...

ブルネイ・ダルサラーム国における ビジネス機会

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

ブルネイ・ダルサラーム国における ビジネス機会
ブルネイ・ダルサラーム国における
ビジネス機会
2014年2月25日
ブルネイ – “アドーブ・オブ・ピース(平和の地)”
面積 : 5,765 km2
人口 : 399,800人 (2012年)
宗教: イスラム教徒が大多数
通貨 : ブルネイ・ドル
(シンガポール・ドルと等価で交換可能)
言語 : マレー語、英語、中国語
アジア大洋州においてトップ10
人間開発指標
(国連・ 2011年)
経済概要
GDP (2012年): 166米ドル(推定)
一人当たりGDP(2012年): 42,211米ドル(推定)
GDP成長率(2013年): 2.0%
(推定)
GDP 内訳 (2012年)
• 石油・天然ガス : 67.7%
• 行政サービス : 11.7%
• 民間 : 20.6%
インフレ率(2013年) : 0.4%
政府債務なし
ビジネス活動のしやすさ:ASEAN第4位
(世界銀行・ 2013年)
世界で5番目にお金持ちな国
(フォーブス・2012年)
*為替レート :1米ドル=1.24ブルネイ・ドル
石油・天然ガスセクター
ブルネイは石油・天然ガスセクターといった強みを持ちつつ、産業を多角化
するための実行可能な方法を、意欲的に検討している。
輸出合計: 156 億ブルネイ・ドル - 95.6% は石油天然ガス(JPKE 2011年)
原油
50.8%
その他
2.9%
メタノール
1.5%
LNG 44.8%
* その他には製造物、機械、輸送器具を含む。
将来のビジョン
ワワサン 2035
(WAWASAN 2035)
“生活の質とダイナミック且つ持続可能な
経済における評価で、世界トップ10に
入る“
“To be one of the Top 10 nations in the
world recognized for its Quality of Life and
Dynamic and Sustainable Economy”
世界第1位
マクロ経済環境
(『国際競争力レポート(GCR)』,
世界経済フォーラム・ 2011-12年)
Under Wawasan 2035, Brunei aims to be one of the Top 10 nations
高い生活の質
in the world recognised for its Quality of Life.
「ワワサン 2035」の下、ブルネイは生活の質において
世界のトップ10に入ることを目標としている。
マクロ経済環境 世界第1位
(GCR, 世界経済フォーラム・ 2011-12年)
政治的、経済的に安定
天災の記録なし
テロ関連事件の記録なし
生活水準の高さはアジア第7位
(マーサー『生活環境レポート』・ 2011年)
高賃金と生産性において世界第16位
(GCR, 世界経済フォーラム・ 2011-12年
稀に見る生物多様性
世界全体の生物多様性の6%がボルネオ島にある。
「ハート・オブ・ボルネオ」環境保全イニシアチブの一環と
して、ブルネイの国土の58%を保護区に指定。
環境パフォーマンス指数 (EPI 2012年)
 東南アジアで第2位
 アジア大洋州で第4位
 「きれいな空気の質」世界第1位
 「水資源の質」世界第2位
有能な労働力
ブルネイには若く、多言語を使いこなす、教育水準の高い労働力がある。
教育水準が高く、熟練した、手頃な労働力

年齢の中央値
27 歳

識字率
96.4%
教育の質
(GCR, 世界経済フォーラム・ 2011-12年)


