...

9歳バレーアフリカン(アフリカンバレー)に研修生として加入。 修行を積み

by user

on
Category: Documents
8

views

Report

Comments

Transcript

9歳バレーアフリカン(アフリカンバレー)に研修生として加入。 修行を積み
qu
DAOUDASYLLA(ダウダ・シラ)
西アフリカギニア共和国、コナクリ市生まれの西アフリカ伝統音楽
のジンベ奏者。
キャリア30年以上のマスタージンベソリスト。
6歳、小学校コナクリⅢマディナ学校に通いながらジャズドラマー
でもあった父アブーにジンベを習い始め、母カディァツウにダンス
を習う。
9歳バレーアフリカン(アフリカンバレー)に研修生として加入。
10~15歳、ギニアコナクリで最初のジャンベグループ(男、女
22名)ギニア国立舞踊団にてソリストの故ダウダカマラ師の下で
修行を積み才能を開花させる。、師が他界してからもギニアの複数
のバレエ団に所属し演奏を続ける。
その後ダンスと打楽器のマデイナ学校を開講する。(12名を擁す
る)診療所や結婚式、'慣習的儀式やコンサートなど、マムーキン
ディアなど地方をグループと共に演奏旅行に行く。
2004年自身のグループ「Ballet・Diye・Gnohomouna」(バ
レエ・ディエ・ニョホンムナ)を結成し、楽曲、ダンスを手懸け、
巨匠Famoudou・konate(ファマドウ・コナテ)師の家で行なった.
1
●
ンサートでは、ギニアの伝統音楽を継承する正統派Groupとして師
からも最も高い評価を享ける。
その翌年夏に音楽家ケエアド・ラデック博士によりドイツに招待さ
れ”rkshop、演奏活動を行う。
ギニア国立文化庁により有資格アーティストとして承認される。
2006年来日。アフリカSOGEグループにより上演(東京、名古屋
他)池袋芸術座劇場にてワークショップ開催。
ギニアの伝統音楽をしっかり理解し、ダンスとドウヌンの絡みを熟
知したアーティスト。
ワークショップ、コンサートで活躍中。
出演者のProfile
○ARAPONKA
masterジンベソリスと名高いDAOUDASYLLA率いる西アフリカ、ギ
ニア共和国のスス族の音楽に特化したgroup。
ジャズ界の天才バッテリーdrumIner外山明、独自の感性を追いかけ
るファンタジスタのJUNOGAWA、
見掛け倒しの男気溢れるdrulmningのAZUSAそして、長年の経験とテ
クニックで安定感と重量感のあるDAOUDAの
数々と繰り出されるソロの4人のタイトなmember構成。
偶発的にいつも何かが生れる美味しいanyouhonmusic11ARAPONKを
堪能せよ!
Z
■
○SALIACAMARA’,Ruicosby',(サリヤ゜カマラ,,リコス
ピー,,)
ギニア出身のアフリカンダンサー&ジェンベプレイヤー。
幼い頃からポピュラーなアフリカンミュージックダンスが得意で華
のあるスタイリッシュなダンスの
HAPPYで楽しいライブパフォーマンスはお客さんにも好評である。
httD://www7b・biE1obe.、e、ip/aどrica/KOBADONIYAH/Welcome・html
METALGUINEE
2005年結成
西アフリカの音楽をこよなく愛するメンバーで結成。毎年渡航し、
現地のPARTYチューンを日本で再現すべく修行を重ねる事早8年。
太鼓とダンス、そして近年は弦楽器を使ってギニアPOPSを元に独自
の世界感を追及している。
アフリカが好きすぎて好きすぎる、おいしさ満載のメタルギニー!
こうご期待!!
○Tanganajeralpha(タンガナジェルアルファ)
アフリカン界では言わずも知れたタンガナジェル。
タンガナジェルは西アフリカ、セネガルの文化をダンスや音楽で伝
えるパフォーマンスグループ。
そのタンガナジェルのお局(つぼね)、FATIMATAとMiDORiの2人に
よる新しい世界観のエンターテイメントが誕生。
愚
F1
その名も「タンガナジェルアルファ』。
○「ににえむにえ」
その昔、西アフリカの王様が眠る時、癒しを求める時に演奏された
アフリカンハープ「コラル
西アフリカ諸国ではメジャーな楽器で現代ではポップス曲等にも見
られるが、日本での認知度はまだ`低く、
その美しい楽器と音色をもっと知ってもらいたいという思いから結
成されたユニットが「ににえむにえ」です。
マリ共和国やガンビアを始め、西アフリカに伝わる伝統曲とオリジ
ナル曲を演奏しています。
http://ninvemunve、seesaanet/
○桃
桃ROCKSで「うた」を作って歌っています
4
Fly UP