...

MSN-Mainichi INTERACTIVE 余録

by user

on
Category: Documents
17

views

Report

Comments

Transcript

MSN-Mainichi INTERACTIVE 余録
MSN-Mainichi INTERACTIVE 余録
2005年05月04日
ニューストップ > コラム一覧 > 余録 > バックナンバー > 記事全文
バックナンバー
社会
スポーツ
芸能
暮らし
IT
サイエンス
政治
経済
国際
一覧
余録:
「安全対策をいくらとっても事故のリスクは変わらない」…
「安全対策をいくらとっても事故のリスクは変わらない」という奇妙な説がある。カナダの交通心理学
者のジェラルド・ワイルドという人が唱えたため、その反対者からは「ワイルドの不幸保存の法則」と呼
ばれた(芳賀繁著「失敗の心理学」日経ビジネス人文庫)▲ワイルドによると「人は安全対策でリスクが
減ると、その分だけ行動を危険な方向に変化させるので長期的には安全対策は無効になる」という。体温
を一定に保つなどの生体の自動調節機能(ホメオスタシス)にたとえて「リスク・ホメオスタシス説」と
いうのだそうだ▲この説が大反発を呼んだのはいうまでもない。さまざまなデータを出しての論争の結
果、結論は否定されたそうだが、安全対策が人の行動に影響を与えて対策の効果を弱める可能性は再認識
された。安全対策を裏切るのは、それでタカをくくる人の心だ▲では、一体どのような「間違い」が通勤
電車を脱線させ、マンションに激突させたのだろう。うららかな春の朝、いつものように職場や用事の場
所におもむいた何十人もの人生は突然、理不尽に断ち切られた。今は亡くなった方々のご冥福を祈り、傷
ついた人々の一刻も早い回復を願うしかない▲惨事の原因はまだ分からない。現場のカーブではかなりの
スピードが出ていたと乗客はいう。自動列車停止装置(ATS)が速度オーバーに対応しない旧型だった
のを問題視する声もある。いずれにせよ事故を呼び起こした「魔」は、どこかで人の予想や期待の裏をか
いたのだ▲統計上、道路を歩くよりも電車に乗っている方が安全だといわれる日本の鉄道である。その安
全の実績がかえって油断や怠慢をもたらしたのならば、もう「ワイルドの法則」を奇説となじれない。
毎日新聞 2005年4月26日 東京朝刊
Copyright 2004-2005 THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.
MSN毎日インタラクティブに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権|プライバシー|よくある質問|MSN毎日インタラクティブから|毎日新聞から|ご意見|読者投稿
http://www.mainichi-msn.co.jp/column/yoroku/archive/news/2005/04/20050426ddm001070001000c.html2005/05/04 15:18:16
Fly UP