ます。
依存関係の こ れ ら のカ テ ゴ リ 、 位置、 堅 さ の組み合わせを選択す る こ と に よ り 、
サービ ス グループの動作を カ ス タ マ イ ズす る こ と がで き ます。
依存関係のカ テ ゴ リ : online 依存または offline 依存
依存関係の種類に よ り 、 親グループ と 子グループの状態 と の関係が決定 さ
れます。
online グループ
依存関係
親グループは、 起動す る 前に子グループのオ ン ラ イ ン化を待つ必要が
あ り ま す。
た と えば、 デー タ ベー ス アプ リ ケーシ ョ ン と デー タ ベー ス サービ ス を
2 つの別個のグループ と し て設定す る 場合は、 デー タ ベー ス アプ リ
ケーシ ョ ン を親グループ、 デー タ ベー ス サービ ス を子グループに定義
し ます。
offline グループ
依存関係
親グループは、 子グループがオ フ ラ イ ン の場合にのみ起動で き 、 子グ
ループは親グループがオ ン ラ イ ン の場合にのみ起動で き ます。 こ の動
作に よ り 、 同一シ ス テ ム上で アプ リ ケーシ ョ ン の実行が競合す る 事態
を回避で き ま す。
た と えば、 あ る シ ス テ ム上のテ ス ト アプ リ ケーシ ョ ン を親に設定 し 、
別のシ ス テ ム上の製品アプ リ ケーシ ョ ン を子に設定 し ま す。
サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係について
依存関係の位置 : local、 global、 remote
親のサービ ス グループ と 子のサービ ス グループの相対的な位置に よ っ て、 両者の
依存関係が local、 global、 remote のいずれにな る かが決ま り ます。
local 依存関係
親グループの依存関係は、 同一シ ス テ ム上の子グループがオ ン ラ イ ン
かオ フ ラ イ ン かに よ っ て異な り ます。
global 依存関係
親グループの イ ン ス タ ン ス は、 任意のシ ス テ ム上でオ ン ラ イ ン の子グ
ループの 1 つ以上の イ ン ス タ ン ス に依存 し ます。
remote 依存関係 親グループの イ ン ス タ ン ス は、 親グループがオ ン ラ イ ン で あ る シ ス テ
ム以外の任意のシ ス テ ム上でオ ン ラ イ ン の子グループの 1 つ以上の イ
ン ス タ ン ス に依存 し ます。
依存関係の堅 さ : soft、 firm、 hard
依存関係の タ イ プに よ り 、 親グループ と 子グループ間の リ ン ク の堅 さ を定義 し ま
す。 soft 依存は、 課 さ れ る 制約が最小であ り 、 hard 依存では、 最大の制約が課
さ れます。
soft 依存関係
親グループお よ び子グループ を オ ン ラ イ ン にす る と き に、 最小限の制
約を指定 し ます。 唯一の制約は、 子グループが親グループ よ り 先にオ
ン ラ イ ン にな っ てい る 必要があ る 点です。
hastop -local ま たは /etc/init.d/vcs stop が実行 さ れ る と き 、 VCS で
soft 依存関係が反映 さ れない場合があ る こ と に注意 し て く だ さ い。 こ
のシナ リ オでは、 VCS はグループの依存関係を考慮せずに、 親子両方
のサービ ス グループ を任意の順序でオ フ ラ イ ン に し ます。
た と えば、 online local soft 依存関係の場合、 親グループ を オ ン ラ イ ン
にす る には、 同一シ ス テ ム上の子グループの イ ン ス タ ン ス がオ ン ラ イ
ン にな っ てい る 必要があ り ま す。
soft 依存関係には、 次の よ う な柔軟性があ り ます。
■
子グループに障害が発生 し て も 、 親グループは即座にオ フ ラ イ ン
にはな り ません。 子グループが フ ェ ールオーバーで き ない場合、
親グループはオ ン ラ イ ンの ま ま と な り ます。
■
両方のグループがオ ン ラ イ ン の と き に、 親 ま たは子の う ち一方の
グループ を、 他方がオ ン ラ イ ンの ま ま で も オ フ ラ イ ン にで き ます。
■
親グループに障害が発生 し て も 、 子グループはオ ン ラ イ ンの ま ま
にで き ま す。
■
リ ン ク が設定 さ れてい る と き は、 親グループがオ ン ラ イ ンにな っ
ていれば子グループ を オ ン ラ イ ン にす る 必要はあ り ません。 ただ
し 、 両グループがオ ン ラ イ ン の と き は、 それぞれのオ ン ラ イ ン状
態が リ ン ク の タ イ プ と 競合 し ない よ う にす る 必要があ り ます。
409
410 サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係につい て
firm 依存関係
hard 依存関係
親 ま たは子グループ を オ ン ラ イ ン ま たはオ フ ラ イ ンにす る と き に VCS
で課 さ れ る 制約が よ り 多い依存関係です。 こ の依存関係では、 子グ
ループが親グループ よ り 先にオ ン ラ イ ン にな っ てい る 必要があ る こ と
に加え て、 次の制約が課 さ れ ま す。
■
子グループに障害が発生す る と 、 親グループはオ フ ラ イ ンにな り
ます。 障害が発生 し た時点で親が フ リ ーズ さ れてい る 場合は、 親
は元の状態の ま ま にな り ます。 子グループが別のシ ス テ ムに
フ ェ ールオーバーで き ない場合、 親グループはオ フ ラ イ ンの ま ま
と な り ま す。
■
親グループに障害が発生 し て も 、 子グループはオ ン ラ イ ンの ま ま
にで き ま す。
■
親グループがオ ン ラ イ ン であ る 場合、 子グループ を オ フ ラ イ ン に
す る こ と はで き ま せん。 親グループは、 子グループがオ ン ラ イ ン
で も オ フ ラ イ ン にす る こ と がで き ま す。
■
リ ン ク が設定 さ れてい る と き は、 親グループはオ フ ラ イ ンにな っ
てい る 必要があ り ます。 ただ し 、 両グループがオ ン ラ イ ンの場合
は、 それぞれのオ ン ラ イ ン状態が リ ン ク の タ イ プ と 競合 し ない よ
う にす る 必要があ り ます。
子サービ ス グループの親を オ ン ラ イ ン ま たはオ フ ラ イ ン にす る と き に
VCS で課 さ れ る 制約が一番多い依存関係です。 次に例を示 し ます。
■
子グループに障害が発生す る と 、 親グループは、 子グループがオ
フ ラ イ ン にな る 前にオ フ ラ イ ンにな り ます。 子グループが フ ェ ー
ルオーバーにな る と 、 親は別のシ ス テ ム (local 依存では同一シ ス
テ ム) に フ ェ ールオーバー さ れ ます。 子グループが フ ェ ールオー
バーで き ない場合、 親グループはオ フ ラ イ ンの ま ま と な り ます。
■
親グループに障害が発生 し て も 、 子グループはオ フ ラ イ ンにな り
ま す。 子が フ ェ ールオーバーす る 場合、 親 も フ ェ ールオーバー し
ま す。 子グループが フ ェ ールオーバーで き ない場合、 親グループ
はオ フ ラ イ ン の ま ま と な り ま す。
メ モ : 子に障害が発生 し 、 親グループが フ リ ーズ さ れてい る 場合、 親グ
ループはオ ン ラ イ ン状態を維持 し ま す。 障害が発生 し た子は フ ェ ール
オーバー し ません。
次の制約は、 hard 依存の設定時に適用 さ れ ます。
■
online local hard 依存関係だけがサポー ト さ れてい ます。
■
単一レベルの親子関係のみ、 hard 依存 と し て設定で き ます。
■
1 つの親 と 1 つの子のグループのみ hard 依存を設定で き ます。
■
子グループ を オ ン ラ イ ン化 し て も 、 親グループは自動的にオ ン ラ
イ ンにな り ません。
■
親グループ を オ フ ラ イ ン化 し て も 、 子グループは自動的にオ フ ラ
イ ンにな り ません。
■
子グループがオ フ ラ イ ン であ る 場合、 親グループ を オ ン ラ イ ン に
す る こ と はで き ません。
サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係について
依存関係の制限
■
複数の親サービ ス グループが 1 つの子サービ ス グループがに依存する こ と
はあ り ますが、 親グループが 1 つの場合、 依存する 子グループは 1 つだけ
です。
■
グループの依存関係ツ リ ーには、 下方に最大で 5 つの レベルがあ り ます。
groupx
online global firm
groupy
online remote firm
groupw
groupx
online local
firm
groupy
groupU
online global firm
online global firm
groupz
■
groupz
依存関係を設定す る と き に、 親グループ と 子グループの現在の状態が設定す
る 依存関係に違反 し てい る 場合、 2 つのサービ ス グループに依存関係を設定
す る こ と はで き ません。
た と えば、 親グループのすべての イ ン ス タ ン ス がオ フ ラ イ ンであ る 場合、 あ
ら ゆ る 種類の依存関係を定義す る こ と が可能です。
親グループがオン ラ イ ンで、 子グループがオ フ ラ イ ンであ る 場合、 offline
依存であ る 場合を除 き 、 依存関係を定義す る こ と はで き ません。
親グループ も 子グループ も パ ラ レ ルグループであ る 場合、 online
global/online remote で依存関係を設定する こ と はで き ません。
親グループ (パ ラ レ ルグループ) と 子グループ (フ ェ ールオーバーグルー
プ) に online local で依存関係を設定する こ と はで き ません。
411
412 サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係の設定
サービ スグループの依存関係の設定
次の表では、 イ ン ス タ ン ス と い う 用語はパ ラ レ ルグループにのみ適用 さ れます。
た と えば、 パ ラ レ ルグループが 3 つのシ ス テ ム上でオン ラ イ ンにな っ てい る 場
合、 こ のグループの イ ン ス タ ン スは各シ ス テ ム上でオン ラ イ ンにな り ます。
フ ェ ールオーバーグループの場合、 常にグループの 1 つの イ ン ス タ ン ス のみがオ
ン ラ イ ンにな り ます。 デフ ォ ル ト の依存関係の タ イ プは firm です。
フ ェ ールオーバー親グループ / フ ェ ールオーバー子グループ
リンク
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プが依存
する相手
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プがオン
ラ イ ンに
な る場合
フ ェ ールオーバー子
グループに障害が発
生する場合
フ ェ ールオーバー親
グループに障害が発
生する場合
online
local
soft
同一シ ス テ
ム のオ ン ラ
イ ンの
フ ェ ール
オーバー子
グループ
同一シ ス テ
ム の子グ
ループがオ
ン ラ イ ンの
場合
親グループはオ ン ラ イ ン 子グループはオ ン ラ イ ン
を継続
を継続
子グループが別のシ ス テ
ム に フ ェ ールオーバー し
た場合、 親グループが同
一シ ス テ ム に移行
子グループが フ ェ ール
オーバーで き ない場合、
親グループはオ ン ラ イ ン
を継続
online
local
firm
同一シ ス テ
ム のオ ン ラ
イ ンの
フ ェ ール
オーバー子
グループ
同一シ ス テ
ム の子グ
ループがオ
ン ラ イ ンの
場合
親グループはオ フ ラ
イ ン。
子グループが別のシ ス テ
ム に フ ェ ールオーバー し
た場合、 親グループが同
一シ ス テ ム に移行
子グループが フ ェ ール
オーバーで き ない場合、
親グループはオ フ ラ イ ン
を継続
子グループはオ ン ラ イ ン
を継続
サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係の設定
リンク
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プが依存
する相手
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プがオン
ラ イ ンに
な る場合
フ ェ ールオーバー子
グループに障害が発
生する場合
フ ェ ールオーバー親
グループに障害が発
生する場合
online
local
hard
同一シ ス テ
ム のオ ン ラ
イ ンの
フ ェ ール
オーバー子
グループ
同一シ ス テ
ム の子グ
ループがオ
ン ラ イ ンの
場合
子グループがオ フ ラ イ ン 子グループはオ フ ラ イ ン
にな る 前に親グループが
子グループが フ ェ ール
オ フ ラ イ ン にな る
オーバー し た場合、 親グ
子グループが別のシ ス テ ループが同一シ ス テ ム に
ム に フ ェ ールオーバー し 移行
た場合、 親グループは別
子グループが フ ェ ール
のシ ス テ ム に移行
オーバーで き ない場合、
親グループはオ フ ラ イ ン
子グループが フ ェ ール
オーバーで き ない場合、 を継続
親グループはオ フ ラ イ ン
を継続
online
global
soft
ク ラ ス タ内
のいずれか
の場所でオ
ン ラ イ ンの
フ ェ ール
オーバー子
グループ
子グループ
がク ラ ス タ
内のいずれ
かの場所で
オン ラ イ ン
の場合
親グループはオ ン ラ イ ン 子グループはオ ン ラ イ ン
を継続
を継続
子グループが別のシ ス テ
ム に フ ェ ールオーバー し
た場合、 親グループはオ
ン ラ イ ン を継続
子グループが フ ェ ール
オーバーで き ない場合、
親グループはオ ン ラ イ ン
を継続
online
global
firm
ク ラ ス タ内
のいずれか
の場所でオ
ン ラ イ ンの
フ ェ ール
オーバー子
グループ
子グループ
がク ラ ス タ
内のいずれ
かの場所で
オン ラ イ ン
の場合
親グループは任意の使用
可能な シ ス テ ム に フ ェ ー
ルオーバー
使用可能な シ ス テ ム がな
い場合、 親グループはオ
フ ラ イ ンのま ま
子グループがオ フ ラ イ ン 子グループはオ ン ラ イ ン
にな っ てか ら 親グループ を継続
がオ フ ラ イ ン にな る
親グループは任意の使用
子グループが別のシ ス テ 可能な シ ス テ ム に フ ェ ー
ム に フ ェ ールオーバー し ルオーバー
た場合、 親グループは任
使用可能な シ ス テ ム がな
意のシ ス テ ム でオ ン ラ イ
い場合、 親グループはオ
ン にな る
フ ラ イ ンのま ま
子グループが フ ェ ール
オーバーで き ない場合、
親グループはオ フ ラ イ ン
を継続
413
414 サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係の設定
リンク
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プが依存
する相手
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プがオン
ラ イ ンに
な る場合
フ ェ ールオーバー子
グループに障害が発
生する場合
フ ェ ールオーバー親
グループに障害が発
生する場合
online
remote
soft
別のシ ス テ
ム上のオ ン
ラ イ ンの
フ ェ ール
オーバー子
グループ
別のシ ス テ
ム の子グ
ループがオ
ン ラ イ ンの
場合
親グループがオ ン ラ イ ン
だっ た シ ス テ ム に子グ
ループが フ ェ ールオー
バー し た場合、 親グルー
プは別のシ ス テ ム に移行
子グループはオ ン ラ イ ン
を継続
別のシ ス テ
ム上のオ ン
ラ イ ンの
フ ェ ール
オーバー子
グループ
別のシ ス テ
ム の子グ
ループがオ
ン ラ イ ンの
場合
online
remote
firm
親グループは子グループ
がオ ン ラ イ ン でないシ ス
テ ムに フ ェ ールオーバー
子グループが別のシ ス テ
子グループがオ ン ラ イ ン
ム に フ ェ ールオーバー し のシ ス テ ム し かない場合
た場合、 親グループは元
は、 親グループはオ フ ラ
のシ ス テ ム でオ ン ラ イ ン イ ンの ま ま
を継続
オ ン ラ イ ン でないシ ス テ
子グループが フ ェ ール
ム がない場合、 子グルー
オーバーで き ない場合、
プはオ ン ラ イ ン の ま ま
親グループはオ ン ラ イ ン
を継続
親グループがオ ン ラ イ ン
だっ た シ ス テ ム に子グ
ループが フ ェ ールオー
バー し た場合、 親グルー
プは別のシ ス テ ム に切 り
替え
親グループは子グループ
がオ ン ラ イ ン でないシ ス
テ ムに フ ェ ールオーバー
子グループがオ ン ラ イ ン
のシ ス テ ム し かない場合
は、 親グループはオ フ ラ
子グループが別のシ ス テ イ ンの ま ま
ム に フ ェ ールオーバー し
オ ン ラ イ ン でないシ ス テ
た場合、 親グループは元 ム がない場合、 子グルー
のシ ス テ ム で再起動
プはオ ン ラ イ ン の ま ま
子グループが フ ェ ール
オーバーで き ない場合、
VCS に よ っ て親グループ
はオ フ ラ イ ン にな る
サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係の設定
リンク
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プが依存
する相手
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プがオン
ラ イ ンに
な る場合
フ ェ ールオーバー子
グループに障害が発
生する場合
フ ェ ールオーバー親
グループに障害が発
生する場合
offline
local
同一シ ス テ
ム上のオ フ
ラ イ ンの
フ ェ ール
オーバー子
グループ
同一シ ス テ
ム の子グ
ループがオ
ン ラ イ ンの
場合
親グループがオ ン ラ イ ン
でないシ ス テ ムに子グ
ループが フ ェ ールオー
バー し た場合、 親グルー
プはオ ン ラ イ ン を継続
親グループは子グループ
がオ ン ラ イ ン でないシ ス
テ ムに フ ェ ールオーバー
親グループがオ ン ラ イ ン
のシ ス テ ム に子グループ
が フ ェ ールオーバー し た
場合、 親グループは使用
可能で あれば別のシ ス テ
ム に切 り 替え
オ ン ラ イ ン でないシ ス テ
ム がない場合、 子グルー
プはオ ン ラ イ ン の ま ま
子グループの フ ェ ール
オーバー先 と な る シ ス テ
ム がない場合、 親グルー
プはオ ン ラ イ ン を継続
フ ェ ールオーバー親グループ / パラ レル子グループ
フ ェ ールオーバー親グループ と パ ラ レ ル子グループでは、 hard 依存関係はサ
ポー ト さ れません。
リンク
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プが依存
する相手
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プがオン
ラ イ ンに
な る場合
シ ステムのパラ レル
子グループに障害が
発生する場合
フ ェ ールオーバー親
グループに障害が発
生する場合
online
local
soft
同一シ ス テ
ム のパ ラ レ
ル子グルー
プの イ ン ス
タンス
子グループ
のイ ンス タ
ン ス が同一
シ ス テムで
オン ラ イ ン
の場合
親グループは他のシ ス テ 親グループは他のシ ス テ
ム に フ ェ ールオーバー
ム に フ ェ ールオーバー
し 、 そ こ での子 イ ン ス タ し 、 そ こ での子 イ ン ス タ
