...

26-501

by user

on
Category: Documents
218

views

Report

Comments

Description

Transcript

26-501
l
R
l
O
l
(3H色 } 仇 )&
.
1
主につ竹て
J
*
'
(NAIG
-)
i
毒 正人 (尿厨〉ヰ日輪一静
(
岩F
主犬提)末木啓介,中原弘堂
〈結事〕
軽イオン原予核反応に おけ τ、よその反応機構 j
こつけて l
童持温経と援会根秒正義温経げ与く
研事主主水て山~
0
しかし志水玉、助産乙噴較 I~ はこのニミフの温程では説.~でき走、、普舟があ
リ、長並このスフの並緯の中閣の剤平衝温程ヵγ府究されて¥¥~.
このJ::3左前平筒温程の
朋 賞l
志、古島尉記4
支の体質主調ノ可、るよで重零丘侵害i
左果たすと息われ 3 が、その楼棋 1
:
.対す
弓扇失の虚丈tà:~、く、 また主に冴究主オ1 て竹~ (1)体的理立与予 P予'Y¥.fj.ど'の殺与によって言語
匙 之 れ 3反ぬ l
ミ
フ n てであ a. )事訴究では 3Heイオシ l
こ占ごヲて誘島之オ'¥.'J f
9
_彪左ヒりあげ
"
*,特 l
こ入如瀧与の結合ヱ 3
トl
レギ - i
J
r
/
hさ¥¥ごと之あ 1
)反応:機構│こ唄味が、
た. 2H451込で 1
持たれ ~o 今回は者i 平衡状態で‘ m 滞立与数出か‘行怠われてい 3 乙忌え 5
~o.J)(3H.Q.,、)旦誌に
*
-
注目し、~の反応按極左次の 2 点力,\ 1
;考察した.
Q)M
.B
k
t
'
l
¥
l
¥
. 3 の堤唱した前乎命温桂2句。の紘主主文昌之表;b寸式か 5
導
、1た
、
σ
r
.
.
.
.
.
,
.
.
ケ色叫白
.(句1
川 ;(
3
t
t
.
.孔)
f
i
ぬの亙必断歯積,0;..叫;会&た断量検) If;視命体の助産乙エネ
(
}
:
*
/
I
払
)
・C
ルギー, ~;生 t量殺の 4永寺結合エネ lレギ-) C; 原 3番号 z
一種量教[=占ご }
I5
たま 3史
!
t
.
)1
ご
こプロザトして,ヲーゲヮト核左変えた場合にフ内て廟忠明書tr
基
プ
、
竹
佐川雨対悲グラフ l
t
て 比 較 左I
f
fまう。
② (3)>~川)互角L におけ 3 誠留執の角度分布左愛I~色し、前乎衡温4呈での悲~~故品機íll 埠に
つ山之夜討す~.
E 費~R度コ
励Z積書L ヒフリて i色、ターゲり卜 L して B~ 体AQ_~ょに liW^-誌ち~ん寸厚 lこ喪主 1着左行
1
i¥
)
、 Col本電通 ~tこ主 1) 3 ,....._ /ο 制号/α~ 厚の tlしフサオ;0_ t
、錯主作場しした. I匂&側、 T
o.は市販の
砕の箔左用叶走。 これ 5の 1
0"-{之扶程度左スヲ・フクとして
、 それぞれ 2刈,仇寸な'(t'12""VC
組ヨ昔、軍却すイクロトロシで 40MeVg_ザ.21M
:
e
γでン高ヱネ l
しヤー倒は東久枝胡 SFサイク
ロトロシで 6SH~Vの 3He 照財互作 Iï. フ 7LF、財牟什は以下の温\)であ-~. C
o
;4o f-\~V, 2衣
M.
e
.
V(
^
I
三
、μA,301
¥
.
t
'n), 6SM
e
.
"
"
V(
O
、
3ん
A
"5
"
"
1
¥). A~; 4oM
.
e
.
V CI
、
O.
u
A
, 3C¥
'
I
1i
'
r
¥
)
.T
o
.
;4
0Me
寸
(3J)MA,S
-h), 6SH~1J (o 、ヨ },V\- , sh). 町;40MeV(o
、
31
.
A
A,二
乙 h)J 6
5
"
μσ (
0
、 3,
u
A,Sh).
(
0,
メ
¥
a
, T
a
.t
念r
緑色、 8
'
1.
1
芸グ練みて人“依線の測定<E1
'
f~った. 角度分布 σ
l貰1
史l
玄白
ドフいて行ia:-¥
)、面白寺嶋し定方 ~I之主 1) 、車モ恭介イ lフロトロシ iとて入対吋 lレギ- 30
照射後
ε
Mずで 3暗闇照如し t
じ結果&仏、芳察ユ
1
11
5
"
'
1(
0(JHe,
'
Y
¥
.y
I
C
l
¥
) I
日A
s(
3
H
.
e,
Y
I
)1
'
1
.
, 1
.
1
'1
I
o
.
(
JH
,
.
1
I'
1
¥
)
'
品hJZ
けι
、
(
2
H
<
i
!
)'
1
¥
)却 A
もの,9i
N
!r
-t
1
)\得ちれた助足現数とた挙司三デ lし〆泊、\~ギ手ヲ~ JH~ lijむの会ぶ l芯前面積の理論説草句、~ .
(!H角川.)/同市.r.)白(P; /B 心h-1.c の式 l二位ってプロりトした宅内か'fì~
1であ 3。量 d
¥
ユ来~-C'組主主ギt9初期励 Eふ者し恥主計噂す三とS'l Co ;3
,
70ノ l門 A3;4073IBIR;2
、
6
g)
たかはしまさと
j
与が初ゆ ¥
iち 3う
すえさ l
t
-¥
¥すけ
8
忘かは 51A3J
t古
立
川
B
I;2
.
昔 6'(.存フ走。 この主:>/之
1
0
-2
'
d
lT
o
. 2A~ B
iのぶι
較的ターゲ 1つト株
I
の質量か、犬圭¥¥替え域で、初期助基乙ヨト
l
数か1),さくなコ丸このことが 3
少ーゲゥト款の質量カV大主 n損域
て
ゆ
│
字
、 4
立の軽¥¥質重領域乙反応機
構か喪怠って¥, dとにか/事え:;-,tt..
~o :刷工前平衡拭をか 3の対立与法
出力 ¥1'1i怠オ〉オして¥)'
dt
-Aえ 3オ
la
間 ζo(
3H
.
e
,
'
i
¥i
'Utのiy..l
註│こ示、¥)て,
3
H
-e.入財エ 3
トi
レギ1 - 30NeV
で主の
3
¥
)
(
町3
H
e
.
n
)
O
"
t
o
t
a
l
3
10
掛値 4去の両皮づき布主要l~し定的
<
tF均立│之示した。図中の吏貌は
複合執務識の後、 (3 H~J )
1
)友l
た1
:
:帝
しギ、ーカ
J
\"2~.5
I
'
k
V
守
3
也与エネ
け
l
か S40
,
2
.M~lT の闘で、均等件ゐ移す
t!糸でl
3 ヒイ五色し.殺さ放出カV主 I
埠お的!こ行かわ氷た毛のとしてき↑
志被令
隼したセので荷 ~ 受駿点、 1
検特 5
史浩桂の場合と比較して議1留
技力γ劫 状 態 (61Cltのまp(),.t"""--+~O l\.モ1\-
o59C。
X 109
Ag
ム1
8
1T
a
.209
B
i
p
ι
、
ひ~ì' ) と茎量当犬、亀r-iJ:~聞くがと
官ヤ〉の~分〈書7 ヱネ lしザー殺さ放
2 白
/
色
OX
4
6
8
F
i
g
.
l
虫成分)か丈芝、"¥.このことは 6
1
U(
の
市
ろt
誌に色、¥)て喜1エネ l
レヂーす准
ヨLの救出カI
,
'
t
fかわ木て ¥
i~こと左
示して¥¥d0 これ 3の史離苦事栗か
5~金メ之のモヂ!しにフりて希平衝温
稚での組与さ史的の 楼楢 l
ミ対 L東左
J
板前寸でt 古ろ ~o
C文献]
l)tj2村也、赤ユ4回数財イ仁空宇討論会
〈弘前)1
刊。
2
)、
門B
I
'
^
1
'
町
、 AI'¥Y¥. .
R
e
:
γ、!
V
v
.
c
.
/
.S
c
;
'
.
2SU甘 s) \2~
+-
C
コ
e
1
0
C
L.
ゆ
d
e
。
30MeV
c
¥
.
0
b
刀
ex
3) 喜)~義イ1tJ_, ~2乞団法鮒つ仁単討論会
L
筑 波 )I
q合│
30
1
0
20
l
a
b
o
r
a
t
o
r
y angle
F
i
g
.
2
9
.
g
r
ム0
lRl02
1
4
N+別重イオン尿科級.JGj
一一複合t~近悔の生京絢の励起関数
(都立大・理 )0 林啓介・中尿ð~ ・(身、1i~ )刺諭ーが
(NAIG)高橋正人・(建街)河野坊
[~j じむに]
近年.重イ才ン庁、子校 Jit訟における複令校の骨~h\ と噺仰の研究ずf拘われてし、号。特
に軽組子j~品におけ令エネ Jレギースペフト Jレや角度分布の妥d史およが f線ラ重注の柄免む
と'bf~んに白ってし、令。これらの樹党におし、て鬼金融合で 1 ;;1説鳴できむし、規象が示唆され
てきて l、
令
。
d
. 重イオン居、子板及A、
生
法j
拘の夜命核近傍におけ七励起f
嘉数をま;めあ励起
本石河克てか L
高スピン j
丈亀かうの脱O
o
起過程につし、て手信jす七ことを試 hf
'C-。今設でに、件N
+6lNi重イ
キ
・
ー1
1
δ
l
刈e
V
'
4
N における%生内初の倣砂飛柱の胡免 1) や
オン及;il;;糸につし、之入射エネ lレ
8
5
'
"1
20MeV凶N+
“
N
iし
こ
っ νての励記潤敬を求心令研克を fjt-って三たア今風 J
J受
に 7ー
0
イ
トe
Vがち 9
0門eVJ てに杓た争入射エネ lレギ「て‘髪、駿乞 1:J~し'. c
lリ詳
ロン障壁の約 4
細 U励起関数を得たの Z
'その結果を被告す台。
〔曳験〕
b
l
N
i J ァザ,~ト 1;;)電右 L乙 J 1
)0
.
7
"
'
Z 噌Icrrt2.乞 lレフサポートフオイ lレ色作製 Lた。キャ
2
ヴナγ ーフォイんに L高高徒患 Alフヰイ Jし〈る ~G m
3l
c
.r
n
I 絶反守9.~17%) を局し、た。?ーザ、y
o
.
トと AU 守ャッ寸ャーフォイ)1.--を一組にして数手且をスタックにして日鶏jL た。 ~~t~ld~里ィι芋
祈究所のサイフロトロンに<.1]口主主エネ l
レギー 1
2
5門eV凶N5+ と
守'
5MeV'4N4+ビ、ームで 2時
閣照射(1~300 Yl A) て'{j沿った。ス?、y 7におけるそれぞれの?ーザ y トの入射エネ lレ
午、戸 ~j N
o
r
t
h
c
i
L
f
F
eとSchiL
L
i
n
g の先程とエネ!/.;干ーの閣僚 3)を
)
{
lν
z算出した。 A
Hエネ
J
し干ーにつ νてI
J.
o
日
丞
エ
ネ Jレギーで i
.O
.
S
M
e
V
の誤差があ 1
)、4
0MeVで
土 2MeVの維が生
じるヒ子剥される。生成核桂の剥定 I
J
q何度壊に z
Ge(Li)千導体技お器と門 CA によ~ {
手駒J
定によった。
〔結果ヒ毒患]
図1~ご実、験てJ;観測された核種の生~断面積をエネ jレギーに対して君、した。組剥された生
EY;断面積 l ;;l l主 lÎÝJ' 可能 tdß+~司法Lこ J 合組~種からのえれ込わを令んピ生nY;断面積て"S~ 図
にt
J'(線;~胤司令、結懐柔のわを志した。支際にはビーム3鍛の誤差 ターゲりトのJS0
さ L こ対寸合誤差 V どを者昼、す令と 5"'1070 程の誤差 Lζ 市令。史線 ~j 史教去、を」単におんだも
のであ令。 )~-l に日 粧手放出を銃計模型によるさ主苑過程 C
A
L
I
C
E
) )て計第 L
t
と結果
も芯した。者、線 I d' Weisskopt 附d.eL~ ょって計算した結果てあり‘破線と一対自線LJ p
a
.
吋;
0
.
1
w
o
.v
eについ Z忽令核過程 Z
'計算した tのて¥羊 1
f
t密
/
主)
¥
0ぅメー j-をそれぞれ A
/gヒA
/
1
5
L
こLたものであ令。
安駿値と計算色とを比較すると,01]起閥の立ち上がりおよびピーフ位置が 1
5門eV(Sv、
遣ってしづ。1;t
j
草値のさ力吋邸、工ネ jし干-制に交われ会結来とちった。エネ lし干ーをずら
Lて比較した暗しこ全体に Jく一致した o JT
:
.、準イ立密度)1
"
ラ
メ
ー 9-IJA/8よ
リ NI5し
こ
し
寸之さしナレすげ なかはらひうわち ながわゆ νち
ろっ たかI
Jし喜ごと
1
0
こうのいさお
た方がよリ史、動孟に1
Lし、曲線を守、した。
本建論計算て、I
d
."
d
1也粗去のもちだす角運動量につい z
;
ち/をしてし、なし手白どから、受
に角i
l
動量をお瓦 Lた官官しこっし、て今後総れてし、く予えである。
1
4 + 62
N
N
i
7与
Br
U
ω
ω
AE) 己口吋叫
1
0
回mOHU
1
0
0
100
50
70
1
0
0
50
67
As
Ga
よ
50
100
E(
M
e
V
)
50
1
0
0
E(
M
e
V
)
50
100
E(
M
e
V
)
Fig.1 Abso1ute cross sections for evaporation residue from the
62
1与N+ Ni
re.action at 1与N incident energy~ in the 1aboratory system.
References
1)
2
)
3
)
手目,他,箸 [email protected]~射イじ孝討論会要旨集 (1 守80)
末ネノイ也,第2!5回3k射化事討t南会寺島集 (1~81 )
L.C.Northc1iffe and R.F.Schi11ing; Nuc]. data Tab1es,A7 (1970) 233
1
1
l
R
l
0
3
虻載鈎荘、、童イオン薮良定・にお
I
t争奪納晴泡過麓
(純文理)。永田令官戸.林容~t. 繍正人中黒砥
(捜研) 丹野地
此較的握、、童イオン裁反応、来(複合去の質量殺 AA
.100• 入射エネ lレ干 -E­
〔緒言〕
数 H.
e
V/破号)におけるヨ京都~~弾4笠通語 rd. 輩、、来と弘代、 T 友のような椅徴 E ゃっ τ りる.
~1
1
:
'
. 2つの君、ラ核 i
旬1
:働〈フーロン (
f力に対 l1. 1
主力の作用げ文三<.融rs'艮k
tY
丈
守P
唱
:
1
'
1
.
占
めτ
、、ゐ。ゆえ に主とし T 街
、 角電動をず寄与司る領o(1
二
お
、
、 T環帯非脅控
過程の現象t)-~あらわれ 鼠夫前面積の占め与割合 1
6 室
、 3まと此鞍 l1_U帯1
:¥
1
、3、¥ま
r
.杏興的フ -Q )'軌道の概ff...ず曹、、事イ才ン及応、日 i'iJ月夜 l
ニ
1
'
1規定?をず反 f
s靖i町の
史積 1
)ず間務である. レuD
. i品、、角量動 t4t~ 1.~の反t:; の E お l二.比較的短、、立JE、崎 l司
しが、主 2 号、、ことず予想 2机 1
;
)
. し ~tf っ 7. 賓駿的問艶 1 じ ~I-:'. 良£、機構の推計む、、
まr=:汗十ウ?であゐ.前 1
mま
でl
Z 20}49f 切Cx,悌 (,yõ.~ 左前、、 "2. t
乙較的語、、事イ 1ン扱
00) 仁
防 1
:
'お'
1る芳野j
f弾 性 蹴 主 的 暗 殺 (A<1
お1
1ゐ射裂の苛有之、涯につ、、 2
9ーゲヅト同)iI{.事依帯、,l
1
:t
. 入射工キ lレギー依務牲ぜら議命 l1ろ巳ヂ 今日 r
;
l
. ~れの
ヨ~-f\"~~弾怯街安'!}i馬、物 |τ 朗 l (.覇総理事舎の盛岡 E気付.ポヲンシャ tレエキ 1レギー面 浸1
)
.
'
拡散i
号
、
数l
ニもとづく電荷分干の頒旬。ら直定、機構の按討主行なっ f
:
:
.
. まE晴 l
ニ.対都付裂
宝石足物 1
:
.関 L1
1d. 変-治楼聖にもとヴく核持裂の苛能児島7f.輸送現象 i
二よら噴量移行
:
1伴う立高過荘のニつの面。ら殺討五行なっ T
:
.• ま T::.. 1斗 N+ 5
8
'
N
i
. N
i心. J~ 7JおNe
十 !
:
J
:
>
(
.
;
γ. B
4
C
rp_えで史止さ札巳対抗、貯裂在民物の 9- ザット l司倍停依持班ち:Joト~す 1.7. 110
.
, τ 重1
loMo説、!.f
;許 Lく 鮒 Lf
.
l,
F
;
t
>
乙,y'
+!
1
'
〔安駿).入射工ネ lレヂー依有 l陪
:1
.0. 1
e
'
V
で
1
. 2O~ 21
.
. E b::竹. 12
4
6H.
&
.1
D
'
o
.
司
5
5
I
>
付け汀旦 N
e+ C
行'
Jっ?と.ま正 ヲーザット町立停依~l}1Ið. I
r, C
t
.1
4
6
r
. 忌V
:
l
.
D
十
や
I
O
O
M
o
:
W
ト
良
定
、
で
行
宮
っ
I
J
二
,
理研サうフロトロン
l
げ
MeV l
T
:
..足射
τ N c-ムで.
Mo
t
l
i
q
1
;
小A
1
場
ヲ
ー
yセ i
.
捜
錨
ゆ
乙
:
f
,
供
乙
{:-ム電-t.
1
0
ご
て
行
っ
プ
ッ
ト
に
I
t
レヲサポートづ方
L'
"
2
.
1
l
ω
H
o
?
2
M
o
(
九 100jl~ /.
イ1レ("
c
5
0J
,
&1):' 壊縮
m )セ lしづサポ'トづ才
.
l
3
1cm )."
"4
刀
、
ス
(
1
じ制計器L
曹Ll
E PRガス) 20tOYy )ヒ.シリコンの表
イ 11ノ~使間し 1と.剥定 1:. 1&
M)
刀ウンヲ四
00}
'
o
'
ら
民
ゐ
~E-E
面脅壁聖夜主義(3
l
7 レヌコ- ;El羽けて行官、)すl
0
0
JっT
毘簡 1 ;1、安 3夜宮~で 15 1J'ら35
・断面希、.及(>:前d
J
' まで行 1
:
.
. 金反t
s
言及元前面議 r
1)
.
t
々
.~恥E 散tb 忌1t. J~~~官薮 ω 卦i 史から末、めP-.ま巳 %~~~向 1:. お ゐアー 9 j~玲
イ
乙
1
'
;
1.国主 Lt三毛エヲー液広器 E 前ゃ.反元前萌積 I~L ~恥Z 官民じちラザヴ才 J ド'1t!_ìL> ~ i
良
t
定 t 1.‘弓ずつ才
ド前面譲ょっ~め!と.
t
.
E
定
ぅ
名
、1
リ ~1 番号 z ~~とに識 3'11 O
E遥
:
.よ
〔錆J
a
-反k';1f.肉、物のエネ
長 君事)
:
.J
.
}
'
LT
1
'
}レギースげフト lレ 及(J:角~4J'キグ得られ f:.. Z之 1
;
ギ
ー
ス
3では 単ーの鈎錆l'のヱキ 11
.
1
1
'
<
'
-むl
:
.泣く
N フ
ず
つ - Qン肯刀 1
ま巳角友 J分布も 1/Sin6
ト iレち示し 干均運動エネ 11
ヨl
ぃ
問、日、、 L!
dJf衡ぜ
三従っ τ bユ乞 6ら.こ、れらの結予扱弘通耗ザガなり長い設k
;埼i
l
丘常.あゐ、叶 d'
.
t
r
d
態からのものと推定三此};).ー方.入射溝ろの i
z~ 1
0小豆民物 . ~J宇
3
,
“
ι
、
苛1
j、
;
1しJ'
なずのゆりちらう.す£さ I
1‘T:v
2
と
'1
ニ勺のけ 2お
先現五摩、利
1
2
1
主
力
、I
"
J
ら
7
)
.
あ
J
jち
.
暗殺古V
C'-つず見ら,yし角度。?年も前方 '(..;J_ ?
五
号
、 L1お )
1‘此較的短け長夫、時 l
司で在民
l1"Gユヒグわ1)}
; 函 1に1
4
&H.
e
:
γ 釦トl
且-+ 5
D
c
.
yI
Q
テ
1
-(
;
γ 艮走にお
1
)~電荷位持主寺、可。
Z三1
0でI
d
. 両反応、在で輩、、 1
6みられ日山ず‘ f,.,瀞与晴じ.対材、貯裂住民物(2=1
1
)
の泣く 7
:
. '9ーザット尚信侍依存時ず顕著に現わ机 t、、ゐ。こ点 I
J
. Dし;板、守裂グ起き T
,
)
]
;
;
, t
すれ It. 両者 l
ユお1]ゐ核抑袈欝著 C
'
B
.
f
).及び申暗号紡~工井 l レギ-(:6れ)の!ぜ
ら症、陪的 1
,
:1
'6説胡?き七.一方 噴菅移行ず輸.
i
t
現象に従うと仮定 L""2拡散係数主も ιl二
計~司る ι 、国ユのような】電荷骨子P 五示し llA平11 T
d輩、)l
d行 ら れ '
J1)'った。ま F
:
. ALItE
O計盟結果じお,)zl
d
. ~ 1I~ 才、司ように.荻ウ?をえ前面報のヲーゲヴト i司信{李依搭悼ゑ
1
〆 λ年t
エ
ヰ lレギ 依括協もよく再現し Tおリ.枝布裂の苛食性主示唆 l(ける.国 3
1
:
:
2
0
!
C
l
.b
=1.5 じおりる • lID~ 1- i
'H
o,,I)OMo~tトで何らふ己管待攻?苧五号:可. この回。ら明ら
かT
Jように‘ Z
:
:I
b~境 1-:' .入奪tß ラからの質量持行庄~鞠 ι 核分裂宮高明ヒザ I電荷信
布1
;おりてはっきリ ιZ引きれ. 1
!
t
坊
行I
!t¥拘じお、 1
7
.l
d 同信{年依寄 ~'II6 みら*tず
核分裂住民 ~7'ld 約 2信
正Lくの ず 動 引 き 札T
:
.
. ALICE
; に 2 る計 1でも. 2
0NQ+ 1~Ho
夜
1
)
.
"
l
D
N
.
Q
+'
O
O
H
o禿PそI
I
A'
t
'札. 1
'
1.
3mb, '
(
.j
7mT と匂り、安駿値の:22.
:
t
.
5YI'It 瓜1/.
1
2主 4 判長五よく J
司j
fl7
. 102F
~
1
0
E
‘
146MeV
w ゐ.乙のこと 0
'ら V
.軽
--- 146MeV--Nei
'
'
Cr
、
E
f
長l
ニ勾らI)¥r~ 1司住 i事依~
1
0
'
世l
e
l 勾 及1
ズち仰の革、、日田i
e
4
i
3
:
ι
~~Ne 十
UU1
ロ
b
n
v
l寸
J
J
?
でγ
;
:
Tab1e 1
.
・
-.
(60
!
日
。
旧 田
z
Fig.1
Gr
54
2
イ
-tEeO﹄
﹃
fAT11611
ゐll
-A-1-λY
・
3
041
71Avi
Rdqu
+E-vi--BOtl
・
416lt
hmfelloi
‘
ml--1
占ill
l
'
A
u
-
.。,・
NVl--
ln
庁 │A
-
l
,パ
f
s
-r
t
E 及 ~l î..けるものじt"ゎ i
t
れゐ. ~T:.. Z五1
0
1
:
'おり;
ら主民吻の晶、 前面積 l
d
. が
入射結ろの官r
.
e
ιj(-仏 p
.あ
ゐ口 11. 荷菅平衡過~rlιI
の寄与 Eれ 守 口 ゐ じ 肋
」
ιゐ
.
2
0
.
. 5
0
20
6
L.__l一一ーL一ー」
8
1
0
12
14
z
1
6
1
8
20
Fig,
2
10'
Reaction
20Ne+50cr
E
1ab
(MeV)
工46
13.3+4.5
120
3.9+1.6
く1.1
3.4+1.0
15.2
1
0
'目
2.02
0.12
10.0
ー
。
o aONe+92Mo
・
。
ー
.
E
146
)
(ca1.)2
f
(
m
b
)
C
J
﹄柄、。
N
93
20Ne+54cr
(exp.)1)
f
(
m
b
)
C
J
2
0
.
.
_ ,!
ω
N
e
t
'
'
'
'
'M
o
トJ
1
~ 1
01
.
一
日
2). af/a =1.03, Bf=0.6 Bf(LDM)・
v
1
).
永固 A也
0
0
0
0
0
・
・
・
・
・
・
・
0
0
・
・
O
1
3
1
5
0
10
Fig.3
・
o
o
10
G
.
G
1
0
'I
ー
-
J.Phys.Soc.Japan/~ , 369(1981)
0
車
弁 251呂担射化孝討論会 (jq宮1)
2). M.Yanokura et a1.
.
。
.
。
•.
•
。
¥
b
"
1)・0f=ロ(Z=17).
20
2
5
30
l
R
l
0
4
.
日 2
T
.
n(従 /pm)zbc-xpdth削 積
(京大和エネ u
.
.
f
'T
t
f
)O~鯨舟1 今面f言問J源宙科/
古谷命重
y
1牛ニド 12.),孟するようゐ重、、硬手核ずは,枝分裂の埼珪ボ色〈志リ
議乏~q 結果生成、
した技はその励匙ヱネtし午、ー 1 2. ~σ て税手放m 正被分裂との授手 Z くり刀、之す,そ今得
票粒子。放断固まえぷ灯、マ絢技I
tt
.
'
噺
樹
齢
、l
、さくい。 ミ
の
守
粧
宣
子
放
位
伽
丘
核
分
分
¥
裂
勧
今
害
伶
を
矢
知
包 3三丘引{ぼ苫殺及 、
の
ヰ
検
義
犠
と
し t耳
礎
専
味
為 3定た企o
叶
‘!
竹
t
t
e
‘
肺
、
去
く 室
盤差内ヲ〉え較買域ぜず、重
色
す
打3上
.
ti
、
'
も
萱
寧
恥
.
(
均
あ
抗
る 之.2. 32 了刊h. 附í 守特守rt_q技τf、 はt ま f尽ユ己叫i円
r~ ポ
;
f
.
ポ
ミ
ご
‘
朱
料
A、同程度勧今丈対き才れ
、
ず
で
T
吟
0、
均
毒
喜
抗
め 末
粒
t
仔
軒
手
微
放
糊
飲
hと喰格紛分経豹7量銭僻是扮手の様栴予持主嫌活麓予波法組救はき竹村付 LS心 的 lごt
lてリ
3 一品仏核分裂L
やすさ l
'd.毛の殺の玄/
'
A
lz.依存し, 2
.
あ
き
エ
ネl
レザー之 S
"M
e
"
V以下で‘
で{城主エネ比ギー l
ヱほとん繰るし五、 1乏ぱ粉、って、、同よ')ぷエネバ aー
で
も
、
は f ぅな 3 ぢ、は*-だ BPl~、z“志 1L こ 的 l
a
J是正しらベ 3ために之江:
T
hのr
L
綾
子
j
'
2
.
よ
る
被
砕
τ
z
t
反k
、の建留殺の生成を d粧子正ネ l
し
ぞ
‘
- 30
ん
sH
e
.
ずの策閣で、教謝手立学的
II
手
法1
2わて追従した。弘中(孔 I X.仇)邑 (
dIc
<
.
!t
.'}1.)瓦芝、町、 1ては錠に持i
鈴
1て報告したり
念1
1'
1
.
>
'¥
今回は(乱 pX1
'
t
)衣.%、いづいて詳し、設j
定
r
.r
fつえのず‘その
続奪11....,什報告す与 o
V
I
被樹脂灯ム(D
o
ω以/)(玖 /
0物伽やメ。物納潜温 2
2
B
n
_ ~~ ~
頭集ず新鮮建)をi
盈L1.之 D?Il.立の 1
草場面針‘わた 2
2
9
;
; : ;
Tkrð-全く燐 ~.~r'('Z.峰村, "
"
,
欠
,1
:
-R
久芝刈
17.4 d
HtQ.ユo以て均視L走。乏の恋歌浪 1.
2~Y'4tキ旦 :
:
:
;
;
て
、
玄
7K γ(0H
イ
キ
を
か
え
て
, アン乏ユ'P
)
'
!
-を 5
庖敗
6・7 h
才色 P
tAをミれ 1
:失
出こすをた0' 0
然
、
道1
'
定: 芳1
'
忽
.
_•-~
230Pa
1
1こ
-ke
b
r
j
e
山 山 6
)
;
f
;
; :
!
?
::
:
:
:
:
23句 P a
[1..明、、 1,-1.1れぞれのfをめ花ヂ -7 t..T~
司
i
i
;
.
ii
;
i
:
i
;
:
;
;
d
;
;
:
:
:
:
:
;
;
;
r
υ
a
t
aS
h
e
e
t
s
ーー
まと的て示す。
ふじ小ら いちろう
まi
之し
fL3
めぷつぐ、fl
手った
1
4
三うきち,
ふるヤ己し志ぢ
l
)H
I
i.W
手毛,今骨.4
i
c
l
A京王制化王手討論会暴~~事
(l
11
r
c
) I
A04
2.)件{.B~ω ,ゐ仇ペ^. Rω 、トI\.\~. s
'
以 .s_C
l
l
f
7γ)12-3.
M.βμ
F
ミ
吋9机;t し。(>- 3今1 1に(?7b)
←
2
.
仇"""" f
1
5
ダイニユ「トロン洋食 d
えの奮すに 2ナ
(方中台すろ久 .
h
字
訓9.
p
及大手里#・?駄教義州〉
目点様車 '0 肉樹文明~ .
布
藤
i
!
*.畑跡が-煮 11¥唯一掛.
l
R
l
0
5
烏d
る
が
,
t
fリニ::z.-トロン )
(
n ま塀来するこヒ 1
'1中性喜一中性予粗引手用 l
:
.弓いて喜詩的む知識
主
乙 l '1;放射ビ刷物持、 1
:
.r
ゥ "
{_X
九の校仰掛みられt来
を得るガ;主である。これま τ
九 / 仰 刊 に /'l27l.,(列ニュートロン)れは均'l-IJ城 均 約 先 I
I
持続犠鰍及
t
v
i は孔生成可る可能世岩波駿的L調べられT-:.1J与ノ v ずれの場れ/f31t.~令姉梅崎鴎さ
れている e 時1
:
' それら械弘 L 仰 い う 手 足 品 川 今 防 F 進
議
/
(
:
.J::勺て1Eb
れも、私
124-れすの褐み乞タシグステン・タイ叩ト~ o)7i~~1iX絢の 1宇
設 廷 で は , 協 巧 1) 1'
1
:6
司c時
現i
j
l
:
.行なわれ T
.
.
1
叫
,
ん
/
I
l
"
(
'
c
I
t
.
n ヒF九 t1)';'存丘下る可制主があると報 CM3f l
♂の毅~x.d) 実験官は極的h、あっ匹。印私けは生成 L T
. トりトン 1
'
:
.エ'
3(;t ρ
反容生
威勿 E殺 弘 L, 二れを (X九
,f
l?
L
)友夫;!:f熊絢ヒ鬼なし 1
三可能性カヲ9
題、、。また J l(a-Oら
,
,
)1
ミ
J
J
,
2
23SU の枝分裂t~ おいて宮 -t'n の殺出材託行先久生成母子の1:1ま.1l ヒして'" tOl
/
f
i
S
S
i叫 左
得 ~I-:" ヒがま勺 T:..
品 L , ポリ.::-:z..-トロシが為危 L4~ ると巧れば,それま生成さ-{tる 1:' ほ J 中性手五 j司時
1
:必患な数1'
;11
殺到する必撃があるが, これま τη 、支持震で ll:二の£杭不~家-('あ勺 T:... V
義
3
もらほ, 2.伺の中性予定 j司時(~放むちる特持、な放た孟認芽、 L 究め安簸結果&幸腕-;~"
、
場 理
(以下で{主主九五 Sでゑわヲ〉
( ゐ ) ~の生戚
1
9
"
8
.
持r
:p.伺dι~q)l "J.
の励是副長態は Sを生成する最も有舟j叫犬態ザ
ある争、毛如水小、ヒ示吸 L f:.~)',その当時その i.1~"i (1知られ t いなかヲ f乙 o l
{t
i
:
-τl工吃の
i
$
1
t
I
X
F
L
穿. I
の主う 1
:
.知られ 1 い
る。 6
{
i
ιの第ー励起j
え
危 6Htl立をのエネ 1
レギ 1
!
わらφ
る川{こ:中十民主/イ自 r
;げ放出方るこヒ lま不可能である。また ,r~家主方支出 vdf怠|え
態(::透移ちるこヒ毛,純手救出ヒ競jeLt
宅の綴考ほ,)、さい。結局, 6HJはヱイ闘の i宇
性手を)司時 1
.放出 l 1.句イ
ゑl工妓ぢ e こ
のヒミ Sを生威ヲる可能↑生がある。来研免
で1
,
1
: 8
e
ε 滑、手付中T
生
子τ
照射 L1.6Ht
-乏
生成さ也 Tユ 討ち, ~生F謀反応. ~ L1
.C
l)
一一-, つづ
一長す
1
.80 MeV
五採用 l T
<
-,.
5He+
n
宇
se(n,
c礼子~-fe'*ーキ S十行イe
(1)
0・
969
f
ゑ ) &の持出
Sぬ似品乞らうz
局、、れ
4He+2n Mev
Zて
4
l($, P)2~1ち
(2 フ
I
'
H
e
ι
υ
ω
Q
¥しー
。
反必 z$~支で毛用、、る J その J づの理由
は主宰な姉 5
普
及j
L
t
、ある(句 ,
p)(
が,グ)十
He
-L
句
L
〈何者J '
d
'
)(n p)
2'
T
日
CU
, 及
式
:
;
, ~f ち
A
t
{
(,
p
)
'
ワ匂仇ケ)十 C
n
*
;ìrl~e 伐材な113
6
(0.802 sec)
(3) Fig.l
1
1
'ヒ
ず、、 をよ tる・ぜをね ヒしあ主・ざいヒう
わ リゅういち・は l
ぜひろ L
1
6
Tτt~' L.
は1
三 けんたろう・あらか
及たの中 I
a)停ずある勺ι
'
<
.
.2.'1/唱の舟片品主短いために妨窄柿少な、、二ヒずめる。こごず'
!
t
l
l
教y
中性手主意。ホし"tいる.
c
c
)
試 料 続制様、(-:.ある&I~/
ズ戸ダダ、一の寿'#干主毛司ヒ免九られる丸o をこで, t
実駿でほ S生成用ターゲ円ト13e.t..~接出用
ターゲサトAl止を離 L'L削釘殺射 L氏。ま T
'
;
.,ð の ~4rが非常 L:.魚、,場令も想定しし
B
e
.tA句会金を授射 l1
にしかし,この場々ノ差耐え港、 η 6
H
モ(:.よる;たの及
今8
.
e(
悦,める H
巳
: 2
.
'
7
AR
.(6
H
巴 Jap〉
Z
S
M
Z
(叫
が妨i
Eヒなる可能↑主制ある。
(d)放 射 線1定
~ 1:. わ t携われる痢偽されがり1~材紙撤れ微弱であるヒ
予想 tれるの C
'
, υ
1勃$佐(:.J="71.可能な?邑~緒t し他I、I'vクグヲヤンドの qe(U)方支払
惑で耐えしなければならな L。
、
潟~~ã果
用
、
、T
:
.'
7-I
j
"'
7ト
五T
刈
I~:.まゆ切可。文験 l はい宝縦長物受
2-判 l
A
向、主鉱駿走行司ていゐ。安験タ, 6l
;k栓'4:試料の衷駿τ
・,支君主ド 7
1aMヒB
eわ月械
を主主 l特をねた吉正釈はる茨絞τ
ある。明仇 11宅
の kきの肢の殺数である。誠見守はいず
れ も 半a
ι
9
7仰の円簡状ゼ長ミは 2・
I
f'
"s
.1
'仰t. t. あ守九ニれ五中性手~毛ニター乞ヲぞ
い Ae舞iキャデセレL~封入 L , ~象的の JRR-4-原予防の気送穆 t~設置された白) '
{1フ
。
向1
:
.
遂ヲ
t約 Js- lig~射した。 èd ,,,, 1アはきそ中性子主略取し(功の及点、左抑制ぢる。
TM-I("-は中性手束及が2.'6,.舎の生戒、考(信包和生威肇 )R. ~jk;D Rcは(3)の妨事友克f
の寄与志At宣言鵡食の結果骨、ら見積~, R 昔、~ '5/主主守主1
重である .H~ /-3 の安験i'l~
.
r
t
v
毛色ザ門事の生最ち丸山予ヲ 1:. が, Hrtm匂 1 , 2 の支駿f は有もな坊やla 弘首i竜 ~T=o この
阿'~ 1
1~ (-;,.tるヒは結論できず;むしろ(りの反tol三 よ ゥ t 生成 L'k可能性が渇ぃ。結果
工ふい切詳しい爆時機お守防竹.
L
Tab1e 1
12
骨(
10
1 Be b1ank
Be rneta1
e Be
A1
15.48 0
o
~f
、
-~
R(sec 占)
可
ム
日
一一一一一一,
C
r
n
c
e
s
Sarnp1e
R
Experirnent
-2 -1、
c
r
n sec -J _
,
(
Weight(g)
争th
8.09 3.88 <0.14
<0.14
3 A1 b1ank-2 A1 rneta1
。
18.16 5.44 2.31 0.59+0.27 0.09+0.29
4 A1 b1ank-3 A1 rneta1
o
32.81 7.82 3.51 1.86+0.19 -0.11+0.45
2 A1 b1ank-1 A1 rneta1
22.12 8.72 4.02 1.47土0.55 -0.23+0.66
5 Homog-1
Be-A1 a110y
6.96 24.25 5.42 2.27 5.82+1.46 5.17+1.47
6 Homog-2
Be-A1 a110y
.03
13.32 22.69 5.12 2.31 7.29+1.02 6.70+1
1 6.15 15.24 4.81 1.90 0.53+0.13 0.22+0.15
7 Heter-1
A1-Be-A1 pi1e
8 Heter-2
A1-Be-A1 pi1e 28 15.47 23.38 8.09 3.93 2
.0
3
:
:
!
:
O
.59 0.40+0.68
9 Heter-3
A1-Be-A1 pi1e 102 10.61 19.43 8.80 3.76 1.60+0.33 0.19+0.45
1
)e
.V
.
必M 多,同タ4.μ:
t
t
.坐,
Z
! 333c
t仰の. 2
.
)A
.T叫んNi
di
:
l
a
1
.
)ぷ必旦互 )I
ι3ζ 1
9ク'
1
)
.
a
e
.
)J
.In~. N
u
d
.~.・弘 I (/981
)
. のN
.r
uOu
必,
M訊 U凶必f
}'2-13
S
)工只 5品ザタLt
v
n
d
.7
?
.~仰必~c4, ~. L
O
i
t
:2
, 292.(/963).
.1
<
.RAo .
i
t
3
)V
(19
ぽ).
1
7
l
R
l
0
6
熱中 .1喧与誘起 23~U 核ふ裂で !í.f,長 L た qt) R
b
o
)
YイYマー此
(京大脅、研) 藤
守
、
ー
鈴
, 0メト品位腕,坂田幸壱,古応イ会i
皇
m
Yマ
ー山ik:d
'
>I : ~\ ~ h
滞納期命j
勝 号E
;tzめる~ '
t
.y¥主)
1I 土手ヨ〉坊の情報を得~ ~乞 .}l'T'手 ~D /=r\~ で;の悲の荷究\1主 k し
て章放弁稜片)¥:p
f
<
よ
れ 1丸 t
j
i
j 車i~実朴啓局 lてつ\ ,
τ
1すほどんどト¥. Q'1Nb今ず ・て
1
紛裂 1・
'
l
1P
XL
た紛糾物のすイ
1
,~, iもスピシ減免lま1ま~ .
ll(桂成うふイヲ童核介繋片!ごっ ¥1τ のず'-JU~*F.1反すよ移
果祈得 ~tft1'\~. 有~ l
'冷I
D
'古
ヤ Rb
[
t
Y
z
:
:
:,
162!{ m
;
孔 プπ
=
=0)
) (T
Y
z=4
,
3
0
Y
;
l11
1
.
.,
ゴ 冗 ご 3)
J
(
Y
l
,
後有-h .
f
tq()Rb~ , 'qOR)
,
h
.f
(1.):字J~' )
につ ¥IL-rイソてー此 H~'l't し
r
:
犬、時れま:鰍!味期?何方ンライン 1
司i
主体機取旬、側中断拠?川泉
/
帥12,
今撃につ¥I-Z行可ゥ走。大ÞI均 ~~'i した冷家格(知中性?東A. I012れ
.
sj♀3
5比 1
ケ"1 ト)で・発注イい O
R
b!エ了 01‘1
[
.
,
J
て
の
也 1, 1直定 lm 此,~ぅ I1 ・ 5 九のス千 L レ
スぜ!句主 1
t'
1
',
L
t
- ;司{1イネ命線器内表面1を毒症型イ究レ;朱r-4 ど o イ六 ~ì'素 1"Rb~A1 ユ jヒ
L,街並石 τヤR
b~ /
7
1
寄
生
し 可動千 -i・っし
Iミ打込~o ~ポORb }
J
¥~G) s
線
l4凡ず究メトリー・アうえナザI7‘土〉千し戸 1(~久下斗九 P オヤ :"1- '0手
;
r
:
'
)
τ
明
主し.可立前期最僑祈 Lた貨,提核 qok
t
"
占t
L今シ久七ごJt"i楠正してすイ yマ
-L
l
t~ヰ~\d7)
7
1-
F
免
。
4花戸カ勺ニ'1-O)~t.: I
j
ヴ
:
.
.t 戸時t\. 手~ ~O 足 '8 0 X3 m
n
r
O
J2枚勺プラスチ Y
7、乙〉十 L
--1(N:
Elo三A)'
.
)
1
"
・6
m剛の問怖をへだ τT全折、、¥1<.をい 1有う平行平
板型で .Cれb2根qら Lキレー?今問 K枚射線J
空を宣く@ iL十
'
:1'
句T発足 iス:〉
〉十し戸九 :
';7SA)
"
'
1
A1
ミ象れれえ偉?増イ時 (RCA8
:
'
1
ま│つのラベト‘
'
k
1-句集匂号向付キ ldQ4jp7" 車 ~G 寺たうユ千 ,(L- -1 今有♂ 11
¥
'
.I マ
.
!
b
与
がP
ウ
ン
ドE
稗
今J
・
)
]
長
く
可 J:r
練局さい Ij.
今舟5
d
イまち JZ 凡ス t~J r
'け mm r耐 え 志 川 レ - , 7
~h1 仁川コっ q 糸、ff l
~帥 1 -ð ?Ó r埠勺 ~l J"Z・
,
寄
っ
e
.~?ð f~~ 1t え生 þJ てん λ 中 l -J"< 10 凡~,教官 /{~5h.t しス i高 Ut 砂/l..}パ o /ら
1
ンヰしー?之耐の計虫剤章吋非対刊吋 l か~(1~' 初。
q
.t.も
Q
'
, q
O
R
bh
、 2Hぞγzあく.寺た
O
R
b.
1
-0)計叡知連r:
勺:
G~ ~ 6ヨ
4花 Pカ
司
有J
f)g.1,ト句 7 ち8' 3 が玖よ l す最 ~þ 線エネ』し有己主・・2 門.e Vl 越え~. 与~ "
占
z
:1
;
:
.
q
,
ラ)
μv
0
士
0
っ
I
守
~引をから与の絶
'
~~命、スベ 1 ↓川角 L , b
繰(1o 0‘56
Y
Q
4
Y
‘
め
走
。
(
T
見
:
:
,
,
)
"
z
合
内
;
,
O
)
¥
,
'
8
)
r
n
l
知争 Eヰ
不易
κ
i
t
l
t
1
l
l
ネ~
'
1
ν
3
句南 重孝
9
:
t
J
'
γ
7
2
l
2=
ユ β)
~ q4Yll~WLÁキ絡を肱1 命維し可動守一アコし 19 ~打A んが 4Rb (J
q
4
R
b-q4~~(TY2 ニワ5" s)-Q4y)叫 L,1
eLi拠身長 γqJ1
れ L
4
-0 ClM.3q
I
c
.
-7'-P ~~1 測定L-.千冗 P 竹内シ?の計約カキ"E i&il-Aヱ
e n,~ 1" 千九円ウ:"1
:
'
γ
: i引をこの r
リ fp (9b まよ)~ t?~s 小企。 勺
t
の
対
争
入
今 1ヨ」、!>X 10ちな,ノ f
に叶えム :σ7 ウウ~
p
re
t
r
-
,
r
-
v
ふじわら
いちうケいすにし
の,l:つぐ, l
iづた
1
8
:う♂己,
J、 L~
tL~ 免
77
"1今
:
.
,
V
"~ , 1
7
/J
37
.
"
1
)7仏品よれ計約件ほ魚句寺町内制キ1-':-!~し J 守 l!jtl した
足
手b,
¥T
・
房
)I 丘
。
q
O
R
byイγマ-0)i
l
此 勾 0,
)
<
1 ~ lLJ4主体令i勉.~-Z"4ト量産し, 30初計ーアヲし 1
11<
鞠京,1( ~ι 斗冗いう',- 1
を│司川マ jし今ス1'1‘
毛
}
ド (0、狩矧陪)て, 30今
同)
&
'
1
史 L,f~ ~ A
1η
"-1を T 2‘υ 5ntl,
.
¥
l 4ラ
、 oM IY
¥
.
.
.Hrv
・
.
,
訴
え
の 3民わ餅守し
栴1
重機内矛十か叶内すイ Yマー比 Zギ拘乏 c;η i
J
l
l
定'
1,~ト智4私見内をト1), I・
2,
y:孟こ
O
.
q3久t
'M '
tJ
介i
τ 行てわた。
親和Pにや .q\~ の次引二)t",利五:熱中性行秀:.!i- .2,雪は核 φ
桜kヴ '
1zA
m,
'
.
.
(I
tF
e
ι
I
ヲt
e
.i
n3
)){・~ '
(
.
