...

東京精密 オーダーメード型 特許活動報告書

by user

on
Category: Documents
11

views

Report

Comments

Transcript

東京精密 オーダーメード型 特許活動報告書
東京精密
オーダーメード型 特許活動報告書
-東京精密 技術分野でモニタリングすべき特許取引、特許訴訟および NPE活動
-
報告書生成の基準データの時間範囲 :2014.
07.
01~2014.
09.
30
発行日 :2014.
09.
30
Pa
t
ent
Pi
a
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
目
次
I
nt
r
od
uct
i
on
4
免責
5
著作権
5
商標
5
1東京精密 関連技術分野の特許取引活動
6
1.
1特許買い手別の特許買取活動および買取特許の出所分析
6
1.
2買取特許の技術分野分析
7
1.
3特許買い手別の買取特許の技術分野分析
7
1.
4多被引用取引発生の特許と 東京精密 との関連性の分析
8
2東京精密 関連技術分野の特許訴訟の活動
11
2.
1東京精密 関連技術分野の特許が使用された訴訟の分析
11
2.
2訴訟に使用された特許の技術分野の分析
11
2.
3訴訟に使用された特許分析
13
2.
4特許リスク拡散の可能性分析
14
3東京精密 関連技術分野のNPEの特許活動
15
3.
1NPEの特許取引活動
15
3.
1.
1NPEの特許買取活動の分析
15
3.
1.
2NPEの特許売却活動の分析
15
3.
1.
3NPEの特許ライセンス獲得活動の分析
15
3.
1.
4NPEが買取ったりライセンスを獲得した技術分野の分析
16
3.
2NPEの特許訴訟活動
16
3.
2.
1東京精密 関連技術分野の特許を使用したNPE訴訟の分析
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
2
17
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
3.
2.
2NPE訴訟に使用された特許技術分野の分析
17
4東京精密 関連技術分野での新規特許登録活動
18
4.
1現権利者別の新規特許登録活動の分析
18
4.
2新規登録特許の技術分野の分析
19
[
#.付録]
21
#1.報告書方法論の説明
21
#2.東京精密 関連技術分野に対する説明
23
#3.関連アクセルファイルの活用
26
#4.各特許に付加された評価点数/評価等級の紹介
27
#5.発行物に含まれたリンクの活用
28
#6.報告書サイトの紹介および更新された報告書
29
#7.Pa
t
ent
Pi
a
が提供している有料情報商品の紹介
30
#8.Pa
t
ent
Pi
aDB紹介
31
#9.Cont
a
ctUS
32
#0.関連サイト/リンク
33
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
3
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
I
nt
r
oduct
i
on
本発行物は、 TOKYO SEI
MI
TSU 関連技術分野で 2014.
07.
01~ 2014.
09.
30の間に起こった米国での重要な
特許活動に対する分析情報が含まれています。重要な特許活動には TOKYO SEI
MI
TSU 関連技術分野でのi
)
特許取引活動、i
i
)
特許訴訟活動、i
i
i
)NPE活動および i
v
)新規I
P創出活動が含まれています。
本発行物は、 報告書(
付録含み)
に関連して、エクセルファイルで構成されています。関連エクセルファイル
には、報告書の編集上の理由から報告書に入れなかった全体ファイルが含まれています。且つ、全体のデー
タには、本報告書を再構成することができるレベルを超えて独自の分析を行うことができるように、様々な
分析パラメータも共に含まれています。さらに、全ての特許と権利者の名称には、リンクが付与されていま
す。したがって、特許や権利者の名称をクリックすると、ログインせず、個別の特許や権利者に対する追加
的な分析情報が無料でご利用できます。
本発行物の作成方法論は、付録#1に詳しく説明されています。そして、 TOKYO SEI
MI
TSU 関連技術分野は
、付録#2に体系的に示されています。さらに、付録には、本報告書と関連する各種の説明やその他の知り
たい事項が含まれています。
本発行物について追加的に知りたいことがありましたら、Pat
ent
Pi
aの報告書サイト[
r
epor
t
.
pat
ent
pi
a.
c
om –
企業オーダーメード型I
P活動モニタリング報告書ページ]
(
1)
にアクセスしてください。本報告書サイトを訪問
しましたら、無料で提供される 6,
000件以上の企業オーダーメード型I
P活動モニタリング報告書
[
r
epor
t
.
pat
ent
pi
a.
c
om/
c
ompany
]
(
2)
も出会うことができます。
本発行物についてご質問がございましたら、c
ont
ac
t
@pat
ent
pi
a.
c
om(
3)
にご連絡ください。
ありがとうございます。
(
not
e)
(
1)r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
(
2)r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com/comp
a
ny
(
3)cont
a
ct
@p
a
t
ent
p
i
a
.
com
発行日 :2014
.
09.
30
Pa
t
ent
Pi
a
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
4
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
免責
本発行物に含まれている全ての情報は、Pa
t
ent
Pi
a
が保有しているDBを介して特定の時点を基準にして抽出、分
析、および加工したものです。全ての情報は、参考資料としてのみ活用すべきであり、Pa
t
ent
Pi
a
が提示する私的な
視点および保有DBの範囲と限界内でのみ理解してもらうべきであります。Pa
t
ent
Pi
a
は、本発行物に含まれている
情報の客観的な正確性、完全性、十分性について保証することではなく、エラーに対するいかなる法律的な責任も
負わないことを明らかにします。本発行物に含まれている情報はいかなる保証、事実確認、法律的な助言と意思決
定のためのものではなく、これらの手段としての使用は不可であることを明らかに宣言します。さらに、本発行物は
、Pa
t
ent
Pi
a
が作成したものであって、本発行物に含まれている各種の企業、機関および各種の主体とはいかなる
依頼の関係もなく、独自のコンテンツとしてPa
t
ent
Pi
a
の意見を盛り込んでおり、事実を示すものとしては解釈されな
いべきであります。本発行物に盛り込んでいる意見や提供情報の範囲は、事前予告無しで変更される可能性もあ
ります。
著作権
本発行物に対する著作権は、Pa
t
ent
Pi
a
にあります。本発行物を構成する報告書と関連したエクセルファイルの特
有の構成項目とフィールドの組合せおよびその配置に関する全ての権利はPa
t
ent
Pi
a
にあります。本発行物は、
TOKYOSEI
MI
TSUを含む誰の依頼にも基づいて作成されたものでなく、Pa
t
ent
Pi
a
が独自に作成した著作物であり
ます。本著作物の活用に適用されるライセンスは、CCL(
Cr
ea
t
i
v
eCommonLi
cens
e)
[CCBY-SA4.
0
ht
t
p
:
//cr
ea
t
i
v
ecommons
.
or
g
/l
i
cens
es
/b
y
-s
a
/4.
0/]
(
1)であります。クリエイティブ∙
コモンズ∙
ライセンス著作者表示同一条件変更許し4.
0国際ライセンスによって本著作物の利用者は、著作者を明らかにし、同一のライセンスを適
用する範囲内での自由な共有、変更、および営利目的の利用ができます。
商標
本発行物に記載されているブランドとマークは、すべて当該所有者の所有物です。
(
not
e)
(
1)ht
t
p
:
//cr
ea
t
i
v
e
commons
.
or
g
/l
i
cens
es
/b
y
-s
a
/4.
0/
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
5
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
1東京精密 関連技術分野の特許取引活動
1.