ン ス に依存。
ン ス に依存。
親グループに障害が発
生 し た シ ス テ ム で子 イ
ン ス タ ン ス はオ ン ラ イ
ン を継続
415
416 サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係の設定
リンク
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プが依存
する相手
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プがオン
ラ イ ンに
な る場合
シ ステムのパラ レル
子グループに障害が
発生する場合
フ ェ ールオーバー親
グループに障害が発
生する場合
online
local
firm
同一シ ス テ
ム のパ ラ レ
ル子グルー
プの イ ン ス
タンス
子グループ
のイ ンス タ
ン ス が同一
シ ス テムで
オン ラ イ ン
の場合
親グループは他のシ ス テ
親グループはオ フ ラ イ
ン。 親グループは他のシ ム に フ ェ ールオーバー
し 、 そ こ での子 イ ン ス タ
ス テ ム に フ ェ ールオー
バー し 、 そ こ での子 イ ン ン ス に依存。
ス タ ン ス に依存。
親グループに障害が発生
し た シ ス テ ム で子 イ ン ス
タ ン ス はオ ン ラ イ ン を継
続
online
global
soft
オン ラ イ ン
を継続す る
パ ラ レル子
グループの
すべての イ
ンスタンス
子グループ
の 1 つ以上
のイ ンス タ
ン スが ク ラ
ス タ 内のい
ずれかの場
所でオ ン ラ
イ ン の場合
すべての子 イ ン ス タ ン ス
任意のシ ス テ ム で子グ
ループに障害が発生 し た と の依存関係が維持 さ れ
場合に親グループはオ ン た状態で、 親グループは
別のシ ス テ ム に フ ェ ール
ラ イ ン を継続
オーバー
障害が発生 し た子グルー
プが別のシ ス テ ム に
フ ェ ールオーバー し た場
合、 親グループは任意の
シ ス テ ム でオ ン ラ イ ン化
子グループが別のシ ス テ
ム に フ ェ ールオーバーで
き ない場合、 親グループ
はオ フ ラ イ ン を継続
online
global
firm
オン ラ イ ン
を継続す る
パ ラ レル子
グループの
すべての イ
ンスタンス
子グループ
のすべての
インスタン
スがク ラ ス
タ 内のいず
れかの場所
でオ ン ラ イ
ン の場合
親グループはオ フ ラ イ
ン。 子グループが フ ェ ー
ルオーバー し た後で、 親
グループは別のシ ス テ ム
に フ ェ ールオーバーす る
子グループが フ ェ ール
オーバーで き ない場合、
親グループはオ フ ラ イ ン
を継続
すべての子 イ ン ス タ ン ス
と の依存関係が維持 さ れ
た状態で、 親グループは
別のシ ス テ ム に フ ェ ール
オーバー
サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係の設定
リンク
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プが依存
する相手
フ ェ ール
オーバー
親グルー
プがオン
ラ イ ンに
な る場合
シ ステムのパラ レル
子グループに障害が
発生する場合
フ ェ ールオーバー親
グループに障害が発
生する場合
online
remote
soft
他のシ ス テ
ム でオ ン ラ
イ ン を継続
し てい る パ
ラ レ ル子グ
ループの 1
つ以上の イ
ンスタンス
子グループ
の 1 つ以上
のイ ンス タ
ン ス が他の
シ ス テムで
オン ラ イ ン
の場合
親グループはオ ン ラ イ ン 子 イ ン ス タ ン ス と の依存
関係が維持 さ れた状態
を継続
で、 親グループは別のシ
親グループがオ ン ラ イ ン
ス テ ム に フ ェ ールオー
のシ ス テ ム に子グループ
バー
が フ ェ ールオーバー し た
場合、 親グループは別の
シ ス テ ムに フ ェ ールオー
バー
online
remote
firm
他のシ ス テ
ム でオ ン ラ
イ ン を継続
し てい る パ
ラ レ ル子グ
ループのす
べての イ ン
スタンス
子グループ
のすべての
インスタン
ス が他のシ
ス テ ム でオ
ン ラ イ ンの
場合
親グループはオ フ ラ
イ ン。
すべての子 イ ン ス タ ン ス
と の依存関係が維持 さ れ
た状態で、 親グループは
親グループがオ ン ラ イ ン
別のシ ス テ ム に フ ェ ール
のシ ス テ ム に子グループ
オーバー
が フ ェ ールオーバー し た
場合、 親グループは別の
シ ス テ ムに フ ェ ールオー
バー
子グループが別のシ ス
テ ム に フ ェ ールオー
バー し た場合、 親グ
ループは元のシ ス テ ム
でオ ン ラ イ ン化
offline
local
同一シ ス テ
ム上でオ フ
ラ イ ン のパ
ラ レ ル子グ
ループ
同一シ ス テ
ム でオ ン ラ
イ ン の子グ
ループの イ
ンスタンス
がない場合
子グループが別のシ ス テ 子グループはオ ン ラ イ ン
ム に フ ェ ールオーバー し を継続
た場合、 親グループはオ
ン ラ イ ン を継続
親グループがオ ン ラ イ ン
のシ ス テ ム に子グループ
が フ ェ ールオーバー し た
場合、 親グループは
フ ェ ールオーバー
417
418 サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係の設定
パラ レル親グループ / フ ェ ールオーバー子グループ
リンク
パラ レル
親グルー
プのイ ン
ス タ ンス
が依存す
る相手
パラ レル
親グルー
プのイ ン
ス タ ンス
がオン ラ
イ ンにな
る場合
システムのフ ェ ー
ルオーバー子グ
ループに障害が発
生する場合
パラ レル親グルー
プに障害が発生す
る場合
online
global
soft
ク ラ ス タ内
のいずれか
の場所でオ
ン ラ イ ンの
フ ェ ール
オーバー子
グループ
ク ラ ス タ内
のいずれか
の場所で
フ ェ ール
オーバー子
グループが
オン ラ イ ン
の場合
親グループはオ ン ラ イ ン 子グループはオ ン ラ イ ン
を継続
を継続
online
global
firm
ク ラ ス タ内
のいずれか
の場所にあ
る フ ェ ール
オーバー子
グループ
ク ラ ス タ内
のいずれか
の場所で
フ ェ ール
オーバー子
グループが
オン ラ イ ン
の場合
親グループのすべての イ 子グループはオ ン ラ イ ン
ン ス タ ン ス はオ フ ラ イ ン を継続
online
remote
soft
別のシ ス テ
ム上の
フ ェ ール
オーバー子
グループ
別のシ ス テ
ム上で
フ ェ ール
オーバー子
グループが
オン ラ イ ン
の場合
子グループが フ ェ ール
オーバー し た後、 親グ
ループの イ ン ス タ ン ス
は フ ェ ールオーバーす
る か、 同一シ ス テ ム で
再起動
親グループがオ ン ラ イ ン
のシ ス テ ム に子グループ
が フ ェ ールオーバー し た
場合、 親グループは他の
シ ス テ ム に フ ェ ールオー
バーす る
子グループが別のシ ス テ
ム に フ ェ ールオーバー し
た場合、 親グループはオ
ン ラ イ ン を継続
子グループはオ ン ラ イ ン
を継続親グループは子グ
ループがオ ン ラ イ ン でな
い別のシ ス テ ム に フ ェ ー
ルオーバーを試行
サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係の設定
リンク
パラ レル
親グルー
プのイ ン
ス タ ンス
が依存す
る相手
パラ レル
親グルー
プのイ ン
ス タ ンス
がオン ラ
イ ン にな
る場合
システムのフ ェ ー
ルオーバー子グ
ループに障害が発
生する場合
パ ラ レル親グルー
プに障害が発生す
る場合
online
remote
firm
別のシ ス テ
ム上の
フ ェ ール
オーバー子
グループ
別のシ ス テ
ム上で
フ ェ ール
オーバー子
グループが
オン ラ イ ン
の場合
親グループのすべての イ 子グループはオ ン ラ イ ン
ン ス タ ン ス はオ フ ラ イ ン を継続親グループは子グ
ループがオ ン ラ イ ン でな
親グループがオ ン ラ イ ン
い別のシ ス テ ム に フ ェ ー
だっ た シ ス テ ムに子グ
ルオーバーを試行
ループが フ ェ ールオー
バーす る と 、 親グループ
は他のシ ス テ ムに フ ェ ー
ルオーバー
子グループが別のシ ス
テ ム に フ ェ ールオー
バー し た場合、 親グ
ループは同一シ ス テ ム
でオ ン ラ イ ン化
offline
local
同一シ ス テ
ム上でオ フ
ラ イ ンの
フ ェ ール
オーバー子
グループ
フ ェ ール
オーバー子
グループが
同一シ ス テ
ム でオ ン ラ
イ ン でない
場合
子グループが別のシ ス テ 子グループはオ ン ラ イ ン
ム に フ ェ ールオーバー し を継続
た場合、 親グループはオ
ン ラ イ ン を継続
419
420 サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係の設定
パラ レル親グループ / パラ レル子グループ
パ ラ レ ル親グループ と パ ラ レ ル子グループ と の間では、 global 依存関係はサポー
ト さ れません。
リンク
パラ レル
親グルー
プが依存
する相手
パラ レル
親グルー
プがオン
ラ イ ンに
な る場合
パラ レル子グルー
プに障害が発生す
る場合
パラ レル親グルー
プに障害が発生す
る場合
online
local
soft
同一シ ス テ
ム上でオ ン
ラ イ ン のパ
ラ レ ル子グ
ループの イ
ンスタンス
同一シ ス テ
ム上でパ ラ
レ ル子グ
ループの イ
ンスタンス
がオ ン ラ イ
ン の場合
子グループが別のシ ス テ
ム に フ ェ ールオーバー し
た場合、 親グループは同
一シ ス テ ム で子グループ
と し て移行
子グループの イ ン ス タ ン
ス はオ ン ラ イ ン を継続
online
local
firm
同一シ ス テ
ム上でオ ン
ラ イ ン のパ
ラ レ ル子グ
ループの イ
ンスタンス
同一シ ス テ
ム上でパ ラ
レ ル子グ
ループの イ
ンスタンス
がオ ン ラ イ
ン の場合
親グループはオ フ ラ
イ ン。
子グループはオ ン ラ イ ン
を継続
親グループの イ ン ス タ ン
ス は、 子グループの イ ン
ス タ ン ス がオ ン ラ イ ン
で、 他の親グループの イ
子グループが フ ェ ール
オーバーで き ない場合、 ン ス タ ン ス がオ ン ラ イ ン
親グループはオ ン ラ イ ン でないシ ス テ ム にのみ
フ ェ ールオーバー可能
を継続
子グループが別のシ ス テ 親グループの イ ン ス タ ン
ム に フ ェ ールオーバー し ス は、 子グループの イ ン
た場合、 親グループの イ ス タ ン ス がオ ン ラ イ ン
で、 他の親グループの イ
ン ス タ ン ス は VCS に
よ っ て、 同一シ ス テ ム で ン ス タ ン ス がオ ン ラ イ ン
子グループ と し てオ ン ラ でないシ ス テ ム にのみ
フ ェ ールオーバー可能
イ ン化
子グループが フ ェ ール
オーバーで き ない場合、
親グループはオ フ ラ イ ン
を継続
offline
local
同一シ ス テ
ム上でオ フ
ラ イ ン のパ
ラ レ ル子グ
ループ
同一シ ス テ
ム でオ ン ラ
イ ン の子グ
ループの イ
ンスタンス
がない場合
子グループが別のシ ス テ 子グループはオ ン ラ イ ン
ム に フ ェ ールオーバー し を継続
た場合、 親グループはオ
ン ラ イ ン を継続
サービ スグループの依存関係のロ ール
グループの依存関係の FAQ
グループの依存関係の FAQ
こ の項では、 グループ依存について よ く 寄せ ら れ る 質問を一覧 し ます。
依存関係
よ く 寄せら れる質問
online local
親グループがオ ン ラ イ ン であ る場合、 子グループ を オ フ ラ イ ン にで き
るかど う か。
soft= 可 firm= 不可 hard= 不可
子グループがオ ン ラ イ ン時に親グループ を切 り 替え る こ と がで き るか
ど う か。
soft= 不可 firm= 不可 hard= 不可
親グループがオ ン ラ イ ン時に子グループ を切 り 替え る こ と がで き るか
ど う か。
soft= 不可 firm= 不可 hard= 可 (子グループに対 し てオ ン ラ イ ン の親
が他に存在 し ない場合)
online global
親グループがオ ン ラ イ ン であ る場合、 子グループ を オ フ ラ イ ン にで き
るかど う か。
soft= 可 firm= 不可
子グループがオ ン ラ イ ン時に親グループ を切 り 替え る こ と がで き るか
ど う か。
soft= 可 firm= 可 hard= 可
親グループがオ ン ラ イ ン時に子グループ を切 り 替え る こ と がで き るか
ど う か。
soft= 可 firm= 不可
online remote
親グループがオ ン ラ イ ン であ る場合、 子グループ を オ フ ラ イ ン にで き
るかど う か。
firm= 不可 soft= 可。
子グループがオ ン ラ イ ン時に親グループ を切 り 替え る こ と がで き るか
ど う か。
firm= 可 (ただ し 、 子グループがオ ン ラ イ ン であ る シ ス テ ム以外)。
soft= 可 (ただ し 、 子グループがオ ン ラ イ ン で あ る シ ス テ ム以外)。
親グループがオ ン ラ イ ン時に子グループ を切 り 替え る こ と がで き るか
ど う か。
firm= 不可 soft= 可 (ただ し 、 親グループがオ ン ラ イ ン であ る シ ス テ
ム以外)。
421
422 サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの リ ン ク 設定
依存関係
よ く 寄せら れる質問
offline local
子グループがオ フ ラ イ ン であ る場合、 親グループ を オ ン ラ イ ン にで き
るかど う か。
可。
親グループがオ ン ラ イ ン であ る場合、 子グループ を オ フ ラ イ ン にで き
るかど う か。
可。
子グループの実行中に親グループ を切 り 替え る こ と がで き るかど う
か。
可 (ただ し 、 子グループがオ ン ラ イ ン にな っ てい る シ ス テ ム以外)。
親グループの実行中に子グループ を切 り 替え る こ と がで き るかど
う か。
可 (ただ し 、 親グループがオ ン ラ イ ン にな っ てい る シ ス テ ム以外)。
サービ スグループの リ ン ク 設定
設定上、 あ る サービ ス グループを オン ラ イ ンにす る 前に、 別のサービ ス グループ
がオン ラ イ ンにな っ てい る 必要があ る 場合があ り ます。 た と えば、 デー タ ベース
アプ リ ケーシ ョ ン を オン ラ イ ンにす る には、 デー タ ベース サービ ス の リ ソ ース を
含むサービ ス グループがオン ラ イ ンであ る 必要があ り ます。
122 ページの 「サービ ス グループの リ ン ク 設定」 も 参照 し て く だ さ い。
コ マ ン ド ラ イ ンから サービ スグループ を リ ン ク するには
◆
次の コ マ ン ド を入力 し ます。
hagrp -link parent_group child_group gd_category
gd_location gd_type
parent_group
親グループの名前
child_group
子グループの名前
gd_category
グループの依存関係のカ テ ゴ リ (online/offline)
gd_location
依存関係の範囲 (local/global/remote)
gd_type
グループの依存関係の タ イ プ (soft/firm/hard)。 デフ ォ ル ト は
firm です。
サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係を持つ VCS の動作
サービ スグループの依存関係を持つ VCS の動作
VCS は、 サービ ス グループの操作を有効に し た り 制限す る こ と がで き 、 こ れに
よ っ てサービ ス グループの依存関係を受け入れます。 VCS は、 操作がグループ
の依存関係に違反す る 場合は こ れを拒否 し ます。
グループ依存関係でのオ ン ラ イ ン操作
通常、 次の状況を除いて、 子グループを ク ラ ス タ 内の任意のシ ス テ ムにおいて手
動でオン ラ イ ンにす る こ と がで き ます。
■
online local 依存関係の場合、 親グループがオン ラ イ ンだ と 、 親グループが
オン ラ イ ンであ る シ ス テ ム以外では子グループを オン ラ イ ンにで き ません。
■
online remote 依存関係の場合、 親グループがオン ラ イ ンだ と 、 親グループ
がオン ラ イ ンであ る シ ス テ ムでは子グループを オン ラ イ ンにで き ません。
■
offline local 依存関係の場合、 親グループがオン ラ イ ンだ と 、 親グループが
オン ラ イ ンであ る シ ス テ ムでは子グループを オン ラ イ ンにで き ません。
次の例は、 パ ラ レ ル子グループのオン ラ イ ン化が可能な場合を示 し てい ます。
■
親グループ (フ ェ ールオーバー / パ ラ レルグループ) と online local 依存関
係で リ ン ク さ れてい る 子グループ (パ ラ レ ルグループ) の場合、 子グループ
の複数の イ ン ス タ ン ス を オン ラ イ ンにで き ます。
■
親グループ (フ ェ ールオーバーグループ) と remote 依存関係で リ ン ク さ れ
てい る 子グループ (パ ラ レ ルグループ) の場合、 親グループがオン ラ イ ンで
あ る シ ス テ ム上で子グループがオン ラ イ ンにな ら ない限 り 、 子グループの複
数の イ ン ス タ ン ス を オン ラ イ ンにで き ます。
■
親グループ (フ ェ ールオーバー / パ ラ レルグループ) と offline local 依存関
係で リ ン ク さ れてい る 子グループ (パ ラ レ ルグループ) の場合、 親グループ
がオン ラ イ ンであ る シ ス テ ム上で子グループがオン ラ イ ンにな ら ない限 り 、
子グループの複数の イ ン ス タ ン ス を オン ラ イ ンにで き ます。
423
424 サービ スグループの依存関係のロ ール
サービ スグループの依存関係を持つ VCS の動作
グループ依存関係でのオ フ ラ イ ン操作
オ フ ラ イ ンにす る 順番に よ っ てはグループ依存関係に違反す る こ と があ る ので、
その よ う な場合、 サービ ス グループを オ フ ラ イ ン操作す る こ と はで き ません。 通
常、 firm 依存関係の場合、 親グループがオン ラ イ ンであ る と き に子グループを
オ フ ラ イ ンにす る こ と がで き ません。 手動でオ フ ラ イ ン を行 う 場合は、 次のルー
ルがあ り ます。
■
親グループは、 常にオ フ ラ イ ンにす る こ と がで き ます。
■
すべての soft 依存関係について、 親グループの状態 と は関係な く 、 子グ
ループを オ フ ラ イ ンにす る こ と がで き ます。
■
すべての firm 依存関係について、 親グループがオン ラ イ ンであ る 場合、 子
グループはオ フ ラ イ ンにす る こ と はで き ません。
■
online local hard 依存関係について、 親グループがオン ラ イ ンであ る 場合、
子グループはオ フ ラ イ ンにす る こ と はで き ません。
グループ依存関係の切 り 替え操作
サービ ス グループの切 り 替え と は、 1 つのシ ス テ ム上でサービ ス グループを手動
でオ フ ラ イ ンに し 、 こ のサービ ス グループを別のシ ス テ ム上でオン ラ イ ンに戻す
処理を示 し ます。 サービ ス グループがオ フ ラ イ ン ま たはオン ラ イ ンの規則に適合
し ない場合、 サービ ス グループを手動で切 り 替え る こ と はで き ません。
