...

フランシス ・ トムスン試訳剛

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Transcript

フランシス ・ トムスン試訳剛
(19>
フ ラ ン シ ス ・ト ム ス ン 試 訳 四
(
光 な き 洞 穴 の中 に 沈 み な が ら も
夕 日 に寄 せ る 頒 (
後)
埋も れ た樹木 が
ど う し て光 の使 者 と な り 得 た の か 。
激 し い雷 鳴 の仲 間 は 、
大 地 の 模 造 者 達 の仲 間 や
地震や
天空 に みな ぎ る霊気 の世界 の
ゆ り か ご の帯 を揺 り 動 か す よ う に、
タイタ ン
逞 し い巨 人 の 腕 の中 に抱 き し め ら れ た 。
黒ず んだ鉱 山 の黒 き鉱 石 は
黒
川
鍾
信
147
(20)
血 紅 色 の 雑 草 の中 の
火 を 焚 く 時 に欠 く こ と の出 来 な いも の、
そ の鉱 石 の容 貌 は
半 ば 神 聖 な る も のな の か 。
され こう べ
枯 れ た 樹 木 の燭 霞
汝 の ごと く
鉱石 は
滅 び た暗 の 世 界 に埋 葬 さ れ 、
寒 冷 や 暑 熱 や暴 風 雨 や
山 と な す 天 地 万 物 の へど ろ が
鉱 石 に炎 を 与 え た の だ 。
倒 れ た樹 木 の 上 に お お い か ぶ さ った の に
汝は
色 は 濃 い深 紅 、
美 し く丸 く縁 どり 、 そ の芳 香 は
キ プ ロ ス島 の あ ら ゆ る 大 お け か ら 流 れ 出 る
芳 し き 香 よ り も は る か に強 烈 な 芳 香 の ほ と ば し る
つ た ま く ぶど う の そ れ 、
(21)
146
ば ら は は る か そ よ風 に緑 の葉 を 揺 ら し
こ の華 麗 な ば ら を 造 った の は 誰 れ な の か。
見 よ
黒 み が か った頬 は赤 く も え
こう べ
そ の重 き 頭 を 揺 ら し て
己 が 芳 香 の新 し き 酒 を飲 み 干 す 。
誰 れな の か
真 昼 の静 寂 を 乱 す 。
ち り に 悩 ま さ れ い ら だ った羽 虫 は
迷 いて飛 び か い
ぶ ど う に消 え ゆ く 雷 光 を 与 え
虹 彩 の輝 き を も った オ パ ー ル に歳 月 を与 え し は。
チ ュ ー リ ップ を 飾 り
水 仙 を色 どり
さ て は水 に名 を 記 し か 弱 き 姉 妹 な る 百 合
六 月 の炎 の 中 に純 白 の あ お いを つけ
炎 を も った そ の 頬 に 情 熱 的 な 秋 の 口 ず け が 訪 れ る 前 の
澄 刺 と し た 乙 女 の よ う な新 月 の 如 く 冷 た い
145
(22)
か の百合 を白 く染 めた の は誰 れ な のか。
汝 は す べ て の喜 悦 と幻 想 の 上 に
光 の 王権 を ふ る う 、
美 は 汝 の ま な ざ し の 中 に あ って こ そ 美 し い。
花 輪 で 装 った 快 活 な 乙 女 の よ う に
大 地 は そ の 聖 な る舞 を ま う 。
今 や
汝 は 己が 王座 から振 り落 さ れ
汝 の 箱 舟 の前 に
だ が今 や
絶 対 支 配 の権 限 を 失 い、
没落 し た汝 の赤 き光 は
汝 の 与 え し 贈 物 を 踏 み に じ った
イ ベ リ ァ半 島 の ぶ ど う の球 い果 肉 を踏 ん で
風 吹 く 空 に煙 と な り 炎 と な り ぬ、
ぶ ど う 園 で迷 え る 足 が
そ の汁 を 絞 り 出 し てし ま う よ う に
す べ て の滅 び ゆ く も の や 丘 や 小 川 や木 立 と
悲 しげ な音 をた てて吹 く風 が 出会 う のは何処 か。
(23)
144