的
弘
前
曜
と
令
奇 K 与さヒ仰にγ の~~タ'f.積似~ ,' '
d~, L ふも与今手掛X~~
l
すTy
.
2
.
=
-32-う-s'
t技、、。!立並"i1-. qOk," ~\牧必号{1"~~ )tdt イ
オ L涯 に づ ( ~
7"に端婚す仇ザ.q
O
R
bI
l
派
七
こJ
i
.
_
'o Q
OR6の守イ Yマ-l
C
l
L~本・め 3 f: 11~σ) i
T
0
k
.こJt!
絢、正れほ:,)/、持丸
、
Ami~ I~ F~ I
d
'5'ヂモ札引 K 与j ♂ 1R
blifH~ 111 仁~ q
.
l&0
)i
削1こ内 1
/汚
<
.
, qぅR
h1
1
'
7
~ ¥¥d 1
のた bj,I
l'
R
b'c.'
13
R
b今升い"10) U\~ l
I
ヒ(
Y
q
l
/
Y
qぅ
)I~ ,枝争核γ 生成 L 幻をr
4大:;を κ 、1 氏~ ~ 2
河内辱崎明L.ld急くイ毛布‘す J.したザゥ 1・ '
(
q,
/Yqぅ此!:l~,/定ず
c
J
11
1
"
・ '
"
tl
(卒ヰム :
勺 Ll
d
/
i
t
帯梼句圧力
の問教 y・
4為3--.1')1到'
1 2o
t十うたし
て
, p~= 卜;, ト2,、
)
(q
ぅa
1
mt伊.
zI本均走 t今
{
連 γ為
}
.
.
.
.
.
.
.
万
,
子 h干"-hの圧古作
の
ヒ
:
ろ 1"1
J
{
勾
叉1
r
h
、昨今マイソマー I
t
l
L
.
モ
t
;t)1現v:::~可. >
}
th
¥~ま1) ~ }うに圧カ E上
吋'
7"
t
.
.
主 k1
L
l
"
寸hザ , q
oにγ什防空手を収今, qok占
1
&今O
R
brAYマーへの糾れヒ,
r
"
_
P
f
o
~ÐRb マイパ}酌筋立ビv.. ~ ~ i;'~ , I
.
loRb椅のすイ γ マー山本州乙て .b'''7-~ り。
/ら町内需験 3・
'
1,おお守がな護緯7
同此ヒ Il,仇 /
0
ヨ=ヲ・ ~持久/争 fí つ Lh
-5主主可'
τ
" "(.1続
布
、(
tz
.
, t~ 箱庭今 i号、、すイ y マー政重本勾 3 予を?・局九
7
P
,
2
.
0
LO
Fig. 1.
¥
¥
¥
vhh
50
Measurement of e1asped
ロピ/
30
times T from yie1d
~_/-
イ/ θ r
σ
!
す
2
.
0
x
。
国民
20
3
.0
.
t0
p10tted vs.
T.
Solid
ratio as a function of
ロ¥
1
.
0
工somer rat
工os are
1ine shows the yie1d
¥¥=ミ〉
05
, /y
ratios of y~91/~93'
5
.
0 SEC
。
EFFECTIVE ELAPSED TIME C
τCirc1es denote
e1asped time; rectang1es
isomer ratios. 工somer
ratio is extraporated
by a dashed 1ine.
1
) N. 工
工
.
lanishi,工. Fujiwara and T
. Nishi: Nuc1. Phys. A263,141 (1976)
工. Pujiwara,
N. 工manishi and T. Nishi: J. Phys. Soc. Japan,51,1713 (1982)
2
) M. Weis and H. O. Densch1ag: J. 工norg. Nuc工. Chem. 43,437 (1981)
3
) S. Amie1 and H. Fe1dstein: Phys. Rev. Cll,845 (1975)
1
9
mA
I
A "0 瓦丸、(1)
l
R
l
0
7
l
'
及丸、在九物の
l
司4
i
A
卒タキ
、
骨骨
発骨
格
ι
(局、研, 1瓦久理f,荒木肘奇)。キ 1\1 主~-, ,~場1., ,馬場若手,議議 1
1
湖4
遣
先i
l, 今i
7停南町関根j究明,品 i
i
1
f
λ ,,j右手各支え,切村務
i井均) 重イ芳シ報反応、1':l'J 、t1Z,報融/言及jミ・-;京、、非弾性散札, f
長子持 f
f瓦i
.
., 平
安
合意L 及点、お乞穆 b なえA'1N.起リ瓦丸・系的企持f象 ll~~ 脅 I~,ll雑である.殺意ら 11 (
/
1
7
A
'
^"
'
'
'
0
)
及
)
.
,
.
来 E逢んで,その kた喰講の量的。援鰐 E得る R めの美身長 E進めか、る.
前和JH-q ,入射エネルギー 112 門 LV.C の委託内情核ぞ稼右京住政吻の管室タ身~Iτ ゥ
いて報告 lT
=
.
. 今回 r
J及ぶ税措主ょう£わ L
.
(
、調ぺるドめ,入射エネ Iレギーをれ月 e
V
;
か
ら
111 州J パ町 1 0 ・主 ~L .1屯て良、吸も行., T
;
.
.需拡企及んの:t託手実情接 Id案、、非弾性骸-fL
,
JJ
:・
.
p
持手衿行及え‘ t
;ピr
:J )
1'
!
.~ l1
と包希えられゐ R
p
tうで‘鼻持柱 Eえ量 Lr~. :
二 t・
1
1
文章 2 れド元豪いついての同信停命荷主入射エネ lレギ』局間散も L て長め,えた域靖 1
:つ
い 1角家すゐ・
l
I
仇"-'
(夫政)
_
ν
ψ
"
"
)
i
j
11 ンデム加速嘉 t件られる I~O t入射針1:..L, 金 持 ( 取 引 が ぷ 恥 t(A.
川
ヴ
1
:
.~ -1
-、ゾト』してきま射 t行
.
, T
;
.
. /.0。入射 L ネ
,
'
":'f~ 1
1<
;
]
0月 eV
f
J
-ら1
J2Meγ まぜ穂を,=
札 .
t
:t
t
.,粒子方レ〉ト 1
1-数吾句 A,~!,射時間 11 謀11えする核棺'" J.リ,短い物 t
.ID身長い
物 で 1時間ピ行, T~. .
t9-i・ヅト '6前後毛 11レミェヤふ f
d
T
・l
i
l)t ~l射検, 15各 1:寝棺の
文章走行..T
=
.
. 核格拘えをは, 1
)非凧吸の t線ス叩チトロメト )
1ー
, 2)目的元悪事,)の北学
~隊~t 拘刻え,ら Z が珍が~ ;
f
;
t
:
:
住
民
吻
め
を
主
椋
ゑl
。与るお離f
i.例剰え主別企 I
=
-支姥 Lて
行
ヲ
ド.非純愛01 *
lスャケトロメト )1- 11重文,.~ τ1 わ ド )1継続 Lt 財絞殺し,各十 7~ι
1
工事民前咳圭 2
色到し,エトレギー倍』ヰ熟期い、ら核揮を l
司え lr
=
.I
司走汁み司パネデ・
9i核穆与 1-:..i..ぺ,デー?相互r:1危が認められβ ぃ喝 k(:1
k
'
)被程内収量定式走 l作.
イ也管命館日,ペ札, R , H3 左対象~ l~落球柑弘,完成身融 E くリかえ τ こ1:.. 1
=よリ単融 l
t
7ラ
'
};
_
.
ョ
ン
与 lユ付ネスマ?トロメト 1)- ~行ヲ T-:.. A
(
,撃
収奪 Id-既者1I{d)守ぜ1}々ー王朝
札
i
司{主持(-::づいて
え釆め?と。一主 R
t
r
4
Z
1
"1,歯-} I~ 示すよう
1': ~?.射さ戒科 Z
B
日数可るこた l亡よリ貢~~ lr~ 1
]
"1
-~t.
t
民t
7
r五,ヌ量イ本予・7 案τ介押し T
;
.斗1
J
・
ルトラ、γ7・
(
:
.
補
集L
, 保久べ・うト
r
ロメト I卜 1 ι1) 皇
室 L[<0 0 タ~I走 11
数退問 1
:
'わ 作 )
1を
の事民高安e.l
t
、
師
L
.
R
帆以外の V
ol
c
.
t
i
1
.
tjL意の J負~主
牌i
ZL1h え量 11,li 持 d~ゑ E 場|えて
ヨる干支袴 1
:
.づ い て 1
1観
現'
I
lr~ ~泉も
同い,をれ以 F
い核種 1
:つ
.
, l"
乞
r
Fig.l The set-up for separation of volatile elements
from go1d target and a1uminium catcher.
1
) samp1e 2)resistance furnace 3
) C.A.thermocoup1e
4
) charcoa1 trap 5
) liq. N 6
) trap.
2
R
供の崩事象事品物である P
o~6 !i'"
A
t
め
を Eオよめ,生所柄事長の関係t¥o:IHええ lf:.
2
0
(純呆) ;
t
議
所1
1瓦応、仰い身長身誠君、ら
A
系定要実情持府系吋ドラ単位紋否し L足、われる反応、住所
物l1>~ド技手持針及丸、』芳えられる核種 t して豹 30接語 E問主-え量 LT
:
.
.
~ -アヅ~ l'ーより長身校同JJl吟桂内核 τ
l 勺いての l
司倍特命足?を 3鵠委員内入射エネルギ}の
場
,
t
-.
f'II~ ~ヲ Z 帝ユ国 1: 示L. f
:,これら 11いずれも相対的なふω ムt
i
v
ey
ie
.
U であ
'
)
. 1<.11\.の喝 ~t 祢( ~ t
o
to
1品川札〆印刷 I~ 泣い 1!.1~ r
;
.ぅ t いる.
場ヱ図書、ら 9
Aらか以ょう 1
'
:
..し l
司1
i停若干 t噴量数 2.D7
以上司 A
t
l
笥佐保 k11~寝童数
υ?以下の核種も 11実はう会主計説象 1
:
:
4IIいるこ1:.k示 L1 らう. L1)、も屯の最丈住咲
撃の低置が、エネ lレギー噌抑』夫 I~ 、
)
.J、
、f
質量的世h
:
.吟行するヱ t1
J
‘
潅
賊'
1
.
<れる こdo ~ .
t
はちが‘ 1
:
.AL1.
CE,."よる計恥竜泉 11. こ品慎重域て,J, (
μ0,
メf'
J
"
'
)~向先在員界,kl~ 手伝枝子
~Jをli桂却で主主1..- 1 匙ヮ t いるこもも芳、 vえ l tいる.前副外報告で、 1
1寝
室,
f
;A十曲紘,反防
曜
午2
の持朱 T.
t
;どから抑命的τ
l 才筒.J.あるものの, こ a 免虚偽~→Ji:jを過程偽 7・,,~也え 11'"
e
zc>3 γ、:.<.J::..の噴聖域 τ ‘一省、('.~ヲ
ている~ Lf
三が‘,同 1
D.係右足"~
詳細 lτ 夜討し T~ 席'!l 4 持
l
:t"'J
2
-03- 2. D7 向 4直室~"(、の生 1ミる寸.
ロ也え1
12.0'
1
以
ょ
の
質
量
電
報
'
1
:
"
の
/
0
'
F
見弘ならy..-r
:203以下内慣を域
て"の?わ、非を単位散札司弘、可‘帆 L
/
1
プ
もg. ~ll 之れるべ、ミも白 'CJうる二
t
_tf晴らかである.この反応、 11 相
1
1
2門正マ
/
グ
/
d
t
3
文句教もできヰ飼い枝討する.
/
J
J
IU
対
金字ー γ¥
・
Fト
問1!.岨慣を域 f
'.
.
I
.
J[Ì呼-fi}勃11 l.~'γある
収川
引 IA ~吋μτ ‘ lztii渇の主力q.i.端去三 v
1
:
.生域撃が小乏いこ
t(
ji),uA~
I
d
も hl雑n 枝子の交 1良 l~ 可 3 咋t
の主が生&¥量 b曹、久芝いこt_(
i
l
i
)
I
d
村 山γ
?ーゲヅト k 入射希子~tI)閑吟
P1:仇拘え稜及丸、ずあ~ I勺1
;
,.
r
'
l句作 t‘、 11~支岩内住所量 1J\" 、
)
.3 い
こ件品興味ある将来 n
¥
"
認めら
れゐ/)¥",これらいづい tも%察
司る.
け舟場 4色申ュSIS]波書:r~t.射すま奇
企 • 1AO~ (
1i
'31) t
I
.
¥
;
丸
d
1
0
1
9
5
200
r
ぅ之 国
,
205
︿︹
え
駆
竺
人
一
之1
0
同4
主体右足p
也後
いちかわ Lん、、ち I I
れずひろし, l
I
r
r
す九こ,ふじわらいちろう t
lf
:
:
l
jん下ろう
いまいしのぶ勺ぐ,ペ士ぞ幻1:. L
ム乏, lの11らのぷ];, τ
l
'
之
1
:
.L あ I T
ミむら勺 tむ
I
2
1
If~tJ ナ
lRl08
16
0 腕‘ (1I ) 運動董移行と帝蹴号紋出i
蹴
水求
、
'
"
(
原
る1
f
t
.~反天王宝紋j苛)馬場宏,馬喝l華子帝京 -~~9憾太郎
前/
1雄一 1't!iJf~mf,'鰍側,締伸夫,鈴峨夫,白1橋
J
16
[序論]Au ナ 0 反I~・系につ‘ぺ /"jj定・主fit拘,~移行する Ül1,eor
複令Z
泌 総f
反
足 lt
之計宿直ヒ比較(T
:結果を去年の討論会て報1
1
て近、、反良、生園刷。選議力量七1
・
fu #!(J/Hf紅
白
'
"
'
_
t
r
G
.n
s
.
f
er
-玄仮定
tー
を
支 lT
J¥
1二
'
t~\"わがヲ九入有r~予の蓮勧量の一許可1\" f
q
s
t
'dJ
F
昔でヲにわ可(ゐ I いわゆる rav-~a{ 例Dl#feHtUJ# t
Y
'
t
l1U
fer (
)可も
て~ S
1
ご笥歯 l
二検討するため、今回I
I句 の λ射1
.
f1l,1"-ほえ 1
花経を1
則
定L
.催経内入射工ネ '
l¥
'-i1夜干j+ÍI~ づいて計布直 X 比較するこヒ l 二上 IJ~級J't;_.
均奇 ~ <
1
:
:fu~ùn rY'o~e.sS 1 て「 γ1 考察するこ t'~l 九
尿検]~.鴻T条件お主び伐防初 l司足・定量の方法1: ついて 11trï (
)
鴻i
t
t報吉行 l
t
:
:i
I
tJ
'
で
あ
'
/
;
)
.
二η
'
矢検1
・I
Xででる的 T
涛"
A
u
Y
-i'リ卜(--.J_Jt.1jJ切りを{受ぃ.“ on
A
u
ず
に
針 ITる工本 Iレヂー損快 E 少むくし恥名前面積η ピーム方向|ておける支ft~~長/知:するよ
うに努めた.,を留枝のん宇 lミ
あ1
1る子旬発経r
tA
l守γ・
ソ
今
1
'
・7
ォ
イ lしへの今布キt
A
u
7ーザつトの l
写ざに持1
;
る
こ tlてよ,)未めた.
[結呆J F;1.1/~ 被制組1互の反JE,笠風物のうち , A
t
のl
司f
釘本lごついてのJ者側線E示す
。T
:
:1.駒山村お 1
1るj抗生酬の平t羽議(
m
;
ノゲ), ~鮒rt'60 の金J~J~~I: i
b
'
I
T
る運動工ネ 11
.
,
守
ー
で
あ
る
。 I
@宇‘実現l随Il黒丸で 7
。日ツ卜 L1あゐ.また (
1
1
0
,.
J
11η)
1
60 c
反JE1l て対するQ. i直~~で. (
/
.
..
t1
1) 反j
E
,
η
o
J
直
を Q〆で表示 tてある。 7
T
c(O)/"J.
1
6
玲 =J,f
t
.
t
j", ヒl'
:
8
寺
内 0ナ 1'l'7A(j志
向 I-1]-/海盛のあ-::~表的す・--""-,,凶宇1) '
.
知
命I
,C
{
)
m
lL
et
eju.
f
i
o
n
lご
続 1,て等方自~,てα純子ヒ宇,性予が・;菜請とするヒ l 1
:
.
8
寺町千t
礎維の
計算f
皐
"
t
'
;
b~ O
Y
'
.矧 i
雇I
l
d
T
?
A
t tt. 除き計算出り 8~ ~ ~1 ,.~ ト
7
"
"I¥。この刊創f
nt
t
)
}
_
で1
1
. 金ι
れ 燈o
t
1J'i間仰木村 ,t
:
.i
.えr
:
f
.b
li
前日のt
c
nで1
1
.c
l
J
H
1i
u
t
e
f
u
.
$i
o
n, 寸、211T 鳴子 k 中・ほ予 η 蒸ZtYSキ是~í反え l て t 、\~守の'実~q~dt'ピー笥 fる結果
E与える{、全遜唯桝の f
i11 抑制初物ìt~ えて t.j:採すご大き 7J繰IJ認め
T
6
山市 l¥。でうに ,J. A
i μ.
t
A
tIてつけて r
l
7一口ン津受よ J
Ii
f
:
s
¥¥
E
e
t
tでi
i
文かの生議 1
1
¥
"
認めう山ゐ.こ nご t'
L
.I
J、
τぃI貰童数ηバ
t1I司 íû.~本Ir~H直ょう危\ 1tcn で反I~, ~r~ ., 1
.
,
,
る
こ kit 華族 11 、入~;r 16 0 泊j-~γ. ヲ一千リト取の澗.iJ聞の初期の千支持で
1Jctc
ズlて分厳l‘ 以Ct~ けが.7-f'I 卜 1τ 吸収7"~ (ぽ経子 I
r
J
合んど私的な作用 1
i
受I
r
T
"
l
ミj
f
f
i
l
,
}去る乞いう i
l
1e
omtetefu
.
r
t
'o
i
1 反t
l
.
!
'
l想え tk。をイ汗〉殺反j
も
に
あ
・ 11
"
(
骨t
エネ lしギーのぴ純子f> l/f臥 I J.'よ〈知 S~Iτ ぁ'') , W/{CZln
r
.
k
a 苓1)tldO$dtωc
(7.f--lb.7!1e lT!A) 加古・奈 I~ 勺 111 前方に島\ ,
エ
ネ 11
.
:
1
"
の
ぼ
精
子
d
)~t'itl を録制(て
11ゐ. .
Ir
r
c
o
l
f
t
t
(
e
t
e}(Adl
o
nI て苅する千1':)震殺の計算征~ f
i
r
!I_~央線亡、示す. :
J1
こ
ご
のa
寺
町 1-ロッ?草壁主古代)て表才、 lて為る。品切れ除 (1 て震直惟ヒ計算f
酌ーをあま
おお℃ぬ喪主まであゐ。この結果I
,
:
J ~)I) 鞍吉ヒ t 穴体-2Xする 'l 7
,
え
るv
¥
",
ただ, i
fの
手
授
'
l
l
r
f
t
1
.
I
I
I
U L.
は・
1
.
1 ろ
Iずit'す什ご・小~'1t7うい1)ろう・ i またけんたろう・いちがわ L 人いち・
¥¥~ I て L の.j~'つぐ・でき rta ピ l あさ・ L のほう ηぷお・す γ ちヒ l ~ • T~ ti
:
>
勺}
:
:
t
ニ
2
2
告
に LTォI・M.-4旬のわ,~街f・ dt> YAt l
:~tJ '鷹取九〈失線的 1:近l¥
ヒいう長
がI
t}題である。織では‘ '
t
n
C
(
) utef
u
s
i
o刊行可うす" A
凶 t
l
c
l
.
)
O
)"
1
1
1
d
T
T
U
f
j
thn
附 J
例。 !
t
e
t
"tt房
度u勺つ、詳細i
;
u
t
令討モ加える予定t'ある。
女l
て
ヲ
ー γ 3卜
司i
互の生民救であるん T
,
l'
7
b等仰向1
主
体J
:づ l
l
l
l
1
.そ
の千t可能箱工
‘ Fi~ ・ 1 (]場合ヒ令〈畏 hる工ネ 11
.T
・
1
長仔ト主主示 l1お1
'.企画,~値する. こ~ 1
1
:つl'
1i
)
警察モ什う.
[繍1
1
) k
.J
lwek-W/Lcl
.y
n
r
.
k
old(
)
.
!
ノ N{,I(!le
{
)
.Y' ?
h
y
u
/
ω,A
.
J
.
l
立 I!IJ(
l7
7
?
)
c
1
) TC
.Awe
.
r~t a
lr
h
y
Ji
e
a
!R
e
v
l
e
.
4
ノC
,.Jt
,.
)
.
]
6
1(lf/J.)
,
{
f
f
v
・
,
I
ノ
-
2
0
9At
206
At
_
ー
ーーーー
1.0
Q
ー
+
+,
IQ
5
、1.5
P4
¥
c
E
-
2
0
8
At
J
205
At
.
o
+
8
H 1
回
以
ロ 0.5
d
8
Q
(l
I
IQ
ロ
H
1.5
口
-
207
At
市
肖
1.0
IQ
204At
0.5
Vc(C)
Vc(u)
Vc(C)
Fig.l Dependence of range for residual nucleus
on relative kinetic energy of 0-工6
2
3
E__ (
e
V
)
cm M
Z中
‘l
生手捕殺
l
R
l
0
9
IS3Eは の 多 重
(房、万有') 01
裏l
根俊明・布川進一-馬場怒号
必殺弟ら l
在争窒中1
注予捕1'1をいくづかのターゲサト栽雑ζ
l づいて調べて来 f
;
:
I
J
;
ノ今回{ま
;)"1:民主ヒつあ 11'r~o
153E仏を中性ろr
.
!
@
射するム次の主う屯
J
主主の反応力5生主切る。
l 雪 3hA斗 l 舛Eu~よら 155E比2よら ig6E!AZム
付 .?6Y
モ
亡,
s¥8、片
(3~1ω
二宮しまて, 1目 E比 (71,
O
)
'
5
:
与Eは 艮 た 1
之づい大 l
吟《の報ヰ主力主あるが, 制 Eは
く11)0
)
1
.
5
5
'
(
;
.u
.
6
ヒ'5"S'"Eは(匁 )l
r
)
'
5
"E
は 反 応i
二ついては報告も少なく,寺民宅値の│剖のい、、書I
い毛大 tL
、。本
剣先1.'I
d:.)これらの運行l
面積を求めるためじ用いられ?とこれまでのれ五ヒ li異なリノ中性手
照 射 lr
;
_153Eu
.~梢中の l~lfE比 pfSSE 比, JS6Eμ 生成章を r 線スペクト 1 L.{~ll定1':.. よゥ 1 求
め
, そJれじ中i生手索州通由、今実効護持画殺五f号先。更 L~ ) 実なる 1
判官手スぺクト lレての実効
断面)、ら r ZZOO仇 .4/U-/刷 匂 針i
@
採れ英鳴娠のヒ乏波長lf
:
.
.
.
決首長
(
a
.
) ターケ¥ノト
l
S
3
Eu
.
試料を質量づ主総務乏用い切手数 l1
主。天然、の I
期初本合眠の
ELl2 03 ~街からぜ襲撃令離され矢悶E はイズンど寺、、為舎を茂11レミユウム tè~二打込んて(
/持恥 ^'IO~CJ )ターザ V トl
:
.
f
f
lぃ T
。
二 1宇十生寺東毛ユター U て (0・A
e
命全然.AγA~令
金線ーえをの Ta...在不意切ヒし 1含む N
&
.~年乏崎町~J!~:射 L 匹。
(
6
.
)
授
、 身
す 場、研の JRl
Z
-2月
中
、
季
大P
の照創孔の中て製宇ト¥
?
i
'
主手の奪'
H
訟の太七、ず1-1
照射手しと製タl
、中性予の事怜の, 1
、さいす T
-Lf照射礼ヒ 1
:1
1臼 l
司 授 射 L[
:
'
0
放射能授IJえ
数日注却 l1.から同唱えλぺクト M則定を l~始 L f
:
.
. IS
t
l
E比ヒ /!;6"
Eu
(c)
(~tビ蜘ヲェネ 1レぞーのあい f線幼女忠するのて、j司動型仇 (L~ )
庁長白茶色用い l
i
局
長
し
ノ
I~SE,んは鉱工キ lレギ一周先手液t\漉 C LEP
$)tマ ゥ て7
則史 LT~. ま 1し中性手東毛 ι タ
ー中[::言完走~"!れrð:併す能l立j司勅笠 qeCÜ) 校出器 l-:.. .tゥ lt~J定 L r~.
(cl)生成方支射能
r線スペクト IVQ)1
0-7\税責 L~ノ己- 7.~計悲紛争 . I崩壊当?の γ
樹立併,減税 η浦正を行いノ照射的時の生成牧射能き1
出した。
(
e
)中‘肱手東
毛 ι タ J 中の生成放鮒~、ら先(:.毅ゑ l (:.支払[::.よリ匁%と y
l
T
/
T
oと
ま求抗。ここで党 l
I
捜タPt
'
i
空与の事怜
州 生 持 た ち =2200111.必 c-lfrγ斤穴J
をゑ.otf;寸る問手である。
結果ヒ考察、
生手朱州連から;欠の主う l
二 L1
"
生成方娩1
有色ヒ中1
'
.実効新面積がオミp られる。
今 rIS3E 比ターゲザトの長初の Y骨、手数を NO ヒ系すとy 時l詞 t Pl!.射j交の併E 比ノ月~E (,{_ J
瓜 E
札場、寺教 N2 ,
ん
色 /
1
/
'
1I
;
t
.それぞれ次式 τ
与えられ右。
I
せさね
ヒ
し あき・いちかわ
し人いち・ぱ l
i すみこ
2
4
i
時
N
,
-R
2
.=
:
,
.
,
'
'
'
12
.
ー
ペ
,,
t e
_
1
1
>
.
で
ε
-/l孟- 1
,
.~
r
刈
-A3t
ーんで
~-/l3t
,
.
,
-A2"
t
,
可
=N R
" R,
J
_
~-e
十 e-e1
3.
IVh/
l
,
)
(
t
1 -;
1
,
) . (11, -11 )(/h ーパ~))
,
(
)
2
3
… fA1:r二
三:
fイ
ー
バI
't
:
A
,
"
t
d
i
f
A
1
7
刈 =N,
oR
'
2RnR
3t,<.(;
~-A2t.
ー
パ "
t
3十
_-A
,
t
_-~事t
i
ι
3
4
4
3
1
,
(
d
'Qの安担前面
ここで, Ru=冗 1
j
L
A
Jてがりは 4番目の培、手枝から J者自の場、手放への及t
0
:
.ヒミ,バLE A
τ
L+Ruである。ヂ J,
N
積 τ‘ある。注 1
:
.,λLを崩壊定数ヒ Lf
#,
i)
.
L λ.
'
:
.
.はpR
こ量動者ヒ忠われるイ直割反え L'll
から未知警 R.
:
.
.
決
定
す
る1
i
.
i~寛むし売の 4
止L
Ja
二
よ
.
,
L
い
νR
}
'
)
1
@
:
b
_t ,主リ哀のイ直 l近 り説明ヲる.この過程在 RlJ(
:
1
経i
4重からはt:
昔、うがL止を決定 l7
えれなるまず緑川丞 L,この RLJMe
しなお, ここでは 付= 0ヒ仮
史 LT
:
.
.
5
.
1
下'
T
:
'
D この凶から 匂札(処方)
j・It 二 2L3 ヒ%の伎を γ斤汗。のイ直 t~ 対 L てプロ‘'1 ~ l
t
6
1
な袈外中世手ゆりきであるニ M ゆる。史│三パたの式
E比震た;
ホ =r
2/J
買)
J
(
) +(
斤パ。
.
r
A
l
.
c
.
.-/の中性予の街面積ノ工
(
;
J
:
2200
こ
こ
で
と
を
決
定
は 川 町k
威令
:
:
.
.
o
I
J
Lr
0
0
S'
IS
'
j
f l1
:
二
。 I砕 Eu
'$;"を志ゥ夫主毒殺/jr である。二れらの値 rJ: T~ II
:
.,
E札及
.(n '
a
)
1
J;
句
.
t
.li
点;t~ つい L[ 'd., これまでのヂータ主リ大巾 t
:
.ヒーさえエク . Iダタ在比 (?'l,'o)
:
.
緒
方t
I
t
6
tの結果 11M開局対的のそれヒほほ)致 Lf:乙。ま主/系列究L二
Eu
.瓦陶工づいえの悲柄、j
_
.
:
-.
こ
な
マ
[
:
.
.
.
.
,
フい仏更新教が明らか l
川 両 院L
a
1
:
ム
6
Tab1e 1
、
、
r
,白内
n
u
n
u
F
-
Hayden et a1.(
工 949)
3)
Adarn (
工 970)
Present work
Present work
2)
Hayden et a1.(1949)
4)
Mowatt(1970)
ロ^=3760+工70
Present work
I~=15300+2700
Presentwork
日
(1 't~/).
Reference
2
)
nunU1ム
コ
ハ
υ nヨ q
4
4+-+-1+白00+'
A
U 瓜坐 Aununu
・
nvnvRu--nU4
norコ 苛 ム q,
bn3nU
81==74
z=nv'nv==
68CZ86
.
.
‘
。i
1
)花、 l
A
E
R
I
-M q~!i 2
朝礼 J
品
・l
uu
BE
FhdFO
))
E-MF2
、ム句ム
YY
,
,
nn
Y斤
汗。
((
UU
22
FDF
1
O
.
O.
s
-
4-Rd
F..~.
、.晶、ムコ
ん?
4mhu¥ ﹀
。
一
一
一
て
O
Cross
b
)
section(
Reaction
く
も
2
.
,
O
J
i
d
,
ー
d
.ノ吻d,Rw.221
.
i
lc
.工 Hザ 仇 .
刀R
.
a
3
)E
.AJ
勿t
.o
賀:
,ZFK-2
1
t
t
:
}C伽t.工
0w
パ 1970). り尺.S.l
P~. 主!) /933(/770).
/
91
/
9
)
.
/500(
2
5
l
R
l
1
0
Zr-870) γ
線φほ比
(東丈ー梓J庁)0柴田誠一
(匁ー?ヰぞー・メロシ犬 ) P
.正 }<a.γ。
}
i
名手え Iレ宮町ー‘一時守と柄。.引e.10旬。及 1J: 89 y との核砥砕民 ~・ 1:: よゾ主民する j文相焼え
掩倒定員前面積 E ‘ 4 じ学小雨主~ l
tfJ・い(芝r
. Y
.B
.
.
. 5
e
.
.A
.
s
. G
(
よ
と
‘l
てついて)て・ 3 る
e1
T
.
:
'IT 掠寿今(苧判明之 ~3 夕、)白 1対的 Z、持度よく刻乏し、そ m 核反応1究排につい之安日比
を得る作め今更喰1
"
-おい之、勺炉内 Y
緑町ゆ品えぬ旬、・・支 l
試低 1) と比較して約 30 跡、結¥f:-1)'.
1
-
f
手られ[亡。一主主内実草食IJ ロスアう毛スIIlJ
LA
l
t
玩
有T
'
^線型加進諸事乏用いて.楊手ヱネ lレザSOO M~1í 及 7J." '
800t
1
正すで合 T<
i
',ド
。
(実斡')号、非ri表内~r..,学ふ離を ;:")るがけ迅 JLlτ 1
1
'T/ う k め{て、必/~r;ji 内媛焔向 1~ll不与1.
. 断。、 IOI
'
1
o~ あらかじめ水 τ
l 可本T
c
f~t.'芋弔 1-:: 交換 νIをの 一 企 渦 h.ヴタ.、-f:‘碕政 L
て
を
え
3向 A 過敏弘 1]<. 素~<.. ~加 L 戸港液 1
:
:ぅ嘉門干し、墨絵乾闘する。 この手持:査をアン-t:ムア ~q:: 落解
し、者:外線ランプ下てゆフく,y:丞A名手加盟すると.水 I~ 可港悼品毛,)プデ y面支アン之ニウム
2
9
4
l
r
却で件られる。 ミ ヒ后物左委主10ザ アJレミニヤムつ z イjし{::包み込んて・ 1
島子服、身 自のター
ゲヴトヒし[ミ。 IlYy9-アvトとし τ
ld=碕面支ペットリウムI.{司いた。
陽子_Il.l射の暗号問 i731
入て、ピームカレシトロ/ .
s
/,~A でよあヲ「ニ。
財 f役 、 ト ア ァ ト l
宮
」
ニ z ーマチ、ッ 7給立毛糸 t1
良 ヲ れ ほ 史 腕 へ ι)返し、化学村民
主行 tl ヲ r~ , 9
-'r',ソト主 ~<.I亡恭角干し 争完象ごとの持、骨直前 Iミめ 7 み 7 さ〆ヨン l:::~ト7 作成
・
:
l
.
1
有フラ 7毛/ヨン(::1
;
)
:t
J
6 .Z
r .Y'"キ"" )
1アーを知之、史 lて硝酸!:l!車両足4ヒ水素水/
禍~ J
lDLz'
f~ f
;
;
.
j硝厳落兎』し、 o /
'
1T
rA-l'ラレシ落夜 E加えて・有喝事自 lτ ~ V' を
拍土し 2)、有うレンを加えて T1
A議
度 E必 以 下 lてし、殺晶政主仰え z-Z~をi孟抑去した
。 ニ《易機利から、アン二とムアフl
ι
E加えて 21" を水面支ぱ物 kして光政グて、 o
i
l
a
cz'í~主
判定用のす九什 k し戸 f
t
}
_射終]叶 n、
ら I
線制定岡崎」主 Iて」争し!と叶)司 l苫 10~μ 小'c &l勺戸。
線利定 ¥
16
'
e(L
i)衿%-綜ど 1
1
"
午
、 そのスヘ~ 7トIレ1
1
'R
AY々
u
t
Jフ00 ?守ム 3) EI
司いて解
<足取終]叶司古文射能 (f cLざQ l
'
皐 r支l白線解約1"0 7'・う仏り Iてよ')求め戸余
析レ. 1T
考
象) g
J
.身T
称 1時崎恭射能。、ら減対的室内前面積 E計手しに, (
主t
¥前面積内
〔
結
l
:
-';
乱宇佐 4じ l 宮 ~l) (< {
f
袈し[てぺレ、7 トヒア l
レミのそ二 9-2
え庇 l
羽つ;r¥,
し
をl
i
l叶τ
l 民射するユと
l て J リ行 η 、 r~.
一例 tし之.図 J(
:
: 800 n
.
V
楊子と仰向。?ーヶ ト吟均ふ内最古某 E
示寸。:lr核程内最'友 lて閉する移、デ- 7'
1
'
丈
雨
天 1)官、らt'l1
畠左 l
司、、に。図 J J ,
)
・ η1- (
z:-、
/ 17ゲ 、 山 内 問 . z
:陽 子'
叡〉的問前面積 i
干スム - ;
Z
:
r
l{fi
可小削船、今
北史フれゐ 1~ j リも哨らかに低いことが あp、る。これ 1
1!
;
r
JOl
'
1
e
γ 反 V 初 P凡 V
;
J
春?と?弘
、 q竹o J1170 及び・ 2ケ 7 ーゲ\ソトの会 Z 内総企吋Q)~五界T結果骨、仏 1早われ(-:: を
'
8rの事丙前面
くつい之央通し(-::11~ i
i
J2
.
‘
治
、 l
三ーそれ故、マlrの 約ゅd 比('::つい 2存機守 1
1tf,
'
t
,1
:。
積l
ー般 l
く 貌核律的免震安 l
てよる抜核千事前 t
¥
長 下車交 lす求内村 lて
よ )
'/
需品つ '
1られる。
.
"
'
¥
,
.
.
s
-
r
o
)
y
f
r
品
し
)
O也
v
A
n
v
、
(A
し
[
官
、1
ミぜいいら、
VA
』 ー
V
S
λ
λ
D
D
x= V
dーと一一二
λd exp(ーλxt) -e
x
p
(ーλdt)
P
.J
.そャロ lレ
2
6
( 1)
ここど、ぱ'<J.思射終 3 骨肉親挟穂町議'文字、 Dd{幸裁核種目、ら娘核稽~~に学小離しに1~ 、昨
a
間七 τ
l広
ヴ
{
;
,
i
f:t夜種司議長三年、入K i
J
.
.
7
J
'入4は々れそ 1 手品宜主核穆 4最'友定数、色 l A
At
.
r
終J
S
手から 都板7
官胃、ら娘核種の低学夕、福住B子手之、、初『手間である。こめめ亡、 G
e
.
(ムi
)守合幼主 l
τ
立与 r
線利えめ捧的関係 ベ= f・
ι・
D を4
て入して r
線内小ほ此左手:めるニとが Z‘Fる
。
宮
(r;r
手紗みかじ‘ 正:計数初索、 A
:計薮王争〉
この計浮いおい Z ?
を
/
"(
τ ふ Z f"7ザI~ 域安する品 Q\ !::仮定し戸が、最近、 7
子
ι吋 woocfs)
弘0'¥&
7
"
"
'
'
(へ的手車交 i宮 9
8
土0,6(
灼と報労し Zいる。 ニめ計草司李~-*i手ら十lfご小』兵じじを
¥
11
τ。 '?7lr~主義〆麦 1 てよる /2~ j<"V
長 II
こ
示
及 か / え/
0keVr線引小成院はとも
1:: 丈原低 ((2')~
;
t
)りJ リd""JO〆イ(s;、、 1;
R
;
t
J
¥
"
'得られ作,討しく持られた r
線
ん す ; 併 j , /え /0ん V
:,
/2
1
砂
j
.
J
(
,
.
l
i
L
,
2
.
!
?
'
〆 (:akeγ) ~問、、之宅r のを判断両者主計尊レ凶古来左プロ γ
/
.
2
1
"
判
。
( Ep;官 00M
e
.
'
V
7-デ¥ソト) ~悶 21て示す 3
卜し f亡一例
件られた値ほど町内タ F デ\ソ十的場官、 6
電荷夕、荷曲線から推鬼才れゐ{星 bi.くー荻しに。
寺戸 .ω
t
ω
0
ω
0門
伶ε
γ及グ r
拘0
ρ 行e
γ
1
T
楊子とt
7-デ
の柏互作同 l
作
之 J i) ‘事主古戎《レ 1
下三苦を乞酔~(3δ 線刺定し T~て結畢 ιωJ と t づ矛F 省,ゼι ずず旬. これ lτJ 、
マ d
得ら 4
九戸弘前同匹余 L支比内正当十主 1J¥'又宇和れた。
8
9
r
q
.
自
-
E) COFV
U
ω
﹄
-
山
・
。
"
的
hυω
。
DE)COFμuωωω" Lυω ﹀
﹀一T
H
a
ω
WE
戸山
F斜伺戸剣山包
,。1
、
。1
1
.1
1
.2
1
.3
1
、
年
l
、1
N/Z
ト斗
N/Z
V
Z
7
r
o
f
00
e
c
n
a
d
d
v
l
n
u
b
a
,
u
a
r
-
e
b
a
T
。
1
.
3
(Ep 800 MeV; Target 100
Mo)
7r
01Z
.
Branch abundance of 2.8%was used for 8
87
Branch abundance of4%was used for '
" Zr
Target E
p
(
M
e
V
)
8
9y
8
0
0
9
2
Mo
8
0
0
9
6
日o
M
1
0
0
M
o
8日
8
9y
5
0
0
9
2
M
o
5
0
0
I ,~
F
i
g
.2
. Formation cross sections for Zr nuclides.
F
i
g
.1
.F
o円 nationcross sections for Zr nuclides.
0
0
(Ep 800 MeV; Target 1
'
U
U
M
o
)
P
.Y
1
2
2
8k
0.0270+0
.
0
0
1
4
1
2
1
0k
e
V
.
0
0
0
9
4
0
.
0
0
8
7
6 +0
.
0
0
0
7
0.0285 +0
.
0
0
0
4
2
0
.
0
0
9
6
4 +0
References
0.0280+0.0010
.
0
0
0
4
8
0
.
0
0
8
8
6 +0
1
) Table of lsotopes,7
th ed.,edited by C阿. Lederer and V.S. Shirley (1978).
. Moore,Anal. Chem. ~旦, 997(1956),
2
)F
.L
0
.
0
2
4
3 +0.0018
0
.
0
0
8
5
5 +0
.
0
0
0
7
7
.
0
0
1
6
0.0295 +0
.
0
0
0
9
2
0
.
0
0
9
3
9 +0
日0
278+0
.
0
0
1
7
.
0
0
3
1
6
0
.
0
1
0
2
1 +0
9
6
Mo
5
0
0
.
0
0
1
2
0.0288 +0
0
.
0
0
9
9
2 +0
.
0
0
1
2
3
1
日O
M
o
5
0
0
.
0
0
1
5
0.0270 +0
.
0
0
2
2
7
0
.
0
0
9
6
4 +0
WeightedM
e
a
n
.
0
0
0
4
0.0280+0
.
0
0
0
2
6
0.00922+0
3
) RAYGUN program,unpublished,based o
nR
. Gunnink and J.B. Niday,U
C
R
L
5
1
0
6
1 (1971).
4
)J
.
B
. Cumming,NAS-NS 3107 (1963).
(1981)
5
)R
.
J
. Prestwood,LA-8717-PR,91
6
)L
.
B
. Church and A.A. Ca同 t
t
o
.J
r
.,P
h
y
s
.R
e'
l
.
立
旦
, 1732(1969).
2
7
l
R
l
l
l
Zr-g4 01半 酬 と そ の 了 線
(
i
車夫・核府)0柴田誠一
(
カ えキ ー・メロシ犬 ) .
pエ }
<
o
.
川
F
v
。スマうえ λI~ s
_
,
?
;
f
玩祈の線'!叩主主滞明、ゅの狗oi
1
e
γ反 〆 p
o
ot1~V持手と切。‘ヂ向。、
明。及が• ~1r ヒ司椋ÆP-.砕瓦点、 1: 闘する r 逸品対全lてお、、'{ • g!_加を北学ふ需産し[<-1r フラ
7ラヲンマ l
て
、
これ ~I司えすれし、仏、折い 11.2、s- k
.
"V 拘
r働、・拾2えずれ1<. U'I了株
l
d
= どめ?戸ア¥y ト却、らめZ:r フう 7ションザ l
て
壱l
者I亡見);t._グれ"(<,
'
I
W
.l
"t
半
年
目i
宮前めま奇横九│司捧2・める。
実.喰仇千 J
(
*
1
j
)
ま '
i
考察) Zr フラアラョンの川県1
則定1"1
1 ~r 核穂とその場支{て OÌ '
)
主
域
し
F
:
.
1
1
.
良
線が、島られ[で。それ玖. 1/2,
5ん,
1
7r
線 !12... あるい 11γ核種 7、らの壌
のY核穆初、らの I
かよ')紗ぎわいとが初おれ戸 3 この r#'~ V'}剰え 1-= J
;ぃ之 l
,
す / 叫 んγ I線巧放
射能抗九長 i
主ピの Lr フラ 7予宝ンいづいてる tJtコれず、常 i
て羊札魂安之、.あヲ((?そこ
で、、その半減期f.CLSQ
.最わ白線解析ブログうム2.)1
:a りポめ T: , 結~~議 1 1
て示すー
<
e
.
Vr
線内半却tiJcし.てぷがて停られに:1
T
a
b
T
/
/
之
、 tl
核 防 J)1
=I
手 品 加 糊 聞 を 持 つ あ 糾 い (1Y矧 げ T
a
b
1
e
J
;
;
;
;
J
t
:
:
:
:
;
;
:
:
r
o
存証し f
d
・
¥
'
, /97/斗 1
:
:, D
o
r
o九 と B,f乱凡九 L
(
.
)I京
.
2
8
,5
土 λc砂
9
2M
8
∞
26.1:1
.
6
24.2 +0
.
9
内半減刑 z
、最安ずる//ム Sんγγ 線につい Z萩者し之いる。
9
6
M
o
8
0
0
.
3
29.3 +2
9
2
彼ら 1 1íれず γ 及J512 よ 1) 、 ß~友毛皮線から取れ T-::r安樽 E
800
27.8 +1
.2
1
0
0
Mo
800
.
1
23.4 +2
玄坂し、向定 z
".
jf,よいいくつか0) r
線を島つワにノ1.2,.fjんす
9
2
8
0
0
2弓.呂+ 1
.0
r
奈良るそのうち尚一つ Zあ、 f
三?~Jえら l幸、 crOSS 抑制れrt(26.4 +2
.
6
1
>
I
.e
1Lt I
二 Jる結来と
ω叩 o
u
.
n
.
d 仰 向 - eVo
.pOr
r
J
.
:
t
'
,九
珂計草
e
W
i
'
g
h
t
e
dM
e
a
n 25.7 +0.5
との対応 l
てる kずいてごめ F線 1
1 Is'争抑γ
あるい('1lfをrの義'友 i
て
J
、 線利忠 iておい之‘その核抜穆の;;¥--1交正喰広 2"31、 向Y
よリ主丈弘 3れると紛争し(:T
:
!8'
Z
.r t7¥ど、ちらがら m 香めがを吠えず 1るlてi
手乏ら td'1
J
'
, r
。
ミ
:
'(
在
、 Zr (
'
a
;
"T
'
I
)Z
"r
q
'くYのぬ宇崎、離首会ての内粋 1
て小、 z
f
t乃¥たが、
弱々の免鞍 z
/12,
tJ<eT
1r
f
長111フう?=/;iン中 l
て│干必く不安弘すれ f
t力
、
>r~ ,そこ之、\利令 i 字ごl'L~主報告
すれ之、、ゐ円~r ol -f捌/けの久ぴ・伶 6) (ど川吋隊も,¥'YZr司 I係{てついれ手術
:
qぃ〉と (1丈3く要町、'(c、ゐ[三る拘わらず、この J線
(
亨 8<f
1
)
最
安 lてよリ校t
土グ
し
之
、
、T
Zri
れると推乏し[之。そ L之 、 句 r 11 桝γ ヘ最安すると予想し之、 Z~ フう 7 :
.3
.
シi
干
の N
y
め IO~ιo T
.
V r 緑町娘i比結 ~f_JOO'. トし fて( 耳
[ I) . 併 y(J 10併 o
k
.
e
v
'
"
よ
リ D分
、
ほι
じの品ぃ
79Jんす
?7
l
f
.ん110r
線
よ
る1
文広するカザ、?,zrの域4
そlてよ,)それらと L
1ヒんど l
司じエキ 11/
ギーの r
線が杖 d
ユゴれみの 2
:鮮中 .
,
:
.
1
有いなか, [
,
:
, 1
"T
: ~JJ 1 て計手之嵯身T Ji後 I~ I
d
p札の
曾
セ rが‘存払しド均イトそれ pイ λ るふ例半手当期 z併 (1て議実する tレて‘持γの 長・法安
f
z
:
、
f
'd
'
ll
でi
均線 l
ず測定子、曲線 Eギ的、関 I1;: プロヴトし (~T"- 9と比較し長とこら計 I
:足、われ[ミヲそこで、/は gん
j~ f
t
乱 Z".
