...

ホテル出発後 - アップルワールド

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

ホテル出発後 - アップルワールド
ホテルで使う英会話
◆ホテル出発後
(1)ホテルに忘れ物をした(電話編)
“ホテルに忘れ物をしてしまった!”そんな時に使える、電話での会話です。
基本はゆっくり、はっきり大きな声で話すこと。必要であればファックスも使いましょう。
1. まずはホテルに電話をかけます。すると、ホテルの人がこんなふうに答えるでしょう。
フロント
:Hello, this is xxxx Hotel. May I help you?
(もしもし、こちらは xxxx ホテルですが?)
※ここの部分はかなり早口で聞き取れないことも多いですが、まあこんな感じのことをしゃべってるんだな
と思ってください。
念のため、一度ホテル名を聞き返します。
旅行者
:XXXX Hotel?
(xxxx ホテルですか?)
※この部分は、ゆっくり、はっきりと言うことがコツです。
ゆっくり言うことで、ホテルの人も“あ、この人は外国の人だな”とわかってくれます。
そうすると、ホテルの人もゆっくりめにこう答えてくれるでしょう。
フロント
:Yes?
(イエ~ス? はい、そうですが?)
ここで用件を伝えます。
旅行者
:My name is Hiroko Sato, and I stayed with your hotel from 24th to 27th September,
the room number was 1234.
(私の名前はサトウ ヒロコと言います。そちらのホテルに、9 月 24 日から 27 日まで滞在しました。
ルームナンバーは 1234 号室でした。)
旅行者
:I want to know if anyone has found my jacket in that room.
(その部屋で、どなたか私の上着を見つけなかったか、おうかがいしたいのですが。)
※“my jacket”のところに、忘れたものを入れて伝えます。
my handbag(ハンドバッグ)
my videogame(テレビゲーム)
my films(フィルム)....など
2.ホテルの人は「少々お待ち下さい」と言って、少し調べてくれるか、大きなホテルなら 「遺失物係」へまわしてくれる
でしょう。
フロント
:OK, hold on please.
(少々お待ち下さい。)
※もし「遺失物係(Lost and found)」にまわされた場合は、先にフロントに伝えたのと同じ内容を再度伝えてください。
※フロントで(または遺失物係で)、あたなの忘れ物が「あった」という場合は、自宅へ着払いで送ってもらうよう
依頼します。
旅先でのトラブルに、日本語でサポートします。 <日本語サービスデスク >
※下記は当社の予約センターではございません。「アップルワールド」のお客様である旨をお伝えの上、ご用件をお申し伝えください。(<フリーダイヤル>以外は通話料がかかります。)
■東南アジア・オセアニアにご旅行中は…………シンガポールデスク [年中無休] TEL: 65-6735-3643(現地時間 10:00~18:30)
■ヨーロッパ・中近東にご旅行中は………………ロンドンデスク [年中無休] TEL:44-20-7930-9694(現地時間 10:00~18:30)
■ハワイにご旅行中は……………………………ホノルルデスク [年中無休] TEL:1-808-921-1738(ホノルル時間 9:30~18:00)
■北米・中南米にご旅行中は……………………ロサンゼルスデスク [年中無休] TEL:1-213-622-7118 (24 時間)、
<フリーダイヤル>(※アメリカ・カナダからの通話のみ) TEL:1-866-376-4032 (ロサンゼルス時間 8:30~18:00 )
ホテルで使う英会話
※フロントで(または遺失物係で)、あなたの忘れ物が「ない」という返事の場合は、「見つかったら自宅へ電話をくださ
い」と依頼します。
3.もしあなたの忘れものがない場合、このような返事になるでしょう。
フロント
:I'm sorry, we don't have one.
(申し訳ありませんが、そういったものはありません。)
その場合は「見つかったら教えて下さい」と頼んでみましょう。
旅行者
:Would you please call me if you find it?
(もし見つかりましたら、お電話いただけますか?)
旅行者
:My telephone number is, (ここで一息ついて)country code 81, area code 3, and 12 34 56 78.
(私の電話番号は、国番号が 81、市外局番が 3、そして 12 34 56 78 です。)
※番号はゆっくり、はっきりと。2 ケタくらいずつ区切って言うと、先方もわかりやすいでしょう。
※海外からかける場合は、市外局番のアタマのゼロは省きます。
フロント :OK.
(わかりました。)
念のため、受けてくれた人の名前を聞いておきましょう。
旅行者
:May I have your name, please?
フロント :John.
旅行者
(お名前を教えていただけますか?)
(ジョンです。)