海 の哀歌 は何処 か。
風 は ア ン デ ス の 高 地 を 淋 し く さ て は ⋮激 し く
吹 き 渡 って 己 が じ し 歌 う の に
汝 に は な ぜ に哀 歌 を 歌 わ な い の か 。
す げ の 間 に生 殖 す る 水 の精 ナ イ アデ スや
ほ の 暗 い 青 ざ め た 泉 の ほ と り に い る ニ ソ フ は 何 処 へ。
木 々 の 中 か ら お ず お ず と 見 つ め る の は 森 の 精 ド リ ュア ー ス か 。
岩 棚 か ら 谷 へと 光 を 張 り 出 し た の は
山 の精 オ ー リ アド か 。
風 に 吹 か れ て ぬ れ た 巻 き 毛 は そ の顔 に か か り
そ の姿 態 は 魅 惑 的 な キ ル ケ ー の優 美 にも 匹 敵 す る 海 の精 ネ ー レ イ デ ス は
飛 さ く 大 波 の 上 を つま 先 で 歩 く の か 。
精 霊 た ち の悲 嘆 は な ぜ に衰 え 、
精 霊 た ち の 巻 き 毛 は涙 を ふり ま き
彼 等 は 吐 息 し て 長 い外 套 の裾 を 引 き ず る の か 。
143
(24)
お お甘 く
悲 しく
美しく
わ れ君 が 飛 び ゆ く 毛 を つか み
彼 等 に夢 を は せ る の だ 1
汝ら は
精 霊 た ち は わ れ わ れ よ り 逃 れ行 け り 。
君 が 眼 を 自 分 の 方 へと 引 き 寄 せ
空 間 が あり
欠 く こ と の で き ぬ公 正
汝 ら は消 え ゆ かねば なら ぬのだー
お お古 い
(2)
魅 惑 の 弦 を も った ﹁音 楽 ﹂ が
そ の 屍 を の こ す の か。
こ の 地 上 に 生 け る も の と 光 を 放 つ も の と を 造 った の だ ー
か って
そ し て我 々 の抱 き し め る 欺 き の 腕 の中 に
見 よ
か
彼 の 亡 き 妻 エ ウ リ ュデ ィ ケ ー を 死 の 世 界 か ら 連 れ 戻 そ う と し た 時 、
彼 女 は徐 々 に消 え ゆ き ぬ、
そ し て そ れ が ま さ に成 功 し か け
妻 は わ が も の と思 いし 瞬 間
彼 の理 性 は
生 れ 変 った 美 し き 妻 の 熱 烈 な 口 づ け に す ら
う ち震 え
(25)
142
冷 た く な った 死 体 を 抱 き し め
それ は
魂 を う ち 捨 る。
ど ん な にす ば らし く見 え よ う とも
人 生 の す す り 泣 く 雨 の 上 に か か る虹 。
何故 にわ れ わ れは断 え る ことな き苦 し み を切望 し
消 え 去 った 日 の ご と く 。
す べ て 死 す べき も の に あ こが れ る の か。 あ あ 悲 し い か な
いや
わ れ わ れ す べ て の詠 唱 は 衰 亡 の花 の 冠
こ の消 え つ つ あ る 私 の ごと く ー
地 平 線 の近 く は 鉛 色 に かげ り
黒 こげ の大 空 が
重 く 冷 た い陰 を か き み だ す 裂 け 目 は な い が 、
た だ 一つの裂 け 目 か ら
強 烈 な 目 も く ら む 輝 き を の ぞ か せ て い る、
そ れを背 景 にし た丘 は
平 たく くす み
永 遠 に 立 ち 向 った 生 命 の よ う に 黒 く 立 って い る 。
永 遠 に 立 ち 向 って い る の だ ろ う か 。
141
(26)
私 の中 で炸 裂 し た光 は
ゆ う う つ な 心 の 黙 想 の う ち に 焼 え さ か る。
おお祝 福 され た太 陽 よ
登 り か つ沈 む 汝 の姿 は
も は や私 に疑 いを いだ か せ ぬ、 私 は 捜 し 求 め
も し 汝 東 方 の海 を
堂 々と 踏 み な ら し 、
