...

保健だより

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

保健だより
保健だより
平成28年10月25日
鳥取県立倉吉養護学校
保健室
2 1 日 (金 ) の 地 震 は 、 び っ く り す る ほ ど 大 き な も の で
した。 その後、お子様や家族の皆様は、無事に過ごされて
いますでしょうか。
今後、余震も心配な状況ですので、安全第一でお過ごし
いただけたらと思います。
また、今回の地震で大きなストレスがかかっていますので、子どもも
大人も心身の不調を訴えやすくなっています。決して無理されませんよ
うに。
なお、お子様の様子を観察していただくポイントは、県から配布され
た「 被 災 さ れ た お 子 さ ん を お 持 ち の 家 族 の 方 へ 」を 参 考 に し て く だ さ い 。
いつもと違うショックを受けたときにおこる反応を「ストレス反応」と
言います。ストレス反応は自然な反応です。反応の強さや表われ方は人に
よって違いますが、安全で安心できる生活を続けているうちに納まってい
き ま す 。ス ト レ ス 反 応 と そ の 対 応 に つ い て は 、裏 面 を 参 考 に し て く だ さ い 。
ストレス反応が納まるポイントは・・・
◆安心・安全感
・ホッとする、安心する、気持ちが和む、
みんなで笑える時間や場所があると心が
楽になって元気が戻ってきます。
◆まわりの人との心の絆
・身近な人と一緒に過ごすことで「絆」を
感じます。遊び、作業等を通じて「一人
じゃない」と感じることができると「絆」
が強くなります。
◆気持ちを表わす
・話す、泣く、笑う、怒る等の素直な気持
ちを周囲は受け止めましょう。
「泣きたいのを我慢したり、辛いのに普通に
しようとしなくてもよい」ことを本人に伝えて
あげましょう。
・無理に気持ちを聞き出そうとするのは、逆効
果です。
本人が話したいと思ったタイミングで聞くのが
大切です。
ストレス反応と具体的な対応方法
●「食欲が無い」ときは?
・無理をせずに、その時に食べたり飲んだりでき
るものをとればよいです。ただし、食欲が無いと
きでも、水分はこまめにと り ま し ょ う 。
●「眠れない、夜中に起きる」ときは?
・小さな子どもの場合は、叱らないで添い寝をしてあげる
とよいです。
・部屋を少し明るくして寝るのも一方法です。
●「体の不調を訴える」ときは?
・短時間でよいので、話を聞いてあげましょう。
「守られている」という安心感を与えることができます。
・必要に応じて、医療機関を受診しましょう。
●「自分を責める」ときは?
・「 自 分 が 悪 い か ら バ チ が あ た っ た 」 と い う と ら え を す る 子 ど も に は 、 自 然
現象だという事実をきちんと伝え、本人の頑張っているところやよいところ
を認めたり、ほめたりしましょう。
●「災害ごっこをする」ときは?
・ 子 ど も が 心 の 整 理 を し て い る 場 合 が あ る の で 、 止 め さ せ よ う と せ ず 、「 す
ごい地震でびっくりして、大変だったよね」等、子どもの気持ちをくみ取っ
た言葉掛けをしましょう。
・子ども自身が辛そうなのにその遊びを止められないときは、子どもの気
持ちをくんだ言葉をかけて、別の遊びに誘ってあげましょう。
●「小さな子のようにまとわりつく」ときは?
・普段と同じ接し方でよいので、少し時間を割いて相手をしてあげましょう。
甘えることで子どもの心が癒やされて、徐々に元気が回復します。
●「災害の話を繰り返す」ときは?
・繰り返し話されても「早く忘れなさい」とは言わない方がよいです。
ゆ っ た り と 聴 い て も ら う こ と で 、 子 ど も の 心 の 傷 は 癒 や さ れ ま す 。「 辛 い こ と
を思い出して苦しいね」等、子どもの気持ちを受け止めてあげましょう。
●「むやみにはしゃぐ、何も無かったようにふるまう」ときは?
・どちらの場合も、子どもの小さな心では受け止めきれずにどうにかしよう
と 頑 張 っ て い る 姿 で す 。「 大 変 だ っ た ね 」 等 と 言 葉 を か け な が ら 、 見 守 り ま
しょう。
●「ストレス反応の表れ方が人と違うと気にする」ときは?
・ 反 応 の 種 類 や 程 度 が 他 の 人 と 違 う こ と で 、「 自 分 は お か し い 」 と 感 じ る 子
どももいます。
「 人 に よ っ て 違 う の は 当 然 。い ず れ に し て も 長 く は 続 か な い 。」
と伝えましょう。
*何かご心配なことがありましたら、
学校にもご相談ください。
Fly UP