...

濁川三岱浄水場電気設備及び 非常用発電機更新工事 特 記 仕 様 書

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

濁川三岱浄水場電気設備及び 非常用発電機更新工事 特 記 仕 様 書
濁川三岱浄水場電気設備及び
非常用発電機更新工事
特
記 仕 様 書
平成28年10月
森町上下水道課
目
第 1 章
総
次
則 ································· 1-1
第1節
一 般 事 項 ································ 1-1
第2節
共 通 事 項 ································ 1-4
第 2 章
動力設備····································· 2-1
第 3 章
計装設備····································· 3-1
第 4 章
自家発電設備 ································· 4-1
第 5 章
中央監視設備 ································· 5-1
第 6 章
仮設設備····································· 6-1
第 7 章
試験および検査 ······························· 7-1
第1章 総
第1節
則
一般事項
1.適 用 範 囲
本仕様書は、濁川三岱浄水場電気設備及び非常用発電機更新工事に適用する。
但し、当該工事の内容に関する設計図に記載されている事項が本特記仕様書(以下仕様書と略
す)と相違ある場合は、すべて仕様書による。
なお、仕様書および設計図に明記なきものは監督員の承諾を得るものとする。
2.提 出 図 書
(1)書類等の様式は、原則として発注者「甲」の様式によること。
(2)提出部数は、監督員の指示する部数とする。
3.関係法令等の運用
(1)関係法令等の遵守
受注者は、工事施工にあたり工事に関する諸法規その他諸法令を遵守し、工事の円滑なる進
捗を図るとともに諸法令への運用・適用は受注者の負担と責任において行わなければならな
い。
(2)関係官公署への許認可申請
工事施工のため必要な関係官公署, その他の者に対する諸手続は、受注者において迅速に処
理しなければならない。
関係官公署, その他の者に対して交渉を要するとき、又は交渉を受けた時は遅滞なくその旨
を監督員に申し出て協議するものとする。
(3)労働関係法規の遵守
受注者は、工事施工に際して労働関係法規を守り、労働関係官庁に対して一切の責任を負う
ものとする。
1-1
4.疑
義
仕様書等に定める事項について疑義を生じた場合の解釈および本工事施工の細目については、
監督員の指示に従わなければならない。
5.事 前 調 査
受注者は、工事着手にさきだち現地の状況, 関連工事その他について綿密な調査を行い、十分
実状把握のうえ工事を施工しなければならない。
6.技術員派遣
受注者は、工事に当り、機器据付, 試運転等に必要な技術員および特殊技術を要する作業には、
熟練者を派遣してこれを行うものとする。
7.下請負の注意
受注者は、工事を一括下請けさせてはならない。
但し、やむを得ない理由により下請者に付する場合は、事前に監督員の承諾を得る他、次の要
件を満たさなければならない。
(1)受注者が工事の施工につき総合的に企画・指導および調整すること。
(2)下請負者は、当該下請工事の施工能力を有すること。
8.関連業者間の調整
(1)関連業者との協力
受注者は、工事施工にあたって関連業者との連絡を密にし、工事の進捗を図るとともに工事
限界部分については、相互に協力し全体としての調和のとれた設備としなければならない。
9.検査および試験
検査および試験は、工場検査, 現場検査および官庁検査の3種類とする。
なお、詳細については、第8章を参照し、監督員と打ち合わせて決定する。
