...

メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
93
資料紹介
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
――1
7
6
1年1
2月1
1日∼1
7
6
2年1月2
6日――
初
は
じ
め
谷
譲
次
に
本誌上においてメキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件に関する尋問記録を紹介してき
(1)
た
。本稿は,同事件に関する判決文を紹介しようとするものである。判決は褒賞を含め5
回にわたって言い渡された。まず,1
7
6
1年1
2月1
1日にハシント・カネクを含む反乱首謀者9名
に死刑が宣告される。ついで,1
7
6
2年1月3日に1名にイダルゴの称号が授与され,1月1
0日
には4名のインディオに貢納支払い免除,1名にイダルゴの称号が授与される。そして,1月
2
2日にティホロプ村カシケのアンドレス・クはじめ3
1名に判決が言い渡された。しかし,その
後1月2
5日には当裁判顧問役のホセフ・クレスポ総督の意見を加味した修正判決が言い渡さ
れ,1
7名が減刑された。クレスポ総督は修正判決を宣告するに際し,「この種の事件について
は,代表者として自治体の権利を犯すべきではなく,顧問役の意見のみに従うべきでもない」
としながらも「すでに,9名が死刑,他は両耳の切断,鞭打ち,追放の刑が執行された。当地
方において前代未聞のことであり,したがって先住民たちは多大な恐怖と驚きをもってそれぞ
れの村を捨て森に逃げ込んだ。ティホルプ村のカシケのごとく,当市に来て自首する多くのイ
ンディオを殺害し続ければ,処刑者の生首を見てあらためて森に逃げてしまうであろう」と述
べ「国王にはむかい奉仕を忘れた反乱の罪を王国に偏在する至高の慈悲をもって許し,全地方
の模範となるようなインディオの平穏を確保するであろう」として自らの権限で減刑した。こ
の修正判決の翌日(1月2
6日)付けで判決の一覧表が公表されている(首謀者9名は除く)
。
本稿では判決に関する資料を付表含めそのままのかたちで紹介したうえで,それを整理し一
覧表を作成した(巻末の表1)
。クレスポ総督が減刑したものについては当初の刑をカッコ内
に記した。
名前が明記されている被告1
6
9名の刑の内訳は,「死刑」1
1名,「鞭打ち2
0
0回と両耳切断と懲
役6年」4名,「鞭打ち2
0
0回とハバナにおける懲役8年」1
3名,「鞭打ち1
0
0回とバカラル徒刑
地における懲役6年」1
0名,「鞭打ち2
0
0回と懲役6年」9
3名,「鞭打ち5
0回と懲役2年」3
2名,
「鞭打ち1
0
0回」1名,「鞭打ち2
0
0回とサンフランシスコ修道院において終世奉仕」1名,「無
罪」4名である。名前が明記されていない判決において,人数が記されているのはネネラ村の
2
1名で無罪である。また,名前も人数も不明なのが2件ある。ひとつは「キステイル村とタフ
ジウ村のその他のインディオ」に対してであり,「鞭打ち2
0
0回と懲役6年」が科されている。
また,もうひとつは村名も不明であり「鞭打ち5
0回と懲役2年」が宣告されている。逆に褒賞
としては,2名は反乱に際し情報提供したとして「イダルゴの称号授与」され,4名は「貢納
の支払い免除」が宣告されている。
7
6
1年1
2月1
4日に執行され,他の首謀者8名については1
2
なお,ハシント・カネクの死刑は1
94
天理大学学報 第6
4巻第1号
月1
6日に執行された。ホセフ・クレスポ総督は1
7
6
2年1月1
6日付けで首都メキシコ市のマルケ
ス・デ・クルイリャス副王(ヌエバ・エスパニャ副王領)にキステイル村事件について報告し
た。当書簡についてはすでに本誌上で紹介済みである(2)。そのさい紙幅の都合で割愛したク
ルイリャス副王のクレスポ総督への返信書簡(1
7
6
2年3月1
2日付け)を本稿に掲載しておきた
い。クルイジャス副王は「貴殿のとった措置は,先般の向こう見ずな行為を懲らしめるうえで
も,今後それらの者たちの性分が引き起こしうる可能性のある謀反を予防するためにも,申し
分なく的確なものでありました」と述べる一方で,「とはいえ,いつも別の種類の罰が適応さ
れうるのです。なんとならば,インディオ社会に平穏を獲得・維持させてきたのはこの恐怖で
はないからです」とも述べている。明確にではないが,反乱インディオに対しクレスポ総督が
科した厳罰を批判しているようにもとれる。クレスポ総督が修正判決を宣告し1
7名を減刑した
のは1月2
5日のことであるから,3月1
2日のクルイリャス副王の書簡が減刑へと導く直接的影
響を与えたわけではないが,事前になんらかの情報が流れたことも充分想定される。むろん,
予断は避けなければならない。
これをもって同事件の裁判関連の資料紹介が一応完了したわけであるが,同事件に関するす
べての記録を網羅できたわけではない。スペイン・セビジャ市のインディアス古文書館におい
て,México 3
0
5
0と分類されている膨大な手稿資料には,この尋問記録と判決以外にもキステ
イル村事件の経過を報告する書簡類や処刑の報告書が含まれているからだ。また,この手稿資
料とは別に刊行二次文献(歴史書,小説,戯曲等)も存在しており,すべて入手済みである。
引き続き紹介していきたい。
なお,現代の正書法に基づいてアクセント記号の追加/削除やつづり字の変更をおこなって
いる。ただし,地名と人名は原文のままにしてある。
【テクスト1】
Auto de sentencia
En la ciudad de Mérida a once de diciembre de mil setecientos sesenta y uno los señores
Don Joseph Crespo y Honorato Brigadier de los (rr) ejércitos gobernador y Capitán
general de estas provincias y licenciado Don Sebastián Maldonado Abogado de los (rr)
consejos teniente de gobernador y auditor de guerra en ellas por S M. Habiendo visto
estos autos criminales seguidos de oficio contra los indios naturales del pueblo de Cistel
sobre levantamiento que hicieron contra ambas Majestades y los demás que de otros
pueblos se agregaron al dicho de Cistel en donde dieron muerte(f. 773, a.) al Capitán a
guerra de dicho partido Don Tiburcio Cosgaya y otros que les acompañaron el día veinte
de noviembre de este presente año y la batalla que se dio el veinte y seis de dicho mes en
la que murieron diferentes soldados y muchísimos heridos por la grande resistencia y
defensa que hicieron dichos indios conspirados de cuya batalla que se ganó por las armas
católicas resultó la prisión demás de trescientos delincuentes que se halla en prisiones y
entre ellos <Joseph Jacinto Uc de los Santos Canek Rey> coronado y obedecido por tal en
dicho pueblo de Cistel y otros principales cuya conspiración a trascendido a toda la
provincia por lo que su señoría la tiene puesta a toda su tropa sobre las armas y teniendo
presente la(f. 773, r.) gravedad del delito y que es preciso hacer de pronto un ejemplar
castigo por ahora en los naturales para sosiego de esta providencia para castigo y
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
95
escarmiento de ellos con lo demás que ver convino y tener presente dijeron que por la
culpa que resulta contra el citado Joseph Jacinto Uc de los santos Canek Rey lo debían
de condenar y condenaren a la pena ordinaria de muerte atenazada y quebrada los
brazos y piernas a golpes puesto en un cadalso en la plaza pública de esta ciudad y luego
que muera naturalmente y esté tres horas expuesto en dicho cadalso para que todos lo
vean se quemara su cuerpo y sus cenizas se darán al viento y por la que resul−(f. 774, a.)
ta contra <Pedro Chan> alcalde de segundo voto de dicho pueblo de Cistel, contra
<Francisco Puc> embajador, que llevaba las cartas convocatorias para la conspiración y
contra <Tomas Balam> escribano de Tixmeuac contra <Simón Mas> natural de dicho
pueblo contra <Leonardo Vevet> natural de dicho pueblo contra <Matías Uc> vecino de
Tiholop contra <Felipe Chan>, natural de Tixmeuac y vecino de Cistel, y contra <Juan
Pazcual Yupit>, vecino de Cistel así mismo los condenaban y condenaron a la pena de
muerte en la horca y muertos que sean naturalmente se los corte sus manos y cabezas
las que se llevaran a los pueblos de su vecindad poniéndose las cabezas en las plazas
para la vista de todo el pueblo en pa−(f. 774, r.)los de cuatro varas de alto y las manos en
las audiencias de los indios y sus cuerpos se hagan cuartos y se pongan en los caminos
que salen de esta ciudad en palos a árboles y ninguna persona sea de la calidad dignidad
o condición que fuere de su señoría sin mandato expreso de su señoría y merced pena de
la vida y pendiente de sus bienes y por este auto definitivamente juzgando así lo
proveyeron mandaron y firmaron = Don Joseph Crespo = Licenciado Don Cebastian
Maldonado = ante mi Don Joseph Domingo Pardio escribano mayor de gobernación y
guerra.