ASEAN加盟国 第3位
イスラム協力機構(OIC)加盟国 第4位
多言語を使いこなす人々
英語、マレー語、中国語各方言、インド各方言
柔軟な雇用・移民政策
「人材雇用」において世界第4位
(世界銀行「ビジネスのし易さ指数」・2010年)
活動的な労働組合なし
労働争議が起こった記録なし
革新的なイスラムの取り組み
ブルネイの信頼性は、イスラム認証における
最高のハラル・スタンダード及び質を保証する
「ハラル医薬品」に係るガイドラインの発行、
世界初(2010年)
厳格なハラル食品ガイドライン
ブルネイは同様のガイドラインを「ハラル化粧
品」についても現在、起草中
国際的なネットワークの連結性
ブルネイのインターネット・キャパシティーの80%は未使用
ブルネイは現在2本の主要な海底ケーブル
に接続されている
 アジア・アメリカ・ゲートウェイ(AAG)
 東南アジア・中東・西ヨーロッパ・ケーブル
(SEA-ME-WE3)
 第3のケーブル「東南アジア-日本ケーブル」が
2013年9月より利用可能。
戦略的な位置
ブルネイは東南アジア諸国連合(ASEAN)の加盟国
ASEANの市場規模は欧州連合(EU)の1.2倍
ASEAN 市場
2000km
1000km
500km
人口:
597,254,076 人
GDP:
1.8兆米ドル
面積:
4,435,830km2
主要マーケットへのアクセス
ブルネイが主要な国際的なパートナーと戦略的協定を結んでいることは、
重要なマーケットに、よりアクセスし易いということ
人口(100万人)
2011年
GDP (1兆米ドル)
2011年
ASEAN 経済共同体
597
2.14
ASEAN-NZ
602
2.28
ASEAN-豪州-NZ
623
3.2
ASEAN-中国
1,941
9.44
ASEAN-韓国
647
3.25
ASEAN-日本
725
8.12
ASEAN-インド
1,838
3.99
TPP
479
17.41
RCEP
3,387
19.78
2015年に設立される「ASEAN経済共同体」は、国際社会に溶け込んだ競
争力の高い地域における、単一市場と生産基地になると見なされている
国際間租税・貿易協定
ヨーロッパ
ベルギー・ルクセンブルク経済同盟^
フィンランド ^
フランス ^
ドイツ # ^
ロシア ^
英国*
ウクライナ #
その他
環太平洋戦略的経済連携
(TPP): 豪州-チリ-NZ-ペルーシンガポール-米国-ベトナム@
* 二重課税協定
# 2国間投資協定
@ 自由貿易協定
^ 交渉中
中東
バーレーン* #
イラン ^
クウェート *#
オマーン * #
カタール*
アラブ首長国連邦^
アジア
ASEAN #@
ASEAN-中国@
ASEAN-インド@
ASEAN-日本@
ASEAN-韓国@
中国*#
香港*
インド #
インドネシア*
日本*@
韓国 #
ラオス*
マレーシア*
パキスタン*
フィリピン^
シンガポール*
タジキスタン*
タイ^
ベトナム*
豪州
ASEAN-豪州[email protected]
東アジア包括的経済連携(RCEP)
ASEAN-中国-日本-韓国-インド-NZ-豪州 ^
ファイナンシャル・パートナーシップ
官民の双方の投資家による共同投資を通しての
信頼のおける財政支援及びパートナーシップ
パートナー候補にはブルネイ財務省やブルネイ政府未公
開株式投資ファンドを含む:
ブルネイ・ダルサラーム・イスラム銀行 (BIBD)、戦略的開
発 キ ャ ピ タ ル ・ フ ァ ン ド 、 Aureos-BICB 、 Soft Bank
Investments Brunei (SBI)
戦略的なプロジェクトには
「Build and Lease」様式の
ビジネス・モデルも検討可能
研究・訓練助成金
イノベーション・パフォーマンスにおいて最も改善された国の1つ
(グローバル・イノベーション・インデックス 2012年)