1-2
10.設 計 変 更
工事施工の結果、数量並びに材質に差異を生じた場合は受注率を考慮し設計変更を行うものと
する。
但し、軽微な変更についての設計変更は行わないものとする。
11.試験(調整)運転
(1)試運転調整
受注者は、工事完了後、関連土木, 建築工事および機械設備工事の施工業者と連絡を密に取
り設計機能が完全に発揮されるまでの間、施設全体の試運転調整に協力する義務を負うものと
する。
(2)運 転 指 導
受注者は、工事対象物の設備について、工期内の総合試運転調整終了、その取扱いについて
実施指導を行う義務を負うものとする。
12.打合せ会議
受注者は、監督員が主催する工程, 設計および検査等の打合せ会議に必ず出席しなければなら
ない。
1-3
第2節 共 通 事 項
1.承諾図書の提出
受注者は、設計図書に従い、必要に応じ現場実測を行ったうえ、承諾図書および監督員の要求
する資料等を必要部数提出すること。
2.保
証
納入機器の保証期間は、工事完成後2年とし、この期間中の取扱いの過誤又は天災等によらな
い故障が発生したときは、受注者はすみやかに修理または取替えを行わなければならない。
3.関連規程等の適用
受注者は、仕様書に記載する各種工事を下記の関係規程等に従い、誠実にしてかつ完全な施工
を行うものとする。
(1)電気事業法
(2)電気工事士法
(3)電気工事業の業務の適正化に関する法律
(4)電気通信事業法,有線電気通信法
(5)電気用品安全法
(6)建築基準法
(7)消防法
(8)労働安全衛生法
(9)計量法
(10)電気設備に関する技術基準を定める省令
(11)日本工業規格(JIS)
(12)電気規格調査会標準規格(JEC)
(13)日本電機工業会標準規格(JEM)
(14)日本照明器具工業会規格(JIL)
(15)日本蓄電池工業会規格(SBA)
(16)日本電力ケーブル接続技術協会規格(JCAA)
1-4
(17)日本内燃力発電設備協会規格(NEGA)
(18)日本計量機器工業連合会規格(JMIF)
(19)内線規程
(20)電力会社電気供給約款
(21)その他関連法令,条例および規格
(22)建築設備耐震設計・施工指針
4.施工およびその基準
(1)仮 設 物
ア.受注者詰所, 工作小屋, 材料置場, 便所などの必要な仮設物を設ける場合は、設置位置そ
の他について監督員の承諾を受けること。
イ.火気を使用する場所、引火性材料の貯蔵所などは、建築物および仮設物から隔離した場所
を選定し、関係法規の定めるところに従い防火構造又は不燃材料などでおおい消火器を設け
ること。
ウ.工事用足場等を設ける場合は、堅ろうかつ安全に設け常に安全維持に注意すること。
エ.前記各項の仮設物などに要する一切の費用は、受注者の負担とする。
(2)機械器具, 材料の選定および製作
ア.この工事に使用する機械器具および材料は、監督員の承諾する業者の製品とし、同種製品
の同種部品は、完全な互換性のあるものでなければならない。
イ.日本工業規格(JIS)に制定されているものは、これに適合し、かつ電気用品取締規則
の適用を受けるものは、型式承認済のものを使用するのは勿論、設置地区電力会社が型式を
制定したものは、これによらなければならない。
ウ.現場組立および調整
現場組立および調整試験については、特に熟練した技術者を派遣し、組立調整試験を行う
こと。
1-5
5.施工の点検および立会
(1)施工後に検査が不可能もしくは、困難な工事、又は調合を要する場合で監督員の指示するも
のは監督員の立会を受けること。
(2)各工事は、それぞれの工程において監督員の点検を受けるものとする。
6.荷造りおよび輸送
荷造りは厳重に施し、防湿を完全におこない、天地無用の品にはその旨を明記し、適当なる転
倒防止の対策を講じるものとする。
7.障害物件の取扱い
工事中、障害物件の取扱いおよび取壊しの処置については、監督員の指示又は承諾を受けるも
のとする。
8.施設の保全