IV
管理 - 高度な操作
■
427 ページの第 13 章 「VCS イ ベン ト 通知」
■
443 ページの第 14 章 「VCS イ ベン ト ト リ ガ」
426
13
VCS イ ベン ト 通知
■
VCS イ ベン ト 通知について
■
VCS イ ベン ト 通知の コ ン ポーネ ン ト
■
VCS イ ベン ト と ト ラ ッ プ
■
全体的な イ ベン ト の監視
■
通知の設定
428 VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベ ン ト 通知について
VCS イ ベン ト 通知について
VCS は、 リ ソ ースやシ ス テ ムの障害な ど の重大な イ ベン ト を、 管理者ま たは指
定の受信者に通知す る ための手段を提供 し ます。 VCS には、 notifier プ ロ セ ス
と hanotify ユーテ ィ リ テ ィ で構成 さ れた notifier コ ン ポーネ ン ト が備わ っ てい
ます。
VCS は、 SNMP V2 MIB を使 う こ と ので き る SNMP コ ン ソ ールをサポー ト し
ます。
こ の notifier プ ロ セ ス の タ ス ク は次の と お り です。
■
HAD か ら の通知を受信
■
通知の フ ォーマ ッ ト
■
SNMP (V2) ト ラ ッ プを生成す る か、 指定の受信者に電子 メ ールを送信、
ま たはその両方の処理を実行
リ ソ ース、 グループ ま たは ク ラ ス タ の所有者を設定 し た場合は、 リ ソ ース に影響
す る イ ベン ト を所有者に対 し て も 通知 し ます。 リ ソ ース の所有者には リ ソ ース関
連の イ ベン ト が通知 さ れ、 グループの所有者にはグループ関連の イ ベン ト が通知
さ れ る 、 と いっ た し く みです。
648 ページの 「各属性 と その定義について」 を参照 し て く だ さ い。
重要度には、 SevereError、 Error、 Warning、 Information の 4 つの レベルがあ
り ます。 SevereError が最 も 重要度の高い レベル、 つま り 最 も 深刻な イ ベン ト
メ ッ セージのみを通知す る レベルで、 Information が重要度の低い イ ベン ト 、 つ
ま り すべての イ ベン ト を通知す る レベルです。 こ れ ら の重要度では、 大文字小文
字が区別 さ れ る こ と に注意 し て く だ さ い。
SNMP
SMTP
SMTP
SNMP
Error
SevereError
Information
notifier
HAD
シ ス テム A
HAD
シ ステム B
VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベ ン ト 通知について
SNMP ト ラ ッ プは、 SNMP コ ン ソ ールに転送 さ れます。 一般に、 ト ラ ッ プは、
サービ ス グループ ま たは リ ソ ース の障害な ど の イ ベン ト 用にあ ら か じ め定義 さ れ
てい ます。 hanotify ユーテ ィ リ テ ィ を使 う と 、 定義済みの ト ラ ッ プ と は別の ト
ラ ッ プを送信で き ます。
イ ベン ト メ ッ セージ と 重要度
VCS エン ジ ンは起動す る と 、 すべての メ ッ セージ を Information と し てキ ュ ー
に入れます。 ただ し 、 notifier が接続 し た場合、 notifier が HAD へ伝達す る 重要
度は、 次のいずれか低い方の レベルにな り ます。
■
SNMP オプシ ョ ンに定義 し た最 も 低い重要度
■
SMTP オプシ ョ ンに定義 し た最 も 低い重要度
SNMP コ ン ソ ールま たは SMTP 受信者に送信す る メ ッ セージの重要度を設定せ
ずに、 notifier を コ マ ン ド ラ イ ンか ら 起動 し た場合、 notifier はデフ ォル ト の重
要度 Warning を HAD に伝達 し ます。 VCS の制御下で notifier を設定する 場合
は、 重要度を定義 し ます。 NotifierMngr エージ ェ ン ト の説明については、
『Veritas Cluster Server 付属エージ ェ ン ト リ フ ァ レ ン ス ガ イ ド 』 を参照 し て く だ
さ い。
た と えば、 notifier に次の重要度が定義 さ れてい る と し ます。
■
電子 メ ール受信者 1 に対 し て Warning
■
電子 メ ール受信者 2 に対 し て Error
■
SNMP コ ン ソ ールに対 し て SevereError
こ の場合、 notifier は、 3 つの う ちの最 も 低い重要度であ る Warning を HAD に
伝達 し ます。 それに よ り 、 HAD では、 Warning 以上の重要度の メ ッ セージ をす
べて送信キ ュ ーに入れます。
notifier は、 受信者が、 (指定の重要度に従っ て) 受信す る よ う に指定 さ れてい
る メ ッ セージだけ を確実に受け取 る よ う に し ます。 ただ し 、 notifier が指定の重
要度を HAD に伝達す る ま で、 HAD 側では受信者に指定 さ れてい る 重要度が不明
なため、 すべての メ ッ セージ を格納 し ます。 こ の処理に よ り 、 HAD が メ ッ セー
ジ を作成 し てか ら 、 notifier が定義 さ れた重要度を HAD に伝達す る 間に、 メ ッ
セージが失われ る こ と はあ り ません。
429
430 VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベ ン ト 通知について
メ ッ セージキ ュ ーの永続性 と レ プ リ ケーシ ョ ン
VCS には、 メ ッ セージが失われない よ う 、 イ ベン ト メ ッ セージ を維持す る ため
の高度な機能があ り ます。 各 ノ ー ド において、 VCS は、 notifier プ ロ セ ス に送信
す る メ ッ セージ を キ ュ ーに入れます。 こ のキ ュ ーは、 VCS が実行 し てい る 限 り
永続性が維持 さ れ、 こ のキ ュ ーの内容は各 ノ ー ド で同一に保たれます。 notifier
サービ ス に障害が発生 し た場合、 notifier は ク ラ ス タ 内の別の ノ ー ド に フ ェ ール
オーバー し ます。 メ ッ セージキ ュ ーの一貫性は ノ ー ド 間で維持 さ れてい る ため、
notifier はフ ェ ールオーバー さ れた後で も 、 メ ッ セージの送信を中断 し ていた場
所か ら 再開す る こ と がで き ます。
HAD に よ る メ ッ セージの削除
VCS エン ジ ン HAD は、 notifier に送信する メ ッ セージ を格納 し ます。 HAD に
よ っ て メ ッ セージが削除 さ れ る 条件は、 次の と お り です。
■
メ ッ セージがキ ュ ーに配置 さ れて 1 時間が経過 し て も 、 notifier が受信者に
メ ッ セージ を配送で き ない場合 ( こ の処理は、 notifier と HAD が接続 さ れ
ない限 り 、 次のいずれかの状況にな る ま では、 メ ッ セージが永続的に保存 さ
れ る こ と を意味 し ます)。
ま たは
■
メ ッ セージキ ュ ーが満杯にな っ た場合。 最新 メ ッ セージ用に スペース を作 る
ため、 最 も 古い メ ッ セージが削除 さ れます。
ま たは
■
notifier が、 指定 さ れた少な く と も 1 人の受信者に メ ッ セージ を配信 し た際
に、 VCS が notifier か ら メ ッ セージ送信の通知を受けた場合。
例 : 2 台の SNMP コ ン ソ ール と 2 人の電子 メ ール受信者が指定 さ れてい る 場
合。 メ ッ セージが 4 者の う ち 2 人の受信者に し か メ ッ セージが届いていな く
て も 、 notifier は送信通知を VCS に送信 し ます。 配信エ ラ ーが発生する と 、
ロ グ フ ァ イ ルにエ ラ ー メ ッ セージ も 記録 さ れます。
VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベ ン ト 通知の コ ン ポーネ ン ト
VCS イ ベン ト 通知の コ ンポーネ ン ト
こ の項では、 notifier プ ロ セ ス と hanotify ユーテ ィ リ テ ィ について説明 し ます。
notifier プ ロ セス
notifier プ ロ セ ス では、 VCS か ら の メ ッ セージの受信方法 と 、 こ れ ら の メ ッ セー
ジの SNMP コ ン ソ ール と SMTP 電子 メ ールサーバーへの配信方法が設定 さ れま
す。 notifier を使 う と 、 メ ッ セージに記 さ れた イ ベン ト の重要度に基づいて、 通
知す る メ ッ セージ レベルを指定で き ます。 ま た、 VCS メ ッ セージ キ ュ ーのサ イ
ズ も 指定す る こ と がで き ます (デフ ォ ル ト は 30 です)。 こ の値を変更する には、
MessageQueue 属性を変更 し ます。 こ の属性について詳 し く は、 『Veritas
Cluster Server 付属エージ ェ ン ト リ フ ァ レ ン ス ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
notifier プ ロ セ ス が コ マ ン ド ラ イ ンか ら 起動 し た場合、 VCS は こ のプ ロ セ ス を制
御 し ません。 最良の結果を得 る には、 VCS にバン ド ル さ れてい る NotifierMngr
エージ ェ ン ト を使い ます。 こ のエージ ェ ン ト を使っ て可用性の高いサービ ス グ
ループの一部 と し て notifier を設定す る と 、 notifier を監視、 オン ラ イ ンお よ び
オ フ ラ イ ンにす る こ と がで き ます。 こ のエージ ェ ン ト について、 詳 し く は
『Veritas Cluster Server 付属エージ ェ ン ト リ フ ァ レ ン ス ガ イ ド 』 を参照 し て く だ
さ い。
ク ラ ス タ 全体で notifier の 1 つの イ ン ス タ ン ス のみが実行 さ れ る ため、 notifier
はパ ラ レ ルではな く 、 フ ェ ールオーバーグループに設定す る 必要があ り ます。 ま
た、 notifier は SNMP の get 要求や set 要求に応答 し ません。 notifier は、 ト
ラ ッ プジ ェ ネ レー タ と し てのみ機能 し ます。
notifier を使 う こ と に よ っ て、 コ ン ピ ュ ー タ 名、 ポー ト 、 コ ミ ュ ニテ ィ ID、 受信
者の電子 メ ールア ド レ ス な ど、 SNMP マネージ ャ お よ び SMTP 電子 メ ールサー
バーの設定を指定す る こ と がで き ます。 ま た、 複数のマネージ ャ ま たはサーバー
を指定 し 、 それぞれに送信す る メ ッ セージ レベルを指定す る こ と がで き ます。
メ モ : VCS の制御外で notifier を開始する 場合は、 コ マ ン ド の中で notifier の絶
対パ ス を使用 し ます。 相対パ ス を使用 し て VCS の制御外で notifier を開始 し た
場合、 VCS は notifier プ ロ セ ス を監視で き ません。
431
432 VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベ ン ト 通知の コ ン ポーネ ン ト
notifier コ マ ン ド の例
/opt/VRTSvcs/bin/notifier -s m=north -s
m=south,p=2000,l=Error,c=your_company
-t m=north,e="abc@your_company.com",l=SevereError
こ の例では、 notifer は次の こ と を行い ます。
■
すべての レベルの SNMP ト ラ ッ プを、 デフ ォル ト の SNMP ポー ト お よ
び コ ミ ュ ニ テ ィ 値 public で north に送信 し ます。
■
Error ト ラ ッ プ と SevereError ト ラ ッ プを、 port 2000 お よ び コ ミ ュ ニ
テ ィ 値 your_company で south に送信 し ます。
■
SevereError 電子 メ ール メ ッ セージ を、 デフ ォ ル ト ポー ト で SMTP 電子
メ ールサーバー と し て north に送信 し 、 電子 メ ールア ド レ ス
abc@your_company.com に送信 し ます。
hanotify ユーテ ィ リ テ ィ
hanotify ユーテ ィ リ テ ィ を使っ て、 ユーザー定義の メ ッ セージ を作成す る こ と
がで き ます。 作成 し た メ ッ セージは、 こ のユーテ ィ リ テ ィ に よ っ て HAD に転送
さ れ、 HAD の内部 メ ッ セージキ ュ ーに格納 さ れます。 他の メ ッ セージ と と も に、
ユーザー定義の メ ッ セージ も notifier プ ロ セ ス に転送 さ れ、 電子 メ ール受信者ま
たは SNMP コ ン ソ ール、 あ る いはその両方に配信 さ れます。
notifier
hanotify
HAD
システム A
HAD
シス テム B
VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベ ン ト と ト ラ ッ プ
hanotify コ マ ン ド の例
hanotify -i 1.3.6.1.4.1.1302.3.8.10.2.8.0.10 -l Warning -n
agentres -T 7 -t "custom agent" -o 4 -S sys1 -L mv -p
sys2 -P mv -c MyAgent -C 7 -O johndoe -m "Custom message"
こ の例では、 1.3.6.1.4.1.1302.3.8.10.2.8.0.10 と い う 番号が、 送信 さ れ る メ ッ
セージの OID にな り ます。 ユーザー定義の メ ッ セージであ る こ と か ら 、 VCS で
は、 こ の メ ッ セージに対応す る SNMP ト ラ ッ プに関連付け ら れた OID を知 る 手
段があ り ません。 ユーザーが こ の OID を入力する 必要があ り ます。
メ ッ セージの重要度は Warning に設定 さ れます。 影響を受け る シ ス テ ムは sys1
と sys2 です。 こ の コ マ ン ド を実行す る と 、 リ ソ ース agentres のカ ス タ ム メ ッ
セージがエージ ェ ン ト MyAgent か ら 送信 さ れます。
VCS イ ベン ト と ト ラ ッ プ
こ の項では、 ト ラ ッ プ、 電子 メ ール通知、 ま たはその両方を生成す る イ ベン ト を
一覧で提示 し ます。 SevereError が最 も 重要度の高い レベル、 つま り 最 も 深刻な
イ ベン ト メ ッ セージのみを通知す る レベルで、 Information が重要度の低い イ ベ
ン ト 、 つま り すべての イ ベン ト を通知す る レベルです。 Global Cluster 固有の ト
ラ ッ プには、 重要度が最 も 高い Critical か ら 、 最 も 低い Normal ま であ り ます。
ク ラ ス タ のイ ベ ン ト と ト ラ ッ プ
イ ベン ト
重要度
説明
Cluster has faulted.
Error
永続的 リ ソ ース のオ ン ラ イ ン化に応 じ てサー
ビ ス グループは再起動 さ れてい ます。
Heartbeat is down.
Error
ロ ーカル ク ラ ス タ の コ ネ ク タ で、 リ モー ト ク
ラ ス タ と のハー ト ビー ト 接続が失われ ま し た。
Information
ロ ーカル ク ラ ス タ に リ モー ト ク ラ ス タ の完
全な ス ナ ッ プシ ョ ッ ト があ り 、 リ モー ト ク
ラ ス タ が RUNNING 状態で あ る こ と を示 し て
い ま す。
Information
永続的 リ ソ ース のオ ン ラ イ ン化に応 じ てサー
ビ ス グループは再起動 さ れてい ます。
Information
ユーザーが Cluster Manager か ら ロ グ イ ン し
たか、 haxxx コ マ ン ド が呼び出 さ れたため、
ユーザーの ロ グ イ ン が認識 さ れ ま し た。
(Global Cluster Option)
Remote cluster is in
state.
RUNNING
(Global Cluster Option)
Heartbeat is "alive."
(Global Cluster Option)
User has logged on to
VCS.
433
434 VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベ ン ト と ト ラ ッ プ
エージ ェ ン ト のイ ベ ン ト と ト ラ ッ プ
イ ベン ト
重要度
説明
Agent is faulted.
Warning
ク ラ ス タ 内の 1 つの ノ ー ド で、 エージ ェ ン ト
に障害が発生 し ま し た。
Agent is restarting
Information
VCS はエージ ェ ン ト を再開 し てい ます。
リ ソ ースのイ ベン ト と ト ラ ッ プ
イ ベン ト
重要度
説明
Resource state is
unknown.
Warning
VCS は リ ソ ー ス の状態を識別で き ません。
Resource monitoring has
timed out.
Warning
リ ソ ース の監視が タ イ ム ア ウ ト し ま し た。
Resource is not going
offline.
Warning
VCS は リ ソ ー ス を オ フ ラ イ ン にで き ません。
Health of cluster resource Warning
declined.
リ ソ ース の状態に関す る 情報を提供す る ため、
エージ ェ ン ト が使い ます。 リ ソ ース がオ ン ラ
イ ン であ る と き に、 その状態が悪化 し ま し た。
Resource went online by
itself.
Warning
リ ソ ース は自動的にオ ン ラ イ ン化 さ れ ま し た。
Resource has faulted.
Error
(最初のプ
ロ ーブ以外)
永続的 リ ソ ース のオ ン ラ イ ン化に応 じ てサー
ビ ス グループは再起動 さ れてい ます。
Resource is being restarted Information
by agent.
エージ ェ ン ト は リ ソ ー ス を再開 し てい ます。
The health of cluster
resource improved.
リ ソ ース の状態に関す る 追加情報を提供す る
ため、 エージ ェ ン ト が使い ま す。 リ ソ ース が
オ ン ラ イ ン であ る と き に、 その状態が改善 さ
れ ま し た。
Information
VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベ ン ト と ト ラ ッ プ
イ ベン ト
重要度
Resource monitor time has Warning
changed.
説明
こ の ト ラ ッ プは、 エージ ェ ン ト に対す る
Monitor 機能の所要時間の統計分析が有効な
場合に、 生成 さ れ ます。
582 ページの 「VCS エージ ェ ン ト の統計機
能」 を参照 し て く だ さ い。
こ の ト ラ ッ プは、 リ ソ ー ス の Monitor 機能の
実行にかか る 時間が突然変化す る の を エー
ジ ェ ン ト フ レーム ワ ー ク が検出 し た場合に、
生成 さ れ ま す。 ト ラ ッ プ情報には次の詳細が
含 ま れ ま す。
Resource is in ADMIN_WAIT Error
state.