1特許買い手別の特許買取活動および買取特許の出所分析
米国特許庁(
USPTO)
の特許取引記録を基準で特許を買取った者と売却した者を分析します。
特許買い手別の特許買取量の比較
30
15
4
1
0
0
1
0
1
買取登録特許
1
1
0
1
0
M
O
N
EU
AL
2
0
AB
I
D
I
,B
ES
M
A
2
KL
I
N
GE
LN
BE
RG
1
M
I
IN
EW
CO
Q
UA
LC
O
M
M
KE
YS
I
GH
T
TE
CH
N
O
LO
GI
ES
1
3D
-M
I
CR
O
M
AC
CC
S
CL
TE
O
CH
VE
N
R
O
TE
LO
CH
GY
N
O
LO
GI
ES
GR
O
UP
SU
N
G,
CH
I
EN
-M
I
N
2
買取公開特許
[
図1.特許買い手別の特許買取量の比較 /t
ot
a
lnumb
erofa
s
s
i
g
nees:21]
※ Ful
lDa
t
a:添付されたエクセルファイルを参考 -表1
買取登録特 買取公開特
許数(
3)
許数(
4)
現権利者(
1)
前権利者(
2)
KEYSI
GHTTECHNOLOGI
ES
AGI
LENTTECHNOLOGI
ES
30
1
QUALCOMM
MEGI
TACQUI
SI
TI
ON
15
2
MI
INEWCO
MOLECULARI
MPRI
NTS
4
1
KLI
NGELNBERG
TRI
NARYANLAGENBAU
2
0
3D-MI
CROMAC
JENOPTI
KAUTOMATI
SI
ERUNGSTECHNI
K
2
0
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
6
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
.
.
.
総合計
68
7
[
表1.特許買い手別の特許買取量および買取特許の出所 /t
ot
a
lnumb
erofa
s
s
i
g
nment
s
(
5):21]
(
not
e)
(
1)2014.
07.
01~20
14.
09.
30の終了時点に特許に対する権利を所有していると推定される者
(
2)現権利者に特許に対する権利を譲渡した者
(
3)2014.
07.
01~20
14.
09.
30の間、前権利者から現権利者に譲渡された登録特許の数
(
4)前権利者から現権利者に譲渡された 2014.
07.
01~2014.
09.
30の終了時点までに登録されていない特許の数
(
5)現権利者 +前権利者 +特許 n個が1個のAs
s
i
g
nment単位である
1.
2買取特許の技術分野分析
特許取引が多く発生した技術分野を提供します。技術分野はma
i
nUSPC*(
Uni
t
edSt
a
t
esPa
t
entCl
a
s
s
i
f
i
ca
t
i
on)タイ
トル(
t
i
t
l
e)基準で提供されます。ma
i
nUSPCタイトルが属する上位の技術分野をご希望の場合、付録 #2を参照して
下さい。
技術分野別買取登録/
公開特許数
27
11
8
3
2
2
0
2
0
2
0
1
2
2
0
0
SU
BS
EQ
UE
N
H
T
I
ST
D
O
I
SE
VI
G
.
M
.
RA
.
I
CO
M
N
PR
D
O
UC
CE
TO
SS
R
I
N
SU
G
BS
TR
AT
FO
E
R
D
SE
I
CI
TT
N
G
I
N
G
A
TH
RE
SH
O
LD
0
GR
I
N
D
I
N
G
0
RO
UG
H
N
ES
SU
S
BS
TR
AT
TH
E
D
I
N
I
CI
N
N
I
N
G
G
O
F
SE
M
I
CO
N
SI
D
M
.
.
.
UL
TA
N
EO
US
H
AV
(E
I
.
N
G.
G
SP
EC
I
FI
ED
SC
R.
.
.
0
W
I
TH
2
買取登録特許数
買取公開特許数
[
図2.特許取引発生の技術分野 /t
ot
a
lnumb
eroft
echni
ca
lf
i
el
d
s:24–買取登録/公開特許の基準]
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
7
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
1.
3特許買い手別の買取特許の技術分野分析
特許取引を通じて、技術分野別に特許買い手が確報した登録特許と公開特許を提供します。技術分野はma
i
n
USPC*(
Uni
t
edSt
a
t
esPa
t
entCl
a
s
s
i
f
i
ca
t
i
on)タイトル(
t
i
t
l
e)基準で提供されます。
※ Ful
lDa
t
a:添付されたエクセルファイルを参考 -表2
買取技術分野(
1)
買取
登録特許数
買取
公開特許数
Roug
hnes
s
26
0
Comp
ut
ercont
r
ol
l
ed
1
0
I
nd
ucedv
ol
t
a
g
e-t
y
p
es
ens
or
1
1
Fa
ul
tord
ef
ectd
et
ect
i
on
1
0
Fors
et
t
i
ngat
hr
es
hol
d
1
0
Sub
s
t
r
a
t
ed
i
ci
ng
10
2
Thi
nni
ngofs
emi
cond
uct
ors
ub
s
t
r
a
t
e
5
0
Wi
t
hs
ub
s
eq
uentd
i
v
i
s
i
onofs
ub
s
t
r
a
t
ei
nt
op
l
ur
a
l
i
nd
i
v
i
d
ua
ld
ev
i
ces(
EPO)
2
0
Si
mul
t
a
neous(
e.
g
.
1
0
Wi
t
ha
t
t
a
chmentt
ot
emp
or
a
r
ys
up
p
or
torca
r
r
i
er
1
0
Si
mul
t
a
neous(
e.
g
.
2
0
Wi
t
hs
t
r
i
p
p
i
ngofa
d
her
edl
a
mi
na
1
1
Ha
v
i
ngs
p
eci
f
i
eds
cr
i
b
er
eg
i
ons
t
r
uct
ur
e(
e.
g
.
1
0
Met
hod
s
1
0
Cut
t
i
ng
1
0
Byel
ect
r
oma
g
net
i
ci
r
r
a
d
i
a
t
i
on(
e.
g
.
1
0
Gr
i
nd
i
ng
2
0
77
7
現権利者
KEYSI
GHT
TECHNOLOGI
ES
QUALCOMM
MI
INEWCO
3D-MI
CROMAC
KLI
NGELNBERG
.
.
.
総合計
[
表2.特許買い手別の買取特許の技術分野および特許買取量 /t
ot
a
lnumb
erofa
s
s
i
g
nees:21/t
ot
a
lnumb
eroft
echni
ca
lf
i
el
d
s:24]
(
not
e)
(
1)各ma
i
nUSPCタイトルの USPC体系上の上位技術分類は、付録#2に記載されています。
1.
