...

1 札幌圏都市計画道路の変更(札幌市決定)

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

1 札幌圏都市計画道路の変更(札幌市決定)
札幌圏都市計画道路の変更(札幌市決定)
1.都市計画道路中3・3・3号 北3条通を次のように変更する。
種
名
称
位
置
区 域
構
主 な
別
番号
路線名
起点
終点
構 造
幹 3・3・3
線
街
路
北 3 条通 札 幌 市
中央区
北 3 条西
3 丁目
札幌市
中央区
北 3 条東
14 丁目
車 線
延 長
経過地
形 式
札幌市 約
2,070m 地表式
中央区
北 3 条東
8 丁目
造
の 数
4 車線
地表式の区間
における鉄道
等との交差の
構造
幅員
27.27m
備考
幹線街路と平面交差 6
箇所
「区域及び構造は計画図表示のとおり」
2.都市計画道路中8・4・35号 仮称 札幌駅前通公共地下歩道を次のように変更する。
種
名
称
位
置
区 域
構
主 な
別
番号
路線名
起点
終点
構 造
特
殊
街
路
車 線
延 長
経過地
形 式
造
の 数
幅員
地表式の区間
における鉄道
等との交差の
構造
備考
8・4・35
仮称
札幌市 札幌市 札幌市 約
歩行者専用
札 幌 駅 中央区
680m 地下式
20m
中央区
中央区
道路
前 通 公 北 5 条西 大通西 3 北 3 条西
共 地 下 3 丁目
丁目
3 丁目
歩道
札幌市中央区大通西3丁目、札幌市中央区大通西4丁目及び、札幌市中央区北2条西4丁目
地内において、立体的範囲を定める。
立体的な範囲
「区域、構造及び立体的な範囲は計画図表示のとおり」
理 由 書
都市計画広場(1 号 北3条広場)との整合性を図るため、3・3・3 北3条通の起点を本案のとおり変更する
ものである。
また、道路空間の有効利用及び、周辺民間開発との連携を図るなどの理由により、8・4・35 仮称 札幌駅前通
公共地下歩道のうち、出入口の区域を本案のとおり変更するものである。なお、変更後の出入口に関し、民間
施設との合築となる部分については、立体都市計画決定(地下 1 層、地上 1 層)とする。
変更説明書
新
番
号
旧
路線名
番
号
3・3・3
北3条通
3・3・3
8・4・35
仮称 札幌駅前 8・4・35
通公共地下歩道
路線名
北3条通
変更内容
起点の変更(延長減約 160m)
車線の数の決定
仮称 札幌駅前 区域の変更
通公共地下歩道 (立体的範囲を定める)
1
定 規 図
3・3・3 北3条通
27.27
4.635
18.00
2.00
8・4・35
仮称
6.50
1.00
札幌駅前通公共地下歩道
23.0
3.0
20.0
2
4.635
6.50
2.00
札幌圏都市計画道路変更箇所図
3・3・3 北3条通(27.27m、4 車線)
(札幌市決定)
8・4・35 仮称 札幌駅前通公共地下歩道
(札幌市決定)
凡
縮尺 1:30,000
0
500
1,000
2,000m
3
例
■
車線の数を定める区間
■
廃止区間
■
変更のない区間
■
変更箇所
札幌圏都市計画道路変更 計画図1
8・4・35 仮称 札幌駅前通公共地下歩道(位置)
8・4・35
立体的範囲③
仮称 札幌駅前通公共地下歩道
(札幌市決定)
23M
(20M)
(
凡
立体的範囲②
)内は内空寸法
例
変更後
立体的範囲①
変更前
変更のない区間
立体的範囲
0
4
50
1/3000
100m
札幌圏都市計画道路変更 参考図3
8・4・35 仮称 札幌駅前通公共地下歩道(立体的範囲 3 −1)
▼官民境界
2.0m
B’
12.0m
EV
EV
ロビー
A’
2.0m
A
35
40 42
▲
29
1.5m
B
官民境界
22.7m
■地上平面
2.3m
▼官民境界
B’
9.7m
B
A’
1.5m
EV
▲
2.0m
A
官民境界
22.7m
■地下平面
凡 例
立体的範囲
0
10
5
10
1/300
20m
札幌圏都市計画道路変更 参考図4
8・4・35 仮称 札幌駅前通公共地下歩道(立体的範囲 3 −2)
7.6m
2FL
ピロティ
EV
ロビー
1FL
GL 地盤レベル
2.5m
6.0m
EV
▼標高11.75m
2.2m
B1FL
▲官民境界
■A-A’断面
7.6m
2FL
1FL
6.0m
GL 地盤レベル
▼標高11.75m
B1FL
▲官民境界
■B-B’断面
凡 例
立体的範囲
0
11
5
10
1/300
20m
Fly UP