...

第1回「」ボンジュール!<私のセシール

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

第1回「」ボンジュール!<私のセシール
ボ ン ジ ュー ル
!<私 の
“セ シー ル ">
牧
彰
く私 の “セ シール ">っ て 、 一 体誰 │「 団塊 の 世 代 J以 降 に生 まれ た あなた方 には 、 “セ シール "が
何 者 な の か ?分 か らな い で しょ うね ∼ 。 “フ ラ ンス (女 性 名 詞 )"を 擬 人 法 で喩 えれ ば、少 々懐 古趣 味
か も知 れ ませ んが 、私 の 世 代 (40年 生れ )に は “セ シール "に 代 わ る固有名 詞 は あ り得 な いん です 。
あ らゆ る モ
)の に貪 欲 だ つた 私 の 青春 時 代 は 、文字 通 り映 画 の 最盛 期 で した。 当時 の 私 は ハ リウ ッ ド
製 の 西 部製・スペ クタル 映 画 に も惹 かれ ま した が 、主 に フ ラ ンス・イ タ リア映 画 な どを 目当て に場 末 の
映 画館 に入 り浸 りで した。私 が贔 贋 してい た 女優 (パ ス カ ル・オ ー ドレー 、ジ ャ ック リー ヌ・ササ ー ル 、
ジー ナ・ロロ ブ リジー タな ど)た ちは、今 頃 ど う過 して い るで しょ うか ?例 え健 在 で も、これ ばか りは 、
あ ま り詮 索 しない方 が よ さそ うで す │「 知 らな い 方 が よか った
l」
こ ともあ ります よね。 この 世 に は
l
パ リのアパル トマンで独 り暮 しをしていた 18歳 の少女が作家 として鮮烈にデ ビュー。
50年 代後半、
フランソワーズ・サガンの処女作『 かなしみよ こんにちは (Bo巧 our T riStesse)』 が全世界でベス ト
セ ラーにな りました。そ うです│“ セシール"と は、 この小説の女 主人公の名血 なのです。
『 かな しみ よ こんにちは』は映画 化 (57年 ,0.プ レミンジ ャー 監督)
され 、知的 で可 愛 く、それ で い て何処 かア ンニ ュイ な雰 囲気 を 漂 わ
せ る “セ シール "役 に抜霧 され た 新人 ジー ン・セ バ ー グの短 く刈 り上
げた 「セ シール・カ ッ トJは 、ヌーベ ル・バ ー グ の象徴 として若者 たち
に歓迎され、まさにエボーヴォワールとサル トル」から́「サガンヘJ
O些 lk変 登でした。“アンニュイ(け だるい)"と い う形容詞は、当時の
フ ラ ンスの代表女優 ジ ャ ンヌ・モ ロー にぴ ったん こカン・カ ンで した。
『 ロー マ の体 目』 の 「ヘ ップバ ー ン・カ ッ トJと 「セ シール・カ ッ ト」
の違 い 、あなた方 にく
)分 か ります よね∼
ジー ン・セ バ ー グは 、ヌーベ ル・バ ー グ到来 を実感 させ るに足 る十 分
1
新鮮 な魅 力 を備 えていま した。また 、競演 した 女優 陣 が超豪華 で した。
セ シール の父親 の若 い愛人 (ミ レー ヌ・ ドモ ンジ ョ)や 亡 き母 の友人
でバ ツイチ の 中年 デザイナ ー (デ ボ ラ・カ ー )等 な ど。 また、南仏 の
明 る く開 けた絶景や灰 色の整 ったパ リの街並 な どに も、若 か つた私 は
「セシール・カットJの ジーン・セバーグ 大 い に魅 せ られ た もの で した 。
一 際厳 しか っ た残 暑 の 所 為 か 、遅れ が ちな紅葉 (黄 葉 )が 見 頃 の 11月 下旬 の 西 日本 に 幾分未練 を残 し
なが ら、 11日 間 の 日程 で 世 界 一 の 超観 光 立 国・フ ラ ンス を駆 け巡 って きま した 。
フ ラン ス の 国 土 は約 55万 klぜ で 日本 の 約
2倍 、人 口は約 6200万 人 で 日本 の約 半分 です。国土 の 70%
が 農 地 で 、 70%が 山林 の 日本 とは ま さに対 照 的 な欧り 一 の農 業 国 な の です。 また 、 この 時節 は観 光 客
1ヽ
も疎 らで 、 ツアー 料金 も か な り格 安 で す c
大 阪 ・ パ リ間 は、直行 便 で 12時 間 (凡 そ 9,500 kmで 約 地球 半周 )で す。 日本 との時差 は 8時 間 で 、
サ マー タイ ム期 間 (3月 末 ∼ 10月 末 )中 は 7時 間。 宗 教 はカ トリック教徒 が 約 80%c大 陸性傾 向 の あ る
海 洋沿岸 気候 の 空気 は乾燥 して い て 夏 は爽 や か で過 ご しや す く、降水 量 は 日本 の
1/3ほ どです。
8時 半 で も空 は暗 く、全般 に曇 りが ちで移 ろいや す い
マ
ロニエ・
天候 で す。
プ ラタナ ス な どの街 路樹 く
)既 に葉 を落 と し、凛 と したそ の 冬 支度 の 侍 ま い に は 、
「
流石 は ま ちづ く り先進 国 Jと 暫 し感 動 させ られ ま した 。外 来種 の 街 路樹 が 支配 的 な 日本 とは大違 い 、
11月 の フ ラ ンス は既 に冬 。 目照 が短 くな り朝
ま さ しく 「街 路樹 は都 市 の顔 」 な の で す よね !彼 の 地 で は。
また 、ク リスマ ス (フ ラ ンスで は ノエ ル )前 の 夜 の 街 は、街 路樹・建 物 も挙 っ て 光 の 競 演 の 真 っ只 中 で 、
同行 した大 和撫 子 た ち の 形振 りか まわぬ 黄色 い 嬌 書 に い さ さか気 恥 ず か しい思 い で した。 それ で t)、
エ ッフェル 塔 や シ ャ ンゼ リゼ 通 の イル ミネ ー シ ョンは 、透 き通 っ た冬 の 夜 空 に映 えて素敵 で した よね 。
旅 を終 えて 関空 に帰 着 した 時 に先 ず感 じた こ とは、 わ が 国 の 紅 (黄)葉 の 美 しさ と外 気 の 寒 さで した c
南部 の コー ト・ダ ジュー ル が 札 幌 と同 緯 度 で 、北 部 の ノル マ ンデ ィー・ブル タ ー ニ ュ地 方 に至 っ て は 、
サ ハ リン (樺 太 )な どに値 す る の です が 、 これ が 結構 暖 か くて過 ご し易 い の で す 。 周 辺 環境 に及 ぼ す
水 (地 中海・大 西洋 沿岸 流 の 水 温 )の 恩恵 に 、改 めて深 く考 え させ られ ま した。「フ ラ ンス は寒 い 」 とい う
地 区1上 の 先入観 が あ った だ │す に、殊 の ほか意 外 で且 つ 印象 的 な事象 で した 。
(続 く)
Fly UP