En la ciudad de Mérida a doce de diciembre de mil setecientos sesenta y uno yo el
escribano estando en la cárcel pública de esta ciudad hice sacar de un calabozo en que se
hallaba a Joseph Jacinto Uc(f. 775, a.) de los Santos Canek y mediante lengua de Don
Pedro Cervera intérprete general de los naturales de esta Gobernación le notifique el
auto de sentencia quien dijo lo oye y lo firmó conmigo dicho intérprete de ellos doy fe =
Pedro Cervera intérprete general = Tomas Baeza escribano público.
Doy fe que hoy día de la fecha serán como a las nueve de la mañana habiendo intimado
la sentencia referida a Joseph Jacinto Uc de los Santos Canek, lo lleve a la Capilla de la
cárcel de esta ciudad y le fueron acompañado el muy reverendo padre Martín Jerónimo
del Puerto y el padre maestro Francisco Xavier Gomez de la sagrada compañía de Jesús
y lo firmó hoy doce de diciembre de dicho año de sesenta y uno Tomas Baeza escribano
público.
Auto
En la ciudad de Mérida en tres de enero de mil setecientos sesenta y dos los señores Don
Joseph Crespo y Honorato Brigadier de los Reales ejércitos Gobernador y capitán General
de(f. 823, a.) estas provincias, y Licenciado Don Sebastían Maldonado abogado de los
96
天理大学学報 第6
4巻第1号
Reales consejos Teniente de Gobernador y auditor de guerra en ella por su Majestad
habiendo visto estos autos, y la declaración de Luis Cauich Teniente de coro del pueblo
de Cistel y natural de Tekanto con lo demás de que ver convino y de venirse tener
presente dijeron, que en atención a que el citado <Luis Cauich>, ha procedido como fiel
Hidalgo vasallo de su Majestad que Dios Guarde pues fue el único indio de Cistel que con
peligro de su vida salió de dicho pueblo llevando por delante toda la familia suya a dar
aviso de la sublevación de dicho pueblo y siendo esta fidelidad digna de la mayor
atención y premio en hombre(f. 823, r.) del Rey (Dios le guarde) lo declaraban y
declararon por Hidalgo a él, su mujer, hijo, gozando todas las franquezas y demás
preeminencias que gozan los demás Hidalgos y como tales han de estar obligados a tener
sus armas y municiones para las ocasiones que se ofrezcan del Real servicio y se les
concede facultad para que puedan vivir en la parte que quisieron siendo bajo de campana
y de se le testimonio de este auto para en guarda de su derecho el que trasuntara el
intérprete de semana para la inteligencia de los indios y así lo proveyeron mandaron y
firmaron = Don Joseph Crespo = Licenciado Maldonado = Ante mi Don Joseph Domingo
Pardio secretario mayor de Gobernación y guerra.
Auto
En la ciudad de Mérida a diez de enero de mil setecientos sesenta y dos los señores Don
Joseph Crespo y Honorato Brigadier de los Reales ejércitos Gobernador y Capitán general
de estas provincias y licenciado Don Sebastián Maldonado(f. 878, r.) abogado de los
Reales consejos Teniente de Gobernador y auditor de la gente de guerra de estas
provincias por su Majestad habiendo visto el pedimento del protector de los naturales y
la certificación presentada por dichos protector, en la que consta la fidelidad de <los cinco
indios> naturales en la sublevación de Cistel por lo que piden se les premie su mérito en
cuya conformidad, su señoría merced, dijeron : que en nombre de Dios Rey nuestro señor
(Dios le guarde) declaraban y declararon, por libres de la paga de tributos a <Juan
Bautista> y <Jaun Camal> vecinos y naturales de Tihosuco a <Manuel y Jualian(f. 879,
a.) Pacheco/ Alias Ciau>/ natural de Tixcacal Tuyu para que desde ahora ni adelante, no
pague tributos, ni sus mujeres, ni sus hijos que hoy en adelante nacieren y a <Melchos
Ake> natural de Tiholop, lo declaraban, declararon a su mujer e hijos por hidalgos para
que puedan gozar todas las gracias, Mercedes franquezas y de más privilegios que deban
gozar y gozan los demás Hidalgos y como tales estén obligados a tener sus armas y
municiones para las ocasiones que se ofrezcan del Real servicio y des se le acada un
testimonio de este auto para en guarda de su derecho el que traduzca(f. 879, r.) para la
inteligencia de los indios = así lo proveyeron mandaron y firmaron = Don Joseph Crespo
= Licenciado, Don Sebastián Maldonado = Don Joseph Domingo Pardio.
Auto
En la ciudad de Mérida a veinte y dos de enero, de mil setecientos sesenta y dos los
señores don Joseph crespo y Honorato, Brigadier de los Reales ejércitos Gobernador y
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
97
capitán General de estas provincias y licenciado Don Sebastían Maldonado abogado de
los Reales consejos, Teniente de Gobernador y audiencia de Guerra, en ellas por su
Majestad, habiendo visto estos autos criminales, que de oficio se han seguido, contra los
indios naturales vecinos del pueblo de Cistel(f. 907, a.) sobre la sublevación que hicieron
en dicho pueblo contra ambas majestades y los cómplices de otros pueblos que convocados
por los de Cistel (
) a dicha sublevación las confesiones de estos en las que se hallan
convictos y confesos con lo demás que ver convino y de viose tener presente dijeron : que
a tendiendo a la gravedad de su delito y que queden escarmentados para en lo sucedido y
satisfecha la vindicta pública y a la culpa que resulta contra <Don Andrés Ku> cacique
de Tiholop <Marcos Tec> alcalde, <Nicolás Tec> Teniente de Gobernador y Capitán
General de Cistel, <Pedro Chan> fiscal Mayor de doctrina, <Joaquín Xix> alcalde mesón
así mismo de Cistel(f. 907, r.) y <Domingo Balam>, todos cabezas principalísimas de
levantamiento los debían condenar y condenaron, en la pena ordinaria de muerte a que
salgan por las calles públicas y acostumbradas, a vos de pregonero de manifieste su delito
y llegados que sean a la plaza mayor de esta ciudad sean ahorcados en la horca que está
en ella en la que se mantendrán, hasta las tres horas de la tarde a vista de todo el
pueblo y luego serán descendidos y descuartizados y puestos en los caminos públicos de
esta ciudad remitiendo las cabezas y manos a los pueblos de sus naturalezas para que se
ponga en las plazas(f. 908, a.) públicas y audiencias de dichos pueblos y ninguna persona
sea de la calidad, estado, a condición que fuere los quite de sus respectivos parajes sin
licencia de su señoría pena de la vida y perdimento de sus bienes y por la que resulta
contra <Eugenio Can> vecino de Huntulchac, <Hilario Canul> Topil de Cistel, <Francisco
Mex>, <Tomas Canul> Regidores de Cistel, <Antonio Cen> escribano de Tiholop, <Don
Ambrosio Huchim> cacique de Tahdziu, <Antonio May> de Cistel, <Ignacio Camal> y
<Tomas Camal> Capitanes famosos de dicha sublevación, usando de toda con maceración
los condenaban y conde−(f. 908, r.)naron a la pena de a doscientos azotes y a ocho años
de destierro a la Habana a servir al astillero y demás obras de su majestad a ración y sin
sueldo y por la que resulta contra <Gregorio Ek> de Tahdziu, <Pedro Can> Teniente de
Nenela, <Nicolás Yah> su alcalde, <Tomas Ku> de Tiholop, <Francisco Antonio Ku> del
mismo pueblo, <Marcos Sulu> de Cistel, <Don Lorenzo Puc> y <Don Silvestre Cauich>
cacique de Tahdzibilchen, <Sebastían Joseph Cab> de Tahdziu, <Domingo Chable>,
alcalde de Chacsinkin, y a todos los demás indios naturales de Cistel, los de Tahdziu,
cuyos nombres constaran de la(f. 909, a.) lista que se acumulara a estos autos y a los de
Tiholop, citados por el cacique, que fueron a Cistel usando así mismo de conmiseración,
en hombres de el Rey Dios le guarde los condenaban y condenaron a doscientos azotes y
a mutilación de ambas orejas y a seis años de servicio a su Majestad, en las obras que se
ofrecieren y se remitan a sus naturalezas para cuando su señoría los pidiere, privando a
los citados caciques de Tahdziuilchen y Tahdziu y al alcalde de Chacsinkin de sus
empleos, para que nunca lo puedan obtener. Y por la que resulta contra Francisco Can
vecino de(f. 909, r.) Huntulchac y a los demás indios que se hallan presos de dicha
estancia, los condenaban y condenaron, solamente a seis años de trabajo que se ofreciere
98
天理大学学報 第6
4巻第1号
del Real servicio y que se hallan a sus naturalezas a disposición de su señoría y por la
que resulta contra Nicolas Cauich de Valladolid brujo embustero lo condenaban y
condenaron a doscientos azotes y a que viva perpetuamente en el convento de nuestro
seráfico padre San Francisco, por no ser casado y tener una mano manca para que sirva
al convento en lo que pudiere y absolvían y absolvieron(f. 910, a.) a Simón Puc teniente
de Tiholop y Agustín Cuxim alcalde de Tiholop, Matías Cab de Tahdziu y a los veinte y
un indios que se hallan presos de Nenela por no resultar contra los susodichos culpa
alguna y por este auto definitivamente juzgando así lo pronunciaron y firmaron =
Licenciado Don Sebatían Maldonado.
