...

英国メディアの諸様相

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

英国メディアの諸様相
/
・
英 王室スキャンダル報道を生むもの
/fん
】 .解
9 種郵便物認可
第
簡
野予
雰
ヨ
、
合
に 飛 び つく
。
高級紙も
、
大
衆 紙 が 報 じ た こと を 伝 え る
、
とい
な 新聞 十 一紙 の 部数 は
、
、
、
・
ー
英 国 の メ デ ィ ア研 究 家 コリ ン S ・スパ ク ス氏 が 来 日 し 三 十 日 東 京 ・内 幸 町 の 日 本 新 聞 協 会 で
、
。
、
ー
ー
﹁
英 皇 太 子 政 治 家 そ し て新 聞 ﹂と題 し て 講 演 し た スパ ク ス氏 は 大 衆 紙 に よ る チ ャ ルズ 皇 太 子 とダ
。
、
ー
イ アナ 妃 のプ ラ イ バ シ に立 ち 入 った 報 道 ぶ り を 紹介 度 を 超 し た 報 道 が 続 い てい る こ と に は 激 し い 競 争
、
。
醜間 を 喜 ぶ 読者 の 双方 に 責 任 が あ る と 指 摘 し た
状 態 に置 か れ て い る英 国新 聞 界 と
セ ー ラ妃 の上 半 身 裸
容 も報 道 ⑥ ア ンド ル ー王 子
、
の妻
昔 か ら あ った ﹂ と
﹁
王 室 の スキ ャ ンダ ルは
、
スパ ー
王室内部 で
リーク合戦
と い う 形 で報 道 す る
。
計 で千 四 百 万部 近 く に の ぼ
、
タ イ ムズ に 代 表 さ れ
るが
が スポ ー ツク ラ ブ で運 動 し
ぎず
の 写 真 を 掲 載 ④ ダ イ アナ 妃
う
スパ ーク ス氏 は ﹁
英 国の
てい る姿 を 報 道 ③ ダ イ ア ナ
部数 の内訳
5
大衆紙8%
る 高 級 紙 は う ち 一五 % に す
、
残 る 八 五 %は サ ンな
。
こと 王 室 の こと な
、
ど の 大 衆 紙 が占 め る
新 聞は
、
妃 が 使 う衣 装 代 な ど を 詳 報
高 級 紙 の間 で も タ イ ムズ
、
大
ー
と イ ンデ ィ ペ ンデ ント
衆 紙 の 間 では サ ンと ミラ
﹁こ のよ う な 報 道 が 続 く
、
こと に
好み
い る と 聞 い てい ま す が
ス パ ーク ス氏 は
国 の 人 に と って も能 き な の
、
。
です ﹂
そ の よ うな 状 況 が 続 く 理 由
。
を解説 した
ス パ ーク ス氏 が紹 介 し た
、
英 国 の主 要
続 計 によ ると
た
う
。
英 国 の評 論 家 は
、
は 王 室 を ﹃耐 え る 母親
﹁
新聞
、
上
昇 志 向 の女 性
〇年代から議会や 一般の人
。
は ﹂という法規制の話は八
、
転落 し てゆ
く 女 性 ⋮⋮ ﹄と いう古 典 的
いう 見方 はあ てはまら な
、
。
い 王 奎 の 人 た ち は メデ
﹁
王 室 が 罪 の な い被害 者 と
る
損 に関 する 法 律 が 整 備 さ れ
、
て お らず 訴 訟 に持 ち 込 む
す ﹂ 一
、
、
英 国 では 名 誉 魂
軽
櫨
閉塔
雄唯或
﹁
な 見方 で取 り上 げ てい る ﹂ から起きはじめた
新聞
、
。
と批評
一連 の報道 を 米 紙面から女性の裸を取り除
国 の家 族 ド ラ マ ﹁
ダラ ス﹂
、
に ひ っか け て
﹁
パラ ス﹂
、
︵
パ レ ス=宮 殴 ︶と皮肉 っ ﹁
裸が 登場 す る の は 英 国
。
てい る とい う
の 大災紙 では毎 日 の こと で
、
、
ま た スパ ーク ス氏 は
ィア 対策 の 専 門 家を雇 って
、 ャー
チ
ルズ皇太 子 の
する
には多大な コストがか か
、
と スパ ーク ス氏 は 指 摘
。
また
おり
話 は ダ イ アナ 妃 の マス コミ
、
、
対策家 が漏らし 逆に ダ
新 聞界 は ヽ ﹁
新 聞苦 情 処
イ ア ナ 妃 の 衣装 代 など は チ
は
P C C ︶を 作
理 委員会 一 ︵
。
、
っ
し か し 同委 員 会
た
、
ダ イ ア ナ妃 の スポ ー ツ
ャー
門家
ズ
の
ル
専
皇
太
子
側
。
新聞
が マス コミに 流 した
ー
記 が た く さ ん の を回 っ ク ラプ での 写真 を サ ンデ
者
家
・ミラ ーが 掲 載 し た際 、 そ
て聞 き 込ん でい るわけ では
新聞規制の
法制化論も
新 間 に報 道 され て辞任 に 追
。
﹁新 聞 を 何 と か し な く て
い 込まれた
述 べた
悪 い のは読 者 も 共 犯だ ﹂と
。
う のも無 理が な い
トナ ーの目 が そ っちに 向 か
。
新聞が
、
。
。
ろ