:
jる
よ 71
了と /t'μo
K
e
1
1r
線"l誠1
'
足子山一?を前司 t
号
墳1
)め く 1) 式、にベ入し Z μ ,
$
"/
(
e
.
γr株の小説比 lJt点レムその絹是正表 2 [
:
:
示1 こ
ー
D
o
s
h
2
9
問
。
問
。
問
r
r
しl
tT
:
.べ主、、のち‘
R工キャロ
,
レ
J
2
8
A
の得られf::~岐じじを岡、、 z 図 l と l司ー試粋中の /1ス ,(s- keγr
T
a
b
l
e
線的毘射終 Jß干司-ìt 数五千4 目、ら義文非!~ 31<め、ユの域安王争を
T
a
r
g
e
t E
p
(
M
e
V
)
A
b
u
n
d
a
n
侠
ヲ τμμμγr線m 内長,竣'変曲線を再び計尊レ、その
:
:
??
!!
?
?
±
?
?
?
!
結-J:~図 l 中 lτ 点線ど示し「て。 f ロットし戸、也、とユめ点線
同案軟弱、差の範凶内 Z
"
荻し尺
更
に !;iJOH.ιず れ d
l
l
?O /
'
1
e
l
l
尚子援射 [-:.J ゾ右ターゲ、町
ト中 l
て玄坂し r
:
.,'iIh
.局主対前白千安正、得られた小成比を i
史
94 ;
;
f
.
.
<
-
i
;
;
;
;
;
;
;
;
3
一
1
0
0
v
0
.
8
2 士
日脚
n叩 日 aM
e
a
n
U
.Y
't
l
守
士 U
.
0
4
4
(杉壬エ /.1 , N: 中世手数 .
x;陽
子叡〉の生域断面積 l京、いずれm ターゲ¥プト。、らの的枠l
てつい Z色、スムーズマ也荷ぬ唱
曲線 t
l
' ~予想 σ れゐ{直}:-荻し r~ )
るし屯 r 官,-11与γ
(半域期lf.6iチ〉 η ヘ議突するとすれば、 ?
I
j
.
,
"
([
1仇 Yヘ爪核実ぺfす
・7た
7
9
3ke1
Tr
緑内みを放点するのど、喉核i
母。、らの /0'1-0kevr 線17)~長問視i利才れ得 η-、\ "
これ l
古主記め英検特 j
裂と('1日月らかにう手宿する。それ抗 //.2..fk
e
v
Y線l古手域期 μ 小 T
~Er 1J1'?'fYIて議 突する僚τ
i 放弘ゴれると、、うとと i
才
、 ミ十'lJ~j手られ T,,- と旬結来J.-. d
手昏し
i{¥,
.i
f~才 γ反応、巧宍場合併)(τ おい Z 叶司~/長力‘衿~ゴれ加、フ r~ 17) (ヂ E..,..め化学小
離がれ州日小、 T
:
.T
:(
/
)
、
反
応 1
:
'川向、、桝て'Ji持叫する仰 Y
Iてよ付持グれ
d
ウヒ息われる。
ゥ τ 計l-し r~. f (7)結果のぺ9~ 2
:l
.
l2 (::示す. ?~I'
f
m
,
{
E
a
H
M
)ω
H
V咽L
,u
auvh
回ZHリヤ巴コOU
﹄
E)
T
i
m
e afterc
h
e
m
i
c
a
ls
e
p
a
r
a
t
i
o
n ofzirconium f
r
a
c
t
i
o
n fromtarget l
m
i
n
)
copHUOω
F
i
g
.1
. Counting r
a
t
e of 1
0
4
0k
e
Vy-raye
m
i
t
t
e
d from84y i
n zirconiumfraction
Ir
_
onn U _¥I. .,._._~_...
9
2
a
sa f
u
n
c
t
i
o
n of t
i
m
e
.(
E
p
:8
0
0MeV; Target :問。)
Dotted c
u
r
v
e corresponds t
ot
h
e predicted counting rateof1040 k
e
V
Yr
a
yp
r
o
d
u
c
e
d from t
h
e decayof84Zr i
nt
h
e same s
a
m
p
1
e
.
司
ω﹀一千叫伺戸山WE
1
) S・Shibataand P
.
J・K
a
r
o
l,第川面放射北 J宇
材育骨 /
l
:
:
-
I
R,{O (t9&'~)
2
)"
.
B
.C
u
m
m
i
n
g,N
A
S
N
S3
1
0
7(
1
9
6
3
)
.
3
)C
h
a
r
tof t
h
eN
u
c
1
i
d
e
s,1
2
t
he
d
.,
'
r
e
v
i
s
e
db
yF
.
W
. Wa1ker,G
.
J
. Kirouac
a
n
dF
.
M
.R
o
u
r
k
e(
1
9
77
)a
n
dT
a
b
1
e of I
s
o
t
o
p
e
s,7
the
d
.,edited by
C
.同. Ledererand V
.
S
. Shir1ey (
1
9
7
8
)
.
4
)T
.A
.D
o
r
o
na
n
dM
.B
1
a
n
n,N
u
c1
.P
h
y
s
.旦ι12(1971
).
しI
1
,
2
.
1
.3
1
・
早
N/Z
巴--
S
fJut
M曹
1ae
c
g
u
nr
a
Ta
r
﹄
7
.
,
re
n
u
s
D
nB
fn M M円
coo
o
t
t
cp
,
Eh
e
s
f
s-
sz
r
o
r4
句
ζ
2
9
nqd
o
n
-1
t
d
l
uHMmu
ma c
-o
H
r
o
nO
F
t
7
)R
.l
a
f
i
g
1
i
0
1
aa
n
dJ
.
K
.
P
.L
e
e,P
h
y
s
.R
e
v
.i
l
l
,2075(1976).
n羽
r
.,J
.I
n
o
r
g
.N
u
c1
.C
h
e
m
.笠
宮 3223(1971).
6
)Y
.
W
.Y
ua
n
dA
.
A
.C
a
r
e
t
t
o,J
・
1
F
5
)N
.
G
.Z
a
i
t
s
e
v
a,V
.
V
. Kuznetsov,M.Ya K
u
z
n
e
t
s
o
v
a,M
aHo I
k,G
. Musiol.
H
.S
h
u
j
u
n,C
:M
o
1
u
n
ga
n
dV
.
G
.C
h
u
m
i
n,
Yadernaya F
i
z
.1
,385(1965);
t
r
a田 1
.
'J
.N
u
c
1
.P
h
y
s
: USSR 1,2
7
3
(
1
9
6
5
)
.
l
R
l
1
2
/17
'
1
工
凡
1
1'
/
.
匂tの壊菱特性 (JI)
〈陵大哩) 福島E
i
s
三ノ O三藤宇佐枝
主1
. 'l
ま¢めに筋量数奇数のJit同位体庁、モローグ l
ま,企て弘と 3
Y
.
:
z
. の4
主要栓4-ま毛主、
吃の旬のtv14--'t車移 Þ\'~ 塊.it と戴手すると1.~う弟 3 し 1) 特徴があ ~o をこで\ニZ/'Lら奇枝
II9
.
., 竹 凡 な ゼ の 椴 i
こ8
却
In
す 3既存データ I
J
V
J弘 樹 擦 と す 硝 梢 押 錠 伽 今 く 、 /171た/拍手設の佐 I
lE肋‘
モの境変鮒生 t
ごf
す培安危安験的援授が霊法
る。考証安 (
'
:
:
'
I
求
、 μ クI九の β線 謝 定 l芯,古く c
.
L
.
1
孔 殺 駒 料 引 数 時 性 の 系 統 的 比 鞍l
ま意味来日。ヒころで、
m
2
Hc
恥:
n
n
i
s)の例の Jナ
:
ず
、 し小委、その科料の絡をは長ゎ ι く (9) の T~生 fチ3. /m
.
i
'
l
.
)
l
l
6
6m
.in
.
と怠って 1) ~
そこで、本排わす.あらため τ
11弘 φ宴佳挙対の壊支持佐の測定 E
汀I
J,
成多E
咽芝擁立 Lようとするをのずあ 3。
0
. 共彦教安倍体主毛除去す 3
ます!械料中の不純吻桔権の合室主極力少くす 3努力を ι
方法ち倉'
.
1
出 L て測定の信毅性を;tめた。前報 3)で f
d
:(
利を令迂るけどfJ):拭科 E
調製 L l、
絶ヰミは (
m
.
.
)の妨害 z
"
3
i
1
j
,定誤差の丈り、フたどfJ)の万全 f
こっ主、ピチ3
./
Ib.2tni
n
.
)乙精度の息リ省
た
。 (m)b舎まtlQ(
f
j
)拭持主胡製 L手卓志こヒ r
J(
f
j
) の放射多鰐リ定の劫害排R
舎のゲ
主報告 ι
怠らず、急拡射線の 9
手/昼決定l
二強力な根殺を」与えることになる。
き 2.~験オ法と緒呆
氏)ん銭悲公以溺対鑓軍基之前報3) と{日、 l司じ方議によフ色。すなわち、 '18.'~S%11匂を
令も u.
wタ-'r':yf"E.,成大理サイ 7 0ト口 γ の/2Heγ C
LI
:
!
!ー L
>
,Z
め 3時 r
i
D照吋 0,ターゲ:
y
l
中 η教射牲Ll.枝滞を一旦取リ除 1) た後、あう~めて6J._句b に F境変佐高物と L L 差す"~In 主
婦集すると、川α (d., pl'モd J!.ン/で[n_)蹴E ぜ'生内 ιた II '7L凡が'特ら札 ~D
また、均 C タ
ーゲァ千色京大序、ラヌアで‘ II
J
寺f
有l
1
E
材 ι/C
d
.ぐη,r
Y
'
を
d
.L"
在比反定、 f主*<す d"3
:
凡さ婿長ず
し C
a
/
I凡のφ離、工凡のSnJ
2
μ 3 η 精製にほ‘ F
石 川1
31 :
3
C(OH)3を#薬剤とすヨ刈仰/こ
よる工n
.(
O
H
_
みが伝蝶.ア=オ〉交接樹浩ク D マ十グ'ラ万一、あ、よ{}'‘ /
)
x
i
n
.e- ピ
'
R
.
3胡典主組会
//5W1h
色合も以タト、他の殺雄主検出でをな()//弘#知停連
t る乙 Yこによソ、 Cく微量の
1
6
ω
'
'
q
.
おこヒグず主た。
企物言有料も思担体(
(~)乏(腕)よリ分離するた師、退治物にや、 i駿1) 今回同左掬之て IZ 寄金安fEPT4錫体とした
♂十を sca同 Y
ま、ごくあす》、過剰の S
AI
後 、 過 剰 の 日T
l
.
.rと L て除去し、放置1"'J.内善P
{
je
転検電ラ救出{二伴う原子の励起によ夕、鐸体よク結局色 LたJ.X!'",オシ左 e
J
Xute-CH
劫均
C
R
ai
,
、
佳
品
、 L7
f
3
に
J;
と、
r
三
詞
料
品
)
のサき令を需誼体
I
n
.
待
う
牝
(fIt)~ (
3・
す
(
f
J
)
CJf~
'
1τ
,
t九~長Aε芸美L60 の方法 Z"qれ
1
c
l
J
αn ナ~) ;,産会物詩科ヒ ,(
ι侮μリ
沖縄出均貯の 6
殺 広 患 に よ a 繰ス々 7ト/しを侍杵し、吃ごにti;堤すき 7
被 ピ -7J
重度のヂキ脅期を調べ‘ 3
μ7
ことによリ、
工托の ('fI1.) と(勿、りずみt の±主変 t こと毛なう毛ので'~う 3 かが決定で主た。すな
わち (m.-t~) 試料で Id 1i/2-=/1 品川n..E_ネす点(~)訊科で 1 <1:靖夫す 3 毛の I孟仰) I二 l
械す 3
( 乙<.(~両方?に帰ノ量す L ム記以
(
力Zナ必ずは /16m/
杭仇の
3
)心オダ3
主主)f-.す生のは〈幻ε
1
I
.、(
1包 I
言。助長怠()毛のと刊酌
ま1
t
外 の 券 動 を 示 す 毛 のl
l
=
L
h
.
る
。
'
l
.
t
0
o
ふ 乙 tま
・ tょう吃う、
砂とうーあ t j乙
3
0
結論とし7_(悦 )
t
e寄与句域支(;:L も存うす緑じ L 之、 /~?{,, 3IS.3,
nム,(Kevの呑 0)が'.(訟の
E
主
主 1=t:.もすめ主的ヒ(_l/
5
8
:
.6
,3
17
.6
,5:ロ.l 5"77. 3λ 7//.j~keV のも tJ) が系主主主-t*-主・5'7.お
のものはメト屯精査のもの、 7
1
/
.町 村 成 S峨 pεM
問点、 c
r
O
S
S
O
l
貯 に よ 3れ e
r
,
1
き
tか、怠あ、検討を零する おお‘文書手誼最り勺伴6・ i の毛のは IlblJ7ih 的長干裁期ず為 ~o
e
C)よゐ湊ゑ効ぷ恐~14決処丞&(附桝科bよポ(fJ) 試料につ<}て , SS3K町
村畢 3
錦 d)絶 対 議i
えちした役、考文句 4
女、金来大ヰイ金レぺ 1レ放街徒与を験掩裁の LOC
-qe(Li)検
也男尋 1
二より生民 L 1
と 川 % 九(
Tv
.
z
.
=13・“a.~) の /S3". bkε~1T f.主友を絶対湖見~ (( II"
:
J
.E
L
川 崎h
pぱh.t?Jうも a
.
b
u
.
.
n
.
必:n.c己主喪主し手。1j:a
;
'
L
s
C
f
r
e
l
く
Lけ の 鬼 3
皇位置に苦言寸志/$'"8:6KeVE
gi_cleY
l
.
c
.
替 の 較 正 は 古代位,pn)"事、孔反応、 r
:
.よリ/げN古代森奪試料モ詞怯 Llt
i
"
つ
?
と
。
ぬぷ繰る忽&幻切望民、 U
n
寸3
)
裁対抗 t
)
.
"(宮〉拭科からの P
維の安判結呆ほ前進文
凡
f
:
綜 2) しが 17<.~ド域究での中ハ:;的役割主呆ヲ.特 1三(宮) ::fi~忌かちの(3;殺は、最大ヱネ Jレギー
の1
急か t
三点主 U ゆりかうり戸線 t
端正f
'
tth.之、信頼牲の為()剰史f
直は;f.f:,"報舎内/)・
~ç線検æ.~容として、 A 打民主主製 pf.,(.t"e,q-e検出悲 (P Ii YqE) e
l
f
l
(
), また、 ず 線 検'
2
.
,
f
f
1
;
.ヒ(之
f. ヨ:;~ )< 2(/No
.
.
I
(
T
.
f
)色柄引て、 下 繰 ωし
九c
id
.巴民也容o..t
巳主主史えし t
:
:
.
寄1¥1 <A号う恥?と~殺の sLngees および、 t- f)a.ted S
p
民t
民 主 示 すa
F
L
3
.
1
1
三(宮)試料モ
eJ1}!左漣2綾合~t:it愛国-
>,久上略記 Lた$-
自干鯖ポI あ、よ v:、綜~の作業A乏
行中ず為 L 特に‘ p 繰スハ~7 ト fνη特鬼鮪弁tr
桂川剖史見直は
L
:
:
'l~主制:Yqモ桧私揺り陀spons色 fω cti.o九を m
llC、 p
c
J
sel
i
.
e
l
g
は命キかち .
t
!
.
I
2e
t
9
.
Yの砂キ
nDCコ 門 戸 コ 口 河 口 付 四 日 コ ﹁DGmnom
セ推えす ð l)6'零l然、め~ . これを吊 1,て正砲る戸
緑最大エキ Aノキーの衣良ヒ怠ト br
a
.
n
c
.
Aの
?
レ
ru,闘血此己主求史し最終的 l三 lま主企知恵.~問
の構業主目指 Lて ¥J~。
一
Reference
1)Nuc1ear Data Sheets 25,
315(1978)
2)C.L.McGinnis,
Phys.Rev. ~, 93(1955)
ι与討論会、
3) 福島、三月忌,フ「之斗囲拡射ィ
I
A1
=
ト(
1
'
180)
。
5
0
1
0
0
1
5
0
2
0
0
C
h口nnel Number
Fig.l. E1ectron Pu1se Spectra with PHYGE
(A)Singles spectrum
(B)159 keV Gamma Gated Coinc. Spectrum
(C)553 keV Gamma Gated Coinc. Spectrum
3
1
究部I
z
a
i
/
<
t、S
r
}~y め鬼核巌砕及たじお 17~1区奪分布
l
R
l
1
3
/00!
v
f
e
.V v
s200MeV
(金叉犬・握)0営 庭 雅 夫 岳 尾 正 善 岡 田 喜 久 雄 坂 本 浩
<<)事》昨年のネ会イ l
ま、記核反応:
1
こよる希ずス訓練穫の生成幸芝みる実験のー壌として、
1
3
3C
s/39L
Aの/00Mιv反1f"200tv1~,,v I
f
9
J
動紋射線の摂射結果芝生点核の兎奈別分布、同垂体収
tの帯ず売れぞ‘lK.整理し、そのヱネルギ 差とし Tみられゐ核破砕反応の巷手、佐賀
幸今1
こ組手足応の結果と比較した。今回ぽ様認の各タ戸ゲザト, n
a
t
.
R
b(
8
雫b1
'
2
.
1ク
メ
,
を調べ伺埼 l
i
i
'
7
R
b2'
7
.8
'
3メ
)
,7
l
d
t
.
S
&
4
S
.
5
6メ ~6Sr :
984メ
, 9で)
1
"'
7
.0メ,
f
1
8Sr8
'
2
‘
6メ)/
J
9γに つ い T、時近
r0
r(
t。ごの結果を同様 Lこ整理し、〉セ近骨核穫の結果と比較する。
傍核穫の収率測定を行ヲ 1
ま温作物または酸化物左右要管に誠圧滞封しマターゲヲトとし、素:Jt..丈核君主
《実験》照射 l
研 LINAC の 100MeV(AE::: 士 ~MeV ,ピーク電流 11'と 40相A , パルス中 Aて= 2
.
5
.
/
μ S ~リ
返し R=:300伊 s)}200(
v
/
ιV(e.Eど土 20M
e
V Ip~ 20"fr¥A)
e
.
て =3.
s
-S R=300pPS)の電
手ビームを用い T行ヲた。 H
F
、射後、ターグ、 γ トi
こ応、じ、-rAsまずの担停を加えて化学分離し、
r
l;tターゲ勺トを悉融または加欝、し TSf
舌佐炭に捕捉させ、 ρ ずれiJ o
s
p
eι
t
ゅmd
グ
ま
た K
によっ T定
量 L1
:
..
《結果と考察》叫'
R
T
、
S
r
)8~γ ターゲヲトのそれそ別につい T 、簡便法(附'Av.. (引)'
9
6
A
u反
応
、
r
J
J
J
L
-
Y
i
e
l
dd
i
s
t
r
i
b
u
t
i
o
n1
1
0
mn
a
t
.Rb
1
0
"
日i
¥
~
J
Y
i
e
l
dd
i
s
t
r
i
b叫 i
o
n"0m 同t.5
r
Y
i
e
l
dc
h
t
r
i
b
u
t
i
o
nf
r
o
m 89y
・
'
1
f
t
'
1
0
1
0
~,
Rb
.
.
_
_
_ 1∞ 剛
一
-
200MOV
,
8
1
0
'
1
0
'
1
I
i
'
1
0
'
5
1
0
1
5
20
Numbero
f n¥ι
l
・'On5 e
m
i
t
t
回 1
1
0
m同 町
F
i
S.
1
どうにのまさ台
にしおまきよし
5
1
0
1
5
2
0
Numboro
fn
凹 l
冊 目 前 市t
t
副 t
r
o
m89y
F
i
g
.
2
お、かた、きくあ、
3
2
F
i
9
.
3
きずるととう
ヒの相対値)による主成核穫の元案別収率)
1
1
$EF
i
g
.
1
"
"
'
3に示す。黒却は 200f
v
j
Q
.V (
実緯〉、
、ある。全体の特徴は前田の l勿 c
s,139L
c
t9ーゲザト
自ぬき印は 100MeV (成繰)のデータ γ
の場イトヒほほい同じである。す芯わち、 (,
'
O x例)反応の収孝 1
;
1
:
、 JOO,
200Mι
Vともえの増
1),
91
:減少する。(れ χP
d
'7
X主│反応で、 I
d
:
、 (χ+引
加に対し T ほぽ轟線(指数関数 )a
に対し"( /00,
200M,eVともにほぼ対称的 L
こ少布する。 χ 伽 μ
rせの増方Uに対し τ/ρDル V
での収率 1
;
)
:200Me. V に比しマ格綬 Lこ IJ' ざ〈古令。また付~除、 Sr (
J
)方
が
、d
'
q
y1
こ
比
パ
、 T勿挟子
方支却の収奪が為ぃ(&'lyと同じく奇ー奇核の 139L
Aの場合 Lこも同様の傾向がみられ Tいる)。
v
1)は、約 Yの場合、 j
ρ 0,
200t
1
R
Yヒも (100M
ι V-f
(
tl
;
l不明瞭)3
、
6r-分
;
f
p0 中 (FWHt
1
3、?仰は 叫 .
S
r
の場令,デ タ点、が‘少芯〈曲線の引きヨ7こ依存寸るが、 /00,
200HeV ヒ
も
2,
_
.3、ヴ的似 )200HeYで I
d<
1
シ(3ι).-As(
約斗側此背後,叫Rbめ場令, /00H a"(Id 3、
E、
J) ヒ之が魚ぢ寸 91二つれや .
,
f
jニ
ザ b傾旬がみえる。四L.
a,}おCsr1J場令,両ヱキルキ r
決S-^"6t¥mu ,,
)
.3,
.
.
.
_$
,
、
L
.
f
.a
州 T
、‘K
場域よリ I
d"金高史的に j
訟が,た。
次氏、元案別分布の図 (R
句1
.
.
.
.
.
3
) 左むこ(r
,
χpれ ) ,之と│反応、につ1)¥伺重件収キ
今布(電荷砂叡)曲線左作風した (
F
i
g
.4
'
"
'
"6)。まず、Fi
g
.
,
'
56ば
‘ 100!
v
I
e
,Vのデータが'
こ
L
0
v
l
e
レヒの比較は困難た、折、丹B
.
4 場合 Id'、ヒ'ーク位墨 l<tトほ値ずは /00
不十分で‘ 200/
M.
e
V の方がより島ぃ値ヒ怒る。また曲線の中 (FWH
f
'
v
1
)I
d
:
、 200!
1
e
V(0、凶ゲ)の方が /00
/
V
I
eV(0 , 085) より広\~ o ごれは 1
3
3c
s,J3'fUターゲヲトの場合 ι会〈同じ傾向ず、定 l世却に
v
{
i
!
V反応は 200f
v
f
i
V反おヒ比パ、て蓋捧遇還の奪与州、さく、主に妻、乾遁程ヵ喰勢
は
、 100J
イあるごとを~しマいる。また n'9 ・ 4""'6 (
200,
f
v
'
/ιV) .
( 曲線の中(FWHM)はそれそ明
裏窓ゐが、ピーク住董(~会) I
J3っともほぼ同じ、値(-/、 22)ヒなヲマいる./33C
sヒ1J9L
A
1)-ゲザトの 200MeVでも関 U倍
(
J
、3
J
)てあヲた。キE
寄託の場令I'
J毛
l
l
'
t1
ft
(近接核 fタ
ー
;
:j
c
_~右差仰いが、トゲ y トト始債の今少の差は、 W?1S h ov
.
tさ
れβ
のトの}渉合値 1
.
i
f
rjEA:予をイ干して、少し陽子過剰側 lこピークを瓜すとまえう核破砕反応の-~般的佐賀ヒ一家 L
"
z¥
、
るa
p
F
I
N
IZ CHARGE D
lSPER
S
lON FROM"
'
'
Rb
m
n
郡 松 諮 問:
:
1
1
NIZ CHARGE D
IS
f
宅
R
S
l
O
NFROM叫 Sr
1
0
0M
e
V 77~A~85 (Am=8
1)
2
0
0~V
73~A"85 (Am=
7
9
)
,.
N1ZCHARGEaSARSIONF
附)M帥 Y
期間部私立議 {
1
2
:
i
U
"
。
同
司
、 IUZ同
~
、
、
企}冨
仙寺訴事
、
・
m
.
,
‘
b
t‘
4
P
‘ ・
,
Am
S
j
ゐ
・1
企
.
.
.
凶
い
…
…
'
"
川
“
4
}
1
.1
i
引
円
HIIP
l・
1
.2
2
N
lZP2 .
1
.
2
2
Rb d.
.
.
.
K~ ~...
B
r
I
¥
¥*
r
n
¥
./2隠匿1.2
1
1
.
1
1
.
1
F
i
g
.
4
Mm
V
1
5r??叫 1
a
1
u
v
a
、
H/Zplz 1
.
25
N/ZpP 1
.
2
2
0 "
MO
As
宰
ベ
∞&占
Se
υ民 川D
内 P3A州
12
: B
r O t
:
R
円
.
,
' K
r合合・
d
h u F・ p・ 偽 ﹄ c
~10
Vm
'
c
(
)2
CO同
m 企官4.,
E
*
1
4
4m
F
i
g
.
5
3
3
.
13
F
I
'
9・ 6
l
R
l
1
4
サフサノ紗ストロオt
;
電すす尤〉主主周いた I
r
拘uのNEETの不可匁
ω
(
キ
紳
申
材
?
.
;
,
.
守
r
え.隠犬 理
E
呈
.~政長えエりj
音在清t
伺
軍
宅 O
緩
4
集J
房
手
、A
辱
季
.
)斎
i
奇
}
藤
良 孟
裏丸己ノ I
援
案司
l
同 g
弘
A
J
1
と50ni.
cA
t
oYltsのカスケード時にあ、Llしし I
j
.
"Ll;r起こ ~f長励起現像l人通事の局十
にわいても, d智子毒物 ζ 同紙及のエネ Jレギーを持つ核~イ立が‘存立 L 伺 5 寸金款で可能立場
舎が・あし
二れ左毛色手選移 I
z
.
よ 5赦溺,
U (NEEy)'Lいけ J X線 4
幼す千才一ジェ電子北
出にヴプくノ房、手の矛三乙の月初d
起遁叙て吟る。
この現
8
0
.
7
2
4
9
1
/
2
+
7
7
.
3
4
5
像
/
;
}
.
, 1
・
・
てJ
こ1
'
l
'
f
O
S乙2J7
A
併に為・し}て観測さオ乙てい 3ずp え
れぞれ E
.2
..
l
L'
t
t
l
.E1
1
墨特て"",.(Jずれも電気的相互作用 L
乙
よ
5NEEiであフた, 死ごて“本石す先 τ1
;
)
.ノ五義久的相支作
用(門 1
)による NEET 主匙こす可能位 dJ あ~;f家経 ζ して
A(T'" 廷の投A左試みえ。
J
(
;
%
A
.左
(ELECTRON HOLE)
(
N
U
C
l
E
U
S
)
国 11
<
:不すよヨ l
こJ l
q
叫μの
にM1電子還特と抑止e
.
V救護 団↑. 1'I'1A 札にあ'り~ N
E
E
TD
I
A
4i
¥
AM
特I
j
.
.
) ;t_~)レ:f" -,
*I
J
-J
.
i
管 Lく J 夫 1
:
.M1の毒物の勿全
夜主持って ¥.1 るため N
eET約起こ '
)
1
害し
ての NEETの枝血 l
乙1
;
)
,
.
) k
.設を3
し生成、後(;奇
1
命
:
凶 10-も),溺起された 1
7
'
"
ι
ν故手イ立の崩堆時 f
:
.放出され 5半
減期,.?nS の内都転稜竜子
し4
、し,このよう枇同舎の糊才能測定 l
正通常の紘期化 :
;
t
:
r
.
:
1
"1圏第主立ため J国之 l
之J
f1ょ
うI
i特殊本「ナノ:紗ストロ A
:
:電子うまえ装星 J 主開発g
J製作 l
J
(
c
.
e
.
)色観測すればよ
I
I•
丸稔!1
1
ι 走。
r
-
測定A
表現〈国 Z参著)
.
1 ・偏向器工で,よく集来1-(:毒手ピーム左1..5MH~ ・
:
1zえ
リヲトムて“lÍ貌偏向 1~ 之主によリノ lns 幅, zonz 厨期の N)レス走者芝生さ色 J ターゲ y ト
に照射す~ . 沈 I
'
C トゲット小五の電子五レ〉スペて受めノ偏向器正で再 1
/
>
"2
5
"M
H
lで'紘
'奇材し 6
3向γ電子(主 1
;
:レc
.
e
J
リ,スリット主通過した電子主アナライず-才ゲ'九ァト τ
のみを取l),
.
!
)
f}. 最後に S
i民
)
了
検出i
器τ
"
栓虫てれた t
J
"
ι
γ電子
巳 旧 剛 山N ( 明 日 間
J
ω
t
の計髭ヂ,)l-ωMにi
孟jれ し
この崎 J 偏向器エビ正の偏角の
イ立相をず.5'
)(_.)感知的ムリ仕
組差に対必ず五時間ぢサ返れ τ
…
1
9
7,
.
.
一
一
一
η
u
F
P
Rb
n
n
n
u
Tし
E
L
﹁
FE
n
u
plu
nU
ヤクト j
し (0.1 川閉路ノ O~!iOOn$)
図図⋮
t
S
L
I
T
ISEllF
放出された電子のみを 1
f
t1
):
T
l1
こ
ビ 許出来 J• 本 Lえ ず A て
"
l九この j索、理 ~Ál_Llノ〆 -CoM
によリ}帰次位相差き イ
乙
さt
J
若イ立相!で'のきナ髭き蓄積す 3こ
正に主人 υ/
:
.
.
e
V電子の時間ス
哩 2 ,ナノ紗久間木、金手~.
先進;f.の房、理団
台工ざいきょて~ ,しの I
J
.Sあっし・ T
Lい℃ラただ し・う S 司、つみ・ふじ品、話、 μ5も
3
4
a
:
制定ヲ 3こ Y
こか量二来 3。
このス,¥クト}レ守で" .
1t
n5 の半、裁期主特つ D
e
c
a
y以内e1
¥
"
犠
;
剥
;
!kk}j
.
" NEfiの枝れなる。
0
1
0
0k~V ~ “刈(平均〉の電子ピ・ームてン NEET焚
犠C
Au
_I
J
-ゲ v
ト , 1ojAlrt}季.)Y... 7・8 ラ〉ク支験(了七ターゲヲト~ 1
0
"
.
<
<吟)にね守}唱でけ返し 4
托?た
i
) 全線現"(0~ 5
D
oYlS )主主崎間剣把:詐弾性散もLヒ'ーク(fk-L
,fk-R)主う EO'
B位重工
守
ミ
験L1
J
.
"
続
完
9
住者自、わω(
1
)
)
← 0)在来史. i
i
) ヒ。ーク問寺島延長崎略的史: D
e
.ι
a
_
yC
u
.rve の東u
免(平均
600 国スキャ>, 4
0
1
1
1
5
/
ιh
.
)
. i
i
i
) 尋友i) :位相安全性の今 L ツク. た
〉I
L~ i
りで旬
Sれ免すもーヲ主均数箱iしたものにつ u
τ )ß 向 D 寂~ /
j
.r
J
<
-0Jこ均し対牧、 '(A~~定ーして,
D
e
c勺説会主拍丸侮析した。 国3に/NEEi交政 (
I
g'データ )y
_7
"ラシク曳聡い斗
ず」タ)の測定結東 L壇上後)t
.v
切り餌持の純*(国・下匁)主示す。 乱なまでのす・ー
ヲで J
J
.
-,プtラシク曳敬の純脅しか5
)J
)ec吋五協はfJ.く "]~/)JÃ おはf'k- 0I
乙均し 対
射
、τ
喝
3乙三説明五税込された。 乙れ l
二
対 LN
Efi
費税で(j. a
;
j
付
、i
オド対材、市句ポ脅しわ礼二札
を.
t
守旧の [
}
e
c
f
J
.
.
jC
u
r
-ve t:..す~ 'L r
:
;OT
1
:
:
= 官1
,~ :
t20.7 ι
o
担時(訪ユ O.'[0) 色得た.
c0 1)~旬、主の N E. fT破年?の埠弘 'L 生全信での桧弘効辛子佐相の不与えさに起国 1~
該差本工"の評価か固ま畿であ 3 売(;9"司、五リのあい辛いさ!伴なうれ予偽色~fi 値乏して,
(
1・
1土 0
.
3)1( 1
0
-3 (議菟 i主紘計三段の的利害 Sれた。
これ i瑚季初釣命令流~草
佐 川 Z純綿友久乏し、ものであ d• 乱立,川五t
r
美
/
j
_N&fTの雄主dLf
J
.
・N
EETM
伐の、求
史のために ~/を続をずーテ象以急行1). ¥.1/ :
!
.
.
5I
亡者組立純析色1Jf
j
.
.
?
て (1 dp
会た,
払M材需ちそ蓮特に与 3f 2.点先の各与も生めた姪端的純析も検制キであ~ .
.
j
J
r
;
;
:
j
RESULTS 口F RNRLYSIS - Ru:100k.V
EOB=8.18IE+日1士 2.065E+OI LIFE"I.950E+日1
日E
日 : P
目UN
C
lM
I円L18-目R
D
E
R
S
l CHI-SQUARES= 日日日 5
4
1
0
[
円)
RESULTS l
1F 円N円LY
S15 - PI:I
l
l
L
J
k
oV
+
O
l 土 1.780E+1
I1L
lF
E"I.9Sl
IE
+I
11
D
E
C
A
i
; E目白=ー1.日 4日E
日日日
; p目UN
口M
IAL!8
-口R口E
R
S
) C
H1-~ilHl HRES=. H~114
4
1
0
[日)
口E
C
A
i
;
z
コ
Eコ
U
a
1
0
.
1
0
'
日
日
8
0
Uコ
ロ
︻ mUE
~
4
0
"
'
。
UJ
E
。
4
0
I
E目
日l
8
0
¥
州
州1併/
4
0
Eコ
1
2
0
nk
、
u
音-
1
0
'
-40
u
n
p'
コ -
E
u 1
0‘
パU
:
:
J
U
H
H
1
03
\吋~
3
乙
P'
pa
'4114
、
u
ャ・
ー
﹂
M
n
司
ロ
"
門
u
n
n
r
mU
pt
M
n
ー
﹂
円
﹁
v
n
1
03
1
2
0
日
4日
日
日
4日
C
H円NNEL NUM8ER {日. 1
n,
/
chJ
一1
2
0
一一一一一一一一一
I
l
l
l
4
1
1
t
l
l
l
1
t
l
l
l
図3
. 角平ネ株主果~ [
A
]NEET
突験 C
B
]プランク突馬主,
J
3
5
~II
l
)
CHHNNEL Nl
I
円
日E
H1
1
I
.1
"“/,,{,
J
1
1
.
2
.
6 事(
d
.
, P)λて
4
,
(
,
反
A
:
;KよS29Mの銅製
l
R
l
l
5
おt
f
fトレサ戸剃月号
〈須櫛)。挙場瞬桝£静岡摩手
E目的 J 1 ルミニウム叫場Æ ・J.液を絹紙Jす古生 f-fJ: 究J象の r 勺イ合リ、タ包挺 I~普遍Lこ
ザがわずし LI
.
J
'L.水圏・生物園どの持$.庄は PP~^ï"pb レペ}レ1",あっ‘託の~柳時ヰイ巴
撃的場動・生布話番bl二ヰたす 4足場j りほ;f~イあれ 1J レさエウ A 民づい τ 毛、基砕等 l 乙通
用可省ちなトレーサーを閉ぃ 1f-l前克if 必須ヒ~れれラ。
ゑ11こ11しさエウムの生常時 案 1
. 7
'
'
'
'きZユ
侵1Acn宝 f
F
闘晶体
峰崎左~す。
(1'1\., γ) ~jもず搭
A
易 1;:' 手紙す~ M-2 8' 4~臨めて媛
Abundance
Type
or ha1f 1ife
of decay
t
-田
ergy
争
タI
f
iず、 fA
l
峰1
<1~"4専偉いえ 26 "]・ 4 x 105 y β'+,EC 511 ( 山 )
め.廷の利用民地税砕尚三 e
A,
f
,
.
2
.
t捗,,!.オ布ど街叙到着t
の 一一ー
u
ず,.~あ
.
L
プ
て
iι
二
困能
τ
RμI の鍋銀製Lv1- 変殺鈎
.
27... ,
ご
:
2
8
1)
'
-A1
1779 (100)
A1(n,
s
4
d
.
t
.
引
28
の川~1-.
げ
〉
戸
切
奴
4
.
[
N
仰匂メ
~噴矧弱
仰
州
臼
仇
吟
ず
今
J
f
1
d
a
u
g
h
ter
Mg
F
宮~"
l J
,
2
9
2
6
.
.
.
)生ま 威
武
己
』
に
こι
2
C
J民
リ
.
l及d
Mg(o
β
B 乙す~ A
<
, p)'JA1
エ273 (94)
,29
27...
. p
6
)
) A1
2426 (
Al(t,
、ニの核反応の
劇毒〔
l
'Æñ~
i
e
/
d、世主 I
/
T
h
i
c
k1る咋~Î y
t
1tJlゴ '
長<.
.l
離7J.凡ワ小て校到し
2
?
'
1こ比べ、て身布κ
~lJ A
l:
.A -27 の色色{tJ手
紙 L1
1
u
t
.A
:
.Rlを用 Cて
s
;
f
事{(I{;銅製しう害特縦走事ヲ。銅製 lt
Jレさユ
尿援釣 Lこは偶1
‘ f睡物の 7
ω
ヴ ム の と い み れ て.子物ヲ鮒夜Jを朝鯵しむ
[家康] α械剰にほ娼衡すイヴロトロシを用い先" TQ.I'" ~eT ヰ帝販の τ グ汗うノウムリポ
f
I
p
.
.9%、A
管佐倉/号'
t
3
f
裂した。
e
l
J
j て;
ユインコペvト(必定 QC
1
"
'
1'
f
fPI)を切斬. 7
,4
0He{/,/oo.
"
/
oう湘掃射し、 S"
:
e
法によ
{nM
蘭まの測定 .
n
2
.
'
t
z
t
o
.
.
t
fiI
Ad:
HeV
o
l,
2
~6
)
,
p
t
J
.
C
';4-l 反氏名I 州場~$.月初Z初経網拡制定しえ t授の吃折、吻4
り.
1
1
.
gα
2
切 p z ワ1.(ユちι7伊替のÆ~ 1Q 関欽倒壊~b こ測定 L 走。
州 _ . ..
γ
o
0
0
刈
仰
巧仇
?
m
1
"
寸y
i
e
l
o
l白綾踊陵[_ 2糾
為v
メ
01
治
先 V,/
ソ
‘
仇
命
れ
‘
ず
ぜ
昨
魯
,e
d
止
ん
山
eν2 チ
E
恥
山
N
f
τ
k
h
i
c
k私
l寸叩?も
解
I牙
'
宇
離秀
i
i
lT
f踊
1
f
‘
し
.
a
r
氾
i
e
ω
!
o
l左
起
色
関
場
荻
〔
か
わ
の
宇
釘t
規
刻l
史、刷t
布咋
穿イ低露乙 較し允
1
g
.
e
'
討
十 ω
1
'
0
,
Z
句
"
,
,2〆
2
?
σ サ閣議前 l
ド
離d
錐
謹
容
,
1
J
邸
凶
必
巴
辱
4
治
仏
.
e
も抑揚縁
ら
)J
7
V,/
.1,
f
Aザ /
9の d 4
6i
i
ト 吋拘
.
必
'
2
.
刈
究員.姦係描払ーア也チ J~1 也トシ錯4事訴準法民主君放射 4~ 撃投離乞蓄え砂・鉱泉主究段 L た
券t作 ~n展暗闇 1 ~:示し充。
f
-ヂイ 1iイ常 fの差是しくば
GvJ 遁絢へのアルミ 5ユウムの ~IJ こみ スギナ‘司ザ‘ r
C
f
/
n問 ユ A
毛維混緩動産秀綾 l乙
つv
f
.試材梧物上4
訴を.b"/Vノ o
容の笈痢策Jの成品名官乙
三
。
主
っ7
f
o
lを思之!こ
i
el
f錐~乙3号事~l .2 611手作 If) .2 彼方えたのIi~~額縁、寸 h icktc.V"~e.Î y
示す。 7 ーゲヴト中の 71~ ミニウムから4;. Æえす ~R 工の者ヰヰ者調ぞ、老~" 朝起網拡~、
:
;
;
:
:
:
;
。
) ;
;
:
:
:
:
:
;
;
;
:
:
:
I
宅
ム.
4
~叫也一一
"
f
i
' J
ι
L
"
“
s
t κ
.
"
λ ベしず乙
"
.
1
f
:οよL先0 ・mぜ巷完愛子 t .
3
6
a
2
.0市
V
A
15
i Mgme干1(ぬrgeoca.1g
…
L…
Mgm
e
1
a
l
(
t
a
r
g
e
1
)
q
.
1
g
k幡i
'
Avヒ
七 d
i
S
5
0
1
u
t
i
o
n← c
.H
C
! 20m!
d
i
s
s
o
l
u
t
7ψ
屯叫
毛
わ
づ
九
。
n
附e
剖悶
u
t
4α
勾争
F
ぐ
以
此,
ρ
p〉
い
ム
at
i
aq
試
凶
H3叫
.問
m耐
e
討問
t
均
州
州
旬
吋
叫
州i
吋
↓
t
l
o
f
t
h
「 吋 臼 ! 山 ep
owder
仰,子炉問
似
Jm)AE++
勾1
C
J
.,
.
;
r
( 2f) f
il
.
ザ 匂 附 よshing
及紙氏に主 '
)
-
症
あ
仮
{
〈
;
イ
行
ま必
dt
-
7
ゆ仰を丈
二
tractiont1 :::;iketone
創旧
叫
川
山
叫凶山
.
2
,
"
8f
色
.
2 .
(
a
)
l
本生り謡コニ
ー
ャ
附十
吋 山n
s
h
i
n
g
J
ω
e
l
M
ut
i
日
o。
ふ2pm〉
ラ
十叫叩
↓
2
9
A
1
3
+
.
(
b
)
s
u
b
l
iん t
i
o
n2
弘治cac)3
関 1.1
吟荷揚操作〈広州【糊縦 J (
,
.
.
霧
制
調
μ
汗l
し者二術活 常ゥ充。 F
/
'
1
. Na-24場 t.- }I t,,~\- 減
1
5
0
[
←
l
-o
紘)
J
、,
2.
,
_
.
ぷU
一L↑
ターゲ、γ ト f ラの h~ 考~!ff灘L主 u
F
φ;
〉、
ザ
Z
コ
て
~
h
w
m﹂冊一
.
{
l
;
ま
あ
し Lたと思れ;,fl~ o 以上ず
ら
、 A
l
.-29の銅製 l
こ
!
j
:
.
刈f
£系ルギー 30HeV経度の以紙 5 100
射が哲宇 L¥,)..この場舎の T
h
i
c
k~ _
t
a
v
炉 内1
0{はか.
r
d
f庁
吉
f
αf(~~μ多 /00% )1
;
'
あ
言
。
5
50
A
L
2
9が媛肴命かため、虫症
な乙とが要求されら宇花、~
砕への殺与を岩J
色
す 3と、申佐
威ぞ北裂しぜす川じ桝~~婦客
1
0
2
0
3
0
しくかい"1,ぶ銑仰慨線三氏〈図
a-pa山 l
ee
n
e
r
g
y(州)
l
-a
.
)ずは、アルミニウムの四 回1
.局、〈仰 '
f
'
l
M
.伐の局側裳,1nぬもヂ戸同
校5鞠 60% 、所1~ 朗グ r-v
"
27‘ F
20'
ii
、あヲえe 払
倣却益キ l乙L本
、 1
1
'
1
r
r
.N4-2 ヂ穿の 1<1 のI~tこ、げ朱シ
ウム悲十 m 守/伊宮抑えてい写ずに産制材料能ゼ~~..この倣ずは締本3 紙か
みの芳雄L乙
用
¥
,
'~鉱t.の重沃lこ倉由涯があり.経4 の A~ 学併によ~ }~ミニウムの国Z択が
片手~ずめら芳係j自助法 C.~l-.frつず広 _
r
'
JI レミユヴムの調 4文字ヲ~30~
、 rtl- ぜ同町
.
20 30!
fi
勃ヲ光。1:.感慨仰殺恥的棒Jこ接持事した場夕、ゴグネテヴ A崎将昨刃包
刻家l
乙
死
)
ペ t斜 1
1
5
"
00ヒ1
t
:ゥた e 門γ27等
のR
JC
f
f
l
:
<A
.
t
-28')毛lまと人どj斜〈ず、
1"/
jtJ挙前線・放射4じ浮倒j変 t' ず仰附ゼ、あ~.. l -6、 L. イじ帯主眼芽,所要綱 (~1jÍJ~
がまさって~.リ.目的 r\_,たじたうD~訟の重衣料泊客ずあた
雄物叫 3プルミユヴ Aの乙り乙併につ門時彬イザず仰が、夜脇工;f1/cL
1~)存どほ
*-~1f 関£老とデ〈銀絡的企~仇4行幸オ7iflてい宇ひ乞 ~Aつれき e
3
7
,
lR1
l6
L0. B ~喝いる表面電離型負ィオ〉魂
(京大控訴) 犠
展i
梓,今西イ言語司,媛回章者, 0古
;
長J陵
皐
β 字定線j
J
'~蓬{言語tk. f~ 核穫の五時克\~.単に核構造の 1清製主婦るに乙どJ.~イ.尿手伊
の守生桂乙胡蓮し τ. 萩みT 裂主点物の崩壊熱ばら ~I~ 遁悲守地手救世~の嘉礎ヂータ主ヰ寄
るみ£で愛撃である.鳴に議近でl';t.オシヲイシ前位品々磁器 (Isotope Se
.
par
a
.品or
O
ル Line1 1
S0L
)左端いた研宮市教勾〈行なわ.vtるようにな7 てさた。しずし司対
象ヒさ明る援瑳)-;t.. 7ルカリ金品 .71レガジ.:l:.4
員..
,
t11"ス等の既舎のイコrシ五障を適用しう
るものに隈占 ψ
1
τ いる.そこで¥対象核糧左抵lずる量的守、パ 0 ゲシ負イオン左生戚寸る
表面イオシ作製負イオシよ震の嗣~左試みた。
表面イオ Jンイ6効率のま愛読式:ハロゲン尿与の喧手親和力、ま.およそ ~.g eV (Aも) 1
;
1
'
53.6eV CC
I.)と大きく、従って 4
士事問教の位ぃ物種表面ヒの働寝左繰リ返寸ヒ、一
軒脅イオシになるヒ考えう t
kる@干酒量状態においてそのイオン必勤Af
l
<
t
. So
.h
a
.l
a柑 ・
万7.ui 炉~で与え古..Kる。 1)
1
,
:
r
.
.
!
:
Q
.