■
Monitor 機能の実行に要す る 時間の変動
■
こ の変動を導 き 出すために比較 し た実際
の時間
リ ソ ース が ADMIN_WAIT 状態です。
367 ページの 「 リ ソ ー ス障害発生時の clean
動作の制御」 を参照 し て く だ さ い。
シ ス テムのイ ベ ン ト と ト ラ ッ プ
イ ベン ト
重要度
説明
VCS is being restarted by
hashadow.
Warning
永続的 リ ソ ース のオ ン ラ イ ン化に応 じ てサー
ビ ス グループは再起動 さ れてい ます。
VCS is in jeopardy.
Warning
VCS を実行 し てい る ノ ー ド の 1 つが
JEOPARDY 状態にあ り ます。
VCS is up on the first node Information
in the cluster.
永続的 リ ソ ース のオ ン ラ イ ン化に応 じ てサー
ビ ス グループは再起動 さ れてい ます。
VCS has faulted.
SevereError
永続的 リ ソ ース のオ ン ラ イ ン化に応 じ てサー
ビ ス グループは再起動 さ れてい ます。
A node running VCS has
joined cluster.
Information
永続的 リ ソ ース のオ ン ラ イ ン化に応 じ てサー
ビ ス グループは再起動 さ れてい ます。
VCS has exited manually.
Information
VCS を実行 し ていた ノ ー ド の 1 つで VCS が正
常に終了 し ま し た。
435
436 VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベ ン ト と ト ラ ッ プ
イ ベン ト
重要度
説明
CPU usage exceeded
threshold on the system.
Warning
シ ス テ ム の CPU 使用状況が、
NotifyTimeLimit に設定 さ れてい る 値以上の
時間、 NotifyThreshold に設定 さ れてい る 値を
超え ま し た。
571 ページの 「 リ ソ ー ス を オ ン ラ イ ン化す る
場合」 を参照 し て く だ さ い。
サービ スグループのイ ベン ト と ト ラ ッ プ
イ ベン ト
重要度
説明
Service group has faulted. Error
永続的 リ ソ ース のオ ン ラ イ ン化に応 じ てサー
ビ ス グループは再起動 さ れてい ます。
Service group concurrency SevereError
violation.
フ ェ ールオーバーサービ ス グループが、 ク ラ
ス タ 内の複数の ノ ー ド でオ ン ラ イ ン化 さ れ ま
し た。
Service group has faulted
and cannot be failed over
anywhere.
SevereError
グループがオ ン ラ イ ン にな っ てい る 可能性の
あ る すべての ノ ー ド で、 指定のサービ ス グ
ループが停止 し ま し た。 グループが フ ェ ール
オーバーで き る ノ ー ド があ り ません。
Service group is online
Information
永続的 リ ソ ース のオ ン ラ イ ン化に応 じ てサー
ビ ス グループは再起動 さ れてい ます。
Service group is offline.
Information
永続的 リ ソ ース のオ ン ラ イ ン化に応 じ てサー
ビ ス グループは再起動 さ れてい ます。
Service group is
autodisabled.
Information
ノ ー ド の 1 つが ク ラ ス タ か ら 切 り 離 さ れた た
め、 指定 し た グループは VCS に よ っ て自動無
効化に設定 さ れ ま し た。
Service group is
restarting.
Information
永続的 リ ソ ース のオ ン ラ イ ン化に応 じ てサー
ビ ス グループは再起動 さ れてい ます。
Service group is being
switched.
Information
サービ ス グループは、 VCS に よ っ て、 一方の
ノ ー ド でオ フ ラ イ ン化 さ れ、 他方の ノ ー ド で
オ ン ラ イ ン化 さ れてい ま す。
Service group restarting in Information
response to persistent
resource going online.
永続的 リ ソ ース のオ ン ラ イ ン化に応 じ てサー
ビ ス グループは再起動 さ れてい ます。
VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベ ン ト と ト ラ ッ プ
イ ベン ト
重要度
The global service group is SevereError
online/partial on multiple
clusters.
説明
グ ロ ーバルサービ ス グループで同時性違反が
発生 し ま し た。
(Global Cluster Option)
Attributes for global
service groups are
mismatched.
Error
ClusterList、 AutoFailOver お よ び Parallel 属
性が、 異な る ク ラ ス タ 上の同 じ グ ロ ーバル
サービ ス グループで一致 し ま せん。
(Global Cluster Option)
SNMP 固有の フ ァ イル
VCS には、 SNMP 固有の フ ァ イ ルが 2 つ含まれてい ます。 /etc/VRTSvcs/snmp
に作成 さ れてい る vcs.mib と vcs_trapd です。 vcs.mib フ ァ イ ルは、 VCS 用のビ
ル ト イ ン MIB テ キ ス ト フ ァ イ ルです。 こ の MIB を SNMP コ ン ソ ールに読み込ん
で、 コ ン ソ ールで認識 さ れ る ト ラ ッ プの一覧に追加 し ます。
vcs_trapd は、 HP OpenView Network Node Manager (NNM) SNMP コ ン ソ ール
固有の フ ァ イ ルです。 こ の フ ァ イ ルには、 VCS がサポー ト す る 内蔵 SNMP ト
ラ ッ プ用に設定 さ れたサンプル イ ベン ト が含まれてい ます。 こ れ ら の イ ベン ト を
HP OpenView NNM SNMP コ ン ソ ールの SNMP ト ラ ッ プ用に設定 さ れた イ ベン
ト と 結合 さ せ る には、 次の よ う に実行 し ます。
xnmevents -merge vcs_trapd
イ ベン ト を結合す る と 、 notifier を介 し て VCS か ら 送信 さ れた SNMP ト ラ ッ プ
が、 HP OpenView NNM SNMP コ ン ソ ールに表示 さ れます。
メ モ : xnmevents について詳 し く は、 HP Openview のマニ ュ アルを参照 し て く
だ さ い。
437
438 VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベ ン ト と ト ラ ッ プ
VCS MIB の ト ラ ッ プ変数
VCS か ら 送信 さ れた ト ラ ッ プは、 SNMPv2 -> SNMPv1 変換後 も SNMPv2 に戻す
こ と がで き ます。
SNMPv1 ト ラ ッ プ PDU と SNMPv2 ト ラ ッ プ PDU 間での変換の可逆性を確保す
る ために、 SNMP ト ラ ッ プ OID の最後か ら 2 番目の ID は 0 であ る 必要があ り ま
す。 こ れに よ り 、 SNMPv2 ト ラ ッ プ -> SNMPv1 ト ラ ッ プの フ ォ ワー ド 変換
(RFC 2576 Section 3.2) を実行 し た後で も 、 SNMPv1 ト ラ ッ プ --> SNMPv2 ト
ラ ッ プの リ バース変換 (RFC 2576 Section 3.1) が正 し く 実行 さ れます。
VCS の notifier では、 こ のガ イ ド ラ イ ンに従い、 最後か ら 2 番目の ID が 0 の
OID を使 う こ と に よ っ て、 可逆変換を実現 し てい ます。
severityId
こ の変数は、 送信 さ れた ト ラ ッ プの重要度を示 し ます。 次の値を と る こ と がで き
ます。
重要度レ ベル と 説明
ト ラ ッ プ PDU の値
Information
0
通常動作の重要 イ ベン ト
Warning
1
通常 と 異な る 動作の警告
Error
2
障害
Severe Error
デー タ の消失や破壊の可能性のあ る 致命的エ ラ ー
3
VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベ ン ト と ト ラ ッ プ
entityType と entitySubType
こ れ ら の変数は、 エン テ ィ テ ィ に関す る 追加情報です。
エンテ ィ テ ィ のタ イプ
エ ン テ ィ テ ィ のサブ タ イ プ
リ ソース
文字列。 例 : デ ィ ス ク
グループの タ イ プ :
グループ
■
フ ェ ールオーバー
■
パ ラ レル
システム
文字列。 例 : Solaris 8
ハー ト ビー ト
ハー ト ビー ト の タ イ プ
VCS
文字列
GCO
文字列
エージ ェ ン ト 名
エージ ェ ン ト 名
entityState
こ の変数は、 エン テ ィ テ ィ の状態を示 し てい ます。
エンテ ィ テ ィ
状態
VCS の状態
■
Cluster has hung (reserved for future use)
■
User has logged into VCS
■
Cluster has faulted
■
Cluster is in RUNNING state
■
Cluster has lost heartbeat with remote cluster
■
Heartbeat with remote cluster is alive
エージ ェ ン ト の
状態
■
Agent is restarting
■
Agent has faulted
リ ソ ー ス の状態
■
Resource state is unknown
■
Resource monitoring has timed out
■
Resource is not going offline
■
Resource is being restarted by agent
■
Resource went online by itself
■
Resource has faulted
■
Resource health declined
■
Resource health improved
■
Resource is in admin wait state
■
Resource monitor time has changed
439
440 VCS イ ベ ン ト 通知
VCS イ ベ ン ト と ト ラ ッ プ
エンテ ィ テ ィ
状態
サービ ス グループ
の状態
■
Service group is online
■
Service group is offline
■
Service group is auto disabled
■
Service group has faulted
■
Service group has faulted and cannot be failed over anywhere
■
Service group is restarting
■
Service group is being switched
■
Service group concurrency violation
■
Service group restarting in response to persistent resource going
online
■
Service group attribute value does not match corresponding
remote group attribute value
■
Global group concurrency violation
■
VCS is up on the first node in the cluster
■
VCS is being restarted by hashadow
■
VCS is in jeopardy
■
VCS has faulted
■
A node running VCS has joined cluster
■
VCS is up but not in cluster
■
VCS has exited manually
■
CPU usage exceeded threshold on the system
■
SWAP Usage exceeded the threshold
シ ス テ ム の状態
GCO ハー ト ビー ト ■
■
の状態
Cluster has lost heartbeat with remote cluster
Heartbeat with remote cluster is alive
VCS イ ベ ン ト 通知
全体的な イ ベ ン ト の監視
全体的な イ ベン ト の監視
こ こ では、 個別の通知を監視す る こ と に よ り 、 全体的な イ ベン ト を検出す る 方法
について説明 し ます。
サービ スグループ障害の検出方法
VCS では、 サービ ス グループの障害に と も な っ て フ ェールオーバーが行われた
際に、 明示的な ト ラ ッ プを送信 し ません。 サービ ス グループの AutoFailOver 属
性が 1 に設定 さ れてい る 場合、 そのサービ ス グループに障害が発生す る と 、 次の
通知が生成 さ れます。
■
Service Group Fault for the node on which the service group was online and
faulted
■
Service Group Offline for the node on which the service group faulted
■
Service Group Online for the node to which the service group failed over.
サービ スグループ切 り 替えの検出方法
サービ ス グループが切 り 替え ら れた場合、 次の イ ベン ト を示す通知が送信 さ れ
ます。
■
Service group is being switched
■
Service Group Offline for the node from which the service group is switched
■
Service Group Online for the node to which the service group was
switched.This notification is sent after VCS completes the service group
switch operation.
メ モ : こ れ ら の通知を受け取 る には、 notifier に適切な重要度を設定する 必要が
あ り ます。 VCS 通知を受け取 る には、 最低重要度レベルは Information です。
441
442 VCS イ ベ ン ト 通知
補完 イ ベ ン ト の検出
補完イ ベン ト の検出
表 13-1 では、 お互い を補完 し た り 、 相互に中止す る イ ベン ト を一覧 し ます。
表 13-1
VCS の補完イ ベン ト
イ ベン ト
中止イ ベン ト
Remote cluster has faulted.(Global Cluster
Option)
Remote cluster is in RUNNING state.
Heartbeat is down.
Heartbeat is "alive."
Agent is faulted.
Agent is restarting
Resource state is unknown.
Resource went online by itself.
Health of cluster resource declined.
Health of cluster resource improved
VCS has faulted.
A node running VCS has joined cluster.
Service group has faulted.
Service group is online
Service group is offline.
Service group is online
Service group is being switched.
Service group is online
通知の設定
通知を設定す る には、 ClusterService グループで notifier マネージ ャ
(NotifierMngr) エージ ェ ン ト の リ ソ ース を作成 し ます。 DNS エージ ェ ン ト につ
いて詳 し く は、 『Veritas Cluster Server 付属エージ ェ ン ト リ フ ァ レ ン ス ガ イ ド 』
を参照 し て く だ さ い。
VCS には、 次の よ う に、 通知を設定す る ための方法がい く つか用意 さ れてい
ます。
■
main.cf フ ァ イ ルを手動で編集す る 。
■
[Notifier ウ ィ ザー ド (Notifier Wizard)] を使 う 。
156 ページの 「Notifier ウ ィ ザー ド を使っ た VCS イ ベン ト 通知の設定」 を
参照 し て く だ さ い。
14
VCS イ ベン ト ト リ ガ
■
VCS イ ベン ト ト リ ガについて
■
イ ベン ト ト リ ガの使用
■
イ ベン ト ト リ ガの一覧
444 VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
VCS イ ベ ン ト ト リ ガについ て
VCS イ ベン ト ト リ ガについて
ト リ ガに よ っ て、 ク ラ ス タ 内の指定の イ ベン ト に対 し 、 ユーザー定義の ス ク リ プ
ト を起動す る こ と がで き ます。
VCS は、 イ ベン ト が有効で hatrigger ス ク リ プ ト を起動す る か ど う かについて確
認 し ます。 こ の ス ク リ プ ト は、 次の場所に格納 さ れてい ます。
$VCS_HOME/bin/hatrigger
VCS は、 イ ベン ト ト リ ガの名前 と 、 関連付け ら れてい る パ ラ メ ー タ も 渡 し ます。
た と えば、 サービ ス グループがあ る シ ス テ ムでオン ラ イ ンにな る と 、 VCS は、
次の コ マ ン ド を呼び出 し ます。
hatrigger -postonline system service_group.