otro
En la ciudad de Mérida a veinte y cinco de enero de mil setecientos sesenta y dos años el
señor Don Joseph Crespo Brigadier de los Reales ejércitos Gobernador y Capitán General
de esta provincia formada por el Teniente de Gobernador y auditor de Guerra(f. 910, r.)
el licenciado Don Sebastián de Maldonado sobre de la causa del levantamiento de indios
del pueblo de Cistel en que se hace reparable que siendo el susodicho mero asesor en la
presente causa, se proponga como con juez y más cuando en materias de esta especie no
se admite delegación por resistirse el derecho municipal y teniendo presente que su
señoría, no solo no puede sino que debe no conformarse con el dictamen de asesor
siempre y cuando se ofrezca inconveniente como al presente se ofrece para poner en
práctica el citado dictamen pues si se atiende al hecho se verá muriendo muchos indios
en el pueblo(f. 911, a.) de Cistel fueron condenados nueve a la pena ordinaria de muerte
y otros a mutilación de orejas ya castigo de azotes y de irse se ejecutó la sentencia, cosa
nunca vista en la provincia y por eso de tanto terror y espanto a sus naturales que se
diere margen a que desamparasen sus respectivos pueblos viéndose fugitivos a los
montes, si se prosiguiera matando más indios, como aconteció, al cacique de Tiholop, que
viniendo a esta ciudad, a entregarse voluntariamente, se había retirado de nuevo a los
montes por haber encontrado las cabezas(f. 911, r.) de los a justiciados si se aplica la
consideración a las leyes Reales municipales, se hace evidente manda su Majestad que
Dios guarde a los virreyes, audiencias y Gobernadores que se procure reducir a los indios
que anduvieren alzados y a traer al Real servicio con suavidad y paz sin Guerra ni
muertes, otorgando si necesario fuese libertades, o franquezas de toda especie de tributo,
y perdonándolos delitos de Rebelión que hubiesen cometido aunque fuesen contra la Real
persona y su Real servicio dando luego cuenta a la soberana piedad por esta razón y la de
hallarse su(f. 912, a.) señoría cercionado de la pacífica quietud de los indios acreditada
con ejemplares en toda la provincia y haberse advertido a hora que su asesor en esta
materia es sospechoso según derecho, por haber muerto los indios de Cistel a su cuñado
el Capitán de Sotuta Don Tiburcio Cosagaya, por estos y otros motivos que reserva su
señoría usando de la facultad permitida en derecho y atendiendo al estado de los Autos y
a la que de ellos resultan dijo : debía condenar y condenó a Don Andrés Ku cacique de
Tiholop(f. 912, r.) a Marcos Tec alcalde, Nicolás Tec Teniente a Pedro Chan fiscal mayor
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
99
a Joaquín Xix alcalde del mesón de Cistel y a Domingo Balam, en la pena de doscientos
azotes y ocho años de destierro, que deberán cumplir en la Haban y servir en el Astillero
y demás obras de su majestad a ración y sin sueldo = por lo que toca a Eugenio Can
vecino de Huntulchac, Hilario Canul, Francisco Mex, Tomas Canul regidores de Cistel,
Antonio Cen escribano de Tiholop, Don Ambrosio Huchim cacique de Tahdziu sean estos
condenados(f. 913, a.) a cien azotes, y al destierro de seis años que deberán cumplir a
ración y sin sueldo en el presidio de Bacalar = por lo que toca a Gregorio Ek de Tahdziu
a Pedro Can Teniente de Nenela y a todos los demás indios, de Cistel y de Tahdziu,
justamente con Don Silvestre Cauich cacique de Tahdzibilchen, Nicolás Yah alcalde de
Nenela y Domingo Chable alcalde de Chacsinkin, cuyos nombres se pondrán en la lista y
se acumularan a los autos = sean estos condenados a doscientos azotes y seis años de
sirvientes a su Majestad, en las(f. 913, r.) obras que se ofrecieren en esta provincia y se
remitan a sus naturalezas para cuando su señoría los pidiere, privando a los citados
caciques de Tahdzibilchen y Tahdziu y al alcalde de Chacsinkin de sus empleos para que
nunca los puedan obtener = imponerse la pena de cien azotes a Francisco Can y demás
indios presos de la estancia de Huntulchac y vayan como los antecedentes a sus
naturalezas = y en cuanto a los demás se condenaba solo a dos años de trabajo en el Real
servicio con cincuenta azotes y restitúyanse a sus natu−(f. 914, a.)raleza a disposición de
su señoría = por lo que toca a Nicolás Cauich, reduciéndose su delito según el asesor
únicamente hacer brujo embustero, sáquese testimonio de los convenientes recursos para
proceder y declaranse por libre a Simón Puc teniente de Tiholop, Agustín Cuxim, alcalde,
Matías Cab y a los veinte y un indios de Nenela que se hallan presos = por este auto
definitivamente, juzgando así lo pronunció, mandó y firmó = y sáquese testimonio de todo
lo mandado para dar cuenta a su Majestad que(f. 914, r.) Dios guarde en primera ocasión
Don Joseph Crespo = Ante mi Don Joseph Domingo Pardio secretario mayor de
Gobernación y Guerra.
Noticia
En la ciudad de Mérida a veinte y seis de dicho mes, yo el escribano mediante lengua de
don Pedro Cervera intérprete de los naturales de esta Gobernación notifique el Auto que
antecede a los reos contenidos en él y para que conste lo firme con dicho Intérprete =
Pedro Cervera intérprete general = Don Joseph Domingo Pardio secretario mayor de
Gobernación y Guerra.
(f. 915, a.) Los que van a la Habana por ocho años después de doscientos azotes
Don Andrés Ku de Tiholop
Nicolás Tec de Mococha
Joaquín Xix de Tixcacal Tuyu
Domingo Balam de Mani
Lo que van a Bacalar por seis años después de a cien azotes
100
天理大学学報 第6
4巻第1号
Eugenio Can de Tetis
Hilario Canul de Temax
Francisco Mex de Tixcacal Tuyu
Tomas Canul de Temax
Antonio Cen de Tiholop
Don Ambrosio Huchim de Tadziu
Los de doscientos azotes y a seis años al Real servicio
Ignacio Camal de Sancristóbal
(f. 915, r.) Joseph Chab de Yaxcaba
Marcos Sulu de Sacalaca
Antonio May de Chikindzonot
Pedro Can de Tixcacal Tuyu
Don Silvestre Cauich de Tahdzibilchen
Don Lorenzo Puc Tahdzibilchen
Nicolás Yah de Mani
Domingo Chable de Chacsinkin
Gregorio Dzul de Popola
Sebastián Dzul de Popola
Juan Dzul de Popola
Ambrosio Dzul de Popola
Gregorio Pech de Conkal
Pedro Pech de Conkal
Francisco Cahum de Tekax
Hermenegildo Cahum de Tekax
Juan Pascual Xol de Timucuy
Matías Xol de Timucuy
Jualian Xol de Timucuy
Juan Xol de Timucuy
Carmen Cauich de Bokoba
(f. 916, a.) Juan Cauich de Bokoba
Nicolás Cauich de Bokoba
Andrés Camal de Tekanto
Vicente Antonio Camal de Tekanto
Juan Santiago Camal de Tekanto
Lucas Camal de Tekanto
Nolberto Canul de Tekanto
Tomas Ake de Tekanto
Leonardo Camal de Tihosuco
Sebastián Cocom de Tihosuco
Leonardo Cocom de Tihosuco
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
Manuel Cocom de Tihosuco
Atanasio Dzib de Tihosuco
Juan Joseph Cocom de Tihosuco
Juan Cocom de Tihosuco
Pedro Na de Tihosuco
Pedro May de Chikindzonot
Juan Bautista Dzul de Chikindzonot
Cosme Pech de Chikindzonot
(f. 916, r.) Andrés Citep de Chikindzonot
Carlos Cab de Tela
Atanasio Chan de Mani
Juan Ake de Muxupip
Luis Ake de Muxupip
Lorenzo Ake de Muxipip
Bonifacio Chan de Ichmul
Sebastián Cot de Mama
Joseph Cot de Mama
Francisco Cot de Mama
Pedro Couh de Mama
Domingo Couh de Mama
Joseph Dzul Santana de Valladolid
Salvador Xix de Tixcacal Tuyu
Sebastián Xix de Tixcacal Tuyu
Vicente Xix de Tixcacal Tuyu
Pedro Xix de Tixcacal Tuyu
Ignacio Xix de Tixcacal Tuyu
Juan Pablo Camal de Tixcacal Tuyu
Juan Xix Tixcacal de Tuyu
Eusebio Mex Tixcacal de Tuyu
(f. 917, a.) Julian Tec de Mococha
Gervasio Tec de Mococha
Jacinto Tec de Mococha
Sebastián Chab de Yaxcaba
Eusebio Ake de San Cristóbal
Matías Ku de Petulillo
Dionisio Balam
Santiago Ku
Santiago May
Carlos Dzul
Gregorio Ek
101
102
天理大学学報 第6
4巻第1号
Luis Ek
Antonio Ek
Ventura Yah
Ignacio Ek
Antonio May
Pascual Huchin
Marcos Canche
Juan Yah
Ventura Chable
Pedro Yah
(f. 917, r.) Sebastián Cob
Jorge Ha
Simón Huchim
Marcos Yah
Diego Pot
Bernadino Batun
Juan de la Cruz Yah
Gaspar Na, todos estos son de Tahdziu
Los de a dos años de trabajo y cincuenta azotes
Pascual Pech de Petulillo
Miguel Dzul de Homun
Domingo Ku
Juan Tomas Ku
Juan Antonio Ku
Jerónimo Can
Marcos Can
Pedro Chuc
Antonio Can
Seferino Cen
Gregorio Be
(f. 918, a.) Antonio Uc
Diego Ake
Casimiro Puc
Bartolome Chuc
Custodio Uc
Gabriel Uc
Domingo Collí
Gaspar Ku
Joseph Noh
Miguel Chimal
103
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
todos estos son de Tiholop
Francisco Xece
Gaspar Cox
Toribio Chuc
Marcelo Xece
Seferino Itza
Juanpío Xix
Dionisio Batum
Tomas Noh
(f. 918, r.) Feliciano Dzil
Manuel Cox
todos estos son de Tahdzibilchen
Esta lista la hice sacar para efecto de acumular en los Autos de esta materia como se
manda en el antecedente Mérida y enero treinta de mil setecientos sesenta y dos = Don
Joseph Domingo Pardio emendo = armas = felices = rendico = soldados = explo = ame =
natu = use = U = vc = paba = a = entre rengs = a menasara = un = H = ll = todo valga.
