...

詳細はこちら「pdf」

by user

on
Category: Documents
29

views

Report

Comments

Transcript

詳細はこちら「pdf」
平成 25年7月22日
三重大学企画総務部総務チーム広報室
報道各社
御中
情報提供について(お知らせ)
下記のとおり記者会見を開催しますので、是非とも取材いただきますよう
よろしくお願い致します。
記
点鼻ワクチンでアトピー治療の可能性
1.記者会見の実施
(1)日 時:平成25年7月26日(金) 10:30~12:00
(2)場 所:総合研究棟Ⅱ 2階 第2・3会議室
(3)出席者:水谷 仁 教授(医学系研究科 皮膚科学)
河野 光雄 講師(感染症制御医学・分子遺伝学)
堀内 孝 副学長(研究担当)
児玉 克哉 副学長(広報担当)
2.概要
このたび、三重大学医学系研究科皮膚科学(水谷 仁教授)、同研究科感染症
制御医学・分子遺伝学(河野 光雄講師)らの共同研究により、パラインフルエ
ンザウイルス(PIV2)ベクターを用いた効率的かつ低侵襲的な新たなアレルギ
ー治療方法を見出すことに成功しました。
この内容は、2013 年7月7日に科学雑誌『PLOS ONE』に掲載されました。
現在、アレルギー疾患治療研究における薬物の投与方法は腹腔内投与が主です
が、この PIV2 ベクターを用いた点鼻ワクチンにより、投与時の大幅なストレス
軽減、高い安全性、副作用の低下が可能となり、アレルギー性疾患等の効率的な
免疫療法の一つとして確認できました。
また、将来的に遺伝子免疫療法のツールとして、さまざまな感染症などのワク
チンとしての利用など高い汎用性も期待されます。
※詳細は、別紙のとおり
<問い合わせ先>
部局名: 三重大学医学系研究科 臨床医学系講座 皮膚科学
担当者: 教授 水谷 仁(みずたに ひとし)
(TEL)059-231-5025
(別紙)
点鼻ワクチンでアトピー治療の可能性
(アトピー性皮膚炎に対する新規の治療法
〜非増殖型パラインフルエンザ 2 型ウイルス(PIV2)ベクターを用いた Ag85B ワク
チン〜)
河野光雄 2)
水谷 仁 1)
三重大学 皮膚科学 1) 微生物学 2)
我々はこれまでに抗酸菌菌体成分 Ag85B-DNA ワクチンがアトピー性皮膚炎
等のアレルギー動物モデルを改善することを報告してきたが、投与方法が腹腔内投与
など侵襲的な方法であった。今回、効率的且つ低侵襲的な投与方法として PIV2 ベク
ターを開発した。この PIV2 ベクターは自己複製せず病原性が少なく、外来遺伝子の
発現量が高くベクターとして有用である。我々はこの PIV2 ベクターに Ag85B 遺
伝子を挿入した PIV2/Ag85B を作製し、遺伝子免疫療法の効果を検討した。
実験的に作成したアトピー性皮膚炎様モデルマウスに対して PIV2/Ag85B を
経鼻的に投与した。
結果、経鼻的ワクチン治療群は、耳介厚の減少、血清 IgE の産生抑制、アレル
ギーに関わるサイトカインの産生抑制等を認め、免疫是正によるアレルギー抑制効果
が確認できた。PIV2 ベクターを用いた Ag85B の経鼻的投与は低侵襲的かつ効果的
であり、アトピー性皮膚炎を含めたアレルギー性疾患の効率的な免疫療法の 1 つと
示唆された。
Fly UP