VCS は、 ト リ ガの処理が終了す る ま で待機 し ません。 VCS は、 ト リ ガ を呼び出
し 、 その後、 通常の処理を続け ます。
VCS は、 次の場合を除 き 、 イ ベン ト が発生 し たシ ス テ ムで イ ベン ト ト リ ガ を呼
び出 し ます。
■
VCS は、 RUNNING 状態で最 も 小 さ な番号が付け ら れてい る シ ス テ ムで
sysoffline と nofailover の各 イ ベン ト ト リ ガ を呼び出 し ます。
■
VCS は、 サービ ス グループが部分的ま たは完全にオン ラ イ ンであ っ たすべ
てのシ ス テ ムで violation イ ベン ト ト リ ガ を呼び出 し ます。
イ ベン ト ト リ ガの使用
VCS では、 イ ベン ト ト リ ガ ご と に Perl ス ク リ プ ト のサ ンプルが次の場所に用意
さ れてい ます。
$VCS_HOME/bin/sample_triggers
ユーザーの必要に応 じ て ス ク リ プ ト を カ ス タ マ イ ズ し ます。 つま り 、 独自の
Perl ス ク リ プ ト を作成す る こ と がで き ます。
イ ベン ト ト リ ガ を使用するには
1
サンプルス ク リ プ ト を使用 し て、 ユーザー独自の ト リ ガ用カ ス タ ム ア ク シ ョ
ン を作成 し ます。
2
変更済みの ト リ ガ ス ク リ プ ト を各 ノ ー ド の次の場所に置 き ます。
$VCS_HOME/bin/triggers
3
ト リ ガ を有効化す る 他の属性を設定 し ます。 詳 し く は、 ト リ ガの使用法に関
す る 説明を参照 し て く だ さ い。
445 ページの 「 イ ベン ト ト リ ガの一覧」 を参照 し て く だ さ い。
VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
イ ベン ト ト リ ガの一覧
以降の項では、 各種の イ ベン ト ト リ ガについて使用方法、 パ ラ メ ー タ 、 ト リ ガの
置 き 場所な ど の情報を示 し ます。
cpuusage イ ベ ン ト ト リ ガ
説明
cpuusage イ ベン ト ト リ ガは、 シ ス テ ムの CPU 使用率が、
ActionTimeLimit に設定 さ れた時間 よ り 長い時間、 シ ス テ ム の
CPUUsageMonitoring 属性の ActionTimeLimit 値の使用率を超え る と
呼び出 さ れ ます。 シ ス テ ム で最近 5 分以内に ト リ ガがすでに呼び出 さ
れてい る 場合は、 ト リ ガは呼び出 さ れ ません。
571 ページの 「 リ ソ ー ス を オ ン ラ イ ン化す る 場合」 を参照 し て く だ
さ い。
こ の イ ベン ト ト リ ガの設定を変更で き ます。
書式
- cpuusage triggertype system cpu_usage
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
0 の場合、 ト リ ガは次の場所か ら 呼び出 さ れ ます。
/opt/VRTSvcs/bin/triggers/cpuusage
1 の場合、 次の場所か ら ト リ ガ を起動す る こ と に よ り 、 シ ス テ ム
は再ブー ト さ れ ま す。
/opt/VRTSvcs/bin/internal_triggers/cpuusage
■
system は、 シ ス テ ム の名前です。
■
cpu_usage は、 シ ス テ ム上の CPU 使用率を示 し ます。
ト リ ガ を有効に シ ス テ ム の CPUUsageMonitoring 属性に次の値を設定 し ま す。
するには
■
Enabled = 1
■
ActionTimeLimit = 秒単位に よ る 0 以外の値
■
ActionTimeLimit = CPU 使用率を表す 0 以外の値
■
Action = CUSTOM ま たは REBOOT
CUSTOM - 次の場所か ら ト リ ガ を呼び出 し ます。
/opt/VRTSvcs/bin/triggers/cpuusage
REBOOT - 次の場所か ら ト リ ガ を呼び出 し ます。
/opt/VRTSvcs/bin/internal_triggers/cpuusage
そ し て、 シ ス テ ムは再ブー ト さ れ ま す。
ト リ ガ を無効に CPUUsageMonitoring シ ス テ ム属性の次の値のいずれか を 0 に設定 し
ます。
するには
■
ActionTimeLimit = 0
■
ActionThreshold = 0
445
446 VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
injeopardy イ ベン ト ト リ ガ
説明
シ ス テ ム が JEOPARDY 状態にあ る 場合に呼び出 さ れ ます。 特に、 こ の
ト リ ガは、 シ ス テ ム にハー ト ビー ト リ ン ク が 1 つ し か残 さ れてお ら ず、
その リ ン ク がネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク (LLT) で あ る 場合に呼び出 さ れ ま
す。 こ の イ ベン ト は、 重要 と 見な さ れ ます。 なぜな ら 、 シ ス テ ム が残
り のネ ッ ト ワ ー ク リ ン ク を失っ た場合、 VCS は、 シ ス テ ム でシ ス テ ム
障害が発生 し た と し て も 、 そのシ ス テ ム でオ ン ラ イ ン と な っ ていた
サービ ス グループの フ ェ ールオーバーを行わないか ら です。 こ の ト リ
ガ を使っ て、 管理者に こ の重要な イ ベン ト を通知 し ます。 す る と 、 管
理者は、 ク ラ ス タ と の リ ン ク が最低 2 つは確保 さ れ る よ う に、 シ ス テ
ム に対 し て適切な処理を行 う こ と がで き ます。
こ の イ ベン ト ト リ ガはデフ ォ ル ト では設定 さ れてい ません。
書式
- injeopardy triggertype system system_state
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
こ の ト リ ガの場合、 triggertype=0 です。
system は、 シ ス テ ム の名前です。
■
system_state は、 State 属性値です。
■
loadwarning イ ベ ン ト ト リ ガ
説明
シ ス テ ム に負荷がかか り すぎ る と 呼び出 さ れ ます。 シ ス テ ム のオ ン ラ
イ ン グループの負荷が、 シ ス テ ム の LoadWarningLevel 属性に指定 さ
れた値を超え た ま ま、 LoadTimeThreshold 属性に指定 さ れた時間を経
過す る と 、 シ ス テ ムは過負荷の状態にな り ます。
た と えば、 Capacity が 150、 LoadWarningLevel が 80、
LoadTimeThreshold が 300 であ る と し ます。 ま た、 シ ス テ ム上のすべ
てのオ ン ラ イ ン グループに対す る Load 属性の合計が 135 であ る と し
ま す。 LoadWarningLevel は 80 なので、 安全な負荷は 0.80*150=120
です。 こ れに対 し 、 実際のシ ス テ ム負荷は 135 です。 シ ス テ ム の負荷
が 120 を超え る 状態で、 300 秒を経過す る と 、 LoadWarningLevel ト リ
ガが呼び出 さ れ ます。
こ の ト リ ガ を使っ て、 管理者に こ の重要な イ ベン ト を通知 し ます。 す
る と 、 管理者はサービ ス グループのいずれか を別のシ ス テ ム に切 り 替
え て、 過負荷にな る シ ス テ ム がない よ う に し ます。
こ の イ ベン ト ト リ ガはデフ ォ ル ト では設定 さ れてい ません。
VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
書式
- loadwarning triggertype system available_capacity
■
■
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
こ の ト リ ガの場合、 triggertype=0 です。
system は、 シ ス テ ム の名前です。
availabe_capacity は、 シ ス テ ムの AvailableCapacity 属性を表 し
ま す (AvailableCapacity = Capacity - シ ス テ ム のオ ン ラ イ ン グ
ループに対す る Load 合計)。
nfs_postoffline イ ベ ン ト ト リ ガ
説明
グループがオ フ ラ イ ン にな っ た後に次のデーモ ン を再起動 し ま す。
■
nfsd
■
mountd
■
lockd
■
statd
■
nfsrgyd
■
NFS エージ ェ ン ト の NFSv4Root 属性の値を設定す る と 、 nfsrgyd
デーモ ン を再起動 し ます。
gssd
NFS エージ ェ ン ト の NFSSecurity 属性の値を 1 に設定す る と 、
gssd デーモ ン を再起動 し ます。
書式
- nfs_postoffline triggertype system service_group
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
■
こ の ト リ ガの場合、 triggertype=0 です。
■
system は、 サービ ス グループの フ ェ ールオーバーを試みた最後の
シ ス テ ム の名前です。
■
service_group は、 サービ ス グループの名前です。
nfs_preonline イ ベン ト ト リ ガ
説明
NFSRestart エージ ェ ン ト の NFLockFailover 属性の値が 1 の と き に、
次のデーモ ン を終了 さ せ ます。
■
statd
■
lockd
447
448 VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
書式
- nfs_preonline triggertype system service_group
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
■
こ の ト リ ガの場合、 triggertype=0 です。
■
system は、 サービ ス グループの フ ェ ールオーバーを試みた最後の
シ ス テ ム の名前です。
■
service_group は、 サービ ス グループの名前です。
nofailover イ ベン ト ト リ ガ
説明
サービ ス グループ を フ ェ ールオーバーで き ない場合に、 RUNNING 状態
で最 も 小 さ な NodeID を付け ら れた シ ス テ ム で呼び出 さ れ ます。
こ の イ ベン ト ト リ ガはデフ ォ ル ト では設定 さ れてい ません。
書式
- nofailover triggertype system service_group
■
■
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
こ の ト リ ガの場合、 triggertype=0 です。
system は、 サービ ス グループの フ ェ ールオーバーを試みた最後の
シ ス テ ム の名前です。
service_group は、 サービ ス グループの名前です。
postoffline イ ベン ト ト リ ガ
説明
こ の イ ベン ト ト リ ガは、 サービ ス グループが部分的 ま たは完全なオ ン
ラ イ ン状態か ら オ フ ラ イ ン状態にな っ た シ ス テ ム で呼び出 さ れ ます。
こ の ト リ ガは、 サービ ス グループに障害が発生 し た り 、 手動でオ フ ラ
イ ンに さ れ る と 呼び出 さ れ ます。
こ の イ ベン ト ト リ ガはデフ ォ ル ト では設定 さ れてい ません。
書式
- postoffline triggertype system service_group
■
■
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
こ の ト リ ガの場合、 triggertype=0 です。
system は、 シ ス テ ム の名前です。
service_group は、 オ フ ラ イ ン にな っ たサービ ス グループの名前
です。
VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
postonline イ ベン ト ト リ ガ
説明
こ の イ ベン ト ト リ ガは、 サービ ス グループがオ フ ラ イ ン状態か ら オ ン
ラ イ ン状態にな っ た場合に、 そのシ ス テ ム で呼び出 し ま す。
こ の イ ベン ト ト リ ガはデフ ォ ル ト では設定 さ れてい ません。
書式
- postonline triggertype system service_group
■
■
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
こ の ト リ ガの場合、 triggertype=0 です。
system は、 シ ス テ ム の名前です。
service_group は、 オ ン ラ イ ン にな っ たサービ ス グループの名前
です。
preonline イ ベ ン ト ト リ ガ
説明
hagrp -online コ マ ン ド ま たは障害に応 じ てサービ ス グループ を オ
ン ラ イ ン にす る 前に、 HAD がユーザー定義の ス ク リ プ ト を呼び出す必
要があ る 場合に、 こ の ト リ ガ を使い ま す。
こ の ト リ ガが設定 さ れていない場合、 VCS は通常どお り サービ ス グ
ループ を オ ン ラ イ ン に し ます。 ス ク リ プ ト が終了 コ ー ド な し の 0 を返
し た場合、 VCS は hagrp -online -nopre コ マ ン ド に必要に応 じ て
-checkpartial オプシ ョ ン を指定 し て実行 し ます。
通常操作で、 サービ ス グループ をオ ン ラ イ ン にす る 場合には、 こ の ト
リ ガ を設定 し ないで く だ さ い。 こ の イ ベン ト ト リ ガの設定を変更で き
ます。
449
450 VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
書式
- preonline triggertype system service_group whyonlining
[system_where_group_faulted]
■
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
こ の ト リ ガの場合、 triggertype=0 です。
system は、 シ ス テ ム の名前です。
■
service_group は、 hagrp コ マ ン ド が実行 さ れた、 ま たは障害が
発生 し たサービ ス グループの名前です。
■
whyonlining は、 次の 2 つの値にな り ま す。
FAULT: サービ ス グループが、 グループの フ ェ ールオーバー ま たは
切 り 替えに応 じ てオ ン ラ イ ン にな っ た こ と を示 し ま す。
MANUAL: サービ ス グループが、 変数 system に定義 さ れた シ ス テ ム
で手動に よ り オ ン ラ イ ンにな っ た こ と を示 し ます。
system_where_group_faulted は、 サービ ス グループに障害が発生
し たかグループ を切 り 替え たシ ス テ ムの名前です。 こ の変数はオ
プシ ョ ン で、 フ ェ ールオーバー ま たは切 り 替え時にエ ン ジ ン が ト
リ ガ を呼び出す と き に設定 さ れ ます。
■
ト リ ガ を有効に サービ ス グループの PreOnline 属性を 1 に設定 し ま す。
するには
ク ラ ス タ 内にあ る 各 ノ ー ド の動作を制御す る ために、 属性に対 し て
ロ ーカルの ( シ ス テ ム ご と の ) 値を設定す る こ と も で き ます。
ト リ ガ を無効に サービ ス グループの PreOnline 属性を 0 に設定 し ま す。
するには
ク ラ ス タ 内にあ る 各 ノ ー ド の動作を制御す る ために、 属性に対 し て
ロ ーカルの ( シ ス テ ム ご と の ) 値を設定す る こ と も で き ます。
VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
preonline_ipc イ ベ ン ト ト リ ガ
説明
IP リ ソ ー ス を含むサービ ス がオ ン ラ イ ン にな る 前に、 次の処理を実行
し ま す。
■
■
書式
サービ ス グループで IP リ ソ ース 用に設定 さ れた IP ア ド レ ス が、
他の ど の場所で も オ ン ラ イ ン でない こ と を確認 し ま す。
設定 さ れた IP ア ド レ ス が他の場所でオ ン ラ イ ンの場合、 ト リ ガ
は 5 秒間待機 し ます。 設定 さ れた IP ア ド レ ス が 5 秒後 も オ ン ラ イ
ン で あれば、 ト リ ガはその IP リ ソ ース のオ ン ラ イ ン操作を中止
し ま す。
ブ ロ ー ド キ ャ ス ト ア ド レ ス に ping を実行 し てハー ト ビー ト リ ン
ク を確認す る こ と に よ っ て、 ノ ー ド が ク ラ ス タ 内の他の ノ ー ド か
ら 分離 さ れていない こ と を確認 し ま す。 ト リ ガがハー ト ビー ト リ
ン ク を見つけ ら れず、 ブ ロ ー ド キ ャ ス ト ping に失敗す る 場合、
可能性のあ る ス プ リ ッ ト ブ レ イ ン状態を防 ぐ ために ト リ ガはオ ン
ラ イ ン操作を中止 し ま す。
- preonline triggertype system service_group whyonlining
[system_where_group_faulted]
■
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
こ の ト リ ガの場合、 triggertype=0 です。
system は、 シ ス テ ム の名前です。
■
service_group は、 hagrp コ マ ン ド が実行 さ れた、 ま たは障害が
発生 し たサービ ス グループの名前です。
■
whyonlining は、 次の 2 つの値にな り ま す。
FAULT: サービ ス グループが、 グループの フ ェ ールオーバー ま たは
切 り 替えに応 じ てオ ン ラ イ ン にな っ た こ と を示 し ま す。
MANUAL: サービ ス グループが、 変数 system に定義 さ れた シ ス テ ム
で手動に よ り オ ン ラ イ ンにな っ た こ と を示 し ます。
system_where_group_faulted は、 サービ ス グループに障害が発生
し たかグループ を切 り 替え たシ ス テ ム の名前です。 こ の変数はオ
プシ ョ ン で、 フ ェ ールオーバー ま たは切 り 替え時にエ ン ジ ン が ト
リ ガ を呼び出す と き に設定 さ れ ます。
■
メ モ : こ の ト リ ガ を使 う には、 preonline_ipc ス ク リ プ ト を
$VCS_HOME/bin/sample_triggers か ら $VCS_HOME/bin/triggers/ に
コ ピー し 、 ス ク リ プ ト の名前を preonline に変更 し ます。 preonline ト
リ ガ を他の目的に使 う 場合、 preonline_ipc ス ク リ プ ト の内容を
preonline ス ク リ プ ト の内容にマージ し ます。
ト リ ガ を有効に サービ ス グループの PreOnline 属性を 1 に設定 し ま す。
するには
ク ラ ス タ 内にあ る 各 ノ ー ド の動作を制御す る ために、 属性に対 し て
ロ ーカルの ( シ ス テ ム ご と の ) 値を設定す る こ と も で き ま す。
451
452 VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
ト リ ガ を無効に サービ ス グループの PreOnline 属性を 0 に設定 し ま す。
するには
ク ラ ス タ 内にあ る 各 ノ ー ド の動作を制御す る ために、 属性に対 し て
ロ ーカルの ( シ ス テ ム ご と の ) 値を設定す る こ と も で き ます。
resadminwait イ ベ ン ト ト リ ガ
説明
リ ソ ース が ADMIN_WAIT 状態にな る と 呼び出 さ れ ます。
VCS は リ ソ ー ス を ADMIN_WAIT 状態に設定す る と 、 リ ソ ース が こ の状
態にな っ た理由に応 じ て、 resadminwait ト リ ガ を呼び出 し ます。
368 ページの 「ADMIN_WAIT 状態の リ ソ ー ス の ク リ ア」 を参照 し て
く だ さ い。
こ の イ ベン ト ト リ ガはデフ ォ ル ト では設定 さ れてい ません。
書式
- resadminwait system resource adminwait_reason
■
system は、 シ ス テ ム の名前です。
■
resource は、 障害のあ る リ ソ ース の名前です。
■
adminwait_reason は、 リ ソ ー ス が ADMIN_WAIT 状態にな っ た理由
です。 値は 0 か ら 5 の間 と な り ま す。
