...

「はなのみち」【H25 長谷川指導案】

by user

on
Category: Documents
90

views

Report

Comments

Transcript

「はなのみち」【H25 長谷川指導案】
第1学年国語科学習指導案
1年 2組
指導者
長 谷川
和正
求める子どもの姿
挿絵や叙述を基に、場面の様子について想像を広げる問いをもって読み、自分の読み
を 仲 間 に伝 え たり 、仲 間 の読 み を聞 いた り し て 想像 す るこ と のよ さを 感 じる 子ど も
単
1
元
みんなでよむとたのしいね!「はなのみち」
本単元と求める子どもの姿について
本 学 級 の子 ど も た ち は 、 これ ま で 「 は る 」 の 学 習 で 、 絵を 見 て 、 気 付 いた こ と や想 像し た こ
と を 仲 間 に 伝 え た り 、 仲 間 の話 を 聞 い た りす る 学 習 を し た。 そ の 中 で 、 描か れ て いる もの を 見
つ け て 単 語 で 伝 え た り 、 人 物に な り き っ てあ い さ つ を し たり し た 。 ま た 、教 師 が 絵の 内容 に つ
い て 問 い か け て 、 思 い 出 し たこ と 、 想 像 した こ と を 発 言 する 子 ど も も 見 られ た 。 その よう な 子
ど も た ち が 、 挿 絵 や 文 章 を 見て 場 面 の 様 子を 想 像 し 、 挿 絵と 文 章 を つ な げて 自 分 の読 みを 伝 え
た り 、 仲 間 の 読 み を 聞 い た りす る 。 こ の こと は 、 こ と ば をも と に し て 想 像を ふ く らま せた り 、
仲 間 とと もに 読 むこ との よ さ を 感 じ た りす る こと につ な がる で あろ う。
本単元は、場面の様子について挿絵から想像したり、挿絵と叙述をつなげて想像を広げた
りして読み、それを仲間と伝え合う学習である。子どもたちは、まず、挿絵を見て物語をと
らえたり、想像をふくらませたりするであろう。そして、想像したことを仲間と伝え合う中
で、自分と仲間の読みの違いに気付いていく。その違いが、問いの生み出しにつながると考
える。しかし、この時期の子どもたちが、叙述に着目して場面の様子を想像して読んだり、
自分の読みと仲間の読みとを比べて聞くことは容易なことではない。なぜなら、これまで叙
述をもとに想像をふくらませて読んだり、それを仲間と交流したりした経験が極めて少ない
からである。
そ こ で、 以下 の よう な 支援 に よ り 、 本 単元 で 求め る 子ど もの 姿 を導 き出 し た い 。
○
第 1 次 で 、 読 み 聞 か せ を2 回 行 う 。 1回 目 は 、 紙 芝 居の よ う に め く って 、 場 面ご とに 挿 絵
を 見 せ な が ら 聞 か せ る 。 そ の 上 で 、「 ど ん な お 話 だ っ た か 」 思 い 出 し な が ら 話 す 時 間 を 設 け
る 。 2 回目 は 、 読 み 聞か せ を 進 め なが ら 各 場 面 ご と に 挿 絵 を 黒 板に 貼 り 、 場 面 の様 子を 視 覚
的 に 捉 える こ と が で きる よ う に す る。 そ の 上 で 、 「物語 の 楽 し か っ た とこ ろ 」を 話す 時間 を 設
け る 。 この よ う な 2 回の 読 み 聞 か せを 行 う こ と で 、 物 語 を 仲 間 と共 に 読 み 進 め る意 欲を も つ
こ と が でき る よう にす る 。
○
第 2 次 の 話 し 合 い で は 、登 場 人 物 の 気持 ち を 吹 き 出 しに し て 考 え る よう 促 し たり 、2 つ の
場 面 の 挿絵 の 違い につ い て考 え るよ う促 し た り する 。こ の よう に して、場 面 の様 子に つ い て 、
想 像 を 広げ る こと がで き るよ う にす る。
○
2 次 の 話 し 合 い の 中 で 、挿 絵 か ら 想 像し た 内 容 と 叙 述を 関 連 付 け た 子ど も を 全体 の前 で 価
値 付 け たり 、 ど の 叙 述を 手 が か り に想 像 し た こ と を 話 し て い る のか 問 い 返 し た りし て、 挿 絵
と 叙 述 のつ な がり に気 付 くこ と がで きる よ う に する 。
-1-
2
目
標
○
挿 絵 や 叙 述 を 基 に 、 春 にな っ た 場 面 の様 子 に つ い て 、想 像 を 広 げ て 読む こ と がで きる よ う
にする。
○
挿 絵 や 叙 述 を 基 に 、 想 像し た こ と を 仲間 と 交 流 し 合 い、 物 語 を 読 む よさ や 仲 間と 話し 合 う
よ さ を 味わ う こと がで き るよ う にす る。
3
評価規準
関心・意欲・態度(関)
話す ・ 聞く 能力(話 )
読む 能力 (読)
