...

はじめよう

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

はじめよう
はじめよう
フォルダー表示とファイル操作の基本
第3回
今回は、フォルダーのウインドウ操作に
メニューからフォルダーを開く
図 1 スタ ー トボタ
ンをクリックし(①)、
メニュー右側にある
「 ドキ ュ メント 」
「ピ
2
1
伊藤 華子 = フリーライター
クチャ」
「ミュージッ
ク」などをクリック
して開く(②)
クリック
ついて説明する。ウインドウに表示するフ
ォルダーの切り替えや、ファイルの移動な
どを手早くできるようになろう。さらに、
Windows 7 の強力な検索機能を活用すれ
ば、ファイルの管理がとても楽になる。
まずはスタートボタンをクリック(図 1)
。
クリック
表示されたスタートメニューには、左側に
アドレスバー
コマンドバー
図 2 フォルダーを
開くと、そこに収め
られているファイル
やフォルダーが表示
される。いずれかを
クリックすると、画
面下部の「 詳細ウ ィ
ンドウ 」に概要が表
示される
よく使うアプリケーションが並び、右側に
はフォルダー名などが並ぶ。最初に知って
おきたいのは「ドキュメント」
「ピクチャ」
「ビ
デオ」
「ミュージック」の 4 つ。いずれもユ
ーザーが作成したファイルを格納するため
にあらかじめ用意されている場所だ。
「ド
キュメント」は文書全般、
「ピクチャ」は写
ナビゲーションウィンドウ
真や画像、
「ビデオ」は動画、
「ミュージッ
詳細ウィンドウ
ク」は音楽と分類できる。実際にはどのフ
ァイルをどこに入れても構わないのだが、
図 3 「コンピューター」を開く
と、そのパソコンで使えるハー
ドディスクなどのドライブ類が
表示される
この分類に従えば、整理が容易になる。フ
ァイルの保存場所としてこの分類を利用し
ているアプリケーションも多い。
なお、Windows 7 のスタートメニューか
らこれらを開くと、それぞれに「ライブラ
リ」という呼び名が付いている。例えば、
「ピクチャ」をクリックすると、
「ピクチャ
ライブラリ」が開くという具合だ(図 2)
。
フォルダーのウインドウを理解
図 4 「デスクトップ」の中身を
フォルダーとして表示させるこ
とも可能。デスクトップに置い
てあるファイルやフォルダーの
ほか、
「ライブラリ」や「コンピ
ューター」なども表示される
ライブラリやフォルダーのウインドウは
いくつかの領域に分かれており、各領域は
連動している。
「整理」→「レイアウト」と
たどって、各領域の表示/非表示を選択で
日経パソコン 2010.8.9
101
Fly UP