0 = offline 機能が、 想定 さ れた時間内に完了 し ま せんで し た。
1 = offline 機能が無効で し た。
2 = online 機能が、 想定 さ れた時間内に完了 し ませんで し た。
3 = online 機能が無効で し た。
4 = リ ソ ー ス が予期せずにオ フ ラ イ ン化 さ れ ま し た。
5 = Monitor 機能が繰 り 返 し 失敗 し 、 想定 さ れた時間内に完了 し
ま せんで し た。
VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
resfault イ ベ ン ト ト リ ガ
説明
リ ソ ース に障害が発生 し た シ ス テ ム で呼び出 さ れ ます。 リ ソ ー ス に障
害が発生す る と 、 障害 と な っ た リ ソ ー ス に依存 し てい る 、 すべての親
リ ソ ース も オ フ ラ イ ン と な り ま す。
こ の イ ベン ト ト リ ガの設定を変更で き ます。
こ の ト リ ガ を設定す る には、 次の属性を定義す る 必要があ り ます。
TriggerResFault 属性 : リ ソ ー ス障害が発生 し た場合に ト リ ガ を呼び出
す 1 を こ の属性に設定 し ま す。
書式
- resfault triggertype system resource previous_state
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
こ の ト リ ガの場合、 triggertype=0 です。
system は、 シ ス テ ム の名前です。
■
resource は、 障害のあ る リ ソ ース の名前です。
■
previous_state は、 リ ソ ース の前の状態です。
■
ト リ ガ を有効に リ ソ ース 障害が発生 し た場合に ト リ ガ を呼び出すには、
TriggerResFault 属性を 1 に設定 し ま す。
するには
resnotoff イ ベ ン ト ト リ ガ
説明
サービ ス グループの リ ソ ース に対 し て、 offline 命令を発行 し て も リ
ソ ー ス がオ フ ラ イ ン にな ら ない場合に、 そのシ ス テ ム で呼び出 さ れ
ます。
こ の イ ベン ト ト リ ガの設定を変更で き ます。
こ の ト リ ガ を設定す る には、 次の属性を定義す る 必要があ り ます。
Resource Name こ の ト リ ガ を呼び出すため、 ス ク リ プ ト 内の次の行に
入力す る リ ソ ー ス の名前を定義 し ます。 @resources =
("resource1", "resource2") ;
こ の属性に定義 し た リ ソ ース のいずれかがオ フ ラ イ ン にな ら ない場合、
その リ ソ ー ス名 と シ ス テ ム名を ス ク リ プ ト の引数に し て、 こ の ト リ ガ
が呼び出 さ れ ます。
453
454 VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
書式
- resnotoff triggertype system resource
■
■
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
こ の ト リ ガの場合、 triggertype=0 です。
system は、 オ フ ラ イ ン にな ら ない リ ソ ース が存在す る シ ス テ ム
です。
resource は、 リ ソ ー ス の名前です。
resstatechange イ ベン ト ト リ ガ
説明
こ の ト リ ガは、 次の状況下で呼び出 さ れ ます。
■
リ ソ ース が OFFLINE か ら ONLINE にな っ た場合。
■
リ ソ ース が ONLINE か ら OFFLINE にな っ た場合。
■
リ ソ ース が ONLINE か ら FAULTED にな っ た場合。
■
リ ソ ース が FAULTED か ら OFFLINE にな っ た場合 (非永続的な リ
ソ ー ス で障害が ク リ ア さ れた場合)。
■
リ ソ ース が FAULTED か ら ONLINE にな っ た場合 (障害の発生 し て
いた永続的な リ ソ ース がオ ン ラ イ ン にな っ た場合、 ま たは障害の
発生 し ていた非永続な リ ソ ー ス が VCS の制御外でオ ン ラ イ ン化 さ
れた場合)。
■
リ ソ ース に障害が発生 し たが RestartLimit が 0 よ り 大 き いため、
リ ソ ース がエージ ェ ン ト に よ っ て再起動 さ れた場合。
こ の イ ベン ト ト リ ガの設定を変更で き ます。
書式
- resstatechange
new_state
triggertype system resource previous_state
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
こ の ト リ ガの場合、 triggertype=0 です。
system は、 シ ス テ ム の名前です。
■
resource は、 リ ソ ー ス の名前です。
■
previous_state は、 リ ソ ース の前の状態です。
■
new_state は、 リ ソ ー ス の前の状態です。
■
VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
ト リ ガ を有効に こ の イ ベン ト ト リ ガは、 デフ ォ ル ト では無効にな っ てい ま す。
ResStateChange イ ベン ト ト リ ガ を有効にす る には、 main.cf フ ァ イ ル
するには
で TriggerResStateChange 属性を 1 に設定す る か、 次の コ マ ン ド を実
行す る 必要があ り ます。
hagrp -modify service_group
TriggerResStateChange 1
メ モ : resstatechange ト リ ガは慎重に使っ て く だ さ い。 た と えば、 こ
の ト リ ガ を 100 の リ ソ ース を持つサービ ス グループに対 し て有効にす
る と 、 そのサービ ス グループがオ ン ラ イ ン ま たはオ フ ラ イ ン にな る た
びに、 100 の hatrigger プ ロ セ ス と 100 の resstatechange プ ロ セ ス が
呼び出 さ れ ます。 ま た、 resstatechange は、 VCS を待機 さ せ る ト リ ガ
ではあ り ません。 具体的には、 VCS は こ の ト リ ガ を呼び出 し て も 、 ト
リ ガの処理の完了を待たずに通常のオペレーシ ョ ン に戻 り ます。
sysoffline イ ベ ン ト ト リ ガ
説明
シ ス テ ム が ク ラ ス タ か ら オ フ ラ イ ン にな る 場合に、 RUNNING 状態で最
も 小 さ な NodeID を付け ら れた シ ス テ ム で呼び出 さ れ ま す。
こ の イ ベン ト ト リ ガはデフ ォ ル ト では設定 さ れてい ません。
書式
- sysoffline
system
system_state
■
system は、 シ ス テ ム の名前です。
■
system_state は、 State 属性値です。
644 ページの 「シ ス テ ム の状態」 を参照 し て く だ さ い。
sysup イ ベ ン ト ト リ ガ
説明
ク ラ ス タ 内で最初のシ ス テ ム が稼動状態にな っ た と き に呼び出 さ れ
ます。
こ の イ ベン ト ト リ ガの設定を変更で き ます。
書式
- sysup triggertype system system_state
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
こ の ト リ ガの場合、 triggertype=0 です。
system は、 シ ス テ ム の名前です。
■
system_state は、 シ ス テ ム の状態です ( こ の場合は RUNNING)。
■
644 ページの 「シ ス テ ム の状態」 を参照 し て く だ さ い。
455
456 VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
sysjoin イ ベ ン ト ト リ ガ
説明
新 し いシ ス テ ム が ク ラ ス タ に参加 し た と き に呼び出 さ れ ます。 ト リ ガ
は ク ラ ス タ 内のすべての ノ ー ド で呼び出 さ れ ます。
こ の イ ベン ト ト リ ガの設定を変更で き ます。
書式
- sysjoin triggertype system system_state
■
triggertype は、 カ ス タ ム ト リ ガ (triggertype=0) か内部 ト リ ガ
(triggertype=1) か を示 し ます。
■
こ の ト リ ガでは、 triggertype は 0 です。 system はシ ス テ ムの名前
です。
■
system_state は、 State 属性値です。
644 ページの 「シ ス テ ム の状態」 を参照 し て く だ さ い。
unable_to_restart_agent イ ベン ト ト リ ガ
説明
こ の ト リ ガは、 1 時間以内にあ ら か じ め決め ら れてい る 回数以上に
エージ ェ ン ト で障害が発生す る と 呼び出 さ れ ます。 こ の状態にな る と 、
VCS はエージ ェ ン ト の再起動の試行を中止 し ます。 VCS は、 エージ ェ
ン ト の障害が発生 し た ノ ー ド に こ の ト リ ガ を呼び出 し ます。
こ の ト リ ガ を使っ て、 エージ ェ ン ト に障害が発生 し た こ と と 、 VCS が
エージ ェ ン ト を再起動で き ない こ と を管理者に通知す る こ と がで き ま
す。 通知を受け た管理者は、 修正ア ク シ ョ ン を と る こ と がで き ます。
書式
-unable_to_restart_agent system resource_type
■
system は、 シ ス テ ム の名前です。
■
resource_type は、 エージ ェ ン ト に関連付け ら れた リ ソ ース タ イ プ
です。
ト リ ガ を無効に ト リ ガに関連付け ら れた フ ァ イ ルを、 $VCS_HOME/bin/triggers デ ィ
レ ク ト リ か ら 削除 し ます。
するには
VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
unable_to_restart_had イ ベン ト ト リ ガ
説明
こ の イ ベン ト ト リ ガは、 hashadow がシ ス テ ム上で HAD を再開で き な
い場合に、 hashadow に よ っ て呼び出 さ れ ます。 HAD の再開を 6 回試
みた後で失敗す る と 、 hashadow はそのシ ス テ ム で ト リ ガ を呼び出 し
ま す。
デフ ォ ル ト では、 こ の ト リ ガは、 シ ス テ ム を再ブー ト し ます。 ただ し 、
対象のシ ス テ ム で以前に実行 し ていたサービ ス グループは、 hashadow
が HAD の再起動に失敗す る と 、 自動無効化状態にな り ます。 こ れ ら の
サービ ス グループ を ク ラ ス タ 内のいずれかのシ ス テ ム でオ ン ラ イ ン に
す る には、 まず、 当該のシ ス テ ム で自動無効化状態を解消 し てお く 必
要があ り ます。 それには、 VCS が動作 し てい る ク ラ ス タ 内のいずれか
の ノ ー ド か ら 、 次の コ マ ン ド が リ モー ト 実行 さ れ る よ う に、
unable_to_restart_had ト リ ガ を カ ス タ マ イ ズ し ます。
hagrp -autoenable service_group -sys system
た と えば、 group1 と group2 がオ ン ラ イ ン と な っ てい る シ ス テ ム
system1 で、 hashadow が HAD の再ブー ト に失敗 し た場合、 上記の方
法で カ ス タ マ イ ズ さ れた ト リ ガは、 system1 で group1 と group2 を自
動無効化状態を解消 し てか ら こ のシ ス テ ム を再起動 し ます。 system1
で group1 と group2 を自動無効化状態を解消 し てお く と 、 ト リ ガが
system1 を再ブー ト し た と き に、 こ の 2 つのサービ ス グループ を別の
シ ス テ ム でオ ン ラ イ ン にす る こ と がで き ま す。
こ の イ ベン ト ト リ ガはデフ ォ ル ト では設定 さ れてい ません。
書式
-unable_to_restart_had
こ の ト リ ガには、 引数はあ り ません。
violation イ ベン ト ト リ ガ
説明
こ の ト リ ガは、 同時性違反が発生 し た シ ス テ ム でのみ呼び出 さ れ ます。
具体的には、 ト リ ガが呼び出 さ れたシ ス テ ム で、 サービ ス グループが
オ フ ラ イ ンにな り ます。 こ の ト リ ガは、 フ ェ ールオーバーグループに
のみ適用 さ れ ま す。 デフ ォ ル ト の ト リ ガでは、 同時性違反が発生 し た
シ ス テ ム でサービ ス グループ を オ フ ラ イ ン に し ま す。
こ の イ ベン ト ト リ ガはデフ ォ ル ト では設定 さ れてい ません。
書式
- violation
system service_group
■
system は、 シ ス テ ム の名前です。
■
service_group は、 完全 ま たは部分的にオ ン ラ イ ン にな っ たサービ
ス グループの名前です。
457
458 VCS イ ベ ン ト ト リ ガ
イ ベ ン ト ト リ ガの一覧
V
デ ィ ザス タ リ カバ リ 用の
ク ラ ス タ 設定
■
461 ページの第 15 章 「 ク ラ ス タ の相互接続 - グ ロ ーバル ク ラ ス タ の作成」
■
507 ページの第 16 章 「Cluster Manager (Java コ ン ソ ール) に よ る グ ロ ー
バル ク ラ ス タ の管理」
■
525 ページの第 17 章 「コ マン ド ラ イ ンに よ る グ ロ ーバル ク ラ ス タ の管理」
■
537 ページの第 18 章 「Replicated Data Cluster の設定」
■
547 ページの第 19 章 「キ ャ ンパ ス ク ラ ス タ の設定」
460
15
ク ラ ス タ の相互接続 グローバルク ラ ス タ の
作成
■
VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ の動作
■
VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ : 構成単位
■
グ ロ ーバル ク ラ ス タ の前提条件
■
グ ロ ーバル ク ラ ス タ の設定について
■
グ ロ ーバル ク ラ ス タ の設定
■
ク ラ ス タ の障害発生時
■
フ ァ イ ア ド リ ルの設定
■
グ ロ ーバル環境での RemoteGroup エージ ェ ン ト を使用 し た多層型アプ リ
ケーシ ョ ンのサポー ト
■
多層型環境に関す る シナ リ オ
462
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ロ ーバル ク ラ ス タ の作成
VCS グ ローバル ク ラ ス タ の動作
VCS グローバル ク ラ ス タ の動作
ロ ーカル ク ラ ス タ は、 それぞれのサ イ ト ま たは建物で、 フ ェ ールオーバーを実行
し ます。 ただ し 、 こ れ ら の設定は、 洪水、 台風、 地震な ど、 都市や地域全体の機
能が麻痺す る よ う な大規模災害には対応で き ません。 大規模な災害の場合、 ク ラ
ス タ 全体が影響を受け る 可能性があ り ます。
こ の よ う な場合、 VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ では、 物理的に遠 く 離れた場所にあ
る リ モー ト ク ラ ス タ にアプ リ ケーシ ョ ン を フ ェ ールオーバーす る こ と に よ っ て、
デー タ の可用性を実現 し ます。
VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ に設定 さ れた Oracle デー タ ベース を例 と し て取 り 上げ
ます。 Oracle は、 A、 B 両方の ク ラ ス タ に イ ン ス ト ール さ れてい ます。 Oracle
デー タ を各 ク ラ ス タ 内の共有デ ィ ス ク に置 き 、 ク ラ ス タ 間で複製す る こ と に よ
り 、 デー タ の同時性が保たれます。 Oracle サービ スは、 ク ラ ス タ A のシ ス テ ム
でオン ラ イ ン状態であ り 、 ク ラ ス タ A お よ び B でグ ロ ーバルにフ ェ ールオー
バーす る よ う 設定 さ れてい ます。
図 15-1
グローバルク ラ ス タ の設定例
クライ
アン ト
クラスタ A
クライ
アン ト
クライ
アン ト
クライ
アン ト
リ ダ イ レ ク ト さ れた
ク ラ イアン ト
パブ リ ッ ク
ネ ッ ト ワー ク
クラスタ B
ア プ リ ケーシ ョ ン
フ ェ ール
オーバー
Oracle
グループ
Oracle
グループ
レ プ リ ケーシ ョ ン
デー タ
個別の
ス ト レージ
個別の
ス ト レージ
VCS は、 継続的に監視を行い、 ク ラ ス タ 間で イ ベン ト を伝達 し ます。 ク ラ ス タ
間通信に よ り 、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ は常に、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ の中で設定 さ れ
たサービ ス グループの状態を把握で き ます。
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ローバル ク ラ ス タ の作成
VCS グ ローバル ク ラ ス タ : 構成単位
シ ス テ ム ま たはアプ リ ケーシ ョ ンに障害が発生 し た場合、 VCS は Oracle サービ
ス グループを同 じ ク ラ ス タ 内にあ る 別のシ ス テ ムに フ ェ ールオーバー し ます。 ク
ラ ス タ 全体の障害時には、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ に属す る リ モー ト ク ラ ス タ にサー
ビ ス グループを フ ェ ールオーバー し ます。 ま た、 アプ リ ケーシ ョ ンが新 し い場所
でオン ラ イ ン化 さ れ る と 、 ク ラ イ ア ン ト の リ ダ イ レ ク ト も 行い ます。
VCS グローバルク ラ ス タ : 構成単位
VCS では、 次の機能に よ っ て、 広域での高可用性か ら デ ィ ザ ス タ リ カバ リ に ま
で概念が拡張 さ れてい ます。
■
リ モー ト ク ラ ス タ オブジ ェ ク ト の視覚化
■
グ ロ ーバルサービ ス グループ
■
グ ロ ーバル ク ラ ス タ の管理
■
シ リ アル化 - Authority 属性
■
耐性 と 優先権
■
広域フ ェ ールオーバーを管理す る ための VCS エージ ェ ン ト
■
Steward プ ロ セ ス : 2 つの ク ラ ス タ のグ ロ ーバル ク ラ ス タ におけ る ス プ リ ッ
ト ブ レ イ ンの処理
リ モー ト ク ラ ス タ オ ブ ジ ェ ク ト の視覚化
VCS では、 VCS コ マ ン ド ラ イ ン、 Java コ ン ソ ールお よ び VCS 管理 コ ン ソ ールを
使っ て、 リ モー ト ク ラ ス タ オブジ ェ ク ト を視覚化で き ます。
リ モー ト ク ラ ス タ は、 main.cf 設定フ ァ イ ルに定義で き ます。 [ リ モー ト ク ラ ス
タ 設定ウ ィ ザー ド (Remote Cluster Configuration wizard)] には、 設定フ ァ イ
ルを定義す る ための使いやすい イ ン タ ーフ ェ ース が用意 さ れてい ます。 こ の ウ ィ
ザー ド は接続 さ れてい る すべての ク ラ ス タ の main.cf フ ァ イ ルを更新 し 、 必要な
設定変更を行い ます。
509 ページの 「 リ モー ト ク ラ ス タ の追加」 を参照 し て く だ さ い。
463
464
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ロ ーバル ク ラ ス タ の作成
VCS グ ローバル ク ラ ス タ : 構成単位
グ ローバルサービ スグループ
グ ロ ーバルサービ ス グループは、 広域フ ェ ールオーバーを有効にす る プ ロ パテ ィ
を備えた通常の VCS グループです。 グ ロ ーバルサービ ス グループの ClusterList
属性は、 そのグループが フ ェ ールオーバーで き る ク ラ ス タ の リ ス ト を定義 し ま
す。 グ ロ ーバルサービ ス グループは、 所属す る すべての ク ラ ス タ 上に同 じ 名前で
設定す る 必要があ り ます。 グ ロ ーバルグループ設定ウ ィ ザー ド には、 グ ロ ーバル
グループを設定す る ための使いやすい イ ン タ ーフ ェ ース が用意 さ れてい ます。
516 ページの 「グ ロ ーバルサービ ス グループの管理」 を参照 し て く だ さ い。
VCS エージ ェ ン ト は、 ク ラ ス タ 間フ ェールオーバー時の レ プ リ ケーシ ョ ン を管
理 し ます。
467 ページの 「広域フ ェ ールオーバーを管理す る ための VCS エージ ェ ン ト 」 を
参照 し て く だ さ い。