﹁長 年 の 敵 国 で あ る な い ﹂と 指 摘
﹁
三 室が 互 れ を止 め ら れ な か った し
、
、
フ ラ ン ス を 訪 間 す る と は い に仲 が良 い場 合 はそ れ で か も 写真 は再 び 系 列 の
、
、
ー ー
ー
何 事 か ﹂と い う 将 来 の王 い い が い った ん 悪く な る デ リ ・ミ ラ に掲載 さ
。
、
と し て の 立 場 で 批 評 さ れ と 際 限 が な く な る ﹂と説 明 れ た こ の経 過 の中 で マ
。
。
ー
した
ク レガ ・P C C 委員 長 が
た
、
、
ー
し か し 英 国 の 国勢 は 衰
﹁
広 告主 は ミ ラ に広 告
、
え
﹁
を 出す な ﹂と テ レビ で演 説
大 英 帝 国 ﹂の時 代 は
。
。
ー
る
す
事
終 わ る サ ッチ ャ 首 相
態 に な った
、
︵
当 時 ︶が ﹁
﹁
スパ ーク ス氏 は ﹁
社 会 とい う も
新 間に
今 の新 聞 は 保 安官 と
。
の は な い あ る の は家 族 と 撃 ち 合 う 前 に最 後 の酒 を 飲 対 し て法的 な 規 制 を行う の
。
は 非常 に危 険 だ と 思 う 八
個 人 の み であ る ﹂と演 説 す ん でい る よ う だ ﹂
。
、
る は ど に な った 現在 英
英 国 で新 聞 業 界 を管 轄 す 五 %の読者 が 大 衆 紙 を読 ん
、
国民 に と って も っとも 大 切 る 元 国民 伝 統相 のデ ービ ッ でい る現状 では ジ ャーナ
、
、
な も のは 家 族 で あり そ れ ド ・メ ラ ー氏 は 在任 中 に リ スト を教 育 し ても効 果 を
。
。
を 象 徴 す る のが 王曇 に な つ こ う 語 った とい う メ ラ ー あ げ るの は難 し い 新 聞 オ
、
、
と ス パ ー ク ス 氏 は い 氏 自 身 も 女 優 と の交 際 を
され る こと はなく ハむし
てい る が
興 会 )の 要 請 で 来 日 した 。 (写 真 は 30日 午
後 、 東 京 ・内 幸 町 の 日本 新 聞 脇 会 で の 講 演
C)
そ れ が 当時 報 道
育 科 学 文 化 機 関 )報 告 書 な ど を 執 筆 。 「プ
リテ ィ ッ シ ュ ・カ ウ ン シル 」 (英 国 文 化 振
、
コ リン ・S・ ス パ ー ク ス 氏 ウ ェ ス トミ
ン ス タ ー 大 学 講 師 、 「メ デ ィ ア 、 カ ル チ ャ
ー ア ン ド ソ サエテ ィ
」誌 編 集者 。新 聞
や 放 送 に 関 す る 論 文 や 、 ユ ネ ス コ (国 連 教
競争激しい大衆紙 □醜聞を喜ぶ読者
■
│ヽ│■晦“、
■│ヽキ│ふ Ⅲ十 ■ょよよ.il主 、ホ選避
の よ う に し い 競 争 が あ ク ス氏 は 十 九 世 紀 の ビ ク
激
。
ト リ ア女王 時 代 の例 を引
る
、
。
大 衆 紙 の経 営 は 決 定 的 ど、
、
、
、
に 部数 に依存し 読者も
当 時 の皇 太 子 は カ ード
、
、
せ ん情 的 で 個 人的 で で
︵ト ラ ンプ ︶の 不 正 で悪 名
、
き れ ば 性 に か か わ る話 題 を が 高 く 人 妻 を 誘 惑 し た り
、
王 窒 の ス キ ャンダ ル し た こと を 歴史 家 が 指 摘 し
日 本 の 人 は驚 い て
、
英
ど の よ う な個 人的 な
らば
こと でも報道 する ﹂と話
、
次 のよ うな例 を挙げ た
し い友 人 の間 の電 話 を不 法
、
その通
話内容 を こと細 かく掲載 ②
、
親
し い 男 性 と の間 の電 話 の内
結 婚前 の ダ イ ア ナ 妃 と
そ れだ け では 不 公 平 だ と
、
な 方 法 で傍 受 し て
① チ ャ ー ルズ 皇 太 子 と 親
し
持芳吉
Ⅲ
ロュ
連 回 駅 や h 隅 認 岬 拘 樹 。 ﹁氷 呈 ﹂ V制 く 理 網 や 酔 騨
換
十七
一
キ
f
ゑr
に汽 ま れ fい る
十 ■一卜 ● ダ イ T 十 t ”
枯感 ュ六 〓+ 寸 正 に九 エ
コ
、
切浄 は
ぶな スれ てき た
ユ ■ も あi ド
≡ 一 ド一 十
i
i 一ケ ■
一
イ ■ 心 な わさ r
f
;
︲
、
⋮
⋮
i
T”■ 脚 は キ i 十l
■∵
i
r
メ リ﹁ で討 ■“ r イ ン ■
路 h な 受 け る !■ H 出 一
、
D
■ャ
︻・
八十︵
し 十
な ど よ ,の 高 哉 執 を A
台わ せ 一一 ,≡ム
ぜ・
一一
ギ
︻ヤ
千
、
十f+ ■品 を ■ 島 小 三 が い ■ ネ れ ば部 年 をれ キ
た二 1
︲
十
.
