...

キャリ・プロ通信 - 東北大学病院看護部

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

キャリ・プロ通信 - 東北大学病院看護部
キャリ・プロ通信 vol. 4
2010 September
看護キャリアプロモート支援室 TEL:7571
URL http://www.kango.hosp.tohoku.ac.jp/career
キャリアについての話その②
なぜ今キャリアなのか
みなさん、こんにちは。
突然ですが、みなさんは、楽しくいきいきと仕事をし
ていますか?
メンバーよりごあいさつ
丸山
良子教授
今年度から人事交流部門に参加しました。
大学教員も病院の看護職も目指すところ
は、社会に貢献できる良き医療人の育成で
毎日の仕事が楽しいかどうかはとても重要だと思うの
です。というのも、1 日 24 時間のうち 8 時間は仕事に
時間を費やしています。1 週間のうち勤務日が 5 日ある
とすると 168 時間(=1 週間)のうち 40 時間、つまり週
の約 4 分の1は仕事をして過ごす時間であることがわか
ります。1 週間のうちのたった 40 時間と笑うことなか
れ!これが毎週毎週積み重なれば、大きな時間です。20
歳前後で就職し 60 歳前後でリタイアするとして、仕事
人生は約 40 年。その仕事人生の 4 分の 1 が仕事をして
いる時間と思えば、その時間をどんなふうに過ごしてい
るかは、自分自身の人生の質にも影響すると考えられる
のではないでしょうか。
す。この看護キャリアプロモート支援の活
動を通して、学部の基礎教育から臨床への
スムースな移行、さらに臨床と教育の実り
ある連携のために寄与できればと考えて
おりますので、よろしくお願いします。
保健学科看護学専攻と病院看護部門の人事
石井 幹子
副看護部長
交流に向けて 11 人で検討を進めていま
す。手探りではじまった部門ですがざっく
ばらんな話し合いができて、キャリ・プロ
のおかげと嬉しく思っております。双方の
共通理解が増えてより深い協力関係が結べ
るように願っています。11 月にワークシ
一生のうちに一定割合を占める仕事の時間。その時間
をどう過ごすかを考えることがキャリアを考えることな
のです。
最近では、国のひとつの方針としてキャリア教育の改
善や充実を図るために、発達段階に応じた体系的なキャ
リア教育や職業教育が実施されるようになっています。
これは、学校から社会・職業への移行が円滑にできない
ことが背景となっています。(若年者完全失業率 7%、無
業者*約 60 万人、新規学卒者の早期離職等) 看護におい
て就職難は別世界のことのように思われるかもしれませ
んが、新人の早期離職は大きな問題です。少子化の時代
を迎え、看護を担う人の確保と継続して働けるための支
援は今日的な課題といえます。一昨年、文部科学省が看
護部門への初の補助金事業として看護職キャリアシステ
ム構築プランを立ち上げたのもそれらが背景にあると考
えられます。
「今、なぜキャリアなのか」ひとつは社会の動向を受け
た時代の流れであること、そしてもう一つは、東北大学
病院看護部がキャリア支援の整備・充実に取り組もうと
していること。だからこそ今、看護専門職としての自分
自身のキャリアを考えるチャンスだと言えるのではない
でしょうか。
*無業者:①高校や大学などの学校及び予備校・専修学校など
に通学しておらず、②配偶者のいない独身者であり、③ふだん
収入を伴う仕事をしていない 15 歳以上 34 歳以下の個人
ョップが開催されます。ご参加下さい!
酒井 敬子
副看護部長
キャリア管理システム開発部門と人事交流
部門に参加しています。副看護部長として第
7 次診療支援システムの看護支援システム
の構築にも関わっています。昨年からキャリ
アプロモートのワーキングに参加していま
すが、看護師個々のキャリア構築と看護部や
病院全体としても人的資源管理として看護
職の人材確保・育成・定着促進のしくみ作り
が重要だという事を学んでいます。
一緒に頑張っていきましょう。
西 4 階病棟に勤務しています。毎
年新人看護師が入職してきますの
で学生教育と臨床の教育は大事だ
松田
みち子
看護師長
看
と感じています。会議での意見交換
はとても刺激になります。微力です
が宜しくお願いします。
吉田
和子
看護師長
看護教員と看護師とが協力し看護学
生を育てていき、また看護職につい
てからも看護教員と関わっていける
ようなシステムを作り、共に看護を
担う人を育てていけたらいいなと思
っています。よろしくお願いします。
Fly UP