Concuerda este traslado con las confesiones, autos, certificaciones listas y demás de que
va fecha mención que originales para en la secretaria mayor de Gobierno a que me
refiero, cierto corregido y concertado escrito en trescientas cuarenta y ocho (
) con la
subsiguiente del signo y de tres firmas de letra el prin−(f. 919, a.) (
) (
papel con (
) sacar y saque en virtud (
) que (
fecha en (
) y de S. ciudad de Mérida de Yucatán a die−(
) (
) el efecto que en el (
)
) tiene
) febrero de mil
setecientos sesenta y dos.
Testimonio de Verdad = Tomas Baeza, escribano público.
Damos fe que don Tomas Baeza de quien parece signado y firmado este testimonio es
escribano público y del número de esta ciudad fiel, legal y de todo confirma y como a tal a
los autos, certificaciones escritura más (
) que ante él han pasado y (
)(
)(
)
dado y da ante la fe y crédito en juicio y fuerza del y para que de donde convenga damos
la presente en esta ciudad de Mérida de Yucatán en diez y ocho días del mes de febrero
de mil setecientos sesenta y dos años.
Joseph de (Cmta)
Pedro Barboza, secretario Real, escribano público
Lucas Nicolás Pacheco (
), escribano Real y público (
)
【和訳 1】
判決
1
7
6
1年1
2月1
1日メリダ市において,王軍司令官にして当地方の総督・将軍であるドン・ホセ
104
天理大学学報 第6
4巻第1号
フ・クレスポ氏,王立審議会弁護士,総督助役および軍事司法官のドン・セバスティアン・マ
ルドナド氏は,神と国王に対する蜂起を起こしたキステイル村のインディオたちおよび加担し
たその他の村のインディオたちに対して,正式に遂行された当刑事裁判を審理する。インディ
オたちは,本年1
1月2
0日キステイル村において同地区司令官のティブルシオ・コスガヤ氏およ
びその部下たちを殺害した。1
1月2
6日の戦闘においては,陰謀を企てたインディオたちの激し
い抵抗と防戦によって多数の兵士が死亡し負傷した。結果はカトリック軍が勝利し3
0
0名以上
の罪人が逮捕された。その中にはキステイル村において戴冠し村民を服従させたホセフ・ハシ
ント・ウク・デ・ロス・サントス・カネク王やその他の役職者たちも含まれていた。陰謀は全
地方に波及したため総督閣下は全軍を武装させて投入した。犯罪の重大さを考慮して当地方の
平穏を取り戻すためにも速やかに見せしめの罰を与えることが望ましい。他のものたちに思い
知らせるための厳罰として,ホセフ・ハシント・ウク・デ・ロス・サントス・カネク王は死罪
とすべきである。当市中央広場の処刑台に拘束し殴打して手足を折り,死に至るまで見せしめ
に3時間にわたり処刑台に放置し,その後遺体を焼却し灰を空中にまくこととする。また,キ
ステイル村のアルカルデ・デ・セグンド・ボトのペドロ・チャン,陰謀への招集状を届けた密
使フランシスコ・プク,ティシュメウァク村の書記のトマス・バラム,ティシュメウァク村所
属のシモン・マス,ティシュメウァク村所属のレオナルド・ベベ,ティホロプ村のマティア
ス・ウク,ティシュメウァク村出身でキステイル村所属のフェリペ・チャン,キステイル村所
属のフアン・パスクアル・ユピも同様に絞首台にて死罪とする。死に至るまで放置したのち,
腕と首を切り取り近隣の村に運ぶ。首は4バラ(1vara=8
3.
5
9cm)の高さの棒にくくりつけ
て広場で村びとにさらし,腕はインディオ裁判所にさらし,胴体は4つ裂きにして市外の道端
の棒か樹につるしておく。当法廷は以上のごとく審判し,私ことホセフ・ドミンゴ・パルディ
オ主席書記官の立会いのもとホセフ・クレスポ氏,セバスティアン・マルドナド氏は判決を言
い渡し命令し署名する。
1
7
6
1年1
2月1
2日メリダ市において,私こと書記官は当市の留置場の独房からホセフ・ハシン
ト・ウク・デ・ロス・サントス・カネクを出し,当総督領の先住民通訳官ペドロ・セルベラ氏
を通して判決を言い渡し,確かに聞いたことを確認し,通訳官ペドロ・セルベラと私こと書記
官トマス・バエサが署名。
同日午前9時,ホセフ・ハシント・ウク・デ・ロス・サントス・カネクに判決を言い渡したあ
と,当市留置場内の礼拝堂に連れて行く。敬愛すべきマルティン・ヘロニモ・デル・プエルト
神父と聖イエズス会フランシスコ・ハビエル・ゴメス神父が同行した。1
7
6
1年1
2月1
2日,書記
官トマス・バエサが署名。
判決
1
7
6
2年1月3日メリダ市において,王軍司令官にして当地方の総督・将軍であるドン・ホセ
フ・クレスポ氏,王立審議会弁護士,総督助役および軍事司法官のドン・セバスティアン・マ
ルドナド氏は当裁判を審理する。テカント村出身でキステイル村の聖歌隊副隊長ルイス・カウ
イチ本人およびその他の証言に基づき,ルイス・カウイチは忠実なるイダルゴとして,また神
が守護する国王陛下の臣民として行動したものとする。自らの命を危険にさらしながら家族と
ともに村から脱出し反乱の報せをもたらしたキステイル村で唯一のインディオである。神が守
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
105
護する国王陛下の臣民として大いなる配慮と賞賛に値するこの忠実さによって,本人およびそ
の妻と息子はイダルゴと称し,他のイダルゴが有するすべての地位と特権を享受することとす
る。国王陛下に奉仕するさいには武器と弾薬を所持するものとする。彼らには教区内の希望す
る場所に居住する権限が与えられる。この判決はインディオたちに理解できるように担当通訳
が転写し権利が保証される。ホセフ・ドミンゴ・パルディオ主席書記官の立会いのもとホセ
フ・クレスポ氏,マルドナド氏は判決を言い渡し命令し署名する。
判決
1
7
6
2年1月1
0日メリダ市において,王軍司令官にして当地方の総督・将軍であるドン・ホセ
フ・クレスポ氏,王立審議会弁護士,総督助役および軍事司法官のドン・セバスティアン・マ
ルドナド氏は,キステイル村反乱における5名の先住民の忠誠な振る舞いが記載された証明書
を添付する先住民保護官の請願書を精査した。協力的功績に対する褒賞の請願に基づき,神と
神が守護する我らが国王の御名において,ティホスコ村の出身・所属であるフアン・バウティ
スタとフアン・カマル,ティシュカカルトゥユ村出身のマヌエル・パチェコとフリアン・パチ
ェコ(通称シアウ)に対し貢納の支払い免除を宣言する。今後,本人,その妻,子供たちおよ
びこれから誕生する子供たちに貢納支払いの義務はないものとする。ティホロプ村出身のメル
チョル・アケおよびその妻,子供たちはイダルゴと称することを許可し,他のイダルゴが有す
るあらゆる恩恵,地位,特権を享受できるものとし,国王陛下に奉仕するさいには武器と弾薬