4多被引用取引発生の特許と 東京精密 との関連性の分析
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
8
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
取引発生の特許のうち、被引用(
f
or
wa
r
dci
t
a
t
i
on)
を多く受けた特許を対象に、被引用情報と TOKYOSEI
MI
TSUによ
る被引用回数が提供されます。被引用回数情報は、後行特許(
f
or
wa
r
dci
t
a
t
i
onp
a
t
ent
)
が米国特許庁の審査官によ
って審査する際、審査官が取引発生の特許をどれくらい多く参照しているかを示しています。
※ Ful
lDa
t
a:添付されたエクセルファイルを参考 -表3
特許
番号
発明の名称
現権利者
直前権利者
Neut
r
a
ld
a
t
acomp
ut
er
cont
r
ols
y
s
t
em f
orama
chi
ne
79837
t
oolus
edt
op
r
od
uce
86 wor
k
p
i
eceswi
t
hat
hr
ea
d
ed
s
ur
f
a
cea
nda
s
s
oci
a
t
ed
ma
chi
net
ool
KLI
NGELNBERG
TRI
NARY
ANLAGENBAU
54409 Sca
nni
ngf
or
cemi
cr
os
cop
e
20
wi
t
hb
ea
mt
r
a
ck
i
ngl
ens
KEYSI
GHT
TECHNOLOGI
ES
AGI
LENT
TECHNOLOGI
ES
ABI
DI
,BESMA
UNI
VERSI
TYOF
TENNESSEE
RESEARCH
FOUNDATI
ON
KEYSI
GHT
TECHNOLOGI
ES
AGI
LENT
TECHNOLOGI
ES
78400 Met
hodofenha
nci
ngad
i
g
i
t
a
l
66 i
ma
g
eb
yg
r
a
y
-l
ev
elg
r
oup
i
ng
76595 Sy
s
t
em f
ors
ca
nni
ngp
r
ob
e
09
mi
cr
os
cop
ei
np
utd
ev
i
ce
75825 Ci
r
cui
t
r
ycomp
onenta
nd
56 met
hodf
orf
or
mi
ngt
hes
a
me
75694 Chi
pp
a
ck
a
g
ea
ndmet
hodf
or
22
f
a
b
r
i
ca
t
i
ngt
hes
a
me
Met
hodf
orr
a
p
i
ds
eek
st
o
74725
t
hemea
s
ur
ements
ur
f
a
cef
or
85
as
ca
nni
ngp
r
ob
emi
cr
os
cop
e
74139
29
QUALCOMM
MEGI
T
ACQUI
SI
TI
ON
QUALCOMM
MEGI
T
ACQUI
SI
TI
ON
KEYSI
GHT
TECHNOLOGI
ES
AGI
LENT
TECHNOLOGI
ES
QUALCOMM
MEGI
T
ACQUI
SI
TI
ON
I
nt
eg
r
a
t
edchi
pp
a
ck
a
g
e
s
t
r
uct
ur
eus
i
ngor
g
a
ni
c
s
ub
s
t
r
a
t
ea
ndmet
hodof
ma
nuf
a
ct
ur
i
ngt
hes
a
me
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
9
TOKYO
SEI
MI
TS
総 審査
評価
U特許に
官被
点数
よる
引用数
/評価
審査官
(
1)
等級(
3)
被引用
数(
2)
1
10
5
2
4
1
1
4
0
有料バ
ージョン
でのみ
提供
0
有料バ
ージョン
でのみ
提供
0
有料バ
ージョン
でのみ
提供
0
有料バ
ージョン
でのみ
提供
0
有料バ
ージョン
でのみ
提供
0
有料バ
ージョン
でのみ
提供
0
有料バ
ージョン
でのみ
提供
0
有料バ
ージョン
でのみ
提供
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
73193
77
72976
14
Met
hodf
orma
k
i
ng
hi
g
h-p
er
f
or
ma
nceRF
i
nt
eg
r
a
t
edci
r
cui
t
s
Met
hodf
orf
a
b
r
i
ca
t
i
ng
ci
r
cui
t
r
ycomp
onent
QUALCOMM
QUALCOMM
MEGI
T
ACQUI
SI
TI
ON
MEGI
T
ACQUI
SI
TI
ON
1
3
0
有料バ
ージョン
でのみ
提供
0
有料バ
ージョン
でのみ
提供
.
.
.
[
表3.多被引用取引発生特許の被引用情報 /t
ot
a
lnumb
erofp
a
t
ent
sci
t
edb
yex
a
mi
ner:199]
(
not
e)
(
1)登録された後行特許の審査時、特許庁審査官によって対象特許が参照された全体回数。2014.
07.
01~2014.
09.
30に登録さ
れた特許ではない、全体期間の間に登録された特許による審査官被引用数である
(
2)TOKYOSEI
MI
TSUが現在保有している特許の特許審査時、特許庁審査官によって対象特許が参照された全体回数
(
3)対象特許が予測評価日の基準1年内に特許訴訟に活用される可能性の予測モデルを使用して対象特許を評価したパーセン
タイル点数。全体観点または特許企業の観点で訴訟危険性が高い高危険特許の発掘に使用される。(
詳しい評価モデルおよび
予測パラメータに対する説明は a
b
out
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com 参照)
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
10
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
2東京精密 関連技術分野の特許訴訟の活動
2.
1東京精密 関連技術分野の特許が使用された訴訟の分析
2014.
07.
01~2014.
09.
30の間に TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野の特許が使用された訴訟情報を提供します。訴
訟情報には、訴訟書誌情報および訴訟当事者の属性情報が含まれます。
※ Ful
lDa
t
a:添付されたエクセルファイルを参考 -表4
訴訟
番号
訴訟
提起日
原告
被告
1:
14-CV-01026
DR.CHI
EN-MI
N
SUNG
KI
NI
K
COMPANY|
|
I
NTEL
2014.
08.
08
1:
14-CV-01027
DR.CHI
EN-MI
N
SUNG
WAFERTECH|
|
KI
NI
K
COMPANY
2014.
08.
08
2:
14-CV-05867
DARRELL
GREENLAND
HARBORFREI
GHT
TOOLS
2014.
07.
28
2:
14-CV-04585
ELM
VENMI
LL
I
NDUSTRI
ES
2014.
07.
21
裁判所
訴訟に
原告 NPE
使用さ
含み可否
れた特
(
1)
許数(
2)
有料バー
U.
S.DI
STRI
CT
ジョンでの
COURT
み提供
有料バー
U.
S.DI
STRI
CT
ジョンでの
COURT
み提供
有料バー
ジョンでの
み提供
有料バー
U.
S.DI
STRI
CT
ジョンでの
COURT
み提供
1
1
1
1
[
表4.関連技術分野の特許が使用された訴訟 /t
ot
a
lnumb
erofd
ock
et
s:4]
(
not
e)
(
1)訴訟を提起した原告中にNPEの含み可否。NPEが含まれていればNPE訴訟として取り扱う。
(
2)訴訟番号の特許訴訟に使用された登録特許数
2.
2訴訟に使用された特許の技術分野の分析
2014.
07.
01~2014.
09.
30の間に訴訟が発生した TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野およびその技術分野に該当する
特許情報が提供されます。技術分野はma
i
nUSPC*(
Uni
t
edSt
a
t
esPa
t
entCl
a
s
s
i
f
i
ca
t
i
on)タイトル(
t
i
t
l
e)基準で提供
されます。ma
i
nUSPCタイトルが属する上位の技術分野をご希望の場合、付録 #2を参照して下さい。
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
11
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
1
RO
TA
RY
W
O
RK
H
O
LD
ER
1
RO
TA
RY
1
GL
AS
S
O
R
ST
O
N
E
AB
RA
D
I
N
G
1
D
RE
SS
I
N
G
AB
RA
D
AN
T
SU
PP
LY
I
N
G
1
訴訟特許数
[
図3.訴訟発生技術分野 /t
ot
a
lnumb
eroft
echni
ca
lf
i
el
d
sl
i
t
i
g
a
t
ed:5]
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
12
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
2
1
RO
TA
RY
W
O
RK
H
O
LD
ER
1
RO
TA
RY
1
GL
AS
S
O
R
ST
O
N
E
AB
RA
D
I
N
G
AB
RA
D
AN
T
SU
PP
LY
I
N
G
D
RE
SS
I
N
G
1
訴訟数
[
図3.訴訟発生技術分野 /t
ot
a
lnumb
eroft
echni
ca
lf
i
el
d
sl
i
t
i
g
a
t
ed:5]
※ Ful
lDa
t
a:添付されたエクセルファイルを参考 -表5
技術分野
特許番号
訴訟番号
Dr
es
s
i
ng
8777699
1:
14-CV-01026|
|
1:
14-CV-01027
Ab
r
a
d
a
nts
up
p
l
y
i
ng
8342905
2:
14-CV-04585
Gl
a
s
sors
t
onea
b
r
a
d
i
ng
8342905
2:
14-CV-04585
Rot
a
r
y
6080041
2:
14-CV-05867
Rot
a
r
ywor
khol
d
er
8342905
2:
14-CV-04585
[
表5.訴訟発生の技術分野別の訴訟発生特許および関連特許訴訟
/t
ot
a
lnumb
eroft
echni
ca
lf
i
el
d
sl
i
t
i
g
a
t
ed:5/t
ot
a
lnumb
erofp
a
t
ent
sl
i
t
i
g
a
t
ed:3]
2.