既設構造物を汚染およびこれ等に損傷を与えたときは受注者の責任で復旧しなければならな
い。
9.工事用電力および用水等
(1)工事用および検査に必要な電力, 用水およびこれに要する仮設材料は、受注者の責任で処理
しなければならない。(工期当該月末までの期間とする。)
(2)試運転および調整等に要する機械油, グリース, 燃料等一切の油脂類(容器とも)は受注者
の負担とするものとする。
10.工事対象物の管理義務
工事が完成し、引渡し完了まで工事対象物の保管責任は受注者に帰属するものとする。
1-6
11.跡 片 付 け
工事終了後、受注者は、監督員の指示に従いすみやかに不要材料, 仮設物, 器具,機械類を撤
去し、跡地を整地清掃するものとする。
12.そ の 他
(1)受注者は、仕様書および設計図書に従って施工するものであるが、これに明示していない事
項でも施工上、技術上当然必要と認められる個所は受注者の責任において行わなければならな
い。
(2)軽微な変更
本工事施工中、構造物,機械設備等の関係におこる器具の位置変更, 配線経路変更等の軽微
なる変更(以下「軽微な変更」という)は施工設計図を提出し、監督員の承諾を得て変更する
ことができる。
但し、この場合においては、受注金額の増減はおこなわないものとする。
(3)電気機器等の仕様変更
仕様書に記載されている仕様を変更する場合は、監督員に変更理由および性能等の資料を提
出し、承諾を得た場合のみ使用することができる。
1-7
第2章 動 力 設 備
1.概
要
本設備は、電力会社より 3φ3W210V、1φ2W105V、受電を行い、停電時の電源を確保するも
のである。
また、濁川三岱浄水場の運転操作設備に関する電気機器により構成する。下記に機器
の製作仕様を示す。
2.設備構成
【濁川三岱浄水場】
(1) 引込動力盤
(LP-1)
1面
(2) 動力制御盤1
(P-1)
1面
(3) 動力制御盤2
(P-2)
1面
3.設備範囲
(1) 上記第 2 項記載の機器製作、据付工事
(2) 上記第 2 項記載の電気配管・配線工事
(3) その他上記に必要な工事
4.機器仕様
【濁川三岱浄水場】
(1) 引込動力盤
(LP-1)
ア) 数
量
1面
イ) 型
式
屋内自立閉鎖型
ウ) 寸
法
設計図面を参照し、承諾図により決定する。
エ) 主要内蔵機器
1) 配線用遮断器
3P,MCCB 225AF
2台
2) 配線用遮断器
3P,MCCB 225AF(ノートリップ)
2台
3) 配線用遮断器
3P,MCCB 100AF
1台
4) 配線用遮断器
3P,MCCB 50AF
4台
5) 配線用遮断器
2P,MCCB 50AF
2台
6) 漏電遮断器
3P,ELCB 100AF
1台
7) 漏電遮断器
3P,ELCB 50AF
10 台
8) 避雷器
公称放電電流 10kA 以上
2台
9) リアクトル始動器
200V-7.5kW 用
1組
2-1
10) リアクトル始動器
200V-5.5kW 用
1組
11) 電磁開閉器
200V-7.5kW 用(非可逆)
1組
12) 上記進相コンデンサ
13) 電磁開閉器
1台
200V-5.5kW 用(非可逆)
14) 上記進相コンデンサ
1組
1台
15) 双投形電磁開閉器
200A (MCDT)
1台
16) 双投形電磁開閉器
75A (MCDT)
2台
17) 双投形電磁開閉器
50A (MCDT)
1台
18) 計器用変流器
-/5A
2台
19) 電磁開閉器
200V-0.2kW 用(可逆)
1組
20) 上記進相コンデンサ
1台
21) 電灯トランス
200V/200-100V
1台
22) 制御用トランス
200V/100V
1台
23) その他必要なもの
1式
オ) 盤面取付機器
1) 電圧計
広角度形 110 角 (A)
2台
2) 電圧切換スイッチ
(VS)
2個
3) 電流計
広角度形 110 角 (A)
4台
4) 電流切換スイッチ
(AS)
2個
5) 集合表示灯
44 窓 (GFI) LED
1組
4) 状態表示灯
(2 灯型) LED
