...

ネギハモグリバエの有効薬剤の探索 (PDF:12KB)

by user

on
Category: Documents
9

views

Report

Comments

Transcript

ネギハモグリバエの有効薬剤の探索 (PDF:12KB)
指導・開発
ネギハモグリバエの有効薬剤の探索
要
農業総合研究所
旨
ネギハモグリバエは平成11年頃から府内のネギ栽培地域において多発し、甚大な被害を与え
ている。しかし現在、ネギハモグリバエに適用のある登録農薬は少ない。そこで、20種類の殺虫
剤に対する2齢幼虫及び成虫の感受性と定植時に施用する4種類の粒剤の効果について検討した結
果、幼虫に対しては6種類、成虫に対しては2種類の殺虫剤が有効であり、定植時には2種類が有
効であることを明らかにした。
成果の概要
①
ネギハモグリバエの2齢幼虫が高い感受性を示した殺虫剤は、ベンフラカルブMC剤、カル
タップ水溶剤、チオシクラム水和剤、シロマジン液剤、ニテンピラム水溶剤及びクロチアニジ
ン水溶剤である(図1)。
② ネギハモグリバエ成虫の死虫率が高い殺虫剤は、エトフェンプロックス乳剤及びスピノサド
顆粒水和剤である。
③ ネギハモグリバエに対して定植時処理での効果の高い粒剤は、チアメトキサム粒剤及びニテ
ンピラム粒剤である(図2)。
100
50
補正死虫率︵%︶
0
アセフェート イソキサ
チオン
WP
EC
×1,000
×1,000
クロル
ピリホス
WP
×1,000
有機リン剤
ベンフラ
カルブ
MC
×1,000
カーバメート剤
カルタップ チオシクラム シペル
メトリン
WP
SP
EC
×1,000
×1,000
×2,000
ネライストキシン剤
エトフェン シロマジン フルフェノ
プロックス
クスロン
S
EC
EC
×1,000
×1,000
×2,000
合成ピレスロイド剤
昆虫成長制御剤
100
50
0
ニテン
ピラム
SP
×1,000
クロチア
ニジン
SP
×1,000
アセタミ
プリド
SP
×2,000
チアメト
キサム
SP
×2,000
ジノテ
フラン
WP
×2,000
エマメクチン スピノサド ピリダリル トルフェン
ピラド
WP
WP
安息香酸塩
EC
×1,000
×5,000
EC
×1,000
×2,000
ネオニコチノイド剤
図1
ミルベ
メクチン
EC
×1,500
その他薬剤
ネギハモグリバエ2齢幼虫の殺虫剤感受性
(注)WP:水和剤、MC:マイクロカプセル剤、EC:乳剤、SP:水溶剤、S:液剤
60
被害葉率︵
%︶
30
0
クロチア
ニジン
図2
★
チアメト
キサム
ニテン
ピラム
エチルチオメトン・
ベンフラカルブ
無処理
ネギハモグリバエに対する各種粒剤の防除効果(処理3週間後)
使用農薬は、最新の登録情報を参照し、使用基準に留意し薬剤を選択すること。
(問合せ先:Tel. 0771-22-6494)
Fly UP