3訴訟に使用された特許分析
TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野で 2014.
07.
01~2014.
09.
30の間で発生した訴訟に使用された特許の重要情報が
提供されます。
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
13
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
※ Ful
lDa
t
a:添付されたエクセルファイルを参考 -表6
訴訟特許
特許番号
発明の名称
現権利者
直前権利者
出願人
訴訟数(
1)
8777699
Sup
er
a
b
r
a
s
i
v
et
ool
sha
v
i
ng
s
ub
s
t
a
nt
i
a
l
l
yl
ev
el
edp
a
r
t
i
cl
e
t
i
p
sa
nda
s
s
oci
a
t
edmet
hod
s
SUNG,
CHI
EN-MI
N
RI
TEDI
A
RI
TEDI
A
2
6080041
Comp
a
ctmot
or
i
z
edt
a
b
l
es
a
w
GREENLAND,
DARRELL
GREENLAND,
DARRELL
1
8342905
Op
t
i
ca
ld
i
s
kr
es
t
or
a
t
i
onmet
hod
a
nda
p
p
a
r
a
t
us
ELM
ELM
1
評価点数
/評価等級
有料バー
ジョンでの
み提供
有料バー
ジョンでの
み提供
有料バー
ジョンでの
み提供
[
表6.訴訟発生特許および訴訟発生特許の権利者変動 /t
ot
a
lnumb
erofp
a
t
ent
sl
i
t
i
g
a
t
ed:3]
(
not
e)
(
1)対象特許が訴訟提起日の基準 2014.
07.
01~2014.
09.
30で発生した訴訟に使用された回数
2.
4特許リスク拡散の可能性分析
訴訟に使用された特許を TOKYOSEI
MI
TSUの特許がどれくらい多く引用しているかを通じ、特許リスクの TOKYO
SEI
MI
TSUへの拡散の可能性を分析します。
※ Ful
lDa
t
a:添付されたエクセルファイルを参考 -表7
訴訟特許
特許番号
6080041
発明の名称
現権利者
Comp
a
ctmot
or
i
z
edt
a
b
l
es
a
w
GREENLAND,
DARRELL
全体審
全体被
査官被
引用数
引用数
(
1)
(
2)
28
12
TOKY TOKY
O
O
SEI
MI
T SEI
MI
T
評価
SU
SU
点数
特許に 特許に
/評価
よる
よる
等級
全体被 審査官
引用数 被引用
(
3) 数(
4)
有料バー
0
0
ジョンで
のみ提供
[
表7.訴訟発生特許の被引用情報 /t
ot
a
lnumb
erofp
a
t
ent
sl
i
t
i
g
a
t
eda
ndci
t
ed:1]
(
not
e)
(
1)登録された後行特許によって対象特許が参照された全体回数。2014.
07.
01~2014.
09.
30に登録された特許ではない、全体期
間の間に登録された特許による審査官被引用数である
(
2)登録された後行特許の審査時、特許庁審査官によって対象特許が参照された全体回数
(
3)TOKYOSEI
MI
TSUが現在保有している特許によって対象特許が参照された全体回数
(
4)TOKYOSEI
MI
TSUが現在保有している特許の審査時、特許庁審査官によって対象特許が参照された全体回数
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
14
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
3東京精密 関連技術分野のNPEの特許活動
3.
1NPEの特許取引活動
3.
1.
1NPEの特許買取活動の分析
2014.
07.
01~2014.
09.
30の間にNPE(
1)
が買取った特許を分析します。
※ Ful
lDa
t
a:有料バージョンでのみ提供
NPE買取
特許番号
現権利者NPE
直前権利者
(
2)
発明の名称
出願人
評価点数
/評価等級
データがありません。
[
表8.NPEが買取った特許および買い特許の出所 /t
ot
a
lnumb
erofp
a
t
ent
sa
s
s
i
g
nedt
oNPE:0]
(
not
e)
(
1)NPEは、non-p
r
a
ct
i
ci
ngent
i
t
y
の略です。NPEに対する統一された定義規定はありません。本報告書でのNPEという用語は、価
値中立的な立場(
否定的でもなく、肯定的でもない)
で使用されます。特定の企業や機関がNPEかどうかは、全くPa
t
ent
Pi
a
の私的
な分類基準を従っています。Pa
t
ent
Pi
a
が独自に開発したNPEDBには、3,
000社以上のNPEがあり、各NPEには100個以上の分析
パラメータ別のパラメータの値が対応しています。
(
2)NPEのf
ul
lna
meは有料バージョンでのみ提供します。
3.
1.
2NPEの特許売却活動の分析
2014.
07.
01~2014.
09.
30の間にNPEが売却した特許を分析します。
※ Ful
lDa
t
a:有料バージョンでのみ提供
NPE売却
特許番号
発明の名称
現権利者
特許売却NPE
(
1)
出願人
評価点数
/評価等級
データがありません。
[
表9.NPEが売却した特許および売却特許の現権利者の分析 /t
ot
a
lnumb
erofp
a
t
ent
sa
s
s
i
g
nedb
yNPE:0]
(
not
e)
(
1)NPEのf
ul
lna
meは有料バージョンでのみ提供します。
3.
1.
3NPEの特許ライセンス獲得活動の分析
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
15
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
2014.
07.
01~2014.
09.
30の間にNPEがライセンスを獲得した特許情報を分析します。ライセンスには、専用実施権と
通常実施権があります。
※ Ful
lDa
t
a:有料バージョンでのみ提供
NPEライセ
ンス獲得
特許番号
発明の名称
現権利者
ライセンス獲得
NPE(
2)
出願人
ライセンスの
種類(
1)
評価点数
/評価等級
データがありません。
[
表10.NPEのライセンス獲得特許およびライセンスを付与した現権利者 /t
ot
a
lnumb
erofp
a
t
ent
sl
i
cens
edt
oNPE:0]
(
not
e)
(
1)専用実施権 =1、専用実施権の非明示 =2
(
2)NPEのf
ul
lna
meは有料バージョンでのみ提供します。
3.
1.
4NPEが買取ったりライセンスを獲得した技術分野の分析
2014.
07.
01~2014.
09.
