...

2011年2月15日号1ページ(PDF 2.5MB)

by user

on
Category: Documents
17

views

Report

Comments

Transcript

2011年2月15日号1ページ(PDF 2.5MB)
 [
今号
ズバ
の特
っと
集]
撃退
!迷
惑勧
誘
広報
2011
2月15日号(No.1307)
CLOSE UP
バレーボールのトップクラスの中では178㌢の
身長は高い方ではなく、技術や精神力もまだまだ
目標とするレベルに達していない。今以上に攻撃
と守備の技術に磨きをかけ、総合力で世界の強豪
と勝負できる選手になりたい―。盛岡女子高3
さ おり
年の高橋沙織さんは、V・チャレンジリーグに加
盟する日立リヴァーレへの入団が決まった。
3歳年上の姉に影響を受け、北上市の和賀東中
高橋沙織
さん
たかはし・さおり
盛岡女子高三年
バレーボール高校日本代表
世界を狙い社会人リーグへ
入学と同時にバレーボール部へ入部。姉の練習や
試合でのひたむきな姿を見て、自分も同じ舞台に
立ちたいと感じたからだ。その後、より高いレベ
ルで鍛えたいと思い、伝統と実績がある盛岡女子
高へ進学。高校の部活動では毎日、朝夕約4時間
にも及ぶ練習に取り組んだ。つらいと少しも思わ
なかったのは、バレーが好きなこと以上にチーム
メートの存在が大きい。励まし合うだけではなく、
短所などを指摘し合うなど切磋琢磨。そんな仲間
と共に基本的な技術練習に加え、筋力トレーニン
グにも精力的に取り組み、今では跳躍の最高到達
点が3㍍を超えるまでに進化を遂げた。
全日本バレーボール高等学校選手権大会などで
活躍。その強烈なスパイクを武器にアタッカーと
して高い評価を受け、昨年8月に高校日本代表に
選出された。タイへの海外遠征など、それまで経
験できなかった環境で、バレーに打ち込むことが
できた。また、全国から集結した代表選手のレベ
ルの高さに驚きながらも「そのプレーを間近で見
て学ぶことができて良い経験だった」と振り返る。
あらためて向上心に火が着き、部活動を引退した
今でも毎日の鍛錬を怠らない。
チャレンジリーグ入団後は、さらなる努力を継
続し、スパイクやレシーブ、トスなどを満遍なく
こなすオールラウンドプレイヤーを目指す。レギ
ュラーメンバーとして活躍するのはもちろんのこ
と、全日本代表への選出や国際大会での優勝と、
高橋さんの夢は大きく膨らむ。相手のコートを真
っすぐに見つめる視線の先には、世界の強豪と戦
う大舞台が広がっている。
●V・チャレンジリーグ
㈳日本バレーボール機構が運営する社会
人バレーボールリーグの2部リーグ。以
前は日本実業団バレーボールリーグやV
1リーグとして行われていたが、2006
年から現在の方式に改編。リーグ戦上位
チームが、1部リーグのV・プレミアリ
ーグへの昇格をかけて入れ替え戦に臨む。
Fly UP