1
I
ぷ一 [
1+~~ exp(~ ー ιjj1
IIιU-PLhT
j
=11
十長~eχI
担 L.β; -iオシ化実力:l', 3
"
.3
;モ
ォtぞJK)¥0 ゲン原号、負イオシの統計約重さー
φ
;表面材料のイ土事蘭数 t E.
a;ハロゲふ思手の電吾親和力,
k
a
;Jf-'ルツゴシ定教,
γ;絶対ヨ量産
穿場に判るように.表面枝料の壮手関数 t
バ
低 L、話ピイ才ふイじ動牽 1ま希ぃ。
Lo
. B6 の a性質:上で述べたように.裏面イオニ, jt型賃イオ〉活患の材料~して).1、まず
b亭閣教のイ弘、こヒ旬噂支さ以るの官以その他に電気伝通手法主 4
寄与脅か作看護にお t、
て
る化学的疋 7
J
:
:
物郷台に宇定で・あるこヒ U'¥lt零である。ヨ握手ま 1
きの所. Lo
. 86 ポこi.I1~の
荘件左靖たす星通の材料じ思わ似る.以下に、l-Il.B6 の桂積左衛撃に永す e 2〉
1)イ士事関数t1.会よそ!2.'
"
(eVヒ倍-<.パロゲコ展予の噴イオシイじ表面材ヒしてIl¥.
てuる
.
2)融点があく(ユ 230Oc.)、しか t書有毒でトもイヒ単台包 l
之不ラ毒性である.
3)義者選度ガY
遅〈、 Lかも 4
じき合壷論協にまt
ぺ己掌組成で Le
>
.8
6 は暴挙寸る e
4) Lt
¥ 86 表面""f.ß昔話さù{.る蜂ィ~~留め蒸気圧 IN高、、めで.柔面 ~K能 1;1"常 i之デ脅堵 iこ係た
I
)
.
t
否
.
1500"
c付近で t1I0メ{Dr叩
, "で.電気的に良掛同
~.. (2S"
cに友、、ては、 J S
"
点 β-,悦ぞ事る o )
6)以上のようぱ'1Itk.た l性質左利用 L"t.最近で Ij
;
替 iて LSI
¥
"
'
V
L
s
.1の電与ビーム
5)
L.
o86 の比払抗1
、
語
Yよ〈そろヲている.
加工胃の電吾主主ヒして実司必さ1kつつあ!J.物抽デ-9t
:
J
このように Lt
¥ B,
{ 1志倭れた栓護主持守て~\るので.表面イオシイt型賃イオシ場、の表面材
ぷIfl
わ
ら
山ち宅う,竹曇にし
めふ・勺ぐら 1まヲた
3
8
こう~ち I
,
!
、
る
や
としなj,'
斜ヒして鋼~\るこヒに苛る。
,
イオン3
f
t
の務t
:L.
oB \j 脚加工前科なので、 i ず S~ha..- L
a九.
gm
附高時易 l
ご
晶司しうる1ed
?¥三、葬会的悲伺笥f
砂のイオシヨ京毛デ、 jしま考るた.この毛デ l
レに対して、ハ
ロゲシ維手}ま他の拍手ヒ衡実散乱主也《線運動 l
てよフて L
aB,表白ヒ弾性脅乱志する
't..~叶離~抱板定の色't lこるふテ jJ,レロ計~1Aす仏た所.!4.動変回数頻度のゲラフ l草場 1
9
.
1 H
t
s
t
g
r1
0
f
1
s
l
o
n
sb
e nh
o
l
o
g
e
no
t
冊。n
ds
u
r
f
o
c
e
留の Jうになヲた.この討議結諜よリ.
:
!
I
;のイオシヨ陸ガY二ハロゲコ
長さ/直径 ;
業主手ヒイオシ謙譲面ヒの務突@畿が色分
l t
e
r
=
2 今
<
.
. L⑮も 1ょうっさの少な ρ 毛ので・、
;轟lÌLfc" ヒ思ゎ th る.また影用主、 L~ 8
抗靖男争な柔面を 4
書、歩、餓義平定ィι
氷柔箸
田
岬町計四1I
回目
山 剛 附
,
鵬
町妨害ま遜寸 i皆い材阜商事t~ 保つに I~.
/
タ
(
)
(
)-/600 吃の 5量産で 10・~-I()・.t"'
p
t
:
I
.
の桑
安にする ~t がある.以よのこと主君底
し τ設計した質イオシ議の概略国左 ~2
国i
て示す。向筒抜の1.~ B
,
f
l
g・
2
.
.L
A
川 口F N
醐TlY
E
・ION 釦 附 仙 川 S
l
コシ町ータ(めは. タシタ l
レ
製
容器 l~ 収めらr.K.細長い) z
.
"
j
し左介 Lて放射線環室(
4
)に つ
ながちで¥¥る.この皐器ま倖
梨笠フィラメ〉ト (
e
)で加熱し.
llA B,表面で負イョt
:
.
ン
,
,
(
t
.
さ
l
l
1
.
た J¥0j" ンイオシ I~. ~Ilえ
し 電 脚 内o
kり
で
写l
刊さ
J
.
(
.
被
盆
さ
"
'
"
る .L," 8,
か
.
:
;
,
I
c
t文電志の軍手も敬広さ悦る
吠
.
:
:
1
.
1
¥1
詰管手編誰電極ω(
三/
kl
/
)ヒ説場(仏 l
カ1,よリ敢リ
R
まず似る.&
:
1
長l
::tターボ?)"吾
;
l,ン?によリ‘ 1
0
イ
P
a
_Jリ
i
i
J
O
、最安 1
:保?と以ている.
この型のイ方シミ骨、1
立世界守 '
fCERN
箸1,
.
_
.J..研名所で・闘務ずであるが:やや不乎~で
今宮、変聞の鐸培1
:蓬して日旬、、.今後.安身長主進めて"ヲて拘*の良い負イ才二五患の銅$
主射与す予定で・ある。
1
I)J
.P
e
l
l
e
t
1
e
r
)C
.九m
o
tI C
I
l
n
.
D
tJ
.CocQsne:J
.A
p
p
.
lP
h
y
s, 5
"
0I ・
45
"1
マ(
1
守
可n
之)大島語、f,青野正如:車空 霧 24~色 ~s 号ノ 2~7 (
Jq~ r
)
3
9
lR1
l7
1
6
3
Ho線源の調製
(素 i~大狸,葉北大核理研,おじ大サイ 7 日)
0大森義塾p 伊滞積;
)¥木益男,耕持医長,藤因子世霞耕一部
1 緒言
j則定!とよリ I電手ニュート ,)ノの質量モ決定す 3ための
1
6
3Hoの内苦降瀬放射スバ 7トμ
無坦体 163Ho総原の調製宮室長汁た。本研究の日穣点 l
旦
ま,1)今量"寄在す 3 /64Dγかう無1
体の 763 Ho を介離す ~, 2)1
6
3
H
o1
司r
殺を放出せず, x
線もDy附 X線によってのみ校出才
}(l~乙ビから,イ Eぎ令離孝章均モ這n す 3 こピが困難であ:3, 3)ジス 700
'
;
'
"ヴム金属を銅フ号
口
、
ソ 71亡溶着させ 3ための銀ろう (
B
A
9
_・
l
?)が,ヲーゲ v トパI!i!:伴してく 3 こてから,銀ろ
う瓜み(銀およが銅)およびで削ずら笠広す 3'
RI
1i3.,ヲシヲノイドかう予め分離する, 4)
20Me:了陽号を 1
0
0
j
)A)
(24ft(ま7(I~ 4~ft) 照対す 3ζ ピ l てよ η ,ヲーケε ット中 I~ 合まれ
てい 3 子期てき~い ppb 以下の枯微量元素かうも勾〈の RI が笠寂す~, 5
)
最終的 1
¥伴製さ
れ 3Ib3Ho線 涼 l
)
YMX線以外の放射殺が検出吉川てはぜう 3いということにあふ
こ
は,[
以L の芳、を芳虞して,ヲ斗ヲノイド E木
目
安<
E
湖三して令粧した役, 1i号イオニ交 1~)去によ
1
)1
6
3Ho'
L
.164Dγ主合量産し J電看去によ IJ/63Ho線源モ作製す 3乙と!とした。
2 陽イオシ交捜去によ 3介灘条イ牛の竣封
ι
73Hoの洛離位置を矛め 7
長めるために,サイワロト O
'
:
:
"
I
¥
:よ 1J
喝手照射を行った天然、組
版の Dy金属モ用 L
lて,介灘条件を按討した.アムモ二アオくを加えて水車交イ巳ジスフO
{
コLウ
ム5
Z
疲法により銀 錨 l
モ陵いだl
l
JP
毘イ才 J
ノ交換樹脂柱 i
てラシヲノイドを凶着 τせ 活離
帯J
として 2-ヒドロキシ 2・メチルプロヒ。オ '
:
'
2
夜(AHJB)E用 I
Iて 1
6
3Hoピ D
γ を令離した。
図 1)~示芝れてい 3 ように , Q.4)?M AHIB(pH3.12)によ,),最初 Zr
,Hf算h
'
:
;
.
客離
された後,弓シヲノイドが備体内生 h\定数η 犬き lll'l買"洛離さ応l~o 16qErについては,
6rtv1カウシヲ - E用いて日
pH3.21
ー
一
一
一
一
一
一
一
- pH3.12
諸問測定して滞在曲線宮市、
めた。 Dγi可担保裏度が高
いためにそめ洛離脇被 l
司ガ
J
J
ウス舟滞在示 7~ いが,立
ょI
Jの位置は E
rJJ
"う十令
離れてあ‘ l
J
. Ib3Hol~ Dy
から令官在芝山て落離してい
3 ピ芳えうれる。ま 7~ ~gy
も Dy'
L
.
田
陣l
i:洛離吉川て
し
¥.
;
,
が Ib3Hoのフ=ラ 7ミ
/
ョ J〆 I::'~毘入す 3 こと I~~ い
工思われ I
b3Hoの商イオ
今交換分離法 l
可撞立した。
1
.
.
.
ー
.
.
..島、
。
Column,
AG50W.XB(
1
0
π町
、
回 xBOOmm)
100-200m.sh.NH4-form
/h (
2
デ C)
Flowrat.,4.6m l
Eluent O
.4BM 2
.
H
y
d
r
o
x
y
2
.
・m
ethylp
r
o
p
回目 a
c
i
d
,
1
0
0
∞
2
300
400
500
ElUT
lON VOLUME/FRACT
lON
600
700
600
lONCURVE (NATURAl DyTARGET)
FIG
.L ElUT
おおもったずし・いずめぐんぞう・ゃぎます古・ますも 1こかずJ し・ J、じ1;、功、ミ~ ~~ì,'・
せらこういぢろう
4
0
3
.
1
6
3Hoの線源調孝之
a
) 竺ゐヲーゲ、γ トの調製-- I64D
)
1
正
'
.
1
J
.3%
γ(qd
z
'
司
内H
Uu
1
till--J
、
Elili--ぷ町内
FE
E
l
'
'
a
l
‘
﹄a
勾九.叩叫
面支イ白切として入手したのて:ごれを DγF3 1己安えた
後,C
o
.E用し Iて金虜 I(還元し,広干持しだ。
b) 鹿釘一二銀F
時間プロ '''J 7
1ご銀 3う付した 1
6
4
D
y
ヲーケミットモ, t~ 巳丈手 AγF サイワロトロム I~ J 1
)
内野照射した。 20MeV博戒を 1
0
0μA,24長照射してP
l
叫D
y(p
,
2Y
l
)163 Ho 及夜、 I~ よ 1) 163Hoモ製差した。
c)イぱ介灘操作一図 21 乙示す{Ij粉灘操作 I~ 従
って , 1
6
3Hoのの龍耳、よぴ l
併仏/の回収吉行フに
O.48MAHIB
pH3.15
ヲーヶヘソトモ:嘉伯酸d
;'
Jが王オくl
て;容かした f
支ア↓
⑤
4m.47
.
48S
c
モニアオくを加えて,銀3
ろはが銅をアシ, ../錯体乙し 4町、r~7Ga
7
5
汚
h
l
A
s,
'
'
'
'
S
q
:
て港淀 l て戒し,ヲ L ヲノイドモオく酸1~~切として完成 7848.,,
89Z
n
l
ln
r
1
2
0
.
1
2
2
.
1
2
4
S
b
命維し?乙太鼓{匂明モ塩酸iミ
ー
泡
字
書
, 0,
IN 塩酸落来
1
6
7
,
1
6
8Tm
,
2066;
205
fSOW-X,
'
8 1
0
0
,
"2
00
之して陽イオシ交換樹脂桂 (
AE
f
',
" ~ュ, NH4-豹 )I"¥.;Aした。 163ト10の溶離位置を
雄記寸 ~Tでめ 1 (,予備投封てき介維、清製した 167. /6 'tTm
モトしーサ -"tこして加えた。 O,
4l
?
t
v
1AH/s(
p
H
3
.
I
S
)
F
JE
i
'
.
2
. SEPARATION PROCEDURES
0
E落離刺としてノ流」ま ,
/
1 bm.
s/
f
t
.
) :
25Cでラユタ
ノイド E 合離した。 163 Ho のふフラ 1~ ョシ!こっし i ては,放射能ぽ按出才れなかったがJ
支給す:3i
:SIC以O>OnG
:L 20SBi(3nC
:
)
, 2o6Bi( o.7n G:)(f;'ð ぴ ?~y (
"
,0
.
0
1nG
:
)が枚
出された。~8'y I~[,親の 't!tZr が最初 I~ 落離された陳,カヲムの左中て主政したものと芳え
う
咋u。時間自鴇1約のために, ~~y ~ 163ト
1
0;0'う才う"冷前住す 3こ
t
:1
可困難て‘あった勾て;
SICrあ♂が 2
0
S
,
2
0
b
1
3~の井内隊業モ芳えた. アルカ 1
)'1宝て・ロ Cr モ Cr(目 )I~ 酸 f 巴f久 71<蔽?E欽
芙;f.~去によ IJ 5'1(rモ州産しだ。才う l
ミ蔭イ才ふ女 1
安
三
去 lてJ1
)20S, 2Ð"B~ J;'J ひ欽J~i本を険1- 1
,
て Ib3Hof電~用話料 E青製しだ。
cO Ib3 Ho 線芳局職 _/63Ho 梢ヰ I~ 初見定した O‘ 1M 乳酸れモニウム来夜 (pH4.0)
200p
x
.t 加え,マの IS0)Ai ~f竜着用セノし1:衿して, 12了 iOmAで 101
ト》電解した。 f
b
3
Ho
町γ
めは率
の竜着収三年同
より推定し立がう , 47
"
内
有
権i
震モ作製し-r=. Ib3H0線
;
8
のr
綜スバ 7ト
J
L
-σ
〕一例
引~3J ご示す. こ
は Lう今筑
;
1
f
_
三
用
し iて
ノ D
γ 付X
;
課ス
ペ 7 ト)l-iJ)~男']定_E f
tう之夫
国Z
O回JZ
﹀﹂戸一﹀一﹄﹃U︿ 口 一 口 ︽ 庄
i
ご
, f:>I X. EI~J , )I b3 Ho の
費量も試み1
ミ
。
500
FIG.3.
1000
ENERGY/KEV
GAMMA-RAY SPECTRUM OF 163HoSOURCE(NO.IJ
NB: NATURAL BACK
骨ROUND
4
1
山
2
R
I
O
l
主イオン用 AE- E検 出 蕊 一 帯 型 PPAc
.- (JI試保
(東大被街)0
今村年雄
藤田雄三
7 ンヂム型 A オン加企患を用、 \à 糊奇抜射能剥危法(=和志望書噴岳今者『泡)で I~ 、 hal主
し
1
"
-~オン I去最終的 K 広告(."オン校也蕊ゼ者十薯女 Sる . 組1
与域別の絞め、
Aオシ 0) j
¥
.
(
)
M
.
t
t
当P
L井』レ¥ー損失 V.E/A.~)小差 E 利用t, f
:
. Atsofb
ev-ャ E 枝訟器,叫ん工-E.型(略して
Aε ー巳と司F~) 絵 rt:\.t匙 σ') ~里'1 是正 E 用、、るニとが、寺、\.東大~ :>子、~て、,ël~在 Ab言。市ザ
+ S S D 酌寺てで略的制主計守フ'(_,¥るが、特未柁σ
、核註小刻主1
こ抗張するにし仇がい、
A
.
'
E -'E型ガ、ス桧出癖) ~bs c>(bぞV ヤム.E- E.型按~!忌 E 並閉苛る予主である.
ω
/
主 4オン包 ι仏 乞 に よ ヮ て 郎1
1寄るにはエキ』レギーとし℃少くとも 0、ト0
.
5t
¥ 接手
地専であるが、、東大わずム加選忠則包と比較してお注骨量圧が佑く(3、恥4-1'-{ず)、博られる
¥
tン())エキ 1レ
ギ
r
が依,,¥0 二小'f(.d)制定し k 仏核謹~ ,2ι
1AA..ヨ也色、、、下乙原寺普号の大き
いち σ
、i
工通却し f
:
.1
) 、軽、、設て、も A
b
sl)(
T
e
y+ほー E 小~ で 期l
定定行沿うと寄ると、 t
.
'
E
.
-f.がぎつぎつ肩劫な工キル手ー領事訟で小規1主 E斜義製〈される
o
1,'亡が">L.枚出蕊包、 l
玄
て、きる ~'I十寿く(芯並区計数 H 玄ITl ji 力 1-:' i
車ム)、 AEもできるピ庁、トき例制干で場、1
是寄る
ことが埋ましい.
ー般に広A.'f-E..型枚出撃 lまま逸型 S~ -Ðヤ SSÐJ 青、芥日~ι( i
J
>
l
.
it
i
、
工
G
>
V
¥iz
.
a
i
.
みο
伽叫
十
sset
i時 砲 持 惟 toY¥i1JJ.仇仏炉払1.)が用、、ら日.最初吋仇博県大 7ンヂ LJめ
ような z 九 sυぞーが低しぜーム怪町力、な可文ぎな喝令怜J( ~1 5"'"州)ょ畠ぎな内合M..
積立~~I京法第f埠場 1易κ 強く.ェ.持 J レ宇一今静能もよ凶(工b凡1 乙.~仏~ふ.しかし
工oV\ i乙~司 υ叫爪ふル i本ふE. ø 、トざ帆う~,\註では向 ìse 常ヲ権力r<'}モ令である。
れ 隊 機 型 PPAC(平 行 期 型 PPA
C.; PPAC
.
=
-?OJI..~ P
I
ぬ
3
A E- E殺 虫 態 と し て 使 用
AゾぬA 必 仏 川 伊
aるニヒ色計画iし、域1'
1
<
.Lf
'
:
.(
_F
i
彦
、1
.三
)
。
二の枝昔2
磐仇利掠広
<
s
) b" ス均巾を行、も\~めで νÑ t:じがよ》ヘ⑥ L キ』レキ、-,~静能力ぐよ νへ. -'ヒであし
千1
害
、 2 て‘ペオン}水引受10
)免(アJレ
三
7
軽
量
ー
;
y
ア
リ
ア
ロ
¥
:
?
L
.
y1 2
.
.
}
I
I
"
¥
, 15岡崎〉かう平行正ーム
A
n
o
d
eP
l
a
t
e
として λ努すし、中?そのドリアト邑向でがス乞
4才ン 4
巴 qa . fり?ト空間には需品乞ドリ
一一-~-一一-...-一一-~---ー一一 Cathode Mesh
!
_
_
r
ID
r
i
f
t
亡めの一千草&電場が町加さ札℃
フトさ也る T
S
p
a
c
e
い℃、電 ~I本隆盛 J-"'I るノコーに向コてドリフト
______
x-
可 否 。 略 椅Eメ
、
ソ
シ
ニL に到達iしF
亡を手は }PPAC
.
。殺事l~ し℃い札 予告砲と陰砲2
ι ッシエ1})閣の T
r
a
c
ko
fC
h
a
r
g
e
dP
a
r
ti
c
l
e
J
島電丘 l二よフて》を苓雪品乞支乙し噌ヤき札る e
二の桂三~t示様式的に匂. 1に、子、き叫.旬、
め 電 手 に よ る え 友 電 踊 01犬きさめ令散 I
求、
いまむうムね訟・
F
i
g
.l. P山 ciples of the Parallel-
3、じ『こゅうぞう
4
2
Injection Type PPAC.
ωv
l
.
ιch
仏 川 おJ
νにE
ヒベ、て‘トざいの
で,二
t
しらのIi:r
.
_みよふみとして沌
ら札る侍号 Jむしス σ令散も、品常
型 的 propoftio"'&ωw暗 ん
(]lU)ふJ
l
,
に 此 ベ ーl
、ざいと期待される.事美
子ス「用校~是~a) 七、 lまか~つよ山
エ九}レト特位 E博 之 νへ し
P
告極は 3命、制し1:.&ちり、主与はIJ)
r
一一一一一「
Z闘でのエキ iν 平一損失t.~録
Scm
できるようにしてある.また校虫棒
・
仁3副ta
l
n
l
e
s
s
帽l
叶 全 都 に 肱 SSD 包 帯 付 け て ,
11、ス ωwd札ヤ S$~
・
・
t
7
) ~聖'1主もでき五
go
1
"
1t
ょう故前レ-c..~ a.
RS、 3~ 針i長女 h" スの毎II~皆号、て訴し
g同
曲 1
1
.
1
医ヨ副umlnum
図
l
u
c
l
t
e
図・凹…1"
マユュ ylレ都1
1
包F哩I
玄白初沌t円
強F
が行えるすgえと 1
芯ヲ℃凶1.(句協
制御~= -eン什一戸コ〉同ー』レバd
l
ま魂時用、で孝史な_).計数材、ス Y
京
イ
、/I'、守シ〔ま l孟
Fig.2. Cross Sections of the Counter Body.
PR材、"7-)乞用いる.
ヰミ報をでは静'
A
酬のは合掌急用
い Fこ校~~患の住能ナスト乞中・亡に
fス丘.電極間管丘
‘
ガλ
1 の寵輸、
を~・ 4 ヒさ也 F亡場令σ、 If
レス特世
I
穿について報老司るヰ主である.
(References)
白
E
J
マ,,.、.ノ
)
j
・
・
4
岩舟
、
炉
QJR1
z
o
一 司r
ム・。
。
つ土
TJ ・
Q
J
1-Q451
、
、
‘
一d
5(
) 2・
Me-一
n32
工 lEa
、
ノ
4
NPM91
mIt7'aNh9L
-z'glT
le
・
1(a l r・
2-s
rab6-N
tol-JI
eftu-s
〆、 e E M e '
、
一
eT-1
t-a ・
N
P
r
t
lrwm
r
ト
e81
'aJM﹁
rlPEeひ
﹃
,
r J a n e . 1 1 一.
aRJfH
B7skrg
9 3 s o l ム旨除嶋
1
,
・ι r z
---・勾
J(D1-E(
)よ)
)
内ノ旬、
O
'-RotaryPump
F
i
g
.3
. Counter-gas Regulation System.
4
3
2RI02
タ〉罪、ム加速器を用ける超微量放射性核植の積良 (
tz報)
一一 10s
]定一一
eの芳1
(東大核研¥日久文謹 Z,東大哩 3p 九犬王聖4p東犬原七宮) 今利害雄
持尚生 2F 橘 料 収 3九 回 拝 夫 3 小 林 紘
1
3
く
4 ム 根 τnEJ ム下噌 3 持上限夫:
問中電男¥喜岡雄偉宮
はじめ l
え
l
ま
微量の放射性核通を若l成 す る こ と を 目 的 と L1
:
'高工キルギ'一首量&祈念
従来の伯しベル放射線積土器 κよる刻主法v.k'eわゐ畠展E
農の雄土誌とl.. Z
近年在日
を集めてける.東犬原ミ子力研充籍企セ〉ヲー (RCNST)css附 d
の夕〉デ、ム型イ才ン 日
n
加i
豊4
義皇置を閉 ,
叶 i
t
及
l
〈
高
晶1工ネ ル
lし
ギ
ギ
、
一 J
ぷ
I
L
;
器
;
主
:
;
九
:
L
3
担4
箇量 4
冷子祈 5ゑ五 I~ つ lリl て.計孟の詳細 E 準備実、験等ー前
回の枚射札掌討論企で報告 L k
. メテ回 .~~l] 定~の整
備~~・ l寺|ま終 1). !OSe
.~えまヰの制定 ~I制自 1 t
えので¥報
者 L伝 け .
TANDEM
ACCELERATOR
本柿先 K :
h1
7ゐ
1<CNSTヲ〉デ.ムで‘
の刻定急乏 Fi~ 1v
,i
f
.9
". ごの測定/~の最犬の持色 IJ
01
可動乱の1:::'-ム・モニター
7 7ラデ'ー力、ソ 7
:
"あ
:
"ネ Li
:
.
ゐ. 10s
erse~'<.制定の及めの scke W1e を FiS? 1
う則定_f.
(1-5MV1
S
t
e
r
m
i
n
a
l
v
o
l
t
a
a
e
e}
p
s
ゆF
-~~__
:GVMト→由 b
i
i
i
z
e
r
p~. 10 B :+ の刺定の際.岡崎 I~ 加 i車さ似ゐ qB:+ (qsPo
,
9
s
e1bOH-1
:
"由来〕主雨時モニヲー[,.加速♂ ;
f
o
t
z
:
;
e
r
}
器の I
fラメー?ーを変更可る二とほし 1
句 ト¥ed
悔吋;
i
主tor(li,9= ocm1
1
0B
'
定する二とを目的
問当、
erBe比を精度よく兎1
としてける. モニヲー位置でのClB
eのピ・ー
,
•
白
(
)
: /"'o-?剛凧(今喝〕で.;ワ“ヴス分布v.i.丘く
ム幅 I
暗芝酬のファラデー力、'/7<。で・ほ 曳企 κ と‘ーム
I
.
r
u
n
nU
FO
l
- p-
B
9
+
(
向
︽
nD
U
7
,
qd
t
1
0
_ 3+
B
e
N
2かスを閉
L¥
H る.かス了
.当初
ア lレミニ
n
u
﹂
300t
M
W
¥
2,
6
0
J
A同)を用Ll
] JU
+
qd
三'1コン表面障壁型半島イネ桟 t器 (
1[
ヴム菜義市 l)刃ロりレン怠で妻をと遮断 LK.
6
- ORTE己
, USA;
pMO
オ シ 接 土 器 ($$D)Jで・構取されて
11115t11111illit-ムV R U
まf:...浪土器急 1
1
i [かスアヲソーパ‘ー十主ィ
Hr~
1
ε
子主で・ある.
$SDIま.
n
u
,
卜 .7ィードパ、ソ?主式v:.J:ゐ守定化を行う
]<、ソーパーは
•
モニ守ーのスリヴ
ト電~ (
r
-p
A
)を亀うえアンヲ"1 J
:1
) 増幅し. スリ
γ
P
れ
n白
nU
ー
守主化方討をヒって\\ゐ 17~'
MonitorB
e
a
m
M
a
i
n Beam
1e
ま 白V
を捕捉で・きる.項在.加速電圧の守定化 l
9
,
9
.
.
.
¥
l
0
.
.
.
.
.
_
3
+
,. d・(
"
,
_
¥
"
,
_)
¥1 r
n
J
6
1
0
.
.
.
1
1
εt)
'(
l
/E
[
'
B
e
'
V
O
]
s
(
l
O
B
e
/
Y
B
e
)
s
=r
[
I
U
3
+
]
B
e
I
1
%
.
.
,. m1([~Be"
Jlr
9n_17
n-"r9
9
"3
3
+
.=[Y
]
O-]+[~BeOH-])
w
h
e
r
e εt
B
e+
Fig. 2
苦ね:う,'(?き l v..ひち
1
1 l:
t
7
と
dl お, :
J LK くv.. ~よ,三 1 J
.
"'(lし二う
l , い の う 元 て 弔 } ;,1
三fJザ l I
午・五, 1
寺人以.すさv..1j
いま志向仰向 Fる, rJÞ~' ,\7.J.さら,
4
4
¥
1 ち,'(?
約 2~んの
1OBeの創定
s e O鼠 料 IJ
17
0 でラベ l しし.銀粉( '
200附 仏 ) と 3毘令し.試料
/
tIL- f:}"_ 中安部J.l:i φ1
:
:
'70¥,.スレーマウ〉ト
州側
ースを岡~ )
.b
o
.
c
.
k
: foω$;五 I~ ょっ
L
r
:
. HJCONEX834ス点、ソ?聖イ才ンソ
ßQσ を英主させ t~.
:
;
0
として
100川示、得られ
ん
1
t
:
.
0
ま苛
B宮 0 3
言託業特用
1
5
2t
o
r
・
E・
l
_
_
_
_
L
_
l
i
L
:
l山
E/AE=30,
最およ‘、十万 ω き糸件
1
6
2むo
r
r
I
I
s
l
l
l
l
n
LL__j
Lよ11
口旧日
u
n
u
n
ロ
;凶
﹄
﹄
3
M川
l
E
1
て=で-
州
m刊
100
∞
τ
IOserse
.
比 IJF;~乞の式てが得られる.
HHhTX
1000
モ=ヲー .71"ラ
予ー η、
γ701
~.
J
:1
) qs
J
t(
J
)
芳1
'
定をすヲフ 1
ミ.
一2ひ g
l
司時 1
:
:
'
l﹂・
EEJ川凶
'nu
1
) 主金 1
:
"~.主く二ヒ下ごできl%. (Fi~ "-3).
7
dOO
FALL-OUT SAMPLE (
1
9
7
5
.
4
)
10. .
9
_
••• .
1
0
(~UBerBe = 2.lx10-~U)
N ;123 torr
2
Window ;HarvarFoil
Counting Time .
;8
0
0 sec
10
tId
:
. ~'-ムモ二デ - t、ら模土認すでのと・
ーム[査温牟 2・ を=0.5
"
ぢん O
.?
I
Jで あ フ 伝 .
刀
ぃ
ス ア芳、ソーパー 1
:
'it~ 1
)7
.口 U レ〉怠
。
。
H の3
単性昔文書しによる p
. 払よ
,r
j
.)7s e に占るば,ワ Be1
I
:
'
,
f
食 tさ似伝 F
とめ.以後.誌 l亡 1<1コバルト 4
託金 H
裏
,H
.
o
rv
o
.
Y
'
1
¥'
1
i
ヒ
.
FoA1(H
o
.
川l
十ol
¥
,
10肢を
)
m
j
1
~出~I川I " ,/川" ^,川1I什しl
ーパーの炉ス圧を~・ 4乙さ吃.最適芳'1 定条什
十
主主 L
ノl
Z.5
民花すゐ 1083 I
t
l
:
. アヌ、、/-パ‘ー
定 l 伝結果
2
1
旬2包o
r
r
l
'1手前誌の挟ゑ器系て・‘う助成し. ア示、ソ
10s(
'H
C
1
7
1
3
2t
o
r
r
1
0
10B
を問
e
1
0
0
を ア 200であヲ1%..
が
J
1
1k
.
目的イオンと l
司じ
む、ーム i
主llWLキのー者ト、糸併で.
10B(tの安│定ヒ
v
P
"
1
2
0t
o
r
r
1000
蓮動量(羽E/~~ はもつい IJ. ,
*
;
t
r
f寵低 H
Z与を通過苛ゐ.観 5~IJ c
・1
1不耗拍イ才:.-1
i
l
:)
O
斗言
程産砲在すゐのき.ご似を静電予、フレ'7 y ご
-v
,J f
) 除玄すゐ.エネル午、一分解艇 r
;
I
によ
{
eO
Bs
円。。
M
ea
10000
加量管肉の商留かスヒ n
口翌イオンとの電
荷交換反 lむ I~ よフて生干ゐ工ネ lし千いー連続
寺及孟温キ 1;): 黒、、 V~
•
'
W
l
n
d
o
w
:A
l
u
m
l
n
i
z
e
d_
p
o
l
y
p
r
o
p
y
l
e
n
e
(
O
.
6
2
m
g
/
c
m2
)
'
G
a
sp
r
e
s
s
u
r
e
{
P
)
100000
スト 1
) り lぞ
ーで'-7r桝し 灼備の原d-イオン
.
'
tf
.q
a~祈電磁石で重択し.静
ヒする. IOse
悶不純拘イオンのうろ
l
1
Bdo
-(
十 QsQ
1
bO H
-)
と
をQ
其 iく加 l
t.
L.今ろイズシを申喫電極のtJ、、ス・
寵
う
王
、 7レヲヲーで不純物イオ〉を除
la
100000
7
lF
試料で可 It
l
:
.
1bσ
IOse
7e
8
t
.
r
j
び E 加速して調整を行フ f
:
.
. 10s色
IOslb
S
T
A
N
D
A
R
DSAI~PLE('0Be/9Be.B. 7
x
'
0
"O
)
1000001
+b
3
p
Z
:1
<
1
o
b
a
vg
刻定系 1
:
:
'つ
¥
,
l).
qBε町
USA
2
.
2
μ川 主 用
1
1i
l
二之ころ.
二小らの恥響 l
証言込められfJくはヮ K.
標 準 試 料 . ~量右吉託料,フォー l レアウト(雨水)試料. 7
"ヲ
.
:
.
.'7試料 l
えつけて刻
同 捜 性 ι7.'
6
ゲo .接ゑ限界 IOsι/qB巴
<
:
:1
.q
xI0-13 Z
"あフv-.. (
F
i守4
)
.
4
5
ヲゲ1~/' 陥育協の 1K家メ9滑川)治朗
2RI03
(鎖呼) 念特散歩p 託浴柔移, 0努身長〉夫妻p~ ヲl,祈wf 幼
〈小手織委換〉 久保:fr~ノ/ゆj 欽
/
.b
r
Cめl
こ
倒μ、ど4pj与j脅すの水素の~ば、例紛iゆ刈卸)'l.~~炉、針。断、幼エ
~Iνぞ/丞曜境t,~殺え香炉mtJYtf.猿奪三ト叫しイア毛jレヴテ久ろノリフン〆同吋礼宮 J
うi
仙 件 。 初 広 島 機 嫌l
ま、製法鋭J乙リ診企庁t香保参愛 l
ク
懐l
慈しか、 a
仰 げ
必若返乏オ仁、必絡すベ'~~羽後ぷ物体trl, ¥¥a"k
7仰 占t
は、娘祈釘ィペ彩糾飴がら
の
重d汗>''f的刊、倒タ1
t
竣銚紙芝れる穆A
-:;(Y~創作ヲグフ汗/閣僚似
クd,)t
古質量鈎W,I 、タ百場付8
紫色丸事件。
.
2 実現矢
鉱株I~ 、 11叶弘管幼鳥必 J ;;y 今 ;/tJ) グャ液晶バリ 4慨し件。遺交番外科のず色lνブ
ァス与/リつ、ノ偽ぐ純愛yl)~ 巧島砂lc殺看守する "
A
機 緋 説 家 1I~ 針。新伽メLき
x1
4t1fLr1ri,,
z
.'
,
"
P
tað 観倒 11必ず。御法第ば、媛~多目繍紛れずゆ
さば仰l1IIr
1Mιi\~61 。入制定弘~tまず}レグ yイズシ《プタシ弘 iレ苛/ば〈件付~ぺT 客十みば件付乙ザ 4・ð> '
1
/
i
-o
券1"I)t;Aぷ働ずし件。娘如、ろ/リつ y微
動、仰J刊の叉リザトゆし-t.~ずっ件。ア\脅1'í均 ( ,
)け鯨働 (
f
h
)ほ
'
?
/
)
"
e
.
.
r
5
'
の
、
総
会ι
z
1f和小、チの ~~ð)減計叫安弘惑の併街( D
'
2
.
,
)l
c
r'3"どある。
t!//Ad
)久き主的庁fI;州印刷、、争拡i
e
.
.
e
喝
了晶
hu
ee
可ム司ム
gq
mm
tr
no
t
e ・
dc
e
ct
h
3
受
動
オ
〈
正
案
イ
づ("/1mチ手 l
マ
レ/t会対おしか1車。付知ハJ
4
h,",.m.のア ~Jν? タス毛/リつ γ媛夕、与の旬刊 S 久~'J
ne
エ
-
私払(対級 R~S 巴誌の叉ノξ ゲト Jνの~者t::!' /
'7f
A
粉体紙s.し帥0)~\~ a。物I
l村弘Ilぷ4
・
ーム刊,
N'
avnu
3
.、鍬乙伶
、協季色館 3 t
i
dらが訴す。穆3ば守子1T
-子
覇
支f
L工NAC
ゑ1
. ブ ~lv11 スジリフヅ媛例手数わ十
鰍惚
叫
首
・
t-
n
m
n
H
v
n
H
u
v
n
H
v
n
H
U
u
q
4
J
W V 吋喝
V
J
刊︽
一
‘
何
420
3
3
1
2
3
4
198
96
nununununU
司U
令 4
内d 内毛
内J
︿v
nノ﹄
V
J
l ﹁
Dnununv
ー
守P u
p
n
u
v
p
n
u'
'
内p
nu
8
200
10
DntFhdnU
ー
308
﹁
-
n守
261
ηζ
oorsnu
4 4・
EJr
ロ
マ Jnonヲ
93
193
197
HAUnununu
--nιTqJ 内 正 噌l
N
o
.
H25fhi誘活~凶
30
20
2
.3
2
.3
2
.3
、
2. 3
. 5(B
3
1
記1
• 、夫欲張、草
,f
V
ミ
-F
M4﹄
おC
JmAw
hvp
前
ぽ
dv
打甘く
あらわ I~ Jtぢ,の ffEF乙r;しr 痔?のえら討のきノラうの、〈ざ 2ヲ
ゲ 7合きよし J
、
d
t
4
6
4
.
1
0
、
コ
v
、
亡
、
〆
。
仇J
1
: 420 n
m
2
: 331 n
m
3
: 198 n
m
4
: 96 n
m
C
F
、
.
.
.
.
J
LW
z
z
c
:
r
:
E
ιJ
4
'
"
r
、
戸
Z
ι3
5
コ
z
c
.
.
t
。
F
、
0三
べ?oth
。
./
C
比』
G
1
0
~与 v
比』
o
o
vl
ト-
0:
Eコ
コ
=
o
コ
=
z
〉ー
'
'
'
0
。
。
一仰¢附防庁わ
畿
斤1ιVAm 普
タ
トjレぷ諺1長う本 i
νf
"
./~1剣仰ぐ/放し也、ゅ。 ρ -kL争ば表 M(宇/;縁)少らのゑ訪~A
(“特色と
4
愛川叩加料診︿ 多
よ仰の
奪 κ ル・件, A
A
w
-越わ
o ル什
Z
ず1 ノ焔凹 J裂
様 友 が MMW
'A
水品川
H~要fil,脱税.刈ぜ
かれま♀凶o
[
t
.ドペ入前向 :
9dy殺虫偏:
3
30)鉱対ílJ乙綾:t\換の移ず的 :30(~33りの.
ベパ伽ペ村山肌和
円仰え
J
ぷ
来季t1'/1d) a. /g~;
弘孝
a リVのH色の吋料.
同
ん別動向μ微
1
O2
.ヲグ'1$
'/
'
ト
常
習f
依私叉ペグト jレ
の
対ル
i
(Y
I
'
:
;
P
4
n
H
U
W
,
,
守1
}レぞシぬ伽事乞ヂず。 ~61~. ~ 史撃の宇多めの線準弘、
Aミ γ手掛循('P工 Q)d)1
<
有 Sス
対の/倒じし 1
.~'J
ι
﹂ 凶Z Z 4 2 u t 凶
しいる。式ノミヲト同者多ば、吃札ずれの娠中イ~(})水舎のZ認さザ仰のか杯 l対ヌケし'1..<í]'リ
党委乞 d仰七~ P
.
t
:
O
.
fiI
ì 内-Þ"倒姥1クKf弘るのが'f.(~向 *'Hぞ τプ~~" ~9 ば、国~O) t
d
'/
'
げら d長/
c
l
X1-資格しも恥 ι 隊参よ針。~4- 1ラMμ 働協れ付。が
う
わν'
1
(
'
'
'
.
.
.
.
刷
d
)f3,仕〆、 e,.,.... θl 以をえする乙急調~I~)ユ1干し、ヒタ/クポ御)j し lベ切 âo
?の美影れヨ釘 a0 ~5" (
的 v、
ゑ 1州機和十ι、
R手G
t
?
倒i
t
色、 C
A
)包
乙B
)のd事えよ久ノごクト Jνの多弘
凶 ↑ZDOU
バヲト )V'" ヨzb 野?の必~.媛働μ ォt -tゐ、リ、虫色 lる
.r~~要 tιイ修悼のよ‘ A交える'ÕÍ胸安ば務方りられ件。
物愛のうf針じしそ、倒命体名瀬初 I~ff}、、るうそ銭も初話2
・N・守《吻 }
I、
愛J
I
疋
d
)
)
設
:
&
J
!
貌
千
笈
た
る
鳴
神
包
:
'
2
J
>ao
回配偶;激励十五
o
、
、 2.05
.
.
.
.
J
戸
22MeV
LW
z
H
z
4
コ
=
J
ι
﹂ 凶Z Z 4 Z U E凶
σ3
(
B
)
仁
白-
)
O
うJ
,t
D
司
己
↓ 司1
J 一
令d
o-
︽︾一
句
﹁
、一
n
u
qJ 一
nu-
目 ↑ZDOU
白
=
LW
vl
ト
z
コ
=
Cコ
ι
J
航 機 あ れA)じ 入 物 物 件 イ....--;t砂防(
1
3
)
.
l
4
7
P
IQ
260nm
O
J
1
.0
2
~lÓ. 鮮側々/制
2
R
I
0
4
PIXE
;
去によ奇微菅元素介耕 (
1
3)
.仇 ν的分祈~~よる植物中 f吹雪元J-tð) 3~'J 史
(素化犬理,東北太サイ 7口)O{手芳野義弘、,1¥森義,
t
村野 史,者凍号i
ユ,石井度進,-t!t設耕ー言p
1
.序論
加還婚令、ら得ちれる 7・ロトン~の加ま純手を執料 I:~芝府し経生す 3 特性武線 E 耕足して
定 tll 州主行むラ η 申~. r
工X
"
E(P
a
パ
ι
{,I
eI
YlcI胤,e
dX
m
yE
m
i
s
s
i
oY
l
)i
主1
:
'ぁゐ,今までP!'iE
7主でほ主乞して~ -t
"・
7 ト毛主'在中で 7
為。トン 1
1 ~屋射を i千弘フたために,嘉な中 dj.入可
能な?ーゲザト 1::: ヲいて令~宅1.1" r
;
.,てきた.ニのためを勾学的精粁で .
1
.'
J
jr
;.
(1:也長雄
~1:態 t '
1 ~色寧申T あ '1 ,"ま守れまま{九山:'vo )で杭淳司を f戸ゲフトヒ Ta :
:
ヒ IJ.困駐であ
本珂呪'1:-.
J‘芳雄棋でピ η よラ f.
iil1:lK のき式料で毛短時閉 I~ 号元奪同時奇坊できる F 工l<. E
i
玄の特徴を利用し τ,せを r
.
_-lまの祖胡中の微を禿Ji
rn坊勧の剰史モ行局ヲた,ニのため
加速官乞 ι
"下ロトシピ戸ム色吃覇中 1
:引虫してとラもち乙しを堅加し台。乞う乞ヲニレ
の括審P を予をレ r~稿・申告~4t 1
:ヒラるろユレ 1
:信音乞れ Q 、‘九意向先, Yを培 1
J
(
jし,霊 1
J>^ニれ
草特がi'f 湖皇室(..f
:•
らの元来の移行..3
u
"
2
.l
み 以 bη5
則定による梧胸中微をあ索 n持
主
力
植物中の微輩記煮の~fPヒ板:}~よ '1 t
環
A
A
.
..
(1
ミ微誓色素の移行の技能.を挨討するために.
対象ヒ Lτ ヒうもみユし (lea
.l
'
I
1
a
.ys)を志穂の条件干でま骨子f
f
史,格,茎,葉キP
を株最レ
佐来の芳 ì~ !'・~í}肉静棒IP:7t素老舎也、自包支持号~ "/
/
'
;
/
1" '
{ -ケ\ノトを{下~レた. MA才\~豪
北大'掌サイ 7 ロトロユ・ラジオ 7 イソ~ 刀
t
:
:
:
.
-9ーの 40附V AVF可17ロトロユの
4
-Me
V予ロト〉を伺い, $..1主十 z ンパー肉で仔ロフ r~. X~患の項'1定 lt s;(し
;)
i
f
t自暴宅用、.
デーy f) 911堵 11~算機1 ~ ;
:
.
."~千弘,九
とうもヲニレ A稽手ぶ‘, :芝 ~/,K'c事者諸レ代察署j!1 (
(
7L
),~数穆内、必須乞素を令み日ン 1" 1
Lュトン戒で栽培レれ ιうるヲユレの根静 (
f
E
R
),事P打E1},葉都 (
T
E
.L
lのえ子舎育乱素の
,
7
t斜!な t
千な u 表 i1
:
:
:示した.事責4
苦ヲ誌の童同(DL~ TEL)"
t
I
? ,,
f
静i
証勾護ぃ (TER,
TET,ヒ
πL)による令有志材震 1
:
:,
;
t
犬
を df
まれ I 1
5V¥'t'¥蒋笈 1
:
:生脅した乞うもろニレで t主
令有元来,j主τ
i穆 3に由来するものと完走らa.k.r~
11 格静 (~K) 1茎静 (
T
E
T
J1
:
:わ
t
.
ま
r
:
.e
s
ずか身布州沖号れt耐著幸P(
T
E
L
)にほぼ
ヒんピI
i脅し fミぃ。事1't号
:
更 c積>
t
号
し
?
で
!
:
: ~i. i
1
tI
A
i
"
.
o現
,j
I
えによ勺ヒう七うこし中の S
eの均 f
f
Jrhun/
﹂
114
ワ
白 quhDDHU
TER TET TEL DL SE2 SEち
13 工
ユ
33 工
与
件o 4
5
9
2 210 ユ83 ユ29 2
2
6
31 22 22
8 1
9
52 76 60 63 5
6
13
2 585 9
4
7
3
6 14 11 12 11
9
6
5
5
4
﹁︿
司 ど 円U
,
eunEr D
、
,
Mn
141ム口ノハピゥl
うもヲこ,しの接持互利 100'
1
P'l11 5
e を官
t.義母;長 i二浸し, I
I
I
寺胡役 (SE'2),?時
間後(手 E5
"),にみ u て安りを詳鼠レて,
倣者孔素有利害 f
t
l、
表 i1:;
.
r
せ τ示レ氏
1s
eIJ.安静主 τヂ1
。す τI~ 2崎町侠 lユ1
1
2レ定締セれている〉ヒポ I 5時間魚 1
,
ざ'
L
hぐんをう y おお・も 1
)氏ゲし, t
、らのよし J、片,よしはらけんじ,いし いけ、.'
(
'
う
,
f
!
:与乙う¥,ちヲう.
,¥
4
8
1
1t
J
ら I~戎縞古1・1皇レZ・ 11 ~"/弘町ZZη ちLh. f
:.ヌド妻家で‘欠乏待相レ代初ほ,〉内先手長南1
・
敏雄物中 1~ 1
手ヒhJ'6'毎日す?工 xf 誌で比政9~ti 笈ト令祈でき b 旬、みで'iJ ~ .
