...

どんな小さなサインも見逃さずに

by user

on
Category: Documents
19

views

Report

Comments

Transcript

どんな小さなサインも見逃さずに
どんな小さなサインも見逃さずに
報道等でご承知のことと思いますが、小・中学生が自ら命を絶つという痛ましい事件が連続して発
生しています。亡くした命を重く受け止め、児童生徒のいじめ等の問題行動の未然防止や早期発見・
早期対応を徹底するとともに、改めて大切な命を守りきる指導を全ての学校、全ての教職員が一丸と
なり、全力で行っていきます。
(1)心配していることを言葉に出した声かけを行います。
・「死ぬ」「殺す」などの言葉は絶対に使わせません。子どもたちは、ゲームやネットなど
の仮想空間における表現をよく使います。また、心配事があったりして使うこともあるで
しょう。自他の命の大切さ・かけがえのなさや、人を傷つけることは許されないなど、人
間としての倫理観について、全ての教育活動を通して伝えていきます。
(2)誰でもいいから話しやすい大人に相談するように伝えます。
・一人で悩まず、自分の周りにいる大人や友人に相談することが、自分の命を守ることにつ
ながることだと理解できるようにします。
(3)教師側からも積極的に声をかけるなど、教育相談を充実します。
・授業はもちろん、登下校、休み時間、給食・掃除など、様々な場において子どもとともに
活動し、声をかけていきます。小さな心の変化をつかみ、教育相談を行います。
また、家庭・地域の皆様とも連携して、子どもたちを見守っていきたいと思います。
家庭においてもお子さんの変化についてきめ細かく捉え、どんな小さなサインも見逃さないように
していきます。以下に示しましたチェック項目を参考にしていただき、気になる姿がありましたら、
すかさず子どもに声を掛け、学校にもお知らせください。よろしくお願いいたします。
家庭でいじめを見つけるサイン
□口数が少なくなり、元気がないとき
がある。
□表情がさえず、おどおどした様子が
見られる。
□食欲がなくなってきた。
□けがをして帰ってくることがある。
□衣服に汚れや破れが見られる。
□持ち物をひんぱんになくしてくる。
□ノートや連絡帳の文字が乱雑になっ
てきた。
□押しつけられたと思われる物をもっ
ている。
□学校へ行きたくないなどと言い出す
ことがある。
□朝、起きた時や登校時になると具合
が悪くなったり、異常を訴えたりす
ることがある。
□友だちの話をしなくなった。
□遊びの中でからかわれたり、いつも
同じことをやらされたり、命令され
たりする。
□不審な電話がかかってきて、親が出
ると切れてしまうことがある。
□学校から帰ってきても、外出しない
ようになる。
□部屋に閉じこもったり、一人でぽつ
んと過ごしたりすることが多い。
□家族のささいな言葉にイライラした
り、反抗したりする。
□家族との接触を避け、何か隠してい
るような気配が感じられる。
□家庭から品物やお金を持ち出すよう
になった。
Fly UP