8組
5) 状態表示灯
(3 灯型) LED
1組
6) 切換スイッチ
(2 ノッチ)
12 個
7) 切換スイッチ
(2 ノッチ)
12 個
8) 操作スイッチ
(2 ノッチ)
9個
9) 操作スイッチ
(3 ノッチ)
1個
10) 押ボタンスイッチ
(非照光形)
2個
11) その他必要なもの
(2) 動力制御盤1
1式
(P-1)
ア) 数
量
1面
イ) 型
式
屋内自立閉鎖型
ウ) 寸
法
設計図面を参照し、承諾図により決定する。
2-2
エ) 主要内蔵機器
1) 配線用遮断器
2P,MCCB 50AF
2台
2) 漏電遮断器
2P,ELCB 50AF
2台
3) 漏電遮断器
3P,ELCB 50AF
6台
4) 電磁開閉器
200V-1.5kW 用(非可逆)
4台
5) 上記進相コンデンサ
6) 電磁開閉器
4台
200V-3.7kW 用(非可逆)
7) 上記進相コンデンサ
2台
2台
8) 計器用変流器
-/5A
2台
9) 電磁開閉器
100V-0.4kW 用(非可逆)
1台
10) 制御用トランス
200V/100V
1式
11) その他必要なもの
1式
オ) 盤面取付機器
1) 電流計
広角度形 110 角 (A)
2台
2) 集合表示灯
20 窓 (GFI) LED
1組
3) 状態表示灯
(2 灯型) LED
8組
4) 切換スイッチ
(2 ノッチ)
7個
5) 切換スイッチ
(3 ノッチ)
1個
6) 操作スイッチ
(2 ノッチ)
8個
7) 押ボタンスイッチ
(非照光形)
2個
8) その他必要なもの
(3) 動力制御盤2
1式
(P-2)
ア) 数
量
1面
イ) 型
式
屋内自立閉鎖型
ウ) 寸
法
設計図面を参照し、承諾図により決定する。
エ) 主要内蔵機器
1) 配線用遮断器
2P,MCCB 50AF
2台
2) 配線用遮断器
3P,MCCB 50AF
3台
3) 漏電遮断器
3P,ELCB 50AF
6台
4) 電磁開閉器
200V-0.2kW 用(非可逆)
4台
5) 上記進相コンデンサ
6) 電磁開閉器
4台
200V-0.75kW 用(可逆)
2-3
1台
7) 上記進相コンデンサ
1台
8) 電磁開閉器
200V-0.2kW 用(非可逆)
1台
9) 電磁開閉器
200V-0.05kW 用(非可逆)
2台
10) 電磁開閉器
200V-0.4kW 用(非可逆)
1式
11) 上記進相コンデンサ
1式
12) その他必要なもの
1式
オ) 盤面取付機器
1) 集合表示灯
20 窓 (GFI) LED
1組
2) プログラマブル操作表示器
1台
3) 状態表示灯
(2 灯型) LED
7組
4) 状態表示灯
(3 灯型) LED
1組
5) 切換スイッチ
(2 ノッチ)
3個
6) 操作スイッチ
(2 ノッチ)
7個
7) 操作スイッチ
(3 ノッチ)
1個
8) 押ボタンスイッチ
(非照光形)
2個
9) その他必要なもの
1式
2-4
第3章 計 装 設 備
1.概
要
本設備は、濁川三岱浄水場内に計装盤を設置し計装機器(水位、流量等)より信号を監視す
るものである。下記に機器の製作仕様を示す。
2.設備構成
【濁川三岱浄水場】
(1) 計装盤 (KP-1)
1面
(2) 取水流量調節
1組
(3) 次亜注入量調節
1組
(4) PAC注入量調節
1組
(5) 無停電電源装置(M-UPS)
1台
3.設備範囲
(1) 上記第 2 項記載の機器製作、据付工事
(2) 上記第 2 項記載の電気配管・配線工事
(3) その他上記に必要な工事
4.機器仕様
【濁川三岱浄水場】
(1) 計装盤
(KP-1)
ア) 数
量
1面
イ) 型
式
屋内自立閉鎖型
ウ) 寸
法
設計図面を参照し、承諾図により決定する。
エ) 主要内蔵機器
1) 配線用遮断器
2P,MCCB 50AF
12 台
2) 配線用遮断器
2P,MCCB 50AF×2(メカニカルインターロック付)
1組
3) プログラマブルコントローラ
1式
①機器構成
a.CPUモジュール(上位装置との通信が可能なもの)