、
.
!ム
︱
に上 Hホ ■ , t 草 と ⋮
﹂■一
︲一一ド
!オ
卜
∼,
⋮心 キ
一
十一
一r一 一
一一
.
!
ー す● 一
,カ
■勲 岩 だ ,た
● ギ ぶ 蛇 す キ 一 ■一
■十
よせ
︻
た ∼ 肝 平 ” 命 升i
t■ され
⋮⋮
、
i
t制 球 H わら と いた 挙
■,
た
北 黙 す・
4占枚 祖なしいい
、
.
こ ん ど ん キさ た てえ
、と、
t
i■お t
バ ︼十 ■一
■ ム声 性︻ 〓ぶ よ
■ な バラと の イ メ ージ で品
.
ゝ
。
一
〓ヽ たが さ く ﹂ 、く← た
, 、
ー
代, い やな か さ つr イ や
ダ一
7!
イ!
ナ館 !
離婚鞭纏!
で一醒麟鹸
,
f
i
iし 、およ し た 記 事 、 ス ード スキ ャ>ダ ル. コンド ン で ﹁
!
︻瑠ンド ン鳩 線 “
橋 本 聡 ︼い だ け ば しい ■ 1
よ
、
、
、
。
、
ず ロイ ド ︵
lげ てヽ る と 英 河紳 士 か ら ま い を いを い ら れる しか し 十 f 瞬の ダ f ヤ十 配
大 ☆ 祇 ︶ 一tA
、
、
.
●離 い 発共 にいた る ま で 宮 熊 の ■ で何 が お き てい る の かな虫 ,先 に伝 え粒 け どき た いは 人生 紙 だ 一た
、
、
フ
語 秘 C ︶も 出 界 中 の メデ ィ アも 佐 追 い し た 人 び上 ● 零キ 心 か ら ■ よ れ た
■序 さ でな る共 田攻 送 脇 会 ︵
、
f
され た
千 年 のよ れな 誇 為式 ■ 年 はi 命 を 対 ﹁ くす一
夕f Hイド報 道 に
キ︻ 二十 七 万部
≡ , 、 ヽ一
・
,
一、
一
キ 一
一
一
t
ふ 一 一
エ ミ i , さ ま t われ る い ホ
た i■ !,■ l ti,lt iit iト
‐
・ サ │ 1 1 をヽ ち 二空 よギ ギ` A F
‐
F t i l キ 卜1 ( ! I Ⅲ 十 す f t r j ! 丁 一
( r i tt―
十 f ん , 淳 i l 卜 ヽ」 t i J モモ
デ
み
、
食 H嵐 !”
簿盤 静醒醒翻轟ンロ
そ い打開 は
声 ■ 部 を 荒 も大 文 棋 サ ン
︱
.
、
こ
﹁は ,さ だ った 瑚 = で 一
十 二 ︱判 七的 B B C チ I 世 報 な わ 土 し
部い はT
、
、
レ ビの 女性 事ポ ータ ーが
中 L た こ 工 は 分 か0 ま せ ん ● いAY ︵
牛 い ヤ 一上 す
、
︲
≡
バ ↓キ ■ガ ふ点 鹿 村 にヤ 一 が ふ ふ す 境 ,いキ t 高 一
■,
ド 技 いて いた 迅 官 ■ H
。
、
t
,
︲式
﹁
た
さ ょう 離矩 が i
︵れ 〓 f L倍 札 ︶ と 伝 え て イ タ ーも 丸 ●よ ¨
■鳩 し ■
.
,
し十
い対す﹂
一
井へヽ
た
﹁一屯卜
、
大■棋 = 七紙 ね ● おぶ
. f
メ ムズ
F発 ☆ さ れ る 見込 み です ■
、
スタジ 下の キ ャ スタ ーが
キ ャー ルズ 最 大 十が ダ イ ア
︱
i
ナ 妃 に 払 う 対成 分与 の ,
牧
!
,
を たず ね た
、
じポ ータ ーは 一腕 千 i
園圏圏田田
t
、
、
、 1
,
、
・
一
ブ
り
ひ
と
よ
t
十
の
つ
た
占
け
る
,
紙
が
だ
れ
て
⋮
女
,
か
椰
た
ふ
が
た
,
︱ 。 クス レ
ー
i! た が 一て い
エ
プ スの プ ー マ い か ま で 却 t
は 生 A十
■ 生 メン バ
、
一
︶
ン ・手 ック 企 高キ 遵 部 長 に ヤ
し H式 ● ■ ■ か ■ i t r
や
。
■
.
