...

「ミエル ヒント」の開設について

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

「ミエル ヒント」の開設について
第141号
ぐんぎん Business Report
(平成27年 7月22日)
ぐんぎん経営倶楽部事務局
群馬県前橋市元総社町194
TEL:027-254-7315
中小・中堅企業の成功・失敗事例サイト「ミエル☆ヒント」の開設について
経済産業省は7月13日、新たな中小企業支援策として、自社が直面する経営課題を解決するヒントを全国200社以上の企
業事例から探すことができるサイト「ミエル☆ヒント」を開設しました。政府が策定した成長戦略の「見える化」の一環として、中
小・中堅企業の「成功の秘訣」をインターネットを通じて見える化したもので、経済産業省のホームページや施策情報の総合サ
イト「ミラサポ」から閲覧することができます。貴社の新たな事業計画・成長戦略の参考情報として、ご活用ください。
1.「ミエル☆ヒント」について
多くの中小・中堅企業に、
広く事業展開のヒントを提供
するため、国内の中小企業が、
資金・人材・情報などの「経
営課題」を実際にどう乗り越
えたのか等の成功事例や失敗
事例を紹介する内容で、「飛
躍のカギ」と「陥りやすいワ
ナ」として、わかりやすく取
りまとめられています。
1.「ミエル☆ヒント」で紹介されている事例について
ウェブサイトの「飛躍のヒントを探す」をクリックし、例として「製造業」→「新たな販路を開拓したい」→
「情報・評価」と進むと、以下のような成功事例としての「飛躍のカギ」、及び失敗事例としての「陥りやすいワ
ナ」の事例が掲載されています。(内容を一部省略・要約して表示)
飛躍のカギ
陥りやすいワナ
(株)松井ニット技研
経編メリヤス製造業
(群馬県桐生市)
○売り先を限定した販売戦略が自社
ブランド向上の近道
天地合繊(株)
織物製造業
(石川県七尾市)
○発注者の大手メーカーが経営不振
に陥り、量産計画が立ち消えに
●直面していた課題
当社は群馬県桐生市で織物業を営む老舗企業。90年代にはデザ
イナーズブランドのOEM供給により業容を拡大するが、取引先企
業からのコストダウン要求や、アジアからの安価なニット製品の流入、
国内需要の低迷等により、同社は厳しい経営環境に置かれ、売上
げも全盛期の半分以下に減少していた。
●直面していた課題
当社は原糸メーカーの下請企業として、安い海外製織物の輸入が
増加する中、織機を改造して様々な注文に応えることを可能にし、
生き残ってきた。02年、大手原糸メーカーから極細ポリエステル糸
を用いた産業資材用織物が発注された。織機改造を行い製織技術
の確立に成功。銀行から借り入れをして、量産体制を整備。
●突破口となったアクション
当社は安価製品との差別化を図るため、あえて旧式の低速編み機
を使った伝統技術により、外国が模倣困難な弾力のあるリブ編みと
保温性の高いソフトな風合いを兼ね備えた、オリジナルニットマフ
ラーを生み出し、国内展示会に継続的に出展。海外バイヤーの目
に留まり、「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のショップへの展開
に成功した。伝統技術による高品質化戦略が、世界で一流の美術
界・デザイン界に認められる結果となった。
●陥ったワナと反省点
大手原糸メーカーは、この極細ポリエステルを新分野のプラズマ
ディスプレイに採用したが、まもなく受注が滞り、産業資材生産計画
も白紙化。量産に対応するための工場・織機購入の借り入れが1年
で返済不能となり、自社も経営危機に立たされた。繊維業界では、
原糸メーカーによる系列が形成されており、委託加工を請け負う機
屋は、発注者の経営状況に左右されやすく、下請依存からの脱却
を考えていなかった。
●アクションの結果と今後の展望
当社はこの経験を踏まえ、海外を含む展示会に継続して出展する
こと、加えて、量販店との取引ではなく、自社製品の付加価値向上
を図るため、美術館やセレクトショップなどに売り先を限定した販売
戦略に特化して、業容拡大を目指し、スペインの「プラド美術館」へ
の売り込み等にも成功した。現在は、ユーザーニーズに対応するた
め、「衣料」分野にも挑戦中。また、ニットマフラーとは違った、デザ
イン性や機能性を考慮した新たな製品開発と国内外への販路開拓
が課題となっている。
●まとめ
開発した極細糸を織る技術と整えた量産体制で、新製品の開発・
自社販売を目指し業態転換に挑戦し、極薄軽量生地技術の自社
一貫生産を達成。極薄軽量生地で作られた「天女の羽衣」は、
JETROの海外展示会出展を機にラグジュアリーブランドからの受注
を獲得。同生地で製造されたストールなどは、社長自ら国内外へ営
業を行い、取引の拡大を進めている。現在は事業化が進み、新た
に商品企画開発部門、販売部門を組織し若手の育成にも努めてい
る。
資料出所:経済産業省 (ミエル☆ヒントのURL ⇒ http://www.meti.go.jp/interface/php/honsho/mieruka/)
本件に関する相談、詳細に関するお問合せ先:群馬銀行 法人部(岡安)027-254-9314
以上
● 本資料の内容につきましては万全を期しておりますが、正確性・完全性を保証するものではありません。本資料に依拠した
ことによりお客さまが被った損害については、群馬銀行は一切責任を負いません。本資料の複写・複製・転載等を禁じます。
Fly UP