を所持するものとする。この判決文書はインディオたちに理解できるように翻訳され権利が保
証される。ホセフ・ドミンゴ・パルディオ主席書記官の立会いのもとホセフ・クレスポ氏,セ
バスティアン・マルドナド氏は判決を言い渡し命令し署名する。
判決
1
7
6
2年1月2
2日メリダ市において,王軍司令官にして当地方の総督・将軍であるドン・ホセ
フ・クレスポ氏,王立審議会弁護士,総督助役および軍事司法官のドン・セバスティアン・マ
ルドナド氏は,神と国王に対する蜂起を起こしたキステイル村のインディオたちおよび反乱に
招集され加担したその他の村のインディオたちに対して,正式に遂行された当刑事裁判を審理
する。被告および証人に対する尋問に基づき,犯した過失の重大さ,事件に対する自戒,公罰
に値する罪から判断して,ティホロプ村カシケのアンドレス・ク氏,アルカルデのマルコス・
テク,キステイル村の助役,司令官のニコラス・テク,フィスカル・マヨル,フィスカル・
デ・ドクトリナのペドロ・チャン,キステイル村のアルカルデ・メソンのホアキン・シュシュ
およびドミンゴ・バラムは蜂起の主要な責任者であり,公道において死刑に処すべきである。
御触れ役人による犯罪の告示とともに罪人たちは当市中央広場に連れ出され,設置された絞首
台で処刑され,午後3時まで放置され衆目にさらされる。その後,絞首台から下ろされ4つ裂
きにされ,当市の公道に放置される。首と腕は出身の村に運ばれ,広場と裁判所においてさら
しものにされる。いかなる地位,立場および状況にあろうとも死刑に処せられし者は,国王の
証文なき土地と財産を没収をされるものとする。フントゥルチャク所属のエウヘニオ・カン,
キステイル村トピルのイラリオ・カヌル,キステイル村レヒドルのフランシスコ・メシュとト
マス・カヌル,ティホロプ村書記のアントニオ・ケン,タフジウ村カシケのアンブロシオ・フ
チム氏,キステイル村のアントニオ・マイ,反乱で名の知れた隊長のイグナシオ・カマルとト
マス・カマルに対し,鞭打ち2
0
0回と8年間ハバナへ追放の刑を慈悲をもって宣告する。ハバ
106
天理大学学報 第6
4巻第1号
ナでは造船所および国王陛下のためのその他の仕事に無償労役すること。タフジウ村のグレゴ
リオ・エク,ネネラ村テニエンテのペドロ・チャン,同村アルカルデのニコラス・ヤフ,ティ
ホロプ村のトマス・ク,同村のフランシスコ・アントニオ・ク,キステイル村のマルコス・ス
ル,ロレンソ・プク氏,タフジビルチェン村カシケのシルベストレ・カウイチ氏,タフジウ村
のセバスティアン・ホセフ・カブ,チャクシンキン村アルカルデのドミンゴ・チャブレおよび
付表に名前を列挙するキステイル村とタフジウ村の他のすべての先住民に対し,また,キステ
イル村に参集したとしてカシケに名前を挙げられたティホロプ村の先住民に対し,慈悲をもっ
て神が守護する国王陛下の御名において,鞭打ち2
0
0回,両耳切断および6年間の国王陛下へ
の労役を宣告する。労役は公共事業および国王陛下がお望みになるときと場所においてなされ
ること。タフジビルチェン村およびタフジウ村のカシケ,チャクシンキン村のアルカルデは永
久にその役職を奪われる。フントゥルチャク・エスタンシアのフランシスコ・カンおよび逮捕
されている同エスタンシア所属のインディオたちに対し,6年間の国王陛下への労役を宣告す
る。国王陛下がお望みになるときと場所においてなされること。バジャドリー村の大嘘つき魔
術師ニコラス・カウイチには,鞭打ち2
0
0回ののちサンフランシスコ修道院において,未婚で
あり片腕が不自由であるためできうる範囲の奉仕を同修道院において永久におこなうこと。テ
ィホロプ村テニエンテのシモン・プク,ティホロプ村アルカルデのアグスティン・クシム,タ
フジウ村のマティアス・カブ,逮捕されているネネラ村の2
1名のインディオたちに対し何らの
罪なきものとし無罪を宣告する。以上のようにセバスティアン・マルドナド氏は判決を言い渡
し署名する。
修正判決
1
7
6
2年1月2
5日メリダ市において,王軍司令官にして当地方の総督・将軍であるドン・ホセ
フ・クレスポ氏は,総督助役および軍事司法官のドン・セバスティアン・マルドナド氏ととも
に,償いを求めるべきキステイル村におけるインディオ蜂起事件に関して,裁判官等とともに
顧問役としてこの裁判に臨んだ。この種の事件については,代表者として自治体の権利を犯す
べきではなく,顧問役の意見のみに従うべきでもない。しかし,当事件のごとくもし不都合が
生じるさいには,つまり,キステイル村において多数のインディオの死を目の当たりにするこ
とを配慮すれば,意見が採用されるであろう。すでに,9名が死刑,他は両耳の切断,鞭打ち,
追放の刑が執行された。当地方において前代未聞のことであり,したがって先住民たちは多大
な恐怖と驚きをもってそれぞれの村を捨て森に逃げ込んだ。ティホロプ村のカシケのごとく,
当市に来て自首する多くのインディオを殺害し続ければ,処刑者の生首を見てあらためて森に
逃げてしまうであろう。自治体法を適用すれば明白となろう。神が守護する国王陛下は副王閣
下,アウディエンシアおよび総督たちに蜂起するインディオを減らし,穏やかで平和で,戦争
も死者もなく国王に奉仕するようお命じになるだろう。もし必要ならば,釈放しあらゆる種類
の貢納を免除し,国王にはむかい奉仕を忘れた反乱の罪を王国に偏在する至高の慈悲をもって
許し,全地方の模範となるようなインディオの平穏を確保するであろう。顧問役の権限として,
キステイル村のインディオたちが義兄弟であるソトゥタ村の隊長ティブルシオ・コスガヤを殺
害した疑いおよびその他の理由により,裁判の成り行きを精査したうえで,与えられた職務と
して以下のように宣告する。ティホロプ村カシケのアンドレス・ク氏,アルカルデのマルコ
ス・テク,テニエンテのニコラス・テク,フィスカル・マヨルのペドロ・チャン,キステイル
村のアルカルデ・デ・メソンのホアキン・シュシュ,ドミンゴ・バラムに対し鞭打ち2
0
0回お
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
107
よび8年間の追放の刑を宣告する。ハバナにおいて造船所および国王陛下のためのその他の仕
事に食事付きの無償労役すること。フントゥルチャク所属のエウヘニオ・カン,キステイル村
レヒドルのイラリオ・カヌルとフランシスコ・メシュ,ティホロプ村書記のアントニオ・カン,
タフジウ村のアンブロシオ・フチム氏に対し鞭打ち1
0
0回および6年間の追放の刑を宣告する。
バカラル徒刑地において食事付きの無償労役すること。タフジウ村のグレゴリオ・エク,ネネ
ラ村のテニエンテのペドロ・チャン,キステイル村およびタフジウ村のその他のインディオた
ち,タフジビルチェン村カシケのシルベストレ・カウイチ氏,ネネラ村アルカルデのニコラ
ス・ヤフ,チャクシンキン村アルカルデのドミンゴ・チャブレ,以上添付の名簿に名前を挙げ
る者たちに対し,鞭打ち2
0
0回および6年間の国王陛下への奉仕の刑を宣告する。当地方にお
ける公共事業等,国王陛下がお望みになる時に所属村において労役をすること。タフジビルチ
ェン村カシケ,タフジウ村カシケおよびチャクシンキン村アルカルデは永久にその役職を奪わ
れる。フランシスコ・カンおよびフントゥルチャク・エスタンシアのその他のインディオは鞭
打ち1
0
0回の刑に処され,所属村に戻ること。その他のインディオは鞭打ち5
0回および所属村
における2年間の国王陛下への奉仕の刑を宣告する。顧問役の意見に従い,ニコラス・カウイ
チは大嘘つきの魔術師であることから証言を記録から削除すること。ティホロプ村テニエンテ
のシモン・プク,アルカルデのアグスティン・カシュム,マティアス・カブおよび拘留中のネ
ネラ村の2
1名のインディオは釈放する。当裁判は以上のように判決を下し,命令し署名する。
神が守護する国王陛下のご高配のため指定の証言は削除する。ホセフ・クレスポ氏,主席書記
官ホセフ・ドミンゴ・パルディオ。
通告
同月2
6日メリダ市において当総督領の先住民通訳官ペドロ・セルベラ氏を介して,私こと書記
官は,当裁判における被告に対し通告する。先住民通訳官ペドロ・セルベラおよび主席書記官