あ る い は 金 色 の蜜 蜂 の よ う に
そ し て 見 い出 す の だ 。
そ れ は 従 う も の で あ る。
西 の空 を 刺 し て こ れ を 真 赤 に怒 ら せ る な ら ば 、
かたみ
汝 の 地 位 を与 え た の だ 。
ヘラ スが ア ポ ロを讃 美 す る以 前 に
汝 は創 造 主 を 心 に描 き
そ の創 造 主 は
天使 な る汝太 陽 に
西 の空 の 十 字 架 に
汝 は 創 造 主 の象 徴 の 記 念 で あ る。
汝 は 創 造 主 の如 く
(27)
140
ス
ト
汝 の額 の よ う に夜 に下 げ た が
恐 る べ き 血 の 壮 観 と し て か か って い る 。
キ リ
血 に よ ご れ た創 造 主 の額 は
再 び わ れ ら の 地 球 か ら 去 って行 った。
再 び そ の光 を 上 げ て登 り 、
復活し
ス
ト
だ が 地 上 に 沈 ん だ と同 時 に 天 に登 った の だ 。
キ リ
か く て創 造 主 は 己 が 死 に美 を 与 え た 、
沈 み ゆ く こ と は 登 り ゆ く こ と に勝 る の だ 、
形 態 が受 け継 ぐ す べて のも の のう ち で
そ の価値 にお い て
誕 生 は そ れ 自 体 の中 に死 の芽 を 宿 し
死 は そ れ 自 体 の 中 に 誕 生 の芽 を 宿 す か ら で あ る 。
地 に落 ち た 樫 の実 は や が て木 と な り
何 物 か 死 なず し て
し だ が 芽 ば え る時
何 物 か 死 なず 。
何物 か生 き ら れず
し だ の木 は 朽 ち る 。
降 雨 は緑 の草木 を育 む
何物 か生 きず し て
139
(28)
大 空 が 逃 亡 者 の如 く 消 え 去 って し ま う ま で
変 遷 の 秘 密 の 根 本 と な る ﹁時 ﹂ が 干 上 が る ま で
﹁死 ﹂ は ﹁誕 生 ﹂ で あ る 。
こ の 世 で ﹁誕 生 ﹂ と ﹁死 ﹂ は 離 れ る こ と の 出 来 ぬ も の 、
曲
青 白 いかす か な光 を放 って
﹁誕 生 ﹂ と ﹁死 ﹂ は 二 つ だ が 一つ で あ り
終
今 や も う 一つ の ﹁歌 ﹂ の 太 陽 が
荒 涼 た る海 の よ う な 私 の 魂 の中 に沈 む 。
一歩 近 ず き て 見 よ 、 私 と ま だ 明 る い空 と の 間 に は
そ れ で も 勝 利 は あ な た のも の。
や つれ な が な が と 立 って い る 。
お お十字 架 よ
最 も美 し い こ の野 の 中 にし っか り と 根 ざ し て い る。
十 字 架 が 予 言 さ れ た悲 し み と し て
あ な た の根 は
天 上 で は あ な た か ら光 が 発 す る か も 知 れ ぬ が
こ の 地 上 で は あ な た の 恐 し い象 徴 は た だ 影 を も た ら す の み な の だ 。
(29)
138
あ な た は 刈 り 取 ら れ た喜 び の重 き 束
そし て
刈 り 手 は そ の 重 み に耐 え か ね な が ら も 持 ち 上 げ な け れ ば な ら な い。
(4 )
そ う 一人 で 背 負 って 行 か な け れ ば な ら な い 。
そ う だ 、 わ れ わ れ は天 の大 な る 耳 を 聾 す る ま で 泣 き 叫 ぶ と し て も
(3 )
私 た ち は あ な た 十 字 架 を背 負 い
み
日 の あ ま り か ら 借 り た の で は な い。
む な し き は シ モ ソ。 対 蹴 地 の
我 々の夜 は
つ
み
だが 己 が重荷 より 逃 れる者 には災 いあ れ
つ
おお や さし き淑 女
マリ ア さ ま
投 げ 捨 て る 堕 落 は 押 し つ ぶ さ れ る のだ 。