一
曲 い た ぃ
﹂ん な 取 付 嘩 勢 を
ネ ら し て いる 人■ 上 が 生
サ
︲
難 球 し た 強 ● 稲 代 斉 に う ︻主 ■ 中 W だ ■
から ”
た一
〓お 〓 4 ● t r を や f〓
i
、 す
、
、
!、、⋮ f
′
Fは ッ t ⋮
︻な い 中 ■ イ丁 ■ 一
年十一 ≡工 小 ヽ
キ一 ,
ギ々
、
ー
もち る ん タ イ ア十 な 七 十
■一
狂 中てい る フリ ● テ に メ f 十 一 も わ れ わ れ を
。
、
.
い瀧 け る 末来 の 風〓 の ■ スの カ メ ラ マン から も 写 必 要 と し て い る I 年一
わ
、
←
う ■ ょ っと し た 特 ら 朽 か 雑 が ら せ を さ れ た
縄 であ り 英 風民 は ﹁
ダ イ 高一本書 一
。
、
、︰
す
γす 時 ﹂ だ か ら ね
ダ
津
ネ
に
は
彼
年
一
七
表
下
十
十
時にば 瓶也を述じて 化
テ
一
︻
︻
¨
↓
お
”
︺
“
一
ホ
一
ぃ
一
﹁
↓
市
﹁
ヽ
”
”
一
¨
”
一
︻
”
”
︼
一
h
¨
↓
一
¨
一
一
一
一
中
︻
い
”
一
︻
中
一
”
い
い
︼
︼
中
一
”
﹁
一
い
一
”
一
ヤ
一
れ
庄
︻
一
や
”
い
一
”
い
一
い
一
一
”
市
一
¨
一
一
”
一
一
一
中
一
一
一
一
︹
︻
“
一
”
中
一
い
一
い
一
↓
“
一
い
一
・
︻
一
中
↓
﹁
¨
”
”
”
い
中
”
↓
↑
中
・
士 離婚発表を特 ダネで予告 じ
ば た12繊特の英 大衆紙サン
も
か汽
ぬ
'自子
ど
(ジ
闇
、
﹁
ダ イ アナ駁 動 ﹂が 再燃 した 英 国 で コンピ ュータ ーに よ る新 聞 写 真 の ﹁
修整 ﹂が議 論 を 呼 ん でい る ゃ元
、
、
皇 太 子 妃 と新 し い 交 際 相 手と の伸 を 強 調 し よう とし た大 衆 が 写 ってい
の の向き
え まる で
紙
る
顔
を
人
物
変
、
キ ス寸 前 のよ う に 仕 立 てたから だ 拘 コンピ ュータ ーで思 い の ま ま に 写真 を 操 作 でき るよ う に な り
﹁写 真 は
。
ー
ウ ソを つか ない ﹂ と い う 常敵 も 英 国 では疑 わし く な ってき た よ う だ ︵ロンド ンー
橋本 聡 ︶
英国で論議呼ぶ
る
ー
写真 ② ピ プ ル紙 が 掲載 し た本 物 の写真
、
では
フ ァイ エド 氏 は そ っぽ を向 い て いる
、
と フ ァイ エド 氏 の顔 は 右 は A 素 人目 に は 本 物 と し か
。
。 .
向 き ミ ラ ト紙 は そ れ を 左 思 えな い ほ ど 精 巧 だ
、
向 き にし たうえ 背中 に う こ の ソ フ ト は 約 五 百 リ
。 ︱ 、ド ィ ・
、
、
地 中海 に 浮 か ぶ ヨ ット
デ
ア ル ・ファ イ つる頭 の 影 の位 置 も 不 自 ︵
約 十 万円 ︶ で市 販 さ れ
、
そ の デ ッキ で親 し げ に 見 つ エド氏 合 しが い ま に も キ 然 に な ら な い よ う移 し替 え ロンド ン では 一般 の 写 真 店
。
。
、
め 合 う 二人 九 回付 の大 衆 ス す る 場 面 か と は い 込 ん てい た も 破 損 し た 記 念 写 真 の 修
。
。
ー
コンピ ュータ
︵ 真①︶
映
に っ
頼 ミ ラ の 一面 写真 を 見 た だ
写
像
ど
い
加
工
用
な
て
る
復
使
、
、
、 ︱
ミ
ト
っ 。
ヽ ー
﹁
ソ
多 く の読 者 は
熱 い 層 ﹂ と こ ろ が こ の写真 は
フ
ヽ
ラ
の
い
だ
の 一リ