30の間に TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野でNPEが獲得した特許の技術分野に対する分析
情報を提供します。
※ Ful
lDa
t
a:有料バージョンでのみ提供
現権利者/
実施件を付与され
た者(
2)
買取
登録
特許数
買取の技術分野
買取
公開
特許数
専用実施
権獲得特
許数
通常実施
権獲得特
許数(
1)
データがありません。
[
表11.NPEが買取ったりライセンスを獲得した特許の技術分野
/t
ot
a
lnumb
erofNPEsa
s
s
i
g
nedorl
i
cens
ed:0/t
ot
a
lnumb
eroft
echni
ca
lf
i
el
d
sa
s
s
i
g
nedorl
i
cens
edt
oNPE:0]
(
not
e)
(
1)米国特許庁が管理する特許取引履歴では、専用実施権という表示はないが(
通常実施権獲得と表現)
、実際に、専用実施権を
付与されて訴訟する場合が多い。特に,non-p
r
a
ct
i
c
i
n
gent
i
t
y
に通常実施権を付与される理由がないので、このような場合は、専
用実施権という表示がなくても、NPEが事実上の訴訟またはライセンスプログラムの進行を許与された場合として扱うことがより妥
当である。
(
2)NPEのf
ul
lna
meは有料バージョンでのみ提供します。
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
16
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
3.
2NPEの特許訴訟活動
3.
2.
1東京精密 関連技術分野の特許を使用したNPE訴訟の分析
2014.
07.
01~2014.
09.
30の間にNPEが提起したりNPEを対象として提起された訴訟情報を分析します。
※ Ful
lDa
t
a:有料バージョンでのみ提供
訴訟番号
原告
訴訟
提起日
被告
裁判所
原告
NPE
含み
可否
被告
NPE 訴訟
含み 特許数
可否
データがありません。
[
表12.NPEが介入された特許訴訟 /t
ot
a
lnumb
erofd
ock
et
sr
el
a
t
edt
oNPE:0]
3.
2.
2NPE訴訟に使用された特許技術分野の分析
2014.
07.
01~2014.
09.
30の間に TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野でNPEが訴訟に使用した特許の技術分野に対す
る分析情報を提供します。
※ Ful
lDa
t
a:有料バージョンでのみ提供
技術分野
特許番号
訴訟番号
データがありません。
[
表13.NPEが訴訟に使用した特許の技術分野
/t
ot
a
lnumb
eroft
echni
ca
lf
i
el
d
sl
i
t
i
g
a
t
edb
yNPE:0/t
ot
a
lnumb
erofp
a
t
ent
sl
i
t
i
g
a
t
edb
yNPE:0]
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
17
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
4東京精密 関連技術分野での新規特許登録活動
4.
1現権利者別の新規特許登録活動の分析
2014.
07.
01~2014.
09.
30の間に TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野で、新規登録された特許と、公開された特許の分
析情報を提供します
※ Ful
lDa
t
a:添付したエクセルファイルを参考 -表14
現権利者
出願ベースの
買取ベースの
新規登録特許数 新規登録特許数
(
1)
(
2)
出願ベースの
新規公開特許数
現権利者保有の
有効特許数(
3)
TAI
WANSEMI
CONDUCTOR
MANUFACTURI
NG
COMPANY
19
0
21
9263
I
NFI
NEONTECHNOLOGI
ES
13
0
8
5649
KABUSHI
KIKAI
SHA
TOSHI
BA
10
0
10
22113
SAMSUNGELECTRONI
CS
8
0
2
44984
DI
SCO
7
0
3
396
APPLI
EDMATERI
ALS
7
0
13
5249
I
NTERNATI
ONALBUSI
NESS
MACHI
NES
7
0
1
44063
HAMAMATSUPHOTONI
CS
6
0
1
927
NI
TTODENKO
5
0
1
1833
EBARA
5
0
5
790
SAMSUNGDI
SPLAY
5
0
3
8295
SONY
5
0
0
25427
RENESASELECTRONI
CS
4
0
1
11617
PLASMA-THERM
4
0
2
30
CANON
4
0
1
36108
SOI
TEC
4
0
0
196
KLA-TENCOR
4
0
10
618
FUJI
TSU
3
0
0
14721
OSRAM OPTO
SEMI
CONDUCTORS
3
0
2
722
STMI
CROELECTRONI
CS
3
0
2
7198
.
.
.
[
表14.新規登録された特許の権利者および特許出所の分析 /t
ot
a
lnumb
erofa
s
s
i
g
nees:310]
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
18
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
(
not
e)
(
1)現権利者の名義で出願した特許が 2014.
07.
01~2
014.
09.
30に登録された特許数
(
2)現権利者が買取った出願特許が 2014.
07.
01~20
1
4.
09.
30に現権利者の名義で登録された特許数
(
3)現権利者が現在有効に保有している登録 特許数。"出願して登録した特許 +買取特許 -売却特許 -消滅特許 +現権利者
が保有している特許と推定される特許"で構成する。
4.
2新規登録特許の技術分野の分析
2014.
07.
01~2014.
09.
30の間に TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野で新規登録された特許と、公開された特許の技術
分野に対する分析情報を提供します。
53
42
37
36
36
32
31
30
24
21
13
12
13
21
12
6
5
6
2
W
I
TH
SU
BS
SU
TR
AT
BS
EQ
E
D
UE
I
CI
N
N
T
G
H
D
AV
I
VI
I
N
SI
G
O
N
SP
O
EC
F
I
FI
SU
ED
W
.
.
I
.
TH
SC
RI
ST
BE
RI
PP
RE
I
GI
N
G
O
SE
N
O
.
F
M
.
.
AD
I
CO
H
N
ER
D
ED
UC
TO
LA
R
M
I
SU
.
.
.
BS
TR
AT
E
H
D
I
ST
I
CI
O
N
GR
G
AM
PR
O
CE
SS
W
I
SI
I
N
TH
M
G
UL
AT
TA
TA
N
CH
EO
M
US
EN
(E
T
BY
.
TO
G.
EL
TE
EC
M
TR
PO
O
M
RA
AG
RY
TH
N
S.
I
ET
N
.
.
N
I
C
I
N
I
R
G
R
AD
O
F
I
SE
AT
M
I
O
I
CO
N
.
.
.
N
D
UC
TO
R
SU
BS
.
.
.
0
登録特許
公開特許
[
図5.新規登録特許の技術分野 /t
ot
a
lnumb
eroft
echni
ca
lf
i
el
d
s:35]
※ Ful
lDa
t
a:添付したエクセルファイルを参考 -表15
技術分野
出願ベースの
新規登録特許数
買取ベースの
新規登録特許数
公開 特許数
Sub
s
t
r
a
t
ed
i
ci
ng
52
1
37
Wi
t
hs
ub
s
eq
uentd
i
v
i
s
i
onofs
ub
s
t
r
a
t
ei
nt
op
l
ur
a
li
nd
i
v
i
d
ua
l
d
ev
i
ces(
EPO)
42
0
0
Wi
t
hs
t
r
i
p
p
i
ngofa
d
her
edl
a
mi
na
36
0
12
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
19
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
Ha
v
i
ngs
p
eci
f
i
eds
cr
i
b
er
eg
i
ons
t
r
uct
ur
e(
e.
g
.
36
0
13
SEMI
CONDUCTORSUBSTRATEDI
CI
NG
32
0
13
HI
STOGRAM PROCESSI
NG
31
0
5
Si
mul
t
a
neous(
e.
g
.
30
0
12
Wi
t
ha
t
t
a
chmentt
ot
emp
or
a
r
ys
up
p
or
torca
r
r
i
er
24
0
2
Thi
nni
ngofs
emi
cond
uct
ors
ub
s
t
r
a
t
e
20
1
6
Byel
ect
r
oma
g
net
i
ci
r
r
a
d
i
a
t
i
on(
e.
g
.
