...

Akebono Brake

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

Akebono Brake
グローバルトピックス
お客様と地域社会とともに、新しい市場に取り組みます
メキシコ
■拡大するメキシコ市場へ
akebono では、メキシコにある自動車メーカーへの供給を、
初年度の雇用人数は約 50 名。現地採用は 47 ~ 48 名で、日
北米製造拠点と日本国内拠点から輸出しています。これを現地
本からの常駐スタッフは 3 名程度を予定しています。人事総務の
生産することで物流コストを見直し、効率化することがメキシコ
マネージャーは事業の要であり、事業開始時からローカルスタッ
進出の狙いです。生産開始は 2013 年 6 月を予定しています。
フにポジションを委ね、現地化を進める予定です。
当初はドラムブレーキの組立から開始し、将来はディスクブレー
グアナファト州サンタフェⅡ工業団地は、州政府と地元企業の
キの製造も手掛ける計画です。そのために、まず生産技術の
第三セクター方式で開発され、環境と美観の保全に厳しい規制
「共通化・標準化」を進めます。工場を置くグアナファト州には
が設けられています。この規制を遵守し魅力ある街づくりに貢献
州が運営する職業訓練所が 28 カ所あり、企業の希望する研修
することで、地域とともに発展を図ります。
メニューが組めるため、現地社員の研修・採用に活用する予定
です。
Akebono Brake Mexico S.A. de C.V. の概要
2008 年のリーマンショック以降、自動車メーカーが生産拠点
名
称:Akebono Brake Mexico S.A. de C.V.
所 在 地:Calle Plaza de la Paz 100 Int 210, Colonia
を次々にメキシコにシフトしています。今後 10 年間の自動車産
Puerto Interior, C.P. 36275, Silao,
Guanajuato, Mexico
代 表 者:山中啓司
事 業 内 容:自動車用ブレーキの製造およびセールス
資 本 金:4 億円(段階的に増資予定)
設
立:2012 年 4 月 13 日
出 資 比 率:曙ブレーキグループ 100%
業の年平均成長率は約 5%と予測されており、流れを逃さず「地
産・地消 」型の生産体制でメキシコでの成長をめざします。
■地域コミュニティとの協働で発展
メキシコ国内のほぼ中心に位置するグアナファト州は、半径
500km 内に国内のほぼ 9 割を超える完成車工場が集中してい
ます。この地域は比較的治安が良いのですが、米国への製品輸
新工場の概要(予定)
敷 地 面 積:約 110 千平方メートル
生 産 開 始:2013 年 6 月
売 上 高:約 45 億円(2015 年度)
送時のセキュリティ確保が課題です。現地のサプライヤーを選定
する際は価格だけでなく、児童労働などの人権侵害がないよう
管理を徹底します。
akebono 北米ネットワーク
売上高
(億円)
1,200
1,070
963
1,000
( 億円 )
1,200
995
800
Akebono Brake Corporation
北米統括、
セールス、
マーケティング
Akebono Engineering Center
エンジニアリングセンター
Akebono Brake, Elizabethtown Plant
ディスクブレーキ、
ドラムブレーキ、
パッドなどの製造
800
600
600
358
400
200
0
’09
’10
’11
営業利益
10
4
△20
10
AKEBONO REPORT 2012
曙ブレーキ工業株式会社
Akebono Brake, Columbia Plant
ディスクブレーキ、
コーナーモジュール、
鋳物などの製造
0
’09
( 億円 )
10
0
△11
△20
△11
△40
△60
Akebono Brake Mexico S.A. de C.V.
自動車用ブレーキの製造およびセールス
’12 (年度)
(予想)
*
0
0
Akebono Brake, Glasgow Plant
ディスクブレーキ、パッドなどの製造
358
400
200
(億円)
Akebono Brake, Clarksville Plant
ディスクローター、
ドラムブレーキ、
コーナーモジュールなどの製造
1,000
△54
’12 (年度)
(予想)
*
売上高および営業利益は、セグメント間の
内部取引を含んでいます。
’09
’10