νiνo効i
定τ
lよる植物す微t
1G案の移行
?0 M
e
¥
l
1
otJトシを加速管の i
i乞(25
"
〆
>
>
1
)
よ
" J空気中 I~ ~I t
b
.
レ ,
t
l
l
.罰中の幸夫涯を寿麗し
て切ロトン工羊 1
レ
ギ -4
.
0M
e
V
の住まで蛭対レ長。 グーゲット 1
1ピー t
.
¥I
τ対して材産4
頃
,t
置マ,ピ戸以 1
:
:オレ τ
守0穫す旬以針乞‘";..-,
レ
ド
レ
!
:
:
:S
i
(し
;)
梧 s昏を q-tr~ .
.
/ト
"
",r 1
0
仰
の 務 権t
l
宮
守 X姥の揚│定色行口?t
・
, q- ゲ、y ト 1115ιm義援 I~ 常生レ行ヒラもラユしの雄
初主義時交 τ
i設
レ1
数叔 η雪野主主とめてAf::z1メー?ーを明 11/0初 m 併のt. i
1l
:
慢軒
レt
:
..
ピ
‘
戸 uを
;え値 l
t
.1"-10明 Aであ,伝。
国土のスペクト lレ l鴻.~v夜官 lt の場管( D
I
何事) ,
~訟堵夜 1:::. 100p
p
n
tの
ラe
,
Y'E抑えてが
時閉宇ず(0I
ル陀),
予
‘ 06寺閉ま z
.(171砕抑) ,守5時間ま z~( f) 14g0) , 企 08奇閉宮,," (V1
今別〉
穆i
屋川場,l6ti
tレた・
国 V らも日月ちか弓ょう I~教育煮の対の場企 ( 0
14
-7
ヲ)
1亡,j ヲ
e,yのピー 7Ij託-めろれず,
子
山u
t
.
.
.
.
,
,
:S
e
, Yの t
/
-7-1lべ認められ
S乙 γt~加し Iミ婚な( 1
/1
仰 g
"
"DI将 i
)1
t
とうもヲユレの
磐 t; 湾側私案抗級収主れ吟 i千しているユ乞杭認められれ・~有嬉長判長 b 久き TJ. ll1 ~標準
とすると ,5
e/lnの笹ほ A
,
.
''"全 0時闘の矧,-;.0.2乙 ザ ら O.ヲg,.~ぽ加し J 時間乙集 I~ 持ðÙ
活煮の 幹八の衿{子‘ 3
産締州事行する〉乙例経められにまた /
1
1
1の
{
直l
ま2
.1
]時間 τほ
11tÎt和 I~ 1
室
レo
.
oC
f
, ま 0.0。タとな 1I
元/宮n エ"主佐〈口ヲ九 l
司ー業穫で・
も持制あう長 L
二ι
‘
,
o
&
q
五を,崎将遺骨l.r
:遭
1
0
'
いの生じるエヒ供託められ f
:
.•
;
'
蛭
射
岸警買震で '
lt;,戸以竜丸 I~IO 机A 7
5
した が
, H
3
.財 翌 日 1-~乏財抑恒例[打托した
1
0
日三ごま fて雑討の{f.噌,~ ;n安利‘ヒラ毛ラ
ニレ事長者Þ^:孝 nl1 し夫元来ボ Ok~えされ奪事P
1
0
'
A 端緒されて u ゐシヒが認めろれ,生ず
f
E
Y
ZLωH
れ ま ま ( 山 凶 ω )で微菅乞素の企(キ肉移
ミ
n
_I
s
;
:w
・
、h
行ポ場1
'
色むを否可能性を青二した.
意義事実司 i
蓋i
千lごめれ"本号程写研堤f1T
コ
=
Cコ
ιJ
E 家持能博士 I~ ご助言頑ぃ f:. ニ乞 1 ,訴f色
1
0
'
主義 ν ま す .
1
0
'
CH円NNEL NUMBER
函1
.i
少L (
.
ノt
'
t
rO刻史 1
;
:よるとうもろ二し中の
5e,Y の 移 行
4
9
荷電粒子投射化介析法 1,
J'る血清試料 l
十
の
2
R
I
0
5
リン・塩柔・カリウム-力 j
しシワム等仇定量
(東北大級研 )0耕馴義./
V
峰男
結言
7要i~
,4ト
l
e !照射粗う t する荷電粒子放射{七イトFt,~ .tリ,生体ゃ鉄鋼拭料中のリン
b-:' 晶感度に定奮ときる~ t ~赤、 1 L寺 k。ふ血,さらにリン・塩柔 力リウム符 Iぴ 1
J
}
し
IJ
シウムの岡崎定量を目的と 1 7,産量に剥申する政反斥・砂 Jが北方害政友 J
I
O
'I~ フい r T
h
;
c
.k
Q
y
g
e
tY
i
e
l
d ~別定す吾~ J
:に
.
t,7Tれらの感 i
t跡事(:ついて検釘l,血清中のよ包
1
"
え案内定量 1:舟用 IT~ t
'
I
) ( ~ ~ I~ 報告する,
定験
r
.,た . 刊i
c
kT
a
r
g
e
t'
i
i
e
I
J測定 l
明9-ゲット
I
fK
H
z
.PU4 ,N
n
C
t/Kc
tぉ t ぴ C
a(03 ~府ぃ,入射粧与の~瑳/-:.対(十小'f 厚,}H tフ良
照射 1
:乗i
1
:
.i
t苧Aγ下サィヲロトロシピ行
r
径 10mmη ディスヲ j
丈iご加圧成型 I1ミ。回転式照射装i量 I~ 10歯の詰;科 E固定 l
. Tれぞれ
の表面左檀守的厚み句下ルミニウム遣でわちい,個~. ~試料1;)'興 r.r る入射エ Â- /
レギ-7
.
:
照
射されるように! {
'T
h
1
c
kT
a
.
V
'
g
e
t !ield き;Kめ l~ 試料 11
固:
h長?の平均電免 l
百5
0nA ど
,
30&
聞照射 lK. 4He 加速ヱネ)L.ギー/~ 22
.
-Me
ずちょぴ B
s
M
e
"
i
l'
C奇 I{ぃ官",, 32 Mσ I~ わ伝
う
羽
点
、
t
7
)'
f
i
ι
l
d é ;l(め T~ 0 ~ 1" ,介祈試科~ 17
.1
1自立公害桁究所自己申の NIEtS
R門 N
o
.
4
λ血清ち J かf市配の棺坦血 3青u笠ん T
心比較諜翠言緋十 1,
1
す
え
。
, 1 7)
'Jl-ア 3 ドゲル中 I~ 定
量目的危害圭一定量会む合成雄岩手試料主調製 l}明いに。;れら m 試科 I~&-- (
'i脅係乾燥し
'(i色 ld 剃定用~ -ゲァト t同撮 1
:
.成型し 4
H
e 加 速 工 ネ JL
-¥-2
ZM
Q
V(試科入射 Iネ 1レギ
ー 1
7He
.
v)で・ 1
2個 ω試科左 l
局
時J
照射 lr~ q d
'
締 X。
ヘ 7ト 11-- (1) 剥定 /
1O
r
t
e
.
cG
eC
じ)キ争体疲
也君在(初辛 l
同,府時私 2
‘I
keV)~仁a l\佐川 S 100 聖護舟1 .1ト打卦 I~ 持説 \1. Uf,r, r:..
0
結果ちょが老奈
リン 由i
A
名 古リウムぉ Eが力 I
Lシワム句史量/, ,
;
r
1れ fれ 3'PCCI.n)*でt
.叶[
(
c
I
,
Y
l
戸K
K
(
O
(
川y
l
4
1叩 (
0
1,
pn)仲ct ぁ F ぴ ~Lt臼川均
p
c および句ι Cd.p戸\3 c 友舟 E 利用す~ ~ぐ,州'Ct 1:
3
物
巴l 及 i
むから, 3EK lJ 勾KCd, α川 3~k 反舟 b、ら I 4
4
$
Cl
i
fで
.
{a臼.pn)44Sc及たから , f
'1Z4~C
I~ 41KCα/2n)43$.
c 及舟から t生成 1 l柿喜左 r,
r~. 1
't
t
ゆ
え
バ
トi
r" あ r~ , E 11 ~仇ら妨害
反配が帯、視でき,かつ最色 η 感 度 が え ら れ dように照射工わしギ- ~設定( r
r
.1
1れ r
frよ
ら
ない。こ司 T~ めには, 1
h
i
cl
< Ta~et 百 etdη 刻定が不可欠l: '
[~ . ヰ実験ど得ら仇た 1
日対
4
/
収争 11I あらかじ'例絶対 í~ を率、め Z ちいたリンがよび塩集め抑CL 生成友舟収辛 8 基奉 I~ :
!
1
) 主宰単停の収率と( (
'(r
n
C
i/
f
A
.
h
r)単也/~換算 t ,結果& 1れ ぞ れ 図 111' ぅ41 ホ
l:
T
二。')ン m史量 z
,・J抗黄!;j17門巴γ 以.t,温柔 2D M~VJX.工 c i(f,史 lζ 妨害の珪えをが噌加
可 S ことがわ町、ヲ T~ 。塩~C1)定量ての η リヴ山町妨害 /.20MeV以下 z" ,す 11 t し r
f
悪犯どき
ζ
I
i
"
lみ う 二 と が hかフ氏。(官、しノ
可仇詑産 1;
1
" 20M
el
T'
z1
'1
h-Z-'臥 1% 以下どあラ氏。一方,カリウム品!定昔 I~ /[44・・~c. i利用 C
るが〆万クウム宇うよびカルシウム m定量C;',~ .
+
自
主
4寸 bとわすよ(・やさ"a
すち
5
0
1
:
:折害
桂寿命綾檀に息因する X'
l
o
﹂
ヴゲ可ウンド放射怪が端嚢
(1.から r 震忠路差団 z
・
削
定寸 3~ :
/{;:_よク感度《町
工主函~ :t 官'I'
Cきる.
,
し
C l -"
"
c
l
1
みたマ l r
i
l,照射工手 J
{
.
.キ
1
0
-3
ー δ1 ワ門 eV ,\:設定可Ik.- I~上
記勃喜長官 lτ~趨 Z 守,
///﹂
E告患の稜弘如争が・高いため,
Z/
ぽ平燕期由f長<., 2
7
l
ke
.
V
え
よ L の結果。、う〆小什
一同,/
τJO/J/
き ~~èb'" わか 7 T,,-・~
与
)
1
0
図1
. 榊~t 生威反舟収苧
図2
,
とが
i
t
0
1
0
z
h
Z=
K 一司叫円c
可 能 τめ フ た 。
4He R
r
,
財Z
"1
1 ~~,まや降ろ
の場小切ょう(, ~t 壇変+~注
かう仇 3
月;島放射品tb"若 l <
44
Sc
宅
﹃
、 -uE} 匂
- 4・
7試料!:'(
.
,
昼
T
,
f島守シノマ
前B可
「
非
伊
は
l
[
_
,
-I /L.ーチン
府祈 t'i 単 f:: 生~放射能の
比内み B
、う史f
告
す 3 ミ t申f
(£・︿三と U E ) 司
す
う
血清め
K_
123
000
τ聞 い た W}ア 7
'
)
')レアミ
I
苫
,
EFrLL!ト=ヒLL
Frt﹁﹁ l﹂
﹁十﹁l ﹁
•
イ
ト
A
f
f/l) P義,~比較操孝l: l
かめられ r~
ドゲ l
レ必威掃さ車
00
1
10
10
10
1
r
nことが‘1."さるこ
'
3K.生高反 N
J
'
・
収
宇
トf ト
tl﹁ │
Eト﹁︻L1LltLir-﹂﹄ttLir123
Io---
え義の度加藤涯の低下も並
戸
10-4
2
0
1
0
3
0
1
0
E
n
e
r
g
y {MeV1
図3
.4
4
$
'
Cお
よ
か
・,
.
+
I
'
i
S
'
c
生
政
友
配
:
I
X
;
争
2
0
E
n
e
r
g
y 増v
,
3
0
.
c生威瓦Jif収宇
図4
. 43$
強 l,/:_いうぐとド,{く, 1
F
、
身
才f
主直ち Iてi',~.t理1J:lド可徒どめ, f
:
.・J.t
:
.,平怜;放射 i
七
m ょう I~ J
9量 l之晃存す:; iトリウム(1) T め 1
,別質問f 妨 げ ら
柔1.Phosphorus in serum.
れ 3 ことも T:
qc
¥フ ζ
T 。限射建 3
0,
介以!幻 Z・5宮l
く! I
時間(舛で 1
Samp1e
Found (μ g
j
m
1)
1
丈時間 E・市 S
ι
r制止を主1
'
定一可火 1ず景室内 S N t
仁ドイ寄られると
N
I
E
SS
R
M 107.2 106.9
,
ι
γ
u
i1J'ヲ
r~
0
if-吏唆干名件下 z
.
,0
) ソL
衿
F〆 力 ι
l〉ウムの
伎主主限界 I
J iれそ似宗主 μぎ て-長 t 感度官、,宮争、、い介*'i-~~
(lZ リンの定壱fl
&果 き 表 1
1ご示 lt
:
:
.
. N
IEp$
1
<
'
1
1N
c
>.
4
m朴桁値 l
証会事研ど工C
P1: よリ得うれた値 108
")
咋1
m1t
_
非
常l之島<- 従 ( r
二 。 {f
:I ユ間的イト祈 f
色τ
I 寵 ぃ 島 If性き忌
し 1
L
Z
lユ旦i皇相、ゥ簡便{:実 3
ちてマる 4 とが確約らぜl.t
c。
5
1
Va1idate
Omega 1
Omega I
I
9
6
.
2 9
5
.
4
1
3
0
.
3 1
3
5
.
2
1
9
7
.
5 2
0
6
.
3
2
R
I
0
6
R工 1岬tp~cutt IY¥d
L
(C
e
d
x
-VlÃ~
E
r
n
i
s
s
i
o
r
し5
去の基雄的検討
(金矛ミメミ・医諸事挟羽根臼司^孝喜p
) 天野良平
〔はじめに
J ((孟洋あ 1
1ぃ先JX続 分 片 法 に エ よ い て 、 試 耕 と 9卜軒励起湖ヨ線;'4主の納撃的
函乙置 l 立、その~:;fわ去の佐官乏を決えする重写な困予て・・ある。わし Jく線励起続Z持、1()\-~判可制粁の
内毎 l
二あるならば、この間手 1
.1最久となる.他エキ Jレ ギ ー 訣 射 稗 E扶 伝 ず る 放 新 聞 司 佐 保
(
R工 ) は 、 こ の よ う な 内 努 財 起 線 才 、 と し て 通 し て い る 可 能 性γ
sある。尺エよ‘);荻i¥、される也
::t、同ー珂科中の醜まきの*定Af-、ミト乏如来的 l
亡加島する.発生した特位糸
エネルキ“一試射線 l
弘、よぴ
線 3
R工 の 堤 長 l
二よ, )扶むされるえ ~(o 憲民待佐 Jく線 )
I
去、岡崎 l
三枝a,される。剥足
光 予 の ス ペ ク ト ロ メ ト , ) ー を 行 つ ご と に よ , )¥
I え庁、予の分析を行う。
R
I
1mpJ~vi七工~ceei X- yo.~ E
t
n
i
s
s
i
o孔 Spec
七
回 rtletrγ(崎 し て
呼ぶ・ 0 ミの F
ミ工〉く E
$
'
利 或l
r
:
嵐長の点、で・(-1".2盈彰のけい光
この方法をここで‘(:l
R工X ESpec
.
tro制己七ヴJと
x続分析に比べ‘て功、な‘ )I色いかも
しれない V 、~科と綜玉砕、かヲ艮在する ζ いう詩俄昔、ら特殊+~~約 (
r
:とえ,.;1"反応、唱名などの
::t有望である.. þ~ιL の観点、より R 工 XE 法ド注目し r~ 。ます\
動的命、利ノWtVお-&骨折〕に l
G
今回 U
T
t
-V 以m該医学でよく使問される'1'1 1
ヒ
ノ 6'
1 o
.)z
吋1
"
1
1
t
手重き内昔P
均忍貌芳、乙して遁ぴ、分不可訊料に
走己競漁の肪忠能力(二フ
L実高責〕
C
l
芯
L の平交
S
.
-,工 1 B
Q
.
, P
b,以 を 使 関 し 、 各 R工 の 動
T
二
。
I
,
lI
¥
1
¥て実耳定的に我討を行っ
線~、;J;よぴ話料
"
'
I
r
l
}勺 e,'
7
[0 1
ジよぴ、
4
(閉 し T
こ7
桂 の 灰 工 (<
i
q
f
l
l
T
ι
,ノ何 G
c
t戸lT( "'工凡プ'.5eプピ 0,121
)
1
;1、いずれも仇九OrJ-用試射住 E
主乗品として購入しれもので、 l
O川
α
んd以 L の 試 射 総 意
α
l
グ倍民主 i
二書長官 7
1
<
.で や 釈 し 鋼 製 し に 。 ふ 民 工 調 老 支 落 来 の 放 射 策 課 長 J
ユ取 4
.
1
rv l
5
"
f
t6;メ;"j_としに・ b 例 行 司 料 l
去 、 話 華 持 組 の GL
ム.
zt
h
.
Oノ Sr(N03).2. ) KI sム
(
C
/
i
l
O
O
)
ノ
z
.
P
b
(
C
H
3
C
O
O
)ょづけぇ o)
(仁 H3COOλ 以 O之・ 2 けネO をぞれぞオ l~足後 'K で 3.*3-解し、 Cμ , S
r
,L B,
.
o
P
b,I
Iの濃怠で‘ 100骨 1
3
ん10,
ι
J洛 え を 誹j
裂しf
二。;11
1
'
包訊科ピイシプラシト試料〉
各
R工 に つ ヲ 之C4
-の拭核管を互信 i
脅し、うち l
守本 i
二よニ言乙良工銅製老衰を 1
0
0
ρtブ つ 分 取 し fこ
。
友の舎内主
,
こ の け る 中 l正予に i
手 、 薬 結 水 100μE加 え r
:・丹、 1
)1
件
J
二1
.
;
1 • 6~逢の斜付言耕搭戒を 10μ
切μ
,
.
11
.
0
μ とそれぞれ加え T
むきら 1
:政 1} の lネ{:は U試 新 春 ゑ を 1
0
0
μ 今取し r
:
. ご札
ら2
0ヰ与の忽量 1;[ぞ れ ぞ れ 20.
0
μ 一主とした。
さえ射線変l
え弘、よど宜主 先 壬 淵 え は 晶 純
度 Geヰ矢白書三(I
bl
Y
1
l
t
r
l
t ~c.tìæ d
i制 式 昨 ; I
O
r
n
,
'
1
I
lo
d
;
;
¥
だ d
e
p
t
九;0
.1
2
7Bew
i
‘
Y
ld
ot
.
l
f)と 40
C
f
bチャネ ;V
多重法 i
言々村蕗により行フ f
て,分解能 1
.
J
.5
'
、
<
ik
eVで‘(;?之eY1
2
2
k
e
γ・
で 4
q3e
γ で‘あフた。
J面 積 め 計 算 は つ 〉 仁 三 ュ ー タ デ ロ ブ ラ ム に よ '
1行 フ r
:。現1
'
足試案ト I
.J、核土:蕗め中川、よ
3
リIc.札め{主革に囲えし 1
1
1
希少ふるし (
.
12
x1
0,
t
.
夕刻えしれ,
L結男と;考草署 J
Rヱパ E スベクーυ
よ
と 各埼1Juタヂ「訊科 1
0
判?の場合の'f!
"
"
'
T
cの只工 JくEえ
じ
。-
I
ぺクトノレを 1 イ予1\ として図工 i 二示しに c 凶よ,)守守"L了c 稜君、て"1手、 Sr ,工 , Ba ノ Pbノ Lλ c7)"'~'侍;世 x
岩lt
!γ観
;
j
l
j
lさ れ た . 1
てのと栓の
R工株;尽につ υ
y
更は、 R
Iの 程 頬 に よ リ 実 っ て い れ .
えのふ
頼主, )、励起官巳乃 E7
7 1二詩画し
:
f
;1dう
ても税ヨ刊された。ごのみえ去の特住メ殺の 5
、
号
r
z工 続 涼 ιぅJ
6
J
匙曾を刀
ス ペ ク ト JレL のピークiKJ
ず=f
V
cANwNJ) よ J
'iをーギわれ。ごとで
f
こa 三
え
けよう¥い
5
2
ま×線ピークの計敬佐 /N"/手話栴ヤの目的安
N
el
定J季初老も (\}(Ü1 計数時間内の R 工の培 jt~ 互
表わす a ピ I.J. いわ 1:1:'1 域主tl~~ 当リ(之がi 足ヴ
れ る え 5の
主u
i
fで‘ある。
q
?
"
'
T
cのピを長:1./三示レ
土。れ計教対孝氏〉で除するととによリセ=弘
で溺起動キモ fポ め 与 れ る
ρ
∞
マミで・ l k
e
¥7以下
の計童文初王手 ε をできる t~' け正確にボめ、 f を計
算しT
三 e 併 帆 丁c
の腕起動キ
tを義之 l二示し fこ。
105
103
L
0
3
1
L
J
」LLL
3
刈
1
0
'
i
し
イ
?Jt
10
方ずあっ複雑で・ ~/) 、ぞの該差はかえよツス子、 h ヒ
思 わ れ る の で ¥ 吃 自 身 グ 〉 設 差 も 久 3、、であろう。
J
一
一
一
1-
。
掌的配置とま丸、料問弁の寄与(白己 Pゑ此軟弱!...>)
f
針 戸
1
~
1
.
;
1訊斜外の寄与(空気 f
可
かしながら、計数勃キモ
堅豆己
一/JLh
封
虫
!
主
空
刈
:
> l
~ 1
'
^
'
c
.
.
.
.
.
.
.
.
_
_
.
.
i
;
_
_
.、
Cu
'
.
s
.
;
:
.
.
.
.
.
.
.
.
_
20
30
40
50
Energy (keV)
. 10
"
キ R工貌源による府超能刀の主主 L、を補正る tこは ~
ぞ/で寸d
訟
で
'
(
}
う
る
。 Z
あ起有t
f
)をる R工須完治で'比較
ι
j
竺f出
すると、庁、ミ予者号見番よ,)下の元弄、 l
二1
;1同工,
切各<'v78~トぐら\
,の元希 1
:
./
;
;
;
:
♀olT
.
1 7
0
4
手
vl
J
!
i
ノ
香 ぐ 川 1の 元 素 l
こは b'7Go
.ノd'5"看元未収工 l
二l
.
;
;
t
f
:
色
の 4-1実穫すイセヒ比較して過して川ること Z
)
,
"わが
フ化。さらに組長~/こわ Tこっては、手皇;)空包身の手え
忠訴奔1
栽に漂い関係ρいあること。、境教員ヲにわが
Energy (keV)
Fig.
1
. The R工XE spectra for 99m
J
'
'
'
T
c
.
J
,
Tab1e 2.
The ηI for
Tab1e 1.
Samp1e
n
l
w
可
ム
ト
NC
NC
NC
NC
NC
1
1
1
1.74X10 1.82x10 2.53x10
1
1
1
2.91X10 2.95x10 3.83XI0
1
1
1.07x10 1.21X10
NC
1
1
1.08x10 1.31x10
NC
円
レ
111.3(Ks1)
3.66
NC
NC
1
1
2.41X10 2.78x10
NC
1
1
1
3.90X10 4.27X10 4.68xI0
1
1.13X10
NC
NC
1
1.26x10 9.72
NC
114.5(Ks2・
)
5.51
94.6(Kα2)
98.4(Kα1)
110.4(Ks3)
NC
NC
7面積め殺計設差 0
'
" 10〆を起えたので¥これらのピク l
こフ Il( 計算をじ広めた.
5
3
n
u
﹃
可4
x
87.3(Ks2・
)
phJ
84.9(Ks1)
' n vnIV
2.94
2.13
N3EN
ハυ n u ハU
A
司ム司ム
市ム司ム噌ム
υ
n
5
11
司ム司ム
司ム司,
司ム、
nunu
680
可ふ噌ム司よ
C ×××
H505
円 EW
NXX
n
u
36.4(Ks1)
72.8(Kα2)
75.0(Kα1)
99m
"
'
r
c+ U
内
4
32.2(Ka1)
31.8(Kα2)
84.4(Ks3)
N
C
N
ハ
υ
可
ム
44
内
Rd
×
•
ー
1-
)
'
n4
d
NC: じ乙
np
β
•
k
{
1
-
可
ム
‘
“
、
戸
111.3(Ks1)
9翁u
J-."TC+Pb
司
品
98.4(Kα1)
110.4(Ks3)
7.87
NC
NC
__
_
.
.
._1 _ _
_
.
.
._1 _ _
.
.
.
._1
6.27xlO- 6.65xlO- 9.35xlO2
2
2
1.02x10 1.05X10 1・
38X10
1
1
3.23x10 3.75X10 NC
1
1
3.23x10 4.06x10 NC
1
1.08X10 NC
NC
_ __ .
_1 _ .
_.
.
_
1 .
.
_
7
.27x10- 8.48x10- NC
2
2
2
1.13x10 1.25X10 1.38X10
1
2.87x10 NC
NC
1
1
3.17x10 2.47x10 NC
QY
84.9(K日1
)
87.3(Ks2')
__ _
.
.
._
,
94.6(Kα2)
--"'Tc+Ba
••• •••
NC
1
1.43X10
NC
1
1
1.37X10 1.51X10
32.3(Ks1)
9街n
内
,a
84.4(Ks3)
NC
凋噌
36.4(Ks1)
__ _.
_
__
.
72• 8(Kα2)
NC
1
司'h
3.83x10- NC
NC
1
1
3.66x10 4.33x10 NC
••••
}})
6.31
99
m
.
.
.
"
'
r
c+ 工
。
。4
32.3(Ks1)
9
m
.
r
KEEK
{{({
0286
1mg
α
α
KKE
+
+)+
唱ム司よ司ム司ム
ααRMFa
白岡
31・
8(Kα2)
75.0(Kα1)
99m_
Tc+ U
Samp1e mass
8.0(Kα l+Kα2)
NC
NC
NC
_
. , ____1_____1_____2
14.2(
K
αl+Kα2) 4.60x10- 6.71xlO- 1.02x101
1
15.8(Ks1)
1.05x10 1.58x10
NC
, _ __ __
1_ .
.
. • _1 .
.
_
__ _.
_
_ __
__
28.6(Kαl+Kα2) 2.90xlO- 3.45xlO- NC
32.2(Kα1)
99
m_ •_
_
“
'
Tc+Pb
5 _ -1
,(10-2
-- Bq )
凋品官民 J
9
m
.
rc+Ba
9
J
η
l仇 明
The excitation efficiencies
99m
n. for. J."Tc source.
ー23 _ -1
Characteristic
n(10 -- Bq -)
Samp1e
X-rays
Samp1e ma5S
Energy (keV)
1印n
旦
2
盟
~
9 c+Cu
99m
•
_
"
'
r
c+Sr
可ム噌ム内
99m_
Tc+ 1
J
00
mTC+CU
99m
Tc+Sr
ヲヲ
Characteristic
X-rays
Energy (keV)
99m
J."Tc source.
2
R
I
0
7
主主活産枠反たで、宝6<x.す'5'7 Be の空気中弛4呈~-f
(
喜1エ研)
言
絹
き:
.
.
.
.
_
酔
加 速 品 逸 脱 1才 t主戸口&捧トン字 lレ , ト ゲ ッ ト 刷 込 等 の を 気 Ir -)欠8)a ",
;
1-=次
おョュキ lレぞ一広江手 l三議 bミ れ 放 射 i
t~ 7
¥
1
.~ .
偉,<1.,-峨
~兎‘維事L ー
。泣議イ建次節,
ヰ荻及 i
o
: ,~ょ,てきE 気中 I~ 住吉主レ fミ t丈射‘陪私
1 < ι ,昆勧工キ}レギ‘ー主治ち洞聞の与え j
本 骨 子 ヒ 町 不 、yトJ' J
. A
1
:
: ,J.主主射砲エアロY-' 1レ~
a " 1主がヌ枚、ヒ
持 7 諦椅,1
主のl' ~., :r-寺民放射悦
L fロ
tI~ .f};fi可音。
L '
('
1
l気、
の主主釘長年(~まで・氷}将位エl'
I
J
放射+主エア口 Y
‘jレか
Y‘Jレ の 粍 縫 少 々 lご向する知見,J., l
i京たで.'j;. S
立し正放射
,同級終的反応、くでE る)~毛主主解日時 7 ~.x.. (.‘非宰 iζ t.~字である。
定1 す 3 知見,孟不可欠であ~ .
友T
o
.
:
: 昼銭て,最体的
ま下と加、&芳忌孟中主イ~
J
l
:
.
.;
t
.
伎
'j・‘ lレはよ五件掌兎の肉語p 被鳴を挙手 fíV 1 る.L Z・・,li.句車孟 4生命令 I~
~ >
1
1
. i <:.加」之本庄転" 1
半,
嗣守 3基z
楚的訴事乙,..7
首んど、 f
tな わ れ ? ¥1 r
J
. 1)
z1
:~可 3 放射 'f主工戸口 y川 Iレに
率先ゑで,;1為工キ lレギー幼児年初 ~tfr
G
.
.
.
.
2tievfS- E f
1
'
;
Z けーデマレミ) "1
乙宝気'ヤロ私A
友 砕 反 た で 1 弘司五 7Be I~ フ H 宅'í.司 L J1ロ
プ、}レ見M主lìJ あ』完示、F 紋知範学長辰吉‘~ 1
.
.
.
"
守
n文例.j.1:エア
j
'l
レ何?鼻息の J
L草1乙 -,
.
/ "よる安
D
(
tに 7
βe
.)
/
J
Lf~ /,l量予吟向 1主~主 S宇 IÇ 仏語ζべ‘己
主主主乞:
dーム寸
J
;
( o
.f
(
.
"
,J
/
"
"
"
.
)
7
β 邑『工アロ
,:.rリ測えヌテ- s'-.ル主主'),採取口と齢仇及E.-P 2 内 八 氏 主 れ し
γ 』レ主主位冷 lfjllJ
:
こ託金
f
c 司 一 部 を 平 17干 譲 受 の 1
主
主
主J
Of.河"氷室と 4
主主主玉らを
.
:
&
i
邑 L Z )-.五百 E 放射径フラクシヨシ
存't-.I~ え L
t
ミそ与し伝
J
:
. P2
.'
t9ー ド バ 制 的 7・5時 ,
仏) 7se- エ ア 1
1 1"/レ制臼盟主:
1>'ち』ニ才キS''-'"''町村r10 全失宅奪取口(手プリ工?宅 ,:
;
0
.
.
.
.
.(
;)主主.~ 1
', 券 取 を 負 Iよ不シl'
Fu乙1
<5 i
tIごよ
>
ζ A/Ao) 勾籾íff;骨、うボめ及。~際 l三,;1封書~íE.詩的
Z求、占り?と。
制定ス T ーション I~ J,‘, r 主~剰え張;[向脅己、五@ f
.¥
t
11
b) j
f放射花:x.. 7_E____l_j_レ >~A~創え:
.
ま tず lレ君。ラ 0)
主主向
静電気工 7
包
γw;
t
亀千五冷科書喜〈昨俳写エ
て ピ -"
" ON,吋昔
n
時 叶f
~支持ぬエ F 口 Y‘ jレ 3岸危右、;;. (
.
.
.
.
.
続
性ノ骨布 t:
昼
'
)
え
し f
:
..
c
) 安 気 字 放 射 能 濃Ao
安lえ : 治 拡 M
A 松花町'主弐守;鬼 )
I司 f
喧1
え,;[,短争 i
阪期
であ 3
"
c, 13N, '
50
,こ:> "
"
<Jd
.
告
さ
気
1
と
&~ふ令官宜箱 1= 務買えし品勧容を泣奄イ主計 τ;
1
1
'"
,
3H,~ヲけて,;1
)
令
主P
点走某 i
.
i, 且っ
ζ
て 消 臭 し 五 本 h級王主主包し長後,モのー
r
もe
.UtL
t
::.-~ケレ- ;:"3-ンカヤン Pーで・剥
望ーしてえ・
ーす会予防
'
tWo
.
.
.
}
l
.2.吉川宅民
知f
'
!
.工 7 ロブ、 Jレヒして.f3-,f.王寺るみ急経に
フ
‘
,
'
z
.
l
a ハイ京、'):>.-A 工アーすシアヲー
こんピヲ
l
t)Jじラう,
1
"3
・1
S
c
h.
.
叫ltiC ぶ a
γ町、。岳"".....相恥叫明治
AP
、:仰λ作
"
'
f
'
.
FL
.
i;μ
ter,
。凶", ..
恥
rne山b同~e 千ì(-t Ç\~ζpo同 s ・ .!e'\
。斗 5戸
川
, 4
C
T
),D
.B
. clHu"
,
, b"i
:
L
て"
'
y ( 20c
!
.
.
'
,
,
,e
/
s
,
L.S7ι ,H,
♀D
c
,
,
;
.
f
<
,
,
,河 台 ゐ t
1
吋
宇I
l
e
lU/~//, 、 tJ, !
in!
)
I
)
ワ 嗣 刷
印"
剛
M~' 、剛山 >D 制 .te 勺
r
.
c
.
:‘;
H
l
孟フ、みけん, ).
:
5
5
4
.~!I-t.
'aJl
pc/}
<
;
"
"
"
"
'
'
'
'今srr
EAA; e
/
(
>
(
1
Air
.
1o
.
t
々
l
(
.
"
o
)
J~I
,
(
,
0#
tI~
内1
1
.
-F
-j
文釘
8 怠主主£ぷ乏ゑム
制生命恥=対す~
s
t"
E tie( L:)~愛治~~‘測えし,をのえ息ゑ é '
1
<'
d
)R
.
9
5己 今 見 込 タ 格 差 吠 え す る 際 " ,主,あうか U の与分量人.Ll
'I
JY
"
)レ
<
:1
鼠えの平均殺かとつ円吉汎量,埠ノ量,雪村薄井
])巳門叫C<Ml司式乏同¥1
偽薬 (l
"d
-0
、)と A/かく.P.B
. ~.:..!...-:!.す
3 古色司フヲ 7 ~'3ン)の飼保主#勾,安験向( :
.
1
守
う
.
j
'
L
"
d A/A
.v
s
.G
.
-(l.~を〉の長 ~111~ ヒ cι 較するとヒ l こ与ヲて 1 句程処分 J年五ヰ.;, (1) 氏
。
割丸結宗主 fii~ ‘2. 1 ミネレ r::.
ζ 句安場 1I 曲線ずら加産J器軍事~ }
:
.P2-室内 z
"i
.
ね
ず
0
J'
I
'
l
3eーエ 1
7~ '
j
"J
レの平均肱佐官加 。
、
1
6
x/0 ザ同('~究何語、岩手偽莞 ( R
.
e
>
3
-I
J
'
、
)
ず
主 気 ( N. 0 ) の核待費砕友1¥;.~.主主主-;
リ花信ノ分存在方、?ととが判瑚し食。
,:
0.3
,
:
.
:
J
z
.
.
78e ~-最
格的』ζ 杓 16(
)A の平均宇佐主持フェアロ y・、 I レ 1::' 歪 J~I 之フけて I J: I"
'
'
Be~.持フ坊主蜜 'J:,f>'!J
謡符位式1.0:'生矢,t1
ごみ1iす 3ヲ
F荻 射 4主工アロヅ‘ lレ表度恥向通L世‘う嘆味める楳息子 J
うも.
e A A (J
l
.
ゐc
.
troCJ. ~叫R.
う
れ
仰
.
.
.
.
. off
のi
回数 l
主主、 6
t
V
n
.
.
.
.
.
1
.
チ
4
.
<
,
A
.
) ,とよ是正 F 之内守升杭射位x....7
、
)
(
B守 ぱ 揖 径 1
i
J
." v
氷
J
10チ テ I
UTo
011
'
'
'
'
' 1
ζ
1
:
0
であヲ氏。
-
I 主持フノ告干予
beω
ー方
ア lレ主乳のゆ引J!...
j
i1
三
イ
私 41
''3-1
1
-, 、
。 01戸 肌 ユ メ 下
1の 偶 数 l孟
5
10 "" I
♂γ
ノω
1
"
,
,
i
l
詞の宅Z矢J分子'c-i
. とレ,
8
t“あフf::..
ミう K 事録的 I~
9巳
'
L
-
l
と
え E恥 及 。
をの
主主
L
L
アロ γ /レ
6・
9シ
P
I
J
.生
叫
F
'
t
Ul郵 政 問 で .1
;
[、
1'
7
J
-ア卜ムヒ1..'
<(
i
l
I
J ニれう弁放射はエ F ロ
プ
‘ J
レヒ双 f
i
.
:
-し
r
-p O 'j"1レノ分矛を与えるす
ことか,メご舎である.
その
befM>レ 仇 治 相 今 A‘
よ
:I.-?i2'} J
レ注包タヰ の t
I
' - 1 1 rあリ
1
手先立体/i}:ipモ持つ,1-1
7 P'j")レ1
:
''.f_;長<1J_ものヒ克んられる。
博主持?主主乙のような
'
1
'
、』レの湖え結果か
E し T る・れ
8寺 I
J
0凡
12
)
:
"
'
l
乙のエヲ
レ晴、レザの ι う な 反 た 良
J
1
;
)
:,レ) 最強なを房長牟仲セ
t
支
え L,模討す
3
]7ロ'1")レ逆1)之内際 ,%
'
W
5
1こ才"/、ン ,J
.
.よ
'
{
,
.
,
"1
吋 1M fC '
J
争;
f
t
.
f
tdJ竣7
1
か rJ- ピ司法/を,制退,h:,y.政わ・言 ι し 科 、 シ / 手 久 Oo!;-v 0 ω グ 庁 内
(
)
.0 I'pp州
で・あ》長.
これう拡!
t
1i
与ノ分解生ちにめ ;
.
'
s
.
.
J
主ヒ放タずは工
チ
ァy
局ι
i:
t
T(
A
.
ノ'
o
x
) 11
.~
ー一一一一一一一一一一一寸
1
.
01
1
;
1
.
"1
.
d) ~ヱ 3 不明である。
一方 WZ
閃きE気中
?
s
,
e
0
.
8
ア11 '1 ・ 1レ殺す坊わ飼~
屯
1
:
' r~
7Be 以 外 ζ
l む数 f
買
えの放射 f
t-l主キをか殺lt.ミれf;..
,
>
G
主作物t免 町 葉 f
量1
.
1 IIC:λsX10-S
。0.6
μ c
.
:
/
"
,
"
:
l
)
て
¥
"
'
f
¥
I
,
'0.'
1
)x/ょう~("I.cd ,
1;0 :0.59X/
o-s"c
.
.
'
/
v
m
.
!
, 3H :
『む‘'+-
/
.
6 x /t>-9μ C
'
/
.
ω"
,
.
7
, z"~ フ"fo..之
,久長,1.J
.
.
主pグ
O.~
。
.
1
。
o
s 1
5
F
;
,肘
F
:
J、
.
.
2
1
]
"ず ヌ ゲ ど と し て
J
き
、
/
1
'S
. 才,危 "
%
i
安で l
正局 3 か n
-%
料 5
c, HHg,£う凶,付k
. 亨r
i
/
.
を
の
川
舟
.
'
k
Y
H刊 訂 付 .
e
d p刊 吋m,
f
-向
止
.
s "J" t, 山
1
0
50
1
0
0
F 'ct~明。千ヲβe -1" c
1
.
,
,
(
Jo
c
i
;レ;
t
;
c>
伊
。
.
f fん凶
j;I
v'
e'、グエア/.J y
'1
レヒレて
11
-,
e.す判明し 1
ミ
。
(
1
1
.;mリ
h
:
"
U
:
..
5
5
1手4
>
:
'
2
R
I
0
8
業ァ、/~ヒ籾迄来 l二万 11 ゐ 77 ナノイド、 (1りの吃両手銀lb
(京北大企府, デ ネ う ー ど, ORN
♂
〉
。尿先広島, D.EHobartf,了.尺.Peterso
,
/
れ2
目的
C
m(
1V) の水落求 E イヰゐ甲車ーの支「法 lま CsF 飽和 7}<..~毒殺 r:. C
m
f
i
t
.t落解すること で、あるボ,放
射線効系 E汚点して長半法制の同広ゆ :lfl.l
l
C
此芭吊いてもcm.(
lV
)11 水!こよって絵々 I~ 、還元」さ
れゐ. t
え勺て C (!V)~より~え化ざぜゐ l 二 Ij 港液寸の水念有量乏森少 l (あゐい l
ま妻、氷
にし),フッ {t 初ぷ才ン?まf史 εjb めゐ~ ~が望ましい. cm-ら~ %
b1:落解でき,仏 (IV)~
I
肌
~え 1-:' ~釆つことがで 5 ゐ j各紙E!.~ぃ弘し,木知の Cm(V) または Cm (v 1)の友視 ε目指ず珂完
のr 援 と し て , 相 支 で 1
1MF
I
f(
M= V,N
p,A
勘)の湖、として法フ、y化 水 素 恥 ょ 件 、 永
"
:
.C
s
F t~~ でぜたるの丘乏1}." ,定'電~Æ~吃併法 l 二より門 (IV) ~磁化するニと乞
フッ化永ゑ 1
試、みた.史、較で‘は趨 70 Iレトユヤム克子、の入手可抗受 z
均点して,グ¥::1-1‘
点
、 γ 7.
J'
(
却
で1
同tìt.. 千 ηjまク γ 化物5%.衆 1-:' 怯丸光l丈法,足骨~Jt電併う五ぉ 4 ぴサイ 7 リッ 7 ボJレ7
メトソ
"E;通用千ゐこ Zとし[:..
茎傘
法フッ h
t.水素羽生 (
q
.
'
j
'
f
o) じ黙水ブ、ヅ j七水素ををれぞれ C
sFてす匂ロぎりも勾と?減、 ζ し
門F.
3(
M=C
e Tb) 門九〈門'"C
e,Tb,U Np Am) ,軍
駐ι
朔 (Ce0
2
.
T
b/l.07,
UO
.
z
.
),UO~ 九,
0
N
;
2
. F,/
ゆ0
2
.らを訴粋じ lr
:
.
.試粋込浪 0.2- I同j_~ 1 ヲス今 γ7製吸収乞 lレ ( Iι
1
'
1
¥
)
に
取
り
pO
;
η 包l
レt二指示L吃雄 Ut, N
,
.
i または RV
♂),対雄(pむ) ゼラケン塩崎 (SCE1
:達祐)
またはふ IC
u
,f
μ
/ふ巳
持入した.ゼヲ今ン場均 ,c
2吃栓,がよいい宇和平用ポリエケレン持 z
吃:
A
,
.
l
! h'J 1.1"是'[A立電鮮日寺の対雄史 I~ 1:1- ~あ 1-:' チプ G シロ払 Z 貼 1) イてr '
1r
:デアロン'官 E使
用 Lf
:
二
. CsF~ t
Uaでば Tニ法フ γ 』
じ 7J(系政洛米中ゃ¥.J<
IV), 昨(lV), N
V
l
),A
m
(
lり の 吸
p(
収ス々ワト}レ E剰えした. CsFε 官匂ロきぜ f
二業水ブ γ九水系込束中マ 1
'1前誌の t
llJ、 (v)
ヒ U(
V
I
)の味札スぺクト JレZ測えした. C
sF ~飽和ざぜた投水ブア i じ以来落走中での U(吋
, U (VI) N
(
V
1
)
のヲ乏ン散札調
J
I
,tも仔ヮた.
p
I
I
I
I
1
I
u
I
終来厄ふぴ‘免象
CsFε 佐和きぜ T二法フ γAヒぷ奪、政3
怠年記(吃 l
:
f
L1
'
1 ωSCE)
こ
の
)
,
0
.
(
,*
'
1二MFIj-(1か 川 刻 字 す b が,門らと昨 O2F11不落, UOZF2 ヒ Np02Fzd)械をかぐゑ
月
号 l(
:
. U(IV)じNp(IV)はこのう側、中で、与えて"めるが,仇(rv
)I~ 漸〉史 A\'II.(1JI. )へ蓬えきれ,
Att<- Ç~IJ 吋肢に T
二
・
Ptまたは RVC吃地 E前ぃ, U(
I
V
)寿夫で、 J
ヰタれたサイ 7リ
、y 7・ボ lレ7る7"ラ仏 l
工l
宮
U(
I
V
)→ u(v)・-+U (
1
/1
)1
7
.
対j
をするユ匁の成比戒が回観測ぎれた.門 (Iv
)→門 (V)→門 (
vI
)
刊 :
:
A
l
I
I
.
, N
I
)→門(v) →門 (IV) (料三
p) I~ 対iた可るぬヒう~,門( V
U
,I
V
p
) 1二対た可るさE
元波 1::1:政芳ではなかっ r
:
..
ι
3によって
え電位電解
はら
みつお
I
U(
I
V
)il
J
定t
じするには f
t
竜雄で、ナ 0・2 V ;えよ二 η 吃~R , M ヒRVC吃
D
.E
. ;れパート,
J
.1
<
.
ぺ -"l ーッ γ
5
6
い
用
ε
V は静町
湾斗た
kr
F の併た
υり・叫4 のd的目同白切丘しれ﹃ , 弔
0 た・吃心地こ落良川恒い
はまのん
M, Z E t a
hdA
倍。トム来
A
電
托吟ν
り J4) 一つ仇'幻切
4μ
DC 特
Iぃ
ω
決斗仰げつ↓吋田旬刊附引
一
八
d
白
書lJ
句
td
h
mucuwU
dwuω
むか刷
ewe
出加作い
a5ntp 一ゆえ
l
・四国ヒ
t 出・
a批判・)かのい
耐まえ
mJZM
pr
dr-
・む
札∞四
Cyclic voltammograms of U(V)/U(工V) redox
hr 口
J
ν
て
作れ
と
a
しと
水
川
L
ι州
い
主
にい
3
r
τ
'
7
5
7
川作一ふ'はい回目て
・
たた Lamh 川は一ぐりで
U'1
A 佐 一 本 心 寸 ↓ 即 れ と 約
札、し十・で 伽
M,漁 ) S H
さ点でた)は吃一不
許一は'お
広-U 来 れ VJh
撲が淳、りワ守均一ミりた
um
v
huuw
cA)
料
の ん げ AV 料 寸 伊 ノ 戸 山 一
'ur り h h m
叫一り・な臼
んげ怖を液で‘,
m
U' 下落雄がいてのた
6UH0
u の電れ(一
ほし n
r れきや
にと仏吋
主治ノさ和中
W
4
L
中手勾はんグ
ι一 可 志 位 決
夜 X 1 昨'玖丘一いか稔に怠
ω 塑 hM roHBEgoH
蒸れ﹄、泊は ν
Ego
ω
問 団 町 工A
L
,V~ C
U
/
I
αlF2
、目白
併は不
一昨り十 l
K6V(
hk
・,中
N 口 E M昨
電吃・ま;丞
た宣投
っ 知
'のた叫十明海一
S
F
4吃 九 ヒ 机 札 差 行 弘 の ) V
けが来れな
-L時 市 舟7 7
し L Mれ A川 ? ほ 系 一 J て 心 E ヴ い
dA 勾 さ れ た ほ る 厳 手 さ V A り 盗 殺 で
v o匙 U ぱ
必泌さ時雄反恭一
ωL'h リ U 孔こ系きしたれへ、止え
一
以 LJ
がは系
3 りには
'FV え れ 電 油 品 化 一 ' と し 凶
O 定 )4A仰バえ
7 ↓淳一がが拘下まさ日五重ム
j侍
rt4
蓬 をu 陀 の
γ一 物 主 か ' イ 川 川 町 対
E 絶品川 北 鳴 いw 位 で 一 作 十 時 琳 げ ふ も 〆 乏 い 町
U吃下しは↓で時+て
五ムヘれ()フ一北川惜しつサ口りりこ,いえ磁苧
ω η U危
な十吋主位山北一山慨に.いた
U はU ゐ や し 耕 、 ヲ E η , 次 点 札 口 位 し は 勺 な ヘ リ 仇
れ は U U あ 十 芳 電 炉 川 Lvt 説 付 吃 は を よ れ
'ψl丘 U
電はむ'吃正悼氏一
OI い
の に 時 と 臥 叫 ん ・ ι一 九 次 ヮ ↓ 、 ヲ に
4/ でがほの仏(吋爪7が何時の人宇野目、りパにが
L ゐにう体
A
mえ た
- K ぜ一阿南γ あ り 得 ム け ) 山 町
F 地 ) ヲ U V A凶 み つ け た 下 喝 眼 静 め
以すベ﹃一行のみれベ、一はドで臼か?いい A G色いグ・
l 十のんげまポ 川 . 川 電 誌 は 札 れ .