仕
た
は
﹁
ほ
ん
業
紙
った ん コンピ ュ タ ーに 写 勁 か し た だ け ﹂と 改 ん
さ を
﹁
、
。
、
真 を と り こめ ば 自 由 自 在 認 め た し か し 紙 面 では
。
に 手 を 加 え る こ と が で き 何 も 釈 明し てい な い そ の
。
、
、
し か も そ の仕 上 が り 後 二人 が 抱 き 合 ってい る
と い う 大 見 出 し に も 引 き ず か ん じん の 点 で修推 さ れ て
、
。
ら れ ダイ アナ元皇太 子妃 いた
、
、
合 もと
﹁新 し い 恋 人 ﹂ と 翌 日 ピ ープ ル紙 が 戦 せ
い わ れ る映 画 プ ロデ ュー サ た 写 真 ︵写 真 ② ︶ を 見 る
写真① コンピ ュ﹁タ ーで元皇太子妃 の ﹁
恋人﹂
の顔 の向きを変え た写真 を掲載 したミ ラト紙
b登江 戸イプ勧 7レF静 えデ子︻
写 真が 報 道 さ れ
、
デ ート も
ば んを 持 ち 上 げ る プ ラウジ 受 けたガ
■デ イ ァ ウ紙 ド
︰一
。 ヽ
﹁
英 蔵 相 の 写 真 を か か けた
髪の部分を少々いじ っ一
、
ー だけ ヽな
で
翌 日 付 のミ ラ
いげた問題で,
。■
なぃ﹂と話レた 一
紙 が 報 道 し た よ う に いは ん
と う は 蔵 相 の右 手 の 後ろ に
と ころが
目 撃 さ れ る な ど ﹁本 物 の
、
と い う こと ら
伸 ﹂だ か ら
。
しい
コンピ ュータ トに よ る新
人 影 をき れい さ っば
。
指摘 を
り 消 し 去 つてい た
操り
う に な った ギ
、
外 国の例 と はいえ 事実
を 伝 え る と い う 読 者 から の
信 頼 の も と に 成 り立 ってい
、
コンピ ユータ ー操 作 ボ
報 道 写 真 の現場 に 広が って
い る ことが群き 彫 り に 招 っ
。
た
エ
イ ギ リ ス 新 聞 ・出 版 半
つ
、
界 は 報 道倫 理細領 を も ち
そ れ に 反す る行 為 を 戒 め ネ
。
自 主 規制 機 関 も あ る し か
、
、
し 細 領 を 設け た当 時 今
回 の よ う な ケ ー スは想 定 さ
。
れ て い な か った とい う 草
・
。
下 院 文 化 メ デ イ ア スポ
ーツ特別香真会のカウフマ
ン委員長は ﹁
写真に手を加
、
えたら 説者に知らせる義
、
務がある ﹂ど 細領の改 正
。
を帽え ていさ
、
る新聞 で このような修整
写真が出現した ことに つい
、
て 驚 きはしないが問題だ
、
。
と思う ただ 背景を消 し
、
てす つきりさせることは
われ てお
携 わる人の能力 とき フルが
。
より間 われていくだろう
フ イズが入るのも写真 の魅
。
力だ と感じている 写真に
真など でも行
は コ ン ピ ュー タ ー で 簡 単 顔写
、
、
り 是 非 の線 引 き は 難 し
に そ の 真 偽 の 判 断 も難 し
。
い はど に 作 り 替 え ら れ る よ い 私自身は写したくない
い 画 像 を 伝 え て い ると は限
。
ら な か った さ ら に現 在 で
よ
。
聞 写真 の 修 整 が 発 覚 し た の 女 性 の 頭 が 写 って い た
け率華庫”争差的差犯々カ
、
、
リ
は こ んど が 初 め て ではな
︵写真 ③ ︶
と 写浸がもたらすメ キ
。
︲
リ コンピ ュー ー
い
ガー ィ ン
デ
ア
は
タ
高
級
や
は
紙
を
ジまで変アてしま った、
、
。
ラト 程度つ差はあるにせ
七 月 二 日 付 の 一面 ト ッ プ
に い補 正 予 算 案 の 入 った か
ガ ーデ ィア ン紙 は こ の人 物