処理速度:基本命令20ns
プログラムメモリ:32kステップ
入出力制御点数:最大8192点
3-1
b.電源モジュール
c.通信モジュール(上位装置との通信が可能なもの)
d.ベースボード
e.入出力モジュール:機器の各種信号が取込み可能な数量を実装する。
f.標準予備品
4) その他必要なもの
1式
オ) 盤面取付機器
1) 集合表示灯
18 窓 (GFI) LED
1組
2) 縦形指示計
13 台(取付スペース)
3) ワンループコントローラ
3 台(取付スペース)
4) 水処理室温度調節計
1台
5) その他必要なもの
1式
(2) 取水流量調節
ア) 数
量
イ) 構 成
1組
ワンループコントローラ、制御用ソフトウェア、縦形指示計、アレスタ、
絶縁信号変換器
その他必要なもの
ウ) 仕
様
エ)その他
1式
断続出力型
ワンループコントローラの表示機能で原水流入弁開度が表示できること。
(3) 次亜注入量調節
ア) 数
量
イ) 構 成
1組
ワンループコントローラ、制御用ソフトウェア、絶縁信号変換器×2 台
その他必要なもの
ウ) 仕
様
1式
連続出力型
(4) PAC注入量調節
ア) 数
量
イ) 構 成
1組
ワンループコントローラ、制御用ソフトウェア、絶縁信号変換器×2 台
その他必要なもの
ウ) 仕
様
連続出力型
3-2
1式
(5) 無停電電源装置
(M-UPS)
ア) 数
量
1台
イ) 仕
様
電源:1φAC100V 50Hz
定格出力:1φAC100V 50Hz 3kVA 5 分以上
運転方式:常時インバータ給電
停電切換時間:無瞬断
直送パイパス回路:有
バッテリ仕様:小型制御弁式鉛蓄電池(長寿命タイプ)
冷却方式:強制空冷
3-3
第4章 自 家 発 電 設 備
1.概
要
本設備は、濁川三岱浄水場内に電力会社からの電源供給が停止した場合、それを検知し自動
的に自家発電設備を起動させ、本施設が通常状態と変わらぬ運用を可能とするものである。下
記に機器の製作仕様を示す。
2.設備機器
(1) 自家発電装置
(DG-1)
1台
(2) 燃料タンク
1基
3.設備範囲
(1) 上記第 2 項記載の機器製作、据付工事
(2) 上記第 2 項記載の各機器間の配管・配線接続工事、給排気・排風及び燃料配管工事
(3) その他上記に必要な工事
4.設備仕様
【濁川三岱浄水場】
(1) 自家発電装置
(D-G)
ア) 数
量
1式
イ) 型
式
屋内普通騒音(105dB(A)以下)キュービクル形(長時間形)
ウ) ディーゼル機関
1) 数
量
1台
2) 形
式
ディーゼル機関
3) 定
格
連続
4) 出
力
57.8kW 以上
5) 回転速度
1500rpm
6) 使用燃料
軽油
7) 冷却方式
ラジエータ方式
エ) 三相交流同期発電機
1) 数
量
1台
2) 容
量
65kVA 以上
3) 極
数
4極
4-1
4) 回転数
1500rpm
5) 電
圧
210V
6) 周波数
50Hz
7) 励磁方式
ブラシレス方式
オ) 制御盤・始動用直流電源装置
1) 数
量
1式
2) 形
式
搭載形
ク) 給気ファン
1) 数
量
1台
2) 電
源
3φ200V 0.4kW
3) 材
質
鋼板製
4) 羽根径
60 ㎝
5) 付属品
バックガード
ケ) 給気ダンパー
1) 数
量
1台
2) 電
源
1φ200V 60VA
3) 材
質
鋼板製
4) 適用羽根径
60 ㎝用
5) 付属品
開閉確認用リミットスイッチ
サ) 排風ダンパー
1) 数
量
1台
2) 電
源
1φ100V 60VA
3) 材
質
鋼板製
4) 開口寸法
600×600mm
5) 付属品
開閉確認用リミットスイッチ
ス) 排風ダクト
1) 数
量
1台
2) 材
質
鋼板製
3) 開口寸法
600×600mm
4) 付属品
防振キャンバス
セ) 屋外フード
1) 数
量
1台
2) 材
質
鋼板製
4-2
3) 開口寸法
600×600mm
4) 付属品
防虫網
(2) 燃料タンク