﹄ 3 知
北 達 E V、
一 v M bえ U - 浪 ゲ U U 可 ' す U 毛 た - L ほ
昨 'V れ た で の 町 円 、 化 さ
8 援?静味と主的比一啄あキ?仕込
4 4 ' ' ぽ L d J ↑7 l 十 日 U ↓ マ o T 7 J
肱友 L t 加 味
A h E d叶 電 迄
v h納 骨 ぶ わ れ い J4向
k 綾 上 海 ぐ れ 、 来 l 吋, F 波 れ ほ rι りル掛川はいげ U り izω
め
7 〆 止 の 込 中 市 亦 仔 臼 ル ル ル さ で し 八 ザ ロ ボ 削 山 口 U ' υ むナ
十り電での
疋川町立が
U は、れ﹃Ao--P 件 イ は l 仏 、 ﹄ 什 い 動
げ一臼ーの V L 仔 み 凸 一 こ 可 味 れ い 退 U ポ 政 測 キ ・ 場
乙
且細川・で O E
J
%は ず し た 上 九 し さ
のは恋ーが・の鋭啄たい
仰
A の が こ
(ι いず ste,(はも同Je,"IMk o
fF
(l.I.o'(oCtU-boYL,
A>tιh
eほ,
R
V
C
:r
e
t
i
cは I
a
.
f
e
.
d
_ v~trωωωrbo礼
本
。
0
.
4
0.8
1~2
2
R
I
0
9
AC . A Cdl'ょが C
fのうジJtポーヲロプラフィ
'm,.
明
(東北大金属t) 鈴木造佐藤明子三頭聴明
o
l
l
"
l
l
壬
仲
つヲシスの B
o
u
i
s
5
iをr
e
sら
陪1
%
1与に')子りムアマ l
レ力、ムドよるヲンヲノイドあ Jが77
-t)イド元素の霊元建良の費院がう A
c
t
こ正価ポ存在すると l
1
:
:
-f
f
i
.彼らの結論は現在民主
7テノイド元素の匙酸化扶貫主OI.個)は (t、
るまで一時えい受け入れられて川ほし 1。その後、 7
民
、 F
i
J
I
t
.H
Jc
I
;
.
よ
びN
oド見It'息され、ア 7子 jイド元素 tヲシヲノイド元素との量牢は相差
点の iっと[て認識されるに至っている。
頭者うは第 14回の本討論~にあ‘いて Ac のヲジ~ポーヲ口プヲフィといくつホのうンヲ j
イド元素の電化t~ ー守口 1"ヲ 71 とか 5 、 Ac とヲシヲノイド九素の塁元島在あ‘ょが匙F酸化
説 経l
こ
っ
し 1て諭ヒ1:.。本賄事t
で日曳喰方玄左誌に良し、前回 L
こ引包帯もきづジオポー守口ゲヲ
7ィによヲてAc、品、 C
肌者ょがでf
につし 1て校討 l
た
。
〔実験〕
う三ニオポーラ口 7‘ヲ 7 ",は救射,世卜レーサ左舎むまえ科落衰を用~)水銀調下電極L二よって
金属拭匙 L
こ量元されアマんがムと lて水銀調にヒリ込まれたトレーサの量左京│定する方本
である。本実験においては試科港支かうの水銀識の回収方玄前大きは問題点、ヒ足る.通事
この回収 L
こI
d:回晶化史素相ボ隔離相と L"<利用されている。同ち、電肝セル内』こ試村落戒
ヒ此重の大き 1
ま四塩化歳未ヒのニ羽左 1
砂崩さ色、粛下 lた水銀頭ボ拭行落哀と四正直ι
(東京
との界面を通温することによって哉科書1
泣から水銀南方Y分離されも。本局丸では電静セ Jレ
左工夫 lて試科事窺 Z町田塩化炭素と直脊;ft:触 lt
i¥
,
¥
構
主
主
と lた。本竜解セルは試科書主 b
こ
7 苛匂ン工ーす lレのよう怠回孟化決意に可書rJ吻,.~\~きまれてし l る易4訟でる間定員対く侠用
可能であ‘)、従来のセ J
しのように様々は実験上の制約る討し).更に.本セ J
レでは荷機、落保
でのう 3Jfポーヲ口 7
う
‘ 74ポ可能である.
試料毒殺は対象の丸乗を合む塩月史書衰を茶花乾麺さ t、r
H語的 1
,
8のO.
1Ml
i
也事 tl
O
"
,
&
L
こ港静さ tた使、LiO
HtHCQ.港東て均史の r
Hに調整 l氏。一史的電肝竜位で 1
0身間ずつ水
銀粛を朱按 L、これを梓量 l~役、アマ Jしがム 4じされてし\~元素を 0,5 刊 HN白川f<准抽虫
l-之、('!線又 l苫d猿スペ 7トロメト )
1l~ よ 1) 定量 l た。母音.用いた核種は 22SA亡、山品、
24L243.244C
、
.
m 250.2S2Ctである.
T
4
史
吊 l7ミヨ在~ポー守口 7"71 r
j自
作 lたるのてその性能 1
1N
.
a
,kt、D
y
!
十唱で検討 l
L また自作 lF.強制覇下器 L
こよ')、水銀の意i
下周痛を判御 11:。活指争点亀極日銀・意i
~~銀亀盈であ')、 7) ード Id 1
、
S
IJIlゅの白企楳て表面積は灼 3
c
n
tである.
[結果]
最初に p
H1
.
町
、
約2
、
.
2:
l2
,
8にお I
jるラジオポーヲ口?..=;ムを調ぺ、 A
ctA
m
.L
こつ川ての結果
a.lにホ l~. A
c.てはよの 2程の r
H
<
",強大を有しまたプうト苛ボ誌め敷し¥;t~ーラロ 7‘
をR
ラムボ舟うれた. A
肌ては pH=:
2
、
ユ
で
は 2つの走ボ提められるのい対 l"
(
, p
H
=2、
8では i
勺の戒のみボ龍品られ吠』こl
i
i¥味芯プラト帯 1
J
¥
'
規事1
1
される。 C
帆
てl
i
jA
机と企く間藤、 r
H
=
2
.
2
すずきすすむ・さとうあきこ・みつボ(うと tあき・
5
8
ld)'かわよ lのぷ
て日 2
つの走ボ、
る。抱方、
r
H
=2 、電て日 i つのまのみ訓告もめうれ、1t:~こ明味芯 7・ヲト苛ヵY観測され
Ct て~~ r
H
=
、
2
:2t
、
2
:8で共 Lこ明珠芯プヲト昔?を脊つ lつの放のみ 1
j
¥
.
親書1される。
これらのまの,性質を知念作め、水銀柱の高さの支t
じに対する各末高左検肯し、Fid
.
2ド
ホ
l1
ミ。国 l
こ
ホ l1ミ Ac と侃のみはうす~G肌1: C
1の京高は帆?
A.
t
仇 ( 帆 Q水般の丸阜、 t1
6水銀
の荷下問目前)~こ比例する。更に州= 2.2にあいて親書1される A
t
n
.
!
:C
州
2つの走のうち、最
初の~~除し1 之、すぺで図の原点を通色.このごと,~, r
H
=:2.ユにあ‘ける A'
t
f
t
.
!
:C
悦の昆 1の
iI拡散惇盈であるこ kを
ホ lマいる。更にこれうの走はる q金属状色への塁
宏左除いた走 l
J
i
.できる。
九患と若えること 1
調べt. 4 元来 Lこ対する~It状艶への童九裁の干定電位以は rH =2
.2t2
.<
a
で
,
;
tt
it
んど
変化起し¥1}¥.拡散走事u<
t
r
Hの位下と女ド減少すること方瀧められ夫.金属状態への量元ま
に対可る ~A/(A~- A)vs.E Q)プロットによれば.その傾きは k~こっし1 て 2ト 30 帽V、 cf につ
いセ l
"
d2
1"'24 ",,"V であー)、司並走Lこ対する 2 電子.~元の値 30"" V ~ 5
竜寺霊元の値 201lln
:
J
l
L
0
~\値をホ 1 他方‘ AII\.~ Co1l\, l~対守色 7 口・?卜て r~t 明瞭起直線開憶は得られ活し) 0 よれう~
4
・
・ 1'It~え員もへの量元震の佐賀につむ1 之、今後更
,
い検持する予定である。
pH=2
.
8
4
2
今,‘
(
#
一Cコ﹄﹄咽﹄ザ一円以﹄喝
c
(
ザ
一 コ と 豆 一 一A﹄咽 }hZ﹀一ち︽
}KAM﹀
一
戸
nu'u
UJ司
﹃
。
0
.
4
0
.
8
1
.2
m2/3t
l
/
6I mg2/3s
'
斗1
2
2
n
u
。
。-
F
i
g
.2 Dependenceo
fwaveheighton Hg
column h
e
i
g
h
t
1
: Am,pH=2.2,E=-2.075V
2
: Am,pH=2.8,E=ー2
.
0
7
5V
3
: Am
,凶=2
.
2
,Eー
= 1.905V
4
:Ac,pH=2
.
8
,E='"2.115V
1
.
9
2
.
0
2
.
1
E 1V v
s
.SCE
2
.
2
F
i
g
.
l R.
a
d
i
o
p
o
la
.rograms o
f AcandAm
5
9
包
ぇ
2
R
I
I
0
Np (fl l)の過晶素政~戒中 lこ公け
(東化大会研)
0
)
1漏
11
依命
J ~住存状ß1
~/L I棒哨ま
をも本i
色
茅
.
23 @討肴ゐであ走 Lたように? Nr
(
1
1
1
) e8
i
4 (2 ・ M〆bη疋)匂CÚLI)-~付仰J...aJJ..,
H
V
EHP -;t?Jン落事えて柏忠し、 この有機材の喰弘 λ,
ヘ 1トJレE制定す 3ことに点功
,
tた。その後名表 Lた詩文みでは、 Np(1Iリの過塩素眠恭萩と、
N
p
(
1
1リ-HDEHP舗体のオ
7シ本浪の姐奴ス γ7卜JレE詳 Lく 検 討 し さ 3に今までに怠衣ぎれて、寸 i
急落度
7
L
,
.
:
L
乏
ノ
および、1.;
.
81"来戒中 l
工夫 I
j JN
p
C
I
I
I
) の吸収スヤクトル 1
:胡す S詩文θξ今庁、 L"
'
{
、 N
p
(
1
1
ー
リ
ン恭茨の 34~ 汎供 l工あ 3 法、】 f!:- 1(
る Jレ吸児島イ系紋 l
S
"
oo)1
手
、
円→ 6
d.轟.#(
:
ょ 3t
のと予想 1
・
zき μ 執
告 L1
=0
HDEHp錯体の汗 19
今までの金車が~ HDEHP e.拍虫剤とす
;
n
書媒抽広三五で、
N
p(
11
1
)I
cl:水本魂相会主ザ有
検相引=名、\1 1 、~媒拍1えに牢, ~時間内℃十少与与えて‘あ 3 ことjJì‘半'1 哨し正ので\小西 Id:
上誌の夫喰に甫叶たものと l司じようふ張遺 E 伎用 L 、過塩素政赤夜、刊二 ~lt ~トIp(l lJ) の恭
存状匙 .
u
長討 Lた
。
(実検)
l
司11:. 示すように、 i!t y 守主の}\~イレッ 7λJ荏恭の一方に勾 2 1'1 の HDEHP- ;t'l 9/'
E
事戒 J刈 入 札 他 の 一 方 l
こはゅの過塩辛 l
暖赤堤 3n
J
. e 導入 L た。この点本浪 1 j.,~110 噌
の 237巾(~仰 λ /0-2. 帆) e4
'
.
;
ザ
、 Hω0
宇と L
.
i
a
o
事
, でイ才シ強度"e3とー定 1
:
.椋ラゐ j
J
r;
,
Hc
.
.
eO,
!5
庫
, 皮&幻 0,
3- 0‘
6付文dじで也た。 N
pの還元 l
立、事t
~ lく調担した白金室、コイ Jレの階、
政1;lたI-kグ吠で、 3-1
-時間}'i'ナ');
-,
・
}
' li.行なフた。 N
庖会に
株下で、あ Sがじめ枇l
pe
3
1
1
碕
(
:
:
.
還
元 Lた後、荷機材邑,k
相の方、主導入し、比tJlIス Eパ7・')シア、しなが'
5勾 /
0
小崎振
とう l1
ミ. ¥奇相小議後、私有よリ 2'M/.づ'フ介歌 L、 r線 λγ? ト口〆ト 1
'ーで‘ N
pの捜辰之
三。寸 5I
二:のうラ J
K相よリ /1If.(/;ら 取 し 平 衡 殺 の l破 性 皮 e !
V
"
, OH 1
: よ 3端定で来、
決定 L 1
めた。
トh炉4
内去よぽオ JJシ11'持 f
.
p
.
_訊葉 1‘
あ d•
本曳較で司、、た付 α
Ht
L)ぱ O
年I
t'
.
.
・
(OJ ヒ /
Ia
仰 が < ;1
r
'1、 2}
主再結晶した tの 色
刷、)f
=
. HD
I
o
.HP1
1
.
銅t
孟で、ユ反舟持品 L~,9 そのままストッ
つLた
。 そ l1!
必零 l
二
五
ミ
ニ
じ 1 オ ? J ン(:弗併 l. 明正政 l
'
、
五
U
t
b.
t
l
:
1 L{
"I
jDE
.H
Pーオフタシ本耳えと調製 l1
三
。 HDEHp
の樺fj_1ま都│温 T、の書量判定と、オク 9/
'~容殺での /'14. 01-1 に
よ Jj南定直行伝フて決定 Lたが‘、それらの結果 t主夫、軟誤差
:
. 2
3
7
;
ゆIJ夫l
詞 i
h
且伽ωゐ伽c
'
.
.
e (ムルu.
託画内で、よくー玖 lt
0
0
よリ購入し、 TiA1
:よ 3拘 弘 法 り
τ精製し、最外吋 l二
Lt
三
. モの魂庄 1
1
'c
A$:余計数あよ
v
'f
.DTベ椅庄で夫記 lr
=
.1
1
¥
、
旬 それうの結果 11-吏験設足長胡
i
りでよ〈ー弦 Lた
。
;
0門付NOJ ~忠玖でストッ')
かわ 1仁、同l't、、さとうあきご、すす '
!
iすも、
6
0
同士、走査
三
う
(結泉)
1
1
0
Np(111) の小曲乙比に討す~ ,
.
l
q主攻中の Hωh濃度
依 存 性 lま
l
.
iPに示 l "{あ L
門
とこで・荷機禍 1
1
.,
/'
1
2
1Jン ヨ 春 戒 で あ し 実 線 1
1史鞍去、
HDEHPー 才
正義,j、自走法で, 7~ツテ'\ ;
:
.7
“ Lたもので‘あっ、乏
2
、
? となヲた。
lf
.j
)
r) て 予 想 き ふ た
S
l
o
p
e2
.
9
.
m
L,
)
、 Np(
1
1
1
)I
:
d 0,)- 0,6パ H U仇宇で・ 1
;
)
:N
p汗と
D
l1 まめ乙的 1
7
.
.存
立 l"
{,
¥ Jと み 之 よ れ わ
今後、裂はコた魂庄の I
iD
EHP 1こよ 3拘 虫 を 行
0
なけ、小隊比のトI
DE
.HP手程度依存住 E本 め 』 ミ と ・ 1
0
の勺配 I~
-
0
マ 5 に l司k1干下て‘他の 311~r? 十 j イド‘五幸のふ
両乙比との比較左行存う元射であわ予備的な安草食
三
五
、 ¥1 i
.
、 l
司法什下で‘ A
'
I
I
¥
.H との比載で・ l
まl
司寺炉、
l
サマ N
p
J十の主が,
J
, ~ " 小 説 比 E有
¥
.
.1.け 3 こヒが"
I
判明 l'
-¥
¥J
0
ザ
(
H
C
I
0
4
]
/
m
O
I
0
1
0
l司 2 、 N~(III) のふ配比の晶弘幸敏塊皮イ綿他
(支南に)
1
)、
1
'
)
晶
, j
主格,於;1;.,事 2Jl!j放射化 l芋吋埼~i 稿集
2
)‘
1
.K
<
'
tw
e
j
c
u
i
l
S
h
i1
01
.
.
.
e
)J
.
.
8
.
./
1,C
A
e
.
.
.
.$
0
<・
干
>
1
.
.
,
4
)、
Y
.門
司r
c
w戸ノ
W、J
.N乙l)o
l
te
.l
l
. .
oa
f
_'
1
江
t
)‘
F
.L、
パ OOl'e J
3
)、
門、
~l'I d
S
'
'
f
, 33t
6 (けが J、
エInoa
、N
l
"
2A03 (/91判
、
胤
.
1 Che 同ソよ~, 2
.12t(
1'
7
66
)
,
T~・I"~・ N..ιl ‘ Che J+\"}盆ノ之 121 (1'
1ク6)•
1
t
1
H.
1(hel
'lソヨ1,作 I(17)"7).
6
1
ラジ料、スクロ之トゲヲプイ -1二日脚アスタナy;のイ噺ヒ
3
憾の新名
(枠内久)議記報車(l紋謬)0
1
絡訟人
2
R
l
l
l
鎗釜
1
¥ロゲ株の中て事長も章、 1
鎌アスタ寸 Y1
J
:ωl
S
l
S
'
7
'
t5
匂にふリ臨むれて以
来長 \\ti史を#フて2丹、ゲ、をの δ 河川こつりて lð争 υ離れ、~:L'似て tl JI
ニもすが
1
スタ手 YIJNJ
'
Z
1
ちにつt)てはりま庁{ニ明確て、l
e
Fc
n) .
'
.
綴l
こ附也の 1
¥
わろがゅの7
。庁、シ脱税t:_~.};身与、 At乞 J であラうとl~めれて\\効確めろれて LJ ¥
)
な tL 又
ア
スタチシの舟~につけても痢是主bれておらず、 4也のハロゲ、 Yずるの掛4宇佐しず知られて\ 1
な¥)勾。 アスヲチ )/ðJ Nlt形!こ関して l é}:f~材紙同\ JたA
t
zの様。神宮武、Jf;1
}
r
e1
;
'
¥
、
イオ y~中での解離>>A七十 Aも+→ A七2 反必のため!こをのイむまずちち確認、司会こ ιずでき
なすった. ヌ燃の昼譲渡択もアヌタ手 Yが 糊J陛
,
L
j
附J糊 地 丈 、 議 委i
ニ事識
が!
tC
;
'~ために機て、あ弘 走ら 1
=
磁調依i
二1f1¥¥J
だけの菅を級制 3のも困難て、あ
るし、線!こ占フてれオムサ1"tI-r料上~ゆる。
そミて車、 4JJぜロ俸の?スヲ手シを者マl)ÿ -t~ぉ 13112 む~しラヲオず1--ケ12-""Zト
グラブイーてう術 L
料アスタ手シ州月姉妹灼 3
ι 巴も!こ偽物に鮒 3
半鰍
0
瀦 航 閉 t)'
t
ユ
餌
磁
句
!
工
場
点
d
:
.
:
求
め
た
。
藍盤』 爽駿i
こ
使l
詞した2O!4
t
t(
J
:0
υLNS サ
イ 7ロトロシで /
t
.
M
V
t
1
.t
/
)A
QJ
:l
こ墓着した之t
)
4
1
1
'
¥
のピ λ可スターザ ->J トをユ6MeV IJ) .
3HQで衝撃可否こヒ l
こよリ製蓋した。 協1工(;1:陀C 社
よリ購入しム 縦 誠 科 ιして次の三省顧鶴岡製した。 1
) 己、川ストゲザトを T
N HNら lこ表解しアスタナバニ~イζ緩和ご神広した倹‘比機嫌す'0・ら^C 似にな
るまで裁縫した。 2) キヤ,)
7・
フリーの 131r-を H20l-Hl.SO~
糸て酸化した後 '
a
'
I
2i
ニ読イ像、
素{ご柚8
えした。この落或を 0,
3
ふC
:
ふ止まて悲絡した o 却
3
.
)キ
樗リ了工
h
為
宅
をE約 は
lX悶
I
O
執栴 E
卸O
μ
川lにカ加b
抗
λた
後
言
試
式
科
i
を
き"OJA.Q. 渠J~ レι 。
Z
1 と Z の鉱華社 l
こづけて[似
主
緩デラ λバ線の渥d
定を 3の
ま
長
学l
t
こつりてはは線 dl}tの刻 ヒ
吠
f
i
.
銭 円 λβ豹頑憶を何Ir
Jフた.
結集 k
発厳
F
;
a
.
1I
こキラ
い川~川……_j l~
,--向一日川哨
ム議!
o?BKで待う似たと t
J
1
0 200 Q
0
0 600 8
Q
9 10901200 M00
ら試棺 l
ごつ¥)てのヲジオク弘之
V
R
/
c
m
トゲヲムをヌミす・ l亙の嫌斡l~ Fig.1, Radiochromatograms of the samp1es
.
J
ι
'
(
J
) ;
t
"
¥\さ~d:てる
たず t~ し fcF ~ヒ
6
2
絶対偶腕を萩わして¥.)~。 回!こか lてクロマト 4
ラムエ ιI
V
ld
-(
j
.
.
線
グ
ヲλ
β 緯の核
2
えl
斗ってをれぞれま式料之ヒ 1ιヮ¥)ての芳伏て持 bサ1l
Lι耳 l
e
J
:
試
料 3!こつけて、そ
~ ~.,*'伏線アラス β線とは線のJt.1)殺虫 lニ$フて偽ちれた。
図中のぜー?のイ制執L
をずるオフZれわれの半総駿れをJ
羽
¥)てをの滞$を点めた。との儀左
議1
1こ
定
¥
喝
。
図 l ニ払さ:_t{\た A , B.C の~-ク/(1.以下!こQfぺ~Jf~かろそ th~件\
1
2
I
At工ふ ~At 之
!こ古来背 3 と16 ぇ~tr\る。
勾 dーク At3
-ゆl
エュ以外のタ与の 4a
ヵ%入与れ r
t
F¥¥
試
鞠l
こっ¥I
てす専られた唯一本のぜ
ーケであ 3 こじよリ 1与と伺えて、を;..このミt.. 1よTa.ÞI~ i(こ示苛がう l 之とのぜ F クの芸春~
J
.
/
"
I
2d) を ょえー致して¥¥るこ ずるもうん可、I
J3
.
.
勾 ぜ,ク C t
.
dA
t
旬以外のイにな維の4在世鴻九ろt{¥7
c
,
c¥I
試栴!こ7 ¥1て得ろは1た可
の
1
:
3
-クであるこ ι
がる A
t
(
o
)ヒ売えち 1れ3・ もレイ'
.
/
tの不純物 ι
/
JAt
(
:
会均庁乞司会と液告訴
の~- Il~1捜利土1h b 可勧協があき・
3
) I
:
!
-ワE
う1
事
A
t
ω
)!こらを薬会した時~J.じめて観測むれたことヒ、耳のクロ之トグデム
*
'
ι
ι
i
i
l こ赤土1れる与う i こ味線が栽広主れたミとから 7 ス字今シt.,'3句表のイ~~鴇!こdちがい/j l )"
tろに?ス字千ン Lヨ守奈の手応、て A
t
.
工ず生弘司ると Lが偽州て治 J
'、ち tJ
.A
t工 ι考
人られる@
4
) ハロゲy闇イ巳名物の3格点Ia: T~le 之にヌト可ょう l こをの梯議声香、の平成帯広 l.::t手r:t鋒L
1) 規制が糊稿て持られた ι ヶ A , B , C の滞~こフいても鈍して\ Iふ と
のこじサラぜーケち IJ
.A
t工/ぜ -7ιt
.
f
eA
もz
ι同定宝:..1h~" もレ~-ケ C ず不純物 l乙 ι
るも η
ι 有るな与 I
fミの規則 1J
.
手t
h
lこしサ~iì:.し í~ ¥
1
{
:
!
.
'
、
ち
ラ
。
Tab1e 1. Boi1ing points of peaks A,B,and C
cornputed by serni-ernpirica1 forrnu1a
クロ之トグラム立 l lÌ場~執鈍るを
¥.' 1)
:
:
:
.
.
.
吠プラスバ綜命鰍j
可
泣
い
よA,
1
3
.
C
Peak
の三牢I)t!-州場れく観測"l.at.
るととを河えしてい~"
Ti1牢補名て鳴る Zれた A九の場弘I~
4
也川悦ゲンカ¥い供坊位 (
5
宮
:
t/
<
)
Retention
Boi1ing
3
vo1urne (
c
r
n)
point
!
: 2
120 :
457
:
!
:
2
B
485
2
486
:
!
:
2
C
929 士 2
504
:
!
:
3
A
:
!
:
(K)
ぶりす存リ色¥1~直て.~うフた. ミ*'
I
;
t
.
契
マ 1
1
1
7フリー l
ニ
J
.~裏-ii 牲では
存ずった・
Tab1e 2
. Re1ation between the boi1ing points of
interha10gen cornpounds and the constituent e1ements
C1F C1~ BrC1 Br~
IBr 2
工
内
At
工
t2
2
- A
"85 173 236 278 332 389 457 486 503
F~
K
)
observed (
rnean (
K
)
肉
160
284
395
References
工)
D
. R. Corson,K. MacKenzie and E. Segre,Phys. Rev.,~, 672
2
)
K
. Otozai and 工. Tohyarna,Z. Ana1. Chern.,~旦, 195 (1976).
(1940)•
6
3
480
2Rl12
働l
司効果抽品によるウヲシの不足当畳分祈
(乗 J
t久 珪)
P
C)鈴木信号、半沢和夫. .
1
f
.H
λ剃
/.緒 Z
i
正阜、機器的分;ff
U去のJtキは目覚ま
L
く、紙量分祈の分野 1
:
;
.ゐ・いてき玖今くの再来.(/得
られてい 91)¥'. これらのほとん ζ・l
ユ枝量保1pJC 較様季五必手乙 ~-6Îj);え T‘め?、 1f 1f( 1
草e
靖 度 ι」五認さについてはおのず
ζ
限界』ずある。乙こ 3 ('、よりム往 1・高橋庄の分析 J
五の必
手
,1
企I
之づい e /
'
1重うまで tるく、特
胡顔、 i
之低う受手ふん
J
.('め苦之
1
:
:
' ウヲ々 1
;
1Jf.~( イじ字的
1-;. 興味。、.片たれま k .L '
lI
t,干)
ζ 8、る、千の局初利 l
刊V菅 波 の た hワ '
l き 5ピ
:
( 1
1j
乙4
!('信玖
4
企 η高いノ分析滋が;1<.め品れてレム不え皇室)a]佐係争紙分布!)五 1
3
..民的元主 η ;p_量的る回
ιι ず、またい 8、
勺 5枝 量 級 も l
丹ぃ 3 三 ζ 令〈玖射能ポI
I
A
.のみにようて精度よく
J ど.(.(今くの元
五 徒 に え 量 τ 4るという特線五階ってお,?..既 I( 欽 1) ‘えだ、2) 庁 I~ シウム 3) /
*
.
/
三
泊l
刊1 れ干の伝競 )
i
企が認。、め長れていれ - J
l..ウラシ ¥ η i
J
!1
有I二つい 1 t,
t
f
'
Pl
三活費右
らl之 よ っ て 桟 討 さ れ 、 不 正 当 量 分 雄 05:と L
τ はウラシ c
v
r
) I(対 (τλ き心地 i
t
l足荻を伯
収五'え芋
す O 1 ーテノイ/~トリ 7 /
L ヰロ 7乙 ト ム ( I
イT i A ) ピトリ才クチ
(íOPO) ゐうい I~ トリ 7い手 1(, 1
) ん駿
1
(
.
.
.耳
、ぇ
7ィシ才キシ卜"
t113P) との協岡知呆袖.t, t~ dイ肴矧
T
め占二ど
τ
イヰ与れた知見を差 t二、ウヲレ Jフ不え当量 i
占ι
のち
法として主ワイ史れてい告と J
l
J
H
寺されるヘキサプルズ(1 1巴 宇 J,/ f乞 .
1 ユ( HパFA) 乙
が
;
f
,
j
れていう
f
)今 回 /J さう iく 千 三
i 0 p 0 の姐み 4言わ包/~ J :3協同初来袖弘主¥ tとザめ
乏嗣~
'
1? ~ζ
I
f
. よ,)イま頭岨の高い述ゑ I
J1
f
;
f
.
.
庁S
A
量目白?とす φ 。
之、実鞭
ウラシ (VT) のイ本みよ事波 i乱 伐 ' 11九厳ィLウ ラ シ ( (,~
O;
y
) 左足i
峻 l二溶解して調製 L r~.,
ウヲ
:
.- 2ヲ7邑
て3
;
[
;ウ ラ シ 落 成 lえつい 1 /;).、ム記勾政 4じウラシ五泉氏久手電十ライ 7、
ソ
ク 0、
告
の 5D'- 出 iイ iV~'1 材紙射 1';. より庶射 L 、 í8 F'-,l持酸系の抽出 l えよフ τ 秒、分裂主人物色分艦
隊I
4 L 氏。二のよ容淡のウラシ坦係霊/;1..
$
,
?
;
青
鬼
f間 免 さ れ た 不 足 当 量 渇 乏
HHFAと TOPDJj/司イニイC手研究所J. i
)購
入
_/
O
-'
i
- 門のウクシ;1;
在
)
L 1I
再いたの
I
'
Rぃ τ決定 lた ρ
〈不足L当量抽出の操作
(u
-23ヅ左タ毛 ) /0m.
e と 不 正 当 量 ( 約 /ο-5'門)の
> /O,!-
rD P0 と 埠
剃量 (/
0-2 - /C-1 I
オ)の/-1 1
イfA色 宮 む シ ク 口 、 キ ザ シ 溶 液 10問 i丞
、 pHf-,( r
‘
ρ
/ 令聞
紙
ζ
うする。局 4
建材ヨ相i 丞試蚊者
j(
とリ、 Nιr W.) :
J
t戸笠ふふ手
ιrシ;3 ~均ウふター
i
Z '(祇射向E
を 釧 え す る 今 く リ ン 鉱J
をのイI';ね'f;試作〉
ま託料約 /f
) [テブワ〉ポンペ〈ムニシ
ー
/
(
.
.
.) /~.ííえづ、 U'- 23 7λバイク):f;成ー i
E.量と濯硝政 E加 え Z /.{D ミニピろ同副加訴分併す
れ=々、投 bi
可溺級溶浪と L て
、 2S%TβF - I
、i
l
"エシイ随品、柑洗浄&:.
1
'
1ゐフた後 il
<
.l二込
油品l' ;
7
" p
HE
.笠 λ Z不ι
j当量 1
4
1出乏行ノ主う。
3 結果 ζ 討論
1
柚品
Ak/
;
lえのエう!こ長わ
o
;
_
t十
U
1 ことかイきる。
1HI
イFAo
.
ザナ
吋ニ
TDP0
1 すをの芯:ぉ、;;J..λ ざわかず..~、与‘いもう(/'乏のつ
6
4
υD HfA).
z
:iCPDcr
:
j
2(
ナ
2W
主 3、
0λ 1
0づ 門(.了
4
oP 0J;ni件
濃度の軍~1:色調ぺ 3 えめ、( U
C
J
:
n
1ぅ1HfA
O
r
O/
l有線凋乏たわ十,過剰!三使用
こ乙で
p
H ょ、ぅ- 5
てJ 乙 Lτ 推 寸 の 濃 度 η
l
イ
パ
,
/0 λ /
0・f門、
fA を衣 f
t1ιt不£当量抽品を /
[
ff'J-フたタ HHPA初濃度が'4-λ 10-3 - bλ
2
1
0
Mの能
面-(-i
t
.量 η ウラシ /J'"抽品され、その抽出量。、づ不足当量の TOPD.
o
"・定量的
I
C
_;
y
_
_
k
_L て
5三之がふされた。....合、過剰の HHfA
えの者、 f
キB、 ら 匂 ラ 〉 が 全 く 拘 弘 主
E草 4ま~ '
(
、
/
"
J
、
れるい三
長弘 u
い
品
ぞ3
ιる碓 d‘ め 氏 。 民 ιう時聞にフぃ τ
1
1.、え分以 Lτ'泊品量 1
;
1 -足と/.,1ったの
p
Hの
雲Z
軍事響 t~ 7 い τl立国 I~‘手わかろように f叶
3
、ザー夕、 rのふ L、詑団 z
τ
・-j.主 萱 刀 ウ ラ ふ M*
音
き
l
守
ヰ
'E
。
磁波震H 、 8柚在、さ札てまず 9、 また地色ムよこ主
1
4さ J
L
r
二手?に H
HFA-
i O P D ふワちが、 f
吏れ
2
τい る と 主 え る w
く不足主量袖.t
l の鼻主克)
I
主〉
W
O
.
.
.
J -3.0x1
0
-5門
二
度よく池必さft_1 い る の H T TA-T8pr
H '1‘.ある pH Sーマにえへとて、よ 9
の最温 T
主わめ,(j
主く、期
1
.3x10-~ M
.0 X 10-.1 M
l
T
O
P
O
l=1
【
H
H
F
A
l=
E
S
i
i
l
1
不足当量抽出ず
3
4
5
p
H
6
.
f/
L当量袖弘氏おける pHの彩響
l
a裏 ゐ る 埴 体 量 乏 舎 も 港 虫 ず ら 精 皮 エ く -;
E
_
量定.鈎,
t
:'
jうこと
/
j
¥
"
金事ずある
u
l
.J
./
i、1)1
1
o
8
l
i
'
ケ+4T4-
えたウラシ 11U会霊 I~ 対 L て地出殺の脅機組の P
放 射 青ι
ι
、 L た t刀
1 ロサ j
0
約 仰f
JJ
.
人 L1'・ 定量
F
'
(
'
nう
。
柑係量 1)¥ ミ 6
m
η ウ ラ リY 分 紘 さ れ て ぎ
2"
I
H
H
F
A
l= 1
.3 1( 105'
1
1
百問'
1
=1
.
1)
(1
0
"
凶 = 札 1・持 .
6
S
I
II
l
kln9t
il
l
l
!=
ω
1
1
1
'
"
る、。、干の柑対将準備 .
!
_
r
.
d 0、'
/
3弘 と 高 い 鼻 豆 島
現4
似手、けいれ一方、岨ユのえつの品繰言
の交正、 I
J.ウラシ (W) と T 0 p0 の
!
i
.
.t
.
;
:
;
.J
:L1
)
"
~
lミ 11・ め る く じ ι
、
君 L ている。え l
明刀戸例市
ヒ Lτ
ふ法
f アロリ
I
えよフ
0
・・,tソシ弘る (
gfL
)
Jt量値 η 手均 1/0PP明 は 、 え に 報 告 L た1
炉
、
2
.
OB
100
似〉宇の'うラふ刀足室主 ~f'J. フた。(去 i
団ユ、
2
ω
U
C
VI) I)
19
不足当量抽出の再現,庄
f
r
fに よ る 結 果 1/I工 4rvm
4
正式チも量争放射イL分 ;
‘あう
主
主
.
時 1う も 勾 τ
文紙
1
:
;
)
.人
U
/
I
_
'
-ι
/
'
I
f
5
平均値: /
/v F
r机
,
)
l
)2.1(
/
,
/i
j
_
主 , 町 的8
'
1
)
.
2 ゎ 6‘
ゴ J、λ人 い t i
ji
r
-~ ,
つ
ワ
6
5
dFJf
包
級王宝石者五泊先扶色
I ;
ずずきの ,
5
:
'J
プ
I
c
cb
T
/︾E
A
n
,
d‘C
h,
i
凪
A
.
;"
k
/
n鈴木.キ沃、耕,
4
i恥耐ソ主主
ii/
4
)N、
5
"
2
"<
il
,.
t,
,
/
.
,
出加
Jff
ヱ
ルt
l
.
t45
A、,品
3
)M Y
"
z
叫
,u.. A "
/
"
A
#H
凡
GI ヲ4 〆む
In
,
,
吋 ,
令
1
,
0
5
"
)
0
D((/7G
,,、
q'h
f 5Af
N
.:
i
山A
" A,
1
. 工R
a
.
d
: ,{、仏白川兵 3
'
/ U'
l
J
'
ο
)
J
Ji
畠
l
-1
m
" ,d、
/
,, 1
"
h
_
"
t
ι, 弦 73ζ 1
'
1J'/).
1
)
P
P
'
明
,
,
表i
、 7ロ
リグ走 i
) ~鉱るの介有「
試粁 えん/バ♂向イ p量 λ
NC
叫4
付 乎巧
s拭
~f許千4
司玖射高絶
t ~祇t射南従E
$
ノ,~
c
p
判
c
p
m 〆
ヲ
e
2Rl13
奏素直金力りウムによる酸{じ毒ラb不足当量法主用¥¥走被射分析
金属ヌズ、中の微量アシ守モンの定量
(静大理) 0 宮崎誠-音問潤3
工・長谷1
1
¥菌f
号1 神原齢
(1緒言〕当茄究室ずはこ恥まτ‘放射化令析が同位体希釈介祈 iζ不足当量三~"t!Ì用 Lzl日むの定量
定試みが:今聞は池田 R)~7t街r.l shenko ♂たあ7試み局自主不足当量法主用 1 ¥る放射外新法 (
J
沃犠
S
u
b
叶'
R
Aヒ時引を奥素直愛カリウムによる晃子モンの酸化運7
己不足当号法 (
R
t
t
t
A
o
xb
u
b
s
t
R
A
)r-:通用 L~o
本法は迅速ゎ播便な点、て守〈‘;n7~1~" 本法 1;:よる)yチモ均定量k 関して以下の皐粛につ河検討定行品。
(り未知献料と酸名前じめ量比仇分析値に肘ぼ.す都響
α)未知試料と標拳鋲料 m量比仇分析値仁許認可動響
色)妨害物質《介所信におよぽ寸事響ヒ検去手段
上記の結集玄基に金属ヌズ、中の構t
量アニヰモンの定量乏試みようとするもので・ある。
(
2実験]
2.1 献裳;ロ~.sb佃l~~-)怒夜:句b{ P
r
o
c
e
鮒 U
I
'
i
巾
C
l
Y
'
r
i
e
yf
r
e
e塩化物)左濃塩酸浴料τ
、、3
0分
間殺事還危し GN 温験海来ヒ(,1 用刊。 Zbf冊キャ 1)ヤー落液:部色JtQl ~h203(qq.qq酬を bN踊愛
溶液に落解して用、、在。ニの濃荒ば Bt'03~高史 l~より決定 L走。会甘受猷料(包) :
時H
副ずヌ /
¥
d
;
{
?
l
存%
b
船3DN l同時か1 ふ 6tJH仏海濃のみのものJ さち{こ妨害ィォν検討α 主れ二以~A~c功例‘Sn(坊主制E し主
3穂誕百命令放訴料を調製 l1:::. 。標ミ章試料制:蒋々の号l1\~b 同九1)ヤー港来に餓猷料ヒ同量
~~b 働政lち(1 民間 1\1:.。酸イbFJ~州灘試案:酸帥lと ~Z は IXID乞 2XlòÌJ k~r(Ìj搭乗ξ 目的 1'- 克、
町用 u主。創価ヒ見,t
(
V
}
d
¥
1
J
画
館jに
は O‘o5MB
P
H
Aì", CHぬ (~våキ恥舟合刷、 1 1-1)蕗戎玄用、、L
2.2針数:陥工 C
t
e
)持戸聖位弘子レラョンカウム9ーにより含十数1:.行品。
2.3轍 融 ; 調 製 CF2合繊料(佐)断橋試料(竹ょ)め印刷吉糊褐色試験選 t
.
I
¥
t
k酸
ぅ
襲
蔑刷、窓積左等l<~左後,不足一定量め KByOa主、品加可る。酸化還元財己t を危3寸せた後希塩酸羽白
切れし O tJ塩酸素衆とし .0・0旬I3PHA w. CHæ3~島東副知良Jぷb船団機相油断灘[;.不時
量酸化坊主木椙 dI ~h(甘仰χ .rm 'J.) の放射能似工、勾;;)乏貴,11免措。
2、
4 -7ト新法;上告白 0¥C
h
j
1
本志喝未知毒(かま次内ニ羽生ト祈法粉末め走。
ω直害法くA
f
χ =(
)
,
:
1
.
.
!
/
y
'
(
¥
之
ー
(
1
)
,(
1述。最柄拘る方法J
(
i
i
)J;ij除去くAhÀ.::.o.~;jryn~À. .
.
.
(
2
)rm
-x.=-叫に仮昆し(1)芸と(ポよ t
)
訴すよ /
ax
.…閉めま刻家ぁヨ方法〕
'
T
.
.
二a
(3結果〕
3、l
未知試料∞ヒ酸化者1(めとの量比の令州島およ術協饗; 3,
1
0,
I
O
O
J
1
jA呼~dI対日首料株主fして
1
t
¥
.
.}
(
O
o
i
散 a
酸化削除問¥¥前'd'I骨折納滞争調べ摘果tfïì~L2 問。 IM , IO用料~':" c
1
l
.
bb
跡発量に蘭院は,宣戦,比較去ともに比 I
V
}
念品h 酸 i
む制定用 l¥,
J
t
g
:
誤
差
切i
仰の長持活場跡、
色紙。 3峰村Lの ~b跡鐘τ・は直埠1去は誤差 20 従$;Z,..醸企J量元A不足当量誌を用 ll1:obb臨時に広
7
噛 坊 主 力1
比 識 か 忘 れ 百 件 格7
てても比必号む酸1
む荊乏用 t市ば、何以内向言鑓て生憲司能
て
"
t
.
,
1
ヒ
。
3
.2.未知試料血)と樽牟詩科仙}凶嘗土色め介祈僅におよ樹影響
合方式試料(
x
)t
:
:
支
れ1
'
"5
"
.
イ
音
量 p滝々の標準試料を用代比較去に口ねた分祈伝 T
t
¥
.b
k
.i"
(
7
K
"
寸
。
こ
の もb
l
E
!1
乙T
,
;
J
,
1
e
.
.2よりい)(s
!
Ab
s
t
R
AI1I比較法てなへ年同位)
1
1
1
越関う掛,未知量(:::.芳T
児 偽 2千告号までめ標若草書式料主用叫ぽ針。 A誤差範囲肉託、精煮るく定聾可能であ、1:;"
1
6
6
J
l
v
附
v
l
引
s
I
十
"
t
;
f
平戸:
.
.
.
戸
一:f
;
5
│
由
之
;
b比 九 一 一 ? 伽
?
盟
主2
1
2
2
私位協!
3
路
葱
4‘
-ー(号~)
治y.z.弘元
}
t
1 ¥.、
{工地腕 ~b細長同3.6拘
]
[ "
、
、
寸õ...bl~
33坊魯物質のうト祈値仁志、ょぽ寸影響に除去
(
A
'
t
:
.
,
怠>
I=I.G)の
共
存7
て之、比厳法凶川村,,(1
2結果を T
d
.t
以時寸。1(
2
(
1
1
0
7
%b佃 A 酸イむ量元ru是正妨害E可~As阻)
を
問 1去最合は卦(冊 k対日 1
0
1
音号のft$回共存下ども定
曹司能ず恥圭のに封印k'BV03 左用いた場合広寸~b1e 2
k 武村うな言蟻定生じ.~怯が・舵零ずあふ時去号殺と
して ~h佃 A'è飾盛合28来 (6 f
.
JH
Cuを護縮来手さを数友
s
例伺 3
0
呼英存
1
E
l
'
Y
"
c
r
島町北a
n
d "
μ
t9
)
。
/
D
)
3、
6
q +1、
3
.
6
5
l
十 l
、
q
4
.5
'
6 l
‘
25
"
3
ワ
‘2
+1、
4
1
.
5
3
ワ
、0
SA~
6
.ワ
o I
,
'
i
?
三
月5
+%.2
3
.弘
ワ
、
4
.
Il
f
. 4・1
q
ワ
‘4 2
l
宮
、
.
'
i
i
'
3 1
4
.
4
5
"
+2
7
.l
!
.
1
.
3
4、
ηq
i
官
、
匂 S、
2
-+~3. ワ
s
:
.
b
/
l
[
)t
ぇ陶3
、体 '
J!
I
J
:
b
6
p
<
j
.
l
(Ha
.J
or=2‘
S
;
.
I
, R/:χ=モ
レz
ょ
司
(
p
.
】
~V't
繰リ孟之すととによリ A<J,冊0)1fj令五を4守ョ主。切結果~1ibk
h 示
す 濃
総
老
若
1
:
:
.
¥¥う簡単怒捧向‘刷を除去三百
e2
.
A
足跡妨害問ま懐けず'に L
j
.
1
岬 a誤
差 f鑓可能I TAbl
r
V
b
Zめ
フ
色
。
[
4まヒめ〕
事素酸が)弘仁よるルもχ
τ
4
しb
l
e3
。
弔問e
守
L
刷Oj¥)
~bst-RA tt.比験誌は 15
30
前の結果て得た条件を
45
用t、ると批判微量句会b "
定量k話、¥¥之翠逮簡便
かフ精度のよい定量を可
能l
之官。現在当加賀
をで l
ま上記 m結奥を基
60
f
l
S
qo
~.:. !
f
y
x
.
Ac
.
t
ν
P
f
か
酬
)S
b
品川eI}:mJr
(cp_)
281
:
ョ
sqqL
j
.
'
i
$
"I
OI
Qo30
q032
制作ぎ
(
μ争) lt
j
ら
j
。
、
舎
色
ー
マI
J
!
l
‘
ql -3
ワ
3
.
2Sd
'/
5
.