言語についての知識・理解・技能(言)
○ 物語 に関心をもち、 ○ 挿絵 や 叙 述 を基 に し て ○ 言 葉 の ま と ま り で 区 切 っ て ○ 促 音 お よ び 半 濁 音 を 正
4
自分なりに想像し
場面 の 様 子 につ い て 想
たことを進んで仲
像し た こ と を話 し た り ○ 挿 絵 と 叙 述 を 結 び つ け て 、
る 。」 とい う 文 型 の 文を
間と読もうとして
相手 の 想 像 した こ と を
場面の様子を想像しながら
書く ことが でき る。
いる 。
聞い たり して いる 。
読 んで い る。
指導計画
12M(4時間)
は っき りと音読 して いる 。
が本時
学習活動
第1次
学 習内 容
し く 表記 し 、「 − が −す
子ど もの 意 識
物語 を聞 き、気 付き を 伝え 合い な がら 、大 体 の内 容を つ かむ
・ 作品 の大体の読み取り (読 )
3M (1時 間 )
・ 促音 および半濁音の正 しい 表記 ( 言)
ぉ 挿 絵 を 見 な が ら ・ 先 生 が は な の みち と い う お 話を 読 ん で く れ るの だ ね 。 ど んな お 話 な の
物語を聞き、仲
か な 。 く ま さ んが り す さ ん にふ く ろ の 中 の もの が 何 か 聞 きに 行 っ た お
間と気付きを交
話 な の だ ね 。 もう 1 回 読 ん でも ら え る よ 。 鳥が く ま さ ん のこ と を 見 て
流す る(3M)
い る と こ ろ が お も し ろ い な 。 A さ ん は 、く ま さ ん が た ね を 落 と し て い
る と こ ろ かあ 。 なる ほど 。 ほ ん とに お もし ろ いな 。
第2次
学 習内 容
話し合いをしながら物語を繰り返し読み、想像をふくらませる
・ 読み を交流する意欲(関 )
6M (2時 間 )
・気 付き や 感想、疑 問な ど自分が読み 取っ たこ との 伝 え合 い(話)
・ 言葉 のまとまりを意識 した 音読 ( 読)
・叙述や挿絵、 仲間 の気 付 きを 結び つけた想像(読)
ぉ 場 面 ご と に 挿 絵 ・ こ の 絵 の く ま さ ん た ち は 何 を 言 っ て い る の か な 。「 こ ん な の あ っ た っ
を見て、吹き出
け ? 」と 言 っ て い る と 思 う よ 。 こ の く ま さ ん は 、「 や っ た あ 、 は な の
しを考えたり、
み ちが で きた よ。」と 言 って い る と 思 う よ。前 は みち が な か った の に、
音読したりする
み ちが で きた か らね 。27 ペ ー ジと 29 ペ ー ジ を見 る と、 いろ い ろ発 見
(3M)
す るこ と があ る よ。 もっ と 見付 けた い な。
挿 絵 を 見 て 、 場 ・ ① ( 27ペ ー ジ ) と ② ( 29ペ ージ ) の 挿 絵 を 見て 気 付 い た こと を 話 す の
面の様子の違い
だ ね 。 池 を 見 ると 、 ① に は かた つ む り が い ない け ど 、 ② には い る よ 。
を見つけたり、
② で は う さ ぎ がは な の か ん むり を か ぶ っ て いる よ 。 な ぜ だろ う 。 た ぶ
各場面の想像を
ん 、 た く さ ん 花が あ っ た か らか な 。 き れ い だっ た か ら つ くり た か っ た
ふくらませたり
の か な 。 は な が た く さ ん さ い た の は 、 「あ た た か い か ぜ が ふ き は じ め
する (3M)
ま し た 」と 書 い て あ る か ら 、 冬 か ら 春 に な っ て い る こ と が 分 か る よ 。
う さ ぎ さ んの 花 のこ とが よ く 分 かっ た よ。 み んな で読 む と楽 しい ね 。
第3次
学 習内 容
音読 をし な がら 学習 を ふり か える。
・ 音読 で読みを表現する 意欲 (関)
3M (1時 間 )
・ 「−が− する 。」の 文型 の 文を 書く こと (言)
ぉ グ ル ー プ で 音 読 ・ み ん な で 話 し て は な の み ち の 話 が よ く 分 か っ た よ 。 「あ た た か い か ぜ
して学習を振り
が ふ き は じ め ま し た 」は 、 み ん な が 喜 ん で い る か ら う れ し そ う に 読 む
返る (3M)
よ 。B くん の くま さ ん の 読み 方上 手 だな 。 みん なで 読 むと 楽 し い な 。
-2-
5
本 時案
【平 成25年5月29 日
(1)ねらい
10:30 ∼11:15
1年2組教室 】
2 つの 場 面 の 挿 絵 を 比 較 し たり 、 叙 述 に 着 目し て 読ん だ りす る こと を と お し
て、場面の様子を想像し発表し たり音読で表した りすることができよ うにする。
(2)学習 過程
-3-
Fly UP