ホセフ・ドミンゴ・パルディオ。
鞭打ち2
0
0回のあとハバナに8年間追放される者は以下の通りである。
ティホルプ村のアンドレス・ク氏
モコチャ村のニコラス・テク
ティシュカカルトゥユ村のホアキン・シュシュ
マニ村のドミンゴバラム
鞭打ち1
0
0回のあとバカラルに6年間追放される者は以下の通りである。
テティス村のエウヘニオ・カン
テマシュ村のイラリオ・カヌル
ティシュカカルトゥユ村のフランシスコ・メシュ
テマシュ村のトマス・カヌル
ティホロプ村のアントニオ・ケン
タフジウ村のアンブロシオ・フチム
鞭打ち2
0
0回のあと6年間の国王陛下への奉仕に処される者は以下の通りである。
サンクリストバル村のイグナシオ・カマル
108
天理大学学報 第6
4巻第1号
ヤシュカバ村のホセフ・チャブ
サカラカ村のマルコス・スル
チキンゾノト村のアントニオ・マイ
ティシュカカルトゥユ村のペドロ・カン
タフジビルチェン村のシルベストレ・カウイチ氏
タフジビルチェン村のロレンソ・プク氏
マニ村のニコラス・ヤフ
チャクシンキン村のドミンゴ・チャブレ
ポポラ村のグレゴリオ・ツル
ポポラ村のセバスティアン・ツル
ポポラ村のフアン・ツル
ポポラ村のアンブロシオ・ツル
コンカル村のグレゴリオ・ペチ
コンカル村のペドロ・ペチ
テカシュ村のフランシスコ・カフム
テカシュ村のエルメネヒルド・カフム
ティムクイ村のフアン・パスクアル・ショル
ティムクイ村のマティアス・ショル
ティムクイ村のフリアン・ショル
ティムクイ村のフアン・ショル
ボコバ村のカルメン・カウイチ
ボコバ村のフアン・カウイチ
ボコバ村のニコラス・カウイチ
テカント村のアンドレス・カマル
テカント村のビセンテ・アントニオ・カマル
テカント村のフアン・サンティアゴ・カマル
テカント村のルカス・カマル
テカント村のノルベルト・カヌル
テカント村のトマス・アケ
ティホスコ村のレオナルド・カマル
ティホスコ村のセバスティアン・ココム
ティホスコ村のレオナルド・ココム
ティホスコ村のマヌエル・ココム
ティホスコ村のアナスタシオ・ジブ
ティホスコ村のフアン・ホセフ・ココム
ティホスコ村のフアン・ココム
ティホスコ村のペドロ・ナ
チキンゾノト村のペドロ・マイ
チキンゾノト村のフアン・バウティスタ・ツル
チキンゾノト村のコスメ・ペチ
チキンゾノト村のアンドレス・キテプ
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
テラ村のカルロス・カブ
マニ村のアタナシオ・チャン
ムシュピプ村のフアン・アケ
ムシュピプ村のルイス・アケ
ムシュピプ村のロレンソ・アケ
イチムル村のボニファシオ・チャン
ママ村のセバスティアン・コト
ママ村のホセフ・コト
ママ村のフランシスコ・コト
ママ村のペドロ・コウフ
ママ村のドミンゴ・コウフ
バジャドリー村のホセフ・ツル・サンタナ
ティシュカカルトゥユ村のサルバドル・シュシュ
ティシュカカルトゥユ村のセバスティアン・シュシュ
ティシュカカルトゥユ村のビセンテ・シュシュ
ティシュカカルトゥユ村のペドロ・シュシュ
ティシュカカルトゥユ村のイグナシオ・シュシュ
ティシュカカルトゥユ村のフアン・ペドロ・カマル
ティシュカカルトゥユ村のフアン・シュシュ
ティシュカカルトゥユ村のエウセビオ・メシュ
モコチャ村のフリアン・テク
モコチャ村のヘルバシオ・テク
モコチャ村のハシント・テク
ヤシュカバ村のセバスティアン・チャブ
サンクリストバル村のエウセビオ・アケ
ペトゥリジョ村のマティアス・ク
ディオニシオ・バラム
サンティアゴ・ク
サンティアゴ・マイ
カルロス・ツル
グレゴリオ・エク
ルイス・エク
アントニオ・エク
ベントゥラ・ヤフ
イグナシオ・エク
アントニオ・マイ
パスクアル・フチム
マルコス・カンチェ
フアン・ヤフ
ベントゥラ・チャブレ
ペドロ・ヤフ
109
110
天理大学学報 第6
4巻第1号
セバスティアン・コブ
ホルへ・ハ
シモン・フチム
マルコス・ヤフ
ディエゴ・ポト
ベルナディノ・バトゥン
フアン・デ・ラ・クルス・ヤフ
ガスパル・ナ
以上,すべてタフジウ村。
鞭打ち5
0回および2年間の労役に処される者は以下の通りである。
ペトゥリジョ村のパスクアル・ペチ
ホムン村のミゲル・ツル
ドミンゴ・ク
フアン・トマス・ク
フアン・アントニオ・ク
ヘロニモ・カン
マルコス・カン
ペドロ・チュク
アントニオ・カン
セフェリノ・ケン
グレゴリオ・ベ
アントニオ・ウク
ディエゴ・アケ
カシミロ・プク
バルトロメ・チュク
クストディオ・ウク
ガブリエル・ウク
ドミンゴ・コジ
ガスパル・ク
ホセフ・ノフ
ミゲル・チマル
以上,すべてティホロプ村。
フランシスコ・シェセ
ガスパル・コシュ
トリビオ・チュク
マルセロ・シェセ
セフェリノ・イツア
フアンピオ・シュシュ
ディオニシオ・バトゥム
111
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
トマス・ノフ
フェリシアノ・ジル
マヌエル・コシュ
以上,すべてタフジビルチェン村。
以上の名簿は,1
7
6
2年1月3
0日メリダ市において当事件の判決に追加されるために作成された。
ホセフ・ドミンゴ・パルディオ(以下署名飾り)
。
この複写は,先述の主席書記官が保管する原版の告白,判決,名簿等と一致している。3人の
署名とともに3
4
8の(
1
7
6
2年2月(
)正確な記載がなされているものである。(
)
(
)
(
)
)日ユカタン総督領メリダ市。
真性の記録,トマス・バエサ書記官。
信仰に誓って,この記録に署名しているトマス・バエサ氏は誠実なる当市の書記官のひとりで
ある。1
7
6
2年2月1
8日ユカタン総督領メリダ市において,信仰と信頼しうる判断力をもって
(
)
(
)
(
)この記録が,事実を適切に伝える記述であることを確認するものであ
る。
ホセフ・デ(
)
.
ペドロ・バルボア,書記官
ルカス・ニコラス・パチェコ,書記官
【テクスト2:ホセフ・クレスポ総督へのマルケス・デ・クルイリャス副王の返信(1
7
6
2年3
月1
2日】
Muy señor mío :
En carta de 16 de enero próximo de este año, que acabo de recibir, me dice V.S. la
conspiración de los indios de esa provincia, cuyos fines se descubrieron por la Providencia
el día 20 de noviembre con la muerte del tratante Diego Pacheco en el pueblo de Sistél.
No dudaba yo (antes bien justamente me prometía) que apaciguase con escarmientos y
castigos visiblemente populares todas esas torpes ideas, la siempre bien acreditada
experiencia militar de V.S., y aunque llegaron a esta Capital propagándose a las demás
partes del reino mucho tiempo hace, públicas noticias de tan ruidosos hechos, tuve por
conveniente suspender el juicio en la regular creencia de ellos, hasta verles confirmados
con los sólidos avisos de V.S., cuyas providencias han sido acertadísimas, no solo para
castigar los arrojos anteriores, sino para precaver los que pueda ofrecer en la
posterioridad el torpe carácter de esas gentes.