21
0
6
509
2
248
.
.
.
総合計
[
表15.新規登録特許および公開特許の技術分野の分析 /t
ot
a
lnumb
eroft
echni
ca
lf
i
el
d
s:35]
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
20
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
[
#.付録]
#1.報告書方法論の説明
▶4St
ep方法論
本発行物は、TOKYOSEI
MI
TSUと関連した技術分野で 2014.
07.
01~2014.
09.
30の間に起こった米国での重要特
許活動に対する分析情報が含まれています。重要特許活動には、TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野での i
)特許買
取活動、i
i
)特許訴訟活動、i
i
i
)NPE活動および i
v
)新規 I
P創出活動が含まれます。
TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野の確定
St
ep
1
TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野を確定するために、次のような手続きを経ます。
i
)対象企業が米国および他の国に共通して出願した特許を抽出
i
i
)抽出した特許の全てのUSPCを入手
i
i
i
)入手したUSPCに対して (
i
)出願国家数、(
i
i
)出願特許の出願時点と (
i
i
i
)特許分類のma
i
n/s
ub
の
可否を反映して加重頻度(
wei
g
ht
edf
r
eq
uency
)
を生成
i
v
)加重頻度基準上位 {
25%}
の USPCを抽出
v
)抽出したUSPC集合を TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野として扱い
確定された関連技術分野の特許抽出
St
ep
2
加重頻度基準上位 {
25%}
に属するUSPCを主USPC(
ma
i
nUSPC)
とする登録特許および公開特許を抽出します。
St
ep
3
抽出された特許が使用される特許活動別の分析データの生成
2014.
07.
01~2014.
09.
30の間で抽出された登録特許および公開特許と関連した特許活動別の分析データを生成し
ます。生成する特許活動別の分析データは次の通りであります。
i
)特許取引活動関連分析データ
i
i
)特許訴訟活動関連分析データ
i
i
i
)NPE特許活動関連分析データ
i
v
)新規特許獲得活動関連分析データ
St
ep
4
特許活動と関連した発行物コンテンツの生成
生成された特許活動別の分析データから見た発行物のコンテンツを生成します。
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
21
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
▶限界
本発行物は、次のような限界があります。
第1に、TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野の確定過程で使用された方法が限界の原因となります。ただし、
TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野を特許的な言語へ翻訳/置換することは非常に難しいことであり、他のどのような
合理的な方法を使用しても、その方法も長所と短所を共に有するはずです。Pa
t
ent
Pi
a
が使用した方法論は、長年
の経験を通じて検証されて行っており、継続的に改善されています。注文型のレポートの場合には、このような限界
が発生しません。
第2に、米国での特許活動を中心にして分析されました。これによって、米国が主要な市場である企業に対しては
本発行物の効用性が大きい可能性がありますが、そうでない企業に対しては本発行物の効用性は相対的に低い
可能性もあります。
第3に、技術分類としてUSPCを使用しました。個別企業ごとの独自の技術分類や市場親和的な技術分類がある
可能性があります。しかしながら、このような技術分類は、正統性と互換性が不足している可能性の短所がありま
す。
第4に、本発行物は、TOKYOSEI
MI
TSUがモニタリングすべき特許活動を中心に構成されています。これによっ
て、TOKYOSEI
MI
TSU自体の特許活動には焦点が当てられていません。本発行物は、TOKYOSEI
MI
TSUの競
合他社ではない TOKYOSEI
MI
TSU自体を主要な読者として想定して製作されました。
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
22
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
#2.東京精密 関連技術分野に対する説明
▶本発行物に示された TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野に対する説明
本報告書では、編集の利便性、正統性と互換性の確保上、米国特許庁の公式的な特許技術分類の名称である
ma
i
nUSPCのタイトルを技術分野の名称として使用しました。しかしながら、ma
i
nUSPCのタイトルのみ表示される
場合、技術的な脈絡と技術の具体的な意味を理解することが難しいことがあります。これに、本付録では、15万個
あまりのUSPCから構成されているUSPC体系上で、使用されたma
i
nUSPCのタイトルが属する上位USPCタイトルを
提示します。上位のUSPCタイトルを通じてma
i
nUSPCタイトルで表現される技術分野の技術脈絡と技術の具体的
な意味の理解が容易になることができます。
USPC構成体系および個別的なUSPCに対する理解のためには、米国特許庁の公式特許分類(
1)
を参照してくださ
い。
cf
)ma
i
nUSPC タイトルにリンクがある場合、そのリンクをクリックすると、クリックされたUSPCタイトルに対する様
々な情報が提供されます。
(
not
e)
(
1)美国专利商标局的正式专利分类
▶TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野の構成
□ 上向き式関連技術分野の構成
※ Ful
lDa
t
a:添付したエクセルファイルを参考 -表16
USPCタイトル
(
USPCcod
e)
1段階上位
USPCタイトル
(
USPCcod
e)
PRECI
SI
ONDEVI
CE
ORPROCESS-OR
Comp
ut
ercont
r
ol
l
ed WI
THCONDI
TI
ON
(451/5)
RESPONSI
VE
CONTROL
(451/1)
2段階上位
USPCタイトル
(
USPCcod
e)
USPCcl
a
s
sタイトル
(
USPCcl
a
s
scod
e)
TOKYOSEI
MI
TSUの
USPC
関連保有登録特許数
ABRADI
NG
(451)
ABRADI
NG
(451)
16
Gl
a
s
sors
t
one
a
b
r
a
d
i
ng
(451/41)
ABRADI
NG
PROCESS
(451/28)
ABRADI
NG
(451)
ABRADI
NG
(451)
10
Fa
ul
tord
ef
ect
d
et
ect
i
on
(382/149)
I
ns
p
ect
i
onof
s
emi
cond
uct
or
d
ev
i
ceorp
r
i
nt
ed
ci
r
cui
tb
oa
r
d
(382/145)
Ma
nuf
a
ct
ur
i
ngor
p
r
od
ucti
ns
p
ect
i
on
(382/141)
I
MAGEANALYSI
S
(382)
9
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
23
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
I
ns
p
ect
i
onof
s
emi
cond
uct
or
d
ev
i
ceorp
r
i
nt
ed
ci
r
cui
tb
oa
r
d
(382/145)
Ma
nuf
a
ct
ur
i
ngor
p
r
od
ucti
ns
p
ect
i
on
(382/141)
APPLI
CATI
ONSof
i
ma
g
ea
na
l
y
s
i
s
(382/100)
I
MAGEANALYSI
S
(382)
9
Roug
hnes
s
(73/105)
SURFACEAND
CUTTI
NGEDGE
TESTI
NG
(73/104)
MEASURI
NGAND
TESTI
NG
(73)
MEASURI
NGAND
TESTI
NG
(73)
6
Rot
a
r
ywor
khol
d
er
(451/285)
Wor
kr
ot
a
t
i
ng
(451/283)
Rot
a
r
yd
i
s
k
(451/259)
ABRADI
NG
(451)
5
Thi
ck
nes
smea
s
ur
i
ng
(324/229)
Wi
t
hmea
nst
ocr
ea
t
e
ma
g
net
i
cf
i
el
dt
o
t
es
tma
t
er
i
a
l
(324/228)
MAGNETI
C
(324/200)
ELECTRI
CI
TY:
MEASURI
NGAND
TESTI
NG
(324)
4
Byop
t
i
ca
ls
ens
or
(451/6)
PRECI
SI
ONDEVI
CE
ORPROCESS-OR
WI
THCONDI
TI
ON
RESPONSI
VE
CONTROL
(451/1)
ABRADI
NG
(451)
ABRADI
NG
(451)
4
Wi
t
ht
oolt
r
ea
t
i
ngor
f
or
mi
ng
(451/56)
ABRADI
NG
PROCESS
(451/28)
ABRADI
NG
(451)
ABRADI
NG
(451)
3
Dr
es
s
i
ng
(451/443)
ACCESSORY
(451/442)
ABRADI
NG
(451)
ABRADI
NG
(451)
3
.
