...

神戸港・神戸空港の活性化(PDF形式:589KB)

by user

on
Category: Documents
21

views

Report

Comments

Transcript

神戸港・神戸空港の活性化(PDF形式:589KB)
Ⅲ.神戸港・神戸空港の活性化
1.神戸港の機能強化
(総務省、財務省、国土交通省)
国際コンテナ戦略港湾である神戸港は、西日本の経済・産業を支えるゲートポートと
して、国際競争力のある港湾サービスを実現するため、
「集貨」、
「創貨」、
「競争力強化」
の3本柱を軸に港湾施策を強力に推進してきました。
平成 27 年のコンテナ取扱個数はこれまでの取組みの成果もあり、震災後最高となる
271 万 TEU を達成しましたが、船舶の大型化や、来年4月に向けたアライアンス再編の
進展などにより基幹航路の寄港地の絞込みが進むなど、港湾を取り巻く状況は厳しさを
増しています。
このような中、基幹航路を維持するためには、国の強力なリーダーシップの下、既存
の枠組みにとらわれない新たな施策展開が必要です。
(1)高規格コンテナターミナルの早期形成のための事業費の確保及び港湾
コスト低減による「競争力強化」施策の創設等
○
高規格コンテナターミナルの早期整備(大水深化等)
○
高規格コンテナターミナルの荷役機械の施設整備に対する支援制度の拡充
○
港湾運営会社に対する固定資産税・都市計画税の減免措置の延長
(2)既存制度にとらわれない「集貨」施策の拡充
○
基幹航路の維持・拡大をはかるための集貨施策の拡充
・一定量以上の貨物が見込まれる基幹航路に対するインセンティブ制度の拡充等
○
東南アジア地域発着貨物に対する集貨施策の創設
○
西日本諸港が実施する釜山港等への海外フィーダー支援廃止に向けた取組みの継続
○
ポートセールス活動に対する国の積極的な関与
(3)新たなコンテナ貨物の創出に必要な「創貨」施策の創設等
○
TPP等を見据えた新たなコンテナ需要創出に関する社会実験や調査等の実施
○
特定用途港湾施設整備事業における無利子貸付制度のさらなる活用に向けた見直し
6
Ⅲ.神戸港・神戸空港の活性化
(4)内航フェリーの安定的な運航の維持に必要な施策の創設・拡充
○
石油石炭税における上乗せ税率の還付措置の継続
○
航路維持に対する運航費助成等の支援制度の創設
・運送会社等を対象とした通行料金の大幅割引を行っている高速道路と同等の条件で競争できるよ
うにするための支援制度の創設
○
省エネ船の建造・改修にかかる支援制度の拡充
・低炭素化改造等事業(平成 26 年度~廃止)の復活
(神戸港位置図)
六甲アイランド
ポートアイランド
(第2期)
内航フェリー航路
至 大分、新門司、新居浜
奄美・沖縄
内航フェリー航路
海上アクセス航路
至 高松・小豆島、宮崎
神戸空港
至 関西国際空港
みなと総局 技術担当部長 山本 雄司(078-322-5676)
みなと総局 みなと振興部 戦略港湾担当課長 小嶋 省一(078-322-6904)
みなと総局 みなと振興部 物流対策担当課長 清水 文彦(078-322-6883)
7
Ⅲ.神戸港・神戸空港の活性化
2.神戸空港の利便性向上
(法務省、財務省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省)
関空と伊丹の両空港については、コンセッションの手続きを経て、この4月より関西
エアポート株式会社が運営を開始していますが、神戸市としても神戸空港も含めた関西
3空港の一体運営に向けて、条例改正など神戸空港のコンセッションの準備を進めてい
るところです。
関西3空港については、今後増大する航空需要に対応するため、利用者の立場にたっ
た利便性の向上及び関西経済の発展の観点から、それぞれの能力を最大限活用して最適
運用を目指すことが必要です。
また、利用者や航空会社から強く要望されている神戸空港の機能充実は、早急に実現
すべき喫緊の課題となっています。
(1)運用時間の延長及び発着枠の拡大
○
運用時間 15 時間(7~22 時)の延長
○
発着枠 30 便/日の拡大
(2)国際チャーター便の制限の緩和
○
アフィニティチャーター機等の国際チャーター便の制限の緩和
・現在は自家用機、オウンユースチャーターに限定
⇒アフィニティチャーター、包括旅行チャーター、フォワーダーチャーター等への拡充
(3)国際便利用促進のためのCIQ体制の充実及び関係省庁の連携
○
国際ビジネスジェット・チャーター便の利用促進のためのCIQ(税関・出入国管
理・検疫)体制の充実と関係省庁間の連携
・受入時間の延長、フライトプラン届出期間の緩和、人員体制の拡充
8
Ⅲ.神戸港・神戸空港の活性化
(4)海上アクセス航路の円滑な運営に対する支援
○
海上アクセス航路の積極的な利用促進
○
利便性向上のためのターミナルビル間のアクセス強化
平成 28 年5月1日 直行便6路線・25 往復
(7月1日~那覇線1往復増便)
(1)~(3)みなと総局 空港事業部 推進課長 小沢 彰史(078-322-5036)
(4)みなと総局 経営企画部 総務課長 安岡 正雄(078-322-5656)
9
Fly UP