グ ローバル ク ラ ス タ の管理
VCS では、 任意の ク ラ ス タ の ど のシ ス テ ムか ら で も グ ロ ーバルサービ ス グルー
プを操作 (オン ラ イ ン化、 オ フ ラ イ ン化、 切 り 替え) で き ます。 ク ラ ス タ の操作
に必要な適切な権限で ロ グ イ ンす る 必要があ り ます。
60 ページの 「グ ロ ーバル ク ラ ス タ でのユーザー権限」 を参照 し て く だ さ い。
サービ ス グループのオン ラ イ ン化や切 り 替えは、 任意の ク ラ ス タ お よ びシ ス テ ム
上で行え ます。 対象のシ ス テ ムが指定 さ れていない場合、 VCS は FailOverPolicy
を使っ てシ ス テ ム を特定 し ます。
365 ページの 「フ ェ ールオーバーポ リ シーの定義」 を参照 し て く だ さ い。
リ モー ト ク ラ ス タ オブジ ェ ク ト の管理には、 Wide Area Connector (wac) プ ロ
セ ス に よ っ て実行 さ れ る ク ラ ス タ 間通信を使い ます。
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ローバル ク ラ ス タ の作成
VCS グ ローバル ク ラ ス タ : 構成単位
Wide Area Connector プ ロ セス
Wide Area Connector (wac) は、 フ ェールオーバーアプ リ ケーシ ョ ン リ ソ ース
で、 ク ラ ス タ 間通信を実現 し ます。
ア プ リ ケーシ ョ
ン グループ
ア プ リ ケーシ ョ
ン グループ
ア プ リ ケーシ ョ
ン グループ
wac
プロセス
HAD
HAD
クラスタ 1
HAD
ア プ リ ケーシ ョ
ン グループ
ア プ リ ケーシ ョ
ン グループ
ア プ リ ケーシ ョ
ン グループ
HAD
HAD
wac
プ ロ セス
HAD
ク ラスタ 2
広域 コ ネ ク タ (wac) プ ロ セ スは各 ク ラ ス タ 内の 1 つのシ ス テ ム上で動作 し 、 リ
モー ト ク ラ ス タ のシ ス テ ムに接続 し ます。 こ のプ ロ セ スは、 ク ラ ス タ 、 サービ ス
グループお よ びシ ス テ ムに関す る 情報をや り 取 り し ます。 こ の情報のや り 取 り に
よ り 、 VCS はグ ロ ーバル ク ラ ス タ を設定す る すべての ク ラ ス タ の状態を 1 つに
ま と めて表示で き ます。 ま た、 wac プ ロ セ スは広域ハー ト ビー ト を管理 し 、 リ
モー ト ク ラ ス タ の状態を判断 し ます。 さ ら に、 ク ラ ス タ 間で コ マン ド を伝達 し 、
送信 も と の ク ラ ス タ に結果を返 し ます。
VCS には、 Wide Area Connector (wac) 相互間の情報のや り 取 り を セキ ュ アに
す る オプシ ョ ンがあ り ます。
470 ページの 「グ ロ ーバル ク ラ ス タ での情報のや り 取 り のセキ ュ ア化」 を参照
し て く だ さ い。
広域ハー ト ビー ト
広域ハー ト ビー ト エージ ェ ン ト は、 ク ラ ス タ 間のハー ト ビー ト を管理 し ます。
ハー ト ビー ト は、 リ モー ト ク ラ ス タ の状態監視に使われます。
701 ページの 「Heartbeat 属性 (グ ロ ーバル ク ラ ス タ用)」 を参照 し て く だ さ い。
ハー ト ビー ト エージ ェ ン ト のデフ ォ ル ト 値を変更す る には、 次の コ マン ド を使い
ます。
hahb -modify
465
466
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ロ ーバル ク ラ ス タ の作成
VCS グ ローバル ク ラ ス タ : 構成単位
設定例
Heartbeat Icmp (
ClusterList = {C1, C2}
AYAInterval@C1 = 20
AYAInterval@C1 = 30
Arguments@c1 = {"192.168.10.10"}
Arguments@c2 = {"64.203.10.12"}
)
シ リ アル化 - Authority 属性
VCS では、 マルチ ク ラ ス タ サービ ス グループの操作がシ リ アルに行われ る ため、
タ イ ミ ン グに関す る 問題が回避 さ れ、 安定 し た処理速度を実現で き ます。
Authority 属性に よ っ て、 サービ ス グループが複数の ク ラ ス タ内で同時にオン ラ
イ ン化 さ れ る こ と はあ り ません。 Authority は永続的なサービ ス グループ属性で
あ り 、 グ ロ ーバルサービ ス グループを オン ラ イ ン化す る 権限を持つ ク ラ ス タ を指
定 し ます。 こ の属性を実行時に変更す る こ と はで き ません。
2 ク ラ ス タ のあ る グ ロ ーバルグループで、 1 つのサービ ス グループ を 2 人の管理
者が同時にオン ラ イ ン化 し よ う と し た場合、 Authority 属性の値に基づいて一方
の コ マ ン ド は受理 さ れ、 も う 一方は拒否 さ れます。
Authority 属性は、 権限を持た ない ク ラ ス タ でサービ ス グループがオン ラ イ ン化
さ れ る こ と を防止 し ます。 権限を持っ てい る ク ラ ス タ が停止 し てい る 場合は、
hagrp -online -force service_group コ マ ン ド を使っ て強制的にテ イ ク オーバー
で き ます。 こ の コ マ ン ド を使 う と 、 災害が発生 し た と き にアプ リ ケーシ ョ ン を別
の ク ラ ス タ に フ ェ ールオーバーで き ます。
メ モ : ク ラ ス タ がグループの権限を持っ ていて も 、 こ の ク ラ ス タ 上でグループが
オン ラ イ ンにな る こ と が保証 さ れ る わけではあ り ません。 こ の属性は、 単に ク ラ
ス タ 内でサービ ス グループを オン ラ イ ンにす る 権限を指定す る だけです。
Authority 属性の有無に よ っ て、 フ リ ーズ、 自動無効化、 未調査な ど のオン ラ イ
ン化を妨げ る 設定が上書 き さ れ る こ と はあ り ません。
権限を有す る ク ラ ス タ がない場合は、 権限を シー ド す る 必要があ り ます。
グ ロ ーバルグループのオ フ ラ イ ン操作は任意の ク ラ ス タ か ら 実行で き 、 こ の権限
を変更す る 必要はあ り ません。 こ れは、 グループのオ フ ラ イ ン化が、 必ず し も ク
ラ ス タ 間フ ェ ールオーバーの実行を意図 し てい る わけではないためです。
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ローバル ク ラ ス タ の作成
VCS グ ローバル ク ラ ス タ : 構成単位
Authority と AutoStart
Authority お よ び AutoStart 属性は連携 し て動作す る こ と に よ り 、 マルチ ク ラ ス
タ 設定におけ る 潜在的な同時性違反を防ぐ こ と がで き ます。
AutoStartList 属性が設定 さ れてお り 、 グループの Authority 属性が 1 に設定 さ
れてい る 場合、 VSC エン ジ ンは、 wac プ ロ セ ス が対象シ ス テ ムに接続 さ れ る の
を待ち ます。 接続が失敗 し た場合、 シ ス テ ムが停止 し てい る こ と を示 し 、
AutoStart プ ロ セ ス が実行 さ れます。 接続が成功 し た場合、 HAD は リ モー ト ス
ナ ッ プシ ョ ッ ト を待ち ます。 こ のシ ス テ ムがグループの権限を持っ てお り 、 リ
モー ト グループがオン ラ イ ンであ る 場合 (テ イ ク オーバーのため)、 ローカル ク
ラ ス タ はグループを オン ラ イ ン化せず、 権限を放棄 し ます。
Authority 属性が 0 に設定 さ れてい る 場合、 AutoStart は呼び出 さ れません。
耐性 と 優先権
VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ は、 Wide Area Connector プ ロ セ ス と ClusterService グ
ループを使っ て耐性を維持 し ます。 Wide Area Connector プ ロ セ スは、 ク ラ ス タ
内で少な く と も 1 つの ノ ー ド が動作 し ていれば動作 し ます。
Wide Area Connector、 そのエ イ リ ア スお よ び notifier は、 ClusterService グ
ループの コ ン ポーネ ン ト です。
広域 フ ェ ールオーバーを管理する ための VCS エージ ェ ン ト
VCS エージ ェ ン ト は、 広域フ ェールオーバーの一部であ る 外部オブジ ェ ク ト を
管理で き ます。 こ れ ら のオブジ ェ ク ト には、 レ プ リ ケーシ ョ ン、 DNS の更新な
ど が含まれます。 こ れ ら のオブジ ェ ク ト は、 属性や再起動を指定す る ための堅牢
な フ レーム ワ ー ク を備え てお り 、 フ ェ ールオーバー時にオン ラ イ ンにす る こ と が
で き ます。
DNS エージ ェ ン ト
DNS エージ ェ ン ト は、 広域フ ェ ールオーバーの実行後、 ド メ イ
ン ネーム サーバーの正規名マ ッ ピ ン グ を更新 し ます。
詳 し く は 『Veritas Cluster Server 付属エージ ェ ン ト リ フ ァ レ ン
ス ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
467
468
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ロ ーバル ク ラ ス タ の作成
VCS グ ローバル ク ラ ス タ : 構成単位
VCS Agents for VVR
VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ の設定では、 次の VCS Agents for VVR
を使 う こ と がで き ま す。
■
■
■
RVG エージ ェ ン ト
RVG エージ ェ ン ト は、 RVG (Replicated Volume Group)
を管理 し ます。 具体的には、 RVG のオ ン ラ イ ン化、 RVG へ
の読み書 き ア ク セ ス の監視お よ び RVG のオ フ ラ イ ン化を行
い ま す。 VVR を使っ て レ プ リ ケーシ ョ ン を行 う 場合は、 こ
のエージ ェ ン ト を使い ま す。
RVGPrimary エージ ェ ン ト
RVGPrimary エージ ェ ン ト は、 アプ リ ケーシ ョ ン の フ ェ ー
ルオーバー後、 セ カ ン ダ リ か ら プ ラ イ マ リ への移行、 すな
わちテ イ ク オーバーを行い ま す。 こ のエージ ェ ン ト では、
オ フ ラ イ ン化お よ び monitor ルーチン に関連す る ア ク シ ョ
ンは実行 さ れ ません。
RVGSnapshot エージ ェ ン ト
フ ァ イ ア ド リ ルサービ ス グループで使われ る RVGSnapshot
エージ ェ ン ト は、 領域最適化ス ナ ッ プシ ョ ッ ト を取得 し ま
す。 こ れに よ り 、 フ ァ イ ア ド リ ルの操作中にアプ リ ケー
シ ョ ン を セ カ ン ダ リ サ イ ト にマ ウ ン ト で き ま す。
詳 し く は、 『Veriras Cluster Server Agents for Veritas Volume
Replicator 設定ガ イ ド 』 を参照 し て く だ さ い。
サー ド パーテ ィ 製の レ プ VCS には、 サー ド パーテ ィ が提供す る その他のア レ イ ベー ス ま
リ ケーシ ョ ン技術向け
たはアプ リ ケーシ ョ ンベー ス の レ プ リ ケーシ ョ ン ソ リ ュ ーシ ョ
VCS エージ ェ ン ト
ン向けのエージ ェ ン ト も 用意 さ れてい ます。 こ れ ら のエージ ェ
ン ト は Veritas High Availability Agent Pack ソ フ ト ウ ェ アに付属
し ます。
VCS がサポー ト す る レ プ リ ケーシ ョ ン技術の一覧については、
『Veritas High Availability Agent Pack Getting Started Guide』
を参照 し て く だ さ い。
詳 し く は、 『Veritas Cluster Server Agent for < レ プ リ ケーシ ョ
ン ソ リ ュ ーシ ョ ン の名称 > イ ン ス ト ールお よ び設定ガ イ ド 』 を
参照 し て く だ さ い。
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ローバル ク ラ ス タ の作成
VCS グ ローバル ク ラ ス タ : 構成単位
Steward プ ロ セス : 2 つの ク ラ ス タ のグ ローバル ク ラ ス タ におけ る
ス プ リ ッ ト ブ レ イ ンの処理
グ ロ ーバル ク ラ ス タ の 2 つの ク ラ ス タ 間でハー ト ビー ト がすべて失敗 し た場合
は、 次のいずれかの状態を意味 し ます。
■
リ モー ト ク ラ ス タ の障害
■
2 つの ク ラ ス タ 間のすべての通信 リ ン ク の破損
4 つ以上の ク ラ ス タ があ る グ ロ ーバル ク ラ ス タ では、 VCS は、 接続 さ れてい る ク
ラ ス タ に対 し 、 リ モー ト ク ラ ス タ が停止 し てい る こ と を確認す る よ う 要求 し ま
す。 こ の機構を 「照会」 と 呼びます。
2 ノ ー ド の ク ラ ス タ では、 VCS は Steward プ ロ セ ス を使っ て、 広域ス プ リ ッ ト ブ
レ イ ンの発生を最小限に抑え ます。 Steward プ ロ セ スは、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ 設
定の外部のシ ス テ ムで、 ス タ ン ド ア ロ ンのバ イ ナ リ と し て動作 し ます。
ク ラスタ B
ク ラスタ A
Steward
2 つの ク ラ ス タ 間のすべての通信 リ ン ク が失われた場合、 各 ク ラ ス タ は inquiry
メ ッ セージ を使っ て Steward に問い合わせを行い ます。 Steward は、 問題の ク
ラ ス タ に ICMP ping を送信 し 、 その ク ラ ス タ が動作 し てい る 場合は否定応答で、
その ク ラ ス タ が停止 し てい る 場合は肯定応答で返答 し ます。 Steward は、 3 つ以
上の ク ラ ス タ の設定に も 使え ます。
VCS には、 Steward プ ロ セ ス と Wide Area Connector (WAC) の間で情報のや
り 取 り を セキ ュ アにす る オプシ ョ ンがあ り ます。
470 ページの 「グ ロ ーバル ク ラ ス タ での情報のや り 取 り のセキ ュ ア化」 を参照
し て く だ さ い。
Steward は、 各 ク ラ ス タ か ら Steward を実行す る ホ ス ト へ、 それぞれ独立 し た
パ ス があ る 場合のみ有効です。 2 つの ク ラ ス タ 間でパ ス が 1 つ し かない場合は、
障害が発生す る と 、 電話ま たは何 ら かの メ ッ セージ ン グ シ ス テ ム を介 し て リ モー
ト サ イ ト の管理者に手動で確認 し 、 ス プ リ ッ ト ブ レ イ ン を回避す る 必要があ り ま
す。 VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ は、 デフ ォ ル ト では、 管理者の確認を得て、 ク ラ
ス タ の境界を越えた アプ リ ケーシ ョ ンの フ ェ ールオーバーを行い ます。
469
470
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ロ ーバル ク ラ ス タ の作成
VCS グ ローバル ク ラ ス タ : 構成単位
ClusterFailOverPolicy 属性を Auto に設定する と 、 自動フ ェ ールオーバーを設定
で き ます。
77 ページの 「Administering the cluster from the Cluster Management
Console」 を参照 し て く だ さ い。
Steward のデフ ォ ル ト ポー ト は 14156 です。
グ ローバル ク ラ ス タ での情報のや り 取 り のセキ ュ ア化
グ ロ ーバル ク ラ ス タ 内では、 VCS は次の情報のや り 取 り を セキ ュ アにす る オプ
シ ョ ン を提供 し ます。
■
Wide Area Connector 相互間の情報のや り 取 り 。
■
Wide Area Connector と Steward プ ロ セ ス の間での情報のや り 取 り 。
認証を セキ ュ アにす る ために、 Wide Area Connector プ ロ セ スは、 各 ク ラ ス タ
ノ ー ド 上で ロ ーカル認証ブ ロ ーカー内にあ る ア カ ウ ン ト と い う 形でセキ ュ リ テ ィ
コ ン テキ ス ト を取得 し ます。
WAC ア カ ウ ン ト は HAD お よび Command Server と 同 じ ド メ イ ンに属 し 、 次の
形式で指定 し ます。
name = _WAC_GCO_(systemname)
domain = HA_SERVICES@(fully_qualified_system_name)
セキ ュ アモー ド で動作 し てい る すべての ク ラ ス タ の中で、 Wide Area Connector
プ ロ セ ス を設定す る 必要があ り ます。 Wide Area Connector プ ロ セ ス がセキ ュ ア
モー ド で動作 し てい る 場合、 Steward も セキ ュ アモー ド で実行す る 必要があ り ま
す。
482 ページの 「Steward プ ロ セ ス の設定 (オプシ ョ ン)」 を参照 し て く だ さ い。
473 ページの 「セキ ュ アモー ド で動作 し てい る ク ラ ス タ の前提条件」 を参照 し
て く だ さ い。
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ローバル ク ラ ス タ の作成
グ ローバル ク ラ ス タ の前提条件
グローバルク ラ ス タ の前提条件
こ の項では、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ を設定す る ための前提条件について説明 し
ます。
ク ラ ス タ の設定
グ ロ ーバル ク ラ ス タ を設定す る には、 最低 2 つの ク ラ ス タ が必要です。 それぞれ
の ク ラ ス タ には、 必須 ラ イ セン ス が必要です。 ク ラ ス タ は、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ
の一部 と な り ます。 VCS は、 最大 4 つの ク ラ ス タ が含まれ る グ ロ ーバル ク ラ ス
タ を サポー ト し ます。
ク ラ ス タ は同一プ ラ ッ ト フ ォーム上で動作す る 必要があ り ますが、 オペレーテ ィ
ン グ シ ス テ ムのバージ ョ ンは異な っ ていて も か ま い ません。 各 ク ラ ス タ は、 同 じ
バージ ョ ンの VCS を使 う 必要があ り ます。
ク ラ ス タ 名は、 各グ ロ ーバル ク ラ ス タ 内で重複 し ていない必要があ り ます。 シ ス
テ ム名 と リ ソ ース名は、 他の ク ラ ス タ と 重複 し ていて も か ま い ません。 サービ ス
グループ名は ク ラ ス タ 間で重複で き ますが、 グ ロ ーバルサービ ス グループ名は重
複 し ない よ う にす る 必要があ り ます。
各 ク ラ ス タ には、 有効な仮想 IP ア ド レ ス が割 り 当て ら れてい る 必要があ り ます。
こ の IP ア ド レ ス は ク ラ ス タ の ClusterAddress 属性で定義 し ます。 IP ア ド レ ス
は、 通常、 初回の VCS イ ン ス ト ールの一部 と し て設定 さ れます。 こ の IP ア ド レ
ス には、 DNS を登録 し てお く 必要があ り ます。
グ ロ ーバル ク ラ ス タ の操作には、 Wide-Area Connector (WAC) プ ロ セ ス用の
ポー ト (デフ ォ ル ト は 14155) が フ ァ イ ア ウ ォールを越え て開いてい る こ と が必
要です。
グ ロ ーバル ク ラ ス タ 内のすべての ク ラ ス タ が IPv4 ア ド レ ス ま たは IPv6 ア ド レ ス
の ど ち ら かを使 う 必要があ り ます。 VCS は、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ 内で異な っ た
イ ン タ ーネ ッ ト プ ロ ト コ ルバージ ョ ン を使 う 複数 ク ラ ス タ の構成を サポー ト し ま
せん。
リ モー ト ク ラ ス タ を操作す る には、 各 ク ラ ス タ に同 じ 名前 と 権限を持つ VCS
ユーザーを設定す る 必要があ り ます。
60 ページの 「グ ロ ーバル ク ラ ス タ でのユーザー権限」 を参照 し て く だ さ い。
471
472
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ロ ーバル ク ラ ス タ の作成
グ ローバル ク ラ ス タ の前提条件
ア プ リ ケーシ ョ ンの設定
グ ロ ーバルグループ と し て設定 さ れ る アプ リ ケーシ ョ ンは、 それぞれの ク ラ ス タ