Fué sin duda para las mismas un golpe de terrible escarmiento el público castigo
ejecutado en la persona de Jacinto Cenek(sic) a quien tenían bárbaramente jurado por
rey de su confederación bajo el título de pequeño Montezuma. Se castigan por lo regular
los delitos de alta especie, quitando la vida al delicuente por medio de castigo nunca visto
y con aparatos horrorosos y terribles, aun a la vista de los mayores inocentes ; y se hacen
también punibles los excesos con penas capitales que producen el fin sin que estremezcan
112
天理大学学報 第6
4巻第1号
las medidas. De lo priemro han usado siempre aquellas bárbaras naciones, en cuyo
carárter hay la debida constancia para aterrorizarse, escarmentar, temer y reducirse a
una vida llena de recelos que regularmente funda la quietud popular que les faltaba ;
esta práctica no es rigurosamente adaptable al común de los indios, porque su torpeza, lo
primero en que incurre es en desolar los pueblos que habitan, abandonar los
establecimientos, siembras, tratos y comunicaciones que en ellos tienen, y toman por
cruel partido el abrigo de los montes, y traman en ellos (por un espíritu, terriblemente
belicoso) todas las correrías, introducciones, hurtos, incendios, muertes y otras crueldades
de su ferocidad que ha dictado la experiencia. Siempre hubiera sido acomodada la
segunda especie de castigo, porque no ha sido comúnmente el terror el que ha conservado
y adquirido la quietud de las repúblicas, sino es los escarmientos frecuentes y
proporcionados, ya a la calidad de los excesos y ya al nativo carácter de los que les
cometieron, pues tal vez lo contrario hace sublevar a los mismos inquietos, y sobre
producir las consecuencias que llevo dichas, puede temerse justamente que muchos,
viendo esta conducta que siguen los hijos de la verdadera Iglesia, no quieran agregarse al
gremio de ella, antes bien, vivan torpemente dedicados a la misma barbaridad que les
fomente ;
y pues de todo tiene V.S. dada cuenta el Rey, espero me insturya
puntualmente de lo que en adelante pueda ofrecerse, bien cierto de que a cualquiera hora
estarán prontos a la dispocición de V.S. todos los auxilios que puedan franquear estas
dilatadas provincias.
Dios, México 12 de Marzo de 1762.
(Eduardo Enrique Ríos, ”LA REBELION DE JACINTO CANEK,” Diario de Yucatán, 22
de noviembre, 1936, pp.12―13).
【和訳2】
拝啓
本年1月1
6日付けの貴殿の書簡を拝受しました。そちらの地方におけるインディオたちの陰
謀の目的は,1
1月2
0日のキステイル村における商人ディエゴ・パチェコの殺害によって発覚し
ました。
事前に公正なる誓いをたてたうえで確信をもって申し上げます。いかなる時も充分なる評判
をえている貴殿の軍事的経験によって,民衆に公然とした見せしめと罰をもって,その愚かな
考えを鎮めたのです。かなりまえに,この騒々しい事件の情報は首都に届き,他地域にもひろ
まっておりましたが,貴殿からの確かな報告をもって事件を確証するまでは,事件に関する一
般的な風評をもって判断することを差し控えてきました。貴殿のとった措置は,先般の向こう
見ずな行為を懲らしめるうえでも,今後それらの者たちの性分が引き起こしうる可能性のある
謀反を予防するためにも,申し分なく的確なものでありました。
小モクテスマという名をもって,同盟のやからの王として野蛮にも讃えられたハシント・カ
ネクという人物に処せられた公然の罰は恐ろしい見せしめの一撃となったことに疑う余地はあ
りません。多くの罪なき人びとの眼前で,身の毛もよだつ恐ろしい道具で前代未聞の罰をもっ
て罪人の生命を奪うという形で,大罪は淡々と罰せられました。常軌の逸脱に対しては,その
措置を迷うことなく死をもって罰する。それは,あの野蛮な人びとが用いてきた方法なのです。
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
113
彼らに欠けている民衆的安寧ではなくて,不信に満ちあふれた生活に帰着するような,震え上
がり,自戒し,恐れおののく,確固たる性癖が彼らの性格には存在するのです。このような慣
行はインディオ一般にかならずしも適応されるものではありません。まず最初に陥る愚純は,
住民を悲観に暮れさせ,集落,畑,交際および意志疎通を放棄させてしまうことです。野良着
をまとい野蛮な徒党をくんで,その恐ろしいほどの好戦的な精神をもって,襲撃,侵入,窃盗,
放火,殺人およびその経験に刻み込んできた獰猛さによるあらゆる残忍な行為をたくらむので
す。とはいえ,いつも別の種類の罰が適応されうるのです。なんとならば,インディオ社会に
平穏を獲得・維持させてきたのはこの恐怖ではないからです。頻繁に適応されてきた厳罰は,
常軌の逸脱に対してであり,それを引き起こす生来の性格に対してであります。しかし,現実
にはその不穏当なものたちに反乱を起こさせ,前述のような結果を招いたのです。真実の教会
の息子たちの行為を目の当たりにして,多くの者たちは恐れおののき,もはや同じ信徒団に参
加する気を失ったでしょう。むしろ,同様の野蛮さをもって愚鈍に生きる道を選ぶのでしょう。
貴殿はこうして国王陛下に報告なされたわけですが,今後起こりうることに関しても私に適宜
ご報告くださることを望みます。また,いかなるときでも,貴殿の措置にたいし,この広大な
地方に平穏を取り戻すためのいかなる援助も惜しまない所存です。
敬具。1
7
6
2年3月1
2日,メキシコ市。
注
(1) 「メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件尋問記録(1)――1
7
6
1年1
1月3
0日∼1
2月4
6頁)
,
「メキシコ・ユカタン総督領キス
日――」
(
『天理大学学報』第2
1
3輯,2
0
0
6年1
0月,3
7―6
テ イ ル 村 事 件 尋 問 記 録(2)――1
7
6
1年1
2月5日∼1
2月6日――」
(
『天 理 大 学 学 報』第2
1
6
1
4頁)
,
「メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件尋問記録(3)―
輯,2
0
0
7年1
0月,9
1―1
4
5頁)お よ
―1
7
6
1年1
2月7日∼1
2月1
0日――」
(
『天理大 学 学 報』第2
2
0輯,2
0
0
9年2月,1
2
3―1
び「メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件尋問記録(4)――1
7
6
1年1
2月1
3日∼1
2月3
1
3
3頁)
,メキシコ・ユカタン総督領キス
日――」
(
『天理大学学報』第2
2
6輯,2
0
1
1年2月,1
0
5―1
テイル村事件尋問記録(5)――1
7
6
2年1月2日∼8日――」
(
『天理大学学報』第2
2
8輯,2
0
1
1
4頁)
,
「メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件尋問記録(6)完結――1
7
6
2
年1
0月,6
5―9
5
9頁)
。
年1月8日∼1
3日――」
(
『天理大学学報』第2
2
9輯,2
0
1
2年2月,1
3
1―1
(2) 「メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件(1
7
6
1年)に関する公式見解――メリダ市参
2
1頁)
。
事会議事録および総督の書簡――」
(
『天理大学学報』第1
9
6輯,2
0
0
1年2月,2
1
5―2
表1 判決一覧
名
前
Joseph Jacinto Uc de
出身・所属村(役職名)
判決(カッコ内は減刑前の判決)
無所属
死刑
vecino de Tiholop
死刑
alcalde de segundo voto
死刑
los Santos Canek Rey
Matias Uc
Pedro Chan
de Cistel
Francisco Puc
Embajador
死刑
Tomas Balam
escribano de Tixmeuac
死刑
114
天理大学学報 第6
4巻第1号
Simon Mas
natural de Tixmeuac
死刑
Leonardo Vevet
natural de Tixmeuac
死刑
Felipe Chan
natural de Tixmeuac y 死刑
vecino de Cistel
Juan Pazcual Yupit
vecino de Cistel
Nicolas Tec
teniente de gobernador 死刑
y capitán general
死刑
de
Cistel
Pedro Chan
fiscal mayor de doctrina 死刑
de Cisteil
Francisco Can
Huntulchac
鞭打ち1
0
0回(懲役6年)
Antonio Cen
Tiholop
鞭打ち1
0
0回とバカラル徒刑地におけ
Eugenio Can
Tetis
Hilario Canul
Temax
る懲役6年
鞭打ち1
0
0回とバカラル徒刑地におけ
る懲役6年
鞭打ち1
0
0回とバカラル徒刑地におけ
る懲役6年
Tomas Canul
Temax
鞭打ち1
0
0回とバカラル徒刑地におけ
る懲役6年
Antonio Cen
escribano de Tiholop
鞭打ち1
0
0回とバカラル徒刑地におけ
る懲役6年(鞭打ち2
0
0回とハバナ造
船所等における懲役8年)
Don Ambrosio
Tadziu
鞭打ち1
0
0回とバカラル徒刑地におけ
Huchim
る懲役6年(鞭打ち2
0
0回とハバナ造
船所等における懲役8年)
Eugenio Can
vecino de Huntulchac
鞭打ち1
0
0回とバカラル徒刑地におけ
る懲役6年(鞭打ち2
0
0回とハバナ造
船所等における懲役8年)
Francisco Mex
Tixcacal Tuyu
鞭打ち1
0
0回とバカラル徒刑地におけ
る懲役6年(鞭打ち2
0
0回とハバナ造
船所等における懲役8年)
Hilario Canul
regidor y topil de Cistel
鞭打ち1
0
0回とバカラル徒刑地におけ
る懲役6年(鞭打ち2
0
0回とハバナ造
船所等における懲役8年)
Tomas Canul
regidor de Cistel
鞭打ち1
0
0回とバカラル徒刑地におけ
0
0回とハバナ造
る懲役6年(鞭打ち2
船所等における懲役8年)
Nicolas Cauich
brujo
embustero
de
Valladolid
院において終世奉仕
Joaquin Xix
Tixcacal Tuyu
鞭打ち200回とハバナにおける懲役8年
鞭打ち2
0
0回とサンフランシスコ修道
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
115
Nicolas Tec
Teniente de Tiholop
鞭打ち200回とハバナにおける懲役8年
Nicolas Tec
Mococha
鞭打ち200回とハバナにおける懲役8年
Pedro Chan
fiscal mayor de Tiholop
鞭打ち200回とハバナにおける懲役8年
Don Andres Ku
Tiholop
鞭打ち200回とハバナにおける懲役8年
Antonio May
Cistel
鞭打ち2
0
0回とハバナ造船所等におけ
Ignacio Camal
capitán de la
鞭打ち2
0
0回とハバナ造船所等におけ
sublevación
る懲役8年
Tomas Camal
Capitán de la
鞭打ち2
0
0回とハバナ造船所等におけ
sublevación
る懲役8年
Regidor de Cistel
鞭打ち2
0
0回とハバナ造船所等におけ
る懲役8年
Tomas Canul
る懲役8年
Domingo Balam
Mani
鞭打ち2
0
0回とハバナ造船所等におけ
る懲役8年(死刑)
Don Andres Ku
cacique de Tiholop
鞭打ち2
0
0回とハバナ造船所等におけ
る懲役8年(死刑)
Joaquin Xix
alcalde meson de Cistel
Marcos Tec
alcalde de Tiholop
Ambrosio Dzul
Popola
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Andres Camal
Tekanto
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
鞭打ち2
0
0回とハバナ造船所等におけ
る懲役8年(死刑)
鞭打ち2
0
0回とハバナ造船所等におけ
る懲役8年(死刑)
Andres Citep
Chikindzonot
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Antonio Ek
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Antonio May
Chikindzonot
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Antonio May
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Atanasio Chan
Mani
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Atanasio Dzib
Tihosuco
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Bernadino Batun
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Bonifacio Chan
Ichmul
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Carlos Cab
Tela
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Carlos Dzul
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Carmen Cauich
Bokoba
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Cosme Pech
Chikindzonot
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Diego Pot
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Dionisio Balam
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Domingo Couh
Mama
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Don Lorenzo Puc
Tahdzibilchen
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Eusebio Ake