ア) 数
量
1基
イ) 形
式
屋外鋼板製
ウ) 容
量
490L
エ) 付属品
液面計(側圧式),フロートスイッチ、ローリー給油口,
ウイングポンプ、オイルパン
4-3
第5章 中 央 監 視 設 備
1.概
要
本設備は、濁川三岱浄水場の監視制御装置にて、当該施設の信号データを森町浄水場に伝送
し、監視するものである。
森町浄水場では、既設監視装置を機能増設し、濁川三岱浄水場の状態監視を行うと共に、当
該施設の制御を行うものである。
2.設備機器
(1) 既設監視制御システム機能増設(Web サーバー)
1式
対象機場:森町浄水場、駒ケ岳浄水場、濁川三岱浄水場
3.機器仕様
(1) 既設監視制御システム機能増設(Web サーバー)
ア)数 量
1式
イ) 機能増設内容
濁川浄水場電気計装設備更新に伴い更新されたPLCとの信
号伝送を行なう為、監視装置のソフト変更を行うものである。
対象機場である森町浄水場、駒ケ岳浄水場にて動作確認試験を
行なうものである。
5-1
第6章 仮 設 設 備
1.概
要
濁川三岱浄水場の電気計装設備の更新に伴い、切替時仮設配線を設け、電源、信号などの断
線状態となる時間を極力少なくなる様にする。又、濁川三岱浄水場の運用に支障を起さない様、
切替手順を検討し、監督員の承諾後施工を行うものとする。
2.設備機器
(1) 既設動力計装盤及び計装監視盤(仮設盤として流用)
1式
3.設備範囲
(1) 上記第2節記載の配線工事
(2) 上記第2項記載の撤去工事、廃棄物処分
(3) その他上記に必要な諸手続き
4.移行手順
(1) 動力設備、計装設備の移設手順を検討する事。
(2) 仮設切替後は、動作確認試験を行う事。
(3) 既設盤撤去後の開口部ピット等は、蓋あるいは、建材等で塞ぎ処理を行う事。
(4) 動力計装設備設置場所は、既設動力計装設備の同一場所とし配線用ピットは既設ピットを
流用し配線を引込める様に処理を行う事。
6-1
第7章 試験および検査
1.一 般 事 項
(1)製 品 試 験
機器材料の製作完了後、製作工場において監督員立会いのもとに下記試験および検査を行う
こと。ただし、JIS等に定められた試験法のあるものはそれに従うこと。
ア.形状寸法検査(製作材料,加工および組立の精度等)
イ.塗装検査(色見本による比較および指定色の確認・塗装膜の厚さ等)
ウ.性能試験
エ.動作試験
オ.その他監督員が必要と認めた試験
(2)現 場 試 験
機器材料の据付および配線工事完了後、下記の現場試験を行うこと。
ア.導通試験
電線の断線および誤接続などの有無を調査すること。
イ.絶縁抵抗試験
(ア) 各屋内配線に対する試験
(イ) 低圧の地中配線に対する試験
ウ.接地抵抗試験
各接地毎に接地抵抗値を測定すること。
(3)動 作 試 験
前項の各試験終了後、次の試験を行うこと。
ア.電圧の適否
イ.配線機器の動作の良否
ウ.電動機の回転方向,操作装置の良否および必要に応じ負荷試験
エ.各機器の機能の良否
オ.配線,配電盤,各機器などの過熱漏電の有無
カ.その他通電により不都合を生じるおそれの有無
7-1
(4)雑
則
ア.上記の各試験および検査の結果、不良箇所があれば指定の期日内に手直しを行い、手直し
完了後、監督員立会いのもとに再試験を行うこと。
イ.各試験は、電気設備の技術基準およびその他の関係法規に基づき行うこと。
2.機器の試験
試験および検査は、一般仕様書,特記仕様書,設計図書および承認図に基づき、下記要領で行
うこと。
(1)低圧配電盤
ア.構造点検
イ.絶縁抵抗試験
ウ.回路試験
エ.計器の誤差試験
オ.配線用しゃ断器トリップ試験
カ.保護継電器動作試験
キ.絶縁耐力試験
ク.その他監督員が必要と認めた試験
(2)計装盤,監視制御装置
ア.構造点検
イ.絶縁抵抗試験
ウ.回路試験
エ.計器の誤差試験
オ.データ対向試験
カ.その他監督員が必要と認めた試験
(3)計 装 機 器
ア.構造点検
イ.動作・計測試験
ウ.その他監督員が必要と認めた試験
7-2
Fly UP