...

XXXXX インド、GST(物品・サービス税 XXXXX 税)法案が上院通過

by user

on
Category: Documents
29

views

Report

Comments

Transcript

XXXXX インド、GST(物品・サービス税 XXXXX 税)法案が上院通過
インド、GST(物品・サービス税
税)法案が上院通過
XXXXX
~モディ政権の改革が大きく前進~
ご参考資料 2016年8月4日
インドのGST憲法修正法案が8月3日に上院を通過し、インドでG
GSTが導入される見通しとなりました。これはインドの間接税制
を抜本的に変更するもので、最も重要な税制改革として非常に期
期待されています。現行のインドの間接税は複雑で種類が多い
上、州により税制が異なるため、これまで様々な経済活動の足か
、
税
、
動
かせとなっていました。
GST法案概要
・州ごとに異なる複雑な税体系を一本化、課税の重複など
どを回避するもの。
・経済の活性化により、実質国内総生産(GDP)成長率を0
0.5~2%程度押し上げると試算。
成立の経緯
・2014年モディ政権発足当初からの重要課題(最初の導入
入検討は2006年度予算案)。
・憲法改正のため、国会の3分の2の賛成が必要。2016年
年8月に修正法案が上院を通過(元の法案は2015年に下院を通過)。
今後の見通し
・各州での承認を経て早ければ2017年4月導入見込み。
・州間の移動を伴うサプライチェーン、大型小売事業の発展
展や海外小売企業のインド進出などが促進される可能性。
現状のインドの税制 (州ごとに異なる間接税制)
・インドの税制は法人税、納税者の居住形態や所得に課税される
る直接
税と、物品・サービスに課税される間接税に分かれています。間接
接税
は州ごとに定められており、州をまたぐ物品取引に対する課税は
は複雑
で 海外の事業者のみならず 国内事業者にも事業の妨げとなってい
で、海外の事業者のみならず、国内事業者にも事業の妨げとなっ
てい
ました。GSTは物品税、中央販売税、州VAT(付加価値税)、サー
ービス
税といった様々な間接税を一本化し、課税の重複・煩雑さを避ける目
的で導入されます。
法案通過までの過程
・これまで与野党および州政府間の意見調整が進まずGST導入は遅れ
ていましたが、6月上旬の選挙でBJP(インド人民党)主導の与党連合の
上院での議席数が64から70に増加したことや、州政府の財務大臣の審
議委員会が6月14日の会合でモデルGST法を承認したことで、状
状況は
前進しました。 7月27日にGST法案の修正(州をまたぐ取引に対して
政府が
1%の付加税を設ける案の廃止、州の歳入減少分は5年間中央政
補償など)が閣議承認され、GST導入の憲法修正法案は上院通過
過とな
りました。
・上院で法案を修正したため、修正法案は再び下院で審議される
る見込
みです 下院は与党が過半数の議席を占めているため 通過は容
みです。下院は与党が過半数の議席を占めているため、通過は容
容易と
見られています。
<インドの税収構造>
合計(中央政府+州政府)
3,390億米ドル(100%)
直接税
1,130億米ドル(33%)
法人税
(62%)
所得税
(35%)
間接税
2,260億米ドル(67%)
付加価値税(37%)
国消費税(15%)
サ ビス税(15%)
サービス税(15%)
関税(14%)
富裕税/その他
(3%)
その他(14%)
州消費税(7%)
出所:ICICI AM、2014年3月時点。 *四捨五入で計算しているため、
合計が100%とならないことがあります。
合計
な な
あり す。
今後の見通し
・ GSTの税率は未定であるため(18%前後で検討されています)、今後税率を決める必要があります。
・ 法案はこの後、少なくとも50%の州での承認が必要となりますが
が、この批准については楽観視されています。ジャイトリー財務大臣
は、2017年4月の実施に自信を示しています。
・ GSTの導入によって納税が簡単になることから、州をまたぐ取引
引への抵抗感がなくなり、より広い範囲での物流が活発化すると
予想されます。州外からの部品・材料の調達なども行いやすくなる
るため、経済活動の効率化にもつながると期待されます。
・ GSTが導入された場合に特に恩恵を受けるのは、組織化されて
ていない企業※の割合が高いセクターと言われています。
例えば、靴や塗料などの一般消費財、加工食品や洗剤などの生活
活必需品、自動車部品、病院などヘルスケア関連、メディア、繊維、
電化製品、物流、セメントなどのセクターです。
・当法案の上院通過は、モディ政権の今後の改革促進の契機とな
なると期待されています。
※従業員規模が 10