San Cristobal
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Eusebio Mex
Tixcacal Tuyu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
116
天理大学学報 第6
4巻第1号
Francisco Cahum
Tekax
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Francisco Cot
Mama
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Gaspar Na
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Gervasio Tec
Mococha
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Gregorio Dzul
Popola
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Gregorio Pech
Conkal
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Hermenegildo Cahum
Tekax
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Ignacio Camal
Sancristobal
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Ignacio Ek
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Ignacio Xix
Tixcacal Tuyu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Jacinto Tec
Mococha
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Jorge Ha
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Joseph Chab
Yaxcaba
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Joseph Cot
Mama
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Joseph Dzul Santana
Valladolid
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Jualian Xol
Timucuy
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Juan Ake
Muxupip
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Juan Bautista Dzul
Chikindzonot
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Juan Cauich
Bokoba
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Juan Cocom
Tihosuco
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Juan de la Cruz Yah
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Juan Dzul
Popola
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Juan Joseph Cocom
Tihosuco
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Juan Pablo Camal
Tixcacal Tuyu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Juan Pascual Xol
Timucuy
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Juan Santiago Camal
Tekanto
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Juan Xix
Tixcacal Tuyu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Juan Xol
Timucuy
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Juan Yah
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Julian Tec
Mococha
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Leonardo Camal
Tihosuco
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Leonardo Cocom
Tihosuco
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Lorenzo Ake
Muxipip
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Lucas Camal
Tekanto
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Luis Ake
Muxupip
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Luis Ek
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Manuel Cocom
Tihosuco
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Marcos Canche
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Marcos Sulu
Sacalaca
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Marcos Yah
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
Matias Ku
Petulillo
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Matias Xol
Timucuy
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Nicolas cauich
Bokoba
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Nicolas Yah
Mani
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Nolberto Canul
Tekanto
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Pascual Huchin
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Pedro Can
Tixcacal Tuyu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Pedro Couh
Mama
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Pedro May
Chikindzonot
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Pedro Na
Tihosuco
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Pedro Pech
Conkal
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Pedro Xix
Tixcacal Tuyu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Pedro Yah
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Salvador Xix
Tixcacal Tuyu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Santiago Ku
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Santiago May
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Sebastian Chab
Yaxcaba
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Sebastian Cob
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Sebastian Cocom
Tihosuco
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
117
Sebastian Cot
Mama
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Sebastian Dzul
Popola
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Sebastian Xix
Tixcacal Tuyu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Simon Huchim
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Tomas Ake
Tekanto
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Ventura Chable
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Ventura Yah
Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Tekanto
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Vicente Xix
Tixcacal Tuyu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
Nicolas Yah
alcalde de Nenela
鞭打ち2
0
0回と懲役6年(鞭打ち2
0
0回
Vicente
Antonio
Camal
と両耳切断と懲役6年)
Pedro Can
teniente de Nenela
鞭打ち2
0
0回と懲役6年(鞭打ち2
0
0回
と両耳切断と懲役6年)
Domingo Chable
alcalde de Chacsinkin
Don Silvestre Cauich
Tahdzibilchen
Gregorio Ek
Tahdziu
Francisco Antonio Ku
Tiholop
鞭打ち2
0
0回と懲役6年(鞭打ち2
0
0回
と両耳切断と懲役6年)
,終世免職
鞭打ち2
0
0回と懲役6年(鞭打ち2
0
0回
と両耳切断と懲役6年)
,終世免職
鞭打ち2
0
0回と懲役6年(鞭打ち2
0
0回
と両耳切断と懲役6年)
,終世免職
鞭打ち2
0
0回と両耳切断と懲役6年
118
天理大学学報 第6
4巻第1号
Marcos Sulu
Cistel
鞭打ち2
0
0回と両耳切断と懲役6年
Tomas Ku
Tiholop
鞭打ち2
0
0回と両耳切断と懲役6年
Sebastian Joseph Cab
cacique de Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と両耳切断と懲役6年,
終世免職
Antonio Can
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Antonio Uc
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Bartolome Chuc
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Casimiro Puc
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Custodio Uc
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Diego Ake
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Dionisio Batum
Tahdzibilchen
鞭打ち5
0回と懲役2年
Domingo Colli
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Domingo Ku
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Feliciano Dzil
Tahdzibilchen
鞭打ち5
0回と懲役2年
Francisco Xece
Tahdzibilchen
鞭打ち5
0回と懲役2年
Gabriel Uc
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Gaspar Cox
Tahdzibilchen
鞭打ち5
0回と懲役2年
Gaspar Ku
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Gregorio Be
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
indios
Huntulchac
鞭打ち5
0回と懲役2年
Jeronimo Can
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Joseph Noh
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Juan Antonio Ku
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Juan Tomas Ku
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Juanpio Xix
Tahdzibilchen
鞭打ち5
0回と懲役2年
Manuel Cox
Tahdzibilchen
鞭打ち5
0回と懲役2年
Marcelo Xece
Tahdzibilchen
鞭打ち5
0回と懲役2年
Marcos Can
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Miguel Chimal
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Miguel Dzul
Homun
鞭打ち5
0回と懲役2年
Pascual Pech
Petulillo
鞭打ち5
0回と懲役2年
Pedro Chuc
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Seferino Cen
Tiholop
鞭打ち5
0回と懲役2年
Seferino Itza
Tahdzibilchen
鞭打ち5
0回と懲役2年
Tomas Noh
Tahdzibilchen
鞭打ち5
0回と懲役2年
Toribio Chuc
Tahdzibilchen
鞭打ち5
0回と懲役2年
Agustin Cuxim
alcalde de Tiholop
無罪
Matias Cab
Tahdziu
無罪
Matias Cab
Nenela
無罪
Simon Puc
teniente de Tiholop
無罪
メキシコ・ユカタン総督領キステイル村事件判決
インディオ2
1名
Nenela
無罪
その他のインディオ
Cistel y de Tahdziu
鞭打ち2
0
0回と懲役6年
その他のインディオ
n.d.
鞭打ち5
0回と懲役2年
Luis Cauich
teniente de coro de
イダルゴの称号授与
Cistel y natural de
Tekanto
Juan Bautista
vecino y natural de
Jaun Camal
vecino y natural de
貢納免除
Tihosuco
貢納免除
Tihosuco
Manuel Pacheco
natural de Tixcacal
貢納免除
Tuyu
Jualian Pacheco
natural de Tixcacal
貢納免除
Tuyu
Melchos Ake
natural de Tiholop
イダルゴの称号授与
119
Fly UP