:Thank you, John. Bye.
(ジョンですね、ありがとう。それでは。)
4 もしあなたの忘れものがあった場合、このような返事になるでしょう。
フロント
:Yes, we have it.
(ええ、ありますよ。)
その場合は「自宅宛に、着払いで送ってください」と頼んでみましょう。
旅行者
:Thank you very much! Would you please send it to me by COD?
(ありがとうございます!それでは、自宅宛に着払いで送っていただけますか?)
※【用語】 COD:「COD」とは“Cash on delivery”の略で、いわゆる 「着払い」のことです。
英語ではそのまま「シー・オー・ディー」と言えば伝わります。
旅行者
:I'll send you my address by fax later. So please send the jacket to the address.
(私の住所を後ほどファックスで送りますので、上着をその住所に送ってください。)
※直接電話で住所を伝えてもよいのですが、国際電話だとなかなか聞き取れなかったり、先方が忙しかっ
たりすると思うように確認ができない場合があります。ですから、少々めんどうでも確実に届くためには、後
からファックスをするのがよいでしょう。
フロント :OK.sure.
(わかりました。)
旅先でのトラブルに、日本語でサポートします。 <日本語サービスデスク >
※下記は当社の予約センターではございません。「アップルワールド」のお客様である旨をお伝えの上、ご用件をお申し伝えください。(<フリーダイヤル>以外は通話料がかかります。)
■東南アジア・オセアニアにご旅行中は…………シンガポールデスク [年中無休] TEL: 65-6735-3643(現地時間 10:00~18:30)
■ヨーロッパ・中近東にご旅行中は………………ロンドンデスク [年中無休] TEL:44-20-7930-9694(現地時間 10:00~18:30)
■ハワイにご旅行中は……………………………ホノルルデスク [年中無休] TEL:1-808-921-1738(ホノルル時間 9:30~18:00)
■北米・中南米にご旅行中は……………………ロサンゼルスデスク [年中無休] TEL:1-213-622-7118 (24 時間)、
<フリーダイヤル>(※アメリカ・カナダからの通話のみ) TEL:1-866-376-4032 (ロサンゼルス時間 8:30~18:00 )
ホテルで使う英会話
電話を受けてくれた人宛にファックスを送るため、その人の名前を聞きます。
旅行者
:May I have your name, please?
(お名前を教えていただけますか?)
フロント :John.
旅行者
(ジョンです。)
:Thank you, John. Bye.
(ジョンですね、ありがとう。それでは。)
※こうして「ジョン」宛にファックスを送れば、より確実になるでしょう。
<忘れ物をして、それを自宅へ送ってもらう場合の FAX の例>
date : August 20, 2001
attn : John, Front Office Clerk
XXXX Hotel
from : Hiroko Sato
Dear John,
Thank you for your kind assistance.
I'm very happy to hear that you kindly keep my jacket.
Please send it to the address below by C.O.D.
12F Metropolitan Plaza,
1-11-1 Nishi-Ikebukuro,
Toshima-Ku, Tokyo-To
Japan 171-0021
Ms Hiroko Sato
phone +81-3-3980-****
fax +81-3-3980-****
Thank you very much again and I'm looking forward to hearing from you soon.
Best regards,
(Hiroko Sato/サイン)
旅先でのトラブルに、日本語でサポートします。 <日本語サービスデスク >
※下記は当社の予約センターではございません。「アップルワールド」のお客様である旨をお伝えの上、ご用件をお申し伝えください。(<フリーダイヤル>以外は通話料がかかります。)
■東南アジア・オセアニアにご旅行中は…………シンガポールデスク [年中無休] TEL: 65-6735-3643(現地時間 10:00~18:30)
■ヨーロッパ・中近東にご旅行中は………………ロンドンデスク [年中無休] TEL:44-20-7930-9694(現地時間 10:00~18:30)
■ハワイにご旅行中は……………………………ホノルルデスク [年中無休] TEL:1-808-921-1738(ホノルル時間 9:30~18:00)
■北米・中南米にご旅行中は……………………ロサンゼルスデスク [年中無休] TEL:1-213-622-7118 (24 時間)、
<フリーダイヤル>(※アメリカ・カナダからの通話のみ) TEL:1-866-376-4032 (ロサンゼルス時間 8:30~18:00 )
Fly UP