ブルネイ・リサーチ・インセンティブ・スキーム (BRISc)
 民間セクターでの研究開発における財政支援ニーズ
に対処するための助成金。研究開発に係る費用の共
同負担を行う。地元及び外国企業を対象とする。
 政府は研究開発活動に係る費用の5割~8割を費用負
担する。助成金の最大額は、申請1件あたり500万ブ
ルネイ・ドル(約4,000万円)。
 助成金を申請した企業には、研究開発活動を、高等
教育機関ないし政府機関と協力して行うことを奨励。
訓練助成金
地元の労働者の能力・技術を改善させるため、投資家は
助成金を利用可能。
税制上の優遇措置
ブルネイにおける免税
個人に対する所得税なし
消費税なし
給与税なし
キャピタルゲイン税なし
製造税なし
ブルネイにおける法人所得税: 20%
パイオニア・ステイタス (8 年間+延長)
法人所得税の支払いを免除
機械装置、設備、部品・付属品又は建造物の輸入
税支払いを免除
原料品の輸入税支払いを免除
生産設備の外国貸付利子
認可された外国貸付利子について、源泉徴収税の
支払いを免除
ブルネイ経済開発委員会(BEDB)について
指揮命令系統
設立
2001年に国王によって設立される。
ビジョン
専門性、進歩的で結果重視の行動・思考をもつ、一流
の経済開発機関となる。
ミッション
外国投資を呼び込み、また、研究及び革新を通して国
内のビジネスを強化することによって、ブルネイ経済を
成長させ、多角化させること。
主要な焦点分野
投資誘致
輸出志向型製造業及びサービス、研究協力における外国直接投資の
ブルネイへの誘致を促進
研究開発(R&D)及び
革新を拡大
新しい考え・工夫の
価値を強化
地元ビジネスの強化
インフラ整備事業の
実施
知識の創造及び科学技術と
クリエイティブ産業の商業
化を促す国家革新システム
を発展させる。
知的財産への支援・促進、
創造的・革新的な生産活
動の有体化を強化。
零細ビジネスを成長させ、
国内の企業を国際化させる。
インフラ事業を期日通りに
予算の範囲内で完成させる
とともに、インフラの質を
高める。
経済の多角化
内陸地域の豊かな資源を活用
医薬品
例:ワクチン
新興技術に注目
ビタミン及び
栄養補助食品
食品及び
食品成分
化粧品及び
ケア用品
エネルギー
ブルネイの資源に付加価値を付与
統合的な
石油化学製品の
精製所
石油化学製品
ケイ砂
例: 再生可能エネルギー
地域における情報通信のハブ
ソフトウェア開発
/ニューメディア
データセンター/
災害復旧センター
ワイヤレス通信
例: RFID, GPS
マルチメディア
及びゲーム開発
例:Apple,
Android, Linux
環境
ヘルスケア及び
健康科学
ICT
裾野産業の育成
航空・海上輸送
航空
サポート
サービス
油田サービス
金融サービス
食の安全
工業用地
軽工業
サランビガール工業団地
(SALAMBIGAR INDUSTRIAL PARK)
用地総面積 : 137.2ha
• 軽工業(食品; 化粧品; 医薬品 等)
直ぐに用意できるインフラ
• 公共施設への接続 (電力, 水, 通信 等)
• 道路
「ビルド&リース(B&L)」の可能性
交渉可能は土地リース料金
Simpor Pharma (カナダ)
• ハラル認証を取得した自然健康製品、
市販薬及び処方薬の輸出
• 185万米ドル/ 雇用数:100 / 2ha
潜在的投資家
 アスタキサンチン製造工場
 ハラル化粧品製造
*ブルネイ国際空港まで11 km
*ムアラ商業港まで20 km
バイオ・イノベーション活動
バイオ・イノベーション回廊
(Bio-Innovation Corridor)
用地総面積 : 500ha
 産業開発向け
• 相用地面積(ゾーンB): 263ha
• フェーズ 1 は 50ha
• 研究, 運輸及び加工クラスター
次を含む:
 ハラル・サイエンス・センター
 食品開発センター
 市販食品インキュベーター 等
潜在的協力可能領域






