...

死にゆく主人公 「雪佳」 の魂の叫び。 にの選択は、永久にナシだよ』

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

死にゆく主人公 「雪佳」 の魂の叫び。 にの選択は、永久にナシだよ』
死にゆく主人公 「
彗佳Jの 魂の叫び。
Fこの選択は、永久にナシだよ』
「
皮肉なものだよね 死 んで初めてわかるんだよ.生 きてることのす まらしさ。
死んだほうがマシたなんて 絶 対にウツ 人 は 生 きてさえいれば き つと何
かが始まる…始められる 何 があっても死ん じゃため 縄 対 1登校拒否だつて
何だつて 生 きていくためにすればいいじゃない 死 を考えるくらいの勇気が
あるなら 自 分を休ませる勇気も持てるはす 書 になって季節が変わるように
時間は絶対圏まってはいないよ。人生も同 じ。今周りにいる人や環境が自分の
人生のすべてみたいに思っちやうけど ほ んの一時の出来事 寂 しくなるほど
どんどん変わっていくよ 人 も周りも め くるめく季節のように J
■あらす じ■
ある中学校。どこにでもある富休みの教室。ひとりの生徒、喜佳 (すいか)
はふらふらと窓の方へ向かう。 「
キャーッ │」クラスメイ トたちの悲嶋が
響き渡る。自に舞う彗佳のからだ。 「
ああ…これでやつと地獄から解放
…
…
される 祈りながら眠る日々は もう、おしまい…」彗佳は、こうつ
小やきながら着ちていく。
病院の 一室で彗佳は、不思議な光景を見る。それは、呼吸器が取
り付けら和^た くさんの機械に取り囲まれて眠る、もう一人の 「
私」。
そう、彗佳は誰にも見えない幽体となつて浮透 していた。
幽体となつた彗佳は、この事件で騒然と している学校へ行き、
もう一度、人生や学校生活、友達や家
族のことを振り返る。そ して、彗佳
の回想を通してどうして喜佳が教宝
の窓から飛び降りなければならな
くなつたかが次第に明らかにさ
れていく…。
当時14歳だ った作者 林 蓄欄
さん によってきかれ第 18回
小学館パ レッ トノベル大寅
審査員特別員 を受賞 した
同名小説のアニ メ化。
■著者紹介■
林 意 樹
1 9 8 2 年 3 月 1 9 日 岡 山県生まれ A 型 1 9 9 7 年 1 4 歳 の時に言いた本書
て 第 1 8 回パ レッ トフベル大営香査員特別負を受賞。
現在は同山県 にある実私立女子高校生て 片 道2 暗 闇の追学時間を利用 し
て大好きな前内昌長さんや新原みとさんの本を読むのがすき。
題昧は言楽鑑自て C t A Y に はまっている。得慧科目は や っば り国語
数学 と実吾はち ょっと言手
●お問い合わせ お 中 し込みは
目回文教事業部
〒146-3502東 京都大田区仲池上 1-17Ⅲ5
8558 FAX(03)3726-8626
TEL(03)3726‐
北辰映像株式会社
:2干
雛覇空
璽宙
ド
舗岳
Fly UP