△40
’11
*2012 年度(予想)は 2012 年 5 月 8 日公表の
2012 年度地域別業績予想に基づきます(p.47
をご参照ください)。
△60
’09
ベトナム
■ ASEAN 地域の二輪車需要に即応
は、日系二輪車メー
Akebono Brake Astra Vietnam(AAVH)
初年度は、インドネシアから部品を輸入しての組立生産となり
カーのベトナム工場向けディスクブレーキとマスターシリンダーを
ますが、順次ベトナム工場内での加工も開始、輸入部品の国内
製造するため、2011 年 11 月ハノイ市近郊のタンロンⅡ工業団
の調達先への切り替えも計画しています。その際に重要なのは、
地に設立されました。ASEAN 主要国向けの二輪車用ブレーキ
ベトナムにおいても「人間尊重」を念頭に、2 次・3 次のサプライ
製品はこれまでインドネシアで生産し、輸出で対応してきました
ヤーにおいても人権に配慮するサプライチェーンの仕組みをつく
が、今後はベトナム国内でも生産することで、お客様へのニーズ
ることです。環境配慮についてもAAIJ での実績を活かし、リサイ
に即応できる体制となり、アジア地域での競争力を高めます。
クル、工場用水の汚水処理、敷地内の緑化など積極的に取り組
今後は当該日系二輪車メーカーのベトナムにおけるakebono
みます。
のシェア100%をめざします。ベトナム進出はA A VH の株式を
60%所有し、
「真のグローバル企業」
をめざすPT. Akebono Brake
Astra Indonesia
(AAIJ)
にとって
「夢の実現」
の第一歩でもあり、
Akebono Brake Astra Vietnam Co., Ltd. (AAVH)
AAIJとともにアジア地域でさらなる成長を果たしていきます。
の概要
■ローカル人財への配慮
名
称:Akebono Brake Astra Vietnam Co., Ltd. (AAVH)
所 在 地:Plot D-10(Rf-1a) Thang Long Industrial Park II,
立ち上げ時のスタッフ構成は日本人 1 名、インドネシア人 2 名、
それ以外はすべてローカル採用の計 31 名でスタートします。人
事総務を統括するマネージャーは重要なポジションであり、将来
現地の経営を担うことも視点に入れローカルスタッフを登用、親
会社であるAAIJ の経営理念「人間尊重 」を受け継ぎ、社員間
のモチベーション、コミュニケーション、チームワークを重視して
いきます。
Yen My district, Hung Yen Province, Vietnam
代 表 者:荒川 哲丸
資 本 金:3 百万米ドル ( 段階的に増資予定 )
出 資 比 率:曙ブレーキ工業 (20% )、AAIJ (60% )、
PT. Astra Otoparts Tbk. (20%)
設 立 日:2011 年 11 月 14 日
事 業 内 容:二輪車用ディスクブレーキ、マスターシリンダーの
製造およびセールス
akebono アジアネットワーク
売上高
(億円)
300
( 億円
30
279
250
226
25
211
200
曙光制動器
(蘇州)
有限公司
ディスクブレーキパッドの
製造およびセールス
広州曙光制動器有限公司
ディスクブレーキ、
ドラムブレーキなどの
製造およびセールス
150
15
100
10
50
0
Akebono Brake Astra Vietnam Co., Ltd.
二輪車用ディスクブレーキ、
マスターシリンダー
の製造およびセールス
20
158
5
’09
’10
’11
営業利益
(億円)
40
37
35
’12 (年度)
(予想)
*
38
(億
4
30
3
22
20
2
10
0
Akebono Brake (Thailand) Co., Ltd.
ディスクブレーキ、パッドなどの
製造およびセールス
PT. Akebono Brake Astra Indonesia
ディスクブレーキ、
ドラムブレーキ、パッド、
ライニング、
マスターシリンダーなどの
製造およびセールス
1
’12 (年度)
(予想)
*
売上高および営業利益は、セグメント間の
内部取引を含んでいます。
’09
’10
’11
*2012 年度(予想)は 2012 年 5 月 8 日公表の
2012 年度地域別業績予想に基づきます。
アジアは中国・タイ・インドネシアを単純合算し
ています(p.47をご参照ください)。
AKEBONO REPORT 2012
曙ブレーキ工業株式会社
11
Fly UP