.
.
[
表 16.TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野_
上向式構成 /t
ot
a
lnumb
eroft
echni
ca
lf
i
el
d
s:33]
□ 下向き式関連技術分野の構成
※ Ful
lDa
t
a:添付したエクセルファイルを参考 -表17
USPCcl
a
s
sタイトル
(
USPCcl
a
s
scod
e)
USPCma
i
nl
i
ne
s
ub
cl
a
s
sタイトル
(
USPCma
i
nl
i
ne
s
ub
cl
a
s
scod
e)
ABRADI
NG
(451)
ABRADI
NG
(451)
ABRADI
NG
(451)
ABRADI
NG
(451)
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
USPC1d
ot
s
ub
cl
a
s
sタイトル
(
USPC1d
ot
s
ub
cl
a
s
scod
e)
USPCタイトル
(
USPCcod
e)
PRECI
SI
ONDEVI
CE
ORPROCESS-OR
WI
THCONDI
TI
ON Comp
ut
ercont
r
ol
l
ed
RESPONSI
VE
(451/5)
CONTROL
(451/1)
ABRADI
NG
PROCESS
(451/28)
24
Gl
a
s
sors
t
one
a
b
r
a
d
i
ng
(451/41)
TOKYOSEI
MI
TSUの
USPC
関連保有登録特許数
16
10
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
I
MAGEANALYSI
S
(382)
Ma
nuf
a
ct
ur
i
ngor
p
r
od
ucti
ns
p
ect
i
on
(382/141)
I
ns
p
ect
i
onof
s
emi
cond
uct
or
d
ev
i
ceorp
r
i
nt
ed
ci
r
cui
tb
oa
r
d
(382/145)
Fa
ul
tord
ef
ect
d
et
ect
i
on
(382/149)
9
I
MAGEANALYSI
S
(382)
APPLI
CATI
ONSof
i
ma
g
ea
na
l
y
s
i
s
(382/100)
Ma
nuf
a
ct
ur
i
ngor
p
r
od
ucti
ns
p
ect
i
on
(382/141)
I
ns
p
ect
i
onof
s
emi
cond
uct
or
d
ev
i
ceorp
r
i
nt
ed
ci
r
cui
tb
oa
r
d
(382/145)
9
MEASURI
NGAND
TESTI
NG
(73)
MEASURI
NGAND
TESTI
NG
(73)
SURFACEAND
CUTTI
NGEDGE
TESTI
NG
(73/104)
Roug
hnes
s
(73/105)
6
Wor
kr
ot
a
t
i
ng
(451/283)
Rot
a
r
ywor
khol
d
er
(451/285)
5
ABRADI
NG
(451)
Rot
a
r
yd
i
s
k
(451/259)
ELECTRI
CI
TY:
MEASURI
NGAND
TESTI
NG
(324)
MAGNETI
C
(324/200)
Wi
t
hmea
nst
ocr
ea
t
e
ma
g
net
i
cf
i
el
dt
o Thi
ck
nes
smea
s
ur
i
ng
t
es
tma
t
er
i
a
l
(324/229)
(324/228)
4
ABRADI
NG
(451)
ABRADI
NG
(451)
PRECI
SI
ONDEVI
CE
ORPROCESS-OR
WI
THCONDI
TI
ON
RESPONSI
VE
CONTROL
(451/1)
Byop
t
i
ca
ls
ens
or
(451/6)
4
ABRADI
NG
(451)
ABRADI
NG
(451)
ABRADI
NG
PROCESS
(451/28)
Wi
t
ht
oolt
r
ea
t
i
ngor
f
or
mi
ng
(451/56)
3
ABRADI
NG
(451)
ABRADI
NG
(451)
ACCESSORY
(451/442)
Dr
es
s
i
ng
(451/443)
3
.
.
.
[
表 17.TOKYOSEI
MI
TSU関連技術分野_
下向式構成 /t
ot
a
lnumb
eroft
echni
ca
lf
i
el
d
s:33]
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
25
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
#3.関連アクセルファイルの活用
▶関連アクセルファイルの構成
関連アクセルファイルは、1つの圧縮ファイルとなっています。圧縮を解凍すると、各特許活動および細部分析目的
別に分離された複数のアクセルファイルが表示されます。
▶全体のリストが提供される関連アクセルファイル
発行物の編集の便宜上、1p
a
g
eを超えたリストは、中間に切断されて表示されます。しかしながら、関連アクセルフ
ァイルが存在する場合には、全体のリストが表示されます.
▶関連アクセルファイルの活用
関連アクセルデータには、個別の特許や、特許取引、特許訴訟別に、様々な分析パラメータ別に分析パラメータの
値が付与されています。これらの分析パラメータおよび分析パラメータの値がある場合、MSEx
celプログラムのフィ
ルター(
f
i
l
t
er
)
やピボット(
p
i
v
ot
)
機能を活用して、様々な多次元の分析結果を生成することができます。本発行物の
殆どの分析結果も直接生成できます。
様々な多次元の分析をご希望の方は、[
+関連アクセルファイルの活用を見る]
(
1)リンクをクリックしてください。動
画に作成した関連アクセルファイルの活用法と多くの例が提供されます。
(
not
e)
(
1)[
+関連アクセルファイルの活用を見る]
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
26
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
#4.各特許に付加された評価点数/評価等級の紹介
▶評価点数/評価等級の性格
本発行物の個別特許ごとには、評価点数と評価等級が付与されています。評価点数と評価等級は、特許が今後1
年から3年内に特許訴訟に使用される可能性に対する計量化された測度によって付与されます。
個別特許ごとに付与される訴訟可能性に対する計量化された測度は、Pa
t
ent
Pi
a
が10年あまりの期間に莫大な費
用を投資して開発した特別なアルゴリズムと評価モデルを通じて算出されます。
▶評価点数/評価等級に対する詳細内容
評価モデルの特徴、信頼性検証および等級付与政策など、評価モデルについて、より多くの情報が知りたい場合
には、[
+評価モデル紹介]
(
1)
をクリックしてください。
(
not
e)
(
1)[
+評価モデル紹介]
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
27
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
#5.発行物に含まれたリンクの活用
▶発行物に含まれたリンクの種類
本発行物の個別特許と個別の権利者には、リンクが付与されています。リンクが付与されている個別の特許をクリ
ックすると、個別の特許の全文(
f
ul
lt
ex
twi
t
hd
r
a
wi
ng
s
)
だけでなく、様々なパラメータの値が提供される統合特許情
報のページが表示されます。リンクが付与されている個別の権利者をクリックすると、個別の権利者に対する様々
なパラメータの値が提供される統合権利者情報のページが表示されます。
▶発行物に含まれたリンクの活用
統合特許情報のページと統合権利者情報のページの基本的な内容は、ログインせずに無料で提供されます。ただ
し、一部の詳細な内容は、ログインを必要とします。
ログインが必要な情報は有料で提供されるのが原則です。有料で提供される情報の内容と品質をテストして見たい
方にはt
es
tI
D/PWを提供しています。t
es
tI
D/PWをご希望の方は、cont
a
ct
@p
a
t
ent
p
i
a
.
