...

障害者グループホーム事業者の公募について

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

障害者グループホーム事業者の公募について
障害者グループホーム事業者の公募について
1.障害者グループホーム事業者の公募について
第 4 期障害福祉計画(計画年度:平成 27 年度~29 年度。以下「事業計画」という。
)に基づき、下
記の事業用地において障害者グループホームを中心に整備する事業者を公募します。
本公募では、大阪府と本市が共同で策定した「大阪府営新千里南住宅まちづくり基本構想」に基づき、
大阪府が建て替えを進める新千里南町の府営住宅地の一角を事業用地として確保し、当該事業用地で下記
必須サービスを整備し、事業運営を行っていただきます。
なお、指定予定事業者として決定した法人は、当該事業用地について大阪府と売買契約を締結していた
だきます。
2.公募を行うサービスの概要
【事業用地】
豊中市新千里南町 2 丁目 1 番 3(土地の面積:528.29 ㎡)
【予定価格】
金 85,054,690 円(1 ㎡あたり金 161,000 円)
【必置サービス種類・定員等】
・共同生活援助(障害者グループホーム) 定員 10 人以内
(応募の注意事項)
※ 応募書類提出時において、社会福祉法に基づく社会福祉法人である者に限ります。
※ 応募書類提出時において、社会福祉法人の審査基準を満たしていること。
※ 応募書類提出時において、法人としての運営が適正に行われており、次に掲げる要件の全てを満た
していること。
ア 障害者総合支援法第 5 条第 15 項に規定する共同生活援助のサービスを実施していること。
イ 障害者総合支援法に基づく事業者指定を受け、社会福祉法第 2 条に規定する第 1 種社会福祉事
業又は第 2 種社会福祉事業を 3 年以上実施していること。
※応募書類提出時において、障害福祉サービス事業について、当年度及び過去 3 年度以内に都道府県又
は区市町村が実施した指導検査等において重大な指摘を受けていないこと。
※応募書類提出時において、障害者総合支援法上の勧告を受け、さらに当該勧告に係る事業者が取るべ
き措置について命令を受けている場合、当該命令に対する改善勧告が完了していること。
※応募書類提出時において、障害者総合支援法の指定の効力の一部もしくは全部停止の処分を受けた場
合、その処分期間を経過し、終了していること。
※地方自治法施行令(昭和 22 年政令第 16 号)第 167 条の 4 第 1 項に規定する者に該当しないこと。
※豊 中 市 指 名 競 争 入 札 の 参 加 資 格 を 有 す る 者 に 対 す る 指 名 停 止 処 分 を 受 け て い な い こ と 。
※豊中市発注契約に係る暴力団等排除措置要綱第 3 条第 1 項に規定する入札参加除外措置を受けてい
ないこと。
※ 大阪府への一括納入による土地の買い取りが条件となりますので、上記以外の任意の土地での整備
1
はできません。また、買い取り以外の定期借地契約等もできません。
※ 土地の譲渡契約額については、上記「2 公募を行うサービスの概要」の予定価格に時点修正等を加
えるため価格は変動します。
※ 応募書類提出時から起算して過去3か年以内に入札参加停止(除外)措置、契約解除(指定管理者
の取り消し措置を含む)及び契約履行において不誠実行為等を理由に文書による警告を受けた法人
は審査において評価を減じます。
※ 平成 29 年度中に施設を竣工することが必要です(運営開始は平成 30 年度)
。
※ 同一建物内に記載の必置サービスを設置することとします。
3.事業用地の用途指定について
当該用地については、大阪府と協議のうえ、必置サービス以外で任意併設可能な事業について、下記の
とおり用途指定が設定されていますので、ご注意ください。
なお、併設される任意施設は、今回の整備計画において設置可能な施設を限定列挙したものであり、い
ずれかの施設を設置しなければならないものではありません。併設される場合は、該当サービスを含めた
運営能力や主たる必置施設との連携についても審査の対象とします。
※ 土地の用途は、社会福祉法第 2 条に規定する事業のうち障害者総合支援法に定める次の事業を行う
施設(以下、
「主たる必置施設」という。)
、及び併設される任意施設とします。
① 主たる必置サービス
・共同生活援助(障害者グループホーム)
② 併設可能な任意サービス等
・社会福祉法第2条第3項4の2号に規定する事業を行う施設(居宅介護、重度訪問介護、同
行援護、行動援護、短期入所、一般相談支援事業、特定相談支援事業、移動支援事業、)
・社会福祉法第2条第3項2号に規定する事業を行う施設(障害児相談支援事業)
・障害者総合支援法第77条第3項に規定する地域生活支援事業を行う施設(訪問入浴サービ
ス)
※ 上記②に記載している併設が可能な任意施設は、主たる必置施設と連携することで機能を高めるも
のであり、床面積は主たる必置施設の床面積(専用床面積での判断とし、廊下等共用部分は除く。)
を超えないことが設置の条件となります。
※ 任意施設の設置について、関係機関の許認可等が必要な場合においては、本件公募をもって当該許
認可等が保証されるものではありません。応募者において、関係機関と協議のうえ、応募してくださ
い。
その他、応募資格や応募に際しての留意事項等は、説明会で配布する公募要項等でご確認ください。
4.説明会の開催について
●日
時:平成 28 年 7 月 26 日(火)14 時 00 分 ~ 15 時 00 分
(受付は 13 時 45 分~)
2
●場
所:豊中市役所 福祉会館
3 階集会室
(住所:豊中市中桜塚 2 丁目 28 番 7 号)
※ 開催時間及び場所は、参加される法人数によって変更する可能性があります。
時間及び場所を変更する場合は、7 月 22 日(金)までにホームページでお知らせします(変更
がない場合はお知らせしません)ので、各法人でご確認いただきますようお願いします。
●説明内容:当日配布する公募要項について
●申 込 み:別添の参加申込書で 7 月 21 日(木)
(必着)までに、ファックスもしくは直接障害
福祉課へお申込みください。
説明会への参加は、各法人 3 名まででお願いします。
必ず、法人担当者のご出席をお願いします。代理の建築・設計業者、コンサルティン
グ業者のみでの参加はできませんので、ご了承ください。
●その他:説明会まで公募内容に関するお問合せには回答できませんので、ご了承ください。
5.事業者決定までの予定スケジュール
・ 平成 28 年 8 月下旬に応募法人から公募申込書を受付
・ 10 月~11 月に事業者候補選定委員会での審査
・ 11 月上旬に事業者の決定
3
Fly UP