。 , ー
ミ ラ 紙 の紙面 から
写真 ③ 蔵 相 が 持 つかば ん の後 ろ に 女 性 の頭が の
、
ぞ いていた ︵
左 ︶が
を消 去 し てし ま った ︵
右︶
≡≡ ■ 写真幻論 ﹂ の著作 もあ
る 写真家 ・評論家 の大島洋
り
十
iさん の話 写真 はあ のま
す
まを伝えるもの と 一般に思
、
十わ れ てきたが 添えられる
⋮
⋮文 章によ つて印象持意味も
、
■ わ
レ シズによ って
変 るし 一
誇張された り合成されたり
、
ヽし た写真は 必 ずしも正し
﹁
十
1 ・
・
力
ヽ4
・
一
能力と≡ラル問われる
│キ
ツピユ■夕■で自由自在
くヽ、卜ヽ 「やつ圏駅判
やミ GVや を球鵡条剖 OW
と打 0楔 °、1代ヽ卜連と楔
リ
や判 ト
ぐ里鳴S′ や投D迪
pttG
楔早A」
奇
せS環 どr_6ミ
°
料く《 ポやミ′基く/0へ
鳩Sヽ やぐや0楔 」
は-1点ヽヽ 「的!い
や和 G
楔GP卜 」
ヽ、卜ふ 「や製めと軽A14
悦0楔 J>(陣 代状墓卜榊
ヽ、卜よ ・卜 `単一ヽ」
「
(6)
0 00
悪回Gヽ 、卜ふ R畑‖<障
°
I 十1□ KS′ く
照出く眠 IⅢ
ふ や 'キ 1(贈G割 鯉押歴0
°
求 さヽ GttQK国 せや や
楔lα
瑠即革逆 Qと W筆 ヽp
せ蕊 V代 韓 めGミ l―と ヽ
Q
′
終 側翌 lk‐
とと ″
に黒W引ほ
ヽ 、卜ふ│く
貿却絡くQ二 1ト
` ・トミふ 卜、えば弾眺や
°
楔口避 「く<卜 `卜」却営
とミやミふトルトQ廻 極弾
い判OW増 <詢 一 と
却ミ打オ
AtJヨ
OWを 楔°収報0′ 衣
ヽト レ`Q廻 長へ師苦噂図
却型ぷ ′ やや冬 やQヽ 勺!い
′
くと を柿楔せ容Gミ W廷
°
やる
ン
日ヽ翌 G烈 蝉
︱
︲冬 ▼
E警 S S 頓 旨 ︱
︵偽<︶ 運
的 Q回は Gt □ 一旺oやべ蝉
N□唆 G苺四 G 思ばふ 卜 ヽ転
田
代 報 ヽ S"卜
「製 告 tttlゼ
儲 野 」 連(コ
士 や望 や S° 1眠 HIDttS
様 ヽ ふ ― k「 態 卜 ゃ 日M」
°
やとや°Dる 0′ ゃGK窯
対とい性騨WQつ Q条 ″く
寒 QI轟 や増ゃ要楔ゃ里や
°
や4ぐ Ptミ中るやをゃ
│十 判碑対と杓ミ中置ゼ
°
やGく Xttと ′ヽ、卜ふ
暉鴎Q求 細対つ と民やHZ
ふ―たくコ却 ゝヽ祇 ヽヽx
くG「 H照 弾ミと楔態」聖
つ1い1盟 ″ポ4t」
鳴 Wや り判
(S′ 幽駅対 と6隠 いや麟
英卜 や││十判螺逆ヽ賦Q単
サ対 せ0投
鍬弾 性軽 ヽや ヽ
る° (衣
蝉崩巡唱)
◇
理 解 やよ に ヽ や く 寒 Qく 如
や 控 埋 G増 ミ 弾 捜 0■ や く
υ
"楔 ′ \ 1代ヽ ふせ 、 や Ⅲ
Dミ D′ ミ○貯ゼG黙 回 ば,EG Ht tBR選
割 R3
° 1リ 〕
8
D4せ
弾弔
ばどヽ十 ■ヽヽ ミGttVと」 」
」1ぉ
宅聴 卜
ギ 所ウ
ばヽ 0楔 ヽゃ卜よば留せヽ G『紀8よ
u詢 ヽ卒 ・ヽ日ヽ旬
出字珊<い 本」Qさ 窓 Q↓ヨ ― G「 【卜、ユ ・ヽふヽド
呂
り壇
弾 時0投 °iVギ連封 Q思 日 (」 終日十円‖やミとヽ
°
くつく剖純卜やXttP
昭 拘ナ
督 わ楔│ド R碁 梃 い求
↑ °
143鳴
□Q厳
うQ“ ヽ
楔
ボ四十
ヽヽトヘ く口Atと
く
尊
ブ 十卜ふ隅H噂
せ担IJIDにやQく ヽ空卿ヽ
閑$せ 通 キ │
″
帽巡Q恵 ギ申Jこ
と 紺恵 Q 口甲十にと`(翌やキ 1聾や
ミー4u対 罵市目Q 。 日 ■氏工)G縦 と冬球 ヽS″
°
拘0逆 回型Oa字 騨Nl asぃ
こや
型 逆劇ば拘ギiυ
‖■ミOQ雌 セ無ば
出逆撃卜楔盆tEAl時
│(聾 択 Q IR_‐
