...

56 40 歳代の男性。腹痛と嘔吐を主訴に来院し,緊急精査となった。腹部

by user

on
Category: Documents
26

views

Report

Comments

Transcript

56 40 歳代の男性。腹痛と嘔吐を主訴に来院し,緊急精査となった。腹部
56
40 歳代の男性。腹痛と嘔吐を主訴に来院し,緊急精査となった。腹部造影 CT(動脈優
位相)を示す。
原因として考えられないのはどれか。1 つ選べ。
a
小腸癌
b
腸管脂肪腫
c
大腸ポリープ
d
悪性リンパ腫
e
Peutz-Jeghers 症候群
造影 CT(横断像)
造影 CT(再構成冠状断像)
― 53 ―
57
60 歳代の女性。腹部超音波検査および CT で右腎の異常を指摘され,精査を目的に入院
した。右腎動脈造影像を示す。
徴候として起こりにくいのはどれか。1 つ選べ。
a
血
尿
b
発
熱
c
側腹部痛
d
外頸静脈怒張
e
労作時呼吸困難
右腎動脈造影像
― 54 ―
58
30 歳代の男性。下血を主訴に来院し精査となった。腹部 CT を示す。
考えられるのはどれか。1 つ選べ。
a
結節性硬化症
b
神経線維腫症 1 型
c
von Hippel-Lindau 病
d
Peutz-Jeghers 症候群
e
Cronkhite-Canada 症候群
単純 CT
造影 CT(動脈相)
― 55 ―
59
50 歳代の女性。高血圧の精査を目的に入院した。2 本の右腎動脈造影を示す。
同様の異常所見が見られやすいのはどれか。2 つ選べ。
a
頸動脈
b
椎骨動脈
c
冠動脈
d
肝動脈
e
脾動脈
右腎動脈上枝造影
右腎動脈下枝造影
― 56 ―
60
CT ガイド下肺生検を示す。
施行手技による合併症として頻度が高いのはどれか。2 つ選べ。
a
気
胸
b
血
胸
c
空気塞栓
d
腫瘍播種
e
肺胞内出血
CT ガイド下肺生検
― 57 ―
61
40 歳代の男性。検診の腹部超音波検査で肝内病変を指摘され,精査を目的に来院した。
腹部単純 CT を示す。
考えられる疾患について誤っているのはどれか。1 つ選べ。
a
常染色体劣性遺伝である。
b
囊胞構造内に門脈索が認められる。
c
超音波ドプラ法が診断に有用である。
d
肝内胆管と非交通性の囊胞を形成する。
e
肝内胆管癌の発生頻度が通常より高い。
単純 CT(横断像)
単純 CT(冠状断像)
― 58 ―
62
30 歳代の男性。下血を主訴に来院し精査となった。大腸内視鏡検査で 100 個を超える
多発ポリープを認めた。腹部ダイナミック CT を示す。
腸管外病変として考えられるのはどれか。1 つ選べ。
a
神経鞘腫
b
デスモイド
c
悪性リンパ腫
d
孤発性線維性腫瘍
e
悪性線維性組織球腫
単 純
動脈優位相
平衡相
― 59 ―
63
60 歳代の女性。上腹部痛を主訴に来院し精査となった。超音波検査で膵内に多発結節
を認めた。単純 MRI の拡散強調像と脂肪抑制 T1 強調像,並びに脂肪抑制併用下造影
MRI の動脈優位相と平衡相を示す。
考えられる疾患について正しいのはどれか。1 つ選べ。
a
MUC 1 陽性である。
b
卵巣様間質を認める。
c
腺房細胞由来である。
d
花筵状線維化が特徴である。
e
好酸球の著明な浸潤が見られる。
拡散強調像
脂肪抑制 T1 強調像
造影 MRI 動脈優位相
造影 MRI 平衡相
― 60 ―
64
20 歳代の男性。食欲不振を主訴に来院し精査となった。超音波検査にて肝脾に異常を
指摘された。腹部ダイナミック CT と胸部単純 CT を示す。
考えられるのはどれか。2 つ選べ。
a
結
核
b
悪性リンパ腫
c
伝染性単核球症
d
サルコイドーシス
e
急性骨髄性白血病
単 純
動脈優位相
門脈優位相
平衡相
胸部 CT(右肺野)
― 61 ―
65
60 歳代の男性。記銘力低下と見当識障害とを主訴に来院した。長谷川式簡易知能評価
スケールでは 8 点である。123I-IMP を用いた脳血流 SPECT を示す。
可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a
脳腫瘍
b
正常圧水頭症
c
前頭側頭型認知症
d
Lewy 小体型認知症
e
Alzheimer 型認知症
― 62 ―
123
I-IMP 脳血流 SPECT
― 63 ―
66
50 歳代の女性。パーキンソン病の診断で加療中である。患者の脳 SPECT(A)
と,同一放
射性医薬品による正常例の SPECT(B)を示す。
放射性医薬品として用いられたのはどれか。1 つ選べ。
a
99m
b
99m
c
123
I-IMP
d
123
I-ioflupane
e
123
I-iomazenil
Tc-ECD
Tc-HMPAO
A:患 者
B:正常例
― 64 ―
67
80 歳代の女性。進行性の認知機能障害や転倒などを主訴に来院し精査となった。
123
!
!
I-MIBG シンチグラムを示す(Early H M:1.62,
Delay H M:1.14)
。
可能性が最も高いのはどれか。1 つ選べ。
a
正常圧水頭症
b
前頭側頭型認知症
c
Lewy 小体型認知症
d
Alzheimer 型認知症
e
脳血管性パーキンソニズム
123
I-MIBG シンチグラム
― 65 ―
Fly UP