"3
2
念
、8 -5;$(
4.~ワ
2.83 玖
:
H
I
I - 夕、~
仁本三去を金基ス式、中の微量ア〉千モシの定量ι応用を
言
者
。
チ Z t¥;;;'が,こ川良吉守成琶湖橋三、さる。
ι0'
12
.
。
‘
6
7
(附1品
S、
1
1
1
.b
l
I
L
J
.
5
6
I
l
}
.r
J
2
.
q‘
56
,
卑淀JI
q
.
G
2:
t
d.
O守
&
r
o
r
l
"
l
d
) 100))
10
3.
3.13
て
3‘
1
3
.
1
1
3.
11
土0
.
0
1
2、
O
sh 侃J 鼠kYl.3、 os-•ρ 会
(A):必側主、00f
"
'
J笑存 (
1
3
)
:仰 均 伺
A
c
j
r
νity
l
o
lれ
企
て
i献〕
l
)N
.
l
k
E
D
A,K
.
N
O
臼J
仁H
.
IJ.ぬよ肌nald町
.
,
.
,
主
主/
07(191
'
1
)
2
)S; .H.~A~保NkOe十d 昆d."kh~ 1\此/ulet"dy d
p
r
e
d
e1
e
V
!
ツA
HO'S∞ω クさ,>.
(
/
1
6.
5
"
)
.
l 、6
5 綿 I/~
芝、慎 5
.'
1
g
s
z
:
士
、
払
う
ご
仰
qJ3b
ふ6
5
'I
、
Z
4.26 1
、
4
(
8
)
切1
t
{
l
J
.
噌)
(A)
~bfowv.!
円
"
'
"
~iq3
•
2RI
l4
,劣化ワラ
υ之用 1¥るウランの岡i
品 特t
問中T
電電公社茨城厨央折)
(I
o*j
疋洋雄「工謀矛j
旦ι
i
l
l
E
,
_
c
x線スペ?ト日メトリーによるウランの定量訟では,
ZSJUを
卜
L-サヒ Lて初/.."こ M
によってI
J
1.牽補正を行うのカに一掃史街でめ七。この古事合, Z32Uの六、リとして 3230U,B7U
壬ιJ
J
"UJ
.
"
I
明(¥<;れる。しがし,二JYt5のウラント Lーサ 1
J
.,簡単に 1
.;1入手し鞄< アイ
ソトーア協会乏通して輸入するが p 加速雄 Uを?て宙~' ,(I"F製する以外に忍 1)。一方,市販
J,~Jビヴうン定問 1) ð15l魁ざ札た tηすt今く,感~に,がつ唱rttlñに入今てH
のウラン主主薬に I
fる所力'
SI ζ tYl加担え此1
.
1
均利でめる。劣Jビウラシの拘υとZ
'li'υ
η歩娩{詩たの比l品、ラミぶ
ウランに比べ‘少才く,従フて, A
ちノヒウラン乏上記ト L ーサ ηィ
'
()
'として般的することはで
す!
j 1) Lがしこ札左利用することによるウラン ηl
司l
u
A
ま弟釈持枠I
J
.
.可能と芽.t.sれた
ここで/手,町ラン今新三五 '~Iこ示、された、ウランの電造元,分髭芝、 l之 p 若干の検討を加える
ζ ζ 乏に,劣イと 1
ヲラン'
t
l
荊1)るウヲ〉の l
荷主持希紘州庁の可従1
'
1
.
に
つ 11 之樟釘し 7 工喰守
的 i
うラシの定量を詰みた。
I
0
直
重
量
持祈話料 l
二既知量の拘ι
J ウヲン主砲九,ウランを外碓,曜[
J
島後, 234ULmUの放射能的
ヒウラン,あ‘よぴ、,祢富直後めウラシの:l39
-Uと硝υ
比五う制定する。持祈詰料│干のウラン,場J
の放射能の比左 3 セれぞ札 I S 1 :)2. ) S3 )重量定) 1寸 1) 門 z 川 3ζ 寸ると)~有祐吉料中
のウヲン重量 3 門 I !
i
fI(
1
)i
lて‘針箪 τ
Hぎる@
,
阿I
;
:
:
:
:
.
付z
I
' ...
S
主
-sョ
S
.- S
I
ー(/)
,
(1)1¥1
こI
J ぬ磁場食のウラン重量,十1
"
2
l I
J合 3れず,メヒ1苧収奪η楠j
正1
J
¥
'
‘不記号て市リ
語鹿又ペ 7 トjレの調1
¥虚のみで,!定量て句ぎ号。
p
α
愛
重
金
φウラン詰蓑;市販の酢酸ウヲニ/レ(之稗頬 :V-A
, U-s) を 0
.
2{
¥
)
η 過塩素直麗に
落解し? /
μJ/I
〆iの落攻と Lた 。 @ ウ う Lの壷着;円簡形の手つ iコン熔総て¥白金
円板(え0 1>'¥"" φ
)!陽極とし J えず〉レス門税()電弟面;ぇ 0仇川ヂ)を陰極いて P
300l
'
r
1A
の1
を寵=九で局j
宣
之4
i1注〉た。 ③ α 線の測定表面障麿型 .s ~í博也器(検 ft ii2
積 :I
f
-~O Jnm
"
_,f
iWHt
'
1"
之 6k~ γ) と ;000 cん-PHAを用 1
1
1
三 /
J丹、株広告カ
孝/手 )I
ヨi.f-yイソトーア動金裂のヲヒ i
.
tりう J争手線;県(放射l動積; 3,11-1-CW1l )でヰどめた。
ウヲンの護活ゐ持
α2八/ーギ敵 7ンモ二ウ向島 i
晶塩素直v品会返を l
脅j
s
l
i
えとした主義各の J 最コ追寵急先砕を秩
~1 (_た。宅の経果ラ pl
l
:
:
:
.;
.9"
'3,
01 電益時間~ 3 時間 )詮l~提量= 20片1.e、ウラ〉
ニ ld0 d
'のゐ件で iユ,す 8-';<, l'~ .
1
:
:
:
_
_の
ウラン<11"属言葉j した惨な<D' P
十1 =
之 01
、
λ下 ) (
t
〆
I
よねぎ、わび/)き・くと、ラき与し
6
8
過塩素酸車産::-:0.2A/以上 )
(
'
1手y 電着前後て叫の p
/
I友J
ι
j
手見付凶かフた。才 5に1
f
た
M
才ンの持寄らl制 M
i
,
¥ るため} 02N
-干酸 7ンモニウ L¥I 0, 2 八!-~塩素酸;助決に J
,
r
I
1c
m
薩l 締罰愛}塩酸Fまたは')'_)j吸を四え,アンモニアて、 pパを之 , 0 に調整し,ウラン色寵~
した oJ
i
制
定 ,A
J
海
副
長 塩素イ才シ I
J,0
,/I
ν
でt ウラツの I
を遣に妨害と呑 Sるけが) ')シ酸
"
J
. 日 OO/Nでt妨害ヒろることて式‘のか) 1
と
。
イ才ン I
l
つヲ〉の l
刊 L体弟紋持祈
1
I
夫
然
、l
ううン (υ A SA::'0,9
9
3)の既
表工、ワラソの定量倍
,
*
加
量l
/
AJ
)
知量を採取し J これに、歩バこりラン( U 按J~ 量 (fJ~) U=
S3
l
)-A
υ-8
U1
3 SBニ O
.けりを加え痩えら L)
50
/00
q線 ^/
¥
01卜口 X ト)
1←で J 電造物の
。
‘
タ
え
守
兵3 t
1
(
¥め
, U)茸を l
手
い lてU-t与を l
定
1
:0
~O
‘
。b
4ヨ
/00
O,
7
.
t
"
L
f
.
量した(表'1)c U-Aの撲取量にtfP_
5"0
意値 I
J
. 謂)
1
定誤差 1
月下-f;弘し) "
民
,
,
(
ヒ
ウ
ラン五 l
司1)るウヲンの同組点元名手にめ子昨ポ可能でめること t
J
¥
"のかフ T
:
."
土壌中のりランの定量
I
I
定量岨
I
仁
λ
f守)
J
,
-o主
ヨ
5
"0土乙
qら主玄
I
l安憾の緋ヰ|宇の 1フラン乏I定電する場イトに r;L ウランのイι学ぬ離誌の持釘 tJ\~足、電子て柄あふし
がし I こ二で提案した后l必梓蒋釈A府t~ て巴 I~J 鳳握力\ S附 Sかるよヲに?み磁の J
I
又牽得点
'
)
問
題
て
'
i
J
.
く y ウ=ランt.J
f
純粋に信i
室外離主れてければ
そこて¥ウランのとか蹴?を、とし
て 13J 「ウうン称羽T~古') ..Jで、世堤 "
!
,
y
して(1令
, TBP
羽B色を乞の手事聞ける=ヒとし p
ζ 札 I~ よリ t 土最中のウランの腔量芝結みた。万行事E汗T凶で味買えした i竜 tJ 正威厳τniI善弘
l
) TBP-守シし〉謀殺で硝弘 1 8
'N-亀盟主で表3
争後 3
1
長敵アンモニウムー γ シtニア
珪J台衣でウラン乞益弛;r,した。柚血友を~発盤国後,ヌナンしス殺に亀通し , CX 緑内瑚症
を有料ヒした。夫容?ウラン t
of
i
:乏珠加した場合につけてモI定量した。結果 IJ
.} 奉 Zの通リ
・
て わ多方T
U 土寝中のウラン重量ヒして 1 ,
之 0ヱ
ー ω μ J/ウラン剃日話料て ,
I t
J
f
.t
.
_
)f
l
;
c
の岨 u号 T~o 存品、 P ウラン 2初日誌料中に l手.之 .0 fð のウう ~-(R.令主.rt L 11 ることを庄七
ゐt./;
約u
唾と定号組 I
J/Thイー致して いるに える p
ι
¥¥
0
1
0
'
l
5
"0
o
I
'
}
,
0:
L0
.
3
1
) ウラン弁事T三五 3 昭和白拝 3 F1、放射能調I)~~主基準化委買《
6
9
治性炭!こよ~ ;玖射、f
生1
n
(
ll
I
¥S九(¥V)) Sb(v~
Te(IV)'め令指盆
2RI
15
(壬宮肝〉
キ都静矛
う合除決はノオ重々の企易イオン l こ対し j弥、吸着地屯示しま作ノ 34;f.按自体l ご)~
合有念品元素の量が'ぎわめでわ、ために 放射イ助物会どの前j
野晶 1
:利 J
有3
れてい
る。とニラが,告発々は,併設聖元会の国体来面への峨の府丸暗に, lJ 活峨 l~
鮒且体のl¥qSb(V)I
ま,密着きれない三と E貝
)
¥
t
¥ 1~:: l
1
:
'
0 放射化学!二布
いて l
eC,凋期4
字表て上収リ令-う元従付けるタヰぞ‘
3
Ll
e
t
'
Ll
;
f室す3。モ
ニ
て
・1
1
1工.
'
)
1
.
(
1
1
/
)I 1
1'
3$
.
桐 (
I
V
)ノII"Sbω
l
11 '1判花 (1 ゅの活性表への減看挙事ゃを調べ7之 o~トイJ才シ
l
まを代マれれる蛸織と示 L)~急性家l~ よリ
て
工I'(I-S
例
S'l1- s
'b
) Sb-Te の分継がで'
d3こ と が
わオった。 Jら!:話法家主j
有いて J llzs,
V
1すら 1
1
3 1
1
1
.の 250
ざJレキシグ;
d
-粒ミトE
Z射 L.
r
τズズヲ『ゲフトから糸 2
椴 LT
:
.1守sM
持製 J lIq 7とかう /1'5bφ さJレわグ・
/一+
I
相
判
l 之つ 1 、ても文教 ι~r;>1三ので J とれらの全線 E 私場する。
轄す
3
印紙への附くするにめにノ p
H
l Zの
"
工
1
l
.,
り
(
l
V
,
〉
.
z
s
-v
(
1
1
。
6
4
pH
l
l
q明寸る (
IV)- O
.
HZS切
、11
止
mlolhn,j L
叫
i
ι
はt
瑠或ι
L
ニ100m
吋!の 3
剥
古
針
十
械
生
蛾
決 ωω
凡
p
九ノ 司的の
図
酌1
. !忽空史悶‘寸担キ担且体体"'r?'!工お以伺川(
州
11
り
)
の
去
活
刻
古
針
f
投
F
州HI
ら
同4
件争水踊敵貧イ化ヒリけチウ例《米:竣夜て鯛管誇F
れ
l
印
た
九
.萱
見
謹
畳τ
て
砂
一
j
炭
長
γ
H白的き村吋きぎ.ヘ‘
三
H
舟
守
豹
)
淘
句 Lんじう Lた
1
後 J"走法(ごよリ創生長を分散 L アユ e 無担体 II'tS~ω
100
、
内
守
、
、
、
‘
、
‘
‘、
‘
ロ
‘
l
立,がラヌ碁珪門、ヲス珍品 l
こロ瓜着 lないニと
。zo
冶~
6
. 50
L
》古性支をjJ1Z ~1-=ø を設で一時}有 L んとう後 J
凶司
JH
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
。
かちノ国的の州 i
ご湖特 Lr
:
."shLv)-ωr
今γ
¥
.
o
lc
L
w
パ士昆!
J
とリサゥム i
急JK JPP勺 の
I
耳
。
がクス ~f教ス活tt変色附、主 L 1
三e
カヲム玖: 実擦のふ符I
:
.
}
j
、ρてI
d
))
JラA '
t
.
J
有いるう拘ぐ便利("み 3ので )
矧差 1
3判 あt の
ぷラムに Z(}O'?11
dの渇峨屯つめ戸ものとj買い
l
二。
o
0.01
0.05
Conωtration of H
C
1,m
o
l正 3
絡ま
1
2}2..幸雄駿才ら,"工-n(
I
I
I
)O)tl及治
1
1
1工
n
.(
I
I
I
) 財旦 i
卒I
I
'
X
'
Y
I(
1
1
'
)は P
付 /)-8て史全
+ 活 性 炭 討 T 一 司 - -No2
19
'
6
(l
V
Ie
以) I
二活性殺 i
二ロ鴻した.(@I
) f
>H6
.
1の 0,37~
1
-0ーゲ、ヲブァ什
あんべしすこ
7
0
3
,
,
:
/
つn?'YUJ2
必悦句。工11.(
11
1
)悲 波j二わし、ても J 1
'
f
l(
1
1
1
)
1d
.("{i~
先企 1
:諸 峨 1
~t
l
鴻 ざ れT
亡。出生炭 l
二o
脱 Li
:IIIIn(
I
I
I
)の 100
溶離希件制加 Zためノ希埠動窓設での吸追突再生Z行コ f
:
:
..
j
めはすように説委員の吸着剤モ鴻い作。倣厳で
Aラム J
:
:娩 し " (P ;9円引の糊悦 4
Jフ同青果 j n M
250
仇
'
[
'
)
.
f
.ct例-3H ぱ /o -mP で~~( ~.t外の ,11勾州委ナ生三
長冶 35i-Nez
lお ('
n
1
e
.
y
c
4
)タラ A よ
リf
治献才れずじ・
JH[
1
0
判1-の (
)
.
o
/併 もo.
fJ
_
明
J
!
.
.で
‘7
ちアアイ介つ0ラA を
c
1叫 色
│
合
向 令 骨 ヘ
o
ト ーく丘一o
c
トヰ-0-ー+一
潟敵Lt
=
=
場合ノ
4
9
t
Jr
.の 'IIr(11り
.
.
が涜4払L
t
=
.
.
.
ν
lL
8
1
0
pH
,
.
、
国3
. -e- 1有Sn
.(IV) J --o~--
CO
恥
l13S川
115M
りの三台│主演白持、への鴨議
1
1
35竹 (IV){6X
:
;
.5
0
o
ld例
10ーら刊ヴ'
n
I
。的古︿
L
-3) I
式 pH 4- !t の議議点、ら I~
r
{f00μ創蛾(~時配的。 (@3)
・
伺
U
qJ
n
u
m
-
円
,
n
u
ー
a
u
Hn
n
H
s﹄
0
1
﹄
ι
n
﹄
+
a
ら
+
r
曹
匂
し
Fw
内
'
U
uw
n
"
n
u︾
e
0.01
-m
。
同4
.
J
れ鍬ずら"もη1
(
ωの吸看
日ノ
キ塩敏から 1135川 IV)<1) 11 13.~ きウレ'() 2/1t'
6(
初仰の
)
.
1
'J"ラアァイトへの被着 E国 Lf. l こ示す~ )副スと仔r
.
リ 工
!
y
l(11リヒ Sη l\りの砂織が可能 ~:'r:.iI""
恥かてあ ~ø 1
笥ょに針。 v
)
S
隙 υ鴻 料 用
保~if.・ t {
'
:
'
4
l
I'
1Sb
J
. pH々
負t
式1::あい
(v〉 俣棋件lI ~Sb(ν) I
-e-白さき:召-No:
z
./8,((Mea長)
τ活 性 炭 に 偽 き 取 れ 凋 3)共存する臼糠
(
)
-7
'
、ラフヤイト
卜
.
.
_
.
ー
ー
があくねじ''I
SbI
ま 仇 以 id
台は炭 iこ時3
れT
:
.
"(1盟~)
l
t
q
例 花(
I
V
) 集担体 1帆 花 (
¥
ν
)の活体長への
•
100
喰jjtJ;ノ顕芳な fH~ぇ尉生を示した。も~~~')て晶、
1
6 rフ H6~7 ず最大の 70衿 F qJour6fH
此
I
e
J
aco
を
.
でI~ pH~へまて吸えて・ 1S,ゐの噌納~t.示 L
戸
主5
0
。
L
;;;イ lkeR(lV} 伊良着 I~J 花 (1ν 〉の穆似てえきくな
刷
コ
、
4
I~l 二従ぃ 5殺すァ L た。
oぷy
σ
0ト
0
0
0
'
σ
。
2
4
ω
以上の結果より J 工m(III)-$11(IV)J S?t.(
1りs
,
Sb(v)ー花 (
I
V
)の繍住l
こ 淵 峨 同j明
で
・3る
こ
とが明ら制二 3
れT
こ
。
図5
. Sn張度による担肴キのをイb
ート
ーかー
ν
I〉
Sb(V)
1
1
3Sn(
I
II
'
1
)T
.O
k
a
d
a
. 5, A
m
b
e
.F
. Ambe; H
. 5ekizawa.
,
J. Phys. Chem. i
n press.
7
1
水落束中のき知副本山 T乙のコ口イド'á~巻動 l てついて
3
R
I
O
l
(戚西犬・薬) 丸ム芳日月
o長肉守子
(目的)
最近では多くの元素が秘イ色素友落戒中におい?、怠恭へ吸着し 1
ミ1)、コロイド的挙動
l
J、温d
ιナ
ト 1) '7ム搭束中 l
ミちける義坦応の
を示すことがよく知られている。この良駿 t
12SY
l
'
¥T
eの蕗iIi氷俸をろ紙への吸着や也、、介離?去によっで調べ‘ f
:.
(失富良)
i
)同
同T
e
C
W
)試料本来の銅製 煮着らがえに報告し 1
ミ方去#によ IJ‘帥 $
6一
郎"
'
T
eジ
ヱネレ デー左銅製し、間同 T
eを 1
N HCしで私権し 1
ミ。;の議戒に ιonι.H
C
L左加え
てT
V
A
i
面とし‘再び菜、"'tR7Jくで IN に~釈し 1三ものを iがヰ落戒とし↑ミ。
来縮して Te.を九全 l
Z
) ろ紙への戚看
落戒の p
H左右同程してからの経過時間と吸遣をの闘派左調ぺ 1
乙
T
e
試料搭兎 1
mしを 0
.5
'NN
.
oO
Hでl宇和し、蒸留水左加えて、 1
0
γバの 0,q1
0
N
o
.
c
し
:
落
した。この;怠戒の p
Hをワに調整し、一定時間放置して、東洋ろ紙 N
o
.S
-c
左前いてろ過し f
:
.
.ろ戒の放身拍t
!剰えして、ろ紙への眼着量主計lし氏。実‘稜結果左
F
i
g
.
l(
二
示
す
。 F
i
g
.Iv\ ら嗣らかなよう!二、日長急量は 10 分以上でほぼ平衡~~i し 1ミ。
J
問問
*
t
千こピ以後の失穣で ~l. 十ii3畳得中での放置時間は l 時間 ι し「亡。 J欠l 之丞放の NaCL 強友
を支えに場合~;:_ついて検討し 1三。マの結果 i F
i
g
.2~~示す a まに pH ~問、 Te のろ紙へ
の
t
J
l
急量 の関係主調べ下。諮戒の p
Ht
1トl
.
oO
HとH
C
L ~二よ 1) 調整し、 NQCL 競走は
O
.1
<1
0と
し1
ミ。結果 tF
i
g.
4~く示す。
ι
主主I~'/卦離の崎閥 ι 寸除手れる 12.">>'1 T
eの量 ι
の関係主調べ 1
ミ。試料はろ紘
,Q看の場企と l
司じ方法で網拡しれ p
H7の O
.q1
0No
.
乙L
.
5
事戒 1
0
mしである。この落
への U
3) 重/(J壮麗
戒を 2
5Cの佐?昆縛寸ド l時間放置し「亡後、5'
OOOY'p
mで一定時同丞 J今子部し、落殺を
3
Y
叫ピペヴト r
とリ‘その放射能主剥えし i
三
。
ま
{
:
:
_
,
力7 ス各器への防附 T
eのu
!
l
看
量
を
二、ほぼ l
司
じ pけのお花左£心、時闘と l
司じ時間 r
:it ざら~~~文宣し 1三もの Lこつい
みる了二め l
ても森友左ヒ IJ 、汝射能主剥定し f
亡。王室心、介離され1
三12SWI1
eはこの 1
南チ自の差よ I
J
H
l
与
し
、
i
s.3しこ示す。 F
i
g
.3tJ\ ら gl~ らがまようじ、 30 /7.ト以上れまぼ子衡ド主し 。
f
三
マの絡呆!F
そこで以後の失J駿では、重心、時間は 30 分とし T亡。 ì.え kl~ じ方法ドよ 1). p
H上
.
t/0ト
ク
龍グれる 1
2
>
附
ι
T の量との閥4
系主調べ1
。
三
0
(締象)
F
i
g
.2f
J
¥ら日月らがなよフ{二、 帥Wl 五
Te のろ 4称仇伝恥Jへの H吸
11H着急量は N
陥αCαL の 7悲患友 0がて O.2~2却Oχ の
はユ変わら可な"か
J
t
¥
つr
下
二
。 まに
T
三
、 円
下ほ
i
8
.斗よ リ
t
)
. p
Hが
古
、t
て 5""qの
静
紘
E
l
届
記
で
蛇凶て l
て
吸
H
艮
看 3れ
、 特
(
ド
二p
Hカ
が
て
、
灼
約 6の忠?最高でで‘ マの 4
峰
直
は 84χ
i
'
;であヲ 「
下
'
-.蔽 性
、 了ι
j
し
力)
1性2
が
強
し
い
、
:
落
怠
;
兎
友
刀
が
¥
ら
は
数1
¥一乞ントしか『政及着ぎれなかっ択。一方、 ガ7ス製のi
草花l
官への凶 m
T
e
の日民看 ~1 ,酸性、ア j し力 1 J
性が強い落戒の場合はほとんど者、いが、小出寸i丘で犬 1
くな )
1、
マの A直は約 tI χ であつれ。あJ分取ぎれ7ミ IZS rYl了e の~は pH4----5 の晶画で特 l これ、ぞ
J
まるやまよしあき・ながおかやすこ
7
2
のA
直V
Jq
Oχで
あ
っ1
三。ろ紙への a
J
l
看の場合と比べてはばl
司じ傾向氏。〈、 p
Hが'y-し酸性
刷ドずれていに。 以上のことから、提出zγ~mTd :t No
.
C
.L
5.急:夜中でコロイド的挙動ま示す
も
の k思われる.
1001
100
Y.Maruyama,Y.Nagaoka, Radiochem. Radioana1. Letters,44(4)249(1980).
持
白山 N H
LF
[
子
、r
] 可申ALHO凹唱団 uh
民的 N H
[ぐが ]}VUAHO凶 唱 団 由
今'
ρν
rm
u+L+L
nue ・
1
n d
・
1
1σb
・
1 ﹄ 芋 ムn
Tム 可 止
1
・
n
唱
mon
o-ιa
J
+
ι
e,
vs
m、
I
q
d
1ftzi
・
T
σbmn
teo
AU--ワム・1
on5G
JU1
ム
n
・
1
+L
nc
a 干-n
t
ou
qu
手
ム
てd
ooa
ts
D&a
r
or
dDa
se
唱
1よ
DA
Aa
l
σ
b
n
r
100
10
[JC325
[式]宮﹀05-岡 山
50
民的 N H
民的 N H
'
H
J
u
門
dAO
erLi
,
.
、 t
v
n
00c
m・
1n
et
u
ra 干&
15
I・
r
ta
、
vJ
l
中i Y J jJ
、
f にぷムa
白
d
e
P 乞b f k
HmbB
司
2よ + し す ﹄
--44
znn
loo
凋斗
中
唱
干
ム
J
OO
ム
oua
可ム σb
eou
σbquS4
a ・1
ter
nnt
巴tnFLau日 u
rmcp
eo
PArrs
σb
・
1RA
AUσb-
1
oσb・
ene
v--m
ezム
干
ム
mut
T・
1
ro
十
レ
vnn
rkC-1
,
、
T-eo
nB J OAνV+JLC
,
、
imbn
om5U
3ft2nf
ーよ o
e--a
mp工t
e0
・
1OUS
T
--Aa
F
主
a
nrr+L
5gsm
-iaPA
ter
nho
e+ιnu
c
o
rm5
eo
σb
弓
J
R4
・
1
7
3
12
6
3
60
45
。
。
•
OA.11;010
Concentration of NaC1 [
0
/
0
1
25m
Fig.2 Adsorption of 1
~~J~Te(IV) o
n
fi1ter paper as a function of
NaC1 concentration.
。
50
50
3
R
I
0
2
i
業溢豪イ才 Y溶
議t
r
α放射性殺維の1
戸メン性11
<
.
謝婿への,
l
P
/看
一一一 I
.
r
日
u
.
,
(夕立吾舛)
X
A
p7への吸兎一一一
1
9
8
んの
“
0今井埼手汲利一夫太后均一
イヂ沃正実
雄主
怠園陸叉 l
手
先
基f
.
t9
チケム九決守 Tて温意錨陰イすンノの奇?で舟存していゐ r9F
e1
/
て帯イ;オン
性門官樹脂 A
悦 8
め
丘
f
e
.XA1)2,XAP-7t
乞きわ約て v致為されやすく、 1
0M,N
j
色で 1
1
.1
04
sの分配稔殺が絡ちれ七ことを-jtに報告した J
:
^"/
0
円Fe.~ 同じ〈埠薬指陰イ才シ古形þ\;q-る 60乙C やはふ Lこ 11
との d う亨規参 l
手認められ
T
手v¥。
芳若ら I
l こ
の4
うな吋F
色
の1
奇襲な D及
J
1
i
巻
勧 l主 K
.A
.k
r
z
.
a
.u
s らq 見弘し T
乞2.) r
ある維
の金品元黍句埠柔-錆陰イオンが移イスン文子妥扇胎[-::
t
p
伏7
告されら沈ゑj 1
:類似していゐヱ
ヒ Lf~摘 I.J'!.o ま花浄水中め庁長 9 単衣的措・集へ内剣用についても旅討tjlo えだ〉
本実験で・ i
事、その温柔和式ン引も刺殺げ Fε(
叫ヒ挙制しい州市)について.
5
1対
衣
さi殺討主力ロえキ A方ン性門宏君i
s
aの滋射1
t引句会i
開
句 kめq基礎的検討を 1
1
7t
:
.o
1千りム海来 i二トレーサーヒして /9S
,
4ι 又 時 178'A l.{_.~ 戸吃て
各稜 ~U0 温量産混荷主、温.1 1:; )
す有料込来 tしt
'
Z
. '
1
'
,
及
着
客
於l
手ベッ 4j'去
で
‘i
1ヮた.す 'li
J
、
ち j
住
吉
司
料
?
を
来 /O'YIれ j
省
略 αI
'
}
リ和主ぜゐ。一定時間経脳会米洛;投粗の放射能主;別定レ吸着の程度主 Lら
べ
'
たo l(
t
日
要
。
に
.
j
G
:t;;て樹路加の放射能 .
:
i
"
r
引をした。
聞い id~ イ究 γI生門R 樹踊 /1'. A
叫 も 仇ι
もX
:
A
D
2
,X
A
-T
J
7で.比較の T三め i乞 H
R型什事
4 古 γ 矢接~r喝 A札b仇 t: f
e2
.(
)
OC
.
〆(
H形)陰イオン支 1
美樹路 A牝 _
b
V
/
_t
!長i.lR4-9ot
j
C
C
f帝)
:
f
, 開υ
?
。
と
0
国-1 I'I~んの XAÞ-7 べの DlAJ告
結果およグ建築
A
8
1
9 μo>
(AD-7ヘO) T
J
&
尭i
乞およ!干す
令¥1
0門 Hc
.
e
.
A
AM
J
XAD-7 ヘ 0P~完 r? つ ψ て?会 1 1:ン支
援樹脂 1 'RA-~o4, .
y
易イ才シ突楼j
封胎
2
0
0
tへ
句 ps
.
J
もk比較した 4ので・ある。
1
'
RA
9
0
4
1亡対して!字、温践のた v¥議
/ミ乾血いら 1
04
-川 0勺 uう亀ぃ分説縁
遠
足 E しめず。 X
At-2,XAP-7I-=-対する
〆v4
H HC
i
l
明・免罪人多
振とう時間の都揮を図 1に Lめす@
1
"
"
"
'
3時間の J
怠とうで子4
f
t
l
?
遣する。
図-2
.I 手温風~~:審決中の 1'18 A
l
AのX
AD,
2
.
。
。
;
1
0
15
格 的 時 間 f時 閉 〉
20
骨誕縁者主 l
主.2""ネ門で怠々 102rfO4で
あ
ヴ
‘ 品目釘薬及巧増戸ロバえし、係々 lこ減少す七。 一方、?易イ苛ン女平安樹脂 200C・
で1
4i
f
Z
及
ヒ
ヲ
モ lてt>P
)
もI
J多
重大する。
いまいきょヱ・あたつがす会・おおい L じ‘ゅん ω ち・い f~つ手合 Jt
7
4
温1
l
/
jサヴム?案決中の r
9
8A
μ 同埠殿 t同
浮島 車
y1
受賞固にわたって、 X
AJ)-2,X4
.D
7
1
:
:
V¥
吸着する。(図寸) そのうが配餓 l
品化'
l
fケ ム 燃 の 胸D'
t
易l
ヱ増大し陽イ才ン燐
樹陥への P及先イ鳴向とよく i
ポている。
/
q
R
Au
.1塩酸.土色イ'
G
'
/
fヤムどちらのおれIら4、 X
A
"
D
-21:比
べ
:
.XAD-7へ
の減免キt:JI'
3
h
、
〈 げんの場令ヒ同様吋志-1.で・ある。
I刀
ゲ
、 j‘
レ 5
色
、
ほj
更についマも、予備的乍旅討吉行った結果シ'/背ゲ jレへのロ及品川、
シ}
ざいの 1: 対し.活性炭ヘ句 P~兎 IJ. きわめて奇く.史畠駿.埠ィι 11 ヲーウムヒ毛、/ztぃ i悪友乾固
で'/05
"ムガ上句分自E
t
訟
を
立
が7
与られた。
とのよう 1
//
9
8A
μ のX
A
-D
-2,XA1
J7への吸着現象{;t. K
.A
.fVtωs らの~,古来に犠{ばして ω
る。手九者回ら(1-, H*(
J
I
),
_C
r
1(U). l
.
勿 (
1
I
)~のチオシアン画委シ 7 ン敵、ヨワ柔t 乙
の針?金イ苛ンめよ色性炭への特異 fよ喉着 t
:つM て戟告 Lていゐ ω民 との稚の錨?会イ才ンの
E
及兎税構 l手手 1
:
'J
l
R0i
J
、l
さされていヰい e
X
A1
>のようむ非イオン性門 R樹脂主、金島イオンの吸着刺として用いる場合 t
:
J そ仇ぞれ
:
特性的平布械、け、‘ンド左手4
存すせゐミヒが:
λ、つうヒされ τ
ψ るが;幻李英号舎で
の元柔 t
報告したような室属1の錆陰イ芳、/の特異存 of)..角予見象さ放射化学づか析にた月す七ごとI':J:
q 放射性殺格のうか離の単J
X佐をあめ七之ヒ世¥"期待 T
・ 1。
る
国-2
温風易海取中の I~伺u 内域活
国3洛 j
ι竹同洛謙れ吻t.t0)吸危
工R
A
7
0
4
/
(
f
XAD・7
4
/
0
令
画
乙 3
1
0
イ
芳
、
数
〈
1
0
Z
kd
ノ
、
1
0卜
d
イ
グ
v
、
、
1
0
o2 4 6 8
2
. 4 6 8 10 12
HC-Q.手患海(門〉
文献
1
) 古制目付,丈后, 1次 . R~,出品pes ,2!J.,bI'J (níU)
2
)
. K
.
A
.ド
同MS D
.C./
'
1
:
c
1
?
e
f
.
s
肌
, 干.Ne
i
'
s
c
>
:
J
.A
?
I
t
.C
s
,
蜘.
s
.
。
ι
"豆
1
''
j
2
.o
,
f
l(
1
7司
〉
の議例制, A
;
{
;,
1
子 :時君主相手続3
4
草寺会)'.
2
rA
!夫会(/?fS'2.JO~)
I
"
i
孔
10 12
u cJ2.~弘海(門 J
;
ゅよ芦田,亀I
J
.有国 ; 8.2ド化孝一穿住吉冬 1
23/(1977)
5
) 舟 肴 : R~ ,
'
s
ot
opes .
1
.
立 U 守/(1131)
7
5
丈f
患の初すふ生物皇・明議・保持体への利用の可能位
3RI03
0河村正一,'iT下-ネ, Z
Z
3
竜丸色ノ
柴田真夫
古3
額科手
水落紳{三和1
与するを丈綾城州主核稚モオ機介離する見守ノいったは様して 5
主主倒産す
毛方法炉、行わ礼ている。ょの方法 l
主
張T
庁はあるド,場会 1
:
.よゥて(;t君主主け祭〆目的 M 卜
の
物質炉、吸看体主連手企し K 1する写どの欠点が、ある./'貿肴うは A
肘y
t
乙
.
e
炉、非苧畝ld
之
X
5
ポ
E
之
や
す
、
い
、
の
て
.
、
阜
草
執
九
主
式
丸
、
皮
淵j
ι
ω沖
が
ザ
定
忌
手
湯
て ああること{之肴目して味着体として使用できるカ¥
子D
icr~loμX~ι- /~- cYoWft-,-6 H
D壬H
Pなピモ
どう先、識をしていトこの kめ衣斐 i
付加守せ吸着体で減討しているドノ今回ぼまとしてカラ A のう長若体として使用で手刷、ど
うか,誘導放矧生放稚ノ核分.~生柄拘 l之属する勺ε/μ co ノ 6S"z.札, dQ , /4ら I $r守
ど
、
l
二対する咳看狩持法周べ、下と。
(波 B 澗 )
1
A
I
歌
子
ミ
き
A
γ
t
e乱 i
s
i
d
.
:
色 村i
l仏 Wし(丈妾)の精製
叉業♀O}(乙,アセト〉とヨ門 H
c
ι の等怒量え
念物~ $"00悦 L の叡l
企[寸ロ之室溢亡、 l
府}司波置し,夕立邑 オく先,アセト〉て、洗い 風詳しし
J
J
1
<
.
.
0
H
DF
.H
P または Di
(
.
(
(
.
,
1
0.
h
eX
f
!
l-I
)
?
-c
y
-ow
,
.
.レ-6 (レメポクラウンエーテ l
レヒ略部)命力ロ
支葉狩属製
HT王H
Pまたは 7ラウムエーナ Jレ
を
ν
トルエン l二落解レ均一{::.をるよ?に酉t孟しを炉、う風」
章えして調殺し及。
生核稚を含む 5
幕7
投却11(
ι
l
之ノ付 D
EHPま K I~J ラウシ
見がけの1J';ffイ全数の利定法
放射4
エ一子 i
しイ寸カロ.交葬 .
oI;}を知之}定局間採 'J せぜてノ悲?た 10 視L の放射能モサ t~ ιy
チ L 一汗ン計数装置け~定[...,. )、通学の方法で計著し 晃かけの d
r
帯保教を得た。
J
J
続来
I
:
l
D
]
:HP/アラ勺ンエーテルf守窓口文案ば局裂の検討
l
}
l
J.
z-て箭記の調製
、
件D主HPおよがクラりンエーテ)レモト jレエ〉に溶解しr-.;;事拠点業"&;
法
{
三f
えってノこれら今試薬が文豪 l
二付カロでざるかどう沖、調ノてた。風車しょぷコてト)しヱシモ
除去して付加手せたが¥肉眼でみる下利.とれ μ試薬 l
めまく付加で手た。クラヴ斗エ
} 乎 jレ付如実業て1 J付加し珍い支業とあまり変わうるアかフた。しかし HDE
f
I
P
付加文
業はノ表面戸、祷れたよ〉ケ扶‘;建であり付加しない実業とは全《畏まる社択、を示した。
パγ ナZ去l三よゐ見か 1
"
1司
令
/
t
y1
糸数
ク巧ウニ エーわレ("8:1"す如実業主ノピ 7リ〉問実ナ卜 )
J ~ツ L\ 1~む後傷焚己、報とうしたヒこ
ろ
, )時間の手辰とうで吠看平常1'1,金するこヒ炉ぷトカ¥7'P
z ~什D 1
=HP
付加文繋では振とう時
間 E 支えると若干 /φ別手数炉、異るよ〉ゆったカ~Î 舟鳩事長とうし k ヒ手々か\ 11).
1
.
ト
存
冷数湖ぐた。その詩家i 来 1
1之示℃た。
カラム法の可能祉の塑主
HD主 HP付加文案を内壬 10rr同刀ヲムに 1
0(AVしめ畏宇 l二つめたものを之本作リ、 JF
.
e
I
J
e
かわむら
しl
、
志K
しょ 7いち .kヴし k {}ろし・くろ?と守
まJ こ
~"I-三、1.・ふる hと
7
6
か yみー
26tZ1J 昔、〉主著えれ vごい。 (D2/占7匂, mc,E 〕う昆 ~R ~ /吃れぞれb鴻マベ之
I
まじめに 0
.
1
{
N
'
Hd,辻 0422
ん で /NHd,
;.5'0 仏 ~I 令"~3. S 叫母宅でトカロ七島民投め礎自脅己主
G
e(L,; );f安企悪.マ)しチ今A(ネ j
し液晶命祈悉で調ペ"r-.。その結果[孟図ζ
/示すとおり,か長
,
~ャープ/-. .,神でき,亥ぎわ吸知生物皇の吸着体として使用で、ざるととが、れ¥フ犬。っ
ゲ
!
之
ノ 7
ヲワシエーずル付加支業 E同じす 1;;ぐのカラ?\,(乙つめて付~Y' もう長看々也ノピクり
ン政主力bえk安芸米 /SO伏見を来しても 2 その 9
f
.rメ州知ロぢ〔案!て吸き告することがれ、') I
ガヲ A 法今吸着イネとしての使用可能J
生戸めることモ示した oH
D吉H
P付加支葬、は,H!)f.H
P
J
ω
同
行印付
はそれ自身,却柱の決停であるのて付加し k文薫は連当 9塩気を会み刃ヲム法《吠看イネと
して古利でめるよう i
之児、われゐ。
来I
Hb1
三H
P・付加文案の見角、けのタを盤整
O
.IN1
iく
え
JN HJ
.
.
4x)0
2 パ;
0
3
~乙
♀
弘
10
rv
.
.
.
0
C
f
8SS
γ
jま7
0
3
"
'
-0
2
)
(/0え
I
糾仁£
s
$
"
t
-
HDEHP付加丈蒙カラ臼の B良 巷 持 桂
1
0
0
川 は
.
r
T
!
.
a
-1
0
r
N似
S苛 良 白
炉'
e釦 ﹄
hu
r
計
4
才加丈管'及着イe
‘
・
.
F
e,4
t
Z
n
,宮
も riZL
茂
タZn
1
0
0
50
100
'
2
;
。
+
50
印羽村山山
出・亙Tfmr
。
C
5
容
宏
、
1
5
0
寸
I
NHC
ι
そ
。
,
問G,I4tε5昆L及
0
6
[00
乙
言
え
7
7
3RI04
0
合同えき宗教イ才ン支検体i
こ闘す奇荊丸(?F4
-3私) ク
リ 7
卜メラ〉
也マシ力、‘ンイ才ン主教4
こすげる 7
本i
型企水麟A
'
ν刀
リ
}
!
}
.
_1
J
wy}
ν刃
リ1
ニ
頻
~~島イオンのイすシ交教怯
東京、工久・理
0主
主
J
f
:
並
,
宵斡免雄
1 緒言
有寵抱争 f.)~身Zあるけはあエ手 }ν ゼー γ 線を鴎\)て ( dI p
)ま作 l
ま(γ ,悦)瓦舟伴よリ
ヲi
続けて起乙るま知塚愛ぞ広依し作 Rl左身離・精殻す争す玄 kして藩曝抽.t.法;('t{才〉
'?I /Jr款の例左除、 1"(穐d凶考ヒして得られ奇 e しかレ ,
J
.
r
交換梅市去が系〈問、Jられ吃 1
種組救øø..泊朝 l亡事、 It 争4:'A島イオンの'P)}..追孝動左基礎的作検討亨る I-Cば,でミ移 ~It高検性
不純均が進入しなけこ乞ち、ょが頑副長湯で f
きら此骨こ kが望ましり.
i
f
L
l
ト肉稔芝れ作,金泳教偽{オン交換体の中 l
乞{ま為怠択監の tのが報告芝此,申 1
勾試射
4ヒ議託料から j之、'/1 プ.うンドの魚崎とな争 ;:J..'~Na. の除長々~森岡 tJ.ßy の精娘..fJ\行 tJ, めれて \1奇。
長くから政4
以〉がン I
<
J
:, 塩帯夜、苧の微量~属イオンの持北朝 IJ るけはス力ぺンジ'fιして /ij祈イじ撃的 l三利 l有芝れてき 1ヒ。また,上場長々々ンげン lジ::2.,νのr 点介ぞ tt
J
ち
リ
体均化学的史地宅、らも,維々の~此吻作づけて在種金属イオン!こ対する噂泊特性の横討が
行なわれてける・1 し
晶
、
心 おぶら上記目的のため!こは望まし¥I 乏択性 ~4事られず,懸環状
のため緋')兎し使用ぞ~ f
,
J けなビの重量長がめる。
<
1
:I 義株イ才ン交換停の在民主言丸、砂 f-:. 能来,上まちの,f:.件左希 f:_ すヒ ts- えられる~
現危ら 1
童泉佐の~水政:4b~ ンげン(1V)イオン主検体( H門 D0)左翼J忠した これはlffi.申のガヲ
ム線作 1:::、~した拘理的被尿左肩l"再度 l三よリ録')込し位前て“きみ嫡散を t ヲて、 l 砂 e
点列究ぞはすて、|三犠告した Ki"~‘よか'Rb T (三対するあJ!
A
叉
性1
:
"品目し,今奮の々トリヴク
J
:
をする t
咋で微量のこれら金属イオンの I
i
t融(:..肉すゐ基礎的デ・ータ在需令ニヒ左目
スボ存J
的 k して核討 L1
=
-tI
2,
突験
・
4~~く働制ンげン (w) の観娘
恥私のす*
.
t
二従ヲて企伐し 1
:
.即ち , fM H2.S0t副
長
性 o
、S H1
<
'
"
'ゆ 5
"
00t
m
i~ IH H:
z
.S
04創生 I
H 1
"
1
1SO
i
-1
)
001
1
t
I
i
.(
:
:
.
, μ"cでf
年
々l
王制ロレ
2)
,
毎夜中 t
.
'-夜勤成し件。得予れた;t>>.1ま義)~/ìj-高rt~ -t閉けて 6 H HNOJ1
.
"~来吾作庁 κ十
あ‘よちfs
o
J
-左f
tき
, )
k
北後約 ?O"C tJ日乾燥 L1
ヒ.芦r
>tの組皮 l
三降'
$
I
t佐 IJM
HNOJ て熔~浪中 θr 魂皮〆 /o-<f. H ).~千 k 怠るまで K十を附, JK51 ,脚色して w時訊;科
kι て問、『作。得 6れ作訴i
料l
まF
ヒ
I
<
o
c
帯
主
主l
相¥,て粉本 X線回折!こよリ同定 LI
色
。
pH‘渦定曲線合、よぴ交換容量の畷号車広依存 1
生
弘
、
科f
)
.2
501
(
こ
イ
オ
ン
強
/
J
.
.
_o
./包 l,p
H
主-t4
じさぜた属政塩港湾ミ Zぷo
h
l
1
iを加え ,30・
cでヒマピき β、7まぜたのち p
H
.Hf"ち、よび・&~イ方ン表j支左現J皮 l1= .女換息苦 (ま初浪反ヒの j
をよ,)革志、 t手
。
イ:%/友換の霊泉性
ア}レ力リかよぴア lレカ')主類金属イすンの初魂点在/♂ M ~ ,
.
1
03(::珠加し,時々 5
HN白表皮を-{Ij凶也た踊敏塩事表 25
;o
t
r
o
Rを試料 0
.25
"
、')まぜながら 3
D
セr
=ffl:.フ L 譜表畑中の金~A 才ン務j震を R里子 v此ね存|ま*- t
3
i
.'
C
'剥 鬼 し , 尚 孝 川
友乱、乏 i
布¥Iてφ:
t
p1
手数。吋)をオえ η作.
I
r
つじまマみち
あぺみつを
7
8
λ
¥
R,Rb
hm
nuAunu
組組の質量
(~(a)
・
同
。ー噸泊孝弘
奉求粗の体積
l守 ・- -
μ = 噸J
善
寺7
ら
・
,.
ot
a
-司ム
i
M ・
。
offu
e
m
Na
ol
可4 q d b A
A
gH
,司
nU0
-en
loH
2m
k
Fig.l
4 n f∞
ofoM
~'"'
nas
oovn
10'
l cd
oi
ーク帯主ぷ域.;.-レ,宇佐やが増えレ食品ぐ ,
t
t
+
苛
i
三再生すると ttの強本作曲色し企.
ぽ作対す争事i
定曲線依 p
H6.~(免・政(-:.jl躍し
乱
母
、1
1
".
J
;.:=.晶基性厳左示し作.完投事置の州貸K
#佐はこの諸島定骨格 kよく対応・し, この p
H
1
iま
で単語号炉増えし I pH.
1
‘
Eから fH12 まで、ほ l'i~­
"
e
0
・Hg¥回ωロHMmapMW凶
3
. 結果ヒ序幕
W
i
t
j
訊
‘
料
の d鍾I
t¥i}オーストヲリ 7急クリ 7
トメヲン脅止のをれ~) ~主くー玖し , ft約鰍
互支持し t
:
.q f(i"噌炉.f.4払芝~る k 企画折維の巳
¥
1
1
定の支換藩量 /
.
