...

韓国IPG

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Description

Transcript

韓国IPG
韓国IPG
韓国関税庁による「2011 年 偽造品比較展示会」のご案内
2011 年 5 月 31 日
韓国市場における偽造品の流通問題は他のアジア諸国同様、毎年深刻化しています。日
本の製品に対する偽造品は有名ブランドからゴルフ用品、玩具、嗜好品、生活用品と多種
多様で、一般の流通市場でも流通・販売され、どれも非常に巧妙に作られているため本物
との識別が難しく、多くの消費者および企業が被害や損失を被っています。
このたび、韓国関税庁が、真正品と偽造品を比較した識別方法の説明や、偽造品が及ぼ
す弊害、消費者への偽造品に対する認識転換を図ることを目的として「2011 年 偽造品比較
展示会」を、2011 年 7 月 6 日~8 日にソウル市カンナム区・COEX展示場で開催します。
偽造品の被害に遭われている日本企業の皆さまには、偽造品の蔓延防止・排除および取
締まり強化につながる今回の展示会に、ぜひ、ご参加ください。
韓国IPGでは、日本企業の製品の <模倣品購入防止啓発パンフレット> を作成して、
本展示会の会場で配布するとともに、展示会への参加に関する日本企業の皆さまへの広報
と、問い合わせの受け付けを行っております。なお、本展示会の運営は、すべて韓国関税
庁にて行われ、展示に係る準備や開催日当日の各展示ブースの運営などについて韓国IP
Gでは関与できませんので、あらかじめご了承ください。
<2011 年 偽造品比較展示会の概要>
*詳細は、別添の韓国関税庁の資料をご確認ください。
日時 :2011 年 7 月 6 日~7 月 8 日(10:00~19:00)
場所 :ソウル市カンナム区COEX・1階 HALL B1
参加費:無料
参加申込み : 6月10日(金)締め切り
商品や参加企業の概要(連絡先等)をお知らせください(申込の書式はございません)
お問い合わせ先
<ジェトロ ソウル事務所>
Tel:02-3210-0195
Fax:02-739-4658
E‐mail:[email protected]
担当:曺恩実(チョウ・ウンシル)/趙乾東(チョウ・ゴンドン) / 日本語可
榎本吉孝(えのもと・よしたか/日本特許庁より出向)
<韓国関税庁>
(展示会概要) 박형준 (パク・ヒョンジュン):042-481-7940 [email protected]
(参加申請)
홍준오 (ホン・ジュンオ):02-510-1422 [email protected]
*参加ご希望の方は、
「추진기획단(推進企画団)
」で申請およびお問い合わせ下さい。
韓国IPG
(韓国関税庁資料)
関税庁
「2011 年 偽造品比較展示会参加のご案内」
1. 知的財産権保護など不法・不正な貿易の取締りを担う関税行政に、ご協力下
さいましてありがとうございます。
2. 韓国関税庁では、真正品と偽造品を比較・展示してその違いを説明するなど、
偽造品の識別法と弊害を国民に周知し、偽造品による国民と企業への被害を
防止することを目的として、2011 年 7 月 6 日~8 日の間、COEX展示場で
「2011 年度 偽造品比較展示会」を開催する予定です。
3. 知的財産権を保有している貴国の企業と貴協会会員企業が、「2011 年 偽造
品比較展示会」に参加して下さいますよう、同展示会を広報していただくと
ともに、多くの企業が知的財産権侵害防止の取組みに参加して下さるよう、
ご協力をお願い致します。
韓国IPG
関税庁主催による「2011 年 偽造品比較展示会」開催計画
1.展示会概要
□ 期間:2011 年 7 月 6 日~7 月 8 日(10:00~19:00)
□ 場所:ソウル市カンナム区COEX 1階 HALL B1
□ 内容: (1)真正品と偽造品の比較展示、識別方法の説明
(2)偽造品による弊害の説明および消費者の認識転換を推進
□ 効果:不法・偽造品追放で公正な社会を実現
< 参考: 2009 年の偽造品比較展示会の状況 >
- 期間・場所:2009 年 5 月 27 日~5 月 29 日(3 日間)、COEX1 階 A4 ホール
- 規模:43 ブース、62 ブランド、2 万点余り展示、約 1 万 7000 人訪問
- 報道取材:国内 30 余りの報道機関、日本のテレビ局など海外報道機関
- 主要参加ブランド:Titlelist、ロレックス、ルイヴィトン、シャネル、アルマーニ、ポ
ロ、バーバリー、ETRO、コロンビア、ナイキ、アディダス、カルヴァンクライン、ノー
スフェイス、クリスチャンディオール、インペリアル、スコッチブルー、現代モービス、
三星、LG、ハローキティ、孫悟空など
* 偽造品比較展示会は今年で7回目となり、最近は2年ごとに開催しています。
2.展示会の参加および進行
□ 主催(関税庁)
:展示場レンタル、基本ブース(40~50 コマ、各 3~4m×3~4m)
ショーケースを設置して参加企業に提供、展示会の広報およびイベント進行など
□ 参加機関・団体・企業
- 参加費無料。ただし、ブース内で各ブランドの特性に合うよう真正品と偽造品の展示、
比較説明、政策広報などは自己負担でおこなう。
(説明など直接参加が難しい場合、展示品のみの提供も可能)
- 関税庁で確保している参加企業の偽造品を積極的に提供
- 原則として、ブースは機関・団体・企業に各1コマとするが、調整可能
3.行政事項
□ 詳細な説明をするために事前説明会を開催(5 月 30 日 午前 10 時、ソウル税関 10 階)
□ 参加を希望する機関・団体・企業は「推進企画団」に、申請および問い合わせ
-(展示会概要)パク・ヒョンジュン:042-481-7940 [email protected]
-(参加申請) ホン・ジュンオ:02-510-1422 [email protected]
□ 駐韓各国大使館・機関および協会では、該当国家および会員企業の商標権者などに展示
会の参加を積極的にPR
Fly UP