を表す よ う 設定す る 必要があ り ます。 グ ロ ーバルグループ内の複数のアプ リ ケー
シ ョ ン グループは、 各 ク ラ ス タ 内で同 じ 名前にす る 必要があ り ます。 グループの
個々の リ ソ ースは違っ ていて も か ま い ません。 た と えば、 1 つのグループが
MultiNIC リ ソ ースや、 複数の Mount タ イ プの リ ソ ース を持つ こ と がで き ます。
広域フ ェ ールオーバーの実行時に リ モー ト ク ラ ス タ に リ ダ イ レ ク ト さ れ る ク ラ イ
ア ン ト シ ス テ ムには、 プ ラ イ マ リ ク ラ ス タ と 同 じ アプ リ ケーシ ョ ンが必要です。
ただ し 、 グ ロ ーバルグループを構成す る リ ソ ースは、 ク ラ イ ア ン ト 側か ら 見て、
そのグ ロ ーバルグループの他の ク ラ ス タ と 同 じ アプ リ ケーシ ョ ン を示 し てい る 必
要があ り ます。 リ モー ト ク ラ ス タ に リ ダ イ レ ク ト さ れ る ク ラ イ ア ン ト は、 管理者
が フ ェ ールオーバーを開始ま たは確認す る 間のダ ウ ン タ イ ム を除 き 、 ク ラ ス タ 間
フ ェ ールオーバーが行われた こ と を認識す る 必要はあ り ません。
広域ハー ト ビー ト
各 ク ラ ス タ と 他のすべての ク ラ ス タ と の間には、 少な く と も 1 つの 広域 ハー ト
ビー ト が必要です。 VCS は、 ク ラ ス タ が alive 状態であ る こ と をハー ト ビー ト に
よ っ て報告 さ れてか ら 、 その ク ラ ス タ と の通信を開始 し ます。 デフ ォ ル ト では、
製品に付属 し てい る イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ ICMP ping が使われます。 Cluster
Manager (Java コ ン ソ ール) を使っ て グ ロ ーバル ク ラ ス タ を設定する と 、 VCS
に ICMP ハー ト ビー ト が設定 さ れます。 それ以外の設定は手動で行 う 必要があ り
ます。
ClusterService グループ
ClusterService グループは、 アプ リ ケーシ ョ ン (Wide Area Connector 用)、 NIC
お よ び IP の各 リ ソ ース を設定す る 必要があ り ます。 VCS 管理 コ ン ソ ール、 認証
サービ ス、 ま たは通知を設定す る と 、 こ れ ら の コ ン ポーネ ン ト の追加 リ ソ ース が
サービ ス グループに含まれ る 場合があ り ます。 VCS を イ ン ス ト ールま たは更新
す る と き に、 ClusterService グループが自動的に設定 さ れます。
VCS の イ ン ス ト ールま たは更新中に VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ を含む ラ イ セン ス
を入力す る と 、 ClusterService グループの中で、 アプ リ ケーシ ョ ン タ イ プの wac
リ ソ ース が自動的に設定 さ れます。 イ ン ス ト ー ラ に よ り 、 Wide Area Connector
プ ロ セ ス も 設定 さ れます。
後で GCO 設定ウ ィ ザー ド を実行 し て、 WAC プ ロ セ ス を設定 し 、 WAC に対応す
る アプ リ ケーシ ョ ン リ ソ ース に合わせて ClusterService グループを更新す る こ と
も で き ます。
477 ページの 「グ ロ ーバル ク ラ ス タ 設定向けに ク ラ ス タ を設定す る 」 を参照 し て
く だ さ い。
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ローバル ク ラ ス タ の作成
グ ローバル ク ラ ス タ の前提条件
レ プ リ ケーシ ョ ンの設定
VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ は、 災害か ら の リ カバ リ 時に も 使われます。 こ のため、
ク ラ ス タ 間に リ アル タ イ ムのデー タ レ プ リ ケーシ ョ ン を設定す る 必要があ り ま
す。 Veritas Volume Replicator、 ま たは VCS がサポー ト す る サー ド パーテ ィ 製
レ プ リ ケーシ ョ ン ソ リ ュ ーシ ョ ンのいずれかを使っ た レ プ リ ケーシ ョ ン を設定で
き ます。 サー ド パーテ ィ 製の レ プ リ ケーシ ョ ン ソ リ ュ ーシ ョ ン を使 う 場合は、 レ
プ リ ケーシ ョ ン を管理す る ために、 その レ プ リ ケーシ ョ ン ソ リ ュ ーシ ョ ンに適 し
た VCS エージ ェ ン ト を イ ン ス ト ール し 、 設定す る 必要 も あ り ます。 こ れ ら の
エージ ェ ン ト は Veritas High Availability Agent Pack ソ フ ト ウ ェ アに付属 し ま
す。
VCS がサポー ト す る レ プ リ ケーシ ョ ン技術の一覧については、 『Veritas High
Availability Agent Pack Getting Started Guide』 を参照 し て く だ さ い。
セキ ュ ア モー ド で動作 し てい る ク ラ ス タ の前提条件
グ ロ ーバル ク ラ ス タ 内で、 複数の ク ラ ス タ 間で情報のや り 取 り を セキ ュ アにす る
よ う 設定す る こ と を計画 し てい る 場合、 次の前提条件を満たす必要があ り ます。
■
両方の ク ラ ス タ がセキ ュ アモー ド で情報をや り 取 り す る には、 両方の ク ラ ス
タ が単一のルー ト ブ ロ ーカーを共有 し てい る か、 ルー ト ブ ロ ーカーが信頼関
係を共有 し てい る 必要があ り ます。
■
両方の ク ラ ス タ がセキ ュ アモー ド で動作 し てい る 必要があ り ます。
■
複数の Wide Area Connector プ ロ セ ス間で情報のや り 取 り を セキ ュ アにす る
こ と を計画 し てい る 場合、 両方の ク ラ ス タ 内で、 セキ ュ アモー ド で動作す る
よ う プ ロ セ ス を設定す る 必要があ り ます。
セキ ュ アモー ド で動作す る よ う wac プ ロ セ ス を設定す る 場合、 wac プ ロ セ
ス に対応す る AT ア カ ウ ン ト が自動的に作成 さ れます。
■
Wide Area Connector プ ロ セ ス がセキ ュ アモー ド で動作 し てい る 場合、
Steward も セキ ュ アモー ド で実行す る 必要があ り ます。
473
474
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ロ ーバル ク ラ ス タ の作成
グ ローバル ク ラ ス タ の設定について
グローバルク ラ ス タ の設定について
グ ロ ーバル ク ラ ス タ を設定す る 前に、 次の作業が完了 し てい る こ と を確認 し て く
だ さ い。
■
概念を確認 し ます。
463 ページの 「VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ : 構成単位」 を参照 し て く だ さ い。
■
構成を計画 し 、 必要な物理的 イ ン フ ラ が整っ てい る こ と を確認 し ます。
471 ページの 「グ ロ ーバル ク ラ ス タ の前提条件」 を参照 し て く だ さ い。
■
VCS と サポー ト 対象の レ プ リ ケーシ ョ ン技術を イ ン ス ト ールす る ために必
要な ソ フ ト ウ ェ アがあ る こ と を確認 し ます。
サー ド パーテ ィ 製の レ プ リ ケーシ ョ ン技術を使 う 場合、 適切な レ プ リ ケー
シ ョ ンエージ ェ ン ト ソ フ ト ウ ェ アがあ る こ と を確認 し ます。
図 15-2 に、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ を設定す る ための ワー ク フ ロ ーを示 し ます。 サ
イ ト s1 で VCS ク ラ ス タ が設定済みであ り 、 VCS ク ラ ス タ には高可用性のための
アプ リ ケーシ ョ ンが設定 さ れてい ます。
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ローバル ク ラ ス タ の作成
グ ロ ーバル ク ラ ス タ の設定について
図 15-2
VCS グローバルク ラ ス タ の設定ワー ク フ ローの概略
9&6ኍዊዙክወኌ዆ኖኜት岼⸩ሼቮ᧤ኒኁእVቋV᧥
V᧤ኴ዆ኁኻ዇ኒኁእ᧥ᇬV᧤ኘኈዐኝ዇ኒኁእ᧥
ቿኴ዇኎ዙኔዄዐቋ
ዉኴ዇኎ዙኔዄዐት
岼⸩ሼቮ
$
ኌ዆ኖኜት
岼⸩ሼቮ
%
ኒዙኰኖ
ኍወዙኴት
岼⸩ሼቮ
&
ኍዊዙክወ
ኍወዙኴት
岼⸩ሼቮ
'
$Vቊ9&6ሯኁዐኖእዙወርቫቖ岼⸩䂗ቢቊሥቭᇬ
浧♾䞷㊶ቑቂቤቑቿኴ዇኎ዙኔዄዐሯ岼⸩ሸቯ቉ሧቮ
9&6ኻከዂቿወቋቿኴ዇኎ዙኔዄዐኻከዂቿወ
$Vቊቿኴ዇኎ዙኔዄዐትኁዐኖእዙወሺᇬ岼⸩ሼቮ
ቿኴ዇኎ዙኔዄዐኻከዂቿወ
$VቋVቊኤዙኜዉኴ዇኎ዙኔዄዐ᧤995
ቡቂቒኒዙኦኮዙኣኀ᧥ት岼⸩ሼቮ
995ቑ⫃⚗ᇹ6)+$,QVWDOODWLRQ*XLGHᇺቋ
ᇹ995丰䚕劔኉ኁኦᇺ
ኒዙኦኮዙኣኀቑ⫃⚗ዉኴ዇኎ዙኔዄዐ完❐ቑ
ኻከዂቿወ
%Vቊኍዊዙክወኌ዆ኖኜነዐኺዙኪዐእት岼⸩ሼቮ
ᇹ9&6丰䚕劔኉ኁኦᇺ
%Vቊ9&6ትኁዐኖእዙወሺᇬ岼⸩ሼቮ
ᇹ9&6ኁዐኖእዙወ኉ኁኦᇺ
%ኘኊዂቿኌ዆ኖኜቑ⫃⚗ᇬVቋV
ቊㄒ⩮ነኪኌኜ栢ቑ抩≰቎ኘኊዂ዇ኣኀት岼⸩ሼቮ
%VቋVቊ዇኿ዙእኌ዆ኖኜኇኳንኄኌእት岼⸩ሼቮ
ᇹ9&6丰䚕劔኉ኁኦᇺ
%᧤ኇኴኔዄዐ᧥ኌ዆ኖኜ栢ቑ抌┯ኬዙእኰዙእት
岼⸩ሼቮ
%᧤ኇኴኔዄዐ᧥VቡቂቒVቊ6WHZDUGት岼⸩ሼቮ
&Vቊቿኴ዇኎ዙኔዄዐኒዙኰኖኍወዙኴት岼⸩ሼቮ
&995ቑ⫃⚗VቋVቊዉኴ዇኎ዙኔዄዐ዇ኚዙኖት
岼⸩ሼቮ
ኒዙኦኮዙኣኀቑ⫃⚗VቋVቊዉኴ዇኎ዙኔዄዐ
ኅዙንኄዐእትኁዐኖእዙወሺᇬ岼⸩ሼቮ
995ቑ⫃⚗ᇹ9&6$JHQWIRU995岼⸩኉ኁኦᇺ
ኒዙኦኮዙኣኀቑ⫃⚗ᇹ9&6$JHQWIRU
ዉኴ዇኎ዙኔዄዐኚ዇ዂዙኔዄዐቑ⚜䱿!
ኁዐኖእዙወርቫቖ
岼⸩኉ኁኦᇺ
'VቋVቊኒዙኰኖኍወዙኴትኍዊዙክወ቎ሼቮ
ᇹ9&6丰䚕劔኉ኁኦᇺ
475
476
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ロ ーバル ク ラ ス タ の作成
グ ローバル ク ラ ス タ の設定
グローバルク ラ ス タ の設定
こ の手順は、 VCS ク ラ ス タ をプ ラ イ マ リ サ イ ト に設定済みであ り 、 高可用性の
ためのアプ リ ケーシ ョ ン を設定済みであ る こ と が前提です。
こ の例では、 単一 イ ン ス タ ン ス構成の Oracle デー タ ベース が、 VCS サービ ス グ
ループ (appgroup) と し て 2 ノ ー ド の ク ラ ス タ に設定 さ れてい ます。
VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ を設定す る ための タ ス ク を大 き く 分け る と 、 表 15-2 の
よ う にな り ます。
表 15-2
タスク
VCS グローバルク ラ ス タ 設定の タ ス ク マ ッ プ
参照
タ ス ク A 477 ページの 「グ ロ ーバル ク ラ ス タ 設定のためのアプ リ ケーシ ョ ン と レ プ リ
ケーシ ョ ンの設定」 を参照 し て く だ さ い。
タスク B
477 ページの 「グ ロ ーバル ク ラ ス タ 設定向けに ク ラ ス タ を設定す る 」 を参照
し て く だ さ い。
タスク C
485 ページの 「グ ロ ーバル ク ラ ス タ 設定向けにサービ ス グループ を設定す る 」
を参照 し て く だ さ い。
タ ス ク D 489 ページの 「グ ロ ーバル ク ラ ス タ 設定向けにグ ロ ーバルサービ ス グループ
を設定す る 」 を参照 し て く だ さ い。
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ローバル ク ラ ス タ の作成
グ ローバル ク ラ ス タ の設定
グ ローバル ク ラ ス タ 設定のためのア プ リ ケーシ ョ ン と
レ プ リ ケーシ ョ ンの設定
セカ ン ダ リ サ イ ト で次の手順を実行 し てアプ リ ケーシ ョ ン を設定 し ます。 こ の手
順は、 プ ラ イ マ リ サ イ ト で高可用性のためのアプ リ ケーシ ョ ン を設定済みであ る
こ と が前提です。
ア プ リ ケーシ ョ ン と レ プ リ ケーシ ョ ン を設定するには
1
セカ ン ダ リ サ イ ト で、 高可用性にす る アプ リ ケーシ ョ ン を イ ン ス ト ール し 、
設定 し ます。
手順については、 該当す る アプ リ ケーシ ョ ンのマニ ュ アルを参照 し て く だ
さ い。
2
各サ イ ト で、 VCS がサポー ト する レ プ リ ケーシ ョ ン技術を使っ たデー タ レ
プ リ ケーシ ョ ン を設定 し ます。
■
Veritas Volume Replicator
手順については、 『Veritas Storage Foundation and High Availability イ
ン ス ト ールガ イ ド 』 と 『Veritas Volume Replicator 管理者ガ イ ド 』 を
参照 し て く だ さ い。
■
サポー ト 対象のサー ド パーテ ィ 製レ プ リ ケーシ ョ ン技術
手順については、 該当す る レ プ リ ケーシ ョ ン製品のマニ ュ アルを参照 し
て く だ さ い。
VCS がサポー ト す る サー ド パーテ ィ 製レ プ リ ケーシ ョ ン技術の一覧に
ついては、 『Veritas High Availability Agent Pack Getting Started
Guide』 を参照 し て く だ さ い。
グ ローバル ク ラ ス タ 設定向けに ク ラ ス タ を設定する
次の手順を実行 し て、 デ ィ ザ ス タ リ カバ リ 用の ク ラ ス タ を設定 し ます。
■
478 ページの 「プ ラ イ マ リ サ イ ト でのグ ロ ーバル ク ラ ス タ コ ン ポーネ ン ト の
設定」 を参照 し て く だ さ い。
■
479 ページの 「セカ ン ダ リ サ イ ト での VCS の イ ン ス ト ール と 設定」 を参照
し て く だ さ い。
■
479 ページの 「広域 コ ネ ク タ 間の通信のセキ ュ リ テ ィ 設定」 を参照 し て く だ
さ い。
■
481 ページの 「 リ モー ト ク ラ ス タ オブジ ェ ク ト の設定」 を参照 し て く だ
さ い。
■
481 ページの 「追加ハー ト ビー ト リ ン ク の設定 (オプシ ョ ン)」 を参照 し て
く だ さ い。
■
482 ページの 「Steward プ ロ セ ス の設定 (オプシ ョ ン)」 を参照 し て く だ
さ い。
477
478
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ロ ーバル ク ラ ス タ の作成
グ ローバル ク ラ ス タ の設定
プ ラ イ マ リ サイ ト でのグローバルク ラ ス タ コ ンポーネ ン ト の
設定
次の手順を実行 し て、 プ ラ イ マ リ サ イ ト でグ ロ ーバル ク ラ ス タ コ ン ポーネ ン ト を
設定 し ます。 プ ラ イ マ リ サ イ ト で VCS ク ラ ス タ 設定の間に こ れ ら の手順をすで
に完了 し てい る 場合は、 セカ ン ダ リ サ イ ト で VCS ク ラ ス タ を設定す る 次の タ ス
ク に進みます。
479 ページの 「セカ ン ダ リ サ イ ト での VCS の イ ン ス ト ール と 設定」 を参照 し て
く だ さ い。
GCO 設定 ウ ィ ザー ド を実行 し 、 ClusterService グループを作成ま たは更新 し ま
す。 GCO 設定 ウ ィ ザー ド は、 現在の設定を検証 し 、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ 設定に
適 し てい る か ど う かを確認 し ます。 必要な ラ イ セン ス が ク ラ ス タ 内のすべての
ノ ー ド に イ ン ス ト ール さ れてい る 必要があ り ます。
171 ページの 「VCS ラ イ セン ス の イ ン ス ト ール」 を参照 し て く だ さ い。
プ ラ イ マ リ サイ ト でグローバルク ラ ス タ コ ンポーネン ト を設定するには
1
GCO 設定 ウ ィ ザー ド を起動 し ます。
# gcoconfig
2
ロ ーカルシ ス テ ムの NIC デバ イ ス が検出 さ れ、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ で使 う
デバ イ ス の入力を求め る メ ッ セージが表示 さ れます。 デバ イ ス の名前を指定
し 、 Enter キーを押 し ます。
3
NIC リ ソ ース が設定 さ れていない場合は、 指定 し た NIC が全シ ス テ ムで使
われ る パブ リ ッ ク NIC であ る か ど う か を確認す る メ ッ セージが表示 さ れま
す。 パブ リ ッ ク NIC の場合は y を、 そ う でない場合は n を入力 し ます。 n を
入力す る と 、 すべてのシ ス テ ムにあ る NIC の名前を入力す る よ う 求め ら れ
ます。
4
グ ロ ーバル ク ラ ス タ に使 う 仮想 IP を入力 し ます。
IPv4 ア ド レ ス ま たは IPv6 ア ド レ ス を使 う 必要があ り ます。 VCS は、 グ ロ ー
バル ク ラ ス タ 内で異な っ た イ ン タ ーネ ッ ト プ ロ ト コ ルバージ ョ ン を使 う 複数
ク ラ ス タ の構成を サポー ト し ません。
5
IP リ ソ ース が設定 さ れていない場合、 ウ ィ ザー ド は次の処理を行い ます。
■
IPv4 ア ド レ ス の場合 :
仮想 IP に関連付け ら れたネ ッ ト マ ス ク の入力を要求 し ます。 ウ ィ ザー
ド がネ ッ ト マ ス ク を検出 し ます。 表示 さ れた値を確定す る か、 あ る いは
別の値を入力で き ます。
■
IPv6 ア ド レ ス の場合 :
仮想 IP に関連付け ら れたプ レ フ ィ ッ ク ス の入力を要求 し ます。
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ローバル ク ラ ス タ の作成
グ ローバル ク ラ ス タ の設定
6
コ マ ン ド の実行が開始 さ れ、 ClusterService グループが作成ま たは更新 さ
れます。 様々な メ ッ セージに よ り 、 こ れ ら の コ マン ド の状態が示 さ れま
す。 コ マン ド の実行後、 ウ ィ ザー ド は ClusterService グループを オン ラ イ
ンに し ます。
7
ク ラ ス タ 間通信のための仮想 IP ア ド レ ス を監視す る gcoip リ ソ ース がオン
ラ イ ンであ る こ と を確認 し ます。
# hares -state gcoip
セ カ ン ダ リ サイ ト での VCS のイ ン ス ト ール と 設定
次の手順を実行 し て、 セカ ン ダ リ サ イ ト で VCS ク ラ ス タ を設定 し ます。
セ カ ン ダ リ サイ ト で VCS を イ ン ス ト ール し て設定するには
1
セカ ン ダ リ サ イ ト で、 VCS ク ラ ス タ を イ ン ス ト ール し て設定 し ます。
こ の タ ス ク に関 し て、 次の点に注意 し て く だ さ い。
■
VCS を イ ン ス ト ールす る 間、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ の ラ イ セン ス を有効
に し ます。
VCS を設定す る 間、 グ ロ ーバル ク ラ ス タ を設定す る ための質問に回答
し ます。 こ の手順では、 ク ラ ス タ 間通信のための仮想 IP を設定 し ます。
詳 し く は、 『Veritas Cluster Server イ ン ス ト ールガ イ ド 』 を参照 し て く だ
さ い。
■
2
ク ラ ス タ 間通信のための仮想 IP ア ド レ ス を監視す る gcoip リ ソ ース がオン
ラ イ ンであ る こ と を確認 し ます。
# hares -state gcoip
広域コ ネ ク タ 間の通信のセキ ュ リ テ ィ 設定
次の手順を実行 し て、 広域 コ ネ ク タ 間のセキ ュ ア通信を設定 し ます。
広域コ ネ ク タ 間の通信にセキ ュ リ テ ィ を設定するには
1
Symantec Product Authentication Service (AT) が両方の ク ラ ス タ で動作 し
てい る こ と を確認 し ます。
2
ク ラ ス タ が異な る ルー ト ブ ロ ーカーを使 う 場合、 ク ラ ス タ 間の信頼を確立 し
ます。
た と えば、 2 つの ク ラ ス タ が存在す る VCS グ ロ ーバル ク ラ ス タ 環境で、 次
の手順を実行 し て ク ラ ス タ 間の信頼を確立 し ます。
■
最初の ク ラ ス タ の各 ノ ー ド で、 次の コ マン ド を入力 し ます。
/opt/VRTSat/bin/vssat setuptrust \
-b IP_address_of_any_node_from_the_second_cluster:2821 \
-s medium
479
480
ク ラ ス タ の相互接続 - グ ロ ーバル ク ラ ス タ の作成
グ ローバル ク ラ ス タ の