0 人に満たない民間企業(また一部,規模 10〜24 人を含む)を指すのが一般的
英国プルーデンシャル社はイーストスプリング・インベストメンツ株式会社の最終親会社です。最終親会社およびそ
そのグループ会社は主に米国で事業を展開しているプルデンシャル・ファイナンシャル社とは関係がありません。
※当資料はイーストスプリング・インベストメンツ株式会社が情報提供を目的として作成
成したものであり、特定の金融商品等の勧誘・販売を目的とするものではありません。
また、金融商品取引法に基づく開示資料でもありません。※当資料は信頼できると判
判断された情報等をもとに作成していますが、必ずしも正確性、完全性を保証するもの
ではありません。※当資料には、現在の見解および予想に基づく将来の見通しが含ま
まれることがありますが、事前の通知なくこれらを変更したり修正したりすることがあり
ます。また、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。※当資料で使
使用しているグラフ、パフォーマンス等は参考データをご提供する目的で作成したもの
です。数値等の内容は過去の実績や将来の予測を示したものであり、将来を保証する
るものではありません。
イーストスプリング・インベストメンツ株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第379号/加入協会 一般社団法
法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
160804(05)
投資信託にかかるリスクと費用
【投資信託にかかるリスクについて】
投資信託は、株や債券等の値動きのある証券(外貨建資産には為替リスクもあります)に投資をし
ますので、市場環境、組入有価証券の発行者にかかる信用状況等の変化により基準価額は変動
します。したがって、投資者のみなさまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下
落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
【投資信託にかかる費用について】
当社取り扱いの投資信託のご購入にあたっては、ご購入価額に対して最大4.104%(税込み)の購
入時手数料をご負担いただきます。また、換金時に直接ご負担いただく費用として、換金時の基準
価額に対して最大0.5%の信託財産留保額をご負担いただく場合があります。投資信託の保有期間
中に間接的にご負担いただく費用として、運用管理費用(信託報酬:信託財産の純資産総額に対し
て最大2.6784%(税込み・年率)程度)およびその他の費用を間接的にご負担いただきます。その他
の費用は定率でないもの、定時に見直されるもの、売買条件等に応じて異なるものがあるため、当
該費用および合計額を表示することができません。また、運用成績に応じた成功報酬をご負担いた
だく場合があります。なお、お客さまにご負担いただく手数料等の合計額については、購入金額や
保有期間等に応じて異なりますので表示することができません。
※上記は、2016年4月1日時点においてみずほ証券にてご購入いただける公募国内投資信託につ
いて記載したものです。外国投資信託の場合も、購入時手数料や換金時手数料の他、運用管理費
用等の名目で、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。また、上記は今後予告なく
変更される場合があります。ご投資にあたっては投資信託説明書(交付目論見書)や契約締結前交
付書面等(目論見書補完書面含む)をよくお読みください。
〈ご留意事項〉
本資料は情報を提供することを目的とした補足資料であり、法令に基づく開示書類ではありませ
ん。また、個別商品のご購入・ご換金の申し込みを勧誘するものではありません。本資料は、み
ずほ証券が情報提供のため信頼できると判断した投資信託委託会社等が作成した資料をお客
さまに配布するものですが、その資料の正確性、完全性および将来の市況環境の変動等を保
証するものではありません。また、掲載データはあくまで過去のものであり、将来の市況動向等
を保証するものではありません。
商号等:
加入協会:
みずほ証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第94号
日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、
一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会
(2016年4月1日)
Fly UP