リ轟 トーとt3判せ空ぷ蝉Qふ 十 Gく 日 `4卜 ヽと ヽ
フポ窓々
サをや°
め 判菊ギヽ
長掛BttQ翌 函ヤ
一 ぺk口‖
′
/1ト Vと 楔球川抑 世主 「ぐ楔や
くいQや く衣′
ヽ、卜ふ│く
甲笹騨く回G
°
・°
く一求― 。そ ぶミ\拘く 41uや
」 対ポ寮冬"Ett Gせ
さ _3増
計神pや 想に増Rヽロ
Q卜 ふ く ・ふ 末
サG楔 £ Hふ い て、ヽ日と やつやv″ 「叢ミ壇冬くや
G車 硝逆電製ド
小イミ《くや週0貧 嶋爵 G い把弾 │□rltt w持導│こ
EII 連,GiO(′ ぷ思重や蝉R笹
°
くく と楔 トトヽくヽ四 Qべ 眠円EE里いヽたヽ理 は 世喪やを【岬く」 (ヽK一
くを
′ 卜ふコWヽ
卜 ・<ミ ホーミややQI
_‐
年ヽ
、トホぱ貿 ふヽぷ郎〕梨 。足 °中Qミ
くP′ ‖た トー 生や翠連さ Qぱ 弾聖 巾駅運 Qヽ コー ふ 終 1サ
ミ埋約Q溝 軸ER押 増 Q
° tブ
ヽ
3里ぱ本Q車 やコN 弾tG楔 °K小 やヽ代<w
ヽ Q態 “
わWや く
く
ざ逆勺'「
Sミ ヽ
ギ
りとす
D楔 _‐
つめヽ
0° 卜ふヽ 鷲逆斗目終照とr_・
とや や約↓や楔食せ黙□ Q卜 ヽ
ミl‐
体 ヽたいH留 逆日HQや や ミ ↑収 末
サ
判里4rnミ
耳殺球母 ミヽヽ―くホや笹 「
ヽ、ト
′
0楔 にキ足と ,く
XQ蟻 整 0″ いる把188試
せ起駅H冊 ふG軍 母ギ」や トー F望 ヽ
」斗思終照と ヽ(ヽ 心ヽそ甚ヘミ ′た、
逆道卜ふ \ ・ふ `ィミキく
く Q噂 鰹弾さ やヽ
r_6ミ
弾慮G【 型単マ °
や X,判望や い求°駅喜 小Gて ミふヽtllttkホや連
― 々申JG懸 ′ H 小 ヤ 貧Q隠 鴎運翌翌や革lH‐ 陛 龍対営製 ・ヽ
Hた 0、
、卜ヽ」
た ヽ 一 と くヨ 連 │ミ ││く 足二‐
u柿終やと°
判田0収 せミ緯国終選謡杓
′
付 叢怒四e増 やく日G、
Q°
ミWと ヽ
ヽ卜 ふヽくく却控饗4・
ゃ収
ヽヽトヘ く寧連叢輩Dトサ
容里 「
引ロミ練冬」Q幽 区
ヽ、卜ふiく
寮冬Jや やこ ││<G卜 勺や弾llEEW′「J
°
弾田 r_・
ギW円 増や単 や
貿ふ ヽあヽたヽ皿選や約申 lll Ctl」
や潟Ю対匝越」やゃ
0ミ 貿博k 0′ 辞く
やヽCイ ││十判盟罵ほG lE3選
SIこ逆巡 ,マ
ヽ輝翻せつ 「
迎部」
」笹 連翠製│く
H貿 連XG此 ほせ0い ―
■ R(せ 拙D′ 臣 却DW志 勢W弾 │【
卜 'iい 」壇
′lЮ
,ミ
リゃ田 =ヽ
ヽ蒔い 月ミ‐卜 ・ら
、市ヽ ヽぎ壁ミQ童 ゼやや増や │
‖ゼ lj筆 ↑ト
H終 選幽四 Q増 やltKttH」
翌 そ状準や帯 G楔 「十 いヽた 十翌県せヽ翌楔や終楔勺S
殴卜 やせ連Hヨ や控せ思 4S ミ ・、 ヽ ・小 ・心ゃ ヽえJ
Sと 楔 iSG曽 景4副弾ばヽ
'い
Dv連
や企ミとやいやく い楔°
連ヽヽヽミ
却
却
や く つ とや °0冬
選
瑠単
卜
D′ l17ミ
収全V連 謡事(G
°
糸やと
■田隈会縫会
ン
ンド
●
ン
ン
ン
ン
<駅 に回Q翌 四霞弾駅こ
楔コふ‐ふ卜』ゼ担 │ミ〇
│‖ 1眠││十1□ ′コふ4
ふ卜ヽ日Qぽ 望ヽ い▼望や
‐′XttGI十
―
コ碑連ヽ用
Q昭 眠Hた トーとや抑Q言
週翌ヽ やWHIt弾
歴企や°
驚無=く 朴Q陣 求株轟llh
ヽ、卜ふ ・\
慈盟QЩ 榊 「
ハ翠一ヽ」せヽや却′ Hえ
一鮮 料 卜 ■ 匝 熙 元 W も /ギ 匝 陛
口尽益t p F 謎
コ隠GくH植連 │ミく円‖
′
十 1四 ヽ、卜ふ思冬《 働
ふコ Qゃ ヽふbH一
CI10 1卜
理壇 め楔巡 S,_― 勺_―
や鳴
や°剖艦 さヽ笹ふ 十_ミ