だ から
十 字 架 の き び し い 掟 か ら そ っと 庇 っ て く れ る
や さ し い お方 よ 、 ど う し て も 口 を 大 き く 開 か ず に い な い
傷 口 か ら 血 を 拭 って 下 さ い。
137
(30)
﹁見 よ
日 は 昇 り そ し て沈 み ゆ く と も 十 字 架 は依 然 と し て 立 って い る
私 は お 前 に永 久 に喜 び の光 を 残 す の だ ﹂ と マリ ア さ ま は言 いた も う 。
そ う 、 遥 か 向 こう の空 は今 だ に 昼 を 思 い
そ の棺 の 上 に天 の花 を そ そ ぐ 。
向 こ う の 雲 は 焔 の ひ だ で は っき り と 縁 ど ら れ て い る 、
そ し て も う 一度 空 か ら わ き 出 る の だ 。
美 し き ヴ ィ オ ロ ン の 音 は ハー プ に 合 わ せ 没 し ゆ く 落 日 を 嘆 き 悲 し み
そ れ は喜 び な り 。
己 が 苦 痛 と 共 に あ る メジ ュー サ の快 楽 。
そ の ハー プ の 悶 々 と し た 咽 び 泣 き は 狂 お し い ま で に 響[
く。
おお
エツセ ンス
す べ て の苦 し み の本 質
こ の魔 法 の 玩 具 の た め に涙 を 流 さ ね ば な ら ぬ と し て も
私 は そ れ が も た ら す 魔 力 に対 し て 感 謝 の念 な き を 得 な い。
(31)
136
私 の う ち にあ る か よ う な 悲 し み に対 し て さ え 感 謝 し よ う
い や そ う で は な い。 魂 と 空 と 音 楽 が 一緒 に な って 血 を 流 し て い る 時
私 は
そ の 悲 し み の 羽 が 風 に 向 って た え ず 動 く と い う こ と は
そ の悲 し み が 不 滅 の種 類 で あ る こと の証 な だ 。
魂 は
私 の魂 は 死 と 隣 り あ わ せ の失 神 を 免 れ た が
月 か ら ﹁わ が 姉 妹 よ ﹂ と 言 う 言 葉 を 聞 き
や さ し い星 座 の 口づ け を受 け る ま で は
タ 日 に寄 せ る頒 (
前)﹄ (明治 大 学短 期 大学 紀 要十 五号 に掲 載) に次 いで、 今
癒 さ れ ぬ傷 跡 を 消 す こ と は あ る ま い 。
﹃フラ ン シス ・ト ムス ン試 訳 日ー
訳 註
ω
回 はそ の続 き 百 四十 三 行 目 から終 り ま でを 訳出 し た。
135
(32)
ギ リ シ ャ 神 話 、 ﹀㊥。ま
と Op葺 。駕
の子 で詩 人、 音 楽家 であ る
○日 ゲ窪 切 の 妻 。 オ ル ペ ウ ス の奏 す る た て 琴
の妙 調 は 鳥 獣 草 木 を も 魅 了 し た と 言 わ れ る 。 死 別 し た 妻 を 迫 って 下 界 に降 り 音 楽 で 包 葺 。 の 心 を 動 か し ﹁後 を
振 り 向 か な い﹂ と いう 約 束 で妻 を 連 れ も ど す こと と な った が 、 出 口 で妻 が 後 か ら つ い て 来 た か を 見 よ う と し て後
此 の神 話 を参 照。
﹃ロ マ書 ﹄ 第 六章 二十 三章 ﹁罪 の支 払 う報 酬 は死 であ る﹂ 参 照。
地 球 上 の 正 反 対 側 の地 。
の を 捕 え て十 字 架 を 負 わ せ 、 そ れ を に な って イ エ ス の あ と か ら 行 か せ た ﹂ 参 照 。
﹃ルカ 伝 ﹄ 第 二十 三 章 二十 六 節 ﹁彼 ら が イ エ スを ひ い て ゆ く 途 中 、 シ モ ンと い う ク レネ 人 が 郊 外 か ら 出 て き た
を振 り向 いた た め、 そ の希 望 は果 され な か った1
②
㈲
㈲
⑤
Fly UP