7柑
1
'ま示した.
J
(
d
f
.
i
.の HNOJ悲l
主体.
(
H
主主アルカリ金属イ
才ンヒアルJiJ '}ム裁金属イオシ I~ 1} りて現~足し
た (F
i
3・1, (1 ,
.
c
J1
<
r
J
..
r [刊の肉1~1~.
1lvI
Jリ
i
:A
奇4 才〉でほほ,,...1I ア ル カ リ
土相金"イオ〉でほほl1."-2 のイ噴きを tク直線
関係 E五 ¥
t
.
. A オン長検"5..舟 l
三位?て U るニ乞
-b\明られであ~ 0 f
:戸!,. I(i"ヒ貼'ぞ l
ま4
11
HN03奉戒中で '
19 fJ 氏 主 喰J
誌をれ, κ
o
t,
ま
>,
r
f
''(,命令二包ぶ 1
1
7(
1¥7 手乙@箆扶作 1
,
:
1
0 l
'I
v1
J
~~...,イオンでじ+く N o.+く Cs+<< 1
<
:Rb+,了 lレカ
リ主義験再イオ;..,
{
" M~2.+く câ+ ぐ $y2.+ く 6 c
t
"
'
"ぞみ
υ
J
;
富1ザ
0 I
I
1
1
1σ2
1
0
σ 1 1ゲ
。
0
1伊
0
Concn. of HN03/ M
Fig.2 Kd values of alka1ine
i
f
t
.
ι
Ba
5
fF ¥
1
4
同
VM
oH
i
三クけても}レ比ををえて相互/jJ-離の
I
1
1
3
h
214
,
巴
earth metal ions on HMDO
6
。
向
宮た o
kイオシ l
三対亨る J
急線を 0
.
1M 念で補外して
K
dを本均,高知能晶イオン宇 f
圭
:
}(EI~)I:. 対し
てヂロッ上し t
=(Fi3.3). EIR1 f
.
.
!
iA付注
l
こ産択悼の栓九がわるこ kが U 省、令。ま 1
:
."
,
_
手
番号が/実むる省長晶イオン(::対する ,
f
t
競 係 数1
c
J
;
ー
ピc
Z
対ヤ I04}'(i
:
.
, Rb-S‘
九 Eぴ c
子B
2
3
す1
<
'
3
i
:
t
し ID ).~上ぐめ 7 1
ヒ。そこでこれ 6イすン対
I111
川川
1
1
山
叫
1
1'
lσ・
Cs
。
f
.
:叶を力ラ
ム法で検針した,
ヌ
二
献 1
) 工M
.Mury
f
A
)
'
;G
c
oc
4
仇.(1州,
(
J
c
J
,仇.
A.
,
;
{
o
t
,I1
1
,タ'0$(/<j/'l
タ). ?
)、正仁,'M"持: '
E
Uじ苛
2
. 3
i
I
.s.
(
j季与会,象主 (t9"
t)
)4
.1
1
.F
a
J
,
.
付
,
v
.
dJ.~ A'TtI/VI..MムμJ
.,主主,94-& (
1
'
16
0
)
..
.
.
)KV.
ぷ 仰 伺,
.
dJ
:A
μ{
"
J
A
',
互笠 ,(/J5U?6り
みヤ
7
9
工
0.6
1
.0
,1.4
0
1
.8
E工R/A
Fig.3 Relationship between
10gKd and E工R
トリ初ムのレ一千問位都タ錐
ートリチワム4
治物の霊来的$予防t't手解鮭ー
3RI05
(東大理・理師う o慾治験紘・力晴務官 a武内そ時・霊悶殺に噴~ffc,j主
E
稀書]
レーザ;_é..用い 3 爵胞掛合韓三まI~,強め z繋bw令掲揚教伊得 S 4-1.~t7l時三ず:
¥
)
t
撃
《
寄
(
1
1
:
,
乞d='J ‘積海豹 IZ. 担謹卸悌荘τ宝きことが>.歌劇~世間命停の市}勧停併監Jz.
揚趨主主畏れtKa
t
f
. こ Q守で匂ゥコシi手持/z-S:訟?f:s.l}\."恒ことす~tまっ?ミ. ーうち.骨、与打《
利用Iz-!f!手フ z #f慨布 3 トリチりム 1\ 1合娃・降ちゃ,捜階~燦料m トリ 4トウム( i1;'刊'垂涼こ
寒〉の舟犠・持獲 I
a
:
.17倭.汗字flJl..~重孝6誘襲警z..-あふ~<.KvtフIL)\Jð'托12. 安酸か‘文Lー
すLFIZFS ト ')71 1..-:大ロメヲシ -T(C~日持?ト初日領報担E試み. [..-ず-/リるトリ
ケち ω 開立停車齢襲動都,p, z
欧 訪 問J
ヲ 制 金 .~Slz レーサL跡斡得唱脇
被許ε
ずT
t
矛ろ乙と 1
2
.
,
r'
1
.筒潮速度冷樟像敏,樹主芦三甘万弟12
.
官7L
レ推移n格納嘩作
E占zわ樹首純財特訓2ニとき示し1
乏34
〉事12..設慌のし笠 u偉の I
l
¥:
Il
A
'
事T
性味念物の
者軍駐'~'ffícF-フ 1三第事長,ペユ守 71 し,í'\lJ-x::守 :"-T (G.Tfr)t
J
'
. 用じく棋賢助‘文しーす'-/2
J
:I
'.剰芹嘆く局限聴器灰'
1
7
,
2
.
解離可 5こと ε毘
君
主ι
恒
・q) 摩報2侍,こ4A S トリヤ~
A
険物Pl,御棒量購7
神 的 慢 穂 錬 乙 夜 震 機 構1
2
.
つlAZ
'
事長信明.
E喫 駿 ] CHFs(1,・p.-~c) ねい l歩 CzHF云
(b.P. -刊り左 •
Mt
oH緋 ぴ ・ 帥 )2${)左
官ロ乏尼トリチり白水位導λ しZ捲狩す 3ど,キこ奪閉鹿嶋事換陵京3J
'
2
_
J
=I
J
. c;丁目示、ょが
ら T下
"
>t
r
1
聾王将.乙fJICTF.
3
/G HF3i
.
f
h~ l
Ao
oc
z
.TFs
-/C;z_H 宮崎表舎を棋を .M
伎
1容つ芝の1\0.イ L ・3 スザラス噂鰻納得者~1Z.-宣彦事与λ し. T酷 ω
zしーす.:.__b'SdlJDO115'..
[
)
.
'
3 D
.
つゴの I
r
lし
ス
'
/
t
主
主 BdF
2
.
.ι
ユ 丈 Z集車eL
.
-2 謹告すし花.電顎を訴語句協. 1
1
'
又
つ
ロ
コ
ト
n
九
ゲラ 7/2 別お穂l,.費伝導接枝~2・ HAD令書わの.両珍寝室主型開嗣援策 Z- TÆ,協紛の
定量左行存'7 12. 開t l),f}梯倒鳴作多行 lð=::>~乏辛敵視間科と己広較苛3 ニと 12 ,þ 1/. n
I
円L
ヌ醐後の H~t槻肝 v~T1,仁念物帰4~撃 (XT.XH) 左前め. i
隣 組 醸dT=
.
J
,
,(
!
>
(
T
)
/n
加d=(
;
¥
"d
.
H=-b
iとI
X,")
/
n左官め琵.両濫震a
比と ι
z
l
f
j
難絡事量(間住居毒剤l!S
抑 :
:
:
.
d
弧
1
"
1
)
1得:sI
}
¥~.
E
結果ι芳恕] CT
ち/
C
H
F
3葉会場b
。
、 CTF3
~80ω
の容悉隠す予l
i~ d
T
.c
L
t
.S1l}I1IJレーザ土議敏
~nL
J
¥
J60 三
指事推多国 1/2t
r
-す tTF
.
3I~g (C-Fstt
'
.
) ε
~ 1
0 6
0ト 可 ¥
?
'
¥
寸
i
i斗 ¥I
CI
n
~ ~
へ 、 │ 芸
1
2
椅 悟 Lz/
的 0ぱ 持 主 /2幅怠ぃ t
:
?左 者.J 40'
l
STII;./"'¥
ヤ。:
脅ゥ勾定ろ儒禅i
スペク卜 I
し芝寄えし桓.
t
g
1一¥
/←一司、
I'
Q
.
3
5
叶
C
H
小
、
¥
/
¥
1
2
0
言
C
f
fF
3~志. /N/('M( 12.5
注lA/
)
2
.
噂1
l
X
ザ矛@昆
5 占。[
士 ぜf
二o
_
三 三=
0 ,,~,>:::: I
0 ~
め.d
H:
1
さ菊教とと毛主乙毒事略ちむし12- こ
1090
1080'
1070
1060
1050
1040
t
いち捗虚験制ヰE糧輯仁可喜色めf2君主く
Wavenumber (cm-')
集定 ιz陸前 ι古詩聖ε
←あ a官、.妄撃主主
国1.C
l
ち乞 C付ちの浮世ろ解義重住霊君主(
d
r
,
d
H
)
1
I
百
,_
D
レユ文、 ε 聞い F王慶射さと7Tメトゲの最盛~t.
守主アi
し
/
2d
=J
'Srプ'H~ 芳しくお7.1:ニし在。
郁1.nz 間儲猷陛 (<;;.γA) の鴎境教信網~.
L
:
:
;
λ
草E距離 l
'
S醐 1
.
靖
氏
鼎
千
:
.
.
o
.
6
J
)
〔
聖
書
長
.f
.
t
t
J~るVY.
。寺きで手レひち? p
'
とうしゅうじ 7 1
三叶う士かす海,主とd)
¥
O
'
マ廿乏,ど子f
1
J
:
も
寸z
l
tレ
1
8
0
Tニ~ 1
¥
¥
'
.
.
;
,
717-ιιz加 Z dと,
~. 2000~
トl
し字け
r
鳩 山 物 料 CT
'
F
3d
l臨 御 博t
j,
Amli
CTちの解離遼震街角増加と,霊安~S'T/tf の
向ιザ 間 持 陰 献 立 M ・
:
:
r
;
;
.(2CHF
3t
'
I
解
離透重山左押乏 5程的広,鹿尉額料左ド明
3
5
│寸
i
ミ ト
ニ
…
T1H
ぺ l'VCE
/t
i
卜:
:ε1500
1000
/ 川5
3
.
_
<
:
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
l
6~
tAL
山
Iい
?イヌ競尼魚Fレ.佐鰍i'l の勝時z-~ ~;
I!
C2TF
5
_h I~
3ユ 日 制 . 君 主:
J
f
>2あ
柄拘ffE(九tF33h500ト
ムセ
>1∞
寸orr)と霊択t
世($.柏会 1
0
0
0
0
)ガ違N¥ [
l
iぜ
1
1
杓
t
"
8
~
、
ー
ノC2H九
l~- 刷...".
芝恥在。
01
:
:
:
…
~二ア 4 ー
乙z
T
F
云/
C
:
z
.H
行委会偽の.笹定z
短侯E
・.~~ Waven~~b~r (Cffi
→)
レユ文通用lA1乏揚毛~O) t
h,dHが d
=
1
Y
S
'
γ Hの
図2
.Cz
T
f
>~CzH丹倒的解融自壊 (ch, d
.
.
.
)
ιーサ工業教修諺控 ε図Z(7..手不 G-i青 信 郎 防 間 島 腕 獣 性 t
匂初餓ぽ遇改徹創世
140
倒 4利 1
Lz
"
d
rt
J
I哲 太 値ε手 1
.
.
. C7
乃
J
:
:
リ
(
聖
書
I
z
.
.
帥2
ToYl".以箆在韓日制,似玲町二 0・
6
T
)
'
b
'
1
c
Ff
'(
t
s肌 Lきい値 z
解離す喜亡時硝 5在、位 1
J
:
?
1
2
.
.
. 度身守三労升'
}
O
I
轟轟?とε
ねと.
I
ι
zーザ'-",勝憲弱芹 dJ-"(:jフ在ヲt働 μ定 IDP印 1). 併 4.2ctn-Z悟,必輝挿語安(S"刷〉広
初 OJ
:
μ 乞t
r
r引 き ち 1
2.事桝2方1..'p亨ろと 1
D
O
O
)
.
弘主尼fJ::-:>I
2
.
.
. H/D/
了三献治宰 I
z
.つ
υ21;.捜割多行rJ:.フ Z I.A~ .
,
.
.1before
I
①
.
1 944.2 cm-1
①
CT
日/CH
乃 J
d=$
升匁世与板
言
いr
r
a
d
!口t
l
o
n
! __見主 fo~ 10 P (20)
∞
収1之~リ 7\Y4b熔ゆ芸と :CFz
0
4
C
/
m
i
n
.1
'
c '
..
_1
戸
.
_
-・
1
0
ト
du
:一
ー圃ム
u
c
o
:-
1
.
1,~ニ辛口@
ω
③ ﹄A 4
持氏物納骨身[ H~瞥売の時間委
AE梧 ~-,2J:= 1
)竣封 L
.1
2
.
F
J
@人斗川
a
:
(c)
ム
スカベ7 〉ずヤ戸厚手~
,
,
窃
よI @
"
;
J
し
ヱ1
史盟一
1
2
L
① C2HF
s
② c
,
凡
③ CHFJ
@ CF
⑤ CHlF2
⑥ C2HF)
① ClFd
⑥ C)F
-4 ﹂
争1t;.
o "
--k
-q
A牛f2~~ 庄疎物ðlt7ぅ,fþヶ取宰~
1
⑤守山ι
栴 獣 彦 経 射m 移 駐 示 す 。 こ
事ち匁党予得難均常磐e. :
:
;
陀
帰。稜官事色レーザー援牒
20
岨
2白 1078.6cm- ,9R(20)
十t f
L
々の庄司~~が脊主前 â.. (
!
'
)
(
b
リl
歩
C川 崎 勝 繍 , 仰 の 渉
20
③品﹂
:
③ム
i¥
p\':&:.~e γあリ. スカべうちでャー丞
ー
z
礎薫鱗解離 1"2.~~ラヲ力 1レ生
事Dz.fcj:ぃ構会,図 3のよう )z種
(
0
'
)
①
T
C
D
①
BELと﹂ O
再毒事倉 ι'z C.亙 F斗のみち市穆9~
t}\~ . 一
言 ,C'2.T丹 /
c
:
z
H
斥 Z"
r
.
t
.
フ..",1休案砂与彪離震無と費憲
(b)
(0)
。
E
A 創畔昨
甘 I~~;:'" ど JZ:解鱒し.ヲち叫力 lυs
50
~O
①
C2TF
s
③
CTF
J
③
@
CTF
CHTF
2
,,
,
③
C2H2F~
⑩
C洲町
⑫
c
o,
⑪ C,
F
,
附
③
⑮
C2HT巳
CJ
TF
7
20
Retention time(min)
回3
.C:
z
.T
h
/
C
z
.HF
s-愈念物の守ずオガ決102トデラ u.
ω)的機射積特~l附)悌刈 JlDDI\'(~鋤~.(lXc')1O'R.bOÀ: 仰l似.
Y
.f
t
1
AKI
泥,剃ッ x M
胤1
.SC~, T
e
d
tl
1
O
/
.
,
.
1
2
,6
t
!
r
of
.
め0
. 2)Y
.fvMKIDE,
e
t
:
a
.
1
γC
h
e
m
.P
.
紗.ぽ./
s ,/~(jtf81). 3)Y
.M
I
J
どJ
I
>
c
,
e
t
"
,
l
;1
i
t
t
.J:物".晶d14t
.T
5
,
o
.
t32,881(fl~l). 4
)K
.1
ろ 悶J
C
H
f,
e
t
t
J
{
y
1
)
J.d耐 .Physッ弘,許~(l'Ut2.). の κ.明信仰f/, âa..( ・ノ :r.lVucl. Sと~. 7ëdutol ソ~, ~72. (fff('lJ.
6
)Y
:MAKIDE
,
e
'
t
a
(
.
,CLED~I αh~hゆH,J)C'l府'1 ).の K.m必ElJCHI,eta{y z,~aW}r. CJre同.匂.{f.,t.晶司(,t1~ユ
8
'
)Y
.f
v
1
A
K
.
I
D
e
,e
t
o
J
.
,紳
助 工 呼 ヤ.(IJ.s;ヤ ,
1
'
1
8
'
2
)
.'
1
)Y
.M秋 1
DE
,
e
t
al~
8
1
/),が・肱昌也,伊・
3
R
I
0
6
首注射線誘発η(
I
トl
e
(
"
I
1
I
)
間
住
体
安
喚
反
必(
2
)
一総能労春先条 ι
過4
臣家政謬変ゑ ιの凶絞一
(檎女多量)
0中村恭手・長谷川甜考
仰時是正明
(衆城色透析)
耐射線--t~射イ bι1H:Cト1~(征)問位体空機託 7芯建議ボ増長イ右手じ li 1
1
'
イ
まt
j
前が印刷ら札マョ行 l
f
f故射線 l
ぅ J" '
1
. Iよじ ~H , oH ウ狗 lレ I~J j
tl
_
H
n:)ポ生依イゐ伝的
ι婚孔ら札マ、¥1;1グ f
i手O
t
f
Jじの繍,fJ'1寸1
県
苓l
脅a海
1
:
t
-1
乞 正 司 Tも
ま線w..t}lj増よイ右,
t主婦札そ"11 イH!)_.-l~(征)泌総努集合ル珍品号巨額を悲恋魚肉前干千 lぅ,.~最φ 樹新レ I r
線ルポ丸
〔緒名〕
紘イイヲの知県-"i-襖ペ b二じ 1
:
-ょっマ也争茨機 m機構ゐ綾ま才レ化。
〔
夜
要
最
〕 τllr)移悼 lざ~晶 q Ijウ仏乞殺梢鍛マ・婦僻L..-, 11<.戸説場予定競ィ持説働レイ:
;
.
.
1
J国
)
穆紘 d 搬J心事 ι 々l)ウ仏-<í-~車並~柔段々‘務餅レ J マシ dンシイ 4くマサイ白 m 北鰍る略核レマ Z
N議場家統で婦僻レイら e トレ/什--1
:
-,
I
}
l ィ、/づ Iフげ Iレ手〆:千 iレl
う れ マ 世t
ト
1
2t
征)る抽出
稼~レ'('l例}-rJ 切る柄、 , 1~o 瀦掛希~\ま 0‘'3 NHc
.
Q
.0
ψ希
寮
f
_
,
1
i
‘ d1
)
,
.
" 0、 ~N 山 w枠語争議俳句、銅製
レイμ イイッ稚最ß_,I:/成鍛イイシ羅場ltíl 宮司聯 11~基地髪頑張.-f'ト q ~ヲ仏ル続続イトl)守仏色柄
1マ材、¥I 全員手伝 IO Â. l~ レイ~. 1
>
0(0
線得1
'
r線必 O‘'
l
? 6峰銅製射して話 1
芯ゼ¢弘後, 勺
ロ仏鍛勾 l
け
│匂
占
7仏
ヂ
規
花
働
手
諒
車
かl
円ラ手 l
け
1
r
2(凶
叫)イも~/.喰仕脅鯵露レ τ 白
1
,
刊
昔
封
「
赦
器l
'
‘
r~線縁 l令 5 窃
マ
て
叩
'
_
e(は叫
1吋)'t説
t託も)~拡t 吠建t考襲 l杏 (
刊
1
'
H
凶
刷
恒
叫l
日
J
:
;0.170σ 巧t-1~嬬嫡1ft命l- 悼l 少 O ,t.r
ルgメμ川
ι 川仏μτJ 仇勺 化o
l1
"民
主乱でき寄乙揺るの札1 号線古色~α うK t
!
¥1ぅ d 叶ιkαV 内式~閥、\ -t~. ft'
〔絡 1喜子~;fが揖穣 J
l'緑競合も走者免税 1
訟の端緒 1
1~ 111-線~餅 m 呼aefL 同様j調1.. t
'
1 J:弓 l乞~
H
z
Oー 叫 ル → e
.
o
正
レ1,oH,H2,1--12
0
2
乏のれれ中~,仇111_Q br) 生戒也援の
初期説 1
お í~(征)寸 H 一-7 í2(江)_H-j.r
(伍) 稗
t
宇 l会社イ b収奪/匂,食1(.,令七 ¥
1
T~(工)中 oH → TQ(耳)ふ ow
φ
(工) 希 r:J.(iI 説t
i
G
;01音色頑色赦十例 1
. ~札
伝堵伝 1
忌 íHJ[).f- ~12(r)~ r
2
(
1
)バ1.
e
(
立
)(
i
l:
J
:
)
の
のキ
趨β れ f
'
l6
.{
.
0
機7
構l
う乃けそ仇
長r
以前半世(征)詰勺{征)十 i,
e(
u
:
) (知) 私号機7t:最 11,点 l東~"l付乍で
経絡語む 2
T
.
Q
は
)
一- i
.
Q
(
工
)
+1
Jほ)
(枇) l
j
米
の Z乃 1J働時イむさ札~.1f~ 1
.
・
;
t
ゎ
I~ 1 r線議寄る号機語 1主J特犠
タ札 1
au 杉ザレ 1l,H泉重孝そめ ~o
1
h _
i
z
〔
1τ
1
(
1
)
]世
1
t
(
'
W
1
l
[)
)
U
、
1"
:
:
:
;
;
;
;
:
立:/lkfh[T1111μ Yl1j.(1 附 J
I
メ{_1(山L
l
主
I
I
,
Q
r.:[11 )]-0.00375M ,
.
r
4
(
1
食
t
2
4
6
8
1
/
[T
l(
l
)
] x1
O
-2(W1)
@
l2 1<ぜ~ (1)(1f{'!!J佼~J)生
T 過去属議錐者衆生 l
う公 1
1る者機也
最 m 々1ウ L
A護活椛治,J
I
}
1
宮包じ国ち 1
1
1ー
ヲ
,G
C
1.
1IOlqιず..r~
々n
iイ 1
,1
10(.I
字公 11 1
;
}V
R
;
<
1t~/(1..P (r)J
会j:{
'
,
-1
/
(
"
0(
1
!
L
)J
の銅惟伝手し作も η
ん
1
0
川1
関
ヲ
(
1
)
x1;2fA
R~~ の (1ß l
1
l
L
l
J
疲
柳
生
1
0
そ,¥寸れ七必動!を羽てお右。(灯式も
t栃レ1. (~Hえにするビ f
也〆/殺すむ τ
ι ボれや呑。
1.&' 勺\φLう ~J 勺二・ lj:士t がわくいが二・介\じろ芽生所主
8
2
望験絡果
1_
f
R呼
i
を
( 1
もt
i
1
C
中zゆ心 1t
~1(T~(1))
I
1 1 (2)
~1
.'
k
m
:
.
[
廿t
N
)
J1
家
)
.Ij 同 2 缶、 Z が~ヲ勾h-I品a裂の傾きじ毛の宰殉色香
じめ t
とあので街む巧 (2)ヲえやち Z 々の5f掬勾兆~'て古z 凶乱
の比 l
乞好奇 Zじ
がわ付与。全工/も征::::.1
.5古 0.,
21
づま右。
空
域能婦先企 1-;" 伝ìl1 勿 1t~音色震の q Ijウム諸事五.成競
_ 2
.
0
2
.
0
{
~
~
t
/
q
?
?
〉
ω
〉
司 1 .5
0
2
I1
'
‘
q
j
勺 1 .5
0
q
n
0
?
C
E
'
5 1.0
'
E1
.
0
戸
F
E
E
ロ
ロ
)
)
例
吋
O
x
0
.
5
x
0
.
5
[
T
l(
1
)
)
X
l
03(
M
)
[
T
l(m)]
/
l
u
g
x
l
0
-2(
m
i
n
)
[
T
l(m)]
x
l
03(
M
)
[
T
l(
l)
]
/
l
u
g
2
x
l
0
(
m
i
n
)
1
.2
5
2
.
5
0
3
.
7
5
5
.
0
0
3
.
4
0
3
.
5
7
3
.
3
6
2
.
9
0
1
.2
5
2
.
5
0
3
.
7
5
5
.
0
0
2
.
4
8
2
.
2
6
2
.
1
8
2
.
1
9
a
v
e
r
a
g
e
バイゥ媛?主佼議 J
庄
守
o.gト~Hωo 川1~11'1句者締識の
引ウム?腕成正純
3
.
3
1士0
.
2
5
a
v
e
r
a
g
e
2
.
2
8
f
O
.
1
2
図々ル鼠与 1
1(11つづ o.~M , ~
2
三 1
.
2,Lラ04
--]ョO、4叶
, 7
.
00乙
l シ公 11ηRx~/工ωιιf11(1)lfTE(柾D
V'l n月低 4 系イ。ぬa !r. D.柚のイ~ボ
(íi(l)]I~lj 1
蘇銅払 7
・街看ボ, レ
ザレ(イ:R(征)J じ Ij~錦飼~\I う仇右
ユじゃ内 I (1.)式 1-:. 古川 )1 食事ブ~~JIl
1~ 1J右ルキイ量生ル容。つ差t\;1i札
鍛イイ'/i
,
.l
a
iし 11
ィ
マJね-h,.1
之
進
'
"
1
.0 2
.
0 3
.
0 4
.
0
5
.
0 撮
2
.
0 4
.
0 6
.
0
8
.
0 1
0
.
.
0
るR
x
t
J
',建議邑紘t--1
d,何
[
T
l(m))x
l
03 (
附
)
[
T
l
(
1
)
] x103 (
H
)
じ告を,"(
m
柾)
J内長線イ6呼
4
仇
0
I(~~
/r.o,~も1帥[1II.)J
I~材イ'1,]1
組斗 R>c~á..'均附[~)Jド脅すれ'ロザト 胡
ち
口、ゾト íXらOJ7〉れ'〉〉有正じして(~)~1-
、
~
マ
ロ
~
.
‘
S
O
問
H
E
対
tt
1
同1:::~1IL(-nラOljo-t) φ
(lt$
1
l
)
/
主
主
)
ま
(ヲ)
i
QSO q.-I'の佐官x1l't者~k~1司、寸じゅ h\.11 (a,)~ 1
ラ税
5
島崎必イ右 ι(,
?1 孔 1~1J 均。
苫
9
ω
。
者手やさ砂。
Rイぺ州(
1f
3
f
'J
(列島公J
{r(如似/批)を(ル)
バ
y
寓 1 .0
O
Z
杉~.、レレ戸〔ィQ40Ll'-t]
い
1
.
5
〉
~
円
E
〔
ィ
ド
ワ
〔
ラO
.
q
Z
J
E
h
、
0
.
5
日6
砂 WV
MW
徹
川
凶6
0
.
2
a
m
悲
[40ι2-)働争唯~系--<f. ぬ~/rO.b斗じ(手O/.l-1-J ぶ孟話集銅像
0
.
1
ま
"
,
"
。日仏醜
目
昌
報
W作J 0.002切叶y
(刊(柾J
)ー0.00マ
ヲ?M
,知℃じし伝競争 oRÝo~ I
.
r
Q
.
b
t
rC
l
),
K
。
4)
f
F
噂
唱
日吋綿
k乙0
.
0与
t
J0
1マ
ー
(r
i
似〕蛍 (
iH
i
l
I
.
)
)¥
y
ぜL
似1
:
'全1 胡今
、
名 i4
問ちの紡県じ 訪イ右。
~-tら蘭 012' (附]チ O.~ 叶 , ÅJ:::Z.~,
- 0
.
5
も
l
う歩1
I
t (4.)式じ/筑イ右 o
y
iι
内紛県初代乃 1 らOルシイイシ 1
11~ ほ)じ 1f(-nr:: )α 鯛} 1も廿俳)
じi
J
(
1
)の隔の名手そ繰る正
1イ足音色づ必右じ看るのれ右。
参婚女脅R
rνJ1
1
) 0
'.
ι
.C
.
h
o
l
!
4e
.
3
.ゴ
.Haタt
<
'
!時 l ゴ.
A
刊.乙hω ろ
ι
o・
1
2
2
fヲ0
1
2(Iq%)
?
) D
.只 併 問mk
'
7
伽I
dJ
.k
.Y
a
M
d.
z
l, ゴ 同 内 乙h
e
i
W
l
・
/
立L 斜 o
(I%q)
ヲ
) 事 2ち l~被桝兆)1挙制縮会嘩協後f ヲt3o :L (Iqn)
8
3
3
R
I
0
7
単#セしンと荷機 Eしシ仕令物との閉包骨J
を模反応
(,t.里え・衛生)O
J
J
-1
'
1
幸次鶏牢(理研)野崎正
ム盆主
-$.'きゅ短3寺4t主t~和国向往るi ~.;> s
e(T~ =
=r
[
、l
h.)の相識子じ告物会弘法の研究さ有ラ ttla。
- ~-C (
=S
E')一基ま毛? 2-s
e
l
eY
lo
f
Ar
aciP. 6 S
'e
l
en
o
p
u
r
l
n
e を C の化金物の標識は.こ'1/1$の
・
化合物若逸当を港喋中
l
.
" 'J~Seー単体包レシヒ加数寸音ことによリ.セレシ河
e'容易 l
ご棋識す J ::ピザ Z
"タ3 こ ど さ 以 前 報 告 LたPまたセ
f主体主主骨芝生
L シどイヒ挙制 τ
l 類似<l)1
1
生噴
き毛つずオウの単俸と 2 ・ sele 脳~ra Cl.p左足 J己主ゼ Z と ,!2 -sele円山 raàPの f オウ類似千じる物 zいあ
~ .
2
ー
サ
h¥d(
,
.
t
r
ao
<
Rt縛 Z ごとも庁、 L 走。
この及応 l
ま.すず・ l主義ロよサ1τIIJ .2.-叫ll' o l}.racJと~f:t.
2
)
イオ勺 -~S' l
:
.
司 i
司f
主体主犠"主:1 35"$
'
2
+
)
.
ωur
a
.
c
J さも託守'31
&i
I
己主ごちも仏温ず LO、もす
ぼ や く 昆 脅 す a ::主主以前宏、 LA. ,2-+kì 叫raclQと単体乞しシ勾忌f't,も符ラプニ力、"if.J~奇 L 7
乞化
合均.:2,-句lenour~ιi.R の生ぷ lま認め 3ψ1 ず原粁}JY' -*'及品のまま 1
司I
I
I古制定。
今回 lまよ記の:2-s
e
l
e
n
o
u
m
c
U乏 用
,
N-C(,::Se)ー差のゼレシ原与と単体-e.レシどり鴎1'5l:
l)τ-
住用:x検尽かれ単体イオウとの反応悼 1
<
'フ、 3 で重有力嘗酌Jfx.~叔t,\l乏試~.比較検台市のず
報告すi30 なお、色しシ j寄古体安按の研究~:. '
1
SS
J
i:
'12Oc
l)丞用、}及。
e(l
2. 望験
日 e
l
e
h
O
ωr
a
6
JI
t soawme
'
匂Fがn
u
i
o
.
ω励 ど おl
e噌 抑 制 と 。 縮 会 に よ り 会 民 LプE
.単体包
レシぷダザS
e-単体全乙レシは N
I
l
,
z
Q
>O
u
t1}" 'lS
s
eN
l
.
!
F
e
oらさヒドヲグシ官、単伶t.レシに革ゐ t,
ニ誠子と農義 z
'
拍 必 ず S ご と に 友 リ 調 製 l1
五,イ色の読書を l
主 常 法 に 純 日 絹 製 L定。
ヒ・リアシーニ成1't.)
.
提
案 C1;1)混ゐ落蝶差すべ‘ての段見 1
,飼いた.反応は封管中.認証丘下で
者ヲた.互主義‘期多tl..、湾謀さ減圧下 f 注是;F-イ除いた綾.得 3すf及
品
・2
主
主 o
.OIN-NQOl
z
'
、ヌ容す L ,不悲書Pl
')
.
.
F
別 l 定. 5
1走中の,2-se
1
&t
1o
t
l
r
ac
.
i
.
R.
d
¥
が 2・+
hiou'('d, c
i
i η 令声援、定量 l
主.
高 志 戒 体 ク ロ マ ト グ 亨 フ ィ - ~hodex けc- 12SS,)
f
(
J阿ー凶.2HP0
4,-1
<
陥P
仇 (
t
f
t8,
0))~Wab)!,.
3
0'
C
, 輪 出 器;
u
v仇 =2541'1剛)]I~ l
:,た。介離 l 定 .'lSS'~-2- s
e
1
el
'
lo
u
r
t
l
c
t
i1
まウエル型 N
q
工(
T
P
)
;
. :;.サレ一三呈シ験お器 1
:よ リ 放 射 能 乏 剥 定 L .J
ヒ放射能三求めた。
r
・
立与.盆呈
5
1
1, 2-s
e
l
e
n
o
u
r
a
c
i
l ヒ慣$e-単体色 L ン 勺 瓦 ,
:
I
f
ごり反 Jも I~ お,. ¥1τ 、
'
l
t
's
e-2-seleYlournci.i勺凡詰射能('X:ct同 1
/
1
"
1) の 単 住 時 間 主 リ の 増 加
辛内仰は初期の秒台e-単体セ!,..;..の比放射能 (
F
;.
cpm
ん)と 北瞬間後の'lSSe~2- s
e
l
仰 勾 附d
の上ヒ誤射舵〈筑
c
t
.
.
l
t
1)
どの差 I~ 比i$1 す S ことさ安易を!iÿ l ,兎\1 1;'l~.
寸。~~
=た (fi-X)
jel
ま
浸
I
/
i
;l
皐震定数(、時C-1
) (.いあ
a
t
すま巴向者さ得 3
.
.
)
Z
'
者
、
(
1
)
Z。初期全丹 C
t=
.
oのとき
n r.
::句朗~言法 i:
'X主
ず):
:k亡
J
j
'Jfオフ亡う r・JFf予
ご 3 ・ η -:t'きただし
8
4
α= 0 ) 左岩虞 l"
{t
!J.
iε靖{J
(2)
安喰議果;gL.2) 主 I~ :l通用すまと反応時間 tと ー ム (
1ーち令)ヒ勺胡/::1
オよ川岳線関係 t
J
'
"痔 Sオ
1
L:
l
)
'l2
-S'~le町o lA rn ciR 句濃虐さー定 I~ L ‘単体乞レ去の濃庖芝:2.ロル'
0
.え>(/(IO
ち向。問 τ
-
免。
位〕式苫調パ‘元議泉.単体セ[, ;,の寝患ヲ増太 lこ徒,て童度定数民乞増えずヨミとゲ、オ7ゲヲ
メ:..守~ z、'13) 或に庁‘すよヲ I~ω 者 9 童患;t;,に (CH2 ゆ令仙の者握、きした結果.図寸 lτz、
すよろ l
て色レシ濃産 1
: よよず主
H
遁線開環さ宏、
L ~o
:
:
:
ご τ、
、
持l
ま重量史哲 (
.
i
んw
l
s
町 )
z
'
あ
, 3。
b ム (
一)= 附
一 α+
言2
了
1ーす
ω
印j(I
t.2,-剥eηo
l
Ar
A
t
L
f(.2 .~6Xω-3 門 )l“単体セレシの濃度 b"・
2.53rv0.2時 1
0
今 門 の 能 回 句 と き . 安 験 緯 果 と よ り ー 菱f
き示ず。 ω 訴さ用 uτ. 噌宇の温蓮 τ・‘度尼芝"!t~結果
(
k リ除草*め法性f
ヒエキ It..ギー差点め
:<I~
τ司t ð と~勺
200L k=0.084(1/mo1 ~〆c)
反応勺治拡 (c エキルギ -4EIま 21.skω~/岬f t、あラ ~o
3
-,
22
・r
e
l
e
n
o
ωr
a
c
i
i~単~イオウ句 &71己
ご
単 体 セ し シ ば 川i
Ol
.
fr
acPと垣島 Lを¥¥ ~と灯、 Z の
J
100
反主 It 不可並足 ~τ‘" 2
s
e
l
e
n
o
u
r
actRヒ単体イオちの魂蓮ー 1
,
.
0
に 此 制 1 7 進併す~ l::考 L~ と ω £の主ラを遺産式芝
得~
o
I
^ b(ct-l):') =let
一一-,j悦
t
¥- b
IHb-:O
日
I
N
。
。
(4)
20
40
Time(min)
Q
>b; 各マト s
e
l
e
r
ll7lAr
aeU> ~活保併ウの和期模農
α
: 生 以 1 た 2-->>iouraci.4の濃度
、
持:痘怠定数 (Jム~珂c)
仰ぎに~験結果芝車淘すぎと.圏 -2 民不す占7 ろに.&成‘
ど
t験 蕗 果 の 間 1:よ
'
1
-郵 V 思 ζ 唱
'
¥~
0
事実権毛@温
1
0
0
1
J
iτ
.&t.さ住、池峰<tエキルギーままめて砂まと.
の忌品。治性化エキ l
レギー 1
す1
9
.
'
?kra.Q,ん~'l・-ぁ,
1
:
.0
k=0.OS2U/mo1 se~
"
"
"
"
"
'
:
<
1
:
<
111
~\ð
丘益重L
,
.
01
'
"
よ誌のコヲの及 J~ 司滋性化工 ~Iしギ‘ー lてつけ ('1立、
大きな差 F官官・め 3 骨1な " ::どヒ. .
2
・+
l
t
l
o
u
r
a
c
t
e どデオ
v
うの周註Itま胡ぎi.す、 1~霊度以之 Z~ .
2+
l
u
'
o(
.
.
!
l
w
i
Oに 単 体
セし P ヒ瓦 f
i
i
J;
:
tt
!
:
.1 も,2-selenoumaOの生ぶ f誌 の S併
な u てと~ ~ .局者句反jk.1
才2
s
e
l
e
n
o
u
r
官ι
i
1句宇史性 J
]
"
‘
が 大 き て 帯 響 Lて l) aモ の と 寿 え 5寸1~"
立繭f
1
)小川,瀧,野崎,矛訪問蛍勇サイセ均台封論金字起草..
21
0
α怜 1
)
α
e.
C
" u
n
.~全 .4-013 (1守的〉
.
2
)J
.N
dr
(
>
'
t
'
c
k,e
t
J
.(
'
,1
.
1C
.
z
e
c
h
.
.
岡
岡崎
8
5
ロ
.
.
l
50
3RI08
壊状有機化合物 ~T交換反応機構-T の同位体勧粟 ι 濃縮
(索北1(握)
喜原理トニ
0対野主史
ぐ緒言〉
環境および生体系τ
lおI
tゐ T
t
i
l弟牢色調べ・ゐょで、 ト YチウL..¥ボ ( H T O )のイヒタ向挙
動 i志す容は巾題であゐ。え i二
j
著希う l
宮、=老長L
背般の誘動1
本マウラシ 1
ν 主用 I
Iてト Y
チウ Lヘ
水中におけゐ ?Jく t 用位 i本夫棋反応工報f告レ「こ J〉今回 i志 T(?)~葉識体重、実 4お本向の兵 t~枯の
建 υ 、ハメットの酸度期救I:-fJ闘 1
家主起だ、反応機構"t.説瞬すゐ。去にピロー ν
j-ik
.の2
オ日系いお l
1ゐ丁チト面白仁之調だ、その同臼i
埠お築工測定し r
ニ。加え:.t
.
:
.宿積赤媒、ピト}レ/
れの沖積比、反応崎向の男~J害工殺討しTこ。
〈実駿〉
①ヲモ秘付討;験管(去に I~? ノ
:
.7.)レ) 1
: HT 0 > 10 m
_
Q (~I 0 c~ t入れ荷機化ふ物の
結晶薮百川'a r
.
落
解
マ t 、1
J
互遇措1 80 主 o
.
1o
c中で反此させに。一定時向後取り血レ τ命
却 ν、.it結晶工< 9:i亙レ(< !)回') l:ヒ泣射乾力1・一定ヒ tq' ゐようにレ T二。結晶薮十lr1~ i茨
体シンチレーゾヲンカウンデー(AQ
o
ka
. LS C 90 J型J )で ~Il定レた。使用し t :Ai 雄fヒ
イト物 lま o
,
"
}説
。
ーJ m
e
t
a
.
.
)}
x
lぽーとドロ守シ安住す説、喜鬼す酸、 o
r
前0-'
)Dロキ息宥謡、
ウラジν
}であゐ。塩酸濃度 1f,1におワゐ夫襖反応,速度定数 λ Eそれぞ‘れ51'(め tこ. ~ /'こ場面支
法度t, o.1-6Mk
.
レ
、 λ1:17/する蔽壮度の勃果 L言
問
ペ
‘
「
ニ
。
②t
:o-}
レ-7
/
<
.
) t.u- IVーシクロ八キサゴー 7
)くな ι
"の 2潮来 L いくほベノレ、一史時向
4
安'
1
<
相と有機相にら離レに e オく相 i
す理入レていゐ J有機物主 l
玲さ、荷機相 1
d
_?
}
<
A
トL臨むしに
mちそ d 一千P
芝戒体シンチレーグヨンノ?ウンイタ - z
.
.測定レ「こ。
〈結果 ι場紫〉
表 fに清機化会物の丁丈捜及d
色i
宝庫定数 λ ヒ反応条汗乙まヒめ fニ
。
四 cooH,
-oH,
-NH1
f
:
.
e
:
;
n
l
'
(来iむ)くヰi
7
紳で‘ずかぞ官、 l
こ平衡 I
:
i
;
妻
す
ゐ
。 ご
こ
で
で
町q
弐
む痕
J
E
富
f
閃の主穿寄京恥iこ結手令トし τいゐ 水
y1
<
.
く奈に
廷
湖
目 し山
r
:
ニ
。 λ
川瓜
jJ 入
A.=1
ν/乙 .~仇仇(川
A向∞/刈
A 伺一 A
れt. )い申か、ら計持算寸札
Mゐ。 ん
A
∞叶
i
苫
什
与
乎ι制
制倒
]
J
r,
持
、 Atほ
I
s
反 表.
i 嘆状‘肩有機イ化ヒ令物の面酸受触媒(;:ごよ
応時由 t{
:i
J
'
_
.• ••
._
3
けゐ若手数{ヒ令
p
ound
r~-"-
W
eight
.._.~..(
m
g
)
Exchangeab1e Hatoms
240
1.60 + 0.30
2
4
4
.
1
240
1
.11+0.18
3
4
6
4
.
1
240
1
.
7
1 + 0.28
2
4
250
12
8.2
528
0.05
(
1
)
5
80
1
2
8.2
240
150
1
2
8.2
3
シ安息すi
疏p?
p-HOC6H
4COOH
300
U
r
a
c
i
1
Rate constant
8.2
300
レいが、)11.ヒドロキシ安
(
ml
) (fCi)
Time
(
x
1
0・ min)
m-HOC6H
4COOH
λt夜、設 i策
C HCOOH
65
回向でほ I~'卑 o-C1 CH~COOH
6
"
5
~H
(
h
)
物川りけ干能
?・みゐ。 0-,
p- じ卜 i
コ
キ
o-HOC HCOOH
64
o
H
っ
"Z-
4
φ
b王損異肉下間位 3
体本交捜反応‘遺皮定叡
100
1
2
6
t、らのなレふみ・よレほうけんじ
86
H atomsA
畑(個〉
4
81.3 + 2.7
2
LHCQJ/川
史を磁の λIJそれら CIJ 2/ヲ程度であゐ。令足音
0- I 0 ロ守息菅 i暖 l ;t[~ピ κノピ交換しば 0\ フ
峰
、
3
-2
.
0
2
.
5
2
1
.
5
"
"
「ニ。ウラシ 1
V
1
J
:λ=(l
J
'.
I
J土0..27)x1
0
γみじ
t
t
oq
tの孝之 k一
ν
1五7ま畏4
生l J
致 す ゐ 。 ウ ラ シJ
し
I
I本ケト-_Lノー
•
亡4
Jヘ 司
d夫嘘iIs[こあらわれゐ向ツ主高 Z るつ炭
4'
きわめて速 l)0 ご の よ ウ に 入 /
;
t t7)-i行、安I母体 I~
請
宅
内t
1
1,
J
く更のう
I
?T ヒ衣換可能ほ数 1;
1
、 o-)p- ヒドロキ γ安 息
詰
=
政z
.
.
/
ま2鋼、 m
-t_ドロキシ安息?青 l蕗 ち は 3個
で あ る ご じ E荷 認 し t
:。 ご 札 は そ れ ぞ J
しめ S~ゐ物
で実rJゐ f
l
1
.1
. ヒゐこ乙ボわ相ゐ o
•
ー3
D
こ
グる佐主 f
色村 f
ヒすゐ。従フて議識位置 l
ま?支のよう
。
0
.
5
Ho
i
こ干を産されゐ。(矢印め佐置〉
oH
QH
.
.
首.~M'"
H
o
o
cl
Q
J
、~COOH
T
↑
01
1
回イ. p
H
O
C
H
4
(
'
O
o
Ht
7
JQ
"
8λ I
'
S
.H
o
o
0
、 Á IIf'"
H
・
“
人
N]"
-H 、
rgJコ
o
o
H
p-ヒドロ守シを亀脊酸ヒウラジ l
Vt
7
Jλ
tこ対すゐ
酸j
震療の動果乏固 1,2仁元レ「こ. l)す 札 ψゐg
万1
1
.
ハメ
γ
トの誠展開故(.:つ川て良、、茸線開段 1
:J
i~、
品鮪資銀 Lウ 1
1ゐ = 川tわ官、ゐ a
問i31
乱げロー I
Vι永の丁 φ 面E
此主千下していゐ。ふ
雨乞比 O
CI.P):' 式'布、~:t(められゐ。
2
竺
~
。
zx[toロ - IVt?')放射能/m.oQJ
(
)
(
=
E 水 同 放 前 能/ r
n
o
.
Q]
ν
}ヒ水のイネ積比に i
f
<予言レていゐ。
災直ほと。ロー
4
ピ
-2
ロー』ν1<1.ジアロ八キサンに洛17 て ll~ 。レイ7、レ、
y クロヘキナン l
ずのじ。ロー】し濃度内
<
rさぜて長
H
o
。
国2
. ウラシ}レの..Qo
@え v
.
s
.Ho
ぽ涯 r
i
J-定で均マ「こ .
(
0
げロー ν/
水] I
定一
定l
二保持) :
:
.
j
L¥
;
.
1í~ .
11蒋予言ヒ要 r
Jゐ 結 果 わ
0
であ y 、明味ある l可書~t.-
(j
'
.
4
-
えiQ 0
参三号文南五
1.村野宮史,伊;!fi
!
i
5
蔵J 古席賢二y
第
4
'
54
寸
+
A
込専旨ー某,
ヒ
日i
2
.M
.C
f
e
l
iY
¥s
b-1
どa
z
.i
mierC2uk,
守
:S
y
d
l
o
ω
s
k
G
/V
uk
/
eoni
,
k
a
.)ぷ J /凶
•
(
/
'
1
'82).
,
( Q8o).
O.6~a 戸
!
J
0.
"5
.
'
.
0
Eヒ
。
ロ
ーl
レ]/[*J1
卒
キ
賞E
じ
国:3.げロー}レ-'77
0
八ヰサン-7]<.奈の T7
ト配t
仁
8
7
/
.
$
Fly UP