*ブルネイ国際空港まで13 km
*ムアラ商業港まで30 km
食品生産及び包装
ハラル化粧品
食品成分
ハラル衣料製品、伝統薬品、健康補助食品
ハラル運輸
ヘルス&ウェルネス
ブルネイが如何に研究開発に貢献できるか
ブルネイ政府は官民両方のセクターにおける研究開発に2億ブルネイ・ドルの拠出を約束
ブルネイはイノベーション・パフォーマンスにおいて、最も改善された国の一つ
(グローバル・イノベーション・インデックス 2012年)
ブルネイ・リサーチ・インセンティブ・スキーム (BRISc)
5つの研究焦点分野
エネルギー
環境
食の安全
ICT
ヘルス・ケア及び健康科学
BRIScは民間セクターでの研究開発活動を支援するため、ブルネイ政府が研
究開発費用を共同負担するスキーム。事業の最終目標は、研究成果を商品化
すること。
 資金: 申請1件当たり500万ブルネイ・ドル
 事業期間: 3年間
 助成が認められる費用:人件費、訓練費用、機器及び原料、専門的な
サービス及びレンタル費用
助成金の受給資格:3つの経路(3 Track Eligibility System)
地元企業
80:20
(政府:企業)
外国企業:地元の政府機関ないし高等教育機関との
協力あり
70:30
(政府:企業)
外国企業:地元の政府機関ないし高等教育機関との
協力なし
50:50
(政府:企業)
Simpor Pharma Sdn. Bhd.
-Successful Example of Foreign Direct Investment in the Pharmaceutical industry
SIMPOR PHARMA (BRUNEI) SDN BHD
• FAI: US$18.5 million
• Employment: 100 jobs
INVESTORS :
• Viva Pharmaceutical Inc.(Canada)
MAIN BUSINESS AREA: Contract Manufacturing
PRODUCTS:
Halal Certified
• Ethical & over -the-counter (OTC) Drugs,
• Vitamins & Minerals
• Food & Nutritional Supplements
• Cosmetics
TYPE OF FORMULATION:
Tablets; Capsules; Softgel Capsules; Cream; Oil
CONTRIBUTION BY THE BRUNEI GOVERNMENT:
• Joint venture with Aureos-BICB Advisers Sdn. Bhd.,
Brunei Government Equity Fund Manager.
• Training grant to increase local manpower
capabilities.
• Pioneer Status – Exemption of Corporate income tax
of 20%, import tax on raw materials and machineries
for 8 years
• Ready to use site provided by the BEDB with facilities
such as main roads, drainage, utilities connection
Golden Corporation (B) Sdn. Bhd.
- Successful Example of Foreign Direct Investment in Food Industry
GOLDEN CORPORATION (B) SDN BHD
• FAI: US$24 million
• Employment: 230 jobs
INVESTORS :
• From Taiwan
BUSINESS AREAS:
• Hatchery for shrimp and fish fry (seabass)
• (JV with Brunei Government)
• Shrimp Farming
• Production of fishmeal and fish oil
• Deepsea fishing (Yellowfin tuna)
• Processing of shrimp and tuna for export
• Production of surimi for export
CONTRIBUTION BY THE BRUNEI GOVERNMENT:
• Land for farming and processing
• Ready to use site provided by the
government with facilities such as main
roads, drainage, utilities connection
• Pioneer Status – Exemption of Corporate
income tax of 20%, import tax on raw
materials and machineries for 8 years
Gold Coin (B) Sdn. Bhd.
- Successful Example of Foreign Direct Investment in Food Industry
GOLD COIN (B) SDN BHD
• FAI: US$14 million
• Employment: 70 jobs
INVESTORS (JV):
• Gold Coin (M) Group (20%)
• Brunei’s QAF Farms
• Hua Ho Agriculture Farm
• Soon Lee Holdings
BUSINESS AREAS:
• Animal Feed Mill (Chicken Feed)
CONTRIBUTION BY THE BRUNEI GOVERNMENT:
• Ready to use site provided by the
government with facilities such as main
roads, drainage, utilities connection
• Pioneer Status – Exemption of Corporate
income tax of 20%, import tax on raw
materials and machineries for 8 years
ブルネイの投資先としての魅力
投資にふさわしい環境:
熟練した
手頃な労働力
知的財産権
付加価値としての
ハラル
原料が入手可能
•教育水準の高い労働力
•ブルネイ知的財産事務所(PRO)による保護
•非常に高いハラル水準に対してのブルネイの信頼性
•手つかずの自然資源が豊富
•基本的なインフラが整った用地が利用可能
インフラが利用可能
価格競争力
2014/02/25
•研究スペース
•競争力のある公共料金の価格
ブルネイの投資先としての魅力
財政面でのインセンティブ:
健全な財政面での
パートナー
訓練助成金
研究開発助成金
及びパートナー
税制上の優遇措置
ビルド&リース
2014/02/25
•ブルネイ政府との共同投資
•人材育成のための費用の共同負担
• 70%まで資金拠出
• 高等教育機関、政府機関との協力
•最大8年間、法人所得税、原料品及び機器に対しての輸
入税免税
•工場建屋等の非中核施設の建設
有難うございました
ブルネイ経済開発委員会
THE BRUNEI ECONOMIC DEVELOPMENT BOARD
Block 2D, Jalan Kumbang Pasang
Bandar Seri Begawan BA1311
Brunei Darussalam
Tel: +673-223 0111
Fax: +673-223 0082
www.bedb.com.bn
Fly UP