...

Nomuraレポート2015 グローバル・リサーチ

by user

on
Category: Documents
14

views

Report

Comments

Transcript

Nomuraレポート2015 グローバル・リサーチ
特集
Nomuraレポート 2015
グローバル・リサーチ
「調査の野村」の歴史は、1906年、他社に先駆けて独自の調査活動を行う
調査部の設立に始まりました。一般のお客様に調査レポート『大阪野村商報 』を
発行し、情報提供を行うサービスは、当時他に例を見ないものであり、
後年大きく発展を遂げる「調査の野村」の礎となりました。
現在は、約400名のリサーチャーが世界の15の地域において政治、経済、為替、
金利、株式、クレジット、クオンツ・ストラテジー等、幅広い分野をカバーしています。
『日経ヴェリタス 』誌
世界の経済・金融指標の
『インスティチューショナル・
日本の債券・為替アナリスト
インベスター』誌
エコノミストランキング
日本株リサーチ
90
% をカバー
1
位
総合
2
位
証券ビジネスの土台として、深い分析力と大胆な先見性を強みとしながら、
投資判断に役立つ情報をタイムリーに発信しています。
調査で世界のマネーフローをリード
ば、自律制御型ロボットによる自動運転システム
幅広い投資戦略提案とインデックス提供
世界の潮流を見据えた質の高いリサーチ
情報
(ESG)
は自動車とテクノロジー業界の融合領域といえま
クオンツ・リサーチでは定量分析に基づいた幅
のGDP、31種類の通貨に加え、日本、米州、欧
すが、自動車産業と電子部品産業の担当者が連
広い投資戦略の提案や、年金運用のベンチマーク
欧米を中心にESG(環境・社会・ガバナンス)に
州、アジアの主要な株式指数採用銘柄を幅広くカ
携し、周辺産業も含めた技術的洞察に基づく分析
となるインデックスの提供を行っています。とりわ
配慮した投資が定着しつつあります。日本国内で
バーし、世界の経済・金融指標の90%を調査対
がお客様からの高い評価につながっています。
け国内債券および国内株式のベンチマークとして、
も、安倍政権が成長戦略の一環としてコーポレー
象としています。
マクロ経済分野では、経済データや市場の動き
「NOMURA-BPI」や「Russell/Nomura 日本株
ト・ガバナンス改 革 を 進 めていることに 関 連し、
為替リサーチは、タイムリーに投資戦略を発信
から未来の変化や方向性をタイムリーに予測する
インデックス」は公的年金をはじめ多くの機関投
企業の持続的な成長と中長期的な価値向上に影
することにより、日本のマネーを世界へ、世界のマ
一方、長期的な視点に基づき、深く掘り下げた分
資家の方々にご活用いただいています。
響を及ぼすESGを含めた非財務情報の役割が、
ネーを日本やアジアへリードする役割を担ってい
析を行っています。例えば、昨年、インドにおいて
2014年 4月には「Russell/Nomura Primeイ
企業・投資家双方の注目を集めています。ESGを
ます。
ナレンドラ・モディ首相率いる新政権が誕生したこ
ンデックス」がGPIF(年金積立金管理運用独立
テーマとしたレポートを発行し、関連した株式イン
株式リサーチは、2015年3月末現在、米国で
とを受けて、日本およびインド担当エコノミスト、
行政法人)のパッシブ運用に新たに採用されまし
デックスの開発などを通じて、今後も投資家の皆
金融、テクノロジー、消費、インターネットなどの重
ストラテジスト、株式アナリストが協 働し、
「アジ
た。そのほか、
「Russell/Nomura ファンダメンタ
様のお役に立てるリサーチを提供します。
要セクターにフォーカスした290銘柄、日本を含
アスペシャルレポート:アベノミクス×モディノミク
ル・プライム・インデックス」や「野村日本株高配当
むアジアで 約1, 20 0銘 柄 弱、欧 州 では 約 4 0 0
ス—日本とインド:関係発展の好機 」を発行しま
70」といった非時価総額加重型のスマートベータ
銘 柄 超 をカバーしています。このようなマクロ/
した。このレポートでは市場開放も含めた大胆な
指数、農林水産関連事業を行っている国内企業を
銘柄カバレッジは、世界中の資産に分散投資を進
改革を予測し、高い評価をいただきました。また、
構成銘柄とする
「野村アグリビジネスインデックス」、
める個人のお客様に対する情報提供にも幅広く
昨年後半、商品市況(原油価格)が大幅に下落し
原油先物市場の動向を反映する「NOMURA 原油
活用されています。
た際にはアジアを中心とする新興国の景気減速
ロングインデックス」など、さまざまな指数を提供
が懸念されましたが、各地域の特性に応じた投資
しています。市況変化に応じた投資ニーズにタイム
機会を分析した「新興国スペシャルレポート:商品
リーに対応できるよう、日々インデックスの開発を
価格下落の新興国への影響」をタイムリーに発行
進めています。
株式リサーチは、コアとなるテーマに関連する
産業の担当者同士が意見交換を行いながら投資
し、多くのお客様にご活用いただきました。
野村の実行力
野村グループのリサーチは、世界 40カ国・地域
株式、マクロリサーチの幅と深み
34
判 断に結び付けることを強みとしています。例え
リサーチ・レポート
35
Fly UP