k佃‖kttH」察8Lg母
ゃ鳴6′
灘幽道世題QE殴 却拘癌W
を楔°無迎Hkい A」
Q
把段■ ド
lサ
却逆ヽ いW「 勢駄やばや
′
ミVll川 や略rd・
ギ 噌ゃ鳩
ソ
臨
聖せ拘ボや+ヽ
主
JJ却 や いヽ
0単 S楔 ヽ、卜ふ `、 てヽ
い掴
小―起′ヽ
やG郎 ぷ聖勺″
い対0楔 Gへ ° 、 ヽ
墳 D」ヽ十
ヽ詢 Hト ー Gは -1卜や卜 ・
く `卜十一ば Q甑 霞望ヽ 、
卜本貿笹 「や楔D連 、術1柿
°
め投」対帥,く
jや
iV C IE駅
瑠S_J遵 ヽどx
`
卜`卜G撹 や基和 ″wDw
°
ぷや報 ばG菫 運柿 p「 K
・ 'ヽ
く卜 ふ」逆廻ゃミW二 楔
│サ
対連′さヽ終 「
圏駅」W
ミ G▼ やとぶ鴎J GtttIせ
」
二楔 末
勺弾 E-6S4p翌 伎逆
相g S V と ゃ°
つ糸0 ′ ヽ、トヘI R 蜜判
六よ ヽ卜G 題 もゃ I R 憲 や
ぼ恩賦螺螺ぽ黙
饗 ︱ 田皿
転、卜ヽ十
R貿 各眠 6▼ とミ冊 (■、ヽ一)
4
□ 蜘常 付 田 O N 伸
■ ふ 2 ▼貯 0 0R L︲
LN ” ︵
︵︱ ヽ ヽ■︶ 口ふ
はヽ
卜 ヽ転 h や照 押牌 紳 3蝦 可
︵
R ︶卒 △卜 ・︱︹ 伊︼ ふ
l ml 付= ′田貿 眠C=ぐ
氏く︶ □寸眠 o= 無翠 G通霞 血 ヽニハヘヽふ
︵
倫囲 園 U
ン
々︱ ︱
︱ ヽ ヽ出︶ い 円E くト
︵
1 3ふて 母い k珊 k
3 、さ ′
ミ ー 宇ふ ︵G糸禅 ︶ やいは N
G やミと 卿 里さ や ︱ ふヽ ハ 町
二KH 心名 理 G貿ば ヽ 卜 や転
拘 ぎ 区 V選 週 魚 題 里 導 Q 窯
対倒癖 やい賀 饗 申報 辞
抱軍田糸翌止 Q里郎 Qや 0
′
寝
粂 剣 日 岬 捜 判思 翠 Q 嶼 郎 や
′
蝉■連塑劇H
ミ 拘 判単郡
Q 軸 潤 終 埋 = 思 照 胸 キ ′障
控 Q 日 o慨 o 壇 世 い ヽ や ギ
いヽ や条 授 0 里四 芸 Q捜 終
′
や R I Q 呻 。喫 ミ い e 栄
0選 申 口 益 ? 壬 軍 ヨ 条 母 日
′
Q日
0肘想 魚 慢 ミ 霊博 瑠
′
こ部X空︼ D績 理熊 に喪
。
楔 ︹電 ︻申 記 噂 い や V 0
い ﹃ミ 空 ︼ 剣 p O 料 ヽ 卜 Ь
4 ふ 卸 。円 回 駅 ︵
世P留
︱ 吾留 ︶ 判 卜 生 ︱ い 生 H ト
鳴条 採 く W D 判い く 引 檀 V
′
拘ほ担 里醸函
終 世 をや ミ
いと和却 0ミ遵口 理 担申 申
。
投 めヽ思 pせ
や″
p∩ヽ村貴遵﹁︼言 ′0 い代り↓
0′
ドヽ
Osト ヤ台= V 市■ ′再末もヨや
ヨ︻
。 ぃ
翌 Q H ヽ 卜 3 4ふ 御
製
﹁
訊 判 冊 刷 判
判 や く 輌 ぼ 卜 ヽいく て ♭
︱
︱
ヨ
置 姉 軍 難 や い ぶ 料 里 ﹁煙 =
を並 ﹂ 日 き Q 出 翌 HI ふ H
卜 ・日 3卜 H 卜 Q 卜 ︹ ふ ヽ
。ヽ レ
応 ヽR卜 や 相0 ミ 3
才と ︵
ミ 窓 習 デ ミ ﹁や ハ ハ い
KK﹂爆 叩Q ヽ ツ ト ヽRC
授せ 岬G や 思 革 静 Q 口 ば ヽ
卜 ヽ 本 ′ギ や 3 対 製 D 翌 瞑
叩 雪 I W → 授 辺 ﹁ふ ヽ 心 K
。り ゃ
ヽ
御 Q □ X Q や 崩 ■ 52 0 ミ
時ヽ 母 ゼ 醤 卜 3工ふコト
回ば
福 ︼ D 判や 鳴 Q 抵 繋 駄ヨ 担
。
主 苺 Q 日 ヽ 卜 ふ 4ふ
ほ韓 対翌米 H ゃ 、 逆仁キ 林
″
′
製S
担
憶的壇料ョ〓 岨
型 R ヽ N ″に せ ? 翌 メ Q ゼ
l
空 Q 日 や ミ 萄↓
き 判 ヽk lト
い た ふ 包 o楔 民 目 的 ゼ 童 $
連 環 〓 楔 0吾 t 遭 各 社 申 翌
Fly UP