com(
1)
にメールしてください
。
(
not
e)
(
1)cont
a
ct
@p
a
t
ent
p
i
a
.
com
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
28
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
#6.報告書サイトの紹介および更新された報告書
▶報告書サイトの位置
本発行物は、報告書サイトでも確認できます。報告書は、r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com(
1)
にあります。
▶報告書サイトの内容
報告書サイトでは、様々な形の報告書が存在します。本発行物が属する報告書類型の企業オーダーメード型の特
許活動報告書は、この報告書サイトで提供する報告書の一例です。
本報告書サイトでは 6,
000社の企業を対象とした企業オーダーメード型の特許活動報告書がアップロードされてお
り、これらの全ての報告書と関連アクセルファイルは、無料でダウンロードすることができます。
▶報告書の更新
企業オーダーメード型の特許活動報告書の更新は、周期別に行われるのが原則です。ただし、更新周期は1ヶ
月/2ヶ月/1四半期/半年/1年などのように異なることがあり、企業規模が大きいほど更新サイクルは短くなります。
(
not
e)
(
1)r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
29
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
#7.Pa
t
ent
Pi
a
が提供している有料情報商品の紹介
▶www.
pa
t
ent
pi
a
.
com I
D/PW サービス
Pa
t
ent
Pi
a
が運営する www.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com(
1)
は有料情報商品が含まれています。代表的な有料情報商品は
www.
p
a
t
ent
p
i
a
.
comの情報を利用することができるI
D/PWの商品があります。www.
p
a
t
ent
p
i
a
.
comが提供するデータ
、機能、サービス提供条件および費用に対しては、[
a
b
out
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com]
(
2)をクリックしてください。
www.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com で提供する代表的な機能は次の通りです。
第1に、検索エンジンを通じた各種の検索をサポートします。キーワード、現権利者や出願人、特許分類、番号、日
付などの任意の組み合わせに対する検索をサポートします。検索結果は、特許のリストです。全ての特許リストは、
エクセルファイルでダウンロードできます。特許リストをクリックして出てくる個別の特許や、ダウンロードされた特許
ごとには、100種類以上の分析パラメータ別の分析パラメータの値が対応しています。
第2に、特許の特許番号が含まれているアクセルファイルを入力として受けて検索するEx
cel
の検索と、大量の特許
の特許番号をテキスト(
t
ex
t
)
で入力として受けて検索する大量の特許番号の検索をサポートします。エクセルファイ
ルにも出力される検索結果は、入力された特許の特許番号の順に配列されており、活用性が一層高いです。
入力された特許および ci
t
a
t
i
on/r
ef
er
ence特許のそれぞれについて、100種類以上の分析パラメータが含まれてお
り、立体的な引用分析をサポートします
第3に、個別特許、個別権利者、個別特許分類ごとに数十から100種あまりの分析パラメータ情報を提供します。分
析パラメータは、訴訟、取引、NPE、標準、引用、技術分類、および書誌などのような、様々な系列別に数十種類ず
つ提供されます。さらに、各分析パラメータに対応する根拠文書も共に提供されます。
例えば、関心特許Pi
があるとき、訴訟特許による審査官被引用数(
訴訟に使用された特許が米国特許庁審査官の
審査過程で関心特許を引用した回数)
という分析パラメータの値がnに提供されます。この際、関心特許を引用する
n個の後行の訴訟特許が具体的にどのような特許なのかが知りたいことがあります。www.
p
a
t
ent
p
i
a
.
comでは1回の
クリックだけでn個の訴訟特許情報が提供されます。
▶有料レポート
www.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com(
1)
はリスクの観点に特化した有料のレポートを提供します。有料レポートのサンプルは、
[
a
b
out
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com]
(
2)
で確認することができます。
(
not
e)
(
1)www.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
(
2)a
b
out
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
30
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
#8.Pa
t
ent
Pi
aDB紹介
▶Pa
t
ent
Pi
aDB概括
本発行物の全てのコンテンツは、Pa
t
ent
Pi
a
が自体的に開発して保有しているPa
t
ent
Pi
aDBを活用して製作されま
した。
Pa
t
ent
Pi
aDBは、6大特許DB、4大特許DB、および3大特許リスク予測DBで構成されています。
第1に、6大特許DBには、NPEDB、特許訴訟DB、特許取引DB、標準特許DB、現権利者DB、技術融合DBがありま
す。NPEDBを例にとると、このDBには、3,
000社以上のNPEがあり、各NPE別に100種以上の特化した分析パラメー
タ別の分析パラメータ値の情報が含まれています。
第2に、4大特許DBには、特許全文DB、特許分類DB、特許引用関係DB、類似特許DBがあります。
第3に、3大特許リストの予測/推薦DBには近い未来に訴訟を提起する可能性が高い特許予測DB、特定企業に訴
訟提起の可能性が高い特許推薦DB、訴訟拡散可能性の予測DBがあります。本3大特許リスク予測/推薦DBは世
界初にPa
t
ent
Pi
a
が開発したものです。
▶Pa
t
ent
Pi
aDBの特徴
Pa
t
ent
Pi
aDBは、USに特化しています。USに限定すると、Pa
t
ent
Pi
aDBは、世界で最も強力で、特許リスクとビジ
ネスに特化した敏感情報に満ちていますし、非常によく接続されているDBです。
これに対する詳しい内容は、[
d
a
t
a
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com]
(
1)
で確認することができます。
(
not
e)
(
1)d
a
t
a
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
31
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
#9.Cont
a
ctUS
本発行物,www.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com(
1)
のサービス、広開土研究所のPa
t
ent
Pi
aDBやレポートに対してご質問がある方は
、cont
a
ct
@p
a
t
ent
p
i
a
.
com(
2)
にご連絡ください。
ありがとうございます。
(
not
e)
(
1)www.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
(
2)cont
a
ct
@p
a
t
ent
p
i
a
.
com
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
32
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
東京精密 オーダーメード型特許活動分析報告書
#0.関連サイト/リンク
Pa
t
ent
Pi
aシステム
www.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
(
検索、エクセルデータダウンロードのサポート)
Pa
t
ent
Pi
aDa
t
a
b
a
s
e
d
a
t
a
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
Pa
t
ent
Pi
aRep
or
tダウンロード
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
Pa
t
ent
Pi
aRep
or
tダウンロード
-企業オーダーメード型の特許活動モニタリング報告書ページ
利用案内およびサンプルファイル
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com/comp
a
ny
a
b
out
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
+関連エクセルファイルの活用見本
+評価モデル紹介
Pa
t
ent
Pi
awww.
y
out
ub
e.
com チャンネル
www.
y
out
ub
e.
com/us
er
/p
a
t
ent
p
i
a
Cont
a
ctMa
i
l
cont
a
ct
@p
a
t
ent
p
i
a
.
com
本報告書とデータに適用されたライセンスである CCL(
Cr
ea
t
i
v
e
CommonLi
cens
e)紹介
[
PATENTPI
A_
REP_
COM_
MON_
A_
JP_
14_
09_
SN_
3134]
33
ht
t
p
:
//cr
ea
t
i
v
ecommons
.
or
g
/l
i
cens
es
/b
y
-s
a
/4.
0/
r
ep
or
t
.
p
a
t
ent
p
i
a
.
com
Fly UP